角倉 英明HIDEAKI SUMIKURA

Last Updated :2017/09/01

所属・職名
大学院工学研究科 建築計画学講座 准教授
ホームページ
メールアドレス
sumikurahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島県東広島市鏡山1-4-1 工学部A2棟721教員室
TEL:082-424-7833 FAX:082-424-7839
自己紹介
建築生産・建築構法について研究しています。ごく平たく言えば、建築生産とは、建築のコトとしての成り立ちのことです。建築構法とは、建築のモノとしての成り立ちのことです。すなわち、当研究室の研究領域は、建築のつくり方になります。 次のような大きなテーマを立てて、学生と共に研究に取り組んでいます。 ・小規模生産における建築構法の地域性 ・地域の住宅生産の組織・システムの再編手法 ・建築ストックを活用した地域の生活機能の維持向上 ・建築生産技術のローカライズ及びリバースイノベーション

基本情報

主な職歴

  • 2016年04月01日, 広島大学, 大学院工学研究科 建築学専攻, 准教授
  • 2015年04月01日, 2016年03月31日, 建築研究所, 建築生産研究グループ, 主任研究員
  • 2013年04月01日, 2015年03月31日, 建築研究所, 建築生産研究グループ, 研究員
  • 2008年04月01日, 2013年03月31日, 国土交通省, 国土技術政策総合研究所 住宅研究部, 研究官
  • 2014年04月01日, 2016年03月31日, 千葉大学, 工学部建築学科, 非常勤講師
  • 2011年04月01日, 2016年03月31日, 筑波大学, 理工学群社会工学類, 非常勤講師
  • 2017年04月01日, 建築研究所, 客員研究員

学歴

  • 東京大学, 大学院工学系研究科, 建築学専攻, 日本, 2002年09月, 2008年03月

学位

  • 修士(工学) (芝浦工業大学)
  • 博士(工学) (東京大学)

担当主専攻プログラム

  • 建築プログラム

研究分野

  • 工学 / 建築学 / 都市計画・建築計画

研究キーワード

  • 建築構法
  • 建築生産
  • 地域の住宅生産

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 建築設計製図I
  2. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 建築設計製図II
  3. 2017年, 学部専門, 2ターム, 建築行政
  4. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 建築計画I
  5. 2017年, 学部専門, 1ターム, 建築意匠
  6. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 平和都市・建築論
  7. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 建築計画II
  8. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 建築設計製図IV
  9. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 建築設計製図V
  10. 2017年, 学部専門, 3ターム, 建築生産マネージメント
  11. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 建築企画・計画特論
  12. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), Advanced Architectural Planning and Programming
  13. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 環境・建築設計I
  14. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), Environmental & Architectural Design I
  15. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 建築学講究I
  16. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 建築学講究II
  17. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 建築学セミナーI
  18. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 建築学セミナーII

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 非常時における地域の建設事業者の生産活動-2011年東日本大震災後における地域生産システムの役割に関する研究 その2-, 日本建築学会計画系論文集, 80巻, 715号, pp.1969-pp.1976, 20150930
  2. ★, 岩手県におけるFSB工法の展開と技術改善に関する事例研究-震災後における地域の木造住宅生産に関する研究 その1-, 日本建築学会計画系論文集, 80巻, 718号, pp.2823-pp.2832, 20151230
  3. Study on Utilization of Regional Builders for Post-Disaster Housing : A case study of the construction project of temporary houses in Iwate prefecture after the 2011 Tohoku earthquake and tsunami, Sustainable Society as Our Challenge, pp.567-pp.573, 20141001
  4. 建築生産関連科目の教育項目の選択傾向-高専及び大学の建築生産教育に関する調査研究 その2-, 日本建築学会技術報告集, 20巻, 45号, pp.813-pp.818, 20140620
  5. 建築生産関連科目の教育項目と講義類型の整理-高専及び大学の建築生産教育に関する調査研究-, 日本建築学会技術報告集, 20巻, 44号, pp.387-pp.391, 2014020
  6. ★, 地域型復興住宅の生産者グループにおける木造住宅の生産体制に関する統計的把握, 日本建築学会技術報告集, 19巻, 43号, pp.1155-pp.1160, 20131020
  7. ★, Research and Development on the Database for Visualizing Invisible Parts of Wooden House in Japan, Advanced Materials Research, 778巻, pp.66-pp.73, 20130801
  8. ICタグを活用したコンクリートのトレーサビリティ確保技術-コンクリート中に投入するICタグの必要数量算出手法-, 日本建築学会構造系論文集, 78巻, 688号, pp.1045-pp.1053, 20130630
  9. 岩手県における地域型仮設住宅の統計的把握 -2011年東日本大震災後における地域生産システムの役割に関する研究 その1-, 日本建築学会計画系論文集, 78巻, 684号, pp.309-pp.316, 20130230
  10. トレーサビリティとIC タグ利用に対する生コンクリート製造者の意識に関するアンケート調査, 日本建築学会技術報告集, 18巻, 40号, pp.823-pp.828, 20121020
  11. コンクリートのトレーサビリティ確保のためのICタグの活用技術-コンクリート舗装施工実験-, 日本建築学会技術報告集・第18巻・第40号・829-834・2012年10月, 18巻, 40号, pp.829-pp.834, 20121020
  12. STUDY ON WOODEN TEMPORARY HOUSES SUPPLIED BY LOCAL BUILDERS AFTER THE TOHOKU EARTHQUAKE, World Conference on Timber Engineering, Auckland 2012巻, Architecture and Engineering Case Studies号, pp.71-pp.79, 20120701
  13. コンクリートのトレーサビリティ確保のための ICタグの活用技術-製造時に投入するICタグの評価-, 日本建築学会技術報告集, 18巻, 38号, pp.31-pp.36, 20120220
  14. 大型コンクリート試験体に埋め込んだ各種ICタグの通信性に関する研究, 日本建築学会技術報告集, 17巻, 35号, pp.5-pp.10, 20110220
  15. ★, 資源の選定と調達から見た生産の仕組み―小規模住宅生産者による木造注文住宅の生産システムに関する研究 その2-, 日本建築学会計画系論文集, 76巻, 659号, pp.123-pp.130, 20110130
  16. ★, 地域工務店による木造住宅のメンテナンスサービスの展開に関する考察, 日本建築学会総合論文誌, 9号, pp.91-pp.96, 20110101
  17. ★, 事業形態から見た小規模住宅生産者の特性-小規模住宅生産者による木造注文住宅の生産システムに関する研究 その1-, 日本建築学会計画系論文集, 74巻, 639号, pp.1125-pp.1131, 20090630
  18. 科目「建築生産」の講義内容と教材に関する考察 -高専及び大学の建築生産教育に関する調査研究 その3-, 日本建築学会計画系論文集, 82巻, 733号, pp.827-pp.835, 20170330

著書等出版物

  1. 平成27年度長期優良住宅化リフォーム推進事業シンポジウム, 平成27年度事業における「提案型」の状況報告, (国研)建築研究所, 2016年, 3, その他
  2. 平成26年度長期優良住宅化リフォーム推進事業シンポジウム, 平成26年度事業における「提案型」の状況報告, 建築研究所, 2015年, 3, その他
  3. 「コンクリートのトレーサビリティ確保技術に関する研究委員会」報告書, 日本コンクリート工学会, 2014年, 6, 調査報告書
  4. リジリエントな日本を目指して―建築学会の挑戦―, 日本建築学会巨大災害の軽減と回復力の強いまちづくり特別調査委員会, 2014年, 3, 調査報告書
  5. 平成25年度木のまち・木のいえ担い手育成拠点事業成果報告書, (一社)木を活かす建築推進協議会, 2014年, 3, その他
  6. 科目「建築生産」に関するシラバス計画資料, 建築環境ワークス協同組合, 2014年, 3, 調査報告書
  7. 公共建築物の木造率向上を図るためのコストシミュレーション開発事業報告書, ファインコラボレート研究所, 2014年, 3, 調査報告書
  8. 工業専門高等学校および大学の建築生産教育に関する調査研究報告書, 建築環境ワークス協同組合, 2013年, 3, 調査報告書
  9. 平成24年度木のまち・木のいえ担い手育成拠点事業成果報告書, 一般社団法人木を活かす建築推進協議会, 2013年, 3, 調査報告書
  10. 気候条件の異なる既存住宅における劣化状況等に関する調査業務報告書, アルセッド建築研究所, 2013年, 3, 調査報告書
  11. 既存住宅の設計仕様に関する調査及びデータ整理業務報告書, ファインコラボレート研究所, 2013年, 3, 調査報告書
  12. 2011年東日本大震災に対する国土技術政策総合研究所の取り組み―緊急対応及び復旧・復興への技術支援に関する活動記録―, 国土交通省国土技術政策総合研究所, 2013年, 1, 調査報告書
  13. 災害対応した建築社会システムはいかにあるべきか?, 震災復旧・復興における地域の建築生産システムの動向とあり方, 日本建築学会, 2013年, 8, 単行本(学術書)
  14. 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震被害調査報告, 国土交通省国土技術政策総合研究所, 2012年, 3, 調査報告書
  15. 平成23年度木のまち・木のいえ担い手育成拠点事業成果報告書, 一般社団法人木を活かす建築推進協議会, 2012年, 3, 調査報告書
  16. 既存住宅における材料・構法及び劣化状況に関する調査業務報告書, アルセッド建築研究所, 2012年, 3, 調査報告書
  17. 災害復旧・復興に向けた地域工務店等の建築活動に関する木調査業務報告書, 建築環境ワークス協同組合, 2012年, 3, 調査報告書
  18. 東北地方における住宅建設に適用可能な地域資源の供給量に係る基礎調査業務報告書, ファインコラボレート研究所, 2012年, 2, 調査報告書
  19. 住宅と木材, 震災復興初期における地域の工務店による住宅再建の現状と課題, 日本住宅・木材技術センター, 2012年, 11, 単行本(一般書)
  20. 建築雑誌, 東日本大震災が地域工務店の復旧・復興活動に及ぼした作用, 日本建築学会, 2012年, 5, 単行本(学術書)
  21. 平成22年度木のまち・木のいえ担い手育成拠点事業成果報告書, 一般社団法人木を活かす建築推進協議会, 2011年, 3, 調査報告書
  22. 戸建木造住宅の長寿命化のための改修・流通に関する調査・整理業務報告書, アルセッド建築研究所, 2011年, 2, 調査報告書
  23. 建設機械, コンクリート偽装防止に向けて:ICタグを活用したトレーサビリティ確保技術, 日本工業出版, 2011年, 1, 単行本(一般書)
  24. 林産地における建築用製材の地域内供給プロセスに関する基礎調査業務報告書, ファインコラボレート研究所, 2010年, 12, 調査報告書
  25. コンクリート工場におけるコンクリート製造に要する作業に係るアンケート調査業務報告書, ファインコラボレート研究所, 2010年, 12, 調査報告書
  26. ICタグを用いた生コンクリート製造の生産性分析のための調査検討業務報告書, ファインコラボレート研究所, 2010年, 3, 調査報告書
  27. 戸建て木造住宅の長寿命化のための維持管理等指針に係る調査検討業務報告書, 日本住宅木材技術センター, 2010年, 2, 調査報告書
  28. 住宅リフォーム業者のための知っておきたいリフォーム関係法令の手引き, 財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター, 2009年, 6, その他
  29. 戸建木造住宅の長寿命化のための設計・施工・監理等指針に係る調査検討業務報告書, 日本住宅・木材技術センター, 2009年, 2, 調査報告書
  30. 小規模な木造住宅生産者の存在形態と将来構造に関する研究, NPO法人建築技術支援協会, 2006年, 10, 調査報告書
  31. 「戸建住宅の品確法の普及促進に関する研究」報告書, トステム建材産業振興財団, 2005年, 11, 調査報告書
  32. 2017年05月01日, 東日本大震災合同調査報告  建築編9 社会システム/農村計画, 地域の住宅生産システムの役割, 丸善出版株式会社, 2017年, 2017, 単行本(学術書), 共著, 978-4818920453, 396, 13

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 既存建物を維持管理・利活用し続けるための地域の建築生産システムに関する基礎研究, 2010年, 2012年
  2. 科学研究費助成事業, 瀬戸内海の島嶼部における木造建築生産の20世紀以降の変化とそのメカニズム, 2017年, 2019年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 公的賃貸住宅長寿命化モデル事業評価委員会, 2014年11月, 2016年03月, 国土交通省
  2. 長期優良住宅化リフォーム推進事業 生産体制・流通専門委員会, 2014年06月, 2015年03月, 建築研究所
  3. スマートウェルネス住宅研究開発委員会住宅産業部会, 2014年05月, 2015年03月, 日本サステナブル建築協会
  4. 公共建築物の木造率向上を図るためのコストシミュレーション開発事業検討委員会, 2013年07月, 2014年03月, ファインコラボレート研究所
  5. スマートウェルネス住宅研究開発委員会住宅産業部会情報管理WG, 2013年07月, 2015年03月, 日本サステナブル建築協会
  6. スマートウェルネス住宅研究開発委員会住宅産業部会改修WG, 2013年07月, 2015年03月, 日本サステナブル建築協会
  7. 被災地における若手大工技能者の育成実行委員会, 2013年04月, 2015年03月, NPO法人匠の右腕
  8. 工業専門高等学校及び大学における建築生産教育に関する調査研究委員会, 2012年07月, 2014年03月, 建築環境ワークス協同組合
  9. コンクリートのトレーサビリティ確保技術に関する研究委員会, 2012年04月, 2014年06月, 日本コンクリート工学会
  10. 巨大災害の軽減と回復力の強いまちづくり特別調査委員会 巨大災害時の住の確保と生活再建WG, 2012年04月, 2014年03月
  11. 木造住宅の品質向上支援技術検証WG, 2011年12月, 2012年03月, 建築研究所
  12. 国土交通省総合技術開発プロジェクト「中古住宅流通促進・ストック再生に向けた既存住宅等の性能評価技術の開発」 材料構法の把握手法検討WG, 2011年11月, 2015年02月, 国土交通省
  13. 国土交通省総合技術開発プロジェクト「中古住宅流通促進・ストック再生に向けた既存住宅等の性能評価技術の開発」劣化調査・検査法検討WG, 2011年11月, 2015年02月, 国土交通省
  14. 木造建築物取り組み状況調査委員会, 2011年09月, 2012年03月, 木を活かす建築推進協議会
  15. 木のまち・木のいえ担い手育成拠点アドバイザー会議, 2010年11月, 2014年03月, 木を活かす建築推進協議会
  16. 国土交通省総合技術開発プロジェクト「社会資本の予防保全的管理のための点検・監視技術の開発」床下木質部材の劣化診断手法WG, 2010年09月, 2013年03月, 国土交通省
  17. 住宅種別に応じたエネルギー消費性能評価法の開発 戸建て住宅WG, 2010年09月, 2013年03月, 市浦ハウジング&プランニング
  18. 住宅種別に応じたエネルギー消費性能評価法の開発 集合住宅WG, 2010年09月, 2013年03月, 市浦ハウジング&プランニング
  19. 木のまち・木のいえ担い手育成拠点評価委員会, 2010年07月, 2014年03月, 木を活かす建築推進協議会
  20. 木造住宅の施工管理・維持保全の評価に関する作業SWG, 2010年07月, 2011年03月, 建築研究所
  21. 日本建築学会大会(関東)実行委員会, 2010年07月, 2011年09月, 日本建築学会
  22. 木質資源循環型住宅建設構法開発研究委員会, 2010年05月, 2010年10月, 建築研究所
  23. ビルダーTF, 2010年04月, 9999年99月, 一般社団法人HEAD研究会
  24. 人材育成WG, 2009年11月, 2011年03月, 日本住宅・木材技術センター
  25. 木造長期優良住宅の総合的検証委員会耐久性分科会, 2009年09月, 2011年03月, 国土交通省
  26. CEDEXMファイルに必要な交換データの表示項目と条件に関する検討委員会, 2009年07月, 2010年02月, 特定非営利活動法人シーデクセマ評議会
  27. 日本建築学会関東支部建築生産専門研究委員会, 2009年04月, 2016年06月, 日本建築学会
  28. 日本建築学会関東支部研究運営員会, 2009年04月, 2016年03月, 日本建築学会
  29. 国土交通省総合技術開発プロジェクト「多世代利用型超長期住宅及び宅地の形成管理技術の開発」木造技術WG, 2008年10月, 2012年03月, 国土交通省
  30. 「建築基準と規制システム」に係る研修, 2008年05月, (独)国際協力機構
  31. 施設マネジメントキャンパス総合整備計画基本調査, 2003年07月, 2004年03月, 芝浦工業大学
  32. 住宅リフォーム業者のための間違えやすい法律チェックポイントの手引き作成委員会, 2008年10月, 2009年03月
  33. 長期優良住宅化リフォーム推進事業 生産体制・流通専門委員会, 2016年05月, 2017年03月, 建築研究所
  34. 魅力ある建築物創造小委員会, 2017年04月, 日本建築学会
  35. 日本建築学会中国支部建築計画委員会, 2017年04月, 9999年99月, 日本建築学会
  36. 2017年度日本建築学会大会(中国)大会委員会, 2016年08月, 2017年10月, 日本建築学会
  37. 2017年度日本建築学会大会(中国)実行委員会, 2016年08月, 2017年10月, 日本建築学会
  38. 2017年度日本建築学会大会(中国)大会実行委員会事業部会, 2016年08月, 2017年10月, 日本建築学会
  39. 長期優良住宅化リフォーム推進事業 生産体制・流通専門委員会, 2017年05月, 2018年03月, 建築研究所
  40. 長期優良住宅化リフォーム推進事業 生産体制・流通専門委員会, 2015年05月, 2016年03月, 建築研究所

学術会議等の主催

  1. 2017年度日本建築学会大会(中国), 2016年08月, 2017年10月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 平成27年度国立研究開発法人建築研究所講演会, 建築研究所, 2016年/03月/04日, 講師, 講演会, 研究者
  2. 平成27年度長期優良住宅化リフォーム推進事業シンポジウム, 建築研究所, 2016年/02月/20日, 2016年/03月/05日, 講師, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 企業
  3. 平成26年度長期優良住宅化リフォーム推進事業シンポジウム, 建築研究所, 2015年/02月/25日, 2015年/03月/05日, 講師, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 企業
  4. 現代ビジネスフォーラム「あなたは誰に家を作ってもらいますか?」, 京都橘大学, 2013年/10月/03日, 講師, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 社会人・一般
  5. 商圏のとらえ方~地域生活の潜在ニーズ・小規模企業の強さと楽しさ~, 一般社団法人HEAD研究会, 2013年/06月/27日, 司会, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 研究者
  6. コンクリートトレーサビリティアプリケーション検証実験, 国土交通省国土技術政策総合研究所, 2011年/04月/11日, その他, 施設一般公開, 研究者
  7. 木のまち・木のいえリレーフォーラム イン東京, 職業能力開発大学校東京建築カレッジ, 2009年/12月/12日, その他, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 社会人・一般
  8. シンポジウム 震災復興・テーマの変遷~震災復興を通して考える、社会の在り方の移り変わり~, 日本建築学会東北支部, 2016年/05月/21日, パネリスト, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 研究者
  9. 記念シンポジウム 若者そして未来を育てる, 2017年度日本建築学会大会(中国)実行委員会, 2017年/09月/02日, 2017年/09月/02日, 広島国際会議場, 企画, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 社会人・一般