濁川 清美KIYOMI NIGORIKAWA

Last Updated :2019/11/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(薬)(薬学)創薬標的分子科学助教
メールアドレス
knigohiroshima-u.ac.jp
自己紹介
ホスホイノシチドが関わる自然免疫細胞(好中球、マクロファージ、マスト細胞)の反応について研究しています

基本情報

主な職歴

  • 1995年10月01日, 2002年03月31日, 広島大学, 医学部, 技術官
  • 2002年04月01日, 2004年03月31日, 広島大学, 医学部, 技術専門職員
  • 2004年04月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 技術センター(医学部等部門総合薬学科技術班), 技術主任
  • 2007年04月01日, 2012年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 助教
  • 2012年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 助教

学歴

  • 広島大学, 生物圏科学研究科, 環境計画科学専攻, 日本, 1994年04月, 1995年03月

学位

  • 博士(薬学)(広島大学)
  • 修士(学術)(広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 薬学部 : 薬学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 薬学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 薬学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 薬学 / 薬理系薬学

研究キーワード

  • 好中球
  • NADPHオキシダーゼ
  • マスト細胞
  • PI3キナーゼ
  • マクロファージ
  • ファゴサイトーシス

所属学会

  • 日本薬学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 通年, 臨床研究II
  2. 2019年, 学部専門, 2ターム, 生化学III
  3. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 生物化学実習
  4. 2019年, 学部専門, 通年, 基礎研究I
  5. 2019年, 学部専門, 通年, 基礎研究II
  6. 2019年, 学部専門, 通年, 臨床研究I
  7. 2019年, 学部専門, 通年, 臨床研究III

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Sac1 Phosphoinositide Phosphatase Regulates Foam Cell Formation by Modulating SR-A Expression in Macrophages, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 42巻, 6号, pp. 923-928, 201906
  2. Lysophosphatidylinositol-acyltransferase-1 is involved in cytosolic Ca2+ oscillations in macrophages, GENES TO CELLS, 24巻, 5号, pp. 366-376, 201905
  3. PIKfyve accelerates phagosome acidification through activation of TRPML1 while arrests aberrant vacuolation independent of the Ca2+ channel, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 165巻, 1号, pp. 75-84, 201901
  4. TMEM55a localizes to macrophage phagosomes to downregulate phagocytosis, JOURNAL OF CELL SCIENCE, 131巻, 5号, 201803
  5. Phosphoinositide phosphatase Sac3 regulates the cell surface expression of scavenger receptor A and formation of lipid droplets in macrophages, EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 357巻, 2号, pp. 252-259, 20170815
  6. Inhibitory receptor FcRIIb mediates the effects of IgG on a phagosome acidification and a sequential dephosphorylation system comprising SHIPs and Inpp4a, INNATE IMMUNITY, 23巻, 4号, pp. 401-409, 201705
  7. Myeloid cell-specific inositol polyphosphate-4-phosphatase type I knockout mice impair bacteria clearance in a murine peritonitis model, INNATE IMMUNITY, 22巻, 6号, pp. 444-451, 201608
  8. Inositol Polyphosphate-4-Phosphatase Type I Negatively Regulates Phagocytosis via Dephosphorylation of Phagosomal PtdIns (3,4)P-2, PLOS ONE, 10巻, 11号, 20151104
  9. Inpp5e increases the Rab5 association and phosphatidylinositol 3-phosphate accumulation at the phagosome through an interaction with Rab20, BIOCHEMICAL JOURNAL, 464巻, pp. 365-375, 20141215
  10. Involvement of Class II Phosphoinositide 3-Kinase alpha-Isoform in Antigen-Induced Degranulation in RBL-2H3 Cells, PLOS ONE, 9巻, 10号, 20141030
  11. PIKfyve Regulates the Endosomal Localization of CpG Oligodeoxynucleotides to Elicit TLR9-Dependent Cellular Responses, PLOS ONE, 8巻, 9号, 20130909
  12. Class-IA Phosphoinositide 3-Kinase p110 beta Triggers GPCR-Induced Superoxide Production in p110 gamma-Deficient Murine Neutrophils, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 120巻, 4号, pp. 270-279, 201212
  13. Essential roles of PIKfyve and PTEN on phagosomal phosphatidylinositol 3-phosphate dynamics, FEBS LETTERS, 586巻, 22号, pp. 4010-4015, 20121116
  14. Phosphoinositide 3-Kinasec Controls the Intracellular Localization of CpG to Limit DNA-PKcs-Dependent IL-10 Production in Macrophages, PLOS ONE, 6巻, 10号, 20111028
  15. C5a controls TLR-induced IL-10 and IL-12 production independent of phosphoinositide 3-kinase, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 149巻, 3号, pp. 265-274, 201103
  16. Specific role of phosphoinositide 3-kinase p110{alpha} in the regulation of phagocytosis and pinocytosis in macrophages, Biochem J, 423巻, 1号, pp. 99-108, 20090914
  17. Negative regulation of class IA phosphoinositide 3-kinase by protein kinase C{delta}l limits Fc{gamma} receptor-mediated phagocytosis in macrophages, J Biochem, 145巻, 1号, pp. 87-94, 20090101
  18. Negative Regulation of Class IA Phosphoinositide 3-kinase by Protein Kinase C Limits Fc Receptor-Mediated Phagocytosis in Macrophages, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 145巻, 1号, pp. 87-94, 200901
  19. Critical roles of the p110{beta} subtype of phosphoinositide 3-kinase in lipopolysaccharide-induced Akt activation and negative regulation of nitrite production in RAW 264.7 cells, J Immunol, 180巻, 4号, pp. 2054-2061, 20080215
  20. Role of phosphoinositide 3-kinase in innate immunity, Biol Pharm Bull, 30巻, 9号, pp. 1617-1623, 20070901
  21. Inhibition of PTEN and activation of Akt by menadione, Biochim Biophys Acta, 1770巻, 4号, pp. 687-693, 20070401
  22. Protein kinase C{delta} binds TIRAP/Mal to participate in TLR signaling, Mol Immunol, 44巻, 9号, pp. 2257-2264, 20070301
  23. Protein kinase C delta binds TIRAP/Mal to participate in TLR signaling, MOLECULAR IMMUNOLOGY, 44巻, 9号, pp. 2257-2264, 200703
  24. A naphthoquinone derivative, shikonin, has insulin-like actions by inhibiting both phosphatase and tensin homolog deleted on chromosome 10 and tyrosine phosphatases, Mol Pharmacol, 70巻, 3号, pp. 1143-1149, 20060901
  25. Opposite effects of wortmannin and 2-(4-morpholinyl)-8-phenyl-1(4H)-benzopyran-4-one hydrochloride on toll-like receptor-mediated nitric oxide production: negative regulation of nuclear factor-{kappa}B by phosphoinositide 3-kinase., Mol Pharmacol, 69巻, 5号, pp. 1717-1724, 20060501
  26. The effect of anionic amphiphiles on the recruitment of Rac in neutrophils, J Biochem, 136巻, 4号, pp. 463-470, 20041001
  27. Pervanadate activates NADPH oxidase via protein kinase C-independent phosphorylation of p47-phox, Arch. Biochem. Biophys., 361巻, 1号, pp. 1-6, 19990101
  28. A SELECTIVE GAS SENSOR USING A POLYPYRROLE THIN-FILM AS A SENSITIVE MATRIX ON A PIEZOELECTRIC CRYSTAL, JOURNAL OF ELECTROANALYTICAL CHEMISTRY, 396巻, 1-2号, pp. 563-567, 19951031
  29. A SELECTIVE ORGANIC VAPOR SENSOR-BASED ON SIMULTANEOUS MEASUREMENTS OF CHANGES OF MASS AND RESISTANCE OF A POLY(PYRROLE) THIN-FILM, JOURNAL OF THE CHEMICAL SOCIETY-CHEMICAL COMMUNICATIONS, 7号, pp. 873-874, 19940407

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. TMEM55によるマクロファージスカベンジャー受容体の発現制御, 春名 勇希、濁川 清美、小藤 智史、櫨木 薫, 第57回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語, 日本薬学会中国四国支部, 鳥取(米子)
  2. クラス II 型 PI3 キナーゼによるファゴサイトーシスの制御, 川波 知裕、濁川 清美、小藤 智史、櫨木 薫, 第57回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語, 島根県(米子)
  3. イノシトールリン脂質 4 位脱リン酸化酵素 TMEM55b はマクロファージの食胞に LC3-II をリクルー トする, 山田 実穂、濁川 清美、小藤 智史、櫨木 薫, 第57回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語, 日本薬学会中国四国支部
  4. イノシトールリン脂質5位リン酸化酵素 PIKfyve の食胞成熟における役割, 鶴海 剛、濁川 清美、小藤 智史、櫨木 薫, 第57回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語, 日本薬学会中国四国支部
  5. リゾホスファチジルイノシトールアシル基転移酵素 ( LPIAT1 ) はGタンパク質依存性Ca2+流入に寄与する, 竹増 真也、濁川 清美、小藤 智史、櫨木 薫, 第57回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語, 日本薬学会中国四国支部
  6. イノシトールリン脂質4位脱リン酸化酵素TMEM55aによるマクロファージ貪食制御機構, 森岡真,濁川清美,小藤智史,瀬川智裕,岡田恵梨,櫨木薫, 2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月06日, 通常, 日本語, 神戸
  7. クラスII型PI3キナーゼによるマクロファージの貪食制御, 野々村朋哉,濁川清美,小藤智史,川波知裕,櫨木薫, 第56回日本薬学会中四国支部学術大会, 2017年10月22日, 通常, 日本語, 徳島
  8. ファゴソームの成熟におけるホスファチジルイノシトール4-リン酸の役割, 山本花怜,濁川清美,小藤智史,櫨木薫, 第56回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2017年10月22日, 通常, 日本語, 徳島
  9. イノシトールリン脂質 5 位リン酸化酵素 PIKfyve のエンドソームの酸性化と空胞化における役割, 礒部百合,濁川清美,小藤智史,櫨木薫, 第56回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2017年10月22日, 通常, 日本語, 徳島
  10. ホスファチジルイノシトール4-リン酸によるSR-Aの細胞表面発現制御, 坂本裕美,濁川清美,小藤智史,櫨木薫, 第56回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2017年10月22日, 通常, 日本語, 徳島
  11. イノシトールリン脂質4位脱リン酸化酵素TMEM55aはマクロファージ食胞内の酸性化を促進する, 瀬川智裕,濁川清美,小藤智史,岡田恵梨,櫨木薫, 第56回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2017年10月22日, 通常, 日本語, 徳島
  12. イノシトールリン脂質脱リン酸化酵素Sac3によるMsr1発現調節機構の解明, 森岡真、濁川清美、櫨木薫、櫨木修, 第55回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2016年11月06日, 通常, 日本語, 岡山
  13. イノシトールリン脂質5位脱リン酸化酵素OCRL1はマクロファージの貪食を抑制的に制御する, 谷澤智樹、濁川清美、櫨木薫、櫨木修, 第55回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2016年11月06日, 通常, 日本語, 岡山
  14. ホスホイノシチド4位脱リン酸化酵素Inpp4aは腹膜炎モデルマウスの延命に寄与する, 森岡真、櫨木薫、濁川清美、櫨木修, 第54回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2015年10月31日, 通常, 日本語, 高知
  15. Msr1細胞表面発現におけるイノシトールリン脂質脱リン酸化酵素Sac3の役割, 大村迪子、櫨木薫、濁川清美、櫨木修, 第54回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2015年10月31日, 通常, 日本語
  16. イノシトールリン脂質4位脱リン酸化酵素 Inpp4aのマクロファージにおける役割, 大森弓緒、濁川清美、櫨木薫、櫨木修, 第54回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2015年10月31日, 通常, 日本語, 高知
  17. イノシトールリン脂質脱リン酸化酵素 Sac1 の抑制はMsr1の細胞膜輸送を妨げることによりマクロファージの泡沫化を抑制する, 松村拓磨、濁川清美、櫨木薫、櫨木修, 第53回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2014年11月01日, 通常, 日本語, 広島
  18. イノシトールリン脂質5位脱リン酸化酵素 Inpp5eによる貪食抑制 ―低分子量G蛋白質Rab20を介する抑制機構―, 森岡真、濁川清美、櫨木薫、櫨木修, 第53回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2014年11月01日, 通常, 日本語, 広島
  19. Synaptojanin 2の抑制は修飾LDLの細胞内輸送を障害することによりマクロファージの泡沫化を抑制する, 岸田奈緒子、濁川清美、櫨木薫、櫨木修, 第53回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2014年11月01日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2012年10月29日, JB論文賞, 公益社団法人日本生化学会会長