井川 武TAKESHI IGAWA

Last Updated :2020/12/01

所属・職名
両生類研究センター 助教
メールアドレス
tigawahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
有用な研究リソースであるツメガエル類から、温泉に棲む一風変わったカエルまで、多様な両生類を分野横断的に研究することで生命現象と生物進化に関わる新しい発見を目指します。

基本情報

学歴

  • 広島大学, 大学院理学研究科, 博士課程後期生物科学専攻, 日本, 2005年04月, 2008年03月
  • 広島大学, 大学院理学研究科, 博士課程前期生物科学専攻, 日本, 2003年04月, 2005年03月
  • 島根大学, 生物資源科学部, 生命工学科, 日本, 1999年04月, 2003年03月

学位

  • 博士(理学) (広島大学)
  • 修士(理学) (広島大学)

研究分野

  • 生物学 / 基礎生物学 / 進化生物学
  • 生物学 / 基礎生物学 / 遺伝・染色体動態
  • 総合生物 / 生物資源保全学 / 生物資源保全学

研究キーワード

  • ミトコンドリアゲノム / マイクロサテライト / ゲノム進化 / 分子進化 / 進化遺伝学 / 系統地理学 / 集団遺伝学 / 景観遺伝学/ 保全遺伝学

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, 3ターム, 両生類から見た生命システム
  2. 2020年, 教養教育, 1ターム, 東広島キャンパスの自然環境管理
  3. 2020年, 教養教育, 2ターム, 教養ゼミ
  4. 2020年, 学部専門, 2ターム, 先端生物学
  5. 2020年, 学部専門, 3ターム, 動物形態制御学
  6. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  7. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 両生類生物学演習
  8. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 生物科学基礎実験I
  9. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験II
  10. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験IV
  11. 2020年, 学部専門, 3ターム, 生物学実験A
  12. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 生物科学研究セミナー
  13. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 生物科学研究セミナー
  14. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 先端基礎生物学研究演習A
  15. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習B
  16. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 基礎生物学特別演習A
  17. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 基礎生物学特別演習A
  18. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 基礎生物学特別演習B
  19. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 基礎生物学特別演習B
  20. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 基礎生物学特別研究
  21. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 先端基礎生物学研究演習C
  22. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習D
  23. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 先端基礎生物学研究演習E
  24. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習F
  25. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー A
  26. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー B
  27. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 先端生命技術概論
  28. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生命医科学特別演習A
  29. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生命医科学特別演習A
  30. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学特別演習B
  31. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生命医科学特別演習B
  32. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生命医科学特別研究
  33. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生命医科学特別研究
  34. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーC
  35. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究
  36. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究
  37. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーD

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Selective constraint acting on TLR2 and TLR4 genes of Japanese Rana frogs, PEERJ, 6巻, MAY 25 2018
  2. Transcriptome analyses of immune tissues from three Japanese frogs (genus Rana) reveals their utility in characterizing major histocompatibility complex class II, BMC Genomics, 18巻, DEC 28 2017
  3. Spontaneous neoplasia in the western clawed frog Xenopus tropicalis, microPublication Biology, 20200831
  4. Heterogeneity of synonymous substitution rates in the Xenopus frog genome, PLoS One, 15巻, 8号, 20200807
  5. Complete mitochondrial genome of Hynobius dunni (Amphibia, Caudata, Hynobiidae) and its phylogenetic position, Mitochondrial DNA Part B-Resources, 5巻, 3号, pp. 2241-2242, 20200702
  6. Comparison of the detection of 3 endangered frog species by eDNA and acoustic surveys across 3 seasons, Freshwater Science, 39巻, 1号, pp. 18-27, 20200301
  7. ★, Detecting inter- and intra-island genetic diversity: population structure of the endangered crocodile newt, Echinotriton andersoni, in the Ryukyus, Conservation Genetics, 21巻, 1号, pp. 13-26, 202002
  8. Expression Changes of MHC and Other Immune Genes in Frog Skin during Ontogeny., Animals, 10巻, 1号, 20200106
  9. Hot spring frogs (Buergeria japonica) prefer cooler water to hot water, Ecology and Evolution, 10巻, 17号, pp. 9466-9473, 2020
  10. An application of PCR-RFLP species identification assay for environmental DNA detection, PeerJ, 7巻, 20191003
  11. Quantitative trait loci mapping for the shear force value in breast muscle of F-2 chickens, Poultry Science, 98巻, 3号, pp. 1096-1101, 201903
  12. Mapping of Quantitative Trait Loci for Growth and Carcass-Related Traits in Chickens Using a Restriction-Site Associated DNA Sequencing Method., The Journal of Poultry Science, 56巻, pp. 166-176, 2019, July
  13. Transgenic, Inbred and Mutant Animals, Training Opportunities, and Web-Based Support., Frontiers in Physiology, 10巻, pp. 387, 2019, April
  14. ★, Fine-scale demographic processes resulting from multiple overseas colonization events of the Japanese stream tree frog, Buergeria japonica., Journal of Biogeography, 44巻, pp. 1586-1597, 201707
  15. Evolutionary history of the extant amphioxus lineage with shallow-branching diversification, Scientific Reports, 7巻, pp. 1157, 201704
  16. Development and Characterization of 23 Microsatellite Markers for the Montane Brown Frog (Rana ornativentris), Current Herpetology, 36巻, pp. 63-68, 201702
  17. Characterisation of major histocompatibility complex class I genes in Japanese Ranidae frogs, Immunogenetics, 68巻, 10号, pp. 797-806, 201611
  18. Inter- and intra-specific genetic divergence of Asian tiger frogs (genus Hoplobatrachus), with special reference to the population structure of H. tigerinus in Bangladesh, Genes & Genetic Systems, 91巻, pp. 217-228, 201608
  19. Salinity and thermal tolerance of Japanese stream tree frog (Buergeria japonica) tadpoles from island populations., Herpetological Journal, 26巻, pp. 207-211, 20160701
  20. Population structure and evolution after speciation of the Hokkaido salamander (Hynobius retardatus), PLoS One, 11巻, 6号, pp. e0156815, 20160603
  21. The first see-through frog created by breeding: description, inheritance patterns, and dermal chromatophore structure., Scientific Reports, 6巻, pp. 24431, 20160415
  22. Living in a Japanese onsen: field observations and physiological measurements of hot spring amphibian tadpoles, Buergeria japonica, AMPHIBIA-REPTILIA, 37巻, 3号, pp. 311-314, 2016
  23. Robust molecular phylogeny and palaeodistribution modelling resolve a complex evolutionary history: glacial cycling drove recurrent mtDNA introgression among Pelophylax frogs in East Asia, JOURNAL OF BIOGEOGRAPHY, 42巻, 11号, pp. 2159-2171, 201511
  24. Genetic population structure and demographic history of an endangered frog, Babina holsti, Conservation Genetics, 16巻, 4号, pp. 987-1000, 201508
  25. Development and characterization of 12 microsatellite markers for the Hokkaido salamander (Hynobius retardatus), Current Herpetology, 34巻, pp. 177-181, 201508
  26. ★, Inbreeding ratio and genetic relationships among strains of the Western clawed frog, Xenopus tropicalis, PLoS One, 10巻, 7号, pp. e0133963, 201507
  27. Radiocesium accumulation in the anuran frog, Rana tagoi tagoi, in forest ecosystems after the Fukushima Nuclear Power Plant accident, ENVIRONMENTAL POLLUTION, 199巻, pp. 89-94, 201504
  28. Development and Validation of PCR-RFLP Assay to Identify Three Japanese Brown Frogs of The True Frog Genus Rana, Current Hepetology, 34巻, pp. 89-94, 201502
  29. Microsatellite Marker Development by Multiplex Ion Torrent PGM Sequencing: a Case Study of the Endangered Odorrana narina Complex of Frogs, JOURNAL OF HEREDITY, 106巻, 1号, pp. 131-137, 2015
  30. Extraordinary Diversity in the Origins of Sex Chromosomes in Anurans Inferred from Comparative Gene Mapping, CYTOGENETIC AND GENOME RESEARCH, 145巻, 3-4号, pp. 218-229, 2015
  31. Genetic Divergence and Geographic Distribution of Frogs in Genus Fejervarya from Indonesia Inferred from Mitochondrial 16S rRNA Gene Analysis, Treubia, 41巻, pp. 1-16, 201412
  32. Development and characterization of 14 microsatellite markers for Buergeria japonica (Amphibia, Anura, Rhacophoridae), GENES & GENETIC SYSTEMS, 89巻, 1号, pp. 35-39, 201402
  33. Genetic divergences of South and Southeast Asian frogs: a case study of several taxa based on 16S ribosomal RNA gene data with notes on the generic name Fejervarya, TURKISH JOURNAL OF ZOOLOGY, 38巻, 4号, pp. 389-411, 2014
  34. Development and characterization of 27 new microsatellite markers for the Indian bullfrog Hoplobatrachus tigerinus and its congeneric species, GENES & GENETIC SYSTEMS, 89巻, 3号, pp. 137-141, 2014
  35. Development and characterization of new microsatellite loci in the Otton frog (Babina subaspera) and cross-amplification in a congeneric species, Holst's frog (B-holsti), CONSERVATION GENETICS RESOURCES, 5巻, 4号, pp. 1071-1073, 201312
  36. Stable Aquaculture of the Japanese Lancelet Branchiostoma japonicum for 7 Years, JOURNAL OF EXPERIMENTAL ZOOLOGY PART B-MOLECULAR AND DEVELOPMENTAL EVOLUTION, 320巻, 8号, pp. 538-547, 201312
  37. An Attempt at Captive Breeding of the Endangered Newt Echinotriton andersoni, from the Central Ryukyus in Japan, Animals, 3巻, pp. 680-692, 201307
  38. ★, Population structure and landscape genetics of two endangered frog species of genus Odorrana: different scenarios on two islands, HEREDITY, 110巻, 1号, pp. 46-56, 201301
  39. Isolation and characterization of ten microsatellite loci of endangered Anderson's crocodile newt, Echinotriton andersoni, CONSERVATION GENETICS RESOURCES, 4巻, 3号, pp. 595-598, 201209
  40. Cryptic Anuran Biodiversity in Bangladesh Revealed by Mitochondrial 16S rRNA Gene Sequences, ZOOLOGICAL SCIENCE, 29巻, 3号, pp. 162-172, 201203
  41. Genomic structure and evolution of multigene families: "flowers" on the human genome, International journal of evolutionary biology, 2012巻, 917678号, pp. 1-11, 201201
  42. Artificial Production and Natural Breeding of the Endangered Frog Species Odorrana ishikawae, with Special Reference to Fauna Conservation in the Laboratory, ZOOLOGICAL SCIENCE, 28巻, 11号, pp. 834-839, 201111
  43. Isolation and characterization of twelve microsatellite loci of endangered Ishikawa's frog (Odorrana ishikawae), CONSERVATION GENETICS RESOURCES, 3巻, 3号, pp. 421-424, 201107
  44. ★, Divergence, demography and gene loss along the human lineage., Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, 365巻, 1552号, pp. 2451-2457, 201008
  45. Genetic Divergence and Evolutionary Relationship in Fejervarya cancrivora from Indonesia and Other Asian Countries Inferred from Allozyme and MtDNA Sequence Analyses, ZOOLOGICAL SCIENCE, 27巻, 3号, pp. 222-233, 201003
  46. Genetic divergence and evolutionary relationships in six species of genera Hoplobatrachus and Euphlyctis (Amphibia : Anura) from Bangladesh and other Asian countries revealed by mitochondrial gene sequences, MOLECULAR PHYLOGENETICS AND EVOLUTION, 48巻, 2号, pp. 515-527, 200808
  47. Complete mitochondrial genomes of three neobatrachian anurans: A case study of divergence time estimation using different data and calibration settings, GENE, 407巻, 1-2号, pp. 116-129, 20080115
  48. Evolutionary relationships and reproductive isolating mechanisms in the rice frog (Fejervarya limnocharis) species complex from Sri Lanka, Thailand, Taiwan and Japan, inferred from mtDNA gene sequences, allozymes, and crossing experiments, ZOOLOGICAL SCIENCE, 24巻, 6号, pp. 547-562, 200706
  49. Molecular phylogenetic relationship of toads distributed in the Far East and Europe inferred from the nucleotide sequences of mitochondrial DNA genes, MOLECULAR PHYLOGENETICS AND EVOLUTION, 38巻, 1号, pp. 250-260, 200601

著書等出版物

  1. 2011年09月, 徳之島産イボイモリ(Echinotriton andersoni)の産卵行動の記録, 爬虫両棲類学会報 / 日本爬虫両棲類学会 編, 菅原 弘貴;井川 武;岩井 紀子 他;岩井 紀子
  2. 2014年05月, リュウキュウカジカガエル幼生・幼体の色彩変異, 爬虫両棲類学会報, 日本爬虫両棲類学会, 小巻, 翔平;井川, 武;住田, 正幸
  3. 2008年, Genetic divergence of Asian toads and phylogenetic relationships of anuran families (Amphibia, Anura) based on mitochondrial genome information, with special reference to divergence time estimation, [Takeshi, Igawa], Takeshi, Igawa [著];井川, 武

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. ミトコンドリアDNA遺伝子の塩基配列に基づくアジア・ヨーロッパ及びアメリカ産ヒキガエル類の系統解析, 井川 武, 倉林 敦・西岡 みどり・住田 正幸, 日本爬虫両棲類学会 第42回大会, 2003年10月26日, 通常, 日本語, 習志野
  2. ニホンヒキガエルのミトコンドリアゲノム全塩基配列の決定とそれに基づく系統関係の推定, 井川 武, 倉林 敦・西岡 みどり・住田 正幸, 日本爬虫両棲類学会 第43回大会, 2004年10月23日, 通常, 日本語, 京都
  3. 分子生物学的手法を用いたアジア産ヒキガエル類における種内分化および系統進化に関する研究, 井川 武, 倉林 敦・西岡 みどり・住田 正幸, 平成17年度生物系三学会中国四国支部大会, 2005年11月13日, 通常, 日本語
  4. ミトコンドリアゲノム全塩基配列に基づく無尾目の高次系統関係および分岐年代の推定, 井川 武, 倉林 敦・西岡 みどり・住田 正幸, 日本爬虫両棲類学会 第44回大会, 2005年11月13日, 通常, 日本語, 仙台
  5. ミトコンドリアゲノム全塩基配列に基づく無尾目の高次系統関係および分岐年代の推定, 井川 武, 倉林 敦・住田 正幸, 日本遺伝学会 第78回大会, 2006年09月25日, 通常, 日本語, 筑波
  6. 日本列島におけるカエル類の系統地理, 井川 武, 日本爬虫両棲類学会 第45回大会 系統地理談話会, 2006年10月22日, 通常, 日本語, 東広島
  7. カジカガエルにおける性連鎖遺伝子AAT-1の構造解析, 井川 武, 倉林 敦・住田 正幸, 日本爬虫両棲類学会第46回大会, 2007年11月17日, 通常, 日本語, 那覇
  8. ヒト特異的偽遺伝子の起源と進化における意義, 井川 武, 高畑 尚之・颯田 葉子, 日本進化学会第10回大会, 2008年08月22日, 通常, 日本語, 東京
  9. ヒト特異的偽遺伝子の起源と進化における意義, 井川 武, 高畑 尚之・颯田 葉子, 日本遺伝学会第80回大会, 2008年09月03日, 通常, 日本語, 名古屋
  10. Genetic divergence and phylogenetic relationships in the frogs from south to east Asia, Hasan, M, MM. Islam・MR. Khan・MS. Alam・TH. Djong・T. Igawa・N. Kurniawan・M. Kuramoto・M. Sumida, 日本動物学会第62回中国四国支部大会, 2010年05月16日, 通常, 日本語, 山口
  11. マイクロサテライトマーカーを用いた絶滅危惧種および天然記念物イシカワガエルの遺伝的集団構造の解明, 井川武, 奥田優・大海昌平・勝連盛輝・倉林敦・海野徹也・住田正幸, 日本遺伝学会第82回大会, 2010年09月22日, 通常, 日本語, 札幌
  12. 絶滅危惧種イシカワガエルにおける飼育下繁殖の試みと交配後隔離機構の解明, 住田正幸, 佐藤直樹・Islam M.M・井川武・吉川夏彦・倉林敦・大海昌平・勝連盛輝・福庭博子・新谷望・藤井保・倉本満, 日本遺伝学会第82回大会, 2010年09月22日, 通常, 日本語, 札幌
  13. Species diversity and phylogenetic relationships among frogs from Bangladesh revealed by nucleotide sequences of mitochondrial 16S rRNA gene, Hasan, M, MM. Islam, MR. Khan, MS. Alam, T. Igawa, M. Kuramoto, M. Sumida, 日本遺伝学会第82回大会, 2010年09月21日, 通常, 日本語, 札幌
  14. 絶滅危惧種イシカワガエルにおける集団構造とその景観要因, 井川武, 大海昌平, 勝連盛輝, 住田正幸, 日本爬虫両棲類学会 第50回記念大会, 2011年10月09日, 通常, 日本語, 京都
  15. 絶滅危惧種イボイモリのマイクロサテライトDNAを用いた集団構造解析と飼育下繁殖の試み, 菅原弘貴, 井川武, 大海昌平, 勝連盛輝, 横川昌史, 井鷺裕司, 住田正幸, 日本爬虫両棲類学会 第50回記念大会, 2011年10月10日, 通常, 日本語, 京都
  16. 無尾両生類における性染色体の起源とその進化に関する分子細胞遺伝学的研究, 宇野好宣, 西田千鶴子・高木知世・井川武・上野直人・住田正幸・松田洋一, 第62回染色体学会年会, 2011年11月11日, 通常, 日本語, 平塚
  17. 中央琉球産絶滅危惧両生類5種の遺伝的分化と飼育下繁殖, 住田正幸, 井川武・Islam MM.・新谷望・掛橋竜祐・菅原弘貴・倉林敦・大海昌平・勝連盛輝・田戸美雪・藤井保, 日本動物学会第83回大会, 2012年09月15日, 通常, 日本語, 豊中
  18. マイクロサテライトマーカーを用いた絶滅危惧種および天然記念物イボイモリの遺伝的集団構造の解明, 井川武, 菅原弘貴・本多正尚・富永篤・大海昌平・勝連盛輝・太田英利・松井正文・住田正幸, 日本遺伝学会第84回大会, 2012年09月25日, 通常, 日本語, 福岡
  19. 西南諸島の絶滅危惧両生類における飼育下繁殖と遺伝的分化, 住田正幸, 井川武・Islam MM,・新谷望・掛橋竜祐・菅原弘貴・倉林敦・大海昌平・勝連盛輝・田戸美雪・藤井保, 日本爬虫両棲類学会第51回大会, 2012年11月, 通常, 日本語, 愛知
  20. アマミイシカワガエルの飼育下における温度条件と遺伝的要因が個体生存率に与える影響, 新谷望, 井川武, 住田正幸, 日本爬虫両生類学会 第51回大会, 2012年11月10日, 通常, 日本語, 愛知
  21. ウシガエルはどこから来て, なぜ駆逐されないのか?:侵入成功と個体群存続における遺伝的要因の調査, 徳増大輔, 井川武, Min Mi-Sook, 住田正幸, 日本爬虫両生類学会第51回大会, 2012年11月, 通常, 日本語, 愛知
  22. Ion PGMを利用した両生類3種におけるマイクロサテライトマーカー開発, 井川武, 小巻翔平・Nasrin Sultana・長岡麻衣・野澤昌文・Islam Mohammed Mafizul・大海昌平・住田正幸, NGS現場の会第三回研究会, 2013年09月04日, 通常, 日本語, 神戸
  23. 両生類絶滅危惧種の飼育下繁殖による保全の試み, 住田正幸, 井川武・イスラム マフィズル・倉林敦・アラム シャフィクル・掛橋竜祐・田戸美雪・新谷望・菅原弘貴・西谷琢磨・大海昌平・勝連盛輝・藤井保, 日本遺伝学会第85回大会, 2013年09月19日, 通常, 日本語, 横浜
  24. アフリカツメガエルのゲノム倍数化過程に生じた染色体再配列と無尾両生類における性染色体の起源とその進化に関する分子細胞遺伝学的研究, 宇野好宣, 西田千鶴子・高木知世・井川武・上野直人・住田正幸・松田洋一, 日本遺伝学会第85回大会, 2013年09月21日, 通常, 日本語, 横浜
  25. 東アジア産トノサマガエル種群の系統関係と遺伝子浸透, 小巻翔平, 井川武・倉林敦・Min-Sook Min・Si-Min Lin・住田正幸, 日本動物学会第84回大会, 2013年09月26日, 通常, 日本語, 岡山
  26. 絶滅危惧種イボイモリの遺伝的多様性と飼育下繁殖, 住田正幸, 井川武・菅原弘貴・田戸美雪・西谷琢磨・倉林敦・Mafizul Islam・大海昌平・勝連盛輝・藤井保, 日本動物学会第84回大会, 2013年09月26日, 通常, 日本語, 岡山
  27. 透明ガエルの遺伝様式と皮膚色素細胞の組織学的観察, 住田正幸, Islam M. Mafizul・井川武・倉林敦・古川友加里・佐野尚美・藤井保・吉崎範夫, 日本爬虫両生類学会第52回大会, 2013年11月02日, 通常, 日本語, 札幌
  28. 絶滅危惧種ホルストガエルにおける遺伝的集団構造, 掛橋竜祐, 井川武・住田正幸, 日本爬虫両生類学会第52回大会, 2013年11月02日, 通常, 日本語, 札幌
  29. Ion Torrent PGMを用いたハナサキガエルにおけるマイクロサテライト遺伝子座の単離と集団構造解析, 井川武, 長岡麻衣・野澤昌文・小巻翔平・藤井保・住田正幸, 日本爬虫両生類学会第52回大会, 2013年11月02日, 通常, 日本語, 札幌
  30. 両生類モデル動物ネッタイツメガエル6系統における近交度及び遺伝的関係の解明, 渡辺愛, 井川武・鈴木厚・柏木昭彦・倉林敦・藤井保・住田正幸, 日本爬虫両生類学会第52回大会, 2013年11月02日, 通常, 日本語, 札幌
  31. Evolutionary relationships and postmating isolation among Fejervarya species from Lesser Sunda, Indonesia and other Asian countries revealed by mtDNA Cyt b gene sequences and crossing experiments, M Hasan, N Kurniawan・A Sowendo・MM Islam・T Igawa・WMM Nalley・M Matsui・M Sumida, 日本爬虫両生類学会第52回大会, 2013年11月02日, 通常, 日本語, 札幌
  32. 東アジア産トノサマガエル種群の遺伝子浸透, 小巻翔平, 井川武・林思民・東城幸治・Min Mi-Sook・住田正幸, 日本爬虫両生類学会第53回大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 神戸
  33. Fine scale genetic divergence among Hoplobatrachus tigernus from Bangladesh and neighboring countries elucidated by mitochondrial genes and microsatellite markers, Nasrin Sultana, Takeshi Igawa・Masafumi Nozawa・Mohammed Mafizul Islam・Mahmudul Hsan・Mohammad Shafiqul Alam・Md. Mukhlesur Rahman Khan・Masayuki Sumida, 日本爬虫両生類学会第53回大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 神戸
  34. 次世代モデルリソース・ネッタイツメガエル7系統における近交度及び遺伝的関係, 渡辺愛, 井川武・柏木昭彦・鈴木厚・倉林敦・藤井保・住田正幸, 日本爬虫両生類学会第53回大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 神戸
  35. ネッタイツメガエルの系統における遺伝的関係と近交度について, 井川武, 渡辺愛・鈴木厚・柏木昭彦・柏木啓子・Anna Noble・Matt Guille・David E. Simpson・Marko E. Horb・藤井保・住田正幸, 第一回次世代両生類研究会, 2015年08月24日, 通常, 日本語, 岡崎
  36. 生命科学研究における近交系ネッタイツメガエルの有用性, 柏木昭彦, 柏木啓子・花田秀樹・鈴木賢一・鈴木厚・竹林公子・倉林敦・中島圭介・田澤一朗・井川武・古野伸明・山本卓・住田正幸, 第一回次世代両生類研究会, 2015年08月24日, 通常, 日本語, 岡崎
  37. ツメガエル類に関するさまざまな実験例, 柏木昭彦, 柏木啓子・花田秀樹・鈴木賢一・鈴木厚・竹林公子・倉林敦・中島圭介・田澤一朗・井川武・古野伸明・山本卓・住田正幸, 第一回次世代両生類研究会, 2015年08月24日, 通常, 日本語, 岡崎
  38. Characterisation of major histocompatibility complex class II (MHC II)in Japanese frogs, Quintin Lau, Takeshi Igawa, Yoko Satta, 日本遺伝学会第87回大会, 2015年09月26日, 通常, 日本語, 仙台
  39. リュウキュウカジカガエルの集団動態, 小巻翔平, 井川武・住田正幸・野澤昌文・林思民, 日本爬虫両生類学会第54回大会, 2015年12月05日, 通常, 日本語, 船橋
  40. 通常, 日本語

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 免疫関連遺伝子に基づく絶滅危惧両生類の疫学的リスク予測とツボカビ耐性機構の検証, 2014年, 2016年
  2. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 光る透明ガエルの作出:非モデル両生類への遺伝子導入法の確立とNGSによる発現解析, 2013年, 2015年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 絶滅危惧両生類における遺伝的多様性評価と保全のための包括的研究, 2012年, 2015年
  4. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 西南諸島に産する両生類絶滅危惧種の遺伝的多様性の解明と飼育繁殖における遺伝的管理, 2011年, 2013年
  5. 笹川科学研究助成, カジカガエルにおける性連鎖遺伝子GOT-1の分子進化学的研究, 2011年, 2012年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 温泉ガエルゲノムから探る高温耐性の獲得メカニズム, 2018年, 2020年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 役員, 2017年02月, 2018年03月, 日本爬虫両棲類学会

学術会議等の主催

  1. Frontiers in Amphibian Biology: Endangered Species Conservation and Genome Editing, 庶務, 2014年, 2014年

学術雑誌論文査読歴

  1. 2009年, Zoological Science, その他, 査読者, 1
  2. 2014年, Ecological Research, その他, 査読者, 1
  3. 2014年, Plos One, その他, 査読者, 1
  4. 2014年, Molecular Phylogenetics and Evolution, その他, 査読者, 1
  5. 2015年, Frontiers in Zoology, その他, 査読者, 1
  6. 2015年, Marine Genomics, その他, 査読者, 1
  7. 2015年, PeerJ, その他, 査読者, 1
  8. 2015年, Plos One, その他, 査読者, 1
  9. 2015年, Zoological Science, その他, 査読者, 1
  10. 2016年, PeerJ, その他, 査読者, 1
  11. 2016年, Ethology Ecology and Evolution, その他, 査読者, 1
  12. 2016年, Genes & Genetic Systems, その他, 査読者, 1
  13. 2017年, Current Herpetology, その他, 査読者
  14. 2017年, Zoological Science, その他, 査読者, 1
  15. 2017年, Biological Journal of the Linnean Society, その他, 査読者, 1
  16. 2017年, Asian Herpetological Research, その他, 査読者, 1
  17. 2018年, Animal Biology, その他, 査読者, 1
  18. 2018年, Zoological Science, その他, 査読者, 6
  19. 2018年, Journal of Genetics, その他, 査読者, 1
  20. 2018年, Scientific Reports, その他, 査読者, 2
  21. 2018年, Molecular Biology Reports, その他, 査読者, 2
  22. 2018年, Herpetological Conservation and Biology, その他, 査読者, 1