竹野 幸夫Sachio Takeno

Last Updated :2020/09/23

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 教授
ホームページ
メールアドレス
takenohiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 1996年04月01日, 帝京大学, 助手
  • 2004年01月01日, 2005年03月31日, 広島大学, 医学部・歯学部附属病院, 講師
  • 2005年04月01日, 2018年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科 展開医科学専攻病態制御医科学講座 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学研究室, 准教授
  • 2018年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究科, 教授

学歴

  • 京都大学, 医学部, 日本, 1981年04月, 1987年03月
  • 広島大学, 医学系研究科, 耳鼻咽喉科学専攻, 日本, 1987年04月, 1991年03月
  • トロント大学, カナダ, 1992年07月, 1994年06月

学位

  • 医学博士 (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 耳鼻咽喉科学

研究キーワード

  • 耳毒性
  • 蝸牛
  • 聴覚
  • 中耳手術
  • 鼻・副鼻腔
  • 一酸化窒素
  • 鼻アレルギー
  • 上気道アレルギー炎症
  • 内視鏡下副鼻腔手術

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学II
  2. 2020年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  3. 2020年, 学部専門, 2ターム, 耳鼻咽喉科学
  4. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学特別演習
  5. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学特別演習
  6. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学特別実験
  7. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学特別実験
  8. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学特別演習
  9. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学特別演習
  10. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学特別研究
  11. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. A Case Report of Bulky Venous Malformation in the Parapharyngeal Space., International Journal of Practical Otolaryngology, 3巻, pp. e10-e15
  2. Long-term outcomes of induction chemotherapy followed by chemoradiotherapy using volumetric-modulated arc therapy as an organ preservation approach in patients with stage IVA-B oropharyngeal or hypopharyngeal cancers., J Radiat Res, 61巻, 4号, pp. 554-562
  3. Single Institution's Experience of Definitive Radiotherapy Using Volumetric-modulated Arc Therapy for Hypopharyngeal Cancers., Anticancer Res, 40巻, 7号, pp. 4183-4190
  4. 経鼻腔アプローチにて診断・加療した眼窩内腫瘤の検討。, 耳鼻臨床, 113巻, 8号, pp. 493-498
  5. 広島におけるスギ・ヒノキ花粉の飛散状況と患者の抗原感作の経年的変化 ―過去23年間の解析結果―, 耳鼻臨床, 113巻, 8号, pp. 481-486
  6. 急性中耳炎に合併したS 状静脈洞血栓症の1 例。, 広島医学, 73巻, 6号, pp. 393-397
  7. 喉頭横隔膜症に対してシリコンプレート留置が有効であった1 例, 広島医学, 73巻, 6号, pp. 388-392
  8. 鼻アレルギーの全国疫学調査2019(1998年、2008年との比較):速報 -耳鼻咽喉科医およびその家族を対象として- , 日耳鼻会報, 123巻, pp. 485-490
  9. 1. 慢性副鼻腔炎overview -その現状とデュピルマブ登場の意義- 特集:慢性副鼻腔炎治療の新展開, Progress Medicine, 40巻, pp. 673-678
  10. レドックス制御からみた慢性副鼻腔炎粘膜における組織・血管障害について。, 耳鼻免疫アレルギー(JJIAO), 37巻, pp. 128-129
  11. 気管浸潤を伴う甲状腺癌の気管合併切除。, 広島医学, 73巻, pp. 3-4
  12. 一酸化窒素(NO)の産生・代謝機構からみた鼻副鼻腔炎症。, 耳鼻免疫アレルギー(JJIAO), 37巻, pp. 233-239
  13. 甲状腺眼症に対する内視鏡下眼窩減圧術。, 耳鼻咽喉科展望, 62巻, pp. 198-208
  14. 急性副鼻腔炎診療ガイドライン2010 追補版 2. 私の活用法。 特集:早わかり! 耳鼻咽喉科診療ガイドライン、手引き・マニュアル。, Monthly Book ENTONI, 236巻, pp. 71-76
  15. Baseline neutrophil-to-lymphocyte ratio (NLR) is associated with clinical outcome in recurrent or metastatic head and neck cancer patients treated with nivolumab, Acta Oto-Laryngologica, 140巻, 2号, pp. 181-187
  16. Ganglioneuroma in The Neck Region: A Case Report., Hiroshima Journal of Medical Sciences, 68巻, pp. 49-53
  17. Evaluation of Role of Prophylactic Swallowing Rehabilitation in Chemoradiotherapy for Advanced Head and Neck Cancer Using Novel Software Analysis of Videofluorography Images., Hiroshima Journal of Medical Sciences, 68巻, pp. 27-34
  18. Consensus guidance of nebulizer therapy for acute rhinosinusitis., Auris Nasus Larynx, 47巻, pp. 18-24
  19. 上鼻甲介の内反による嗅裂閉鎖が主因と考えられる気導性嗅覚障害例。 , 日本鼻科学会誌, 58巻, 2号, pp. 196-202
  20. 耳鼻咽喉科領域における壊死性筋膜炎について LRINECスコアを用いた検討。, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 122巻, 6号, pp. 884-890
  21. 遺伝性出血性末梢血管拡張症に伴う鼻出血に対しエストリオール軟膏が有効であった 1例。, 広島医学, 72巻, 3号, pp. 113-116
  22. 下甲介粘膜レーザー焼灼術 アレルギー用語解説シリーズ, アレルギー, 68巻, 6号, pp. 711-712
  23. II 鼻疾患 2. 妊婦のアレルギー性鼻炎患者に対する内服・点鼻薬の使い方。 特集:耳鼻咽喉科医が頻用する内服・外用薬 ―選び方・上手な使い方―。, Monthly Book ENTONI, 231巻, pp. 41-45
  24. A genetic variant near TSLP is associated with chronic rhinosinusitis with nasal polyps and aspirin-exacerbated respiratory disease in Japanese populations., Allergol Int., 2019
  25. Nishida M, Taruya T, Kono T, Hamamoto T, Ishino T, Ueda T and Takeno S. Lacrimal Gland Adenocarcinoma with Apocrine Metaplasia: A Case Report., Journal of Head and Neck Surgery, 2巻, pp. 9-12, 2019
  26. 胃酸逆流と副鼻腔炎。, 耳鼻臨床, 111巻, 11号, pp. 727-737
  27. 好酸球性副鼻腔炎・中耳炎の診断と病態分類, 日耳鼻会報, 121巻, pp. 1152-1159
  28. 慢性副鼻腔炎かと思っていたらアレルギー性真菌性副鼻腔炎(AFS)だった。特集 見逃してはならない耳鼻咽喉科疾患, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 90巻, 12号, pp. 1028-1031
  29. かぜ後の後鼻漏と副鼻腔炎。 特集 今さら聞けない風邪診療のABC。, 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 90巻, pp. 914-917
  30. ★, Nasal nitric oxide in the inferior turbinate surface decreases with intranasal steroids in allergic rhinitis: A prospective study., Auris Nasus Larynx, 2018/12/04
  31. Efficacy of anti-PD-1 therapy in a patient with brain metastasis of parotid carcinoma: A case report., Auris Nasus Larynx, 2018/11/12
  32. Low-dose dexamethasone with fosaprepitant and palonosetron to prevent cisplatin-induced nausea and vomiting in head and neck cancer patients., Acta Otolaryngol, 2018/07/17
  33. Effects of Cerebral Blood Flow and Vessel Conditions on Speech Recognition in Patients With Postlingual Adult Cochlear Implant: Predictable Factors for the Efficacy of Cochlear Implant, EAR AND HEARING, 39巻, 3号, pp. 540-547, 2018
  34. infoAllergy アレルギーの常識・非常識 気道炎症のバイオマーカーとしての一酸化窒素(NO)と副鼻腔炎の病態 ―好酸球性副鼻腔炎を透して見えるNOの多面性― , info Allergy, 83巻
  35. 気管支異物との鑑別を要した鋳型気管支炎の1例。, 日気食会報, 69巻, pp. 255-260
  36. 鼻アレルギー診断において鼻呼気一酸化窒素濃度(nasal FeNO)は鼻腔通気抵抗とは独立した客観的指標である。 ANL Secondary Publication, 日耳鼻会報, 121巻, pp. 75-76, 2018
  37. 甲状腺眼症に対して鼻内内視鏡下眼窩減圧術を施行した3症例。, 日本鼻科学会誌, 56巻, pp. 570-576, 2017
  38. 嗅覚障害の診断。, 広島医学, 71巻, pp. 165-166
  39. 「第118回日本耳鼻咽喉科学会総会 モーニングセミナー」 重症鼻過敏症に対する後鼻神経切断術(経鼻腔翼突神経切断術)。, 日耳鼻会報, 120巻, pp. 1299-1304, 2018
  40. Influence of pneumococcal conjugate vaccines on acute otitis media in Japan, AURIS NASUS LARYNX, 45巻, 4号, pp. 718-721, 201808
  41. Extraskeletal osteosarcoma in the parotid gland: A case report, AURIS NASUS LARYNX, 45巻, 3号, pp. 644-647, 201806
  42. 甲状腺眼症に対して鼻内内視鏡下眼窩減圧術を施行した3症例。, 日本鼻科学会誌, 56巻, 4号, pp. 570-576, 2017
  43. 重症鼻過敏症に対する後鼻神経切断術(経鼻腔翼突神経切断術)。, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 120巻, pp. 1299-1304, 2017
  44. 副鼻腔血瘤腫。 特集:疾患と病態生理, JOHNS, 33巻, 12号, pp. 1761-1765
  45. ★, Management of Intractable Nasal Hyperreactivity by Selective Resection of Posterior Nasal Nerve Branches., International Journal of Otolaryngology, Article ID 1907862巻, 2017
  46. Effects of Cerebral Blood Flow and Vessel Conditions on Speech Recognition in Patients With Postlingual Adult Cochlear Implant: Predictable Factors for the Efficacy of Cochlear Implant., Ear Hear, 2017
  47. Influence of pneumococcal conjugate vaccines on acute otitis media in Japan., Auris Nasus Larynx, Nov 1. pii: S0385-8146(17)30516-3.巻, 2017
  48. Pemphigus vulgaris with marked stenosis of the esophageal orifice from an osteoporosis drug: a case study with long-term follow-up., Hiroshima J Med Sci, 66巻, 2号, pp. 27-30, 2017
  49. Extraskeletal osteosarcoma in the parotid gland: A case report., Auris Nasus Larynx, 2017pii: S0385-8146(17)30534-5巻, Sep. 22号, 2017
  50. 導入化学療法後の長時間仰臥位手術にて腓骨神経麻痺を生じた2症例。, 広島医学, 70巻, 4号, pp. 213-217
  51. 鼻呼気一酸化窒素濃度(nasal FeNO)を指標とした鼻噴霧ステロイド剤の有効性に関するパイロット研究。, 耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会会誌, 5巻, 1号, pp. 38-42, 2017
  52. SLC26A4単一ヘテロ接合体のみが同定された前庭水管拡張症の一例。, 小児耳鼻咽喉科, 37巻, 3号, pp. 318-323, 2016
  53. IL-5 and IL-6 are increased in the frontal recess of eosinophilic chronic rhinosinusitis patients., J Otolaryngol Head Neck Surg, 46巻, 1号, pp. 36, 20170502
  54. Influence of Pneumococcal Conjugate Vaccine on Otitis Media., Otolaryngology, 6巻, 3号, pp. 1-2, 2016
  55. ★, The role of nasal fractional exhaled nitric oxide as an objective parameter independent of nasal airflow resistance in the diagnosis of allergic rhinitis., Auris Nasus Larynx, 44巻, 4号, pp. 435-441, 2017
  56. The role of nasal fractional exhaled nitric oxide as an objective parameter independent of nasal airflow resistance in the diagnosis of allergic rhinitis, AURIS NASUS LARYNX, 44巻, 4号, pp. 435-441, AUG 2017
  57. IL-5 and IL-6 are increased in the frontal recess of eosinophilic chronic rhinosinusitis patients, JOURNAL OF OTOLARYNGOLOGY-HEAD & NECK SURGERY, 46巻, 20170502
  58. 好酸球性副鼻腔炎と鼻腔NO 濃度の関係性について。, 耳鼻免疫アレルギー(JJIAO), 34巻, 2号, pp. 134-135, 2016
  59. 鼻腔一酸化窒素( nasal NO) のモニタリングについての検討。, 耳鼻免疫アレルギー(JJIAO), 34巻, 2号, pp. 134-135, 2016
  60. 鼻科基礎研究ハンズオンセミナーの取り組み(第2報)。, 日本鼻科学会誌, 55巻, 2号, pp. 176-185, 2016
  61. 鼻アレルギーにおける鼻腔一酸化窒素を指標とした局所鼻噴霧ステロイド剤の有効性の評価。, 日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会会誌, 4巻, pp. 52, 201609
  62. 喉頭摘出術後の音声獲得について ―ボイスプロステーシスを用いた新たな代用音声獲得法―, 広島医学, 69巻, pp. 527-528
  63. 好酸球性副鼻腔炎と前頭洞病変。, 耳鼻免疫アレルギー(JJIAO), 33巻, 4号, pp. 221-224, 2015
  64. 鼻腔一酸化窒素(nasal NO)の有用性と課題。 特集「気道炎症の評価」, アレルギー・免疫, 22巻, pp. 1398-1406, 2016
  65. 後鼻漏の病態生理 特集:せき・くしゃみ・はなみず, JOHNS, 32巻, pp. 1027-1031
  66. Guiding principles of sublingual immunotherapy for allergic rhinitis in Japanese patients, AURIS NASUS LARYNX, 43巻, 1号, pp. 1-9, 201602
  67. 当科におけるstage I, II舌扁平上皮癌症例の検討。, 頭頸部外科, 25巻, 1号, pp. 21-27, 20150101
  68. 鼓膜切開にて大量の出血を来した内頚動脈鼓室内走行異常例。, Otology Japan, 25巻, pp. 269-272, 20150401
  69. 山間地域医療圏における小児急性鼻副鼻腔炎よりの鼻汁検出菌の検討。, 耳鼻臨床, 108巻, pp. 509-516, 20150301
  70. 好酸球性副鼻腔炎の診断基準:JESREC Study。, 日本鼻科学会会誌, 53巻, pp. 75-76, 20140101
  71. 蝶口蓋孔と後鼻神経手術。, 耳鼻臨床, 106巻, pp. 1074-1075, 2013
  72. 喉頭原発悪性リンパ腫。, 耳鼻臨床, 106巻, pp. 1009-1013
  73. 当院におけるスギ・ヒノキ花粉飛散状況と気象データによる飛散数予測。, 広島医学, 66巻, pp. 523-527, 2013
  74. 小児副鼻腔炎治療に対する検討 ―2010年度版ガイドラインを用いて―, 日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌, 31巻, pp. 95-100, 2013
  75. プロプラノロールが無効であった舌下部巨大幼児血管腫症例。, 小児耳鼻咽喉科, 34巻, pp. 41-47
  76. 蝶形骨洞原発の小細胞型未分化癌例。, 日本鼻科学会会誌, 51巻, pp. 468-473
  77. 腕頭動脈結紮術を要した期間腕頭動脈瘻例。, 耳鼻臨床, 105巻, pp. 869-873
  78. 耳下腺腫脹を呈した金属アレルギー症例。, 口腔咽頭科, 25巻, pp. 213-216
  79. 慢性鼻副鼻腔炎の治療における一酸化窒素(NO)濃度のモニタリングの有用性。, 耳鼻免疫アレルギー(JJIAO), 30巻, pp. 112-113, 2012
  80. 難治性副鼻腔炎におけるアレルギー性ムチンより検出された真菌菌種の検討。, 日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌, 30巻, pp. 41-46, 2012
  81. 当科における好酸球性副鼻腔炎手術症例の臨床背景と治療成績の変遷について。, 広島医学, 64巻, pp. 399-402, 2011
  82. 後鼻漏症状に関する診療についてのアンケート調査。, 日本鼻科学会会誌, 50巻, pp. 113-119, 2011
  83. 気管支喘息と副鼻腔炎に関する実態調査(内科でのアンケート調査)。, 耳鼻免疫アレルギー(JJIAO), 25巻, pp. 120-121, 2007
  84. ヒト中耳真珠腫上皮におけるRANKL発現と増殖能についての検討。, Otology Japan, 21巻, pp. 784-790, 2011
  85. 鼻アレルギー患者における呼気中並びに鼻呼気中におけるon-line 法による一酸化窒素(NO)濃度のモニタリングの有用性について。, 耳鼻免疫アレルギー(JJIAO), 29巻, pp. 72-73, 2011
  86. 炭酸ガスレーザーによる下鼻甲介粘膜焼灼術の長期治療成績。, 日本鼻科学会会誌, 50巻, pp. 7-12, 2011
  87. 慢性副鼻腔炎のマネージメント ー通常症例から難治性症例までー。, 日本鼻科学会会誌, 49巻, pp. 59-60, 2010
  88. 当科における過去10年間の嗅神経芽細胞腫の治療成績。, 頭頸部外科, 17巻, pp. 223-230, 2007
  89. 中・下咽頭癌に対するCDDP+5-FUまたはCDGP+5-FUによる化学放射線療法の治療成績。, 癌と化学療法, 34巻, pp. 1393-1396, 2007
  90. 中・下咽頭癌に対するneoadjuvant chemotherapyの臨床的検討。, 広島医学, 60巻, pp. 337-340, 2007
  91. 好酸球性副鼻腔炎に対する周術期の局所ステロイド噴霧療法の臨床効果。, 日本鼻科学会会誌, 46巻, pp. 102-108, 2007
  92. T1-2声門部癌に対する放射線治療。―広島大学病院における過去20年間の治療成績の検討―, 広島医学, 60巻, pp. 278-287
  93. 大唾液腺腫瘍の臨床統計的観察。, 耳鼻臨床, Suppl 117巻, pp. 46-53, 2006
  94. 喉頭癌の臨床的検討。, 耳鼻臨床, Suppl 117巻, pp. 36-45, 2006
  95. 当科における中耳真珠腫手術の聴力成績の検討。, 耳鼻臨床, Suppl 117巻, pp. 60-65, 2006
  96. 副鼻腔由来培養骨芽細胞の石灰化制御機構-Vitamin D3、K2、warfarinによる刺激効果-。, 耳鼻臨床, Suppl 117巻, pp. 1-6, 2006
  97. 当科における内視鏡下副鼻腔手術の治療成績―アレルギーの関与を中心に―。, 耳鼻臨床, Suppl 117巻, pp. 60-65, 2006
  98. 当科における上顎癌症例の臨床的検討。, 耳鼻臨床, Suppl 117巻, pp. 16-20
  99. LPS、PGNの培養副鼻腔粘膜上皮おけるNF-κBの活性化に及ぼす影響。, 耳鼻咽喉科展望, 49巻, pp. 204-207, 2006
  100. 副鼻腔炎に対するクラビットⓇの効果的な投与方法の検討。, 耳鼻臨床, 99巻, pp. 71-79, 2006
  101. 慢性副鼻腔炎の重症度に対するアレルギーおよび好酸球の関与の検討。, 耳鼻咽喉科展望, 47巻, pp. 200-204, 2004
  102. 頭頚部癌手術におけるクリニカルパスー喉頭癌治療を中心にー。, 広島医学, 57巻, pp. 832-834
  103. 転写因子NF-kBの活性化より検討した副鼻腔粘膜上皮の多機能性。, 頭頚部自律神経, 17巻, pp. 64-68, 2003
  104. サイトカイン発現から検討した副鼻腔粘膜における好酸球浸潤―アトピー素因との関連性についてー。, 頭頚部自律神経, 16巻, pp. 51-54, 2002
  105. 下鼻甲介粘膜擦過細胞のNOS isoform発現に対するIFN-γ、TNF-αの影響。, 日本耳鼻咽喉科学会報, 105巻, pp. 158-165, 2002
  106. 通年性鼻アレルギー症例に対するプランルカスト内服の効果―鼻閉の軽減と局所サイトカイン遺伝子発現の低下の関係―。, 現代医療, 33巻, pp. 2614-2620, 2001
  107. 通年性アレルギー性鼻炎に対するトシル酸スプラタストの効果についてー浸潤細胞数とサイトカインなどの産生量の変化についての検討ー。, 耳鼻咽喉科展望, 44巻, pp. 235-239
  108. 難治性鼻出血への対応。, 日本耳鼻咽喉科学会報, 118巻, pp. 1164-1165, 20151006
  109. 好酸球性副鼻腔炎:診断ガイドライン(JESREC Study)。, 日本耳鼻咽喉科学会報, 118巻, pp. 728-735, 20150718
  110. 上・下気道アレルギー炎症の制御 (気道炎症のバイオマーカー)。 特集:One airway, one disease ―複眼的治療戦略―。, Monthly Book ENTONI, 182巻, pp. 16-22, 20150401
  111. 好酸球性副鼻腔炎(JESREC Study)。, アレルギー, 64巻, pp. 38-45, 20150718
  112. 鼻アレルギーの下鼻甲介手術へのレーザーの応用。 特集:耳鼻咽喉科 ここまでできるレーザー治療。, Monthly Book ENTONI, 174巻, pp. 17-23, 20140401
  113. 鼻副鼻腔炎に対する局所薬物療法。 特集:みみ・はな・のどに対する局所薬物療法。, Monthly Book ENTONI, 168巻, pp. 19-25, 20140201
  114. 一酸化窒素( NO) と副鼻腔炎病態。, 耳鼻免疫アレルギー(JJIAO), 31巻, 3号, pp. 225-229, 2013
  115. 喘息に伴う慢性副鼻腔炎の病態と治療。 特集:副鼻腔気管支症候群と喘息の違いは。, Monthly Book ENTONI, 143巻, pp. 45-53, 2012
  116. 特集「花粉症アップデート」 VII 花粉症の病態と一酸化窒素, アレルギー・免疫, 19巻, pp. 60-66, 2012
  117. 生涯教育シリ-ズ 耳鼻科医からみる小児細菌感染症., 広島県小児科医会会報, 49巻, pp. 25-30, 2010
  118. 慢性鼻閉に対するデイサージェリー ―下鼻甲介粘膜焼灼術を中心に―。, 日本耳鼻咽喉科学会報, 114巻, pp. 72-77, 2011
  119. 好酸球性副鼻腔炎の局所療法。 特集:好酸球性副鼻腔炎の治療update。, Monthly Book ENTONI, 106巻, pp. 19-26, 2009
  120. 好酸球性副鼻腔炎。 特集:副鼻腔炎の治療―保存的か観血的か・その決断の時―, Monthly Book ENTONI, 90巻, pp. 21-27, 2008
  121. 真菌症。 特集主題:耳鼻咽喉科外来 薬の選び方・使い方・投与期間。, Monthly Book ENTONI, 100巻, pp. 147-154, 2009
  122. 特集「咳と痰」、III 耳鼻科領域、2)後鼻漏と咳。, アレルギー・免疫, 15巻, pp. 818-823, 2008
  123. アレルギー性鼻炎に対する手術療法のEBM。 特集: アレルギー性鼻炎治療のEBM, アレルギーの臨床, 27巻, pp. 527-532, 2007
  124. 3)副鼻腔炎病態とケモカイン。 II. 耳鼻咽喉科 特集 ケモカインとアレルギー。, アレルギー・免疫, 13巻, pp. 46-53, 2006
  125. 顎関節症と鑑別すべき疾患。 特集・顎関節症と開口障害, Monthly Book ENTONI, 51巻, pp. 22-27
  126. 副鼻腔粘膜における局所サイトカイン・ネットワークに及ぼす鼻アレルギーの影響。―構成細胞における転写因子の活性化からの検討―, アレルギー科, 19巻, pp. 258-266, 2005
  127. 慢性鼻副鼻腔炎の病態における遷延化因子, 耳鼻臨床, 98巻, pp. 343-354, 2005
  128. 5:真菌性副鼻腔炎の最近の考え方。特集:耳鼻咽喉科領域感染症のトピックス。, 化学療法の領域, 21巻, pp. 47-52, 2005
  129. 慢性副鼻腔炎と気管支喘息。 鼻と肺―上気道と下気道, JOHNS, 19巻, pp. 815-819, 2003
  130. 口腔カンジダ症 耳鼻咽喉科の疾患・症候別薬物療法 特集 耳鼻咽喉科薬物療法2015, JOHNS, 31巻, pp. 1286-1287, 20150601
  131. ヒブワクチンや小児肺炎球菌ワクチンは急性中耳炎を予防できるの? 特集 Q&Aで理解する小児によくみられる耳鼻咽喉科疾患, 小児看護, 38巻, pp. 425-427, 20150601
  132. ストレス・心理要因と鼻閉・後鼻漏 特集 ストレスと耳鼻咽喉科・頭頸部外科, JOHNS, 31巻, pp. 317-321, 20150301
  133. 鼻汁が生じるメカニズムは? 特集 鼻の疑問に答える, JOHNS, 30巻, pp. 847-851, 20140601
  134. 鼻内の観察はどこまでわかるか? 特集 内視鏡でどこまでわかるかー最新のトピックス。, JOHNS, 30巻, pp. 181-185, 20140201
  135. 細菌・真菌感染に対する防御機構。 特集 感染と免疫。, JOHNS, 29巻, pp. 436-441, 2013
  136. 器官別機能と老化による病態 鼻腔機能。 特集 高齢化社会と耳鼻咽喉科。, JOHNS, 28巻, pp. 1300-1305, 2012
  137. 一酸化窒素と活性酸素、 特集 慢性炎症の病態を理解する。, JOHNS, 27巻, pp. 1723-1728, 2011
  138. 好酸球性副鼻腔炎 鼻科学領域、 特集 私の処方箋。, JOHNS, 27巻, pp. 1380-1382, 2011
  139. 鼻出血止血(処置) -外来手技とインシデント・アクシデントー。 特集 耳鼻咽喉科専門研修をはじめる医師へ, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 81巻, pp. 837-844, 2009
  140. 5. アレルギー性鼻炎に関わりの深いサイトカインについて教えてください。 特集 ここが知りたい アレルギー性鼻炎 Q&A。, JOHNS, 25巻, pp. 283-286, 2009
  141. 鼻中隔手術、下鼻甲介手術のための臨床解剖。 特集: 手術・処置に役立つ臨床解剖。, JOHNS, 24巻, pp. 395-399, 2008
  142. 小児アレルギー性鼻炎と合併症―副鼻腔炎との関連性を中心に―。 特集: 小児とアレルギー性鼻炎。, JOHNS, 23巻, pp. 218-221, 2007
  143. 後鼻孔閉鎖。 特集: 小児の耳鼻咽喉科・頭頸部疾患―診断と治療 テーマ:III. 鼻・咽頭・喉頭。, 小児外科, 38巻, pp. 1311-1317, 2006
  144. 7. いわゆる好酸球性副鼻腔炎の診断と治療をどのようにするか? (組織学的所見の立場から) 特集: 鼻科診療における論点。, JOHNS, 22巻, pp. 1467-1472, 2006
  145. 特集: 病態に基づく副鼻腔炎の治療戦略。 1. 副鼻腔炎の病態の変遷。, JOHNS, 22巻, pp. 5-9, 2006
  146. 鼻茸切除。 特集 外来偶発事故防止マニュアル, JOHNS, 21巻, pp. 1125-1128
  147. アレルギー性鼻炎と副鼻腔異常陰影。 慢性副鼻腔炎―骨粘膜病変シリーズ9, JOHNS, 19巻, pp. 1338-1390, 2003
  148. Morphological evaluation of pathological changes to ethmoidal bone in chronic sinusitis., Proceeding of Airway Secretion Research, 3巻, pp. 1-3, 2001
  149. Increased expression of eosinophil-related cytokines is associated with epithelial nuclear factor-kappa B activation in human nasal polyps., Proceeding of Airway Secretion Research, 4巻, pp. 15-19, 2002
  150. Establishment of osteoblast-like cell culture of human ethmoidal sinus., Proceeding of Airway Secretion Research, 3巻, pp. 5-6, 2001
  151. The influence of eosinophil infiltration on the ciliary beat freaquency (CBF) of human sinus epithelial cells., Proceeding of Airway Secretion Research, 4巻, pp. 1-5, 2002
  152. Expression of TGF-b and IL-1b on the cell derived from sinus hard tissue by LPS stimulation., Proceeding of Airway Secretion Research, 5巻, pp. 25-25, 2003
  153. Human cultured cells constructing paranasal sinuses may have a multilineage differentiation potential., Proceeding of Airway Secretion Research, 6巻, pp. 33-38, 2004
  154. Analysis of syndecan-1 and TGF-beta expression in the nasal mucosa and nasal polyps., Auris Nasus Larynx, 37巻, pp. 427-435, 2010
  155. Expression of RANKL and proliferation abilities of cultured human middle ear cholesteatoma epithelial cells., Hiroshima J Med Sci, 62巻, pp. 1-6, 2013
  156. Nitric oxide is a possible reliable marker for evaluation of nasal allergy and chronic sinusitis., Proceeding of Airway Secretion Research, 14巻, pp. 25-26, 2012
  157. Novel NOG mutation in Japanese patients with stapes ankylosis with broad thumbs and toes., Eur J Med Genet, 20150723
  158. ★, Influence of Pneumococcal Conjugate Vaccine on Acute Otitis Media with Severe Middle Ear Inflammation: A Retrospective Multicenter Study., PLoS One, 20150908
  159. Comparison of arginase isoform expression in patients with different subtypes of chronic rhinosinusitis., J Laryngol Otol, pp. 1-7, 20151021
  160. Novel scoring system and algorithm for classifying chronic rhinosinusitis: the JESREC Study, ALLERGY, 70巻, 8号, pp. 995-1003, 20150801
  161. Frontal recess anatomy in Japanese subjects and its effect on the development of frontal sinusitis: computed tomography analysis, JOURNAL OF OTOLARYNGOLOGY-HEAD & NECK SURGERY, 44巻, 20150529
  162. Maxillary sinus hypolasia -Embryology and radiology-, Archives of Otolaryngology= Head and Neck Surgery, 119号, pp. 1353-1357, 19930401
  163. Carboplatin ototoxicity : an animal model., J Laryngol Otol, 107号, pp. 585-589, 19930401
  164. Developmental plasticity of central auditory pathways : frequency representation after neonatal high frequency hearing loss., Canadian Acoustics, 21号, pp. 129-130, 19930401
  165. Tissue culture of middle ear epithelium using fibroblast-reorganized collagen gels, J Otolaryngol, 22号, pp. 380-384, 19930401
  166. ★, Cochlear function after selective inner hair cell degeneration inducecl by carboplatin., Hearing Research., 75巻, pp. 93-102, 19940401
  167. Carboplatin ototoxicity in the chinchilla : Lesions of the vestibular sensorg epithelium., Acta Otolaryngol. (Stodh)., Suppl巻, 519号, pp. 60-65, 19950401
  168. Induction of selective inner hair cell damage by carboplatin, Scanning Microscopy., 8巻, pp. 97-106, 19940401
  169. Otoucoustieemission amplication after inner inner hair cell damage., Acta Otolaryngol. (Stodh)., 116巻, pp. 374-381, 19960401
  170. Expression of Proliferating cell nuchear antigen in cultured middle ear epithelal cells of the guinea pig., Wound Rep Reg, 4巻, pp. 115-120, 19960401
  171. Recording from the inferior colliculus following cochlear inner hair cell damage, Acta Otolaryngol (Stockh), 116巻, pp. 714-720, 19960401
  172. Degeneration of spiral ganalion cells in the chinchilla after inner hair cell loss induced carboplatin, Audiology Neuro-Otolology, 3巻, 5号, pp. 281-290, 19980401
  173. Transantral ligation of the maxillary artery for refractory epistaxis., Hiroshima J. Med. Sci., 40巻, pp. 109-113, 1991
  174. Experimental evidence of selective axonal regeneration in allogenic and isogenic Y-chambers., Experimental Neurology, 115巻, pp. 260-265, 1992
  175. Developmental plasticity of central auditory pathways: frequency representation after neonatal high frequency hearing loss., Canadian Acoustics, 21巻, pp. 129-130, 1993
  176. The uncinate process. -A histological and morphological study-., Laryngoscope, 104巻, pp. 364-369, 1994
  177. The early development of sino-nasal mucosa., Laryngoscope, 104巻, pp. 850-855, 1994
  178. Selective inner hair cell ototoxicity induced by carboplatin., Laryngoscope, 104巻, pp. 488-493, 1994
  179. The neonatal chinchilla cochlea: morphological and functional study., Scanning Microscopy., 10巻, pp. 889-894, 1996
  180. Localization of nitric oxide synthase in human nasal mucosa with nasal allergy., Acta Otolaryngol (Stockh), Suppl巻, 539号, pp. 65-70, 1998
  181. Increased expression of inducible nitric oxide synthase (iNOS) in nasal epithelial cells in patients with allergic rhinitis., Rhinology Suppl, 15巻, pp. 76-78, 1999
  182. Histamine augments ciliary beat frequency and cell membrane recycling processes in cultured human nasal ethmoidal cells., Rhinology Suppl, 15巻, pp. 126-127, 1999
  183. ★, Increased expression of inducible nitric oxide synthase in nasal epithelial cells in patients with allergic rhinitis., Laryngoscope, 109巻, pp. 2015-2020, 1999
  184. Modulation of Ciliary Activity by Tumor Necrosis Factor-alpha in Cultured Sinus Epithelial Cells. Possible Roles of Nitric Oxide., Hiroshima J. Med. Sci., 49巻, pp. 49-55, 2000
  185. ★, Analysis of local cytokine gene expression in patients with allergic rhinitis treated with carbon dioxide laser surgery., Laryngoscope, 110巻, pp. 1168-1174, 2000
  186. Functional Role of Nitric Oxide in the Nasal Mucosa of the Guinea Pig after Instillation with Lipopolysaccharide, Acta Otolaryngol, 121巻, pp. 510-516, 20010401
  187. Nuclear Factor-Kappa B Activation in the Nasal Polyp Epithelium:Relationship to Local Cytokine Gene Expression, Laryngoscope, 112巻, pp. 53-58, 20020401
  188. Human osteoclast maturation from bone marrow cells co-cultured with osteoblast from ethmoid sinus, Rhinology, 41巻, pp. 49-53, 20030401
  189. Establishment of osteoblast culture from human ethmoidal sinus, Auris Nasus Larynx, 30巻, pp. 45-51, 20030401
  190. Suppression of the Th2 Pathway by Suplatast Tosilate in Patients with Perennial Nasal Allergies, American Journal of Rhinology, 16巻, pp. 329-336, 20020401
  191. Expression and localization of nuclear factor-kappa B subunits in cultured human paranasal sinus mucosal cells, Rhinology, 41巻, pp. 80-86, 20030401
  192. Laser Surgery of the Inferior Turbinate for Allergic Rhinitis with Seasonal Exacerbation:an Acoustic Rhinometry Study, Ann Otol Rhinol Laryngol, 112巻, 5号, pp. 455-460, 20030501
  193. Leukotriene Receptor Antagonist Pranlukast Suppresses Eosinophil Infiltration and Cytokine Production in Human Nasal Mucosa of Perennial Allergic Rhinitis, Ann Otol Rhinol Laryngol , 112巻, 11号, pp. 955-961, 20031101
  194. Comparison of local cytokine gene expression and the distribution of eosinophils and CD4-positive cell subsets in the paranasal sinus mucosa between atopic and non-atopic subjects, Allergology International, 53巻, pp. 135-144, 20040401
  195. Changes in voice-onset time due to auditory feedback through a cochlear implant in the post-lingually deaf., International Proceedings of the 5th Asia Pacific Symposium on Cochlear Implant and Related Sciences, pp. 111-115, 20051128
  196. Bone constructing cells from ethmoid bone may have multilineage differentiation potential ? Preliminary report ?, acta otolaryngologica, Suppl巻, 553号, pp. 1-4, 20040503
  197. Surgical treatment of the inferior turbinate for allergic rhinitis: clinical evaluation and therapeutic mechanisms of the different techniques., Clinical and Experimental Allergy Reviews, 9, 80-85, 2009., 9巻, pp. 18-23, 20090401
  198. ★, Increased nitric oxide production in nasal epithelial cells from allergic patients - RT-PCR analysis and direct imaging by a fluorescence indicator: DAF-2 DA., Clin Exp Allergy , 31巻, pp. 881-888, 20010401
  199. Study of eosinophil activation in nasal mucosa in patients with perennial nasal allergy: Effects of CO2 laser surgery, American Journal of Rhinology, 16巻, 1号, pp. 1-6, 2002
  200. Bone-constructing cells from ethmoid bone may have multilineage differentiation potential: Preliminary report, ACTA OTO-LARYNGOLOGICA, 124巻, pp. 105-108, AUG 2004
  201. Cytokine profile in paranasal effusions in patients with chronic sinusitis using the YAMIK sinus catheter with and without betamethasone, EUROPEAN ARCHIVES OF OTO-RHINO-LARYNGOLOGY, 262巻, 1号, pp. 50-54, 200501
  202. Submucous turbinectomy combined with posterior nasal neurectomy in the management of severe allergic rhinitis: Clinical outcomes and local cytokine changes, AURIS NASUS LARYNX, 34巻, 3号, pp. 319-326, 200709
  203. Vitamin D3, vitamin K2, and warfarin regulate bone metabolism in human paranasal sinus bones, RHINOLOGY, 45巻, 3号, pp. 208-213, 200709
  204. Localization of transient receptor potential channel vanilloid subfamilies in the mouse larynx, ACTA OTO-LARYNGOLOGICA, 128巻, 6号, pp. 685-693, 2008
  205. Bilateral allergic fungal rhinosinusitis caused by Schizophillum commune and Aspergillus niger. A case report, RHINOLOGY, 47巻, 2号, pp. 217-221, 20090701
  206. Glucocorticoids suppress NF-kappa B activation induced by LPS and PGN in paranasal sinus epithelial cells, RHINOLOGY, 47巻, 4号, pp. 413-418, 200912
  207. Expression and distribution of glucocorticoid receptor isoforms in eosinophilic chronic rhinosinusitis, AURIS NASUS LARYNX, 37巻, 6号, pp. 700-707, 201012
  208. ★, Measurements of Nasal Fractional Exhaled Nitric Oxide with a Hand-held Device in Patients with Allergic Rhinitis: Relation to Cedar Pollen Dispersion and Laser Surgery, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 61巻, 1号, pp. 93-100, 201203
  209. ★, Monitoring of oral and nasal exhaled nitric oxide in eosinophilic chronic rhinosinusitis: A prospective study, AMERICAN JOURNAL OF RHINOLOGY & ALLERGY, 26巻, 4号, pp. 255-259, 2012
  210. Expression of Trefoil factor family peptides in the nasal allergic mucosa, RHINOLOGY, 50巻, 4号, pp. 408-416, 201212
  211. Increased exhaled nitric oxide and its oxidation metabolism in eosinophilic chronic rhinosinusitis, AURIS NASUS LARYNX, 40巻, 5号, pp. 458-464, 201310
  212. Guiding principles of subcutaneous immunotherapy for allergic rhinitis in Japan, AURIS NASUS LARYNX, 41巻, 1号, pp. 1-5, 20140201
  213. ★, Comparison of Nasal Nitric Oxide Levels between the Inferior Turbinate Surface and the Middle Meatus in Patients with Symptomatic Allergic Rhinitis, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 63巻, 3号, pp. 475-483, 20140901
  214. 副鼻腔炎の難治化因子, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 74巻, 9号, pp. 587-590, 20020401
  215. 鼻副鼻腔炎の病態の変遷とアレルギーの関与, Monthly Book ENTONI, 17巻, pp. 1-6, 20020401
  216. 臨床医学の展望 耳鼻咽喉科学, 日本医事新報社 日本醫事新報, 4110号, pp. 45-50, 20030201
  217. 小児副鼻腔炎の変遷と社会環境, JOHNS, 19巻, 8号, pp. 1144-1146, 20030801
  218. 鼻副鼻腔炎の一酸化窒素, JOHNS, 19巻, pp. 250-252, 20030201
  219. 粘膜上皮とサイトカイン, JOHNS, 19巻, 3号, pp. 488-490, 20030301
  220. 副鼻腔炎の培養細胞知見, JOHNS, 19巻, 6号, pp. 886-888, 20030601
  221. 副鼻腔手術と一酸化窒素の変化, JOHNS, 19巻, 11号, pp. 1644-1646, 20031101
  222. アレルギー性鼻炎と副鼻腔異常陰影, JOHNS, 19巻, 9号, pp. 1388-1390, 20030901
  223. 副鼻腔炎手術のoutcome study, JOHNS, 19巻, 10号, pp. 1524-1526, 20031001
  224. 副鼻腔陰影に及ぼすエアロゾル療法の効果, 耳鼻咽喉科展望, 45巻, Suppl 1号, pp. 21-25, 20020801
  225. 臨床医学の展望 耳鼻咽喉科学, 日本医事新報社 日本醫事新報, 4166号, pp. 37-42, 20040201
  226. 特集 上気道アレルギーを診る 4.鼻アレルギーの治療 2)外科的治療-適応と術式 (4)鼻腔形態矯正術と後鼻神経手術, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 76巻, Suppl 5号, pp. 85-89, 20040401
  227. 後鼻神経手術 -重症鼻アレルギー症例に対する新たな手術療法-, 日本耳鼻咽喉科学会 専門医通信, 75巻, pp. 10-11, 20030501
  228. 副鼻腔貯留液中のIL-8濃度と慢性副鼻腔炎の改善との関係-YAMIKカテーテルによる検討-, 耳鼻免疫アレルギー, 21巻, 4号, pp. 27-32, 20031201
  229. 点鼻ステロイド粉末製剤用噴霧器の操作性と有用性についての調査, 日本鼻科学会会誌, 43巻, 1号, pp. 18-25, 20040401
  230. 後鼻孔閉鎖症, JOHNS, 20巻, 9号, pp. 1325-1328, 20040401
  231. 気管支喘息における副鼻腔病変―好酸球浸潤からみた病態形成と治療的側面―, アレルギー科, 18巻, 1号, pp. 25-32, 20040401
  232. 微粉砕コンニャクグルコマンナンの臨床応用に関する基礎的検討, 薬理と治療, 34巻, 1号, pp. 97-102, 20060101
  233. 鼻アレルギーに対する手術療法。, 耳鼻臨床, 102巻, pp. 886-887, 20090801
  234. アレルギー性鼻炎に伴う後鼻漏に対するロイコトリエン受容体拮抗薬の臨床的効果。, 日本鼻科学会誌, 48巻, pp. 355-360, 20090401

著書等出版物

  1. 1996年, 慢性前洞炎の診断と治療について。 , 耳鼻咽喉科診療Q&A, 六法出版社, 1996年, 教科書, 共著, 日本語, 夜陣紘治、竹野幸夫 , pp 694-695
  2. 1996年, 鼻・副鼻腔疾患ポケットアトラス, Eisai ENT Network, 1996年, 教科書, 共訳, 日本語, 原田康夫、夜陣紘治、竹野幸夫
  3. 1999年, 耳鼻咽喉科領域 喉頭・頚部編。 , 明解 画像診断の手引き, 国際医学出版, 1999年, 事典・辞書, 共著, 日本語, 福島典之、竹野幸夫、赤尾ゆかり、長谷川淳一
  4. 1999年, 鼻の発生・構造と機能、鼻疾患の一般症状、鼻の検査法。 , NEW耳鼻咽喉科・頭頸部外科学, 南光堂, 1999年, 教科書, 共著, 日本語, 夜陣紘治、竹野幸夫, pp 95-110
  5. 1999年, 28 鼻閉、No. 1 症候。 , CLIENT 21, 中山書店, 1999年, 教科書, 共著, 日本語, 夜陣紘治、竹野幸夫, pp 299-308
  6. 2000年, 扁桃およびアデノイド検査法。, 新図解耳鼻咽喉科検査法。 , 金原出版, 2000年, 教科書, 共著, 日本語, 夜陣紘治、竹野幸夫 , pp 196-209
  7. 2000年, 1発生、No.12鼻。 , CLIENT 21. , 中山書店, 2000年, 教科書, 共著, 日本語, 夜陣紘治、竹野幸夫 , pp 3-16
  8. 2001年, 慢性副鼻腔炎の病態と治療。―粘膜・骨病変の立場から―。, 第102回日本耳鼻咽喉科学会宿題報告 , ニシキプリント, 2001年, 単行本(学術書), 共編著, 日本語, 夜陣紘治
  9. 2001年, NO(一酸化窒素)。, アトピー疾患用語ハンドブック。 , メディカルレビュー社, 2001年, 事典・辞書, 共著, 日本語, 竹野幸夫、川本浩子、夜陣紘治, pp 187
  10. 2001年, 鼻の構造。, アトピー疾患用語ハンドブック。 , メディカルレビュー社, 2001年, 事典・辞書, 共著, 日本語, 竹野幸夫、夜陣紘治 , pp 197-199
  11. 2003年, 鼻アレルギー検査法ABC 第6回 画像検査。, 鼻アレルギーフロンティア, メディカルレビュー社, 2002年, 調査報告書, 共著, 日本語, 竹野幸夫、長田理加、夜陣紘治, pp 28-31
  12. 2003年11月, イラスト手術手技のコツ 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 耳・鼻編 , 東京医学社, 2003年, 11, 単行本(学術書), 共編著, 日本語, 夜陣 紘治 高橋 宏幸 竹野 幸夫 立川 隆治 長谷川 淳一 , 511
  13. 2005年04月, 慢性鼻副鼻腔炎の病態における遷延化因子。, 2005年, 04, 共著, 日本語, 竹野 幸夫
  14. 2007年04月, アレルギー性鼻炎に対する手術療法のEBM。 特集: アレルギー性鼻炎治療のEBM , 2007年, 04, 共編著, 日本語, 竹野 幸夫
  15. 2009年04月, 11)どんな手術があるのか? 手術治療はどんな患者さんに勧めればよいのか? 効果のエビデンスはあるか? , EBM アレルギー疾患の治療。, 中外医薬社, 2009年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 日本語, 竹野 幸夫 , pp252-257
  16. 1989年, 気管腺の分泌サイクルにおけるゴルジ装置の変化。 , Therapeutic Research, 1989年, 共著, 日本語, 竹野 幸夫
  17. 1991年, ラットおよびヒト気管腺の加齢による変化。 , 第11回気道分泌研究会発表要旨及び討論集, 1991年, 共著, 日本語, 竹野 幸夫
  18. 1992年, 実験的内リンパ水腫前庭器の受傷性について ー組織培養による検討ー。 , 厚生省特定疾患前庭機能異常調査研究班 平成3年度研究報告書, 1992年, 共著, 日本語, 竹野 幸夫
  19. 1991年, 線維芽細胞封入コラーゲンゲル法を用いた培養中耳・鼻腔粘膜上皮の粘液線毛輸送機能。 , 第11回気道分泌研究会発表要旨及び討論集, 1991年, 共著, 日本語, 竹野 幸夫
  20. Regenerative processes of cultured nasal and middle ear epithelia. , Abstracts of the International Symposium on Wound Healing and Tissue Regeneration, 共著, 英語, 竹野 幸夫
  21. 1996年, PCNAを指標とした培養鼻腔上皮の増殖過程について -ヒト慢性副鼻腔炎の病的粘膜との比較-。 , Tissue Culture Research Communications, 1996年, 共著, 日本語, 竹野 幸夫
  22. スギ花粉症に対するCO2レーザーによる下鼻甲介粘膜焼灼術の治療効果―鼻腔容積変化率による検討。 , アレルギーの臨床, 共著, 竹野 幸夫
  23. 花粉症と鼻アレルギーをめぐって。 , 巴杏(三次地区医師会報), 単著, 竹野 幸夫
  24. 平成11年度広島市ぜんそく対策臨海学校耳鼻咽喉科(鼻アレルギー)健診結果。学校医だより。 , 広島市医師会だより, 共著, 竹野 幸夫
  25. 副鼻腔粘膜における一酸化窒素合成酵素(NOS)の発現と分布。 , 第19回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会発表抄録集, 共著, 竹野 幸夫
  26. 副鼻腔粘膜におけるサイトカイン発現と好酸球浸潤との関連についての検討。 , 第19回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会発表抄録集, 共著, 竹野 幸夫
  27. 鼻アレルギーの病態と治療。 , 安佐医師会会報, 共著, 竹野 幸夫
  28. 気道における一酸化窒素(NO)の産生とその機能的意義。 , 第1回鎌倉カンファレンス記録集, 共著, 竹野 幸夫
  29. 2014年04月01日, 軟膏、クリームの適応と使い方―鼻。 28 軟膏、クリーム, 耳鼻咽喉科 最新薬物療法マニュアルー選び方・使い方, 中山書店, 2014年, 04, 教科書, 共著, pp 286-289
  30. 2016年, ENT臨床フロンティア 耳鼻咽喉科イノベーション ー最新の治療・診断・疾患概念, 鼻アレルギー。慢性副鼻腔炎と一酸化窒素(NO) , 中山書店, 2016年, 単行本(学術書), 共著, 157-159
  31. 2016年, 急性鼻副鼻腔炎に対するネブライザー療法の手引き 日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会編, 急性鼻副鼻腔炎に対するネブライザー療法の手引き 日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会編, 2016年, 教科書, 共著
  32. 2015年, 5. 鼻洗浄のエビデンスは? -洗浄液の成分、機序を踏まえて- II. 鼻副鼻腔領域 , EBM 耳鼻咽喉科・頭頸部外科の治療 2015-2016, 中外医学社, 2015年, 教科書, 共著, 竹野幸夫、久保田和法
  33. 2016年, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科研修ノート 改訂第2版, 鼻・副鼻腔領域 1)主要な検査 A. 検査の基礎知識 第4章 研修で学ぶべき検査, 診断と治療社, 2016年, 教科書, 共著, 竹野幸夫, 181-185
  34. 2017年, 特集:手術に必要な画像診断, 下鼻甲介手術 特集:手術に必要な画像診断―鼻編, 東京医学社, 2017年, 単行本(学術書), 共著, 819-823
  35. 2017年12月01日, 副鼻腔血瘤腫。 特集:疾患と病態生理, 副鼻腔血瘤腫。 特集:疾患と病態生理, JOHNS, 2017年, 12, 単行本(学術書), 共著, 木村隆弘、竹野幸夫
  36. 2018年05月01日, Q.35 後鼻漏が止まりません。対処法ありますか ?  「耳鼻咽喉科・頭頸部外科」誌 2018年増刊号 特集 「患者・家族への説明ガイド」, 2018年, 5, 単行本(学術書), 共著, 竹野幸夫
  37. 2018年05月, Q.43 毎年花粉症で苦しんでいますが、今年はシーズン前に妊娠2か月と判明しました。どう過ごせばよいですか?  「耳鼻咽喉科・頭頸部外科」誌 2018年増刊号 特集 「患者・家族への説明ガイド」, 2018年, 5, 単行本(学術書), 共著, 久保田和法、竹野幸夫, 132-133
  38. 2018年, 総論 A-14. くしゃみ 今日の耳鼻咽喉科・頭頸部外科治療指針 第4版, 2018年, 単行本(学術書), 共著, 34-35
  39. 2018年, 鼻腔・鼻翼の手術 下鼻甲介手術。 特集: 私はこうしている JOHNS 34(9), 2018年, 単行本(学術書), 共著, 1165-1168
  40. 2018年, 特集「よくある疾患の診かた ―他科からの助言―」「耳鼻咽喉科」(6)副鼻腔炎 , 日本小児医事出版社、東京、, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 共著, 竹野幸夫、服部貴好、國本 優、平川勝洋, 2077-2082
  41. 特集: 鼻閉にまつわる問題とその解決策, 鼻閉の感じ方と心理的側面。 , 2019年, 2019, 単行本(学術書), 共著, 佐々木 淳、竹野幸夫, 4

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 鼻茸を伴う重症慢性副鼻腔炎を対象とするDupilumab第3相試験:SINUS-52における日本人部分集団解析。, 竹野 幸夫1、藤枝 重治2、松根 彰志3、朝子 幹也4、竹内まき子5、高橋 良典5、藤田 浩之5、Nikhil Amin6, Yamo Deniz6, Paul Rowe5, Leda P. Mannent5, 第121回 日本耳鼻咽喉科学会, 2020年10月07日, 通常, 日本語
  2. 領域講習3 「好酸球性上気道炎の診断と治療」「好酸球性副鼻腔炎」, 竹野幸夫, 第1回 日本耳鼻咽喉科学会秋季大会, 2020年11月07日, 招待, 日本語
  3. シンポジウム「小児副鼻腔炎の変遷と最近の治療の現況」 1.疫学的にみた変遷と病態の変化。, 竹野 幸夫, 第33回日本小児耳鼻咽喉科研究会, 1995年12月, 招待, 日本語
  4. シンポジウム「鼻粘膜における防御反射のメカニズム」 線毛上皮における局所防御機能とNO -生理的局所防御反射のdynamics-。, 竹野 幸夫, 第35回鼻科学基礎問題研究会, 1999年09月, 招待, 日本語
  5. シンポジウム「鼻アレルギー ?難治化とその背景-」 副鼻腔炎合併例。, 竹野 幸夫, 第13回日本アレルギー学会春季臨床大会, 2001年05月, 招待, 日本語
  6. シンポジウム「エビデンスに基づいたエアロゾル療法」 副鼻腔陰影に及ぼすエアロゾル療法の効果。, 竹野 幸夫, 第25回日本医用エアロゾル研究会, 2001年09月, 招待, 日本語
  7. イブニングセミナー5 「ロイコトリエンの基礎と臨床―Up to Date―」, 竹野 幸夫, 第51回日本アレルギー学会総会, 2001年10月, 招待, 日本語
  8. シンポジスト、鼻副鼻腔病変の治療 決断のとき ―炎症から腫瘍まで― 「慢性副鼻腔炎のマネージメント(通常症例から難治性症例まで)」, 竹野 幸夫, 第48回日本鼻科学会 第38回鼻科学臨床問題懇話会, 2009年10月, 招待, 日本語, 松江市
  9. シンポジウム21 「One Airway, One Disease」 鼻アレルギー、慢性副鼻腔炎とOne Airway One Disease -一酸化窒素(NO)の産生代謝からみた上下気道の比較-, 竹野 幸夫, 第63回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2013年11月, 招待, 日本語, 東京
  10. ランチョンセミナー 「鼻副鼻腔のアレルギー・炎症の病態と治療 ②副鼻腔炎編」, 竹野 幸夫, 第51回日本鼻科学会, 2012年09月, 招待, 日本語, 千葉市
  11. ランチョンセミナー 「鼻副鼻腔における局所炎症の制御とエアロゾル療法」, 竹野 幸夫, 第36回日本医用エアロゾル研究会, 2012年09月, 招待, 日本語, 下関市
  12. シンポジウム、エアロゾル療法有効性の検証 「局所炎症の制御からみた鼻副鼻腔疾患に対するエアロゾル療法の有効性」, 竹野 幸夫, 第34回日本医用エアロゾル研究会, 2010年09月, 招待, 日本語, 名古屋市
  13. 臨床セミナー9 「鼻閉に対するデイサージェリー」 ―下鼻甲介粘膜焼灼術を中心に―, 竹野 幸夫, 第111回 日本耳鼻咽喉科学会, 2010年05月, 招待, 日本語, 仙台市
  14. 「アレルギー性鼻炎の手術療法 ―下鼻甲介粘膜焼灼術を中心に―」, 竹野 幸夫, Allergic Rhinitis Forum 2014, 2014年11月, 招待, 日本語, 東京
  15. 「後鼻神経切断術」, 竹野 幸夫, 第1回尾道三原耳鼻科疾患研究会, 2012年10月, 招待, 日本語, 尾道市
  16. 「鼻内手術update ―後鼻神経手術とEFSを中心に―」, 竹野 幸夫, Allergic Frontier Summit in HIROSHIMA, 2012年02月, 招待, 日本語, 広島市
  17. シンポジウムIV:気道疾患と一酸化窒素 「慢性副鼻腔炎の病態分類とアルギニン代謝からみた鼻腔一酸化窒素(nasal NO)の測定意義について。」, 竹野幸夫、久保田和法、石野岳志、樽谷貴之、佐々木淳、平川勝洋, 第34回気道分泌研究会, 2015年07月, 招待, 日本語, 札幌市
  18. Educational Lecture "Functional roles of nitric oxide in the inflammatory responses in human nose and paranasal sinuses., Takeno S, Kyung Hee International Rhinologic Symposium (KIRS) 2007, 2007年11月, 招待, 英語
  19. Surgical treatment of the inferior turbinate for allergic rhinitis: clinical evaluation and therapeutic mechanisms of the different techniques., Takeno S, AR Forum 2008, 2008年08月, 招待, 英語
  20. Clinical effectiveness and therapeutic aspects of posterior nasal neurectomy for the treatment of intractable allergic rhinitis., Takeno S, 16th Asian Research Symposium in Rhinology, 2013年08月, 通常, 英語
  21. イブニングセミナー 「上下気道の接点と好酸球性炎症 ―ステロイド療法の新展開― 1. 上気道の観点より」, 竹野幸夫, 第54回日本鼻科学会, 2015年10月, 招待, 日本語, 広島市
  22. パネルディスカッション 「気道炎症バイオマーカーとしての一酸化窒素(NO)と副鼻腔炎病態」 ―エビデンスに基づいた我が国の副鼻腔炎病態の多様性―, 竹野幸夫, 第55回日本鼻科学会, 2016年10月01日, 招待, 日本語
  23. Nasal nitric oxide measurement in the inferior turbinate can be an objective parameter for monitoring the therapeutic effects of intranasal steroids., Takeno S, 第66 回日本アレルギー学会学術大会, 2017年06月16日, 通常, 英語, 東京
  24. Management of intractable nasal hyper reactivity by selective resection of posterior nasal nerves combined with inferior turbinectomy., Takeno S, Rhinology World Congress – Hong Kong 2017, 2017年09月03日, 通常, 英語
  25. 鼻中隔矯正術と後鼻神経切除術, 竹野幸夫, 第118回日本耳鼻咽喉科学会, 2017年05月19日, 招待, 日本語, 日本耳鼻咽喉科学会, 広島
  26. シンポジウム 2. 耳鼻咽喉科領域における新たな診療技術 鼻副鼻腔領域 ―鼻腔機能の客観的検査法とバイオマーカー―, 竹野幸夫, 第118回日本耳鼻咽喉科学会, 2017年05月19日, 招待, 日本語, 日本耳鼻咽喉科学会, 広島
  27. 副鼻腔炎に対するprecision medicine。 一酸化窒素(NO)濃度、胃酸逆流の観点からの病態の相違に応じた治療, 石野岳志、竹野幸夫, 第56回日本鼻科学会, 2017年09月29日, 招待, 日本語, 日本鼻科学会, 甲府
  28. Endoscopic resection of posterior nasal nerves for management of severe allergic rhinitis with intractable nasal hyper-reactivity., Takeno S, Takahara D, Ishino T, Wake M, Wake M, BACO International 2018, 2018年07月04日, 通常, 英語, ENT UK, Manchester
  29. A quantitative radiological analysis of the caudal end deviation treated with hemitransfixion septoplasty in Japan., Nishida M, Hirai T, Fukushima N, Takeno S, 8th Pan Asia Academy of Facial Plastic and Reconstructive Surgery, 2018年08月09日, 招待, 英語
  30. 好酸球性中耳炎・副鼻腔炎の診断と治療, 竹野幸夫, 第119回日本耳鼻咽喉科学会 教育セミナー, 2018年06月01日, 招待, 日本語
  31. 鼻の機能と症状から見た鼻アレルギー対策, 竹野幸夫, 第57回日本鼻科学会 LS, 2018年09月29日, 招待, 日本語
  32. NO測定の生理的意義と臨床応用, 石野岳志、竹野幸夫, 鼻腔生理学フォーラム 2018, 2018年09月29日, 招待, 日本語
  33. 教育セミナー 「好酸球性中耳炎・副鼻腔炎の診断と治療」, 竹野幸夫, 第119回日本耳鼻咽喉科学会, 2018年06月01日, 招待, 日本語
  34. 「鼻と花粉症・アレルギーについて」, 竹野幸夫, 日本アレルギー協会中国支部開催 アレルギー週間の集い 2018 in広島, 招待, 日本語
  35. 「One airwayの視点からみたアレルギーと好酸球性炎症」, 愛知県耳鼻咽喉科医会 尾張地区研修会, 2018年07月21日, 招待, 日本語
  36. 「鼻アレルギー・スギ花粉症の診断治療update」, 第1回日本アレルギー学会 中国四国支部地方会 教育講演, 2019年02月02日, 招待, 日本語
  37. 「好酸球性副鼻腔炎の診断と治療」, 第120回日本耳鼻咽喉科学会 学術講演 , 2019年05月10日, 招待, 日本語
  38. 「鼻副鼻腔の生理機能からみた疾患へのアプローチ」 , 広島市医師会 第133回学術講演会 , 2019年05月15日, 招待, 日本語
  39. Free mucosal grafting of the inferior turbinate facilitates drainage pathways after extended frontal sinus surgeries., Kawasumi T, Ishino T, Takahara D, Nishida M, Horibe Y, Takeno S, 15th Japan-Taiwan Conference on Otolaryngology-Head and Neck Surgery, 2019年12月06日, 通常, 英語, Hakata

受賞

  1. 2004年, 第11回日本鼻科学会賞 受賞 (2004年度), 日本鼻科学会
  2. 1994年, The Best Presentation in the category of Work undertahen by Post-Residency Research Fellows. The Annual Departmental Aca, University of Toronto
  3. 2002年, 第20回広仁会賞 受賞 (2002年度), 広仁会
  4. 1995年, The Best Presentation in the category of Work undertahen by Post-Residency Research Fellows. The Annual Departmental Aca, University of Toronto

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 鼻副鼻腔における一酸化窒素のバイオモニタリングによる好酸球性炎症の解析, 2013年, 2015年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 自然免疫応答からみた好酸球性副鼻腔炎の病態と一酸化窒素産生機構の解析, 2010年, 2012年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 転写因子の制御機構を介した好酸球性副鼻腔炎に対するステロイドの有効性に関する解析, 2006年, 2007年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), アレルギー性炎症が鼻副鼻腔炎の難治化に及ぼす影響についての分子生物学的解析, 2003年, 2004年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 転写因子制御からみた鼻副鼻腔炎における好酸球浸潤機構の解析, 2002年, 2003年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ヒト副鼻腔で産生される一酸化窒素の機能的役割と転写因子による制御機構の解析, 2001年, 2002年
  7. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 生体蛍光プローブを用いた副鼻腔粘膜上皮の薬剤反応性に関する分子生物学的解析, 1998年, 1999年
  8. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 培養中耳粘膜を用いた中耳炎の治療,並びに中耳手術への応用に関する基礎的研究, 1994年, 1994年
  9. 財団法人土谷記念奨学金, 培養副鼻腔粘膜を用いた副鼻腔炎の病態と、手術法への応用に関する基礎的研究。, 1995年, 1995年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 上気道好酸球性炎症における客観的バイオマーカーの確立と治療への応用, 2016年, 2018年
  11. H28年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)), 「好酸球性副鼻腔炎の診療ガイドライン作成と実態調査」(課題番号:28080401), 2016年
  12. 「好酸球性副鼻腔炎の治療指針の作成とその普及に関する研究」
  13.  「上気道好酸球性炎症の表現型解析による精密医療の開発。」, 2019年, 2021年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー感染症学会 学術委員会委員長, 2020年08月
  2. 日本耳鼻咽喉科学会代議員, 2013年04月, 日本耳鼻咽喉科学会
  3. 日本鼻科学会 代議員, 2013年08月, 2017年07月, 日本鼻科学会
  4. 日本耳鼻咽喉科学会 広島県地方部会, 2018年04月