齋藤 敦ATSUSHI SAITO

Last Updated :2019/05/07

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) (医学)ストレス分子動態学 寄附講座准教授
メールアドレス
saitoahiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 修士(バイオサイエンス) (奈良先端科学技術大学院大学)
  • 博士(医学) (宮崎大学)

所属学会

  • 日本神経化学会/日本神経化学会 評議員
  • 日本生化学会
  • 日本解剖学会
  • 北米神経科学学会

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Shutdown of ER-associated degradation pathway rescues functions of mutant iduronate 2-sulfatase linked to mucopolysaccharidosis type II, CELL DEATH & DISEASE, 9巻, 808号, 20180724
  2. Neuronal activity-dependent local activation of dendritic unfolded protein response promotes expression of brain-derived neurotrophic factor in cell soma, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 144巻, 1号, pp.35-pp.49, 201801
  3. Axonal Activation of the Unfolded Protein Response Promotes Axonal Regeneration Following Peripheral Nerve Injury, NEUROSCIENCE, 375巻, pp.34-pp.48, 20180401
  4. Sec16A, a key protein in COPII vesicle formation, regulates the stability and localization of the novel ubiquitin ligase RNF183, PLOS ONE, 13巻, 1号, 20180104
  5. Diverse functions of protein tyrosine phosphatase sigma in the nervous and immune systems, EXPERIMENTAL NEUROLOGY, 302巻, pp.196-pp.204, 201804
  6. Unfolded Protein Response-Dependent Communication and Contact among Endoplasmic Reticulum, Mitochondria, and Plasma Membrane, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 19巻, 10号, 201810
  7. The broad spectrum of signaling pathways regulated by unfolded protein response in neuronal homeostasis, NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL, 119巻, pp.26-pp.34, 201810
  8. 小胞体ストレス応答を介した軟骨形成, THE BONE, 32巻, 2号, pp.191-pp.195, 20180920
  9. ER Stress and Disease: Toward Prevention and Treatment, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 40巻, 9号, pp.1337-pp.1343, 201709
  10. 神経活動依存的な小胞体ストレス応答を介した樹状突起の伸長およびスパイン形成制御, Pharma Medica, 35巻, 12号, pp.96, 2017
  11. The sarin-like organophosphorus agent bis(isopropyl methyl)phosphonate induces ER stress in human astrocytoma cells, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 41巻, 5号, pp.617-pp.625, 201610
  12. Multivesicular body formation enhancement and exosome release during endoplasmic reticulum stress, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 480巻, 2号, pp.166-pp.172, 20161111
  13. The androgen-induced protein AIbZIP facilitates proliferation of prostate cancer cells through downregulation of p21 expression, SCIENTIFIC REPORTS, 6巻, 20161117
  14. 小胞体ストレス応答におけるトランスデューサーBBF2H7の小胞体内腔ドメインによる軟骨細胞の増殖の制御, ライフサイエンス, 2014
  15. 骨形成における小胞体ストレスシグナル, CLINICAL CALCIUM, 23巻, 11号, pp.21-pp.27, 2013
  16. 小胞体ストレスセンサーBBF2H7の小胞体内腔ドメインの新機能, Pharma Medica, 31巻, 2号, pp.158-pp.159, 2013
  17. 軟骨細胞におけるSox9を介した小胞体ストレスセンサーBBF2H7の発現制御機構, Pharma Medica, 31巻, 2号, pp.166, 2013
  18. Unfolded protein response activated by OASIS family transcription factors promotes astrocyte differentiation, Nature Communications, 3巻, pp.967, 20120724
  19. 小胞体ストレスセンサーOASISおよびBBF2H7の活性化機構の解析, Pharma Medica, 30巻, 1号, pp.110, 201201
  20. 小胞体ストレスセンサーOASISによる大腸粘膜杯細胞の分化制御, Pharma Medica, 30巻, 1号, pp.111, 201201
  21. The endoplasmic reticulum stress transducer BBF2H7 suppresses apoptosis by activating the ATF5-MCL1 pathway in growth plate cartilage, Journal of Biological Chemistry, 287巻, pp.36190-pp.36200, 2012
  22. Obesity-induced endoplasmic reticulum stress causes chronic inflammation in adipose tissue, Scientific Reports, 2巻, pp.799, 2012
  23. The endoplasmic reticulum stress transducer OASIS is involved in the terminal differentiation of goblet cells in the large intestine, Journal of Biological Chemistry, 287巻, pp.8144-pp.8153, 2012
  24. Activation of OASIS family, ER stress transducers, is dependent on its stabilization, Death & Differentiation, 19巻, pp.1939-pp.1949, 2012
  25. 小胞体ストレス応答による骨軟骨代謝の制御, Bio Clinica, 26巻, 7号, pp.617-pp.621, 20110710
  26. The signaling from endoplasmic reticulum-resident bZIP transcription factors involved in diverse cellullar physiology, Journal of Biochemistry, 149巻, pp.507-pp.518, 2011
  27. ER stress response mediated by the PERK-eIF2α-ATF4 pathway is involved in osteoblast differentiation induced by BMP2, Journal of Biological Chemistry, 286巻, pp.4809-pp.4818, 2011
  28. Physiological unfolded protein response regulated by OASIS family members, transmembrane bZIP transcription factors, IUBMB Life, 63巻, pp.233-pp.239, 2011
  29. 小胞体ストレスセンサーによる骨軟骨形成制御, 実験医学, 28巻, 4号, pp.563-pp.567, 2010
  30. Effects of the bisphosphonate risedronate on osteopenia in OASIS-deficient mice, Journal of Bone and Mineral Metabolism, 28巻, pp.384-pp.394, 2010
  31. Regulation of ER molecular chaperone prevents bone loss in a murine model for osteoporosis, Journal of Bone and Mineral Metabolism, 28巻, pp.131-pp.138, 2010
  32. Signalling mediated by the endoplasmic reticulum stress transducer OASIS is involved in bone formation, Nature Cell Biology, 11巻, pp.1205-pp.1211, 2009
  33. Increased vulnerability of hippocampal pyramidal neurons to the toxicity of kainic acid in OASIS-deficient mice, Journal of Neurochemistry, 110巻, pp.956-pp.965, 2009
  34. Effect of an inducer of BiP, a molecular chaperone, on endoplasmic reticulum (ER) stress-induced retinal cell death, Investigative Ophthalmology & Visual Science, 50巻, pp.334-pp.344, 2009
  35. Endoplasmic reticulum stress response in dendrites of cultured primary neurons, 146巻, pp.1-pp.8, 2007
  36. Regulation of endoplasmic reticulum stress response by a BBF2H7-mediated Sec23a pathway is essential for chondrogenesis, Nature Cell Biology, 11巻, pp.1197-pp.1204, 2009
  37. Vanadate inhibits endoplasmic reticulum stress responses. European Journal of Pharmacology, European Journal of Pharmacology, 594巻, pp.44-pp.48, 20081010
  38. A novel ER stress transducer, OASIS, expressed in astrocytes, Antioxidants & Redox Signaling, 9巻, pp.563-pp.571, 2007
  39. BBF2H7, a novel transmembrane bZIP transcription factor, is a new type of endoplasmic reticulum stress transducer, Molecular and Cellular Biology, 27巻, pp.1716-pp.1729, 2007
  40. Cleavage of the membrane-bound transcription factor OASIS in response to endoplasmic reticulum stress, Journal of Neurochemistry, 96巻, pp.1090-pp.1100, 2006
  41. Autophagy is activated for cell survival after endoplasmic reticulum stress, Molecular and Cellular Biology, 26巻, pp.9220-pp.9231, 2006
  42. Candidates for tumor-specific alternative splicing, Biochemical and Biophysical Research Communications, 334巻, pp.23-pp.29, 2005
  43. Molecular mechanisms responsible for aberrant splicing of SERCA1 in myotonic dystrophy type 1, Human Molecular Genetics, 16巻, pp.2834-pp.2843, 2007
  44. Transcriptional Regulation of VEGFA by the Endoplasmic Reticulum Stress Transducer OASIS in ARPE-19 Cells, PLoS One, 8巻, pp.e55155, 20130130
  45. Chondrocyte Proliferation Regulated by Secreted Luminal Domain of ER Stress Transducer BBF2H7/CREB3L2, Molecular Cell, 53巻, pp.127-pp.139, 2014
  46. Increased Susceptibility to Dextran Sulfate Sodium-Induced Colitis in the Endoplasmic Reticulum Stress Transducer OASIS Deficient Mice, PLoS One, 9巻, pp.e88048, 2014
  47. Master Regulator for Chondrogenesis, Sox9, Regulates Transcriptional Activation ofthe ER Stress Transducer BBF2H7/CREB3L2 in Chondrocytes, Journal of Biological Chemistry, 289巻, pp.13810-pp.13820, 2014
  48. Physiological functions of endoplasmic reticulum stress transducer OASIS in central nervous system, Anatomical Science International, 89巻, pp.11-pp.20, 2014
  49. Modeling type II collagenopathy skeletal dysplasia by directed conversion and induced pluripotent stem cells, Human Molecular Genetics, 24巻, pp.299-pp.313, 2015
  50. Promotion of cancer cell proliferation by cleaved and secreted luminal domains of ER stress transducer BBF2H7, PLoS One, 10巻, pp.e0125982, 2015
  51. Signaling over distance, Molecular & Cellular Proteomics, 15巻, pp.382-pp.393, 2016
  52. The sarin-like organophosphorus agent bis(isopropyl methyl)phosphonate induces ER stress in human astrocytoma cells, Journal of Toxicological Sciences, 41巻, pp.617-pp.625, 2016
  53. Multivesicular body formation enhancement and exosome release during endoplasmic reticulum stress, Biochemical and Biophysical Research Communications, 480巻, pp.166-pp.172, 2016
  54. The androgen-induced protein AIbZIP facilitates proliferation of prostate cancer cells through downregulation of p21 expression, Scientific Reports, 6巻, pp.37310, 20161117
  55. The physiological roles of ER stress transducer BBF2H7/CREB3L2 and its potential as a target of disease therapy, Medical Research Archives, 3号, 20160805
  56. NFAT5 up-regulates expression of the kidney-specific ubiquitin ligase gene Rnf183 under hypertonic conditions in inner-medullary collecting duct cells, Journal of Biological Chemistry, 294巻, 1号, pp.101-pp.105, 20170104

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 小胞体膜-細胞膜コンタクトによる小胞体ストレス応答制御を介した神経機能調節, 齋藤 敦, 今泉 和則, 第13回小胞体ストレス研究会, 2018年11月17日, 通常, 日本語, 宮崎県宮崎市
  2. ムコ多糖症Ⅱ型原因分子Iduronate-2-sulfataseの分解機構とその制御による酵素機能の回復, 尾崎陽介, 齋藤敦,折居建治,深尾敏幸,戸松俊治,今泉和則, 第13回小胞体ストレス研究会, 2018年11月16日, 通常, 日本語, 宮崎県宮崎市
  3. Neuronal activity-dependent formation of ER-PM contact sites in spines regulates spine formation and dendritic extension via local manipulation of unfolded protein response, 齋藤 敦, 今泉 和則, Society for Neuroscience 2018, 2018年11月04日, 通常, 英語, San Diego, U.S.A.
  4. ムコ多糖症Ⅱ型原因分子Iduronate-2-sulfataseの分解機構とその制御による酵素機能の回復, 尾崎陽介、齋藤敦、折居建治、深尾敏幸、戸松俊治、今泉和則, 第58回(平成29年度)日本生化学会中国・四国支部例会, 2018年09月26日, 通常, 日本語, 京都市
  5. 神経活動依存的な小胞体膜-細胞膜コンタクトサイト形成による小胞体ストレス応答の調節を介したスパイン形成と樹状突起の伸張制御., 齋藤敦、今泉和則, 第91回日本生化学会大会, 2018年09月25日, 通常, 日本語, 京都市
  6. Symposium 33(座長), 齋藤 敦, 2018年09月08日, 招待, 英語
  7. Atsushi Saito, Kazunori Imaizumi, 第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会 合同年会, 2018年09月07日, 招待, 日本語, 兵庫
  8. 精神発達遅滞を伴うムコ多糖症Ⅱ型原因分子Iduronate-2-sulfataseの分解機構とその制御による酵素機能の回復, 尾崎陽介, 齋藤敦、正木崇生、今泉和則, 第54回広島神経医科学研究会, 2018年08月08日, 通常, 日本語, 広島県広島市
  9. ERストレストランスデューサーBBF2H7の膜内切断で産生される小ペプチド, 松久幸司, 齋藤敦、蔡龍杰、柳田寛太、大河内正康、工藤幸司、松本雅記、中山敬一、今泉和則, 第59回日本生化学会中国・四国支部例会, 2018年05月26日, 通常, 日本語, 鳥取県米子市
  10. 神経細胞で産生される小胞体ストレスセンサー由来小ペプチドの物性と動態解析, 蔡龙杰, 松久幸司、齋藤敦、今泉和則, 広島神経医科学研究会』学生・若手研究者のポスター発表会, 2018年03月13日, 通常, 英語, 広島県広島市
  11. 小胞体ストレス応答シグナルの逆行性伝播は末梢神経の軸索再生を促進する, 大竹洋輔, 齋藤敦、松久幸司、今泉和則, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会), 2017年12月09日, 通常, 日本語, 兵庫県神戸市
  12. 細胞の構造と機能Ⅶ(座長), 齋藤敦、金子雅幸, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会), 2017年12月09日, 招待, 日本語, 兵庫県神戸市
  13. 神経活動依存的な小胞体ストレス応答を介した樹状突起の伸長およびスパイン形成制御, 齋藤敦, 今泉和則, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会), 2017年12月08日, 招待, 日本語, 兵庫県神戸市
  14. 小胞体からはじまる多彩なシグナルと包括的生命機能制御(座長), 齋藤敦, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会), 2017年12月08日, 招待, 日本語
  15. 小胞体膜‐細胞膜コンタクトサイト形成による小胞体ストレス応答の調節を介したスパイン形成と樹状突起の伸長制御, 齋藤敦, 今泉和則, 第19回ORIGIN神経科学研究会2018, 2018年08月26日, 通常, 日本語, 兵庫県淡路市
  16. Axon Regeneration Promoted by Signaling of the Unfolded Protein Response in Peripheral Nerve Injury, Society for Neuroscience 2017, 2017年11月15日, 通常, 英語, Washington D. C., USA
  17. Dendritic expansion and spine formation regulated by signaling pathways of unfolded protein response, Saito A., Imaizumi K., Society for Neuroscience 2017, 2017年09月07日, 通常, 英語, 宮城県仙台市
  18. 小胞体からはじまる多彩なシグナルと包括的生命機能制御(座長), 齋藤敦, 今泉和則, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017), 2017年12月08日, 通常, 日本語, 兵庫県神戸市
  19. 神経活動依存的な小胞体ストレス応答を介した樹状突起の伸長およびスパイン形成制御, 齋藤敦, 今泉和則, 第12回小胞体ストレス研究会, 2017年10月10日, 通常, 日本語, 奈良県生駒市
  20. ER stress-dependent production of small peptides derived from ER stress sensors in neuronal cells, Saito A., 松久幸司、大竹洋輔、柳田寛太、大河内正康、松本雅記、中山敬一、今泉和則, 第60回神経化学会大会, 2017年09月09日, 通常, 日本語, 宮城県仙台市
  21. グリア、ミエリン、神経ネットワーク(座長), 齋藤 敦, 第60回日本神経化学会大会, 2017年09月08日, 招待, 日本語, 宮城県仙台市
  22. 神経活動依存的に発動する小胞体ストレス応答を介した神経細胞の機能制御, 齋藤敦, 今泉和則, 第18回ORIGIN神経科学研究会2017, 2017年08月27日, 通常, 日本語, 大阪府河内長野市
  23. 小胞体ストレス依存的に産生される小胞体ストレスセンサーBBF2H7由来小ペプチドの物性と動態解析, 齋藤敦, 松久幸司、今泉和則, 第18回ORIGIN神経科学研究会2017, 2017年08月27日, 通常, 日本語, 大阪府河内長野市
  24. 小胞体関連分解によるムコ多糖症原因分子イズロン酸-2-スルファターゼの活性化抑制機構, 尾崎陽介, 金本聡自、齋藤敦、今泉和則, 第58回(平成29年度)日本生化学会中国・四国支部例会, 2017年05月21日, 通常, 日本語, 香川県高松市
  25. 小胞体ストレスによって活性化されるオートファジー, 齋藤 敦, 緒方 麻衣子、日野 真一郎、浦野 文彦、今泉 和則, 第111回日本解剖学会総会全国学術集会, 2006年03月, 通常, 日本語, 東京都相模原市
  26. 小胞体ストレスセンサーOASISのアストロサイトにおける解析, 齋藤 敦, 第8回ORIGIN神経科学研究会夏のワークショップ2006, 2006年09月, 通常, 日本語, 愛媛県松山市
  27. IRE1-JNK pathway is essential for activation of autophagy after ER stress, Saito A., Ogata M., Hino S-I., Urano F., Imaizumi K., 第49回日本神経化学会大会, 2006年09月, 通常, 英語, 名古屋
  28. アストロサイト特異的小胞体ストレスセンサーOASISにより発現制御される遺伝子の探索, 齋藤 敦, 今泉 和則, 日本解剖学会第62回九州支部学術集会, 2006年10月, 通常, 日本語
  29. Autophagy is activated for cell survival after ER stress, Saito A., Hino S-I., Ogata M., Urano F., Imaizumi K., 第1回臨床ストレス応答学会大会, 2006年11月, 通常, 日本語
  30. 細胞種特異的小胞体ストレスセンサーの同定と解析, 齋藤 敦, 第9回ORIGIN神経科学研究会夏のワークショップ2007, 2007年09月, 通常, 日本語, 静岡県浜松市
  31. 小胞体ストレスセンサーBBF2H7の機能解析, 齋藤 敦, 第10回ORIGIN神経科学研究会夏のワークショップ2008, 2008年09月, 通常, 日本語, 宮崎県宮崎市
  32. 新規小胞体ストレス応答遺伝子OASISの脳における機能解析, 齋藤 敦, 千原 一泰、村上 智彦、原 英彰、和中 明生、今泉 和則, 第51回日本神経化学会大会, 2008年09月, 通常, 日本語, 富山県富山市
  33. 小胞体ストレスセンサーBBF2H7遺伝子欠損マウスの解析, 齋藤 敦, 日野 真一郎、今泉 和則, 日本解剖学会第64回九州支部学術集会, 2008年10月, 通常, 日本語, 福岡県福岡市
  34. 新規小胞体ストレスセンサーBBF2H7欠損による軟骨形成異常, 齋藤 敦, 日野 真一郎、今泉 和則, 第26回日本骨代謝学会学術集会, 2008年10月, 通常, 日本語, 大阪府
  35. 軟骨形成と小胞体ストレストランスデューサーBBF2H7, 齋藤 敦, 日野 真一郎、今泉 和則, 第3回臨床ストレス応答学会大会, 2008年11月, 通常, 日本語, 秋田県
  36. A novel Endoplasmic Reticulum stress transducer BBF2H7 expressed in injured neurons, Saito A., Hino S-I., Imaizumi K., The 38th annual meeting of the Society for Neuroscience, 2008年11月, 通常, 英語, Washington D.C., U.S.A.
  37. 新規小胞体ストレスセンサーBBF2H7欠損による軟骨形成異常, 齋藤 敦, 日野 真一郎、今泉 和則, 2008年度特定領域研究「タンパク質の社会」全体班会議, 2008年11月, 通常, 日本語, 沖縄県
  38. 新規小胞体ストレスセンサーBBF2H7欠損マウスにおける軟骨形成異常, 齋藤 敦, 日野 真一郎、今泉 和則, 第114回日本解剖学会全国学術集会, 2009年03月, 通常, 日本語, 岡山県
  39. 軟骨形成における小胞体ストレスセンサーBBF2H7の役割, 齋藤 敦, 今泉 和則, 日本分子生物学会第9回春季シンポジウム, 2009年05月, 通常, 日本語
  40. 小胞体ストレス応答と軟骨形成, 齋藤 敦, 今泉 和則, 第27回日本骨代謝学会学術集会, 2009年07月, 通常, 日本語, 大阪府
  41. 小胞体ストレスセンサーOASISの新機能, 齋藤 敦, 今泉 和則, 第11回ORIGIN夏の神経科学ワークショップ2009, 2009年08月, 通常, 日本語, 長野県
  42. 小胞体ストレス応答と軟骨形成, 齋藤 敦, 今泉 和則, 第2回「タンパク質の社会」若手ワークショップ, 2009年09月, 通常, 日本語, 京都府
  43. Increased vulnerability of pyramidal neurons to the toxicity of kainic acid in the hippocampi of OASIS-deficient mice, Saito A., Ochiai K., Murakami T., Sanosaka T., Nakashima K., Wanaka A., Imaizumi K., The 39th AnThe 39th Annual Meeting of the Society for Neurosciencenual Meeting of the Society for Neuroscience, 2009年10月, 通常, 日本語, Chicago, U.S.A.
  44. 小胞体ストレスセンサーBBF2H7と軟骨形成, 齋藤 敦, 日野 真一郎、今泉 和則, 2009年度特定領域研究「タンパク質の社会」全体班会議, 2009年11月, 通常, 日本語, 三重県伊賀市
  45. Regulation of ER stress response by BBF2H7/Sec23a pathway is essential for chondrogenesis, Saito A., Imaizumi K., The 26th Naito Conference on Osteobiology, 2009年11月, 通常, 英語, 兵庫県淡路市
  46. アストロサイト分化における小胞体ストレス応答の役割, 齋藤 敦, 佐野坂 司、中島 欽一、和中 明生、今泉 和則, 第32回日本分子生物学会年会, 2009年12月, 通常, 日本語, 神奈川県横浜市
  47. The role of ER stress response in astrocyte differentiation, Saito A., Ochiai K., Murakami T., Sanosaka T., Nakashima K., Wanaka A., Imaizumi K., The 2010 meeting on Molecular Chaperones & Stress Responses, 2010年05月, 通常, 日本語, New York, U.S.A.
  48. 骨芽細胞分化におけるPERK-ATF4経路を介した小胞体ストレス応答の役割, 齋藤 敦, 落合 希実子、今泉 和則, 第28回日本骨代謝学会学術集会, 2010年07月, 通常, 日本語, 東京都
  49. The role of endoplasmic reticulum stress response in astrocyte differentiation, 齋藤 敦, 落合 希実子、村上 智彦、佐野坂 司、中島 欽一、和中 明生、今泉 和則, 第53回日本神経化学会大会, 2010年09月, 通常, 日本語, 兵庫県神戸市
  50. アストロサイトの分化における小胞体ストレスセンサーOASISの役割, 齋藤 敦, 今泉 和則, 第12回ORIGIN夏の神経科学ワークショップ2010, 2010年09月, 通常, 日本語, 京都府京都市
  51. The role of ER stress transducer OASIS in astrocyte differentiation, Saito A., Ochiai K., Murakami T., Sanosaka T., Nakashima K., Wanaka A., Imaizumi K., The 3rd international symposium on protein community, 2010年09月, 通常, 英語, 奈良県奈良市
  52. アストロサイト分化における小胞体ストレスセンサーOASISの役割, 齋藤 敦, 佐野坂 司、中島 欽一、和中 明生、今泉 和則, 第42回広島神経医科学研究会, 2011年01月, 通常, 日本語, 広島県広島市
  53. The role of ER stress transducer OASIS in astrocyte differentiation, 齋藤 敦, 佐野坂 司、中島 欽一、和中 明生、今泉 和則, 第116回日本解剖学会総会全国学術集会, 2011年03月, 通常, 日本語, 誌上開催
  54. 小胞体ストレス応答による生体機能調節機構の解析, 齋藤 敦, 今泉 和則, 平成22年度産学連携若手研究者支援プログラム成果発表会, 2011年04月, 通常, 日本語, 広島県広島市
  55. 転写因子OASIS を介した小胞体ストレス応答によるアストロサイト分化制御, 齋藤 敦, 佐野坂 司、中島 欽一、今泉 和則, 第52回日本生化学会大会 中国・四国支部例会, 2011年05月, 通常, 日本語, 広島県広島市
  56. 転写因子OASIS による大腸粘膜における杯細胞の分化制御, 齋藤 敦, 浅田 梨絵、近藤 慎一、金本 聡自、今泉 和則, 第52回日本生化学会大会 中国・四国支部例会, 2011年05月, 通常, 日本語, 広島県広島市
  57. 小胞体ストレスセンサーOASISおよびBBF2H7 の活性化機構, 齋藤 敦, 近藤 慎一、浅田 梨絵、金本 聡自、今泉 和則, 第52回日本生化学会大会 中国・四国支部例会, 2011年05月, 通常, 日本語, 広島県広島市
  58. 骨芽細胞分化における PERK-eIF2 a-ATF4経路を介した小胞体ストレス応答の役割, 齋藤 敦, 近藤 慎一、金本 聡自、浅田 梨絵、今泉 和則, 第29回日本骨代謝学会学術集会, 2011年07月, 通常, 日本語, 大阪府
  59. 小胞体ストレスセンサーBBF2H7はATF5-MCLI経路を活性化することで軟骨細胞のアポトーシスを制御する, 齋藤 敦, 金本 聡自、近藤 慎一、今泉 和則, 第29回日本骨代謝学会学術集会, 2011年07月, 通常, 日本語, 大阪府
  60. 小胞体ストレスセンサー群によるアストロサイト分化制御の分子機構, 齋藤 敦, 今泉 和則, 第13回ORIGIN神経科学研究会夏のワークショップ2011, 2011年08月, 通常, 日本語, 兵庫県芦屋市
  61. CREB/ATF transcription factors regulate astrocyte differentiation by fine-tuning the Gcm1 expression, 齋藤 敦, 佐野坂 司、中島 欽一、今泉 和則, 2011年度包括脳ネットワーク夏のワークショップ, 2011年08月, 通常, 日本語, 兵庫県神戸市
  62. 小胞体膜貫通型転写因子OASISおよびBBF2H7の活性化機能の解析, 齋藤 敦, 近藤 慎一、浅田 梨絵、金本 聡自、今泉 和則, 第84回日本生化学会大会, 2011年09月, 通常, 日本語, 京都府
  63. 小胞体局在膜貫通型転写因子OASISのアストロサイト分化における役割, 齋藤 敦, 近藤 慎一、金本 聡自、今泉 和則, 第84回日本生化学会大会, 2011年09月, 通常, 日本語, 京都府
  64. The role of an ER-resident transmembrane transcription factor OASIS in astrocyte differentiation, 齋藤 敦, 佐野坂 司、中島 欽一、今泉 和則, 第54回日本神経化学会大会, 2011年09月, 通常, 日本語, 石川県
  65. 小胞体ストレスセンサー群によるアストロサイト分化制御の分子機構, 齋藤 敦, 浅田 梨絵、佐野坂 司、中島 欽一、今泉 和則, 第16回グリア研究会, 2011年10月, 通常, 日本語, 名古屋
  66. 小胞体ストレスセンサーOASISおよびBBF2H7の活性化機構の解析, 齋藤 敦, 近藤 慎一、金本 聡自、川崎 範隆、浅田 梨絵、今泉 和則, 第6回小胞体ストレス研究会, 2011年10月, 通常, 日本語, 岡山県
  67. 小胞体ストレスセンサーOASISによる大腸粘膜杯細胞の分化機構, 齋藤 敦, 浅田 梨絵、今泉 和則, 第6回小胞体ストレス研究会, 2011年10月, 通常, 日本語, 岡山県
  68. 小胞体ストレス応答と骨軟骨形成, 齋藤 敦, 今泉 和則, 第5回骨・軟骨フロンティア, 2011年11月, 通常, 日本語, 東京都
  69. The role of an ER-resident transmembrane transcription factor OASIS in astrocyte differentiation, Saito A., Kondo S., Kanemoto S., Sanosaka T., Nakashima K., Wanaka A., Imaizumi K., The 41th annual meeting of the Society for Neuroscience, 2011年11月, 通常, 英語, Washington D.C.,U.S.A.
  70. 小胞体ストレスセンサーOASISによる大腸粘膜細胞の分化制御, 齋藤 敦, 浅田 梨絵、今泉 和則, 2011年度特定領域研究「タンパク質の社会」全体班会議, 2011年11月, 通常, 日本語, 大分県
  71. The endoplasmic reticulum stress transducer OASIS is involved in the terminal differentiation of goblet cells in the large intestine, 齋藤 敦, 浅田 梨絵、 川崎 範隆、 近藤 慎一、 金本 聡自、 今泉 和則, 第43回日本分子生物学会年会, 2011年12月, 通常, 日本語, 神奈川県横浜市
  72. 小胞体ストレスセンサーOASISおよびBBF2H7の活性化機構の解析, 齋藤 敦, 近藤 慎一 、 金本 聡自、 川崎範隆、 浅田 梨絵、 今泉 和則, 第43回広島神経医科学研究会, 2012年01月, 通常, 日本語, 広島県広島市
  73. The role of ER stress transducer OASIS in astrocyte differentiation, 齋藤 敦, 佐野坂 司、 中島 欽一、 今泉 和則, 第43回広島神経医科学研究会, 2012年01月, 通常, 日本語, 広島県広島市
  74. The role of ER stress transducer OASIS in astrocyte differentiation, Saito A., Sanosaka T., Nakashima K., Imaizumi K., The 2012 meeting on Molecular Chaperones & Stress Responses, 2012年05月, 通常, 英語, New York, U.S.A.
  75. 小胞体ストレスセンサーOASISファミリーを介した骨軟骨形成., 齋藤 敦, 今泉 和則, 第30回日本骨代謝学会全国学術集会, 2012年07月, 通常, 日本語, 東京都
  76. 小胞体ストレスセンサーBBF2H7の小胞体内腔ドメインの新機能, 齋藤 敦, 浅田 梨絵、岩本 秀雄、泉 聡太朗、金本 聡自、今泉 和則, 第7回小胞体ストレス研究会, 2012年11月, 通常, 日本語, 広島県広島市
  77. 小胞体ストレスセンサーBBF2H7の小胞体内腔ドメインは細胞外に分泌され、周辺細胞の細胞増殖を促進する, 齋藤 敦, 浅田 梨絵、岩本 秀雄、泉 聡太朗、金本 聡自、今泉 和則, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月, 通常, 日本語, 福岡県
  78. 軟骨細胞におけるSox9を介した小胞体ストレスセンサーBBF2H7の発現制御機構, 齋藤 敦, 木戸 美織、金本 聡自、浅田 梨絵、今泉 和則, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月, 通常, 日本語, 福岡県
  79. Unfolded protein response activated by OASIS family transcription factors is involved in astrocyte differentiation, 齋藤 敦, 佐野坂 司、中島 欽一、今泉 和則, 第118回日本解剖学会総会全国学術集会, 2013年03月, 通常, 日本語, 徳島県高松市
  80. Secreted partial fragments of ER stress transducer BBF2H7 promote proliferation of neighboring cells via activation of hedgehog signaling, Saito A., Asada R., Iwamoto H., Izumi S., Kanemoto S., Zhang Y., Kamon M., Imaizumi K., ASBMB Special Symposia Series 2013, The Malutitasking Endoplasmic Reticulum in Health and Disease, 2013年05月, 通常, 英語, Virginia, U.S.A.
  81. The endoplasmic reticulum stress sensor BBF2H7 suppresses apoptosis by activating ATF5-MCL1 pathway in chondrocytes, Saito A., Izumi S., Ochi M., Imaizumi K., IBMS-JSBMR 2013, 2013年05月, 通常, 英語, 兵庫県神戸市
  82. Chondrocyte proliferation controlled by secreted partial fragments of endoplasmic reticulum stress transducer BBF2H7, Saito A., Asada R., Iwamoto H., Izumi S., Kanemoto S., Imaizumi K., IBMS-JSBMR 2013, 2013年05月, 通常, 英語, 兵庫県神戸市
  83. 小胞体ストレスセンサーBBF2H7の小胞体内腔ドメインによる癌細胞の増殖促進, 齋藤 敦, 岩本 秀雄、今泉 和則, 第54回日本生化学会大会 中国・四国支部例会, 2013年05月, 通常, 日本語, 徳島県徳島市
  84. 小胞体ストレストランスデューサーBBF2H7の小胞体内腔ドメインの新機能, 齋藤 敦, 第14回ORIGIN神経科学研究会夏のワークショップ2013, 2013年08月, 通常, 日本語, 岐阜県岐阜市
  85. Luman, an ER stress transducer, is involved in osteoclastogenesis through the regulation of DC-STAMP expression, Saito A., Kanemoto S., Saito A., Kobayashi T., Miyamoto T., Takahashi N., Imaizumi K., ANZBMS 23rd Annual Scientific Meeting, 2013年09月, 通常, 日本語, Melbourne, Australia
  86. 小胞体ストレスセンサーBBF2H7の分泌切片による癌細胞増殖促進作用, 齋藤 敦, 岩本 秀雄、今泉 和則, 第86回日本生化学会大会, 2013年09月, 通常, 日本語, 神奈川県横浜市
  87. 小胞体ストレスセンサーOASISファミリーを介した細胞分化制御機構, 齋藤 敦, 今泉 和則, 第86回日本生化学会大会, 2013年09月, 通常, 日本語, 神奈川県横浜市
  88. 小胞体ストレス応答と骨軟骨形成, 齋藤 敦, 今泉 和則, 第14回運動器科学研究会, 2013年09月, 通常, 日本語, 東京都
  89. 小胞体から発信される細胞間コミュニケーションシグナル, 齋藤 敦, 今泉 和則, 第8回小胞体ストレス研究会, 2013年10月, 通常, 日本語, 石川県金沢市
  90. Sox9による小胞体ストレストランスデューサーBBF2H7の発現制御, 齋藤 敦, 立本 淑子、木戸 美織、日野 健太、今泉 和則, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月, 通常, 日本語, 兵庫県神戸市
  91. Chondrocyte proliferation regulated by liminal domain of ER stress transducer BBF2H7, 齋藤 敦, 今泉 和則, 第8回Bone Research Seminar, 2014年02月, 通常, 英語, 東京都
  92. IRE1-XBP1シグナルの逆行性伝播は膜脂質代謝を介して軸索の再生を促進する, 齋藤 敦, 第17回ORIGIN神経科学研究会夏のワークショップ2016, 2016年08月, 通常, 日本語, 福井県
  93. 神経活動依存的な小胞体の構造変化を介した樹状突起伸長とスパイン形成制御, 齋藤 敦、今泉 和則, 今泉 和則, 第2回オルガネラゾーン研究会, 2018年12月18日, 通常, 日本語, 東京
  94. 神経活動依存的な小胞体の構造変化を介した樹状突起伸張スパイン形成制御, 齋藤 敦, 今泉 和則, 新学術領域「オルガネラゾーン」第2回プログレスレポート, 2018年12月18日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2013年, 日本神経化学会奨励賞, 日本神経化学会
  2. 2013年, 日本解剖学会奨励賞, 日本解剖学会
  3. 2013年, 第29回井上研究奨励賞, 井上科学振興財団
  4. 2012年, 鈴木紘一メモリアル賞, 日本生化学会
  5. 2012年, 第11回広島大学長表彰, 広島大学
  6. 2010年, 広島大学産学連携若手研究者支援プログラム最優秀賞, 広島大学

取得

  1. 特許権, 米国特許番号9695235, 2017年07月04日, BBF2H7(BBF2 human homologue on chromosome7)部分アミノ酸配列を有するペプチドまたはそれに結合する抗体を含む細胞増殖調節用組成物
  2. 特許権, 特許番号6233932, 2017年11月02日, BBF2H7(BBF2 human homologue on chromosome7)部分アミノ酸配列を有するペプチドまたはそれに結合する抗体を含む細胞増殖調節用組成物

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 「小胞体を起点とする骨軟骨代謝の制御と破綻」, 2012年, 2015年
  2. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 「小胞体ストレスセンサータンパク質による骨格系細胞分化制御機構の解明」
  3. 科学研究費助成事業(研究活動スタート支援), 「小胞体ストレス応答による神経の分化及び機能制御機構の解析」, 2010年, 2011年
  4. 科学研究費助成事業(特別研究員奨励費), 2008年, 2009年
  5. 科学研究費助成事業(A-STEP), 「骨系統疾患の新規治療薬開発」, 2012年
  6. 三井住友海上福祉財団 研究助成 高齢者福祉部門, 小胞体ストレス依存的に産生される小ペプチド断片の制御による包括的疾患治療法開発, 2017年12月01日, 2019年11月30日
  7. 平成29年度 持田記念研究助成金, 小胞体機能が制御する神経回路形成とその破綻による病態発現との関連解明, 2017年11月22日, 2018年12月31日
  8. 上原記念生命科学財団 平成28年度研究助成金, 小胞体マイクロフラグメント制御による疾患治療法開発, 2017年02月, 2018年04月
  9. 平成26年度日本人若手研究者助成金, 小胞体機能制御による新規疾患治療法の基盤構築, 2014年04月, 2015年03月
  10. 平成28年度医学研究奨励助成事業, 小胞体マイクロフラグメントを標的とした神経変性疾患の診断・治療戦略構築, 2017年02月, 2018年03月
  11. 公益財団法人細胞科学研究財団 平成25年度研究助成金, 間葉系幹細胞から骨・軟骨細胞への分化における小胞体ストレス応答の役割, 2013年04月, 2014年03月
  12. 第43回(2011年度)内藤記念科学奨励金(研究助成), 小胞体機能制御による難病治療基盤の構築, 2012年
  13. 武田科学振興財団 2011年度ビジョナリーリサーチ助成, 小胞体ストレス応答の制御による難病治療基盤の構築, 2012年
  14. 第28回(平成22年度)持田記念研究助成金, 脳神経系における小胞体ストレス応答の分子機構解明と精神疾患治療基盤の確立, 2011年
  15. 住友財団 2010年度基礎科学研究助成, 小胞体ストレス応答による生体機能調節機構の解析, 2011年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 委員, 日本神経化学会将来計画委員会