渡邊 誠MAKOTO WATANABE

Last Updated :2020/08/03

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 准教授
メールアドレス
mwata52hiroshima-u.ac.jp

基本情報

学歴

  • 広島大学, 文学研究科, 人文学専攻 博士課程後期, 日本, 2002年, 2005年

学位

  • 博士(文学) (広島大学)
  • 修士(文学) (広島大学)

研究分野

  • 人文学 / 史学 / 日本史

研究キーワード

  • 平安時代,対外関係,日宋貿易,宮廷社会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, 2ターム, 日本史A
  2. 2020年, 教養教育, 3ターム, 日本史A
  3. 2020年, 教養教育, 1ターム, 日本の歴史と文化[旧パッケージ]
  4. 2020年, 教養教育, 4ターム, 日本の歴史と文化[旧パッケージ]
  5. 2020年, 学部専門, 1ターム, 研究指導IIB
  6. 2020年, 学部専門, 2ターム, 日本文化史
  7. 2020年, 学部専門, 4ターム, 日本文化史
  8. 2020年, 学部専門, 3ターム, 日本文化史演習
  9. 2020年, 学部専門, 1ターム, 地域を科学する
  10. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 総合科学演習
  11. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 日本地域研究
  12. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, アジア文化論(伝統文化)

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 平安貴族の対外意識と異国牒状問題, 歴史学研究, 823号, pp. 1-17, 20070115
  2. 地域呼称「中国」の成立と変遷, 芸備地方史研究, 257号, pp. 3-25, 20071025
  3. 日本古代の朝鮮観と三韓征伐伝説―朝貢・敵国・盟約―, 文化交流史比較プロジェクト研究センター報告書, 6号, pp. 1-28, 20090331
  4. 平安末・鎌倉初期の宋銭流通と国家, 九州史学, 153号, pp. 1-23, 20091201
  5. 日本古代の対外交易および渡海制について, 東アジア世界史研究センター年報, 3号, pp. 69-94, 20091218
  6. 鞆の浦の伝承と信仰―平家伝説・福禅寺縁起と熊野信仰―, 芸備地方史研究, 268-269号, pp. 26-47, 20100226
  7. 大臣大饗と太政官, 九州史学, 156号, pp. 76-96, 20100915
  8. 俸料官符考―平安中後期財政史研究の再検討に向けて―, 史学雑誌, 114巻, 1号, pp. 37-60, 20050120
  9. 俸料官符追考, 史学研究, 269号, pp. 1-22, 20100930
  10. ★, 後白河法皇の阿育王山舎利殿建立と重源・栄西, 日本史研究, 579号, pp. 1-27, 20101120
  11. 大臣大饗沿革考, 史人, 3号, pp. 11-32, 20110531
  12. 朱器大饗と摂関, 史人, 4号, pp. 56-67, 20120824
  13. 後白河・清盛政権期における日宋交渉の舞台裏, 芸備地方史研究, 282-283号, pp. 15-45, 20121228
  14. 寛平の遣唐使派遣計画の実像, 史人, 5号, pp. 63-79, 20131228
  15. 安芸国の国司神拝, 芸備地方史研究, 292号, pp. 1-25, 20150210
  16. 平安・鎌倉期「唐船」考, 九州史学, 170号, pp. 19-48, 20150717
  17. 年紀制に関する補説―河内春人・中村翼両氏の批判に対する回答を中心に―, 史人, 6号, pp. 102-133, 20151228
  18. ★, 日本律令国家の儀礼体系の成立と蕃国・夷狄, 九州史学, 174号, pp. 1-33, 20160901
  19. 胎蔵寺本尊胎内施入の元版本『大乗妙法蓮華経』について, 芸備地方史研究, 303号, pp. 1-33, 20161025
  20. 備後安国寺住僧歴名について, 芸備地方史研究会, 298号, pp. 1-15, 20151125
  21. 『小右記』にみる朱器台盤と大饗・節供, 史人, 6号, pp. 159-170, 20151228
  22. 備後国の臨済宗法燈派(安国寺・常興寺・善昌寺)についての補訂, 芸備地方史研究, 309号, pp. 1-16, 20180220
  23. 大臣大饗成立試論, 史人, 7号, pp. 81-95, 20180310
  24. 自然災害と民衆・国家―九世紀陸奥国奥郡の騒擾をめぐって―, 史人, 7号, pp. 96-104, 20180310
  25. ★, 日本律令国家における夷狄身分の解体, 史学研究, 305号, pp. 1-28, 20200331

著書等出版物

  1. 2012年02月20日, 『平安時代貿易管理制度史の研究』, 思文閣出版, 2012年, 02, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 978-4-7842-1612-3, 372
  2. 2016年11月01日, 大津透編『史学会シンポジウム叢書 摂関期の国家と社会』, 「国際環境のなかの平安日本」, 山川出版社, 2016年, 11, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 大津透,大隅清陽ほか, 231-253
  3. 2017年06月30日, 鈴木靖民・金子修一・田中史生・李成市編『日本古代交流史入門』, 「海商と古代国家」, 勉誠出版, 2017年, 6, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 鈴木靖民,金子修一,田中史生,李成市,鈴木英夫,高田貫太,河上麻由子,石見清裕,河内春人,大隅清陽,仁藤敦史,河野貴美子,山内晋次,榎本渉,渡邊誠,山崎雅念,横内裕人,佐藤全敏,簑島栄紀,高梨修,三上喜孝,森公章,榎本淳一,新川登亀男,遠藤慶太,廣瀬憲雄,江川式部,戸川貴行,小倉慈司,小幡みちる,今津勝紀,市大樹,橋本繁,水口幹記,飯田剛彦,高橋照彦,林南壽, 978-4-585-22161-6, 573, 222-247

社会活動

委員会等委員歴

  1. 尾道市史編集委員会専門部会(古代)委員, 2018年04月01日, 2019年03月, 尾道市