中島 健一郎KENICHIRO NAKASHIMA

Last Updated :2020/12/01

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 准教授
ホームページ
メールアドレス
kennakashihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島県東広島市鏡山1-1-1 教育学研究科A棟A701号室
TEL:082-424-6772 FAX:082-424-3481(共通)
自己紹介
社会心理学・行動科学を専門にしています。 主な研究テーマは自己・他者・集団・社会の重層性についての行動科学的検討です。 中島が大事にしていることは「自分が面白いと思ったテーマについて、周りの人から面白いと思ってもらえるような研究をする」ことです。これからも大事にしていこうと思っていますし、研究室のメンバーにも同じことを伝えています。研究室への希望者は中島個人のHPを確認してもらえると嬉しいです。

基本情報

学歴

  • 広島大学, 総合科学研究科, 人間科学部門人間行動研究領域, 日本, 2007年04月, 2010年03月
  • 広島大学, 生物圏科学研究科, 生物圏共存科学専攻, 日本, 2005年04月, 2007年03月
  • 広島大学, 総合科学部, 日本, 2001年04月, 2005年03月

学位

  • 博士(学術) (広島大学)
  • 修士(学術) (広島大学)
  • 学士(総合科学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 教育学部 : 第五類(人間形成基礎系)
  • 【博士課程前期】 人間社会科学研究科 : 人文社会科学専攻 : 心理学プログラム
  • 【博士課程後期】 人間社会科学研究科 : 人文社会科学専攻 : 心理学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 心理学プログラム

研究分野

  • 社会科学 / 心理学 / 社会心理学

研究キーワード

  • 対人関係論
  • 集団力学
  • メンタルヘルス
  • 多変量解析

所属学会

  • 日本心理学会
  • 日本社会心理学会
  • 日本グループ・ダイナミックス学会
  • 日本心理臨床学会, 2018年
  • 日本教育心理学会
  • 中国四国心理学会
  • The Society for Personality and Social Psychology

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, 2ターム, 情報活用基礎[1教,1法]
  2. 2020年, 教養教育, 1ターム, 情報活用基礎[1医,1歯,1薬]
  3. 2020年, 教養教育, 2ターム, 情報活用基礎[1総総,1文,1工二,1工三,1工四,1工特,1生]
  4. 2020年, 教養教育, 1ターム, ジェンダーと社会
  5. 2020年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  6. 2020年, 学部専門, 3ターム, 対人心理学
  7. 2020年, 学部専門, 4ターム, 心理社会調査法
  8. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 心理学研究法演習
  9. 2020年, 学部専門, 1ターム, 心理学外書講読演習I
  10. 2020年, 学部専門, 2ターム, 心理学外書講読演習II
  11. 2020年, 学部専門, 3ターム, 心理学外書講読演習III
  12. 2020年, 学部専門, 4ターム, 心理学外書講読演習IV
  13. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 心理学実験
  14. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 社会心理学課題研究I
  15. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 社会心理学課題研究II
  16. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文
  17. 2020年, 学部専門, 4ターム, 感情・人格心理学
  18. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 心理実習I
  19. 2020年, 学部専門, 3ターム, 情報データ科学演習III
  20. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 心理学講究
  21. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 心理学特別研究
  22. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 心理学講究
  23. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 心理学特別研究
  24. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 社会心理学特別研究
  25. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 社会心理学演習II
  26. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 社会心理学特別研究
  27. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 人文社会科学のための研究法と倫理 2c
  28. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 心理学研究法基礎演習A
  29. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 心理学研究法基礎演習B
  30. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  31. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, Academic writing in psychology A
  32. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, Academic writing in psychology B
  33. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 心理学特講A
  34. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 心理学特講B
  35. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 心理学基礎演習Ⅰ
  36. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 心理学基礎演習Ⅱ
  37. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 心理学基礎演習Ⅲ
  38. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 心理学基礎演習Ⅳ
  39. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 心の健康教育に関する理論と実践
  40. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  41. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  42. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Exhausted parents in Japan: preliminary validation of the Japanese version of the parental burnout assessment, New Directions for Child and Adolescent Development
  2. Excessive-reassurance seeking and mental health: Interpersonal networks for emotion regulation, Current Psychology
  3. ★, 排斥研究から人のつながりを考える―玉井論文へのコメント―, 心理学評論, 63巻, 2号, pp. 183-191
  4. クリティカルシンキングの能力および志向性が共感の正確さに及ぼす影響, 社会心理学研究, 36巻, 1号, pp. 16-24
  5. テスト対処方略が女子短期大学生の学業成績に及ぼす影響ー学生の友人数による調整効果ー, 長﨑女子短期大学紀要, 44巻, pp. 18-22, 202003
  6. 教育実習への期待感と準備が女子短期大学生の実習での評価および効力感に及ぼす影響, 長崎女子短期大学紀要, 44巻, pp. 23-27
  7. The role of perceived stress and fear of negative evaluation in the process from alexithymia to over-adaptation, Psychologia
  8. Reconsidering Terror Management Theory in Japan, Psychologia
  9. Searching for positive aspects of excessive reassuarance-seeking, Japanese Psychological Research
  10. アレキシサイミアがストレス経験と評価懸念を介して過剰適応に及ぼす影響, 心理臨床学研究, 37巻, 6号, pp. 571-581
  11. The effects of cognitive strategies on behavioral intention toward strangers: a conceptual replication of Shimizu, Nakashima and Morinaga (2016)., Japanese Journal of Experimental Social Psychology, 59巻, 2号, pp. 119-123, 20200310
  12. Interlinking open science and community-based participatory research for socio-environmental issues, CURRENT OPINION IN ENVIRONMENTAL SUSTAINABILITY, 39巻, pp. 54-61, 201908
  13. 非意識的過程と意識的過程の関係についての検討:評価者と対象の類似度に着目して, 広島大学心理学研究, 18巻, pp. 91-105
  14. Dark Triad の高い人は貧しく孤独な人を友人に選ぶのか?, パーソナリティ研究, 28巻, 2号, pp. 179-181, 20191004
  15. Do shift-and-persist strategies prompt the mental health of low-socioeconomic status individuals?, Japanese Journal of Experimental Social Psychology, 59巻, 2号, pp. 107-113, 20200310
  16. 罪へのライセンス―罪悪感と向社会的行動に対するモラルライセンシング効果の検討―, 感情心理学研究, 27巻, 1号, pp. 1-9, 20191031
  17. Guilt as a signal informing us of a threat to our morality, Current Psychology
  18. Guilt signals a crisis of rejection: Two types of individual differences related to social rejection have dissimilar effects on guilt and compensatory behavior, Japanese Psychological Research, 61巻, 1号, pp. 1-11
  19. 防衛的悲観主義者は本当に自尊心が低いのか?-潜在的自尊心に着目した検討-, パーソナリティ研究, 27巻, 1号, pp. 21-30, 20180405
  20. 保育者養成課程に在籍する学生の養育態度認知が子ども観に与える影響とその関連, 保育者養成教育研究, 2巻
  21. 存在脅威管理理論におけるAffect-free claimの再考:死の不可避性に対する脅威がその後の気分に与える影響, 社会心理学研究, 33巻, 2号, pp. 84-92, 20171225
  22. INTERPERSONAL BENEFITS OF DEFENSIVE PESSIMISM: DEFENSIVE PESSIMISM AND NEGATIVE FOCUS INTERACT TO PREDICT POSITIVE EVALUATION, PSYCHOLOGIA, 60巻, 2号, pp. 97-109, 201706
  23. Guilt Signals a Crisis of Rejection: Two Types of Individual Differences Related to Social Rejection Have Dissimilar Effects on Guilt and Compensatory Behavior, JAPANESE PSYCHOLOGICAL RESEARCH, 61巻, 1号, pp. 1-11, 201901
  24. The Role of Individual Factors in Friendship Formation: Considering Shyness, Self-Esteem, Social Skills, and Defensive Pessimism, JAPANESE PSYCHOLOGICAL RESEARCH, 61巻, 1号, pp. 47-56, 201901
  25. Gender, Attitudes Toward War, and Masculinities in Japan, PSYCHOLOGICAL REPORTS, 120巻, 3号, pp. 374-382, 201706
  26. The Importance of Freedom in the East and the West Over Time: A Meta-analytic Study of Predictors of Well-Being, SOCIAL INDICATORS RESEARCH, 130巻, 1号, pp. 371-388, 201701
  27. 罪悪感が被害者への補償行動に及ぼす影響: 三者関係における資源分配パラダイムによる検討, 社会心理学研究, 32巻, 1号, pp. 52-59, 20160825
  28. 対人的文脈における防衛的悲観主義の役割: 初対面の複数の他者への行動意図に着目して, パーソナリティ研究, 3巻, pp. 202-214, 2016
  29. Influence of social context on the relationship between guilt and prosocial behaviour, Asian Journal of Social Psychology, 19巻, 1号, pp. 49-54, 201601
  30. ★, Subjective socioeconomic status and departmental identity interact to reduce depressive tendencies and negative affective responding for female undergraduates, Japanese Psychological Research, 57巻, 2号, pp. 113-125, 201504
  31. 被排斥者への共感による心理的痛みの伝染についての実験的検討, 発達研究, 28巻, pp. 117-129, 20140501
  32. 保育者養成校における学内と学外の学びの連続性についての探索的検討, 長崎女子短期大学紀要, 38巻, pp. 94-101, 20140301
  33. ルーブリックを使用した学外実習評価基準の作成について, 長崎女子短期大学紀要, 38巻, pp. 102-107, 20140301
  34. ★, How does higher in-group social value lead to positive mental health? An integrated model of in-group identification and support, Asian Journal of Social Psychology, 16巻, pp. 271-278, 20140101
  35. 集団アイデンティティの変動過程における集団タイプの調整効果, 心理学研究, 84巻, pp. 162-168, 20130901
  36. 子どもの自己調整学習の支援方法についての考察:学習動機と学業成績が自己調整力に及ぼす影響, 長崎女子短期大学紀要, 37巻, pp. 100-107, 20130301
  37. ★, Dissimilar effects of task-relevant and interpersonal threat on independent-interdependent self-construal in individuals with high self-esteem, Asian Journal of Social Psychology, 16巻, pp. 50-59, 20130201
  38. Differential Responses of Independent and Interdependent People to Social Exclusion, International Journal of Psychological Studies, 5巻, pp. 31-44, 20130201
  39. Is dorsal anterior cingulate cortex activation in response to social exclusion due to expectancy violation? An fMRI study, Frontiers in Evolutionary Neuroscience, 4巻, pp. 1-10, 20120701
  40. ★, Ingroup representation and social value affect the use of ingroup identification for maintaining and enhancing self-evaluation, Asian Journal of Social Psychology, 15巻, pp. 49-59, 20120301
  41. 教育評価システムとその活用に関する研究:学生指導の事例から, 長崎女子短期大学紀要, 36巻, pp. 45-52, 20120301
  42. A multi-level approach to change in in-group identification: Comparative change of meaningfulness of social categories, 広島大学総合科学研究科紀要人間科学研究, 3巻, pp. 91-95, 20110501
  43. チューターによる教育相談のあり方について, 長崎女子短期大学紀要, 35巻, pp. 60-66, 20110301
  44. 子どもの発達過程における集団への所属意識の機能に関する一考察:所属クラスへの同一視の違いが社会的排斥に伴うクラスメイトとの心理的紐帯の維持・強化に及ぼす影響, 長崎女子短期大学紀要, 34巻, pp. 94-98, 20100301
  45. 文化的自己観とストレスフルイベントの経験頻度が個人の集団表象に及ぼす影響, 実験社会心理学研究, 49巻, pp. 122-131, 20100201
  46. Does low self-esteem enhance social pain? : The relationship between trait self-esteem and anterior cingulate cortex activation induced by ostracism, Social Affective and Cognitive Neuroscience, 5巻, pp. 385-391, 20100201
  47. Decreased ventral anterior cingulated cortex activity is associated with reduced social pain during emotional support, Social Neuroscience, 4巻, pp. 443-454, 20090501
  48. ★, Effect of self-construal and threat to self-esteem on in-group favoritism: The moderating effect of independent/interdependent self-construal on use of in-group favoritism for maintaining and enhancing self-evaluation, Asian Journal of Social Psychology, 11巻, pp. 286-292, 20081201

著書等出版物

  1. 2014年05月, Handbook on the Psychology of Self-Esteem, Who uses ingroup identification and favoritism for buffering threats to self-esteem, and when do they use it?, Nova Science Publishers, 2014年, 05, 単行本(学術書), 単著, 26
  2. 2016年05月, Socioeconomic status: Influences, disparities and current issues, Benefits and pitfalls of high economic status based on three findings in Japanese samples, NOVA Science Publishers, 2016年, 2016, 単行本(学術書), 共著, English, Nakashima, K. & Lee, S., 36, 27
  3. 2016年05月, Socioeconomic status: Influences, disparities and current issues, Who seeks relationships with Dark Triad individuals and how? Focusing on socioeconomic status and trait self-control, NOVA Science Publishers, 2016年, 05, 単行本(学術書), 共著, English, Tasaki, Y., Nakashima, K.(double-first) & Ura, M., 26

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 伝染した心理的痛みと不適応反応に対する感情の媒介効果, 中島健一郎, 日本社会心理学会第55回大会, 2014年07月, 通常, 日本語, 日本社会心理学会
  2. 社会経済的地位が低い人ほど排斥された他者の気持ちが分かる:共感の正確性に対する個人差要因の影響, 中島健一郎, 日本グループ・ダイナミックス学会第61回大会, 2014年09月, 通常, 日本語, 日本グループ・ダイナミックス学会
  3. Social pain contagion and empathic accuracy, Nakashima Ken'ichiro, The 16th Annual Meeting of The Society for Personality and Social Psychology, 2015年02月, 通常, 英語, The Society for Personality and Social Psychology
  4. 共感による心理的痛みの伝染過程における所属欲求の調整効果, 中島健一郎, 日本グループ・ダイナミックス学会第62回大会, 2015年10月, 通常, 日本語, 日本グループ・ダイナミックス学会
  5. 被排斥者への共感に伴う対人行動の変容: emotion sharingとmentalizingの違いに着目して, 中島健一郎, 日本社会心理学会第56回大会, 2015年10月, 通常, 日本語, 日本社会心理学会
  6. 共感の正確性がもたらすもの‐対人行動パターンと精神的健康に着目して‐, 中島健一郎, 日本社会心理学会第57回大会, 2016年09月, 通常, 日本語, 日本社会心理学会
  7. 学生とともに学ぶ-社会心理学を英語で教えてみませんか? 準備委員会企画ワークショップ, 中島健一郎, 日本社会心理学会第57回大会, 2016年09月, 招待, 日本語, 日本社会心理学会
  8. 視点取得と感情抑制がもたらす帰結 ‐バーンアウト・愚痴への感受性・サポートネットワークに着目して‐, 中島健一郎・平田佳帆里, 日本グループ・ダイナミックス学会第63回大会, 2016年10月, 通常, 日本語, 日本グループ・ダイナミックス学会
  9. 集団間のギャップは なぜ生じるか? 社会心理学からのアプローチ, 中島健一郎, 知の橋かけコアFS研究会, 招待, 日本語, 総合地球環境学研究所, 京都市
  10. 罪悪感操作における罪悪感と恥感情の生起に関するメタ分析, 古川善也, 中島健一郎・森永康子, 日本感情心理学会, 2015年05月, 通常, 日本語
  11. 対人的文脈における防衛的悲観主義の役割‐初対面の他者への行動パターンに着目した検討‐, 清水陽香, 中島健一郎・森永康子, 日本パーソナリティ心理学会, 2015年08月, 通常, 日本語
  12. 戦争・武力に対する態度, 森永康子, 坂本結里・中島健一郎, 日本心理学会, 2015年09月, 通常, 日本語
  13. World Values Surveyデータを用いたWell-being説明モデルの日米比較検討, 中里直樹, 中島健一郎・森永康子, 日本グループ・ダイナミックス学会, 2015年10月, 通常, 日本語
  14. 罪悪感と排斥への敏感さとの関連, 古川善也, 中島健一郎・森永康子, 日本社会心理学会, 2015年10月, 通常, 日本語
  15. 思考方略および個人特性が信じやすさに及ぼす影響, 伊藤洋輔, 平川真・中島健一郎・森永康子, 日本社会心理学会, 通常, 日本語
  16. 自由選択の感覚がWell-beingに及ぼす影響:協調性の共有信念,排除回避傾向,サポートに着目して, 中里直樹, 森永康子・中島健一郎, 日本社会心理学会, 2015年10月, 通常, 日本語
  17. Dark Sideの人と手を結ふ?人たち: 社会経済的地位の低い個人か?Dark Triad特性の高い他者との関係構築を求める仕組みについての検討, 田崎優里, 中島健一郎・浦 光博, 日本社会心理学会, 2015年10月, 通常, 日本語
  18. 死への恐怖は感情反応と文化的世界観防衛を生じさせるのか-メタ分析を用いたアプローチ-, 戸谷彰宏, 中島健一郎・森永康子, 日本社会心理学会, 2015年10月, 通常, 日本語
  19. Terror management theoryとMeaning maintenance modelの比較研究, 戸谷彰宏, 中島健一郎・森永康子, 中国四国心理学会, 2015年11月, 通常, 日本語
  20. 認知的方略尺度による分類の再現性についての検討, 清水陽香, 中島健一郎・森永康子, 中国四国心理学会, 2015年11月, 通常, 日本語
  21. 本人のDark Triad特性とセルフ・コントロールが,Dark Triad特性の高い他者との関係構築に及ぼす影響, 田崎優里, 中島健一郎・浦 光博, 中国四国心理学会, 2015年11月, 通常, 日本語
  22. マインドセット課題が自己ステレオタイプ化に与える影響, 和田義則, 森永康子・平川 真・中島健一郎, 中国四国心理学会, 通常, 日本語
  23. Determining which people who feel guilt sacrifice either themselves or a third person in order to compensate their victims: Moderating perceived relational mobility., Furukawa, Y., Nakashima, K., & Morinaga, Y., Annual Meeting of The Society for Personality and Social Psychology, 2016年01月, 通常, 英語
  24. Effects of Unconscious Thought on Lie Detection Ability., Ito, Y., Hirakawa, M., Nakashima, K. & Morinaga, Y., Annual Meeting of The Society for Personality and Social Psychology, 2016年01月, 通常, 英語
  25. Effect of high rejection avoidance developed under low-relational-mobile societies on people's sense of freedom and well-beling, Nakazato, N., Morinaga, Y., & Nakashima, K., Annual Meeting of The Society for Personality and Social Psychology, 2016年01月, 通常, 英語
  26. Interpersonal benefits of cognitive strategies: Defensive pessimism and negative focus interact to predict positive evaluation., Shimizu, H., Nakashima, K., & Morinaga, Y., Annual Meeting of The Society for Personality and Social Psychology, 2016年01月, 通常, 英語
  27. Unsuccessful exploitation leads to aggression in Dark Triad personality., Tasaki, Y., Nakashima, K., & Morinaga, Y., Annual Meeting of The Society for Personality and Social Psychology, 2016年01月, 通常, 英語
  28. Reexamining No Increase of Negative Affect in Terror Management Theory: Fear Mediates the Effect of Mortality Salience on Worldview Defenses Among Adolescents., Toya, A., Nakashima, K., & Morinaga, Y., Annual Meeting of The Society for Personality and Social Psychology, 2016年01月, 通常, 英語
  29. The relationships between two kinds of sensitivity to exclusion and feelings of guilt and prosocial behavior., Furukawa, Y., Nakashima, K., & Morinaga, Y., International Congress of Psychology, 2016年07月, 通常, 英語
  30. Seeking help from Dark Triad individuals: The role of socioeconomic status and self-control., Tasaki, Y., Nakashima, K., & Ura, M., International Congress of Psychology, 2016年07月, 通常, 英語
  31. Trait self-esteem does not moderate the effect of mortality salience on cultural worldview defense and fear in Japan: Cultural differences between Europe and Asia., Toya, A., Nakashima, K., & Morinaga, Y., International Congress of Psychology, 2016年07月, 通常, 英語
  32. Does defensive pessimism help anxious people to communicate with strangers? Defensive pessimism and state anxiety interact to predict the behavioral intention for smooth communication, Shimizu, H., Nakashima, K., & Morinaga, Y., International Congress of Psychology, 2016年07月, 通常, 英語
  33. Does victim forgiveness alleviate perpetrator's guilt?, Furukawa, Y., Nakashima, K., & Morinaga, Y., Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology, 2016年07月, 通常, 英語
  34. Is freedom's effect affected by the wealth of nations?: A multilevel analysis of interactions between well-being predictors and national income., Nakazato, N., Morinaga, Y., & Nakashima, K., Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology, 2016年07月, 通常, 英語
  35. Japanese people with low self-control accept help from dark triad others., Tasaki, Y., Nakashima, K., & Ura, M., Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology, 2016年07月, 通常, 英語
  36. Effects of mortality salience and meaning violence on desires for close relationships among Japanese undergraduates: Attachment style as a moderator., Toya, A., Nakashima, K., & Morinaga, Y., Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology, 2016年07月, 通常, 英語
  37. Roles of defensive pessimism, social skills, self-esteem, and shyness in the process of friendship formation in Japan, Shimizu, H., Nakashima, K., & Morinaga, Y., Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology, 2016年07月, 通常, 英語
  38. 防衛的悲観主義者はひそかに自信を持っている-顕在・潜在自尊心のズレに着目して-, 清水陽香, 古川善也・三木あかね・中島健一郎, 日本パーソナリティ学会, 2016年09月, 通常, 日本語
  39. 罪へのライセンス: 罪悪感と補償行動に対するモラルライセンシング効果の検討, 古川善也, 中島健一郎・森永康子, 日本社会心理学会, 2016年09月, 通常, 日本語
  40. 他者との関係性構築における閾下単純接触効果についての検討:対象との類 似性に着目して, 三木あかね, 川上直秋・中島健一郎, 日本社会心理学会, 2016年09月, 通常, 日本語
  41. 自由選択の感覚がWell-beingの日米差に及ぼす影響: World Values Surveyデータによる検討, 中里直樹, 森永康子・中島健一郎, 日本社会心理学会, 2016年09月, 通常, 日本語
  42. Dark Triad Dirty Dozen 尺度の構造―多母集団同時分析を用いて―, 田崎優里, 中島健一郎・浦 光博, 日本社会心理学会, 2016年09月, 通常, 日本語
  43. Mortality Salience と Meaning Threat が感情反応と文化的世界観防衛に与える影響―自尊 心の調整効果を考慮した検討―, 戸谷彰宏, 中島健一郎, 日本社会心理学会, 2016年09月, 通常, 日本語
  44. 再確認傾向と精神的健康の関連―感情制御時の対人ネットワーク利用の視点から―, 安部主晃, 中島健一郎, 中国四国心理学会, 2016年10月, 通常, 日本語
  45. 罪悪感と潜在的な道徳的自己の関連:潜在連合テストを用いた検討, 古川善也, 中島健一郎・塚脇涼太・森永康子, 中国四国心理学会, 2016年10月, 通常, 日本語
  46. 他者との関係性構築における閾下単純接触効果についての検討, 三木あかね, 川上直秋・宮城円・難波修史・中島健一郎, 中国四国心理学会, 2016年10月, 通常, 日本語
  47. 格差社会で苦しむ人々に対するShift-Persist Strategyの有効性についての検討, 李受珉, 中島健一郎, 中国四国心理学会, 2016年10月, 通常, 日本語
  48. Past good behavior mitigates present feelings of guilt., Furukawa, Y., Nakashima, K., & Morinaga, Y., Annual Meeting of The Society for Personality and Social Psychology, 2017年01月, 通常, 英語
  49. Effects of Mortality Salience and Meaninglessness on Worldview Defense: Different Responses across Young Adults and Middle-Aged People in Japan, Toya, A., Nakashima, K., Annual Meeting of The Society for Personality and Social Psychology, 2017年01月, 通常, 英語
  50. 罪悪感と道徳的自己の対応関係の検討-潜在連合テストを用いて-, 古川善也, 中島健一郎, 日本感情心理学会第25回大会, 2017年06月, 通常, 日本語
  51. The relationship between over-adaptation and alexitymia, Abe, N., Nakashima, K., The 15th European congress of psychology, 2017年07月, 通常, 英語
  52. 防衛的悲観主義は大学新入生の他者配慮的な行動を増加させるか-潜在成長モデルを用いた検討-, 清水陽香, 中島健一郎, 日本パーソナリティ心理学会第26回大会, 2017年09月, 通常, 日本語
  53. Dark Triadを求める人々-顔選択パラダイムを用いた検討-, 田崎優里, 中島健一郎, 日本パーソナリティ心理学会第26回大会, 2017年09月, 通常, 日本語
  54. 防衛的悲観主義は他者からの高評価を導くか-失敗する可能性への焦点づけが防衛的悲観主義者に対する他者からの評価に及ぼす影響‐, 清水陽香, 中島健一郎, 日本心理学会第81回大会, 2017年09月, 通常, 日本語
  55. 対人的文脈における防衛的悲観主義の機能‐認知的方略の包括的理解を目指して‐, 清水陽香, 中島健一郎, 日本グループ・ダイナミックス学会第64回大会, 2017年09月, 通常, 日本語
  56. 友人関係や集団の中でのDark Triad‐どのような友人関係を築き,集団内で何を感じているのか‐, 中島健一郎, 松本真由子, 日本グループ・ダイナミックス学会第64回大会, 2017年09月, 通常, 日本語
  57. 罪悪感の緩和に被害者からの赦しは有効か?‐サイバーボール課題を赦しの操作に用いた検討‐, 古川善也, 中島健一郎, 日本社会心理学会第59回大会, 2017年10月, 通常, 日本語
  58. Shift-Persist Strategyがやり抜く力(Grit)に及ぼす影響, 李受珉, 阿部夏希・安部主晃・中島健一郎, 日本社会心理学会第58回大会, 2017年10月, 通常, 日本語
  59. 閾下単純接触効果に対する顕在的自尊心・潜在的自尊心の影響, 三木あかね, 川上直秋・中島健一郎, 日本社会心理学会第58回大会, 2017年10月, 通常, 日本語
  60. 人々は存在論的恐怖への対処にどのような行動を選択しやすいのか‐死の不安緩衝装置の想定的重要度に着目した検討, 戸谷彰宏, 中島健一郎, 日本社会心理学会第58回大会, 2017年10月, 通常, 日本語
  61. 自我脅威状況におけるperspectiveの拡大と防衛反応の低減についての検討, 中島健一郎, 本堂楓斗, 日本社会心理学会第58回大会, 2017年10月, 通常, 日本語
  62. Shift-Persist Strategyは社会内変動を促すのか, 李受珉, 中島健一郎, 中国四国心理学会第73回大会, 2017年11月, 通常, 日本語
  63. 閾下単純接触効果に対する顕在的自尊心・潜在的自尊心の影響:対象人物に対する印象評定(顕在指標)に着目して, 三木あかね, 川上直秋・中島健一郎, 中国四国心理学会第73回大会, 2017年11月, 通常, 日本語
  64. The effects of the shift-and-persist strategy on the psychological functioning of individuals with low and high socioeconomic status, Lee, S., Nakashima, K., The 19th annual meeting of the society for personality and social psychology, 2018年03月, 通常, 英語
  65. Defensive pessimists prepare to act carefully toward an excluded person: the effect of cognitive strategies on observers' attitudes to a person in a social exclusion situation, Shimizu, H., Nakashima, K., The 19th annual meeting of the society for personality and social psychology, 2018年03月, 通常, 英語
  66. Guilt reflects the detracted implicit moral self, but not the explicit moral self., Furukawa, Y., Nakashima, K., The 19th annual meeting of the society for personality and social psychology, 2018年03月, 通常, 英語
  67. Investigating the role of perceived stress and fear of negative evaluation on the process of over-adaptation in alexithymia, Abe, N., Nakashima, K., The 19th annual meeting of the society for personality and social psychology, 2018年03月, 通常, 英語
  68. Which buffers of death anxiety do people relatively prefer against mortality salience? examining the moderating effect of attachment style, Toya, A., Nakashima, K., The 19th annual meeting of the society for personality and social psychology, 2018年03月, 通常, 英語
  69. Do individuals with high Dark Triad traits prefer others with high Dark Triad traits?, Tasaki, Y., Nakashima, K., The 19th annual meeting of the society for personality and social psychology, 2018年03月, 通常, 英語
  70. 防衛的悲観主義は脅威状況での利他行動を促進するかー認知的方略と脅威経験が信頼ゲームの分配金額に及ぼす影響ー, 清水陽香, 川俣優・中島健一郎, 日本パーソナリティ心理学会第27回大会, 2018年08月, 通常, 日本語
  71. アレキシサイミアの対人スキルと共感の正確性との関連, 阿部夏希, 中島健一郎, 日本パーソナリティ心理学会第27回大会, 2018年08月, 通常, 日本語
  72. shift-and-persist strategiesは社会経済的地位の低い個人の精神的健康を促すのか, 李受珉, 戸谷彰宏・中島健一郎, 日本社会心理学会第59回大会, 2018年08月, 通常, 日本語
  73. 新しい同調行動尺度の提案と検証:規範的影響と情報的影響以外の視点から, ケイン聡一, 岡田涼・中島健一郎, 日本社会心理学会第59回大会, 2018年08月, 通常, 日本語
  74. 不道徳な人物との下方比較によるモラルライセシング, 古川善也, 中島健一郎, 日本社会心理学会第59回大会, 2018年08月, 通常, 日本語
  75. 存在論的恐怖に対する対処方略の相対的用いられやすさー日本の中年期の人々に関する検討, 戸谷彰宏, 中島健一郎, 日本社会心理学会第59回大会, 2018年08月, 通常, 日本語
  76. クリティカルシンキング志向性に対する性格特性およびクリティカルシンカーに対するパーソナリティイメージの影響, 矢澤順根, 作田由衣子・中島健一郎, 日本社会心理学会第59回大会, 2018年08月, 通常, 日本語
  77. Dark Triadの対人関係についての検討, 田崎優里, 中島健一郎, 日本社会心理学会第59回大会, 2018年08月, 通常, 日本語
  78. 社会的影響の観点から認知的方略の機能を考えるークラスメイトの自尊心の変化に着目した検討ー, 清水陽香, 高橋知里・中島健一郎, 日本グループ・ダイナミックス学会第65回大会, 2018年09月, 通常, 日本語
  79. アレキシサイミアの対人スキルとソーシャルサポート,疎外感の関連, 阿部夏希, 中島健一郎, 日本グループ・ダイナミックス学会第65回大会, 2018年09月, 通常, 日本語
  80. shift-and-persist strategiesの恩恵:人生満足度に着目して, 李受珉, 中島健一郎, 日本グループ・ダイナミックス学会第65回大会, 2018年09月, 通常, 日本語
  81. 認知的方略が対人態度とスキル認知に及ぼす影響ー他者の社会的スキルの向上に着目してー, 清水陽香, 高橋知里・中島健一郎, 日本心理学会第82回大会, 2018年09月, 通常, 日本語
  82. アレキシサイミアが過剰適応に及ぼす影響ーFNEに着目した仮説モデルの検討ー, 阿部夏希, 中島健一郎, 日本心理学会第82回大会, 2018年09月, 通常, 日本語
  83. 再確認傾向が幸福感を低下させるプロセスの検討ー感情制御のための対人ネットワークと重要他者の特性に着目してー, 安部主晃, 中島健一郎, 日本心理学会第82回大会, 2018年09月, 通常, 日本語
  84. 自身の認知的再評価が他者の認知的再評価に及ぼす影響, 小林亮太, 中島健一郎・宮谷真人, 日本心理学会第82回大会, 2018年09月, 通常, 日本語
  85. 相対的に道徳的になると自分の罪に寛容になるか?不道徳な人物との下方比較が罪悪感喚起に及ぼす影響, 古川善也, 中島健一郎, 日本感情心理学会第26回大会, 2018年11月, 通常, 日本語
  86. shift-and-persist strategiesと精神的健康ーメタ分析による検討ー, 李受珉, 戸谷彰宏・中島健一郎, 中国四国心理学会第74回大会, 2018年10月, 通常, 日本語
  87. 保護者の養育が幼児の道徳行動へ与える影響, 古川善也, 梅村比丘・中島健一郎, 中国四国心理学会第74回大会, 2018年10月, 通常, 日本語
  88. クリティカルシンキング志向性に対する性格特性およびクリティカルシンカーに対するパーソナリティイメージの影響, 矢澤順根, 中島健一郎, 中国四国心理学会第74回大会, 2018年10月, 通常, 日本語
  89. 個人の感情制御方略の選択に家族関係が及ぼす影響, 平部あずみ, 安部主晃・中島健一郎, 中国四国心理学会第74回大会, 2018年10月, 通常, 日本語
  90. パーソナリティ及び態度がパートナーとの関係に与える影響ーAPIMを用いたペアデータの検討ー, 小溝美湖, 中島健一郎, 中国四国心理学会第74回大会, 2018年10月, 通常, 日本語
  91. 強欲傾向(Greed)と要求水準(Level of aspiration)の関係についての検討, 筧良一, 中島健一郎, 中国四国心理学会第74回大会, 2018年10月, 通常, 日本語
  92. 他者の変化が個人に及ぼす影響についてー自尊心とソーシャルスキルに着目してー, 高橋知里, 中島健一郎, 中国四国心理学会第74回大会, 2018年10月, 通常, 日本語
  93. The effects of the shift-and-persist strategy on the psychological health of individuals with low and high socioeconomic status, Lee, S., Nakashima, K., The 20th annual meeting of the society for personality and social psychology, 2019年02月, 通常, 英語
  94. Moral people are likely to feel entitled to engage in immoral behaviors, Furukawa, Y., Nakashima, K., The 20th annual meeting of the society for personality and social psychology, 2019年02月, 通常, 英語
  95. Do defensive pessimism have considerate behavioral intention toward strangers? A replication study, Shimizu, H., Nakashima, K., The 20th annual meeting of the society for personality and social psychology, 2019年02月, 通常, 英語
  96. Investigating the role of perceived stress and fear of negative evaluation on the process of over-adaptation in alexithymia, Abe, N., Nakashima, K., The 20th annual meeting of the society for personality and social psychology, 2019年02月, 通常, 英語
  97. Which death anxiety buffers do middle-aged people relatively prefer against mortality salience: considering the moderating effect of self-esteem, Toya, A., Nakashima, K., The 20th annual meeting of the society for personality and social psychology, 2019年02月, 通常, 英語
  98. Interpersonal emotion regulation facilitates relationship satisfaction with friends: An actor-partner interdependence model study, Kobayashi, R., Nakashima, K., Miyatani, M., & Nakao, T., The 20th annual meeting of the society for personality and social psychology, 2019年02月, 通常, 英語
  99. Proposal of a new conformity behavior scale: beyond normative and informational influence, Kane, S., Okada, R., & Nakashima, K., The 20th annual meeting of the society for personality and social psychology, 2019年02月, 通常, 英語
  100. Effect of personality trait and personal image of critical thinkers on orientation toward critical thinking, Yazawa, A., Sakuta, Y., & Nakashima, K., The 20th annual meeting of the society for personality and social psychology, 2019年02月, 通常, 英語
  101. Effect of one's family relationships on emotion regulation strategies, Hirabe, A., Abe, K., & Nakashima, K., The 20th annual meeting of the society for personality and social psychology, 2019年02月, 通常, 英語
  102. 周囲との人間関係で苦しまないコツ:社会心理学の視点, 中島健一郎, 中国四国心理学会第74回大会市民公開プログラム, 2018年10月, 通常, 日本語
  103. Interlinking open science to team-based action research for socio-environmental cases, Yasuhisa Kondo, Akihiro Miyata, Ui Ikeuchi, Satoe Nakahara, Ken'ichiro Nakashima, Hideyuki Onishi, Takeshi Osawa, Kazuhiko Ota, Kenichi Sato, Ken Ushijima, Bianca Vienni Baptista, Terukazu Kumazawa, Kazuhiro Hayashi, Yasuhiro Murayama, Noboru Okuda, Hisae Nakanishi, INSciTS 2019, 2019年05月22日, 招待, 英語
  104. Interpersonal emotion regulation facilitates relationship satisfaction with friends: An actor–partner interdependence model study., Kobayashi Ryota, Kobayashi, R., Nakashima, K., Miyatani, M., & Nakao, T., Annual Convention of The Society for Personality and Social Psychology, 2019年02月08日, 通常, 英語, Portland, USA
  105. Interpersonal emotion regulation contagion: reappraisal and distraction influences reappraisal and distraction of others., Kobayashi, R., Nakashima, K., Miyatani, M., & Nakao, T., International Society for Research on Emotion, 2019年07月12日, 通常, 英語, Amsterdam, Nederland
  106. The parent-child similarity for the Shift-and-Persist strategy: An examination using the actor-partner interdependence model (APIM) with parent-child paired data., Lee, S., Nakashima, K., 日本グループ・ダイナミックス学会第66回大会, 2019年10月19日, 通常, 英語, 富山大学
  107. 中学生用感覚感受性尺度(SSSI)の因子構造の再検討:Highly sensitive person は他者の変化にどう反応するか, 清水陽香, 高橋知里・福井謙一郎・中島健一郎, 日本グループ・ダイナミックス学会第66回大会, 2019年10月19日, 通常, 日本語, 富山大学
  108. 過剰適応の規定因を探る:ランダムフォレスト法による検討, 阿部夏希, 中島健一郎, 日本グループ・ダイナミックス学会第66回大会, 2019年10月19日, 通常, 日本語, 富山大学
  109. クリティカルシンキングの社会的・対人的有用性の検討:共感の正確さとの関連から, 矢澤順根, 古川善也・中島健一郎 , 日本心理学会第83回大会, 2019年09月11日, 通常, 日本語, 立命館大学いばらきキャンパス
  110. イギリスにおける過剰適応の生起メカニズムの検討:評価懸念とストレス経験に着目した仮説モデルの検討, 阿部夏希, 小池真由・ローハン・スティーブ・中島健一郎, 日本心理学会第83回大会, 2019年09月11日, 通常, 日本語, 立命館大学いばらきキャンパス
  111. 道徳不活性化 (Moral disengagement) 尺度日本語版の作成と妥当性の検討, 古川善也, 塚脇亮太・中島健一郎, 日本心理学会第83回大会, 2019年09月12日, 通常, 日本語, 立命館大学いばらきキャンパス
  112. 貧困に負けない力を育むためのshift-and-persist strategyプログラムの効果の検討, 李受珉, 中島健一郎, 日本心理学会第83回大会, 2019年09月11日, 通常, 日本語, 立命館大学いばらきキャンパス
  113. 大学生の友人数とテスト対処方略が学業成績に及ぼす影響, 清水陽香, 福井謙一郎・中島健一郎 , 日本心理学会第83回大会, 2019年09月13日, 通常, 日本語, 立命館大学いばらきキャンパス
  114. 他者の変化が個人に及ぼす影響について-ソーシャルスキルに着目して-, 高橋知里, 清水陽香・福井謙一郎・中島健一郎, 日本心理学会第83回大会, 2019年09月13日, 通常, 日本語, 立命館大学いばらきキャンパス
  115. 社会経済的地位が低い人の「あきらめ」と「shift-and-persist strategy」の関連, 李受珉, 中島健一郎, 日本健康心理学会第32回大会, 2019年09月28日, 通常, 日本語, 帝京科学大学千住キャンパス
  116. 認知的方略と自尊心・完全主義・セルフハンディキャッピングの関連について, 宮前奈央子, 清水裕士・中島健一郎, 中国四国心理学会第75回大会, 2019年10月19日, 通常, 日本語, 香川大学
  117. 抑うつの認知的脆弱性が対人行動に及ぼす影響:適応的な側面とストレス経験に着目して, 野間紘久, 中島健一郎, 中国四国心理学会第75回大会, 2019年10月19日, 通常, 日本語, 香川大学
  118. 家族関係が個人の感情制御方略に及ぼす影響, 平部あずみ, 安部主晃・中島健一郎, 中国四国心理学会第75回大会, 2019年10月19日, 通常, 日本語, 香川大学
  119. クリティカルシンキングの能力および志向性が共感の正確さに及ぼす影響, 矢澤順根, 古川善也・中島健一郎, 中国四国心理学会第75回大会, 2019年10月19日, 通常, 日本語, 香川大学
  120. 存在論的恐怖への対処方略における選択的反応ーオーストラリア人データを用いた検証ー, 戸谷彰宏, 中島健一郎, 中国四国心理学会第75回大会, 2019年10月19日, 通常, 日本語, 香川大学
  121. 孤立回避的同調行動についての検討:ASD 傾向との関連に着目して, ケイン聡一, 中島健一郎, 日本社会心理学会第60回大会, 2019年11月09日, 通常, 日本語, 立正大学品川キャンパス
  122. 趣味コミュニティへの参加による自己肯定感の変化, 寺垣内雅子, 今川真治・中島健一郎, 日本社会心理学会第60回大会, 2019年11月09日, 通常, 日本語, 立正大学品川キャンパス
  123. 感情制御のために選択される他者の特徴についての検討, 平部あずみ, 安部主晃・中島健一郎, 日本社会心理学会第60回大会, 2019年11月09日, 通常, 日本語, 立正大学品川キャンパス
  124. 存在論的恐怖への対処に対する選択的反応の検討:世代別の日本人データによる総合的考察, 戸谷彰宏, 中島健一郎, 日本社会心理学会第60回大会, 通常, 日本語, 立正大学品川キャンパス
  125. 共感の正確さに体系的思考力が及ぼす影響, 矢澤順根, 古川善也・中島健一郎, 日本社会心理学会第60回大会, 2019年11月10日, 通常, 日本語, 立正大学品川キャンパス
  126. Shift-and-Persist strategyと低社会経済的地位者のやりぬく力(Grit) ーメタ分析による検討ー, 李受珉, 中島健一郎, 日本社会心理学会第60回大会, 2019年11月10日, 通常, 日本語, 立正大学品川キャンパス
  127. 学業成功場面における原因帰属に認知的方略が及ぼす影響, 宮前奈央子, 清水裕士・中島健一郎, 日本社会心理学会第60回大会, 2019年11月10日, 通常, 日本語, 立正大学品川キャンパス
  128. The process of alexithymia to over-adaptation in Japan and the United Kingdom., Abe, N., Koike, M., Loughnan, S., & Nakashima, K., The 21st annual meeting of the society for personality and social psychology, 2020年02月29日, 通常, 英語, Louisiana, United States of America
  129. How do cognitive strategies affect changes in considerate behavior of university freshmen? An examination using latent growth model., Shimizu, H., Fukui, K., & Nakashima, K., The 21st annual meeting of the society for personality and social psychology, 2020年02月28日, 通常, 英語, Louisiana, United States of America
  130. Effect of one’s family relationships on emotion regulation strategies focusing on gender differences., Hirabe, A., Abe, K., & Nakashima, K., The 21st annual meeting of the society for personality and social psychology, 2020年02月29日, 通常, 英語, Louisiana, United States of America
  131. Examination of the death anxiety buffer that Australian people relatively prefer against mortality salience: Focusing on the moderating effect of attachment style., Toya, A., Nakashima, K., The 21st annual meeting of the society for personality and social psychology, 2020年02月29日, 通常, 英語, Louisiana, United States of America
  132. The effect of critical thinking ability and orientation on empathic accuracy., Yazawa, A., Furukawa, Y., & Nakashima, K., The 21st annual meeting of the society for personality and social psychology, 2020年02月29日, 通常, 英語, Louisiana, United States of America
  133. An examination of the effectiveness of the shift-and-persist strategy psychoeducation intervention program to nurture the power not lost to poverty., Lee, S., Nakashima, K., The 21st annual meeting of the society for personality and social psychology, 2020年02月29日, 通常, 英語, Louisiana, United States of America
  134. Influence of motivation to conform: Using conversation situation experiments., Kane, S., Nakashima, K., The 21st annual meeting of the society for personality and social psychology, 2020年02月29日, 通常, 英語, Louisiana, United States of America
  135. Relationship between characteristics of recreation behavior and self-affirmation., Teragauchi, M., Imakawa, S., & Nakashima, K., The 21st annual meeting of the society for personality and social psychology, 2020年02月29日, 通常, 英語, Louisiana, United States of America

受賞

  1. 2020年06月26日, 感情心理学研究優秀論文賞, 日本感情心理学会, 罪へのライセンス-罪悪感と向社会的行動に対するモラルライセンシング効果の検討-
  2. 2019年10月26日, 日本グループ・ダイナミックス学会第66回大会優秀学会発表賞, 日本グループ・ダイナミックス学会, 過剰適応の規定因を探る:ランダムフォレスト法による検討
  3. 2012年08月, 発達科学研究教育奨励賞, 発達科学研究教育センター
  4. 2007年, 平成18年度特に優れた業績による大学院第一種奨学生返還免除対象者, 日本学生支援機構
  5. 2006年, 日本社会心理学会大学院生海外学会発表支援制度対象者, 日本社会心理学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成(基盤研究(B)), ワーキングメモリ理論による発達障害児童生徒の学習・就労支援, 2017年, 2020年
  2. 科学研究費助成金(基盤研究(A)), 学級規模が学力,学習意欲及び社会性の経年変化に与える影響に関するパネル調査研究, 2017年, 2021年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 集団の中での心を感じ取る:「対集団」における生徒理解とその介入, 2018年, 2021年
  4. 科学研究費助成事業(新学術領域研究), あきらめない心を育む:意志力創成のための介入プログラムの提案と検証, 2017年, 2018年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 関係への所属はわれわれに何をもたらすか-他者との関係の行動科学的検討, 2015年
  6. 科学研究費助成事業(研究活動スタート支援), 所属集団の心理社会的資源としての機能についての多角的検討, 2010年, 2011年
  7. 民間からの助成金, 被排斥者への共感プロセスにおけるexperience sharingとmentalizing の機能的差異の解明, 2012年
  8. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 被排斥者への共感プロセスにおける心理的痛みの伝染と制御, 2013年, 2015年
  9. マツダ研究助成(青少年健全育成部門), 子どもの最貧国日本におけるShift-Persist Strategyの有効性についての検証

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本グループダイナミックス学会渉外担当常任知事, 2017年04月, 2018年03月, 日本グループダイナミックス学会
  2. 日本グループ・ダイナミックス学会渉外担当常任知事, 2015年04月, 2017年03月, 日本グループ・ダイナミックス学会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. HSP診療医帯広で開業へ, 北海道新聞, 2016年/08月/25日, 北海道新聞, 取材協力, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  2. Highly Sensitive Personに関する国内の研究動向について, 北海道新聞社, 2016年/08月/19日, 2016年/08月/22日, 取材協力, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  3. ハラスメントの具体的事例とその対応について, 長崎県警察本部交通部運転免許管理課, 長崎県警察本部交通部運転免許管理課ハラスメント研修会, 2012年/10月, 2012年/10月, 出演, 講演会, 行政機関

学術雑誌論文査読歴

  1. 2020年, Japanese Psychological Research, その他, 副査, 1
  2. 2007年, 日本グループ・ダイナミックス学会編集事務局幹事, 編集員
  3. 2008年, 日本グループ・ダイナミックス学会編集事務局幹事, 編集員
  4. 2009年, 日本グループ・ダイナミックス学会編集事務局幹事, 編集員
  5. 2013年, 心理学研究, その他, 副査, 1
  6. 2013年, Japanese Psychological Research, その他, 副査, 1
  7. 2013年, 実験社会心理学研究, その他, 副査, 1
  8. 2014年, 心理学研究, その他, 副査, 1
  9. 2014年, 社会心理学研究, その他, 副査, 2
  10. 2014年, 実験社会心理学研究, その他, 副査, 1
  11. 2014年, 大手前大学CELL教育論集, その他, 主査, 1
  12. 2015年, 実験社会心理学研究, 編集員, 主査, 1
  13. 2015年, 社会心理学研究, その他, 副査, 1
  14. 2015年, 心理学研究, その他, 副査, 1
  15. 2015年, 大手前大学CELL教育論集, その他, 主査, 1
  16. 2015年, 実験社会心理学研究, 編集員, 副査, 2
  17. 2015年, その他, 副査, 1
  18. 2015年, Asian Journal of Social Psyhoclogy, その他, reviewer, 1
  19. 2016年, 心理学研究, その他, 副査, 1
  20. 2016年, 実験社会心理学研究, 編集員, 主査, 1
  21. 2016年, Asian Journal of Social Psyhoclogy, その他, reviewer, 1
  22. 2017年, 実験社会心理学研究, 編集員, 主査, 1
  23. 2017年, Journal of Social Psychology, その他, reviewer, 1
  24. 2018年, 実験社会心理学研究, 編集員, 主査, 1
  25. 2018年, 実験社会心理学研究, 編集員, 副査, 2
  26. 2018年, 実験社会心理学研究, 編集員, 副査, 1
  27. 2018年, 実験社会心理学研究, 編集員, 副査, 2
  28. 2018年, 実験社会心理学研究, 編集員, 副査, 1
  29. 2018年, 実験社会心理学研究, 編集員, 副査, 3
  30. 2018年, 心理学研究, 編集員, 副査, 1
  31. 2019年, 実験社会心理学研究, 編集員, 主査, 1
  32. 2019年, 実験社会心理学研究, 編集員, 副査, 1
  33. 2019年, 心理学研究, 編集員, 副査, 2
  34. 2019年, 社会心理学研究, 編集員, 副査, 2
  35. 2020年, 社会心理学研究, 編集員, 副査, 1