林光緒MitsuoHayashi

Last Updated :2019/09/02

所属・職名
大学院総合科学研究科行動科学講座教授
メールアドレス
mhayasihiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 学術博士(広島大学)
  • 学術修士(広島大学)

研究分野

  • 社会科学 / 心理学 / 実験心理学

研究キーワード

  • 睡眠慣性|覚醒水準
  • パフォーマンス|仮眠
  • 生体リズム|睡眠
  • ヒト|ウルトラディアン・リズム
  • 自己覚醒
  • 眠気
  • 覚醒水準
  • 生活習慣
  • 生体リズム
  • 睡眠

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 1ターム, 大学教育入門[1総総,1文]
  2. 2019年, 教養教育, 1ターム, 大学教育入門[1総国]
  3. 2019年, 教養教育, 1ターム, 大学教育入門[1法,1経]
  4. 2019年, 教養教育, 1ターム, 大学教育入門[1工]
  5. 2019年, 教養教育, 1ターム, 大学教育入門[1教]
  6. 2019年, 教養教育, 1ターム, 大学教育入門[1理,1生,1情]
  7. 2019年, 教養教育, 1ターム, 大学教育入門[1医,1歯,1薬]
  8. 2019年, 教養教育, セメスター(前期), 大学教育入門[1法夜,1経夜]
  9. 2019年, 教養教育, 1ターム, 行動の科学
  10. 2019年, 教養教育, 1ターム, 心理学概論B
  11. 2019年, 教養教育, 2ターム, 睡眠の科学[旧パッケージ]
  12. 2019年, 教養教育, 3ターム, 睡眠の科学[旧パッケージ]
  13. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 研究指導IB
  14. 2019年, 学部専門, 1ターム, 研究指導IIB
  15. 2019年, 学部専門, 1ターム, 応用行動科学
  16. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 行動科学基礎実験
  17. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 行動科学基礎実験法
  18. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 行動科学実習
  19. 2019年, 学部専門, 4ターム, 睡眠心理学
  20. 2019年, 学部専門, 3ターム, 行動科学外書演習
  21. 2019年, 学部専門, 集中, 行動科学外書特別演習
  22. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 心理学実験A
  23. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 心理学実験法A
  24. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 心理学実験法C
  25. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 心理学実験法D
  26. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 心理学実験C
  27. 2019年, 学部専門, 2ターム, 睡眠と健康
  28. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 総合科学演習
  29. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 総合科学演習
  30. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, コア科目A(現代リスク論)
  31. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, コア科目B(現代リスク論)
  32. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 環境行動論

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 交代制勤務者の睡眠生活調査、固定夜勤者と固定日勤者の比較, 広島大学総合科学部紀要Ⅲ 情報行動科学研究, 10巻, pp. 69-81, 19861201
  2. 日中の眠気におけるウルトラディアン・リズムの検討, 生理心理学と精神生理学, 5巻, 1号, pp. 21-28, 19870601
  3. 大学生及び高校生の睡眠生活習慣の実態調査, 広島大学総合科学部紀要Ⅲ 情報行動科学研究, 11巻, pp. 53-63, 19871201
  4. 恒暗閉鎖環境に72時間隔離することの睡眠・覚醒リズムに及ぼす影響, 広島大学総合科学部紀要Ⅲ 情報行動科学研究, 11巻, pp. 65-78, 19871201
  5. 覚醒脳波の半球差とウルトラディアン変動, 脳波と筋電図, 16巻, 4号, pp. 328-335, 19880101
  6. 72時間の恒暗・隔離環境下における睡眠・覚醒パタンの検討, 脳波と筋電図, 16巻, 4号, pp. 362-368, 19880101
  7. 恒暗環境下における覚醒水準の低下が徐波睡眠に及ぼす影響, 生理心理学と精神生理学, 6巻, 2号, pp. 71-79, 19880701
  8. 日中の空間・時間判断に及ぼすウルトラディアン変動の影響, 広島大学総合科学部紀要Ⅲ 情報行動科学研究, 12巻, pp. 1-13, 19881201
  9. 脳波を指標とした大脳半球機能差のウルトラディアン・リズム, 広島大学総合科学部紀要Ⅲ 情報行動科学研究, 12巻, pp. 15-22, 19881201
  10. 眠気の変化に伴う脳波トポグラフィの変動, 広島大学総合科学部紀要Ⅲ 情報行動科学研究, 13巻, pp. 61-71, 19891201
  11. 入眠期の脳波のコヒーレンス解析, 広島大学総合科学部紀要Ⅲ 情報行動科学研究, 13巻, pp. 81-89, 19891201
  12. 恒暗環境下における覚醒脳波の周波数構造の変化, 脳波と筋電図, 18巻, 3号, pp. 251-257, 19900701
  13. Basic ultradian components of daytime sleepiness in human subjects., Japanese Psychological Research, 32巻, 3号, pp. 128-136, 19900101
  14. Topography and coherence analysis of hypnagogic EEG., Sleep ’90= Potenagel Press, pp. 10-12, 19910301
  15. 大脳半球機能差に及ぼす課題情報のモダリティの影響に関する研究, 広島大学総合科学部紀要Ⅲ 情報行動科学研究, 14巻, pp. 127-135, 19901201
  16. Ultradian rhythms in task performance and EEG activities during prolonged continuous work., The Japanese Journal of Psychiatry and Neurology., 46巻, 1号, pp. 238-239, 19920601
  17. ★, EEG alpha activity and hallucinatory experience under sensory deprivation., Perceptual and Motor Skills, 75巻, 2号, pp. 403-412, 19921001
  18. 早朝3時間の仮眠が連続作業中の作業成績と眠気に及ぼす効果, 生理心理学と精神生理学, 10巻, 2号, pp. 71-82, 19921201
  19. 喫煙行動に及ぼすウルトラディアン変動の影響, 広島大学総合科学部紀要IV, 18巻, pp. 63-72, 19921201
  20. Effects of ultradian variation on smoking behavior., The Japanese Journal of Psychiatry and Neurology., 47巻, pp. 480-481, 19930901
  21. 入眠期の脳波の時間的・空間的特徴, 脳波と筋電図, 21巻, 4号, pp. 328-336, 19931001
  22. 入眠期脳波のトポグラフィ的検討, 広島大学総合科学部紀要IV, 19巻, pp. 111-122, 19931201
  23. Re-examination of arousing and dearousing effects of cigarette smoking., Perceptual and Motor Skills, 78巻, 3号, pp. 787-800, 19940601
  24. 脳波と皮膚電位水準に及ばす喫煙の効果, 臨床脳波, 36巻, pp. 421-424, 19940701
  25. Ultradian rhythms in task performance and EEG activities., The Japanese Journal of Psychiatry and Neurology., 48巻, 2号, pp. 498-499, 19940901
  26. Ultradian rhythms in task performance, self-evaluation and EEG activity, Perceptual and Motor Skills, 79巻, 3号, pp. 791-800, 19941201
  27. 入眠期における脳波トポグラムの時間的・空間的変化, 脳波と筋電図, 22巻, pp. 360-368, 19941001
  28. The topographical changes of EEG and the hypnagogic experience., Sleep Onset : Normal and Abnormal Processes. American Psychological Association., pp. 237-253, 19941201
  29. 音楽の覚醒調整効果に関する精神生理学的検討, 広島大学総合科学部紀要IV, 20巻, pp. 197-206, 19941201
  30. 音楽が覚醒水準に及ぼす影響, 脳波と筋電図, 23巻, pp. 10-16, 19950201
  31. 入眠期脳波の頭皮上分布とその構造の分析, 脳波と筋電図, 23巻, pp. 49-58, 19950201
  32. Why We nap., Biobehavioral Self-Regulation : Eastern and Western Perspectives. Springer, pp. 440-444, 19950601
  33. Effect of early morning nap on performance and self-evaluation., Biobehavioral Self-Regulation : Eastern and Western Perspectives. Springer, pp. 456-461, 19950601
  34. 感情評価の異なる楽曲が脳波に及ぼす覚醒調整効果の検討, 脳波と筋電図, 24巻, 1号, pp. 30-37, 19960201
  35. Effects of smoking on EEG alpha asymmetry during production of random sequences of numbers., Perceptual and Motor Skills, 82巻, 3号, pp. 827-834, 19960601
  36. 高齢者の意欲的なライフスタイルと睡眠生活習慣についての検討, 老年精神医学雑誌, 7巻, 12号, pp. 1345-1350, 19961201
  37. Statistical of features of hypnagogic EEG measured by a new scoring system, Sleep, 19巻, 9号, pp. 731-738, 19961101
  38. コヒーレンス分析による入眠期徐波成分の頭皮上分布特徴の検討, 脳波と筋電図, 25巻, 1号, pp. 44-51, 19970201
  39. Changes in alphaband EEG activity in the frontal area after stimulation with music of different affective content, Perceptual and Motor Skills, 84巻, 2号, pp. 515-526, 19970401
  40. 入眠時心像の体験が事象関連電位に及ぼす影響, 脳波と筋電図, 25巻, 3号, pp. 269-275, 19970601
  41. Topographical characteristics and principal component structure of the hypnagogic EEG., Sleep, 20巻, 7号, pp. 523-534, 19971001
  42. 高齢者の意欲的なライフスタイルを活動-休止リズム, 生理心理学と精神生理学, 15巻, 2号, pp. 53-60, 19971201
  43. 視覚イメージ想起時における事象関連電位, 生理心理学と精神生理学, 15巻, 2号, pp. 61-66, 19971201
  44. Auto power and coherence analysis of delta-theta band EEG during the waking-sleeping transition period., Electroencephalography and clinical Neurophysiology, 103巻, 6号, pp. 633-641, 19971201
  45. 音楽呈示がビジランス課題成績に及ぼす促進効果. 音楽を用いた教育環境の整備に向けた基礎的研究, 広島大学総合科学部紀要IV理系論, 23巻, pp. 51-64, 19971201
  46. 青年期中・後期における睡眠生活習慣と睡眠実験における被験者の選定基準について, 地域文化研究広島大学総合科学部紀要I, 23巻, pp. 75-85, 19971201
  47. 青年期における睡眠問題の発達的検討. 教育場面での臨床的応用をめざして, 広島大学総合科学部紀要IV理系論, 23巻, pp. 141-154, 19971201
  48. The masking effect of motivation on ultradian rhythm., Perceptual and Motor Skills, 86巻, 1号, pp. 127-136, 19980201
  49. Topographic mapping of EEG spectral power and coherence in the hypnagogic period., Brain Topography Today : Elsevier, pp. 303-308, 19980201
  50. Coherence analysis of topographical characteristics of the hypnagogic EEG., Brain Topography Today : Elsevier, pp. 309-312, 19980201
  51. なぜ夢を見るのか, リサ増刊=眠りのバイオロジー, pp. 57-59, 19980301
  52. 日中の眠気と仮眠の効果, 臨床精神医学, 27巻, pp. 129-135, 199804
  53. Semantic activation by Japanease Kanji : Evidence from event-related Potentials., Perceptual and Motor Skills, 86巻, 2号, pp. 375-382, 19980401
  54. Comparison of event related potentials with and without hypnagogic imagery., Psychiatry and Clinical Neurosciences, 52巻, 2号, pp. 145-147, 19980401
  55. Topographic mapping of electroencephalography coherence in hypnagogic state., Psychiatry and Clinical Neurosciences, 52巻, 2号, pp. 147-148, 19980401
  56. Effects of volitional life style on sleep-life habits in the aged., Psychiatry and Clinical Neurosciences, 52巻, 2号, pp. 183-184, 19980401
  57. The effects of a 20-min nap before post-lunch dip., Psychiarty and Clinical Neurosciences, 52巻, 2号, pp. 203-204, 19980401
  58. An exploratory study of effects of smoking on mental rotation and mental paper-folding task., Perceptual and Motor Skills, 87巻, 3号, pp. 1171-1172, 19981201
  59. 脳波段階と入眠時心像の変化., 地域文化研究広島大学総合科学部紀要I, 24巻, pp. 59-73, 19981201
  60. 高齢者の昼寝に対する態度について., 広島大学総合科学部紀要Ⅳ理系編, 24巻, pp. 99-108, 19981201
  61. ★, The effects of a 20-min nap in the mid-afternoon on mood, performance and EEG activity., Clinical Neurophysiology, 110巻, 2号, pp. 272-279, 19990201
  62. Hypnagogic imagery and EEG activity., Perceptual and Motor Skills, 88巻, 2号, pp. 676-678, 19990401
  63. ★, The effects of a 20-min nap at noon on sleepiness, performance and EEG activity., International Journal of Psychophysiology, 32巻, 2号, pp. 173-180, 19990501
  64. Topographic mapping of EEG spectral power and coherence in delta activity during the transition from wakefulness to sleep., Psychiatry and Clinical Neurosciences, 53巻, 2号, pp. 155-157, 19990601
  65. Changes of amplitude and topographical characteristics of event-related potentials during the hypnagogic period., Psychiatry and Clinical Neurosciences, 53巻, 2号, pp. 163-165, 19990601
  66. Effects of volitional lifestyle on sleep-activity cycle in the aged., Psychiatry and Clinical Neurosciences, 53巻, 2号, pp. 271-272, 19990601
  67. Effects of daytime nap in the aged., Psychiatry and Clinical Neurosciences, 53巻, 2号, pp. 273-275, 19990601
  68. 入眠期におけるERP中・後期成分のトポグラフィ変動., 臨床脳波, 41巻, 10号, pp. 637-642, 19991001
  69. 高齢者における30分間の昼寝の回復効果, 老年精神医学雑誌, 10巻, 11号, pp. 1309-1317, 19991101
  70. 入眠期の脳波段階とポリソムノグラム, 広島大学総合科学部紀要IV, 25巻, pp. 125-140, 19991201
  71. 科学的教育が金縛り現象に関する超常的信念の変容に及ぼす効果, 広島大学総合科学部紀要理系編, 25巻, pp. 151-160, 19991201
  72. 高齢者の日中活動性と夜間睡眠の相互関係について, 広島大学総合科学部紀要IV, 25巻, pp. 161-170, 19991201
  73. Event-related potentials elicited by wrong terminal notes: effects of temporal disruption, BIOLOGICAL PSYCHOLOGY, 52巻, 1号, pp. 1-16, 200002
  74. Topographical characteristics of slow wave activities during the transition from wakefulness to sleep, CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY, 111巻, 3号, pp. 417-427, 200003
  75. Estimation of generator sources of human sleep spindles by dipole tracing method, PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES, 54巻, 3号, pp. 270-271, 200006
  76. Effects of daytime activity on nocturnal sleep in the elderly, PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES, 54巻, 3号, pp. 309-310, 200006
  77. Restorative effects of a short afternoon nap(<30min)in the elderly on subjective mood, performance and EEG activity, Sleep Research Online, 3巻, 3号, pp. 131-139, 20000901
  78. 睡眠段階2における14Hz・12Hz睡眠紡錘波の電位発生源, 広島大学総合科学部紀要Ⅳ理系編, 26巻, pp. 1-14, 20001201
  79. 自己覚醒法による短時間仮眠後の睡眠慣性抑制効果, 生理心理学と精神生理学, 19巻, pp. 7-14, 20010401
  80. 意欲的な高齢者の夜間睡眠構造と日中活動性, 臨床脳波, 43巻, 4号, pp. 101-105, 20010401
  81. Spatiotemporal changes of slow wave activities before and after 14 Hz/12 Hz sleep spindles during stage 2 sleep, PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES, 55巻, 3号, pp. 183-184, 200106
  82. Volitional lifestyle and nocturnal sleep in the healthy elderly., Sleep Research Online, 4巻, 3号, pp. 91-96, 20010401
  83. 自己覚醒を利用した短時間仮眠の睡眠構造と睡眠慣性におよぼす効果, 広島大学総合科学部紀要IV理系編, 27巻, pp. 1-11, 20011201
  84. 習慣的自己覚醒が終夜睡眠の経過と主観的評価に及ぼす影響, 生理心理学と精神生理学, 20巻, 1号, pp. 61-69, 20020401
  85. 快適な日常生活を送るための仮眠の応用法, Progress in Medicine, 22巻, 6号, pp. 1395-1398, 20020601
  86. Comparison of sleep/wake habits of university students with or without a habit of self-awakening, PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES, 56巻, 3号, pp. 223-224, 200206
  87. Nocturnal heart rate and volitional lifestyle in the elderly, PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES, 56巻, 3号, pp. 261-262, 200206
  88. Volitional lifestyle in healthy elderly: its relevance to rest-activity cycle, nocturnal sleep, and daytime napping, PERCEPTUAL AND MOTOR SKILLS, 95巻, 1号, pp. 101-108, 200208
  89. Spatiotemporal variations of alpha and sigma band EEG in the waking-sleeping transition period, PERCEPTUAL AND MOTOR SKILLS, 95巻, 1号, pp. 131-154, 200208
  90. Circasemidian 12 h cycle of slow wave sleep under constant darkness, CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY, 113巻, 9号, pp. 1505-1516, 200209
  91. 眠気による事故の恐ろしさ, 毎日ライフ, 2003巻, 1号, pp. 75-79, 20030101
  92. The effects of self-awakening on heart rate activity in a short afternoon nap, CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY, 114巻, 10号, pp. 1896-1901, 200310
  93. 入眠期とREM睡眠期における事象関連電位の比較, 臨床脳波, 45巻, 5号, pp. 293-298, 20030501
  94. Effects of self-awakening on sleep structure of a daytime short nap and on subsequent arousal levels, PERCEPTUAL AND MOTOR SKILLS, 97巻, 3号, pp. 1073-1084, 200312
  95. The alerting effects of caffeine, bright light and face washing after a short daytime nap, CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY, 114巻, 12号, pp. 2268-2278, 200312
  96. 新生児の活動-休止リズムと母親のリズムの比較, 広島大学総合科学部紀要IV理系編, 29巻, pp. 53-62, 20031201
  97. 睡眠と事故, クリニカル・ニューロサイエンス, 22巻, 1号, pp. 89-91, 20040101
  98. Bedtime and life style in the primary school children., Sleep & Biological Rhythms, 2巻, 2号, pp. 153-155, 20040601
  99. The effects of the preference for music on sleep inertia after a short daytime nap, Sleep & Biological Rhythms, 2巻, 3号, pp. 184-191, 20041001
  100. Short nap versus short rest: recuperative effects during VDT work, ERGONOMICS, 47巻, 14号, pp. 1549-1560, 200411
  101. 楽曲聴取が短時間仮眠後の覚醒水準に及ぼす効果, 臨床脳波, 47巻, 1号, pp. 36-40, 20050101
  102. Self-awakening prevents acute rise of blood pressure and heart rate at the time of awakening in elderly people., Industral Health, 43巻, 1号, pp. 179-185, 20050201
  103. Examination of the first night effect during the sleep-onset period., Sleep, 28巻, 2号, pp. 195-202, 20050201
  104. Effects of hypnagogic imagery on the event-related potential to external tone stimuli, SLEEP, 28巻, 7号, pp. 813-818, 20050701
  105. Recuperative power of a short daytime nap with or without stage 2 sleep, SLEEP, 28巻, 7号, pp. 829-836, 20050701
  106. Spectral analysis of the first-night effect on the sleep-onset period, Sleep & Biological Rhythms, 3巻, 3号, pp. 122-129, 20051001
  107. Self-awakening prevents acute rise in blood pressure and heart rate at the time of awakening in elderly people, INDUSTRIAL HEALTH, 43巻, 1号, pp. 179-185, 200501
  108. 昼寝の効用, 神経内科, 64巻, 3号, pp. 262-266, 20060325
  109. 睡眠時無呼吸症候群と居眠り事故, JOHNS, 22巻, 6号, pp. 781-784, 20060601
  110. Self-awakening, sleep inertia, and P3 amplitude in elderly people, PERCEPTUAL AND MOTOR SKILLS, 102巻, 2号, pp. 339-351, 200604
  111. 自己覚醒の企図が睡眠経過中の時間判断に及ぼす影響, 生理心理学と精神生理学, 24巻, 3号, pp. 227-235, 20061231
  112. 短時間仮眠が午後の運動パフォーマンスに及ぼす効果, 生理心理学と精神生理学, 24巻, 3号, pp. 249-256, 20061231
  113. 日本におけるリスク研究の動向と課題, 広島大学大学院総合科学研究科紀要Ⅰ人間科学研究, 1巻, pp. 15-26, 20061231
  114. 午後の眠気対策としての短時間仮眠, 生理心理学と精神生理学, 25巻, 1号, pp. 45-59, 20070430
  115. ニコチン、カフェインと睡眠, 睡眠医療, 1巻, 4号, pp. 61-67, 20070725
  116. Facilitating effect of cooling the occipital region on nocturnal sleep, SLEEP AND BIOLOGICAL RHYTHMS, 5巻, 3号, pp. 166-172, 200707
  117. 日中の眠気の要因と眠気対策としての仮眠の効用, 睡眠医療, 2巻, 2号, pp. 134-138, 20080125
  118. Short daytime naps in a car seat to counteract daytime sleepiness: The effect of backrest angle, SLEEP AND BIOLOGICAL RHYTHMS, 6巻, 1号, pp. 34-41, 200801
  119. Effect of sleep inertia on switch cost and arousal level immediately after awakening from normal nocturnal sleep, SLEEP AND BIOLOGICAL RHYTHMS, 6巻, 2号, pp. 120-125, 200804
  120. Pattern of slow-wave sleep in afternoon naps, SLEEP AND BIOLOGICAL RHYTHMS, 6巻, 3号, pp. 187-189, 200807
  121. Electroencephalogram activity before self-awakening, SLEEP AND BIOLOGICAL RHYTHMS, 6巻, 4号, pp. 256-259, 200810
  122. 午後の眠気と短時間仮眠の効果, 臨床脳波, 50巻, 12号, pp. 724-729, 20081201
  123. Short-time transient sleep for preventing the traffic accidents due to nodding off at the wheel., Proceedings of International Symposiumon Creation of Safe Mobility Society and International Cooperation, pp. 83-87, 20081208
  124. 日中の眠気と短時間仮眠法, ‘08医学と工学からみた交通安全対策, pp. 74-79, 20090325
  125. 予防的睡眠の効果, Clinical Neuroscience, 27巻, 2号, pp. 150-151, 20090201
  126. Effects of habitual self-awakening on nocturnal sleep, autonomic activity prior to awakening, and subjective condition after awakening, SLEEP AND BIOLOGICAL RHYTHMS, 7巻, 3号, pp. 172-180, 200907
  127. The effect of self-awakening from nocturnal sleep on sleep inertia, BIOLOGICAL PSYCHOLOGY, 83巻, 1号, pp. 15-19, 201001
  128. 労働者の眠気と仮眠の意義, 睡眠医療, 3巻, 3号, pp. 357-361, 20090805
  129. 眠気の日内変動とは?, 肥満と糖尿病, 9巻, 2号, pp. 289-291, 20100301
  130. 眠気の日内変動とは?, 肥満と糖尿病, 9巻, 2号, pp. 289-291, 20100301
  131. Sleep-improving effects of the aromatic compound heliotropin, SLEEP AND BIOLOGICAL RHYTHMS, 8巻, 4号, pp. 254-260, 201010
  132. PREPARATION FOR AWAKENING: SELF-AWAKENING VS. FORCED AWAKENING: PREPARATORY CHANGES IN THE PRE-AWAKENING PERIOD, SCIENCE OF AWAKENING, 93巻, pp. 109-127, 2010
  133. 快適な睡眠をサポートする香り, 眠りの科学とその応用Ⅱ, pp. 258-267, 201112
  134. 自己覚醒が日中の眠気に及ぼす影響, 心理学研究, 83巻, 1号, pp. 1-9, 20120401
  135. Longitudinal study of self-awakening and sleep/wake habits in adolescents., Nature and Science of Sleep, 4巻, pp. 103-109, 20120901
  136. 予防的仮眠の効果, Clinical Neuroscience, 31巻, 2号, pp. 198-199, 20130201
  137. 居眠り運転発生の生理的メカニズム, IATSS Review, 38巻, 1号, pp. 49-56, 20130501
  138. 睡眠の基礎, 日本臨牀, 71巻, 増刊5号, pp. 35-39, 20131001
  139. Detection of electroencephalogram features of sleep stage 2 by a new scoring system, SLEEP AND BIOLOGICAL RHYTHMS, 11巻, 4号, pp. 245-253, 201310
  140. 照明と寝具の仕様変更による鉄道運転士仮眠施設における睡眠環境改善に関する研究, 電気学会論文誌D(産業応用部門誌), 135巻, 4号, pp. 355-361, 2015
  141. Topographic mapping of electroencephalography coherence in hypnagogic state, Psychiatry and clinical neurosciences, 52巻, 2号, pp. 147-148, 19980401
  142. Effects of volitional lifestyle on sleep-life habits in the aged, Psychiatry and clinical neurosciences, 52巻, 2号, pp. 183-184, 19980401
  143. 眠気の日内変動, 医学と工学からみた交通安全対策, pp. 19-24, 20151210
  144. 睡眠不足への対処 ―夜間睡眠の延長効果について―, 第24回日本睡眠環境学会学術大会抄録集, pp. 44-46
  145. Sleep stage prediction using respiration and body-movement based on probabilistic classifier., ICONIP 2016, 9947巻, pp. 16-21
  146. 睡眠と眠気―昼寝の効果―, 高齢者の睡眠とその障害, pp. 191-207
  147. 居眠り運転の発生メカニズム, ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用, pp. 1-10, 20160428
  148. 昼寝と認知症, 睡眠からみた認知症診断ハンドブック ―早期診断と多角的治療アプローチ―, pp. 44-50, 20160920
  149. 大学生における睡眠教育と睡眠習慣の改善, モダンフィジシャン, 37巻, 8号, pp. 861-863, 20170801
  150. パワーナップの活用, モダンフィジシャン, 37巻, 8号, pp. 864-866, 20170801
  151. Intervention for regulating sleep-wake rhythms to prevent sleepiness in Japanese train drivers, SLEEP AND BIOLOGICAL RHYTHMS, 16巻, 3号, pp. 351-356, 201807
  152. An automatic analysis of sleep stage 2 based on the Fujimori method, ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN, 101巻, 9号, pp. 34-41, 201809
  153. 藤森法に基づいた睡眠段階2の自動解析, 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌), 138巻, 4号, pp. 306-312
  154. 正常睡眠の仕組み, 成人病と生活習慣病, 48巻, 8号, pp. 841-846
  155. 睡眠障害の対策:非薬物慮法と日常生活上の注意, 成人病と生活習慣病, 48巻, 8号, pp. 869-873
  156. 職場における日中の眠気と昼寝の効果, 労働の科学, 73巻, 10号, pp. 585-587

著書等出版物

  1. 1988年09月, 不眠 , 同朋舎, 1988年, 09, 単行本(一般書), 共編著, 堀 忠雄 林 光緒 , 276
  2. 1993年04月, 心理学のための実験マニュアル , 北大路書房, 1993年, 04, 教科書, 共編著, 上里一郎 林 光緒 , 277
  3. 1994年01月, 睡眠学ハンドブック , 朝倉書店, 1994年, 01, 単行本(一般書), 共編著, 阿住一雄 林 光緒 , 588
  4. 1994年12月, Sleep Onset: Normal and Abnormal Processes , American Psychological Association, 1994年, 12, 調査報告書, 共編著, t.akerstedt 林 光緒 , 397
  5. 1995年06月, Biobehavioral Self-Regulation. Eastern and Western Perspectives. , Springer, 1995年, 06, 調査報告書, 共編著, e et al.taub 林 光緒 , 729
  6. 1998年03月, 眠りのバイオロジー, われわれはなぜ眠るか , メデイカルサイエンスインターナショナル, 1998年, 03, 単行本(一般書), 共編著, 大熊輝雄 , 123
  7. 2001年12月, 眠りたいけど眠れない , 昭和堂, 2001年, 12, 単行本(一般書), 共編著, 227
  8. 2002年11月, 心理学基礎辞典 , 至文堂, 2002年, 11, 事典・辞書, 共編著, 青木滋昌 , 408
  9. 2003年04月, 心の科学 , 北大路書房, 2003年, 04, 教科書, 共著, 生和 秀敏 林 光緒 , 207
  10. 2006年05月, 医療における人の心理と行動 , 培風館, 2006年, 05, 教科書, 共著, 生和 秀敏 井内 康輝 , 4563057037, 192
  11. 2006年06月, 睡眠とメンタルヘルス , ゆまに書房, 2006年, 06, 単行本(一般書), 共著, 白川修一郎 本多和樹 廣瀬一浩 井上雄一 駒田陽子 水野康 北浜邦夫 水野一枝 山城由華吏 神山潤 鈴木みゆき 田中秀樹 , 360
  12. 2007年08月, 眠りの科学とその応用 -睡眠のセンシング技術と良質な睡眠の確保に向けての研究開発- , シーエムシー出版, 2007年, 08, 単行本(学術書), 共編著, 9784882316961, 331
  13. 2008年02月, 睡眠心理学 , 北大路書房, 2008年, 02, 単行本(学術書), 共編著, 高原 円 道田 奈々江 甲斐田 幸佐 田中 秀樹 玉置 應子 玉木 宗久 森川 俊雄 林 光緒 岩城 達也 小川 景子 堀 忠雄 城田 愛 上田 一貴 , 9784762825897, 348
  14. 2008年02月, 基礎講座 睡眠改善学 , ゆまに書房, 2008年, 02, 教科書, 共編著, 林 光緒 福田 一彦 水野 一枝 水野 康 神川 康子 堀 忠雄 白川 修一郎 駒田 陽子 田中 秀樹 , 9784843328231, 205
  15. 2008年03月, 21世紀の教養5 知の根源を問う , 培風館, 2008年, 03, 教科書, 編著, 9784563019044, 260
  16. 2008年09月, 睡眠学教育-基礎講座テキスト 睡眠の医学と社会学, 滋賀医科大学睡眠学講座, 2008年, 09, 調査報告書, 共編著, 316
  17. 2008年09月, 睡眠学教育-基礎講座テキスト 睡眠の科学, 滋賀医科大学睡眠学講座, 2008年, 09, 調査報告書, 共編著, 158
  18. 2009年01月, 睡眠学, 朝倉書店, 2009年, 01, 単行本(学術書), 共編著, 9784254300901, 735
  19. 2009年08月, 睡眠学教育講座テキスト, 滋賀医科大学睡眠学講座, 2009年, 08, 調査報告書, 共編著, 106
  20. 2010年03月, 睡眠学概論, 滋賀医科大学睡眠学講座, 2010年, 03, 教科書, 共編著, 136
  21. 2011年01月, 眠気の科学, 朝倉書店, 2011年, 01, 単行本(学術書), 編著, 9784254301038, 230
  22. 2011年05月, 睡眠教室, 新興医学出版社, 2011年, 05, 単行本(一般書), 共編著, 9784880028187, 178
  23. 2011年06月, ストレス科学事典, 実務教育出版, 2011年, 06, 事典・辞書, 共編著, 9784788960848, 1137
  24. 2011年12月, 眠りの科学とその応用Ⅱ, シーエムシー出版, 2011年, 12, 単行本(学術書), 共編著, 9784781305202, 275
  25. 2013年03月, 睡眠と健康, 放送大学教育振興会, 2013年, 03, 教科書, 共著, 日本語, 9784595314209, 203, 58
  26. 2013年04月, 応用講座 睡眠改善学, ゆまに書房, 2013年, 04, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 9784843337516, 241, 8
  27. 2013年10月, 医療・看護・介護のための睡眠検定ハンドブック, 全日本病院出版会, 2013年, 10, 単行本(学術書), 共著, 9784881170724, 215, 36
  28. 2014年05月15日, 睡眠のトリビア, 中外医学, 2014年, 05, 単行本(一般書), 共編著, 日本語, 宮崎総一郎, 林光緒, 内田直編著, 9784498228207, 183, 57
  29. 2015年12月10日, 快適な眠りのための睡眠習慣セルフチェックノート, 全日本病院出版会, 2015年, 04, 単行本(一般書), 共著, 日本語, 林光緖, 宮崎総一郎, 松浦倫子, 9784865192070, 183
  30. 2016年,9月,2日, 睡眠からみた認知症診断ハンドブック ―早期診断と多角的治療アプローチ―, 全日本病院出版会, 2016年, 9, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 宮崎総一郎、浦上克哉、大塚邦明、遠山育夫、加藤智子、小曽根基裕、堀地彩奈、伊藤洋、北村拓朗、鈴木秀明、林光緖、大川匡子、野口公喜、内田育恵、杉浦彩子、白川修一郎、松浦倫子、三輪高喜、宮本雅之、宮本智之、河月稔、高村歩美、田中秀樹、田村典久、長濱道治、河野公範、堀口淳、白木基之、田中弘之、田嶋繁樹、福井壽男、西野仁雄、植田耕一郎, 978-4-86519-219-3, 145, 44-49
  31. 2016年01月10日, 睡眠のトリビア2, レム睡眠は「浅い眠り」って本当? ヒトの眠りのサイクルは90分?, 中外医学社, 2016年, 2, 単行本(一般書), 共著, 日本語, 北浜邦夫・林光緒・原田哲夫・宮崎総一郎・堀忠雄・田中秀樹・坂根直樹・堀口淳・福田一彦・保野孝弘・内田直・北村拓朗・山内基雄・外木守雄・杉山剛・佐藤誠・笹澤吉明, 978-4-498-22821-4, 158, 5-12
  32. 2017年03月20日, 改訂版 睡眠と健康, 放送大学教育振興会, 2017年, 3, 教科書, 共編著, 日本語, 宮崎総一郎,林 光緒,勢井宏義,伊藤 洋 , 978-4-595-31723-1, 216, 20-32, 43-54, 69-117, 163-173
  33. 2019年01月10日, 睡眠(ねむり)のなぜ? に答える本, 2.適度な運動,しっかり朝食,ねむりとめざめのメリハリを, ライフサイエンス, 2019年, 1, 単行本(一般書), 共著, 日本語, 井谷修,内山真,岡島義,尾崎章子,兼板佳孝,神林崇,久保智英,駒田陽子,塩見利明,勢井宏義,高橋正也,田中秀樹,田ヶ谷浩邦,中島俊,林光緒,深瀬裕子,堀礼子,堀口淳,三島和夫,三橋美穂,水野一枝,水野康,松永祐輔,村山憲男,吉田祥, 978-4-89801-643-5, 164
  34. 2019年02月25日, 基礎講座睡眠改善学 第2版, 睡眠中の生理現象, ゆまに書房, 2019年, 2, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 白川修一郎,林光緒,小川景子,福田一彦,水野一枝,水野康,神川康子,浅岡章一,古谷真樹,駒田陽子,田中秀樹, 978-4-8433-5527-5, 227, 13
  35. 2018年11月09日, 睡眠学Ⅰ 「眠り」の科学入門, 睡眠の構造と機能, 北大路書房, 2018年, 11, 単行本(学術書), 共著, 宮崎総一郎,井上昌二郎,北浜邦夫,林光緒,山仲勇二郎,松浦倫子, 978-4-7628-3044-0, 168, 9

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 眠気をめぐる諸問題と、眠気の主観的・行動的・生理的測定法, 林 光緒, 日本心理学会第69回大会、小講演, 2005年09月, 招待, 日本語
  2. 短い昼寝のリフレッシュ効果, 林 光緒, "日本睡眠学会第27回学術集会公開シンポジウム, 日常生活における快適な睡眠の確保", 2002年07月, 招待, 日本語
  3. The positive effects of short nap (<30 minutes) in the daytime., 林 光緒, Third Congress of the Asian Sleep Research Society, 2000年12月, 招待, 日本語
  4. 生物リズムと仮眠の効果, 林 光緒, 第8回日本時間生物学会学術大会, 2001年11月, 招待, 日本語
  5. 日中の居眠り事故を防止するための短時間仮眠法, 林 光緒, 日本心理学会第66回大会公開シンポジウム, 2002年09月, 招待, 日本語
  6. The effect of early morning nap on performance and self-evaluation., 林 光緒, Third International Conference on Biobehavioral Self-Regulation and Health., 1993年09月, 招待, 日本語
  7. いねむりの効用, 林 光緒, 第15回日本生理心理学会学術大会, 1997年05月, 招待, 日本語
  8. 眠気の主観的、生理的、行動的測定法, 林 光緒, 第11回日本時間生物学会 ワークショップ「昼間の眠気と覚醒レベルの日内変動」, 2004年11月, 招待, 日本語
  9. 眠気と生物リズム, 林 光緒, 日本睡眠学会第29回定期学術集会, 2004年07月, 招待, 日本語
  10. 午後の眠気と短時間仮眠の効果, 林 光緒, 第37回日本臨床神経生理学会学術大会, 2007年11月, 招待, 日本語
  11. 眠気対策としての短時間仮眠法, 林 光緒, 日本睡眠環境学会16回大会, 2007年12月, 招待, 日本語
  12. 日中の眠気と短時間仮眠法, 林 光緒, 第17回日本交通医学工学研究会学術総会, 2008年09月, 招待, 日本語
  13. The effects of a daytime nap on psychological functioning., 林 光緒, The International Conference of 4th Asian Congress of Health Psychology, 2010年08月, 招待, 日本語
  14. ストレスマネジメントのための効果的な仮眠法, 林 光緒, 日本ストレスマネジメント学会第10回大会, 2011年07月, 招待, 日本語
  15. 心理学領域における睡眠研究, 林 光緒, 日本睡眠学会第39回定期学術集会 基調シンポジウム1, 2014年07月03日, 招待, 日本語, 日本睡眠学会, 徳島市
  16. 眠気の日内変動, 林 光緒, )第24回交通医学工学研究会学術総会, 2015年07月02日, 招待, 日本語, 日本交通医学工学研究会, 名古屋市
  17. 睡眠不足への対処 ~夜間睡眠の延長効果について~, 林 光緒, 第24回日本睡眠環境学会学術大会, 2015年09月11日, 招待, 日本語, 日本睡眠環境学会学術大会, 大阪市
  18. コーヒーと仮眠(昼寝), 林光緒, 第63回日本栄養改善学会学術総会, 2016年09月08日, 招待, 日本語, 日本栄養改善学会, 青森市
  19. いねむりと予防対策, 林光緒, 平成30年度広島医療情報研究会, 2018年09月15日, 招待, 日本語, 広島医療情報研究会, 広島市

受賞

  1. 2000年06月, 2000年度日本生理心理学会優秀論文賞, 日本生理心理学会理事長 柿木昇治, 高齢者の意欲的なライフスタイルと活動-休止リズム
  2. 2002年05月, 2002年度日本生理心理学会優秀論文賞, 日本生理心理学会理事長 岩崎庸男, 自己覚醒法による短時間仮眠後の睡眠慣性抑制効果

取得

  1. 特許権, 特許5155805, 2012年12月14日, 睡眠制御装置
  2. 特許権, 6047354, 2016年/1月1/日, マットレスおよびその制御方法

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本時間生物学会評議員, 2001年04月, 日本時間生物学会
  2. 日本睡眠学会評議員, 2003年06月01日, 日本睡眠学会
  3. 日本社会精神医学会評議員, 2012年04月, 日本社会精神医学会
  4. 日本睡眠学会理事, 2011年06月, 2015年03月, 日本睡眠学会
  5. 中四国心理学会監事, 2014年04月, 中四国心理学会
  6. 日本睡眠学会幹事, 2015年01月, 日本睡眠学会
  7. 日本生理心理学会評議員, 2016年05月, 日本生理心理学会
  8. 日本睡眠改善協議会学術系評議員, 2009年12月, 一般社団法人日本睡眠改善協議会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 第20回睡眠改善インストラクター講座, 睡眠中の生命現象, 一般社団法人日本睡眠改善協議会, 2016年/02月/24日, 2016年/02月/24日, 東京都, 講師, セミナー・ワークショップ, 社会人・一般
  2. 滋賀医科大学睡眠学講座12周年記念シンポジウム, 睡眠延長の効果, 滋賀医科大学睡眠学講座, 2016年/01月/09日, 2016年/01月/09日, 京都市, 講師, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 研究者
  3. 教養教育の一元化に係るFD・SD研修会, 広島大学における教養教育と質保証評価, 富山大学, 2016年/06月/01日, 2016年/06月/01日, 富山市, 講師, 講演会, 教育関係者
  4. 睡眠健康指導士 第12回上級講座, 睡眠構築 仮眠の効用, 一般社団法人 日本睡眠教育機構, 2016年/07月/06日, 2016年/07月/06日, 大津市, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般
  5. 第21回睡眠改善インストラクター講座, 睡眠中の生命現象, 一般社団法人日本睡眠改善協議会, 2016年/08月/24日, 2016年/08月/26日, 東京都, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般
  6. 安全運転管理者等講習, 居眠り事故防止と安全管理, 広島県公安委員会・(社)広島県安全運転管理協議会, 2016年/09月/07日, 2016年/09月/07日, 広島市, 講師, 資格認定講習, 企業
  7. 第63回日本栄養改善学会学術総会 ランチョンセミナー, コーヒーと仮眠(昼寝), 日本栄養改善学会, 2016年/09月/08日, 2016年/09月/08日, 青森市, 講師, セミナー・ワークショップ, 学術団体
  8. 夢ナビライブ2016大阪会場, 受験勉強と睡眠のカンケイ, フロムページ, 夢ナビライブ2016大阪会場, 2016年/06月/18日, 2016年/06月/18日, 大阪市, 講師, 出前授業, 高校生
  9. 第13回睡眠健康指導士上級講座, 睡眠構築・睡眠脳波, 一般社団法人日本睡眠教育機構, 2016年/10月/08日, 2016年/10月/08日, 東京都, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般
  10. 健康教育講演会, 成績アップのための睡眠法, 広島県立安芸府中高等学校, 2016年/10月/24日, 2016年/10月/24日, 広島県, 講師, 講演会, 高校生
  11. 安全運転管理者等講習, 居眠り事故防止と安全管理, 広島県公安委員会・一般社団法人広島県安全運転管理協議会, 2017年/02月/02日, 2017年/02月/02日, 広島市, 講師, 資格認定講習, 企業
  12. 第22回睡眠改善インストラクター講座, 睡眠中の生命現象, 一般社団法人日本睡眠改善協議会, 2017年/02月/22日, 2017年/02月/22日, 東京都, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般
  13. 神石高原町21計画「休養・心の健康づくり」講演会, 聞いて得する!睡眠のはなし~心地の良い目覚めは,良い眠りから~, 広島県神石高原町, 2017年/03月/01日, 2017年/03月/01日, 広島県神石高原町, 講演会, 社会人・一般
  14. 間違って覚えていない? 睡眠の取り方!, NHK広島放送局, NHKラジオ「ひろしまコイラジ」, 2016年/06月/29日, 2016年/06月/29日, NHK広島放送局
  15. 生理的睡眠とは何か ―日本睡眠学会第41回定期学術集会から, 毎日新聞出版, MMJ 8月号(2016), 2016年/08月/15日, 2016年/08月/15日, MMJ 8月号,pp.188-189, 2016, インタビュイー, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  16. 3. 眠りの不調 病気では, 朝日新聞, 朝日新聞 2016年4月9日朝刊, 2016年/04月/09日, 2016年/04月/09日, 取材協力, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  17. 梅雨のだるだはこれで解消 さあ、快眠へ, 株式会社プレスネット, ザ・ウィークリー・プレスネット, 2016年/06月/25日, 2016年/06月/25日, 取材協力, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  18. 5. 続・元気のひけつ パジャマの選び方, 朝日新聞, 朝日新聞be 2017年3月18日版, 2017年/03月/18日, 2017年/06月/18日, 取材協力, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  19. 安全運転管理者等講習, 居眠り事故防止と安全管理, 広島県公安委員会・一般社団法人広島県安全運転管理協議会, 2017年/05月/30日, 2017年/05月/31日, 呉市, 講師, 資格認定講習, 企業
  20. 第14回睡眠健康指導士上級講座, 睡眠構築・昼寝の功罪, 一般社団法人日本睡眠教育機構, 2017年/07月/15日, 2017年/07月/15日, 神戸市, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般
  21. 第23回睡眠改善インストラクター講座, 睡眠中の生命現象, 一般社団法人日本睡眠改善協議会 , 2017年/08月/23日, 2017年/08月/23日, 東京都, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般
  22. 秋の「睡眠の日」市民公開講座2017東広, 眠りと能力発揮、日中の眠気, 東広島市教育文化振興事業団・睡眠健康推進機構, 2017年/09月/09日, 2017年/09月/09日, 東広島市, 講師, 講演会, 社会人・一般
  23. 快適睡眠講座, あなたは正しく眠れていますか~質の良い睡眠で体もこころも健康に~, 宇部市・睡眠健康推進機構, 2017年/09月/23日, 2017年/09月/23日, 山口県宇部市, 講師, 講演会, 社会人・一般
  24. 広島大学総合科学研究科公開講座「誰かに話したくなるこころを軽くする働きかた」, 労働と睡眠問題, 総合科学研究科, 2017年/12月/02日, 2017年/12月/02日, 広島大学東千田未来創生センター, 講師, 講演会, 社会人・一般
  25. 第16回睡眠健康指導士上級講座, パワーナップ, 一般社団法人 日本睡眠教育機構, 2018年/02月/12日, 2018年/02月/12日, 中部大学名古屋キャンパス, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般
  26. 第62回三次市学校保健会研究協議会講演, 子どもの生活習慣と睡眠, 三次市学校保健会, 2018年/02月/22日, 2018年/02月/22日, 広島県三次市 みよしまちづくりセンター ぺぺらホール, 編集, 講演会, 教育関係者
  27. 広島県立基町高校保健講演会, 成績アップのための睡眠法, 広島県立元町高校, 2017年/10月/25日, 2017年/10月/25日, 広島市, 講師, 講演会, 高校生
  28. 第24回睡眠改善インストラクター講座, 睡眠中の生命現象, 一般社団法人 日本睡眠改善協議会, 2018年/02月/21日, 2018年/02月/21日, 東京都, 編集, 資格認定講習, 社会人・一般
  29. 休養・心の健康づくり, 睡眠と健康 ~健やかな眠りのために~, 神石高原町, 2018年/03月/06日, 2018年/03月/06日, 広島県神石高原町, 講師, 講演会, 社会人・一般
  30. 全学FD研修会, 教養教育における課題~広島大学の事例~, 富山大学, 2018年/07月/20日, 2018年/07月/20日, 富山市, 講師, 講演会, 教育関係者
  31. 安全運転管理者等講習, 居眠り事故防止と安全管理, 広島県公安委員会・(社)広島県安全運転管理協議会, 2018年/08月/08日, 2018年/08月/08日, 三次市, 講師, 講演会, 社会人・一般
  32. 第25回睡眠改善インストラクター講座, 睡眠中の生命現象, 一般社団法人 日本睡眠改善協議会, 2018年/08月/22日, 2018年/08月/22日, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般
  33. 安全運転管理者等講習, 居眠り事故防止と安全管理, 広島県公安委員会・(社)広島県安全運転管理協議会, 2018年/09月/11日, 2018年/09月/11日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  34. 専門家に聞いた 睡眠のリズムを整えるために大事なこと 「睡眠日誌」の効果って?, 株式会社Donuts, 2018年/05月/28日, 医療情報サイト マイカラット, 取材協力, インターネット, 社会人・一般
  35. 心理科学特殊講義2(集中講義), 関西学院大学大学院文学研究科, 2018年/09月/12日, 2018年/09月/14日, 講師, 出前授業, 大学院生
  36. 教育講演会, 子どもの生活環境と睡眠, 福山市立深津小学校, 2018年/11月/20日, 2018年/11月/20日, 講師, 講演会, 保護者
  37. 第17回睡眠健康指導士 上級講座, 睡眠構築・パワーナップ, 日本睡眠教育機構, 2018年/11月/23日, 2018年/11月/23日, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般
  38. 第19回睡眠健康指導士 上級講座, パワーナップ, 一般社団法人 日本睡眠教育機構, 2019年/02月/11日, 2019年/02月/11日, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般
  39. 短時間の昼寝に効果あり, 中日新聞東京本社, 東京新聞, 2019年/04月/22日, 2019年/04月/22日, p.4, 取材協力, 新聞・雑誌, 社会人・一般