岡本 泰昌Yasumasa Okamoto

Last Updated :2019/12/02

所属・職名
大学院医系科学研究科(医)(医学)精神神経医科学教授
メールアドレス
oyhiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 1989年06月01日, 1990年06月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 医員(研修医)
  • 1990年07月01日, 1991年03月31日, 社会保険広島市民病院, 精神・神経科, 医師
  • 1995年04月01日, 1999年03月31日, 国立呉病院, 精神科, 医師
  • 1999年04月01日, 2001年11月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 助手
  • 2001年12月01日, 2002年03月31日, 広島大学, 医学部, 講師
  • 2002年04月01日, 2012年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 講師
  • 2012年04月01日, 2017年12月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 准教授
  • 2018年01月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究科, 教授
  • 2019年04月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 教授

学歴

  • 広島大学, 医学研究科, 内科系, 日本, 1991年04月, 1995年03月
  • 大分医科大学, 医学部, 医学科, 日本, 1983年04月, 1989年03月

学位

  • 博士(医学)(広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 精神神経科学

研究キーワード

  • 躁うつ病
  • うつ病
  • 気分障害
  • 脳画像解析
  • 認知行動療法

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 器官・システム病態制御学II
  2. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 脳神経医学II
  3. 2019年, 学部専門, 1ターム, 精神科学
  4. 2019年, 学部専門, 1ターム, 精神科学
  5. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習A
  6. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 予防医学・健康指導特論Ⅰ
  7. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 予防医学・健康指導特論Ⅰ
  8. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 精神神経医科学特別演習
  9. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 精神神経医科学特別演習
  10. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), がん緩和医療演習
  11. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), がん緩和医療演習
  12. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 精神神経医科学特別実験
  13. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 精神神経医科学特別実験
  14. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 緩和ケアカンファレンス
  15. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 緩和ケアカンファレンス
  16. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 予防医学・健康指導特論A
  17. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 精神神経医科学特別演習
  18. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 精神神経医科学特別演習
  19. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 精神神経医科学特別研究
  20. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 精神神経医科学特別研究
  21. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), がん緩和医療演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Visual emotional stimuli modulation of auditory sensory gating studied by magnetic P50 suppression, EUROPEAN ARCHIVES OF PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCE, 255巻, 2号, pp. 99-103, 200504
  2. Reduced activation of posterior cingulate cortex during imagery in subjects with high degrees of alexithymia: a functional magnetic resonance imaging study, BIOLOGICAL PSYCHIATRY, 57巻, 9号, pp. 982-990, 20050501
  3. Brain mechanism of reward prediction under predictable and unpredictable environmental dynamics, NEURAL NETWORKS, 19巻, 8号, pp. 1233-1241, 200610
  4. Decreased levels of whole blood glial cell line-derived neurotrophic factor (GDNF) in remitted patients with mood disorders, INTERNATIONAL JOURNAL OF NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY, 9巻, 5号, pp. 607-612, 20061001
  5. Anticipation of affective image modulates visual evoked magnetic fields (VEF), EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH, 175巻, 3号, pp. 536-543, 20061118
  6. Enhanced reactivity and delayed recovery of sensorimotor cortex in the novelty seeking personality, NEUROPSYCHOBIOLOGY, 54巻, 4号, pp. 215-225, 200704
  7. Anticipation of affective images and event-related desynchronization (ERD) of alpha activity: An MEG study, BRAIN RESEARCH, 1151巻, pp. 134-141, 20070602
  8. Attenuated anterior cingulate activation during a verbal fluency task in elderly patients with a history of multiple-episode depression, AMERICAN JOURNAL OF GERIATRIC PSYCHIATRY, 15巻, 7号, pp. 594-603, 200707
  9. Serotonin Differentially Regulates Short- and Long-Term Prediction of Rewards in the Ventral and Dorsal Striatum, PLOS ONE, 2巻, 12号, 20071219
  10. Anterior cingulate cortex modulates preparatory activation during certain anticipation of negative picture, NEUROPSYCHOLOGIA, 46巻, 1号, pp. 102-110, 2008
  11. No differences are seen in the regional cerebral blood flow in the restricting type of anorexia nervosa compared with the binge eating/purging type, PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES, 62巻, 1号, pp. 26-33, 20080213
  12. Low-serotonin levels increase delayed reward discounting in humans, JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 28巻, 17号, pp. 4528-4532, 20080423
  13. Decreased ventral anterior cingulate cortex activity is associated with reduced social pain during emotional support, SOCIAL NEUROSCIENCE, 4巻, 5号, pp. 443-454, 20090908
  14. Attenuated prefrontal activation during a verbal fluency task in remitted major depression, PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES, 63巻, 3号, pp. 423-425, 20090514
  15. Self-referential processing of negative stimuli within the ventral anterior cingulate gyrus and right amygdala, BRAIN AND COGNITION, 69巻, 1号, pp. 218-225, 200902
  16. Neural correlates of associative memory: The effects of negative emotion, NEUROSCIENCE RESEARCH, 64巻, 1号, pp. 50-55, 200905
  17. Even very low but sustained lithium intake can prevent suicide in the general population?, MEDICAL HYPOTHESES, 73巻, 5号, pp. 811-812, 200911
  18. Even very low but sustained lithium intake can prevent suicide in the general population?, MEDICAL HYPOTHESES, 73巻, 5号, pp. 811-812, 200911
  19. Serotonin Affects Association of Aversive Outcomes to Past Actions, JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 29巻, 50号, pp. 15669-15674, 20091216
  20. Psychosocial functioning in patients with treatment-resistant depression after group cognitive behavioral therapy, BMC PSYCHIATRY, 10巻, 22号, 20100316
  21. Brain activation during the perception of distorted body images in eating disorders, PSYCHIATRY RESEARCH-NEUROIMAGING, 181巻, 3号, pp. 183-192, 20100330
  22. Neural processing of negative word stimuli concerning body image in patients with eating disorders: An fMRI study, NEUROIMAGE, 50巻, 3号, pp. 1333-1339, 20100415
  23. Rostral anterior cingulate cortex activity mediates the relationship between the depressive symptoms and the medial prefrontal cortex activity, JOURNAL OF AFFECTIVE DISORDERS, 122巻, 1-2号, pp. 76-85, 201004
  24. Sadness enhances the experience of pain via neural activation in the anterior cingulate cortex and amygdala: An fMRI study, NEUROIMAGE, 50巻, 3号, pp. 1194-1201, 20100415
  25. Does low self-esteem enhance social pain? The relationship between trait self-esteem and anterior cingulate cortex activation induced by ostracism, SOCIAL COGNITIVE AND AFFECTIVE NEUROSCIENCE, 5巻, 4号, pp. 385-391, 201012
  26. Current status of research on cognitive therapy/cognitive behavior therapy in Japan, PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES, 65巻, 2号, pp. 121-129, 20110317
  27. Modulation of default-mode network activity by acute tryptophan depletion is associated with mood change: A resting state functional magnetic resonance imaging study, NEUROSCIENCE RESEARCH, 69巻, 2号, pp. 129-134, 201102
  28. Personality traits and the amplitude of spontaneous low-frequency oscillations during resting state, NEUROSCIENCE LETTERS, 492巻, 2号, pp. 109-113, 20110401
  29. Should the dose of contrast medium be determined solely on the basis of body weight regardless of the patient's sex?, JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 29巻, 5号, pp. 330-334, 20110630
  30. Inter-individual discount factor differences in reward prediction are topographically associated with caudate activation, EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH, 212巻, 4号, pp. 593-601, 201108
  31. DNA Methylation Profiles of the Brain-Derived Neurotrophic Factor (BDNF) Gene as a Potent Diagnostic Biomarker in Major Depression, PLOS ONE, 6巻, 8号, 20110830
  32. The Effect of Negative and Positive Emotionality on Associative Memory: An fMRI Study, PLOS ONE, 6巻, 9号, 20110914
  33. Neural and Personality Correlates of Individual Differences Related to the Effects of Acute Tryptophan Depletion on Future Reward Evaluation, NEUROPSYCHOBIOLOGY, 65巻, 2号, pp. 55-64, 2012
  34. Brain activation during the perception of stressful word stimuli concerning interpersonal relationships in anorexia nervosa patients with high degrees of alexithymia in an fMRI paradigm, PSYCHIATRY RESEARCH-NEUROIMAGING, 201巻, 2号, pp. 113-119, 20120228
  35. Mood dysregulation and stabilization: perspectives from emotional cognitive neuroscience, INTERNATIONAL JOURNAL OF NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY, 15巻, 5号, pp. 681-694, 201206
  36. Sadness Enhances the Experience of Pain and Affects Pain-Evoked Cortical Activities: An MEG Study, JOURNAL OF PAIN, 13巻, 7号, pp. 628-635, 201207
  37. Sex Differences in Neural Activation to Ambiguous Facial Expression in Happy and Sad Context, PERCEPTUAL AND MOTOR SKILLS, 115巻, 2号, pp. 349-359, 201210
  38. Effects of depression on reward-based decision making and variability of action in probabilistic learning, JOURNAL OF BEHAVIOR THERAPY AND EXPERIMENTAL PSYCHIATRY, 43巻, 4号, pp. 1088-1094, 201212
  39. Distinctive neural responses to pain stimuli during induced sadness in patients with somatoform pain disorder: An fMRI study, NEUROIMAGE-CLINICAL, 2巻, pp. 782-789, 2013
  40. Automatic and Intentional Brain Responses during Evaluation of Face Approachability: Correlations with Trait Anxiety, NEUROPSYCHOBIOLOGY, 68巻, 3号, pp. 156-167, 2013
  41. The degree of early life stress predicts decreased medial prefrontal activations and the shift from internally to externally guided decision making: an exploratory NIRS study during resting state and self-oriented task, FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE, 7巻, 339号, 20130703
  42. うつ病のニューロフィードバック 現状と展望, 分子精神医学, 14巻, pp. 180-185
  43. 不眠症の薬物療法の今日的問題点, 精神科, 25巻, pp. 72-77
  44. うつ病における認知行動療法の神経作用メカニズム, ストレス科学, 291巻, pp. 45-54, 2014
  45. うつ病の脳内メカニズム Functional MRIを用いた検討, 精神神経学雑誌, 116巻, pp. 825-831, 2014
  46. 行動活性化療法, 精神科, 25巻, pp. 393-394, 2014
  47. 脳卒中後うつ病の診断と治療, 精神科治療学, 29巻, 3号, pp. 289-294, 2014
  48. SUNoD 大うつ病に対する新規抗うつ剤の最適使用戦略を確立するための大規模無作為割り付け比較試験, 精神医学, 56巻, pp. 477-489, 2014
  49. Cognitive behavioral therapy for depression changes medial prefrontal and ventral anterior cingulate cortex activity associated with self-referential processing, SOCIAL COGNITIVE AND AFFECTIVE NEUROSCIENCE, 9巻, 4号, pp. 487-493, 201404
  50. Visual imagery while reading concrete and abstract Japanese kanji words: An fMRI study, NEUROSCIENCE RESEARCH, 79巻, pp. 61-66, 201402
  51. Hippocampal activation during associative encoding of word pairs and its relation to symptomatic improvement in depression: A functional and volumetric MRI study, JOURNAL OF AFFECTIVE DISORDERS, 152巻, pp. 462-467, 201401
  52. Neural Basis of Anticipatory Anxiety Reappraisals, PLOS ONE, 9巻, 7号, 20140721
  53. The potential of SLC6A4 gene methylation analysis for the diagnosis and treatment of major depression, JOURNAL OF PSYCHIATRIC RESEARCH, 53巻, pp. 47-53, 201406
  54. Psychosocial functioning is correlated with activation in the anterior cingulate cortex and left lateral prefrontal cortex during a verbal fluency task in euthymic bipolar disorder: A preliminary fMRI study, PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES, 68巻, 3号, pp. 188-196, 201403
  55. Distinctive spontaneous regional neural activity in patients with somatoform pain disorder: A preliminary resting-state fMRI study, PSYCHIATRY RESEARCH-NEUROIMAGING, 221巻, 3号, pp. 246-248, 20140330
  56. Possible involvement of rumination in gray matter abnormalities in persistent symptoms of major depression: An exploratory magnetic resonance imaging voxel-based morphometry study, JOURNAL OF AFFECTIVE DISORDERS, 168巻, pp. 229-235, 20141015
  57. Behavioral characteristics of subthreshold depression, JOURNAL OF AFFECTIVE DISORDERS, 168巻, pp. 472-475, 20141015
  58. The dorsolateral prefrontal network is involved in pain perception in knee osteoarthritis patients, NEUROSCIENCE LETTERS, 581巻, pp. 109-114, 20141003
  59. 摂食障害, 神経研究の進歩, 67巻, pp. 183-192, 2015
  60. うつ病の認知行動療法の神経科学的基盤, 精神科治療学, 30巻, pp. 81-86, 2015
  61. うつ病のfMRIニューロフィードバック, 精神科治療学, 30巻, pp. 625-630, 2015
  62. 認知行動療法の有害事象と実践に際しての留意点, 精神神経学雑誌, 117巻, pp. 445-451, 2015
  63. 広島での認知行動療法勉強会の報告, 認知療法研究, 8巻, pp. 174-177, 2015
  64. 血管障害とうつ病・アパシー, 老年精神医学雑誌, 26巻, pp. 19-25, 2015
  65. Effectiveness of group cognitive behavioral therapy for somatoform pain disorder patients in Japan: A preliminary non-case-control study, PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES, 69巻, 12号, pp. 763-772, 201512
  66. Toward Probabilistic Diagnosis and Understanding of Depression Based on Functional MRI Data Analysis with Logistic Group LASSO, PLOS ONE, 10巻, 5号, 20150501
  67. fMRI Study of Social Anxiety during Social Ostracism with and without Emotional Support, PLOS ONE, 10巻, 5号, 20150522
  68. Direct and indirect influences of childhood abuse on depression symptoms in patients with major depressive disorder, BMC PSYCHIATRY, 15巻, pp. 244, 20151014
  69. Do Individuals with Alcohol Dependence Show Higher Unfairness Sensitivity? The Relationship Between Impulsivity and Unfairness Sensitivity in Alcohol-Dependent Adults, ALCOHOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH, 39巻, 10号, pp. 2016-2021, 201510
  70. Disrupted Brain Activation and Deactivation Pattern during Semantic Verbal Fluency Task in Patients with Major Depression, NEUROPSYCHOBIOLOGY, 74巻, 2号, pp. 69-77, 2016
  71. A small number of abnormal brain connections predicts adult autism spectrum disorder, NATURE COMMUNICATIONS, 7巻, 20160414
  72. Changes in the regional cerebral blood flow detected by arterial spin labeling after 6-week escitalopram treatment for major depressive disorder, JOURNAL OF AFFECTIVE DISORDERS, 194巻, pp. 135-143, 201604
  73. Behavioral activation can normalize neural hypoactivation in subthreshold depression during a monetary incentive delay task, JOURNAL OF AFFECTIVE DISORDERS, 189巻, pp. 254-262, 20160101
  74. Association of thalamic hyperactivity with treatment-resistant depression and poor response in early treatment for major depression: a resting-state fMRI study using fractional amplitude of low-frequency fluctuations, TRANSLATIONAL PSYCHIATRY, 6巻, 20160308
  75. Mechanisms of behavioral activation for late adolescents: Positive reinforcement mediate the relationship between activation and depressive symptoms from pre-treatment to post-treatment, JOURNAL OF AFFECTIVE DISORDERS, 204巻, pp. 70-73, 20161101
  76. Behavioral activation for late adolescents with subthreshold depression: a randomized controlled trial, EUROPEAN CHILD & ADOLESCENT PSYCHIATRY, 25巻, 11号, pp. 1171-1182, 201611
  77. Detailed course of depressive symptoms and risk for developing depression in late adolescents with subthreshold depression: a cohort study, NEUROPSYCHIATRIC DISEASE AND TREATMENT, 13巻, pp. 25-33, 2017
  78. Strategies for Utilizing Neuroimaging Biomarkers in CNS Drug Discovery and Development: CINP/JSNP Working Group Report, INTERNATIONAL JOURNAL OF NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY, 20巻, 4号, pp. 285-294, 20170401
  79. Effects of behavioural activation on the neural basis of other perspective self-referential processing in subthreshold depression: a functional magnetic resonance imaging study, PSYCHOLOGICAL MEDICINE, 47巻, 5号, pp. 877-888, 201704
  80. The neural correlates of the metacognitive function of other perspective: a multiple regression analysis study, NEUROREPORT, 28巻, 11号, pp. 671-676, 20170802
  81. Cognitive behavioral therapy changes functional connectivity between medial prefrontal and anterior cingulate cortices, JOURNAL OF AFFECTIVE DISORDERS, 208巻, pp. 610-614, 20170115
  82. Increased amygdala reactivity following early life stress: a potential resilience enhancer role, BMC PSYCHIATRY, 17巻, 20170118
  83. Prediction of clinical depression scores and detection of changes in whole-brain using resting-state functional MRI data with partial least squares regression, PLOS ONE, 12巻, 7号, 20170712
  84. Regional brain functions in the resting state indicative of potential differences between depression and chronic pain, SCIENTIFIC REPORTS, 7巻, 20170607
  85. BDNF as a possible modulator of EEG oscillatory response at the parietal cortex during visuo-tactile integration processes using a rubber hand, NEUROSCIENCE RESEARCH, 124巻, pp. 16-24, 201711
  86. Functional alterations of Postcentral gyrus Modulated by angry Facial expressions during intraoral Tactile stimuli in Patients with Burning Mouth syndrome: a Functional Magnetic resonance imaging study, FRONTIERS IN PSYCHIATRY, 8巻, 20171106
  87. Multiple co-clustering based on nonparametric mixture models with heterogeneous marginal distributions, PLOS ONE, 12巻, 10号, 20171019
  88. Resting-State Functional Connectivity-Based Biomarkers and Functional MRI-Based Neurofeedback for Psychiatric Disorders: A Challenge for Developing Theranostic Biomarkers, INTERNATIONAL JOURNAL OF NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY, 20巻, 10号, pp. 769-781, 201710
  89. Patients with major depressive disorder exhibit reduced reward size coding in the striatum, PROGRESS IN NEURO-PSYCHOPHARMACOLOGY & BIOLOGICAL PSYCHIATRY, 79巻, pp. 317-323, 20171003
  90. Effects of behavioral activation on default mode network connectivity in subthreshold depression: A preliminary resting-state fMRI study, JOURNAL OF AFFECTIVE DISORDERS, 227巻, pp. 156-163, 201802
  91. Optimising first- and second-line treatment strategies for untreated major depressive disorder - the SUN D study: a pragmatic, multi-centre, assessor-blinded randomised controlled trial, BMC MEDICINE, 16巻, 20180711
  92. A genome-wide association study identifies two novel susceptibility loci and trans population polygenicity associated with bipolar disorder, MOLECULAR PSYCHIATRY, 23巻, 3号, pp. 639-647, 201803
  93. Changes in resting-state brain networks after cognitive-behavioral therapy for chronic pain, PSYCHOLOGICAL MEDICINE, 48巻, 7号, pp. 1148-1156, 201805
  94. Effects of behavioural activation on the neural circuit related to intrinsic motivation, BJPSYCH OPEN, 4巻, 5号, pp. 317-323, 201809
  95. Effects of behavioral activation program without psychotropic medication treatment for depression in late adolescence: case report, NEUROPSYCHIATRIC DISEASE AND TREATMENT, 14巻, pp. 2159-2164, 20180827
  96. Enduring effects of a 5-week behavioral activation program for subthreshold depression among late adolescents: an exploratory randomized controlled trial, NEUROPSYCHIATRIC DISEASE AND TREATMENT, 14巻, pp. 2633-2641, 20181009
  97. Altered Gamma-Band Activity as a Potential Biomarker for the Recurrence of Major Depressive Disorder, FRONTIERS IN PSYCHIATRY, 9巻, 20181212
  98. A prediction model of working memory across health and psychiatric disease using whole-brain functional connectivity, ELIFE, 7巻, 20181210
  99. Distinctive Neuroanatomical Substrates for Depression in Bipolar Disorder versus Major Depressive Disorder, CEREBRAL CORTEX, 29巻, 1号, pp. 202-214, 201901
  100. Harmonization of resting-state functional MRI data across multiple imaging sites via the separation of site differences into sampling bias and measurement bias, PLOS BIOLOGY, 17巻, 4号, 201904
  101. Identification of depression subtypes and relevant brain regions using a data-driven approach, SCIENTIFIC REPORTS, 8巻, 20180920
  102. Shared preventive factors associated with relapse after a response to electroconvulsive therapy in four major psychiatric disorders, PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES, 73巻, 8号, pp. 494-500, 201908

著書等出版物

  1. 2005年11月 1日, 慢性うつ病の精神療法 : CBASPの理論と技法, 医学書, 2005年, 11, 単行本(学術書), 共訳, 日本語, James P. McCullough, 古川壽亮, 大野裕, 岡本泰昌, 鈴木伸一, 4260000993
  2. 2010年 3月, 別冊「医学のあゆみ」最新 うつ病のすべて, 医歯薬出版株式会社, 2010年, 3, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 樋口輝彦、松永美希、岡本泰昌他, 274, 247-252
  3. 2011年 6月 9日, うつ病の集団認知行動療法実践マニュアル : 再発予防や復職支援に向けて, 日本評論社, 2011年, 6, 単行本(学術書), 編著, 日本語, 鈴木伸一, 岡本泰昌, 松永美希, 松永美希, 国里愛彦, 9784535983410, 109
  4. 2011年 6月, 精神科研修ノート, 診断と治療社, 2011年, 6, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 笠井清登, 村井俊哉, 三村將, 岡本泰昌, 大島紀人, 永井 良三, 9784787817822, 559
  5. 2011年 9月 1日, 双極性障害 (エビデンス・ベイスト心理療法シリーズ), 金剛出版, 2011年, 9, 単行本(学術書), 共訳, 日本語, Robert P.Reiser, Larry W. Thompson, 岡本泰昌, 田辺紗矢佳, 萬谷智之, 竹林実, 貝谷 久宣, 久保木 富房, 丹野 義彦, 9784772413015, 117
  6. 2011年 1月, うつ病治療ハンドブック 診療のコツ, 金剛出版, 2011年, 1, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 国里愛彦, 岡本泰昌他, 360, 264-270
  7. 2012年 5月20日, うつを克服するための行動活性化練習帳 : 認知行動療法の新しい技法, 創元社, 2012年, 5, 単行本(学術書), 共訳, 日本語, Michael E. Addis, Christopher R. Martell, 大野裕, 岡本泰昌, うつの行動活性化療法研究会, 9784422115290, 173
  8. 2015年 5月29日, 情動の仕組みとその異常, 朝倉書店, 2015年, 5, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 山脇成人, 西条寿夫, 井上蘭, 森寿, 田積徹, 堀悦郎, 小野武年, 松本惇平, 清川泰志, 岡田剛, 岡本泰昌, 福田正人, 高橋啓介, 武井雄一, 山末英典, 三宅典恵, 山下英尚, 中尾智博, 熊野宏昭, 9784254106923, 205
  9. 2015年 8月21日, 行動活性化-認知行動療法の新しい潮流-, 明石書店, 2015年, 8, 単行本(学術書), 共訳, 日本語, Jonathan W. Kanter, Andrew M. Busch, Laura C. Rusch, 大野裕, 岡本泰昌, 西川美樹, 9784750342290, 244
  10. 2015年5 日, 思春期学, 東京大学出版会, 2015年, 5, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 髙垣耕企、岡本泰昌他, 978-4-13-011141-6, 360, 230-239
  11. 2016年 4月25日, 精神科研修ノート 改訂第2版, 診断と治療社, 2016年, 4, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 笠井清登, 三村將, 村井俊哉, 岡本泰昌, 近藤伸介, 大島紀人, 永井 良三, 9784787821904, 615
  12. 2002年07月, Brain Science(1)高次認知機能における小脳と大脳基底核の役割り, 精神科 / 精神科編集委員会 編, 岡本 泰昌;岡田 剛
  13. 2007年03月, Functional MRI--うつ病の補助診断法としての可能性, 精神医学, 岡田 剛;岡本 泰昌;山脇 成人
  14. 2006年11月, LithiumとCyclosporinの併用療法中に,lithium投与中止を余儀なくされた,強皮症を伴った双極性障害の1例, 精神医学, 淵上 学;岡本 泰昌;篠原 清美 他;篠原 清美
  15. 2016年12月07日, MR拡散テンソル画像を用いた複数神経線維束の自動追跡によるうつ病の定量評価, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 井田 和希;奥畑 志帆;増田 慶一;岡本 泰昌;小林 哲生
  16. 2009年04月, MRI研究によるうつ病の脳内機構, 臨床精神医学, 岡田 剛;岡本 泰昌;山脇 成人
  17. 2017年10月, Psychiatry Forum うつ病の病態に基づく層別化と神経回路調整による革新的診断・治療法開発, 精神科臨床legato / 「精神科臨床legato」編集委員会 編, 高村 真広;吉野 敦雄;柴崎 千代;岡田 剛;市川 奈穂;岡本 泰昌;山脇 成人
  18. 2016年10月, Round Table Discussion うつ病概念を再考する, 精神科臨床legato / 「精神科臨床legato」編集委員会 編, 岩田 仲生;岡本 泰昌;功刀 浩;加藤 隆弘
  19. 2010年, fMRI, 臨床精神医学, 土岐 茂;岡本 泰昌
  20. 2008年06月, fMRIでみるうつ病の脳機能, 臨床精神医学, 岡田 剛;岡本 泰昌;山脇 成人
  21. 2019年03月, 閾値下うつを有する大学生の行動パターンと報酬知覚の関連性, 総合保健科学, 2019年, 03, 共著, 髙垣 耕企;横山 仁史;神人 蘭;香川 芙美;森 麻子;岡本 百合;三宅 典恵;岡本 泰昌
  22. 2017年, 慢性疼痛に対する認知行動療法の有効性 : 心理社会的考察から神経科学的考察まで, Journal of musculoskeletal pain research = 日本運動器疼痛学会誌 / 日本運動器疼痛学会 編, 吉野 敦雄;岡本 泰昌;山脇 成人
  23. 2009年, 遅延報酬選択における衝動性と抑うつ傾向, 脳と精神の医学, 小野田 慶一;岡本 泰昌;国里 愛彦;岡田 剛;山脇 成人
  24. 2014年, アレキシサイミアが大うつ病患者の予後に及ぼす影響に関する研究, 総合病院精神医学, 萬谷 智之;佐伯 俊成;岡村 仁;岡本 泰昌;山脇 成人
  25. 2007年, うつ病の認知に関する神経基盤(シンポジウム : 情動形成とその異常の脳内機構-情動と心身相関のBlack Boxに迫る-,2006年,第47回日本心身医学会総会(東京)), 心身医学, 岡本 泰昌;木下 亜紀子;吉村 晋平;小野田 慶一;松永 美希;志々田 一宏;上田 一貴;鈴木 伸一;山脇 成人
  26. 1992年05月01日, I-C-9 アセトアミノフェン法による胃排出能の評価 : 2.マレイン酸トリメブチンの効果(消化器II), 心身医学, 菊本 修;長田 昌士;早川 浩;石田 百合;田宮 聡;岡本 泰昌;明智 龍男;山脇 成人
  27. 1992年05月01日, I-D-25 睡眠-覚醒リズム(朝型-夜型)からみたYG所見について(臨床心理・睡眠), 心身医学, 田宮 聡;岡本 泰昌;早川 浩;石田 百合;菊本 修;長田 昌士;山脇 成人;中原 俊夫
  28. 1992年01月08日, 3.マルチフィードバック法を用いたバイオフィードバック療法の試み(第14回心身医学会中国・四国地方会演題抄録), 心身医学, 岡本 泰昌;好永 順二;佐々木 高伸;井手下 久登;長田 昌士;松本 洋輔;志和 資郎;引地 明義
  29. 2013年03月01日, 広島大学病院におけるパニック障害に対するグループ認知行動療法の試み <研究報告>, 総合保健科学, 広島大学保健管理センター, 神人, 蘭;岡本, 泰昌;吉野, 敦雄;服部, 麻子;山脇, 成人;田辺, 紗矢佳;三宅, 典恵;岡本, 百合;吉原, 正治
  30. 2012年, うつを克服するための行動活性化練習帳 : 認知行動療法の新しい技法, 創元社, マイケル・E・アディス, クリストファー・R・マーテル著 ; うつの行動活性化療法研究会訳;Addis, Michael E.;Martell, Christopher R.;うつの行動活性化療法研究会;大野, 裕;岡本, 泰昌, 9784422115290
  31. 2008年10月, うつ病における基底核の役割, 分子精神医学 / 「分子精神医学」編集委員会 編, 志々田 一宏;岡本 泰昌
  32. 2018年09月, うつ病における手綱核の役割 : これまでのヒト脳に関する知見を中心に, Brain and nerve, 2018年, 09, 共著, 吉野 敦雄;相澤 秀紀;高村 真広;市川 奈穂;柴崎 千代;山脇 洋輔;笹岡 貴史;岡本 泰昌;山脇 成人
  33. 2014年07月31日, うつ病における認知行動療法の神経作用メカニズム, ストレス科学 : 日本ストレス学会誌 / 日本ストレス学会編集委員会 編, 国里 愛彦;岡本 泰昌;吉村 晋平 他;吉村 晋平
  34. 2015年05月, うつ病のfMRIニューロフィードバック, 精神科治療学 / 「精神科治療学」編集委員会 編, 岡本 泰昌;市川 奈穂;岡田 剛 他;岡田 剛
  35. 2016年04月, うつ病の行動活性化とその実践, 日本森田療法学会雑誌 / 日本森田療法学会 編, 岡本 泰昌;髙垣 耕企;神人 蘭
  36. 2012年08月18日, うつ病の行動活性化療法, 医学のあゆみ, 岡本 泰昌
  37. 2016年01月, うつ病の社会認知, 精神医学, 増田 慶一;岡田 剛;岡本 泰昌
  38. 2006年12月30日, うつ病の集団認知行動療法, 医学のあゆみ, 松永 美希;岡本 泰昌
  39. 2011年, うつ病の集団認知行動療法実践マニュアル : 再発予防や復職支援に向けて, 日本評論社, 鈴木伸一, 岡本泰昌, 松永美希編 ; 松永美希 [ほか] 著;鈴木, 伸一;岡本, 泰昌;松永, 美希;吉村, 晋平;国里, 愛彦, 9784535983410
  40. 2017年, うつ病の神経回路病態に基づく診断・治療法の開発, 精神神経学雑誌 = Psychiatria et neurologia Japonica, 岡本 泰昌;市川 奈穂;岡田 剛;高村 真広;吉野 敦雄;柴崎 千代;山脇 成人
  41. 2005年06月, うつ病の診断と鑑別診断, 精神科 / 精神科編集委員会 編, 渡辺 清美;岡本 泰昌
  42. 2009年12月05日, うつ病の自己認知に関する脳機能画像研究, 医学のあゆみ, 吉村 晋平;岡本 泰昌
  43. 2014年07月, うつ病のニューロフィードバック : 現状と展望, 分子精神医学 / 「分子精神医学」編集委員会 編, 市川 奈穂;岡本 泰昌
  44. 2015年01月, うつ病の認知行動療法の神経科学的基盤, 精神科治療学 / 「精神科治療学」編集委員会 編, 森 麻子;岡田 剛;岡本 泰昌
  45. 2013年, うつ病の認知行動療法の脳内基盤, 精神保健研究 = Journal of mental health : official journal of the National Institute of Mental Health, NCNP, Japan, 岡本 泰昌;吉村 晋平;神人 蘭 他;神人 蘭
  46. 2014年, うつ病の認知行動療法の脳内作用メカニズムと今後の展開, Depression frontier, 国里 愛彦;岡本 泰昌;吉村 晋平 他;吉村 晋平
  47. 2007年, うつ病の認知に関する神経基盤, 心身医学 / 日本心身医学会 編, 岡本 泰昌;木下 亜紀子;吉村 晋平 他;吉村 晋平
  48. 2008年01月, うつ病の脳画像研究, 分子精神医学 / 「分子精神医学」編集委員会 編, 出本 吉彦;岡田 剛;岡本 泰昌
  49. 2019年08月31日, うつ病の脳機能イメージングと診断, 医学のあゆみ, 2019年, 08, 共著, 岡田 剛;岡本 泰昌
  50. 2014年, うつ病の脳内メカニズム : Functional MRIを用いた検討, 精神神経学雑誌 / 日本精神神経学会 [編], 岡田 剛;岡本 泰昌;志々田 一宏 他;志々田 一宏
  51. 2009年, うつ病の病態に関わる脳内基盤, 精神神経学雑誌 / 日本精神神経学会 [編], 岡本 泰昌
  52. 2006年02月, 感情(気分)障害の精神病理と脳科学, 神経研究の進歩, 岡本 泰昌;山脇 成人
  53. 2005年, 感情障害のガイドラインを用いた臨床実証的研究 : 総括研究報告書, [本橋伸高], 本橋/伸高 主任研究;本橋/伸高;井上/猛;内富/庸介;大嶋/明彦;大坪/天平;岡本/泰昌;塩江/邦彦;白川/治;新野/秀人;染矢/俊幸;中村/純;西多/昌規;畠山/佳久;原井/宏明;矢花/孝文;山下/達久;古川/壽亮;古野/毅彦
  54. 2007年01月, 気分障害における小脳の役割, 分子精神医学 / 「分子精神医学」編集委員会 編, 小早川 英夫;萬谷 智之;岡本 泰昌
  55. 2010年12月, 教育講演 うつ病の認知に関わる神経生理学的基盤, 認知神経科学 / 認知神経科学編集委員会 編, 岡本 泰昌;岡田 剛;吉村 晋平 他;吉村 晋平
  56. 2004年, 教育講演 ストレス適応の脳内メカニズム, 精神神経学雑誌 / 日本精神神経学会 [編], 岡本 泰昌;白尾 直子;上田 一貴 他;上田 一貴
  57. 2002年07月20日, 強化学習と精神医学, 医学のあゆみ, 山脇 成人;岡本 泰昌
  58. 2011年, 強迫性障害の薬物療法とセロトニン・ドパミン仮説, 精神神経学雑誌 / 日本精神神経学会 [編], 岡本 泰昌
  59. 2019年01月, 血管性うつ病その後, 臨床精神医学 = Japanese journal of clinical psychiatry, 2019年, 01, 共著, 山下 英尚;岡田 剛;吉野 敦雄;淵上 学;撰 尚之;柴崎 千代;神人 蘭;倉田 明子;岡本 泰昌;濱 聖司;村上 太郎
  60. 2001年09月, 研究と報告 出産・育児を経験した後に発症した摂食障害--家族関係と育児問題について, 精神医学, 岡本 百合;村岡 満太郎;岡本 泰昌
  61. 2015年, 行動活性化, 明石書店, ジョナサン・W・カンター, アンドリュー・M・ブッシュ, ローラ・C・ラッシュ著 ; 西川美樹訳;Kanter, Jonathan W.;Busch, Andrew M.;Rusch, Laura C.;西川, 美樹;岡本, 泰昌, 9784750342290
  62. 2019年06月, 行動活性化からみたマインドフルネス, 精神医学 = Clinical psychiatry, 2019年, 06, 共著, 神人 蘭;高垣 耕企;香川 芙美;吉野 敦雄;岡本 泰昌
  63. 2018年08月, 行動活性化の立場から, 認知療法研究 = Japanese journal of cognitive therapy, 2018年, 08, 単著, 岡本 泰昌
  64. 2014年10月, 行動活性化療法, 精神科 / 精神科編集委員会 編, 髙垣 耕企;岡本 泰昌;神人 蘭 他;神人 蘭
  65. 2017年08月, 身体症状症の認知行動療法, 精神科治療学 / 「精神科治療学」編集委員会 編, 吉野 敦雄;岡本 泰昌;神人 蘭;森 麻子;高垣 耕企;堀越 勝;山脇 成人
  66. 2009年12月, 自殺(うつ)対策専門委員会 平成20年度 自殺(うつ)対策専門委員会報告書, 広島医学, 山脇 成人;岡本 泰昌;尾茂井 康宏
  67. 2008年, 自殺(うつ病)対策専門委員会 平成19年度 自殺(うつ病)対策専門委員会報告書, 広島医学, 山脇 成人;岡本 泰昌;尾茂井 康宏
  68. 2008年12月, 情動予期の神経基盤に関するfMRI研究, 生理心理学と精神生理学 / 日本生理心理学会編集委員会 編, 小野田 慶一;岡本 泰昌;国里 愛彦 他;国里 愛彦
  69. 2017年, 睡眠障害ケースカンファレンス(第43回)経過中にパーキンソン病・レビー小体型認知症を発症したREM睡眠行動障害の3症例, 睡眠医療 : 睡眠医学・医療専門誌, 山下 英尚;撰 尚之;町野 彰彦;岡田 剛;志々田 一宏;淵上 学;小早川 誠;吉野 敦雄;岡本 泰昌;山脇 成人
  70. 2005年09月, ストレスを感じる前頭前野--ストレス適応破綻の脳内機構, 日本薬理学雑誌 : くすりとからだ : ファーマコロジカ, 岡本 泰昌
  71. 2005年03月26日, ストレス事象の予測に関する脳機能画像解析, 医学のあゆみ, 岡本 泰昌;上田 一貴
  72. 2008年12月25日, ストレス制御に関する認知神経科学的研究, ストレス科学 : 日本ストレス学会誌 / 日本ストレス学会編集委員会 編, 小野田 慶一;岡本 泰昌
  73. 2008年01月, ストレス適応の神経生理学的基盤, 日本薬理学雑誌 : くすりとからだ : ファーマコロジカ, 岡本 泰昌;小野田 慶一;三宅 典恵 他;三宅 典恵
  74. 2017年10月, 図説 脳画像研究から見たうつ病, 日本臨床 = Japanese journal of clinical medicine, 柴崎 千代;岡本 泰昌;岡田 剛;山脇 成人
  75. 2016年10月, 精神疾患を対象としたfMRIニューロフィードバックの現状と展望, 精神医学, 岡本 泰昌
  76. 2011年, 精神療法における認知・行動・情動の脳内基盤 : うつ病の認知行動療法を一例として, 精神神経学雑誌 / 日本精神神経学会 [編], 岡本 泰昌;吉村 晋平;岡田 剛 他;岡田 剛
  77. 2011年04月, 精神療法の理解に向けたニューロイメージングの応用--うつ病の認知行動療法を一例として, 臨床精神医学, 吉村 晋平;岡本 泰昌;山脇 成人
  78. 2016年, 精神科研修ノート, 診断と治療社, 笠井清登 [ほか] 編;笠井, 清登;三村, 將;村井, 俊哉;岡本, 泰昌;近藤, 伸介;大島, 紀人, 9784787821904
  79. 2011年, 精神科研修ノート, 診断と治療社, 笠井清登 [ほか] 編集;笠井, 清登;村井, 俊哉;三村, 將;岡本, 泰昌;大島, 紀人, 9784787817822
  80. 2006年09月, 摂食障害の脳機能画像, 精神科 / 精神科編集委員会 編, 白尾 直子;三宅 典恵;岡本 泰昌
  81. 2003年07月, 摂食障害の脳機能画像研究, 分子精神医学 / 「分子精神医学」編集委員会 編, 白尾 直子;岡本 泰昌
  82. 2009年04月, 線条体の強化学習機能, Brain and nerve : 神経研究の進歩, 国里 愛彦;岡田 剛;岡本 泰昌
  83. 2013年07月27日, 早期支援としてのうつ病の予防介入, 医学のあゆみ, 山村 崇尚;岡本 泰昌
  84. 2011年, 双極性障害, 金剛出版, ロバート・P・レイサー, ラリー・W・トンプソン著 ; 岡本泰昌 [ほか] 訳;Reiser, Robert P.;Thompson, Larry W.;岡本, 泰昌;田辺, 紗矢佳;萬谷, 智之;竹林, 実, 9784772413015
  85. 2006年12月, 双極性障害の薬物療法--第一選択の気分安定薬としてのリチウムとバルプロ酸の比較を中心として, 精神医学, 岡本 泰昌
  86. 1995年, 躁病の病態における細胞内カルシウム動態に関する臨床的検討と抗躁薬リチウムの細胞内カルシウム動態に及ぼす効果の薬理学的検討, 岡本泰昌 [著];岡本, 泰昌, 1963-
  87. 2007年12月, 大学病院精神科における取り組み--集団認知行動療法プログラムによる復職・社会復帰支援, 精神科 / 精神科編集委員会 編, 松永 美希;岡本 泰昌;鈴木 伸一 他;鈴木 伸一
  88. 2012年, 遅延報酬の割引に対するセロトニンの効果 : 精神疾患の病態理解への応用, 精神神経学雑誌 / 日本精神神経学会 [編], 岡本 泰昌;岡田 剛;志々田 一宏 他;志々田 一宏
  89. 2019年05月, 電気けいれん療法の生物学的治療メカニズム, 最新精神医学, 2019年, 05, 共著, 柴崎 千代;岡田 剛;岡本 泰昌
  90. 2011年06月, 難治性うつ病に対する認知行動療法, 臨床精神医学, 松永 美希;田辺 紗矢佳;岡本 泰昌
  91. 2012年08月, 認知行動療法と薬物療法の併用効果, 臨床精神医学, 吉野 敦雄;神人 蘭;岡本 泰昌
  92. 2015年, 認知行動療法の新しい潮流, 明石書店, ウィンディ・ドライデン 編;Dryden, Windy, 1950-;Kanter, Jonathan;Busch, Andrew M;Rusch, Laura C;大野, 裕, 1950-;岡本, 泰昌, 1963-;西川, 美樹, 9784750342290
  93. 2015年, 認知行動療法の有害事象と実践に際しての留意点, 精神神経学雑誌 / 日本精神神経学会 [編], 岡本 泰昌;神人 蘭;吉野 敦雄 他;吉野 敦雄
  94. 2011年09月, 認知行動療法(CBT)の生物学的基盤, 認知療法研究 = Japanese journal of cognitive therapy, 岡本 泰昌 企画・司会・シンポジスト;清水 栄司 企画・司会・シンポジスト;岡本 泰昌;清水 栄司
  95. 2012年02月, 認知療法と生物学的要因, 認知療法研究 = Japanese journal of cognitive therapy, 清水 栄司 企画・司会;岡本 泰昌 司会;吉村 晋平 シンポジスト他;清水 栄司;岡本 泰昌;吉村 晋平
  96. 2013年02月02日, 脳画像研究からみたうつ病の神経回路, 医学のあゆみ, 高石 佳幸;岡本 泰昌
  97. 2015年07月, 脳画像研究によるうつ,不安,心身症の病態解明, 認知療法研究 = Japanese journal of cognitive therapy, 清水 栄司;福土 審;岡本 泰昌;平野 好幸;谷井 久志;高村 真広
  98. 2018年, 発症早期のうつ病で観察される脳の構造的異常についての探索的研究, 情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, 2018年, 共著, 酒井 翠;中野 高志;丸野 由希;岡田 剛;高村 真広;岡本 泰昌;山脇 成人;吉本 潤一郎
  99. 2008年07月, バルプロ酸・カルバマゼピンによる双極性障害治療, 臨床精神医学, 岡本 泰昌;日域 広昭
  100. 2005年, 平成15年度前期広島大学研究支援金文・理ジョイントプロジェクト研究成果報告 うつ病患者への医学-心理学統合的アプローチに関する研究, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 上田 一貴;鈴木 伸一;岡本 泰昌 他;岡本 泰昌
  101. 2010年12月, 平成21年度 自殺(うつ病)対策専門委員会報告書, 広島医学, 山脇 成人;岡本 泰昌;山本 哲郎
  102. 2011年12月, 平成22年度 自殺(うつ病)対策専門委員会報告書, 広島医学, 山脇 成人;岡本 泰昌;山本 哲郎
  103. 2012年12月, 平成23年度 自殺(うつ病)対策医療連携専門委員会報告書, 広島医学, 山脇 成人;岡本 泰昌;山本 哲郎
  104. 2005年, 慢性うつ病の精神療法 : CBASPの理論と技法, 医学書院, ジェームズ P. マカロウ原著 ; 古川壽亮, 大野裕, 岡本泰昌, 鈴木伸一監訳;McCullough, James P.;古川, 壽亮;大野, 裕;岡本, 泰昌;鈴木, 伸一, 4260000993
  105. 2017年07月, 慢性疼痛患者への行動活性化の診立てと方針, 精神科治療学 / 「精神科治療学」編集委員会 編, 神人 蘭;高垣 耕企;吉野 敦雄;岡本 泰昌
  106. 2017年, 慢性疼痛に対する認知行動療法の有効性 : 心理社会的考察から神経科学的考察まで, Journal of musculoskeletal pain research = 日本運動器疼痛学会誌 / 日本運動器疼痛学会 編, 吉野 敦雄;岡本 泰昌;山脇 成人
  107. 2012年08月, 慢性疼痛の認知行動療法, 認知療法研究 = Japanese journal of cognitive therapy, 吉野 敦雄;岡本 泰昌;堀越 勝 他;堀越 勝
  108. 2007年, メンタルヘルスケア対策特別委員会 職場のメンタルヘルスケアの推進(第5報)一般医のうつ病初期診療のレベルアップを目指して, 広島医学, 山脇 成人;岡本 泰昌;吉村 靖司
  109. 2005年, メンタルヘルスケア対策特別委員会 職場のメンタルヘルスケアの推進(第3報)管理監督者への啓蒙, 広島医学, 山脇 成人;岡本 泰昌;吉村 靖司
  110. 2006年, メンタルヘルスケア対策特別委員会 職場のメンタルヘルスケアの推進(第4報)地域自殺予防対策への展開, 広島医学, 山脇 成人;岡本 泰昌;吉村 靖司
  111. 2012年06月, 私のカルテから クロミプラミン投与中に経口抗真菌薬イトラコナゾール併用により循環器系副作用が出現した強迫性障害の1例, 精神医学, 神人 蘭;岡本 泰昌;増田 慶一 他;増田 慶一
  112. 2012年, 悲しみによる主観的な痛みの増強と脳機能の変化, PAIN RESEARCH, 吉野 敦雄;岡本 泰昌;小野田 慶一;吉村 晋平;国里 愛彦;岡田 剛;高橋 輝道;山脇 成人
  113. 2009年, 遅延報酬選択における衝動性と抑うつ傾向, 脳と精神の医学, 小野田 慶一;岡本 泰昌;国里 愛彦;岡田 剛;山脇 成人
  114. 2008年, 情動予期の神経基盤に関するfMRI研究, 生理心理学と精神生理学, 小野田 慶一;岡本 泰昌;国里 愛彦;山脇 成人
  115. 2005年, ストレスと脳  6  ストレスを感じる前頭前野―ストレス適応破綻の脳内機構―:―ストレス適応破綻の脳内機構―, 日本薬理学雑誌, 岡本 泰昌
  116. 2008年, ストレス適応の神経生理学的基盤, 日本薬理学雑誌, 岡本 泰昌;小野田 慶一;三宅 典恵;吉村 晋平;吉野 敦;黒崎 充勇;世木田 幹;岡田 剛;山下 英尚;山脇 成人
  117. 2014年, アレキシサイミアが大うつ病患者の予後に及ぼす影響に関する研究, 総合病院精神医学, 萬谷 智之;佐伯 俊成;岡村 仁;岡本 泰昌;山脇 成人
  118. 2017年, うつ病の脳画像研究:イメージングとバイオマーカー, ファルマシア, 森 麻子;岡本 泰昌;山脇 成人
  119. 2005年, 情動・行動の脳内機構に関するfMRI研究 : うつ病の病態解明に向けて(<パネルディスカッション>情動・行動の脳内機序に関する研究の進展)(2004年/第45回日本心身医学総会/北九州), 心身医学, 岡本 泰昌;岡田 剛;上田 一貴;旭 修司;志々田 一宏;木下 亜紀子;萬谷 智之;山下 英尚;山脇 成人;田中 沙織;銅谷 賢治
  120. 2007年, うつ病の認知に関する神経基盤(シンポジウム : 情動形成とその異常の脳内機構-情動と心身相関のBlack Boxに迫る-,2006年,第47回日本心身医学会総会(東京)), 心身医学, 岡本 泰昌;木下 亜紀子;吉村 晋平;小野田 慶一;松永 美希;志々田 一宏;上田 一貴;鈴木 伸一;山脇 成人
  121. 2008年, SVI-3 摂食障害における脳機能画像研究(シンポジウムVI 摂食障害研究の最前線,情動ストレス研究の進歩と心身医学,第49回日本心身医学会総会ならびに学術講演会), 心身医学, 岡本 百合;岡本 泰昌;三宅 典恵;白尾 直子;黒崎 充勇;山脇 成人
  122. 2009年, ストレス適応破綻の神経生理学的基盤, 皮膚の科学, 岡本 泰昌;小野田 慶一;吉村 晋平;吉野 敦;国里 愛彦;出本 吉彦;岡田 剛;山下 英尚;山脇 成人
  123. 2014年, 幼若期ストレスと内側前頭の活動及び意思決定スタイルとの関連, 日本認知心理学会発表論文集, 中尾 敬;松本 知也;森田 真智子;清水 大輔;吉村 晋平;Northoff Georg;森信 繁;岡本 泰昌;山脇 成人
  124. 2005年, 機能的脳画像解析によるヒト情動応答の探求, 日本生理学会大会発表要旨集, 岡本 泰昌
  125. 2008年, 脳機能画像手法を用いた情動事象の認知に関わる神経基盤の探索, 日本生理学会大会発表要旨集, 岡本 泰昌
  126. 2007年, うつ病の認知に関する脳機能局在(心理学実験法の基礎的・臨床的汎用性を考える-精神医学・社会心理学のストレス脆弱性研究から-,第25回大会 シンポジウム2), 基礎心理学研究, 岡本 泰昌;木下 亜紀子;小野田 慶一;吉村 晋平;松永 美希;高見 浩;山下 英尚;上田 一貴;鈴木 伸一;山脇 成人
  127. 2010年, P2-13 Big FiveモデルとDefault mode networkとの関連 : 安静時fMRIを用いた検討(ポスター発表), 日本パーソナリティ心理学会発表論文集, 国里 愛彦;岡本 泰昌;岡田 剛;山脇 成人
  128. 2017年, 慢性疼痛に対する認知行動療法のエビデンスと将来への展望について, PAIN RESEARCH, 吉野 敦雄;岡本 泰昌;神人 蘭;森 麻子;山脇 成人
  129. 2018年, 人工知能(AI)時代の精神医学, 日本生物学的精神医学会誌, 2018年, 単著, 岡本 泰昌
  130. 1996年04月01日, 11.Panic Disorderの事象関連電位 : 空間恐怖とP300成分についての検討(第18回日本心身医学会中国・四国地方会演題抄録), 心身医学, 長田 昌士;村岡 満太郎;岡本 泰昌;早川 浩;内富 庸介;本橋 信高;山脇 成人;佐々木 高伸
  131. 2004年03月01日, ストレスの適応破綻の脳内メカニズム : fMRIとMEGを用いた脳機能画像解析, 心身医学, 岡本 泰昌;山下 英尚;上田 一貴;白尾 直子;山脇 成人
  132. 2003年12月01日, 26.摂食障害患者と健常者における負の身体イメージ・負の情動に関連した単語と中性の単語の評価の検討(一般演題)(第26回日本心身医学会中国・四国地方会演題抄録), 心身医学, 白尾 直子;岡本 泰昌;森信 繁;山脇 成人;岡本 百合;大田垣 洋子
  133. 1994年05月17日, 69. 摂食障害患者の摂食態度と感情との関連について(摂食障害II), 心身医学, 石田 百合;内富 庸介;岡本 泰昌;本橋 伸高;山脇 成人;野間 興二
  134. 1993年05月17日, IIG-5 女子中学生, 高校生の摂食態度の検討(小児思春期・摂食障害), 心身医学, 石田 百合;内富 庸介;岡本 泰昌;本橋 伸高;山脇 成人;野間 興二
  135. 1998年08月01日, 3.出産, 育児を経験した後に発症した摂食障害について(第21回 日本心身医学会中国・四国地方会 演題抄録), 心身医学, 岡本 百合;村岡 満太郎;岡本 泰昌;中津 完;河村 隆弘
  136. 1992年05月01日, I-C-8 アセトアミノフェン法による胃排出能の評価 : 1.健常者およびうつ病患者における検討(消化器II), 心身医学, 石田 百合;長田 昌士;早川 浩;田宮 聡;菊本 修;岡本 泰昌;明智 龍男;山脇 成人
  137. 1992年05月01日, I-F-6 連続監視課題を用いたParkinson症患者の随伴陰性変動(CNV) : 重症度・導出部位と波形の特徴(基礎), 心身医学, 長田 昌士;岡本 泰昌;山脇 成人;好永 順二;佐々木 高伸;井手下 久登;志和 資朗;引地 明義;山中 祐介
  138. 1999年05月01日, IC-3 摂食障害患者におけるセロトニン機能異常 : 治療反応性との関連について(摂食障害I), 心身医学, 岡本 百合;岡本 泰昌;加賀谷 有行;堀口 淳;山脇 成人
  139. 1995年01月01日, 22.摂食障害患者の摂食態度と感情との関連について(第17回日本心身医学会中国・四国地方会演題抄録), 心身医学, 石田 百合;内富 庸介;岡本 泰昌;本橋 伸高;山脇 成人;野間 興二
  140. 1993年04月01日, 3.簡易精神療法的アプローチが有効と考えられた難治性胃潰瘍の1例(第15回日本心身医学会中国・四国地方会演題抄録), 心身医学, 岡本 泰昌;長田 昌士;早川 浩;田宮 聡;新野 秀人;河相 和昭;山脇 成人
  141. 2005年06月01日, 情動・行動の脳内機構に関するfMRI研究 : うつ病の病態解明に向けて(<パネルディスカッション>情動・行動の脳内機序に関する研究の進展)(2004年/第45回日本心身医学総会/北九州), 心身医学, 岡本 泰昌;岡田 剛;上田 一貴;旭 修司;志々田 一宏;木下 亜紀子;萬谷 智之;山下 英尚;山脇 成人;田中 沙織;銅谷 賢治
  142. 1998年06月01日, 29.泌尿生殖器腫瘍患者の精神医学的問題 : 性的問題を中心として(第20回 日本心身医学会中国・四国地方会 演題抄録), 心身医学, 松岡 豊;福江 真由美;加賀谷 有行;塚野 健;皆川 英明;岡本 泰昌;大森 信忠;内富 庸介;堀口 淳;山脇 成人
  143. 1998年06月01日, 30.がん患者に関する精神医学的リエゾンカンファレンスの試み(第20回 日本心身医学会中国・四国地方会 演題抄録), 心身医学, 岡本 泰昌;岡村 仁;末田 耕一;吉村 靖司;高見 浩;松岡 豊;日域 広昭;高橋 輝道;大森 信忠;内富 庸介;山脇 成人
  144. 2002年06月20日, 短期と長期の報酬予測に伴う脳活動のfMRI測定, 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング, 田中 沙織;銅谷 賢治;岡田 剛;上田 一貴;岡本 泰昌;山脇 成人
  145. 2003年05月22日, 空間的情報を含むマルコフ決定課題を用いた長期と短期の報酬予測に伴う脳活動のfMRI測定, 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング, 田中 沙織;銅谷 賢治;岡田 剛;上田 一貴;岡本 泰昌;山脇 成人
  146. 2007年03月31日, うつ病の認知に関する脳機能局在(心理学実験法の基礎的・臨床的汎用性を考える-精神医学・社会心理学のストレス脆弱性研究から-,第25回大会 シンポジウム2), 基礎心理学研究, 岡本 泰昌;木下 亜紀子;小野田 慶一;吉村 晋平;松永 美希;高見 浩;山下 英尚;上田 一貴;鈴木 伸一;山脇 成人
  147. 2005年01月01日, 22.がんの病名告知に関する医学生の意識 : 卒前リエゾン精神医療実習の試み(第27回 日本心身医学会中国・四国地方会演題抄録), 心身医学, 佐伯 俊成;萬谷 智之;大園 秀一;皆川 英明;山下 英尚;高見 浩;黒崎 充勇;岡本 泰昌;森 信繁;山脇 成人
  148. 2007年08月01日, うつ病の認知に関する神経基盤(シンポジウム : 情動形成とその異常の脳内機構-情動と心身相関のBlack Boxに迫る-,2006年,第47回日本心身医学会総会(東京)), 心身医学, 岡本 泰昌;木下 亜紀子;吉村 晋平;小野田 慶一;松永 美希;志々田 一宏;上田 一貴;鈴木 伸一;山脇 成人
  149. 2008年06月01日, SVI-3 摂食障害における脳機能画像研究(シンポジウムVI 摂食障害研究の最前線,情動ストレス研究の進歩と心身医学,第49回日本心身医学会総会ならびに学術講演会), 心身医学, 岡本 百合;岡本 泰昌;三宅 典恵;白尾 直子;黒崎 充勇;山脇 成人
  150. 2008年06月01日, P-31 身体イメージに関連した不快な言語刺激に対する摂食障害の反応性 : fMRI研究(摂食障害,一般ポスター発表,情動ストレス研究の進歩と心身医学,第49回日本心身医学会総会ならびに学術講演会), 心身医学, 三宅 典恵;岡本 泰昌;白尾 直子;岡本 百合;大田垣 洋子;高畑 紳一;山脇 成人
  151. 2009年01月01日, 摂食障害における脳機能画像研究(シンポジウム:摂食障害研究の最前線,2008年,第49回日本心身医学会総会(札幌)), 心身医学, 岡本 百合;岡本 泰昌;三宅 典恵;白尾 直子;黒崎 充勇;山脇 成人
  152. 2009年02月01日, 8.fMRIを用いた身体イメージに関連した不快な言語刺激に対する脳の反応性の検討(一般演題,第31回日本心身医学会中国・四国地方会演題抄録), 心身医学, 三宅 典恵;岡本 泰昌;小野田 慶一;白尾 直子;岡本 百合;大田垣 洋子;高畑 紳一;山脇 成人
  153. 2009年02月01日, 1.認知行動療法の一般うつ病診療への応用(シンポジウム,第31回日本心身医学会中国・四国地方会演題抄録), 心身医学, 岡本 泰昌
  154. 2009年06月01日, 12-083 身体画像刺激に対する摂食障害の反応性 : fMRI研究(摂食障害6,一般演題(ポスター発表),近未来医療を担う心身医学,第1回日本心身医学5学会合同集会), 心身医学, 三宅 典恵;岡本 泰昌;白尾 直子;岡本 百合;黒崎 充勇;大田垣 洋子;高畑 紳一;山脇 成人
  155. 2010年06月01日, S7-5 うつ病の病態と治療に関わる脳内基盤 : ストレス制御の視点から(Neuroimagingの新展開,シンポジウム7,ストレス時代の『こころ』と『からだ』,第51回日本心身医学会総会ならびに学術講演会), 心身医学, 岡本 泰昌
  156. 2010年06月01日, P-17 情動刺激に対する神経性無食欲症の反応性とアレキシサイミアの神経相関 : fMRI研究(摂食障害1,ポスターディスカッション,ストレス時代の『こころ』と『からだ』,第51回日本心身医学会総会ならびに学術講演会), 心身医学, 三宅 典恵;岡本 泰昌;岡本 百合;萬谷 智之;白尾 直子;黒崎 充勇;大田垣 洋子;高畑 紳一;山脇 成人
  157. 2010年10月10日, P2-13 Big FiveモデルとDefault mode networkとの関連 : 安静時fMRIを用いた検討(ポスター発表), 日本パーソナリティ心理学会大会発表論文集, 国里 愛彦;岡本 泰昌;岡田 剛;山脇 成人
  158. 2012年09月30日, うつ病の病態はどこまで明らかになったか?("うつ"に挑む実験心理学,2011年度 第2回フォーラム), 基礎心理学研究, 岡本 泰昌;土岐 茂;高石 佳幸;志々田 一宏;吉野 敦夫;福本 拓治;町野 彰彦;山下 英尚;山脇 成人
  159. 2012年09月30日, 心理士が中心に実施したうつ病の集団認知行動療法 : 大学病院における取り組みから(<特集>日本における心理士によるうつ病に対する認知行動療法のエビデンス), 行動療法研究, 松永 美希;鈴木 伸一;岡本 泰昌;吉村 晋平;国里 愛彦;神人 蘭;吉野 敦雄;西山 佳子;山脇 成人
  160. 2011年01月31日, 日本語版 Environmental Reward Observation Scale(EROS)の作成と信頼性・妥当性の検討(資料), 行動療法研究, 国里 愛彦;高垣 耕企;岡島 義;中島 俊;石川 信一;金井 嘉宏;岡本 泰昌;坂野 雄二;山脇 成人
  161. 2007年11月30日, P2-53 集団認知行動療法に参加したうつ病患者の思考・行動の変化 : 思考記録表の内容分析から(ポスター発表II,教育・福祉・健康分野への進展), 日本行動療法学会大会発表論文集, 松永 美希;鈴木 伸一;木下 亜紀子;岡本 泰昌;山脇 成人
  162. 2005年10月08日, P2A-13 自己関連付け課題における脳活動の変化(ポスター発表3(基礎研究・ストレス・精神保健),人間科学としての行動療法の展開), 日本行動療法学会大会発表論文集, 吉村 晋平;鈴木 伸一;上田 一貴;木下 亜紀子;岡本 泰昌;山脇 成人
  163. 2007年11月30日, P2-54 自己関連付け課題遂行時の脳活動によるうつ病に対する集団認知行動療法の治療反応予測(ポスター発表II,教育・福祉・健康分野への進展), 日本行動療法学会大会発表論文集, 吉村 晋平;上田 一貴;鈴木 伸;松永 美希;木下 亜紀子;岡本 泰昌;山脇 成人
  164. 2006年10月23日, P2B-7 うつ病患者の自己関連付け課題遂行時の脳機能の検討(ポスター発表2B(うつ・不安・精神医療),行動療法の先端性と一般性), 日本行動療法学会大会発表論文集, 吉村 晋平;上田 一貴;鈴木 伸一;岡本 泰昌;山脇 成人
  165. 2006年10月23日, P2B-11 うつ病に対する集団認知行動療法の予後 : 社会的機能の改善に注目して(ポスター発表2B(うつ・不安・精神医療),行動療法の先端性と一般性), 日本行動療法学会大会発表論文集, 松永 美希;鈴木 伸一;木下 亜紀子;吉村 晋平;岡本 泰昌;山脇 成人
  166. 2004年10月09日, P-15 集団CBTに参加したうつ病患者の思考・行動の探索的分析 : ワークシートの記述内容から(ポスター発表I,研究発表,わが国の行動療法の現状と将来への展望), 日本行動療法学会大会発表論文集, 松永 美希;鈴木 伸一;木下 亜紀子;尾形 明子;上田 一貴;岡本 泰昌;山脇 成人
  167. 2004年10月09日, O-01 集団認知行動療法への参加が有効であった大うつ病性障害の一症例(口頭発表I,研究発表,わが国の行動療法の現状と将来への展望), 日本行動療法学会大会発表論文集, 鈴木 伸一;松永 美希;木下 亜紀子;尾形 明子;上田 一貴;岡本 泰昌;山脇 成人
  168. 2010年12月05日, P2-6 不安に対する認知的再評価に関する心理生理学的検討(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践), 日本行動療法学会大会発表論文集, 吉村 晋平;岡本 泰昌;山脇 成人
  169. 2010年12月05日, P2-72 右上側頭回体積が集団認知行動療法への治療反応性を予測する:Voxel based morphometryを用いた検討(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践), 日本行動療法学会大会発表論文集, 国里 愛彦;岡本 泰昌;吉村 晋平;上田 一貴;岡田 剛;松永 美希;小野田 慶一;鈴木 伸一;山脇 成人
  170. 2013年06月20日, 機能局在を考慮したL1正則化ロジスティック回帰法によるfMRIデータ解析(機械学習によるバイオデータマインニング,一般), 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング, 吉田 光佑;清水 優;吉本 潤一郎;土岐 茂;高村 真広;岡本 泰昌;山脇 成人;銅谷 賢治
  171. 2005年, うつ病の臨床的特徴と医学的治療, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 広島大学大学院教育学研究科附属心理臨床教育研究センター, 岡本, 泰昌
  172. 2005年, うつ病患者への医学-心理学統合的アプローチに関する研究, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 広島大学大学院教育学研究科附属心理臨床教育研究センター, 上田, 一貴;鈴木, 伸一;岡本, 泰昌;山脇, 成人;利島, 保

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 脳からみたうつ病の症候と治療, 岡本泰昌, 第11回日本うつ病学会総会, 2014年, 招待, 日本語, 日本うつ病学会, 広島市
  2. うつ病の情動制御障害の神経科学的メカニズム, 岡本泰昌, 第36回日本生物学的精神医学会 第57回日本神経化学会合同年会, 2014年, 招待, 日本語, 日本生物学的精神医学会・日本神経化学会合同年会, 奈良市
  3. うつ病の精神療法-支持的精神療法から認知行動療法へ-, 岡本泰昌, 第55回中国・四国精神神経学会, 2014年, 招待, 日本語, 日本精神神経学会
  4. 脳からみたうつ病の徴候と治療, 岡本泰昌, 広島県精神科病院協会研修会, 2014年, 招待, 日本語, 広島県精神科病院協会, 広島
  5. 双極性障害の神経認知障害, 岡本泰昌, 招待, 日本語, 第35回日本精神科診断学会, 札幌
  6. うつ病の行動活性化とその実践, 岡本泰昌, 第33回日本森田療法学会, 2015年, 招待, 日本語, 第33回日本森田療法学会
  7. うつ病の行動活性化入門, 岡本泰昌, 日本うつ病学会, 2015年, 招待, 日本語
  8. うつ病の神経回路病態に基づく診断・治療法の開発, 岡本泰昌, 第112回日本精神神経学会, 2016年06月02日, 通常, 日本語
  9. 自己制御理解にもとづくうつ病の治療支援-融合的アプローチ-, 岡本泰昌, 2016年, 招待, 日本語
  10. The role of serotonin in waiting for future rewards in depression, 2016年, 招待, 英語
  11. 脳からみたうつ病と認知行動療法, 岡本泰昌, 日本認知・行動療法学会第42回大会, 2016年, 招待, 日本語
  12. fMRIを用いた精神疾患の診断・治療法の開発, 岡本泰昌, 第9回日本不安症学会学術集会, 2017年02月11日, 招待, 日本語
  13. うつ病の行動活性化とその実践 ー適用、可能性およびその限界ー, 岡本泰昌, 第17回日本認知療法・認知行動療法学会, 2017年07月21日, 通常, 日本語, 日本認知療法・認知行動療法学会
  14. 第40回日本神経科学大会, 2017年07月22日, 通常, 英語, 日本神経科学大会
  15. うつ病の行動活性化入門, 岡本泰昌・神人 蘭・高垣耕企, 第14回日本うつ病学会総会/第17回日本認知療法・認知行動療法学会合同WS3, 2017年07月23日, 通常, 日本語
  16. 安静時脳機能結合に基づく精神科診断の可能性, 岡本泰昌, 第37回精神科診断学会, 2017年10月20日, 招待, 日本語
  17. 抗うつ薬治療に伴う安静時脳機能結合の変化, 岡本泰昌, 第27回日本臨床精神薬理学会, 2017年11月03日, 招待, 日本語
  18. 血漿代謝産物を用いた選択的セロトニン再取り込み阻害薬の治療反応性の予測, 撰尚之、柴崎千代、加藤隆弘、瀬戸山大樹、高村真弘、吉野敦雄、岡田剛、岡本泰昌、山脇成人, 第15回日本うつ病学会総会, 2018年07月27日, 通常, 日本語, 東京
  19. The role of glucocorticoid receptor in the induction and reduction of hippocampal abnormalities in an animal model of PTSD., 荒木基亮、淵上学、大村淳、宮城達博、長嶋信行、森信繁、岡本泰昌, 第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会 合同年会, 2018年09月07日, 通常, 日本語, 神戸
  20. PTSDモデルラットにおけるグルココルチコイド受容体を介した海馬神経細胞のアポトーシスとその予防, 荒木基亮、淵上学、大村淳、宮城達博、長嶋信行、森信繁、岡本泰昌, 第37回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会, 2018年10月19日, 通常, 日本語, 神戸
  21. 治療に難渋した透析患者の統合失調症の一例, 長尾 達憲、清水 あやか、小田 渉、撰 尚之、神人 蘭、松本 洋一郎、岡本 泰昌, 第59回 中国・四国精神神経学会, 2018年11月23日, 通常, 日本語, 広島

受賞

  1. 2012年04月17日, ◆平成24年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門), 文部科学大臣
  2. 2014年, 日本うつ病学会学会奨励賞, 日本うつ病学会, 広島県における自殺未遂実態調査

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 脳科学研究戦略推進プログラム, うつ病のバイオマーカーの確立とデコーディッドニューロフィードバックへの応用, 2015年04月01日, 2016年03月31日
  2. 脳科学研究戦略推進プログラム, 脳画像計測を用いた気分障害の神経回路病態の解明, 2015年04月01日, 2016年03月31日
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 認知行動療法の神経科学的基盤の解明, 2014年, 2016年
  4. 国家課題対応型研究開発推進事業(脳科学研究戦略推進プログラム・脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト), うつ病のバイオマーカーの確立とニューロフィードバックへの応用, 2014年04月01日, 2015年03月31日
  5. 国家課題対応型研究開発推進事業(脳科学研究戦略推進プログラム・脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト), 大規模脳画像解析とヒト-霊長類トランスレータブル脳・行動指標開発にもとづく精神・神経疾患の病態神経回路解明, 2014年11月05日, 2015年03月31日
  6. 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型)), 分子から社会までの統合的アプローチによる自己制御の形成・修復支援, 2011年, 2015年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 情動制御の脳内機構とその障害の修復機序に関する研究, 2012年, 2014年
  8. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), うつ病における思考速度低下の脳磁図による検討, 2012年, 2013年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), うつ病の自己認知の神経基盤に関する脳機能画像解析研究, 2009年, 2011年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 情動-認知機能制御の脳内基盤とその障害に関する脳機能画像解析研究, 2008年, 2010年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 自己認知と情動の神経基盤に関する脳機能画像解析研究, 2007年, 2008年
  12. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 強化学習理論を用いたうつ病の機能仮説の検証, 2006年, 2007年
  13. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 衝動性と将来報酬予測機能における脳内セロトニンの役割, 2006年, 2007年
  14. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 脳血管性うつ病の病態と治療に関する脳機能画像解析研究, 2005年, 2006年
  15. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 強化学習理論を用いたうつ病の機能仮説の検証, 2005年, 2005年
  16. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 衝動性と将来報酬予測機能における脳内セロトニンの役割, 2005年, 2005年
  17. 科学研究費助成事業(萌芽研究), ソーシャルコミュニケーションにおけるミラーニューロンシステムの役割に関する検討, 2004年, 2005年
  18. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 感情障害の病態とEmotional Neuroplasticityに関する研究, 2002年, 2004年
  19. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 脳機能マッピングを用いた衝動性とセロトニン神経機能の関連性についての検討, 2001年, 2002年
  20. 脳科学研究戦略推進プログラム, 気分障害のMRI研究, 2016年04月01日, 2017年03月31日
  21. 脳科学研究戦略推進プログラム, うつ病のバイオマーカーの確立とニューロフィードバックへの応用, 2016年04月01日, 2017年03月31日
  22. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 認知行動療法の情動制御機構の解明, 2017年, 2019年
  23. 脳科学研究戦略推進プログラム, うつ病のバイオマーカーの確立とニューロフィードバックへの応用, 2017年04月01日, 2018年03月31日
  24. 脳科学研究戦略推進プログラム, 脳画像計測を用いた気分障害の神経回路病態の解明, 2017年04月01日, 2018年03月31日
  25. 厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業(臨床研究等ICT基盤構築・人工知能実装研究事業)), 様々なデータを用いたAI解析によるうつ病の診断、重症度、反応性、層別化に関する実証研究, 2017年11月27日, 2019年03月31日
  26. 文部科学省科学研究費新学術領域研究(研究提案型), 脳・生活・人生の統合的理解にもとづく思春期からの主体価値発展学(思春期からの主体価値発展解明), 2016年04月01日, 2023年03月31日
  27. 高度通信・放送研究開発委託研究, 脳機能補完による高齢者・障がい者の機能回復支援技術の研究開発(外骨格ロボットと脳機能ニューロフィードバックによる身体および認知・感覚運動機能のICTを活用したリハビリテーションシステムの開発), 2016年04月01日, 2022年03月31日
  28. 戦略的国際脳科学研究推進プログラム , 縦断的MRIデータに基づく成人期気分障害と関連疾患の神経回路の解明, 2018年06月28日, 2019年03月31日
  29. 交通運輸技術開発推進制度, バイオマーカーを利用したうつ病の層別化と治療計画策定法の立案, 2018年04月01日, 2019年03月31日
  30. 国家課題対応型研究開発推進事業(革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト), 脳画像計測を用いた気分障害の神経回路病態の解明, 2018年04月01日, 2019年03月31日

社会活動

委員会等委員歴

  1. うつ病・自殺対策検討委員会委員, 2013年10月, 2014年03月, 広島市連合地区地域保健対策協議会
  2. 災害時における精神科医療体制検討委員会委員, 2019年02月, 2020年03月, 広島県