馬場 卓也Takuya Baba

Last Updated :2019/11/01

所属・職名
大学院国際協力研究科教育文化講座教授
メールアドレス
takubahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
日本にあって、数学教育を開発途上国への支援という視点、さらに幅広く国際比較という視点から研究している。授業研究、教師の職能成長、民族数学とカリキュラム開発が専門である。

基本情報

主な職歴

  • 2003年10月01日, 広島大学, 大学院国際協力研究科教育コース, 准教授
  • 2001年07月01日, 2003年09月30日, 広島大学, 大学院国際協力研究科教育コース, 助手
  • 2004年09月01日, 2005年03月31日, 国立大学法人筑波大学, 教育開発国際協力研究センター, 客員研究員
  • 2004年04月01日, 2005年03月31日, 文部科学省, 日米理数教育比較研究会, 委員
  • 2004年04月01日, 2004年09月30日, 県立広島女子大学, 非常勤講師(平成16.9.30まで)

学歴

  • 広島大学, 国際協力研究科, 教育文化, 日本, 1998年04月, 2001年06月
  • 大阪大学, 理学部, 数学科, 日本, 1980年04月, 1984年03月

学位

  • 博士(教育学)(広島大学)
  • 修士(教育学)(広島大学)

教育担当

  • 【博士課程前期】 国際協力研究科 : 教育文化専攻
  • 【博士課程後期】 国際協力研究科 : 教育文化専攻

研究分野

  • 社会科学 / 教育学 / 教科教育学

研究キーワード

  • 数学教育における価値研究
  • 内発的発展
  • 授業研究と教師コミュニティ
  • 授業分析
  • 数学教育の社会文化的側面
  • 民族数学
  • 動詞型カリキュラム

所属学会

  • 日本数学教育学会
  • 全国数学教育学会
  • 日本科学教育学会
  • 日本教科教育学会
  • 数学教育国際心理学会
  • 国際開発学会
  • 日本比較教育学会
  • 日本アフリカ学会
  • 授業研究国際会議, 2014年

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 1ターム, SDGsへの学問的アプローチA
  2. 2019年, 教養教育, 4ターム, Japanese Experience of Human Development-Culture, Education, and Health
  3. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 教育開発特論
  4. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 教育開発特論
  5. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 数学教育開発論
  6. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 教育協力実践基礎論I
  7. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 教育協力実践基礎論II
  8. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), カリキュラム開発論演習
  9. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), カリキュラム開発論演習I
  10. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 教科教育開発論演習II
  11. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), カリキュラム開発論演習
  12. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 教科教育授業論
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 日本の教育開発経験
  14. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), カリキュラム開発論演習I
  15. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 教科教育開発論演習II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. The Perspective of Construction and Innovation of Didactics of Mathematics as a Scientific Discipline : The Case of Japan and its Didactical Issue(a joint work), 広島大学大学院国際協力研究科紀要『国際協力研究誌』, 3巻, 1号, pp. 103-114, 19970301
  2. The Present Significance of Media Literacy and its Development, 日本教科教育学会誌, 22巻, 1号, pp. 43-53, 19990601
  3. Redefinition of Journal of International Development and Cooperation Literacy towards EFA Erra : Focusing on the Mathematics Education, 国際協力研究誌, 6巻, 1号, pp. 197-209, 20000301
  4. 「算数・数学教育におけるケニア国への国際協力」, 『新しい算数研究』, 357巻, pp. 60-62, 20001001
  5. The Development of Mathematics Education Based on Ethnomathematics : The Intersection of Critical Mathematics Education and Ethnomathematics(共著), Research Report= Psychology of Mathematics Education, 2巻, pp. 49-56, 19990401
  6. 民族数学に基づく数学教育の展開(3)数学教育における基礎的活動の動詞による分析, 数学教育学研究, 5巻, pp. 29-35, 19990401
  7. Redefinition of hiteracy towards EFA Era : Focusing on the Mathematics Education(共著), 国際協力研究誌, 6巻, 1号, pp. 197-209, 20000401
  8. For the Reform of Mathematics Education in Kenyan Secondary Schools, 広島大学大学院国際協力研究科紀要『国際協力研究誌』, 7巻, 1号, pp. 67-75, 20010401
  9. The Intersection of Critical Mathematics Education and Ethnomathematics, 科学教育研究, 25巻, 3号, pp. 191-199, 2001
  10. The Development of Mathematics Education Based on Ethnomathematics(2): Analysis of Universal Activities in terms of Verbs, International Journal of Curriculum Development and Practice, 3巻, 1号, pp. 65-75, 20010301
  11. 「数学教育分野における国際協力の考察‐ケニア国中等理数科教育強化プロジェクトを事例として‐」, 『国際協力研究誌』, 8巻, 1号, pp. 7-17, 2001
  12. ★, 「民族数学に基づく数学教育の展開(4)-ケニア国初等教育における学習指導要領の動詞による分析-」, 『数学教育学研究』, 7巻, pp. 7-17, 2001
  13. “The Development of Mathematics Education Based on Ethnomathematics (2): Analysis of Universal Activities in terms of Verbs”, International Journal of Curriculum Development and Practice, 3巻, 1号, pp. 65-75, 1999
  14. “For the Reform of Mathematics Education in Kenyan Secondary Schools”, 国際協力研究誌, 7巻, 1号, pp. 67-75, 1999
  15. 「動詞型カリキュラムにおける測定活動の記号論的分析」, 『数学教育学研究』, pp. pp.265-270, 20011101
  16. “The Development of Mathematics Education Based on Ethnomathematics (2): Analysis of Universal Activities in terms of Verbs”, PME24, 2巻, pp. pp.41-48, 20000701
  17. 「算数・数学教育におけるケニア国への国際協力」, 新しい算数教育研究, pp. 60-62, 20000101
  18. “Redefinition of Literacy Towards EFA Era: Focusing on the Mathematics Education”, 国際協力研究誌, 6巻, 1号, pp. 197-209, 1999
  19. The Development of Mathematics Education Based on Ethnomathematics(2): Analysis of Universal Activities in terms of Verbs, Proceedings of the 24th International Conference of Psychlogy of Mathematics Education, 2巻, pp. 41-48, 20000701
  20. The Development of Mathematics Education Based on Ethnomathematics: the interaction of critical mathematics education and ethnomathematics, Proceedings of the 23rd International Conference of Psychlogy of Mathematics Education, 2巻, pp. 49-56, 19990701
  21. “The Present Significance of Media Literacy and its Development: Focusing on the Science Education Development”, 日本教科教育学会誌, 22巻, 1号, pp. 43-53, 1999
  22. “Development of Mathematics Education in Japan from Meiji Era to Present Time: Focusing on the Change of Realism and Academism”, ICMI-EARCOME, 19980801
  23. “Development of Mathematics Education Based on Ethnomathematics: Intersection of Critical Mathematics Education and Ethnomathematics”, ICMI-EARCOME, 19980801
  24. ★, 「民族数学を基盤とする数学教育の展開(2)-批判的数学教育と民族数学の接点より-」, 数学教育学研究, 4巻, pp. 29-35, 1998
  25. “Consideration on Mathematics Education from Cultural Perspective (2): Analysis of Mathematical Activities in terms of Verbs”, 『第31回数学教育論文発表会発表論文集』, pp. 413-418, 1998
  26. “The Perspective of Construction and Innovation of Didactics of Mathematics as a Scientific Discipline: The Case of Japan and the Didactical Issue”, 広島大学大学院国際協力研究科紀要『国際協力研究誌』, 3巻, 1号, pp. 103-114, 1999
  27. “Consideration on Mathematics Education from Cultural Perspective (1)」, 『第31回数学教育論文発表会発表論文集』, pp. pp.591-596, 19971101
  28. 東北タイにおける珠算による算数教育協力の現状と課題, 日本教科教育学会誌, 26巻, 4号, pp. 29-38, 20040301
  29. 数学教育における記号論的連鎖に関する考察 -Wittmannの教授単元の分析をとおして-, 愛媛大学教育学部紀要, 52巻, 1号, pp. 139-152, 20051001
  30. 批判性数学教育与民族数学的交叉点, 内蒙古師範大学学報, 19巻, 1号, pp. 77-84, 20060101
  31. 『数学的な考え方』から見た日本の数学教育の文化論, 数学教育学研究, 12巻, pp. 247-252, 20060601
  32. ★, 多様な価値観を有する社会・時代における算数教育, 日本数学教育学会誌, 89巻, 10号, pp. 20-27, 20070201
  33. 国際比較調査の開発途上国の教育開発に対するインプリケーションに関する考察:ガーナ国TIMSSレポートを事例として, 国際教育協力論集, 11巻, 1号, pp. 129-140, 20080101
  34. ★, 国際教育協力における授業研究アプローチの可能性-ザンビアの事例をもとに-, 国際教育協力論集, 12巻, 1号, pp. 107-118, 20090301
  35. 大学院国際協力研究科「IDEC-JICA連携融合事業」」『グローバル人材育成のための大学教育プログラムに関する実証的研究, 20100801
  36. ザンビア国算数・数学カリキュラムの構造分析, アフリカ教育研究, 1巻, pp. 41-51, 20100401
  37. ザンビア算数・数学教育, 学校教育, pp. 70-73, 20110701
  38. 附属学校における現職教員研修会の在り方に関する研究―中学校数学教師の実践力の向上を目指して―, 40号, pp. 23-28, 20120301
  39. Analysis of Primary Mathematics in Bangladesh from Pupils' and Teachers' Perspectives - Focusing on Fraction, International Journal of Curriculum Development and Practice, 9巻, 1号, pp. 37-53, 20071001
  40. ★, Values in Japanese Mathematics Education: A historical development, ZDM Mathematics Education, 44巻, pp. 21-32, 20120301
  41. Emergence of Students’ Values in the Process of Solving the Socially Open-ended Problem, Proceedings of the 36th Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education, 4巻, pp. 75-82, 20120701
  42. 「全国数学教育学会誌論文(2004-2013)の国際ハンドブックの観点によるメタ分析』, 『数学教育学研究』, 22巻, 1号, pp. 159-169, 2016
  43. 「算数教育における社会的価値観の育成に関する研究(3)-先行研究の批判的検討によるオープンエンドな問題の特性の考察-」, 『数学教育学論究臨時増刊』, 96巻, pp. 73-80, 2014
  44. 「数学教育の内発的発展に向けたプロセス重視の国際協力アプローチ」, 『日本数学教育学会誌』, 96巻, 7号, pp. 20-23, 2014
  45. 「数学教育における価値についての国際比較調査「第三の波」(2)-因子分析による児童生徒の数学学習における価値観の検討一」, 『日本数学教育学会誌数学教育学論究臨時増刊号』, 95巻, pp. 105-112, 2013
  46. 「算数教育における社会的価値観の育成に関する研究(2)-先行研究の批判的検討による基礎的枠組みの考察一」, 『日本数学教育学会誌数学教育学論究臨時増刊号』, 95巻, pp. 177-184, 2013
  47. 「価値研究枠組みの説明及び広島県における価値調査データの分析」, 『第1回春期研究大会論文集 創成型課題研究の部』, 2013
  48. 「数学教育における価値についての国際比較調査「第三の波」(1)-全体的傾向および集団間の比較考察-」, 『数学教育学研究』, 19巻, 2号, pp. 127-140, 2013
  49. 「算数教育における社会的オープンエンドな問題による価値観指導に関する研究(1)-社会的価値観とそれが表出する問題について」, 『数学教育学研究』, 19巻, 1号, pp. 81-88, 2013
  50. 「開発途上国における学力国際調査の意義と可能性-アフリカ三ヶ国における数学教育を事例として-」, 『比較教育学研究』, 40巻, pp. 145-157, 2010
  51. 「算数・数学教育における社会的オープンエンドな問題の価値論からの考察」, 『数学教育学研究』, 15巻, 2号, pp. 51-57, 2009
  52. 「理数科教育開発研究の視点から」, 『国際教育協力論集』, pp. 55-72, 2007
  53. 「理数科教育分野の国際協」, 『開発学会研究』, 16巻, 2号, pp. 47-61, 2007
  54. 「米国調査(学校社会班)から見た日本の数学教育の検討」, 『数学教育学研究』, 12巻, pp. 169-178, 2006
  55. 「数学教育と社会の関係性の考察-民族数学と批判的数学教育の視点より-」, 『数学教育学研究』, 9巻, pp. 15-23, 2003
  56. 「民族数学に基づく数学教育の展開(5)-動詞型カリキュラムにおける測定活動の記号論的分析-」, 『数学教育学研究』, 8巻, pp. 11-18, 2002
  57. 「数学教育における価値研究の先行研究の体系的考察」, 『第3回春期研究大会論文集 創成型課題研究の部』., 2015
  58. “Transformation of Student’ Values in the Process of solving socially open-ended problems”, Proceedings of the 39th Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education, 4巻, pp. 161-168, 2015
  59. Values in Japanese Mathematics Education from the perspective of Open-Ended Approach, Teaching Innovations, 27巻, 3号, pp. 69-82, 2015
  60. Exploring What Japanese Students Find Important in Mathematics Learning’ Based on the Third Wave Project, Proceedings of the 38th Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education, 5巻, pp. 169-176, 2014
  61. Consideration of Experimental Lesson by the Core Technical Team and Issues of Mathematics Education in Zambia, Zambia Journal of Teacher Professional Growth, 1巻, 2号, pp. 13-33, 2013
  62. A Critical Look at Mathematics Science Textbooks in Zambia: Sequencing and Arrangements of Items in Grade 8 – Part 1, Zambia Journal of Teacher Professional Growth, 1巻, 1号, pp. 149-165, 2013
  63. Reconstruction of the Notion “Learner-Centered” for Mathematics Education in Zambia Junior Secondary Schools, Zambia Journal of Teacher Professional Growth, 1巻, 1号, pp. 16-28, 2013
  64. Emergence of Students’ Values in the Process of Solving the Socially Open-ended Problem, Proceedings of the 36th Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education. Taipei, Taiwan: PME., 4巻, pp. 75-82, 2012
  65. Transformation of the mathematics Subject Matter Knowledge into Classroom Teaching by Mongolian teachers, 『数学教育学研究』, 15巻, pp. 107-122, 2008
  66. 「日本の数学教育における価値」, 『数学教育学研究』, 19巻, 2号, pp. 203-206, 2013
  67. Teachers Institution and Participation in a Lesson Study Project in Zambia: Implication and Possibilities, Africa-Asia University Dialogue for Educational Development Report of the International Experience Sharing Seminar(2) -Actual Status and Issues of Teacher Professional Development, pp. 85-102, 2011
  68. School-based Research in Educational Development - Perspectives and Issues of Mathematics Education Research, Journal of Research and Practice of International Cooperation in Science, Mathematics and Technology Education, 1巻, pp. 13-24, 2009
  69. 「バングラデシュ国初等理数科における教授的力量の評価枠組み構築に向けた授業の立体的考察」, 国際教育協力論集』, 8巻, 2号, pp. 63-74, 2005
  70. 「バングラデシュ国小学校算数の事例を通した教育の質的側面についての考察」, 『国際教育協力論集』, 7巻, 2号, pp. 56-67, 2004
  71. 「数学教育協力における文化の果たす役割-ケニアにおける数学教育の事例を基に-」, 『国際教育協力論集』, 5巻, 1号, pp. 69-82, 2002
  72. 「アフリカの文脈における数学教育と数学的リテラシー」, 『アフリカ教育研究』, 7巻, pp. 11-26, 2017
  73. 「数学教育を通した批判的思考力の育成」, 『第4回春期研究大会論文集 創成型課題研究の部』., 2016
  74. Transformation of Students' Values In the Process of Solving Socially Open-Ended Problems (2): Focusing on Long-Term Transformation, Proceedings of the 40th Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education, 4巻, pp. 187-194, 2016

著書等出版物

  1. 2010年04月, 新訂数学教育の理論と実際〈中学校・高等学校(必修)〉, 聖文新社, 2010年, 04, 教科書, 編著, 9784792200992, 275
  2. 2003年, 馬場卓也「開発途上国における数学教育の内発的な展開に向けて」『アフリカの開発と教育‐人間の安全保障を目指す国際教育協力‐』 , 明石書店, 2003年, 単行本(一般書), 共編著, 澤村信英編著 馬場 卓也 , 22
  3. 2003年, 馬場卓也、小島路生「授業研究」,『日本の教育経験‐途上国の教育開発を考える』 , 国際協力機構国際協力総合研修所, 2003年, 調査報告書, 共編著, 馬場 卓也
  4. 2017年, 2017年, 2017, 単行本(学術書), 共著
  5. Lesson study, History, Insitution, community, Springer, 2017年, 2017, 単行本(学術書), 共著, 英語, Takuya Baba, Atsumi Ueda, Hiroyuki Ninomiya, Keiko Hino
  6. 2018年, 岡部恭宜編著『青年海外協力隊は何をもたらしたか』, 「青年海外協力隊の役割と可能性」, 青年海外協力隊, ミネルバ書房, 2018年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 馬場卓也・下田旭美, 144-168
  7. 2018年, 興津妙子・川口純編『教員政策と国際協力』, 「第6章 ザンビアの教員を取り巻く環境と教員政策の課題‐」, 明石書店, 2018年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 中井一芳、下田旭美、馬場卓也, pp.151-184
  8. 2018年, 2018年, 単行本(学術書), 共著, 英語, pp. 55–68

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 価値多元化社会において求められる数学的能力, 馬場卓也, 日本数学教育学会全国大会シンポジウム, 2015年08月02日, 招待, 中国語, 日本数学教育学会, 北海道
  2. 馬場卓也(課題別研究オーガナイザー)「数学教育を通した批判的思考力の育成に関する研究-批判的数学教育(Skovsmose1994)の日本の文脈からの検討-」, 馬場卓也, 日本数学教育学会第4回春期大会『創成型課題研究の部』, 2017年06月11日, 通常, 日本語, 日本数学教育学会, 横浜国立大学
  3. 「見える化」によって何を見えなくしたのか-ザンビアプログラムの経験を通してー, 馬場卓也, 滝沢一博(教育学研究科)、鈴木大裕(高知県教育アドバイザー), IDEC拡大セミナー企画「危機に立つ公教育と教師:~米国、日本、ザンビアからの警鐘と希望~」, 2016年12月19日, 通常, 日本語, IDEC, 広島大学
  4. 2016年11月21日, 招待, 英語
  5. 2016年08月02日, 招待, 英語
  6. (課題別研究オーガナイザー)【数学教育における批判的思考力】, 馬場卓也, 日本数学教育学会第4回春期大会, 2016年06月11日, 通常, 日本語, 日本数学教育学会, 埼玉大学
  7. 馬場卓也, The 11th National Conference of Japanese Studies Association of Thailand, 2017年11月23日, 招待, 英語, Japanese Studies Association of Thailand, Khon Kaen University
  8. World Associations of Lesson Studies (WALS) International Conference 2017, 2017年11月24日, 通常, 英語, World Associations of Lesson Studies (WALS), 名古屋大学
  9. 2017年12月06日, 招待, 英語
  10. 「SDGsはグローバル人材育成にどのような影響を与えるのか」、東洋大学., 馬場卓也, 国際開発学会第28回全国大会ラウンドテーブル「日本人のグローバル人材育成について~国際開発関係大学院教育の現場から」, 2017年11月26日, 通常, 日本語, 国際開発学会, 東洋大学
  11. 「産業人材の職業能力の総合的評価に向けて」ディカッサント, 国際開発学会第29回大会, 2018年11月23日, 通常, 日本語, 国際開発学会第29回大会, 筑波大学
  12. ラウンドテーブル「SDGsと大学~国際開発関係大学院の現場から~」, 馬場卓也, 国際開発学会第29回大会, 2018年11月24日, 通常, 日本語, 国際開発学会, 筑波大学

社会活動

学術会議等の主催

  1. 国際開発学会, 2016年11月, 2016年11月
  2. 全国数学教育学会, 2017年01月, 2017年01月
  3. 数学教育国際会議, 2014年12月, 2014年12月