隅谷孝洋TakahiroSumiya

Last Updated :2019/10/01

所属・職名
情報メディア教育研究センター情報メディア教育研究センター准教授
ホームページ
メールアドレス
sumiriise.hiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山1丁目7-1情報メディア教育研究センター
TEL:082-424-6309
自己紹介
広島大学情報メディア教育研究センター情報教育研究部門というところに勤務しています。主な担当は教育へのICT利用支援と情報教育。元の専門は統計データ解析ですが、センターに勤務するようになってから教育工学を主な研究分野とするようになりました。

基本情報

主な職歴

  • 1989年01月01日, 1995年03月31日, 広島大学, 教務員
  • 1995年01月01日, 1998年03月31日, 広島大学, 助手
  • 1998年01月01日, 2001年03月31日, 広島大学, 講師
  • 2001年04月01日, 広島大学, 助教授

学歴

  • 広島大学, 工学研究科, 情報工学専攻, 日本, 1987年04月, 1989年03月
  • 広島大学, 総合科学部, 総合科学科, 日本, 1983年04月, 1987年03月

学位

  • 博士(学術)(広島大学)
  • 学術修士(広島大学)

研究分野

  • 複合領域 / 科学教育・教育工学 / 教育工学

研究キーワード

  • 学習支援システム
  • eポートフォリオ
  • ヒトの成長曲線

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 2ターム, 情報活用基礎[1総総,1文,1工二,1工三,1工四,1工特,1生]
  2. 2019年, 教養教育, 2ターム, 情報活用基礎[1教,1法]
  3. 2019年, 教養教育, 1ターム, 情報活用基礎[1医,1歯,1薬]
  4. 2019年, 学部専門, 2ターム, 情報メディア演習
  5. 2019年, 学部専門, 3ターム, メディア概論I
  6. 2019年, 学部専門, 4ターム, メディア概論II
  7. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 総合科学演習
  8. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 総合科学演習
  9. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 計算統計情報環境論
  10. 2019年, 学部専門, 3ターム, 多変量解析
  11. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 情報内容学特講IV(メディアと情報)
  12. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 情報内容学演習IV(メディアと情報)
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 大学教員養成講座
  14. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 集中, 大学教員養成講座

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Influence of Pneumococcal Conjugate Vaccine on Acute Otitis Media with Severe Middle Ear Inflammation: A Retrospective Multicenter Study, PLOS ONE, 10巻, 9号, SEP 8 2015
  2. Comparative analysis of diferent lectures using item response theory for instructional imporovement, Proceedings of e-Society 2013, pp. pp.505-507, 20130301
  3. 広島大学における情報セキュリティ・コンプライアンス教育の取組み, 情報処理学会研究報告, 2012-IOT-18巻, 2号, pp. 1-6, 20120601
  4. ネットワーク・コミュニティを通した学習者間の相互作用とその効果に関す るシミュレーション分析, 教育システム情報学会誌, 28巻, 1号, 20110101
  5. 大学一年生の文献情報リテラシー能力と図書館による情報リテラシー授業の評価, 大学図書館研究, 92巻, pp. 27-35, 20110801
  6. An Analysis of Communication Network Structures In a University Social Network Service., Proceedings of E-Learn 2010 (World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare & Higher Education), 20101001
  7. DESIGN AND IMPLEMENTATION OF A COURSE VISUALIZATION PLATFOR, Proceedings of the Eighth IASTED International Conference WEB-BASED EDUCATION, pp. 132-136, 20090317
  8. How Do You Manage Your Course Materials to Develop, Share and Use Flexibly?, Proceedings of Society for Information Technology and Teacher Education International Conference, pp. 2624-2627, 20080306
  9. PCR-mediated one-step deletion of targeted chromosomal regions in haploid Saccharomyces cerevisiae, APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 80巻, 3号, pp. 545-553, SEP 2008
  10. AN ANALYSIS OF A COMMUNICATION NETWORK STRUCTURE ON BBS IN A E-LEARNING COURSE, Proceedings of the Sixth IASTED International Conference WEB-BASED EDUCATION (WBE2007), pp. 149-152, 20070316
  11. DESIGN CONCEPT OF A COURSE VISUALIZATION PLATFORM, Proceedings of E-Learn 2007 (World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, & Higher Education),, pp. 499-504, 20070316
  12. An Analysis of a Keyword Network Structure in Online-Discussion in E-Learning Courses, Proceedings of E-learn 2007, pp. 6572-6578, 20071001
  13. e-Learning 学習環境において形成されるコミュニケーション・ネットワークの構造的な特性を分析する試み, 日本教育工学会論文誌, 31巻, 3号, pp. 359-371, 20071220
  14. Large scale deletions in the Saccharomyces cerevisiae genome create strains with altered regulation of carbon metabolism, APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 75巻, 3号, pp. 589-597, JUN 2007
  15. Relationships between Biological parameters of Japanese growth of Height, Environmetrics, 12巻, 4号, pp. 367-382, 20010401
  16. アカウント体系再編の評価, 学術情報処理研究, 5巻, pp. 43-48, 20011001
  17. Relationships Among Biological Growth Parameters for Body Weight in Japanese Children, Growth= Development & Aging, 64巻, 3号, pp. 91-112, 20010401
  18. Problem Solving Environment for Genome Analysis, Proceedings of the Korean-Japan Computer Graphics Conference, pp. 196-203, 20010401
  19. Multipurpose Independent-Study Environment for Information Technology Based Education and Training, Proceedings of 2nd International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training, pp. CD-ROM, 20010401
  20. Relationships between biological parameters of Japanese growth of height, ENVIRONMETRICS, 12巻, 4号, pp. 367-382, JUN 2001
  21. 大規模複合型キャンパス情報システムと利用者指向のサービス運営プロセス(共著), 学術情報処理研究, 4巻, pp. 55-62, 20000401
  22. 大学情報サービス基盤としてのアカウント体系(共著), 学術情報処理研究, 4巻, pp. 63-72, 20000401
  23. 大学情報サービス基盤整備における情報処理センターの役割(共著), 学術情報処理研究, 4巻, pp. 93-97, 20000401
  24. パスワード変更警告メールに対する利用者の反応(共著), 学術情報処理研究, 4巻, pp. 99-103, 20000401
  25. 大規模複合型キャンパス情報システムと利用者指向のサービス運営プロセス, 学術情報処理, 4巻, 2000号, pp. 55-62, 20000401
  26. Height and menarcheal age on Japanese girls, Acta Medica Auxologuca, 30巻, 1号, pp. 15-24, 19990401
  27. Relationship between adult stature and menarcheal age(共著), The 8th international congress of Auxology, 19970401
  28. Remarks on a relationship between timing of pubertal spurt and adult weight (共著), Acta Medica Auxologica, 28巻, 2号, pp. 69-74, 19960401
  29. Relationship between adult stature and the timing of the pubertal growth spurt (共著), American Journal of Human Biology, 8巻, pp. 417-426, 19960401
  30. On an approximation of average growth curve for a nonlinear growth model (共著), 第10回日本計算機統計学会大会, 19960401
  31. On a growth prediction of Japanese height (共著), Journal of the Japanese Society of Computational Statistics, 7巻, 1号, pp. 65-75, 19940401
  32. A prediction of individual growth of height according to an Empirical Bayesian approach (共著), Annals of the Institute of Statistical Mathematics, 43巻, 4号, pp. 607-619, 19910401

著書等出版物

  1. 2016年, 大学におけるeラーニング活用実践集, ナカニシヤ出版, 単行本(学術書), 共著, 9784779508851
  2. 2006年10月, 大学力, ミネルヴァ書房, 2006年10月, 単行本(学術書), 978-4623046300
  3. 2005年07月, WebCT:大学を変えるeラーニングコミュニティ, 東京電機大学出版局, 2005年, 7, 単行本(学術書), 共著, 978-4501539306

受賞

  1. 2013年12月19日, 最優秀論文賞, 大学ICT推進協議会2012年度年次大会プログラム委員長
  2. 2015年08月19日, 情報処理学会情報教育シンポジウムSSS2015 優秀論文賞, 一般社団法人情報処理学会情報教育シンポジウムSSS2015大会委員長

社会活動

委員会等委員歴

  1. eポートフォリオ研究WG推進委員, 2013年06月, 2014年05月, サイエンティフィック・システム研究会
  2. 学術・情報コンテンツ共有流通部会会員, 2013年04月, 2014年03月, 一般社団法人大学ICT推進協議会
  3. eポートフォリオ研究WG推進委員, 2014年06月, 2015年05月, サイエンティフィック・システム研究会
  4. 教育環境分科会企画委員, 2015年06月, 2016年05月, サイエンティフィック・システム研究会
  5. 安佐医師会血液調査委員会委員