小野 重弘Shigehiro Ono

Last Updated :2019/11/12

所属・職名
大学院医系科学研究科(歯)(歯学)口腔外科学助教
メールアドレス
onoshigehiroshima-u.ac.jp
自己紹介
Shigehiro Ono, DDS, Ph.D, FIBCSOMS

基本情報

主な職歴

  • 2003年10月01日, 2007年03月31日, 広島大学大学院医歯薬学総合研究科, 助手
  • 2007年04月01日, 2012年03月31日, 広島大学大学院医歯薬保健学研究科, 口腔外科学, 助教
  • 2011年04月04日, 2012年03月16日, ハノーファー医科大学, 頭蓋顎顔面外科学, 研究員
  • 2012年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学大学院 医歯薬保健学研究院, 口腔外科学, 助教

学歴

  • 広島大学, 歯学研究科, 日本, 1998年04月, 2002年03月
  • 広島大学, 歯学部, 日本, 1992年04月, 1998年03月

学位

  • 博士(歯学)(広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 歯学部 : 歯学科
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 歯学専門プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 歯学 / 外科系歯学

研究キーワード

  • 口腔癌
  • 顎変形症
  • 腫瘍病理学
  • インプラント

所属学会

  • 日本口腔外科学会
  • 国際口腔顎顔面外科学会
  • 日本顎変形症学会
  • 日本顎顔面インプラント学会
  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本口腔腫瘍学会
  • 日本口腔顎顔面外傷学会
  • 日本口腔感染症学会
  • 広島大学歯学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 4ターム, 顎口腔医療学基礎実習II
  2. 2019年, 学部専門, 1ターム, 顎外科学II
  3. 2019年, 学部専門, 2ターム, 顎外科学III
  4. 2019年, 学部専門, 1ターム, 顎口腔医療学特論
  5. 2019年, 学部専門, 3ターム, 顎口腔医療学基礎実習I
  6. 2019年, 学部専門, 1ターム, 口腔外科学演習・実習
  7. 2019年, 学部専門, 年度, 臨床実習(口腔外科学II)

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Differential regulation by IFN‑γ on TNF‑α‑induced chemokine expression in synovial fibroblasts from temporomandibular joint., Mol Med Rep., 10巻, 2017,sep,7
  2. 右側上顎第三大臼歯部に3歯の埋伏過剰歯を認めた1例, 日本口腔外科学会雑誌, 63巻, 2号, pp. 83-86, 2017,Feb
  3. 歯原性角化嚢胞摘出後にインプラントを埋入した2症例, 広島大学歯学雑誌, 49巻, 2号, pp. 180-186, 20171201
  4. 両側上顎智歯部に発生した複数の埋伏過剰歯の1例, 広島大学歯学雑誌, 49巻, 2号, pp. 175-179, 20171201
  5. 当科における含歯性嚢胞患者の臨床統計的検討, 広島大学歯学雑誌, 49巻, 2号, pp. 153-157, 20171201
  6. 口腔扁平苔癬130例の臨床的検討, 日本口腔診断学会雑誌, 30巻, 2号, pp. 151-156, 20170601
  7. Professional oral health care reduces the duration of hospital stay in patients undergoing orthognathic surgery, BIOMEDICAL REPORTS, 4巻, 1号, pp. 55-58, JAN 2016
  8. CD44(high)/ALDH1(high) head and neck squamous cell carcinoma cells exhibit mesenchymal characteristics and GSK3-dependent cancer stem cell properties, JOURNAL OF ORAL PATHOLOGY & MEDICINE, 45巻, 3号, pp. 180-188, MAR 2016
  9. Snail-induced CD44(high) cells in HNSCC with high ABC transporter capacity exhibit potent resistance to cisplatin and docetaxel, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL AND EXPERIMENTAL PATHOLOGY, 9巻, 8号, pp. 7908-7918, 2016
  10. 口腔扁平上皮癌の肺転移に対してセツキシマブ併用化学療法を行った3症例, 広島大学歯学雑誌, 48巻, 2号, pp. 166-172, 2016,Dec
  11. リーマーの破折片が上顎洞に迷入した1例, 日本口腔顎顔面外傷学会雑誌, 15巻, 1,2号, pp. 44-48, 2016,Dec
  12. 顔面非対称を伴った片側性下顎頭過形成に対し下顎頭手術後に顎矯正手術を施行した2例, 日本顎変形症学会雑誌, 26巻, 1号, pp. 48-55, 2016,Apr
  13. 内部に洞粘膜の陥入を認めた大きな上顎洞内骨腫の1例, 日本口腔外科学会雑誌, 61巻, 12号, pp. 673-677, 20151201
  14. Aesthetic recovery of alveolar atrophy following autogenous onlay bone grafting using interconnected porous hydroxyapatite ceramics (IP-CHA) and resorbable poly-L-lactic/polyglycolic acid screws: case report, BMC ORAL HEALTH, 14巻, JUN 2 2014
  15. 多数歯欠損を伴う叢生症例に対して歯の移植を適用した一治験例, 広島大学歯学雑誌, 46巻, 2号, pp. 156-161, 20141201
  16. 口腔癌切除術におけるポリグルコール酸シートとフィブリン糊の応用と臨床的検討, 広島大学歯学雑誌, 46巻, 2号, pp. 136-142, 20141201
  17. 巨大な口蓋隆起の基部に異物が迷入した1例, 日本口腔顎顔面外傷学会雑誌, 13巻, 1号, pp. 28-32, 20141101
  18. Churg-Strauss症候群に併発した舌癌術後頸部リンパ節転移の1例, 広島大学歯学雑誌, 46巻, 1号, pp. 67-72, 20140601
  19. Snail promotes Cyr61 secretion to prime collective cell migration and form invasive tumor nests in squamous cell carcinoma, CANCER LETTERS, 329巻, 2号, pp. 243-252, FEB 28 2013
  20. Risk of bacterial contamination of bone harvesting devices used for autogenous bone graft in implant surgery, HEAD & FACE MEDICINE, 9巻, JAN 11 2013
  21. Malignant ossifying fibromyxoid tumor of the tongue: case report and review of the literature, HEAD & FACE MEDICINE, 9巻, JUN 24 2013
  22. AKT Primes Snail-Induced EMT Concomitantly With the Collective Migration of Squamous Cell Carcinoma Cells, JOURNAL OF CELLULAR BIOCHEMISTRY, 114巻, 9号, pp. 2039-2049, SEP 2013
  23. Autocrine galectin-1 promotes collective cell migration of squamous cell carcinoma cells through up-regulation of distinct integrins, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 441巻, 4号, pp. 904-910, NOV 29 2013
  24. PGE(2) targets squamous cell carcinoma cell with the activated epidermal growth factor receptor family for survival against 5-fluorouracil through NR4A2 induction, CANCER LETTERS, 307巻, 2号, pp. 227-236, AUG 28 2011
  25. Myxolipoma in the tongue - A clinical case report and review of the literature, HEAD & NECK ONCOLOGY, 3巻, DEC 20 2011
  26. Increased telomerase activity and hTERT expression in human salivary gland carcinomas, ONCOLOGY LETTERS, 2巻, 5号, pp. 845-850, 2011
  27. 導入した医療情報システムにおける運用状況アセスメント, 医療情報学, 30巻, 3号, pp. 129-132, 20100501
  28. Histopathological evaluation including cytokeratin 13 and Ki-67 in the border between Lugol-stained and -unstained areas, ONCOLOGY REPORTS, 24巻, 1号, pp. 9-14, 2010
  29. 下顎枝矢状分割骨切り術の骨片固定にポリ-L-乳酸スクリューとコントラアングルドライバーシステムを用いた完全口腔内アプローチ法, 広島大学歯学雑誌, 41巻, 2号, pp. 143-148, 20091201
  30. Overexpression of the receptor for hyaluronan-mediated motility, correlates with expression of microtubule-associated protein in human oral squamous cell carcinomas, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 34巻, 6号, pp. 1565-1571, JUN 2009
  31. Delta Np63 alpha-dependent expression of Id-3 distinctively suppresses the invasiveness of human squamous cell carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 124巻, 12号, pp. 2837-2844, 2009
  32. 三次元光造形モデルの口腔外科臨床への応用, 広島大学歯学雑誌, 第40巻巻, 第1号号, pp. 55-61, 20080601
  33. Up-regulation of stromal cell-derived factor-1 alpha and its receptor CXCR4 expression accompanied with epithelial-mesenchymal transition in human oral squamous cell carcinoma, ONCOLOGY REPORTS, 19巻, 4号, pp. 993-998, APR 2008
  34. Up-regulation of stromal cell-derived factor-1 alpha and its receptor CXCR4 expression accompanied with epithelial-mesenchymal transition in human oral squamous cell carcinoma, ONCOLOGY REPORTS, 19巻, 4号, pp. 993-998, 2008
  35. Gene expression profiling to identify genes associated with high-invasiveness in human squamous cell carcinoma with epithelial-to-mesenchymal transition, CANCER LETTERS, 264巻, 2号, pp. 256-264, 2008
  36. Increased expression of CENP-H gene in human oral squamous cell carcinomas harboring high-proliferative activity., Oncol.Rep., 16巻, pp. 1071-1075, 20060401
  37. 認知症患者の習慣性顎関節脱臼に対する自己血注入療法の一例, 広大歯誌, 38巻, 20060401
  38. Increased expression of CENP-H gene in human oral squamous cell carcinomas harboring high-proliferative activity, Oncology Report, 16巻, pp. 1071-1075, 20060401
  39. Increased expression of CENP-H gene in human oral squamous cell carcinomas harboring high-proliferative activity, ONCOLOGY REPORTS, 16巻, 5号, pp. 1071-1075, NOV 2006
  40. Increased expression of CENP-H gene in human oral squamous cell carcinomas harboring high-proliferative activity, ONCOLOGY REPORTS, 16巻, 5号, pp. 1071-1075, 2006
  41. Correlation of CENP-F gene expression with tumor-proliferating activity in human salivary gland tumors., Oral Oncology, 41巻, pp. 716-722, 20050401
  42. 剖検により原発性肺癌の舌転移と考えられた1例, 広大歯誌, 37巻, pp. 82-86, 20050401
  43. 原発巣とリンパ節転移巣から樹立した舌扁平上皮癌細胞における発現遺伝子の比較―転移関連遺伝子同定の試み―, 日口外誌, 51巻, pp. 482-488, 20050401
  44. 最近11年間の当科における小児救急患者の臨床的検討, 日口外傷誌, 4巻, pp. 47-51, 20050401
  45. 先天歯に口蓋垂裂を伴った1例, 小児口腔外科, 15巻, pp. 131-134, 20050401
  46. Correlation of CENP-F gene expression with tumor-proliferating activity in human salivary gland tumor, Oral Oncology, 41巻, pp. 716-722, 20050401
  47. 口腔扁平上皮癌におけるCENP-Fの発現とリンパ節転移との関係, 日本口腔外科学会雑誌, 51巻, 2号, pp. 77-81, 20050401
  48. Correlation of CENP-F gene expression with tumor-proliferating activity in human salivary gland tumors, ORAL ONCOLOGY, 41巻, 7号, pp. 716-722, AUG 2005
  49. 多発性骨髄腫に移行した下顎骨形質細胞腫の1例, 広大歯誌, 36巻, pp. 209-212, 20040401
  50. 口腔扁平上皮癌におけるCENP-Fの発現とリンパ節転移との関係, 日口外誌, 51巻, pp. 77-81, 20040401
  51. 多発性骨髄腫に移行した下顎骨形質細胞腫の1例, 広島大学歯学雑誌, 36巻, 2号, pp. 209-212, 20040401
  52. Histone acetylation and gastrointestinal carcinogenesis., Ann. N. Y. Acad. Sci., 983巻, pp. 220-231, 20030401
  53. Detection of human papillomavirus-16 and HPV-18 DNA in normal, dysplastic, and malignant oral epithelium., Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod, 95巻, pp. 594-600, 20030401
  54. 当科におけるエプーリスの臨床統計学的検討., 広大歯誌, 35巻, pp. 135-140, 20030401
  55. 口腔癌162例中の晩期再発扁平上皮癌7例の臨床病態的検討(1981-1990), 広大歯誌, 35巻, pp. 125-129, 20030401
  56. 関節授動術と筋突起切除術で対処した小児顎関節強直症の1例, 小児口腔外科, 13巻, pp. 21-26, 20030401
  57. 関節授動術と筋突起切除術で対処した小児顎関節強直症の1例, 小児口腔外科学会雑誌, 13巻, 2号, pp. 21-26, 20030401
  58. 口腔癌162例中の晩期再発扁平上皮癌7例の臨床病態的検討(1981?1990), 広島大学歯学雑誌, 35巻, 1号, pp. 125-129, 20030401
  59. 当科におけるエプーリスの臨床統計学的検討, 広島大学歯学雑誌, 35巻, 1号, pp. 135-140, 20030401
  60. ヒストンアセチル化と消化器癌, G.I Research, 9巻, pp. 299-303, 20010401
  61. EFFECT OF TRICHOSTATIN A ON CELL GROWTH AND EXPRESSION OF CELL CYCLE- AND APOPTOSIS-RELATED MOLECULES IN HUMAN GASTRIC AND ORAL CARCINOMA CELL LINES, Int J Cancer, 88巻, pp. 992-997, 20000101
  62. Effect of trichostatin A on cell growth and expression of cell cycle- and apoptosis-related molecules in human gastric and oral carcinoma cell lines, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 88巻, 6号, pp. 992-997, DEC 15 2000
  63. Professional oral health care reduces the duration of hospital stay in patients undergoing orthognathic surgery., Biomedical reports, 4巻, 1号, 2016
  64. Preoperative oral health care reduces postoperative inflammation and complications in oral cancer patients., Experimental and therapeutic medicine, 12巻, 3号, 2016
  65. 舌線維腫切除術を行った低コリンエステラーゼ血症の1例, 日本口腔外科学会雑誌, 52巻, 5号, pp. 303-306, 20060520
  66. 原発巣とリンパ節転移巣から樹立した舌扁平上皮癌細胞における発現遺伝子の比較 : 転移関連遺伝子同定の試み, 日本口腔外科学会雑誌, 51巻, 10号, pp. 482-488, 20051020
  67. 先天歯に口蓋垂裂を伴った1例, 小児口腔外科 = Pediatric oral and maxillofacial surgery, 15巻, 2号, pp. 131-134, 20051225
  68. 上皮・間葉移行を介した扁平上皮癌細胞におけるΔNp63αの発現依存的な浸潤能の変化, Tissue culture research communications : the journal of experimental & applied cell culture research = 組織培養研究, 26巻, 1号, 20070331
  69. 抗血栓療法施行中患者の抜歯における出血管理, 広島大学歯学雑誌, 39巻, 1号, pp. 19-23, 20070601
  70. 有茎および遊離筋皮弁による口腔癌切除後の即時再建, 広島大学歯学雑誌, 38巻, 2号, pp. 143-149, 20061201
  71. セルジンガー法による放射線併用超選択的動注化学療法を用いた進行舌癌の一例, 広島大学歯学雑誌, 38巻, 2号, pp. 157-161, 20061201
  72. 認知症患者の習慣性顎関節脱臼に対する自己血注入療法の一例, 広島大学歯学雑誌, 38巻, 1号, pp. 80-83, 20060601
  73. 生体内吸収性ポリ-L-乳酸プレートによる顎顔面骨骨折の治療, 広島大学歯学雑誌, 37巻, 2号, pp. 145-150, 20051201
  74. Comparison of Genes Expressed in Cell Lines Derived from a Primary Lesion and Metastasized Lymph Nodes of Tongue Squamous Cell Carcinoma : A Trial Study of Identifying Metastasis-related Genes, Dentistry in Japan, 43巻, pp. 64-69, 20070301
  75. Increased Expression of CENP-H Gene in Human Salivary Gland Carcinomas, Oral science international : official journal of the Japanese Stomatological Society, 5巻, 1号, pp. 43-51, 20080501
  76. 顎下腺に発生した基底細胞腺腫の1例, 日本口腔外科学会雑誌, 58巻, 2号, pp. 92-96, 20120220
  77. 下顎下縁に生じた周辺性骨腫の1例, 日本口腔外科学会雑誌, 58巻, 4号, pp. 272-276, 20120420
  78. 魚骨の腺体内迷入により惹起された急性顎下腺炎の1例, 日本口腔外科学会雑誌, 58巻, 6号, pp. 400-404, 20120620
  79. 血友病Aインヒビター患者に対してバイパス療法下に智歯抜去を行った1例, 日本口腔外科学会雑誌, 59巻, 10号, pp. 658-662, 2013
  80. 顔面非対称を伴った片側性下顎頭過形成に対し下顎頭手術後に顎矯正手術を施行した2例, 日本顎変形症学会雑誌, 26巻, 1号, pp. 48-55, 2016
  81. Histone acetylation and gastrointestinal carcinogenesis., Annals of the New York Academy of Sciences, 983巻, 2003
  82. Detection of human papillomavirus-16 and HPV-18 DNA in normal, dysplastic, and malignant oral epithelium., Oral surgery, oral medicine, oral pathology, oral radiology, and endodontics, 95巻, 5号, 2003
  83. Correlation of CENP-F gene expression with tumor-proliferating activity in human salivary gland tumors., Oral oncology, 41巻, 7号, 2005
  84. Clinicopathological analysis of salivary gland carcinomas and literature review., Molecular and clinical oncology, 3巻, 1号, 2015
  85. Overexpression of the receptor for hyaluronan-mediated motility, correlates with expression of microtubule-associated protein in human oral squamous cell carcinomas., International journal of oncology, 34巻, 6号, 2009
  86. Up-regulation of stromal cell-derived factor-1alpha and its receptor CXCR4 expression accompanied with epithelial-mesenchymal transition in human oral squamous cell carcinoma., Oncology reports, 19巻, 4号, 2008

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 下顎関節突起低形成を伴う骨格性上顎前突症の患者に対し外科的矯正治療を行った1例, 小野 重弘, 中川 貴之, 加来 真人, 山本 多栄子, 太田 耕司, 久保薗 和美, 植月 亮, 谷本 幸太郎, 武知 正晃, 第27回日本顎変形症学会, 2017年06月15日, 通常, 日本語, 東京歯科大学, 東京
  2. 顔面神経麻痺に起因する著しい下顎下縁平面の開大を伴う骨格性開咬の治療例, 堀江 佳代, 上田 宏, 小野 重弘, 武知 正晃, 谷本 幸太郎, 第27回日本顎変形症学会, 2017年06月15日, 通常, 日本語, 東京歯科大学, 東京
  3. エナメル上皮腫摘出後の患者に対してGBRを用いてインプラント治療を行った1例, 二宮 嘉昭, 小野 重弘, 太田 耕司, 中川 貴之, 多田 美里, 石田 扶美, 武知 正晃, 第20回 公益社団法人 日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会, 2016年12月03日, 通常, 日本語
  4. 抗菌薬含有アパタイトセメント/α-リン酸三カルシウム複合体に関する基礎的研究, 佐々木 和起, 武知 正晃, 二宮 嘉昭, 小野 重弘, 多田 美里, 室積 博, 太田 耕司, 都留 寛治, 石川 邦夫, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016, 2016年11月21日, 通常, 日本語
  5. インプラント治療を目的としたチタンメッシュによる前歯部でのGBRの臨床的検討, 佐々木 和起, 二宮 嘉昭, 室積 博, 石田 扶美, 水田 邦子, 小野 重弘, 太田 耕司, 武知 正晃, 第46回日本口腔インプラント学会総会・学術大会, 2016年09月, 通常, 日本語
  6. 顎関節滑膜細胞における炎症性ケモカインの発現誘導に対するTNF-αとIFN-γの相互作用, 鳴瀬 貴子, 太田 耕司, 石田 陽子, 加藤 大喜, 小野 重弘, 中川 貴之, 重石 英生, 武知 正晃, 第29回日本顎関節学会総会・学術大会, 2016年07月17日, 通常, 日本語
  7. 受傷後1年以上経過して観血的整復固定術を施行した陳旧性下顎骨骨折の1例, 水田 邦子, 小野 重弘, 太田 耕司, 島末 洋, 中川 貴之, 久保薗 和美, 武知 正晃, 第18回日本日本顎顔面外傷学会総会・学術大会, 2016年07月, 通常, 日本語
  8. Sagittal Split Ramus Osteotomyにおけるスクリュー固定とロッキングプレート固定の術後安定性の検討, 小野 重弘, 中川 貴之, 太田 耕司, 久保薗 和美, 植月 亮, 武知 正晃, 第26回日本顎変形症学会総会・学術大会, 2016年06月, 通常, 日本語
  9. 多数歯欠損を伴う骨格性下顎前突症の1治療例, 堀江 佳代, 渡邉 峰朗, 伊達 智美, 中尾 裕子, 高 明善, 小野 重弘, 太田 耕司, 久保薗 和美, 上田 宏, 谷本 幸太郎, 第26回日本顎変形症学会総会・学術大会, 2016年06月, 通常, 日本語
  10. 当科における再発・転移口腔癌に対してセツキシマブを使用した3症例の検討, 太田耕司, 小野重弘、中川貴之、水田邦子、多田美里、島末 洋、清野紗矢香、武知正晃, 第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2016年01月21日, 通常, 日本語
  11. 連通多孔体HAを使用した上顎洞底挙上術における組織学的検討, 二宮 嘉昭, 小野 重弘, 多田 美里, 中川 貴之, 武知 正晃, 第19回日本顎顔面インプラント学会学術大会および第14回Pan Pacific Implant Society学術集会, 2015年11月29日, 通常, 日本語, 神奈川歯科大学, 横須賀
  12. 連通多孔体ハイドロキシアパタイトを用いた骨造成に関する臨床的検討, 多田美里, 二宮嘉昭,太田耕司,中川貴之,小野重弘,武知正晃, 第19回日本顎顔面インプラント学会学術大会および第14回Pan Pacific Implant Society学術集会, 2015年11月28日, 通常, 日本語, 神奈川歯科大学, 横須賀
  13. CD44high/ALDH1high口腔扁平上皮癌細胞における癌幹細胞形質の解析, 清野 紗矢香, 重石 英生, 奥井 岳, 箸方 美帆, 植月 亮, 山本 一博, 小野 重弘, 東川 晃一郎, 太田 耕司, 島末 洋, 武知 正晃, 第52回日本口腔組織培養学会学術大会, 2015年11月21日, 通常, 日本語, 徳島大学, 徳島
  14. オトガイ後退を伴う著しいガミースマイルに対し下顎骨延長後に下顎枝矢状分割術と馬蹄形骨切りを施行した1例, 小野重弘, 中川 貴之, 久保薗 和美, 加来 真人, 角 明美, 太田 耕司, 谷本 幸太郎, 武知 正晃, 第98回広島大学歯学会,併催第53回広島県歯科医学会, 2015年11月09日, 通常, 日本語, 広島大学, 広島
  15. Crouzon症候群患者に対し上顎骨・歯槽骨の骨延長術と上下顎骨骨切り術を施行した1例, 中川 貴之, 小野 重弘, 太田 耕司, 大谷 淳二, 石川 絵海, 上田 宏, 谷本 幸太郎, 武知 正晃, 第98回広島大学歯学会,併催第53回広島県歯科医学会, 2015年11月09日, 通常, 日本語, 広島大学, 広島
  16. 顔面非対称を伴った片側性下顎頭過形成に対し下顎頭切除後に上下顎骨切り術を施行した1例, 久保薗和美, 中川 貴之, 太田 耕司, 小野 重弘, 大谷 淳二, 椿本 昇子, 谷本 幸太郎, 武知 正晃, 第98回広島大学歯学会,併催第53回広島県歯科医学会, 2015年11月09日, 通常, 日本語, 広島大学, 広島
  17. 下顎枝矢状分割術におけるスクリュー固定とロッキングプレート固定の術後安定性の評価, 小野重弘, 中川貴之,太田耕司,重石英生,東川晃一郎,武知正晃, 第60回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会, 2015年10月16日, 通常, 日本語, 岐阜大学, 名古屋
  18. 口腔癌細胞のEMT誘導機構における亜鉛トランスポータースイッチ, 植月 亮, 東川晃一郎,奥井 岳,田中扶美,山本一博,重石英生,小野重弘,武知正晃, 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2015年10月16日, 通常, 日本語, 岐阜大学, 名古屋
  19. 片側性下顎頭過形成に対し下顎頭切除後に上下顎骨切り術を施行した顔面非対称の1例, 中川 貴之, 小野 重弘, 加来 真人, 小島 俊逸, 角 明美, 植月 亮, 谷本 幸太郎, 武知 正晃, 第99回広島大学歯学会・第55回広島県歯科医学会, 2015年10月, 通常, 日本語
  20. 連通多孔体ハイドロキシアパタイトを用いた上顎洞底挙上術症例の臨床統計的検討, 二宮嘉昭, 武知正晃,太田耕司,小野重弘,中川貴之, 第45回日本口腔インプラント学会学術大会, 2015年09月23日, 通常, 日本語, 岡山大学, 岡山
  21. 当科においてインプラント治療のために連通多孔体ハイドロキシアパタイト骨補填剤を用いた骨造成についての臨床的検討, 中川貴之, 太田耕司,二宮嘉昭,小野重弘,武知正晃, 第45回日本口腔インプラント学会学術大会, 2015年09月23日, 通常, 日本語, 岡山大学, 岡山
  22. 上顎洞に迷入した医原性異物の1例, 久保薗 和美, 小野 重弘, 太田 耕司, 島末 洋, 水田 邦子, 中川 貴之, 武知 正晃, 第17回日本口腔顎顔面外傷学会総会・学術大会, 2015年07月11日, 通常, 日本語, 和歌山県立医科大学, 和歌山
  23. 両側臼歯部の咬合喪失を伴う骨格性下顎前突に対して外科的矯正手術を施行した1例, 小野重弘, 中川貴之,大谷淳二,石川絵海,沖 奈苗,谷本幸太郎,武知正晃, 第25回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会, 2015年06月04日, 通常, 日本語, 東京歯科大学, 東京
  24. 術後に後戻りが見られた開咬を伴う骨格性下顎前突症例 舌縮小術を併用した顎矯正再手術を行った1例, 伊達智美, 高 明善, 中尾 裕子, 廣瀬 尚人, 上田 宏, 小野 重弘, 谷本 幸太郎, 第25回日本顎変形症学会総会・学術大会, 2015年06月04日, 通常, 日本語
  25. Slug発現による口腔癌のSnail依存的EMT感受性の増強, 植月 亮, 東川 晃一郎, 奥井 岳, 石田 扶美, 山本 一博, 重石 英生, 小野 重弘, 武知 正晃, 第69回日本口腔科学会学術集会, 2015年05月15日, 通常, 日本語, 大阪歯科大学, 大阪
  26. インプラント安定指数(ISQ)に影響を及ぼす因子についての臨床統計学的検討, 小野重弘,二宮嘉昭,太田耕司,中川貴之,高本 愛,武知正晃, 第18回 日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会, 2014年11月29日, 通常, 日本語, 島根大学, 出雲
  27. 顔面非対称を伴った片側性下顎頭過形成に対し下顎頭切除後に上下顎骨切り術を施行した1例, 久保薗和美,中川貴之,太田耕司,小野重弘,大谷淳二,椿本昇子,谷本幸太郎,武知正晃, 第53回広島県歯科医学会 併催 第98回広島大学誌学会 併催 日本歯科技工学会中国・四国支部第9回学術大会, 2014年11月09日, 通常, 日本語
  28. Crouzon症候群患者に対し上顎骨・歯槽骨の骨延長術と上下顎骨骨切り術を施行した1例, 中川貴之,小野重弘,太田耕司,大谷淳二,石川絵海,上田 宏,谷本幸太郎,武知正晃, 第53回広島県歯科医学会 併催 第98回広島大学歯学会 併催 日本歯科技工学会中国・四国支部第9回学術大会, 2014年11月09日, 通常, 日本語
  29. 口腔扁平上皮癌におけるALDH1発現と臨床病理学的指標との関わり, 清野紗矢香,重石英生,奥井 岳,箸方美帆,植月 亮,山本一博,小野重弘,東川晃一郎,武知正晃, 第62回NPO 法人日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2014年10月25日, 通常, 日本語
  30. シスプラチン(CDDP)単剤不応の舌扁平上皮癌肺転移症例に対し,セツキシマブ(CTX)併用化学療法が有効であった症例, 中川貴之,島末 洋,清野紗矢香,小野重弘,太田耕司,武知正晃, 第62回NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2014年10月25日, 通常, 日本語
  31. 水平的骨吸収症例に連通多孔体ハイドロキシアパタイト骨補填材による骨造成術を行った2例, 植月 亮,太田耕司,二宮嘉昭,小野重弘,多田美里,佐々木和起,武知正晃, 第62回NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2014年10月25日, 通常, 日本語
  32. 口腔癌細胞におけるSlugを介したEMT誘導機構の解析, 山本一博,東川晃一郎,奥井 岳,植月 亮,重石英生,小野重弘,武知正晃, 第59回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会, 2014年10月18日, 通常, 日本語
  33. インプラント安定指数に影響を及ぼす因子についての臨床統計学的検討, 小野重弘, 米国口腔外科学会,日米韓合同カンファレンス, 2014年09月11日, 通常, 英語, 米国口腔外科学会, ホノルル
  34. 外傷による上顎前歯欠損部のインプラント治療にIP-CHA骨補填材を用いた骨造成術を行った2例, 植月 亮, 太田 耕司, 二宮 嘉昭, 小野 重弘, 多田 美里, 佐々木 一起, 武知 正晃, 第16回日本口腔顎顔面外傷学会総会・学術大会, 2014年07月19日, 通常, 日本語
  35. Prognostic utility of standardized uptake value using pre-treatment PET/CT in oral cancer patients., Mizuta K, Ohta K, Ono S, Nakagawa T, Fujimoto S, Okumura T, Uetsuki R, Takechi M, 第47回広島大学歯学会総会, 2014年06月21日, 通常, 日本語
  36. Crouzon症候群患者に対し上顎骨・歯槽骨の骨延長術と上下顎骨骨切り術を施行した1例, 小野重弘,中川貴之,太田耕司,大谷淳二,石川絵海,上田 宏,谷本幸太郎,武知正晃, 中川貴之,太田耕司,大谷淳二,石川絵海,上田 宏,谷本幸太郎,武知正晃, 第24回日本顎変形症学会, 2014年06月10日, 通常, 日本語
  37. 口腔癌のEMT誘導におけるSlugの役割, 山本 一博, 東川 晃一郎, 奥井 岳, 重石 英生, 小野 重弘, 武知 正晃, 第68回NPO法人日本口腔科学会学術大会, 2014年05月08日, 通常, 日本語, 東京
  38. Churg-Strauss症候群に併発した舌癌術後頸部リンパ節転移の1例, 中川貴之, 太田耕司, 小野重弘,清野紗矢香, 小川郁子, 武知正晃, 第68回NPO法人日本口腔科学会学術集会, 2014年05月08日, 通常, 日本語
  39. 上顎洞内に発生した巨大な骨腫の1例, 奥村俊哉,小野重弘,中川貴之,鳴瀬貴子,佐々木和起,柳沢俊良,小川郁子,武知正晃, 第58回日本口腔外科学会中国・四国地方部会, 2014年04月26日, 通常, 日本語
  40. インプラント治療を目的としたベニアグラフトの臨床統計的検討, 佐々木和起,二宮嘉昭,太田耕司,小野重弘,植月 亮,二宮彰子,高本 愛,武知正晃, 第43回(公社)日本口腔外科学会中国四国支部学術集会, 2014年04月25日, 通常, 日本語
  41. オトガイ後退を伴う著しいガミースマイルに対し下顎骨延長後に下顎枝矢状分割術と馬蹄形骨切りを施行した1例, 小野重弘,中川貴之,久保薗和美,加来真人,角 明美,太田耕司,谷本幸太郎,武知正晃, 広島大学歯学会, 通常, 日本語
  42. 血小板減少症患児の上顎右側乳犬歯部に認めた集合性歯牙腫を全身麻酔下にて摘出した1例, 太刀掛 銘子, 光畑 智恵子, 小野 重弘, 多田 美里, 五藤 紀子, 新里 法子, 香西 克之, 第28回日本小児口腔外科学会総会・学術大会, 通常, 日本語, 広島
  43. 亜鉛トランスポータースイッチが口腔癌細胞のEMT誘導機構を制御する, 植月 亮, 東川 晃一郎, 奥井 岳, 石田 扶美, 山本 一博, 重石 英生, 小野 重弘, 武知 正晃, 第70回NPO法人日本口腔科学会学術集会, 通常, 日本語
  44. エックス線画像における歯槽管、上顎洞隔壁、上顎洞粘膜の解剖学的検討, 二宮 嘉昭, 小野 重弘, 多田 美里, 太田 耕司, 武知 正晃, 第21回日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会, 2017年12月09日, 通常, 日本語, 富山大学, 富山
  45. 連通多孔体ハイドロキシアパタイトを用いた骨造成に関する臨床的検討(第2報), 多田 美里, 二宮 嘉昭, 小野 重弘, 太田 耕司, 武知 正晃, 第21回日本顎顔面インプラント学会総会学術大会, 2017年12月09日, 通常, 日本語
  46. インプラント治療に連通多孔体ハイドロキシアパタイトを用いた骨造成法についての臨床的検討, 佐々木 和起, 二宮 嘉昭, 多田 美里, 室積 博, 水田 邦子, 小野 重弘, 太田 耕司, 武知 正晃, 第47回日本口腔インプラント学会, 2017年09月24日, 通常, 日本語
  47. 当科における顎骨骨折症例の臨床的検討, 水田 邦子, 小野 重弘, 室積 博, 武知 正晃, 第19回日本口腔顎顔面外傷学会, 2017年07月29日, 通常, 日本語, 札幌
  48. 当科において口腔癌術後の顎骨再建症例にインプラントを応用した3例, 水田 邦子, 二宮 嘉昭, 小野 重弘, 多田 美里, 佐々木 和起, 武知 正晃, 第71回NPO法人日本口腔科学会学術集会, 2017年04月26日, 通常, 日本語, 松山
  49. 当科における過去10年の角化嚢胞性歯原性腫瘍の臨床統計的検討, 小野重弘,佐々木和起,水田邦子,太田耕司,武知正晃, 第35回日本口腔腫瘍学会, 2017年01月26日, 通常, 日本語, 福岡
  50. 関節リウマチに対するメトトレキサート療法中に汎血球減少症を伴った難治性口内炎を発症した1例, 清野紗矢香,小野重弘,水田邦子,室積 博,佐々木和起,島末 洋,武知正晃, 第46回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会, 2017年05月27日, 通常, 日本語, 山口
  51. 当科における高齢口腔扁平上皮癌患者の臨床統計的検討, 小野重弘,植月 亮,室積 博,佐久間美雪,横山 翔,太田耕司,武知正晃, 第62回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2017年10月20日, 通常, 日本語, 京都
  52. 外科手術によち良好な結果が得られたデノスマブ使用の顎骨壊死患者の1例, 清野紗矢香,島末 洋,小野重弘,室積 博,太田耕司,武知正晃, 第62回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2017年10月20日, 通常, 日本語, 京都
  53. Semi-stable EMT型口腔癌細胞における上皮幹細胞特性の解析, 植月 亮,東川晃一郎,重石英生,石田扶美,小野重弘,島末 洋,武知正晃, 第62回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2017年10月, 通常, 日本語, 京都
  54. 広島大学病院口腔顎顔面再建外科における含歯性嚢胞患者の臨床統計的検討, 久保薗和美,小野重弘,太田耕司,東川晃一郎,重石英生,武知正晃, 第62回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 京都
  55. 口腔扁平上皮癌における上皮幹細胞特性の解析, 植月 亮,小野重弘,太田耕司,武知正晃, 第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2018年01月25日, 通常, 日本語, 新潟大学, 新潟
  56. 当科における過去10年間の高齢口腔扁平上皮癌患者の臨床統計的検討, 小野重弘,植月 亮,太田耕司,武知正晃, 第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2018年01月25日, 通常, 日本語, 新潟大学, 新潟
  57. 当科における顎顔面骨折患者の臨床的検討, 佐々木 和起, 水田 邦子, 室積 博, 小野 重弘, 武知 正晃, 第72回NPO法人日本口腔科学会学術集会, 2018年05月12日, 通常, 日本語
  58. 多数歯欠損を伴う高齢下顎前突症患者に対して外科的矯正治療を行った1例, 山本多栄子,加来真人,小野重弘,水田邦子,植 月 亮,武知正晃,谷本幸太郎, 第28回日本顎変形症学会総会.学術大会, 2018年06月14日, 通常, 日本語
  59. 先天性筋強直性ジストロフィーに伴う骨格性下顎前突患者に対し外科的矯正治療を 施行した 1 例, 福井暁子,小野重弘,太田耕司,國松 亮,鷲見圭輔,沖 奈苗,谷本幸太郎,武知正晃, 第28回日本顎変形症学会総会.学術大会, 2018年06月14日, 通常, 日本語
  60. 炭酸ガスレーザー照射後に生じた顔面,頸部,縦隔気腫の1例, 石田陽子,太田耕司,佐久間美雪,奥田哲史,小野重弘,武知正晃, 第47回日本口腔外科学会中四国支部学術大会, 通常, 日本語
  61. 低亜鉛血症治療薬ノベルジンにより味覚異常の改善を認めた1症例, 室積 博, 太田耕司, 新谷智章, 二宮嘉昭, 加藤大喜, 佐久間美雪, 小野重弘, 重石英生, 栗原英見, 武知正晃, 第28回日本口腔内科学会, 2018年09月14日, 通常, 日本語
  62. 飛び降り自殺による顎顔面骨折に対してインプラント治療を行った2例, 横山 翔, 水田邦子, 二宮嘉昭, 小野重弘, 多田美里, 佐々木和起, 武知正晃, 第48回日本口腔インプラント学会学術大会, 2018年09月14日, 通常, 日本語, 大阪

受賞

  1. 2017年06月16日, 日本顎変形症学会優秀ポスター賞, 特定非営利活動法人日本顎変形症学会理事長・学術委員会委員長
  2. 2006年10月, 日本口腔腔外科学会ゴールドリボン賞, 社団法人日本口腔外科学会, 口腔扁平上皮癌におけるEMT標的遺伝子VEGF-Cの発現と病期進展との関連
  3. 2005年04月, 優秀ポスター賞, 日本口腔科学会, 剖検により原発性肺癌の舌転移と考えられた1例
  4. 2002年10月, 優秀ポスター賞, 社団法人日本口腔外科学会, 口腔扁平上皮癌におけるMGMT遺伝子のepigenetic modficationの検討

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 新規EMT関連遺伝子MTDHが誘導する口腔扁平上皮癌の浸潤機構の解析, 2014年, 2016年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ヒト唾液腺腫瘍におけるRHAMM遺伝子の発現及び機能解析, 2011年, 2013年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), EMTによる口腔癌高度悪性化機構の解明と制御, 2010年, 2014年
  4. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 上皮・間葉移行を介した扁平上皮癌の高度浸潤能獲得におけるマイクロRNAの関与, 2009年, 2010年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 口腔癌の浸潤・転移を制御する上皮整合性機構の解明, 2009年, 2011年
  6. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), VEGF-Cによる上皮・間葉移行を介した扁平上皮癌の高度浸潤能獲得に関する研究, 2007年, 2008年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 口腔癌の浸潤・転移を制御する上皮・間葉移行とp63発現機構の解明, 2007年, 2008年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 上皮・間葉移行の解明による口腔癌の浸潤転移の制御, 2006年, 2009年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 口腔癌の浸潤・転移に関与する上皮・間葉移行機構におけるp63の役割, 2005年, 2007年
  10. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 口腔癌におけるEGFRの遺伝子変異・増幅・発現とそれを標的とした治療薬の基礎研究, 2005年, 2006年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 上皮・間葉移行による口腔癌の浸潤転移機構の解明, 2003年, 2005年
  12. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 新規EMT関連遺伝子DUOX1が誘導する唾液腺癌の浸潤機構の解析, 2017年, 2019年

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島矯正歯科医会講演会, 広島大学病院口腔顎顔面再建外科における顎変形症治療の手順と手術 安全で確実な手術を目指して, 広島矯正歯科医会20150928, 2015年/09月/28日, 2015年/09月/28日, 広島県歯科医師会館, 講師, 講演会, 学術団体