大塚 攻Susumu Ohtsuka

Last Updated :2019/12/02

所属・職名
大学院統合生命科学研究科附属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター生生・水産生物海洋学(生生支援室)教授
メールアドレス
ohtsukahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
*海洋共生生物学、海洋プランクトン学が専門です。最近では深海性カイアシ類の摂餌生態、深海魚類の寄生性カイアシ類の系統分類、ウオジラミ類の生物学、カブトガニの保全生態などを精力的に研究しています。

基本情報

学歴

  • 京都大学, 理学研究科, 動物学, 日本, 1982年04月, 1984年03月
  • 広島大学, 理学部, 生物学科, 日本, 1978年04月, 1982年03月

学位

  • 農学博士(東京大学)
  • 理学修士(京都大学)

研究分野

  • 農学 / 水圏応用科学 / 水圏生命科学

研究キーワード

  • 分類
  • 生態
  • 無脊椎動物
  • 共生
  • 系統分類
  • 魚類
  • アミ類
  • カイアシ類
  • 寄生生物
  • クラゲ

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 2ターム, フィールド科学入門
  2. 2019年, 学部専門, 3ターム, フィールド科学演習
  3. 2019年, 学部専門, 3ターム, 生物生産リサーチフロント
  4. 2019年, 学部専門, 集中, 里海フィールド演習
  5. 2019年, 学部専門, 3ターム, 海洋無脊椎動物学
  6. 2019年, 学部専門, 集中, 臨海生物生産学実習
  7. 2019年, 学部専門, 年度, 卒業論文
  8. 2019年, 学部専門, 集中, 瀬戸内海の養殖水産物を学ぶ総合演習
  9. 2019年, 学部専門, 集中, 臨海資源科学演習
  10. 2019年, 学部専門, 通年, 特別実習I
  11. 2019年, 学部専門, 通年, 海洋生物科学技術論と実習IV
  12. 2019年, 学部専門, 通年, 東シナ海学演習
  13. 2019年, 学部専門, 通年, 水産海洋環境学実習I-B
  14. 2019年, 学部専門, 通年, 水産海洋環境学実習III
  15. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 海域生物圏フィールド科学入門
  16. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 海洋生物多様性論
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, ターム外(前期), 瀬戸内圏フィールド科学実習
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生物資源科学特別演習A
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生物資源科学特別演習A
  21. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生物資源科学特別演習B
  22. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生物資源科学特別演習B
  23. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物資源科学特別研究
  24. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物資源科学特別研究
  25. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 水産生物海洋学Ⅰ
  26. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 水産生物海洋学Ⅱ
  27. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究

教育に関する受賞

  • 2018年04月03日, 学生表彰, 広島大学, 広島大学学生表彰

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 日本およびその周辺水域における浮遊性カイアシ類の動物地理(共著), Bulletin of Plankton Society of Japan, 46巻, 1号, pp. 1-20, 19990401
  2. 動物プランクトン相, 中海本庄工区の生物の自然(たたら書房), pp. 38-51, 19990401
  3. Three new species of the demersal calanoid copepod Pseudocyclops form Phuket, Thailand, Plankton Biology and Ecology, 46巻, 2号, pp. 132-147, 19990401
  4. Introduction of the Asian copepods Acartiella sinensis, Tortanus dextrilobatus(Copepoda : Calanoida),and Limnoithona tetraspina(Copepoda : Cyclopoida) to the San Francisco Estuary, California, USA, Plankton Biology and Ecology, 46巻, 2号, pp. 128-131, 19990401
  5. 中海本庄工区内外における動物プランクトン群集の季節変動 「(共著)」, ラグナ(汽水域研究), 6巻, pp. 73-87, 19990401
  6. 中海における動物プランクトン,特にカイアシ類の食性について 「(共著)」, ラグナ(汽水域研究), 6巻, pp. 89-105, 19990401
  7. The identity of Limnoncaea diuncata Kokubo, 1914 (Copepoda : Poecilostomatoida) from Hokkaido, Japan, with the relegation of Diergasilus Do, 1981 to a junior synonym of Thersitina Norman, 1905, SYSTEMATIC PARASITOLOGY, 57巻, 1号, pp. 35-44, 2004
  8. A new species of the deep-sea copepod genus Scutogerulus (Calanoida: Arietellidae) from the hyperbenthic waters of Okinawa, Japan, Systematics and Biodiversity, 2巻, 1号, pp. 49-55, 20040801
  9. First record of the occurrence of an ellobiopsid Thalassomyces marsupii Kane on a new host of hyperiid amphipod in Japanese waters, Plankton Biology and Ecology, 51巻, 2号, pp. 110-112, 20040801
  10. Prodajus curviabdominalis n. sp. (Isopoda: Epicaridea: Dajidae), an ectoparasite of mysids, with notes on morphological changes, behaviour and life-cycle, Systematic Parasitology, 60巻, pp. 39-57, 20040601
  11. First record of an ectoparasitic dinoflagellate, Oodinium inlandicum (Dinophyta) infecting a chaetognath, Sagitta crassa from the Korean coasts, Algae, 19巻, 3号, 20040401
  12. Systematics and zoogeography of the deep-sea hyperbenthic family Arietellidae (Copepoda : Calanoida) collected from the Sulu Sea, JOURNAL OF NATURAL HISTORY, 39巻, 27号, pp. 2483-2514, 2005
  13. Ectoparasitic isopod, Norileca indica (Crustacea, Isopoda, Cymothoidae), obtained from the stomach of Coryphaena hippurus (Perciformes, Coryphaenidae) in the Philippines, Biogeography, 7巻, pp. 25-27, 20050820
  14. A new genus and species of nicothoid copepod (Crustacea : Copepoda : Siphonostomatoida) parasitic on the mysid Siriella okadai Ii from off Japan, SYSTEMATIC PARASITOLOGY, 62巻, 1号, pp. 65-81, 2005
  15. 海洋生物・生態系の特性を活かした生物学実験・実習プログラムの実践, 広島大学 学部・附属学校共同研究機構研究紀要, 33号, pp. 279-281, 20050301
  16. 海と海辺の生物を題材とした体験・学習活動の実践(3), 学校教育実践学研究, 11巻, pp. 73-79, 20050301
  17. A revision of the family Dissonidae Kurtz, 1924 (Copepoda : Siphonostomatoida), SYSTEMATIC PARASITOLOGY, 70巻, 2号, pp. 81-106, 2008
  18. New record of a euphausiid ectoparasitic isopod, Heterophryxus appendiculatus G. O. Sars, 1885 (Crustacea: Dajidae) from Japan, PROCEEDINGS OF THE BIOLOGICAL SOCIETY OF WASHINGTON, 121巻, 3号, pp. 326-330, 20081007
  19. Infection with the parasitic copepod Clavella parva (Lernaeopodidae) in gold-eye rockfish Sebastes thompsoni broodstock in Japan (with T. Umino, D. Uyeno, S. Ohtsuka, and H. Koizumi), Fish Pathology, 43巻, 1号, pp. 55-60, 20080301
  20. 海と海辺の生物を題材とした体験・学習活動の実践(6), 学校教育実践学研究, 14巻, pp. 147-155, 20080301
  21. Records of Caligus (Crustacea: Copepoda: Caligidae) from marine fish cultured in floating cages in Malaysia with a redescription of the male of Caligus longipedis Bassett-Smith, 1898, ZOOLOGICAL STUDIES, 48巻, 6号, pp. 797-807, 20091101
  22. Complete life cycle of a pennellid Peniculus minuticaudae Shiino, 1956 (Copepoda: Siphonostomatoida) infecting cultured threadsail filefish, Stephanolepis cirrhifer, PARASITE, 20巻, 20131029
  23. 2012年夏期?秋期における有明海産ビゼンクラゲRhopilema esculentum Kishinouyeの現存量推定, 日本プランクトン学会報, 61巻, 1号, pp. 23-31, 201402
  24. Associations of fish juveniles with rhizostome jellyfishes in the Philippines, with taxonomic remarks on a commercially harvested species in Carigara Bay, Leyte Island, Plankton & Benthos Research, 9巻, 1号, pp. 51-56, 201402
  25. Development of the swimming acorn worm Glandiceps hacksi: similarity to holothuroids, EVOLUTION & DEVELOPMENT, 16巻, 3号, pp. 149-154, 201405
  26. カイアシ類の進化-パターンとプロセス, 海洋と生物, 21巻, 6号, pp. 463-470, 19990401
  27. A new species of Ridgewayia (Copepoda: Calanoida) from a submarine cave in Palau, western Pacific, Crustacean Research, 29巻, pp. 1-11, 20000401
  28. Three new species of the demersal calanoid copepod Pseudocyclops from Phuket, Thailand, Species Diversity, 5巻, pp. 201-213, 20000401
  29. Introduction of the Asian copepods Acartiella sinensis, Tortanus dextrilobatus (Copepoda: Calanoida), and Limnoithona teraspina (Copepoda: Cyclopoida) to the San Francisco estuary, California, USA, 日本プランクトン学会報, pp. 1-16, 20000401
  30. Taxonomy, functional morphology, and behavioral ecology of the planktonic calanoid copepod Tortanus (Atortus), Journal of Natural Histroy, 34巻, pp. 1967-1976, 20000401
  31. Second record of Cyclopina Kiraensis, a small brackish-water cyclopoid copepod, in Japan, Limnology, 2巻, pp. 49-50, 20010401
  32. ★, Phylogenetic relationships between arietellid genera (Copepoda : Calanoida), with establishment of three new genera, Bulletin of the Natural History Museum, 60巻, 2号, pp. 105-172, 19940401
  33. Pseudocyclops lakshmi, a new species (Pseudocyclpoidae: calanoida: Copepoda) from the Lccadives, India, Proceedings of Biological Society of Washington, 107巻, pp. 151-163, 19940401
  34. A new tantulocaridan (Crustacea : Maxillopoda) parasitic on calanoid, harpacticoid and cyclopoid copepods「(共著)」, Publications of the Seto Marine Biological Laboratory, 36巻, 4号, pp. 197-209, 19940401
  35. New species of Synagoga (Crustacea: Ascothoracida) from plankton off Okinawa, Japan, with a SEM study of the carapace, Publications of the Seto Marine Biological Laboratory, 36巻, pp. 293-311, 19950401
  36. SEM observation of the nauplius of Monstrilla hamatapex, new species, from Japan and an example of upgraded descriptive standards for monstrilloid copepods, Journal of Crustacean Biology, 15巻, pp. 703-719, 19950401
  37. Monodisc strobilation in Japanese giant box jellyfish Morbakka virulenta (Kishinouye, 1910): a strong implication of phylogenetic similarity between Cubozoa and Scyphozoa, EVOLUTION & DEVELOPMENT, 17巻, 4号, pp. 231-239, 2015
  38. A taxonomic study on the genus Anilocra (Isopoda : Cymothoidae) parasitic on fish collected from Japan, ZOOLOGICAL SCIENCE, 22巻, 12号, pp. 1434-1434, 2005
  39. Accumulation of tetrodotoxin (TTX) in Pseudocaligus fugu, a parasitic copepod from panther puffer Takifugu pardalis, but without vertical transmission - Using an immunoenzymatic technique, TOXICON, 48巻, 1号, pp. 116-122, 2006
  40. A new family of poecilostomatoid copepods (Umazuracolidae) based on specimens parasitic on the black scraper (Thamnaconus modestus) in Japan, ZOOLOGICAL SCIENCE, 23巻, 5号, pp. 483-496, 2006
  41. A new species of ┣DBPontella(/)-┫DB(Copepoda : calanoida)from the Inland Sea of Japan with notes on its feeding habits and related species, Journal of Crustacean Biology, 7巻, pp. 3, 19870401
  42. Evidence of selective feeding on larvaceans by the pelagic copepod ┣DBCandacia(/)-┫DB ┣DBbipinnata(/)-┫DB(Calanoida : Candaciidae), Journal of Plankton Research, 11巻, pp. 4, 19890401
  43. ┣DBTortanus(/)-┫DB(┣DBAtortus(/)-┫DB)(Copepoda : Calanoida)of southern Japanese waters, with description of two new species, ┣DBT.(/)-┫DB (┣DBA.(/)-┫DB)┣Dbdigitalis(/)-┫DB and ┣DBT.(/)-┫DB (┣DBA.(/)-┫DB)┣Dbryukyuensis(/)-┫DB, and discussion of distribution and swarming behavior of ┣DBAtortus(/)-┫DB, Journal of Crustacean Biology, 9巻, pp. 3, 19890401
  44. Larvaceans and their houses as important food for some pelagic copepods, Bulletin of Plankton Society of Japan, pp. 535-551, 19910401
  45. Relationship between mouthpart structures and in situ feeding habits of species of the family Pontellidae, Marine Biology, pp. 111, 19910401
  46. ┣DBItoitantulus(/)-┫DB ┣DBmisophricola(/)-┫DB gen. et. sp. nov. : first record of Tantulocarida(Crustacea : Maxillopoda)in the North Pacific region, Zoological Science, 9巻, pp. 4, 19920401
  47. ┣DBMisophriopsis(/)-┫DB ┣DBokinawensis(/)-┫DB sp. nov. (Crustacea : Copepoda)from hyperbenthic waters off Okinawa, South Japan, with definitions of related genera ┣DBMisophria(/)-┫DB Boeck, 1864 and ┣DBStygomisophria(/)-┫DB gen, nov., Zoological Science, 9巻, pp. 4, 19920401
  48. Note on mature female of ┣DBItoitantulus(/)-┫DB ┣DBmisophricola(/)-┫DB Huys, Ohtsuka and Boxshall, 1992 (Crustacea : Tantulocarida), Publications of the Seto Marine Biological Laboratory, 36巻, pp. 73-77, 19930401
  49. Taxonomic studies on brackish copepods in Korean waters (]G0001[). Redescription of ┣DBTortanus(/)-┫DB ┣DBdextrilobatus(/)-┫DB Chen and Zhang, 1965 from Korean water, with remarks on zoogeography of the subgenus ┣DBEutortanus(/)-┫DB, The Journal of the Oceanological Society of Korea, 27巻, pp. 2, 19920401
  50. A new asymmetrical new-bottom calanoid copepod, ┣DBParamisophria(/)-┫DB ┣DBplatysoma(/)-┫DB, with observations of its integumental organs, behavior and in-situ feeding habit, Bulletin of Plankton Society of Japan, 36巻, pp. 2, 19900401
  51. A new species of ┣DBSyrticola(/)-┫DB Willems & Claeys, 1982(Copepoda : Harpacticoida) from Japan with notes on the type species) 「(共著)」, Bulletin of the Natural History Museum (Zoology), 59巻, 1号, pp. 83-94, 19930401
  52. ★, A new family of calanoid copepods, the Hyperbionycidae, collected from the deep-sea hyperbenthic community in the northeastern Atlantic), Sarsia, 78巻, pp. 69-82, 19930401
  53. Attachment and feeding of pelagic copepods on larvacean houses「(共著)」, Journal of Oceanography, 49巻, 1号, pp. 115-120, 19930401
  54. Feeding ecology of copepodid stages of ┣DBEucalanus(/)-┫DB ┣DBbungii(/)-┫DB in the Chukchi and northern Bering Seas in October 1988 「(共著)」, Proceedings of the NIPR Symposium on Polar Biology, 6号, pp. 27-37, 19930401
  55. Two new species of ┣DBParamisophria(/)-┫DB (Copepoda, Calanoida, Arietellidae) from anchialine caves on the Canary and Galapagos Islands) 「(共著)」, Sarsia, 78号, pp. 57-67, 19930401
  56. Platycopia orientalis, new species (Copepoda : Platycopioida), from the North Pacific, with descriptions of copepodid stages, Journal of Crustacean Biology, 14巻, 1号, pp. 151-167, 19940401
  57. A new tantulocaridan (Crustacea: Maxillopoda) parasitic on calanoid, harpacticoid and cyclopoid copepods, Publications of Seto Marine Biological Laboratory, 36巻, pp. 197-209, 19940401
  58. Tortanus derjugini Smirnov (Copepoda: Calanoida) from the Ariake Se, western Japan, with notes on the zoogeography of brackish-water calanoid copepods in East Asia, Bulletion of Plankton Society of Japan, 42巻, pp. 147-162, 19950401
  59. Direct observations of groups of mysids in shallow coastal waters of western Japan and southern Korea.「(共著)」, Marine Ecology Progress Series, 123巻, pp. 33-44, 19950401
  60. Relationships between mouthpart structures and in situ feeding habits of five neritic calanoid copepods in teh Chukchi and norther Bering Seas in October 1988, Proceedings of the NIPR Symposium on Polar Biology, 9巻, pp. 153-168, 19960401
  61. Specialized feeding mechanism in the pelagic copepod genus Heterorhabdus (Calanoida: Heterorhabdidae), with special reference to the mandibular tooth and labral glands, Marine Biology, 126巻, pp. 619-632, 19960401
  62. Three new species of the demersal calanoid copepod Placocalanus (Ridgewayiidae) from Okinawa, southern Japan, Sarsia, 81巻, pp. 247-263, 19960401
  63. In situ feeding habits of Oncaea (Copepoda: Poecilostomatoida) from the upper 250 m of the central Red Sea, with special reference to consumption of appendicularian houses, Bulletion of Plankton Society of Japan, 43巻, pp. 89-105, 19960401
  64. Cyclopoid copepods from a stream in the limestone cave Akiyoshido, Japanese Journal of Limnology, 57巻, pp. 305-312, 19960401
  65. カイアシ亜鋼「共著)」, 日本産海洋プランクトン検索図説(東海大学出版会), pp. 649-1004, 19970401
  66. Ultrastructure of the mouthpart sensory setae in mesopelagic copepods of the family Scolecitrichidae, Plankton Biology and Ecology, 44巻, pp. 81-90, 19970401
  67. Evolutionary switching from suspension feeding to carnivory in the calanoid family Heterorhabdidae(Copepoda), Journal of Crustacean Biology, 17巻, 4号, pp. 577-595, 19970401
  68. 海産浮遊性カイアシ類(甲殻類)の食性再考, 海の研究, 6巻, pp. 1-22, 19970401
  69. ヒメヤドリエビの形態、生活環、系統分類について, タクサ, 6巻, pp. 3-13, 19970401
  70. Two new genera of Tantulocarida(Crustacea)infesting asellote isopods and siphonostomatid copepods from western Japan, Journal of Natural History, 32巻, pp. 683-699, 19980401
  71. Description and female genital structures of a new species of the demersal calanoid copepod Ridgewayia from southern Japan, Natural Histroy Research, 5巻, pp. 17-29, 19980401
  72. Xanthocalanus gracilis and Tharybis magna (Copepoda: Calanoida) rediscovered from the Antarctic Ocean with baited traps, Journal of Natural Histroy, 32巻, pp. 683-699, 19980401
  73. Gaussia princeps (Scott) (Copepoda, Calanoida, Metridinidae) from the Indo-Pacific, with notes on teh zoogeography of the genus, Species Diversity, 3巻, pp. 169-186, 19980401
  74. Platycopia compacta n. sp. , the second species of Platycopioida(Crustacea : Copepoda)in the Indo-Pacific region, with remarks on development, feeding, swimming, and zoogeography, Zoological Science, 15巻, pp. 415-424, 19980401
  75. Evolutionary swithcing from suspension-feeding to carnivory in the calanoid family Heterorhabdidae (Copepoda), Journal of Natural Histroy, 32巻, pp. 785-804, 19980401
  76. Ultrastructure of the moutpart sensory setae in mesopelagic copepods of the family Scolecitrichidae, Journal of Natural Histroy, 32巻, pp. 1303-1318, 19980401
  77. Redescription and taxonomic status of Sinodiaptomus valkanovi, a common limnoplanktonic calanoid copepod in Japan, with comparison to the closely related S. sarsi, Hydrobiologia, 379巻, pp. 159-168, 19980401
  78. Phylogeny and zoogeography of the planktonic copepod genusTortanus (Calanoida : Tortanidae), with establishment of a new subgenus and descriptions of two new species, Journal of Crustacean Biology, 18巻, 4号, pp. 774-807, 19980401
  79. 海産洞窟性甲殻類の系統、動物地理、生態について(共著), タクサ, 6号, pp. 3-13, 19990401
  80. A new deep-water calanoid copepod and the phylogeny of the genus Nullosetigera nom. nov. in the Nullosetigeridae nom. nov. (pro Phyllopus・PhylLopodidae) from Japanese waters, Journal of Natural History, 33巻, pp. 1581-1662, 19990401
  81. Phylogenetic relationships of the family Metridinidae(Copepoda : Calanoida), Journal of Fisheries Science and Technology, 2巻, 2号, pp. 122-128, 19990401
  82. Redescription of Haloptilvs caribbeanensis(Copepoda : Calanoida) from the Pacific, with remarks on the morphology of antennules in the genus Haloptilus, Journal of Fisheries Science and Technology, 2巻, 2号, pp. 129-134, 19990401
  83. A new deep-water calanoid copepod and the phylogeny of the genus Nullosetigera nom. nov. in the Nullosetigeridae nom. nov. (pro Phyllopus: Phyllopodidae) from Japanese waters, Plankton Biology and Ecology, 46巻, pp. 128-131, 19990401
  84. Redescription of two diosaccid harpacticoid copepods from the northern Mariana Islands, Journal of Fisheries Science & Technology, 2巻, pp. 129-134, 19990401
  85. Playtcopia compactan.sp., the second species of Platycopioida (Crustacea: Copepoda) in the Indo-Pacific region, with remarks on development, feeding, swimmimg, and zoogeography, Zoological Science, 6巻, pp. 3-13, 19990401
  86. Redescription of Haloptilus caribbeanensis (Copepoda: Calanoida) from the Pacific, with remarks on the morphology of antennules in the genus Haloptilus, Journal of Fisheries Science & Technology, 2巻, pp. 122-128, 19990401
  87. Two new genera of Tantulocarida (Crustacea) infesting asellote isopods and siphonostomatoid copepods from western Japan, Journal of Natural Histroy, 33巻, pp. 1581-1602, 19990401
  88. Phylogeny and zoogeography of the planktonic copepod genus Tortanus (Calanoida: Tortanidae), with establishment of a new subgenus and descriptions of two new species, Journal of Crustacean Biology, 18巻, pp. 774-807, 19990401
  89. Phylogenetic relationships of the family Metridinidae (Copepoda: Calanoida), Plankton Biology and Ecology, 46巻, pp. 132-147, 19990401
  90. Abundance and in-situ feeding habits of Neocalanus cristatus(Copepoda : Calanoida)in the Central and Western North Pacific Ocean, Bulletin of the National Research Institute of Far Seas Fisheries, pp. 37-52, 20010401
  91. New species of Tortanus(Copepoda ; Calanoida)from stomach contents of chum salmon juveniles collected from the Sea of Japan, Plankton Biology and Ecology, 48巻, 1号, pp. 59-67, 20010401
  92. Two new families of copepods(Copepoda : Siphonostomatoida)parasitic on echinoderms, Journal of Crustacean Biology, 21巻, 1号, pp. 96-105, 20010401
  93. Oodinium inlandicum sp. nov. (Blastodiniales, Dinophyta), a new ectoparasitic dinoflagellates infesting a chaetoganth Sagitta crassa, Hydrobiologia, 453/454巻, pp. 441-466, 20010401
  94. The first record of two demersal calanoid copepods, Pseudodiaptomus poplesia and P. nihonkaiensis in Korea, with remarks on morphology of the genital area, Plankton Biology and Ecology, 48巻, pp. 85-95, 20010401
  95. Two new families of copepods (Copepoda: Siphonostomatoida) parasitic on echinoderms, Hydrobiologia, 448巻, pp. 203-215, 20010401
  96. New species of Tortanus (Copepoda; Calanoida) stomach contents of chum salmon juveniles collected from the Sea of Japan, Journal of Crustacean Biology, 21巻, pp. 96-105, 20010401
  97. Second record of Cyclopina kiraensis, a small brackish-water cyclopoid copepod, in Japan, Plankton Biology and Ecology, 48巻, pp. 59-67, 20010401
  98. A new genus and species of the family Mantridae (Copepoda: Cyclopoda) infesting the bivalve Pseudochama retroversa from the Seto Inland Sea, western Japan, Limnology, 2巻, pp. 49-50, 20010401
  99. 浮遊性カイアシ類の動物地理, 月刊海洋, pp. 48-55, 20010401
  100. Ingolfiella inermis n. sp., a new intersitial ingolfellid amphipod from Okinawa, southern Japan, Crustaceana, 79巻, 9号, pp. 1097-1105, 20061231
  101. トラフグTakifugu pardalisに寄生するコペポーダにおけるフグ毒の蓄積, Toxicon, 48巻, pp. 116-122, 20060419
  102. ★, Sexual dimorphism in calanoid copepods: morphology and function, Hydrobiologia, 453/454巻, pp. 441-466, 20010501
  103. Two new families of copepods (Copepoda : Siphonostomatoida) parasitic on echinoderms, JOURNAL OF CRUSTACEAN BIOLOGY, 21巻, 1号, pp. 96-105, 2001
  104. The first record of two demersal calanoid copepods, Pseudodiaptomus poplesia and P-nihonkaiensis in Korea, with remarks on morphology of the genital area, HYDROBIOLOGIA, 448巻, pp. 203-215, 2001
  105. Taxonomic studies on brackish copepods in Korean waters II. Ontogeny and phylogeny of appendages in copepodid stages of Tortanus derjugini Smirnov, 1935 (Copepoda, Calanoida), JOURNAL OF PLANKTON RESEARCH, 23巻, 10号, pp. 1157-1169, 2001
  106. Sexual dimorphism in calanoid copepods: morphology and function, HYDROBIOLOGIA, 453巻, pp. 441-466, 2001
  107. Three new species of the genus Macandrewella (Copepoda : Calanoida : Scolecitrichidae) from the Pacific Ocean, with notes on distribution and feeding habits, JOURNAL OF NATURAL HISTORY, 36巻, 5号, pp. 531-564, 2002
  108. Redescription of two new species of Pseudodiaptomus from Asia and Australia (Crustacea: Copepoda: Calanoida: Pseudodiaptomidae) with discussion of the female genital structure and zoogeography of Indo-West Pacific species, Proceedings of the Biologucal Society of Washington, 115巻, 3号, pp. 650-669, 20020401
  109. Functional morphology and food habits of deep-sea copepods of the genus Cephalophanes (Calanoida : Phaennidae): perception of bioluminescence as a strategy for food detection, MARINE ECOLOGY PROGRESS SERIES, 227巻, pp. 157-171, 2002
  110. A new species of Thetispelecaris (Crustacea : Peracarida) from submarine cave on Grand Cayman Island, ZOOLOGICAL SCIENCE, 19巻, 5号, pp. 611-624, 2002
  111. Three new species of the genus Macandrewella (Copepoda: Calanoida: Scolecitrichidae) from the Pacific Ocean, with notes on distribution and feedinh habits, Journal of Natural History, 36巻, pp. 531-564, 20020401
  112. Functional morphology and food habits of deep-sea copepods of the genus Cephalophanes (Calanoida: Phaennidae): perception of bioluminescence as a strategy for food detection, Marine Ecology Progress Series, 227巻, pp. 157-171, 20020401
  113. A new species of Thetispelecaris (Crustacea: Peracarida) from submarine cave on Grand Cayman Island, Zoological Science, 19巻, pp. 611-624, 20020401
  114. Redescription of two species of Pseudodiaptomus from Asia and Australia (Crustacea : Copepoda : Calanoida : Pseudodiaptomidae) with discussion of the female genital structure and zoogeography of Indo-West Pacific species, PROCEEDINGS OF THE BIOLOGICAL SOCIETY OF WASHINGTON, 115巻, 3号, pp. 650-669, 20021014
  115. Decapod crustaceans collected from the southern part of the Sea of Japan in 2000-2001 using TRV Toyoshio-maru, Natural Histroy Research, 7巻, 1号, pp. 19-73, 20020401
  116. 海と海辺の生物を題材とした体験・学習活動の実践(1), 学校教育実践学研究, 8巻, pp. 49-55, 20020301
  117. A new species of Tortanus (Atortus) (Copepoda : Calanoida : Tortanidae) from Rodrigues Island, Mauritius, JOURNAL OF THE MARINE BIOLOGICAL ASSOCIATION OF THE UNITED KINGDOM, 83巻, 2号, pp. 355-360, 2003
  118. A new species of Neoscolecithrix (Crustacea; Copepoda; Calanoida) from off Okinawa, southwestern Japan, with comments on the generic position in the superfamily Clausocalanoidea, Bulletin of National Science Museum= Tokyo= Series A, 29巻, 2号, pp. 53-63, 20030401
  119. Tide-induced reworking of planktonic foraminifers on the outer shelf and slope off Miyako Island, southern Japan: preliminary results, Journal of Science= Hiroshima University= Series C, 11巻, 2号, pp. 239-246, 20030401
  120. A new species of Tortanus (Atortus) (Copepoda: Calanoida: Tortanidae) from Rodriges Island, Mauriius, Journal of Marine Biological Association of United Kingdom, 83巻, pp. 355-360, 20030401
  121. New record of Centropages brevifurcus (Crustacea: Copepoda: Calanoida) from the Gulf of Thailand and its full redescription, Species Diversity, 8巻, pp. 67-78, 20030401
  122. Mating plug in the planktonic copepod Tortanus (Atortus) rubidus, Plankton Biology and Ecology, 50巻, 1号, pp. 25-26, 20030401
  123. Occurrence of intersex individuals in the sergestid shrimp, Acetes sibogae, in Darwin Harbour, Northern Territory, Australia, CRUSTACEANA, 76巻, pp. 749-754, 2003
  124. Intersex in the mysid Siriella japonica izuensis Ii: the possibility it is caused by infestation with parasites, Plankton Biology and Ecology, 50巻, 2号, pp. 65-70, 20030801
  125. Occurrence of intersex individuals in the sergestid shrimp, Acetes sibogae, in Darwin harbour, Norhtern Territory, Australia, Crustaceana, 76巻, 6号, pp. 749-754, 20030401
  126. Morphology and host-specificity of the apostome ciliate Vampyrophrya pelagica infecting pelagic copepods in the Seto Inland Sea, Japan, MARINE ECOLOGY PROGRESS SERIES, 282巻, pp. 129-142, 2004
  127. Morphology and host-specificity of the apostome ciliate Vampyrophrya pelagica infecting pelagic copepods in the Seto Inland Sea, Japan, Marine Ecology Progress Series, 282巻, pp. 129-142, 20040401
  128. The identity of Limnoncaea diuncata Kokubo, 1914 (Copepoda: Poecilostomatoida) from Hokkaido, Japan, with the relegation of Diergasilus Do, 1981 to a junior synonym of Thersitian Norman, 1905, Systematic Parasitology, 57巻, pp. 35-44, 20040401
  129. Redescription and taxonomic remarks of the licomolgid copepod Paraphiloconcha meretricis (Crustacea: Copepoda: Poecilostomatoida) parasitic on the bivalve Meretrix lamarckii from Japan, Species Diversity, 9巻, pp. 331-341, 20040401
  130. ★, Morphology and host-specificity of the apostome ciliate Vampyrophrya pelagica infecting pelagic copepods in the Seto Inland Sea, Japan, Marine Ecology Progress Series, 282巻, pp. 129-142, 20041116
  131. 瀬戸内海のウオノエ科魚類寄生虫, 広島大学大学院生物圏科学研究科瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター報告, 1巻, pp. 1-9, 20040301
  132. 日本から記載されたリムノンケア属Limnoncaeaカイアシ類の正体ープランクトン学と寄生虫学の複合領域的研究の必要性, 日本プランクトン学会報, 51巻, 1号, pp. 13-24, 20040201
  133. 海と海辺の生物を題材とした体験・学習活動の実践(2), 学校教育実践学研究, 10巻, pp. 95-100, 20040301
  134. バラスト水によるプランクトンの導入, 日本プランクトン学会報告, 51巻, 1号, pp. 101-118, 20040801
  135. 海洋動物プランクトンの寄生生物 「(共著)」, 日本プランクトン学会報, 47巻, 1号, pp. 1-16, 20000401
  136. 動物プランクトンの進化, 日本プランクトン学会報, 51巻, 2号, 20040801
  137. Description of two new species of Neotachidius Shen & Tai, 1963 (Copepoda, Harpacticoida, Tachidiidae) from Korean brackish waters and proposal of a new genus for Tachidius (Tachidius) vicinospinalis Shen & Tai, 1964, ZOOLOGICAL JOURNAL OF THE LINNEAN SOCIETY, 143巻, 1号, pp. 133-159, 2005
  138. Systematics and zoogeography of the deep^sea hyperbenthic family Arietellidae (Copepoda: Calanoida) collected from the Sulu Sea, Journal of Natural History, 39巻, 27号, pp. 2483-2514, 20050630
  139. A new genus and species of nicothoid copepod (Crustacea: Copepoda: Siphonostomatoida) parasitic on the mysid Siriella oakdai Ii from off Japan, Systematic Parasitology, 62巻, pp. 65-81, 20050501
  140. A new species of the calanoid copepod genus Centropages (Crustaea) collected from Shimizu Port, Middle Japan: introduced or not?, Plankton Biology and Ecology, 52巻, 2号, pp. 92-99, 20050801
  141. A new species of Tortanus (Atortus) (Copepoda: Calanoida: Tortanidae) from the Seychelles, Mauritius and Madagascar, Journal of the Marine Biological Association of UK, 85巻, pp. 65-70, 20050301
  142. Prodajus curviabdominalis n. sp (Isopoda : Epicaridea : Dajidae), an ectoparasite of mysids, with notes on morphological changes, behaviour and life-cycle, SYSTEMATIC PARASITOLOGY, 60巻, 1号, pp. 39-57, 2005
  143. A new species of Tortanus (Atortus) (Copepoda : Calanoida : Tortanidae) from the Seychelles, Mauritius and Madagascar, JOURNAL OF THE MARINE BIOLOGICAL ASSOCIATION OF THE UNITED KINGDOM, 85巻, 1号, pp. 65-70, 2005
  144. Description of two new species of Neotachidius Shen & Tai, 1963 (Copepoda, Harpacticoida, Tachidiidae) from Korean brackish waters and proposal of a new genus for Tachidius (Tachidius) vicinospinalis Shen & Tai, 1964, Zoological Journal of the Linnean Society, 143巻, pp. 133-159, 20050801
  145. Three new species of deep-sea hyperbenthic aetideid copepods (Crustacea) collected from Nansei Islands, southwestern Japan, National Science Museum Monograph, 29巻, pp. 225-247, 20050401
  146. A new species of Pseudodiaptomus (Crustacea : Copepoda : Calanoida) from the Philippines, with a key to pseudodiaptomids from the Philippines and comments on the status of the genus Schmackeria, PROCEEDINGS OF THE BIOLOGICAL SOCIETY OF WASHINGTON, 119巻, 2号, pp. 202-221, 20060711
  147. A new family of poecilostomatoid copepods (Umazuracolidae) based on specimens parasitic on the black scraper (Thamnaconus modestus) in Japan, Zoological Science, 23巻, pp. 483-496, 20060531
  148. A new species of Pseudodiaptomus (Crustacea: Copepoda: Calanoida) from the Philippines, with a key to pseudodiaptomidsfrom the Philippines and comments on the status of the genus Schmackeria, Proceedings of the Biological Society of Washington, 119巻, 2号, pp. 202-221, 20060611
  149. Accumulation of tetrodotoxin (TTX) in Pseudocaligus fugu, a parasitic copepod from panther puffer Takifugu pardalis, but without vertical transmission - Using an immunoenzymatic technique, TOXICON, 48巻, 1号, pp. 116-122, 2006
  150. A new family of poecilostomatoid copepods (Umazuracolidae) based on specimens parasitic on the black scraper (Thamnaconus modestus) in Japan, ZOOLOGICAL SCIENCE, 23巻, 5号, pp. 483-496, 2006
  151. Ingolfiella inermis n. sp., a new interstitial ingolfiellid amphipod from Okinawa, southern Japan (Peracarida, Amphipoda), CRUSTACEANA, 79巻, pp. 1097-1105, 2006
  152. クサフグTakifugu niphoblesに寄生する2種類のコペポーダにおけるフグ毒の検出, Toxicon, 48巻, pp. 620-626, 20060620
  153. 微小甲殻類の系統分類と進化:その多様性とダイナミズム, タクサ, 21号, pp. 1-12, 20060601
  154. 日本沿岸の寄生性渦鞭毛藻類の分類学的研究の現状と課題, 日本プランクトン学会報, 53巻, 1号, pp. 21-29, 20060501
  155. アミ類の寄生生物に関する最近の研究, 日本プランクトン学会報, 53巻, 1号, pp. 37-44, 20060501
  156. 海洋生物・生態系の特性を活かした生物学実験・実習プラグラムの実践(2), 広島大学 学部・附属学校共同研究機構研究紀要, 34号, pp. 353-357, 20060301
  157. ★, Species of the parasitic genus Duboscquella are members of the enigmatic Marine Alveolate Group I, Protist, 158巻, pp. 337-347, 20070613
  158. Isolation and characterization of bacteria from the copepod Pseudocaligus fugu ectoparasitic on the panther puffer Takifugu pardalis wth the emphasis on TTX, Toxicon, 50巻, pp. 779-790, 20070705
  159. Symbionts of plankters: their diversity and importance, Journal of Scientific Research Chulalongkorn University, 2550巻, pp. 29-42, 20071201
  160. Vertical distribution and feeding ecology of a copepod Gaetanus variabilis in the southern Japan Sea during winter, La mer, 45巻, pp. 47-58, 20071001
  161. Prevalence and intensity of Phrixocephalus umbellatus (Copepoda: Siphonostomatoida: Pennellidae) parasitic on Paralichthys olivaceus in the western part of the Sea of Japan, Fishries Science, 73巻, pp. 214-216, 20071001
  162. Species of the parasitic genus Duboscquella are members of the enigmatic Marine Alveolate Group I, PROTIST, 158巻, 3号, pp. 337-347, 2007
  163. Temporal partitioning: dynamics of alternating occupancy of a host microhabitat by two different crustacean parasites, Marine Ecology Progress Series, IN PRESS巻, 20071201
  164. Prevalence and intensity of Phrixocephalus umbellatus (Copepoda : Siphonostomatoida : Pennellidae) parasitic on Paralichthys olivaceus in the western part of the Sea of Japan, FISHERIES SCIENCE, 73巻, 1号, pp. 214-216, 2007
  165. Prevalence, intensity and reproduction of copepods parasitic on temperate bass Lateolabyax japonicas collected from Ariake Sea, NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 73巻, 4号, pp. 693-702, 2007
  166. Isolation and characterization of bacteria from the copepod Pseudocaligus fugu ectoparasitic on the panther puffer Takifugu pardalis with the emphasis on TTX, TOXICON, 50巻, 6号, pp. 779-790, 2007
  167. Temporal partitioning: dynamics of alternating occupancy of a host microhabitat by two different crustacean parasites, MARINE ECOLOGY PROGRESS SERIES, 348巻, pp. 261-272, 2007
  168. 有明海産スズキにおけるカイアシ類の寄生状況, Nippon Suisan Gakkaishi, 73巻, 4号, pp. 693-702, 20070701
  169. A new species of Thysanote Kroyer, 1863 (Copepoda : Siphonostomatoida : Lernaeopodidae), a fish parasite from Thailand, ACTA ICHTHYOLOGICA ET PISCATORIA, 38巻, 1号, pp. 29-35, 2008
  170. A new genus of monstrilloid copepods (Crustacea) with anteriorly pointing ovigerous spines and related adaptations for subthoracic brooding, ZOOLOGICAL JOURNAL OF THE LINNEAN SOCIETY, 152巻, 3号, pp. 459-506, 2008
  171. Redescription of a subterranean amphipod, Pseudocrangonyx shikokunis (Crustacea: Amphipoda: Pseudocrangonyctidae) from Japan, Species Diversity, 13巻, pp. 275-286, 20080827
  172. A new species of Anuretes Heller, 1865 (Copepoda : Caligidae) from the yellowbanded sweetlips Plectorhinchus lineatus (Haemulidae) off New Caledonia, SYSTEMATIC PARASITOLOGY, 70巻, 1号, pp. 35-40, 2008
  173. Homogeneity among Lactococcus garvieae isolates from striped jack, Pseudocaranx dentex (Bloch & Schneider), and its ectoparasites, JOURNAL OF FISH DISEASES, 32巻, 10号, pp. 901-905, 2009
  174. Records of Caligus (Crustacea: Copepoda: Caligidae) from Marine Fish Cultured in Floating Cages in Malaysia with a Redescription of the Male of Caligus longipedis Bassett-Smith, 1898, ZOOLOGICAL STUDIES, 48巻, 6号, pp. 797-807, 2009
  175. A New Genus of Endoparasitic Copepods (Cyclopoida: Enterognathidae), Forming a Gall in the Calyx of Deep-sea Crinoids, ZOOLOGICAL SCIENCE, 27巻, 8号, pp. 689-696, 2010
  176. Cladistic analysis of the calanoid Copepoda, INVERTEBRATE SYSTEMATICS, 24巻, 3号, pp. 291-321, 2010
  177. Yaku'amides A and B, Cytotoxic Linear Peptides Rich in Dehydroamino Acids from the Marine Sponge Ceratopsion sp., JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 132巻, 50号, pp. 17692-17694, 20101222
  178. A New Species of Paramacrochiron (Copepoda: Cyclopoida: Macrochironidae) Associated with the Rhizostome Medusa Rhopilema hispidum Collected from the Gulf of Thailand, with a Phylogenetic Analysis of the Family Macrochironidae, ZOOLOGICAL SCIENCE, 29巻, 2号, pp. 127-133, 2012
  179. Evolution of the bomolochiform superfamily complex (Copepoda: Cyclopoida): New insights from ssrDNA and morphology, and origin of umazuracolids from polychaete-infesting ancestors rejected, INTERNATIONAL JOURNAL FOR PARASITOLOGY, 42巻, 1号, pp. 71-92, 2012
  180. Biology of the Swimming Acorn Worm Glandiceps hacksi from the Seto Inland Sea of Japan, ZOOLOGICAL SCIENCE, 29巻, 5号, pp. 305-310, 2012
  181. A new species of Enterognathus (Copepoda, Cyclopoida, Enterognathidae) collected from the Seto Inland Sea, western Japan, ZOOKEYS, 180号, pp. 1-8, 2012
  182. Isolation of Spirastrellolides A and B from a Marine Sponge Epipolasis sp and Their Cytotoxic Activities, JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS, 75巻, 6号, pp. 1192-1195, 2012
  183. The lunule of caligid copepods: an evolutionarily novel structure, EVOLUTION & DEVELOPMENT, 14巻, 6号, pp. 465-475, 2012
  184. Seasonal Occurrence and Microhabitat of the Hyperparasitic Monogenean Udonella fugu on the Caligid Copepod Pseudocaligus fugu Infecting the Grass Puffer Takifugu niphobles in the Seto Inland Sea, Japan, OCEAN SCIENCE JOURNAL, 47巻, 3号, pp. 181-187, 2012
  185. Redescription of Pseudacanthocanthopsis secunda (Yamaguti and Yamasu, 1960) (Copepoda: Chondracanthidae) parasitic on marine fishes from the Seto Inland Sea, Japan and the East China Sea off Japan and Korea, JOURNAL OF NATURAL HISTORY, 47巻, pp. 553-562, 20130301
  186. The caligid life cycle: new evidence from Lepeophtheirus elegans reconciles the cycles of Caligus and Lepeophtheirus (Copepoda: Caligidae), PARASITE, 20巻, 20130507
  187. A new species of Pseudodiaptomus (Crustacea, Copepoda, Calanoida, Pseudodiaptomidae) from the Prasae River Estuary, Gulf of Thailand, ZOOKEYS, 338号, pp. 39-54, 2013
  188. Reconstruction of Arietellid Copepod Phylogenetic Relationship, with Description of a New Species of Sarsarietellus (Copepoda, Calanoida, Arietellidae) from Korean Waters, ZOOLOGICAL SCIENCE, 30巻, 11号, pp. 998-1004, 2013
  189. A new species of Labidocera (Copepoda, Calanoida, Pontellidae) collected from Okinawa, southwestern Japan, with establishment of five Indo-West Pacific species groups in the L. detruncata species complex, ZOOKEYS, 447号, pp. 21-34, 20141016
  190. A new species of Gastrosaccus Norman, 1868 (Mysida, Mysidae, Gastrosaccinae) from a sandy shore of Indonesia, ZOOKEYS, 438号, pp. 17-32, 20140901
  191. First Record of Association of Copepods with Highly Venomous Box Jellyfish Chironex, with Description of New Species of Paramacrochiron (Cyclopoida: Macrochironidae), ZOOLOGICAL SCIENCE, 32巻, 2号, pp. 195-203, 201503
  192. ウミイサゴムシ科多毛類の稀少種ヒウチイサゴムシの瀬戸内海からの記録, 南紀生物, 56巻, 1号, pp. 1-7, 201406
  193. 瀬戸内海産エビクラゲの出現時期と共生するタコクラゲモエビの種間関係について, 広島大学大学院生物圏科学研究科瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター報告, 12号, pp. 10-20, 20141024
  194. 那覇沖で得られたオナガナメクジウオ種群, 広島大学大学院生物圏科学研究科瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター報告, 12号, pp. 21-25, 20141024
  195. ハチ干潟における釣り餌ホシムシ類の分布状況, 広島大学大学院生物圏科学研究科瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター報告, 12巻, pp. 1-9, 20141024
  196. A new species of the commercially harvested jellyfish Crambionella (Scyphozoa) from central Java, Indonesia with remarks on the fisheries, JOURNAL OF THE MARINE BIOLOGICAL ASSOCIATION OF THE UNITED KINGDOM, 95巻, 3号, pp. 471-481, 201505
  197. Screening of candidate genes encoding proteins expressed in pectoral fins of fugu Takifugu rubripes, in relation to habitat site of parasitic copepod Caligus fugu, using suppression subtractive hybridization, FISH & SHELLFISH IMMUNOLOGY, 44巻, 1号, pp. 356-364, 201505
  198. Prevalence and intensity of Phrixocephalus umbellatus (Copepoda : Siphonostomatoida : Pennellidae) parasitic on Paralichthys olivaceus in the western part of the Sea of Japan, FISHERIES SCIENCE, 73巻, 1号, pp. 214-216, 2007
  199. Temporal partitioning: dynamics of alternating occupancy of a host microhabitat by two different crustacean parasites, MARINE ECOLOGY PROGRESS SERIES, 348巻, pp. 261-272, 2007
  200. CYPRIS Y FROM THE NORTH PACIFIC (CRUSTACEA : MAXILLOPODA), PUBLICATIONS OF THE SETO MARINE BIOLOGICAL LABORATORY, 29巻, 1号, pp. 179-186, 19840331
  201. Records of Caligus (Crustacea: Copepoda: Caligidae) from Marine Fish Cultured in Floating Cages in Malaysia with a Redescription of the Male of Caligus longipedis Bassett-Smith, 1898, ZOOLOGICAL STUDIES, 48巻, 6号, pp. 797-807, 2009
  202. Infection with the Parasitic Copepod Clavella parva (Lernaeopodidae) in Gold-eye Rockfish Sebastes thompsoni Broodstock in Japan, FISH PATHOLOGY, 43巻, 1号, pp. 55-60, 2008
  203. 海洋動物プランクトンの寄生生物 (総説), 日本プランクトン学会報, 47巻, 1号, pp. 1-16, 20000225
  204. 秋芳洞内の川から採集されたキクロプス目カイアシ類, 陸水學雜誌, 57巻, 4号, pp. 305-312, 19961228
  205. 海産浮遊性カイアシ類(甲殻類)の食性再考, 海の研究, 6巻, 5号, pp. 299-320, 19971005
  206. Three new species of the demersal calanoid copepod Pseudocyclops from Phuket, Thailand, Plankton biology and ecology, 46巻, 2号, pp. 132-147, 19990801
  207. Calanoid Copepods Collected from the Near-bottom in Tanabe Bay on the Pacific Coast of the Middle Honshu, Japan. III. Stephidae, PUBLICATIONS OF THE SETO MARINE BIOLOGICAL LABORATORY, 32巻, 4号, pp. 219-232, 19871226
  208. Calanoid Copepods Collected from the Near-bottom in Tanabe Bay on the Pacific Coast of the Middle Honshu, Japan. II. Arietellidae (cont.), PUBLICATIONS OF THE SETO MARINE BIOLOGICAL LABORATORY, 30巻, 4号, pp. 287-306, 19851225
  209. A Note on the Feeding Habit of a Calanoid Copepod, Pontellopsis yamadae Mori, PUBLICATIONS OF THE SETO MARINE BIOLOGICAL LABORATORY, 30巻, 1号, pp. 145-149, 19850630
  210. A New Tantulocaridan (Crustacea : Maxillopoda) Parasitic on Calanoid, Harpacticoid and Cyclopoid Copepods, PUBLICATIONS OF THE SETO MARINE BIOLOGICAL LABORATORY, 36巻, 4号, pp. 197-209, 19941115
  211. 海産浮遊性カイアシ類Labidocera rotunda Mori(カラヌス目)の発生段階, 広島大学生物生産学部紀要 = Journal of the Faculty of Applied Biological Science, Hiroshima University, 27巻, 2号, pp. 79-91, 198812
  212. 非対称の体を持つ近底層カラヌス目カイアシ類の1新種Paramisophria platysomaの記載及びその皮殻器官,行動,天然餌料〔英文〕, 日本プランクトン学会報, 36巻, 2号, pp. p87-101, 199002
  213. 紅海産オンケア属カイアシ類の天然餌料, とくに尾虫類ハウスの摂食について, 日本プランクトン学会報, 43巻, 2号, pp. 89-105, 19961225
  214. Seasonal changes in infection with trematode species utilizing jellyfish as hosts: evidence of transmission to definitive host fish via medusivory, PARASITE, 23巻, 20160407
  215. Molecular evidence on evolutionary switching from particle-feeding to sophisticated carnivory in the calanoid copepod family Heterorhabdidae: drastic and rapid changes in functions of homologues, JOURNAL OF NATURAL HISTORY, 50巻, 27-28号, pp. 1759-1772, 20160324
  216. Cytotoxic liner acetylenes from a marine sponge Pleroma sp., Tetrahedron, 71巻, pp. 9564-9579, 20151024
  217. Historical biogeography of the genus Ploycopissa (Ostracod: Myodocopa: Cladocopina), with the description and DNA barcode of the second Indo-Pacific species from the Seto Inland Sea, Marine Biodiversity, 20151118
  218. Supplementary description of three Acartiella species (Crustacea;: Copepoda: Calanoida) from estuarine waters in Thailand, Species Diversity, 20巻, pp. 167-181, 20151125
  219. 目視観察による有明海表面付近におけるユウレイクラゲの密度推定, 広島大学総合博物館研究報告, 7巻, pp. 21-26, 20151207
  220. ★, Molecular identification of "Gum Gum": a food mole crab Hippa adactyla from Papua New Guinea, Biosphere Science, 201512
  221. Historical biogeography of the genus Polycopissa (Ostracoda: Myodocopa: Cladocopina), with the description and DNA barcode of the second Indo-Pacific species from the Seto Inland Sea, MARINE BIODIVERSITY, 46巻, 3号, pp. 625-640, 2016
  222. Yakushinamides, Polyoxygenated Fatty Acid Amides That Inhibit HDACs and SIRTs, from the Marine Sponge Theonella swinhoei, JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS, 79巻, 9号, pp. 2384-2390, 2016
  223. New records of Caligidae (Copepoda, Siphonostomatoida) from the Philippines, ZOOTAXA, 4174巻, 1号, pp. 237-248, 20161011
  224. On the occurrence of caligids (Copepoda: Siphonostomatoida) in the marine plankton: a review and checklist, ZOOTAXA, 4174巻, 1号, pp. 437-447, 20161011
  225. A New Species of Hyperbenthic Cyclopoid Copepod from Japan: First Record of the Genus Cyclopicina in the Indo-Pacific Region, ZOOLOGICAL SCIENCE, 33巻, 6号, pp. 659-666, 201612
  226. SEVEN NEW SPECIES OF TORTANUS (ATORTUS) (COPEPODA, CALANOIDA, TORTANIDAE) FROM NORTH SULAWESI, INDONESIA, CRUSTACEANA, 90巻, 1号, pp. 77-99, 201701
  227. Magnetic light cloaking control in the marine planktonic copepod Sapphirina, AIP ADVANCES, 7巻, 5号, 201703
  228. Modulation of light localization in the iridophores of the deep-sea highlight hatchetfish Sternoptyx pseudobscura under magnetic field, AIP ADVANCES, 7巻, 5号, 201701
  229. 種子島における親潮潜流の到達の可能性:北太平洋亜寒帯指標性種Neocalanus cristatus(カイアシ類)の出現, 生物圏科学, 55号, pp. 25-30, 201612
  230. 広島県の主要産地(江田島市、竹原市)における絶滅危惧種カブトガニの生息状況, 日本ベントス学会誌, 72巻, 1号, pp. 16-26, 20170831
  231. Low genetic diversity in Ozobranchus janteseanus (Hirudinida: Ozobranchidae) in Japan: possibility of introduction with their host turtles, Parasitology International, 66巻, pp. 798-801, 20170826
  232. Structure Revision of Poecillastrin C and the Absolute Configuration of the beta-Hydroxyaspartic Acid Residue, ORGANIC LETTERS, 19巻, 19号, pp. 5395-5397, 20171006
  233. A new genus and species of the family Pennellidae (Copepoda, Siphonostomatoida) infecting the Pacific viperfish Chauliodus macouni, PARASITE, 25巻, 20180209
  234. Poecillastrin H, a Chondropsin-Type Macrolide with a Conjugated Pentaene Moiety, from a Characella sp Marine Sponge, JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS, 81巻, 5号, pp. 1295-1299, 201805
  235. Possible origins of planktonic copepods, Pseudodiaptomus marinus (Crustacea: Copepoda: Calanoida), introduced from East Asia to the San Francisco Estuary based on a molecular analysis, AQUATIC INVASIONS, 13巻, 2号, pp. 221-230, 201806
  236. Piscivory of the Japanese giant box jellyfish Morbakka virulenta, PLANKTON & BENTHOS RESEARCH, 13巻, 2号, pp. 66-74, 201805
  237. New records of six deep-sea caridean shrimps (Crustacea: Decapoda) from the Ryukyu Islands and its adjacent waters, southwestern Japan, ZOOTAXA, 4457巻, 1号, pp. 114-128, 20180807
  238. 福岡県曽根干潟におけるカブトガニ幼体の密度と幼体生息場所および成体産卵場所の底質, 広島大学大学院生物圏科学研究科瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター報告, 15巻, pp. 1-7, 20171020
  239. 大島新曽根で採集されたトヨシオマリヒトデPodosphaeraster toyoshiomaruaeの行動観察, 生物圏科学, 56巻, pp. 27-32, 20171215
  240. Possible mimicry in the galaemmatid bivalve Scintilla philippinensis (Bivalvia: Galaemmatidae) to nudibranchs and crabs, Venus, 75巻, pp. 93-98, 20171127
  241. A new species of Peniculus (Copepoda: Siphonostomatoida) parasitizing mesopelagic myctophid fish: first discovery of colonization of the genus in deep water, PARASITE, 25巻, 20181126
  242. A new species of Acartia (Copepoda, Calanoida) from the Philippines, based on morphological and molecular analyses, ZOOKEYS, 814号, pp. 71-94, 20190108
  243. Benthic platyctenid ctenophore, Vallicula multiformis Rankin, 1956, found in an aquarium on Palawan Island, the Philippines, PLANKTON & BENTHOS RESEARCH, 14巻, 1号, pp. 14-21, 201902
  244. Toxicity and Toxin Composition of the Greater Blue-Ringed Octopus Hapalochlaena lunulata from Ishigaki Island, Okinawa Prefecture, Japan, TOXINS, 11巻, 5号, 201905
  245. Diel patterns of Zooplankton community structure in nearshore waters of different substrates off Tinggi and Sibu Islands, Malaysia, with special reference to Copepods, AQUATIC ECOSYSTEM HEALTH & MANAGEMENT, 22巻, 1号, pp. 86-102, 20190102
  246. 福岡県曽根干潟におけるカブトガニ幼体の密度と底質の物理環境特性, 広島大学大学院生物圏科学研究科瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター報告, 16巻, pp. 6-12, 201810
  247. 広島県産カブトガニに関する生物学的記録:成体の表在生物2種および野鳥に捕食されたと間がられる幼体遺骸, 広島大学大学院生物圏科学研究科瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター報告, 16巻, pp. 1-5, 201810
  248. 魚類の寄生生カイアシ類の表在生物:ユニークな付着基盤, タクサ, 201810
  249. 広島県におけるカラスバトの記録, 高原の自然史, 18巻, pp. 63-65, 201812
  250. Planktonic phases in symbiotic copepods: a review, Bulletin of Southern California Academy of Sciences, 117巻, 2号, pp. 104-119, 201806
  251. Some observations of morphology and behavior of a hyperbenthic misophrioid copepod, Bulletin of Southern California Academy of Sciences, 117巻, 2号, pp. 127-137, 201806
  252. 刺胞動物と他動物とのさまざまな共生関係, 海洋と生物, 40巻, 6号, pp. 542-548, 201812

著書等出版物

  1. 1990年, 潮汐フロント, 恒星社厚生閣, 1990年, 共編著, 大塚 攻
  2. 1991年, 日産科学振興財団研究報告書, 日産科学振興財団, 1991年, 単著, 大塚 攻
  3. 1995年, 神西湖の自然, たたら書房, 1995年, 教科書, 共編著, 大塚 攻
  4. 1997年, 日本動物大百科、無脊椎動物, 平凡社, 1997年, 教科書, 共編著, 大塚 攻
  5. 1997年, 日本産海洋プランクトン検索図説, 東海大学出版会, 1997年, 共編著, 大塚 攻
  6. 1997年, 海洋科学技術センターJAMSTEC深海研究, 海洋科学技術センター, 1997年, 共著, 大塚 攻
  7. 1998年, 第7期プロナゥーラファンド助成成果報告書, 自然保護助成基金, 1998年, 共著, 大塚 攻
  8. 1999年, 中海本庄工区の生物と自然, たたら書房, 1999年, 教科書, 共編著, 大塚 攻
  9. 1999年, Xth JSPS/VCC joint seminar on marine and fisheries sciences, Malacca, Malaysia (Taxonomy and feeding ecology of demersal calanoid copepods collected from Thailand, JSPS/VCC, 1999年, 共著, 大塚 攻
  10. 2000年, 顎脚類, 動物系統分類学 追補版 (中山書店), 2000年, 大塚 攻
  11. 2000年, 動物系統分類学 追補版, 中山書店, 2000年, 共編著, 大塚 攻
  12. 2000年, Xith JSPS joint seminar on marine Science (Preliminary survey of mysid fauna in the Gulf of Thailand), JSPS, 2000年, 共著, 大塚 攻
  13. 2001年, 海と大地の恵みのサイエンス, 共立出版, 2001年, 教科書, 共編著, 大塚 攻
  14. 2004年01月, フィールドの寄生虫学(第4章 奇怪な寄生虫ーヒメヤドリエビとその驚くべき生活史), 東海大学出版会, 2004年, 1, 単行本(一般書), 共編著, 大塚 攻, 354
  15. 2006年09月, カイアシ類・水平進化という戦略 海洋生態系を支える微小生物の世界, 日本放送出版協会, 2006年, 9, 単行本(一般書), 単著, 4140910690, 260
  16. 2015年10月08日, 2015年, 10, 単行本(学術書), 共編著, E, 978-4-431-55129-4, 648
  17. 2016年, 2016年, December, 単行本(学術書), 共著, E, 721
  18. 2017年11月03日, クラゲ類の生態学的研究, アジア海域に出現する大型クラゲ類の共生生物の群集組成および宿主との種間関係、食用クラゲ漁業の共生生物に対する影響について言及した, アジア海域における大型クラゲ類の共生生物群集, クラゲ、共生生物、宿主、クラゲ漁業、アジア, 生物研究社, 2017年, 11, 単行本(学術書), 単著, J, 大塚攻, 978-4-909119-12-4, 121, 12

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 2014年04月22日, 通常, 英語
  2. 2014年07月08日, 通常, 英語
  3. 2014年04月22日, 通常, 英語
  4. ヒクラゲの実験室内におけるポリプ期の成長と増殖及び 野外でのクラゲ期の出現と成長, 岡田昇馬、近藤裕介、大塚攻、中口和光、山口修平、浦田慎、足立文、戸篠祥、三宅裕志, 足立文、戸篠祥、三宅裕志, 日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会, 2014年09月04日, 通常, 日本語, 日本プランクトン学会, 東広島市, ヒクラゲMorbakka virulentaは立方クラゲ類に属する大型種で、傘高は最大で20 cmを超える。本種のクラゲ期は主に瀬戸内海で秋期から冬期にかけて出現が報告されており、ポリプ期については野外での報告はないが、実験室内での飼育で、出芽により生成された小さなスイミングポリプを放出して自己増殖することが知られている。本研究ではヒクラゲの、実験室内でのポリプ期の水温ごとの成長と増殖、野外でのクラゲ期の出現時期に伴う成長について調査を行ったので報告する。  ポリプの観察では、水温の違いによる成長及び出芽による増殖速度の計測のため、実験室内の培養器を17 ℃、22 ℃の2つの水温に設定し、それぞれ出芽により放出された直後の未着底の15個体のポリプを培養した。2日に一度の頻度でアルテミアのノープリウス幼生を与え、給餌から一時間後に新しい海水に入れ替えた。約2か月間培養し、期間中のポリプの口径の変化と出芽によるスイミングポリプ放出数を記録した。結果としてスイミングポリプ放出数に違いが見られ、水温17℃では期間中に合計で3個体のスイミングポリプが放出されたのに対し、22℃では合計20個体以上が放出され、水温による大きな差異が見られた。 ヒクラゲのクラゲ期の成長に伴う傘高と湿重量の変化についても調査するため、2011年11~12月、2012年9月~2013年1月、2013年9月~12月に広島県音戸港、尾道港、広島大学附属臨海実験所(竹原ステーション)南岸、岡山県宇野港において傘高1.7~22.5 cmのヒクラゲ59個体の傘高と湿重量を測定した。出現を確認することのできた9月~12月において、9月にすでに傘高14.5 cmの個体が出現しているため、ポリプからクラゲへの変態は夏季ごろから開始していると考えられ、今後はより早期における野外での調査が必要とされる。出現時期の後半の11月にも傘高1.7~22.2 cmの幅広い大きさのヒクラゲが同時期に得られたことから、ポリプからクラゲへの変態は夏季から継続的に行われていると推測できる。
  5. アジアにおけるクラゲ類の共生生物群集, 近藤裕介、大塚攻, 日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会, 2014年09月05日, 招待, 日本語, 日本プランクトン学会, 東広島市
  6. 水産学に必要不可欠な形態学、分類学, 大塚 攻, 日本分類学会連合, 2015年01月11日, 招待, 日本語, 日本分類学会連合, 東京
  7. カイアシ類の食性と進化, 大塚 攻, 日本プランクトン学会, 1997年, 招待, 日本語
  8. 近底層プランクトンの採集法, 大塚 攻, 日本プランクトン学会, 1988年, 招待, 日本語
  9. 橈脚類による微小動物プランクトンの補食, 大塚 攻, 日本プランクトン学会, 1989年, 招待, 日本語
  10. 1999年, 招待, 日本語
  11. 動物プランクトンの進化, 大塚 攻, 日本プランクトン学会日本ベントス学会合同学会, 2003年11月, 招待, 日本語
  12. Korean Copepdoa Workshop, 2003年07月, 招待, 日本語
  13. Symbionts of plankters: their diversity and importance in marine ecosystem, 大塚 攻, タイ藻類・プランクトン学会, 2007年03月, 招待, 日本語
  14. 2002年07月, 招待, 日本語
  15. 2014年07月14日, 通常, 英語
  16. 2014年07月14日, 通常, 英語
  17. インドネシアジャワ島で食用のために漁獲されている 鉢クラゲ類は実は未記載であった, 西川淳、大塚攻、Mulyadi、Nova Mujiono, Dhugal J. Lindsay、宮本洋臣、西田周平, 西川淳、Mulyadi、Nova Mujiono, Dhugal J. Lindsay、宮本洋臣、西田周平, 日本動物分類学会, 2014年06月15日, 通常, 日本語, 日本動物分類学会, つくば市, インドネシア・ジャワ島沖のインド洋で食用として漁獲されているクラゲ類が未記載種であることが判明したので報告する。このクラゲは根口クラゲ目,カトスチルス科,Crambionella属に属するクラゲで、西川(2009)によって初めに未記載種の可能性が指摘されたあと、Kitamura and Omori (2010)、大森・喜多村(2011)により簡単な記載がなされ、Crambionella sp.として扱われてきたものである。今回、詳細な形態観察と分子生物学的手法により、本種を未記載種として確認できた(論文投稿中)。本種は、縁弁の数、縁弁上の突起列の有無、口腕上の葉状突起の有無、特徴的な体色によって同属他種と区別できる。また、本種のミトコンドリアCOI遺伝子の塩基配列情報を、報告されている同属2種(C. orsiniとC. stuhlmanni)のものと比較したところ、種間の遺伝的距離(pairwise genetic distance: 0.119 ± 0.026)は種内(同:0?0.014)よりも明らかに大きい結果となった。本種には外傘の色に顕著な変異がみられる。最も一般的なタイプはクリーム色の傘をもつが、それ以外に傘の外縁部の平衡器縁弁に赤茶色の点がある個体、外縁部を二本の赤茶色の線が取り巻いている個体が存在する。形態の比較とミトコンドリアCOI遺伝子の塩基配列情報から、それらは別種ではなく、種内変異であることが確認できた。  本種に対する漁業は、少なくとも20年以上の歴史を持つ。漁期は通常8月から11月にかけてだが、年によって豊漁の月は異なる。漁師は主としてJukungと呼ばれる小型の船で、流し網を用いてクラゲを漁獲する。地元の漁師は本種をubur-ubur helm(ヘルメット・クラゲ)と呼んでいる。漁獲されたクラゲはチラチャップやジェティスなど加工工場のある近辺の港に水揚げされ、その場で重さを計量し加工工場に売られる。漁師から工場への売値はキロあたり500?1000Rp(5?10円)であり、30?50円で売られるベトナムのRhopilema hispidumと比べても安い(Nishikawa et al. 2008)。ただし、漁船一隻あたり1.5トン(=7500?15000円)、一日あたり多いときで20?80トン程度の水揚げがあることから、クラゲが豊漁であればそれなりの収入は得られていると推測される。クラゲの加工方法は塩と明礬を使う典型的な方法であるが、初期の段階で次亜塩素酸カルシウムを使う点が特徴的である。傘部のみ明礬と次亜塩素酸カルシウムを約4:1で水に溶かしたものの中に短時間浸漬することで、筋肉組織、生殖腺、腔腸内容物が白濁するので、それらを取り除き中膠部分のみを加工に利用する。加工したクラゲの売値は、傘部でキロあたり約130円、口腕部は約200円で、傘部の価格は東南アジア諸国でのRhopilema hispidumのものと類似している。一方、通常ほとんどの市場で傘部の方が口腕部より高く売れるが、ここでは口腕部がより高く売れる。我々の知る限りこの場所での信頼出来る持続的な漁獲統計は存在しないが、一日あたり最大80トンの水揚げがあり、個体あたりの重量を1.5 kgと仮定すると(傘径18 cmの個体相当)、一日あたり最大5万個体、一ヶ月の漁期で100万個体のクラゲが水柱から除去されている計算になる。今のところ、このクラゲ類に関する科学的な情報は分布に関してすら蓄積されていないが、種の保全や持続的漁業の立場から、本種に関する生物学、生態学的な研究が望まれる。
  18. 東南アジアにおける大型クラゲ類への共生生物の付着とクラゲ漁業によるリクルートの阻害, 近藤裕介、大塚攻、岡田昇馬、西川淳, 西川淳, 日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会, 2014年09月04日, 通常, 日本語, 日本プランクトン学会, 東広島市, 【目的】東南アジアに産する大型クラゲ類には多くの共生生物が見られる。この中にはカニ類やクモヒトデ類なども含まれており、これらは若年期をクラゲ類の上で過ごし、成熟するとクラゲ類から離れ、海底で生活すると考えられている。しかしながら本来底生性を示すこれらの共生生物がどのようにクラゲ類に定着するのかは不明であった。本発表では大型クラゲ類と共に共生生物の浮遊幼生ならびに小型個体が採集されたため、共生生物のクラゲ類への直接定着の可能性について報告する。また東南アジアではクラゲ漁業が盛んに行われているが、この漁業が共生生物に与える影響についても試算した。 【方法】タイ、マレーシア、フィリピン沿岸において2010~2013年にかけてクラゲ類と共生生物をタモ網(網目2mm)にて採集した。採集した共生生物はサイズを測定し、種ごとに共生率、平均共生個体数を算出した。クラゲの漁獲量はFAOの漁獲統計に従った。 【結果】タイ、マレーシア、フィリピンの3ヵ国での調査では大型クラゲ類と共にクロボシヒラアジ稚魚、カイワリ稚魚、クラゲモエビ、シマイシガニ、クモヒトデ類の共生が確認された。このうちタイでは、シマイシガニは食用であるヒゼンクラゲ、Lobonemoides robstusの2種と共生しており、メガロパ幼生から甲幅が5㎝に達するような様々なサイズがクラゲ類と共に採集された。またフィリピンでL. robstusと採集したシマイシガニも同様にメガロパ幼生を含んでいた。クモヒトデ類Ophiurocnemis marmorataはヒゼンクラゲ、L. robstus、Acromitus fagellatusとの共生が確認された。ディスク直径が9mm以下の若個体ばかりで、最小個体はディスク直径が0.8mmであった。このようにシマイシガニ、クモヒトデ類では浮遊幼生期もしくは変態直後にクラゲ類への定着が行われていることが推測された。また、タイでは調査期間中に年間約9万トンのクラゲ類が食用として漁獲されている。この際、クラゲ類の共生生物、特にクモヒトデ類はクラゲ類と共に混獲され死滅すると考えられる。我々が調査したクラゲ類の平均湿重量、クモヒトデ類の共生率、平均共生個体数からクラゲ漁業によるクモヒトデ類の死滅個体数を試算すると年間約1.2~1.6億個体のクモヒトデ類が死滅していることが明らかとなった。カニ類やクモヒトデ類のような底生性の共生生物はクラゲ類を移動や分散のために利用すると考えられているが、このようにクラゲ漁業の盛んな地域ではクラゲ類の利用が新規加入群の大量死滅という思わぬ危険性をはらんでいる。
  19. 東?東南アジアにおける大型クラゲ類の共生生物群集, 近藤裕介、大塚 攻、西川 淳, 日本動物分類学会第51回大会, 2015年06月13日, 通常, 日本語
  20. 粒子食から肉食への転換をしたカラヌス目カイアシ類Hetrorhabdidaeの分子系統:急激な形態変化が短期間に起こる例証, 平林丈嗣、大塚 攻、浦田 慎、富川 光、田中隼人, 日本動物分類学会第51回大会, 2015年06月14日, 通常, 日本語
  21. 豊潮丸2014年航海で得られたミオドコーパ亜綱(貝形虫綱)について, 田中隼人、大塚 攻, 日本動物分類学会第51回大会, 2015年06月14日, 通常, 日本語
  22. アミ類Rhopalophthalmusに寄生するアミヤドリムシ科等脚類の1種, 下村通名誉、大塚 攻, 日本動物分類学会第51回大会, 2015年06月14日, 通常, 日本語
  23. タイ産食用クラゲ2種の遊泳速度と毒性の比較:共生魚類との関連について, 近藤裕介、大塚 攻、永井宏史、鈴木靖子、Khwanruan Srinui, 日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会, 2015年09月03日, 通常, 日本語
  24. エビクラゲの摂餌生態およびストロビレーションの人工誘発, 橋本周一郎、大塚 攻、岩崎貞治、国吉久人、足立 文、笠川宏子、小谷野有加, 日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会, 2015年09月03日, 通常, 日本語
  25. フィリピンパワラン島におけるヒドロ虫類の外来種, 三宅裕史、本多志穂、足立 文、大塚 攻、近藤裕介、E Metillo、H Pagliawan, 日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会, 2015年09月03日, 通常, 日本語, 日本プランクトン学会, 札幌市
  26. 2016年02月24日, 通常, 英語
  27. 2017年07月18日, 招待, 英語
  28. 2017年07月18日, 通常, 英語
  29. 2017年07月19日, 通常, 英語
  30. 13the International Conference on Copepoda, 2017年07月19日, 通常, 英語
  31. 2017年07月20日, 通常, 英語
  32. 2017年07月20日, 通常, 英語
  33. 2017年07月24日, 招待, 英語
  34. ムシロガイ類3種に共生するヒドロ虫類3種の比較生態, 米谷まり、並河洋、大塚攻、近藤裕介, 並河洋, 日本プランクトン学会・ベントス学会合同大会, 2017年09月05日, 通常, 日本語, 日本ベントス学会, 彦根市
  35. ミズクラゲAurelia sp.1のストロビレーションにおける組織変化, 飯田健・大塚攻、近藤裕介、国吉久人、小池香苗, 国吉久人、小池香苗, 日本プランクトン学会・ベントス学会合同大会, 2017年09月05日, 通常, 日本語, 日本プランクトン学会, 彦根市
  36. アジアの沿岸に生息する浮遊性カイアシ類Acartia (Odontacartia) pacificaの姉妹種の存在, 大塚 攻・Khwanruan Sriuni, Khwanruan Srinui, 日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会, 2016年09月08日, 通常, 日本語, 日本プランクトン学会, 熊本市
  37. 東〜東南アジアにおけるクラゲ類の共生魚類群集と種間関係について, 近藤裕介・大塚 攻・Khwanruan Srinui・西川淳, Khwanruan Srinui・西川淳, 日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会, 2016年09月08日, 通常, 日本語
  38. デトリタス食性カイアシ類と海洋細菌との栄養学的関係, 平野勝士,大塚攻, 高田健太郎, 福島英登, 中井敏博, 三本木至宏, 特殊環境微生物セミナー, 2017年10月06日, 通常, 日本語, 東広島市
  39. 2018年02月21日, 通常, 日本語, 北方圏国際シンポジウム実行委員会, 紋別市
  40. 2018年10月30日, 招待, 英語
  41. シンポジウム「生物共生の光と影」, 大塚攻, 日本共生生物学会・日本比較生理生化学学会共催シンポジウム, 2018年11月24日, 招待, 日本語, 日本共生生物学会・日本比較生理生化学学会, 神戸市
  42. プランクトン群集における寄生・共生の機能, 大塚攻, 日本プランクトン学会シンポジウム, 2019年03月24日, 招待, 日本語, 日本プランクトン学会, 東京都港区
  43. 2018年05月28日, 通常, 英語
  44. 2018年11月01日, 招待, 英語
  45. 鉢クラゲ類の変態期における組織学的研究, 飯田健・大塚攻・近藤裕介・国吉久人・小池香苗, 日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会, 2018年09月11日, 通常, 日本語, 日本プランクトン学会, 八王子市
  46. デトリタス食性カイアシ類と海洋細菌との栄養学的関係, 平野勝士・高田健太郎・福島英人・中井 敏博・三本木至宏・大塚攻, 高田健太郎(北里大学)・福島英人(日本大学), 日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会, 2018年09月11日, 通常, 日本語, 日本プランクトン学会, 八王子市
  47. 粒子食性カラヌス目カイアシ類の摂餌様式と食性の分類群間比較, 米田壮汰,・田村啓明・阿部義之・ 野口真希・兵藤不二夫・大塚攻・山口篤, 山口篤(北海道大学), 日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会, 2018年09月11日, 通常, 日本語, 日本プランクトン学会, 八王子市
  48. 2018年09月02日, 招待, 英語

受賞

  1. 1999年09月, Zoological Science Award, 日本動物学会, "学術論文「Platycopia compacta n.sp.,the second species of Platycopioida (Crustacea: Copepoda) in the Indo-Pacific region, wi
  2. 2000年04月, 日高論文賞, 日本海洋学会, 学術論文総論「海産カイアシ類(甲殻類)の食性再考」
  3. 2006年06月, 日本動物分類学会賞, 日本動物分類学会, 微小甲殻類の系統分類と進化:その多様性とダイナミズム
  4. 2013年09月27日, Zoological Science Award 2013 および藤井賞, 社団法人日本動物学会
  5. 2017年11月30日, 富士山麓アカデミック&サイエンスフェア生物・生態分野優秀賞, 富士山麓アカデミック&サイエンスフェア実行委員会, 東南アジアで大量発生する大型クラゲ類の遺伝的連結性
  6. 2018年02月21日, 第5回青田昌秋賞, 北方圏国際シンポジウム実行委員会, カラヌス目カイアシ類の口器付属肢の形態計測学的研究:食性、分布水深、安定同位体比との関係

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(海外学術研究), 北極海海氷域における基礎生産とエネルギ-移動の時系列的変動の研究, 1988年, 1990年
  2. 科学研究費助成事業(一般研究(B)), 赤潮鞭毛藻と植食性動物プランクトンの相互作用に関する研究, 1988年, 1989年
  3. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), デトリタス食性及び肉食性カイアシ類(甲殻類)の摂取生態に関する研究, 1994年, 1995年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 中海本庄工区の生物多様性と生態系調査, 1997年, 1998年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 動物分類学関連学会連合による生物多様性共同基礎研究の推進, 2000年, 2000年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 浮遊性カイアシ類群集の分布域別摂餌戦略, 1998年, 2000年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 生物多様性学会設立による生物多様性共同基礎研究の実行, 2001年, 2001年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 海洋動物プランクトン、特にカイアシ類の寄生生物の分類・生態に関する研究, 2002年, 2004年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 寄生性渦鞭毛藻類の多様性と起源の解析, 2004年, 2006年
  10. 民間からの助成金, 瀬戸内海における外来性海洋動物の生態的撹乱度, 2004年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 里海環境の地域エコミュージアム構想への適用に関わる実践的研究, 2004年, 2006年
  12. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 有明海湾奥部に存続する"大陸沿岸遺存生態系"の起原と特性, 2006年, 2008年
  13. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 富山の深層水と八丈島の発光生物群を標的とした生物発光のショットガン的解明の試み, 2006年, 2007年
  14. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 寄生虫を生物標識として活用した海産栽培漁業種の生態解明, 2006年, 2009年
  15. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 水族寄生生物の生活史、特に感染期の宿主特異性に関する研究, 2008年, 2012年
  16. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), フグのウオジラミがフグの鰭のみに寄生する分子メカニズムを探る, 2011年, 2013年
  17. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 共生系における大型クラゲ類の生態的機能, 2013年, 2015年
  18. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 東南アジアにおける食用クラゲ類漁業の実態および漁獲種の生態学的研究, 2011年, 2013年
  19. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 東南アジア海域の動物プランクトンセンサス, 2010年, 2013年
  20. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 海洋におけるカイアシ類とバクテリア類の相互作用に関する研究, 2016年, 2018年
  21. 瀬戸内海文化研究・活動支援助成, 里海瀬戸内海に産する生きた化石カブトガニの保全に関する研究, 2016年
  22. 瀬戸内海文化研究・活動支援助成, 日本のカブトガニを守る, 2017年04月01日, 2018年03月31日

社会活動

委員会等委員歴

  1. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員, 2013年11月, 2014年03月, 広島県立西条農業高等学校
  2. 講師, 2013年07月, 2013年07月, 竹原市
  3. 生物多様性モニタリング調査マニュアル作成等検討委員会委員, 2013年09月, 2014年03月, (財)広島県環境保健協会
  4. 副代表, 2014年04月, 2015年12月, 日本分類学会連合
  5. 講師, 2014年07月, 2014年07月, 竹原市
  6. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員, 2014年06月, 2015年03月, 広島県立西条農業高等学校
  7. 博士論文外部審査員, 2014年09月, 2014年11月, マラヤ大学
  8. 環東シナ海環境資源研究センター共同利用運営協議会委員, 2015年02月, 2016年03月, 長崎大学大学院水産環境科学総合研究科附属環東シナ海環境資源研究センター
  9. 評議員, 2015年04月, 2017年03月, 日本プランクトン学会
  10. 講師, 2016年04月, 2017年03月, 竹原市立忠海小学校
  11. 環東シナ海環境資源研究センター共同利用運営協議会委員, 2016年06月, 2017年03月, 長崎大学海洋未来イノベーション機構
  12. 環東シナ海環境資源研究センター共同利用運営協議会委員, 2017年04月, 2018年03月, 長崎大学海洋未来イノベーション機構
  13. 評議員, 2015年04月, 2016年03月, 日本プランクトン学会
  14. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員, 2016年06月, 2017年03月, 広島県立西条農業高等学校
  15. 講師, 2017年05月, 2018年03月, 竹原市立吉名小学校
  16. 代表, 2016年01月, 2017年12月, 日本分類学会連合
  17. 評議員, 2017年07月, 2020年12月, World Association of Copepodologists(国際カイアシ類学会)
  18. (社)国立沖縄自然史博物館, 2018年04月, 2020年03月, 国立沖縄自然史博物館に関するワーキンググループ委員
  19. 長崎大学海洋未来イノベーション機構, 2018年05月, 2020年03月, 環東シナ海環境資源研究センター共同利用運営協議会委員
  20. 評議員, 2017年04月, 2019年03月, 日本プランクトン学会
  21. 日本プランクトン学会論文賞選考委員, 2017年09月, 2018年03月, 日本プランクトン学会
  22. 日本プランクトン学会評議会, 2018年04月, 2019年03月, 日本プランクトン学会
  23. JSPS Core to Core Project, 2018年04月01日, 2019年03月31日, 東京大学大気海洋研究所

学術会議等の主催

  1. 日本プランクトン学会, シンポなど組織委員, 2006年03月
  2. 日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会, 大会実行委員, 2006年09月
  3. 第14回日本分類学会連合シンポジウム, コンビナー, 2015年01月, 2015年01月
  4. 2014年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会, 実行委員, 2014年09月, 2014年09月
  5. 日本動物分類学会, 実行委員, 2015年06月, 2015年06月
  6. 第12回国際カイアシ類会議プレコンファレンスワークショップ, チューター, 2014年09月, 2014年09月
  7. シンポジウム「ヒト、カブトガニ、干潟ー海はだれのもの?」, 企画代表, 2017年09月, 2017年09月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 賀茂川干潟生物の分布調査, 広島県, 2007年/04月, 2008年/03月, 調査担当, 調査, 行政機関
  2. 船舶バラスト水と移入種の関連に関する情報提供を船舶会社などから問い合せを受けた., 情報提供
  3. 竹原市内の企業幹部の方に竹原の海の活用方法の講演,意見交換などを行った., 竹原市商工会議所, 2002年, 2002年
  4. 竹原市内にある企業幹部などの方に「瀬戸内海で今何が起こっているか?」という題目で講演を 行った., 竹原市商工会議所, 2007年, 2007年
  5. 海洋生物と教材, 広島大学, 野外観察会, 1997年/07月/01日, 1997年/07月/20日
  6. 瀬戸内海の環境を考える, 広島大学, 生涯学習講座, 1998年/07月/01日, 1998年/07月/20日, 講師
  7. 瀬戸内海の生態系, 広島県立忠海高等学校, せとうち科学, 1999年/04月/01日, 2008年/03月/31日, 司会
  8. 瀬戸内海の生態系, 広島県立忠海高等学校, せとうち科学, 1999年/04月/01日, 2008年/03月/31日, 司会
  9. 瀬戸内海の生態系, 広島県立忠海高等学校, せとうち科学, 1999年/04月/01日, 2008年/03月/31日, 司会
  10. 瀬戸内海の生態系, 広島県立忠海高等学校, せとうち科学, 1999年/04月/01日, 2008年/03月/31日, 司会
  11. 瀬戸内海の生態系, 広島県立忠海高等学校, せとうち科学, 1999年/04月/01日, 2008年/03月/31日, 司会
  12. 瀬戸内海の生態系, 広島県立忠海高等学校, せとうち科学, 1999年/04月/01日, 2008年/03月/31日, 司会
  13. 瀬戸内海の生態系, 広島県立忠海高等学校, せとうち科学, 1999年/04月/01日, 2008年/03月/31日, 司会
  14. 瀬戸内海の生態系, 広島県立忠海高等学校, せとうち科学, 1999年/04月/01日, 2008年/03月/31日, 司会
  15. 瀬戸内海の生態系, 広島県立忠海高等学校, せとうち科学, 1999年/04月/01日, 2008年/03月/31日, 司会
  16. 身近なことから考える海の環境問題, 広島大学, 忠海女性大学, 1999年/08月/01日, 1999年/08月/20日, 講師
  17. 海洋生物と教材, 広島大学, 教材研究, 1999年/08月/01日, 1999年/08月/20日, 編集長
  18. 藻場の生き物たち, 広島大学, 生物生産学部50周年記念事業, 1999年/09月/01日, 1999年/09月/20日, パネリスト
  19. 干潟の生物, 広島大学, 青少年の地域エコプログラム推進事業, 2000年/10月/01日, 2000年/10月/20日, パネリスト
  20. ミクロの世界をのぞいてみよう, 広島大学, 大学等地域開放事業, 2001年/09月/01日, 2001年/09月/20日, コメンテーター
  21. 海の食物連鎖と人間生活, 広島大学, 科学技術体験活動「海洋における食物連鎖の構造と機能」, 2001年/09月/01日, 2001年/09月/20日, 司会
  22. 海洋生物の多様性について, 広島大学, こども夢基金「海洋生物との遭遇(海洋における生物多様性の世界)」,「海の生き物の食物連鎖を探ってみよう」, 2001年/09月/22日, 2007年/07月/29日, 司会
  23. 甲殻類の分類と同定, 広島大学, 生物分類技能検定2級講習会, 2002年/10月/01日, 2002年/10月/20日
  24. 海洋生物の生態, 広島大学, サイエンスパートナーシッププログラム, 2003年/07月/28日, 2005年/07月/05日, 司会
  25. 海洋生物の生態, 広島大学, サイエンスパートナーシッププログラム, 2003年/07月/28日, 2005年/07月/05日, 司会
  26. 海洋生物の教材化, 竹原市教育委員会, 海を教材とした総合学習の時間の取組について, 2004年/02月/16日, 2004年/02月/16日, 編集長
  27. 瀬戸内海の海洋生物と海洋汚染について, 広島大学, 総合的な学習の時間, 2004年/05月/01日, 2007年/10月/10日, パネリスト
  28. 瀬戸内海の海洋生物と海洋汚染について, 広島大学, 総合的な学習の時間, 2004年/05月/01日, 2007年/10月/10日, パネリスト
  29. 瀬戸内海の海洋生物と海洋汚染について, 広島大学, 総合的な学習の時間, 2004年/05月/01日, 2007年/10月/10日, パネリスト
  30. 瀬戸内海の海洋生物と海洋汚染について, 広島大学, 総合的な学習の時間, 2004年/05月/01日, 2007年/10月/10日, パネリスト
  31. 海洋生態系の特性, 広島大学, スーパーサイエンスハイスクール研究開発, 2004年/08月/13日, 2005年/08月/18日, 司会
  32. 竹原の海の自然について,水族寄生生物に関して, 竹原市立竹原中学校, 総合的な学習の時間, 2004年/09月/01日, 2005年/12月/13日, コメンテーター
  33. 竹原の海の自然について,水族寄生生物に関して, 竹原市立竹原中学校, 総合的な学習の時間, 2004年/09月/01日, 2005年/12月/13日, コメンテーター
  34. 園児に対する海洋生物の教材化, さざなみ幼稚園, 自習勉強会, 2006年/03月/24日, 2006年/03月/24日, 編集長
  35. 「水の中を覗くと感動が待っている」の1回分「水の中の寄生虫ワールド」, 広島大学, 広島大学公開講座, 2006年/06月/23日, 2006年/06月/23日, 講師
  36. プランクトンの世界, 広島大学, 科学わくわくプロジェクト, 2007年/08月/20日, 2007年/08月/20日, コメンテーター
  37. 魚類の寄生生物, 木之江中学校, 職場体験学習, 2003年/03月, 2003年/03月
  38. プランクトンと人間生活の接点, 広島県立尾道商業高等学校, フルブライトメモリアル基金交流事業, 2003年/06月, 2003年/06月, 高校生
  39. 海の環境と生物, 広島大学生物生産学部附属練習船豊潮丸, 公開講座, 2003年/07月, 2003年/07月, 教育関係者
  40. 海洋生物学実験, 広島大学附属高等学校, SSH体験プログラム, 2004年/08月, 2004年/08月, 高校生
  41. 竹原の海の自然について, 竹原市立竹原中学校, 総合的な学習の時間, 2004年/09月, 2004年/09月
  42. 瀬戸内海の海洋生物と海洋汚染について, 竹原市立吉名小学校, 総合的な学習の時間, 2004年/05月, 2004年/05月, 教育関係者
  43. 海洋生物の形態、分類と生態, 広島県立広高等学校, 臨海実習, 2001年/07月, 2001年/07月, 教育関係者
  44. 水産実験所とハチ干潟について, 竹原市立竹原中学校, 総合的な学習の時間, 2002年/10月, 2002年/10月
  45. 広島大学附属高等学校SSH事業講師                             , 講師, 出前授業
  46. 広島県立西条農業高等学校SSH事業講師および指導助言                , 講師, 出前授業
  47. 竹原市教育委員会理科教員研修, 竹原市教育委員会, セミナー・ワークショップ
  48. 竹原市主催「海の生き物観察体験(小中学生向け)」講師, 竹原市, 講師, セミナー・ワークショップ
  49. Asian Core Programによるワークショップ講師, ミンダナオ州立大学(フィリピン), 講師, セミナー・ワークショップ
  50. Asian Core Programによるワークショップ講師, ブラパ大学(タイ), 講師, セミナー・ワークショップ
  51. シンポジウム「日本のカブトガニの保全に関するシンポジウム」, 日本のカブトガニの保全に関するシンポジウム, 広島大学大学院生物圏科学研究科附属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター竹原ステーション, 中国新聞にシンポジウムが掲載された。NHK広島、FM東広島でも取り上げられた。, 2017年/02月, 2017年/02月, 広島大学生物生産学部
  52. 広島大学公開講座, 講演「クラゲって悪者?いいえ水の母です」(講演会「そうだったのか…知ると得する魚介類の話」における1話題), 広島大学, 2016年/06月, 東広島芸術文化ホール くらら
  53. 教員免許更新講習, 1話題提供「クラゲって悪者?いいえ水の母です」, 広島大学大学院生物圏科学研究科, 2017年/07月, 2017年/07月, 広島大学生物生産学部
  54. 広島県高等学校教育研究会野外研修会, 野外研究会, 広島県高等学校教育研究会, 2017年/08月, 2017年/08月, 上蒲刈島
  55. 出前授業, 竹原市に棲んでいるカブトガニ, 竹原市立吉名小学校, 2017年/05月, 2017年/05月, 竹原市
  56. シンポジウム「ヒト、カブトガニ、干潟」ー海はだれのもの?, 広島大学大学院生物圏科学研究科(代表 大塚 攻), シンポジウム, 2017年/09月/24日, 2017年/09月/24日, 北九州市
  57. 安佐動物公園一般向け講演会, 広島県にもいる生きた化石カブトガニーこの宝を次世代にも残そうー, 安佐動物公園・20181117, 一般講演会, 2018年/11月/17日, 2017年/11月/17日, 広島市・安佐動物公園
  58. JSTサクラサイエンス事業, 海洋生物に関する実習, 広島大学大学院生物圏科学研究科附属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター竹原ステーション, 2018年/06月/11日, 2018年/06月/11日, 竹原市・広島大学大学院生物圏科学研究科附属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター竹原ステーション

学術雑誌論文査読歴

  1. 2007年, Plankton and Benthos Research, 編集長
  2. 2008年, Plankton and Benthos Research, 編集長
  3. 2007年, 日本プランクトン学会報, 編集員
  4. 2007年, Plankton Biology and Ecology, 編集員
  5. 2007年, Marine Ecology Progress Series, その他
  6. 2005年, タクサ, 編集員
  7. 2006年, タクサ, 編集員
  8. 2007年, タクサ, 編集員
  9. 2002年, Species Diversity, 編集員
  10. 2003年, Species Diversity, 編集員
  11. 2004年, Species Diversity, 編集員
  12. 2005年, Species Diversity, 編集員
  13. 2006年, Species Diversity, 編集員
  14. 2003年, Korean Journal of Environmental Biology, 編集員
  15. 2004年, Korean Journal of Environmental Biology, 編集員
  16. 2005年, Korean Journal of Environmental Biology, 編集員
  17. 2006年, Korean Journal of Environmental Biology, 編集員
  18. 2007年, Korean Journal of Environmental Biology, 編集員
  19. 2009年, 編集長
  20. 2010年, 編集長
  21. 2011年, 編集長
  22. 2015年, 編集員
  23. 2015年, 日本プランクトン学会報, 編集員, 編集委員
  24. 2017年, その他