中島 一恵KAZUE NAKASHIMA

Last Updated :2020/09/18

所属・職名
大学院医系科学研究科(薬) 助教
メールアドレス
hisaokakhiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2012年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 助教
  • 2010年04月01日, 2012年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 助教
  • 1998年10月01日, 2010年03月31日, 独立行政法人国立病院機構呉医療センター, 臨床研究部精神神経科学研究室, 研究員

学歴

  • 広島大学, 医歯薬学総合研究科, 日本, 2002年04月, 2004年03月
  • 広島大学, 医学部, 総合薬学科, 日本, 1994年04月, 1998年03月

学位

  • 博士(薬学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 薬学部 : 薬学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 薬学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 薬学 / 薬理系薬学

所属学会

  • 日本薬学会
  • 日本薬理学会
  • 日本神経精神薬理学会
  • 北米神経科学学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, 通年, 臨床研究III
  2. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 細胞薬理学演習
  3. 2020年, 学部専門, 1ターム, 薬理学II
  4. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 薬理学実習
  5. 2020年, 学部専門, 通年, 基礎研究I
  6. 2020年, 学部専門, 通年, 基礎研究II
  7. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 基礎研究III
  8. 2020年, 学部専門, 通年, 臨床研究I
  9. 2020年, 学部専門, 通年, 臨床研究II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Downregulation of spinal astrocytic connexin43 leads to upregulation of interleukin-6 and cyclooxygenase-2 and mechanical hypersensitivity in mice, GLIA, 66巻, 2号, pp. 428-444, 201802
  2. ★, Pharmacological Activation Gi/o Protein Increases Glial Cell Line-Derived Neurotrophic Factor Production through Fibroblast Growth Factor Receptor and Extracellular Signal-Regulated Kinase Pathway in Primary Cultured Rat Cortical Astrocytes, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 40巻, 10号, pp. 1759-1766, 201710
  3. ★, Amitriptyline induces brain-derived neurotrophic factor (BDNF) mRNA expression through ERK-dependent modulation of multiple BDNF mRNA variants in primary cultured rat cortical astrocytes and microglia, BRAIN RESEARCH, 1634巻, pp. 57-67, 20160301
  4. Stimulation of nuclear receptor REV-ERBs regulates tumor necrosis factor-induced expression of proinflammatory molecules in C6 astroglial cells, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 469巻, 2号, pp. 151-157, 20160108
  5. Perineural expression of high-mobility group box-1 contributes to long-lasting mechanical hypersensitivity via matrix metalloprotease-9 up-regulation in mice with painful peripheral neuropathy, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 136巻, 4号, pp. 837-850, 201602
  6. Downregulation of the spinal dorsal horn clock gene Per1 expression leads to mechanical hypersensitivity via c-jun N-terminal kinase and CCL2 production in mice, MOLECULAR AND CELLULAR NEUROSCIENCE, 72巻, pp. 72-83, 201604
  7. Lycopene ameliorates neuropathic pain by upregulating spinal astrocytic connexin 43 expression, LIFE SCIENCES, 155巻, pp. 116-122, 20160615
  8. ★, The expression of glial cell line-derived neurotrophic factor mRNA by antidepressants involves matrix metalloproteinase-9 activation in rat astroglial cells, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 479巻, 4号, pp. 907-912, 20161028
  9. Stimulation of spinal dorsal horn beta 2-adrenergic receptor ameliorates neuropathic mechanical hypersensitivity through a reduction of phosphorylation of microglial p38 MAP kinase and astrocytic c-jun N-terminal kinase, NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL, 101巻, pp. 144-155, 201612
  10. ★, Identification of Lysophosphatidic Acid Receptor 1 in Astroglial Cells as a Target for Glial Cell Line-derived Neurotrophic Factor Expression Induced by Antidepressants, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 291巻, 53号, pp. 27364-+, 20161230
  11. ★, Tricyclic Antidepressant Amitriptyline-induced Glial Cell Line-derived Neurotrophic Factor Production Involves Pertussis Toxin-sensitive G alpha(i/o) Activation in Astroglial Cells, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 290巻, 22号, pp. 13678-13691, 20150529
  12. Downregulation of Connexin36 in Mouse Spinal Dorsal Horn Neurons Leads to Mechanical Allodynia, JOURNAL OF NEUROSCIENCE RESEARCH, 93巻, 4号, pp. 584-591, 201504
  13. Proinflammatory cytokines downregulate connexin 43-gap junctions via the ubiquitin-proteasome system in rat spinal astrocytes, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 464巻, 4号, pp. 1202-1208, 20150904
  14. Tumor necrosis factor-mediated downregulation of spinal astrocytic connexin43 leads to increased glutamatergic neurotransmission and neuropathic pain in mice, BRAIN BEHAVIOR AND IMMUNITY, 49巻, pp. 293-310, 201510
  15. Fibroblast growth factor 2 mRNA expression evoked by amitriptyline involves extracellular signal-regulated kinase-dependent early growth response 1 production in rat primary cultured astrocytes, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 135巻, 1号, pp. 27-37, 201510
  16. Stimulation of alpha 7 nicotinic acetylcholine receptor regulates glutamate transporter GLAST via basic fibroblast growth factor production in cultured cortical microglia, BRAIN RESEARCH, 1625巻, pp. 111-120, 20151102
  17. The induction of Pen1 expression by the combined treatment with glutamate, 5-hydroxytriptamine and dopamine initiates a ripple effect on Bmal1 and Cry1 mRNA expression via the ERK signaling pathway in cultured rat spinal astrocytes, NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL, 90巻, pp. 9-19, 201511
  18. ★, グリアと抗うつ薬, 分子精神医学, 14巻, 4号, pp. 9-14, 2014
  19. PRIMARY CULTURES OF RAT CORTICAL MICROGLIA TREATED WITH NICOTINE INCREASES IN THE EXPRESSION OF EXCITATORY AMINO ACID TRANSPORTER 1 (GLAST) VIA THE ACTIVATION OF THE alpha 7 NICOTINIC ACETYLCHOLINE RECEPTOR, NEUROSCIENCE, 258巻, pp. 374-384, 20140131
  20. Amitriptyline up-regulates connexin43-gap junction in rat cultured cortical astrocytes via activation of the p38 and c-Fos/AP-1 signalling pathway, BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 171巻, 11号, pp. 2854-2867, 201406
  21. Clock gene Per1 regulates the production of CCL2 and interleukin-6 through p38, JNK1 and NF-kappa B activation in spinal astrocytes, MOLECULAR AND CELLULAR NEUROSCIENCE, 59巻, pp. 37-46, 201403
  22. A beta 1/2 Adrenergic Receptor-Sensitive Intracellular Signaling Pathway Modulates CCL2 Production in Cultured Spinal Astrocytes, JOURNAL OF CELLULAR PHYSIOLOGY, 229巻, 3号, pp. 323-332, 201403
  23. Electroconvulsive seizure induces thrombospondin-1 in the adult rat hippocampus, PROGRESS IN NEURO-PSYCHOPHARMACOLOGY & BIOLOGICAL PSYCHIATRY, 48巻, pp. 236-244, 20140103
  24. History of the G Protein-Coupled Receptor (GPCR) Assays From Traditional to a State-of-the-Art Biosensor Assay, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 126巻, 4号, pp. 302-309, 201412
  25. Spinal astrocytes stimulated by tumor necrosis factor- and/or interferon- attenuate connexin 43-gap junction via c-jun terminal kinase activity, JOURNAL OF NEUROSCIENCE RESEARCH, 91巻, 6号, pp. 745-756, 201306
  26. The regulation of exon-specific brain-derived neurotrophic factor mRNA expression by protein kinase C in rat cultured dorsal root ganglion neurons, BRAIN RESEARCH, 1509巻, pp. 20-31, 20130506
  27. GDNF facilitates differentiation of the adult dentate gyrus-derived neural precursor cells into astrocytes via STAT3, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 434巻, 4号, pp. 779-784, 20130517
  28. Neuropathic Pain in Rats with a Partial Sciatic Nerve Ligation Is Alleviated by Intravenous Injection of Monoclonal Antibody to High Mobility Group Box-1, PLOS ONE, 8巻, 8号, 20130821
  29. Tricyclic Antidepressant Amitriptyline Indirectly Increases the Proliferation of Adult Dentate Gyrus-Derived Neural Precursors: An Involvement of Astrocytes, PLOS ONE, 8巻, 11号, 20131118
  30. The activation of P2Y(6) receptor in cultured spinal microglia induces the production of CCL2 through the MAP kinases-NF-kappa B pathway, NEUROPHARMACOLOGY, 75巻, pp. 116-125, 201312
  31. Sigma-1 receptor concentration in plasma of patients with late-life depression: a preliminary study, Neuropsychiatr Dis Treat., 8巻, pp. 1867-1872, 2013
  32. Volume Transmission of Substance P in Striatum Induced by Intraplantar Formalin Injection Attenuates Nociceptive Responses via Activation of the Neurokinin 1 Receptor, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 121巻, 4号, pp. 257-271, 201304
  33. ★, Antidepressant Acts on Astrocytes Leading to an Increase in the Expression of Neurotrophic/Growth Factors: Differential Regulation of FGF-2 by Noradrenaline, PLOS ONE, 7巻, 12号, 20121205
  34. ★, Tricyclic antidepressant amitriptyline activates fibroblast growth factor receptor signaling in glial cells: involvement in glial cell line-derived neurotrophic factor production., J Biol Chem., 286巻, 11号, pp. 21118-21128, 2011
  35. ★, Antidepressants induce acute CREB phosphorylation and CRE-mediated gene expression in glial cells: a possible contribution to GDNF production., Brain Res., pp. 53-58, 2008
  36. ★, Antidepressants increase glial cell line-derived neurotrophic factor production through monoamine-independent activation of protein tyrosine kinase and extracellular signal-regulated kinase in glial cells., J. Pharmacol. Exp. Ther., 321巻, pp. 148-157, 2007
  37. Decreased levels of whole blood glial cell line-derived neurotrophic factor (GDNF) in remitted patients with mood disorders., Int J Neuropsychopharmacol, 9巻, pp. 607-612, 2006
  38. ★, Serotonin increases glial cell line-derived neurotrophic factor release in rat C6 glioblastoma cells., Brain Research, 1002巻, 2004
  39. ★, Antidepressant drug treatments induce glial cell line-derived neurotrophic factor (GDNF) synthesis and release in rat C6 glioblastoma cells., J. Neurochem., 79巻, pp. 25-34, 2001
  40. ★, High-mobility group box 1-mediated microglial activation induces anxiodepressive-like behaviors in mice with neuropathic pain, PROGRESS IN NEURO-PSYCHOPHARMACOLOGY & BIOLOGICAL PSYCHIATRY, 92巻, pp. 347-362, 20190608
  41. Stimulation of nuclear receptor REV-ERBs suppresses production of pronociceptive molecules in cultured spinal astrocytes and ameliorates mechanical hypersensitivity of inflammatory and neuropathic pain of mice, BRAIN BEHAVIOR AND IMMUNITY, 78巻, pp. 116-130, 201905
  42. Role of Connexins in Chronic Pain and Their Potential as Therapeutic Targets for Next-Generation Analgesics, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 42巻, 6号, pp. 857-866, 201906
  43. ★, Mirtazapine increases glial cell line-derived neurotrophic factor production through lysophosphatidic acid 1 receptor-mediated extracellular signal-regulated kinase signaling in astrocytes, EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 860巻, 20191005
  44. Spinal high-mobility group box-1 induces long-lasting mechanical hypersensitivity through the toll-like receptor 4 and upregulation of interleukin-1 beta in activated astrocytes, JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 150巻, 6号, pp. 738-758, 201909
  45. Corticosterone Induces HMGB1 Release in Primary Cultured Rat Cortical Astrocytes: Involvement of Pannexin-1 and P2X7 Receptor-Dependent Mechanisms, CELLS, 9巻, 5号, 202005
  46. Continuous infusion of substance P into rat striatum relieves mechanical hypersensitivity caused by a partial sciatic nerve ligation via activation of striatal muscarinic receptors, BEHAVIOURAL BRAIN RESEARCH, 391巻, 20200805
  47. Stimulation of toll-like receptor 4 downregulates the expression of alpha 7 nicotinic acetylcholine receptors via histone deacetylase in rodent microglia, NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL, 138巻, 202009
  48. TLR4-TAK1-p38 MAPK pathway and HDAC6 regulate the expression of sigma-1 receptors in rat primary cultured microglia, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 144巻, 1号, pp. 23-29, 202009

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. ラット大脳皮質由来初代培養グリア細胞においてcorticosteroneがhigh-mobility group box 1 の放出を増加させる, 東 穂奈美 中島 一恵 横江 俊樹 髙城 冴花 仲田 義啓 森岡 徳光, 第56回日本薬学会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 徳島市
  2. 脳線条体におけるdopamine-substance P系を介した疼痛抑制メカニズムの解明, 岸田 祐輝、中村 庸輝、中島 一恵、仲田 義啓、森岡 徳光, 第56回日本薬学会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 徳島市
  3. ラット大脳皮質由来初代培養アストロサイトにおいてcorticosteroneがhigh-mobility group box 1の放出を増加させる, 東 穂奈美 中島 一恵 横江 俊樹 髙城 冴花 仲田 義啓 森岡 徳光, 第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会 合同年会, 2017年09月29日, 通常, 日本語, 札幌市
  4. 神経障害性疼痛モデルマウスにおけるうつ様行動と脳ミクログリア機能解析, 中島一恵、富村昌暉、吉井稔紀、張 芳芳、仲田義啓、森岡徳光, 第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会 合同年会, 2017年09月28日, 通常, 日本語, 札幌市
  5. 脊髄後角における HMGB1 による疼痛誘発メカニズムの解明, 宮内一希、張 芳芳、中島 一恵、仲田 義啓、森岡 徳光, 第131 回 日本薬理学会近畿部会, 2017年06月30日, 通常, 日本語, 名古屋市
  6. Mechanisms for the high mobility group box-1-induced mechanical hypersensitivity in spinal dorsal horn of mice, 宮内一希、張 芳芳、中島 一恵、仲田 義啓、森岡 徳光, 第90回日本薬理学会年会, 2017年03月16日, 通常, 日本語, 長崎市
  7. 脊髄アストロサイトにおけるRev-erbを介した炎症反応制御の検討, 東森瑞季、吉川 奏、中島一恵、仲田義啓、森岡徳光, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月06日, 通常, 日本語, 岡山市
  8. ラット初代培養アストロサイトにおいてリゾフォスファチジン酸がトロンボスポンジン1発現に与える効果の検討, 横江俊樹、中島一恵、東穂奈美、高城冴花、仲田義啓、森岡徳光, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月06日, 通常, 日本語, 岡山市
  9. アドリアマイシン耐性ヒト卵巣癌細胞の薬剤排出機能に対するアガリクス抽出物による抑制作用の検討, 青野咲希、香川紘乃、中島一恵、森岡徳光、仲田義啓, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月05日, 通常, 日本語, 岡山市
  10. グリアから謎解く精神疾患のトランスレーショナル研究 ~気分障害とアストロサイトの観点から~, 竹林 実、岡田 麻美、柴崎 千代、板垣 圭、梶谷 直人、安部 裕美、宮野 加奈子、中島 一恵、森岡 徳光、上園 保仁, 第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会 合同年会, 2016年09月08日, 通常, 日本語
  11. Antidepressant amitriptyline activates matrix metalloproteinase in astroglial cells: involvement in glial cell line-derived neurotrophic factor expression., H. ABE, K. HISAOKA-NAKASHIMA, N. KAJITANI, M. OKADA-TSUCHIOKA, K. ITAGAKI, C. SHIBASAKI, M. MORIOKA, Y. NAKATA, M. TAKEBAYASHI, 2016年07月03日, 通常, 英語
  12. 神経障害性疼痛発症時における脊髄アストロサイトConnexin43の新たな役割, 藤井志織、張 芳芳、中島一恵、仲田義啓、森岡徳光, 第129回日本薬理学会近畿部会, 2016年06月24日, 通常, 日本語
  13. 慢性疼痛モデルマウスにおける不安・うつ様行動と脳グリア細胞機能の解析, 富村 昌暉、中島 一恵、吉井 稔紀、張 芳芳、仲田 義啓、森岡 徳光, 第90回日本薬理学会年会, 2016年03月16日, 通常, 日本語, 長崎市
  14. 神経障害性疼痛発症における脊髄後角での時計遺伝子 Period1 の役割, 佐伯宗紀、森岡徳光、張 芳芳、中島一恵、仲田義啓, 第128回日本薬理学会近畿部会, 2015年11月20日, 通常, 日本語
  15. アドリアマイシン耐性ヒト卵巣癌細胞株の抗癌剤耐性に対するアガリクス抽出物による改善作用の検討, 香川紘乃、青野咲希、田中真衣、中島一恵、森岡徳光、永井賢一郎、佐藤倫子、安原 義、供田 洋、仲田義啓, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会 , 2015年10月31日, 通常, 日本語
  16. Antidepressants activate matrix metalloproteinase (MMP) in astroglial cells: involvement in glial cell line-derived neurotrophic factor (GDNF) expression, H. ABE, K. HISAOKA-NAKASHIMA, N. KAJITANI, M. OKADA-TSUCHIOKA, K. ITAGAKI, M. MORIOKA, Y. NAKATA, M. TAKEBAYASHI, 45th Annual Meeting of Society for Neuroscience, Chicago, 2015年10月21日, 通常
  17. The role of spinal astrocytic Cx43 in the maintenance of neuropathic pain, F. ZHANG, *N. MORIOKA, Y. NAKAMURA, S. FUJII, K. HISAOKA-NAKASHIMA, Y. NAKATA, 45th Annual Meeting of Society for Neuroscience, 2015年10月19日, 通常, 英語
  18. 気分障害のマトリックスメタロプロテアーゼ(MMP)に着目したバイオマーカーおよび創薬に向けた研究, 竹林 実 、柴崎 千代、安倍 裕美、板垣 圭、梶谷 直人、岡田 麻実、中島 一恵、森岡 徳光、仲田 義啓, 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会, 2015年09月24日, 通常, 日本語
  19. ラットアストログリア細胞において三環系抗うつ薬アミトリプチリンはMMP-9活性化を介してグリア細胞由来神経栄養因子(GDNF)mRNA発現を増加させる, 安倍 裕美、中島 一恵、梶谷 直人、岡田 麻実、板垣 圭、森岡 徳光、仲田 義啓、竹林 実, 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会, 2015年09月24日, 通常, 日本語
  20. アミトリプチリンはアストロサイトにおいてGai/oを活性化しグリア細胞由来神経栄養因子(GDNF)を産生する, 中島 一恵、宮野 加奈子、松本 千枝、梶谷 直人、安部 裕美、岡田 麻美、横山 明信、上園 保仁、森岡 徳光、竹林 実、仲田 義啓, 第127回日本薬理学会近畿部会, 2015年06月26日, 通常, 日本語
  21. A novel assay for detecting the activation of G protein-coupled receptors using cellular dielectric spectroscopy, Miyano K, Sudo Y, Yokoyama A, Nishimura H, Kawaida M, Sato S, Nemoto E, Hisaoka-Nakashima K, Takebayashi M, Morioka N, Shiraishi S, Higami Y, Fujii H, Nakata Y, Uezono Y., 第88回日本薬理学会年会 , 2015年03月20日, 通常, 英語
  22. 神経因性疼痛誘発における時計遺伝子Per1 の関わり, 佐伯 宗紀、森岡 徳光、張 芳芳、中島 一恵、仲田 義啓, 第88回日本薬理学会年会 , 2015年03月18日, 通常, 日本語
  23. Serum levels of MMP-3 in mood disorders and schizophrenia: A pilot study, SHIBASAKI C, ABE H, OKADA-TSUCHIOKA M, KAJITANI N, ITAGAKI K, HISAOKA-NAKASHIMA K, TAKEBAYASHI M, 44th Annual Meeting of Society for Neuroscience, 2014年11月18日, 通常, 英語
  24. Tricyclic antidepressant amitriptyline acts on astrocytes leading to the increase in the FGF2 expression: A role of early growth response 1 signaling, KAJITANI N, HISAOKA K, OKADA-TSUCHIOKA M, HOSOI M, SHIBASAKI C, MORIOKA N, NAKATA Y, TAKEBAYASHI M, 44th Annual Meeting of Society for Neuroscience, 2014年11月17日, 通常, 英語
  25. ラット初代培養ミクログリアにおいて三環系抗うつ薬アミトリプチリンが脳由来神経栄養因子(BDNF)mRNA 発現に及ぼす効果の検討, 重藤 貴大、中島 一恵、梶谷 直人、竹林 実、森岡 徳光、仲田 義啓, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会 , 2014年11月08日, 通常, 日本語
  26. アミトリプチリンによるグリア細胞株由来神経栄養因子産生メカニズムの解明:マトリックスメタロプロテアーゼの関与, 安部 裕美、中島 一恵、岡田 麻美、梶谷 直人、板垣 圭、森岡 徳光、竹林 実、仲田 義啓, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会 , 2014年11月08日, 通常, 日本語
  27. アドリアマイシン耐性ヒト卵巣癌細胞におけるアガリクス抽出物及び抗癌剤の併用効果の検討, 田中 真衣、香川 紘乃、青野 咲希、中島 一恵、森岡 徳光、仲田 義啓, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会 , 2014年11月08日, 通常, 日本語
  28. マウス坐骨神経損傷による慢性疼痛における末梢HMGB1 の役割, 原野 さくら、森岡 徳光、張 芳芳、中島 一恵、西堀 正洋、仲田 義啓, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会 , 2014年11月08日, 通常, 日本語
  29. 脊髄アストロサイトConnexin43 の神経障害性疼痛発症への関与, 北村 智哉、森岡 徳光、張 芳芳、藤井 志織、中島 一恵、仲田 義啓, 2014年11月08日, 通常, 日本語
  30. 神経障害性疼痛に対する脊髄後角におけるアストロサイトCx43の関与, 張 芳芳、森岡徳光、北村智哉、藤井志織、中島一恵、仲田義啓, 第126回日本薬理学会近畿部会, 2014年10月24日, 通常, 日本語
  31. 精神疾患における血中matrix metalloproteinasesのバイオマーカーとしての検討, 柴崎千代、安部裕美、梶谷直人、岡田麻美、中島一恵、竹林 実, 安部裕美、梶谷直人、岡田麻美、中島一恵、竹林 実, 第110回日本精神神経学会, 2014年06月26日, 通常, 日本語
  32. ラット初代培養ミクログリアにおける脳由来神経栄養因子(BDNF)発現に対する三環系抗うつ薬アミトリプチリンの影響, 重藤貴大、中島一恵、梶谷直人、竹林 実、森岡徳光、仲田義啓, 第125回日本薬理学会近畿部会 , 2014年06月20日, 通常, 日本語
  33. 脊髄アストロサイトgap junction-Cx43発現低下に対するproteasome系の役割, 張 芳芳、森岡徳光、北村智哉、藤井志織、中島一恵、仲田義啓, 第125回日本薬理学会近畿部会 , 2014年06月20日, 通常, 日本語
  34. 脊髄後角におけるHMGB1による疼痛惹起メカニズムに対するIL-1bの関与, 宮内 一希、張 芳芳、中島 一恵、劉 克約、西堀 正洋、仲田 義啓、森岡 徳光, 第132回日本薬理学会近畿部会 , 2017年11月24日, 通常, 日本語, 大阪市
  35. 神経障害性疼痛モデルマウスにおけるうつ様行動とHMGB1発現解析, 富村 昌暉、中島 一恵、吉井 稔紀、張 芳芳、劉 克約、西堀 正洋、仲田 義啓、森岡 徳光, 第132回日本薬理学会近畿部会, 2017年11月24日, 通常, 日本語, 大阪市
  36. アストロサイトCx43発現低下による神経栄養因子産生亢進メカニズムの検討, 近藤 峻、原田七瀬、瀧本朋代、中村庸輝、中島一恵、仲田義啓、森岡徳光, 第133回日本薬理学会近畿部会, 2018年06月01日, 通常, 日本語, 広島市
  37. 第91回日本薬理学会年会, 2018年07月04日, 通常, 英語
  38. 第91回日本薬理学会年会, 2018年07月04日, 通常, 英語
  39. 第91回日本薬理学会年会, 2018年07月04日, 通常, 英語
  40. ラット大脳皮質由来初代培養アストロサイト及びミクログリアにおけるcorticosterone誘導性high-mobility group box 1放出機構, 中島 一恵、東 穂奈美、石川 史奈、中村 庸輝、仲田 義啓、森岡 徳光, 第29回創薬・薬理フォーラム, 2018年07月14日, 通常, 日本語
  41. 脊髄アストロサイトにおける核内受容体 REV-ERBs を介した炎症性疼痛緩和効果の検討, 吉川 奏、児玉 景太郎、中村 庸輝、中島 一恵、仲田 義啓、森岡 徳光, 第57回日本薬学会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語
  42. 神経障害性疼痛モデルマウスにおける認知機能障害とその発症メカニズムの解明, 吉井 稔紀、中島 一恵、大畑 一努、中村 庸輝、仲田 義啓、森岡 徳光, 第57回日本薬学会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語
  43. ラット大脳皮質初代培養アストロサイトにおいてミルタザピンはGDNF 産生を増加する, 高城 冴花、中島 一恵、渡辺 慎太郎、中村 庸輝、仲田 義啓、森岡 徳光, 第57回日本薬学会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語
  44. アストロサイトにおけるCx43発現低下はモノアミンによる神経栄養因子産生を増強させる, 近藤 峻、原田 七瀬、瀧本 朋代、中村 庸輝、中島 一恵、仲田 義啓、森岡 徳光, 第134回日本薬理学会近畿部会, 2018年11月23日, 通常, 日本語
  45. 神経障害性疼痛モデルマウスにおける不安・うつ様行動はグリチルリチンの慢性投与で改善される, 中島一恵、富村昌暉、吉井稔紀、大畑一努、張 芳芳、中村庸輝、劉 克約、和氣秀徳、西堀正洋、仲田義啓、森岡徳光, 第28回日本臨床精神神経薬理学会・第48回日本神経精神薬理学会 合同年会, 2018年11月16日, 通常, 日本語
  46. ミクログリアにおける炎症反応対す核内受容体 REV -ERBsによる制御, 児玉景太郎, 吉川奏, 武村昌俊, 中村庸輝, 中島一恵 , 森岡徳光, 第30回創薬・薬理フォーラム岡山, 2018年12月22日, 通常, 日本語
  47. 神経障害性疼痛マウスの不安・うつ様行動に対する HMGB1中和抗体の効果に 関する検討, 大畑 一努, 中島 一恵,吉井 ,吉井 稔紀,中村 庸輝,劉 克約,和氣 秀徳,西堀 正洋, 仲田 義啓, 森岡 徳光, 第30回創薬・薬理フォーラム岡山, 2018年12月22日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2006年09月, 日本神経精神薬理学会学術賞, 日本神経精神薬理学会
  2. 2006年09月, 第28回日本生物学的精神医学会・第36回日本神経精神薬理学会・第49回日本神経化学大会・三学会合同年会 優秀演題賞
  3. 2015年03月19日, Journal of Pharmacological Sciences優秀論文賞, 公益社団法人日本薬理学会理事長

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 民間からの助成金, 抗うつ薬の新しい作用部位としての線維芽細胞増殖因子(Fibroblast growth factor; FGF)受容体の機能と役割, 2010年
  2. 民間からの助成金, 抗うつ薬の新規標的分子としてのマトリックスメタロプロテアーゼ(MMP)の機能解析, 2012年
  3. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 線維芽細胞増殖因子(FGF)の新規薬理作用としての抗うつ効果発現機序の解析, 2013年, 2015年
  4. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 抗うつ薬の新規標的分子としての線維芽細胞増殖因子(FGF)受容体の 機能解析, 2011年, 2012年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), グリアにおける抗うつ薬の神経栄養因子誘導作用に関連する新規標的分子の同定, 2008年, 2010年
  6. 第9回内藤記念女性研究者研究助成金, 抗うつ薬の新規薬理作用に関する研究, 2015年, 2017年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 抗うつ薬の新規治療標的分子としての脳マトリックスメタロプロテアーゼの機能解析, 2016年, 2018年