安川 宏紀Hironori Yasukawa

Last Updated :2017/05/08

所属・職名
大学院工学研究科 輸送・環境システム講座 教授
ホームページ
メールアドレス
yasukawanaoe.hiroshima-u.ac.jp
自己紹介
輸送・環境システム専攻海上輸送システム研究室の安川です。

基本情報

主な職歴

  • 2003年04月01日, 広島大学, 大学院工学研究科, 教授
  • 2002年12月01日, 2003年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究科, 助教授
  • 2001年04月01日, 2002年11月30日, 三菱重工業株式会社, 長崎研究所船舶・海洋研究推進室, 主席研究員
  • 1984年04月01日, 1994年03月31日, 三菱重工業株式会社, 長崎研究所

学位

  • 博士(工学) (九州大学)
  • 工学修士 (九州大学)

教育担当

  • 工学部:第四類(建設・環境系), 工学研究科:輸送・環境システム専攻, 工学研究科:輸送・環境システム専攻

担当主専攻プログラム

  • 輸送機器環境工学プログラム

研究分野

  • 工学 / 総合工学 / 船舶海洋工学

研究キーワード

  • 船舶性能
  • 水槽試験
  • 操縦性能
  • 耐航性能
  • 船の運動シミュレーション
  • 電気推進船
  • 多胴船

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 教養教育, セメスター(後期), 乗り物と輸送の科学[1工四]
  2. 2017年, 教養教育, セメスター(前期), 教養ゼミ
  3. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 物流システム
  4. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), プロジェクトマネジメント
  5. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 運動学基礎
  6. 2017年, 学部専門, 集中, 特別研究プロジェクト
  7. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 輸送機器論 I
  8. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 海上輸送機器計画特論
  9. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), Initial Design of Marine Vehicles
  10. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 輸送・環境システム講究I
  11. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 輸送・環境システム講究II
  12. 2017年, 博士課程・博士課程後期, 通年, 輸送・環境システム講究V
  13. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 輸送・環境システムセミナーI
  14. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 輸送・環境システムセミナーII

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 狭水路中を航行する船の操縦性能, 日本造船学会論文集, 156巻, pp.171-pp.179, 19841201
  2. ★, A Theoretical Study of Hydrodynamic Derivatives on Ship Maneuvering in Restricted Water, Selected Paper from Journal of the Society of Naval Architects of Japan, 163巻, pp.119-pp.129, 19880601
  3. A Rankine Panel Method to Calculate Unsteady Hydrodynamic Forces, 日本造船学会論文集, 168巻, pp.131-pp.140, 19901201
  4. Bank Effect on Ship Maneuverability in a Channel with Varying Width, 西部造船会会報, 81巻, pp.85-pp.99, 19910301
  5. A Theoretical Study on Free-Surface Flow around Slowly Moving Full Hull Forms in Short Waves, 日本造船学会論文集, 170巻, pp.143-pp.151, 19911201
  6. Hydrodynamic Interactions among Hull, Rudder and Propeller of a Turning Thin Ship, 西部造船会会報, 84巻, pp.59-pp.83, 19920801
  7. Shallow Water Effects on Hydrodynamic Characteristics of a Turning Thin Ship, 西部造船会会報, 85巻, pp.57-pp.69, 19930301
  8. A Rankine Panel Method to Calculate Steady Wave-Making Resistance of a Ship Taking the Effect of Sinkage and Trim into Account, 西部造船会会報, 86巻, pp.27-pp.35, 19930801
  9. 船体とプロペラの干渉を考慮した舵性能の推定, 西部造船会々報, 87巻, pp.49-pp.60, 19940301
  10. ランキンソース法による船の造波抵抗極小化に関する研究, 西部造船会々報, 89巻, pp.9-pp.19, 19950301
  11. 浅水域における細長船の正弦操舵による操縦応答, 西部造船会々報, 94巻, pp.89-pp.99, 19970801
  12. ハングオフ状態における大水深ライザーの変動張力と波高限界, 日本造船学会論文集, 182巻, pp.187-pp.198, 19971201
  13. ランキンソース法におけるコチン関数を用いた造波抵抗計算, 西部造船会々報, 95巻, pp.17-pp.29, 19980301
  14. A Rankine Source Kochin-Function Method to Remove the Negative Ship Wave Resistance, Ship Technology Research, 45巻, 2号, pp.47-pp.53, 19980501
  15. 造波抵抗性能から見た船型改良の理論的取り扱い, 西部造船会々報, 97巻, pp.1-pp.9, 19990301
  16. 大水深ライザーの変動張力に及ぼす内部流体の影響, 日本造船学会論文集, 185巻, pp.365-pp.371, 19990601
  17. 遺伝的アルゴリズムによる船首形状改良, 日本造船学会論文集, 186巻, pp.1-pp.6, 19991201
  18. Ship Form Improvement using Genetic Algorithm, Ship Technology Research, 47巻, 1号, pp.35-pp.44, 20000201
  19. 境界要素法による船体運動の時刻歴解析(その1:流体力の計算), 西部造船会々報, 100巻, pp.83-pp.98, 20000801
  20. 境界要素法による波浪中船体運動の時刻歴解析(その2:正面向波中での船体運動, 西部造船会々報, 101巻, 3号, pp.27-pp.36, 20010301
  21. 大波高中におけるコンテナ船の波浪荷重, 日本造船学会論文集, 189巻, pp.181-pp.192, 20010601
  22. 中間切り離しライザーの挙動解析, 日本造船学会論文集, 189巻, pp.241-pp.250, 20010601
  23. バウスラスタを備えた2軸2舵船の離岸性能, 日本造船学会論文集, 190巻, pp.181-pp.190, 20011201
  24. ★, 減速時の高速艇が造る曳き波について, 西部造船会々報, 103巻, pp.111-pp.121, 20020301
  25. ★, 中間切り離しライザーの不規則波中模型試験, 日本造船学会論文集, 191巻, pp.113-pp.124, 20020601
  26. ★, 岸壁近くを航行する船の操縦運動, 西部造船会々報, 104巻, pp.41-pp.52, 20020801
  27. ★, 多方向不規則波中におけるコンテナ船の波浪荷重計測, 西部造船会々報, 104巻, pp.135-pp.145, 20020801
  28. Simulation Study on Motions of a Towed Collector for a Manganese Nodule Mining System, Proceedings of ISOPE-Ocean Mining Symposium= Tsukuba= Japan, pp.61-pp.67, 19951101
  29. Development of "UNICORN”, a High-Speed Mono-Hull Car Passenger Ferry, Proceedings of 1st International Conference on High-Performance Marine Vehicles Zevenwacht= South-Africa, 1巻, pp.246-pp.254, 19990301
  30. Motion Analysis of a Towed Collector for Manganese Nodule Mining in Ocean Test, Proceedings of the 9th International Society of Offshore and Polar Engineers (ISOPE)= Vol.I= Brest= France, 9巻, pp.100-pp.107, 19990501
  31. Application of a 3-D Time Domain Panel Method to Ship Seakeeping Problems, Proc. 24th Symp. on Naval Hydrodynamics= Fukuoka= Japan, 24巻, 20020701
  32. Experimental Analysis on Motions of Riser for IODP Deepwater Riser Drillship,, Proceedings of the 12th International Society of Offshore and Polar Engineers (ISOPE)= Kitakyushu= Japan, 12巻, 20020501
  33. Unsteady Wash Generated by a High Speed Vessel, Proceedings of the Fourth International Workshop on Water Waves and Floating Bodies, 16巻, 20010401
  34. Nonlinear Time Domain Analysis of Hydrodynamic Forces on a Ship Advancing in Waves, Proc. 4th Osaka Colloquium on Seakeeping Performance of Ships= Osaka= Japan, 4巻, pp.281-pp.290, 20001001
  35. Prediction of Wave Pressure and Loads on Actual Ships by the Enhanced Unified Theory, 23rd Symp. on Naval Hydrodynamics= Val de Reuil= France, 23巻, 20000901
  36. Investigation of Global and Local Flow Details by a Fully Three-dimensional Seakeeping Method, 23rd Symp. on Naval Hydrodynamics= Val de Reuil= France, 23巻, 20000901
  37. Nonlinear Time Domain Analysis of Ship Motions in Regular Head Waves, 3rd Numerical Towing Tank Symposium (NUTTS’00)= Tjarno= Sweden, 3巻, 20000901
  38. Added Resistance for a Fully Three-Dimensional Ship Seakeeping Method, 2nd Numerical Towing Tank Symposium (NUTTS’99)= Rome= Italy, 2巻, 19990801
  39. Wave Pressure Computations for a VLCC in Regular Waves, 2nd Numerical Towing Tank Symposium (NUTTS’99)= Rome= Italy, 2巻, 19990801
  40. Computation of Ship Wave and Resistance using a RANS Solver, 2nd Numerical Towing Tank Symposium (NUTTS’99)= Rome= Italy, 2巻, 19990801
  41. Unsteady Wash Computation for a High Speed Vessel, 2nd Numerical Towing Tank Symposium (NUTTS’99)= Rome= Italy, 2巻, 19990801
  42. Application of the Enhanced Unified Theory to Seakeeping Calculations of Actual Ships, 4th Japan-Korea Joint Workshop on Ship & Marine Hydrodynamics= Fukuoka= Japan, 4巻, pp.59-pp.66, 19990701
  43. Deep Water Drilling Riser Systems, Proceedings of the 2nd International Conference on Hydroelasticity in Marine Technology= Fukuoka= Japan, 2巻, pp.301-pp.307, 19981201
  44. A Rankine Source Method for Wave Resistance Minimization, 1st Numerical Towing Tank Symposium (NUTTS’98)= Hamburg= Germany, 1巻, 19980901
  45. Computation of Effective Rudder Forces of a Ship in Shallow Water, Proceedings of the International Symposium and Workshop on Forces Acting on a Manoeuvring Vessel (MAN’98)= Val de Reuil= France, pp.125-pp.133, 19980901
  46. A Method to Predict Limiting Wave Height of a Deep Sea Riser in Disconnected Mode, Proceedings of the 8th International Society of Offshore and Polar Engineers (ISOPE)= Vol.II= Montreal= Canada, 8巻, pp.199-pp.206, 19980501
  47. Hydrodynamic Forces on a Ship Moving with Constant Rudder Angle: A Theoretical Treatment of Rudder Angle Test, Proceedings of the International Conference on Marine Simulation and Ship Maneuverability (MARSIM’96)= Copenhagen= Denmark, pp.435-pp.447, 19960901
  48. Wave Resistance Minimization of a Simple Form Ship with Protruded Bow by Rankine Source Method, Proceeding of 15th International Workshop on Water Waves and Floating Bodies, 11巻, 19960301
  49. Effect of Steady Disturbance on Free-Surface Flow around Slowly Moving Full Hull Forms in Waves, Proceedings of the Fourth International Workshop on Water Waves and Floating Bodies, 9巻, pp.189-pp.192, 19940401
  50. A Theoretical Approach to Evaluate Steady Turning Performance of a Thin Ship in Shallow Water, Proceedings of International Conference on Marine Simulation and Ship Maneuverability (MARSIM’93)= St. John’s= Newfoundland= Canada, pp.641-pp.650, 19930901
  51. Numerical Calculation of Steady Turning Performance of a Thin Ship, Proceedings of the 2nd International Conference on Maneuvering and Control of Marine Craft= Southampton= UK, pp.423-pp.436, 19920701
  52. Calculation of Free-Surface Flow around a Ship in Shallow Water by Rankine Source Method, 6th International Conference on Numerical Ship Hydrodynamics, 5巻, pp.643-pp.653, 19890901
  53. Rankine Source Methods for Seakeeping Problems, Jahrbuch der Schiffbautechnischen Gesellschaft 90. Band= Springer-Verlag, 90巻, pp.411-pp.425, 19960401
  54. 近接して航行する2船の操縦運動, 西部造船会々報, 105巻, pp.43-pp.54, 20030301
  55. 風浪下におけるタンカー船型のプロペラ逆転停止運動シミュレーション, 西部造船会々報, 106巻, pp.57-pp.68, 20030801
  56. 「簡便な厚翼計算法」の基礎式に関する考察, 西部造船会々報, 106巻, pp.157-pp.166, 20030801
  57. Hub Network Design for Marine Transportation, 西部造船会々報, 106巻, pp.115-pp.124, 20030801
  58. 操縦運動シミュレーション計算法の操船bookletへの適用, 西部造船会々報, 107巻, pp.87-pp.97, 20040301
  59. 遺伝的アルゴリズムを用いた海上コンテナ輸送ネットワーク解析—コンテナ流動量に応じたDiscountの設定を通じて, 日本造船学会論文集, 195巻, pp.71-pp.78, 20040601
  60. 練習船「広島丸」の操縦運動シミュレーション(第一報:ヒール時の拘束模型試験), 西部造船会々報, 109巻, pp.101-pp.114, 20050301
  61. 練習船「広島丸」の操縦運動シミュレーション(第二報:実船試験結果との比較), 西部造船会々報, 109巻, pp.115-pp.125, 20050301
  62. 高速三胴船の性能に及ぼすアウトリガー配置の影響(第1報:抵抗と曳き波), 日本船舶海洋工学会論文集, 1巻, pp.77-pp.83, 20050601
  63. Simulation of Ship Collision Caused by Hydrodynamic Interaction Between Ships, Proceedings of the International Conference on Marine Simulation and Ship Maneuverability (MARSIM’03)= Kanazawa, 20030801
  64. 高速三胴船の性能に及ぼすアウトリガー配置の影響(第2報:正面向波中での船体動揺), 日本船舶海洋工学会論文集, 2号, pp.189-pp.195, 20051201
  65. 高速三胴船の性能に及ぼすアウトリガー配置の影響(第3報:操縦性), 日本船舶海洋工学会論文集, 2号, pp.197-pp.203, 20051201
  66. スケグによる高速船の針路安定性改善, 日本船舶海洋工学会論文集, 3号, pp.125-pp.131, 20060601
  67. 被曳船の振れまわり運動シミュレーション, 日本船舶海洋工学会論文集, 4号, pp.137-pp.146, 20060601
  68. プッシャー・バージシステムの操縦流体力特性, 日本船舶海洋工学会論文集, 5号, pp.133-pp.142, 20070601
  69. Hydrodynamic derivatives investigation of unconventionally arranged pusher-barge systems, Journal of Marine Science and Technology, 13巻, 3号, pp.256-pp.268, 20080821
  70. Maneuvering simulations of pusher-barge systems, Journal of Marine Science and Technology, Journal of Marine Science and Technology, 13巻, 2号, pp.117-pp.126, 20080529
  71. 首振り型推進器を有した船舶の操縦流体力特性, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 6号, 20080529
  72. 首振り式推進器を備えた船の針路安定性改善, 日本船舶海洋工学会論文集, 8号, 20090528
  73. ベックツイン舵を備えた船の低速操縦運動の水槽試験, 日本航海学会論文集, 124号, pp.265-pp.271, 20110301
  74. 遺伝アルゴリズムを用いた海上コンテナ輸送ネットワーク解析 -コンテナ流動量に応じたDiscountの設定を通じて-, 日本造船学会論文集, 195号, pp.71-pp.78, 20040601
  75. 2層流域における船体定常造波問題の一解法, 日本船舶海洋工学会論文集, 10号, pp.11-pp.21, 20091201
  76. Maneuvering motions of KVLCC1 and KVLCC2 using MMG model, Proc. Workshop on Verification and Validation of Ship Manoeuvering Simulation Methods, pp.E51-E55, 20080401
  77. Maneuvering simulation of MOERI container ship, Proc. Workshop on Verification and Validation of Ship Manoeuvering Simulation Methods, pp.E68-E73, 20080401
  78. Evaluation of ship-bank and ship-ship interaction forces using a 3D panel method, Proc. International Conference on Ship Manoeuvring in Shallow and Confined Water: Bank Effects, pp.127-pp.133, 20090501
  79. Ship wave making resistance,sinkage and trim when navigating in muddy areas, Proc. International Conference on Marine Simulation and Ship Maneuverability (MARSIM'09), pp.M142-M150, 20090801
  80. 練習船「豊潮丸」の操縦性に及ぼすトリム影響, 日本航海学会論文集, 126号, pp.81-pp.89, 20120301
  81. バウスラスタを有する2 軸2 舵船の操縦流体力特性, 日本航海学会論文集, 125号, pp.209-pp.219, 20110901
  82. 正面向波中における曳船・被曳船の船体運動シミュレーション, 日本船舶海洋工学会論文集, 15号, pp.91-pp.100, 20120601
  83. 左右非対称なデミハルを有する双胴船の性能に関する実験的研究, 日本船舶海洋工学会論文集, 15号, pp.101-pp.110, 20120601
  84. 左右非対称なデミハルを有する双胴船の操縦流体力特性, 日本航海学会論文集, 127号, pp.29-pp.39, 20120901
  85. 曳船・被曳船の旋回運動時におこる索のたるみについて, 日本船舶海洋工学会論文集, 16号, pp.41-pp.48, 20121201
  86. Maneuvering Fullscale Trial of a Ship with Azimuth Propellers to Capture the Trim Effect, MARSIM2012, MARSIM2012巻, pp.CDROM, 20120401
  87. 練習船「豊潮丸」の横傾斜時における操縦性能, 日本航海学会論文集, 129巻, pp.93-pp.98, 20131201
  88. 半滑走型高速船の操縦性能, 日本船舶海洋工学会論文集, 19号, pp.47-pp.60, 20140601
  89. Stern Skeg Effects on Course Stability of a Ship with Azimuthing Propellers, Proceedings of the Twenty-fourth (2014) International Ocean and Polar Engineering Conference, Busan, Korea, June 15-20, 2014, 20140601
  90. Maneuvering simulations of pusher-barge systems, JOURNAL OF MARINE SCIENCE AND TECHNOLOGY, 13巻, 2号, pp.117-pp.126, MAY 2008
  91. Hydrodynamic derivatives investigation of unconventionally arranged pusher-barge systems, JOURNAL OF MARINE SCIENCE AND TECHNOLOGY, 13巻, 3号, pp.256-pp.268, AUG 2008
  92. Comparison study of a pusher-barge system in shallow water, medium shallow water and deep water conditions, OCEAN ENGINEERING, 46巻, pp.9-pp.17, JUN 2012
  93. Course stability and yaw motion of a ship in steady wind, JOURNAL OF MARINE SCIENCE AND TECHNOLOGY, 17巻, 3号, pp.291-pp.304, SEP 2012
  94. Course stability of a ship towing system in wind, OCEAN ENGINEERING, 64巻, pp.135-pp.145, MAY 15 2013
  95. Shallow Water Effect on the Hydrodynamic Interaction between Two Ships with Rudder in Close Proximity,, 3rd Int. Conf. on Ship Manoeuvring in Shallow and Confined Water, 20130601
  96. Wind Effect on Directional Stability of a Ship Moving in a Channel, 3rd Int. Conf. on Ship Manoeuvring in Shallow and Confined Water, 20130701
  97. 横傾斜状態で航行する船の流体力微係数と操縦性, 日本船舶海洋工学会論文集 第17号, pp.19-pp.29, 20130601
  98. 狭水路を航行する船の方向安定性に及ぼす風の影響, 日本船舶海洋工学会論文集 第18号, pp.45-pp.53, 20131201
  99. 船の操縦性に及ぼす横揺連成影響について, 日本船舶海洋工学会論文集 第17号, pp.57-pp.64, 20130601
  100. 船台進水の運動シミュレーション, 日本船舶海洋工学会論文集 第17号, pp.49-pp.56, 20130601
  101. Directional stability of a ship in close proximity to channel wall, JOURNAL OF MARINE SCIENCE AND TECHNOLOGY, 19巻, 4号, pp.376-pp.393, DEC 2014
  102. ★, Introduction of MMG standard method for ship maneuvering predictions, JOURNAL OF MARINE SCIENCE AND TECHNOLOGY, 20巻, 1号, pp.37-pp.52, MAR 2015
  103. Theoretical and experimental analysis of a slack towline motion on tug-towed ship during turning, OCEAN ENGINEERING, 99巻, pp.95-pp.106, MAY 1 2015
  104. 方形係数シリーズ肥型船の操縦性能(第一報:水槽試験), 日本船舶海洋工学会論文集, 21巻, pp.11-pp.22, 201506
  105. ★, Wind and Current Correction Methods for Speed Trial Analysis of Ships, Ship Technology Research, 62巻, 3号, pp.173-pp.185, 2015, October
  106. Maneuvering Simulation of a KVLCC2 Tanker in Irregular Waves, International Conference on Marine Simulation and Ship Maneuverability (MARSIM'15), 2015, September
  107. CFD Analysis of Hydrodynamic Force Characteristics of Pusher and mulita Barges in Steady-State Manoeuvres, International Conference on Marine Simulation and Ship Maneuverability (MARSIM'15), 2015, September
  108. High-Speed Ship Maneuverability, JOURNAL OF SHIP RESEARCH, 60巻, 4号, pp.239-pp.258, DEC 2016

著書等出版物

  1. 2012年10月17日, 船舶海洋工学シリーズ③, 船体運動 操縦性能編, 成山堂書店, 2012年, 10, 教科書, 共著, 日本語, 安川宏紀,芳村康男, ISBN-10: 4425714512, ISBN-13: 978-4425714513, 168, 168

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 客船の居住空間について;ー 船舶づくりからの視座 ー, 安川 宏紀, 2004年08月, 招待, 日本語
  2. 抵抗の小さな双胴船の船型について, 安川 宏紀, 2004年12月, 招待, 日本語
  3. DPSの運動シミュレーション;計算法, 安川 宏紀, 2004年12月, 招待, 日本語
  4. CFDによる操縦流体力の推定,操縦性および復原性基準に関する研究動向, 安川 宏紀, 試験水槽委員会シンポジウム,日本造船学会, 2000年12月, 招待, 日本語
  5. 高速船の曳き波について, 安川 宏紀, 第2回高速船フォーラム,関西造船協会,大阪府立大学, 2001年11月, 招待, 日本語
  6. 客船の性能について, 安川 宏紀, 2003年12月, 招待, 日本語
  7. 三次元理論による計算法,耐航性理論の設計への応用, 安川 宏紀, 運動性能研究委員会第11回シンポジウム,日本造船学会, 1994年12月, 招待, 日本語
  8. 2013年12月, 招待, 英語
  9. A Research Project on Maneuvering Motion in Waves and Minimum Power Requirement of Ships, Hironori Yasukawa, International workshop on environmentally friendly ships, 2015年03月04日, 招待, 英語, Yokohama National University, Center for Oceanic Studies and integrated education
  10. EEDI 規制における最低出力ガイドラインと改正海上試運転解析法, 安川 宏紀, 平成27年度 日本造船技術センター 技術セミナー, 2015年11月26日, 招待, 日本語
  11. EEDI規制への対応最新情報について- 最低出力ガイドライン -, 安川宏紀, 中国地区船舶関係技術懇談会運営委員会 初春講演会, 2016年01月14日, 招待, 日本語
  12. 荒天中のシミュレータ実験モデルの検討, 安川宏紀, 藤本弘司,西村健, 船舶の最低主機出力に関するシンポジウム, 2016年03月18日, 招待, 日本語

社会活動

委員会等委員歴

  1. 委員長, 2005年04月, 2015年03月, 中国地区船舶関係技術懇談会運営委員会
  2. 理事, 2011年05月, 2015年05月, 日本船舶海洋工学会
  3. 理事, 2009年05月, 2011年05月, 日本船舶海洋工学会西部支部
  4. 委員長, 2014年03月, 2015年03月, 日本船舶海洋工学会IMO最低出力ガイドライン策定方針研究委員会
  5. 運営委員, 2009年05月, 2013年03月, 西部造船会技術研究会
  6. 部会長, 2012年05月, 2015年03月, 西部造船会技術研究会性能部会
  7. 委員, 2014年10月, 2015年03月, 国際水槽試験会議
  8. 委員, 2014年04月, 2015年03月, 日本船舶技術研究協会 船舶からのGHG排出抑制に関する基準の整備に関する調査研究最低出力/海上試運転 WG
  9. 委員長, 2015年04月, 2016年03月, 中国地区船舶関係技術懇談会運営委員会
  10. 委員長, 2015年04月, 2016年03月, 日本船舶海洋工学会IMO最低出力ガイドライン策定方針研究委員会
  11. 部会長, 2015年04月, 2016年03月, 西部造船会技術研究会性能部会
  12. 委員, 2015年04月, 2016年03月, 国際水槽試験会議
  13. 委員, 2015年04月, 2016年03月, 日本船舶技術研究協会 船舶からのGHG排出抑制に関する基準の整備に関する調査研究最低出力/海上試運転 WG

学術会議等の主催

  1. 第2回プッシャー・バージに関するワークショップ, 2014年12月, 2014年12月
  2. 船の波力推進に関するワークショップ, 2015年08月, 2015年08月