田川 浩HIROSHI TAGAWA

Last Updated :2017/09/11

所属・職名
大学院工学研究科 建築構造学講座 教授
ホームページ
メールアドレス
htagawahiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2012年08月01日, 広島大学, 教授
  • 2001年10月01日, 2012年07月31日, 名古屋大学, 助教授/准教授
  • 1996年06月01日, 2001年09月30日, 京都大学, 助手

学歴

  • 京都大学, 工学研究科, 建築学専攻/博士課程, 日本, 1994年04月, 1996年05月
  • 京都大学, 工学研究科, 建築学専攻/修士課程, 日本, 1992年04月, 1994年03月
  • 京都大学, 工学部, 建築学科, 日本, 1988年04月, 1992年03月

学位

  • 博士(工学) (京都大学)
  • 修士(工学) (京都大学)

教育担当

  • 工学部:第四類(建設・環境系), 工学研究科:建築学専攻, 工学研究科:建築学専攻

担当主専攻プログラム

  • 建築プログラム

研究分野

  • 工学 / 建築学 / 建築構造・材料

研究キーワード

  • 建築構造
  • 鉄骨構造
  • 耐震設計
  • 接合部
  • 制振構造

所属学会

  • 日本建築学会
  • 日本地震工学会
  • 日本鋼構造協会
  • 日本免震構造協会

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 建築設計製図II
  2. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 鋼構造設計基礎
  3. 2017年, 学部専門, 4ターム, 耐震構造
  4. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 建築構造設計
  5. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 鋼構造設計法
  6. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 平和都市・建築論
  7. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 建築倫理
  8. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 鋼構造設計法特論
  9. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), Advanced Design of Steel Structures
  10. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 鋼構造設計法演習
  11. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), Practice of Structural Design for Steel Structures
  12. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 建築学講究I
  13. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 建築学講究II
  14. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 建築学セミナーI
  15. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 建築学セミナーII

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Prevention of story drift amplification in a 20-story steel frame structure by tension-rod displacement–restraint bracing, The Structural Design of Tall and Special Buildings, Online Version巻, 201708
  2. 変位制御型PC鋼棒ブレースを用いた鋼構造建物の応答制御設計, 日本鋼構造協会鋼構造年次論文報告集, 24巻, pp.874-pp.881, 201611
  3. Comparison between experimental and analytical results for seesaw energy dissipation systems using fluid viscous dampers, Earthquake Engineering and Engineering Vibration, 15巻, 1号, pp.79-pp.90, 201603
  4. Cyclic behavior of seesaw energy dissipation system with steel slit dampers, Journal of Constructional Steel Research, 117巻, pp.24-pp.34, 201602
  5. Short brackets at beam-to-column connections in steel structures, Proceedings of the fifth World Engineering Conference and Convention (WECC2015), Kyoto, Japan, CD-ROM巻, pp.PS4-5-9, 201511
  6. A new vibration control system for structures with quasi-linear motion mechanism, Abstract Proceedings of Collaborative Conference on Earthquake Science and Engineering 2015, Chengdu, China, pp.21-pp.22, 201509
  7. Stiffening of bolted end-plate connections with steel member assemblies, Journal of Constructional Steel Research, 103巻, pp.190-pp.199, 201412
  8. Experimental evaluation of dynamic characteristics of seesaw energy dissipation system for vibration control of structures, Earthquake Engineering & Structural Dynamics, 43巻, 12号, pp.1889-pp.1895, 201410
  9. Displacement-restraint bracing for suppression of deformation concentration to local stories of high-rise buildings, Proceedings of International Civil Engineering & Architecture Symposium for Academicians 2014, Antalya, Turkey, pp.90-pp.96, 201405
  10. Study on Bolted Beam-to-Column Connections Stiffened with Steel Member Assemblies, Proceedings of the thirteenth East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction, Sapporo, Japan, SEP 2013
  11. Seismic performance of steel structures with seesaw energy dissipation system using fluid viscous dampers, Engineering Structures, 56巻, pp.431-pp.442, NOV 2013
  12. Seismic response of steel structures with seesaw systems using viscoelastic dampers, Earthquake Engineering & Structural Dynamics, 42巻, 5号, pp.779-pp.794, APR 2013
  13. Evaluation of vibration control system with U-dampers based on quasi-linear motion mechanism, Journal of Constructional Steel Research, 70巻, pp.213-pp.225, MAR 2012
  14. 近似直線運動機構に基づく制振構造を有する鋼構造骨組の塑性設計, 日本建築学会構造系論文集, 75巻, 660号, pp.379-pp.388, 2011年2月
  15. 丸鋼芯材を二重鋼管により座屈拘束したブレースの挙動特性, 日本建築学会構造系論文集, 75巻, 659号, pp.167-pp.174, 2011年1月
  16. 丸鋼芯材を二重鋼管により座屈拘束したブレースの有限要素解析, 日本鋼構造協会鋼構造年次論文報告集, 18巻, pp.377-pp.382, 2010年11月
  17. 丸鋼芯材を二重鋼管により座屈拘束したブレースに関する実験的研究, 日本建築学会構造系論文集, 75巻, 650号, pp.879-pp.885, 2010年4月
  18. 近似直線運動機構に基づくU形ダンパー付き制振構造, 日本建築学会構造系論文集, 75巻, 648号, pp.443-pp.451, 2010年2月
  19. H形断面柱梁偏心接合部を有する鋼構造立体骨組の弾塑性挙動解析, 日本鋼構造協会鋼構造年次論文報告集, 17巻, pp.95-pp.100, 2009年11月
  20. 極大地震動に対する超高層純ラーメン鋼構造建物の動的応答に及ぼすP-Δ効果の影響, 日本建築学会構造系論文集, 74巻, 644号, pp.1861-pp.1868, 2009年10月
  21. Shape optimization of reduced beam section under cyclic loads, Journal of Constructional Steel Research, 65巻, 7号, pp.1511-pp.1519, JUL 2009
  22. Displacement-restraint Bracing for Seismic Retrofit of Steel Moment Frames, Journal of Constructional Steel Research, 65巻, 5号, pp.1096-pp.1104, MAY 2009
  23. 弱軸梁フランジから荷重を受けるH形断面柱梁スチフナ補強接合部のスチフナせん断応力を考慮した降伏耐力, 構造工学論文集, 55B巻, pp.293-pp.299, 2009年4月
  24. H形断面柱梁偏心接合部のパネル耐力, 日本建築学会構造系論文集, 74巻, 636号, pp.375-pp.384, 2009年2月
  25. 高剛性のワイヤ拘束部材が変位制御型ブレース構造に及ぼす影響, 日本鋼構造協会鋼構造年次論文報告集, 16巻, pp.537-pp.544, 2008年11月
  26. H形断面柱梁偏心接合部の局部降伏耐力, 日本建築学会構造系論文集, 73巻, 628号, pp.965-pp.971, 2008年6月
  27. ラーメン構造の耐震特性を考慮した変位制御型ワイヤブレース構造, 日本建築学会構造系論文集, 73巻, 627号, pp.843-pp.850, 2008年5月
  28. 弱軸梁フランジから荷重を受けるH形断面柱梁スチフナ補強接合部の降伏耐力, 構造工学論文集, 54B巻, pp.693-pp.700, 2008年4月
  29. フランジ局部曲げを考慮したH形鋼スチフナ補強接合部の耐力評価, 日本建築学会構造系論文集, 619号, pp.157-pp.164, 2007年9月
  30. Shape optimization of H-beam flange for maximum plastic energy dissipation, J. Struct. Eng., ASCE, 133巻, 8号, pp.1176-pp.1179, AUG 2007
  31. 溝形鋼により補強された柱梁接合部における柱弱軸側梁の接合に関する研究, 日本鋼構造協会鋼構造論文集, 14巻, 54号, pp.55-pp.68, 2007年6月
  32. 梁フランジ幅がH形断面柱スチフナ補強部の降伏耐力に及ぼす影響, 日本建築学会構造系論文集, 614号, pp.115-pp.122, 2007年4月
  33. 柱軸力変動を考慮した鋼構造高層骨組における変形集中現象の検討, 日本鋼構造協会鋼構造年次論文報告集, 15巻, pp.47-pp.54, 20071101
  34. 弾塑性応答を考慮したH形鋼梁のフランジ形状最適化 -載荷実験と有限要素解析-, 日本鋼構造協会鋼構造論文集, 13巻, 52号, pp.65-pp.72, 20061201
  35. Application of steel channels as stiffeners in bolted moment connections, Journal of Constructional Steel Research, 61巻, 12号, pp.1650-pp.1671, DEC 2005
  36. 溝形鋼で補強されたエンドプレート形式柱梁接合部の局部圧縮耐力, 日本鋼構造協会鋼構造論文集, 12巻, 47号, pp.33-pp.42, 2005年9月
  37. 入力地震動の空間変動が立体トラスの最適設計に及ぼす影響, 日本建築学会構造系論文集, 580号, pp.85-pp.92, 2004年6月
  38. 降伏線理論に基づくH形鋼ウェブ局部降伏の耐力評価式, 日本建築学会構造系論文集, 573号, pp.193-pp.199, 2003年11月
  39. 地震動の空間変動を考慮した構造物の最適設計, 構造工学論文集, 46B巻, pp.9-pp.18, 2000年3月
  40. 一様部材断面積を有する平面トラスのトポロジー 節点位置同時最適化, 日本建築学会構造系論文集, 521号, pp.73-pp.80, 1999年7月
  41. 繰返し水平載荷を受ける梁 降伏型平面骨組の崩壊挙動に関する実験的研究(その2 動的載荷時における弓形変形モードの成長現象および振動中心のドリフト現象), 日本建築学会構造系論文集, 526号, pp.61-pp.68, 1999年12月
  42. Criteria for suppression of deformation concentration of building frames under severe earthquakes, Engineering Structures, 20巻, 4-6号, pp.372-pp.383, APR 1998
  43. 履歴型ダンパーの破断を伴う鋼構造骨組の地震応答, 日本鋼構造協会鋼構造論文集, 5巻, 20号, pp.17-pp.25, 1998年12月
  44. 繰返し水平載荷を受ける梁 降伏型平面骨組の崩壊挙動に関する実験的研究(その1 静的載荷時に おける弓形変形モードの成長現象), 日本建築学会構造系論文集, 513号, pp.89-pp.96, 1998年11月
  45. 梁降伏型平面骨組の動的崩壊過程における変形集中現象, 日本建築学会構造系論文集, 483号, pp.51-pp.60, 1996年5月
  46. 梁端部の脆性破壊を伴う鋼構造骨組の地震応答, 日本建築学会構造系論文集, 489号, pp.77-pp.86, 1996年11月
  47. 繰返し頂点水平変位を受ける多層平面骨組の弾塑 性分岐挙動, 構造工学論文集, 41B巻, pp.631-pp.636, 1995年3月
  48. 分布水平力を受ける梁降伏型平面骨組の対称限界理論, 日本鋼構造協会鋼構造年次論文報告集, 2巻, pp.61-pp.68, 1994年11月
  49. 一方向頂点水平変位を受ける多層平面骨組モデルの分岐挙動解析, 日本建築学会構造系論文集, 453号, pp.101-pp.110, 1993年11月

受賞

  1. 2005年09月, 日本建築学会奨励賞, 日本建築学会