川口 浩史HIROSHI KAWAGUCHI

Last Updated :2019/05/07

所属・職名
病院(医) 造血器診療科 講師
メールアドレス
hrkawahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞1-2-3 霞中央研究棟1階小児科
TEL:082-257-5212 FAX:082-257-5214
自己紹介
小児がんの診療・臨床研究に従事しています。

基本情報

主な職歴

  • 2003年04月16日, 2008年09月30日, 広島大学, 医学部附属病院小児科, 助教
  • 2008年10月01日, 2009年05月17日, 広島大学, 病院造血器診療科, 助教
  • 2009年05月18日, 2010年12月05日, 国立病院機構東広島医療センター, 小児科, 医長
  • 2010年12月06日, 2017年03月31日, 広島大学, 病院成育診療科小児科, 講師
  • 2017年04月01日, 広島大学, 病院成育診療科小児科, 診療准教授
  • 2018年04月01日, 広島大学学術院, 病院造血器診療科, 講師
  • 2018年10月01日, 広島大学病院, 小児科, 診療教授

学歴

  • 広島大学, 医学系研究科, 内科系専攻, 日本, 1999年04月, 2003年03月
  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1986年04月, 1992年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

教育担当

  • 医学部:医学科

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 小児科学

研究キーワード

  • 造血幹細胞移植
  • 好中球減少症
  • 固形腫瘍
  • 血液学
  • 小児がん

所属学会

  • 日本小児科学会, 1992年
  • 日本小児血液・がん学会, 1993年
  • 日本小児アレルギー学会, 2000年
  • 日本血液学会, 2000年
  • 日本感染症学会, 2011年
  • 日本造血細胞移植学会, 2011年

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 全身性疾患制御学
  2. 2019年, 学部専門, 集中, 症候診断治療学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Secondary bone/soft tissue sarcoma in childhood cancer survivors: a nationwide hospital-based case-series study in Japan, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 48巻, 9号, pp.806-pp.814, 201809
  2. Simultaneous detection of ABL1 mutation and IKZF1 deletion in Philadelphia chromosome-positive acute lymphoblastic leukemia using a customized target enrichment system panel, INTERNATIONAL JOURNAL OF LABORATORY HEMATOLOGY, 40巻, 4号, pp.427-pp.436, 201808
  3. Intensification of induction therapy and prolongation of maintenance therapy did not improve the outcome of pediatric Langerhans cell histiocytosis with single-system multifocal bone lesions: results of the Japan Langerhans Cell Histiocytosis Study Group-02 Protocol Study, INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY, 108巻, 2号, pp.192-pp.198, 201808
  4. Secondary cancer after a childhood cancer diagnosis: viewpoints considering primary cancer., Int J Clin Oncol, 2018
  5. Development of cystic malacia after high-dose cranial irradiation of pediatric CNS tumors in long-term follow-up, CHILDS NERVOUS SYSTEM, 33巻, 6号, pp.957-pp.964, 2017
  6. Effective Treatment of a Childhood Blastic Plasmacytoid Dendritic Cell Neoplasm with a Cutaneous Tumor Alone by Stem Cell Transplantation with Reduced Intensity Conditioning, INDIAN JOURNAL OF HEMATOLOGY AND BLOOD TRANSFUSION, 32巻, pp.S26-pp.S31, 201606
  7. Intensified and prolonged therapy comprising cytarabine, vincristine and prednisolone improves outcome in patients with multisystem Langerhans cell histiocytosis: results of the Japan Langerhans Cell Histiocytosis Study Group-02 Protocol Study., International journal of hematology, 2016
  8. Early eradication of factor VIII inhibitor in patients with congenital hemophilia A by immune tolerance induction with a high dose of immunoglobulin., International journal of hematology, 103巻, 4号, 2016
  9. Cavernous angioma after chemotherapy for desmoplastic/nodular medulloblastoma associated with anhidrotic ectodermal dysplasia, Childs nervous system, 32巻, 2号, pp.395-pp.398, 2016
  10. Secondary cancers after a childhood cancer diagnosis: a nationwide hospital-based retrospective cohort study in Japan., International journal of clinical oncology, 2016
  11. 二次がんとしての甲状腺がん, 小児外科, 2016
  12. 原発性免疫不全症候群 先天性食細胞機能不全症及び欠損症 先天性好中球減少症, 日本臨床, pp.558-pp.561, 201603
  13. 小児がんの初発症状と受診診療科 診断のための有用な臨床所見, 広島医学, 68巻, 2号, pp.83-pp.85, 201502
  14. A Comparison of Myelopoiesis from Induced Pluripotent Stem Cells with a Mutation in ELANE between Cyclic Neutropenia and Severe Congenital Neutropenia, BLOOD, 126巻, 23号, 2015
  15. 自己免疫性好中球減少症, 日本内科学会雑誌, 103巻, 7号, pp.1639-pp.1644, 20140701
  16. Early elimination of Factor VIII inhibitor by ITI with high dose immunoglobulin in children with hemophilia A, HAEMOPHILIA, 20巻, pp.46-pp.46, 2014
  17. Excessive Nitric Oxide Production of CGD Neutrophils Induces the Down-Regulation of NOS3 and EDN1 Expression in Human Endothelial Cells, BLOOD, 124巻, 21号, 2014
  18. Successful Retransplantation of Bone Marrow Cells Following Failure of Initial Engraftment in 4 Patients with SCN, BLOOD, 124巻, 21号, 2014
  19. Heterozygosity for the Y701C STAT1 mutation in a multiplex kindred with multifocal osteomyelitis, Haematologica, 98巻, 10号, pp.1641-pp.1649, 201310
  20. Central nervous system complications and neuroradiological findings in children with chronic active EpsteinBarr virus infection, PEDIATRICS INTERNATIONAL, 55巻, 1号, pp.72-pp.78, 2013
  21. Continuous intravenous infusion of ketamine and lidocaine as adjuvant analgesics in a 5-year-old patient with neuropathic cancer pain., J Palliat Med, 15巻, 6号, pp.719-22, 20120601
  22. Clinical and Genetic Characteristics of Patients with Severe Congenital Neutropenia in Japan, BLOOD, 118巻, 21号, pp.1387-pp.1388, 2011
  23. Autoimmune neutropenia due to antineutrophil antibodies in a patient with primary sclerosing cholangitis., Clinical journal of gastroenterology, 3巻, 3号, 2010
  24. [Hepatic arterial infusion of liposomal amphotericin B for multiple fungal abscesses in the liver of a patient with chronic granulomatous disease]., [Rinshō ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology, 51巻, 5号, 2010
  25. Posterior reversible encephalopathy syndromeと考えられた7例の検討, 日本小児科学会雑誌, 113巻, pp.64-pp.68, 20091001
  26. Successful treatment of Kasabach-Merritt syndrome with vincristine and diagnosis of the hemangioma using three-dimensional imaging., Pediatric Hematology and Oncology, 26巻, 5号, pp.375-80, 20090701
  27. Respiratory complications after haematopoietic stem cell transplantation in a patient with chronic granulomatous disease., Transfusion Medicine, 19巻, 2号, pp.105-8, 20090401
  28. Effective Hematopoietic Stem Cell Transplantation with Reduced Intensity Conditioning for Patients with Chronic Granulomatous Disease, BLOOD, 114巻, 22号, pp.1296-pp.1296, 2009
  29. Neurodevelopmental abnormalities associated with severe congenital neutropenia due to the R86X mutation in the HAX1 gene., J. Med. Genet., 45巻, 12号, pp.802-pp.807, 20081201
  30. 非結核性抗酸菌による多発性骨髄炎を呈したインターフェロンγ受容体1異常症の2例, 日本小児科学会雑誌, 112巻, pp.1818-pp.1825, 20080601
  31. Reconstitution of Regulatory T Cells Involves in the Development of Acute Graft-Versus-Host Disease after Hematopoietic Stem Cell Transplantation., BLOOD, 112巻, 11号, pp.769-pp.769, 2008
  32. 自己免疫性好中球減少症, 血液・腫瘍科, 20071201
  33. The novel IFNGR1 mutation 774del4 produces a truncated form of interferon-gamma receptor 1 and has a dominant-negative effect on interferon-gamma signal transduction., J Med Genet, 44巻, 8号, pp.485-pp.491, 20070801
  34. A novel mutation 774del4 in IFNGR1, which produces truncated form of interferon gamma receptor 1, causes a dominant-negative effect on interferon gamma signal transduction., Blood, 108巻, 11号, pp.367A-pp.367A, 2006
  35. クロモグリク酸ナトリウム吸入療法におけるスペーサーの効果 クロモグリク酸ナトリウム血漿中濃度を用いた検討, 日本小児アレルギー学会誌, 19巻, pp.758-pp.763, 20051201
  36. 好中球エラスターゼと周期性好中球減少症・急性前骨髄性白血病, Annual Review 血液, pp.144-pp.150, 20051201
  37. 好中球減少症の臨床と病因・病態解明の進歩, 小児科, 46巻, pp.1448-pp.1453, 20051101
  38. 好中球減少症, 小児科診療, 68巻, pp.1219-pp.1225, 20051001
  39. 周期性好中球減少症, 血液フロンティア, 15巻, pp.69-pp.75, 20050901
  40. 好中球の疾患 好中球減少症, 小児科診療, 68巻, 7号, pp.1219-pp.1225, 20050701
  41. ★, A comparison of the defective granulopoiesis in childhood cyclic neutropenia and in severe congenital neutropenia., Haematologica, 90巻, pp.1032-41, 20050401
  42. 好中球エラスターゼと周期性好中球減少症/急性骨髄性白血病., Annual Review 血液 2005, pp.144-pp.150, 20050101
  43. ネブライザーの機種によるクロモグリク酸ナトリウム血漿中濃度の比較, 日本小児アレルギー学会誌, 18巻, pp.566-pp.570, 20040401
  44. 好中球減少症, 小児内科, 35巻, pp.1287-pp.1292, 20030601
  45. ★, Dysregulation of transcriptions in primary granule constituents during myeloid proliferation and differentiation in patients with severe congenital neutropenia, Journal of Leukocyte Biology, 73巻, pp.225-pp.234, 20030401
  46. Efficacy of the prophylactic use of trimethoprim-sulfamethoxazole in auotimmune neutropenia in infancy, Pediatric Hematology and Oncology, 25巻, pp.553-pp.557, 20030401
  47. Defects of granulopoiesis in patients with severe congenital neutropenia, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 51巻, pp.63-pp.74, 20020401
  48. ★, Significance of the detection of antineutrophil antibodies in children with chronic neutropenia, Blood, 99巻, pp.3468-pp.3471, 20020401
  49. イネ科植物花粉の大量吸入によりアナフィラキシーショックを呈したと思われる一例., 日本小児アレルギー学会雑誌, 16巻, 1号, pp.99-pp.102, 20020101
  50. Defects of granulopoiesis in patients with severe congenital neutropenia., Hiroshima journal of medical sciences, 51巻, 3号, 2002
  51. Significance of the eosinophilic cationic protein/eosinophil count ratio in asthmatic patients:its relationship to disease severity, Ann. Allergy Asthma Immunol, 86巻, pp.323-pp.329, 20010401
  52. 気管支喘息患者におけるオキサトミドとの活性代謝物の血中濃度と臨床効果, 日本小児アレルギー学会雑誌, 15巻, pp.317-pp.321, 20010401
  53. ★, Abnormalities of primitive myeloid progenitor cells expresssing granulocyte colony-stimulating factor receptor in patients with severe congenital neutropenia, Blood, 96巻, pp.4366-pp.4369, 20000401
  54. Plasma brain natriuretic peptide concentrations in patients with Kawasaki disease, Pediatr Int, 42巻, pp.241-pp.248, 20000401
  55. マススクリーニング発見神経芽腫の腫瘍性状の多様性, 小児がん, 37巻, pp.438-pp.488, 20000401
  56. A case of congenital nasal pyriform aperture stenosis, Pediatr Int, 41巻, pp.327-pp.328, 19990401
  57. Superior mesenteric artery syndrome complicating mitochondrial encephalopathy, J. Pediatr. Gastroenterol. Nutr., 26巻, pp.464-pp.467, 19980401
  58. A群b溶連菌による膝関節炎を契機に発見されたC9欠損症の1例, 小児科臨床, 50巻, pp.131-pp.134, 19970401
  59. 乳児期に腎性高血圧を呈した膀胱尿管逆流現象の1例, 日本小児外科学会雑誌, 33巻, pp.299-pp.303, 19970401
  60. 二次性両側同期を示す欠神発作の1例, 臨床脳波, 39巻, pp.476-pp.480, 19970401
  61. Bone marrow suppression inducedby high dose valproic acid, Arch. Dis. Child., 71巻, pp.153-pp.155, 19940401
  62. ガラクトース血症マス・スクリーニングを契機に診断された肝血管腫の4例, 日本小児学会雑誌, 98巻, pp.1392-pp.1399, 19940401

著書等出版物

  1. 小児科診断・治療指針. 胚細胞腫瘍, 中山書店, 2017年, 2017, 単行本(学術書), 共著, 小林正夫、川口浩史

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 転移性ユーイング肉腫に対する造血幹細胞移植併用大量化学療法の治療成績(TRUMPデータを用いた解析)., 西尾信博,小川淳,高橋義行,福田隆浩,橋井佳子,後藤裕明,川口浩史,佐藤篤,熱田由子,松本公一, 第40回日本造血細胞移植学会, 2018年02月01日, 通常, 日本語, 札幌
  2. Long-term follow-up of patients with chronic granulomatous disease receiving bone marrow transplantation using immunosuppressive conditioning regimen., 2017年12月09日, 通常, 英語
  3. 子どもとAYA世代の脳腫瘍治療後の晩期合併症に対する検診の重要性., 山崎文之, 高安武志, 高野元気, 西淵いくの, 川口浩史, 杉山一彦, 小林正夫, 栗栖薫, 第55回日本癌治療学会学術集会, 2017年12月01日, 通常, 日本語, 横浜
  4. 肝芽腫を発症した18trisomyの3例., 下村麻衣子, 唐川修平,坂田園子,古江綾,小林良行,千々松郁枝,三木瑞香,岡田賢, 中村和洋,川口浩史, 小林正夫, 第69回中国四国小児科学会, 2017年11月25日, 通常, 日本語, 岡山
  5. 広島県内の食物アレルギー診療実態調査., 岡畠宏易, 網本裕子, 川口浩史, 喜多村哲朗, 白尾謙一郎, 辻徹郎, 平田修, 藤原倫昌, 渡邊弘司, 牛尾剛士, 広島県医師会食物アレルギー対策検討会, 第54回日本小児アレルギー学会, 2017年11月18日, 通常, 日本語, 宇都宮
  6. Successful bone marrow transplantation in 13 patients with severe congenital neutropenia., Nishimura Shiho, Mizoguchi Yoko, Furue Aya, Shimomura Maiko, Karakawa Shuhei, Doi Takehiko, Mochizuki Shinji, Okada Satoshi, Kawaguchi Hiroshi, Kobayashi Masao:, 第59回日本小児血液・がん学会, 2017年11月09日, 通常, 日本語, 松山
  7. A case with paroxysmal nocturnal hemoglobinuria with long-term remission due to immunosuppressive therapy., Doi Takehikol, Kawaguchi Hiroshi, Mizoguchi Yoko, Nishimura Shiho, Karakawa Shuhei, Okada Satoshi, Kobayashi Masao, 第59回日本小児血液・がん学会, 2017年11月09日, 通常, 日本語, 松山
  8. 移植関連合併症に対する経皮的心肺補助(PCPS)の経験., 唐川修平, 野間 康輔, 谷口真紀, 下村麻衣子, 松村梨紗, 望月慎史, 土居岳彦, 岡田賢, 川口浩史, 小林正夫, 第59回日本小児血液・がん学会, 2017年11月09日, 通常, 日本語, 松山
  9. 輸血依存ピルビン酸キナーゼ欠乏性貧血に対する骨髄非破壊的前処置を用いた血縁者間骨髄移植., 下村麻衣子, 土居岳彦, 古森遼太, 今中雄太, 唐川修平, 岡田賢, 川口浩史, 小林正夫, 第59回日本小児血液・がん学会, 2017年11月09日, 通常, 日本語, 松山
  10. 両側多発性腎腫瘍の一例., 野間康輔, 望月慎史, 江口勇太, 小野大地, 松村梨紗, 土居岳彦, 川口浩史, 栗原將, 檜山英三, 小林正夫, 第59回日本小児血液・がん学会, 2017年11月09日, 通常, 日本語, 松山
  11. Mixed-phenotype acute leukemia with B, T, and myeloid lineages: A pediatric case., 第78回日本血液学会, 2017年10月21日, 通常, 日本語
  12. C-Reactive Protein and Bone Pain at Diagnosis Predict the Outcome of Pediatric Langerhans Cell Histiocytosis with Single-System Multifocal Lesions: Result of The Japan Langerhans Cell Histiocytosis Study Group-02 Protocol Study, 2017年10月03日, 通常, 英語
  13. 二世代にわたりHLA半合致移植に成功したWiskott-Aldrich syndrome, 日本造血細胞移植学会, 2017年03月02日, 通常, 日本語
  14. 小児がん拠点病院と小児がん診療を担う地域医療機関の役割 小児がん拠点病院によるnon-high volume centerへの支援 中国四国地区での取り組み, 日本小児血液・がん学会, 2016年12月15日, 通常, 日本語
  15. Langerhans cell histiocytosis: Case presentation, 日本小児血液・がん学会, 2016年12月15日, 通常, 英語
  16. 当院における10年間のDown症候群に発症した血液悪性疾患の検討, 日本小児科学会広島地方会, 2016年12月11日, 通常, 日本語
  17. Successful bone marrow tranaslantation in ten patients with SCN, 日本血液学会, 2016年10月13日, 通常, 日本語
  18. SUCCESSFUL HEMATOPOIETIC STEM CELL TRANSPLANTATION IN TEN PATIENTS WITH SEVERE CONGENITAL NEUTROPENIA USING AN INTENSIVE IMMUNOMYELOSUPPRESSIVE CONDITIONING REGIMEN: THE RESULTS OF A SINGLE INSTITUTE, 2016年06月09日, 通常, 英語
  19. 非腫瘍性疾患への同種造血細胞移植後の生着不全・混合キメラに対する再移植とドナーリンパ球輸注の有効性と安全性の比較検討:遺伝疾患working groupによる後方視的検討, 日本造血細胞移植学会, 2016年03月03日, 通常, 日本語
  20. 自家末梢血造血細胞移植併用大量化学療法を施行した小児脳腫瘍10例の検討, 日本造血細胞移植学会, 2016年03月03日, 通常, 日本語
  21. A Comparison of Myelopoiesis from Induced Pluripotent Stem Cells with a Mutation in ELANE between Cyclic Neutropenia and Severe Congenital Neutropenia, 米国血液学会, 2015年12月03日, 通常, 日本語
  22. ランゲルハンス細胞組織球症36例の臨床的検討, 川口 浩史, 第57回日本小児血液・がん学会, 2015年11月27日, 通常, 日本語
  23. 過去12年間に造血幹細胞移植を施行した小児期造血器腫瘍43例の検討, 第68回広島医学会総会, 2015年11月08日, 通常, 日本語
  24. 網膜芽腫の診療体制に関する検討 最近8年間に経験した16例から, 中国四国小児科学会, 2015年11月07日, 通常, 日本語
  25. 小児がん診断後の二次がん発症に関する実態調査, 川口 浩史, 第116回日本小児科学会, 2013年, 通常, 日本語
  26. 扁桃摘出術後より臨床症状の改善が得られた重症慢性好中球減少症の3例, 川口 浩史, 第115回日本小児科学会, 2012年, 通常, 日本語
  27. 治療関連白血病(二次性白血病)6例の検討, 川口 浩史, 第64回中国四国小児科学会, 2012年, 通常, 日本語
  28. 当科における造血幹細胞移植例の検討, 川口 浩史, 第63回中国四国小児科学会, 2011年, 通常, 日本語
  29. 広島県における小児気管支喘息治療管理に関するアンケート調査ー2005年と2010年の比較ー , 川口 浩史, 第47回日本小児アレルギー学会, 2010年, 通常, 日本語

受賞

  1. 2013年10月, 平成25年度臓器移植等推進功労者知事表彰
  2. 2003年10月, 第44回日本小児血液学会総会 優秀ポスター賞, 第44回日本小児血液学会総会会長, 先天性好中球減少症及び周期性好中球減少症における好中球エラスターゼ遺伝子変異

社会活動

委員会等委員歴

  1. 小児医療体制検討特別委員会委員, 2017年05月, 2018年03月, 広島県地域保健対策協議会
  2. 広島医学会総会準備委員会委員, 2017年04月, 2018年03月, 広島県医師会
  3. 食物アレルギー対策検討会委員, 2016年06月, 2018年06月, 広島県医師会
  4. 日本小児血液・がん学会, 2015年12月, 2017年11月
  5. 広島県食物アレルギー対策検討会, 2015年01月, 2016年06月, 広島県医師会
  6. 小児慢性特定疾病審査会, 2014年11月, 2016年12月, 広島市こども未来局
  7. 広島市小児慢性特定疾患治療研究審議会委員, 2014年10月, 2016年10月, 広島市こども未来局
  8. 社会保険診療報酬明細書審査委員会, 2014年10月, 2015年05月, 全国健康保険協会広島支部
  9. 広島県小児科医会, 2014年04月
  10. 広島感染症研究会, 2014年04月, 2017年03月
  11. JPLSG長期フォローアップ委員会, 2014年04月, 2018年03月
  12. JPLSG代議員会, 2014年04月, 2017年03月
  13. JACLS運営委員会, 2014年04月, 2017年03月
  14. 2012年04月, 日本小児科学会
  15. 広島県小児アレルギー研究会, 2010年04月, 2016年12月

学術会議等の主催

  1. 第69回広島医学会総会, 実行委員長, 2016年11月
  2. 第116回日本小児科学会学術集会, 大会実行委員長, 2013年04月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 小児がんの講演会・交流会, こどもの白血病と日常生活の注意点, 難病対策センター・小児難病相談室, 2016年/12月/10日, 2016年/12月/10日, 広島, 講師, 講演会, 社会人・一般
  2. 小児難病講演会, 知っておきたい小児がんの話, 難病対策センター(ひろしま), 2015年/11月/10日, 広島, 講師, 講演会, 保護者
  3. 小児難病講演会, 小児がんの話, 2015年/08月/04日, 2015年/08月/04日
  4. 子どもによく見られる感染症とその対応, 難病対策センター(ひろしま), 小児難病講演会, 2013年/01月, 2013年/01月, 教育関係者
  5. 「小児医療提供体制検討特別委員会」委員, 広島県地域保健対策協議会, 2011年

学術雑誌論文査読歴

  1. 2016年, 小児血液・がん学会雑誌, その他, 査読者, 1
  2. 2016年, 造血細胞移植学会雑誌, 査読者, 1
  3. 2015年, Pediatric international, 査読者, 1
  4. 2014年, Pediatric international, 査読者, 2