日野 隆太郎Ryuutarou Hino

Last Updated :2019/07/01

所属・職名
大学院工学研究科 機械材料工学講座 准教授
ホームページ
メールアドレス
rhinohiroshima-u.ac.jp
自己紹介
専門分野: ・塑性加工学,弾塑性工学,加工プロセス最適化 主な研究テーマ: ・高張力鋼板,クラッド板(積層板)など各種板材の変形挙動と成形性 ・板材の成形限界 ・軽量難成形板材を対象とした動的局所加熱インクリメンタルフォーミング ・塑性加工における最適化問題,最適工程設計

基本情報

学位

  • 博士(工学) (広島大学)

研究分野

  • 工学 / 機械工学 / 生産工学・加工学
  • 工学 / 機械工学 / 機械材料・材料力学

研究キーワード

  • 板成形
  • 成形限界
  • 塑性加工
  • 多孔質板
  • 局所加熱
  • 工程最適化
  • 金属積層板
  • インクリメンタルフォーミング

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), CAD
  2. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), CAD
  3. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), CAD
  4. 2019年, 学部専門, 2ターム, 基礎材料加工学
  5. 2019年, 学部専門, 2ターム, 基礎材料加工学
  6. 2019年, 学部専門, 1ターム, 弾性力学
  7. 2019年, 学部専門, 4ターム, 塑性力学
  8. 2019年, 学部専門, 1ターム, 成形加工学II
  9. 2019年, 学部専門, 3ターム, Optimization of Structural and Process Design
  10. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 弾塑性学特論
  11. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, Optimization of Structural and Process Design
  12. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 通年, 機械物理工学講究IV
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 機械物理工学講究IA
  14. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 機械物理工学講究IB
  15. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 機械物理工学講究IIA
  16. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 機械物理工学講究IIB
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 機械物理工学セミナーIA
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 機械物理工学セミナーIB
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 機械物理工学セミナーIIA
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 機械物理工学セミナーIIB

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Experimental investigation of stretch flangeability of high-strength steel sheets by means of in-plane stretch bending, Procedia Engineering, 207巻, pp.1928-pp.1933, 20171115
  2. Elimination of springback of high-strength steel sheet by using additional bending with counter punch, JOURNAL OF MATERIALS PROCESSING TECHNOLOGY, 229巻, pp.199-pp.206, MAR 2016
  3. レーザー局所加熱インクリメンタルフォーミング, 素形材, 57巻, 10号, pp.31-pp.35, OCT 2016
  4. 成形シミュレーションを利用した板材プレス工程最適化の動向, 塑性と加工, 57巻, 662号, pp.199-pp.203, MAR 2016
  5. 動的局所加熱逐次張出しによる軽量・難成形板材の成形加工, FORM TECH REVIEW, 25巻, 1号, 2015
  6. Forming Limits of Several High-Strength Steel Sheets under Proportional/Non-Proportional Deformation Paths, Advanced Materials Research, 939巻, pp.260-pp.265, May 2014
  7. Stiffness Improvement of Stamping Die by Means of Topology Optimization, Advanced Materials Research, 939巻, pp.266-pp.273, May 2014
  8. Effect of Counter Punch Pressure on Springback of High Strength Steel Sheet, Advanced Materials Research, 939巻, pp.305-pp.312, May 2014
  9. ★, Incremental forming with local heating by laser irradiation for magnesium alloy sheet, Procedia Engineering, 81巻, pp.2330-pp.2335, 2014
  10. Deformation Behavior and Formability of Sheet Metal Laminate Consisting of Perforated Core Sheet and Thin Skin Sheets, Key Engineering Materials, 535-536巻, pp.254-pp.257, 2013
  11. 板成形シミュレーションにおける最適化, 素形材, 54巻, 4号, pp.51-pp.55, 2013
  12. Springback Prediction for 430SS Stainless Clad Aluminum Alloy Sheet by Using Accurate Cyclic Stress-Strain Response of Individual Layer, STEEL RESEARCH INTERNATIONAL, pp.343-pp.346, 2012
  13. ★, 段差付きビーム部品のしわ, ねじれを改善する最適ドロービード形状の決定, 塑性と加工, 53巻, 620号, pp.831-pp.835, SEP 2012
  14. 高張力鋼板のひずみ経路変化を含む成形限界, 塑性と加工, 53巻, 621号, pp.891-pp.895, OCT 2012
  15. 塑性加工プロセスの数値最適化 ―板材プレス成形を中心として―, 塑性と加工, 53巻, 615号, pp.307-pp.311, 2012
  16. ★, 高張力鋼板のひずみ経路変化を含む張出し成形限界予測, 塑性と加工, 52巻, 606号, pp.821-pp.827, JUL 2011
  17. Bauschinger Effect on Springback of Clad Sheet Metals in Draw Bending, MATERIALS TRANSACTIONS, 51巻, 7号, pp.1364-pp.1366, JUL 2010
  18. Elasto-Plasticity Behavior of High Strength Steel Sheet in Biaxial Stress Path Change, MATERIALS TRANSACTIONS, 51巻, 10号, pp.1814-pp.1818, OCT 2010
  19. Incremental Forming with Local Heating for Aluminum-Magnesium Alloy Sheet, STEEL RESEARCH INTERNATIONAL, 81巻, 9号, pp.946-pp.949, SEP 2010
  20. 板材の局所加熱インクリメンタル成形, 塑性と加工, 51巻, 591号, pp.297-pp.301, APR 2010
  21. ★, Air bending and springback of stainless steel clad aluminum sheet, Journal of Materials Processing Technology, 210巻, 2号, pp.272-pp.278, JAN 2010
  22. Effects of strain rate, temperature and sheet thickness on yield locus of AZ31 magnesium alloy sheet, JOURNAL OF MATERIALS PROCESSING TECHNOLOGY, 201巻, 1-3号, pp.395-pp.400, MAY 26 2008
  23. ★, A new algorithm for reduction of number of press-forming stages in forging processes using numerical optimization and FE simulation, INTERNATIONAL JOURNAL OF MECHANICAL SCIENCES, 50巻, 5号, pp.974-pp.983, MAY 2008
  24. ★, INCREMENTAL SHEET FORMING WITH LOCAL HEATING FOR LIGHTWEIGHT HARD-TO-FORM MATERIAL, INTERNATIONAL JOURNAL OF MODERN PHYSICS B, 22巻, 31-32号, pp.6082-pp.6087, 20081201
  25. NUMERICAL OPTIMIZATION OF SHEET METAL FORMING PROCESS USING NEW FRACTURE CRITERION, INTERNATIONAL JOURNAL OF MODERN PHYSICS B, 22巻, 31-32号, pp.5692-pp.5698, 20081201
  26. ★, Optimum blank design for sheet metal forming based on the interaction of high- and low-fidelity FE models, ARCHIVE OF APPLIED MECHANICS, 75巻, 10-12号, pp.679-pp.691, OCT 2006
  27. Optimum Blank Design for Deep Drawing Using Interaction of High and Low Fidelity Simulation, 21st International Congress of Theoretical and Applied Mechanics (ICTAM04) CD-ROM Proceedings, 20040801
  28. Optimum blank design for sheet metal forming process using high- and low-fidelity models, Short Papers of The Fifth World Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization(WCSMO5), 5巻, pp.435-pp.436, 20030501
  29. Springback of sheet metal laminates in draw-bending, Journal of Materials Processing Technology, 139巻, 1-3号, pp.341-pp.347, 20030801
  30. 四角筒絞りのブランク形状の最適化, プレス技術, 41巻, 11号, pp.29-pp.33, 20031101
  31. Inverse approach to identification of material parameters of cyclic elasto-plasticity for component layers of a bimetallic sheet, International Journal of Plasticity, 19巻, 12号, pp.2149-pp.2170, 20031201
  32. Springback of sheet metal laminates in draw-bending, JOURNAL OF MATERIALS PROCESSING TECHNOLOGY, 139巻, 1-3号, pp.341-pp.347, AUG 20 2003
  33. ★, 金属積層板の引張曲げ・曲げ戻しにおける変形挙動, 日本機械学会論文集A編, 62巻, 595号, pp.753-pp.760, 19960301
  34. ★, 金属積層板の引張曲げにおける破断荷重, 日本機械学会論文集A編, 61巻, 592号, pp.2560-pp.2565, 19951201

受賞

  1. 2016年05月20日, 公益財団法人天田財団 第14回助成研究成果発表会 優秀賞, 公益財団法人天田財団理事長
  2. 2012年06月07日, 日本塑性加工学会 平成24年度日本塑性加工学会賞「論文賞」, 一般社団法人日本塑性加工学会長, 高張力鋼板のひずみ経路変化を含む張出し成形限界予測
  3. 2012年06月07日, 日本塑性加工学会 平成24年度日本塑性加工学会賞「学術賞」, 一般社団法人日本塑性工学会長, 種々の板材についての成形性,成形法及び工程最適化に関する研究
  4. 2002年11月, 日本塑性加工学会優秀論文講演奨励賞, 日本塑性加工学会, 高精度・低精度解析モデルの併用による角筒深絞りブランク形状最適化
  5. 2001年05月, 日本塑性加工学会新進賞, 日本塑性加工学会, 金属積層板の塑性変形挙動と成形性に関する基礎的研究

社会活動

委員会等委員歴

  1. 広島県研究開発評価会議技術評価委員, 2015年11月, 2016年03月, 広島県立総合技術研究所
  2. 広島県産業科学技術研究所プロジェクト研究員, 2011年04月, 2014年03月, (財)ひろしま産業振興機構

学術会議等の主催

  1. 第13回塑性工学とその応用に関するアジア-太平洋国際シンポジウム(AEPA2016), AEPA2016実行委員会, 2016年12月, 2016年12月