羽倉 義雄Yoshio Hagura

Last Updated :2019/11/01

所属・職名
大学院統合生命科学研究科生生・食品物理工学(生生支援室)教授
ホームページ
メールアドレス
hagurahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島県東広島市鏡山1-4-4 生物生産学部A棟123号室
TEL:082-424-7938 FAX:082-424-7938

基本情報

主な職歴

  • 1991年04月01日, 1997年03月31日, 広島大学, 助手
  • 2007年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 教授
  • 1997年04月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 助教授

学歴

  • 東京水産大学, 水産学研究科, 食品生産学, 日本, 1988年04月, 1991年03月
  • 東京水産大学, 水産学研究科, 食品工学, 日本, 1986年04月, 1988年03月
  • 東京水産大学, 水産学部, 食品工学, 日本, 1981年04月, 1985年03月

学位

  • 水産学博士(東京水産大学)
  • 水産学修士(東京水産大学)

教育担当

  • 【学士課程】 生物生産学部 : 生物生産学科
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 食品科学プログラム

研究分野

  • 農学 / 農芸化学 / 食品科学

研究キーワード

  • 材料力学物性
  • 分離
  • 品質評価
  • 低温加工
  • 凍結粉砕
  • テクスチャー
  • 電気物性
  • 誘電的性質
  • 非破壊測定

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 1ターム, 生命・食・環境のサイエンス
  2. 2019年, 教養教育, 3ターム, 食の安心・安全と健康科学
  3. 2019年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  4. 2019年, 学部専門, 1ターム, 生物生産学入門
  5. 2019年, 学部専門, 集中, 基礎物理学実験
  6. 2019年, 学部専門, 2ターム, 外書講読
  7. 2019年, 学部専門, 集中, 命の尊厳を涵養する食農フィールド科学演習
  8. 2019年, 学部専門, 集中, 瀬戸内海の養殖水産物を学ぶ総合演習
  9. 2019年, 学部専門, 1ターム, 食品工学
  10. 2019年, 学部専門, 集中, 食品工学実験
  11. 2019年, 学部専門, 年度, 卒業論文
  12. 2019年, 学部専門, 集中, 食品開発学
  13. 2019年, 学部専門, 3ターム, Modern Food Science
  14. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  15. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 食資源科学演習(B)
  16. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 食資源科学演習(B)
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 食資源科学実験
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 食品工学
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 食品製造工学演習
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 計測技術
  21. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究
  22. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 食品生命科学特別演習A
  23. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 食品生命科学特別演習A
  24. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 食品生命科学特別演習B
  25. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 食品生命科学特別演習B
  26. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 食品生命科学特別研究
  27. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 食品物理工学Ⅱ

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 凍結乾燥食品のコラプス防止のための電気容量変化を用いた氷結率の設定, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 50巻, 8号, pp. 356-360, 20030815
  2. 炊飯過程における米の糊化変化の非破壊・連続計測, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 49巻, 6号, pp. 416-421, 20020615
  3. Measurement of change in moisture content during drying process using the dielectric property of foods, FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH, 8巻, 3号, pp. 257-260, 42949
  4. レトルト殺菌中のパウチ詰め食品の加工程度の非破壊・連続計測 ~電気物性を利用した未開封物性測定技術の開発~, 浦上財団研究報告書, 24巻, pp. 7-11, 2017, 03, 01
  5. 電気物性を利用した液状食品の品質評価, ソフト・ドリンク技術資料, 180巻, 3号, pp. 345-360, 2016,12,27
  6. Stabilization of freeze-dried Lactobacillus paracasei subsp paracasei JCM 8130(T) with the addition of disaccharides, polymers, and their mixtures, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 81巻, 4号, pp. 768-773, 42826
  7. 食品の凍結乾燥過程における重量と電気容量の変化, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 49巻, 11号, pp. 726-730, 20021115
  8. シャルピー衝撃試験機を用いた最適凍結粉砕分離温度の決定, 日本冷凍空調学会論文集, 9巻, 3号, pp. 277-282, 1992
  9. マグロ類のヤング率およびポアソン比の測定, 日本冷凍空調学会論文集, 9巻, 3号, pp. 283-290, 1992
  10. Comparison of the Viscoelastic Properties of Fluid Foods Measured by the Non-rotational Concentric Cylinder Method with Those by the Dynamic Oscillatory Method., Japan Journal of Food Engineering, 8巻, 3号, pp. 155-162, 20070901
  11. Hydrostatic Pressure-Induced Germination and Inactivation of Bacillus Spores in the Presence or Absence of Nutrients., Food Science and Technology Research, 13巻, 3号, pp. 193-199, 20070801
  12. Two-element Model Analysis of the Viscoelastic Behavior of Liquid Food Materials by Means of Non-rotational Concentric Cylinder Method., Japan Journal of Food Engineering, 8巻, 2号, pp. 73-80, 20070601
  13. Correlation between Dielectric Properties and Freshness of Leaf Vagetables, Journal of Food Processing and Preservation, 31巻, 6号, pp. 736-750, 20071201
  14. 遠赤外線加熱を付与した過熱水蒸気処理によるバイオマスの炭化速度に及ぼす試料サイズの影響, 日本食品工学会誌, 9巻, 2号, pp. 91-98, 20080601
  15. 電気的物性によるフライ油の劣化度測定, 食品と技術, 437号, pp. 1-8, 20071101
  16. Determination of Viscoelastic Properties of Rice Porridge by the Non-Rotational Concentric Cylinder Method, FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH, 16巻, 1号, pp. 23-30, 20100101
  17. Studies on the new processing methods of frozen fish using its cryogenic mechanical properties, NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 67巻, 4号, pp. 631-633, 42917
  18. Freeze-grinding separation of flesh and bone in processed marine food waste, FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH, 8巻, 3号, pp. 221-226, 42949
  19. The dielectric property of soybean oil in deep-fat frying and the effect of frequency, JOURNAL OF FOOD SCIENCE, 67巻, 3号, pp. 1126-1129, 42827
  20. Growth inhibition of microorganisms by hydrostatic pressure, FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH, 10巻, 3号, pp. 268-272, 42951
  21. Germination and inactivation of Bacillus subtilis spores under combined conditions of hydrostatic pressure and medium temperature, FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH, 11巻, 1号, pp. 101-105, 42771
  22. Estimation of cryo-cutting conditions for frozen surimi gel using DSC, FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH, 11巻, 2号, pp. 236-239, 42860
  23. The effect of superheated steam treatment on the quality of vegetable oils, FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH, 12巻, 2号, pp. 114-118, 42861
  24. Relationship between rheology, particle size and texture of mayonnaise, FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH, 13巻, 1号, pp. 1-6, 42773
  25. Hydrostatic pressure-induced germination and inactivation of Bacillus spores in the presence or absence of nutrients, FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH, 13巻, 3号, pp. 193-199, 42954
  26. Determination of Viscoelastic Properties of Rice Porridge by the Non-Rotational Concentric Cylinder Method, FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH, 16巻, 1号, pp. 23-30, 42745
  27. ★, Proposal of of Short Back Extrusion Method for Enabling Consecutive Viscosity Measurements of High-viscosity Newtonian Fluid, JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY-NIPPON SHOKUHIN KAGAKU KOGAKU KAISHI, 60巻, 2号, pp. 100-109, 2013
  28. Preparation of an Oil/Water Emulsion using the Vapor Injection Method, JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY-NIPPON SHOKUHIN KAGAKU KOGAKU KAISHI, 60巻, 7号, pp. 323-331, 2013
  29. 高粘度ニュートン流体の連続粘度測定を目的としたショートバックエクストルージョン法の提案, 日本食品科学工学会誌, 60巻, pp. 100-109, 2013
  30. ★, 蒸気吹き込み法によるO/Wエマルションの調製, 日本食品科学工学会誌, 60巻, pp. 323-331, 2013
  31. 即席麺の蒸し処理が乾燥速度に与える影響, 日本食品保蔵科学会誌, 40巻, 1号, pp. 15-19, 2014
  32. ★, OPTIMIZATION OF THE DRYING TEMPERATURE OF NOODLE SHEETS TO REDUCE ENERGY COSTS AND AVOID FOAMING DAMAGE, JOURNAL OF FOOD PROCESSING AND PRESERVATION, 38巻, 4号, pp. 1743-1748, 42961
  33. 温度制御による物性変化を利用した食品の機械的加工, 日本食品工学会誌, 20150101
  34. 食品加工への電気物性の利用, 食品機械装置, 52巻, 6号, pp. 48-56, 20150901
  35. Measurement of deterioration of frying oil using electrical properties, JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY-NIPPON SHOKUHIN KAGAKU KOGAKU KAISHI, 53巻, 9号, pp. 474-480, 2006
  36. The effect of superheated steam treatment on the quality of vegetable oils, FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH, 12巻, 2号, pp. 114-118, 2006
  37. Relationship between rheology, particle size and texture of mayonnaise, FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH, 13巻, 1号, pp. 1-6, 2007
  38. Hydrostatic pressure-induced germination and inactivation of Bacillus spores in the presence or absence of nutrients, FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH, 13巻, 3号, pp. 193-199, 2007
  39. 非接触式静電容量センサーによる食品の品質評価 第1報 : 凍結解凍における静電容量と温度の関係, 日本冷凍空調学会論文集, 16巻, 1号, pp. 23-35, 19990331
  40. 凍結魚肉の引っ張り破壊挙動の筋線維配向角度依存性に関する研究, 日本冷凍空調学会論文集, 16巻, 3号, pp. 257-262, 19991101
  41. 曲げ荷重により切断した凍結魚肉の切断面角度に及ぼす筋線維配向角度の影響, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 43巻, 9号, pp. 1035-1041, 19960915
  42. 最近興味ある基礎研究と今後の展開 : 魚体の低温加工, 冷凍, 77巻, 891号, pp. 55-58, 20020115
  43. 凍結魚の3点曲げ切断特性に与える切り欠き導入の影響, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 49巻, 4号, pp. 267-271, 20020415
  44. 日本冷凍空調学会論文集, 16巻, 1999
  45. 電気容量を用いた食用油脂の融点測定, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 49巻, 4号, pp. 272-276, 20020415
  46. 曲げ荷重により切断した凍結魚肉の切断面角度の予測, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 49巻, 5号, pp. 297-304, 20020515
  47. 割裂荷重による凍結魚体の縦割り切断加工, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 49巻, 5号, pp. 335-338, 20020515
  48. Freeze-Grinding Separation of Flesh and Bone in Processed Marine Food Waste, Food science and technology research, 8巻, 3号, pp. 221-226, 20020801
  49. 誘電特性を利用した食品加工プロセスの非破壊・連続測定, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 51巻, 3号, pp. 109-114, 20040315
  50. マグロ及びカツオ魚骨からの魚油の抽出とその品質に及ぼす凍結粉砕と乾燥操作の影響, 粉体工学会誌 = Journal of the Society of Powder Technology, Japan, 39巻, 6号, pp. 454-458, 20020610
  51. DSCを用いた凍結サバの低温切断温度の推定, 日本冷凍空調学会論文集, 23巻, 2号, pp. 105-111, 20060630
  52. Non-thermal Inactivation of Bacillus Spores by Pressure-holding, Food science and technology research, 11巻, 3号, pp. 324-327, 20051101
  53. Heat Transfer Characteristics of Superheated Steam Combined with Far Infrared Heating, Food science and technology research, 11巻, 4号, pp. 363-368, 20051201
  54. 電気的物性を利用したフライ油の劣化度の測定, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 53巻, 9号, pp. 474-480, 20060915
  55. 食品加工技術へのガラス転移現象の応用, 冷凍 = Refrigeration, 81巻, 949号, pp. 919-921, 20061115
  56. Relationship between Rheology, Particle Size and Texture of Mayonnaise, Food science and technology research, 13巻, 1号, pp. 1-6, 20070201
  57. 過熱水蒸気処理における遠赤外線加熱併用が大豆油の品質に及ぼす影響, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 54巻, 7号, pp. 347-350, 20070715
  58. The Effect of Superheated Steam Treatment on the Quality of Vegetable Oils, Food science and technology research, 12巻, 2号, pp. 114-118, 20060501
  59. 蒸気吹き込み法によるO/Wエマルジョンの調製, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 60巻, 7号, pp. 323-331, 20130715
  60. 加圧・加熱併用によるデンプン-水-グリセリン系のゲル化 : 食品, 日本農藝化學會誌, 69巻, 0号, 19950705
  61. 誘電特性を利用した澱粉含有食品の糊化機構の解析 : 食品, 日本農藝化學會誌, 70巻, 0号, 19960305
  62. 膜特性を利用するエマルションの転相 : 食品, 日本農藝化學會誌, 70巻, 0号, 19960305
  63. 食品エマルションの界面特性に与える乳化剤の種類と濃度の影響 : 食品, 日本農藝化學會誌, 70巻, 0号, 19960305
  64. 誘電特性を利用した食品の相転移の検出 : 食品, 日本農藝化學會誌, 70巻, 0号, 19960305
  65. 液状食品の粘性および粘弾性の簡易測定法 : 食品, 日本農藝化學會誌, 70巻, 0号, 19960305
  66. 低温材料力学物性を利用した凍結魚の加工技術に関する研究, 日本水産学会誌, 67巻, 4号, pp. 631-633, 20010715
  67. 食品産業における新規分離抽出技術の開発, ニューフード・クリエーション技術研究組合編, 恒星社厚生閣 ,2005年, A5判, 201頁, 3,400円, 日本水産学会誌, 72巻, 4号, 20060715
  68. Bp-11 飴におけるマルトビオン酸カルシウムの加工適性(糖質と食品,一般講演,日本応用糖質科学会平成25年度大会(第62回)), 応用糖質科学 : 日本応用糖質科学会誌, 3巻, 3号, 20130820
  69. 食品のマイクロ波加熱乾燥における過加熱防止に関する研究, 生物生産学研究, 31巻, 1号, pp. 29-36, 199207
  70. ジャガイモのマイクロ波減圧乾燥特性とモデル化に関する研究, 生物生産学研究, 31巻, 1号, pp. 37-43, 199207
  71. 円柱状ジャガイモのマイクロ波加熱乾燥における温度変化と乾燥速度に関する研究, 生物生産学研究, 31巻, 2号, pp. 121-126, 199212
  72. ジャガイモのクッキングにおける温度変化とクッキング速度に関する研究, 生物生産学研究, 32巻, 1号, pp. 23-31, 199306
  73. ジャガイモのクッキング進行中におけるクッキング速度に関する研究, 生物生産学研究, 32巻, 2号, pp. p127-133, 199312
  74. 簡便な方法を用いた非等温プロセスにおける速度パラメータの設定, 生物生産学研究, 32巻, 2号, pp. 135-143, 199312
  75. 食品エマルション工学(4)膜を用いる乳化技術とエマルションの機能化, 日本食品工学会誌, 3巻, 2号, pp. 35-40, 200206
  76. 遠赤外線加熱の付加による過熱水蒸気処理の伝熱速度および熱効率の改善, 日本食品工学会誌, 7巻, 4号, pp. 225-232, 200612
  77. 過熱水蒸気を用いる炭水化物の炭化特性, 日本食品工学会誌, 8巻, 1号, pp. 39-43, 200703
  78. 食品の物性そして水(6)食品の凍結粉砕, 日本食品工学会誌, 10巻, 4号, pp. 199-206, 200912
  79. 過熱水蒸気・遠赤外線加熱併用処理による廃棄バイオマスの炭化エネルギ, 日本食品工学会誌, 12巻, 1号, pp. 39-45, 201103
  80. ヨーグルトに分散した気泡が誘電特性に及ぼす影響, 日本食品工学会誌, 13巻, 1号, pp. 13-20, 201203
  81. DSCによる凍結すり身の低温切断条件に及ぼす油脂含量の影響, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 53巻, 1号, pp. 70-73, 20060115
  82. Germination and Inactivation of Bacillus subtilis Spores under Combined Conditions of Hydrostatic Pressure and Medium Temperature, Food science and technology research, 11巻, 1号, pp. 101-105, 20050201
  83. Growth Inhibition of Microorganisms by Hydrostatic Pressure, Food science and technology research, 10巻, 3号, pp. 268-272, 20040801
  84. Preparation of Corn Oil/Water and Water/Corn Oil Emulsions Using PTFE Membranes., Food Science and Technology International, Tokyo, 4巻, 2号, pp. 164-167, 1998
  85. 凍結粉砕法によるマサバ,マイワシからの低脂肪魚肉の分離〔英文〕, 日本水産学会誌, 55巻, 12号, pp. 2119-2122, 1989
  86. 非回転二重円筒法を用いる液状食品の粘弾性挙動の2要素モデル解析, 日本食品工学会誌, 8巻, 2号, pp. 73-81, 2007
  87. 動的測定法と非回転二重円筒法との比較による液状食品の粘弾性挙動の検討, 日本食品工学会誌, 8巻, 3号, pp. 155-163, 2007
  88. 牡蠣の加熱過程におけるテクスチャー変化, 化学工学会 研究発表講演要旨集, 2006巻, 0号, pp. 395-395, 2006
  89. コンダクタンスを利用した油劣化測定技術の開発, 化学工学会 研究発表講演要旨集, 2009巻, 0号, pp. 765-765, 2009
  90. 凍結粉砕による食品組織の分離 (最近の凍結装置--その傾向と実例-後-<特集>) -- (液化ガス凍結方式), 冷凍, 63巻, 730号, pp. p820-823, 198808
  91. 凍結粉砕を利用した食肉からの低脂肪肉の分離(平成4年度日本冷凍協会学術講演会), 冷凍, 68巻, 787号, pp. p531-536, 199305
  92. シャルピ-衝撃試験機を用いた最適凍結粉砕分離温度の決定--第20回日本冷凍協会賞学術賞(平成4年度), 冷凍, 68巻, 788号, pp. p593-595, 199306
  93. 新世紀を拓く分科会活動 食品粉体技術分科会設置の趣意と今後の活動, 粉体と工業, 33巻, 2号, pp. 80-82, 200102
  94. 活かす水産の研究最前線--生産現場と食につながるトピックス(第7回)魚体の低温加工技術, 養殖, 47巻, 9号, pp. 64-67, 201008
  95. 誘電特性を利用した食品製造工程の計測 (特集 最近の食品プロセス工学の話題から), 粉体技術, 2巻, 10号, pp. 26-34, 201010
  96. 高温のフライ油中に存在する水とその制御, 日本食品科学工学会誌, 64巻, 4号, pp. 213-217, 2017, 04, 15
  97. Observation and Control of Water in High Temperature Frying Oil, JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY-NIPPON SHOKUHIN KAGAKU KOGAKU KAISHI, 64巻, 4号, pp. 213-217, 2017
  98. Time-Intensity Flavor Profile of Commercial Strawberry Jams Available in the Japanese Market, JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY-NIPPON SHOKUHIN KAGAKU KOGAKU KAISHI, 64巻, 11号, pp. 549-558, 2017
  99. Nondestructive determination of the rheological properties of liquid food in sealed retort pouches, JOURNAL OF FOOD PROCESSING AND PRESERVATION, 42巻, 7号, JUL 2018
  100. Relationship between sensory analysis for texture and instrument measurements in model strawberry jam, JOURNAL OF TEXTURE STUDIES, 49巻, 4号, pp. 359-369, AUG 2018
  101. Indirect Measurement of Changes in Hardness of Enzyme-treated Beef in Retort Pouch Using an Electrical Impedance Method, JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY-NIPPON SHOKUHIN KAGAKU KOGAKU KAISHI, 65巻, 9号, pp. 442-450, 2018
  102. Experimental Comparison of Static Rheological Properties of Non-Newtonian Food Fluids with Dynamic Viscoelasticity, NIHON REOROJI GAKKAISHI, 46巻, 1号, pp. 1-12, 2018
  103. Effects of the glass transition temperature on the shaving characteristics of Katsuobushi (boiled and dried bonito), JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY-NIPPON SHOKUHIN KAGAKU KOGAKU KAISHI, 53巻, 9号, pp. 518-521, 2006
  104. Combined effect of far infrared heating on the quality of vegetable oil during superheated steam treatment, JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY-NIPPON SHOKUHIN KAGAKU KOGAKU KAISHI, 54巻, 7号, pp. 347-350, 2007
  105. Proposal of of Short Back Extrusion Method for Enabling Consecutive Viscosity Measurements of High-viscosity Newtonian Fluid, JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY-NIPPON SHOKUHIN KAGAKU KOGAKU KAISHI, 60巻, 2号, pp. 100-109, 2013
  106. Temperature-dependent quality characteristics of pre-dehydrated cookies: Structure, browning, texture, in vitro starch digestibility, and the effect on blood glucose levels in mice, FOOD CHEMISTRY, 141巻, 1号, pp. 223-228, 2013
  107. Preparation of an Oil/Water Emulsion using the Vapor Injection Method, JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY-NIPPON SHOKUHIN KAGAKU KOGAKU KAISHI, 60巻, 7号, pp. 323-331, 2013
  108. Effect of sugar composition on the water sorption and softening properties of cookie, FOOD CHEMISTRY, 145巻, pp. 772-776, 2014
  109. OPTIMIZATION OF THE DRYING TEMPERATURE OF NOODLE SHEETS TO REDUCE ENERGY COSTS AND AVOID FOAMING DAMAGE, JOURNAL OF FOOD PROCESSING AND PRESERVATION, 38巻, 4号, pp. 1743-1748, 2014
  110. Measurement of Change in Moisture Content during Drying Process Using the Dielectric Property of Foods, Food science and technology research, 8巻, 3号, pp. 257-260, 20020801
  111. Preparation of High Concentration O/W and W/O Emulsions by the Membrane Phase Inversion Emulsification Using PTFE Membranes, Food science and technology research, 5巻, 2号, pp. 234-238, 19990501
  112. 鰹節の切削加工に及ぼすガラス転移温度の影響, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 53巻, 9号, pp. 518-521, 20060915
  113. 水, 水蒸気および空気の簡便な温度関係物性式の設定に関する研究, 生物生産学研究, 33巻, 2号, pp. 133-142, 199412
  114. 湿度線図における物性に対する簡便な関係式の設定に関する研究, 生物生産学研究, 33巻, 2号, pp. 143-149, 199412
  115. ジャガイモのクッキング進行中におけるクッキング速度に関する研究, 生物生産学研究, 32巻, 2号, pp. 127-133, 199312
  116. Estimation of Cryo-cutting Conditions for Frozen Surimi Gel Using DSC, Food science and technology research, 11巻, 2号, pp. 236-239, 20050501
  117. Characteristics of the Membrane Emulsification Method Combined with Preliminary Emulsification for Preparing Corn Oil-in-Water Emulsions., Food Science and Technology International, Tokyo, 2巻, 1号, pp. 43-47, 1996
  118. 高粘度ニュートン流体の連続粘度測定を目的としたショートバックエクストルージョン法の提案, 日本食品科学工学会誌, 60巻, 2号, pp. 100-109, 2013
  119. 蒸気吹き込み法によるO/Wエマルションの調製, 日本食品科学工学会誌, 60巻, 7号, pp. 323-331, 2013
  120. 遠赤外線加熱を付加した過熱水蒸気処理によるバイオマスの炭化速度に及ぼす試料サイズの影響, 日本食品工学会誌, 9巻, 2号, pp. 91-98, 2008
  121. マグロ及びカツオ魚骨からの魚油の抽出とその品質に及ぼす凍結粉砕と乾燥操作の影響, 粉体工学会誌, 39巻, 6号, pp. 454-458, 2002
  122. 膜を用いる乳化技術とエマルションの機能化, 日本食品工学会誌, 3巻, 2号, pp. 35-40, 2002
  123. 遠赤外線加熱の付加による過熱水蒸気処理の伝熱速度および熱効率の改善, 日本食品工学会誌, 7巻, 4号, pp. 225-232, 2006
  124. 過熱水蒸気を用いる炭水化物の炭化特性, 日本食品工学会誌, 8巻, 1号, pp. 39-43, 2007
  125. 湿度線図における物性に対する簡便な関係式の設定に関する研究, 生物生産学研究, 33巻, 2号, pp. p143-149, 199412
  126. 水,水蒸気および空気の簡便な温度関係物性式の設定に関する研究, 生物生産学研究, 33巻, 2号, pp. p133-142, 199412
  127. 食品のマイクロ波加熱乾燥における過加熱防止に関する研究, 生物生産学研究, 31巻, 1号, pp. p29-36, 199207
  128. ジャガイモのクッキングにおける温度変化とクッキング速度に関する研究, 生物生産学研究, 32巻, 1号, pp. p23-31, 199306
  129. 簡便な方法を用いた非等温プロセスにおける速度パラメ-タの設定, 生物生産学研究, 32巻, 2号, pp. p135-143, 199312

著書等出版物

  1. 1995年06月, 食品の物性 第19集, 食品資材研究会, 1995年, 6, 単行本(学術書), 共著
  2. 1995年02月, 食品化学工学4, 化学工学会, 1995年, 2, 調査報告書, 共著, 鈴木寛一 藤木郁久 松下哲也 伊藤洋 鈴木 寛一
  3. 1998年07月, 食品製造流通データ集, 産業調査会辞典出版センター, 1998年, 7, 事典・辞書, 共著, 石谷孝佑, 1239
  4. 2000年07月, 食品とガラス化・結晶化技術, サイエンスフォーラム, 2000年, 7, 単行本(学術書), 共著, 村勢則郎, 258
  5. 2001年03月, 低温環境利用技術ハンドブック, 森北出版, 2001年, 3, 単行本(学術書), 共著
  6. 2001年03月, 海と大地の恵みのサイエンス, 共立出版, 2001年, 3, 単行本(一般書), 共著, 204
  7. 2003年08月, 食品工業における科学・技術の進歩(Ⅹ), 光琳, 2003年, 8, 単行本(学術書), 共著, 木村進, 213
  8. 2006年01月, 食品工学ハンドブック, 朝倉書店, 2006年, 1, 事典・辞書, 共著, 768
  9. 2012年04月, 食品工学, 朝倉書店, 2012年, 4, 教科書

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. イチゴジャムの風味に及ぼすテクスチャーの影響, 黒飛知香, 干野隆芳、風見由香利、早川文代、羽倉義雄, 日本調理科学会, 2017年08月31日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本調理科学会, 東京都文京区(お茶の水女子大学)
  2. 低糖度ジャムの官能評価と物性評価の相関~テクスチャーが風味の知覚に及ぼす影響~, 干野隆芳, 黒飛知香、風見由香利、早川文代、羽倉義雄, 第65回レオロジー討論会, 2017年10月18日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本レオロジー学会, 新潟県新潟市(新潟コンベンションセンター)
  3. 温度制御による食品の機械的加工に関する食品工学的研究, 羽倉 義雄, 一般社団法人日本食品工学会第15回年次大会, 2014年08月08日, 招待
  4. 蒸気吹き込み法による高粘度エマルションの調製と食品加工への応用, 羽倉義雄, 第26回食品ハイドロコロイドシンポジウム, 2015年05月22日, 招待, 日本語
  5. 高温のフライ油中に存在する水とその制御, 羽倉義雄, 日本食品科学工学会第62回大会, 2015年08月28日, 招待, 日本語
  6. 食品加工への電気物性の利用, 羽倉義雄, 日本食品工業倶楽部 食品の品質保証懇話会, 2015年05月21日, 招待, 日本語
  7. 電気物性を用いたレトルト殺菌工程中の米飯の品質評価, 桑原悠史, 川井清司、羽倉義雄, 日本農芸化学会中四国支部第50回記念講演会, 2018年01月27日, 通常, 英語, 日本農芸化学会中四国支部, 東広島市
  8. 割裂荷重を受ける円錐台状凍結魚体の応力集中とその切断加工に関する研究, 廣本好美, 川井清司、羽倉義雄, 日本農芸化学会中四国支部第50回記念講演会, 2018年01月27日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会中四国支部, 東広島市
  9. 2次元応力センサーを利用したレトルトパウチ内容物の非破壊全数硬さ測定, 横田紗希, 川井清司、羽倉義雄, 日本農芸化学会中四国支部第50回記念講演会, 2018年01月27日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会中四国支部, 東広島市
  10. 動的衝撃力計測による餅搗き工程の連続的物性測定, 植松周作, 川井清司、羽倉義雄, 日本農芸化学会中四国支部第50回記念講演会, 2018年01月27日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会中四国支部, 東広島市
  11. 凍結含侵法により軟化処理した豚モモ肉の加熱過程における粘弾性変化の非破壊・連続計測, 梶原翼, 川井清司。羽倉義雄, 2018年01月27日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会中四国支部, 東広島市
  12. 凍結方法の違いが解凍後のカキの電気物性に与える影響, 平良佳雅, 川井清司、羽倉義雄, 日本農芸化学会中四国支部第50回記念講演会, 2018年01月27日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会中四国支部, 東広島市
  13. 餅の杵搗き工程における動的衝撃力計測による連続的物性測定, 植松周作, 川井清司,羽倉義雄, 日本食品工学会第19回(2018年度)年次大会, 2018年08月11日, 通常, 日本語, 日本食品工学会, つくば市
  14. 割裂荷重を受ける凍結魚の縦割り割断加工に及ぼす治具の影響, 廣本好美, 佐藤充弘, 村山文仁, 川端康之亮, 前川貴浩, 川井清司, 羽倉義雄, 日本食品工学会第19回(2018年度)年次大会, 2018年08月11日, 通常, 日本語, 日本食品工学会, つくば市
  15. 電気インピーダンス法によるレトルト米飯の加工程度のモニタリング, 桑原悠史, 川井清司,羽倉義雄, 日本食品工学会第19回(2018年度)年次大会, 2018年08月11日, 通常, 日本語, 日本食品工学会, つくば市
  16. 粒子分散系液状食品の品質評価に関する研究, 高閔薇, 川井清司,羽倉義雄, 日本食品工学会第19回(2018年度)年次大会, 2018年08月11日, 通常, 日本語, 日本食品工学, つくば市
  17. 嚥下造影検査(VR)によるイチゴ風味知覚領域の検討, 黒飛知香, 干野隆芳,風見由香利,早川文代,羽倉義雄, 日本調理学会平成30年度中四国支部大会, 2018年09月29日, 通常, 日本語, 日本調理学会, 高知市
  18. イチゴジャムの口腔内における連続的なイチゴ風味変化に及ぼす力学物性について, 黒飛知香, 干野隆芳,風見由香利,早川文代,羽倉義雄, 日本官能評価学会2018年度大会, 2018年11月18日, 通常, 日本語, 日本官能評価学会, 東京都
  19. 割裂荷重による魚体の切断加工~くさび型治具による亀裂発生位置の制御と応力低減効果の検討~, 廣本好美, 佐藤充郎,村山文仁,川端康之亮,前川貴浩,川井清司,羽倉義雄, 日本農芸化学会中四国支部第53回講演会, 2019年01月26日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会中四国支部, 高知市
  20. 連続式蒸気吹込み法を用いたエマルションの調製, 川口富以, 川井清司,羽倉義雄, 日本農芸化学会中四国支部第53回講演会, 2019年01月26日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会中四国支部, 高知市

受賞

  1. 2014年08月08日, 日本食品工学会研究賞, 一般社団法人日本食品工学会会長, 温度制御による食品の機械的加工に関する食品工学的研究
  2. 2014年08月28日, 日本食品科学工学会誌 論文賞(第60巻), 社団法人日本食品科学工学会長, 蒸気吹き込み法に用O/Wエマルションの調製
  3. 2014年09月01日, 日本食品工学会第15回(2014年度)年次大会 優秀ポスター発表賞, 一般社団法人日本食品工学会実行委員長, 電気インピーダンス法によるレトルト食品の加工程度の評価に関する研究
  4. 2014年09月01日, 日本食品工学会第15回(2014年度)年次大会 優秀口頭発表賞, 一般社団法人日本食品工学会実行委員長, 蒸気吹き込み法を用いた香気成分含有ゲル状食品の調製
  5. 2014年09月01日, 日本食品工学会第15回(2014年度)年次大会 優秀口頭発表賞, 一般社団法人日本食品工学会実行委員長, フライ調理時に滞留する水の制御・排除方法の検討
  6. 2014年09月01日, 日本食品工学会第15回(2014年度)年次大会 優秀口頭発表賞, 一般社団法人日本食品工学会実行委員長, 嚥下調整用とろみ食品の静的および動的粘弾性
  7. 2014年11月06日, 平成26年度日本缶詰協会技術賞, 公益社団法人日本缶詰びん詰レトルト食品協会会長, 蒸気吹き込み法に用O/Wエマルションの調製
  8. 2015年08月24日, 日本食品工学会第16回(2015年度)年次大会 優秀ポスター発表賞, 一般社団法人日本食品工学会実行委員長, 容器包装食品の未開封粘弾性測定
  9. 2015年08月24日, 日本食品工学会第16回(2015年度)年次大会 優秀ポスター発表賞, 一般社団法人日本食品工学会実行委員長, 生牡蠣の高塩濃度脱水凍結に及ぼす食塩水濃度の影響とその品質評価
  10. 2015年08月24日, 日本食品工学会第16回(2015年度)年次大会 優秀ポスター発表賞, 一般社団法人日本食品工学会実行委員長, 多孔質食品のガラス転移挙動に関する研究
  11. 2015年08月24日, 日本食品工学会第16回(2015年度)年次大会 優秀口頭発表賞, 一般社団法人日本食品工学会実行委員長, レトルトパウチ封入食品の硬さの未開封・非破壊計測に関する研究
  12. 2015年08月24日, 日本食品工学会第16回(2015年度)年次大会 優秀口頭発表賞, 一般社団法人日本食品工学会実行委員長, マルトビオン酸カルシウムの着色挙動の解明とその応用

取得

  1. 特許権, 特許4078428, 2008年02月15日, 冷凍カニの加工方法および加工装置
  2. 特許権, 特許4604192, 2010年10月15日, ゲル化状態評価装置、それを備えたゲル製造装置及び豆腐製造装置、並びに、ゲル製造方法及び豆腐製造方法
  3. 特許権, 特許4650828, 2010年12月24日, 食用油の劣化程度の評価方法、および食用油の劣化程度評価装置
  4. 特許権, 特許4654435, 2011年01月07日, 誘電特性を利用した凍結被検体の脆化温度の決定方法
  5. 特許権, 特許4696236, 2011年03月11日, コンドロイチンの製造方法
  6. 特許権, 特許4724825, 2011年04月22日, 液-液系エマルションの製造装置および液-液系エマルションの製造方法
  7. 特許権, 特許4967118, 2012年04月13日, 魚節の削り節製造方法及び削りだし装置
  8. 特許権, 特許5641282, 2014年11月07日, 飲食物のざらつき感測定方法及びその測定装置

社会活動

委員会等委員歴

  1. 全日本学生ヨット連盟副会長, 2017年04月, 2018年03月
  2. 中国学生ヨット連盟会長, 2017年04月, 2018年03月

学術雑誌論文査読歴

  1. 2017年, 日本冷凍空調学会論文集, 編集員
  2. 2017年, 編集員
  3. 2017年, 食品工学会誌, 編集員