杉浦 義典YOSINORI SUGIURA

Last Updated :2017/11/16

所属・職名
大学院総合科学研究科 行動科学講座 准教授

基本情報

学位

  • 博士(教育学) (東京大学)
  • 修士(教育学) (東京大学)
  • 学士(教育学) (東京大学)

教育担当

  • 総合科学部:総合科学科, 総合科学研究科:総合科学専攻, 総合科学研究科:総合科学専攻

研究分野

  • 社会科学 / 心理学 / 臨床心理学

研究キーワード

  • マインドフルネス
  • 不安障害
  • 犯罪心理学

所属学会

  • パーソナリティ学会
  • 日本マインドフルネス学会
  • 日本不安症学会
  • 日本心理学会, 1998年
  • 日本心理臨床学会, 1996年
  • 日本教育心理学会, 1998年
  • 日本行動療法学会
  • 認知療法学会
  • 心身医学会

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 教養教育, 2ターム, 心と適応[P3B,PN2]
  2. 2017年, 教養教育, 3ターム, 心と適応[P3A,PN2]
  3. 2017年, 教養教育, 1ターム, 行動の科学
  4. 2017年, 教養教育, 2ターム, 行動の科学
  5. 2017年, 教養教育, 1ターム, 心理学A[1教心]
  6. 2017年, 学部専門, 1ターム, 応用行動科学
  7. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 行動科学基礎実験
  8. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 行動科学基礎実験法
  9. 2017年, 学部専門, 2ターム, パーソナリティ論
  10. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 行動科学実習
  11. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 行動科学実験B
  12. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 行動科学実験法B
  13. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 行動科学実験法C
  14. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 行動科学実験法D
  15. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 行動科学実験C
  16. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 行動科学実験D
  17. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 総合科学演習
  18. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, コア科目B(創造と想像)
  19. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 総合科学演習
  20. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, コア科目A(創造と想像)
  21. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 適応行動論

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Emotional intensity reduces later generalized anxiety disorder symptoms when fear of anxiety and negative problem-solving appraisal are low, BEHAVIOUR RESEARCH AND THERAPY, 71巻, pp.27-pp.33, Aug-15
  2. 自己注目と不安の関連に対する自尊心の媒介効果の検討-WellsのS-REFモデルの視点から, パーソナリティ研究
  3. 心配に関するポジティブなメタ認知的信念と問題解決スタイルの関連に対する注意制御の調整効果, パーソナリティ研究
  4. ストレス事態に関する思考の制御困難性と関連する対処方略:情報回避・情報収集・解決策産出と心配, 教育心理学研究, 49巻, 2号, pp.186-pp.197, 2001
  5. 心配の能動性と制御困難性 : 自由記述調査を通じて, 人文科学論集. 人間情報学科編, 39巻, pp.49-pp.64, 20050315
  6. 日本語版一次性・二次性サイコパシー尺度の信頼性と妥当性の検討, パーソナリティ研究, 16巻, 1号, pp.117-pp.120, 20070920
  7. 治療過程におけるメタ認知の役割--距離をおいた態度と注意機能の役割 (特集:メタ認知研究のその後の展開), 心理学評論, 50巻, 3号, pp.328-pp.340, 2007
  8. Psychopathic traits and cardiovascular responses to emotional stimuli, Personality and Individual Differences, 42巻, 7号, pp.1391-pp.1402, 20070501
  9. Responsibility to continue thinking and worrying: Evidence of incremental validity, Behaviour Research and Therapy, 45巻, 7号, pp.1619-pp.1628, 20070701
  10. DBTはPTSDの治療にも有効だと聞きました.境界性パーソナリティ障害での治療と異なる点はありますか?, こころの臨床a la carte, 26巻, 4号, pp.531, 20071225
  11. DBTを学ぶにあたって参考になる書籍・DVDなどがありましたら教えてください, こころの臨床a la carte, 26巻, 4号, pp.569, 20071225
  12. 海外文献紹介:Dimidjian S et al "Randomized trial of behavioral activation,cognitive therapy,and antidepressant medication in the acute treatment of adults with major depression", 臨床心理学, 7巻, 4号, pp.573-pp.575, 20070710
  13. 分からないことは感情に尋ねてみよう--ほどよい距離感の重要性 (同志社大学心理学研究室創立80周年記念号) -- (80周年記念特別講演会シリーズ), 同志社心理, 55号, pp.180-pp.192, 2008
  14. 治療過程におけるメタ認知の役割, 現代のエスプリ, 497巻, pp.130-pp.141, 20081201
  15. マインドフルネスにみる情動制御と心理的治療の研究の新しい方向性, 感情心理学研究, 16巻, 2号, pp.167-pp.177, 20081101
  16. 不安障害の心理療法の展開, 不安障害研究, 1巻, pp.138-pp.141, 20090301
  17. Consciousness and unconsciousness in clinical and educational psychology through the lens of mindfulness, 教育心理学年報, 49巻, 20100301
  18. 心配に対する注意訓練とマインドフルネスの比較, 広島大学大学院総合科学研究科紀要, 5巻, pp.47-pp.55, 20101201
  19. 第35回 日本行動療法学会, 精神療法, 36巻, pp.432, 20100601
  20. マインドフルネス瞑想の心配への効果 : 媒介変数の検討, 認知療法研究 = Japanese journal of cognitive therapy, 4巻, 1号, pp.46-pp.56, 201104
  21. アジア認知行動療法学会, こころのりんしょうa・la・carte, 30巻, 1号, pp.127-pp.128, 20110301
  22. 書評 『ランダム化比較試験の設計』, 臨床心理学, 11巻, pp.460, 20110501
  23. 臨床心理学キーワード 第61回「マインドフルネス/第三世代/自動的処理と制御的処理」, 臨床心理学, 11号, pp.460, 20110501
  24. The Short Intolerance of Uncertainty Scale日本語版の開発, 認知療法研究 = Japanese journal of cognitive therapy, 5巻, 2号, pp.179-pp.187, 201208
  25. 竹林由武・高垣耕企・杉浦義典 (2012). Generalized anxiety disorder questionnaire for DSM-IV日本語版の開発 精神科診断学,5,89-98., 精神科診断学, 2012
  26. Psychopathy and looming cognitive style: Moderation by attentional control, PERSONALITY AND INDIVIDUAL DIFFERENCES, 52巻, 3号, pp.317-pp.322, Feb-12
  27. High Visual Working Memory Capacity in Trait Social Anxiety, PLOS ONE, 7巻, 4号, APR 9 2012
  28. Impaired Attentional Disengagement from Stimuli Matching the Contents of Working Memory in Social Anxiety, PLOS ONE, 7巻, 10号, OCT 12 2012
  29. The Short Intolerance Uncertainty Scale日本語版の開発, 認知療法研究, 5巻, pp.179-pp.187, 20120801
  30. Generalized anxiety disorder questionnaire for DSM-IV日本語版の開発, 精神科診断学, 5巻, pp.89-pp.98, 20120901
  31. Development and Validation of the Japanese Version of the Five Facet Mindfulness Questionnaire, MINDFULNESS, 3巻, 2号, pp.85-pp.94, Jun-12
  32. Anxiety Control Questionnaire日本語版の開発, 行動療法研究, 39巻, 3号, pp.145-pp.154, 20130930
  33. 臨床心理学 最新研究レポート(第3回)生成力のある理論と調査の技術 : Palmier-Claus JE, Dunn G, Taylor H, Morrison AP & Lewis SW (2013) Cognitive-self consciousness and metacognitive beliefs : Stress sensitization in individuals at ultra-high risk of developing psychosis. British Journal of Clinical Psychology 52-1 ; 26-41, 臨床心理学, 13巻, 3号, pp.444-pp.447, 201305
  34. 杉浦義典 (2013). もしサイコパシーの受刑者がサンデル教授の正義論を読んだら 臨床心理学,13,739-742.
  35. Repeated short presentations of morphed facial expressions change recognition and evaluation of facial expressions, PSYCHOLOGICAL RESEARCH-PSYCHOLOGISCHE FORSCHUNG, 77巻, 6号, pp.698-pp.707, Nov-13
  36. Anxiety control questionnaire日本語版の開発, 行動療法研究, 20131201
  37. RELATIONSHIPS AMONG REFRAINING FROM CATASTROPHIC THINKING, WORRYING, AND METACOGNITIVE BELIEFS, PSYCHOLOGICAL REPORTS, 113巻, 1号, pp.1-pp.14, Aug-13
  38. The Dual Effects of Critical Thinking Disposition on Worry, PLOS ONE, 8巻, 11号, NOV 20 2013
  39. Socially anxious individuals with low working memory capacity could not inhibit the goal-irrelevant information, FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE, 7巻, DEC 6 2013
  40. 臨床心理学におけるエビデンス-効果研究と臨床実践, 臨床心理学, 13巻, pp.319-pp.322
  41. 注意制御,マインドフルネス,脱中心化が心配へ及ぼす影響, パーソナリティ研究, 22巻, pp.108-pp.116
  42. 注意の定位機能とマインドフルネス傾向の関連-注意の喚起機能による調整効果, パーソナリティ研究, 22巻, pp.146-pp.155
  43. マインドフルネス特性が道徳判断における嫌悪感の自動的な転移に及ぼす効果, 心理学研究, 84巻, pp.605-pp.611
  44. 臨床心理学・最新研究レポート(第7回)終わりなき日常と心理療法 : 日々の不安の変動から治療効果を予測する : Newman MG & Fisher AL (2013) Mediated moderation in combined cognitive behavioral therapy versus component treatments for generalized anxiety disorder : Journal of Consulting and Clinical Psychology 81 ; 405-414, 臨床心理学, 14巻, 1号, pp.134-pp.138, 201401
  45. 臨床心理学・最新研究レポート(第9回)名状し難い心配のようなもの : 診断横断的概念としてのネガティブな自己関連の思考 : Mennin DS & Fresco DM (2013) What, me worry and ruminate about DSM-5 and RDoC? : The importance of targeting negative self-referential processing. Clinical Psychology : Science and Practice 20 ; 258-267, 臨床心理学, 14巻, 3号, pp.439-pp.443, 201405
  46. セミナー論文 指定討論 批評性のある幸福感研究へ, 感情心理学研究 = The Japanese journal of research on emotions, 21巻, 2号, pp.99-pp.101, 201402
  47. 不安に関する基礎理論の最前線と臨床への還元 (第13回日本認知療法学会シンポジウム), 認知療法研究, 7巻, 2号, pp.134-pp.143, 2014
  48. Repetitive Thinking Questionnaire (RTQ)日本語版の作成, 感情心理学研究 = The Japanese journal of research on emotions, 21巻, 2号, pp.65-pp.71, 201402
  49. 量的データの集め方・扱い方, 臨床心理学, 6巻, pp.59-pp.65
  50. 情動制御不全の諸側面と心配・社交不安との関連, パーソナリティ研究, 23巻, pp.38-pp.41
  51. ★, 実行機能とマインドフルネス, 心理学評論, 58巻, pp.139-pp.152, 201504
  52. Emotional intensity reduces later generalized anxiety disorder symptoms when fear of anxiety and negative problem-solving appraisal are lowOriginal, Behaviour Research and Therapy, 71巻, pp.27-pp.33, 2015
  53. Common Factors of Meditation, Focusing, and Cognitive Behavioral Therapy: Longitudinal Relation of Self-Report Measures to Worry, Depressive, and Obsessive-Compulsive Symptoms Among Nonclinical Students, MINDFULNESS, 6巻, 3号, pp.610-pp.623, Jun-15
  54. 高田圭二・田中圭介・竹林由武・杉浦義典. (2016). マインドフルネスと well-being と注意の制御の関連 パーソナリティ研究, 25, 35-49., パーソナリティ研究, 20160604
  55. Relationships Between Refraining From Catastrophic Thinking, Repetitive Negative Thinking, and Psychological Distress, PSYCHOLOGICAL REPORTS, 119巻, 2号, pp.374-pp.394, 20160810
  56. Attention Moderates the Relationship Between Primary Psychopathy and Affective Empathy in Undergraduate Students, PSYCHOLOGICAL REPORTS, 119巻, 3号, pp.608-pp.629, Dec-16
  57. 田村紋女・杉浦義典 (2017). サイコパシーが向社会的行動と身体的攻撃に与える影響:情動的・認知的共感性による媒介効果 パーソナリティ研究, 20170410
  58. Metacognitive, emotional, and avoidance predictors of generalized anxiety disorder, Psychology, 8巻, pp.636-pp.653, 201703
  59. ★, Well-being and generalized anxiety in Japanese undergraduates: A prospective cohort study, Journal of Happiness Studies, DOI 10.1007/s10902-017-9852-3巻, 20170201
  60. Detailed course of depressive symptoms and risk for developing depression in late adolescents with subthreshold depression: a cohort study, NEUROPSYCHIATRIC DISEASE AND TREATMENT, 13巻, pp.25-pp.33, 2017
  61. The Looming Maladaptive Style Questionnaire: Measurement invariance and relations to anxiety and depression across 10 countries, JOURNAL OF ANXIETY DISORDERS, 49巻, pp.1-pp.11, 20170314
  62. 向井秀文・高岸幸弘・杉浦義典 (印刷中). 考え続ける義務感と様々な心理的症状の関連の検討-反復思考を媒介変数と捉えて パーソナリティ研究, パーソナリティ研究, 2017
  63. 砂田安秀・甲田宗良・伊藤義徳・杉浦義典 (印刷中) ADHD併存症状であるSluggish Cognitive Tempoの成人版尺度の開発-抑うつとの弁別を目的として パーソナリティ研究, パーソナリティ研究, 2017
  64. 向井秀文・高岸幸弘・杉浦義典・柴山謙二 (2017). 自己注目と不安の関連に対する自尊心の媒介効果の検討-WellsのS-REFモデルの視点から パーソナリティ研究,26,129-139., パーソナリティ研究, 26巻, pp.129-pp.139, 201711

著書等出版物

  1. 2007年01月, アセスメント , 丸善出版事業部, 2007年, 01, 事典・辞書, 共編著, 2
  2. 2008年10月, エーラーズの理論と実践 クラーク, D. M., エーラーズ, A. 丹野義彦(編・監訳) 対人恐怖とPTSDへの認知行動療法:ワークショップで身につける治療技法, 星和書店, 2008年, 10, 単行本(学術書), 共編著, 36
  3. 2008年08月, Negative life events and obsessive-compulsive symptoms: Moderating role of obsessive beliefs. T. P. S. Oei & C. S. Tang (Eds.), Current research & practices on cognitive behavior therapy in Asia, Queensland, Austraria: CBT Unit Toowong Private hospital., 2008年, 08, 単行本(学術書), 共編著, 12
  4. 2008年10月, 認知行動療法とメタ認知三宮真智子(編) メタ認知:学習力を支える高次認知機能, 北大路書房, 2008年, 10, 単行本(学術書), 共編著, 18
  5. 2008年05月, パーソナリティと臨床の心理学:次元モデルによる統合 , 培風館, 2008年, 05, 教科書, 共著, 270
  6. 2008年10月, 【実践編】外傷後ストレス障害(PTSD)への認知行動療法クラーク, D. M., エーラーズ, A. 丹野義彦(編・監訳) 対人恐怖とPTSDへの認知行動療法:ワークショップで身につける治療技法, 星和書店, 2008年, 10, 単行本(学術書), 27
  7. 2008年10月, 【理論編】外傷後ストレス障害(PTSD)への認知行動療法クラーク, D. M., エーラーズ, A. 丹野義彦(編・監訳) 対人恐怖とPTSDへの認知行動療法:ワークショップで身につける治療技法, 星和書店, 2008年, 10, 単行本(学術書), 24
  8. 2009年09月, アナログ研究の方法, 新曜社, 2009年, 09, 単行本(学術書), 単著, 275
  9. 2009年03月, 感情の測定-BDI- 宮谷真人・坂田省吾(代表編集) 心理学基礎実習マニュアル, 北大路書房, 2009年, 03, 教科書, 共編著, 2,pp.166-167.
  10. 2009年03月, ニューメラスネスの知覚-マグニチュード推定法- 宮谷真人・坂田省吾(代表編集) 心理学基礎実習マニュアル, 北大路書房, 2009年, 03, 教科書, 共編著, pp.100-101.
  11. 2009年03月, パーソナリティの測定-NEO-PI-R- 宮谷真人・坂田省吾(代表編集) 心理学基礎実習マニュアル, 北大路書房, 2009年, 03, 教科書, 共編著, pp.164-165.
  12. 2010年04月, 強迫思考 松原望(監修)・竹村和久(編集)・住吉チカ(編集)・北村英哉(編集)・海保博之(編集) 感情と思考の科学事典, 朝倉書店, 2010年, 04, 教科書, 共編著
  13. 2010年04月, 認知的統制 松原望(監修)・竹村和久(編集)・住吉チカ(編集)・北村英哉(編集)・海保博之(編集) 感情と思考の科学事典, 朝倉書店, 2010年, 04, 事典・辞書, 共編著
  14. 2010年04月, 認知的統制 松原望(監修)・竹村和久(編集)・住吉チカ(編集)・北村英哉(編集)・海保博之(編集) 感情と思考の科学事典 , 朝倉書店, 2010年, 04, 事典・辞書, 共編著
  15. 2010年04月, 感情条件付け 松原望(監修)・竹村和久(編集)・住吉チカ(編集)・北村英哉(編集)・海保博之(編集) 感情と思考の科学事典, 朝倉書店, 2010年, 04, 事典・辞書, 共編著, 2
  16. 2010年02月, 感情調整 乾敏郎・吉川左紀子・川口潤(編) よくわかる認知科学, ミネルヴァ書房, 2010年, 02, 教科書, 共編著
  17. 2010年04月, 妄想 松原望(監修)・竹村和久(編集)・住吉チカ(編集)・北村英哉(編集)・海保博之(編集) 感情と思考の科学事典, 朝倉書店, 2010年, 04, 事典・辞書, 共編著
  18. 2010年, 感情統制 松原望(監修)・竹村和久(編集)・住吉チカ(編集)・北村英哉(編集)・海保博之(編集) 感情と思考の科学事典, 感情統制 松原望(監修)・竹村和久(編集)・住吉チカ(編集)・北村英哉(編集)・海保博之(編集) 感情と思考の科学事典, 朝倉書店, 2010年, 事典・辞書, 単著, 杉浦義典
  19. 2011年06月, 臨床と記憶 太田信夫・厳島行雄(編集) 現代の認知心理学2 記憶と日常, 北大路書房, 2011年, 06, 単行本(学術書), 共編著
  20. 2011年09月, エビデンス・アプローチ 日本心理臨床学会(編)心理臨床学事典, 丸善出版, 2011年, 09, 事典・辞書, 共編著
  21. 2012年10月, Cognitive self-regulation skills and the big five personality traits: A joint factor analysis. In B. O. Hunter & T. J. Romero (Eds.), Psychology of Threat., Nova Science Publishers, 2012年, 10, 単行本(学術書), 共著
  22. 2013年, 臨床心理学研究法 藤永保(監修)・内田伸子・繁桝算男・杉山憲司(責任編集) 最新心理学事典(pp. 739-741), 臨床心理学研究法 藤永保(監修)・内田伸子・繁桝算男・杉山憲司(責任編集) 最新心理学事典(pp. 739-741), 平凡社, 2013年, 事典・辞書, 共著, 杉浦義典
  23. 2013年, 不安・心配 二宮克美・浮谷秀一・堀毛一也・安藤寿康・藤田主一・小塩真司・渡邊芳之(編) パーソナリティ心理学ハンドブック(pp. 374-379), 不安・心配 二宮克美・浮谷秀一・堀毛一也・安藤寿康・藤田主一・小塩真司・渡邊芳之(編) パーソナリティ心理学ハンドブック(pp. 374-379), 福村出版, 2013年, 事典・辞書, 共著, 杉浦義典
  24. Cognitive decentering: Relation to constructs from cognitive behavioral therapy and positive psychology nova science publishers. In K. Murata-Soraci (Ed.) Psychology of mindfulness (pp 45-68), Nova Science Publishers, 2014年, 単行本(学術書), 共著
  25. 2014年, 臨床心理学研究法 下山晴彦(編集代表) 心理学辞典, 臨床心理学研究法 下山晴彦(編集代表) 心理学辞典, 誠信書房, 2014年, 事典・辞書, 共著
  26. Sugiura, Y., Sasaki, J., Sugiura, T., Ito, A., & Tanno, Y. (2015). Appraisals and control strategies for intrusive thoughts of failure, dirt, and aggression (pp. 103-116). In A. M. Columbus (Ed.), Advances in Psychology Research, Volume 102., Nova Science Publishers, 2015年, 単行本(学術書), 共著
  27. 2015年04月, 他人を傷つけても平気な人たち:サイコパシーは,あなたのすぐ近くにいる, 河出書房新社, 2015年, 単行本(一般書), 単著
  28. 全般性不安症,不安症の辞典,日本評論社.pp. 46-49., 日本評論社, 2015年04月, 事典・辞書, 共著, 竹林由武・杉浦義典
  29. マインドフルネスの心理学的基礎 貝谷久宣・熊野宏昭・越川房子(編)マインドフルネス:基礎と実践, 2016年, 201601, 単行本(学術書), 共著, 杉浦義典
  30. 臨床・障害 子安増生(編) アカデミックナビ 心理学, 勁草書房, 2016年, 201604, 教科書, 共著
  31. エビデンスベースド・アプローチ 下山晴彦・中嶋義文(編) 公認心理師必修 精神医療・臨床心理の知識と技法, 医学書院, 2016年, 201609, 教科書, 共著
  32. Sugiura, Y., & Sugiura, T. (2016). A multi-dimensional scale to measure strategies for solving personal problems: validation and outcomes. In K Newton (Ed.), Problem-solving: Strategies, Challenges and Outcomes (Chapter 7). New York: Nova Science Publishers. in press, 2016年, 201608, 単行本(学術書), 共著, 133-154
  33. 2017年, Adaptive functions of experiencing relationships with depression, the big five, and coping styles. In A. M. Columbus (Ed.), Advances in Psychology Research. Volume 121, Adaptive functions of experiencing relationships with depression, the big five, and coping styles. In A. M. Columbus (Ed.), Advances in Psychology Research. Volume 121, 2017年, 1stQ, 単行本(学術書), 共著, english
  34. 2017年, The effects of cognitive decentering on depression: Multiple cognitive vulnerabilities as mediators . In B. Muireadhach & G. Colin (Eds.) Mindfulness: Past, Present and Future Perspectives, The effects of cognitive decentering on depression: Multiple cognitive vulnerabilities as mediators . In B. Muireadhach & G. Colin (Eds.) Mindfulness: Past, Present and Future Perspectives, New York: Nova Science Publishers, 2017年, 2017, 単行本(学術書), 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. パーソナリティ研究における説明水準 (9 パーソナリティ心理学に認知科学の知見は組み入れられるか : 両者の相性はなぜ悪いのか?), 杉浦 義典, 日本教育心理学会総会, 2000年07月25日, 日本教育心理学会
  2. 質問紙研究領域から : 素朴な信念を越えて,臨床的な意義へ(準備委員会企画シンポジウム-03,人間科学としての行動療法の展開), 杉浦 義典, 日本行動療法学会大会, 2005年10月08日, 一般社団法人日本認知・行動療法学会
  3. 注意訓練の立場から : 効果的な介入を導く理論とは?(自主シンポジウムV-03,人間科学としての行動療法の展開), 杉浦 義典, 日本行動療法学会大会, 2005年10月08日, 一般社団法人日本認知・行動療法学会
  4. Responsibility to continue thinking and refraining from catastrophic thinking: New metacognitive dimensions to predict worrying, Sugiura, Y., Sugiura, T., & Tanno, Y., Sugiura, Y., Sugiura, T., & Tanno, Y., the World Congress of Behaviour and Cognitive Therapies 2007, 2007年, 通常, 英語, Barcelona, Spain.
  5. 臨床心理学の立場から, 杉浦 義典, 日本感情心理学会第1回セミナー, 2007年11月, 招待, 日本語
  6. 心配と問題解決・メタ認知・情動制御:相対的予測力の検討, 杉浦 義典, 第35回日本行動療法学会, 2009年, 通常, 日本語
  7. マインドフルネスによる感情体験が心配に及ぼす影響, 杉浦 義典, 日本心理学会第73回大会, 2009年, 通常, 日本語
  8. マインドフルネスと注意訓練法の比較, 杉浦 義典, 2009年, 通常, 日本語
  9. 不安障害の心理療法の展開 坂野雄二・丹野義彦(司会) 不安障害の心理療法, 杉浦 義典, 第1回日本不安障害学会創立記念総会および学術大会シンポジウム, 2009年03月, 招待, 日本語
  10. マインドフルネス:瞑想法の技法からみる感情制御の諸側面 杉浦義典(広島大学),佐藤 徳(富山大学),伊藤義徳(琉球大学), 杉浦 義典, 日本感情心理学会第17 回大会, 2009年05月, 招待, 日本語
  11. Psychopathic trait and altered risk perception: Role of looming vulnerability and attentional control, BABCP 2009 Conference, 2009年07月01日
  12. 指定討論:親の目,世間の目,慈悲の心 鈴木公啓・友野隆成(企画)完全主義研究の今-その3(ワークショップ), 日本心理学会第73回大会, 2009年08月01日
  13. 指定討論:なぜ今,情動処理なのか 長谷川晃・甲田宗良(企画)抑うつの情動処理(ワークショップ), 日本心理学会第73回大会, 2009年08月01日
  14. 指定討論:トランスレーションと心理モデル/実験課題 国里愛彦・吉村晋平(企画)うつ病の脳機能画像研究の臨床実践への応用可能性, 日本心理学会第73回大会, 2009年08月01日
  15. マインドフルネスと注意訓練の比較, 日本心理学会第73回大会, 2009年08月01日
  16. 親の目,世間の目,慈悲の心(ワークショップ「完全主義研究の今-その3」への指定討論), 日本心理学会第73回大会, 2009年08月01日
  17. なぜ今,情動処理なのか(ワークショップ「抑うつの情動処理」への指定討論), 日本心理学会第73回大会, 2009年08月01日
  18. 治療のプロセスをアセスメントする方法, 杉浦 義典, 日本行動療法研修会(第33回研修会)、第10回認知療法研修会(ワークショップ) , 2009年10月, 招待, 日本語
  19. 心配と問題解決・メタ認知・情動制御:相対的予測力の検討, 第35回日本行動療法学会, 2009年10月01日
  20. マインドフルネスによる感情体験が心配に及ぼす影響, 第9回日本認知療法学会, 2009年10月01日
  21. OS-2-1 心配と問題解決・メタ認知・情動制御 : 相対的予測力の検討(一般演題(口頭発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!), 杉浦 義典, 日本行動療法学会大会, 2009年10月11日, 一般社団法人日本認知・行動療法学会
  22. 情動制御と社交不安・心配との関連, 杉浦 義典, 日本行動療法学会第36回大会, 2010年, 通常, 日本語
  23. 情動調整能力が対人不安と認知の歪みに及ぼす影響, 杉浦 義典, 日本行動療法学会第36回大会, 2010年, 通常, 日本語
  24. 認知療法家のためのウェルビーイングの理解:基礎研究からの示唆, 杉浦 義典, 第11回認知療法研修会(ワークショップ, 2010年09月, 招待, 日本語
  25. 認知行動療法の哲学 原井宏明(座長)「行動療法の哲学と理論:比較認知科学の現在」(大会企画シンポジウム), 杉浦 義典, 日本行動療法学会第36回大会, 2010年12月, 招待, 日本語
  26. P2-41 情動制御と社交不安・心配との関連(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践), 高田 圭二;杉浦 義典, 日本行動療法学会大会, 2010年12月05日, 一般社団法人日本認知・行動療法学会
  27. 終わりなき過程と相対性(大会企画シンポジウム1,切れる最新の理論と途切れない地道な実践), 杉浦 義典, 日本行動療法学会大会, 2010年12月05日, 一般社団法人日本認知・行動療法学会
  28. マインドフルネスからみた幸福のかたち, 杉浦 義典, 第12回認知療法研修会(ワークショップ), 2011年, 招待, 日本語
  29. The effect of impulsivity, compulsivity, and psychopathy on self-injurious behavior in nonclinical adolescents, 杉浦 義典, the 12th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology, 2011年, 通常, 日本語
  30. Orienting attention moderates the adverse effect of mindful observation on emotion dysregulation, 杉浦 義典, the 3rd Asian cognitive and behavior therapy conference 201, 2011年, 通常, 日本語
  31. Mediating effects by intolerance of uncertainty of the relationship between stressor and excessive worry, 杉浦 義典, Asian Cognitive Behavior Therapy Conference 2011, 2011年, 通常, 日本語
  32. Negative belief about worry partially mediates the relationship between intolerance of uncertainty and excessive worry., 杉浦 義典, Asian Cognitive Behavior Therapy Conference 2011, 2011年, 通常, 日本語
  33. The working mechanism of mindfulness for worry, 杉浦 義典, at 3rd Asian Congnitive Behavior Therapy Conference, Seoul, 2011年, 通常, 日本語
  34. 社会不安とサイコパシー特性における視覚的ワーキングメモリ容量の検討, 杉浦 義典, 日本心理学会第75回大会, 2011年, 通常, 日本語
  35. Social anxiety and psychopathic traits predict working memory capacity in opposite direction, 杉浦 義典, 5th International Conference on Memory (ICOM5), 2011年, 通常, 日本語
  36. 不安・うつ病と記憶, 杉浦 義典, 日本心理学会第75回大会, 2011年, 通常, 日本語
  37. 行動活性化と認知モデル:気づき・注意・メタ認知, 杉浦 義典, 日本心理学会第75回大会, 2011年, 通常, 日本語
  38. マインドフルネスが怒りの表出傾向に影響を与えるプロセスの検討, 杉浦 義典, 第11回日本認知療法学会, 2011年, 通常, 日本語
  39. マインドフルネス瞑想の心配への効果, 杉浦 義典, 第11回日本認知療法学会, 2011年, 通常, 日本語
  40. 注意機能の多次元構造とマインドフルネスとの関連, 杉浦 義典, 第37回日本行動療法学会大会, 2011年, 通常, 日本語
  41. P1-62 Anxiety Control Questionnaire日本語版の開発(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開), 竹林 由武;高垣 耕企;広瀬 慎一;大野 哲哉;小幡 昌志;川崎 友也;シールズ 久美;杉浦 義典;坂野 雄二, 日本行動療法学会大会, 2011年11月26日, 一般社団法人日本認知・行動療法学会
  42. Negative Appraisals for Internal State Mediate the Relationship between Intolerance of Uncertainty and Excessive Worry: Evidence from Three Wave Longitudinal Study., 杉浦 義典, Association for Behavioral and Cognitive Therapy 46th Annual Convention, 2012年, 通常, 日本語
  43. High visual working memory capacity in trait social anxiety., 杉浦 義典, 16th European Conference on Personality, 2012年, 通常, 日本語
  44. Impaired attentional disengagement from stimuli matching the contents of working memory in social anxiety., 杉浦 義典, 26th Conference of the European Health Psychology Society, 2012年, 通常, 日本語
  45. Precision of visual working memory capacity in trait and state anxiety, 杉浦 義典, 30th International Congress of Psychology, 2012年, 通常, 日本語
  46. Longitudinal buffering effects of psychological well-being on the relationship between negative appraisals for internal state and generalize anxiety disorder symptom., 杉浦 義典, Annual European Association for Behavioural and Cognitive Therapies Congress, 2012年, 通常, 日本語
  47. Impairments of attentional function relates to depressive symptom during abstinence in patients with alcohol dependence., 杉浦 義典, the 16th International Society for Biomedical Research on Alcoholism World Congress, 2012年, 通常, 日本語
  48. Post treatment effectiveness of cognitive-behavioral treatment for bipolar disorder: A meta-analysis., 杉浦 義典, he 2nd Meeting of East Asian Bipolar Forum, 2012年, 通常, 日本語
  49. The effects of concentrative meditation on attention network and decentering in a non-clinical student population., 杉浦 義典, he 42nd Annual European Association for Behavioural and Cognitive Therapies Congress, 2012年, 通常, 日本語
  50. Relationship between attention control and emotion dysregulation in alcohol dependent patients., 杉浦 義典, the 16th International Society for Biomedical Research on Alcoholism World Congress, 2012年, 通常, 日本語
  51. Relationship between delay discounting, attention control and emotional regulation in alcoholism, 杉浦 義典, the 16th International Society for Biomedical Research on Alcoholism World Congress, 2012年, 通常, 日本語
  52. The problems on therapeutic approach of cognitive behavioral therapy for bipolar disorder: Through the perspective of component of treatment., Yokomitsu, K., Koda, M., Takebayashi, Y., Tanaka, K. & Sugiura, Y., the 2nd Meeting of East Asian Bipolar Forum, 2012年, 通常, 日本語
  53. マインドフルな観察の幸福感への影響-注意の定位による調整-, 杉浦 義典, 日本心理学会第76回大会発表論文集, 2012年, 通常, 日本語
  54. 身体症状への注意と生理的反応に対するコントロール感の関連一非判断的態度と体験の描写による詞整効果-, 杉浦 義典, 第53回日本心身医学会総会抄, 2012年, 通常, 日本語
  55. 不確実さ不耐性の潜在構造-分類分析・因子混合モデリングによる検討-, 杉浦 義典, 日本行動療法学会第38回大会, 2012年, 通常, 日本語
  56. 不確実さ不耐性が抑うつ・不安症状に与える影響-脅威に対するコントロールの知覚による媒介効果の検討-, 杉浦 義典, 第4回不安障害学会学術大会, 2012年, 通常, 日本語
  57. サイコパシーと共感性-注意による調整効果-, 杉浦 義典, 日本心理学会第76回大会, 2012年, 通常, 日本語
  58. 主観的な報酬知覚に対する日常での行動活性化レベルとマインドフルネス傾向の影響, 杉浦 義典, 日本行動療法学会第38回大会, 2012年, 通常, 日本語
  59. マインドフルネス:苦痛の低減と幸福感の向上, 杉浦 義典, 名古屋大学グリーン・ライフイノベーション研究会 生きるちからとわざ分科会, 2012年01月, 招待, 日本語
  60. Delay and probability discounting in analogue generalized anxiety disorder sample, 杉浦 義典, Association for Behavioral and Cognitive Therapy 47th Annual Convention, 2013年, 通常, 日本語
  61. Difficulties in Emotion Regulation Scale (DERS)日本語版の収束妥当性の検討 , 杉浦 義典, 日本心理学会第77回大会, 2013年, 通常, 日本語
  62. 双極性障害に対する認知行動療法が抑うつ症状と躁症状に及ぼす影響 , 杉浦 義典, 日本行動療法学会第39回大会, 2013年, 通常, 日本語
  63. 双極性障害患者の生活機能の改善に対する認知行動療法の効果,, 杉浦 義典, 第10回日本うつ病学会総会, 2013年, 通常, 日本語
  64. Moderation of the relationship between psychopathy and empathy by attention., 杉浦 義典, International Society for the Study of Individual Differences Meeting, 2013年, 通常, 日本語
  65. マインドフルネスにインスパイアされるということ(指定討論), 杉浦義典, 日本心理臨床学会第32回秋季大会自主シンポジウム, 2013年, 通常, 日本語
  66. 指定討論 袴田優子(司会)認知バイアスとその修正(SB3-07), 杉浦義典, 日本心理臨床学会第32回秋期大会大会シンポジウム, 2013年, 通常, 日本語
  67. 不安の認知理論 大月友(オーガナイザー)不安に関する基礎理論の最前線と臨床への貢献(シンポジウム4), 杉浦義典・杉浦知子, 日本行動療法学会第39回大会・第13回日本認知療法学会, 2013年, 通常, 日本語
  68. 注意:その拡がり 伊藤絵美(企画・座長)認知行動療法における「認知」のさらなる活用について, 杉浦義典, 第13回日本認知療法学会, 2013年, 通常, 日本語
  69. 指定討論 坂野雄二・サトウタツヤ(司会) 科学者実践家モデルはわが国に定着するか, 杉浦義典, 日本心理学会第77回大会大開準備委員会企画シンポジウム, 2013年, 招待, 日本語
  70. 臨床に活きる基礎研究 日本心理学会第77回大会チュートリアルワークショップ, 日本心理学会第77回大会, 2013年, 招待, 日本語
  71. Relationship between Attentional Orienting and Dispositional Mindfulness: Moderation by Alerting, 2013年, 通常, 英語
  72. サイコパシーと共感性の関係に及ぼす自己意識の影響, 田村紋女・本村有理・高田圭二・杉浦義典, 日本パーソナリティ心理学会第22回大会, 2013年, 通常, 日本語
  73. Repetitive Thinking Questionnaire (RTQ)日本語版の作成, 田中圭介・杉浦義典, 日本心理学会第77回大会, 2013年, 通常, 日本語
  74. Tamura, A., Takata, K., Sugiura, Y., Moriya, J., Takebayashi, Y., & Tanaka, K. (2013, 24th, July). Moderation of the relationship between psychopathy and empathy by attention. (PO2-6) Poster presented at International Society for the Study of Individual Differences Meeting 2013, Barcelona, Spain., 2013年, 通常, 英語
  75. マインドフルネスの生成力 武藤崇(企画)日本におけるマインドフルネス&アクセプタンスの10年:「これまで」と「これから」, 杉浦義典, 日本心理学会第78回大会企画シンポジウム, 2014年, 招待, 日本語
  76. 指定討論:実用品としての研究知見 守谷順(企画)精神病理学研究における心理学的アプローチ, 杉浦義典, 日本心理学会第78回大会公募シンポジウム, 2014年, 招待, 日本語
  77. 指定討論:嗜好品の効果を「拝借」 横光健吾(企画) 嗜好品研究の最前線-人はなぜ嗜好品を嗜むのか-, 杉浦義典, 日本心理学会第78回大会公募シンポジウム, 2014年, 通常, 日本語
  78. 指定討論:自動思考と反すう 伊藤絵美・伊藤義徳(企画) 認知行動療法における「認知」のさらなる活用について(その2), 杉浦義典, 第14回日本認知療法学会・第18回日本摂食障害学会学術集会合同学会自主企画シンポジウム, 2014年, 招待, 日本語
  79. 指定討論:社会的な営みとしての幸福感研究, 杉浦義典, 日本感情心理学会第6回セミナー「幸福のつくり方・測り方」, 2014年, 招待, 日本語
  80. 本村有理・杉浦義典・竹林由武・田中圭介・高田圭二・田村紋女, 日本心理学会第78回大会, 2014年, 招待, 日本語
  81. マインドフルネスと幸福感の関連―注意機能の影響―, 高田圭二・田中圭介・竹林由武・田村紋女・杉浦義典, 日本心理学会第78回大会,同志社大学, 2014年, 通常, 日本語
  82. サイコパシーの他者に対する感情反応に及ぼす注意の影響, 田村紋女・守谷 順・竹林由武・田中圭介・高田圭二・杉浦義典, 日本心理学会第78回大会, 2014年, 通常, 日本語
  83. サイコパシーと攻撃性の関係に及ぼす他者に対する情動反応の影響, 田村紋女・杉浦義典, 日本パーソナリティ心理学会第23回大会, 2014年, 通常, 日本語
  84. 進化を見つめる視点(指定討論), 杉浦義典, 喜入暁(企画)サイコパシー傾向の進化的適応(公募シンポジウム) 日本心理学会第79回大会, 2015年, 通常, 日本語
  85. 不安の予測要因としての自己注目と自尊心の役割, 向井秀文・高岸幸弘・杉浦義典・柴山謙二, 日本心理学会第79回大会, 2015年, 通常, 日本語
  86. Sluggish Cognitive Tempo およびADHDとマインドフルネススキルの関連, 砂田安秀・甲田宗良・伊藤義徳・杉浦義典, 2015年, 通常, 日本語
  87. Sluggish Cognitive Tempo を伴うADHD傾向のある成人に対するマインドフルネストレーニングの効果のメカニズムの検討, 砂田安秀・甲田宗良・伊藤義徳・杉浦義典, 日本マインドフルネス学会, 2015年, 通常, 日本語
  88. 体験を見つめることとwell-beingの関連―Experience Sampling Methodによる検討―, 高田圭二・杉浦義典, 日本心理学会第79回大会, 2015年, 通常, 日本語
  89. 日本語版Nonattachment Scaleの作成, 高田圭二・杉浦義典・田中圭介, マインドフルネス学会第2回大会, 2015年, 通常, 日本語
  90. サイコパシーと実行機能の関連, 田村紋女・杉浦義典, 日本心理学会第79回大会, 2015年, 通常, 日本語
  91. 活動量,マインドフルネス,幸福感の関連, 田中圭介・竹林由武・杉浦義典, 日本心理学会第79回大会, 2015年, 通常, 日本語
  92. 向井秀文・高岸幸弘・杉浦義典・柴山謙二 (2015). 不安の予測要因としての自己注目と自尊心の役割(1PM-049) 日本心理学会第79回大会,名古屋国際会議場,愛知,9月22日, 2015年, 通常, 英語
  93. 砂田安秀・甲田宗良・伊藤義徳・杉浦義典 (2015). Sluggish Cognitive Tempo およびADHDとマインドフルネススキルの関連(P1-41) 日本認知・行動療法学会, 仙台国際センター,仙台, 10月2日, 2015年, 通常, 英語
  94. 心理学の視点から(話題提供), 杉浦義典, 日本マインドフルネス学会第2回大会, 2015年08月, 招待, 日本語
  95. Mukai, H., & Sugiura, Y. (2016, 23 June). The moderate effect by trait anxiety on relationships between positive metacognitive beliefs about worry and Problem-Solving. Poster session presented at 8th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies, Melbourne, Australia., 2016年, 通常, 英語
  96. Mukai, H., & Sugiura, Y. (2016, 25 July). The interaction between positive metacognitive beliefs about worry and attentional control predicts problem-solving style. Poster session presented at 31st International Congress of Psychology, Yokohama, Japan., 2016年, 通常, 英語
  97. Sunada, Y., Koda, M., Ito, Y., & Sugiura, Y. (2016, 24 June). The effect of amount of mindfulness meditation practice on Sluggish Cognitive Tempo and ADHD. Poster session presented at the 8th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2016, Melbourne, Australia., 2016年, 通常, 英語
  98. Sunada, Y., Koda, M., Ito, Y., & Sugiura, Y. (2016, 26 July). Developing a measure of sluggish cognitive tempo for adult: discrimination from depression. Poster session presented at The 31st International Congress of Psychology 2016, Yokohama, Japan., Sunada, Y., Koda, M., Ito, Y., & Sugiura, Y. (2016, 26 July). Developing a measure of sluggish cognitive tempo for adult: discrimination from depression. Poster session presented at The 31st International Congress of Psychology 2016, Yokohama, Japan., 2016年, 通常, 英語
  99. 田村紋女・杉浦義典 (2016). サイコパシーと攻撃性の関連に及ぼす共感性と注意の影響 日本社会心理学会第57回大会, 関西学院大学, 兵庫, 9月18日, 2016年, 通常, 日本語
  100. Tamura, A., & Sugiura, Y. (2016, 25 July). Executive function moderates the reiationship between psychopathy and cognitive empathy. 31st International Congress of Psychology, Yokohama, Japan, 2016年, 通常, 英語
  101. Imagining disasters, and beyond (Discussant). In F. Yamaguchi (Chair), Decision making in an uncertain future: Fukushima reconstruction., 2016年.7月, 通常, 英語
  102. How and when mindfulness works: attention as a mediator/moderator. In F. Koshikawa (Chair), Mechanism of the effects of mindfulness-based practice: attention and acceptance as a mediator of intervention outcomes., 2016年.7月, 招待, 英語
  103. Masunaga, K., Sugiura, Y., & Ogata, A. (2017). The moderating effect by well-being and gratitude of the relationships between negative meta-cognitive beliefs and anxiety/depression in Japan. Poster session presented at 9th International Congress of Cognitive Psychotherapy, Cluj-Napoca, Romania., Masunaga, K., Sugiura, Y., & Ogata, A., Masunaga, K., & Ogata, A, Masunaga, K., Sugiura, Y., & Ogata, A. (2017). The moderating effect by well-being and gratitude of the relationships between negative meta-cognitive beliefs and anxiety/depression in Japan. Poster session presented at 9th International Congress of Cognitive Psychotherapy, Cluj-Napoca, Romania., 2017年, 通常, 英語
  104. Tamura, A., & Sugiura, Y. (2017, 23 May). Two distinctive cognitive mechanisms of reactive aggression in psychopathic traits. The 7 th Biennial Meeting of the Scientific Study of Psychopathy, Antwerp, Belgium., Tamura, A., & Sugiura, Y., Tamura, A.,, Tamura, A., & Sugiura, Y. (2017, 23 May). Two distinctive cognitive mechanisms of reactive aggression in psychopathic traits. The 7 th Biennial Meeting of the Scientific Study of Psychopathy, Antwerp, Belgium., 2017年, 通常, 英語
  105. Tamura, A., & Sugiura, Y. (2017, 25 July). Psychopathy, self-control, and life satisfaction. International Society for the Study of Individual Differences Meeting, Warsaw, Poland., Tamura, A., & Sugiura, Y., Tamura, A.,, Tamura, A., & Sugiura, Y. (2017, 25 July). Psychopathy, self-control, and life satisfaction. International Society for the Study of Individual Differences Meeting, Warsaw, Poland., 2017年, 通常, 英語
  106. 田村紋女・杉浦義典 (2017). サイコパシーの攻撃性のメカニズムに関する包括的検討―注意の制御,共感性,道徳性の影響― 日本パーソナリティ心理学会第26回大会, 東北文教大学,山形,9月8日,PC38., 田村紋女・杉浦義典, 田村紋女, 日本パーソナリティ心理学会第26回大会, 2017年, 通常, 日本語
  107. 向井秀文・高岸幸弘・杉浦義典 (2017). 考え続ける義務感と様々な心理的症状の関連に対する反復思考の媒介効果の検討 日本心理学会第81回大会,久留米シティプラザ,福岡,9月21日, 向井秀文・高岸幸弘・杉浦義典, 2017年09月, 通常, 日本語
  108. 石黒昂祐・小口孝司・杉浦義典 (2017). フロー体験とマインドフルネスの関連:挑戦と能力を調整変数として 日本心理学会第81回大会,久留米シティプラザ,福岡, 石黒昂祐・小口孝司・杉浦義典, 2017年09月, 通常, 日本語
  109. 増永希美・杉浦義典・尾形明子 (2017). 簡易版ウェルビーイングセラピーの効果 日本心理学会第81回大会,久留米シティプラザ,福岡,9月21日, 増永希美・杉浦義典・尾形明子, 2017年09月, 通常, 日本語
  110. 杉浦義典 (2017). 指定討論:回想と展望の条件とは? 柳澤邦昭(企画)人生を見つめる脳 日本心理学会第81回大会公募シンポジウム 久留米シティプラザ (福岡) 9月20日, 杉浦義典, 2017年09月20日, 通常, 日本語
  111. 杉浦義典 (2017). 幸福研究のための哲学的基盤:マイドフルネスのアウトカム指標を洗練させるために 竹林由武 (企画) ウェルビーイングの科学と実践:臨床ポジティブ心理学の展開(1)  日本心理学会第81回大会公募シンポジウム 久留米シティプラザ (福岡) 9月22日, 杉浦義典, 日本心理学会第81回大会, 2017年09月22日, 通常, 日本語
  112. 砂田安秀・杉浦義典・伊藤義徳(2016). 戒は瞑想の効果を高めるか? 日本マインドフルネス学会,早稲田大学,東京, 砂田安秀・杉浦義典・伊藤義徳, 砂田安秀・伊藤義徳, 日本マインドフルネス学会,早稲田大学,東京, 2016年, 通常, 日本語
  113. 杉浦義典 (2016). マインドフルネスを実証研究にのせる方法 日本マインドフルネス学会第3回大会 教育講演 早稲田大学(東京), 杉浦義典, 日本マインドフルネス学会第3回大会 早稲田大学(東京), 2016年11月, 招待, 日本語
  114. 杉浦義典 (2016). 指定討論 川島一朔(座長)マインドフルネスによるマインドワンダリング(MW)への影響 日本マインドフルネス学会第3回大会シンポジウム,早稲田大学, 東京, 11月6日, 杉浦義典, 日本マインドフルネス学会第3回大会シンポジウム, 2016年11月, 招待, 日本語

受賞

  1. 2000年09月, 日本教育心理学会城戸奨励賞
  2. 2016 日本マインドフルネス学会第3回大会 優秀研究賞
  3. 2016 日本マインドフルネス学会第3回大会 優秀ポスター発表賞

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本マインドフルネス学会理事, 2013年
  2. 日本不安症学会 評議員, 2008年
  3. 日本教育心理学会城戸奨励賞選考委員, 2017年, 2017年
  4. 日本認知療法・ 日本認知療法・認知行動療法学会 幹事, 2008年, 日本認知療法・ 日本認知療法・認知行動療法学会

学術会議等の主催

  1. 第14回日本認知療法学会 , プログラム委員
  2. 日本認知療法学会・第18回日本摂食障害学会学術集会 合同大会 プログラム委員
  3. 第3回日本不安障害学会学術大会プログラム委員
  4. International advisory committee for the 1st Asian Cognitive Behaviour Therapy Conference(Hong Kong, May 2006)
  5. WCBCT2010, Scientific Committee, 2010年06月
  6. 第31回国際心理学会議組織委員会, プログラム委員会委員, 2015年04月, 2016年08月
  7. 第10回日本不安症学会学術大会, 2017年, 2018年

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 瞑想の科学, 広島大学, 広島大学平成24年度総合科学部公開講座「こころを科学する」, 2012年/09月/15日, 2012年/09月/15日
  2. 臨床心理学の最前線, 東京大学大学院教育学研究科心理教育相談室, 講演会, 2009年/03月, 2009年/03月, 大学院生
  3. マインドフルネス:;苦痛の低減と幸福感の向上, 名古屋大学グリーン・ライフイノベーション研究会, 「マインドフルに生きる, 2012年/01月, 2012年/01月
  4. 指定討論:社会的な営み;としての幸福感研究, 日本感情心理学会, 第6回 日本感情心理学会セミナー 「幸福のつくり方・測り方」 , 2013年/04月, 2013年/04月
  5. マインドフルネスに関する基礎研究とその拡がり, 第15回八ヶ岳シンポジウム , 2013年/10月, 2013年/11月
  6. ホンマでっかTV, フジテレビ系列, 出演, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  7. オープンキャンパス模擬授業, 2015年/08月, 講師, 出前授業, 高校生
  8. 模擬授業, 県立広島高等学校, 2015年/09月, 2015年/09月, 講師, 出前授業, 高校生
  9. 模擬授業, 県立広島高等学校, 2017年/09月/26日, 2017年/09月/26日, 講師, 出前授業, 高校生
  10. 模擬授業, 県立広島高等学校, 2016年/09月, 2016年/09月, 講師, 出前授業, 高校生
  11. 読売テレビジョン「そこまで言って委員会NP」出演, 読売テレビジョン「そこまで言って委員会NP」出演, 読売テレビジョン「そこまで言って委員会NP」出演, 2017年/06月, 2017年/06月, 出演, テレビ・ラジオ番組, メディア

学術雑誌論文査読歴

  1. 2017年, Behavioural and Cognitive Psychotherapy, その他, 1
  2. 2017年, Current Advances in Neurology and Neurological Disorders, その他, 1
  3. 2016年, Japanese Psychological Research, 編集員, 9
  4. 2017年, Japanese Psychological Research, 編集員
  5. 2015年, Journal of Affective Disorders, その他, 1
  6. 2015年, Journal of Affective Disorders, その他, 1
  7. 2017年, Journal of Happiness Studies, その他, 1
  8. Journal of Psychiatry: Open Access, その他
  9. 2016年, Mental Health, Religion & Culture, その他
  10. 2016年, Mental Health, Religion & Culture, その他, 1
  11. 2016年, Mindfulness, その他
  12. 2017年, Mindfulness, その他, 1
  13. 2015年, Personality and Individual Differences, 編集員, 11
  14. 2017年, Plos One, その他
  15. 2017年, PlosOne, その他, 1
  16. 2015年, Promoting Spontaneous Use of Learning and Reasoning Strategies: Theory, Research, and Practice. Routledge., その他, 1
  17. 2016年, Psychiatry Research, その他
  18. 2016年, Psychiatry Research, その他
  19. 2016年, Psychiatry Research, その他, 1
  20. 2010年, パーソナリティ研究, 編集員, 編集委員
  21. 2011年, パーソナリティ研究, 編集員, 編集委員
  22. 2012年, パーソナリティ研究, 編集員, 編集委員
  23. 2013年, パーソナリティ研究, 編集員, 編集委員
  24. 2014年, パーソナリティ研究, 編集員, 編集委員
  25. 2017年, パーソナリティ研究, 編集員
  26. 2015年, マインドフルネス研究, 編集長, 2
  27. 2014年, マインドフルネス研究, 編集長
  28. 2015年, マインドフルネス研究, その他, 2
  29. 2016年, マインドフルネス研究, 編集長, 9
  30. 2017年, マインドフルネス研究, 編集長
  31. 2014年, 不安症研究, 編集員
  32. 2015年, 不安症研究, 編集員
  33. 2016年, 不安症研究, 編集員
  34. 2017年, 不安症研究, 編集員
  35. 2012年, 不安障害研究, 編集員, 編集委員
  36. 2013年, 不安障害研究, 編集員, 編集委員
  37. 2016年, 京都大学教育学研究科紀要, その他
  38. 2009年, 心理学ワールド, 編集員, 編集委員
  39. 2010年, 心理学ワールド, 編集員, 編集委員
  40. 2011年, 心理学ワールド, 編集員, 編集委員
  41. 2012年, 心理学ワールド, 編集員, 編集委員
  42. 2013年, 心理学ワールド, 編集員, 編集委員
  43. 2013年, 心理学研究, 編集員, 編集委員
  44. 2014年, 心理学研究, 編集員, 編集委員
  45. 2015年, 心理学研究, 編集員, 編集委員
  46. 2016年, 心理学研究, 編集員
  47. 2017年, 心理学研究, 編集員
  48. 2015年, 心理学評論, その他, 1
  49. 2017年, 心理学評論, 編集員
  50. 2007年, 教育心理学研究, 編集員, 編集委員
  51. 2008年, 教育心理学研究, 編集員, 編集委員
  52. 2009年, 教育心理学研究, 編集員, 編集委員
  53. 2010年, 教育心理学研究, 編集員, 編集委員
  54. 2014年, 教育心理学研究, 編集員, 常任編集委員
  55. 2015年, 教育心理学研究, 編集員, 常任編集委員
  56. 2016年, 教育心理学研究, 編集員, 常任編集委員
  57. 2012年, 臨床心理学, その他, 査読委員
  58. 2013年, 臨床心理学, その他, 査読委員
  59. 2014年, 臨床心理学, 編集員
  60. 2015年, 臨床心理学, 編集員
  61. 2016年, 臨床心理学, 編集員
  62. 2016年, 臨床心理学, 編集員
  63. 2007年, 行動療法研究, 編集員, 編集委員
  64. 2008年, 行動療法研究, 編集員, 編集委員
  65. 2009年, 行動療法研究, 編集員, 編集委員
  66. 2010年, 行動療法研究, 編集員, 編集委員
  67. 2011年, 行動療法研究, 編集員, 編集委員
  68. 2012年, 行動療法研究, 編集員, 編集委員
  69. 2013年, 行動療法研究, 編集員, 編集委員
  70. 2014年, 行動療法研究, 編集員, 編集委員
  71. 2015年, 行動療法研究, 編集員
  72. 2015年, 行動療法研究, 編集員
  73. 2016年, 行動療法研究, 編集員
  74. 2016年, 行動療法研究, 編集員
  75. 2017年, 行動療法研究, 編集員
  76. 2008年, 認知療法研究, 編集員, 編集委員
  77. 2009年, 認知療法研究, 編集員, 編集委員
  78. 2010年, 認知療法研究, 編集員, 編集委員
  79. 2011年, 認知療法研究, 編集員, 編集委員
  80. 2012年, 認知療法研究, 編集員, 編集委員
  81. 2013年, 認知療法研究, 編集員, 編集委員
  82. 2014年, 認知療法研究, 編集員, 編集委員
  83. 2015年, 認知療法研究, 編集員, 編集委員
  84. 2015年, 認知療法研究, その他, 1