杉村 和美KAZUMI SUGIMURA

Last Updated :2020/07/06

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 教授
ホームページ
メールアドレス
ksugimurahiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 1992年04月01日, 1999年03月31日, 愛知学泉女子短期大学, 幼児教育科, 専任講師
  • 1999年04月01日, 2000年03月31日, 追手門学院大学, 人間学部, 講師
  • 2000年04月01日, 2002年02月28日, 追手門学院大学, 人間学部, 助教授
  • 2002年03月01日, 2011年03月31日, 名古屋大学, 発達心理精神科学教育研究センター, 助教授(准教授)
  • 2018年06月28日, 2018年09月22日, Mykolas Romeris University, Lithuania, Institute of Psychology, Scientific Intern
  • 2019年03月04日, 2019年03月10日, Mykolas Romeris University, Lithuania, Institute of Psychology, Scientific Intern
  • 2018年07月02日, 2018年09月28日, Alma Mater Studiorum University of Bologna, Italy, Institute of Advanced Studies (ISA), Senior Visiting Fellow
  • 2019年01月16日, 2019年03月23日, University of Groningen, the Netherlands, Department of Psychology, Visiting Scholar

学歴

  • 名古屋大学, 教育研究科, 日本, 1988年04月, 1992年03月

学位

  • 博士(教育心理学) (名古屋大学)

研究分野

  • 社会科学 / 心理学 / 教育心理学

研究キーワード

  • 発達
  • 青年期
  • アイデンティティ

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, 集中, 介護等体験事前指導
  2. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 心理学研究法演習
  3. 2020年, 学部専門, 1ターム, 心理学外書講読演習I
  4. 2020年, 学部専門, 2ターム, 心理学外書講読演習II
  5. 2020年, 学部専門, 3ターム, 心理学外書講読演習III
  6. 2020年, 学部専門, 4ターム, 心理学外書講読演習IV
  7. 2020年, 学部専門, 4ターム, 発達心理学
  8. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 発達心理学課題研究I
  9. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 発達心理学課題研究II
  10. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文
  11. 2020年, 学部専門, 4ターム, 感情・人格心理学
  12. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 心理実習I
  13. 2020年, 学部専門, 2ターム, 児童・青年期発達論
  14. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 教育実習指導C
  15. 2020年, 学部専門, 集中, 介護等体験事前指導
  16. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 集中, 心理学講究
  17. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 心理学特別研究
  18. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 集中, 心理学講究
  19. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 心理学特別研究
  20. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 発達心理学特講
  21. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 発達心理学演習I
  22. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 発達心理学特別研究
  23. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 発達心理学特別研究
  24. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 発達心理学演習II
  25. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 人間社会科学特別講義 3c
  26. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 人間社会科学のための科学史 Ec
  27. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 人文社会科学と社会 Ec
  28. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 心理学研究法基礎演習A
  29. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  30. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究
  31. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 心理学研究法基礎演習B
  32. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, Academic writing in psychology A
  33. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, Academic writing in psychology B
  34. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 心理学特講A
  35. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 心理学特講B
  36. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 心理学基礎演習Ⅰ
  37. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 心理学基礎演習Ⅱ
  38. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 心理学基礎演習Ⅲ
  39. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 心理学基礎演習Ⅳ
  40. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 心の健康教育に関する理論と実践
  41. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  42. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Adolescent identity development in Japan, Child Development Perspectives, 2020/01/30
  2. 青年期・成人期初期におけるアイデンティティの発達傾向と人生満足感の関連:大規模横断調査に基づく検討, 発達心理学研究, 2019/00/00
  3. Diverse-and-dynamic pathways in educational and interpersonal identity formation during adolescence: Longitudinal links with psychosocial functioning, Child Development, 2019/10/26
  4. Roles of configurations of multiple identity domains in adaptive and maladaptive functioning in Japanese emerging adults: Using a culturally relevant index, Emerging Adulthood, 2019/06/01
  5. Do identity processes and psychosocial problems intertwine with each other? Testing the directionality of between- and within-person associations, Journal of Youth and Adolescence, 49巻, pp. 467-478, 2019/12/27
  6. The Erikson Psychosocial Stage Inventory in adolescent samples: Factorial validity and equivalence of identity as measured from the United States and Japan, European Journal of Psychological Assessment, 35巻, 5号, pp. 680-684, 2019/09/00
  7. 教員養成課程の大学生における教職を目指す過程での再考及び理想の教師像への志向性とアイデンティティ発達との関連, 青年心理学研究, 31巻, 1号, pp. 19-33, 2019/09/15
  8. A culturally sensitive approach to the relationships between identity formation and religious beliefs in youth., Journal of Youth and Adolescence, 48巻, 4号, pp. 668-679, 2019/03/02
  9. Considering the negatively formed identity: Relationships between negative identity and problematic psychosocial beliefs, Journal of Adolescence, 70巻, pp. 24-32, 2019/01/00
  10. Forming a negative identity in contemporary society: Shedding light on the most problematic identity resolution., Identity: An International Journal of Theory and Research, 18巻, pp. 325-333, 20181108
  11. A cross-cultural perspective on the relationships between emotional separation, parental trust, and identity in adolescents, Journal of Youth and Adolescence, 47巻, pp. 749-759, 20180318
  12. Longitudinal links between an identity consolidation and psychosocial problem behaviors in adolescence: Using bi-factor latent change and cross-lagged effect models, Journal of Youth and Adolescence, 47巻, pp. 717-730, 20180318
  13. Is adolescence a period of identity formation for all youth? Insights from a four-wave longitudinal study of identity dynamics in Japan, Developmental Psychology, 53巻, 11号, pp. 2113-2126, 201711
  14. 20答法を用いた青年の否定的アイデンティティの検討:量的・質的データによる分析, 発達心理学研究, 28巻, 2号, pp. 84-95, 20170630
  15. Which came first, personality traits or identity processes during early and middle adolescence?, Journal of Research in Personality, 67巻, pp. 120-131, 201704
  16. Working together or separately?: The role of identity and cultural self-construal in well-being among Japanese youth, Asian Journal of Social Psychology, 19巻, pp. 362-373, 201610
  17. Looking at the dark and bright sides of identity formation: New insights from adolescents and emerging adults in Japan, Journal of Adolescence, pp. 156-168, 201602
  18. 大学生におけるアイデンティティ・スタイルの特徴およびwell-beingとの関連, 青年心理学研究, 28巻, pp. 17-27, 20160826
  19. National and gender measurement invariance of the Utrecht-Management of Identity Commitments Scale (U- MICS): A ten-nation cross-cultural study, Assessment, 22巻, 6号, pp. 753-768, 20151103
  20. Cultural self-construction and identity formation in emerging adulthood: A study on Japanese university students and workers, Journal of Youth Studies, 18巻, 10号, pp. 1326-1346, 20151006
  21. Perceptions of emerging adulthood: A study with Italian and Japanese university students and young workers, Emerging Adulthood, 3巻, pp. 229-243, 20150710
  22. The new life stage of emerging adulthood at ages 18-29 years: implications for mental health, LANCET PSYCHIATRY, 1巻, 7号, pp. 569-576, 20141200
  23. 多次元アイデンティティ発達尺度(DIDS)によるアイデンティティ発達の検討と類型化の試み, 心理学研究, 85巻, 6号, pp. 549-559, 2014
  24. エリクソン心理社会的段階目録(第5段階)12項目版の作成, 心理学研究, 85巻, 5号, pp. 482-487, 2014
  25. 働く20代のアイデンティティと心理的健康, 産業ストレス研究, 21巻, pp. 229-235, 20140701
  26. 日本人大学生における日本版アイデンティティ,コミットメント・マネジメント尺度(Japanese version of the Utrecht-Management of Identity Commitment Scale; U-MICSJ)の因子構造,信頼性,併存的妥当性の検討, 青年心理学研究, 25巻, 2号, pp. 125-136, 2014
  27. 日本人大学生における対人関係領域のアイデンティティにとって重要な他者は誰か? : 選択された他者別に検討した,アイデンティティ形成の3次元と人格,心理社会的問題,親子関係との関連, 広島大学大学院教育学研究科紀要. 第三部, 教育人間科学関連領域, 62巻, pp. 89-97, 2013
  28. 時間的連関性と時間的展望体験が抑うつに及ぼす影響, 広島大学心理学研究, 12巻, pp. 61-70, 2012
  29. Identity development in the learning sphere among Japanese first-year university students, Child and Youth Care Forum, 40巻, pp. 25-41, 20110201
  30. The role of peers as agents of identity formation in Japanese first-year university students, Identity: An International Journal of Theory and Research, 10巻, pp. 106-121, 20100501
  31. 大学生、大学院生の広汎性発達障害圏の人の病理と彼らへの対応を考える, 名古屋大学学生相談総合センター紀要, 10巻, pp. 2-18, 2010
  32. Compliance, negotiation, and self-assertion in Japanese adolescents' disagreements with parents, International Journal of Behavioral Development, 33巻, pp. 77-87, 20090101
  33. 学業の行き詰まりをアイデンティティ形成から読み解く : 田中論文へのコメント(意見), 青年心理学研究, 20巻, pp. 145-149, 20090225
  34. 青年-両親間の葛藤調整過程に関する面接調査, 発達研究, 21巻, pp. 39-54, 2007
  35. 名古屋大学における学修支援の現状と課題, 名古屋大学学生相談総合センター紀要, 7巻, pp. 3-13, 2007
  36. ペア相談と学生の主体性を取り入れた大学でのピア・サポート活動 : 名古屋大学における実践を通して, 青年心理学研究, 18巻, pp. 51-62, 20070228
  37. 大学から社会への移行問題--初年次教育からのキャリア支援の方向性を探る, 名古屋大学学生相談総合センター紀要, 6巻, pp. 3-10, 2006
  38. [名古屋大学]学生相談総合センターにおける研究のこれまでとこれから--学生相談総合センター舵とりシンポジウム, 名古屋大学学生相談総合センター紀要, 6巻, pp. 36-46, 2006
  39. 名古屋大学における学生が学生を支えるしくみ, 名古屋大学学生相談総合センター紀要, 4巻, pp. 3-14, 2004
  40. アイデンティティ発達のメカニズムを検討する視点--岡本祐子氏による論文評へのリプライ, 学生相談研究, 24巻, 2号, pp. 213-217, 200311
  41. 名古屋大学における現代学生の対人関係について, 名古屋大学学生相談総合センター紀要, 3巻, pp. 3-15, 2003
  42. 名古屋大学における不登校の現状と対応, 名古屋大学学生相談総合センター紀要, 2巻, pp. 2-16, 2002
  43. 女子青年における「再構成された母親との関係」と「母親との関係の再構成」 : 山岸論文へのコメント, 青年心理学研究, 13巻, pp. 61-64, 20020131
  44. 関係性の観点から見た女子青年のアイデンティティ探求:2年間の変化とその要因, 発達心理学研究, 12巻, pp. 87-98, 20010701
  45. A preliminary study of proposed levels of relatedness in identity exploration among female late adolescents in Japan, Psychological Reports, 88巻, pp. 749-758, 20010601
  46. 佐藤論文へのコメント, 青年心理学研究, 12巻, pp. 47-50, 20010131
  47. 「中学生の役割緊張に関する研究」に対する意見論文を読んで, 青年心理学研究, 10巻, pp. 72-76, 19981018
  48. 青年期におけるアイデンティティの形成 : 関係性の観点からのとらえ直し, 発達心理学研究, 9巻, 1号, pp. 45-55, 19980410
  49. 中学生の役割緊張に関する研究 : コンピテンスおよびストレス反応との関連から, 青年心理学研究, 8巻, pp. 27-40, 19970224
  50. 中年期女性が報告する自我同一性の変化—専業主婦,看護婦,小・中学校教師の比較—, 教育心理学研究, 41巻, pp. 11-21, 19930300

著書等出版物

  1. 2018年01月02日, A different pathway to adulthood? Relationships between identity formation and positive psychological outcomes in Japanese adolescents and emerging adults. In Dimitrova, R. (Ed.), Well-Being of Youth and Emerging Adults across Cultures: Novel approaches and findings from Europe, Asia, Africa and America, Springer, 2018年, 01, 単行本(学術書), 共著, English, 978-3-319-68363-8
  2. 2015年04月10日, The intersection of culture, health and risk behaviors in emerging and young adults. In L. A. Jensen (Ed.), The Oxford Handbook of Human Development and Culture: An Interdisciplinary Perspective (pp. 502-518), Oxford University Press, 2015年, 4, 単行本(学術書), 共著, English, 9780199948550
  3. 2014年01月, ダイナミック・システムズ・セオリー 日本青年心理学会(編) 新・青年心理学ハンドブック, p. 109, 福村出版, 2014年, 01, 単行本(学術書), 単著, 9784571230516
  4. 2013年09月, 自己 無藤隆・子安増生(編) 発達心理学II 東京大学出版会, pp. 55-62, 東京大学出版会, 2013年, 09, 教科書, 単著, 9784130121019
  5. 2013年05月, 「13. はたらく」「14. なやむ」 発達心理学会出版企画委員会(編) 発達心理学事典 丸善出版, 丸善出版, 2013年, 05, 事典・辞書, 編著
  6. 2013年05月, アイデンティティ 発達心理学会出版企画委員会(編) 発達心理学事典(pp. 430-431), 丸善出版, 2013年, 05, 事典・辞書, 単著
  7. 2012年03月, アイデンティティとパーソナリティ:生涯発達的視点 氏家達夫・遠藤利彦(編) 新・発達心理学ハンドブック 第5巻 社会・文化に生きる人間(pp. 286-298) , 新曜社, 2012年, 03, 単行本(学術書), 単著
  8. 2012年12月, Personal identity in Japan. In S. J. Schwartz (Ed.), Identity around the world. New Directions in Child and Adolescent Development, 138, 123-143., Wiley, 2012年, 12, 単行本(学術書), 共著, English, 978-1-118-54411-2
  9. 2012年02月, クローガーのアイデンティティ形成論 梶田叡一・溝上慎一(編) 自己の心理学を学ぶ人のために(pp. 169-179), 世界思想社, 2012年, 02, 単行本(学術書), 単著, 270
  10. 2011年07月, 青年期 氏家達夫・高濱裕子(編) 親子関係の生涯発達心理学(pp. 78-93), 風間書房, 2011年, 07, 単行本(学術書), 単著, 9784759918663, 279
  11. 2010年04月20日, 事例から学ぶ学生相談, 北大路書, 2010年, 4, 単行本(学術書), 共編著, 鶴田和美 [ほか] 編著, 9784762827136
  12. 2010年03月20日, 実践ロールシャッハ法 : 思考・言語カテゴリーの臨床的適用, ナカニシヤ出, 2010年, 3, 単行本(学術書), 共著, 森田美弥子 [ほか] 著, 9784779504464
  13. 2008年04月, 青年期におけるアイデンティティ形成・変容過程に関する総合的研究 : 形成・変容のメカニズム解明から形成・変容過程をサポートする実践まで, [出版者不明, 2008年, 3, 調査報告書, 単著, 杉村和美 [ほか著]
  14. 2008年03月, 大学生の自己分析 : いまだ見えぬアイデンティティに突然気づくために, ナカニシヤ出版, 2008年, 03, 単行本(学術書), 共著, 宮下一博, 杉村和美著, 9784779502491, 148
  15. 2007年01月, Transitions in the process of identity formation among Japanese female adolescents: A relational viewpoint. In R. Josselson, A. Lieblich, & D. P. McAdams (Eds.), The meaning of others: Narrative studies of relationships (pp. 117-142)., American Psychological Association, 2007年, 01, 単行本(学術書), 単著, English, 978-1-59147-816-4
  16. 2005年12月25日, 女子青年のアイデンティティ探求 : 関係性の観点から見た2年間の縦断研究, 風間書房, 2005年, 12, 単行本(学術書), 単著, 杉村和美著, 4759915362, 190
  17. 2005年12月25日, 関係性の観点から見た女子青年のアイデンティティ探求 : 2年間の縦断研究, 風間書房, 2005年, 12, 単行本(学術書), 単著, 杉村和美 [著], 4759915362, 190

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 指定討論,国際交流委員会企画シンポジウム:研究を国際的に展開・発信する意義と課題:若者社会移行を例に, 杉村和美, 日本青年心理学会第27回大会, 2019年12月22日, 通常, 日本語, 東京,東京工芸大学
  2. アイデンティティと精神的健康の縦断的関連:経験サンプリング法を用いた検討, 畑野快・杉村和美, 日本心理学会第82回大会発表論文集, 3B-004, 2019年09月13日, 通常, 日本語, 大阪,立命館大学
  3. Multiple and diverse trajectories in an overall sense of identity and satisfaction with life during adolescence and young adulthood: A three-wave longitudinal study. In K. Sugimura (Chair), The longitudinal relationship between youth identity development and multiple dimensions of adjustment, Hatano, K., Sugimura, K., Nakama, R., & Tsuzuki, M., The 26th Annual Conference of the International Society for Research on Identity, 2019年05月19日, 通常, 英語, Naples, Italy
  4. Chair, Symposium: The longitudinal relationship between youth identity development and multiple dimensions of adjustment, Sugimura, K., The 26th Annual Conference of the International Society for Research on Identity, 2019年05月15日, 通常, 英語, Naples, Italy
  5. Negative identity and identity processes in youth: A three-wave longitudinal research, Hihara, S., Iwasa, Y., Umemura, T., & Sugimura, K., The 26th Annual Conference of the International Society for Research on Identity, 2019年05月14日, 通常, 英語, Naples, Italy
  6. To be or not to be a teacher: Identity development in teacher training college students, Iwasa, Y., Hihara, S., Sugimura, K., & Umemura, T., The 26th Annual Conference of the International Society for Research on Identity, 2019年05月14日, 通常, 英語, Naples, Italy
  7. Chair, Symposium: Identity content in context: Examining salience, conflict, and management among identity domains, Sugimura, K., The 26th Annual Conference of the International Society for Research on Identity, 2019年05月13日, 通常, 英語, Naples, Italy
  8. Exploring important domains and conflicts between domains for emerging adults in the context of contemporary Japan. In K. Sugimura (Chair), Identity content in context: Examining salience, conflict, and management among identity domains, Ishibashi, I., Hihara, S., Umemura, T., & Sugimura, S., The 26th Annual Conference of the International Society for Research on Identity, 2019年05月13日, 通常, 英語, Naples, Italy
  9. Invited Lecture, Identity development in Japan, Sugimura, K., 2019年03月06日, 招待, 英語, Institute of Psychology of Mykolas Romeris University, Vilnius, Lithuania
  10. 指定討論 自主シンポジウム(松島公望・杉村和美企画)「日本人の宗教性とアイデンティティを考える—アイデンティティ発達に宗教は関与しないのか—」日本青年心理学会第26回大会発表論文集, 18–19., 杉村和美, 日本青年心理学会第26回大会, 2018年10月28日, 通常, 日本語, 京都,京都大学
  11. Attachment, personal and social identity, and adjustment in adolescence: Focusing on mediating and moderating roles of social identity. In E. Crocetti (Chair), The multifaceted nature of adolescents' identity., Sugimura, K., Umemura, T., Hatano, K. & Hihara, S., The 16th Biennial Meeting of the European Association for Research on Adolescence, 2018年09月15日, 通常, 英語, Ghent, Belgium
  12. The directionality of effects between identity processes and personality traits in adolescence: Examining between- and within-person associations. Poster presented at the 16th Biennial Meeting of the European Association for Research on Adolescence., Hatano, K., & Sugimura, K., The 16th Biennial Meeting of the European Association for Research on Adolescence, 2018年09月15日, 通常, 英語, Ghent, Belgium
  13. Is a firm sense of identity always positive? longitudinal relationships between negative identity and maladaptive psychosocial functioning. Poster presented at the 16th Biennial Meeting of the European Association for Research on Adolescence., Hihara, S., Umemura, T., & Sugimura, K., The 16th Biennial Meeting of the European Association for Research on Adolescence, 2018年09月14日, 通常, 英語, Ghent, Belgium
  14. Invited lecture, Identity development in Japan., Sugimura, K., Lecture provided at the Institute of Advanced Studies of the Alma Mater Studiorum University of Bologna, 2018年07月10日, 招待, 英語, Institute of Advanced Studies of the Alma Mater Studiorum University of Bologna, Bologna, Italy
  15. How do identity processes and subjective well-being influence each other? In E. Crocetti & K. Sugimura (Chairs), Time as a key factor for studying identity., Sugimura, K. & Hatano, K., Society for the Study of Emerging Adulthood (SSEA) Thematic Conference: Self and Identity in Emerging Adulthood, 2018年05月18日, 通常, 英語, Cluj-Napoca, Romania
  16. Chair, Symposium: E. Crocetti & K. Sugimura (Chairs), Time as a key factor for studying identity, Society for the Study of Emerging Adulthood (SSEA) Thematic Conference: Self and Identity in Emerging Adulthood, 2018年05月18日, 通常, 英語, Cluj-Napoca, Romania
  17. The roles of negative identity and instable identity statuses in maladaptive psychosocial functioning among emerging adults, Hihara, S., & Sugimura, K., Society for the Study of Emerging Adulthood (SSEA) Thematic Conference: Self and Identity in Emerging Adulthood, 2018年05月18日, 通常, 英語, Cluj-Napoca, Romania
  18. Relationships between identity configurations, maladaptive functioning, and identity distress in Japanese youth, Ishibashi, I., & Sugimura, K., Society for the Study of Emerging Adulthood (SSEA) Thematic Conference: Self and Identity in Emerging Adulthood, 2018年05月18日, 通常, 英語, Cluj-Napoca, Romania
  19. Panelist, Cultural challenges in the study of identity, Schwartz, S., Walsh, S. D., Seiffge-Krenke, I., & Sugimura, K., Society for the Study of Emerging Adulthood (SSEA) Thematic Conference: Self and Identity in Emerging Adulthood, 2018年05月17日, 招待, 英語, Cluj-Napoca, Romania, プレプリント
  20. Discussant, Adolescents’ identity formation in context: Longitudinal studies from Japan, Italy, and the Netherlands. In A. Becht (Chair), Adolescents’ identity formation in context: Longitudinal studies from Japan, Italy, and the Netherlands, Sugimura, K., The 24th Annual Conference of the International Society for Research on Identity, 2017年05月20日, 通常, 英語, Groningen, the Netherlands
  21. Developmental changes of three identity dimensions in Japanese adolescents: A four wave longitudinal study. In A. Becht (Chair), Adolescents’ identity formation in context: Longitudinal studies from Japan, Italy, and the Netherlands, Hatano, K. & Sugimura, K., The 24th Annual Conference of the International Society for Research on Identity, 2017年05月20日, 通常, 英語, Groningen, the Netherlands
  22. Relationships between separation, connectedness, and identity in Lithuanian, Italian, and Japanese adolescents, Sugimura, K., Žukauskienė, R., Crocetti, E., Kaniušonytė, G., Nakama, R., Hatano, K., & Tsuzuki, M., The 24th Annual Conference of the International Society for Research on Identity, 2017年05月20日, 通常, 英語, Groningen, the Netherlands
  23. Relationships between negative identity and a sense of alienation, Hihara, S. & Sugimura, K., The 24th Annual Conference of the International Society for Research on Identity, 2017年05月20日, 通常, 英語, Groningen, the Netherlands
  24. Invited speaker, Emerging adulthood on Europe and Japan, Sugimura, K., Congress of Lithuanian Psychologists 2017, 2017年05月11日, 招待, 英語, Lithuanian Psychologists, Vilnius, Lithuania
  25. 日本人青年のアイデンティティ発達はどこまで明らかになったか, 杉村和美, 日本発達心理学会第28回大会, 2017年03月25日, 通常, 日本語
  26. 無常観尺度の信頼性・妥当性の検討, 浦田 悠・杉村和美・松島公望・西田若葉・日原尚吾, 日本発達心理学会第28回大会, 2017年03月25日, 通常, 日本語
  27. アイデンティティと親からの自立における発達差の検討, 杉村和美, 日本青年心理学会第24回大会, 2016年11月27日, 通常, 日本語
  28. Not described in textbooks! Some specific challenge for understanding identity development in Japanese adolescents, Sugimura, K., The 15th Biennial Conference of the European Association of Research on Adolescence, 2016年09月17日, 通常, 英語, Cadiz, Spain
  29. Developmental changes of exploration and commitment dimensions in Japanese adolescents: A four wave longitudinal study., Hatano, K., & Sugimura, K., The 15th Biennial Conference of the European Association of Research on Adolescence, 2016年09月17日, 通常, 英語, Cadiz, Spain
  30. Negative identity integration: Self-event relationships among adolescents choosing a negative identity, Hihara, S., & Sugimura, K., The 15th Biennial Conference of the European Association of Research on Adolescence, 2016年09月17日, 通常, 英語
  31. The relationships between identity formation and religious beliefs among Japanese young adults, Sugimura, K., Matsushima, K., Hihara, S. et al., The 15th Biennial Conference of the European Association of Research on Adolescence, 2016年09月16日, 通常, 英語, Cadiz, Spain
  32. How do Japanese youth draw the trajectories of identity development during adolescence and emerging adulthood?, Hatano, K., & Sugimura, K., The 23rd International Association of Cross-Cultural Psychology, 2016年08月01日, 通常, 英語, Nagoya, Japan
  33. How is identity related to internal and external problem behaviors in adolescence?, Hatano, K., & Sugimura, K., The 31st International Congress of Psychology, 2016年07月25日, 通常, 英語, Yokohama, Japan
  34. Identity developmental trajectories in adolescence and young adulthood: Based on the five dimensional model., Hatano, K., & Sugimura, K., The 31st International Congress of Psychology, 2016年07月25日, 通常, 英語, Yokohama, Japan
  35. The relationships between separation, connectedness, and identity: A reconsideration with Japanese adolescents, Sugimura, K., Nakama, R., Mizokami, S., Hatano, K., & Tsuzuki, M., The 31st International Congress of Psychology, 2016年07月25日, 通常, 英語, Yokohama, Japan
  36. The cross-sectional study on identity development from late childhood to middle adolescence, Nakama,R., Mizokami, S., Sugimura, K., Hatano, K., & Tsuzuki, M., The 31st International Congress of Psychology, 2016年07月25日, 通常, 英語, Yokohama, Japan

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 専門高校生におけるアイデンティティの発達と卒業後の職場適応および離職傾向の関連, 2018年, 2021年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 関係性の観点から見たアイデンティティ形成プロセスの解明, 2015年, 2017年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 比較文化的視点から見た日本人青年のアイデンティティ形成, 2012年, 2014年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 青年期から成人期前期までのアイデンティティ発達のプロセスとメカニズムに関する研究, 2008年, 2011年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 青年期におけるアイデンティティ形成・変容過程に関する総合的研究, 2005年, 2007年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 青年期の発達支援方略に関する研究-支援ニーズと支援機能の双方向からの検討-, 2005年, 2007年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 変貌する青年期の心の問題と家族に関する研究-多発する問題行動の予防と対策-, 2003年, 2005年
  8. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 日本的相互協調性の視点から見た青少年のアイデンティティ形成-米国青年との比較検討-, 2003年, 2004年
  9. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 関係性から見た初期成人期女性のアイデンティティ発達:(大学卒業後の追跡研究), 2001年, 2002年
  10. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 青年のアイデンティティ形成における他者との関係性の役割:男性と女性の比較検討, 1998年, 1999年
  11. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 中年期における自我同一性再構成に関する研究-「個としての自己」と「関係の中にある自己」の観点から-, 1994年, 1994年
  12. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 中年期における自我同一性再構成とその規定因としての親子関係の変化, 1993年, 1993年

社会活動

委員会等委員歴

  1. National representative, 2019年01月, European Association for Research on Adolescence (EARA)
  2. 常任理事, 2019年04月, 2022年03月, 日本青年心理学会
  3. 専門別別代議員(第2部門), 2019年04月, 2021年03月, 日本心理学会
  4. ハラスメント防止委員会面接委員, 2019年04月, 2020年03月, 日本教育心理学会
  5. Thematic Conference: Self and Identity in Emerging Adulthood, Scientific Committee, 2018年.5月, 2018年.5月, Society for the Study of Emerging Adulthood
  6. Thematic Conference: Self and Identity in Emerging Adulthood, Conference Awards Committee, 2018年.5月, 2018年.5月, Society for the Study of Emerging Adulthood
  7. Project Reviewer, 2017年.8月, 2017年.8月, Czech Science Foundation, Department of Social Sciences and Humanities
  8. 日本心理学会専門別別代議員(第2部門), 2017年.4月, 2019年.3月, 日本心理学会
  9. 日本心理学会学術大会委員会委員, 2017年.4月, 2019年.3月, 日本心理学会
  10. 日本心理学会優秀論文賞選考委員会委員, 2017年.4月, 2019年.3月, 日本心理学会
  11. The 17th Biennial Meeting, Reviewer (Panel 16: Personality and identity development), 2017年.1月, 2017年.1月, Society for Research on Adolescence
  12. 日本青年心理学会理事, 2016年04月01日, 2019年03月31日, 日本青年心理学会
  13. Emerging Psychologist Program Committee, 2016年, 2016年, The 31 International Congress of Psychology
  14. Program Committee, 2016年, 2017年, International Society for Research on Identity
  15. Asia Topic Network, Chair, 2016年, 2017年, Society for the Study on Emerging Adulthood
  16. 日本青年心理学会国際交流委員会委員, 2015年04月01日, 2017年03月31日, 日本青年心理学会
  17. 日本心理学会専門別別代議員(第2部門), 2015年04月01日, 2017年03月31日, 日本心理学会
  18. 日本青年心理学会ニューズレター委員会委員長, 2013年04月01日, 2016年03月31日
  19. Program Committee, 2006年, 2020年, Society for Research on Identity Formation

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 社会教育主事講習, ライフサイクルと生涯学習, 2019年/08月/01日, 2019年/08月/01日, 講師, 資格認定講習, 教育関係者
  2. 社会教育主事講習, ライフサイクルと生涯学習, 2017年/08月/09日, 2017年/08月/09日, 講師, 資格認定講習, 教育関係者
  3. 広島市安佐北区青少年健全育成事業研修会, 現代社会における青少年の心理発達, 2017年/07月/01日, 2017年/07月/01日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  4. 日本心理学会公開シンポジウム 高校生のための心理学講座シリーズ, 発達心理学, 2016年/09月/10日, 2016年/09月/10日, 講師, 講演会, 高校生
  5. 広島県免許法認定講習, 発達心理学, 2016年/08月/24日, 2016年/08月/25日, 講師, 資格認定講習, 教育関係者
  6. 社会教育主事講習講師, ライフサイクルと生涯学習, 2016年/08月/10日, 2016年/08月/10日, 広島大学, 講師, 資格認定講習, 教育関係者

学術雑誌論文査読歴

  1. 2019年, Emerging adulthood, 編集員, Assistant Editor, 3
  2. 2019年, Journal of Adolescence, 編集員, Reviewer, 1
  3. 2019年, Identity, 編集員, Reviewer, 1
  4. 2019年, Journal of Research on Adolescence, 編集員, Reviewer, 1
  5. 2019年, European Journal of Developmental Psychology, 編集員, Reviewer, 1
  6. 2018年, Emerging Adulthood, 編集員, Assistant Editor, 7
  7. 2018年, 青年心理学研究, 編集員, 1
  8. 2018年, Identity, その他, Reviewer, 2
  9. 2017年, 青年心理学研究, 編集員, 編集委員, 4
  10. 2017年, Emerging Adulthood, 編集員, Assistant Editor, 4
  11. 2017年, Journal of Adolescence, その他, Reviewer, 1
  12. 2017年, Developmental Psychology, その他, Reviewer, 1
  13. 2017年, Identity, 編集員, Reviewer, 1
  14. 2016年, 青年心理学研究, 編集員, 編集委員, 3
  15. 2016年, Emerging Adulthood, 編集員, Assistant Editor, 3
  16. 2016年, Developmental Psychology, その他, Reviewer, 1
  17. 2016年, Emerging Adulthood, その他, Reviewer, 1
  18. 2015年, 発達心理学研究, 編集員, 常任編集委員
  19. 2015年, 心理学研究, 編集員, 常任編集委員
  20. 2015年, Journal of Adolescence, その他, Reviewer
  21. 2014年, 心理学研究, 編集員, 常任編集委員
  22. 2014年, 発達心理学研究, 編集員, 常任編集委員
  23. 2014年, Emerging Adulthood, その他, Reviewer
  24. 2013年, 青年心理学研究, 編集員, 常任編集委員
  25. 2013年, 心理学研究, 編集員, 常任編集委員
  26. 2013年, Identity, その他, Reviewer
  27. 2012年, 青年心理学研究, 編集員, 常任編集委員
  28. 2012年, 心理学研究, 編集員, 常任編集委員
  29. 2012年, Child Development, その他, Reviewer
  30. 2012年, Identity, その他, Reviewer
  31. 2011年, 青年心理学研究, 編集員, 常任編集委員
  32. 2011年, 心理学研究, 編集員, 常任編集委員