松尾 裕彰Hiroaki Matsuo

Last Updated :2019/11/12

所属・職名
病院薬剤部薬剤部教授
ホームページ
メールアドレス
hmatsuohiroshima-u.ac.jp
自己紹介
 先進医療・先端薬学研究の発展に貢献するため、臨床における医薬品の安全かつ適正使用につながる研究を実施しています。

基本情報

主な職歴

  • 2015年04月01日, 広島大学病院, 薬剤部, 教授
  • 2010年04月01日, 広島大学, 教授
  • 2006年03月01日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科 病態薬物治療学講座, 准教授
  • 2003年10月01日, 2006年02月28日, 島根大学, 医学部内科学講座(皮膚科学), 助手
  • 2002年07月01日, 2003年09月30日, 島根医科大学, 医学部 内科学講座(皮膚科学), 助手
  • 1998年04月01日, 2002年06月30日, 湧永製薬株式会社

学歴

  • 広島大学, 医学系研究科, 分子薬学専攻, 日本, 1995年04月, 1998年03月
  • 広島大学, 医学部, 総合薬学科, 日本, 1989年04月, 1993年03月

学位

  • 博士(医学)(島根大学)
  • 博士(薬学)(広島大学)
  • 修士(薬学)(広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 膠原病・アレルギー内科学
  • 医歯薬学 / 薬学 / 医療系薬学

所属学会

  • 日本アレルギー学会
  • 日本病院薬剤師会
  • 日本皮膚免疫アレルギー学会
  • 日本皮膚科学会
  • 日本薬剤師会
  • 日本薬学会
  • 日本医療薬学会
  • 日本手術医学会
  • 日本臨床薬理学会
  • 日本静脈経腸栄養学会
  • 日本臨床腫瘍薬学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 通年, 臨床研究II
  2. 2019年, 学部専門, 2ターム, 医療薬学
  3. 2019年, 学部専門, 1ターム, 臨床医学概論II
  4. 2019年, 学部専門, 3ターム, 臨床医学概論III
  5. 2019年, 学部専門, 1ターム, 臨床薬理学B
  6. 2019年, 学部専門, 通年, 基礎研究I
  7. 2019年, 学部専門, 通年, 基礎研究II
  8. 2019年, 学部専門, 通年, 臨床研究I
  9. 2019年, 学部専門, 通年, 臨床研究III
  10. 2019年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  11. 2019年, 学部専門, 1ターム, 総合医科学
  12. 2019年, 学部専門, 1ターム, 総合医科学
  13. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 臨床腫瘍学総論
  14. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 臨床腫瘍学総論
  15. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 臨床腫瘍学総論
  16. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 臨床腫瘍学総論
  17. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 薬物治療学特論
  18. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 薬物治療学特論
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 応用薬物治療学特論
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 応用薬物治療学特論演習
  21. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 応用薬物治療学特論演習
  22. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 応用薬物治療学特別実習
  23. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 応用薬物治療学特別実習
  24. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 病院薬剤学特別演習
  25. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 病院薬剤学特別演習
  26. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 病院薬剤学特別実験
  27. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 病院薬剤学特別実験
  28. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 多職種連携A
  29. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 多職種連携B
  30. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 臨床腫瘍学
  31. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 薬物治療学
  32. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 応用薬物治療学特論演習
  33. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 応用薬物治療学特論演習
  34. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 応用薬物治療学特別研究
  35. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 応用薬物治療学特別研究
  36. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 病院薬剤学特別演習
  37. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 病院薬剤学特別演習
  38. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 病院薬剤学特別研究
  39. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 病院薬剤学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Vitamin A-coupled liposomal Rho-kinase inhibitor ameliorates liver fibrosis without systemic adverse effects, HEPATOLOGY RESEARCH, 49巻, 6号, pp. 663-675, 201906
  2. HER2陽性乳がん患者におけるトラスツズマブ エムタンシン投与による有害事象, 広島県病院薬剤師会誌, 54巻, 2号, pp. 82-86, 20190501
  3. 急性期患者における貼付剤の使用法, WOC Nursing, 7巻, 4号, pp. 42-48, 20190401
  4. Intestinal absorption of the wheat allergen gliadin in rats, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 68巻, 2号, pp. 247-253, 201904
  5. Comparison of Pegfilgrastim and Filgrastim for the Primary Prophylactic Effect for Preventing Febrile Neutropenia in Patients Undergoing Rituximab with Dose-adjusted EPOCH Chemotherapy, YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 139巻, 4号, pp. 629-633, 201904
  6. 開腹胃切除術後患者における患者自己調節硬膜外鎮痛とアセトアミノフェン注追加マルチモーダル鎮痛法の有効性と安全性について, 日本病院薬剤師会雑誌, 55巻, 3号, pp. 297-300, 20190301
  7. エビ特異的IgE(ImmunoCAP)陰性でfructose 1,6-bisphosphate aldolaseが原因抗原と考えられたエビによる食物依存性運動誘発アナフィラキシーの1例, アレルギー, 68巻, 1号, pp. 48-53, 20190201
  8. 病院機能別病棟薬剤業務に関する実施状況の調査, 広島県病院薬剤師会誌, 54巻, 1号, pp. 5-14, 20190201
  9. 薬学生に対する周術期医療教育, 日本手術医学会誌, 40巻, 1号, pp. 10-13, 20190201
  10. Safety of Y-90-ibritumomab Tiuxetan Treatment for Japanese Patients in Real-world Clinical Practice, YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 139巻, 1号, pp. 131-134, 201901
  11. 輸液製剤調製時における重量鑑査支援システムの構築, 日本病院薬剤師会雑誌, 54巻, 12号, pp. 1519-1523, 20181201
  12. 実臨床における非小細胞肺癌患者に対するニボルマブ投与による間質性肺疾患への対応(, 広島大学医学雑誌, 66巻, 1-6号, pp. 17-21, 20181201
  13. Risk factors increasing blood pressure in Japanese colorectal cancer patients treated with bevacizumab, Pharmazie, 73巻, 11号, pp. 671-675, 20181101
  14. 【薬剤師による手術室の医薬品管理】広島大学病院における取り組み, 日本病院薬剤師会雑誌, 54巻, 8号, pp. 965-966, 20180801
  15. 透析施行患者におけるゲンタマイシン透析前投与の2症例, 日本外科感染症学会雑誌, 15巻, 3号, pp. 1519-1523, 20180601
  16. Evaluation of Risk of Injury by Extravasation of Hyperosmolar and Vasopressor Agents in a Rat Model, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 41巻, 6号, pp. 951-956, 201806
  17. 実地臨床からみえる2018年度診療報酬改定 加速する「対物業務から対人業務」への転換に向けて, 月間薬事, 60巻, 5号, pp. 96-97, 20180501
  18. Food-dependent exercise-induced anaphylaxis due to shrimp associated with 43 kDa, a new antigen., Journal of Dermatology, 45巻, 3号, pp. 366-367, 20180301
  19. 治験における安全性情報の収集~ 被験者の訴えが症例報告書(CRF)になるまで ~, ファルマシア, 54巻, 3号, pp. 197-201, 20180301
  20. 医薬品の適正使用検討特別委員会(平成28年度)報告書, 広島医学, 70巻, 12号, pp. 581-611, 20171201
  21. 【術前休止薬 各診療科におけるスタンダードと例外】 術前における薬学的管理の実践ポイント, 薬局, 68巻, 12号, pp. 3629-3634, 20171101
  22. フェンタニル舌下錠を使用しケミカルコーピングが疑われた肛門癌患者の一例, 広島県病院薬剤師会雑誌, 52巻, 4号, pp. 207-211, 20171101
  23. 水溶性アルブミン画分に原因抗原の存在が疑われたスパゲッティ依存性運動誘発アナフィラキシーの1例, 11巻, 3号, pp. 259-265, 20170731
  24. 多発性骨髄腫に対するボルテゾミブ・シクロホスファミド・デキサメタゾン3剤併用療法における投与量評価と安全性の検討, 日本病院薬剤師会雑誌, 53巻, 6号, pp. 687-692, 20170601
  25. 加工食品における小麦タンパク質の不溶化とアレルゲン性の変化について, アレルギー, 66巻, 3号, pp. 222-230, 20170517
  26. 喘息管理手帳を用いた医薬連携の有用性についての検討, 日本病院薬剤師会雑誌, 53巻, 2号, pp. 201-206, 20170201
  27. 医薬品の購入規格を小量包装へ変更した時の効果に関する検討, 日本病院薬剤師会雑誌, 53巻, 1号, pp. 41-43, 20170101
  28. 薬学実習生へのアンケート調査から見えてくる在宅医療における実務実習の重要性, 日本病院薬剤師会雑誌, 53巻, 1号, pp. 57-61, 20170101
  29. 【抗原学 最近の進歩】 食物抗原 最近の進歩 小麦アレルゲン, アレルギー・免疫, 24巻, 1号, pp. 66-73, 20161201
  30. Injury due to extravasation of thiopental and propofol: risks/effects of local cooling/warming in rats, Biochem Biophys Rep, 8巻, pp. 207-211, 20161201
  31. 医薬品リスク管理計画における潜在的リスクの添付文書記載状況と未記載理由, 医薬品情報学, 18巻, 3号, pp. 214-217, 20161101
  32. ★, Characterization of a hypoallergenic wheat line lacking ω-5 gliadin, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 65巻, 4号, pp. 400-405, 20161018
  33. Anaphylaxis provoked by ingestion of hydrolyzed fish collagen probably induced by epicutaneous sensitization, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 65巻, 4号, pp. 474-476, 20161018
  34. 【基礎知識と種類を押さえれば患者指導が変わる!点眼薬マスターガイド】 点眼薬の管理, 眼科ケア, 18巻, 9号, pp. 845-848, 20160901
  35. レベチラセタムドライシロップ調剤時の重量損失の検討と対策, 広島県病院薬剤師会雑誌, 51巻, 3号, pp. 147-152, 20160830
  36. Stability of Adrenaline in Irrigating Solution for Intraocular Surgery, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 39巻, 5号, pp. 879-882, 20160301
  37. アレルゲンコンポーネントを利用した新しい食物依存性運動誘発アナフィラキシー検査法の開発, 医科学応用研究財団研究報告, 33巻, pp. 101-105, 2016
  38. 周術期における抗血栓薬の安全な投与体制の確立に向けた投与パターンの解析とその課題, 広島県病院薬剤師会誌, 50巻, 4号, pp. 209-214, 20151101
  39. Common food allergens and their IgE-binding epitopes, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 64巻, 4号, pp. 332-343, 20151001
  40. Case of food-dependent exercise-induced anaphylaxis due to Japanese apricot and peach: Detection of causative antigens., Journal of Dermatology, 42巻, 9号, pp. 916-917, 20150901
  41. Sodium Cromoglycate Prevents Exacerbation of IgE-Mediated Food-Allergic Reaction Induced by Aspirin in a Rat Model of Egg Allergy, INTERNATIONAL ARCHIVES OF ALLERGY AND IMMUNOLOGY, 167巻, 3号, pp. 193-202, 20150801
  42. 手術室で活躍する薬剤師 周術期における医薬品適正使用とその教育, Apo Talk, 44巻, 8号, 20150801
  43. ★, Using a gluten oral food challenge protocol to improve diagnosis of wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis, JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY, 135巻, 4号, pp. 977-984, 20150401
  44. ★, Prevalences of specific IgE to wheat gliadin components in patients with wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 64巻, 2号, pp. 206-208, 20150401
  45. 加水分解コムギによ経皮感作型WDEIAとの鑑別を要した接触蕁麻疹症状を併発したBaker's asthmaの1例, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 9巻, 2号, pp. 110-115, 20150401
  46. 小麦アレルゲン, 日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会誌, 13巻, 1号, pp. 37-41, 20150301
  47. アトピー性皮膚炎患者指導についての薬剤師へのアンケート調査, アレルギー, 63巻, 9号, pp. 1250-1257, 20141101
  48. 広島大学薬学部におけるアドバンスト病院手術室実習の取り組み, 医薬ジャーナル, 50巻, 10号, pp. 2465-2468, 20141001
  49. Characterization of Ovalbumin Absorption Pathways in the Rat Intestine, Including the Effects of Aspirin, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 37巻, 8号, pp. 1359-1365, 20140801
  50. Characterization of Causative Allergens for Wheat-Dependent Exercise-Induced Anaphylaxis Sensitized with Hydrolyzed Wheat Proteins in Facial Soap, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 62巻, 4号, pp. 435-445, 20131201
  51. Aspirin Augments IgE-Mediated Histamine Release from Human Peripheral Basophils via Syk Kinase Activation, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 62巻, 4号, pp. 503-511, 20131201
  52. The Sensitivity and Clinical Course of Patients with Wheat-Dependent Exercise-Induced Anaphylaxis Sensitized to Hydrolyzed Wheat Protein in Facial Soap - Secondary Publication, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 62巻, 3号, pp. 351-358, 201309
  53. Intestinal absorption of lysozyme, an egg-white allergen, in rats: Kinetics and effect of NSAIDs, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 438巻, 1号, pp. 61-65, 20130816
  54. Serum Gliadin Monitoring Extracts Patients with False Negative Results in Challenge Tests for the Diagnosis of Wheat-Dependent Exercise-Induced Anaphylaxis, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 62巻, 2号, pp. 229-238, 20130601
  55. 洗顔石鹸中の加水分解小麦で感作され運動負荷試験にて再現しえた小麦依存性運動誘発アナフィラキシー, 皮膚科の臨床, 54巻, 13号, pp. 1879-83, 20121201
  56. Remission of wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis after the cessation of hydrolysed wheat-containing soap usage., Acta Derm Venereol, 92巻, 5号, pp. 490-1, 20120901
  57. Recombinant high molecular weight-glutenin subunit-specific IgE detection is useful in identifying wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis complementary to recombinant omega-5 gliadin-specific IgE test, CLINICAL AND EXPERIMENTAL ALLERGY, 42巻, 8号, pp. 1293-1298, 20120801
  58. 【加水分解コムギのアレルギー学】 小麦アレルギーの主要アレルゲンの同定, 臨床免疫・アレルギー科, 58巻, 1号, pp. 63-71, 20120701
  59. 69kDaの新規抗原を検出したエビによる食物依存性運動誘発アナフィラキシーの1例, 皮膚科の臨床, 54巻, 1号, pp. 79-82, 20120101
  60. 茶のしずく以外の加水分解コムギ含有石けん使用後に発症した小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの1例, アレルギー, 60巻, 12号, pp. 1646-1647, 20111201
  61. 加水分解コムギ含有石鹸の使用後に発症した小麦依存性運動誘発アナフィラキシーとその経過について, アレルギー, 60巻, 12号, pp. 1630-1640, 20111201
  62. Usability of Fag e 2 ImmunoCAP in the diagnosis of buckwheat allergy, ARCHIVES OF DERMATOLOGICAL RESEARCH, 303巻, 9号, pp. 635-642, 20111101
  63. 寒冷下のみ症状が発現した小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの1例, 皮膚科の臨床, 53巻, 1号, pp. 97-100, 20110101
  64. ★, Identification of IgE-reactive proteins in patients with wheat protein contact dermatitis., Contact Dermatitis, 63巻, 1号, pp. 23-30, 20100701
  65. 小麦依存性運動誘発アナフィラキシーとBaker's asthma合併例における原因抗原の解析, アレルギー, 59巻, 5号, pp. 552-557, 20100501
  66. チョコチップの同時摂取により反応が増強した小麦アレルギーの1例, 皮膚科の臨床, 52巻, 3号, pp. 375-378, 20100301
  67. Food-dependent exercise-induced anaphylaxis -importance of omega-5 gliadin and HMW-glutenin as causative antigens for wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis-, Allergology International, 58巻, 4号, pp. 493-498, 20091201
  68. 小麦依存性運動誘発アナフィラキシー患者におけるアスピリン食前投与誘発に対するプロスタグランディンE1製剤の抑制効果について, アレルギー, 58巻, 10号, pp. 1418-1425, 20091001
  69. Peritoneal injection of fucoidan suppresses the increase of plasma IgE induced by OVA-sensitization, Biochem Biophys Res Commun, 387巻, 3号, pp. 435, 20090901
  70. 小麦アレルギー診断法の確立に向けて, Visual Dermatology, 8巻, 9号, pp. 960-964, 20090801
  71. 小麦依存性運動誘発アナフィラキシーとbaker's asthma合併例における小麦中の原因抗原の検討, Visual Dermatology, 8巻, 9号, pp. 918-920, 20090801
  72. 小麦による接触蕁麻疹とprotein contact dermatitis, Visual Dermatology, 8巻, 9号, pp. 930-932, 20090801
  73. 食物依存性運動誘発アナフィラキシーの抗原分析, 臨床免疫・アレルギー科, 51巻, 4号, pp. 371-376, 20090401
  74. ★, Effects of non-steroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs) on serum allergen levels after wheat ingestion, Journal of Dermatological Science, 53巻, 3号, pp. 241-243, 20090301
  75. IgE antibodies to omega-5 gliadin associate with immediate symptoms on oral wheat challenge in Japanese children., Allergy, 63巻, 11号, pp. 1536-42, 20081101
  76. 小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの抗原解析(続報), Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 2巻, 3号, pp. 154-159, 20080701
  77. 【食物アレルギー】 小麦アレルギーとω-5グリアジン, アレルギーの臨床, 28巻, 8号, pp. 638-643, 20080701
  78. 小麦アレルギーとω-5グリアジン, アレルギーの臨床, 28巻, 8号, pp. 638-643, 20080701
  79. 小麦・グルテン特異的IgEが陰性であった小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの1例, 小児科臨床, 61巻, 6号, pp. 1129-1133, 20080601
  80. クロモグリク酸ナトリウムで症状の誘発が抑制され、ミソプロストール(PGE1誘導体)で抑制されなかった、小麦依存性運動誘発性アナフィラキシーの1例, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous, 2巻, 2号, pp. 118-122, 20080401
  81. 【最近のトピックス2008 Clinical Dermatology 2008】 新しい検査法と診断法 食物依存性運動誘発アナフィラキシーの運動負荷試験, 臨床皮膚科, 62巻, 5号, pp. 64-67, 20080401
  82. ★, Sensitivity and specificity of recombinant omega-5 gliadin-specific IgE measurement for the diagnosis of wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis, Allergy, 63巻, 2号, pp. 233-236, 20080201
  83. 小麦依存性運動誘発アナフィラキシー, アレルギー・免疫, 14巻, 11号, pp. 36-45, 20071015
  84. Food-dependent exercise-induced anaphylaxis., Jouranal of Dermatological Science, 47巻, 2号, pp. 109-117, 20070801
  85. 【最近のトピックス2007 Clinical Dermatology 2007】 新しい検査法と診断法 FDEIA(food-dependent exercise-induced anaphylaxis) 抗グリアジンIgE抗体の検出, 臨床皮膚科, 61巻, 5号, pp. 52-55, 20070401
  86. グルテンCAP-RASTが陰性であった小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの4症例, アレルギー, 56巻, 1号, pp. 41-48, 20070130
  87. 小麦依存性運動誘発アナフィラキシーのアレルゲンエピトープ, 臨床免疫・アレルギー科, 46巻, 4号, pp. 407-410, 20061001
  88. Increased production of vascular endothelial growth factor in the lesions of atopic dermatitis., Arch Dermatol Res., 297巻, 9号, pp. 425-429, 20060401
  89. SPECT/CT融合画像を用いてセンチネルリンパ節生検を施行した腰部悪性黒色腫の1例, 皮膚科の臨床, 48巻, 4号, pp. 567-571, 20060401
  90. Cross-reactivity among shrimp, crab and scallops in a patient with a seafood allergy, The Journal of Dermatology, 33巻, 3号, pp. 174-177, 20060301
  91. ★, Specific IgE determination to epitope peptides of omega-5 gliadin and high molecular weight glutenin subunit is a useful tool for diagnosis of wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis., Journal of Immunology, 175巻, 12号, pp. 8116-8122, 20051201
  92. Vascular endothelial growth factor 121 is the predominant isoform in psoriatic scales., Exp. Dermatol., 14巻, 10号, pp. 758-764, 20051001
  93. ★, Molecular cloning, recombinant expression and IgE-binding epitope of omega-5 gliadin, a major allergen in wheat-dependent exercise induced anaphylaxis., FEBS J., 272巻, 17号, pp. 4431-4438, 20050901
  94. 症状誘発時に血中に小麦アレルゲンが検出された小麦アレルギーの1例, アレルギーの臨床, 25巻, 8号, pp. 651-654, 20050701
  95. ★, Exercise and aspirin increase levels of circulating gliadin peptides in patients with wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis., Clin. Exp. Allergy, 35巻, 4号, pp. 461-466, 20050401
  96. Lack of association between atopic dermatitis and -401A/G polymorphism in the promoter region of RANTES gene in Japanese., Allergology Int., 54巻, 4号, pp. 611-614, 20050401
  97. アスピリンと食物アレルゲンの吸収, 臨床免疫, 44巻, 1号, pp. 86-89, 20050401
  98. 【食物アレルギーの実態と対応】 小麦依存性運動誘発アナフィラキシー, アレルギー科, 19巻, 4号, pp. 326-331, 20050401
  99. センチネルリンパ節生検を施行した悪性黒色腫の3例, 皮膚科の臨床, 47巻, 2号, pp. 261-266, 20050201
  100. Double-Blind, Crossover Comparison of Olopatadine and Cetirizine versus Placebo: Suppressive Effects on Skin Response to Histamine Iontophoresis., J Dermatol, 32巻, 1号, pp. 58-61, 20050101
  101. Self-protection mechanism in D-cycloserine-producing Streptomyces lavendulae - Gene cloning, characterization, and kinetics of its alanine racemase and D-alanyl-D-alanine ligase, which are target enzymes of D-cycloserine, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 279巻, 44号, pp. 46143-46152, 20041029
  102. Urticarial erythema associated with IgA myeloma., J Dermatol, 31巻, 8号, pp. 661-665, 20040801
  103. 小麦によるFood-Dependent Exercise-Induced Anaphylaxis 運動負荷により血清中グリアジン抗原が検出された1例, 日本皮膚科学会雑誌, 114巻, 9号, pp. 1535-1538, 20040801
  104. Determination of thymus and activation-regulated chemokine (TARC)-contents in scale of atopic dermatitis., J Dermatol Science, 34巻, 3号, pp. 237-240, 20040501
  105. ★, Identification of the IgE-binding epitope in omega-5 gliadin, a major allergen in wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis., J. Biol. Chem., 279巻, 13号, pp. 12135-12140, 20040301
  106. Fast omega-gliadin is a major allergen in wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis., J Dermatol Sci, 33巻, 2号, pp. 99-104, 20031101
  107. Molecular cloning of a D-cycloserine resistance gene from D-cycloserine-producing Streptomyces garyphalus, JOURNAL OF ANTIBIOTICS, 56巻, 9号, pp. 762-767, 20030901
  108. Molecular mechanism for the enhancement of arbekacin resistance in a methicillin-resistant Staphylococcus aureus, FEBS LETTERS, 546巻, 2-3号, pp. 401-406, 20030610
  109. 【アトピー性皮膚炎に迫る】 アトピー性皮膚炎の疾患感受性遺伝子, 細胞, 35巻, 5号, pp. 162-165, 20030501
  110. 人工蕁麻疹に対するアレロック(塩酸オロパタジン)の臨床効果, 西日本皮膚科, 65巻, 2号, pp. 172-174, 20030401
  111. Isolation and characterization of the genes up-regulated in isolated neurons by aged garlic extract (AGE)., J. Nutr, 131巻, 3s号, pp. 1096s-1099s, 20010301
  112. Synthesis, Spectroscopic, Redox Properties, and DNA cleavage Activity of Low-spin Iron(III) complexes of Bleomycin Analogues., Inorgania Chimica Acta, 19990401
  113. Oxidative and random cleavage of DNA by the novel iron(II)complex capable of yielding an iron(III)hydroperoxide intermediate., Chem. Lett., pp. 39-40, 19980401
  114. Purification and characterization of a puromycin-hydrolyzing enzyme from blasticidin S-producing Streptomyces morookaensis., J. Biochem., 123巻, pp. 247-252, 19980401
  115. Production of bleomycin N-acetyltransferase in Eschericia coli and Streptomyces verticillus, FEMS Microbiol. Lett., 19970401
  116. 臨床診断用酵素の遺伝子工学的開発, 臨床病理(日本臨床検査医学会編), 43巻, 8号, pp. 765-771, 19950801
  117. Overproduction of the bleomycin-binding proteins from bleomycin-producing Streptomyces verticillus and a methicillin-resistant Staphylococcus aureus in Escherichia coli andtheir immunological characterisation, FEBS Lett, 362巻, 1号, pp. 80-84, 19950401
  118. Blasticidin S-producing Streptomyces morookaensis possesses an enzyme activity which hydrolyzes puromycin., FEMS Microbiology Letters, 132巻, pp. 95-100, 19950401

著書等出版物

  1. 2006年06月, WHAT'S NEW in 皮膚科学 宮地良樹編 蕁麻疹-食物依存性運動誘発アナフィラキシー , メディカルレビュー社, 2006年, 06, 単行本(学術書), 共編著
  2. 2011年05月, Asian Skin and Skin Diseases, 2011年, 05, 共編著
  3. 2016年10月01日, 食物アレルギーのすべて-基礎から臨床・社会的対応まで-,II食物アレルゲン,小麦・ソバ・穀物, 医学書出版 診断と治療社, 2016年, 10, 教科書, 共著, 松尾裕彰,横大路智治

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. HER2陽性乳がん治療中に発現したアントラサイクリン誘発性心筋症症例, 櫻下弘志,増田有紀,中麻規子,中山奨,金井香菜,三尾直樹,磨野浩子,北川知郎,木原康樹,松尾裕彰, 日本心臓リハビリテーション学会 第3回中国地方会, 2018年02月17日, 通常, 日本語
  2. セフメタゾール投与により血液凝固機能異常を認めた2症例, 吉川博,佐藤智人,福島隆宏,畝井浩子,大下慎一郎,志馬伸朗,松尾裕彰, 日本集中治療医学会第2回中国・四国支部学術集会, 2018年01月27日, 通常, 日本語
  3. 治験実績に基づく費用支払い方法(マイルストーン方式)の現状分析-第2報-, 角山政之,村瀬哲也,田中惇子,宮井ふみ子,増井陽子,荒神曜子,中田千彩,山本さおり,山中恵子,松尾裕彰,梅本誠治, 日本臨床薬理学会(第38回), 2017年12月07日, 通常, 日本語
  4. CTCAE施設版の作成とその評価, 深川恵美子、入前麻美、小島美樹子、白地直美、田中惇子、古屋由加、宮井ふみ子、村瀬哲也、山本さおり、角山政之、松尾裕彰、梅本誠治, 日本臨床薬理学会(第38回), 2017年12月07日, 通常, 日本語
  5. 調剤用治験併用禁止薬のチェックリスト作成簡便化による併用禁止薬確認体制強化, 村瀬哲也,深川恵美子,田中惇子,宮井ふみ子,増井陽子,荒神曜子,中田千彩,古屋由加,山中恵子,角山政之,松尾裕彰,梅本誠治, 日本臨床薬理学会(第38回), 2017年12月07日, 通常, 日本語
  6. Occurrence and severity of skin injury caused by extravasation of cytotoxic and non-cytotoxic drugs, Shibata Y, Itamura R, Yokooji T, Tanaka M, Matsuo H., 2017 ASHP Midyear Meeting, 2017年12月04日, 通常, 英語
  7. Variable factors influencing the area under the concentration-time curve after administration busulfan in pediatric patients receiving a hematopoietic stem cell transplant conditioning regimen, Taogoshi T, Nakano A, Kawaguchi H, Kobayashi M, Matsuo H., 2017 ASHP Midyear Meeting, 2017年12月04日, 通常, 日本語
  8. 保険薬局を対象とした病院薬剤師との連携に関するアンケート調査, 荒川隆之,大東敏和,白井敦史,只佐正嗣,後藤千栄,村上秀治,大和浩之,今井圭介,柳田祐子,平本敦大,竹本貴明,藤山りさ,橋本佳浩,中村徹志,松尾裕彰, 広島県薬剤師会学術大会(第37回), 2017年11月19日, 通常, 日本語
  9. 病棟業務を担う新人薬剤師教育体制の教育と評価, 大東敏和,檜山洋子,上代大地,柴田ゆうか,佐伯康之,松尾裕彰, 日本医療薬学会(第26回), 2017年11月03日, 通常, 日本語
  10. フェンタニル貼付剤大量貼付による心肺停止症例, 吉川博,佐藤智人,福島隆宏,畝井浩子,松尾裕彰, 日本医療薬学会(第26回), 2017年11月03日, 通常, 日本語
  11. 外来ボリコナゾール使用患者における血中濃度測定の意義, 鴫田江理嘉,垰越崇範,冨田隆志,久保有子,佐伯康之,松尾裕彰, 日本医療薬学会(第26回), 2017年11月03日, 通常, 日本語
  12. バンコマイシン投与時の血中濃度に影響する患者背景の検討, 片岡達夫,垰越崇範,福島隆宏,吉川博,鴫田江理嘉,冨田隆志,佐伯康之,松尾裕彰, 日本医療薬学会(第26回), 2017年11月03日, 通常, 日本語
  13. ニボルマブによる間質性肺疾患発現後の対応方法の検討, 櫻下弘志,泉谷悟,西垣内亮,村瀬哲也,佐伯康之,松尾裕彰, 日本医療薬学会(第26回), 2017年11月03日, 通常, 日本語
  14. スタリビルド配合錠からゲンボイヤ配合錠へ薬剤変更した8症例, 藤井健司,藤田啓子,石井聡一郎,畝井浩子,山崎尚也,斉藤誠司,藤井輝久,松尾裕彰, 日本医療薬学会(第26回), 2017年11月03日, 通常, 日本語
  15. 血液透析施行患者におけるバンコマイシン注投与の有効性と安全性の検討, 久保有子,冨田隆志,佐伯康之,北野弘之,梶原俊毅,繁本憲文,大毛宏喜, 日本感染症学会西日本地方会学術集会(第87回)・日本感染症学会中日本地方会学術集会(第60回)・日本化学療法学会西日本支部総会(第65回), 2017年10月26日, 通常, 日本語
  16. 薬剤師の退院時カンファレンス参加によってアドヒアランス不良が改善した1例, 山﨑友香,柴田ゆうか,大東敏和,大久保弥生,佐伯康之,畝井浩子,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第56回), 2017年10月21日, 通常, 日本語
  17. タルクによる胸膜癒着術への全身ステロイド剤の影響, 石井聡一郎,真志田絵美子,櫻下弘志,佐伯康之,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第56回), 2017年10月21日, 通常, 日本語
  18. プレアボイド報告における薬物治療効果向上(様式3)事例の解析, 宮本翔平,佐藤智人,吉川博,土井舞子,佐伯康之,畝井浩子,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第56回), 2017年10月21日, 通常, 日本語
  19. ハムスター由来膵β細胞株(HIT-T15 )におけるオランザピンによるインスリン分泌抑制機構の解析, 長田麻央,中井智恵,三浦悠美香,冨田隆志,垰越崇範,横大路智治,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第56回), 2017年10月21日, 通常, 日本語
  20. L-DOPA・Benserazide配合剤の中枢機能に与える影響, 小林遼平,兼重陽香里,三浦悠美香,垰越崇範,横大路智治,木村康浩,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第56回), 2017年10月21日, 通常, 日本語
  21. Lysophosphatidylcholineによる胆管上皮障害に対するphosphatidylcholineの脂肪酸組成の違いによる細胞保護効果, 神出佳旺,菅野啓司,杉山晶子,岸川暢介,田妻進,垰越崇範,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第56回), 2017年10月21日, 通常, 日本語
  22. 高浸透圧薬液血管外漏出の病理学的評価に基づく傷害リスクの解明, 相良夢香, 柴田ゆうか, 垰越崇範, 松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第56回), 2017年10月21日, 通常, 日本語
  23. 質量分析法による血漿中小麦グリアジン定量法の開発, 大本亜沙妃,荻野龍平,横大路智治,垰越崇範,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第56回), 2017年10月21日, 通常, 日本語
  24. 魚由来コラーゲンアレルギーの原因抗原の精製, 山本崇弘,横大路智治,垰越崇範,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第56回), 2017年10月21日, 通常, 日本語
  25. イネ科花粉に感作された小麦アレルギー患者の抗原の同定, 滝沢大吾, 荻野龍平, 横大路智治,垰越崇範,千貫裕子, 森田栄伸,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第56回), 2017年10月21日, 通常, 日本語
  26. チームで成し遂げた嘔吐・食思不振に対する六君子湯の有効性に関する前向き試験, 櫻下弘志,吉屋智晴,宮田義浩,三隅啓三,花木英明,津谷康大,益田武,服部登,岡田守人,松尾 裕彰, 日本癌治療学会(第55回), 2017年10月20日, 通常, 日本語
  27. 広島県民と医療・介護従事者に対するアンケート調査による健康食品利用実態と健康被害発生状況調査, 有村典謙,豊見敦,青野拓郎,谷川正之,井上映子,竹本貴明,中川潤子,平本敦大,小澤孝一郎,松尾裕彰,豊見雅文, 日本薬剤師会学術大会(第50回), 2017年10月08日, 通常, 日本語
  28. 実績に基づく治験費用の支払い方法(マイルストーン方式)の導入と実施手順について, 角山政之,中村幸夫,沖田規剛,村瀬哲也,宮井ふみ子,増井陽子,荒神曜子,山中恵子,松尾裕彰,梅本誠治, CRCと臨床試験のあり方を考える会議2017(第17回), 2017年09月02日, 通常, 日本語
  29. 国際共同試験で求められる英語力への対策 広島大学病院の取り組み ―CRCの英語力自己評価と英語例文集の作成―, 宮井ふみ子,田中惇子,村瀬哲也,小島美樹子,深川恵美子,古屋由加,山中恵子,角山政之,松尾裕彰,梅本誠治, CRCと臨床試験のあり方を考える会議2017(第17回), 2017年09月02日, 通常, 日本語
  30. 抗ヒスタミン薬の進歩 -眠気・インペアードパフォーマンスと自動車運転-, 松尾裕彰, 第20回 日本医薬品情報学会 総会・学術大会, 2017年07月08日, 招待, 日本語
  31. シアン化カリウム急性中毒患者に対する救命センター専従薬剤師の関わり, 佐藤智人,吉川博,福島隆宏,畝井浩子,松尾裕彰, 医療薬学フォーラム2017/クリニカルファーマシーシンポジウム(第25回), 2017年07月01日, 通常, 日本語
  32. 輸液製剤調製時における重量監査支援システムの構築, 新本唯一,泉谷悟,友田江美,西垣内亮,増田有紀,丸子和也,村岡未來,垰越崇範,佐伯康之,畝井浩子,松尾裕彰, 医療薬学フォーラム2017/クリニカルファーマシーシンポジウム(第25回), 2017年07月01日, 通常, 日本語
  33. 心不全患者に対するリドカイン点滴により副作用発現が疑われた2例, 吉川博,佐藤智人,福島隆宏,畝井浩子,廣橋伸之,志馬伸朗,松尾裕彰, 日本中毒学会総会・学術大会(第39回), 2017年06月30日, 通常, 日本語
  34. 質量分析装置を用いた血漿中抗原濃度測定法の開発, 荻野龍平,大本亜沙妃,横大路智治,垰越崇範,森田栄伸,松尾裕彰, 第66回日本アレルギー学会学術大会, 2017年06月16日, 通常, 日本語
  35. 透析施行患者にゲンタマイシンの透析前投与を行った2症例, 福島隆宏,吉川博,佐藤智人,垰越崇範,畝井浩子,廣橋伸之,志馬伸朗,松尾裕彰, 日本臨床救急医学会総会・学術総会, 2017年05月31日, 通常, 日本語
  36. 在米日系人のダイエタリーサプリメントの使用状況と生活習慣病との検討, 大東敏和,平田かおり,柴田ゆうか,佐伯康之,畝井浩子,垰越崇範,大野晴也,米田真康,松尾裕彰, 日本糖尿病学会年次学術集会(第60回), 2017年05月24日, 通常, 日本語
  37. ハムスター由来膵β細胞株(HIT-T15)におけるオランザピンによるインスリン分泌抑制機構の解析, 長田麻央,中井智恵,冨田隆志,垰越崇範,横大路智治,杉本由美,松尾裕彰, 日本薬学会(第137回), 2017年03月25日, 通常, 日本語
  38. TAS-102の腎機能障害患者における副作用発現に関する検討, 高山良,西垣内亮,櫻下弘志,村瀬哲也,泉谷悟,佐伯康之,日浦和徳,松尾裕彰, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017, 2017年03月18日, 通常, 日本語
  39. 質量分析法による卵白アレルゲン定量法の開発, 荻野 龍平,大本 亜沙妃,横大路 智治,垰越 崇範,松尾 裕彰, 日本皮膚科学会第132回山陰・第28回島根合同開催地方会, 2017年03月05日, 通常, 日本語
  40. 透析施行患者にゲンタマイシンの透析前投与を行った一例, 福島隆宏,吉川博,佐藤智人,垰越崇範,畝井浩子,廣橋伸之,志馬伸朗,松尾裕彰, 日本集中治療医学会 中国四国支部学術集会(第1回), 2017年02月18日, 通常, 日本語
  41. チャイルドロック式ボトル入り治験薬の問題点と服薬指導用のリーフレット作成の提案, 深川恵美子,阿部由佳,井廻裕美,白地直美,村瀬哲也,田中惇子,小島美樹子,後藤志保,古屋由加,角山政之,松尾裕彰,梅本誠治, 日本臨床薬理学会学術総会(第37回), 2016年12月01日, 通常, 日本語
  42. 治験に付随して実施される遺伝子研究のマニュアル整備と最近の動向, 角山政之,村瀬哲也,田中惇子,井廻裕美,宮井ふみ子,増井陽子,荒神曜子,中田千彩,山本さおり,山中恵子,松尾裕彰,梅本誠治, 日本臨床薬理学会学術総会(第37回), 2016年12月01日, 通常, 日本語
  43. 質量分析法による血漿中卵アレルゲン定量法の開発, 荻野龍平,大本亜沙妃,横大路智治,垰越崇範,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第55回), 2016年11月05日, 通常, 日本語
  44. ラットモデルを用いたω5-グリアジン欠損小麦のアレルゲン活性評価, 二宮直紀,横大路智治,垰越崇範,森田栄伸,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第55回), 2016年11月05日, 通常, 日本語
  45. 薬剤の血管外漏出による組織障害についての病理学的研究, 板村亮,柴田ゆうか,相良夢香,田中麻衣子,垰越崇範,秀道広,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第55回), 2016年11月05日, 通常, 日本語
  46. L-DOPA代謝物3-O-methyldopaがラットの中枢機能に与える影響, 金田公平,小林遼平,兼重陽香里,垰越崇範,木村康浩,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第55回), 2016年11月05日, 通常, 日本語
  47. Lysophosphatidylcholine による胆管上皮障害に対するphosphatidylcholine の細胞保護効果, 荒木杏奈,菅野啓司,神出佳旺,杉山晶子,岸川暢介,田妻進,垰越崇範,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第55回), 2016年11月05日, 通常, 日本語
  48. ベムラフェニブによるぶどう膜炎を生じた悪性黒色腫患者の経験, 檜山洋子,片岡達夫,柴田ゆうか,戸田良太郎,原田陽介,高萩俊輔,佐伯康之,畝井浩子,秀道広,木内良明,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第55回), 2016年11月05日, 通常, 日本語
  49. 薬剤部におけるリスクマネジャーアシスタント導入の試み(その1)~事例と対策~, 福島隆宏,佐藤智人,吉川博,佐伯康之,森木昌子,畝井浩子,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第55回), 2016年11月05日, 通常, 日本語
  50. 薬剤部におけるリスクマネジャーアシスタント導入の試み(その2)~処方箋の記載方法を工夫したインシデント防止対策の検討~, 吉川博,佐藤智人,福島隆宏,佐伯康之,森木昌子,畝井浩子,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第55回), 2016年11月05日, 通常, 日本語
  51. 休日および夜勤業務における新人薬剤師チェックリストの有用性, 部谷本知佐子,泉谷悟,覚前美希,宮本佳奈,畝井浩子,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第55回), 2016年11月05日, 通常, 日本語
  52. 治験依頼者提供システムに及ぼすウェブブラウザのバージョンアップの影響, 田中惇子,村瀬哲也,宮井ふみ子,井廻裕美,深川恵美子,角山政之,松尾裕彰., 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第55回), 2016年11月05日, 通常, 日本語
  53. 開腹胃切除術後患者における自己調節鎮痛(PCA)とアセトアミノフェン追加マルチモーダル鎮痛の効果比較, 土井舞子,柴田ゆうか,上代大地,増田有紀,佐伯康之,畝井浩子,中村隆司,濱田宏,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第55回), 2016年11月05日, 通常, 日本語
  54. 吸入指導未経験者のための手技取得に向けた教育効果の検討, 奥貞紘平,鴫田江理嘉,伊倉あかね,宮本翔平,山﨑友香,櫻下弘志,垰越崇範,森木昌子,佐伯康之,畝井浩子,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第55回), 2016年11月05日, 通常, 日本語
  55. 発熱性好中球減少に対するペグフィルグラスチムの二次予防的投与の検討, 櫻下弘志,佐伯康之,畝井浩子,松尾裕彰, 日本癌治療学会(第54回), 2016年10月20日, 通常, 日本語
  56. 特定生物由来製品の治験薬管理システムの構築, 井廻裕美,角山政之,阿部由佳,白地直美,中田千彩,古屋由加,宮井ふみ子,山本さおり,松尾裕彰,梅本誠治, CRCと臨床試験のあり方を考える会議2016(第16回), 2016年09月18日, 通常, 日本語
  57. IEのバージョンアップがEDC等依頼者提供システムに及ぼす影響について, 田中惇子,村瀬哲也,沖田規剛,山中恵子,小島美樹子,後藤志保,深川恵美子,角山政之,松尾裕彰,梅本誠治, CRCと臨床試験のあり方を考える会議2016(第16回), 2016年09月18日, 通常, 日本語
  58. CRAを対象とした個人情報の取扱いに関するアンケート調査 ― 情報漏洩対策に向けて ―, 村瀬哲也,角山政之,井廻裕美,荒神曜子,深川恵美子,古屋由加,増井陽子,山中恵子,松尾裕彰,梅本誠治, CRCと臨床試験のあり方を考える会議2016(第16回), 2016年09月18日, 通常, 日本語
  59. 妊娠と薬外来での相談事例の解析, 真鍋久美,垰越崇範,中島春佳,三木陽介,冨田隆志,佐伯康之,畝井浩子,占部智,三好博史,松尾裕彰, 日本医療薬学会(第26回), 2016年09月17日, 通常, 日本語
  60. 薬学実務実習生へのアンケート調査から見えてくる在宅医療における調剤薬局実習の重要性, 角山政之,村瀬哲也,田中惇子,深川恵美子,宮井ふみ子,井廻裕美,宮中桃子,垰越崇範,松尾裕彰, 日本医療薬学会(第26回), 2016年09月17日, 通常, 日本語
  61. パクリタキセルとエリスロマイシン併用時の重篤な血球減少の一例, 上代大地,大東敏和,岡本知子,林華代,櫻下弘志,佐藤智人,佐伯康之,垰越崇範,畝井浩子,松尾裕彰, 日本医療薬学会(第26回), 2016年09月17日, 通常, 日本語
  62. ペグフィルグラスチム投与による一過性発熱の発現, 櫻下弘志,佐伯康之,畝井浩子,松尾裕彰, 日本医療薬学会(第26回), 2016年09月17日, 通常, 日本語
  63. 米国における生活習慣病薬の残薬の状況と残薬に対する薬剤師の関わり, 平田かおり,大東敏和,柴田ゆうか,佐伯康之,畝井浩子,垰越崇範,松尾裕彰, 日本医療薬学会(第26回), 2016年09月17日, 通常, 日本語
  64. 悪性リンパ腫に対するDA-EPOCH-R療法におけるfilgrastimとpegfilgrastimの比較, 片岡達夫,櫻下弘志,垰越崇範,西垣内亮,村瀬哲也,泉谷悟,佐伯康之,松尾裕彰, 日本医療薬学会(第26回), 2016年09月17日, 通常, 日本語
  65. 正しく知ろう食物アレルギー, 松尾裕彰, 広島国際大学薬学部 第20回健康科学講座「咲楽塾」, 2016年09月10日, 招待, 日本語
  66. 新人薬剤師・薬学生に対する吸入手技取得に向けた教育効果の検討, 宮本翔平,伊倉あかね,奥貞紘平,田中惇子,土井舞子,檜山洋子,部谷本知佐子,山崎友香,鴫田江理嘉,櫻下弘志,垰越崇範,森木昌子,佐伯康之,畝井浩子,松尾裕彰, 医療薬学フォーラム2016/クリニカルファーマシーシンポジウム(第24回), 2016年06月25日, 通常, 日本語
  67. 治験業務における個人情報の取扱いに関するモニター(CRA) を対象としたアンケート調査, 村瀬哲也,角山政之,井廻裕美,田中惇子,宮井ふみ子,宮中桃子,深川恵美子,松尾裕彰, 医療薬学フォーラム2016/クリニカルファーマシーシンポジウム(第24回), 2016年06月25日, 通常, 日本語
  68. 血管外漏出リスクがある非抗がん剤の添付文書の比較検討, 相良夢香,柴田ゆうか,板村亮,垰越崇範,松尾裕彰, 医療薬学フォーラム2016/クリニカルファーマシーシンポジウム(第24回), 2016年06月25日, 通常, 日本語
  69. 薬剤の血管外漏出による皮膚障害の発生状況と対処に関する実態調査, 板村亮,柴田ゆうか,相良夢香,垰越崇範,田中麻衣子,秀道広,松尾裕彰, 医療薬学フォーラム2016/クリニカルファーマシーシンポジウム(第24回), 2016年06月25日, 通常, 日本語
  70. 第2報 在宅医療と薬学実務実習生-アンケート調査結果より-, 角山政之,村瀬哲也,深川恵美子,宮井ふみ子,井廻裕美,宮中桃子,垰越崇範,松尾裕彰, 日本プライマリ・ケア連合学会学術大会(第7回), 2016年06月11日, 通常, 日本語
  71. RMP潜在的リスクにおける新薬の市販直後調査を経たRMPの推移, 大野優紀,冨田隆志,垰越崇範,松尾裕彰, 日本医薬品情報学会総会・学術大会(第19回), 2016年06月04日, 通常, 日本語
  72. 化学療法誘発性有痛性筋痙攣に対するバクロフェンの使用経験, 中島春佳,大東敏和,大下恭子,泉谷 悟,宮本佳奈,槙埜良江,松尾裕彰,山脇成人, 日本緩和医療薬学年会(第10回), 2016年06月03日, 通常, 日本語
  73. フェンタニル舌下錠で依存傾向となった一例, 宮本佳奈,泉谷悟,大東敏和,林優美,中島春佳,松尾裕彰, 日本緩和医療薬学年会(第10回), 2016年06月03日, 通常, 日本語
  74. スピルキットを整備した抗がん薬環境曝露時に対する安全対策への取り組み, 佐伯康之,櫻下弘志,泉谷悟,村瀬哲也,西垣内亮,畝井浩子,松尾裕彰, 日本薬学会(第136回), 2016年03月26日, 通常, 日本語
  75. コラーゲンアレルギーの原因抗原解析, 山本 崇弘, 横大路 智治, 福田 光希子, 田中 昭, 藤本 亘, 松尾 裕彰, 日本薬学会(第136回), 2016年03月26日, 通常, 日本語
  76. 花粉症の薬物療法と最近の話題, 松尾裕彰, 広島県病院薬剤師会 呉支部研修会, 2016年03月04日, 招待, 日本語
  77. 質量分析法による血清中アレルゲン定量法の開発, 荻野龍平,大本亜沙妃,横大路智治,松尾裕彰, 日本皮膚科学会第130回山陰・第26回島根合同開催地方会, 2016年02月28日, 通常, 日本語
  78. 有害事象の因果関係判定基準の変化の検討 添付文書の記載内容への影響, 深川 恵美子, 阿部 由佳, 井廻 裕美, 小島 美樹子, 後藤 志保, 白地 直美, 中田 千彩, 角山 政之, 松尾 裕彰, 飛田 英祐, 川上 由育, 岡田 守人, 第36回日本臨床薬理薬理学会学術総会, 2015年12月09日, 通常, 日本語
  79. 小麦グリアジンの消化管吸収特性とアスピリンによる吸収増加機構の解明, 二宮直紀,羽村光,横大路智治,松尾裕彰, 膜シンポジウム2015, 2015年11月25日, 通常, 日本語
  80. ペグフィルグラスチムの2次予防に対する使用状況と発熱性好中球減少の発現に関する後方視的調査, 櫻下弘志,佐伯康之,畝井浩子,杉山一彦,松尾裕彰, 日本医療薬学会(第25回), 2015年11月22日, 通常, 日本語
  81. 当院におけるイブリツモマブチウキセタン治療の施行状況と副作用の発現状況の調査―調製から副作用評価まで―, 吉川博,櫻下弘志,泉谷悟,佐伯康之,垰越崇範,畝井浩子,松尾裕彰, 日本医療薬学会(第25回), 2015年11月22日, 通常, 日本語
  82. 大量メトトレキセート投与時における排泄遅延因子についての検討, 片岡達夫,櫻下弘志,垰越崇範,西垣内亮,村瀬哲也,泉谷悟,佐伯康之,畝井浩子,松尾裕彰, 日本医療薬学会(第25回), 2015年11月22日, 通常, 日本語
  83. HER2陽性乳がん患者におけるトラスツズマブエムタンシン投与による有害事象の調査, 須川涼,泉谷悟,西垣内亮,垰越崇範,佐伯康之,畝井浩子,松尾裕彰, 日本医療薬学会(第25回), 2015年11月22日, 通常, 日本語
  84. 医薬品購入を少量包装へ変更した時の効果に関する検討, 角山政之,冨永雅枝,柳田徳栄,垰越崇範,松尾裕彰, 日本医療薬学会(第25回), 2015年11月22日, 通常, 日本語
  85. 在宅医療と薬学実務実習生 アンケート調査結果より, 角山政之, 村瀬哲也, 深川恵美子, 宮井ふみ子, 井廻裕美, 宮中桃子, 垰越崇範, 松尾 裕彰, 第36回日本臨床薬理薬理学会学術総会, 2015年11月22日, 通常, 日本語
  86. エビによる食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIA)の40 kDa抗原の精製法の検討, 神谷栞,秋本栞里,千貫祐子,高橋仁,森田栄伸,横大路智治,松尾裕彰, 第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 2015年11月20日, 通常, 日本語
  87. エビによる食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIA)の70 kDa抗原の同定と解析, 樋口絢子,千貫裕子,高橋仁,森田栄伸,横大路智治,松尾裕彰, 第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 2015年11月20日, 通常, 日本語
  88. 経皮感作による発症が推測された魚由来コラーゲンペプチドによるアナフィラキシー, 福田光希子,横大路智治,山本崇弘,田中昭,松尾裕彰,藤本亘, 第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 2015年11月20日, 通常, 日本語
  89. 手術部位感染予防のための抗菌薬使用状況調査, 高松花絵,佐伯康之,柴田ゆうか,鴫田江理嘉,吉川博,畝井浩子,松尾裕彰, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(第54回), 2015年10月31日, 通常, 日本語
  90. 小麦グルテン感作における酸加水分解処理および感作経路の影響, 早瀬佑紀,平野太暉,横大路智治,松尾裕彰, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月31日, 通常, 日本語
  91. 抗IgE結合エピトープ抗体を用いた血清中小麦グリアジンコンポーネントの定量法の確立, 農間仁美,羽村光,横大路智治,松尾裕彰, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月31日, 通常, 日本語
  92. 膵β細胞株(HIT-T15 )における、リスペリドンによるインスリン分泌増強メカニズムの検討, 島田彩也香,冨田隆志,大野優紀,垰越崇範,松尾裕彰, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月31日, 通常, 日本語
  93. 糖尿病性神経障害モデルラットにおけるプレガバリンの脳内濃度と薬効評価, 藤井隆史,板村亮,相良夢香,垰越崇範,木村康浩,松尾 裕彰, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月31日, 通常, 日本語
  94. ヒト胆管上皮細胞MMNK-1におけるLysophosphatidylcholineの炎症誘発機序の解析, 大畑広貴,菅野啓司,荒木杏奈,神出佳旺,杉山晶子,岸川暢介,田妻進,垰越崇範,松尾裕彰, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月31日, 通常, 日本語
  95. バキュロウイルス発現系を用いたリコンビナントヒトIgE受容体α鎖の発現および精製法の確立, 二宮優智,松永知子,横大路智治,森田栄伸,松尾裕彰, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月31日, 通常, 日本語
  96. 多規格採用が調剤過誤に与える影響の分析とその対応策の検討と評価, 覚前美希,大松秀明,森木昌子,佐藤智人,柳田徳栄,藤田啓子,泉谷悟,吉川博,佐伯康之,畝井浩子,松尾裕彰, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月31日, 通常, 日本語
  97. 吸入指導未経験者に向けた吸入手技取得のための教育方法の効率化, 伊倉あかね,奥貞紘平,宮本翔平,鴫田江理嘉,櫻下弘志,峠越崇範,森木昌子,佐伯康之,畝井浩子,松尾裕彰, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月31日, 通常, 日本語
  98. 根治切除不能な甲状腺癌に対するレンバチニブの使用経験, 一ノ瀬翔子,宮本佳奈,片岡達夫,平田かおり,柴田ゆうか,櫻下弘志,佐伯康之,畝井浩子,松尾裕彰, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月31日, 通常, 日本語
  99. Aspirin facilitates the intestinal absorption and oral sensitization of food allergens in rats, 2015年10月14日, 通常, 英語
  100. 術後鎮痛液の感染リスクに関する文献的考察, 柴田ゆうか,舟越亮寛,冨田隆志,佐伯康之,濵田宏,仁井内浩,松尾裕彰, 日本手術医学会総会(第37回), 2015年10月01日, 通常, 日本語
  101. 抗がん剤曝露防止に対するスピルキットの運用の現状, 櫻下弘志,佐伯康之,泉谷悟,村瀬哲也,西垣内亮,畝井浩子,杉山一彦,松尾裕彰, 日本癌治療学会学術集会(第53回), 2015年10月01日, 通常, 日本語
  102. 薬剤師が知っておきたい食物アレルギーのトピックス, 松尾裕彰, 福山大学薬学部卒後教育研修会, 2015年09月10日, 通常, 日本語
  103. インスリン導入時の病棟薬剤師の役割に関する検討, 大東敏和,平田かおり,上代大地,岡本知子,林華代,柴田ゆうか,佐伯康之,畝井浩子,松尾裕彰, くすりと糖尿病学会(第4回), 2015年09月01日, 通常, 日本語
  104. 周術期血糖管理に関する現状調査と患者指導内容の検討, 上代大地,大東敏和,柴田ゆうか,佐伯康之,畝井浩子,松尾裕彰, くすりと糖尿病学会(第4回), 2015年09月01日, 通常, 日本語
  105. Identification of shrimp allergens, 2015年06月09日, 招待, 英語
  106. 診療データウェアハウスを用いたST合剤による血清カリウム値上昇のリスク因子評価, 冨田隆志,捻橋久美,垰越崇範,木平健治,松尾裕彰, 日本医薬品情報学会総会・学術大会(第18回), 2015年06月09日, 通常, 日本語
  107. 医薬品リスク管理計画における潜在的リスクの添付文書記載状況と未記載理由の検証, 大野優紀,冨田隆志,捻橋久美,垰越崇範,松尾裕彰, 2015年06月09日, 通常, 日本語
  108. 小麦アレルギー急速減感作療法と自然寛解の好塩基球活性化マーカーCD203c測定による抗原反応性の経年解析, 徳田 玲子, 長尾 みづほ, 森田 栄伸, 横大路 智治, 松尾 裕彰, 松田 幹, 藤澤 隆夫, 第64回日本アレルギー学会学術大会, 2015年05月26日, 通常, 日本語
  109. 小麦グリアジンの消化管吸収特性とアスピリンの影響解析, 横大路智治, 羽村光, 松尾裕彰, 第64回日本アレルギー学会学術大会, 2015年05月26日, 通常, 日本語
  110. アスピリンによる食物抗原吸収増加が感作に及ぼす影響, 松尾裕彰, 平野太暉, 横大路智治, 第64回日本アレルギー学会学術大会, 2015年05月26日, 通常, 日本語
  111. 小児の小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの原因コンポーネント, 中川朋子, 田中昭, 酒井一徳, 林直史, 佐藤有沙, 佐々木渓円, 松井照明, 杉浦至郎, 漢人直之, 伊藤浩明, 横大路智治, 松尾裕彰, 第64回日本アレルギー学会学術大会, 2015年05月26日, 通常, 日本語
  112. 食物抗原の吸収とアレルギー症状の発症におよぼすアスピリンとクロモグリク酸の影響解析, 横大路智治,松尾裕彰, 日本膜学会第37 年会, 2015年05月14日, 通常, 日本語
  113. 食品のプロが語る食物アレルゲン-小麦アレルギー, 松尾裕彰, 第31回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会, 2014年06月28日, 招待, 日本語
  114. ω5-グリアジンと小麦依存性運動誘発アナフィラキシー, 松尾 裕彰, ω5-グリアジン抗体測定検査保険適応記念講演会, 2010年, 招待, 日本語
  115. 食物アレルギー診療の新しい展開 小麦アレルギーとω5-グリアジン, 松尾 裕彰, 第44回日本小児アレルギー学会, 2007年12月, 招待, 日本語
  116. 食物依存性運動誘発アナフィラキシーの病態解析および原因抗原解析とその応用, 松尾 裕彰, 第3回広島アレルギー研究会, 2007年, 招待, 日本語
  117. 小麦アレルギーの原因抗原解析とその応用, 松尾 裕彰, 2007年, 招待, 日本語
  118. 食物依存性運動誘発アナフィラキシーの原因抗原と病態の解析, 松尾 裕彰, 第56回日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2004年, 招待, 日本語
  119. ハムスター由来膵β細胞株(HIT-T15)におけるオランザピンによるインスリン分泌抑制機構の解析, 1. 長田麻央,中井智恵,三浦悠美香,冨田隆志,垰越崇範,横大路智治,杉本由美,松尾裕彰, 日本薬学会第138年会, 2018年03月23日, 通常, 日本語
  120. リチウム内服中に腎性尿崩症をきたした2症例, 福島隆宏,吉川博,佐藤智人,垰越崇範,畝井浩子,松尾裕彰, 第34回日本救急医学会中国四国地方会総会・学術集会, 2018年05月01日, 通常, 日本語
  121. 抗がん剤曝露防止に対する院内統一マニュアルとスピルキットの導入と確立, 櫻下弘志,佐伯康之,泉谷悟,新本唯一,友田江美,野津和良,村瀬哲也,畝井浩子,松尾裕彰, 医療薬学フォーラム2018/第26回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2018年06月23日, 通常, 日本語
  122. 非抗がん剤の血管外漏出の実態調査と添付文書の血管外漏出リスクの注意記載に関する調査, 板村亮,柴田ゆうか,垰越崇範,松尾裕彰, 医療薬学フォーラム2018/第26回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2018年06月23日, 通常, 日本語
  123. Evaluation of risk for injury by extravasation of vasopressor and hyperosmolar agents in a rat model, Shibata Y, Sagara Y, Taogoshi T, Yokooji T, Matsuo H, 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, 2017年07月05日, 通常, 英語
  124. 「治験薬管理保管体制リスト」「治験薬管理確認リスト」を用いた業務標準化プロセスの構築, 小林真理,深川恵美子,村瀬哲也,木村優美,藤井健司,田中惇子,白地直美,角山政之,松尾裕彰,梅本誠治, 第18回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2018 in 富山, 2018年09月01日, 通常, 日本語
  125. 被験者が他の治験実施施設へ転院したときに発生した重篤な有害事象は、誰が報告するのか?, 深川恵美子,山本さおり,阿部由佳,村瀬哲也,田中惇子,高橋まりも,角山政之,松尾裕彰,梅本誠治,檜山英三, 第18回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2018 in 富山, 2018年09月01日, 通常, 日本語
  126. 抗がん剤による薬剤性心筋症治療に対する心不全センターの取り組み, 櫻下弘志,佐伯康之,石井聡一郎,中麻規子,中山奨,木原康樹,松尾裕彰, 第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月01日, 通常, 日本語
  127. JMAT活動における薬剤師の役割~西日本豪雨災害での活動~, 吉川博,福島隆宏,佐藤智人,佐伯康之,畝井浩子,松尾裕彰, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語
  128. 広島県下における病院機能別病棟薬剤業務に関する実施状況の調査, 西塚亨,寺岡豊,森中千恵子,吉川博,吉原統,荒川隆之,高下英樹,先森満子,松尾裕彰, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語
  129. 広島大学病院におけるプレアボイド報告内容の変化の解析, 丸子和也,柴田ゆうか,宮本翔平,吉川博,佐伯康之,松尾裕彰, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語
  130. 抗がん剤のDose Banding導入シミュレーションによる医療経済効果〜入院患者における検討〜, 野津和良,本永正矩,櫻下弘志,三木陽介,友田江美,奥貞紘平,泉谷悟,佐伯康之,松尾裕彰, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語
  131. 新規採用職員にむけた「安全なミキシング研修会」実施による医療安全向上のための取り組み, 友田江美,櫻下弘志,新本唯一,野津和良,奥貞紘平,森木昌子,泉谷悟,佐伯康之,松尾裕彰, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語
  132. 薬薬連携を担うお薬手帳活用状況に影響を及ぼす患者要因の検討, 佐藤佑樹,柴田ゆうか,大東敏和,石井聡一郎,佐伯康之,松尾裕彰, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語
  133. 非抗癌剤の血管外漏出時の傷害リスク評価-モデルラットを用いた検討-, 柴田ゆうか,宇野博美,相良夢香,垰越崇範,横大路智治,松尾裕彰, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語
  134. ハムスター由来膵β細胞株(HIT-T15)におけるインスリン分泌に及ぼすオランザピンの影響, 中井智恵,長田麻央,三浦悠美香,冨田隆志,垰越崇範,横大路智治,松尾裕彰, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語
  135. 小細胞肺がん化学療法におけるペグフィルグラスチム二次予防的投与の有効性と安全性の検討, 櫻下弘志,泉谷悟,佐伯康之,松尾裕彰, 第28回日本医療薬学会年会, 2018年11月24日, 通常, 日本語
  136. 薬剤師による休日病棟業務の有用性と課題, 真志田絵美子,柴田ゆうか,土井舞子,佐伯康之,松尾裕彰, 第28回日本医療薬学会年会, 2018年11月24日, 通常, 日本語
  137. テイコプラニン負荷投与実施後の初回血中濃度に関わる要因, 檜山洋子,片岡達夫,冨田隆志,宮本佳奈,垰越崇範,松尾裕彰, 第28回日本医療薬学会年会, 2018年11月24日, 通常, 日本語
  138. レナリドミドを使用する日本人多発性骨髄腫患者における血栓塞栓症のリスク因子と予防薬の検討, 坂本健一,村瀬哲也,上野千奈美,西垣内亮,木村優美,櫻下弘志,泉谷悟,佐伯康之,松尾裕彰,谷口雅敏, 第28回日本医療薬学会年会, 2018年11月24日, 通常, 日本語
  139. YJコードを用いた治験併用薬チェックシステム導入による業務改善, 村瀬哲也,小林真理,深川恵美子,永田剛志,田中惇子,藤井健司,木村優美,角山政之,松尾裕彰,梅本誠治, 第28回日本医療薬学会年会, 2018年11月24日, 通常, 日本語
  140. Lysophosphatidylcholine による胆管上皮障害に対するphosphatidylcholine の細胞保護効果の検討, 大東敏和,菅野啓司,岸川暢介,大谷裕一郎,小林知貴,Nguyen Thi Phuong Thao,松尾裕彰,田妻進, 第 40 回 胆汁酸研究会, 2018年12月01日, 通常, 日本語
  141. Comparison of pegfilgrastim and filgrastim for the prophylactic effect for preventing febrile neutropenia in patients undergoing rituximab with etoposide, prednisolone, vincristine, cyclophosphamide and doxorubicin treatment, Taogoshi T, Kataoka T, Sakurashita H, Matsuo H, 2018 ASHP Midyear Clinical Meeting and Exhibition, 2018年12月04日, 通常, 日本語
  142. Olanzapine suppresses insulin secretion from pancreatic β-cells via blockage of multiple receptors, Mao Nagata, Tomoe Nakai, Yumika Miura, Takashi Tomita, Takanori Taogoshi, Tomoharu Yokooji, Yumi Sugimoto, Hiroaki Matsuo, 78th FIP World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, 2018年09月02日, 通常, 英語, Glasgow, UK
  143. Enhancing effect of aspirin on intestinal absorption of gliadin, wheat allergen, and its mechanism, Tomoharu Yokooji, Koh Hamura, Naoki Ninomiya, Takanori Taogoshi, Hiroaki Matsuo, 78th FIP World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, 2018年09月02日, 通常, 英語

受賞

  1. 2009年09月, Top 10 Cited Award 2006-2008, Journal of Dermatological Science, Publishing Editor: Fiona MacnabJournal of Dermatological ScienceElsevier Limited, Food-dependent exercise-induced anaphylaxis. J Dermatol Sci 2007;47(2):109-117.
  2. 2005年06月, 第6回ガルデルマ賞, ガルデルマ株式会社, 小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの原因抗原であるω-5 gliadinのIgE結合エピトープの同定
  3. 2006年08月, 第36回日本皮膚アレルギー学会総会・第31回日本接触皮膚炎学会総会合同学術大会ポスター賞(金賞), 第36回日本皮膚アレルギー学会総会・第31回日本接触皮膚炎学会総会合同学術大会会長 片山一郎, リコンビナント小麦抗原蛋白質を用いた小麦アレルギーの新規診断方法

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(免疫アレルギー疾患実用化研究分野), 低アレルゲン小麦の管理・供給と治療指針策定に向けた基礎研究の実施, 2015年04月01日, 2016年03月31日
  2. 研究成果展開事業(A-STEP), 食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIA)診断ツールの開発, 2013年08月01日, 2014年03月31日
  3. 民間からの助成金, 小麦粉の加水分解加工がアレルゲン活性に及ぼす影響, 2012年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 抗原の消化管透過性から見た食物アレルギー発症機序の解明, 2014年, 2016年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 血中小麦アレルゲン定量法の開発とその臨床応用, 2011年, 2013年
  6. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 小麦アレルギーにおけるアレルゲン特異IgEのレパートリー解析と診断への応用, 2009年, 2010年
  7. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 食物抗原吸収に及ぼす非ステロイド性抗炎症薬の影響, 2005年, 2006年
  8. 民間財団, 小麦粉の加水分解加工がアレルゲン活性に及ぼす影響, 2013年
  9. 免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(免疫アレルギー疾患実用化研究分野) , ①臨床研究の補助②基礎研究の実施③治療指針の策定, 2016年04月01日, 2017年03月31日
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), エビ依存性運動誘発アナフィラキシーの原因抗原解析と診断・発症予防への応用, 2017年, 2019年
  11. 免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(免疫アレルギー疾患実用化研究分野) , 低アレルゲン小麦の管理・供給と治療指針策定に向けた基礎研究の実施, 2017年04月01日, 2018年03月31日

社会活動

委員会等委員歴

  1. 広島県薬剤師研修協議会 委員, 2012年04月, 2016年06月, (社)広島県薬剤師会
  2. 広島県薬剤師研修協議会 委員長, 2016年07月, 2018年06月, (公社)広島県薬剤師会
  3. 広島県治験等活性化事業実務者連絡会 委員, 2015年07月, 2018年03月, 広島県
  4. (公社)広島県薬剤師会 副会長 , 2016年06月, 2018年06月, (公社)広島県薬剤師会
  5. 広島県病院薬剤師会 会長, 2016年07月, 2018年06月, 広島県病院薬剤師会
  6. 広島県合同輸血療法委員会 委員, 2016年07月, 2018年06月
  7. 広島県薬事審議会 委員, 2015年03月, 2017年03月, 広島県
  8. 病院診療所薬剤師部会 幹事, 2016年09月, 2018年06月, (社)日本薬剤師会
  9. 広島県病院薬剤師会 理事, 2015年04月, 2016年06月, 広島県病院薬剤師会
  10. 広島県地域保健対策協議会 医薬品の適正使用検討特別委員会 委員長, 2016年07月, 2018年06月
  11. 広島県地域保健対策協議会 脳卒中医療体制検討特別委員会 委員, 2017年05月, 2018年03月
  12. 薬学雑誌 編集委員, 2017年04月, 2019年03月, 日本薬学会
  13. Chemical and Pharmaceutical Bulletin、Editor, 2017年04月, 2019年03月, The Pharmaceutical Society of Japan

学術会議等の主催

  1. 医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 小麦アレルギーの原因抗原, 財団法人 ちゅうごく産業創造センター, 第2回産学官連携新産業創出研究会「低アレルゲン小麦の開発と食品への応用」研究会 , 2008年/10月, 2008年/10月
  2. 食物依存性運動誘発アナフィラキシーの病態解析および原因抗原解析とその応用, 広島アレルギー研究会, 第3回広島アレルギー研究会, 2007年/01月, 2007年/01月
  3. 小麦アレルギーの原因抗原解析とその応用, 愛知免疫アレルギーを語る会, 第5回愛知免疫アレルギーを語る会, 2007年/06月, 2007年/06月
  4. 食品臨床試験プロフェッショナル, 食物アレルギー, 2014年/12月/20日, 2014年/12月/20日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  5. 食品臨床試験プロフェッショナル, 食物アレルギー, 2015年/11月/14日, 2015年/11月/14日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  6. 東広島ロータリークラブ例会, 抗がん剤治療について, 東広島ロータリークラブ, 2017年/06月/13日, 2017年/06月/13日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  7. 新薬剤師研修会2018, 薬剤師の職能・薬剤師会のはたらき, 広島県薬剤師会, 2018年/06月/10日, 講師, 講演会

学術雑誌論文査読歴

  1. 2017年, PLOS ONE, その他, Reviewer
  2. 2017年, Yakugaku Zasshi, 編集員
  3. 2017年, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 編集員
  4. 2018年, Yakugaku Zasshi, 編集員
  5. 2018年, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 編集員