杉 拓磨TAKUMA SUGI

Last Updated :2020/12/01

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 特任准教授
ホームページ
メールアドレス
sugithiroshima-u.ac.jp
自己紹介
群れなす鳥、災害時の群衆など、生命体の集団による行動には系によらず共通する集団形成メカニズムが存在すると予言されており、この物理則の研究は生物学と物理学の両分野でホットな研究です。私たちは線虫C. エレガンスを利用し、この個と集団による行動を支配する物理則の研究と、その行動を規定する神経ネットワークの老化機構の研究をしています。そのため光イメージングなど最新の計測技術の開発と数理モデリング、ゲノム編集技術も取り入れながら、原子から個体集団レベルまでの全階層を対象にした解析を進めています。

基本情報

学歴

  • 京都大学, 工学部工業化学科, 1997年04月, 2001年03月
  • 京都大学, 大学院研究科, 分子工学専攻, 2001年04月, 2003年03月
  • 京都大学, 大学院生命科学研究科, 高次生命科学専攻, 2004年04月, 2007年03月
  • 京都大学, 博士(生命科学), 2007年05月

研究分野

  • 生物学 / 生物科学 / 生物物理学
  • 総合生物 / 神経科学 / 神経生理学・神経科学一般
  • 生物学 / 基礎生物学 / 遺伝・染色体動態

所属学会

  • 日本生物物理学会
  • 日本神経科学学会
  • 日本分子生物学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, ゲノム編集先端研究特論A

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Tracking the 3D Rotational Dynamics in Nanoscopic Biological Systems., J Am Chem Soc, 142巻, 16号, pp. 7542-7554, 2020
  2. Lipid class composition of membrane and raft fractions from brains of individuals with Alzheimer's disease., Biochem Biophys Rep, 20巻, pp. 10074, 2019
  3. C. elegans collectively forms dynamical networks., Nature Communications, 10巻, 1号, pp. 683, 2019
  4. FAM3C in Alzheimer’s disease. A risk-related molecule and potential therapeutic target., The Neuroscience of Dementia, 2019
  5. Noninvasive Mechanochemical Imaging in Unconstrained Caenorhabditis elegans., Materials, 11巻, 6号, 2018
  6. Nanoscale Mechanical Stimulation Method for Quantifying C. elegans Mechanosensory Behavior and Memory, Analytical Sciences, 32巻, 11号, pp. 1164, 2016
  7. Optically Detected Magnetic Resonance of Nanodiamonds In Vivo; Implementation of Selective Imaging and Fast Sampling., J Nanosci Nanotechnol, 15巻, 2号, pp. 1014-1021, 2015
  8. High-throughput optical quantification of mechanosensory habituation reveals neurons encoding memory in Caenorhabditis elegans., Proc Natl Acad Sci USA, 2014
  9. Versatile strategy for isolating transcription activator-like effector nuclease-mediated knockout mutants in Caenorhabditis elegans, Dev Growth Differ, 56巻, 1号, pp. 78-85
  10. Simplified method for cell-specific gene expression analysis in Caenorhabditis elegans, Biochem Biophys Res Commun, 450巻, 1号, pp. 330-334, 2014
  11. Real-Time Background-Free Selective Imaging of Fluorescent Nanodiamonds in Vivo, Nano Letters, 12巻, 11号, pp. 5726-5732, 2012
  12. Regulation of behavioral plasticity by systemic temperature signaling in Caenorhabditis elegans., Nature Neuroscience, 14巻, 8号, pp. 984, 2011
  13. Identification of the AFD neuron as the site of action of the CREB protein in Caenorhabditis elegans thermotaxis, EMBO reports, 12巻, 8号, pp. 855-862, 2011
  14. Structural insights into the PIP2 recognition by syntenin-1 PDZ domain., Biochem Biophys Res Commun, 366巻, 2号, pp. 373-378, 2008
  15. Crystal structures of autoinhibitory PDZ domain of Tamalin: implications for metabotropic glutamate receptor trafficking regulation, EMBO Journal, 26巻, 8号, pp. 2192-2205, 2007

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 日本の研究.com参照 https://research-er.jp/researchers/view/250939