後藤 景介KEISUKE GOTO

Last Updated :2019/11/01

ホームページ
メールアドレス
keigotohiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2004年05月, 2006年03月, 広島大学, 病院, 研修医
  • 2006年04月, 2006年06月, 広島大学, 病院, 医員
  • 2006年07月, 2008年06月, JA広島総合病院, 医師
  • 2008年07月, 2010年03月, たかの橋中央病院, 医師
  • 2010年04月, 2011年03月, 呉医療センター, 医師
  • 2016年04月01日, 2016年11月30日, 広島大学, 病院, 医科診療医
  • 2016年12月, 2018年12月, University of Hawaii Cancer Center, Postdoctoral Research Fellow
  • 2019年01月01日, 広島大学, 病院, 助教

学歴

  • 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 博士課程創生医科学専攻, 日本, 2011年10月, 2016年01月
  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1998年04月, 2004年03月

学位

  • 博士(医学)(広島大学)

所属学会

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Fibroblast Growth Factor Family in the Progression of Prostate Cancer, JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE, 8巻, 2号, 201902
  2. Protocadherin B9 promotes resistance to bicalutamide and is associated with the survival of prostate cancer patients., The Prostate, 79巻, 2号, 2019
  3. TUBB3 Reverses Resistance to Docetaxel and Cabazitaxel in Prostate Cancer., International journal of molecular sciences, 20巻, 16号, 2019
  4. Clinical staging of upper urinary tract urothelial carcinoma for T staging: Review and pictorial essay, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 2019
  5. Tubulocystic renal cell carcinoma: a review of literature focused on radiological findings for differential diagnosis., Abdominal radiology (New York), 43巻, 7号, 2018
  6. Uc.416 + A promotes epithelial-to-mesenchymal transition through miR-153 in renal cell carcinoma., BMC cancer, 18巻, 1号, 2018
  7. Subtype classification by urothelial differentiation markers stratified prognosis in patients with muscle invasive bladder cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 25巻, pp. 235-235, 2018
  8. Preoperative risk classification using neutrophil-lymphocyte ratio and hydronephrosis for upper tract urothelial carcinoma., Japanese journal of clinical oncology, 48巻, 9号, 2018
  9. Anastomosing haemangioma with fatty changes in the perirenal space: a lesion mimicking liposarcoma., BJR case reports, 4巻, 2号, 2018
  10. Imaging features of papillary renal cell carcinoma with cystic change-dominant appearance in the era of the 2016 WHO classification., Abdominal radiology (New York), 42巻, 7号, 2017
  11. Transcribed ultraconserved region Uc.63+ promotes resistance to docetaxel through regulation of androgen receptor signaling in prostate cancer., Oncotarget, 8巻, 55号, 2017
  12. Serous adenocarcinoma of retroperitoneum: a case report., International cancer conference journal, 6巻, 4号, 2017
  13. Chronic kidney disease as a risk factor for recurrence and progression in patients with primary non-muscle-invasive bladder cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 24巻, 8号, pp. 594-600, 2017
  14. Body mass index as a classifier to predict biochemical recurrence after radical prostatectomy in patients with lower prostate-specific antigen levels., Molecular and clinical oncology, 6巻, 5号, 2017
  15. Combination therapy using molecular-targeted drugs modulates tumor microenvironment and impairs tumor growth in renal cell carcinoma., Cancer medicine, 6巻, 10号, 2017
  16. The transcribed-ultraconserved regions in prostate and gastric cancer: DNA hypermethylation and microRNA-associated regulation., Oncogene, 35巻, 27号, 2016
  17. A case of tubulocystic carcinoma of the kidney with aggressive features., Japanese journal of radiology, 34巻, 4号, 2016
  18. FGF19 Promotes Progression of Prostate Cancer, PROSTATE, 75巻, 10号, pp. 1092-1101, 2015
  19. Identification of PRL1 as a novel diagnostic and therapeutic target for castration-resistant prostate cancer by the Escherichia coli ampicillin secretion trap (CAST) method, UROLOGIC ONCOLOGY-SEMINARS AND ORIGINAL INVESTIGATIONS, 32巻, 6号, pp. 769-778, 2014
  20. Prostate cancer detection by prostate-specific antigen-based screening in the Japanese Hiroshima area shows early stage, low-grade, and low rate of cancer-specific death compared with clinical detection., Canadian Urological Association journal = Journal de l'Association des urologues du Canada, 8巻, 5-6号, 2014
  21. Accumulation of FGF9 in prostate cancer correlates with epithelial-to-mesenchymal transition and induction of VEGF-A expression., Anticancer research, 34巻, 2号, 2014
  22. 転移性腎細胞癌に対するエベロリムス投与後に急性腎不全を来たした1例, 西日本泌尿器科, 75巻, 7号, pp. 383-389, 20130720
  23. MicroRNA-155 is a predictive marker for survival in patients with clear cell renal cell carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 20巻, 5号, pp. 468-477, 2013
  24. Expression of miR-486 is a potential prognostic factor after nephrectomy in advanced renal cell carcinoma., Molecular and clinical oncology, 1巻, 2号, 2013
  25. Inguinal hernia after radical perineal prostatectomy: Comparison with the retropubic approach, UROLOGY, 70巻, 6号, pp. 1152-1156, 2007
  26. ★, A Subset of Mesotheliomas With Improved Survival Occurring in Carriers of BAP1 and Other Germline Mutations., Journal of Clinical Oncology, 36巻, 35号, pp. 3485-3494
  27. Comparison of initial experiences of robot-assisted radical cystectomy with those of laparoscopic for bladder cancer., Innovations (Philadelphia, Pa.), 9巻, 4号, 2014

著書等出版物

  1. 2017年09月, 第68回西日本泌尿器科学会総会 学術奨励賞 膀胱癌のサブタイプ分類と分子標的治療への試み, 西日本泌尿器科 = The Nishinihon journal of urology, 林 哲太郎;後藤 景介;神明 俊輔;井上 省吾;亭島 淳;松原 昭郎
  2. 2016年;2月01日, The transcribed-ultraconserved regions in prostate and gastric cancer : DNA hypermethylation and microRNA-associated regulation, 後藤, 景介, 後藤, 景介
  3. 2015年, 非翻訳RNAをコードする超保存領域の癌における組織腫瘍マーカーとしての意義, 日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 後藤 景介;石川 聖;服部 拓也;向井 正一朗;浦岡 直礼;仙谷 和弘;大上 直秀;亭島 淳;松原 昭郎;安井 弥
  4. 2014年, CAST 法を用い同定したOligophrenin-1の前立腺癌における組織腫瘍マーカーとしての意義, 日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 後藤 景介;林 哲太郎;神明 俊輔;坂本 直也;仙谷 和弘;大上 直秀;亭島  淳;松原 昭郎;安井  弥
  5. 2013年07月, 転移性腎細胞癌に対するエベロリムス投与後に急性腎不全を来たした1例, 西日本泌尿器科 = The Nishinihon journal of urology, 柴田 昌紀;後藤 景介;林 哲太郎 他;林 哲太郎
  6. 2012年03月, 腎孟尿管癌術後再発に関する臨床的検討, 西日本泌尿器科, 後藤 景介;甲田 俊太郎;繁田 正信
  7. 2011年11月, 腹腔鏡下腎盂形成術の治療成績, 西日本泌尿器科, 後藤 景介;甲田 俊太郎;繁田 正信
  8. 2011年09月, 腹腔鏡下前立腺全摘除術の治療成績および周術期合併症の臨床的検討, Japanese journal of endourology, 後藤 景介;甲田 俊太郎;繁田 正信
  9. 2011年08月, 症例 腎細胞癌に対する根治的腎摘除術後に発生した残存尿管腫瘍, 臨床泌尿器科, 池田 健一郎;望月 英樹;後藤 景介 他;後藤 景介
  10. 2011年08月, 腹腔鏡下前立腺全摘除術の治療成績, 西日本泌尿器科, 後藤 景介;甲田 俊太郎;繁田 正信
  11. 2011年04月, 腹腔鏡下腎部分切除術 腫瘍が上極にあって視野が確保できない, 臨床泌尿器科, 繁田 正信;甲田 俊太郎;後藤 景介
  12. 2011年04月, 腹腔鏡下腎部分切除術 腎盂が半分ほど欠損してしまった, 臨床泌尿器科, 繁田 正信;甲田 俊太郎;後藤 景介
  13. 2010年12月, 尿路上皮癌の治療経過中に発生した膀胱小細胞癌の1例, 西日本泌尿器科, 後藤 景介;林 哲太郎;井上 洋二 他;井上 洋二
  14. 2010年11月, 限局性前立腺癌に対する高密度焦点式超音波(HIFU)治療後のQOL, 西日本泌尿器科, 後藤 景介;林 哲太郎;井上 洋二 他;井上 洋二
  15. 2010年06月, 長径10mm以上の上部尿管結石に対する治療戦略, 広島医学, 後藤 景介;林 哲太郎;井上 洋二 他;井上 洋二
  16. 2008年01月, 褐色細胞腫と神経節腫が混在した副腎髄質腫瘍の1例, 西日本泌尿器科, 共著, 後藤 景介;望月 英樹;稗田 圭介 他;稗田 圭介

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 腔鏡下右副腎摘除術における侵襲性、整容性、満足度のアプローチ別比較, 井上省吾、林哲太郎、後藤景介、稗田圭介、亭島淳、松原昭郎, 第31回日本内分泌外科学会総会, 2019年06月13日, 通常, 日本語, 東京
  2. Parallels between immunohistochemical classification of upper and lower tract urothelial carcinoma using markers of urothelial differentiation, Tetsutaro Hayashi, Kazuhiro Sentani, Hiroshima, Japan; Kenichiro Ikeda, Vancouver, Canada; Keisuke Goto, Hawaii, HI; Htoo Zarni Oo, Vancouver, Canada; Hamidreza Abdi, Ottawa, Canada,Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Jun Teishima, Wataru Yasui,Hiroshima, Japan; Peter C Black, Vancouver, Canada; Akio Matsubara, AUA2019, 2019年05月03日, 通常, 英語, Chicago
  3. 内視鏡下腎尿管全摘を行った臨床病期III以下の尿管癌の術前予後予測因子: 尿管癌の深達度評価に有用なCT grading systemは予後予測因子となる, 林哲太郎、後藤景介、本田有紀子、仙谷和弘、小羽田悠貴、池田健一郎、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、粟井和夫、安井弥、松原昭郎, 第107回日本泌尿器科学会総会, 2019年04月18日, 通常, 日本語, 名古屋
  4. 臨床病期Ⅲ期以下の上部尿路上皮癌における病理学的リンパ節転移の術前予測因子: 好中球/リンパ球比は有用な予測因子となる, 畑山 智哉、 林 哲太郎, 井上 省吾, 神明 俊輔, 本田 有紀子, 小羽田 悠貴, 後藤 景介, 福岡 憲一郎, 稗田 圭介, 亭島 淳, 粟井 和夫, 松原 昭郎, 第107回日本泌尿器科学会総会, 2019年04月18日, 通常, 日本語, 名古屋
  5. 前立腺癌においてprotocadherin B9はビカルタミド耐性に関わり、予後不良因子である, 関野 陽平,大上 直秀, 後藤 景介, 重松 慶紀, 林 哲太郎, 坂本 直也, 仙谷 和弘, 亭島 淳, 安井 弥, 松原 昭郎, 第107回日本泌尿器科学会総会, 2019年04月18日, 通常, 日本語, 名古屋
  6. Parallels between immunohistochemical classification of upper and lower tract urothelial carcinoma using markers of urothelial differentiation., Tetsutaro Hayashi, Kazuhiro Sentani, Kenichiro Ikeda, Keisuke Goto, Htoo Zarni Oo, Hamidreza Abdi Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Jun Teishima, Wataru Yasui, Peter C Black and Akio Matsubara., 34th Annual EAU Congress, 2019年03月15日, 通常, 英語, Barcelona
  7. Accurate clinical T3 staging by a Computed Tomography scoring system is an independent preoperative predictor of survival in patients with urothelial carcinoma of the ureter., Tetsutaro Hayashi, Keisuke Goto, Yukiko Honda, Ryan S Hsi, Kazuhiro Sentani, Ikeda Kenichiro, Yuki Kohada, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Jun Teishima, Wataru Yasui, Kazuo Awai and Akio Matsubara., 34th Annual EAU Congress, 2019年03月15日, 通常, 英語, Barcelona
  8. PCDHB9 promotes resistance to bicalutamide and is associated with the survival of prostate cancer patients., Sekino Y. , Goto K , Sakamoto N , Oue N , Sentani K , Hayashi T, Teishima J , Yasui A , Matsubara A, 34th Annual EAU Congress, 2019年03月15日, 通常, 英語, Barcelona
  9. 前立腺癌においてprocadherin B9はビカルタミド耐性に関わり、予後不良因子である。, 関野陽平、大上直秀、後藤景介、重松慶紀、林哲太郎、坂本直也、仙谷和弘、亭島淳、安井弥、松原昭郎, 第28回泌尿器分子細胞研究会, 2019年02月23日, 通常, 日本語, 下関
  10. 尿路上皮癌に対する抗体薬物複合体治療の可能性, 林哲太郎、関野陽平、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第28回泌尿器科分子・細胞研究会, 2019年02月22日, 通常, 日本語, 下関
  11. 鏡視下腎尿管全摘除術を行なった尿管癌の術前予後予測因子, 林 哲太郎、後藤 景介, 本田 有紀子, 小羽田 悠貴, 池田 健一郎, 神明 俊輔, 井上 省吾, 亭島 淳, 粟井 和夫, 松原 昭郎, 第32回 日本泌尿器内視鏡学会総会, 2018年11月27日, 通常, 日本語, 仙台
  12. 蛍光膀胱鏡補助下の経尿道的膀胱腫瘍一塊切除術による膀胱平坦病変の病理学的評価, 林哲太郎、小林加直、後藤景介、宮本俊輔、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第1回泌尿器光力学研究会学術集会, 2018年11月27日, 招待, 日本語, 仙台
  13. 臨床病期Ⅲ期以下の上部尿路上皮癌における病理学的リンパ節転移の術前予測因子, 畑山智哉、林哲太郎、井上省吾、神明俊輔、本田有紀子、小羽田悠貴、後藤景介、福岡憲一郎、稗田圭介、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  14. STAT1 シグナルは膀胱癌の抗がん剤耐性化を促進し予後不良に寄与するが、STAT1発現抑制は抗がん剤感受性を回復させ、新規併用治療法となる, 林哲太郎、神明俊輔、福岡憲一郎、後藤景介、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎, 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  15. 臨床病期III期以下の上部尿路上皮癌における病理学的リンパ節転移の術前予測因子, 畑山 智哉, 林 哲太郎, 井上 省吾, 神明 俊輔, 後藤 景介, 福岡 憲一郎, 稗田 圭介, 亭島 淳, 松原 昭郎, 本田 有紀子, 粟井 和夫, 小羽田 悠貴, 第112回広島がん治療研究会, 2018年09月22日, 通常, 日本語, 広島
  16. FGF family in progression of prostate cancer., Jun Teishima,Tetsutaro Hayashi,Hirotaka Nagamatsu,Koichi Shoji,Keisuke Goto, Akio Matsubara, 第5回前立線生物学シンポジウム伊勢志摩2018, 2018年07月12日, 通常, 英語, 鳥羽
  17. Immunohistochemical classification using urothelial differentiation markers can stratify prognosis in patients with muscle invasive bladder cancer, Tetsutaro Hayashi, Kazuhiro Sentani, Keisuke Goto, Htoo Zarni Oo,Hamidreza Abdi, Kazuaki Mutaguchi, Nakatsu, Japan, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Jun Teishima, Wataru Yasui, Peter C Black,, Akio Matsubara, 2018 AUA Annual Meeting, 2018年05月17日, 通常, 英語, San Francisco
  18. Uc.63+ promotes resistance to docetaxel through androgen receptor signaling and a promising serum biomarker for docetaxel treatment in prostate cancer, Yohei Sekino,Naoya Sakamoto, Keisuke Goto, Ririno Honma, Yoshinori Shigematsu, Kazuhiro Sentani, Naohide Oue, Jun Teishima, Wataru Yasui, Akio Matsubara, 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018年04月19日, 通常, 日本語, 京都
  19. Subtype classification by urothelial differentiation markers stratified prognosis in patients with muscle invasive bladder cancer, Tetsutaro Hayashi,Kazuhiro Sentani, Keisuke Goto, Kazuaki Mutaguchi, Kohei Kobatake, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Jun Teishima, Wataru Yasui, Akio Matsubara, 16th UAA Congress 2018, 2018年04月18日, 通常, 英語, 京都
  20. Transcribed ultraconserved region Uc.63+ promotes resistance to docetaxel through regulation of androgen receptor signaling in prostate cancer, SekinoY.SakamotoN.GotoK.HonmaR.ShigematsuY.SentaniK.OueN.TeishimaJ.YasuiW.MatsubaraA., EAU European Association Urology 2018, 2018年03月16日, 通常, 英語, Copenhagen
  21. 転写超保存領域Uc.416+Aは去勢抵抗性前立腺癌と関連する, 後藤景介、本間りりの、関野陽平、重松慶紀、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎、安井弥, 第75回日本癌学会学術集会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  22. SW for ED, 井上省吾、関野陽平、後藤景介、稗田圭介、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎, 日本アンドロロジー学会第38回学術大会, 2016年06月21日, 通常, 日本語, 大阪
  23. 転写超保存領域Uc.416+Aの胃癌における生物学的機能解析, 後藤景介、本間りりの、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井弥, 後藤景介、本間りりの、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井弥(分子病理筆頭での発表・後藤先生個人の業績にはなります。), 2016年05月14日, 通常, 英語, 仙台
  24. 転写超保存領域T-UCR の胃癌・前立腺癌における発現制御機構, 後藤 景介、石川 聖、本間 りりの、坂本 直也、仙谷 和弘、大上 直秀、亭島 淳、松原 昭郎、安井 弥, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 英語
  25. CTパターンを用いた尿管癌の術前病期診断, 後藤 景介,本田 有紀子, 仙谷 和弘, 池田 健一郎, 小畠 浩平, 亭島 淳, 粟井 和夫, 安井 弥, 松原 昭郎, 第 103 回日本泌尿器科学会総会, 2015年04月18日, 通常, 日本語, 金沢
  26. 非翻訳RNAコードする超保存領域の胃癌における発現解析, 後藤景介、石川 聖、服部拓也、浦岡直礼、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年10月, 通常, 日本語, 横浜
  27. 非翻訳RNAをコードする超保存領域の癌における組織腫瘍マーカーとしての意義., 後藤景介、石川 聖、服部 拓也、向井 正一朗、浦岡 直礼、仙谷 和弘、大上 直秀、亭島 淳、松原 昭郎、安井 弥, 第34回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2014年09月24日, 通常, 日本語, 横浜
  28. 非翻訳RNAをコードする超保存領域の胃癌、前立腺癌における発現解析, 後藤景介、石川 聖、浦岡 直礼、仙谷 和弘、大上 直秀、亭島 淳、松原 昭郎、安井 弥, 第33回分子病理学研究会, 2014年07月25日, 通常, 日本語, 蔵王
  29. CAST法により同定した前立腺癌新規バイオマーカーのOPHN1は前立腺癌の進展に関わる., 後藤景介、林哲太郎、神明俊輔、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語
  30. CAST法を用い同定したOligophrenin-1の前立腺癌における組織腫瘍マーカーとしての意義., 後藤景介、林哲太郎、神明俊輔、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第33回分子腫瘍マーカー研究会, 2013年10月02日, 通常, 日本語, 横浜
  31. CAST法を用い同定したOligophrenin-1の前立腺がんにおける発現と機能解析, 後藤景介、神明俊輔、林哲太郎、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎, 第32回分子病理学研究会吉野シンポジウム, 2013年07月21日, 通常, 日本語, 吉野
  32. CAST法を用い同定したOPHN1の前立腺癌における発現上昇と予後との相関., 後藤景介、神明俊輔、林哲太郎、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第102回日本病理学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 札幌
  33. CAST法を用いた前立腺癌の新規バイオマーカーの解析:前立腺癌におけるOPHN1発現上昇と予後との関係., 後藤景介、林哲太郎、神明俊輔、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥, 第22回泌尿器科分子・細胞研究会, 2013年03月08日, 通常, 日本語, 高知
  34. 初発筋層非浸潤膀胱癌に対するTUR後のピラルビシン膀胱内注入療法の効果., 後藤景介、小林加直、定秀孝介、岡清貴、宮本克利、高広悠平、丸山聡、小深田義勝、林睦雄、亭島淳、松原昭郎, 第152回日本泌尿器科学会広島地方会, 2012年10月13日, 通常, 日本語
  35. 進行腎細胞癌におけるmiR-486発現の予後予測因子としての意義., 後藤景介、神明俊輔、坂本直也、仙谷和弘、阿南勝宏、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎、大上直秀、安井 弥, 第71回日本癌学会学術総会, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 札幌
  36. 腎細胞癌におけるmiR-486の発現と予後との相関., 後藤景介、神明俊輔、坂本直也、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎、大上直秀、安井 弥, 第31回分子病理学会研究会, 2012年07月21日, 通常, 日本語, 岐阜
  37. 腎癌におけるTSPAN8の免疫組織学的検討:TSPAN8は腎癌の予後不良因子である., 後藤景介、林哲太郎、仙谷和弘、阿南勝宏、大上直秀、坂本直也、浦岡直礼、亭島 淳、松原昭郎、安井 弥:, 第70回日本癌学会学術総会, 2011年10月03日, 通常, 日本語, 名古屋
  38. 当科における腎盂尿管癌の治療成績., 91. 後藤景介、甲田俊太郎、繁田正信, 第148回日本泌尿器科学会広島地方会, 2011年01月22日, 通常, 日本語, 広島
  39. 去勢抵抗性前立腺癌における内分泌性FGF のバイオマーカーとして の意義, 亭島淳、山口佑果、永松弘孝、志熊紘行、藤井慎介、後藤景介、 神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、松原昭郎, 第77回日本癌学会総会, 2010年92月, 通常, 日本語, 大阪
  40. 当科における後腹膜鏡下前立腺全摘除術100例の経験., 後藤景介、甲田俊太郎、繁田正信, 第62回日本泌尿器科学会西日本総会, 2010年11月06日, 通常, 日本語, 鹿児島
  41. 当科における後腹膜鏡下前立腺全摘除術100例の経験., 後藤景介、甲田俊太郎、繁田正信:, 第24回日本Endourology ESWL学会総会, 2010年10月22日, 通常, 日本語, 京都
  42. 後腹膜鏡下前立腺全摘後、骨盤内再発が疑われる一例., 後藤景介、甲田俊太郎、繁田正信, 第146回日本泌尿器科学会広島地方会, 2010年06月12日, 通常, 日本語
  43. 当科における後腹膜鏡下前立腺全摘除術100例の経験., 後藤景介、甲田俊太郎、繁田正信, 第146回日本泌尿器科学会広島地方会, 2010年06月12日, 通常, 日本語, 広島
  44. 前立腺癌診断におけるMRI検査の有用性の検討., 後藤景介、林哲太郎、井上洋二、林 睦雄, 第98回日本泌尿器科学会総会, 2010年04月27日, 通常, 日本語, 盛岡
  45. 限局性前立腺癌に対する高密度焦点式超音波(HIFU)療法131例の成績., 後藤景介、林哲太郎、井上洋二、林 睦雄, 第14回中国四国泌尿器科悪性腫瘍研究会, 2010年02月13日, 通常, 日本語, 岡山
  46. 長径10mm以上の上部尿管結石に対する治療戦略., 後藤景介、林哲太郎、井上洋二、林 睦雄, 第145回日本泌尿器科学会広島地方会, 2010年02月06日, 通常, 日本語, 広島
  47. 膀胱小細胞癌の一例., 119. 後藤景介、林哲太郎、井上洋二、林 睦雄:, 第144回日本泌尿器科学会広島地方会, 2009年11月28日, 通常, 日本語, 広島
  48. 限局性前立腺癌に対する高密度焦点式超音波(HIFU)120例の治療成績., 後藤景介、林哲太郎、井上洋二、林睦雄, 第61回日本泌尿器科学会西日本総会, 2009年11月05日, 通常, 日本語, 高松
  49. 当院におけるf-TULの経験., 後藤景介、林哲太郎、井上洋二、林睦雄, 第24回広島EE研究会, 2009年09月19日, 通常, 日本語, 広島
  50. 限局性前立腺癌に対する高密度焦点式超音波(HIFU)治療後のQOL., 後藤景介、林哲太郎、井上洋二、林睦雄, 第97回日本泌尿器科学会総会, 2009年04月19日, 通常, 日本語, 岡山
  51. L型腎に発生した腎尿管結石の治療経験., 後藤景介、林哲太郎、井上洋二、林 睦雄, 第142回日本泌尿器科学会広島地方会, 2009年02月14日, 通常, 日本語, 広島
  52. 当院におけるf-TULの経験., 後藤景介、林哲太郎、井上洋二、林睦雄, 第141回日本泌尿器科学会広島地方会, 2008年12月20日, 通常, 日本語, 広島
  53. 限局性前立腺癌に対する高密度焦点式超音波(HIFU)治療後のQOL., 後藤景介、林哲太郎、井上洋二、林睦雄, 第60回日本泌尿器科学会西日本総会, 2008年11月06日, 通常, 日本語, 北九州
  54. 限局性前立腺癌に対する高密度焦点式超音波(HIFU)治療後のQOL., 後藤景介、林哲太郎、井上洋二、林睦雄, 第23回広島EE研究会, 2008年09月27日, 通常, 日本語, 広島
  55. Wegener肉芽腫症に対するCyclophosphamide投与後に発生した膀胱癌の1例., 後藤景介、望月英樹、小深田義勝、廣本宣彦, 第140回日本泌尿器科学会広島地方会, 2008年06月21日, 通常, 日本語, 広島
  56. 広島総合病院における腎癌手術の検討, 後藤景介、望月英樹、稗田圭介、植木哲裕、小深田義勝、廣本宣彦, 第59回日本泌尿器科学会西日本総会, 2007年11月08日, 通常, 日本語, 松山
  57. 腎癌術後の残存尿管腫瘍の1例., 後藤景介、望月英樹、小深田義勝、廣本宣彦, 第137回日本泌尿器科学会広島地方会, 2007年06月16日, 通常, 日本語, 広島
  58. 両側腎に発生したMultilocular renal cell carcinomaの1例., 後藤景介、望月英樹、小深田義勝、廣本宣彦, 第136回日本泌尿器科学会広島地方会, 2007年02月17日, 通常, 日本語, 広島
  59. 前立腺全摘除術後の鼠径ヘルニア 恥骨後式vs.会陰式., 後藤景介、松原昭郎、亭島淳、石光広、長谷川泰久、安本博晃、碓井亞、丸山聡、小林加直、安川明廣、大口泰助、甲田俊太郎、中原満、藤原政治、石田吉樹、永松弘孝, 第134回日本泌尿器科学会広島地方会, 2006年06月03日, 通常, 日本語, 広島
  60. 腹腔鏡下に手術した下大静脈後尿管の1例., 後藤景介、角西雄一、繁田正信、碓井亞, 第131回日本泌尿器科学会広島地方会, 2005年06月04日, 通常, 日本語, 広島

受賞

  1. 2016年06月, 平成27年度広島大学広仁会賞, 広島大学, Oligophrenin-1 is associated with cell adhesion and migration in prostate cancer
  2. 2016年03月23日, 平成27年度広島大学学生表彰, 広島大学, 泌尿器系癌の分子病理学的研究に関する研究業績
  3. 2015年07月26日, 第34回分子病理学研究会 優秀ポスター賞, 分子病理学研究会, 非翻訳RNAをコードする転写超保存領域の前立腺癌、胃癌における発現調節機構
  4. 2013年07月21日, 第32回分子病理学研究会 優秀ポスター賞, 分子病理学研究会, CAST法を用い同定したOligophrenin-1の前立腺癌における発現と機能解析
  5. 2013年12月13日, 広島大学大学院 エクセレントスチューデント・スカラシップ, 広島大学大学院 
  6. 2012年09月26日, 日本泌尿器科学会 第152回広島地方会学術集会ベストプレゼンテーション賞, 日本泌尿器科学会広島地方会, 初期筋層非浸潤膀胱に対するTURBT後ピラルビシン膀胱内注入療法の再発抑制効果
  7. 2010年11月10日, 第63回広島医学会賞, 広島医学会, 長径10mm以上の上部尿管結石に対する治療戦略