竹田 一彦Kazuhiko Takeda

Last Updated :2019/12/02

所属・職名
大学院統合生命科学研究科生生・環境分析化学(生生支援室)准教授
ホームページ
メールアドレス
takedaqhiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山一丁目7番1号 総合科学部B507
TEL:0824-24-6506 FAX:0824-24-0758

基本情報

主な職歴

  • 1990年12月01日, 1999年03月31日, 広島大学総合科学部助手, 広島大学助手
  • 1999年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 助教授

学歴

  • 広島大学, 生物圏科学研究科, 環境計画科学, 日本, 1987年04月, 1989年03月
  • 広島大学, 理学部, 物性学科, 日本, 1983年04月, 1987年03月

学位

  • 博士(学術)(広島大学)
  • 学術修士(広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 総合科学部 : 総合科学科
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生命環境総合科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生命環境総合科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 総合科学プログラム

研究分野

  • 化学 / 複合化学 / 分析化学
  • 環境学 / 環境解析学 / 環境動態解析
  • 環境学 / 環境保全学 / 環境モデリング・保全修復技術

研究キーワード

  • 活性酸素
  • OHラジカル
  • フミン物質
  • 溶存有機物
  • 天然水
  • 光化学過程
  • アルデヒド
  • 高速液体クロマトグラフィー
  • 微量元素分析
  • ICP-MS

所属学会

  • 日本分析化学会, 1991年
  • 日本化学会, 1992年
  • 日本地球化学会, 1992年
  • 日本海洋学会, 1998年

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 4ターム, 環境と化学[旧パッケージ]
  2. 2019年, 教養教育, 2ターム, 初修化学(受講場所:東広島キャンパス)[1生]
  3. 2019年, 教養教育, 2ターム, 初修化学(受講場所:霞キャンパス)[1歯保]
  4. 2019年, 教養教育, 3ターム, 化学実験法・同実験I[1教自,1教人,1理生]
  5. 2019年, 教養教育, 4ターム, 化学実験法・同実験II[1教自,1教人,1理生]
  6. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 自然科学実験
  7. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 自然科学実験法
  8. 2019年, 学部専門, 1ターム, 環境分析化学
  9. 2019年, 学部専門, 集中, 自然環境航海実習
  10. 2019年, 学部専門, 3ターム, 自然環境実験A
  11. 2019年, 学部専門, 3ターム, 自然環境実験法A
  12. 2019年, 学部専門, 1ターム, 自然環境実験B
  13. 2019年, 学部専門, 1ターム, 自然環境実験法B
  14. 2019年, 学部専門, 2ターム, 自然環境実験C
  15. 2019年, 学部専門, 2ターム, 自然環境実験法C
  16. 2019年, 学部専門, 4ターム, 自然環境演習
  17. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 環境予測制御論演習(B)
  18. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 環境予測制御論演習(B)
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 環境予測制御論実習
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  21. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 気水圏化学計測論
  22. 2019年, 修士課程・博士課程前期, ターム外(前期), 気水圏化学計測論実験実習
  23. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 生命科学研究計画法
  24. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 総合科学系演習Ⅰ
  25. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生命環境総合科学特別研究
  26. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究
  27. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生命環境総合科学特別演習A
  28. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生命環境総合科学特別演習A
  29. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命環境総合科学特別演習B
  30. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生命環境総合科学特別演習B
  31. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 総合科学系概論
  32. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 大気水圏化学
  33. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 総合科学系演習II
  34. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 4ターム, 統合生命総合科学演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Light-Induced Generation of Charge Carriers in Porphyrin Solids Doped with Electron-Accepting and Donatiny Molecules, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 62巻, pp. 1458-1462, 1989
  2. 新しい有機薄膜作製法と同分子薄膜の機能性, 電子情報通信学会技術報告, OHE89-13巻, pp. 25-30, 1989
  3. ★, Preparation of Porphyrin Thin Films Using the Micelle Disruption Method and Their Photoresponses., Japanese Journal of Applied Physics, 28(L)巻, pp. L141-L143, 1989
  4. ★, Photoelectrochemical and Optical Properties of Porphyrin Thin Films Prepared by the Electrolytic Micelle Disruption Method., Canadian Journal of Chemistry, 69巻, pp. 192-197, 1991
  5. ★, Determination of nitrate in natural waters with the photo-induced conversion of nitrate to nitrite, Analytica Chimica Acta, 276巻, pp. 25-32, 1993
  6. Diurnal and Seasonal distribution of hydrogen peroxide in seawater of Seto In1and Sea., Geochemical Journal, 27巻, pp. 103-115, 1993
  7. Moleculer solid of zinc tetraphenilporphyrin as a model organic semiconductor with a well-defined deplition layer., Journal of Physics and Chemistry of Solids, 56巻, pp. 1223-1229, 1995
  8. Thermal lens produced in nematic liquid crystal., Applied Spectroscopy, 49巻, pp. 1189-1192, 1995
  9. 広島県における大気および雨水中の有機酸の測定, 日本化学会誌, 1995巻, 10号, pp. 823-829, 1995
  10. ★, Characteristics on the determination of dissolved organic nitrogen compounds in natural waters using titanium dioxide and platinized titanium dioxide mediated photocatalytic degradation, Water Research, 30巻, pp. 323-330, 1996
  11. Magneto-optic fluorescence behavior of anthracene and its derivatives in a diluted magnetic fluid solution, Spectroscopy Letter, 30巻, pp. 1135-1147, 1997
  12. A new, automatic hydrothermal fluid sampler using a shape memory alloy, Journal of Oceanography, 54巻, pp. 241-246, 1998
  13. ★, 中国地方のアカ松年輪中の重金属濃度および鉛安定同位体比の測定と海底堆積物との比較, 日本化学会誌, 1998巻, 2号, pp. 99-106, 1998
  14. ★, 瀬戸内海における海洋光化学反応の解析, 海の研究, 8巻, 5号, pp. 323-332, 1999
  15. 東広島における降水中有機酸の濃度沈着量および発生源, 日本化学会誌, 2000巻, 5号, pp. 357-366, 2000
  16. ★, Three-year determination of trace metals and the Lead isotope ratio in rain and snow depositions collected in Higashi- Hiroshima, Japan., Atmospheric Environment, 34巻, pp. 4525-4535, 2000
  17. 広島県極楽寺山におけるアカマツ葉枝上の酸性沈着物質, 日本生気象学会雑誌, 37巻, pp. 15-20, 2000
  18. The determination of dissolved total Fe by flow injection analysis in environmental samples, Analytical Science & Technology, 14巻, 6号, pp. 510-515, 2001
  19. Chemical compositions in rainwater at Hiroshima Prefecture, Japan, Analytical Science & Technology, 15巻, 4号, pp. 321-328, 2002
  20. Evaluation of cation exchange processes in acid soil slope for solute transport modelling in unsaturated zone, Carolinae-Geologica Acta Universitatis, 46巻, 42769号, pp. 439-441, 2002
  21. The photochemical reactions of iron species in rain and snow in Higashi-Hiroshima, Japan, Analytical Science & Technology, 16巻, 6号, pp. 466-474, 2003
  22. ★, Determination of Hydroxyl Radical Photoproduction Rates in Natural Waters, Analytical Sciences, 20巻, 1号, pp. 153-158, 2004
  23. 広島湾における海水中の過酸化水素の分布と挙動, 海の研究, 13巻, pp. 1-12, 2004
  24. ★, 河川水における溶存化学成分からのヒドロキシルラジカルの光化学的生成に関する研究, 水環境学会誌, 28巻, 8号, pp. 509-513, 2005
  25. 都市化地域の河川流域におけるBODに対する窒素負荷の影響, 用水と排水, 48巻, 6号, pp. 66-73, 2006
  26. 広島県における大気,雨水,露,河川水,飲料水中の過酸化物の測定及び生成・消失機構, 地球化学, 40巻, pp. 47-63, 2006
  27. ★, Rapid and highly sensitive determination of low-molecular-weight carbonyl compounds in drinking water and natural water by preconcentration HPLC with 2,4-dinitrophenylhydrazine, Analytical Sciences, 22巻, 12号, pp. 1509-1514, 43075
  28. Dissolved organic matter originating from the riparian shrub Salix gracilistyla, Journal of Forest Research, 12巻, 1号, pp. 68-74, 42773
  29. Improvement of photovoltages in organic dye-sensitized solar cells by Li-intercalation in particulate TiO2 electrodes, Applied Physics Letters, 90巻, pp. 103517 1-3, 2007
  30. Contribution of the photo-fenton reaction to hydroxyl radical formation rates in river and rain water samples, Analytical Sciences, 23巻, 9号, pp. 1137-1142, 42985
  31. Exploring the correlation of particulate PAHs, sulfur dioxide, nitrogen dioxide and ozone, a preliminary study, Water Air and Soil Pollution, 194巻, pp. 5-12, 2008
  32. Polycyclic aromatic hydrocarbons (PAHs) associated with atmospheric particles in Higashi Hiroshima, Japan: Influence of meteorological conditions and seasonal variations, Atmospheric Research, 88巻, 42798号, pp. 224-233, 42894
  33. Application of Fenton reaction for nanomolar determination of hydrogen peroxide in seawater, Analytica Chimica Acta, 627巻, 2号, pp. 270-276, OCT 10 2008
  34. Periphyton contribution to nitrogen dynamics in the discharge from a wastewater treatment plant, River Research and Applications, 25巻, 2号, pp. 229-235, 42775
  35. Transesterification of soybean oil using combusted oyster shell waste as a catalyst, Bioresource Technology, 100巻, 3号, pp. 1510-1513, 42775
  36. ★, 水中低分子アルデヒドの高感度分析におけるブランク低減へのγ線照射の応用, 分析化学, 58巻, 2号, pp. 101-105, 42775
  37. 小さな池での堆積物コアを用いた長期間の環境汚染モニタリングの提案, 人間と環境, 35巻, 1号, pp. 14-17, 20090301
  38. Development of an Analytical Method for Nitric Oxide Radical Determination in Natural Waters, Analytical Chemistry, 81巻, 16号, pp. 6843-6850, AUG 15 2009
  39. Measuring the Photochemical Production of Carbon Dioxide from Marine Dissolved Organic Matter by Pool Isotope Exchange, Environmental Science & Technology, 43巻, 22号, pp. 8604-8609, NOV 15 2009
  40. 広島県河川水中における除草剤ジウロンの濃度,分解速度,半減期,分解産物に関する研究, 地球化学, 44巻, pp. 1-15, 2010
  41. Photochemical Production and Consumption Mechanisms of Nitric Oxide in Seawater, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, 44巻, 22号, pp. 8403-8408, NOV 15 2010
  42. ★, 天然水中の光化学反応?できるものとなくなるもの?., 海洋化学研究, 23巻, pp. 118-120, 210 2010
  43. Atmospheric formaldehyde and acetaldehyde at the campus University of Hiroshima, Japan., Semina: Ciencias Exatas e Tecnologicas, Londrina, 31巻, 1号, pp. 23-29, 2010
  44. ★, Chemical Dosimetry System for gamma-Ray Irradiation Based on the Formation of Phenol from Aqueous Benzene Solutions, ANALYTICAL SCIENCES, 27巻, 12号, pp. 1213-1216, 43080
  45. 街路樹から得られた木質バイオマス中の重金属汚染に対する磁気スクリーニング, 日本エネルギー学会誌, 91巻, 2号, pp. 118-126, 20120201
  46. 木質震災瓦礫の重金属汚染に対する磁気スクリーニング, 日本エネルギー学会誌, 91巻, 11号, pp. 1202-1206, 20121101
  47. Occurrence of Diuron and Irgarol in seawater, sediments and planktons of Seto Inland Sea, Japan, GEOCHEMICAL JOURNAL, 46巻, 3号, pp. 169-177, 2012
  48. Combined adsorption and oxidation mechanisms of hydrogen sulfide on granulated coal ash, JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE, 377巻, pp. 284-290, JUL 1 2012
  49. Mechanisms of Hydrogen Sulfide Removal with Steel Making Slag, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, 46巻, 18号, pp. 10169-10174, SEP 18 2012
  50. 揮散損失を低減した溶存揮発性水銀捕集用海水サンプラーの開発と揮散損失が水銀放出フラックスの見積もりに与える影響, 分析化学, 61巻, 12号, pp. 1063-1072, 43081
  51. 付着微細藻の増殖に対する炭酸化製鋼スラク?の影響, 鉄と鋼, 99巻, 3号, pp. 260-266, 42807
  52. ★, Phenol Formation in Gamma Radiolysis of Aqueous Benzene Solution with Sodium Hypochlorite, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A, 117巻, 9号, pp. 1941-1945, MAR 7 2013
  53. ★, Determination of phenolic concentrations in dissolved organic matter pre-concentrate using solid phase extraction from natural water, MARINE CHEMISTRY, 157巻, pp. 208-215, DEC 20 2013
  54. 沿岸海洋生態系再生のための鉄溶出施肥材の開発, 水産工学, 51巻, 2号, pp. 105-115, 2014
  55. Removal of hydrogen sulfide with steelmaking slag by concurrent reactions of sulfide mineralization and oxidation, ECOLOGICAL ENGINEERING, 63巻, pp. 122-126, 42780
  56. ★, Spatial distributions of and diurnal variations in low molecular weight carbonyl compounds in coastal seawater, and the controlling factors, SCIENCE OF THE TOTAL ENVIRONMENT, 493巻, pp. 454-462, SEP 15 2014
  57. Sources of hydroxyl radical in headwater streams from nitrogen-saturated forest, CHEMOSPHERE, 119巻, pp. 1386-1390, 20150115
  58. Antifouling agents and Fenitrothion contamination in seawater, sediment, plankton, fish and selected marine animals from the Seto Inland Sea, Japan, GEOCHEMICAL JOURNAL, 49巻, 1号, pp. 23-37, 20150101
  59. Photoformation rate, steady-state concentration and lifetime of nitric oxide radical (NO center dot) in a eutrophic river in Higashi-Hiroshima, Japan, CHEMOSPHERE, 119巻, pp. 302-309, 42750
  60. Diuron, Irgarol 1051 and Fenitrothion contamination for a river passing through an agricultural and urban area in Higashi Hiroshima City, Japan, SCIENCE OF THE TOTAL ENVIRONMENT, 518巻, pp. 450-458, JUN 15 2015
  61. Novel Fluorometric Method for the Determination of Production Rate and Steady-State Concentration of Photochemically Generated Superoxide Radical in Seawater Using 3 ',6 '-(Diphenylphosphinyl)fluorescein, ANALYTICAL CHEMISTRY, 87巻, 24号, pp. 11998-12005, DEC 15 2015
  62. 鉄溶出施肥材適用によるカキ成長促進の試み, 水産工学, 53巻, 2号, pp. 81-85, 20161101
  63. Contamination and ecological risk assessment of heavy metal in the sediment of Ala River, South-West Nigeria: An Index-Analysis Approach, International Journal of Scientific & Engineering Research, 7巻, 1号, pp. 1392-1408, 20160101
  64. Distribution and seasonal variation of heavy metals in sediments of urban surface water, South-West Nigeria, International Journal of Scientific & Engineering Research, 7巻, 1号, pp. 870-898, 20160101
  65. Concentration and degradation of alternative biocides and an insecticide in surface waters and their major sinks in a semi-enclosed sea, Japan, CHEMOSPHERE, 145巻, pp. 256-264, 42401
  66. 大黒神島および周防大島沿岸における海底湧水による物質負荷, 日本水産学会誌, 83巻, 3号, pp. 385-391, 2017
  67. Pesticides and heavy metals in sediment core samples from a coastal area in Japan, GEOCHEMICAL JOURNAL, 51巻, 6号, pp. 525-536, 2017
  68. 浮遊粉塵中及び気体状多環芳香族炭化水素類の動態解析-東広島市における濃度,分配,季節変動について-, 近畿大学工学部研究報告, 51巻, pp. 9-13, 2017
  69. 広島県における光化学オキシダントのシミュレーションとその低減対策 -地球温暖化対策に則して-, 人間と環境, 43巻, 1号, pp. 14-23, 2017
  70. ★, The Iodide and Iodate Distribution in the Seto Inland Sea, Japan, AQUATIC GEOCHEMISTRY, 23巻, 5-6号, pp. 315-330, DEC 2017
  71. ★, Hydroxyl radical generation with a high power ultraviolet light emitting diode (UV-LED) and application for determination of hydroxyl radical reaction rate, Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry,, 340巻, pp. 8-14, 20170501
  72. Photogeneration and interactive reactions of three reactive species in the Seto Inland Sea, Japan, ENVIRONMENTAL CHEMISTRY, 15巻, 4号, pp. 236-245, 2018
  73. Evaluation of Levels, Sources and Health Hazards of Road-Dust Associated Toxic Metals in Jalalabad and Kabul Cities, Afghanistan, ARCHIVES OF ENVIRONMENTAL CONTAMINATION AND TOXICOLOGY, 74巻, 1号, pp. 32-45, JAN 2018
  74. 地球温暖化対策に関する国の補助事業の貢献度とCO2削減予想, 環境技術, 48巻, 5号, pp. 265-272, 2018
  75. イオンクロマトグラフィーによる海水中の無機陰イオンの定量−逆相系C18シリカカラムにおける残存シラノール基の効果−, BUNSEKI KAGAKU, 67巻, 1号, pp. 51-59, JAN 2018
  76. ★, Nanomolar Determination of Hydrogen Peroxide in Coastal Seawater Based on the Fenton Reaction with Terephthalate, ANALYTICAL SCIENCES, 34巻, 4号, pp. 459-464, APR 2018
  77. Spatio-temporal variations of selected pesticide residues in the Kurose River in Higashi-Hiroshima city, Japan, JOURNAL OF ENVIRONMENTAL SCIENCE AND HEALTH PART B-PESTICIDES FOOD CONTAMINANTS AND AGRICULTURAL WASTES, 53巻, 9号, pp. 602-614, 2018
  78. ★, Optimization for the Determination of Hydrogen Peroxide in River Water Based on the Fenton Reaction with Terephthalate, BUNSEKI KAGAKU, 68巻, 2号, pp. 125-131, 201902
  79. Identifying sulfur species adsorbed on particulate matters in exhaust gas emitted from various vessels, CHEMOSPHERE, 223巻, pp. 399-405, 201905
  80. Determination of Trace Iodine in Seawater - Use of Ion Chromatography and Capillary Zone Electrophoresis -, BUNSEKI KAGAKU, 68巻, 4号, pp. 227-239, 201904

著書等出版物

  1. 2004年08月, 基礎化学実験, 大学教育出版, 2004年, 8, 教科書, 編著, 赤堀 興造 早瀬 光司 平野 哲男 文谷 政憲 山崎 岳 上領 達之 功刀 義人 小南 思郎 清水 典明 竹田 一彦 手島 圭三 根平 達夫, 4887305826, 127
  2. 2006年04月, 基礎化学実験(改訂版), 大学教育出版, 2006年, 4, 教科書, 共編著
  3. 2009年09月, 基礎化学実験(改訂第2版), 大学教育出版, 2009年, 9, 教科書, 共著
  4. 2011年01月, 生活科学入門, 三共出版, 2011年, 1, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 矢野潤・竹田一彦・管野善則, 978-4-7827-0636-7, 139
  5. 2011年09月, 基礎化学実験(改訂第3版), 大学教育出版, 2011年, 9, 教科書, 共著, 9.78E+12, 135
  6. 2014年09月, 基礎化学実験(改訂第4版), 大学教育出版, 2014年, 9, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 9.78E+12, 135
  7. 2016年03月31日, 大学生の一般化学, 大学生の一般化学, 培風館, 2016年, 03, 単行本(一般書), 共著, J, 久保園芳博、山崎岳 共編著, 9784563046255, 205, 28
  8. 2016年04月01日, 基礎化学実験(改訂第5版), 大学教育出版, 2016年, 04, 単行本(学術書), 共著, J
  9. 2019年04月01日, 基礎化学実験(改訂第6版), 大学教育出版, 2019年, 04, 単行本(学術書), 共著, J, 978-4-86692-0147-6, 134

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 年輪中微量元素と鉛同位体比の歴史的変遷, 竹田 一彦, プラズマ分光分析研究会第45回講演会, 1999年03月, 招待, 日本語
  2. 天然水中での光化学反応にかかわる物質の高感度分析, 竹田 一彦, 2005年日本化学会西日本大会, 2005年10月, 招待, 日本語
  3. 天然水中の光化学反応?できるもの と なくなるもの ?, 竹田一彦, 京都化学者クラブ, 2010年02月06日, 招待, 日本語, 京大会館
  4. Aqueous photolysis of the UV filter compounds in natural waters - Role of hydroxyl radical reaction and direct photolysis -, Kazuhko Takeda, Asato Shingu, Tatsushi Sumida, Hiroshi Sakugawa, Pacifichem2010, 2010年12月18日, 通常, 英語, Honolulu, Hawaii, USA
  5. 天然水中の溶存有機物の光化学的運命, 竹田一彦, 平成22年度広島地区分析技術講演会, 2011年03月08日, 招待, 日本語, 広島大学東広島キャンパス
  6. Determination of photochemical formation of nitric oxide in seawater and air-sea exchange in the Seto-Inland Sea, Kazuhiko Takeda, Emmanuel F. Olasehinde, Hiroshi Sakugawa, IUPAC International Congress on Analytical Sciences 2011, 2011年05月25日, 通常, 英語, 京都国際会議場
  7. 高感度・迅速ヒドロキシルラジカル測定法の放射線被ばく線量計測への応用, 竹田か彦, 日本分析化学会第60年会, 2011年09月15日, 通常, 日本語, 名古屋大学東山キャンパス
  8. 高感度・迅速ヒドロキシルラジカル測定法の放射線計測への応用2~次亜塩素酸による増感作用~, 竹田一彦, 日本分析化学会第61年会, 2012年09月20日, 通常, 日本語, 金沢大学角間キャンパス
  9. 高感度・迅速ヒドロキシルラジカル測定法の放射線計測への応用3~次亜塩素酸といくつかの芳香族化合物を用いた測定の検討~, 永野晃貴、竹田一彦, 日本分析化学会第62年会, 2013年09月11日, 通常, 日本語, 近畿大学東大阪キャンパス
  10. ヒドロキシルラジカルの高感度定量法の放射線計測への応用?高感度化学線量計への挑戦?, 竹田一彦、永野晃貴, 2013年日本化学会中国四国支部大会(西日本大会), 2013年11月16日, 通常, 日本語, 広島大学東広島キャンパス
  11. γ線照射によるフェノール類の生成を利用した高感度化学線量計, 竹田一彦、永野晃貴, 2014年日本分析化学会分析化学討論会, 2014年05月25日, 通常, 日本語, 日本大学工学部(福島県郡山市)
  12. 水圏における紫外線・放射線で誘発されるヒドロキシルラジカルによる溶存有機物の変性, 竹田一彦, 日本分析化学会環境分析懇談会講演会, 2014年09月17日, 招待, 日本語, 広島大学東広島キャンパス
  13. 天然水中で発生するラジカル・活性酸素 の計測とその環境中での動態, 竹田一彦, 山口機器分析研究会第83回学術講演会, 2014年11月28日, 招待, 日本語, 山口大学吉田キャンパス
  14. 河川水・海水における溶存有機物中のフェノール性水酸基の測定と環境中での動態, 竹田一彦, 森木慎, 大城和歌子, 佐久川弘, 2015年日本地球化学会年会, 2015年09月18日, 通常, 日本語, 日本地球化学会, 神奈川県横浜市、横浜国立大学
  15. 紫外線LEDを用いたヒドロキシルラジカル反応速度定数の測定法の開発, 藤澤克成, 竹田一彦, 佐久川弘, 日本分析化学会第65年会, 2016年09月14日, 通常, 日本語, 日本分析化学会, 北海道大学, 北海道札幌市
  16. フェントン反応を利用した海水中の過酸化水素の高感度測定法の開発, 野嶋仁志, 桑原憲吾, 竹田一彦, 佐久川弘, 日本分析化学会第65年会, 2016年09月14日, 通常, 日本語, 日本分析化学会, 北海道大学, 北海道札幌市
  17. Hydroxyl radical generation with a high power ultraviolet light emitting diode (UV-LED) and application for determination of hydroxyl radical (•OH) reaction rate constants, 竹田一彦, 藤澤克成, 加藤稜太, Asia/CJK symposium on analytical science 2017, 2017年09月10日, 招待, 英語, 日本分析化学会, 東京都, 日本
  18. 高出力紫外線LEDを用いたヒドロキシルラジカルの反応度定数計測法の開発, 竹田一彦, 第60回放射線化学討論会, 2017年09月28日, 招待, 日本語, 日本放射線化学会, 産業技術総合研究所つくば中央, 茨城県, 日本
  19. ドデシルアンモニウム吸着C18カラムを用いた陰イオンクロマトグラフィーと海水中の微量陰イオンの定量, 竹田一彦, 伊藤一明, 山根謙吾, 堀岡祐太, 第34回イオンクロマトグラフィー討論会, 2017年12月08日, 通常, 日本語, 日本分析化学会イオンクロマトグラフィー研究懇談会, 広島ガーデンパレス, 広島県広島市, 日本
  20. 日本の河川水中の活性酸素種の測定、動態、役割, 佐久川弘, Waqar Azeem Jadoon, Michael Oluwatoyin Sunday, Adeniyi Olufemi Adesina, Taiwo Tolulope Ayeni, 森田直毅, 竹田一彦, 岩本洋子, 2018年度日本地球化学会年会, 2018年09月11日, 通常, 日本語, 日本地球化学, 琉球大学千原キャンパス, 沖縄県, 日本
  21. 日本の河川水中の過酸化水素の時空間的分布および環境因子, Waqar Azeem Jadoon, 岩本洋子, 竹田一彦, 佐久川弘, 2018年度日本地球化学会年会, 2018年09月11日, 通常, 英語, 日本地球化学, 琉球大学千原キャンパス, 沖縄県, 日本
  22. 瀬戸内海海水中の一重項酸素およびヒドロキシルラジカルの分布および汚染 物質に対する分解作用, ICHAEL O SUNDAY, 竹田一彦, 佐久川弘, 2018年度日本地球化学会年会, 2018年09月11日, 通常, 英語, 日本地球化学, 琉球大学千原キャンパス, 沖縄県, 日本
  23. 東広島市の黒瀬川における河川水中農薬の生態学的および人体健康に関する リスクアセスメント, RUSSEL CHIDYA, SHERIF M. ABDEL-DAYEM, 竹田一彦, 佐久川弘, 2018年度日本地球化学会年会, 2018年09月11日, 通常, 英語, 日本地球化学, 琉球大学千原キャンパス, 沖縄県, 日本
  24. 河川水中における過酸化水素の起源および生成過程の解明, 植木隆太, 岩本洋子, 佐久川弘, 竹田一彦, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月17日, 通常, 日本語, 日本化学会, 愛媛大学, 愛媛県松山市, 日本
  25. UV-LEDを用いた農薬と活性酸素との反応速度定数の測定と環境中の光化学分解過程の解明, 加藤稜太, 竹田一彦, 岩本洋子, 佐久川弘, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月18日, 通常, 日本語, 日本化学会, 愛媛大学, 愛媛県松山市, 日本

受賞

  1. 2012年08月, クリタ水・環境科学振興財団優秀賞, クリタ水・環境科学振興財団, 優秀賞

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 熱レンズ法を利用する溶質分子の無輻射緩和過程、特に溶媒との相互作用に関する研究, 1993年, 1993年
  2. 科学研究費助成事業(一般研究(B)), 光学効果の複合的結合による吸光光度・蛍光光度法の高感度・高選択化と天然水への応用, 1993年, 1994年
  3. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 配向界面を利用した偏光時間分解による燐光、蛍光分光法の高選択化と分子認識への応用, 1994年, 1994年
  4. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 不安定化学種の分光学的測定法の確立と大気中のラジカル種の定量への応用, 1995年, 1995年
  5. 科学研究費助成事業(一般研究(B)), 大気中有機酸の発生源の特定と発生量の見積もりに関する研究, 1995年, 1996年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 磁性流体コロイド分散溶液の磁場下での挙動を利用する分子ダイナミクスの制御と検出, 1996年, 1997年
  7. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 長期連続観測のためのコイルファイバー導波路/ポルフィリン薄膜科学センサーの開発, 1998年, 1999年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 黄海における溶存物質の除去に果たす海洋光化学反応の役割, 2001年, 2003年
  9. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 河川および海洋中の低分子カルボニル化合物の高感度検出とその光化学的生成機構の解明, 2002年, 2002年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 大気液相中OHラジカルの計測並びに植物への毒性作用評価に関する研究, 2002年, 2004年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 河川および海洋中の低分子カルボニル化合物の高感度検出とその光化学的生成機構の解明, 2003年, 2005年
  12. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 海水中の溶存有機物の光分解過程におけるラジカル類の役割解明, 2006年, 2008年
  13. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 閉鎖性海域における地層中の窒素動態に及ほ?す地下水-―海水混合作用の影響, 2007年, 2009年
  14. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 紫外線LEDを用いた活性酸素生成デバイスの創出と光化学的な物質動態評価への展開, 2016年, 2018年
  15. ヨウ素研究助成, 沿岸海域おけるヨウ素の化学変換の場としての海洋表層マイクロレイヤー, 2019年, 2019年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 非常勤講師, 2010年04月, 2010年09月, 放送大学広島学習センター
  2. 危険物取扱者試験準備講習会講師, 2010年05月, 2010年10月, (社)広島県危険物安全協会連合会
  3. 危険物取扱者試験準備講習会講師, 2011年05月, 2011年10月, (社)広島県危険物安全協会連合会
  4. 危険物取扱者試験準備講習会講師, 2012年05月, 2012年10月, (社)広島県危険物安全協会連合会
  5. 危険物取扱者試験準備講習会講師, 2013年05月, 2013年10月, (社)広島県危険物安全協会連合会
  6. 危険物取扱者試験準備講習会講師, 2014年05月, 2014年10月, (社)広島県危険物安全協会連合会
  7. 公害防止管理者等国家試験受験講習会講師, 2014年07月, 2014年07月, (一社)産業環境管理協会
  8. 非常勤講師, 2014年04月, 2014年09月, 放送大学広島学習センター
  9. 非常勤講師, 2014年10月, 2015年03月, 放送大学広島学習センター
  10. 公害防止管理者等国家試験資格認定講習講師, 2015年03月, 2015年03月, (一社)産業環境管理協会
  11. 危険物取扱者試験準備講習会講師, 2015年05月, 2015年10月, (社)広島県危険物安全協会連合会
  12. 公害防止管理者等国家試験受験講習会講師, 2015年07月, 2015年07月, (一社)産業環境管理協会
  13. 非常勤講師, 2015年04月, 2016年03月, 熊本大学
  14. 公害防止管理者等国家試験資格認定講習講師, 2016年02月, 2016年02月, (一社)産業環境管理協会
  15. 危険物取扱者試験準備講習会講師, 2016年05月, 2016年10月, (社)広島県危険物安全協会連合会
  16. 公害防止管理者等国家試験受験講習会講師, 2016年07月, 2016年07月, (一社)産業環境管理協会
  17. 非常勤講師, 2017年04月, 2017年09月, 放送大学広島学習センター
  18. 危険物取扱者試験準備講習会講師, 2017年05月, 2017年10月, (社)広島県危険物安全協会連合会
  19. 公害防止管理者等国家試験受験講習会講師, 2017年07月, 2017年07月, (一社)産業環境管理協会
  20. 危険物取扱者試験準備講習会講師, 2018年05月, 2018年10月, (社)広島県危険物安全協会連合会

学術雑誌論文査読歴

  1. 2005年, ぶんせき, 編集員, 編集委員
  2. 2006年, ぶんせき, 編集員, 編集委員
  3. 2007年, ぶんせき, 編集員, 編集委員
  4. 2008年, Analytical Sciences, 編集員, 編集委員
  5. 2009年, Analytical Sciences, 編集員, 編集委員
  6. 2009年, Geochemical Journal, 編集員, 編集委員
  7. 2010年, Geochemical Journal, 編集員, 編集委員
  8. 2011年, Geochemical Journal, 編集員, 編集委員
  9. 2012年, Geochemical Journal, 編集長, 編集委員
  10. 2013年, Geochemical Journal, 編集員, 編集委員
  11. 2014年, Geochemical Journal, 編集員, 編集委員
  12. 2015年, Geochemical Journal, 編集員, 編集委員
  13. 2016年, Geochemical Journal, 編集員
  14. 2017年, Geochemical Journal, 編集員
  15. 2018年, Geochemical Journal, 編集員