光原 崇文TAKAFUMI MITUHARA

Last Updated :2019/11/13

所属・職名
大学院医系科学研究科(医)(医学)脳神経外科学助教
メールアドレス
mitsuharahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
脳神経外科医として脳腫瘍、脊椎脊髄疾患、脳血管障害等の治療に従事しています。神経再生について、臨床応用を目指して研究しています。

基本情報

主な職歴

  • 2013年04月, 2014年03月, 京都大学, 助教
  • 2016年01月, 2017年03月, 広島市立安佐市民病院, 脳神経外科部長
  • 2017年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究科, 助教
  • 2019年04月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 助教

学歴

  • 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 博士課程創生医科学専攻, 日本, 2009年04月, 2013年05月
  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1995年04月, 2001年03月

学位

  • 博士(医学)(広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 脳神経外科学

研究キーワード

  • 脳神経外科、脳腫瘍、脳血管障害、脊椎脊髄、神経再生

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 症候診断治療学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Japanese Surveillance of Neuroendovascular Therapy in JR-NET - Part II. Japanese Registry of NeuroEndovascular Treatment 3. Main Report, NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 59巻, 3号, pp. 106-115, 201903
  2. Cauda Equina Occupation Ratio as a New Imaging Parameter for the Evaluation of Spinal Dural Arteriovenous Fistulae, WORLD NEUROSURGERY, 130巻, pp. E1020-E1027, 201910
  3. ★, 頭蓋骨由来間葉系幹細胞の可能性, 別冊BIO Clinica, 8巻, 1号, pp. 114-119, 20190610
  4. 内頚動脈閉塞に合併した前中大脳動脈領域血流不全に対する一期的血行再建を行った1例, 脳卒中の外科, 47巻, 4号, pp. 272-276, 2019
  5. Localized controlled fibrin glue application with gelatin sponge for hemostasis and dural defect repair: Technical note., Interdisciplinary Neurosurgery, 18巻, pp. 100476, 2019
  6. ★, Asymptomatic spinal dural arteriovenous fistula: case series and systematic review, J Neurosurg Spine, pp. 1-9, 20190719
  7. ★, Ruptured dissecting aneurysms of the A1 segment of the anterior cerebral artery: three case reports and a review of the literature, Neurosurgical review, 41巻, 2号, pp. 409-414, 2017,03,11
  8. Usefulness of Preoperative Simulation in Skull Base Approach: A Case Report, JOURNAL OF NEUROLOGICAL SURGERY PART B-SKULL BASE, 79巻, pp. S378-S382, OCT 2018
  9. Factors Related to Frailty Associated with Clinical Deterioration After Meningioma Surgery in the Elderly, WORLD NEUROSURGERY, 119巻, pp. E167-E173, 201811
  10. Isolated Tuberculoma Mimicking Foramen Magnum Meningioma in the Absence of Primary Tuberculosis: A Case Report, NEUROSPINE, 15巻, 3号, pp. 277-282, 201809
  11. Rat Cranial Bone-Derived Mesenchymal Stem Cell Transplantation Promotes Functional Recovery in Ischemic Stroke Model Rats, STEM CELLS AND DEVELOPMENT, 27巻, 15号, pp. 1053-1061, 201808
  12. Multivariate risk factor analysis and literature review of postoperative deterioration in Karnofsky Performance Scale score in elderly patients with skull base meningioma, NEUROSURGICAL FOCUS, 44巻, 4号, 201804
  13. Epidemiology and Overview of the Clinical Spectrum of Degenerative Cervical Myelopathy, NEUROSURGERY CLINICS OF NORTH AMERICA, 29巻, 1号, pp. 1-+, 201801
  14. Concurrent Schwannoma and Meningioma Arising in the Same Spinal Level: A Report of Two Cases, NMC Case Rep J, 5巻, 4号, pp. 105-109, 2018/10/18
  15. Intraoperative Neurophysiologic Monitoring for Degenerative Cervical Myelopathy, NEUROSURGERY CLINICS OF NORTH AMERICA, 29巻, 1号, pp. 159-+, 2017,11,28
  16. バセドウ病に合併した類もやもや病術後過灌流症候群の1例, 脳神経外科, 46巻, 6号, pp. 501-508, 2018
  17. The Position and Role of Four-Dimensional Computed Tomography Angiography in the Diagnosis and Treatment of Spinal Arteriovenous Fistulas, WORLD NEUROSURGERY, 103巻, pp. 611-619, 201707
  18. Pure Intra-optic Canal Schwannoma: Report of Two Cases, Asian J Neurosurg, 12巻, 4号, pp. 797-800, 2017,11,09
  19. Intradural retroclival chordomaの1例, 脳神経外科, 45巻, pp. 623-627, 20170720

著書等出版物

  1. 2019年, 月3,日, 脳腫瘍外科 経験したい手術16, Ⅲ.手術の実際 頭蓋底部腫瘍 中頭蓋窩・錐体斜台部腫瘍:Combined transpetrosal approach, 頭蓋底腫瘍, メジカルビュー, 2019年, 3, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 光原崇文、栗栖薫、井川房夫, 978-4-7583-1850-1, 364, 15
  2. 2018年/3月/2日, 再生医療とリハビリテーション, 第一章 再生医療の基礎知識 D MSC, 三輪書店, 2018年, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 光原崇文、栗栖薫, 4895906280, 190, 5
  3. 2018年/3月/2日, 再生医療とリハビリテーション, 第二章 再生医療の臨床応用 2 脊髄損傷の再生医療, 三輪書店, 2018年, 単行本(学術書), 共著, 高橋信也、光原崇文、末田泰二郎, 4895906280, 190, 9
  4. 2016年/4月/1日, 前大脳動脈瘤・椎骨脳底動脈瘤(ACA・VBA Aneurysm)のすべて: シミュレーションで経験する手術・IVR/130本のWEB動画付き (脳神経外科速報EX 部位別に学ぶ脳動脈瘤シリーズ), 4章 前大脳動脈瘤のシミュレーションと手術の実際 2 A. com. AN interhemispheric approach C 「鋭角A2 上向き」, メディカ出版, 2016年, 単行本(学術書), 共著, 光原崇文、井川房夫, 4840457875, 368, 4

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Histological and clinical consideration of the refluxed medullary veins in thoracolumbar spinal dural arteriovenous fistulas, Takafumi Mitsuhara, Hitoshi Yamahata, Kiyoharu Shimizu, Masaaki Takeda, Kaoru Kurisu, and Satoshi Yamaguchi, The 10th ASIA SPINE, 2019年09月21日, 通常, 英語, Seoul, Korea
  2. THE NEUROPROTECTIVE AND NEUROREGENERATIVE POTENTIAL OF HUMAN CRANIAL BONE MARROW-DERIVED MESENCHYMAL STEM CELLS, Takafumi Mitsuhara, Takeshi Imura, Takashi Ohtsuka, Junpei Ohshita, Masaru Abiko, Kaori Iwamoto, Takahito Okazaki, Yumi Kawahara, Louis Yuge, Kaoru Kurisu, ISSCR 2018, 2018年06月21日, 通常, 英語, International society for stem cell research (ISSCR), Melbourne, Australia

受賞

  1. 日本脊髄外科学会 学術研究優秀賞, 日本脊髄外科学会
  2. 広島大学医学部脳神経外科学教室同門会賞奨励賞, 広島大学医学部脳神経外科学教室同門会
  3. 平成24年度 一般財団法人緑風会教育研究奨励賞, 一般財団法人緑風会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究), ヒト頭蓋骨骨髄間質細胞は重症神経疾患に対する新しい再生治療ソースとなるか?, 2018年, 2020年