藤本 紗央里SAORI FUJIMOTO

Last Updated :2020/09/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(保) 講師
メールアドレス
fsaorihiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(看護学) (広島大学)
  • 修士(看護学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 看護学 / 生涯発達看護学

研究キーワード

  • 母乳育児
  • ハイリスク新生児
  • 搾乳
  • クリマトクリット

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 栄養学
  2. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 社会福祉学
  3. 2020年, 学部専門, 集中, 総合実習
  4. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 母子看護論
  5. 2020年, 学部専門, 集中, 助産疾病論
  6. 2020年, 学部専門, 集中, 助産診断学
  7. 2020年, 学部専門, 集中, 助産技術学
  8. 2020年, 学部専門, 集中, 助産方法論
  9. 2020年, 学部専門, 集中, 助産学実習
  10. 2020年, 学部専門, 通年, 卒業研究
  11. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 社会福祉学
  12. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 栄養学
  13. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 社会福祉学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Development of a Neonatal End-of-Life Care Education Program for NICU Nurses in Japan, JOGNN-JOURNAL OF OBSTETRIC GYNECOLOGIC AND NEONATAL NURSING, 44巻, 4号, pp. 481-491, 2015
  2. Subsequent Pregnancy AFTER HAVING A BABY WHO WAS Hospitalized in the NICU, MCN-THE AMERICAN JOURNAL OF MATERNAL-CHILD NURSING, 39巻, 5号, pp. 306-312, 2014
  3. ファミリーセンタードケアに基づいた看護実践に関するNICU看護師の認識, 日本新生児看護学会誌, 19巻, 1号, pp. 16-22, 20130301
  4. 特集07産後1カ月健診での会話例とアクセスポイントを学ぶ! お母さんと赤ちゃんのトラブル&お悩み解決実践集 母乳育児のトラブル③産後しばらく母乳が出なかったので、粉ミルクをあげていました.ときどき母乳もあげているのですが,授乳のときに乳頭が痛みます.乳頭保護器を使った方がよいでしょうか?, ペリネイタルケア, 31巻, 6号, pp. 32-35, 20120601
  5. NICUに入院した子どもの退院を決心するまでの母親の経験-入院が長期化しやすい疾患をもつ子どもの母親に焦点をあてて-, 日本新生児看護学会誌, 18巻, 2号, pp. 10-18, 20121101
  6. 新生児終末期ケア教育プログラム開発のための質問紙調査, 日本新生児看護学会誌, 18巻, 2号, pp. 19-26, 20121101
  7. 早産した母親の母乳における搾乳開始から搾乳終了までの脂質割合の変化, 日本母乳哺育学会雑誌, 6巻, 2号, pp. 43-51, 20121201
  8. 早産児母乳育児における電動搾乳器の有効性, 日本新生児看護学会誌, 15巻, 2号, pp. 2-10, 20100301
  9. 前乳と後乳を区分する搾乳量の検討, 日本母乳哺育学会雑誌, 4巻, pp. 50, 20100901
  10. 助産師基礎教育における母乳育児支援に関する教育内容の検討, 日本母乳哺育学会雑誌, 4巻, pp. 43, 20100901
  11. 広島大学助産コースにおける「新生児蘇生法の教育」について, NICUmate ニキュ・メイト アトムメディカル株式会社, 29巻, pp. 6, 20101201
  12. 新人助産師が直面する母乳育児支援に関する問題, 20101001
  13. 広島県内の産科施設における助産師の役割, 広島県母性衛生学会, 20090307
  14. 住民および地域医療従事者の遺伝相談に関する認識とニーズに関する実態調査, 日本遺伝看護学会誌, 7巻, 1,2号, pp. 68-75, 20090801
  15. Analysis of Decision Making by Couples after Genetic Counseling ,Pursuant to the Diagnosis of Fetal Cystic Hygroma, e 1st International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science, 1巻, pp. 158, 20090901
  16. Analysis of Decision-Making Process after Genetic Counsering of Pregnant Women of Advanced Maternal Age, The 1st International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science, 1巻, pp. 158, 20090901
  17. Present Clinical Issues about Routine Blood Sampling in the NICU, 15th Congress of theFAOPS 2008, pp. 204, 20080423
  18. The Perception about Genetic Condition for Local Residents -Focus Interview for Motheres Who Have Child with Trisomy 21, 15th Congress of the FAOPS 2008, pp. 204, 20080423
  19. Actions of Certified Nurses in Neonaal Intensive Care in Japan, 15th Congress of the FAOPS 2008, pp. 202, 20080423
  20. Effectiveness of an Electric Breast Pump for Breastfeeding Mothers of Preterm Infants, 15th Congress of the FAOPS 2008, pp. 203, 20080423
  21. 遺伝に対する意識に関するフォーカスグループ研究, 日本遺伝看護学会誌, 6巻, 2号, pp. 40, 20080820
  22. 看護者の認識に基づいた周産期ファミリーケア研修プログラムの作成, 日本新生児看護学会誌, 14巻, 2号, pp. 24-29, 20081001
  23. Genetic Care Support Network in HIROSHIMA The perception about Genetic Condition for local residents, 21st Annual ISONG Conference, pp. 60, 20081109
  24. Cortical response and Computerized Quantitative analysis of Facial Motion of Preterm Infants in Heel Stick:The ifference in Response Between Disinfection and Heel Stick, Evidnce-based Advanced Nursing Practice:Research&Practice, pp. 118, 20081203
  25. Growth of mammary gland during pregnancy -comparison with parity-, Evidence-based Adbanced Nursing Practice :Research & Plactice, pp. 127, 20081203
  26. 新生児集中ケア認定看護師の活動に関する実態調査,-新生児集中ケア認定看護師への質問紙調査から-, 日本新生児看護学会誌, 13巻, 2号, pp. 50-57, 20070301
  27. 先天奇形を持つ子どもの親の出産および子どもに対する反応に関する記述研究, 日本新生児学会誌, 13巻, 2号, pp. 2-16, 20070301
  28. 新生児集中ケア認定看護師の活動に関する実態調査-NICU看護師長への質問紙調査から-, 日本新生児看護学会誌, 13巻, 2号, pp. 58-65, 20070301
  29. 就学児童以下の子どもを育てる住民の遺伝相談に関する意識調査, 日本遺伝看護学会誌, 5巻, 2号, pp. 31, 20071101
  30. 地域医療従事者の遺伝医療に対する意識調査-第31回遺伝カウンセリング学会集会-, 日本遺伝カウンセリング学会誌, 28巻, 1号, pp. 35, 20070424
  31. 広島県における産後1ヶ月までの母乳哺育の実態調査, 広島県母性衛生学会, 20070303
  32. 4年制大学新卒助産師に期待される能力~助産学卒業生・病棟責任者・出産経験のある女性の視点から~, 第21回日本助産学会, 20070301
  33. NICUにおけるルチーン採血の現状と課題, 日本新生児看護学会誌, 13巻, 3号, pp. 18-25, 20071201
  34. 「重篤な疾患を持つ新生児の医療をめぐる話し合いのガイドライン」の実用性に関する検討, 日本新生児看護学会誌, 13巻, 3号, pp. 34-40, 20071201
  35. Development of face scale for pain assessment of preterm infants:Computerized quantitative analysis of facial motion, ICN Conference and CNR, 20070530
  36. Study on life history of people with genetic issues, ICN Conference and CNR, 20070530
  37. Verification of reliability and validity of face scale based on quantification of facial expressinon movement of preterm infants, ICN Conference and CNR, 20070530
  38. 新生児個別標識法としての児体記入に対する看護者の認識-児体記入の経験の有無による比較-, 日本新生児看護学会誌, 12巻, 1号, pp. 33-38, 20060201
  39. 新生児個別標識法としての児体記入に対する母親の認識, 日本新生児看護学会誌, 12巻, 1号, pp. 39-43, 20060201
  40. 早産児の非薬理的沈痛法に関する研究上の課題, 日本新生児看護学会誌, 12巻, 1号, pp. 2-8, 20060201
  41. NICU看護技術標準化によるエビデンスに基づいた安全対策に関する研究 総合研究報告書(平成16~17年度), 厚生労働科学研究費補助金医療技術評価総合研究事業, pp. 1-110, 20060601
  42. 臨牀看護 新ケア技術のエビデンス「新生児痛みのケアのエビデンス」, へるす出版, 32巻, 12号, pp. 1850-1860, 20061001
  43. Mothers’ experiences of expressing breast milk for neonates in the NICU -Difference between hand and electric breast pump expression-, Journal of Health Sciences Hiroshima University, 6巻, 1号, pp. 65-70, 20061201
  44. 遺伝的課題を有する人々のライフヒストリー研究, 第3回広島保健学学会学術集会, 20061001
  45. 出産経験のある女性からみた4年生大学新卒助産師に期待する能力, 第3回広島保健学学会学術集会, 20061001
  46. 妊娠第1三半期に認めたNuchal Translucency(NT)に関する遺伝カウンセリングの検討, 第13回遺伝性疾患に関する出生前診断研究会, 20061101
  47. 小児領域における訪問看護ステーションの活用 第一報:訪問看護ステーションの立場からみた実情と課題, 日本新生児看護学会誌, 11巻, 1号, pp. 32-37, 20050101
  48. Mothers’ experiences of breastfeeding for high-risk neonates, 27th Congress of the International Confederation of Midwives, 20050701
  49. 体外受精を受けた女性の妊娠・出産・育児期における不安に関する調査, ペリネイタルケア, 24巻, 8号, pp. 83-90, 20050801
  50. 小児医療を支えるコメディカルのハイリスク親子支援技術の育成 NICU退院時の在宅医療・育児を支えるための地域システムに関する研究 -NICU・訪問看護ステーション・小児科医院との連携・協働モデルの評価-, 平成16年度厚生労働科学研究(子ども家庭総合研究事業)分担研究報告書, pp. 429-432, 20050401
  51. 保因者診断における遺伝解析を用いた指示的カウンセリングの実際-DRPLAに関する保因者診断を希望した事例報告-, 日本遺伝看護研究会第4回大会, 20050901
  52. 広島大学病院 産婦人科,広島大学病院 小児科,広島大学病院 遺伝子診療部:広島大学病院遺伝子診療部開設後2年間の遺伝相談について-特に周産期関連の遺伝相談を中心として-, 日本人類遺伝学会第50回大会 東アジア人類遺伝学会連合第5回大会, 20050919
  53. 妊娠初期に胎児の致死性が予測された場合の遺伝カウンセリング 嚢胞性ヒグローマ18事例の検討, 第12回遺伝性疾患に関する出生前診断研究会, 20051105
  54. ハイリスク新生児の母親の搾乳体験~搾乳方法の違いによる検討~, 第2回広島保健学学会, 20051030
  55. 広島大学病院 遺伝診療部,広島大学 大学院保健学研究科,広島大学病院 産婦人科,広島大学病院 小児科:広島大学病院遺伝子診療部における周産期領域の遺伝カウンセリング活動, 日本人類遺伝学会第50回大会 東アジア人類遺伝学会連合第5回大会, 20050919
  56. ハイリスク新生児の母乳育児支援:新生児系および助産系看護者の電動式搾乳器の使用に関する認識, 日本助産学会誌, 18巻, 2号, pp. 71-77, 20041201
  57. 遺伝カウンセリングを直接予約したクライエントからの相談内容の分析, 第3回 日本遺伝看護研究会 , 20040901
  58. 羊水検査結果が異常であれば妊娠中絶と決めている夫婦に対する遺伝カウンセリング -性染色体異常での妊娠中絶の2事例の検討-, 第11回 遺伝性疾患に関する出生前診断研究会, 20041101
  59. 新生児個別識別法の実施状況と課題, 母性衛生, 43巻, 2号, pp. 308-313, 20020601
  60. 人工股関節全置換術を受けた患者におけるBMIと術後在院日数との関連, Hip Joint Vol.42 Supplement 2016, 42巻, pp. S97-S100, 2016,08,25
  61. 看護基礎教育における新生児/乳児家庭訪問演習に模擬患者を活用することで学生が獲得する能力, 日本母性看護学会誌, 17巻, 1号, 201703
  62. NICUに入院した子供をもつ母親や家族への次子妊娠支援の現状―医師・看護師への質問紙調査から-, 日本新生児看護学会誌, 23巻, 1号, pp. 23-31, 201704

著書等出版物

  1. 2007年04月, 第97回看護師国試合格チャレンジテスト(第1回) 解答+解説書 , 学研 メディカル出版, 2007年, 04, 教科書, 共編著, 265
  2. 2007年02月, ナーシング・グラフィカ31 母性看護学-母性看護技術 , メディカ出版, 2007年, 02, 教科書, 共著, 170
  3. 2006年04月, 学研『看護師国試合格チャレンジテスト(第1回)』 , 学研 メディカル出版, 2006年, 04, 教科書, 共編著, 263
  4. 2006年08月, 学研『看護師国試合格チャレンジテスト(第2回)』 , 学研 メディカル出版, 2006年, 08, 教科書, 共編著, 263
  5. 2006年11月, 学研『看護師国試合格チャレンジテスト(第3回)』 , 学研 メディカル出版, 2006年, 11, 教科書, 共編著, 263
  6. 2007年09月, 第97回看護師国試合格チャレンジテスト(第2回)解答+解説書 , 学研 メディカル出版, 2007年, 09, 教科書, 共編著, 横尾 京子 村上 真理 , 265
  7. 2007年11月, 第97回看護師国試合格チャレンジテスト(第3回)解答+解説書 , 学研 メディカル出版, 2007年, 11, 教科書, 共編著, 村上 真理 , 265
  8. 2006年08月, 学研『看護師国試合格チャレンジテスト(第2回)』 , 学研 メディカル出版, 2006年, 08, 教科書, 共編著, 横尾 京子 中込 さと子 村上 真理 藤本 紗央里 , 263
  9. 2006年11月, 学研『看護師国試合格チャレンジテスト(第3回)』 , 学研 メディカル出版, 2006年, 11, 教科書, 共編著, 横尾 京子 中込 さと子 村上 真理 藤本 紗央里 , 263
  10. 2006年04月, 学研『看護師国試合格チャレンジテスト(第1回)』 , 学研 メディカル出版, 2006年, 04, 教科書, 共編著, 横尾 京子 中込 さと子 村上 真理 藤本 紗央里
  11. 2006年04月, 学研『看護師国試合格チャレンジテスト(第1回)』 , 学研 メディカル出版, 2006年, 04, 教科書, 共編著, 横尾 京子 中込 さと子 村上 真理 藤本 紗央里
  12. 2006年08月, 学研『看護師国試合格チャレンジテスト(第2回)』 , 学研 メディカル出版, 2006年, 08, 教科書, 共編著, 横尾 京子 中込 さと子 村上 真理 藤本 紗央里
  13. 2006年11月, 学研『看護師国試チャレンジテスト(第3回)』 , 学研 メディカル出版, 2006年, 11, 教科書, 共編著, 横尾 京子 中込 さと子 村上 真理 藤本 紗央里 , 263
  14. 2006年04月, 学研『看護師国試合格チャレンジテスト(第1回)』 , 学研 メディカル出版, 2006年, 04, 教科書, 共編著, 横尾 京子 中込 さと子 村上 真理 藤本 紗央里
  15. 2006年08月, 学研『看護師国試合格チャレンジテスト(第2回)』 , 学研 メディカル出版, 2006年, 08, 教科書, 共編著, 横尾 京子 中込 さと子 村上 真理 藤本 紗央里
  16. 2006年11月, 学研『看護師国試合格チャレンジテスト(第3回)』 , 学研 メディカル出版, 2006年, 11, 教科書, 共編著, 横尾 京子 中込 さと子 村上 真理 藤本 紗央里
  17. 2007年04月, 第97回看護師国試合格チャレンジテスト(第1回) 解答・解説書 , 学研 メディカル出版, 2007年, 04, 教科書, 共編著, 横尾 京子 中込 さと子 村上 真理 藤本紗央理 藤本 紗央里 , 265
  18. 2010年04月, G Supple 場面で学ぶ母性看護学, メディカ出版, 2010年, 04, 教科書, 編著, 9784840432887, 158
  19. 2010年03月, ナーシンググラフィカ31巻 母性看護学「母性看護技術」, メディカ出版, 2010年, 03, 教科書, 編著, 9784840411202, 170
  20. 2013年01月, ナーシング・グラフィカ 母性看護学② 母性看護技術(第2版)「新生児の看護にかかわる技術」, メディカ出版, 2013年, 01, 教科書, 共編著
  21. 2016年01月, ナーシング・グラフィカ 母性看護学② 母性看護技術(第3版), 4 新生児の看護にかかわる技術, メディカ出版, 2016年, 01, 教科書, 共著, 日本語, 横尾京子、藤本紗央里、村上真理, 184, 52
  22. 2015年02月, 実践へのフィードバックで活かすケア技術のエビデンスⅢ, へるす出版, 2015年, 01, 教科書, 共著, 深井喜代子編、横尾京子、阿部明子、小澤未緒、藤本紗央里、村上真理, 978-4-89269-854-5
  23. 2016年, 母性看護技術4 褥婦・新生児の看護2, メディカ出版, 2016年, 05, 映像, 監修, 監修・編集:藤本紗央里, 大平光子 編集:福島紗世, 小澤未緒, 舩場友木, 9784840453509
  24. 2016年, 母性看護技術3 褥婦・新生児の看護1, メディカ出版, 2016年, 05, 映像, 監修, 監修・編集:藤本紗央里, 大平光子 編集:舩場友木, 小澤未緒, 福島紗世, 9784840453493
  25. 2016年, 母性看護技術2 産婦の看護, メディカ出版, 2016年, 05, 映像, 監修, 監修・編集:藤本紗央里, 大平光子 編集:舩場友木,福島紗世,小澤未緒,村上真理, 9784840453486
  26. 2016年, 母性看護技術1 妊婦の看護, メディカ出版, 2016年, 05, 映像, 監修, 監修・編集:藤本紗央里, 大平光子 編集:舩場友木,福島紗世,小澤未緒,村上真理, 9784840453479

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Effectiveness of an electric breast pump for breastfeeding mothers of preterm infants, Saori Fujimoto, Kyoko Yokoo, Satoko Nakagomi, 15th Congress of the FAOPS 2008, 2008年05月23日, 通常, 英語, Nagoya, Japan
  2. 前乳と後乳を区分する搾乳量の検討, 藤本 紗央里, 日本母乳哺育学会学術集会, 2010年, 通常, 日本語
  3. 助産師基礎教育における母乳育児支援に関する教育内容の検討, 舩場友木, 藤本紗央里、田原宏美、村上真理、横尾京子, 第25回日本母乳哺育学会学術集会, 2010年, 通常, 日本語
  4. 新人助産師が直面する母乳育児支援に関する問題, 藤本 紗央里, 広島保健学学会第7回学術集会, 2010年, 通常, 日本語
  5. Variations in creamatocrit during the expressing of breast milk from mother of preterm infants, Saori Fujimoto, Kyoko Yokoo, World Academy of Nursing Science 2nd International Nursing Research Conference, 2011年07月14日, 通常, 英語, Cancun, Mexico
  6. Experiences of mothers with infants admitted to neonatal intensive care unit preceding the decision of discharge, Kido Yuko, Kyoko Yokoo, Saori Fujimoto, The 9th International Conference of the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery, 2012年07月01日, 通常, 英語, Kobe, Japan
  7. DEVELOPMENT OF A NEONATAL END-OF-LIFE CARE EDUCATION PROGRAM, Mari Murakami, kyoko Yokoo, Mio Ozawa, Saori Fujimoto, yuki Funaba, Mitsuko Ohira, The 2nd International Multidiscipilinary Forum on Palliative Care(IMFPC), 2013年, 通常, 英語, Sofia, Bulgaria
  8. 新生児集中治療室における退院支援の実態把握と今後の課題, 内田美恵子、藤本紗央里、関森みゆき、木下千鶴、下田あい子、長内佐斗子、宇藤裕子, 日本小児看護学会第24回学術集会, 2014年07月21日, 通常, 日本語, 東京都
  9. 看護基礎教育における新生児/乳児訪問に模擬患者を活用することで学生が獲得する能力, 村上真理, 村上真理,大平光子,福島紗世,小澤未緒,舩場友木,藤本紗央里, 2015年06月, 通常, 日本語, 日本母性看護学会, 東京
  10. A Literature Review Concerning Positive Experiences of Japanese Mothers Who Have Preterm or Low Birthweight Infants., Ayaka Tashiro ,Yuki Funaba,Saori Fujimoto,Mio Ozawa, Mari Murakami, SayoFukushima,Mitsuko Ohira, The ICM Asia Pacific Regional Conference 2015, 2015年07月21日, 通常, 英語, 横浜市
  11. 人口股関節置換術を受けた患者におけるBMIと術後在院日数との関連, 渡邉友美, 行田志穂,山崎琢磨,三上幸夫,藤本紗央里,宮下美香,溝中一恵,下川直美, 第42回日本股関節学会学術集会, 2015年10月30日, 通常, 日本語, 日本股関節学会, 大阪
  12. 産後6か月間に母親が人工乳の使用について検討した際の行動, 藤本紗央里, 舩場友木、福島紗世、藤原友紀、大平光子, 第18回日本母性看護学会学術集会, 2016年06月18日, 通常, 日本語, 日本母性看護学会, 久留米市
  13. The Japan Academy of Neonatal Nusing:Our History,Contributions and Future Vision, Miki Konishi, Miki Konishi,Hiroko Utoh,Satoko Osanai,Mieko Uchida,Chizuru Kinoshita,Aiko Shimoda,Miyuki Sekimori,Saori Fujimoto,Yukari Muraki, Council of International Neonatal Nurses Conference COINN 2016, 2016年08月15日, 通常, 英語, Council of International Neonatal Nurses Conference, Vancouver Canada
  14. 1歳未満の子どもをもつ共働き世帯の父親の抑うつ状態の実態, 福島紗世, 福島紗世、大平光子、藤本紗央里、小澤未緒、舩場友木、村上真理, 第19回日本母性看護学会学術集会, 2017年06月11日, 通常, 日本語, 日本母性看護学会, 西宮市
  15. 若年妊娠・出産を経験した母親が親になる自覚を抱くための支援に関する文献検討, 立野葵, 立野葵、村上真理、藤本紗央里、舩場友木、福島紗世、大平光子, 第19回日本母性看護学会学術集会, 2017年06月11日, 通常, 日本語, 日本母性看護学会, 西宮市
  16. 西日本豪雨災害における妊婦・褥婦・乳幼児へのボランティア活動からみえた課題, 村上真理, 上野陽子、田川紀美子、吉田康子、桑原真由、藤本紗央里、大平光子, 第21回日本母性看護学会学術集会, 2019年06月15日, 通常, 日本語, 日本母性看護学会, 広島市
  17. NICUに入院した子どもをもつ母親のための次子妊娠に関する支援方法の評価, 舩場友木, 藤本紗央里、福島紗世、大谷晃子、井上満美、三浦満、児玉美枝子、岩下光、佐藤朋美、大平光子, 第21回日本母性看護学会学術集会, 2019年06月15日, 通常, 日本語, 日本母性看護学会, 広島市
  18. 2019年05月06日, 通常, 英語

受賞

  1. 2010年11月06日, 平成21年度日本新生児看護学会学術奨励賞, 日本新生児看護学会, 早産児の母乳育児における電動搾乳器の有効性
  2. 2010年09月26日, 第25回日本母乳哺育学会学術集会奨励賞, 日本母乳哺育学会、第25回日本母乳哺育学会学術集会, 前乳と後乳を区分する搾乳量の検討
  3. 2013年12月, 平成24年度日本新生児看護学会 学術最優秀賞, 日本新生児看護学会表彰委員会, 新生児終末期ケア教育プログラム開発のための質問紙調査
  4. 2014年11月10日, 平成25年度日本新生児看護学会学術最優秀賞, 日本新生児看護学会, ファミリーセンタードケアに基づいた看護実践に関するNICU看護師の認識

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. NICU看護技術標準化によるエビデンスに基づいた安全対策に関する研究, 2004年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 母親の搾乳量に応じた高カロリー母乳採取法の開発と評価, 2014年, 2017年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 母親退院から産後6か月間における母乳育児継続要因-母親の視点からみた検討-, 2011年, 2015年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), ファミリーセンタードケアに基づいた新生児終末期ケアのための 教育プログラムの開発, 2010年, 2012年
  5. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 看護師・医師からみたNICUにおけるスピリチュアリティの問題に 関する研究, 2010年, 2011年
  6. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 母乳中脂質測定に基づく個別的な搾乳指導法の開発, 2009年, 2010年
  7. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 親子間におけるGenetic Conditionについての共有過程に関する記述研究, 2008年, 2009年
  8. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 周産期ファミリーケアの実践教育プログラムの開発, 2007年, 2008年
  9. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 母乳分泌量と関連要因の探紫:乳腺組織の発達・乳房形態・新生児の哺乳の観点から, 2006年, 2007年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 早産児の顔面積変化率と脳血流からみた蔗糖とpacifierの鎮痛効果の実証研究, 2006年, 2008年
  11. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 生殖補助医療によって子どもが得られなかった夫婦のライフヒストリー研究, 2006年, 2007年
  12. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 住民ニーズに則した包括的遺伝サポートプログラムの開発, 2005年, 2007年
  13. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 4年制大学新卒助産師のための大学・利用者協働型教育・研修プログラムの開発, 2005年, 2006年
  14. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), ハイリスク新生児の母乳育児:母親の搾乳体験からみた看護援助に関する研究, 2004年, 2005年
  15. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 早産児の顔面表情運動の定量に基づいたペインスケールの信頼妥当性の検証, 2003年, 2005年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 助産師職能委員会委員, 2012年06月, 2014年06月, (社)広島県看護協会
  2. 理事, 2011年04月, 2016年03月, 日本新生児看護学会
  3. 日本新生児看護学会新生児看護技術標準化委員会, 2014年04月, 2016年03月, 日本新生児看護学会
  4. 日本新生児看護学会母乳育児支援委員会, 2011年04月, 2016年03月, 日本新生児看護学会
  5. 日本新生児看護学会編集委員会, 2011年04月, 2016年03月, 日本新生児看護学会
  6. 日本新生児看護学会 母乳育児支援委員会, 2015年04月, 2016年03月, 日本新生児看護学会
  7. 理事, 2016年04月, 2017年03月, 日本新生児看護学会
  8. 日本新生児看護学会母乳育児支援委員会, 2016年04月, 2017年03月, 日本新生児看護学会
  9. 日本新生児看護学会母乳育児支援委員会, 2017年04月, 2019年04月, 日本新生児看護学会
  10. 日本新生児看護学会新生児看護技術標準化委員会, 2016年04月, 2017年03月, 日本新生児看護学会
  11. 日本新生児看護学会編集委員会, 2016年04月, 2017年03月, 日本新生児看護学会

学術会議等の主催

  1. 第2回 障害・医療・社会について考える会, 大会実行委員, 2004年11月
  2. 障がい・医療・社会について考える会, 大会実行委員, 2004年03月
  3. 広島大学助産学OG会, 大会実行委員, 2004年06月
  4. 第1回 広島保健学学会, 大会実行委員, 2004年10月
  5. 広島助産師ネットワーク, 大会実行委員, 2004年10月
  6. 日本小児看護学会中四国地方会, 大会実行委員, 2004年03月
  7. 第1回 国際シンポジウム, 大会実行委員, 2004年10月
  8. 日本新生児看護学会2014年度NICUに入院した新生児のための母乳育児支援セミナー, 2014年10月
  9. 第13回広島保健学学会学術集会・第17回広島保健福祉学会学術大会, 実行委員 財務補佐, 2016年10月, 2016年10月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 遺伝と人間の理解, 障がい・医療・社会について考える会, 第1回 障がい・医療・社会について考える会, 2004年/03月/03日, 2004年/03月/03日, 講師
  2. 母乳育児支援システムについて 電動式搾乳器について 助産師教育のネットワーク化について, 周産期看護開発学研究室, 広島助産師教育ネットワーク 第1回研修会, 2004年/11月/20日, 2004年/11月/20日
  3. 障害児の保育と母親の就労支援 , 障がい・医療・社会について考える会, 第2回 障がい・医療・社会について考える会, 2004年/11月/27日, 2004年/11月/27日, 講師
  4. 実践における倫理的配慮について 助産学実習における学生評価について, 周産期看護開発学研究室, 広島助産師教育ネットワーク 第2回研修会, 2005年/12月/10日, 2005年/12月/10日
  5. 治療拒否と医療ネグレクト, 障がい・医療・社会について考える会, 第3回 障がい・医療・社会について考える会, 2005年/12月/10日, 2005年/12月/10日, 講師
  6. シリーズ 惰性からの脱皮 ~個別指導は誰のため~, 周産期看護開発学研究室, 広島助産師教育ネットワーク 第3回研修会, 2006年/11月/17日, 2006年/11月/17日
  7. 新生児医療における治療拒否と医療ネグレクト, 障がい・医療・社会について考える会, 第4回 障がい・医療・社会について考える会, 2006年/12月/02日, 2006年/12月/02日, 講師
  8. 自立した助産活動を実践する上での活動の場の確立や助産師に必要な能力, 周産期看護開発学研究室, 広島助産師教育ネットワーク 第4回研修会, 2007年/11月/02日, 2007年/11月/02日
  9. 出生前遺伝子検査~なぜおなかの赤ちゃんは検査してもらえないの?~, 障がい・医療・社会について考える会, 第5回 障がい・医療・社会について考える会, 2007年/11月/10日, 2007年/11月/10日, 講師
  10. がん医療の未来~保健学からのメッセージ~, 広島大学, 第5回広島保健学学会学術集会, 2008年/10月/05日, 2008年/10月/05日, 調査担当
  11. 進行がん患者と家族を支える緩和ケア, 広島大学, 広島保健学学会第5回国際シンポジウム, 2008年/10月/06日, 2008年/10月/06日, 編集長
  12. 自律神経免疫治療の臨床応用, 広島大学, 広島大学保健学同窓会(暁霞会)主催特別講演会, 2009年/10月/03日, 2009年/10月/03日, 調査担当
  13. メタボリックシンドロームの克服に向けて~保健学領域からのメッセージ~, 広島大学, 第6回広島保健学学会学術集会, 2009年/10月/04日, 2009年/10月/04日, 調査担当
  14. 日本-中国-米国のメタボリックシンドローム, 広島大学, 広島保健学学会第6回国際シンポジウム, 2009年/10月/05日, 2009年/10月/05日, 調査担当
  15. 搾乳器の使用方法, 日本新生児看護学会・日本助産学会, 2008年度NICUに入院した新生児のための母乳育児支援セミナー, 2008年/09月, 2008年/09月
  16. 用手搾乳法・直母の方法, 日本新生児看護学会・日本助産学会, 2009年度NICUに入院した新生児のための母乳育児支援セミナー, 2009年/09月, 2009年/09月, その他
  17. 技術演習:直母の方法、用手搾乳方法、搾乳器の使用方法, 日本新生児看護学会・一般社団法人日本助産学会 , 2010年度NICUに入院した新生児のための母乳育児支援セミナー, 2010年/10月, 2010年/10月, その他
  18. 搾乳の必要性と方法, 日本新生児看護学会, 日本新生児看護学会研修会「NICUに入院した新生児のための母乳育児支援セミナー」, 2012年/10月, 2012年/10月, その他
  19. 搾乳の必要性と方法, 日本新生児看護学会, 日本新生児看護学会研修会「NICUに入院した新生児のための母乳育児支援セミナー」, 2013年/10月, 2013年/10月, その他
  20. 2014年度NICUに入院した新生児のための母乳育児支援セミナー, 「搾乳の必要性と方法, 日本新生児看護学会, 2014年/10月/04日, 2014年/10月/05日, 大阪市, 講師, セミナー・ワークショップ, その他
  21. 2014年度NICUに入院した新生児のための母乳育児支援セミナー, 「NICUにおける母乳育児支援の実際」, 日本新生児看護学会, 2014年/10月/04日, 2014年/10月/05日, 大阪市, 講師, セミナー・ワークショップ, その他
  22. 先駆的看護実践支援センター主催FD研修会, 物事の本質をとらえる~優れた質的研究を行うために~, 広島大学, 2014年/07月/01日, 2014年/07月/01日, 広島大学, 企画, 研究指導, 教育関係者
  23. 助産学卒業生のキャリア支援研修会, 2014年/08月/11日, 2014年/08月/12日, 広島市, 企画, セミナー・ワークショップ, その他
  24. 先駆的看護実践支援センター主催FD研修会, 高度な文献検索~網羅的かつ系統的に文献検索を行うために~, 広島大学, 2014年/09月/16日, 2014年/09月/16日, 広島市, 企画, 研究指導, 教育関係者
  25. 先駆的看護実践支援センター主催FD研修会, 文献検索の講習会 Ovid,MEDLINE,EBM Reviesの活用, 広島大学, 2014年/10月/24日, 2014年/10月/24日, 広島市, 企画, 研究指導, 教育関係者
  26. 先駆的看護実践支援センター主催FD研修会, 医療統計学、そのポイント, 広島大学, 2014年/10月/31日, 2014年/10月/31日, 広島市, 企画, 研究指導, 教育関係者
  27. 2016年度「NICUに入院した新生児のための母乳育児支援セミナー」, 搾乳の必要性と方法について, 日本新生児看護学会, 2016年/10月/29日, 2016年/10月/29日, 東京, 講師, セミナー・ワークショップ, その他
  28. 医歯薬保健学研究科付属先駆的看護実践支援センター主催FD研修会, グラウンデッドセオリー法を用いた看護研究の進め方・まとめ方, 2015年/12月/21日, 2015年/12月/21日, 運営参加・支援, 講演会, 研究者
  29. 2016年度「NICUに入院した新生児のための母乳育児支援セミナー」, 日本新生児看護学会, 2016年/10月/29日, 2016年/10月/30日, 運営参加・支援, セミナー・ワークショップ, その他