作野 裕司Yuuji Sakuno

Last Updated :2017/11/01

所属・職名
大学院工学研究科 輸送・環境システム講座 准教授
ホームページ
メールアドレス
sakunohiroshima-u.ac.jp
自己紹介
私の専門は沿岸の環境に関するリモートセンシング工学です.

基本情報

主な職歴

  • 2000年10月01日, 2001年03月31日, 広島大学, 工学部, 助手
  • 2001年04月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究科, 助手
  • 2007年04月01日, 2010年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究科, 助教
  • 2010年04月01日, 2014年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究院, 助教
  • 2014年04月01日, 広島大学, 大学院工学研究院, 准教授

学歴

  • 東京大学, 工学系研究科, 地球システム工学, 日本, 1996年10月, 2000年03月
  • 島根大学, 理学研究科, 地質学専攻, 日本, 1994年04月, 1996年03月
  • 鳥取大学, 教育学部, 小学校教員養成課程, 日本, 1990年04月, 1994年03月

学位

  • 博士(工学) (東京大学)
  • 修士(理学) (島根大学)

研究分野

  • 工学 / 総合工学 / 船舶海洋工学
  • 工学 / 土木工学 / 水工学

研究キーワード

  • リモートセンシング
  • 海洋
  • 水質
  • 災害

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 教養教育, セメスター(後期), 乗り物と輸送の科学[1工四]
  2. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 自然環境システム
  3. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), リモートセンシング工学
  4. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 輸送機器環境工学実験
  5. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), リモートセンシング特論
  6. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), Advanced Remote Sensing Engineering
  7. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 輸送・環境システム講究I
  8. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 輸送・環境システム講究II
  9. 2017年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 輸送・環境システム講究V
  10. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 輸送・環境システムセミナーI
  11. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 輸送・環境システムセミナーII

教育に関する受賞

  • 2014年11月10日, 広島大学大学院工学研究科・工学部教育顕彰, 広島大学大学院工学研究科
  • 2015年05月13日, 船舶海洋科学技術啓発広報活動奨励賞, 日本船舶海洋工学会西部支部

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. SPOT/HRVデータによるアオコ発生時の宍道湖表層クロロフィルムの濃度分布の推定, 日本リモートセンシング学会, 19巻, 2号, pp.20-pp.36, 19990401
  2. 多時期SPOT HRVデータによる宍道湖表層の総一次生産量モニタリング, 日本リモートセンシング学会, 21巻, 2号, pp.141-pp.149, 20010401
  3. Monitoring primary production in brackish Lake Shinji using multi-date satellite data, Proceedings of the 23rd International Symposium on Space Technology and Science, 20020401
  4. Preliminary study of the monitoring for turbid coastal waters using a new satellite sensor, "ASTER", Proceedings of the 12 the (2002) Internatioal Offshore and Polar Engineering Conference, CD-ROM(II)巻, pp.341-pp.347, 20020501
  5. 多時期Landsat/TMデータを用いた宍道湖・中海のクロロフィルa濃度分布推定, 海岸工学論文集, 50巻, pp.1011-pp.1015, 20031101
  6. 海色センサMODISを用いた広島湾の赤潮分布推定, 海岸工学論文集, 51巻, pp.956-pp.960, 20041101
  7. Estimation of Anoxic Water Distribution in Hiroshima Bay using Satellite Thermal Image, JOURNAL OF COASTAL RESEARCH, pp.1023-pp.1028, 20071201
  8. 地上ハイパースペクトル計測による草量と飼料成分の推定-西条ステーション内のイタリアンライグラス採草地における事例-, 瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター報告, 7号, pp.31-pp.35, 20100301
  9. リモートセンシングを用いた生態系の問題解決に向けた応用場面と要件の収集, 日本リモートセンシング学会誌, 31巻, 1号, pp.87-pp.90, 20110101
  10. Assessment of the heavy metals and nutrients status in the seawater, sediment and seagrass in Banten Bay, Indonesia and their distributional patterns, Journal of Fisheries International, 6巻, 1号, pp.18-pp.25, 20110401
  11. Escherichia Coli and biophysicochemical relationships of seawater and water pollution index in the Jakarta Bay, American Journal of Environmental Sciences, 7巻, 3号, pp.183-pp.194, 20110701
  12. Evaluating spatio-seasonal patterns of river- and groundwater quality in the city of Jakarta, Indonesia, using a pollution index, Journal of Japan Agricultural System Society, 27巻, 3号, pp.91-pp.102, 20110701
  13. Estimating the spatial distribution of green herbage biomass and quality by geostatistical analysis with field hyperspectral measurements, GRASSLAND SCIENCE, 57巻, 3号, pp.142-pp.149, 20110901
  14. Mapping herbage biomass and nitrogen status in an Italian ryegrass (Lolium multiflorum L.) field using a digital video camera with balloon system, JOURNAL OF APPLIED REMOTE SENSING, 5巻, 20111114
  15. Thematic information content assessment of the ASTER GDEM: a case study of watershed delineation in West Java, Indonesia, REMOTE SENSING LETTERS, 3巻, 5号, pp.423-pp.432, 20110901
  16. Hyperspectral Reflectance Response of Seagrass (Enhalus acoroides) and Brown Algae (Sargassum sp.) to Nutrient Enrichment at Laboratory Scale, JOURNAL OF COASTAL RESEARCH, 28巻, 4号, pp.956-pp.963, 20120701
  17. Evaluation of ASTER GDEM2 in Comparison with GDEM1, SRTM DEM and Topographic-Map-Derived DEM Using Inundation Area Analysis and RTK-dGPS Data, REMOTE SENSING, 4巻, 8号, pp.2419-pp.2431, 20120801
  18. Chlorophyll-a estimation in Tachibana Bay by data fusion of GOCI and MODIS using linear combination index algorithm, Advances in Remote Sensing, 2巻, pp.292-pp.296, 20131201
  19. Chlorophyll data fusion in Tachibana Bay using COMS GOCI and MODIS data by the LCI method, 2013 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS 2013), pp.1594-pp.1597, 20130701
  20. 汽水化直後の湖山池湖水の分光反射率特性と水質との関係, 土木学会論文集B3(海洋開発), 69巻, 2号, pp.I_551-pp.I_556, 20130601
  21. 生物光学モデルを利用した濁ったサンゴ礁上の海色再現, 土木学会論文集B2(海岸工学), 69巻, 2号, pp.I_1131-pp.I_1135, 20131101
  22. 衛星リモートセンシングを用いた東京湾における青潮分布の形成過程に関する解析, 土木学会論文集B2(海岸工学), 69巻, 2号, pp.I_1451-pp.I_1455, 20131101
  23. Estimation of growth area of aquatic macrophytes expanding spontaneously in Lake Shinji using ASTER data, International Journal of Geosciences, 4巻, 6A1号, pp.1-pp.5, 20131101
  24. ★, Chlorophyll and suspended sediment mapping to the Caribbean Sea from rivers in the capital city of the Dominican Republic using ALOS AVNIR-2 data, ENVIRONMENTAL MONITORING AND ASSESSMENT, 186巻, 7号, pp.4181-pp.4193, 20140701
  25. 衛星リモートセンシングを用いた東京湾における高濃度化したクロロフィルa分布の変動要因に関する考察, 土木学会論文集B2(海岸工学), 70巻, 2号, pp.I_1091-pp.I_1095, 20141101
  26. GOSAT CAIを利用した陸上のPM2.5分布推定, 日本リモートセンシング学会誌, 34巻, 4号, pp.306-pp.313, 20140901
  27. Monitoring land use and land cover effects on water quality in Cheung Ek lake using ASTER images, American Journal of Environmental Sceiences, 11巻, pp.1-pp.12, 20150401
  28. Relationship between turbid water and coral damage distribution using ALOS AVNIR-2 images and diving survey data immediately after the heavy rain disaster of the Amami-Oshima Island, Japan, Advances in Remote Sensing, 4巻, pp.25-pp.34, 20150301
  29. 夏季と冬季における東京湾のクロロフィルa分布の形成パターンの分類, 土木学会論文集B2(海岸工学), 71巻, 2号, pp.I_1303-pp.I_1308, 20151111
  30. 東京湾における海色リモートセンシングを用いた水環境モニタリング手法の提案, 土木学会論文集B2(海岸工学), 71巻, 2号, pp.I_1735-pp.I_1740, 20151111
  31. Validation of chlorophyll-a retrieval method for GCOM SGLI using a modified simple bio-optical algorithm in Tokyo Bay, The International Symposium on Remote Sensing 2015
  32. Comparison of PM2.5 detection accuracy over land and sea using GOSAT CAI data, ISRS2015 (The International Symposium on Remote Sensing 2015), 20150422
  33. Chlorophyll-a estimation in Lake Shinji from Lake Shinji from Landsat-8 OLI data using Linear Combination Index (LCI) algorithm, IGARSS2015 (International Geoscience and Remote Sensing Symposium 2015), 20150726
  34. Lake surface salinity estimation using Landsat-8 data in the brackish Lake Shinji, ACRS2015 (The 36th Asian Conference on Remote Sensing),, 20151019
  35. Monitoring of surface chlorophyll-a around the laver cultivation area of the Seto Inland Sea using GOCI data, AWOC2015-KJWOC (The 3rd Asian / 12 th Korean-Japan Workshop on Ocean Color)
  36. Retrieval of Chlorophyll-a and Total Suspended Solids Using Iterative Stepwise Elimination Partial Least Squares (ISE-PLS) Regression Based on Field Hyperspectral Measurements in Irrigation Ponds in Higashihiroshima, Japan, REMOTE SENSING, 9巻, 3号, MAR 2017
  37. 沿岸環境評価のための衛星リモートセンシングの現状と課題, 沿岸海洋研究, 54巻, 1号, pp.69-pp.74, 20160801
  38. 汽水湖東郷池における非接触クロロフィル推定手法の検証, 土木学会論文集 B3(海洋開発), 72巻, 2号, pp.I_964-pp.I_964, 20160601
  39. Validation of surface chlorophyll-a in the center of Seto Inland Sea using GOCI data, ISRS2016 (The International Symposium on Remote Sensing 2016), 20160420

著書等出版物

  1. 1999年, 中海本庄工区の生物と自然(共著) , たたら書房, 1999年, 作野 裕司
  2. 2005年03月, 地球観測データの利用(2) , (財)資源・環境観測解析センター・ 資源・環境リモートセンシング実用シリーズ⑤, 2005年, 03, 単行本(学術書), 共著, 松永恒雄 作野 裕司 , 318
  3. 2011年06月, 基礎からわかるリモートセンシング, 2011年, 6, 単行本(学術書), 共著, 日本語
  4. 2013年11月25日, REMOTE SENSING AN INTRODUCTION TEXTBOOK, REMOTE SENSING AN INTRODUCTION TEXTBOOK, 丸善プラネット, 2013年, 11, 単行本(学術書), 共著, ENGLISH, 301, 2

受賞

  1. 2013年09月01日, 日本学術振興会ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞, 独立行政法人日本学術振興会理事長
  2. 2000年05月, 日本リモートセンシング学会論文奨励賞, 日本リモートセンシング学会・小川克郎, SPOT/HRVデータによるアオコ発生時の宍道湖表層クロロフィルa濃度分布の推定