長尾 正崇MASATAKA NAGAO

Last Updated :2019/12/02

所属・職名
大学院医系科学研究科(医)(医学)法医学教授
メールアドレス
nagaohiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 1990年04月, 1992年03月, 北海道大学, 医学部法医学講座, 助手
  • 1992年04月, 1995年10月, 東京大学, 医学部法医学講座, 講師
  • 1995年11月, 1997年03月, 東京大学, 医学部法医学講座, 助教授
  • 1997年04月, 1999年04月, 東京大学, 医学系研究科法医学・医療情報経済学講座, 助教授
  • 1999年05月, 2002年03月, 名古屋市立大学, 医学部法学講座, 教授
  • 2002年04月, 2007年03月, 名古屋市立大学, 医学研究科法医学・医学医療情報学講座法医科学分野, 教授
  • 2007年04月, 2007年12月, 名古屋市立大学, 医学研究科医学教育・社会医学講座法医学分野, 教授
  • 2008年01月01日, 2012年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 教授
  • 2012年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 教授

学歴

  • 北海道大学, 大学院医学研究科, 社会医学系専攻博士課程, 日本, 1986年04月, 1990年03月
  • 熊本大学, 医学部, 医学科, 日本, 1980年04月, 1986年03月

学位

  • 医学博士(北海道大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 社会医学 / 法医学
  • 医歯薬学 / 薬学 / 医療系薬学
  • 医歯薬学 / 社会医学 / 衛生学・公衆衛生学

研究キーワード

  • 神経剤の非コリン性毒性発現機構
  • パラコート耐性ラットのパラコート耐性メカニズム
  • パラコート耐性ラットの頭部形態異常の形成機構
  • 薬毒物のイムノアッセイ
  • 臨床法医学

所属学会

  • 日本法医学会
  • 日本法中毒学会
  • 日本生化学会
  • 日本子ども虐待防止学会
  • American Chemical Society

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 社会医学
  2. 2019年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  3. 2019年, 学部専門, 3ターム, 災害医療・歯科法医学
  4. 2019年, 学部専門, 2ターム, 特別科目
  5. 2019年, 学部専門, 3ターム, 災害医療・歯科法医学
  6. 2019年, 学部専門, 3ターム, 災害医療・歯科法医学
  7. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯科学特別研究(法医学)
  8. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯科学特別研究(法医学)
  9. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 死因究明特論
  10. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯科学演習(法医学)
  11. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯科学演習(法医学)
  12. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 臨床法医学概論
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 公衆衛生学特別研究(社会科学・行動科学)
  14. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 公衆衛生学特別研究(社会科学・行動科学)
  15. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 法医学特別演習
  16. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 法医学特別演習
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  18. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 法医学特別実験
  19. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 法医学特別実験
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  21. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別演習
  22. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  23. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別演習
  24. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別演習
  25. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  26. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究
  27. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 死因究明特別研究
  28. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 死因究明特別研究
  29. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 公衆衛生学特別研究(社会科学・行動科学)
  30. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 公衆衛生学特別研究(社会科学・行動科学)
  31. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 臨床法医学概論
  32. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 死因究明学
  33. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 法医学特別演習
  34. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 法医学特別演習
  35. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 法医学特別研究
  36. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 法医学特別研究
  37. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 法歯学特別演習
  38. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 法歯学特別演習
  39. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 法歯学特別研究
  40. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 法歯学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Cellular redox state protects acetaldehyde-induced alteration in cardiomyocyte function by modifying Ca2+ release from sarcoplasmic reticulum., Am J Physiol Heart Circ Physiol, 1号, pp. H121-H133, 2008 Jan
  2. A fatal case of acute hepatitis B developed in a toluene abuser., Clin J Gastroenterol, 1巻, 2号, pp. 64-68, 2008, Jun
  3. Epithelial Na+ channel delta subunit mediates acid-induced ATP release in the human skin., Biochem Biophys Res Commun., 373巻, 1号, pp. 155-158, 2008 Aug 15
  4. Extraction of amphetamines and methylenedioxyamphetamines from urine using a monolithic silica disk-packed spin column and high-performance liquid chromatography-diode array detection, JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY A, 1208巻, 1-2号, pp. 71-75, OCT 24 2008
  5. Simultaneous determination of dibucaine and naphazoline in human serum by monolithic silica spin column extraction and liquid chromatography-mass spectrometry, JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY B-ANALYTICAL TECHNOLOGIES IN THE BIOMEDICAL AND LIFE SCIENCES, 872巻, 1-2号, pp. 186-190, SEP 1 2008
  6. Extraction of amphetamines and methylenedioxyamphetamines from urine using a monolithic silica disk-packed spin column and high-performance liquid chromatography-diode array detection., J Chromatogr A., 1-2号, pp. 71-75, 2008,10,24
  7. Epithelial Na+ channel delta subunit is an acid sensor in the human oesophagus., Eur J Pharmacol, 600巻, 1-3号, pp. 32-36, 2008 Dec 14
  8. Preliminary screening method for the determination of inorganic arsenic in urine., Leg Med, 11巻, 2号, pp. 80-82, 2009,3
  9. Molecular analysis of mitochondrial hypervariable region 1 in 394 Japanese individuals., Leg Med, 11巻, Suppl 1号, pp. S443-S445, 2009, 4
  10. Suppression of prostate cancer in a transgenic rat model via gamma-tocopherol activation of caspase signaling., Prostate, 69巻, 6号, pp. 644-651, 2009,5,1
  11. Genotyping of five single nucleotide polymorphisms in the OCA2 and HERC2 genes associated with blue-brown eye color in the Japanese population, CELL BIOCHEMISTRY AND FUNCTION, 27巻, 5号, pp. 323-327, JUL 2009
  12. Monolithic silica spin column extraction and simultaneous derivatization of amphetamines and 3,4-methylenedioxyamphetamines in human urine for gas chromatographic-mass spectrometric detection, ANALYTICA CHIMICA ACTA, 661巻, 1号, pp. 42-46, FEB 19 2010
  13. Colorimetric detection and chromatographic analyses of designer drugs in biological materials: a comprehensive review, FORENSIC TOXICOLOGY, 29巻, 1号, pp. 1-24, JAN 2011
  14. Monolithic Spin Column: A New Extraction Device for Analysis of Drugs in Urine and Serum by GC/MS and HPLC/MS, JOURNAL OF AOAC INTERNATIONAL, 94巻, 3号, pp. 765-774, MAY-JUN 2011
  15. Confirmation that SNPs in the high mobility group-A2 gene (HMGA2) are associated with adult height in the Japanese population; wide-ranging population survey of height-related SNPs in HMGA2, ELECTROPHORESIS, 32巻, 14号, pp. 1844-1851, JUL 2011
  16. ベンゾジアゼピン系薬物とその代謝物の検出における4種類の薬物検査デバイスの比較 主としてチエノジアゼピン系薬物エチゾラムの検出について, 中毒研究, 24巻, 1号, pp. 27-34, 2011,3
  17. Simultaneous extraction of acidic and basic drugs from urine using mixed-mode monolithic silica spin column bonded with octadecyl and cation-exchange group, JOURNAL OF SEPARATION SCIENCE, 34巻, 16-17号, pp. 2232-2239, SEP 2011
  18. Replication study of the association of SNPs in the LHX3-QSOX2 and IGF1 loci with adult height in the Japanese population; wide-ranging comparison of each SNP genotype distribution, LEGAL MEDICINE, 14巻, 4号, pp. 205-208, JUL 2012
  19. Sequential extraction of inorganic arsenic compounds and methyl arsenate in human urine using mixed-mode monolithic silica spin column coupled with gas chromatography-mass spectrometry, JOURNAL OF SEPARATION SCIENCE, 35巻, 18号, pp. 2506-2513, SEP 2012
  20. Acute Intoxication Caused by Overdose of Flunitrazepam and Triazolam High Concentration of Metabolites Detected at Autopsy Examination, AMERICAN JOURNAL OF FORENSIC MEDICINE AND PATHOLOGY, 33巻, 4号, pp. 293-296, DEC 2012
  21. Gender differences in D-aspartic acid content in skull bone., Hiroshima J Med Sci, 61巻, 4号, pp. 91-100, 2012
  22. Sequential extraction of amphetamines, opiates, and 11-nor-Delta(9)-tetrahydrocannabinol-9-carboxylic acid from a limited volume of urine using a monolithic silica spin column coupled with gas chromatography-mass spectrometry, FORENSIC TOXICOLOGY, 31巻, 2号, pp. 312-321, JUL 2013
  23. A fatal case of 3,4-methylenedioxypyrovalerone poisoning: coexistence of alpha-pyrrolidinobutiophenone and alpha-pyrrolidinovalerophenone in blood and/or hair, FORENSIC TOXICOLOGY, 31巻, 2号, pp. 338-343, JUL 2013
  24. Simple segmental hair analysis for α-pyrrolidinophenone-type designer drugs by MonoSpin extraction for evaluation of abuse history., Simple segmental hair analysis for α-pyrrolidinophenone-type designer drugs by MonoSpin extraction for evaluation of abuse history., 942-943巻, 2013
  25. ★, Acute effects of a sarin-like organophosphorus agent, bis(isopropyl methyl)phosphonate, on cardiovascular parameters in anaesthetized, artificially ventilated rats, TOXICOLOGY AND APPLIED PHARMACOLOGY, 272巻, 1号, pp. 61-66, OCT 1 2013
  26. A Fatal Case of Hypermagnesemia Caused by Ingesting Magnesium Chloride as a Folk Remedy, JOURNAL OF FORENSIC SCIENCES, 58巻, 6号, pp. 1673-1675, NOV 2013
  27. Simple segmental hair analysis for alpha-pyrrolidinophenone-type designer drugs by MonoSpin extraction for evaluation of abuse history, JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY B-ANALYTICAL TECHNOLOGIES IN THE BIOMEDICAL AND LIFE SCIENCES, 942巻, pp. 15-20, DEC 30 2013
  28. Time-course profile of urinary excretion of intravenously administered alpha-pyrrolidinovalerophenone and alpha-pyrrolidinobutiophenone in a human, FORENSIC TOXICOLOGY, 32巻, 1号, pp. 68-74, JAN 2014
  29. Instant-View M-1におけるベンゾジアゼピン類似薬物とその代謝物の交差反応性について, 中毒研究, 27巻, 1号, pp. 33-38, 2014,3
  30. 5-hydroxytryptamine- and dopamine-releasing effects of ring-substituted amphetamines on rat brain: A comparative study using in vivo microdialysis, EUROPEAN NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY, 24巻, 8号, pp. 1362-1370, AUG 2014
  31. Detection of abused drugs in human blood by using the on-site drug-screening device Oratect (R) III, LEGAL MEDICINE, 16巻, 5号, pp. 308-313, SEP 2014
  32. Comprehensive review of the detection methods for synthetic cannabinoids and cathinones, FORENSIC TOXICOLOGY, 33巻, 2号, pp. 175-194, JUL 2015
  33. 児童虐待が疑われた咬傷鑑定の1例, 犯罪学雑誌, 81巻, 4号, pp. 113-121, 2015,8
  34. 頭部、顔面、口腔に見られる虐待の徴候, デンタルダイアモンド, 40巻, 15号, pp. 64-66, 2015,11,1
  35. Osteoprotegerin Prevents Development of Abdominal Aortic Aneurysms, PLOS ONE, 11巻, 1号, JAN 19 2016
  36. The Sarin-like Organophosphorus Agent bis (isopropyl methyl)phosphonate Induces Apoptotic Cell Death and COX-2 Expression in SK-N-SH Cells, Hiroshima J. Med. Sci, 65巻, 1号, pp. 1-8
  37. The sarin-like organophosphorus agent bis(isopropyl methyl)phosphonate induces ER stress in human astrocytoma cells., J Toxicol Sci, 41巻, 5号, pp. 617-25
  38. 薬毒物関連死:覚せい剤., 法医病理, 21巻, 2号, pp. 53-59
  39. The sarin-like organophosphorus agent bis(isopropyl methyl)phosphonate induces ER stress in human astrocytoma cells, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 41巻, 5号, pp. 617-625, OCT 2016
  40. Enhanced alcohol-drinking behavior associated with active ghrelinergic and serotoninergic neurons in the lateral hypothalamus and amygdala, PHARMACOLOGY BIOCHEMISTRY AND BEHAVIOR, 153巻, pp. 1-11, FEB 2017
  41. Sfrp5 identifies murine cardiac progenitors for all myocardial structures except for the right ventricle, NATURE COMMUNICATIONS, 8巻, MAR 13 2017
  42. Optimization and application of octadecyl-modified monolithic silica for solid-phase extraction of drugs in whole blood samples, JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY A, 1517巻, pp. 9-17, SEP 29 2017
  43. Association of SNPs in genes encoding zinc transporters on blood zinc levels in humans, LEGAL MEDICINE, 30巻, pp. 28-33, JAN 2018

著書等出版物

  1. 2012年,3月,1日, NEWエッセンシャル法医学 第5版, 医歯薬出版, 2012年, 3, 単行本(学術書), 編著, 長尾正崇, 中園一郎, 山内春夫 編;高取健彦 監修, 9784263207963
  2. 2012年,2月,1日, 臨床法医学テキスト 第2版, 中外医学社, 2012年, 2, 単行本(学術書), 共著
  3. 2018年,5月,2日, アトラス臨床法医学, 中外医学社, 2018年, 5, 単行本(学術書), 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. GC-PCI-MSおよびGC-EI-MSによる合成カチノン類の構造異性体の推定., 奈女良 昭,斉藤 剛,笠松隆志,滝埜昌彦,中本晃弘,河村真帆,八幡みどり,長尾正崇, 日本法中毒学会第33年会, 2014年07月05日, 通常, 日本語
  2. A sarin-like reagent induces apoptosis on human astrocytoma derived cells through the endoplasmic reticulum (ER) stress stimulated signaling pathways., Shiraishi H, Arima Y, Namera A, Yoshimoto K, Nagao M., Shiraishi H, Arima Y, Namera A, Yoshimoto K, Nagao M., The 9th International Symposium on Advances in legal medicine (ISALM), 2014年06月17日, 通常, 英語
  3. Optimization of silica monolith in MonoSpin for the extraction of drugs in whole blood., Namera A, Saito T, Ota S, Oikawa H, Miyazaki S, Shiraishi H, Nagao M., The 9th International Symposium on Advances in legal medicine (ISALM), 2014年06月17日, 通常, 英語
  4. Comparative Evaluation of Triage TOX and Triage DOA Using Chromatography and Mass Spectrometry., Arima Y, Namera A, Fukuda S, Shiraishi H, Nagao M., The 9th International Symposium on Advances in legal medicine (ISALM)., 2014年06月18日, 通常, 英語
  5. 血清中α2選択的作動薬の一斉分析法の検討, 奈女良 昭,斉藤 剛,太田茂徳,宮崎将太,内藤宏道,杉山淳一,有馬陽介,長尾正崇, 第36回日本中毒学会総会・学術集会, 2014年07月25日, 通常, 日本語, 東京
  6. 動物用麻酔薬である塩酸メデトミジンとキシラジンを自殺目的に静注した症例, 杉山淳一,内藤宏道,奈女良 昭,川西 進,大谷晋吉,野島宏悦,萩岡信吾,岩崎泰昌,長尾正崇,森本直樹, 第36回日本中毒学会総会・学術集会, 2014年07月25日, 通常, 日本語, 東京
  7. 乱用薬物スクリーニングキットTriage TOXの評価, 有馬 陽介, 奈女良 昭, 斉藤 剛, 福田 滋弘, 當房 浩一, 長尾 正崇, 第36回日本中毒学会総会・学術集会, 2014年07月26日, 通常, 日本語, 東京
  8. D-Aspartic acid, but not L-Aspartic acid, modulates osteoblast marker gene expression in MC3T3E-1 osteoblasts., Arima Y, Yoshiko Y, Namera A, Nagao M, The 2nd International Conference of D- Amino Acid Research (IDAR 2014), 2014年09月02日, 通常, 英語, Utsunomiya, Tochigi
  9. サリン類似物質BIMP [bis(isopropyl ethyl)phosphonate]による神経芽細胞腫SK-N-SH細胞における細胞毒性機構, 有馬陽介, 吉本寛司, 奈女良 昭, 長尾正崇, 第31回日本法医学会学術中四国地方集会, 2014年11月01日, 通常, 日本語
  10. Triageにおいて麻黄製剤服用者尿中の覚せい剤陽性を示す化合物の探索, 奈女良 昭,福田滋弘,有馬陽介,長尾正崇, 第26回日本中毒学会中国四国地方会, 2014年12月06日, 通常, 日本語, 高松
  11. ヒト神経芽細胞腫SK-N-SHへのサリン類似有機リン剤の毒性作用, 第42回 日本毒性学会学術年会, 2015年06月29日, 通常, 日本語, 金沢
  12. サリン曝露後の身体的・精神的自覚症状に関する研究 被害者検診調査に基づく検討, 坂宗 和明, 松岡 俊彦, 牧田 亨介, 木村 晋介, 黒岩 幸雄, 長尾 正崇, 田中 純子, 2015年03月27日, 通常, 日本語, 和歌山
  13. 歯科に求められる児童虐待への対応と予防 児童虐待対策における歯科医師の役割, 長尾正崇, 第53回日本小児歯科学会大会, 2015年05月22日, 招待, 日本語, 広島
  14. 平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害における検案, 長尾正崇, 第99次日本法医学会学術全国集会, 2015年06月12日, 招待, 日本語, 高知
  15. 血液からの危険ドラッグ抽出に適したモノスピンカラムの開発と中毒事例への応用, 奈女良 昭,斉藤 剛,有馬陽介,長尾正崇, 第99次日本法医学会学術全国集会, 2015年06月11日, 通常, 日本語, 高知
  16. The sarin-like nerve agent BIMP induces apoptosis and inflammatory responses in SK-N-SH cells., Arima Y, Yoshimoto K, Namera A, Nagao M, 第99次日本法医学会学術全国集会, 2015年06月11日, 通常, 英語, 高知
  17. 全血中薬物抽出用MonoSpinの開発と中毒事例への応用, 奈女良 昭,斉藤 剛,中本晃弘,河村真帆,八幡みどり,太田茂徳,及川博史,宮崎将太,長尾正崇, 日本法中毒学会第34年会, 2015年06月26日, 通常, 日本語, 福岡
  18. ヒト神経芽細胞腫SK-N-SHへのサリン類似有機リン剤の毒性作用., 山田耕資, 白石弘章, 奈女良 昭, 有馬陽介, 長尾正崇, 山田康枝, 第42回日本毒性学会学術年会, 2015年06月29日, 通常, 日本語, 金沢
  19. Triage DOAにおいて麻黄含有成分服用者尿中の覚せい剤陽性反応を示す化合物の検索., 奈女良 昭,福田滋弘,長尾正崇, 第37回日本中毒学会総会・学術集会, 2015年07月17日, 通常, 日本語, 和歌山
  20. 内部標準を用いたテトロドトキシンの実用的分析法., 奈女良 昭,斉藤 剛,岩崎泰昌,太田茂徳,及川博史,宮崎将太,長尾正崇, 第37回日本中毒学会総会・学術集会, 2015年07月17日, 通常, 日本語, 和歌山.
  21. The effect of a sarin-like organophosphorus agent on human neuroblastoma cell line SK-N-SH., Yamada K, Shiraishi H, Namera A, Arima Y, Nagao M, Yamada Y., 25th Meeting of the International Society for Neurochemistry and 13th the Asian Pacific Society for Neurochemistry, 2015年08月25日, 通常, 英語
  22. D-アスパラギン酸の骨芽細胞株MC3T3E-1細胞に対する影響., 有馬陽介, 吉子裕二, 奈女良 昭,村田和大,吉本寛司,長尾正崇, 第11回D-アミノ酸学会学術講演会, 2015年08月25日, 通常, 日本語, 長岡
  23. A sarin-like organophosphate induces non-cholinergic cell death via an inflammatory response in SK-N-SH cells., Y. ARIMA, A. NAMERA, K. YOSHIMOTO, K. MURATA, M. NAGAO., Neuroscience 2015 Society for Neuroscience, 2015年10月21日, 通常, 英語
  24. 危険ドラッグの使用が疑われた死亡事例からの薬物スクリーニング., 奈女良 昭,村田和大,有馬陽介,吉本寛司,長尾正崇, 第32回日本法医学会学術中四国地方会, 2015年10月30日, 通常, 日本語, 岡山
  25. D-アスパラギン酸の骨芽細胞に対する影響., 有馬陽介, 吉子裕二, 奈女良 昭, 村田和大,吉本寛司,長尾正崇, 第38回分子生物学会年会・第88回生化学会大会合同大会 BMB2015, 2015年12月02日, 通常, 日本語, 神戸
  26. サリン曝露被害者検診調査に基づく慢性期の精神的自覚症状に関する研究., 松岡俊彦, 坂宗和明, 秋田智之, 長尾正崇, 田中純子, 第74回日本公衆衛生学会総会, 2015年11月06日, 通常, 日本語, 長崎
  27. 第19回国際アルコール医学生物学会, 2018年09月12日, 通常, 英語, 京都

受賞

  1. 2014年02月17日, 広島地方検察庁検事正表彰, 広島地方検察庁検事正
  2. 2016年11月17日, 広島高等検察庁検事長感謝状, 広島高等検察庁検事長

社会活動

委員会等委員歴

  1. 愛知県児童虐待対応法医学専門医師, 2013年04月, 2014年03月, 愛知県健康福祉部
  2. 児童虐待対応嘱託医師, 2013年04月, 2014年03月, 広島県西部こども家庭センター
  3. 児童虐待防止対策会議委員, 2013年08月, 2014年03月, 広島県歯科衛生連絡協議会
  4. 児童相談所児童福祉専門員, 2013年04月, 2014年03月, 名古屋市児童福祉センター
  5. 名古屋市経営アドバイザー, 2011年05月, 2013年05月, 名古屋市
  6. 児童虐待対応嘱託医師, 2014年04月, 2015年03月, 広島県西部こども家庭センター
  7. 児童相談所児童福祉専門員, 2014年04月, 2015年03月, 名古屋市児童福祉センター
  8. 名古屋市経営アドバイザー, 2014年05月, 2016年04月, 名古屋市
  9. 一時保護施設入所児支援歯科保健活動会議委員, 2015年02月, 2015年03月, 広島県歯科衛生連絡協議会
  10. 児童虐待対応嘱託医師, 2015年04月, 2016年03月, 広島県西部こども家庭センター
  11. 児童相談所児童福祉専門員, 2015年04月, 2016年03月, 名古屋市児童福祉センター
  12. 愛知県児童虐待対応法医学専門医師, 2015年04月, 2016年03月, 愛知県健康福祉部
  13. 編集委員会, 2010年04月, 日本子ども虐待防止学会
  14. 児童虐待防止委員会, 2016年10月, 広島県歯科衛生連絡協議会
  15. 広島県死因究明推進等連絡協議会, 2016年10月, 広島県

学術会議等の主催

  1. 第33回日本法医学会学術中四国地方集会, 会長, 2016年10月