川野 徳幸Noriyuki Kawano

Last Updated :2017/08/01

所属・職名
平和科学研究センター 平和科学研究センター 教授
メールアドレス
nkawanohiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 1992年06月01日, 1995年03月31日, 学校法人活水学院, 国際交流課, 職員
  • 1998年06月01日, 2001年08月31日, 広島大学, 大学院国際協力研究科開発科学専攻, 教務員
  • 2001年09月01日, 2009年09月30日, 広島大学, 原爆放射線医科学研究所附属国際放射線情報センター, 助手・助教
  • 2004年04月01日, 安田女子大学・短期大学, 非常勤講師
  • 2009年10月01日, 2013年05月31日, 広島大学, 平和科学研究センター, 准教授
  • 2013年06月01日, 広島大学, 平和科学研究センター, 教授

学歴

  • 広島大学, 医歯薬学総合総合研究科, 展開医科学, 日本, 2002年04月, 2005年09月
  • 広島大学, 国際協力研究科, 日本, 1995年04月, 1997年03月
  • DOANE COLLEGE, Education, アメリカ合衆国, 1989年01月, 1992年05月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)
  • 修士(学術) (広島大学)

担当主専攻プログラム

  • 総合科学プログラム

研究分野

  • 総合人文社会 / 地域研究 / 地域研究

研究キーワード

  • 原爆
  • セミパラチンスク
  • チェルノブイリ

所属学会

  • 政治社会学会
  • 日本平和学会
  • 日本放射線影響学会
  • 日本政治学会

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 教養教育, 2ターム, 戦争と平和に関する学際的考察
  2. 2017年, 教養教育, セメスター(前期), ヒロシマ発平和学
  3. 2017年, 学部専門, 3ターム, 平和学
  4. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 平和共生特論
  5. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 集中, 平和と安全
  6. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 平和共生演習
  7. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 平和共生演習I
  8. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 平和共生演習II
  9. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 平和共生特論
  10. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 平和学
  11. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 平和共生演習
  12. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 平和共生演習I
  13. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 平和共生演習II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 首相にとっての「平和」の意味:歴代首相(1945-1985)の国会演説を通して, 国際協力研究誌, 5巻, pp.31-pp.43, 199903
  2. 文化的暴力としての政治言語, 『平和研究セミナー論集』(日本平和学会), 3巻, pp.31-pp.43, 200011
  3. Language of Politics or Politics of Language?: Toward an Integrated Perspective, 国際協力研究誌, 200003
  4. 閣僚失言の政治学, 国際協力研究誌, 7巻, 1号, pp.19-pp.35, 200101
  5. 閣僚失言の政治的帰結とその実証に関する試論:国政選挙における得票率と当選者数の変化から, 国際協力研究誌, 8巻, 1号, pp.19-pp.31, 200110
  6. Political Outcomes of the Slips of the Tongue of Japanese Ministers, 広島平和科学, 24巻, pp.197-pp.221, 2002
  7. セミパラチンスク核実験場近郊被曝証言の日本語版全文データベース化, 広島平和科学, 25号, pp.31-pp.51, 2003
  8. セミパラチンスク核実験場近郊での被曝証言調査の結果ならびに被曝証言の内容分析, 川野徳幸他編著(川野徳幸責任編集)、『カザフスタン共和国セミパラチンスク被曝実態調査報告書』(広島大学発行), pp.37-pp.87, 200303
  9. International Medical Cooperation for the Radiation Exposed Population (Hibakusha) in Semipalatinsk, Kazakhstan: A Challenge from Hiroshima, the City of the World’s First Atomic Bombing, 広島大学大学院国際協力研究科紀要『国際協力研究誌』, 9巻, 2号, pp.89-pp.100, 200303
  10. カザフスタン共和国セミパラチンスク州在住の核実験被爆者に対する健康状態聞き取り調査に関する検討, 広島医学, 56巻, 3号, pp.189-pp.192, 20030401
  11. セミパラチンスク核実験場近郊被曝証言の日本語版全文データベース化, 広島平和科学, 25巻, pp.31-pp.51, 20030401
  12. セミパラチンスク核実験場近郊被曝証言の内容分析, 広島医学, 57巻, 4号, pp.378-pp.381, 20040401
  13. A Full-text English Database of Testimonies of Those Exposed to Radiation near the Semipalatinsk Nuclear Test Site, Kazakhstan, 広島平和科学, 26巻, pp.75-pp.99, 200404
  14. セミパラチンスク核実験場周辺住民に対する健康状態聞き取り調査に関する検討, 広島医学, 57巻, 10号, pp.776-pp.779, 200404
  15. セミパラチンスク核実験場近郊での核被害:被曝証言を通して, 長崎医学会雑誌, 79巻, pp.162-pp.166, 20040925
  16. A Preliminary Study on Attitudes toward Nuclear Weapons and Nuclear Tests of the Residents of Kurchatov, Kazakhstan, Hiroshima Peace Science, 28号, pp.135-pp.154, 2006
  17. 被爆直後の看護活動について-証言保存のDVD保存による教材開発の試み-, 看護研究集録, 13号, pp.55-pp.66, 200608
  18. 原爆被爆者の「こころ」と「くらし」における(継続的)被害の実態:朝日新聞「被爆60年アンケート調査」結果を手がかりに, 長崎医学会雑誌, 81巻, 特集号号, pp.195-pp.200, 20060925
  19. セミパラチンスク核実験場近郊住民の放射線障害に関する検討:アンケート調査を通して, 長崎医学会雑誌, 81巻, 特集号号, pp.276-pp.280, 20060925
  20. 広島大学「原爆・被ばく関連資料データベース」の概要と公開の意義, 長崎医学会雑誌, 81巻, 特集号, pp.201-pp.205, 20060925
  21. カザフスタン共和国セミパラチンスク核実験場近郊における被曝実態解明の試み:被曝証言調査を通して, 日本カザフ研究会調査報告書, 13号, pp.35-pp.52, 200702
  22. 原爆被爆者の不安度における被爆状況依存性について-朝日新聞社アンケート調査に基づく解析-, 広島医学, 63巻, 4号, pp.270-pp.274, 2010
  23. 原爆被爆者の体験記・メッセージに関する被爆区分別特徴について, 広島医学, 65巻, 4号, pp.322-pp.326, 2012
  24. キノコ雲はどこまで見えたか?被爆証言と地形データからのアプローチ, 広島医学, 65巻, 4号, pp.327-pp.330, 2012
  25. 地理情報システムを用いた被爆証言・新聞記事による黒い雨の降雨の空間的考察., 長崎医学会雑誌, 87巻, pp.181-pp.185, 201209
  26. Increased T-cell receptor mutation frequency in radiation-exposed residents living near the Semipalatinsk Nuclear Test Site, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 46巻, pp.A179-pp.A181, FEB 2006
  27. Around Semipalatinsk nuclear test site: Progress of dose estimations relevant to the consequences of nuclear tests - (A summary of 3rd Dosimetry Workshop on the Semipalatinsk Nuclear Test Site Area, RIRBM, Hiroshima University, Hiroshima, 9-11 of March, 2005), JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 47巻, pp.A1-pp.A13, FEB 2006
  28. Remarkable experiences of the nuclear tests in residents near the Semipalatinsk Nuclear Test Site: Analysis based on the questionnaire surveys, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 47巻, pp.A199-pp.A207, FEB 2006
  29. Human suffering effects of nuclear tests at Semipalatinsk, Kazakhstan: Established on the basis of questionnaire surveys, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 47巻, pp.A209-pp.A217, FEB 2006
  30. Overall image of nuclear tests and their human effects at Semipalatinsk: An attempt at analyses based on verbal data, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 47巻, pp.A219-pp.A224, FEB 2006
  31. High Frequency of AML1/RUNX1 Point Mutations in Radiation-Associated Myelodysplastic Syndrome Around Semipalatinsk Nuclear Test Site, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 49巻, 5号, pp.549-pp.555, SEP 2008
  32. Radiation exposure and disease questionnaires of early entrants after the Hiroshima bombing, RADIATION PROTECTION DOSIMETRY, 149巻, 1号, pp.91-pp.96, 2012
  33. セミパラチンスク核実験場近郊住民の放射線障害に関する検討:アンケート調査を通して, 長崎医学会雑誌, 81巻, pp.276-pp.280, 0925
  34. Health Status of Radiation Exposed Residents Living Near the Semipalatinsk Nuclear Test Site Based on Health Assessment by Interview, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 57(1)号, pp.27-pp.35, 200803
  35. Nursing care activity after the atomic bombing of Hiroshima and the development of a DVD for teaching material, Journal of Medical Safety, 2巻, 1号, pp.26-pp.35, 200804
  36. セミパラチンスク核実験場近郊住民における骨髄異形成症候群(MDS)の遺伝子学的検討, 広島医学, 61巻, 4号, pp.357-pp.359, 200804
  37. セミパラチンスク地区住民の核実験体験:線量と距離に関して, 広島平和科学, 30号, pp.27-pp.48, 200812
  38. Direct Experiences of the Nuclear Explosions in Inhabitants near the Semipalatinsk Nuclear Test Site: An Analysis of a Correlation between Their Experiences and the Radiation Exposure and/or the Distance from the Hypocenter, Proceedings of III International Conference “Peace Studies and Peace Discourse in Education,” Tomsk State University, Tomsk State Pedagogical University and Institute for Peace Science, Hiroshima University, pp.344-pp.362, 2008
  39. セミパラチンスク核実験場近郊住民の心的影響に関する一考察, 長崎医学会雑誌, 83巻, pp.304-pp.309, 200809
  40. Physical Experiences of the Nuclear Explosions in the Semipalatinsk Area: Radiation Exposure Level and Distance from the Hypocenter, IPSHU 研究報告シリーズ, 41号, pp.55-pp.74, 200901
  41. 2002年-2004年インタビュー記録, IPSHU 研究報告シリーズ, 41号, pp.124-pp.138, 200901
  42. 広島大学原爆放射線医科学研究所附属国際放射線情報センター所蔵原爆被ばく関連新聞切り抜き記事の概要, 被爆地広島の復興過程における新聞人と報道に関する調査研究, pp.53-pp.59, 200903
  43. 被ばくMDS/AMLの分子発症メカニズム, 放射線生物研究, 44巻, 2号, pp.431-pp.446, 2009
  44. Radioactive Contamination and Social Consequences Caused by the Chernobyl Nuclear Accident, Hiroshima Peace Science, 31号, pp.65-pp.86, 2009
  45. ★, 原爆被爆被害の概要、そして原爆被爆者の思い, 平和研究, 35号, pp.19-pp.38, 2010
  46. 原爆被爆者は何を伝えたいのか-原爆被爆者の体験記・メッセージの計量解析を通して-, 長崎医学会雑誌, 85号, pp.208-pp.213, 2010
  47. Mapping the Fire Field near the Hypocenter of the Hiroshima A-bomb, Revisit The Hiroshima A-bomb with a Database Latest Scientific View on Local Fallout and Black Rain, pp.15-pp.24, 2011
  48. Estimation of heat, water, and black carbon fluxes during the fire induced by the Hiroshima A-bomb, Revisit The Hiroshima A-bomb with a Database Latest Scientific View on Local Fallout and Black Rain, pp.43-pp.54, 2011
  49. グアム統合軍事開発計画の人種政治的側面に関する考察―グアム島公共水道システムを事例に―, 広島平和科学, 33号, pp.119-pp.136, 2011
  50. チェルノブイリ・旧プリピャチ住民への聞き取り調査備忘録:フクシマそして原発を考えるためにも, 広島平和科学, 33号, pp.93-pp.118, 2011
  51. The scientific basis for the organization of health screening radiation-exposed population of Kazakhstan, Proceedings of the 17th Hiroshima International Symposium - Lessons from unhappy events in the history of nuclear power development -, IPSHU English Research Report Series, 28号, pp.151-pp.154, 201203
  52. Overall Image of Nuclear Tests among Inhabitants in the Semipalatinsk Area, Proceedings of the 17th Hiroshima International Symposium - Lessons from unhappy events in the history of nuclear power development -, IPSHU English Research Report Series, 28号, pp.155-pp.162, 201203
  53. Estimation of heat, water, and black carbon fluxes during the fire induced by the Hiroshima A-bomb in 1945, Proceedings of the 17th Hiroshima International Symposium - Lessons from unhappy events in the history of nuclear power development -, IPSHU English Research Report Series, 28号, pp.18-pp.24, 201203
  54. セミパラチンスク地区住民の核実験に起因する認識構造, 長崎医学会雑誌, 87巻, pp.280-pp.285, 2012
  55. 広島大学学生の原爆・原爆被害理解度に関する試論, 広島平和科学, 34号, pp.189-pp.208, 2012
  56. 韓国人原爆被害者研究の過程とその課題, 広島平和科学, 34号, pp.161-pp.187, 2012
  57. セミパラチンスク核実験場近郊住民の精神的影響、そしてその背景要因, 広島平和科学, 34号, pp.145-pp.160, 2012
  58. 広島の平和観-平和宣言を通して-, 広島平和科学, 35号, pp.67-pp.101, 2013
  59. 韓国人被爆者問題をめぐる草の根交流, 広島平和科学, 35号, pp.103-pp.128, 2013
  60. 原爆体験と原爆被爆者の平和観, 国際平和拠点ひろしま構想推進連携事業実行委員会(広島県・広島市)(編)ひろしま復興・平和構築研究事業報告書『広島の復興経験を生かすために-廃墟からの再生-』, pp.139-pp.158, 2014
  61. The psychological effects and their factors among inhabitants around the Semipalatinsk Nuclear Test Site: Results of questionnaires and interview surveys from 2002 until2012, Japanese Review of Political Society, 2巻, pp.7-pp.19, 2014
  62. Weapons of Mass Destruction and the Principle of Unnecessary Suffering: The Use of Nuclear Weapons in an Armed Conflict, Hiroshima Peace Science, 36号, pp.101-pp.116, 2014
  63. 長崎の平和観―長崎平和宣言頻出単語の解析を通して―, 広島平和科学, 36号, pp.75-pp.100, 2014
  64. Choice and Psychology of Negation in Chaucer’s Language: Syntactic, Lexical, Semantic Negative Choice with Evidence from the Hengwrt and Ellesmere MSs and the Two Editions of the Canterbury Tales, HIROSHIMA STUDIES IN ENGLISH LANGUAGE AND LITERATURE, pp.1-pp.34, 2015
  65. 経時的に観測されたテキストデータに対する変化係数モデルに基づく統計的な分類方法と視覚化について, 計算機統計学, 28巻, 1号, pp.81-pp.92, 2015
  66. A Computer-assisted Textual Comparison among the Manuscripts and the Editions of The Canterbury Tales: With Special Reference to Caxton’s Editions, 中尾先生退官号
  67. Experiencing the Atomic Bombing and Survivors’ Personal Perspectives on Peace, the “Hiroshima for Global Peace”, Learning from Hiroshima’s Reconstruction Experience: Reborn from the Ashes, pp.172-pp.192, 2015
  68. Individual testimonies to nursing care after the atomic bombing of Hiroshima in 1945, International Nursing Review, 55号, pp.13-pp.19, 200803
  69. カザフスタン共和国セミパラチンスク核実験被害に関する近郊住民インタビュー, 松尾雅嗣編著、『核の被害再考』、IPSHU 研究報告シリーズ, 41号, pp.109-pp.119, 200901
  70. 原爆被爆者の「思い」についての一考察―憎しみと責任論の視点から―, 広島平和科学, 37号, pp.57-pp.68, 2015
  71. 旧ソ連核実験によるセミパラチンスク核被害者に対する社会的保護法の概要, 広島平和科学, 37号, pp.69-pp.93, 2015
  72. 東日本大震災発生時における障害者の行動および避難の実態―相馬市を事例として【研究ノート】, 広島平和科学, 37号, pp.129-pp.138, 2015

著書等出版物

  1. 2003年03月, カザフスタン共和国セミパラチンスク被曝実態調査報告書 , 広島大学原爆放射線医科学研究所・広島大学ひろしま平和科学コンソーシアム, 2003年, 03, 調査報告書, 編著, 191
  2. 2003年, 統合的複雑性 『ハンドブック政治心理学』 , 北樹出版, 2003年, 教科書, 単訳, 川野 徳幸  河田潤一・荒木義修編著
  3. 2004年01月, Report on the Actual Conditions of the Radiation Exposed Residents near the Former Semipalatinsk Nuclear Test Site. , Hiroshima University, 2004年, 調査報告書, 編著, Noriyuki KAWANO (Chief Editor), Yasuyuki TAOOKA, Masatsugu MATSUO, Takashi HIRAOKA, Kazbek APSALIKOV, Zhaxybay ZHUMADILOV, Kyoko HIRABAYASHI and Masaharu HOSHI (eds.)
  4. 2006年03月, カザフスタン共和国セミパラチンスク地区の被曝証言集 , 広島大学ひろしま平和コンソーシアム・広島大学原爆放射線医科学研究所, 2006年, 03, 調査報告書, 編著, 川野徳幸、平林今日子、カズベック・アプサリコフ、タルガット・モルダガリエフ、松尾雅嗣編
  5. 2006年03月, カザフスタン共和国セミパラチンスクにおける核被害解明の試み:アンケート調査を通して , IPSHU 研究報告シリーズ 広島大学平和科学研究センター, 2006年, 03, 単行本(学術書), 単著, 211
  6. 2006年07月, 被曝のひろがり~カザフスタン共和国セミパラチンスク核実験場の核被害~, 『広島から世界の平和について考える』現代史料出版, 2006年, 07, 単行本(学術書), 共編著, 276
  7. 2006年07月, 広島から世界の平和について考える , 現代史料出版, 2006年, 07, 単行本(一般書), 共著, 平岡敬 川野 徳幸 , 275
  8. 2010年03月, 聞き書き平岡敬平和回想録第二期, 資料翻刻, 広島大学文書館, 2010年, 03, 調査報告書, 編著, 499
  9. 米ソ冷戦構造の負の遺産-セミパラチンスクの核実験場周辺の被曝問題-, 朝倉書店, 2012年10月
  10. ヒロシマ・セミパラチンスク・プロジェクト 第5次カザフ医療支援訪問団 報告書, 2002年10月
  11. 広島大学原爆放射線医科学研究所所蔵平岡敬関係文書目録, IPSHU研究報告シリーズ No.34、広島大学平和科学研究センター, 2005年
  12. 聞き書き 平岡敬平和回想録, 広島大学文書館, 2005年, 11
  13. SIPRI年鑑2006 軍備,軍縮及び世界の安全保障  ストックホルム国際平和研究所(編)、広島大学SIPRI年鑑日本語翻訳版刊行委員会(訳), 広島大学出版会, 2007年
  14. 原爆被害関連医学文献目録, 2008年, 03
  15. セミパラチンスク被曝証言を通した核被害の解明:広島・長崎との比較検討を通して, 基盤研究C)研究成果報告書, 2008年, 03
  16. 平成20年度平和に関する教育実施事業 平和に関するモニュメント見学実習実施報告書 広島大学平和に関する教育実施委員会編著, 広島大学, 2008年
  17. 大学新入生に勧める101冊の本 新版  『爆心』解説、広島大学101冊委員会編, 岩波書店, 2009年, 03
  18. 大学新入生に勧める101冊の本 新版  『カウントダウンヒロシマ』解説、広島大学101冊委員会編, 岩波書店, 2009年, 03
  19. 大学新入生に勧める101冊の本 新版 『「チェルノブイリ」を見つめなおす-20年後のメッセージ』解説、広島大学101冊委員会編 , 岩波書店, 2009年, 03
  20. 平成22年度 平和に関する教育実施事業 平和に関するモニュメント見学実習実施報告書, 広島大学教育室, 2010年
  21. 志水清資料目録(原爆関係資料) 原爆放射線医科学研究所附属国際放射線情報センター編 , 原爆放射線医科学研究所附属国際放射線情報センター編, 2010年, 02
  22. 大北威寄贈資料目録(原爆関連資料)  IPSHU研究報告シリーズ No.44, 広島大学平和科学研究センター, 2010年, 02
  23. チェルノブイリ・旧プリピャチ住民へのインタビュー記録  IPSHU研究報告シリーズ No.46, 広島大学平和科学研究センター, 2012年, 03, 川野徳幸、今中 哲二、竹内 高明編
  24. Proceedings of the 17th Hiroshima International Symposium - Lessons from unhappy events in the history of nuclear power development   IPSHU English Research Report Series No.28 , Hiroshima University, 2012年, 03
  25. セミパラチンスク地区住民はいつ核実験を知ったのか、『朝倉世界地理講座 5 中央アジア, 朝倉書店, 2012年, 10
  26. 住民の強制移住と屋外避難-旧ソ連当局の意図は何だったのか?-、『朝倉世界地理講座 5 中央アジア』, 朝倉書店, 2012年, 10
  27. 今中哲二編、『ある「広島原爆早期入市者」の記録』、IPSHU 研究報告シリーズ No.48, 広島大学平和科学研究センター, 2013年, 03, 川野徳幸、今中哲二編
  28. 被爆者対策の国際比較、『広島における原爆・核・被ばく関連の史・資料の集積と研究の現況』  平成23年度科学研究費補助金(B)研究成果報告書(研究代表者小池聖一), 2014年, 03, 川野徳幸(編)
  29. 平成23~25年度 平和科目実施報告書, 広島大学教育・国際室教養教育本部支援グループ, 2014年, 03, 川野徳幸(編)
  30. 「ヒロシマ」の思想 そして、これからの「ヒロシマ」」、IPSHU 研究報告シリーズ No.51(国際シンポジウム『混沌とする世界における国際機関の強化―広島の果たす役割は―』proceedings), 2015年, 03

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 文化的暴力としての政治言語, 川野徳幸, 日本平和学会1999年度平和研究セミナー, 1999年08月25日, 通常, 日本語, 日本平和学会, 東京都八王子市
  2. Media and a culture of peace: Japanese case, Noriyuki KAWANO, Symposium on facilitating Asian media in promoting a culture of peace, 2000年12月04日, 通常, 英語, Asian Media Information Centre Ltd, Manila of the Republic of the Philippines
  3. 閣僚失言の政治学, 川野徳幸, 第78回広島大学政治学研究会, 2001年06月27日, 通常, 日本語, 第78回広島大学政治学研究会, 広島大学
  4. セミパラチンスクの被曝実態調査報告, 川野徳幸, 峠岡康幸、平岡敬、松尾雅嗣、Kazbek APSALIKOV, Zhaxybay ZHUMADILOV, 星正治, 第8回広島国際シンポジウム, 2003年02月28日, 通常, 日本語, 第8回広島国際シンポジウム, 広島大学広仁会館
  5. カザフスタン共和国セミパラチンスク核実験場近郊の被曝実態調査研究報告, 川野徳幸, 峠岡康幸、平岡敬、松尾雅嗣、Kazbek APSALIKOV, Zhaxybay ZHUMADILOV, 星正治, 国際学術会議, 2003年04月11日, 招待, 日本語, 中央アジア研究報告会(韓国慶煕大学、国立民族学博物館地域研究企画交流センター、トヨタ財団共催)招聘講演, 韓国ソウル慶熈大学
  6. セミパラチンスク核実験場近郊被曝証言の内容分析, 川野徳幸, 峠岡康幸、平岡敬、松尾雅嗣、Kazbek APSALIKOV, Zhaxybay ZHUMADILOV, 星正治, 第44回原子爆弾後障害研究会, 2003年06月01日, 通常, 日本語, 第44回原子爆弾後障害研究会, 広島国際会議場
  7. セミパラチンスクにおける被曝証言の内容分析, 川野徳幸, 現代中央アジア研究会, 2004年01月10日, 通常, 日本語, 現代中央アジア研究会, 京都大学
  8. セミパラチンスクにおける被曝者の実態解明の試み:被曝証言の内容分析を通して, 川野徳幸, 長崎大学医学部 招聘講演, 2004年02月16日, 招待, 日本語
  9. セミパラチンスク核実験場近郊での核被害:被曝証言を通して, 川野徳幸, 第45回原子爆弾後障害研究会, 2004年06月06日, 通常, 日本語, 第45回原子爆弾後障害研究会, 長崎原爆資料館
  10. 被曝証言から見るセミパラチンスクの核被害, 川野徳幸, グローバルヒバクシャ研究会, 2004年06月25日, 通常, 日本語, グローバルヒバクシャ研究会, 札幌市
  11. 閣僚失言の政治的帰結とその実証に関する試論, 川野徳幸, 第6回「政治と言語」研究会, 2004年10月01日, 通常, 日本語, 第6回「政治と言語」研究会, 道立道民活動センター(札幌)
  12. カザフスタン共和国セミパラチンスクの核実験被害の実態:被曝証言調査を通して, 川野徳幸, 日本平和学会2004年度秋季研究集会, 2004年11月06日, 通常, 日本語, 日本平和学会2004年度秋季研究集会, 恵泉女学園大学
  13. Remarkable Experiences for Hibakusha from the Nuclear Tests at the Semipalatinsk Nuclear Test Site, Noriyuki KAWANO,, 3rd Dosimetry Workshop on the Semipalatinsk Nuclear Test Site Area with 10th Hiroshima International Symposium, 2005年03月09日, 通常, 英語, 3rd Dosimetry Workshop on the Semipalatinsk Nuclear Test Site Area with 10th Hiroshima International Symposium, Hiroshima
  14. Overall Image of Nuclear Tests and Their Human Effects: An Attempt at Analyses Based on Verbal Data, Noriyuki KAWANO, Masatsugu MATSUO, 3rd Dosimetry Workshop on the Semipalatinsk Nuclear Test Site Area with 10th Hiroshima International Symposium, 2005年03月09日, 通常, 英語, 3rd Dosimetry Workshop on the Semipalatinsk Nuclear Test Site Area with 10th Hiroshima International Symposium, Hiroshima
  15. Increased T-cell receptor mutation frequency in radiation-exposed residents living near the Semipalatinsk nuclear test site, Noriyuki KAWANO, Yasuyuki TAOOKA, Nobuo TAKEICHI, Kazbek APSALIKOV, Yoshihiro NOSO and Masaharu HOSHI, 3rd Dosimetry Workshop on the Semipalatinsk Nuclear Test Site Area with 10th Hiroshima International Symposium, 2005年03月09日, 通常, 英語, 3rd Dosimetry Workshop on the Semipalatinsk Nuclear Test Site Area with 10th Hiroshima International Symposium, Hiroshima
  16. Remarkable experiences of the nuclear tests in residents near the Semipalatinsk nuclear test site: analysis based on the questionnaire surveys(セミパラチンスクにおける特筆すべき被曝体験の考察:アンケート調査を通して), 川野徳幸, 第494回広島大学医学集談会・第6回研究科発表会(医学), 2005年08月04日, 通常, 日本語, 第494回広島大学医学集談会・第6回研究科発表会(医学), 広島大学原爆放射線医科学研究所
  17. 原爆被爆者のこころとくらしの実態:朝日新聞「被爆60年アンケート調査」結果を手がかりに, 川野徳幸, 2005年度統計関連学会連合大会, 2005年09月12日, 通常, 日本語, 2005年度統計関連学会連合大会, 広島プリンスホテル
  18. 被曝のひろがり~カザフスタン共和国セミパラチンスク核実験場近郊の核被害~、広島大学公開講座「広島から世界の平和について考える」, 川野徳幸, 広島大学公開講座「広島から世界の平和について考える」, 2005年09月14日, 通常, 日本語, 広島大学公開講座, 広島大学広仁会館
  19. 閣僚失言をめぐる政治, 川野徳幸, 2005年度日本政治学会, 2005年10月02日, 通常, 日本語, 2005年度日本政治学会, 明治大学
  20. 被爆直後の看護活動について~証言保存による教材開発の試み~, 川野徳幸, 野澤幸江、坂田香代、高橋恵子、大原与志子、松成裕子、植田睦常美、百田由紀子、水本和実、小林敏生、大原良子, 第2回広島保健学学会, 2005年10月30日, 通常, 日本語, 第2回広島保健学学会, 広島大学
  21. 原爆被爆者の「こころ」と「くらし」における(継続的)被害の実態:朝日新聞「被爆60年アンケート調査」結果を手がかりに, 川野徳幸, 平林今日子、大瀧慈, 第47回原子爆弾後障害研究会, 2006年06月04日, 通常, 日本語, 長崎原爆資料館
  22. 広島大学「原爆・被ばく関連資料データベース」の概要と公開の意義, 川野徳幸, 広島大学図書館、星正治、神谷研二, 第47回原子爆弾後障害研究会, 2006年06月04日, 通常, 日本語, 第47回原子爆弾後障害研究会
  23. 、セミパラチンスク核実験場近郊住民の放射線障害に関する検討:アンケート調査を通して, 川野徳幸, 平林今日子、峠岡康幸、Talgat MULDAGALIYEV, Kazbek APSALIKOV, 松尾雅嗣、大瀧慈、星正治, 第47回原子爆弾後障害研究会, 2006年06月04日, 通常, 日本語, 第47回原子爆弾後障害研究会, 長崎原爆資料館
  24. Remarkable Experiences of the Nuclear Tests in Residents near the Semipalatinsk Nuclear Test Site,, Noriyuki KAWANO, International Conference, “Actual Ecological Problems and Ways for Solve Them”, 2006年10月26日, 招待, 英語, International Conference, Actual Ecological Problems and Ways for Solve Them, Semipalatinsk, Kazakhstan
  25. The health conditions and symptoms on the radiation exposed residents around the Semipalatinsk Nuclear Tests Site, Noriyuki KAWANO, 統計談話会, 2007年01月19日, 通常, 英語, 統計談話会, 放射線影響研究所
  26. セミパラチンスク核実験場近郊住民における骨髄異形成症候群(MDS)の遺伝子学的検討, 川野徳幸, Dinara ZHARLYGANOVA, 原田結花、原田浩徳、Nailya CHAIZHUNUSSOVA, Kazbek APSALIKOV, Aigul ZHUNUSSOVA,木村昭郎、星正治, 第48回原子爆弾後障害研究会, 2007年06月03日, 通常, 日本語, 第48回原子爆弾後障害研究会, 広島国際会議場
  27. 「政治言語研究」とは何か:特に文化的暴力の視点から, 川野徳幸, 同志社大学政策学部セミナー, 2008年01月16日, 通常, 日本語, 同志社大学政策学部セミナー, 同志社大学
  28. 原爆被爆者の「こころ」と「くらし」における被害:「被爆60年アンケート調査」(朝日新聞)を手がかりに, 川野徳幸, 原爆被爆者の「こころ」と「くらし」における被害:「被爆60年アンケート調査」(朝日新聞)を手がかりに, 2008年01月16日, 通常, 日本語, 同志社大学, 同志社大学
  29. Direct Experiences from the Nuclear Explosions in Inhabitants near the Semipalatinsk Nuclear Test Site, Noriyuki KAWANO, Kyoko HIRABAYASHI, Masatsugu MATSUO, Takashi HIRAOKA, Masaharu HOSHI, Talgat MULDAGALIEV, Kazbek APSALIKOV and Megu OHTAKI, 13th Hiroshima International Symposium, 2008年02月29日, 通常, 英語, 13th Hiroshima International Symposium, Hiroshima
  30. Frequency of AML1/RUNX1 point mutations in myelodysplastic syndrome of population around Semipalatinsk Nuclear Test Site, Noriyuki KAWANO, Dinara ZHARLYGANOVA, Hironori HARADA, Yuka HARADA, Sergey SHINKAREV, Naylya CHAIZHUNUSOVA, Kazbek APSALIKOV, Zhaxybay ZHUMADILOV, Aigul ZHUNUSSOVA, Vadim KEMAIKIN, Kassym ZHUMADILOV, Akira KIMURA, Masaharu HOSHI, 13th Hiroshima International Symposium, 2008年02月29日, 通常, 英語, 13th Hiroshima International Symposium, Hiroshima
  31. セミパラチンスク核実験場近郊住民の心的影響に関する一考察, 川野徳幸, 平林今日子、大瀧慈、Talgat MULDAGALIYEV, Kazbek APSALIKOV, 松尾雅嗣、星正治, 第49回原子爆弾後障害研究会, 2008年06月08日, 通常, 日本語, 第49回原子爆弾後障害研究会, 長崎原爆資料館
  32. Psychological damages and social discriminations among atomic bomb survivors in Hiroshima and Nagasaki, Noriyuki KAWANO,, Symposium “Lessons and Significance in Japan’s Peace Education, 2008年01月18日, 通常, 英語, Cheju National University, South Korea,
  33. Comparison of the Concept of Peace Based on the Association Experiments among the Four Cities in Russia, Noriyuki KAWANO, Masatsugu MATSUO, Japan and Colombia, III International Conference “Peace Studies and Peace Discourse in Education, 2008年09月23日, 通常, 英語, Japan and Colombia, III International Conference “Peace Studies and Peace Discourse in Education, Tomsk in Russia
  34. Mental Effects and social discriminations on the Residents of the Atomic Bombs Dropped on Hiroshima and Nagasaki, Noriyuki KAWANO, III International Conference “Peace Studies and Peace Discourse in Education, 2008年09月23日, 通常, 英語, III International Conference “Peace Studies and Peace Discourse in Education, Tomsk in Russia
  35. セメイ地区の核被害:核実験体験と心的影響、広島大学平和科学研究センター第33回シンポジウム『核の被害再考』, 川野徳幸, 広島大学平和科学研究センター第33回シンポジウム『核の被害再考』, 2008年11月28日, 通常, 日本語, 広島大学平和科学研究センター第33回シンポジウム『核の被害再考』, 広島大学東千田キャンパス
  36. セメイ地区の核被害, 川野徳幸, セメイ地区の核被害, 2009年06月07日, 招待, 日本語, 京都大学原子炉実験所研究会, 京都大学原子炉実験所研究会
  37. Mental effects among inhabitants living near the Semipalatinsk Nuclear Test Site, Noriyuki KAWANO, 14th Hiroshima International Symposium, 2009年03月26日, 通常, 英語, 14th Hiroshima International Symposium, Hiroshima,
  38. 原爆被爆者の不安度における被爆状況依存性について—朝日新聞社アンケート調査に基づく解析—, 川野徳幸, 大谷敬子、佐藤健一、冨田哲治、大瀧慈, 第50回原子爆弾後障害研究会, 2009年06月07日, 通常, 日本語, 第50回原子爆弾後障害研究会, 広島国際会議場
  39. 原爆被爆者の「心の傷」と「差別」の実態-朝日新聞社アンケート調査結果を手がかりに, 川野徳幸, 第79回原医研セミナー, 2009年07月16日, 通常, 日本語, 第79回原医研セミナー, 広島大学霞キャンパス
  40. 原爆被爆者の健康不安に関する解析, 川野徳幸, 大谷敬子、佐藤健一、冨田哲治、大瀧慈, 2009年度統計関連学会連合大会, 2009年09月08日, 通常, 日本語, 2009年度統計関連学会連合大会, 同志社大学
  41. 広島原爆早期入市者の疾病記録と誘導放射能による外部被曝量の評価, 川野徳幸, 今中哲二、遠藤暁、田中憲一, 日本放射線影響学会第52回大会, 2009年11月11日, 通常, 日本語, 日本放射線影響学会第52回大会, 広島市南区民文化センター
  42. チェルノブイリ原発事故被災者への聞き取り調査, 川野徳幸, 被ばく研究会, 2009年11月25日, 通常, 日本語, 被ばく研究会, NHK放送文化研究センター
  43. 原爆被爆者の「心の傷」・「差別」・「健康不安度」について, 川野徳幸, 放射線影響研究会, 2009年11月25日, 通常, 日本語, 広島市まちづくり交流プラザ
  44. An Outline of A-Bomb Damages and Mental Effects / Social discriminations on the Residents in Hiroshima and Nagasaki, Noriyuki KAWANO, International Workshop on Chernobyl Health Consequences, 2009年12月15日, 通常, 英語, International Workshop on Chernobyl Health Consequences, Kiev Ukraine
  45. 原爆被爆者は何を伝えたいのか-原爆被爆者の体験記・メッセージの計量解析を通して-, 川野徳幸, 佐藤健一、大瀧慈, 第51回原子爆弾後障害研究会, 2010年06月06日, 通常, 日本語, 第51回原子爆弾後障害研究会, 長崎原爆資料館
  46. 旧プリピャチ住民にとってチェルノブイリ原発事故とは何だったのか, 川野徳幸, 第110回原子力安全ゼミ研究会, 2011年03月18日, 通常, 日本語, 第110回原子力安全ゼミ研究会, 京都大学原子炉実験所
  47. チェルノブイリ原発事故とは何だったのか:旧プリピャチ住民へのオーラルヒストリーを通して考える、今語る、チェルノブイリ原発事故25周年(チェルノブイリ支援・広島医療協議会), 川野徳幸, チェルノブイリ原発事故とは何だったのか:旧プリピャチ住民へのオーラルヒストリーを通して考える、今語る、チェルノブイリ原発事故25周年(チェルノブイリ支援・広島医療協議会), 2011年04月23日, 通常, 日本語, チェルノブイリ支援・広島医療協議会, 広島市まちづくり市民交流プラザ
  48. 原爆被爆者の体験記・メッセージに関する被爆区分別特徴について, 川野徳幸, 佐藤健一, 第52回原子爆弾後障害研究会, 2011年06月05日, 通常, 日本語, 第52回原子爆弾後障害研究会, ホテル八丁堀シャンテ(広島市)
  49. キノコ雲はどこまで見えたか−被爆証言と地形データからのアプローチ−, 川野徳幸, 佐藤裕哉、佐藤健一, 第52回原子爆弾後障害研究会, 2011年06月05日, 通常, 日本語, 第52回原子爆弾後障害研究会, ホテル八丁堀シャンテ(広島市)
  50. Outlines of Atomic Bomb Afflictions in Hiroshima and Nagasaki, Noriyuki KAWANO,, Outlines of Atomic Bomb Afflictions in Hiroshima and Nagasaki, 2011年01月29日, 通常, 英語, C, TU, Bishwa Bhasha Campus, UNRCPD and Nepal Tourism Board, Kathmandu, Nepal
  51. 原発事故による社会基盤の崩壊:原発の町、プリピャチを事例に, 川野徳幸, 政治社会学会, 2011年09月18日, 通常, 日本語, 政治社会学会, 同志社大学(京都)
  52. チェルノブイリ・旧プリピャチ住民の社会基盤崩壊、そしてフクシマを通して原発を考える, 川野徳幸, 東京外国語大学国際関係研究所シンポジウム「みんなで話そう原発」, 2012年01月21日, 通常, 日本語, 東京外国語大学国際関係研究所シンポジウム「みんなで話そう原発」, 東京外国語大学
  53. 広島原爆早期入市者の疾病記録と誘導放射能による被曝量の評価, 川野徳幸, 今中哲二、遠藤暁、田中憲一, 第46回京都大学原子炉実験所学術講演会(大阪府熊取町), 2012年02月02日, 通常, 日本語, 第46回京都大学原子炉実験所学術講演会(大阪府熊取町), 大阪府熊取町
  54. Scientific foundations of screening organization of the state of health of Kazakhstanean population subjected to radiation,development prenozological preventive measures and rehabilitation, N. KAWANO, T. Muldagaliev, M. Hoshi, R. Apsalikov, T. Belihina, 17th Hiroshima International Symposium - Lessons from unhappy events in the history of nuclear power development, 2012年01月25日, 通常, 英語, 17th Hiroshima International Symposium - Lessons from unhappy events in the history of nuclear power development, Hiroshima
  55. Overall Image of Nuclear Tests among Inhabitants in the Semipalatinsk Area, KAWANO Noriyuki, HIRABAYASHI Kyoko, SATOH Kenichi, MULDAGALIYEV Talgat, APSALIKOV Kazbek, 17th Hiroshima International Symposium - Lessons from unhappy events in the history of nuclear power development, 2012年01月25日, 通常, 英語, 17th Hiroshima International Symposium - Lessons from unhappy events in the history of nuclear power development, Hiroshima
  56. Estimation of heat, water, and black carbon fluxes during the fire induced by the Hiroshima A-bomb in 1945, Michio Aoyama, Noriyuki KAWANO, Toshio Koizumi, Takao Okada, Yoshihiro Okada, Megu Ohtaki and Takahiro Tanikawa,, 17th Hiroshima International Symposium, 2012年01月25日, 通常, 日本語
  57. セミパラチンスク地区住民の核実験に起因する認識構造, 川野 徳幸, 平林 今日子、佐藤 健一、大瀧 慈、Talgat Muldagaliyev、Kazbek Apsalikov, 第53回原子爆弾後障害研究会, 2012年06月03日, 通常, 日本語, 第53回原子爆弾後障害研究会, 長崎原爆資料館
  58. 地理情報システムを用いた被ばく証言・新聞記事による黒い雨の降雨の空間的考察, 川野徳幸, 佐藤裕哉、佐藤健一、嶋本浩子, 第53回原子爆弾後障害研究会, 2012年06月03日, 通常, 日本語, 第53回原子爆弾後障害研究会, 長崎原爆資料館
  59. “Choice and Psychology of Negation in Chaucer’s Language: Syntactic, Lexical, Semantic Negative Choice with Evidence from the Hengwrt and Ellesmere MSs and the Two Editions of the Canterbury Tales”, Noriyuki Kawano, Yoshiyuki Nakao, Akiyuki Jimura, The 18th Congress of the New Chaucer Society, Portland, 2012年01月23日, 通常, 英語, The 18th Congress of the New Chaucer Society, Portland, Oregon, USA
  60. 戦争体験継承への可能性 現在の戦争の状況, 川野徳幸, 平和を考えるシンポジウム(鳥取県主催), 2012年10月21日, 通常, 日本語, 平和を考えるシンポジウム(鳥取県主催), 鳥取県琴浦町生涯学習センター
  61. セミパラチンスク核実験場近郊住民の心的影響とその要因, 川野徳幸, 平林今日子、Talgat Muldagaliyev、Kazbek Apsalikov、大瀧 慈, 政治社会学会, 2012年11月23日, 通常, 日本語, 政治社会学会, 国際基督教大学(三鷹市)
  62. 平和学における「平和概念」, 川野徳幸, 国際平和のための世界経済人会議, 2013年07月31日, 通常, 日本語, ピース・アーチ・ひろしま(広島県が中心), 広島国際会議場
  63. 経時的テキストデータにおける出現パターンの抽出と分類, 川野徳幸, 和泉志津恵、佐藤健一、松浦陽子, 2013年度統計関連学会連合大会, 2013年09月09日, 通常, 日本語, 2013年度統計関連学会連合大会, 大阪大学豊中キャンパス
  64. チョーサーの写本と刊本の比較, 川野徳幸, 地村彰之、中尾佳行、佐藤健一, 広島大学ヨーロッパ中世研究会, 2014年01月31日, 通常, 日本語, 広島大学ヨーロッパ中世研究会, 広島
  65. A Computer-assisted Textual Comparison among the Manuscripts and the Editions of The Canterbury Tales: With Special Reference to Caxton’s Editions, Noriyuki Kawano, Akiyuki Jimura, Yoshiyuki Nakao, Kenichi Satoh, The 19th Congress of the New Chaucer Society, Reykjavik, 2014年01月18日, 通常, 英語, The 19th Congress of the New Chaucer Society, Reykjavik, Iceland
  66. 原爆体験と原爆被爆者の平和観, 川野徳幸, ひろしま復興・平和構築研究事業発表会(広島県主催), 2014年10月11日, 通常, 日本語, ひろしま復興・平和構築研究事業発表会(広島県主催), 広島県情報プラザ(広島市)
  67. 「「ヒロシマ」という思想 そして、これからの「ヒロシマ」」, 川野徳幸, 国際シンポジウム『混沌とする世界における国際機関の強化―広島の果たす役割は―』(広島大学平和科学研究センター/新潟県立大学共催), 2014年11月21日, 通常, 日本語, 国際シンポジウム『混沌とする世界における国際機関の強化―広島の果たす役割は―』(広島大学平和科学研究センター/新潟県立大学共催), 広島国際会議場
  68. 核の脅威:原爆被爆被害を通して, 川野徳幸, 日本物理学会 第70回年次大会, 2015年03月22日, 通常, 日本語, 日本物理学会 第70回年次大会, 早稲田大学
  69. other 22 members, Initial External Radiation Dose to Residents in Iitate Village until Evacuation Due to the Fukushima-1 NPP Accident, Timofeev-Ressovsky International conference, N. Kawano (12th), T. Imanaka, S. Akashi, N. Kawano (12th), JOINT INSTITUTE FOR NUCLEAR RESEARCH, 2015年06月02日, 通常, 英語, JOINT INSTITUTE FOR NUCLEAR RESEARCH, Moscow, Russia
  70. Outline of Atomic-Bomb Affliction, focusing on Mental Effects / Social discriminations, International Conference, Seventy Years After Hiroshima: Conceptualizing Nuclear Issues in Global Contexts, Noriyuki Kawano, Prince Takamado Japan Centre, 2015年09月18日, 通常, 英語, Prince Takamado Japan Centre, University of Alberta, Canada
  71. Internal exposure and beta rays: subjects to be considered more related to radiation exposures, Hoshi M, Stepanenko V, Kawano N, others, The 20th Hiroshima (Miyajima) International Symposium 2016, 2016年01月10日, 通常, 英語, 広島
  72. Estimation of beta- and gamma- dose in quartz containing samples from Hiroshima and Nagasaki cities and Fukushima Prefecture using single grain OSL technique: preliminary results, Stepanenko V, Petukhova A, Hoshi M, Kawano N, others, The 20th Hiroshima (Miyajima) International Symposium 2016, 2016年01月10日, 通常, 英語, 広島
  73. Modeling of beta-irradiation following Hiroshima A-bombing: results of internal dose estimations in experimental animals exposed to neutron activated 56Mn powder, Stepanenko V, Rakhypbekov T, Kawano N, others, The 20th Hiroshima (Miyajima) International Symposium 2016, 2016年01月10日, 通常, 英語

受賞

  1. 2014年11月, 広島大学学長表彰, 広島大学

社会活動

委員会等委員歴

  1. 編集委員, 2012年08月, 2014年03月, 国際平和拠点ひろしま構想推進連携事業実行委員会
  2. 1995年, Pugwash Conference会議事務局
  3. 2005年, Pugwash Conference会議参加者および事務局
  4. 2003年, NGOヒロシマ・セミパラチンスク・プロジェクト
  5. 2010年07月, 第2回カザフスタン・市民交流会「カザフスタンの医師 広島と旧ソ連の核を語る」
  6. 2010年09月, 第19回全国ボランティアフェスティバルひろしま・分科会20「語り継ぐボランティアたち~未来の子どもたちのために~」
  7. 2009年, 広島市「原爆による放射性降下物等の実態解明に関する検討会」
  8. 2010年, 広島市「原爆による放射性降下物等の実態検証委員会」
  9. 理事, 2010年11月, 2016年, 政治社会学会 
  10. 2012年, 2015年, ひろしま復興・平和構築研究編集委員(広島県)
  11. 2013年, 2016年, ひろしま平和研究・教育機関ネットワーク(広島県)
  12. 2012年11月, 飯舘村放射能エコロジー研究会 福島シンポジウム「福島原発事故が飯舘村にもたらしたもの」

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 原爆被爆者意識調査, 読売新聞, 2010年/04月, 2016年/08月, 取材協力, 新聞・雑誌, 企業
  2. 原爆による放射性降下物の実体解明に関する検討会, 広島市, 2009年/07月, 2011年/03月, 行政機関
  3. 被爆60年アンケート調査, 朝日新聞, 2005年/04月, 2005年/08月, 取材協力, 新聞・雑誌, メディア
  4. 被爆65年アンケート調査, 朝日新聞, 2010年, 取材協力, 新聞・雑誌, メディア
  5. 被爆70年アンケート調査, 朝日新聞, 2015年, 取材協力, 新聞・雑誌, メディア
  6. 被曝のひろがり~カザフスタン共和国セミパラチンスク核実験場近郊の核被害~, 広島大学, 広島大学公開講座「広島から世界の平和について考える」, 2005年/09月/01日, 2005年/09月/20日, 講師
  7. 広島原爆の実相と目標選定プロセスの理解, 平和学習, 広島大学原医研, 2001年/12月/17日
  8. セミパラチンスクにおける被曝実態調査研究の概要, ヒロシマ・セミパラチンスク・プロジェクト主催カザフスタン支援訪問団報告会, 2002年/12月, 広島市まちづくり市民交流プラザ
  9. カザフスタン共和国セミパラチンスクの被曝の実相, :核実験場近郊被曝証言を通して、17年目のチェルノブイリ報告Ⅱ~ブレスト市保健局長の現地最新情報~, 2002年/12月, 広島市まちづくり市民交流プラザ
  10. カザフスタン共和国セミパラチンスクの被曝の実相, :核実験場近郊被曝証言を通して、17年目のチェルノブイリ報告Ⅱ~ブレスト市保健局長の現地最新情報~, 2003年/05月/17日, 広島市まちづくり市民交流プラザ, 社会人・一般
  11. 広島原爆の実相と目標選定プロセスの理解, 、セミパラチンスク被曝証言の内容分析、平和学習, 2003年/09月/02日, 広島大学原医研
  12. データベース公開の意義について, 、原爆・被ばく関連資料データベース公開式典, 2004年/06月/02日, 広島大学図書館中央図書館ライブラリーホール
  13. セミパラチンスクの核被害とNGOヒロセミに期待される役割, 2004年/07月/10日
  14. 広島原爆の被害の実態とセミパラチンスクの核被害の実態, 、平和学習, 2004年/09月/03日, 広島大学原医研
  15. 広島原爆の実態, 、平和学習, 2004年/12月/15日, 広島大学原医研
  16. 比治山女子中等高等学校平和週間講演会「カザフスタン共和国セミパラチンスクの核被害解明の試み」, 2006年/06月/22日
  17. 原爆被爆の概要、特に「こころ」と「くらし」における被害:朝日新聞 「被爆60年アンケート調査」を手がかりに, 、平和学習, 2006年/07月/13日
  18. 原爆被爆者の心的被害と社会的被害:朝日新聞「被爆60年アンケート調査」を手がかりに, 平和学習, 2008年/08月/04日, 広島大学原医研
  19. 原爆は人間に何をしたのか, :被爆者の心の傷・社会的差別の視点から 平和授業, 2009年/03月/24日, 広島大学原医研
  20. 原爆被害とヒロシマ, 2010年度広島大学夏期日本語・日本文化特別研修(北京・首都師範大学), 2010年/08月/11日, 広島大学国際センター
  21. 広島大学教育GP国際シンポジウム「学士課程教育の質保証と教育内容の革新」, 広島大学における平和教育の新たな展開-教養教育における平和科目区分の導入-, 2011年/03月/04日, 2011年/03月/04日, 広島国際会議場
  22. 東日本大震災、そしてフクシマ、ネパール・カトマンズ日本人会講話会, 2011年/07月/28日, ネパール・カトマンズ(シャングリラ・ホテル)
  23. 原爆被爆者の心の傷・差別、Love & Peace講演会, 2011年/08月/05日, 広島市
  24. 原爆被害の概要, :物理的破壊、身体的傷害、精神的影響そして差別、JICA研修講義, 2012年/07月/14日, 広島国際会議場
  25. キャンパスアジア「アジアにおける平和と人間の安全保障」, 広島短期スタディープログラム講義, 2014年/08月/05日, 広島大学東千田キャンパス
  26. 幸せを奪った原爆, 平和学習, 2014年/07月/30日, 広島大学平和科研
  27. 原爆被害の概要, 2014年度夏期広島大学日本語・日本文化特別研修(中国クラス)講義, 2014年/07月/31日, 広島大学
  28. Outline of Atomic-Bomb Affliction, focusing on Mental Effects / Social discriminations、平成26年度法学分野における夏期特別研修講義(サンパウロ大学), 2014年/07月/31日, 広島大学
  29. 平和共存学, アントレプレナーシッププログラム, 2014年/12月/13日, 広島大学
  30. IV-2-10, Nuclear Social Risk Management and Civil Protection in Slavik Eurasia and Japan (Panel)の討論者, 、ICCEES IX World Congress, 2014年/08月/07日, Makuhari, Japan