岩本 剛Takeshi Iwamoto

Last Updated :2019/12/02

所属・職名
大学院工学研究科機械システム工学講座准教授
ホームページ
メールアドレス
iwamotomec.hiroshima-u.ac.jp
自己紹介
主な研究分野は機械材料・材料力学である.特に,固体力学,連続体力学について,計算および実験力学に基づいた研究を実施している.界面の移動を考慮した相変態を伴う材料のマルチスケールモデリング,ならびに実験による妥当性の証明を行ってきているが,最近,衝撃工学分野にも興味があり,この応用先として,航空宇宙分野や自動車産業を対象に研究を遂行している.

基本情報

主な職歴

  • 2007年04月01日, 2009年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究科機械システム工学専攻, 助教
  • 1995年04月01日, 2001年03月31日, 広島大学, 工学部第一類(機械系), 助手
  • 2001年04月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究科機械システム工学専攻, 助手
  • 2009年04月01日, 広島大学, 大学院工学研究院機械システム・応用力学部門, 准教授
  • 2005年02月15日, 2006年02月14日, 仏国メッツ大学, 機械および生産工学高等研究所, 在外研究員
  • 2008年04月01日, 2018年09月30日, 大島商船高等専門学校, 情報工学科, 非常勤講師
  • 2012年09月01日, 2012年09月30日, 仏国国立メッツ工学院, 招聘教授
  • 2016年03月10日, 2016年03月22日, 中国西北工業大学, 航空学院, 招聘教授
  • 2017年10月01日, 2018年03月31日, 京都大学, 大学院エネルギー科学研究科, 客員准教授

学歴

  • 神戸大学, 工学研究科, 機械工学, 日本, 1993年04月, 1995年03月
  • 神戸大学, 工学部, 機械工学, 日本, 1991年04月, 1993年03月

学位

  • 博士(工学)(神戸大学)
  • 修士(工学)(神戸大学)

教育担当

  • 【学士課程】 工学部 : 第一類(機械・輸送・材料・エネルギー系)
  • 【博士課程前期】 工学研究科 : 機械システム工学専攻
  • 【博士課程後期】 工学研究科 : 機械システム工学専攻

担当主専攻プログラム

  • 機械システム工学系プログラム

研究分野

  • 工学 / 機械工学 / 機械材料・材料力学
  • 工学 / 材料工学 / 構造・機能材料
  • 工学 / 総合工学 / 航空宇宙工学

研究キーワード

  • 反応-拡散方程式
  • ひずみおよび応力誘起マルテンサイト変態
  • 組織形成
  • 時間・空間マルチスケールモデリング
  • 連続体変態熱・力学
  • 計算・実験力学
  • 界面動力学
  • 変態誘起塑性
  • 衝撃材料試験

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 2ターム, 機械システムの設計と最適化
  2. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 機械工学実験I
  3. 2019年, 学部専門, 1ターム, 材料力学I
  4. 2019年, 学部専門, 4ターム, 計算力学
  5. 2019年, 学部専門, 3ターム, 材料力学II
  6. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), Mechanical Engineering Seminar
  7. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 機械システム工学セミナーIIB
  8. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 固体力学特論
  9. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 通年, 機械システム工学講究III
  10. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 機械システム工学講究IV
  11. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 通年, 機械システム工学講究V
  12. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 機械システム工学講究V
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 機械システム工学講究IA
  14. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 機械システム工学講究IB
  15. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 機械システム工学講究IIA
  16. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 機械システム工学講究IIB
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 機械システム工学セミナーIA
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 機械システム工学セミナーIB
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 機械システム工学セミナーIIA

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. TRIP鋼の変形挙動の数値シミュレーション, 日本機械学会論文集A編, 575号, pp. 1652-1659, 19940401
  2. CONSTITUTIVE MODELING OF TRIP STEEL AND ITS APPLICATION TO THE IMPROVEMENT OF MECHANICAL-PROPERTIES, INTERNATIONAL JOURNAL OF MECHANICAL SCIENCES, 37巻, 12号, pp. 1295-1305, 19951201
  3. TRIP鋼の変形過程のシミュレーション, 塑性と加工, 424号, pp. 492-501, 19960401
  4. TRIP鋼の変形様式依存性を表現した構成モデルの定式化, 塑性と加工, 454号, pp. 1144-1149, 19980401
  5. Investigation on deformation mode dependence of strain-induced martensitic transformation in TRIP steels and modelling of transformation kinetics, INTERNATIONAL JOURNAL OF MECHANICAL SCIENCES, 40巻, 2-3号, pp. 173-182, 19980301
  6. Combined multibody dynamics of link system of wheel loader and control circuit of hydraulic pump, Theoretical and Applied Mechanics, 48巻, pp. 261-275, 19990201
  7. オーステナイト相結晶粒径の効果を考慮したTRIP鋼の変形挙動の構成モデル, 材料, 9号, pp. 997-1002, 19990401
  8. TRIP鋼の構成式の同定と機械的性質改善のための応用, 日本機械学會論文集. A編, 66巻, 642号, pp. 269-277, 20000225
  9. 三次元 in vivo ヒフ力学物性同定システム, バイオメカニズム, pp. 17-30, 20000401
  10. Ductility and brittleness simulation during micro void evolution process of ductile material using rigid plastic FEM based on Gurson type yield function, ADVANCES IN ENGINEERING PLASTICITY, PTS 1-2, 177-1巻, pp. 213-218, 2000
  11. Fraction tensor measured from micrographs for evaluating the geometrical orientation of martensite in TRIP steel, MATERIALS SCIENCE RESEARCH INTERNATIONAL, 6巻, 3号, pp. 173-179, 200009
  12. Computational simulation of the dependence of the austenitic grain size on the deformation behavior of TRIP steels, INTERNATIONAL JOURNAL OF PLASTICITY, 16巻, 7-8号, pp. 791-804, 2000
  13. Computational prediction of deformation behavior of TRIP steels under cyclic loading, INTERNATIONAL JOURNAL OF MECHANICAL SCIENCES, 43巻, 9号, pp. 2017-2034, 200109
  14. Identification of constitutive equation for TRIP steel and its application to improve mechanical properties, JSME INTERNATIONAL JOURNAL SERIES A-SOLID MECHANICS AND MATERIAL ENGINEERING, 44巻, 4号, pp. 443-452, 200110
  15. 表情筋の能動・受動特性の in vivo 物性同定システム, 日本機械学会論文集A編, 669号, pp. 730-737, 20020401
  16. 上腕骨-肩複合体系による座位-立位補助運動の筋駆動多体動力学解析, バイオメカニズム, pp. 253-266, 20020401
  17. Computational simulation on deformation behavior of CT specimens of TRIP steel under mode I loading for evaluation of fracture toughness, INTERNATIONAL JOURNAL OF PLASTICITY, 18巻, 11号, pp. 1583-1606, 2002
  18. オーステナイト相結晶粒径制御によるTRIP鋼の塑性加工性改善の数値シミュレーション, 天田財団 フォームテックレビュー, 1号, pp. 52-57, 20030101
  19. Micro-morphology generation in in-vessel and twin-roll castings under magnetic excitation by the cellular automaton approach, KEY ENGINEERING MATERIALS, 233-2巻, pp. 521-528, 20030101
  20. Micro damage evolution analysis of target impacted by projectile, JSME INTERNATIONAL JOURNAL SERIES A-SOLID MECHANICS AND MATERIAL ENGINEERING, 46巻, 2号, pp. 109-118, 200304
  21. Assessment of geometrical orientation of martensitic particles in TRIP steel by Fourier and wavelet transformation image analysis, ENGINEERING PLASTICITY FROM MACROSCALE TO NANOSCALE PTS 1 AND 2, 233-2巻, pp. 627-636, 2003
  22. Finite element simulation of martensitic transformation in single-crystal TRIP steel based on crystal plasticity theory with cellular automata approach, ADVANCES IN ENGINEERING PLASTICITY AND ITS APPLICATIONS, PTS 1 AND 2, 274-276巻, pp. 679-684, 2004
  23. Green 関数を用いた TRIP 鋼の巨視的構成式とその変形挙動の数値シミュレーション, 材料, 12号, pp. 1365-1370, 20041201
  24. Multiscale computational simulation of deformation behavior of TRIP steel with growth of martensitic particles in unit cell by asymptotic homogenization method, INTERNATIONAL JOURNAL OF PLASTICITY, 20巻, 4-5号, pp. 841-869, 2004
  25. 静的曲げモーメントを受ける同種材料段付き重ね合わせ接着継手の三次元有限要素応力解析と強度推定, 日本接着学会誌, 44巻, 1号, pp. 4-11, 20070101
  26. 曲げモーメントを受ける層内に円形弾性充填物を有する突合せ接着継手の二次元応力解析, 日本接着学会誌, 44巻, 2号, pp. 41-52, 20070201
  27. The FE-based level-set method with variational approach introducing penalty method to remove re-initialization process, Proc. Plasticity 2007, pp. CD-ROM, 20070601
  28. Exclusive measuring system of constitutive parameters for living soft tissue and application to facial aging problems, Modelling in Medicine and Biology VII, Proc. BIOMEDICINE 2007, pp. 255-274, 20070801
  29. A numerical investigation of Interface dynamics during martensitic transformation in a shape memory alloy using the level-set method, Key Engineering Materials, 340 - 341巻, pp. 1199-1204, 20070401
  30. Self-excitation analyses of vocal chord under breathing flow and frequency change by muscle activation, Fluid Structure Interaction and Moving Boundary Problems IV, Proc. FLUID STRUCTURE INTERACTION 2007, pp. 321-336, 20070901
  31. 単結晶TRIP鋼の変態-結晶塑性構成式の定式化とセルオートマトン法による変態・変形挙動の数値シミュレーション, 材料, 57巻, 3号, pp. 219-224, 20080201
  32. AN EXPERIMENTAL STUDY ON THE IMPACT DEFORMATION AND THE STRAIN RATE SENSITIVITY IN SOME STRUCTURAL ADHESIVES, INTERNATIONAL JOURNAL OF MODERN PHYSICS B, 22巻, 31-32号, pp. 5590-5595, 20081230
  33. A STUDY ON IMPACT DEFORMATION AND TRANSFORMATION BEHAVIOR OF TRIP STEEL BY FINITE ELEMENT SIMULATION AND EXPERIMENT, INTERNATIONAL JOURNAL OF MODERN PHYSICS B, 22巻, 31-32号, pp. 5985-5990, 20081230
  34. A finite element-based level-set method of an interface motion driven by a diffusion field: Application to a phase transformation problem, COMPUTATIONAL MATERIALS SCIENCE, 44巻, 2号, pp. 792-801, 2008
  35. Two-Dimensional Stress Analysis of Adhesive Butt Joints Filled With Elastic Circular Fillers in the Adhesive Subjected to Static Tensile Loadings, JOURNAL OF ADHESION SCIENCE AND TECHNOLOGY, 23巻, 2号, pp. 195-214, 2009
  36. Stress analysis and strength evaluation of scarf adhesive joints subjected to static tensile loadings, INTERNATIONAL JOURNAL OF ADHESION AND ADHESIVES, 30巻, 6号, pp. 387-392, 201009
  37. Experimental and computational investigations on strain rate sensitivity and deformation behavior of bulk materials made of epoxy resin structural adhesive, INTERNATIONAL JOURNAL OF SOLIDS AND STRUCTURES, 47巻, 2号, pp. 175-185, 20100115
  38. Bending deformation behaviour of TRIP steel at several deflection rates, MATERIALS RESEARCH INNOVATIONS, 15巻, pp. S122-S125, 201102
  39. Study on capturing transformation-thermomechanical behaviour of TRIP steel during impact compression, MATERIALS RESEARCH INNOVATIONS, 15巻, pp. S131-S134, 201102
  40. Effects of radial inertia and end friction in specimen geometry in split Hopkinson pressure bar tests: A computational study, MECHANICS OF MATERIALS, 51巻, pp. 97-109, 2012
  41. A study on rate sensitivity of bending deformation in TRIP steel by experimental and computational approaches, Proceedings of the 8th International Symposium on Impact Engineering, CD-ROM巻, 20130902
  42. An experimental study on rate sensitivity of J-integral and its evaluation by small punch test for TRIP steel, Engineering Transactions, 61巻, 2号, pp. 119-136, 2013
  43. オーステナイト系ステンレス鋼におけるエネルギー吸収特性の速度依存性のJ積分による実験的評価, 鉄と鋼, 99巻, 4号, pp. 322-328, 20130410
  44. 機械工学年鑑5. 材料力学5.2.2 粘弾塑性力学, 日本機械学会誌, 116巻, 1137号, pp. 523-540, 20130801
  45. ホプキンソン棒法における円柱状試験片の細長比および応力棒との直径比が応力評価へ及ぼす影響-有限要素シミュレーションによる検討-, 実験力学, 13巻, 3号, pp. 239-243, 20130901
  46. A study on rate sensitivity of impedance in TRIP steel during deformation at various strain rate under two kinds of deformation mode, Applied Mechanics and Materials, 566巻, pp. 140-145, 20140616
  47. A study on reduction of friction in impact compressive test based on the split Hopkinson pressure bar method by using a hollow specimen, Applied Mechanics and Materials, 566巻, pp. 548-533, 20140616
  48. Effect of deformation rate on bending deformation behavior of Fe-based shape memory alloy, Applied Mechanics and Materials, 566巻, pp. 116-121, 20140616
  49. An estimation of joint strength by using Fe-based shape memory alloy subjected to bending deformation at various deformation rate, Proceedings of the 12th Asia-Pacific Conference on Engineering Plasticity and Its Applications, CD-ROM巻, 20140906
  50. An evaluation of energy absorption under three-point bending deformation at higher deflection rate for TRIP steel, Proceedings of the 12th Asia-Pacific Conference on Engineering Plasticity and Its Applications, CD-ROM巻, 20140906
  51. An evaluation on strain dependency and strain rate sensitivity of martensitic transformation generated in TRIP steel by measurement of magnetic permeability, Proceedings of the 12th Asia-Pacific Conference on Engineering Plasticity and Its Applications, CD-ROM巻, 20140906
  52. Verification of Taylor impact test by using force sensing block, Proceedings of the 12th Asia-Pacific Conference on Engineering Plasticity and Its Applications, CD-ROM巻, 20140906
  53. Fe-28Mn-6Si-5Cr形状記憶合金における応力誘起マルテンサイト変態に対するキネティクスモデルの提案, 鉄と鋼, 101巻, 7号, pp. 28-33, 20150701
  54. Fe-28Mn-6Si-5Cr形状記憶合金の曲げ変形挙動における変形速度依存性の実験的評価, 鉄と鋼, 101巻, 7号, pp. 50-55, 20150701
  55. An experimental investigation on rate sensitivity of fracture-mechanical characteristics in 304 austenitic stainless steel under bending deformation, ISIJ International, 55巻, 12号, pp. 2661-2666, 20151207
  56. An experimental investigation of energy absorption in TRIP steel under impact three-point bending deformation, Proceedings of The 11th International Conference on the Mechanical and Physical Behaviour of Materials under Dynamic Loading, pp. 02004 – p. 1-02004 – p. 6, 20150907
  57. 3D finite element simulation of effects of deflection rate on energy absorption for TRIP steel, Proceedings of The 11th International Conference on the Mechanical and Physical Behaviour of Materials under Dynamic Loading, pp. 04012 – p. 1-04012 – p. 6, 20150907
  58. An experimental study on rate-sensitive tensile deformation behaviour of Fe-based shape memory alloy, Proceedings of the 10th European Symposium on Martensitic Transformations, 20151201
  59. An Experimental Investigation on Rate Sensitivity of Fracture-Mechanical Characteristics in 304 Austenitic Stainless Steel under Bending Deformation, ISIJ INTERNATIONAL, 55巻, 12号, pp. 2661-2666, 20151207
  60. TRIP鋼の変形過程のシミュレーション, 塑性と加工, 37巻, 424号, pp. 492-501, 19960520
  61. A STUDY ON IMPACT DEFORMATION AND TRANSFORMATION BEHAVIOR OF TRIP STEEL BY FINITE ELEMENT SIMULATION AND EXPERIMENT, INTERNATIONAL JOURNAL OF MODERN PHYSICS B, 22巻, 31-32号, pp. 5985-5990, 2008
  62. A computational investigation on small punch test for evaluating fracture toughness of TRIP steel at higher deformation rate, Key Engineering Materials, 725巻, pp. 66-71, 2017
  63. An experimental evaluation of energy absorption of TRIP steel by small punch test, Key Engineering Materials, 725巻, pp. 60-65, 2017
  64. A measurement of volume resistivity in Fe-based shape memory alloy under tensile deformation and its evaluation of strain rate sensitivity, Key Engineering Materials, 725巻, pp. 72-76, 2017
  65. A study on tensile deformation behavior in Fe-based shape memory alloy by rate sensitive transformation kinetics model, Key Engineering Materials, 725巻, pp. 77-81, 2017
  66. An experimental study on axial joint strength made of Fe-28Mn-6Si-5Cr shape memory alloy at various deformation speeds, Key Engineering Materials, 725巻, pp. 99-104, 2017
  67. An Experimental Study on Strain Rate Sensitivity of Strain-induced Martensitic Transformation in SUS304 by Real-time Measurement of Relative Magnetic Permeability, STEEL RESEARCH INTERNATIONAL, 88巻, 12号, pp. 1700022-1-1700022-10, 201712
  68. ★, An evaluation of fracture properties of type-304 austenitic stainless steel at high deformation rate using the small punch test, INTERNATIONAL JOURNAL OF MECHANICAL SCIENCES, 144巻, pp. 249-261, 201808
  69. ★, Finite Element Analysis on a Newly-Modified Method for the Taylor Impact Test to Measure the Stress-Strain Curve by the Only Single Test Using Pure Aluminum, METALS, 8巻, 8号, pp. 642-1-642-16, 201808
  70. Finite element simulation on small punch test for an evaluation of J-integral, Lecture Notes in Mechanical Engineering, -巻, -号, pp. 17-18, 2018
  71. Comparison of stress-induced martensitic transformation under tension and compression in Fe-28Mn-6Si-Cr shape memory alloy, Proc. DYMAT2018, EPJ Web of Conferences, 183巻, pp. 02025 – p.1-02025 – p.5, 2018
  72. ★, A new method to measure volume resistivity during tension for strain rate sensitivity in deformation and transformation behavior of Fe-28Mn-6Si-5Cr shape memory alloy, INTERNATIONAL JOURNAL OF MECHANICAL SCIENCES, 146巻, pp. 445-454, OCT 2018
  73. A Computational Simulation of Martensitic Transformation in Polycrystal TRIP Steel by Crystal Plasticity FEM with Voronoi Tessellation, Key Engineering Materials, 794巻, pp. 71-77, 20190222
  74. Deformation Behavior of the Alloys under Simple and Combined Loading Conditions at Various Deformation Rate, Metals, 8巻, 9号, pp. 733-1-733-3, 20180918

著書等出版物

  1. 2007年01月, 機械工学便覧β8編「生体工学」 , 日本機械学会, 2007年, 01, 単行本(学術書), 共編著, 蔦 紀夫 他64名 , 9784888981484, 229
  2. 2013年09月20日, 材料力学, 朝倉書店, 2013年, 教科書, 共著, 日本語, 中井善一;三村耕司;坂上隆英;多田直哉;岩本剛;田中拓
  3. 2015年12月, From Creep Damage Mechanics to Homogenization Methods - A Liber Amicorum to Celebrate the Birthday of Nobutada Ohno, Review on Spatio-Temporal Multiscale Phenomena in TRIP Steels and Enhancement of Its Energy Absorption, Springer, 2015年, 12, 単行本(学術書), 共編著, English, Takeshi IWAMOTO,Hang Thi Pham, 601, 143-161
  4. 2017年03月01日, 2017年, 03, 単行本(学術書), 編著, English, 978-3-319-53305-6, 241

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. レベル集合法を用いた固体材料における;相変態の数値シミュレーション, 岩本 剛, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年09月, 招待, 日本語
  2. TRIP鋼の変形挙動の有限要素シミュレーション, 岩本 剛, 日本塑性加工学会第43回塑性力学分科会, 1993年10月, 招待, 日本語
  3. TRIP 鋼の構成式と数値シミュレーションによる機械的性質改善の検討, 岩本 剛, 日本材料学会第47期第8回塑性工学部門委員会, 1999年03月, 招待, 日本語
  4. メッツ大学における材料力学教育・研究, 岩本 剛, 第221回材料力学談話会, 2006年07月, 招待, 日本語
  5. Recent topics on the multi-scale simulation and experimentation of TRIP steel, 岩本 剛, 日本材料学会第52期第7回塑性工学部門委員会, 2004年02月, 招待, 日本語
  6. TRIP 鋼の変形挙動のマルチスケール解析 -実験と計算の両側面から-, 岩本 剛, 日本材料学会第53期第3回塑性工学部門委員会, 2004年11月, 招待, 日本語
  7. TRIP 鋼のマルチスケールメカニクス, 岩本 剛, 日本材料学会第53期第6回塑性工学部門委員会, 2004年12月, 招待, 日本語
  8. TRIP 鋼の構成式と数値シミュレーションによる機械的性質改善の検討, 岩本 剛, 日本熱処理技術協会, 1999年12月, 招待, 日本語
  9. 電磁気的性質の測定による相変態・熱・力学現象の明確化, 2014年06月20日, 招待, 日本語, 日本材料学会塑性工学部門委員会
  10. 鉄系形状記憶合金における曲げ変形挙動の速度依存性, 岩本剛, 錦織恵造,藤田一輝, 2014 SMA シンポジウム, 2014年11月14日, 通常, 日本語, 形状記憶合金協会, アクロス福岡
  11. 付加的な微視構造の変化を考慮した結晶塑性理論における変形勾配の分解についての検討, 岩本 剛, 寺澤 龍, 第63期学術講演会, 2014年05月18日, 通常, 日本語, 日本材料学会, 福岡大学
  12. Recent experimental study on dynamic behavior of TRIP steels, 岩本 剛, 2012年09月22日, 招待, 英語, 靴国メッツ工学院, 仏国メッツ市
  13. Recent progress on an estimation of rate sensitivity in the metallic materials with mechanically-induced phase transition and its related topics, 岩本 剛, 2016年03月20日, 招待, 英語, 中国西北工業大学航空学院, 中国西安市
  14. 岩本 剛, 2017年03月28日, 通常, 英語, 愛知工業大学本山キャンパス
  15. 岩本 剛, 2018年03月27日, 招待, 英語, 沖縄科学技術大学院大学, 沖縄科学技術大学院大学
  16. 岩本 剛, 2018年05月14日, 招待, 英語
  17. 岩本 剛, 2018年05月15日, 招待, 英語, 同済大学汽車学院, 同済大学汽車学院
  18. Recent progress on an estimation of rate sensitivity in the metallic materials with mechanically-induced phase transition and its related topics, JICA アカデミックフェア, 2018年10月26日, 招待, 英語, 国際協力機構, インド工科大学ハイデラバード校
  19. Recent progress on an estimation of rate sensitivity in the metallic materials with mechanically-induced phase transition and its related topics, 岩本 剛, 2018年10月29日, 招待, 英語, National Metallurgical Laboratory, CSIR, India, National Metallurgical Laboratory, CSIR, India
  20. STRAIN RATE SENSITIVITY DURING LOADING AND UNLOADING PROCESSES ON SHAPE RECOVERY BEHAVIOR IN FE-28MN-6SI-5CR SHAPE MEMORY ALLOY, 岩本 剛, 曹 博; 段 博瀚, The 11th European Symposium on Martensitic Transformations, ESOMAT2018, 2018年08月28日, 通常, 英語, University of Lorraine, France

受賞

  1. 2009年05月08日, 平成20年度日本材料学会中国支部学術奨励賞, 社団法人日本材料学会中国支部
  2. 2013年03月28日, 平成24年度日本材料学会衝撃部門委員会奨励賞, 公益社団法人日本材料学会衝撃部門委員会委員長
  3. 2012年06月07日, 日本塑性加工学会 平成24年度日本塑性加工学会賞「学術賞」, 一般社団法人日本塑性加工学会長, 数値シミュレーションと実験によるTRIP鋼の塑性変形挙動評価
  4. 2000年05月, 日本塑性加工学会新進賞, 日本塑性加工学会会長 木内 学, TRIP鋼の構成式の構築とその機械的性質改善ならびに塑性加工過程の予知への応用
  5. 2006年05月, 日本材料学会学術奨励賞, 日本材料学会会長 冨田 佳宏, Evaluation of strain-induced martensitic transformation and deformation behavior of TRIP steel by numerical simulation
  6. 2001年05月, 日本塑性加工学会論文賞, 日本塑性加工学会会長 桑原 洋, TRIP鋼の変形様式依存性を表現した構成モデルの定式化
  7. 1998年12月, 日本機械学会関西支部NCP研究会瀬口フロンティア賞, 日本機械学会関西支部NCP研究会, TRIP鋼の変形挙動のマイクロメカニカルモデル

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 民間からの助成金, 安心・安全な社会構築のためのTRIP鋼を利用した高性能衝撃吸収部材の開発, 2009年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), TRIP鋼における高速変形挙動の時間的階層性とエネルギー吸収能向上機構の解明, 2011年, 2013年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 変形誘起変態のマルチスケールモデルの構築と材料の組織と機能の創生, 2002年, 2004年
  4. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 超高速変形中の応力及び温度の実時間測定によるテイラー式衝撃試験法の一般化, 2016年, 2018年
  5. 第26回鉄鋼研究振興助成, 高速前加工による鉄基形状記憶合金製管継手の締結力向上法の検討と継手強度の速度依存性評価, 2017年04月01日, 2019年03月31日
  6. 研究助成, 種々のひずみ速度における力学場駆動マルテンサイト変態及びその逆変態を利用した鉄基合金の自己治癒機能の検討, 2017年04月01日, 2017年03月31日
  7. 試験研究助成金, 使用済核燃料収納用キャニスタの貯蔵前後における衝撃破壊靱性評価法の確立, 2018年04月01日, 2019年03月31日

社会活動

委員会等委員歴

  1. 非常勤講師, 2013年04月, 2013年09月, 大島商船高等専門学校
  2. 非常勤講師, 2014年04月, 2014年09月, 大島商船高等専門学校
  3. 非常勤講師, 2014年10月, 2014年10月, 大島商船高等専門学校
  4. 庶務幹事, 2013年05月, 2015年05月, 日本材料学会塑性工学部門委員会
  5. 委員, 2011年05月, 9999年, 日本材料学会衝撃部門委員会
  6. 常議員, 2012年05月, 9999年, 日本材料学会中国支部
  7. アドバイザー, 2008年04月, 9999年, 広島市産業振興センター
  8. 編集委員, 2008年05月, 2015年05月, 日本材料学会編集委員会
  9. Member, 2007年04月, 2014年06月, Editorial Advisory Board, The Open Mechanics Journal, Bentham Science Publishers
  10. Member, 2010年10月, 9999年, International Advisory Board, Engineering Transactions, Polish Academy of Sciences
  11. Member, 2012年02月, 9999年, Editorial Board, Journal of Applied Mathematics, Hindawi Publishing Corporation
  12. 非常勤講師, 2015年04月, 2015年09月, 大島商船高等専門学校
  13. 非常勤講師, 2016年04月, 2016年09月, 大島商船高等専門学校
  14. 幹事, 2016年05月, 9999年, 日本材料学会衝撃部門委員会
  15. Member, 2015年08月, 9999年, Editorial Advisory Board, Advances in Computational Design, Techno Press
  16. Member, 2014年06月, 9999年, The Open Physics Journal, Bentham Science Publisher
  17. 非常勤講師, 2017年04月, 2017年09月, 大島商船高等専門学校
  18. 客員教員(准教授), 2017年10月, 2018年03月, 京都大学大学院エネルギー科学研究科
  19. 非常勤講師, 2018年04月, 2018年09月, 大島商船高等専門学校
  20. 特集号客員編集委員, 2017年01月13日, 2019年03月31日
  21. 特集号客員編集委員, 2017年09月01日, 2018年08月31日

学術会議等の主催

  1. 第4回NCPフォーラム, 大会実行委員長, 2007年01月, 2007年12月
  2. Asian-Pacific Conference on Advances in Engineering Plastisicty and Its Application 1996, 地域実行委員会幹事, 1995年04月, 1996年08月
  3. Asian-Pacific Conference on Advances in Engineering Plastisicty and Its Application 2006, シンポなど組織委員, 2004年11月, 2006年09月
  4. 日本機械学会第10回バイオエンジニアリング部門講演会, 大会実行委員, 1996年04月, 1997年01月
  5. 日本機械学会関西支部第22回 NCP シンポジウム, 大会実行委員, 1997年12月, 1998年12月
  6. 第13回アジア太平洋塑性工学とその応用に関する国際シンポジウム, 共同議長, 2015年08月, 2016年12月
  7. 第8回衝撃工学に関する国際シンポジウム, 国際委員会, 2012年06月, 2013年09月
  8. 日本機械学会第23回機械材料・材料加工技術講演会M&P2015, 委員, 2015年06月, 2015年12月
  9. 2015 International Conference on Mechanics & Applied Physics, Technical program committee, 2015年07月, 2015年11月
  10. 日本機械学会中国四国支部第50期総会・講演会, 実行委員, 2011年11月, 2012年03月
  11. 日本機械学会中国四国支部学生会第42回学生員卒業研究発表講演会, 実行委員, 2011年11月, 2012年03月
  12. 日本機械学会第24回計算力学講演会, 実行委員, 2010年09月, 2011年10月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 第一類の紹介, 広島大学工学部, 広島県立呉宮原高等学校大学訪問,工学部紹介, 2016年/10月/31日, 2016年/10月/31日, 講師, 高校生
  2. サンセイ工業様との共同研究について, RCC中国放送, ニュース6, 2016年/11月/15日, 2016年/11月/15日, インタビュイー, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  3. 工学部,第一類,および研究室の紹介, 広島県立広島高等学校, 2017年/09月/26日, 2017年/09月/26日, 講師, 出前授業, 高校生

学術雑誌論文査読歴

  1. 2014年, International Journal of Plasticity, その他, 査読者, 4
  2. 2014年, International Journal of Mechanial Science, その他, 査読者, 2
  3. 2014年, Archive of Mechanics, その他, 査読者, 1
  4. 2014年, Modelling and Simulation Materials Science and Engineering, その他, 査読者, 1
  5. 2014年, 日本機械学会論文集, その他, 査読者, 3
  6. 2014年, Mechanical Engineering Journal, その他, 査読者, 1
  7. 2014年, 材料, その他, 査読者, 1