高橋 真MAKOTO TAKAHASHI

Last Updated :2020/04/01

所属/職名
大学院医系科学研究科(保)/教授
メールアドレス
mako2hiroshima-u.ac.jp
自己紹介
立位姿勢・歩行を中心とした様々な身体運動の制御・学習機序の解明に向けたバイオメカニクスと神経科学を統合した研究,地域在住高齢者の健康増進や災害時の被災者の生活不活発予防に対する取り組みを行っています.

基本情報

主な職歴

  • 2006年04月01日, 2007年03月31日, 国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所, 運動機能系障害研究部

学歴

  • 広島大学, 国際協力研究科, 日本, 2003年04月, 2006年03月
  • 広島大学, 医学系研究科, 保健学専攻, 日本, 2001年04月, 2003年03月
  • 広島大学, 医学部, 保健学科理学療法学専攻, 日本, 1997年04月, 2001年03月

学位

  • 博士(学術)(広島大学)
  • 修士(保健学)(広島大学)

研究分野

  • 複合領域 / 人間医工学 / リハビリテーション科学・福祉工学

研究キーワード

  • 運動学習
  • 歩行
  • 運動制御
  • メンタルプラクティス
  • 経頭蓋磁気刺激

所属学会

  • 日本体力医学会, 2001年
  • 日本理学療法士協会, 2001年
  • 日本臨床神経生理学会, 2003年
  • 理学療法科学学会
  • 日本基礎理学療法学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 臨床運動学
  2. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 身体運動学
  3. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 身体運動学実習
  4. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 老年期障害学
  5. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 生活環境制御学
  6. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 生活環境制御学実習
  7. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 臨床運動学演習
  8. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 機能能力診断学特論
  9. 2020年, 学部専門, 1ターム, スポーツ医学総論
  10. 2020年, 学部専門, 2ターム, スポーツ医学各論
  11. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 地域理学療法学
  12. 2020年, 学部専門, 集中, 臨床実習
  13. 2020年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  14. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 通年, 心身機能生活制御科学特別研究
  15. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 生体運動・動作解析学特講
  16. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 生体運動・動作解析学特講
  17. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 生体運動・動作解析学特講演習
  18. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 生体運動・動作解析学特講演習
  19. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 生体運動・動作解析学特講演習
  20. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 生体運動・動作解析学特講演習
  21. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 心身機能生活制御科学特別研究
  22. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 心身機能生活制御科学特別研究
  23. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 生体運動・動作解析学特論
  24. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 生体運動・動作解析学特論
  25. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 生体運動・動作解析学特別演習
  26. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 生体運動・動作解析学特別演習
  27. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 生体運動・動作解析学特別演習
  28. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 生体運動・動作解析学特別演習
  29. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 生体運動・動作解析学特別研究
  30. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 生体運動・動作解析学特講
  31. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 生体運動・動作解析学特講
  32. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 生体運動・動作解析学特講
  33. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 生体運動・動作解析学特講演習
  34. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 生体運動・動作解析学特講演習
  35. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 生体運動・動作解析学特講演習
  36. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 生体運動・動作解析学特講演習

教育に関する受賞

  • 広島大学医学部教員表彰

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Excitability changes of motor evoked potentials dependent on muscle properties and contraction modes, MOTOR CONTROL, 7巻, 4号, pp. 328-345, 200310
  2. チルト台を用いた起立負荷時の自覚症状と循環動態, 広島大学保健学ジャーナル, 2巻, 2号, pp. 46-52, 20030301
  3. Excitability changes in human hand motor area dependent on afferent inputs induced by different motor tasks, EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH, 158巻, 4号, pp. 527-532, 200410
  4. Cardiovascular control during voluntary static exercise in humans with tetraplegia, JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 97巻, 6号, pp. 2077-2082, 200412
  5. Physical practice induces excitability changes in human hand motor area during motor imagery, EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH, 163巻, 1号, pp. 132-136, 200505
  6. Remote effects of voluntary teeth clenching on excitability changes of the human hand motor area, NEUROSCIENCE LETTERS, 377巻, 1号, pp. 25-30, 20050322
  7. Modulations of input-output properties of corticospinal tract neurons by repetitive dynamic index finger abductions, EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH, 161巻, 2号, pp. 255-264, 200502
  8. Differential modulations of intracortical neural circuits between two intrinsic hand muscles, CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY, 116巻, 12号, pp. 2757-2764, 200512
  9. つまみ動作の習熟過程 その運動学的及び神経生理学的解析, 臨床神経生理学, 33巻, 3号, pp. 131-140, 20050401
  10. Excitability changes in human hand motor area induced by voluntary teeth clenching are dependent on muscle properties, EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH, 171巻, 2号, pp. 272-277, 200605
  11. Motor strategies and excitability changes of human hand motor area are dependent on different voluntary drives, EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 23巻, 12号, pp. 3399-3406, 200606
  12. Functional demanded excitability changes of human hand motor area, EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH, 170巻, 2号, pp. 141-148, 200604
  13. Further insight into excitability changes of intracortical inhibitory (ICI) and facilitatory (ICF) circuits in human hand motor area during motor imagery, Advances in Exercise and Sports Physiology, 12巻, pp. 45-50, 20060901
  14. Effects of intermanual transfer induced by repetitive precision grip on input-output properties of untrained contralateral limb muscles, EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH, 182巻, 4号, pp. 459-467, 200710
  15. Control of heart rate variability by cardiac parasympathetic nerve activity during voluntary static exercise in humans with tetraplegia, JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 103巻, 5号, pp. 1669-1677, 200711
  16. Effects of motor imagery are dependent on motor strategies, NEUROREPORT, 18巻, 12号, pp. 1241-1245, 20070806
  17. Changes in corticospinal excitability during observation of walking in humans, NEUROREPORT, 19巻, 7号, pp. 727-731, 20080507
  18. Temporal modulations of agonist and antagonist muscle activities accompanying improved performance of ballistic movements, HUMAN MOVEMENT SCIENCE, 27巻, 1号, pp. 12-28, 200802
  19. 経頭蓋磁気刺激とニューロリハビリテーション, バイオメカニクス研究, 12巻, 3号, pp. 184-190, 20081120
  20. ボールを用いたビジュアルトレーニングの効果, 広島スポーツ医学研究会誌, 9巻, pp. 10-13, 20080731
  21. Load-related modulation of cutaneous reflexes in the tibialis anterior muscle during passive walking in human, European Journal of Neuroscience, 27巻, 6号, pp. 1566-1576, 20080518
  22. Phase-dependent modulation of cutaneous reflexes in tibialis anterior muscle during passive stepping, Neurological Research, 30巻, 1号, pp. 46-51, 20080201
  23. Influence of Home-Based Pulmonary Rehabilitation on Muscle Oxygenation in Elderly Patients with Chronic Obstructive Pulmonary Disease, JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE, 21巻, 4号, pp. 301-305, 200911
  24. THE EFFECTS OF EXERCISE OF THE PERONEUS LONGUS AND TIBIALIS POSTERIOR MUSCLES ON HEEL RAISE, JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, 58巻, 3号, pp. 387-394, 200906
  25. Muscle Blood Flow and Oxygen Utilization Measured by Near-Infrared Spectroscopy during Handgrip Exercise in Chronic Respiratory Patients, JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE, 21巻, 3号, pp. 231-238, 200908
  26. シャトルウォーキングテストを用いた最高酸素摂取量推定の妥当性, 理学療法学, 36巻, 7号, pp. 377-381, 20091201
  27. 低強度および中強度下肢運動時の呼吸様式の違いは運動-呼吸同調に影響を与えない, 理学療法学, 36巻, 7号, pp. 341-347, 20091201
  28. 高齢者の視機能とビジュアルトレーニング効果, 広島大学保健学ジャーナル, 8巻, 1・2号, pp. 7-14, 20091201
  29. 運動後のクーリングダウンが血液流動性に及ぼす影響, 広島スポーツ医学研究会誌, 10巻, pp. 11-14, 20091001
  30. 白内障疑似体験フィルタが視機能と視覚刺激に対する反応時間に与える影響, 理学療法ジャーナル, 43巻, 9号, pp. 837-841, 20090901
  31. 2型糖尿病患者における運動指導が行動変容に及ぼす効果, 理学療法科学, 24巻, 4号, pp. 587-592, 20090901
  32. Facilitation of corticospinal excitability in the tibialis anterior muscle during robot-assisted passive stepping in humans, European Journal of Neuroscience, 30巻, 1号, pp. 100-109, 20090429
  33. 長腓骨筋と後脛骨筋エクササイズが踵上げ動作に及ぼす影響について, 体力科学, 58巻, 3号, pp. 387-394, 20090417
  34. 臨床生化学検査の生理的変動幅を利用した標準年間変化指標(SBYCI)の考案と特定検診保健指導への応用, 臨床化学, 38巻, 1号, pp. 46-53, 20090317
  35. 嚥下前後の呼吸コントロールが飲み込みやすさに与える影響, 理学療法科学, 24巻, 3号, pp. 381-385, 20090113
  36. The neural influence on the occurrence of locomotor-respiratory coordination, RESPIRATORY PHYSIOLOGY & NEUROBIOLOGY, 173巻, 1号, pp. 23-28, 20100831
  37. Effect of sensory inputs on the soleus H-reflex amplitude during robotic passive stepping in humans, EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH, 202巻, 2号, pp. 385-395, 201004
  38. 臨床化学検査項目の個体内変動を利用した標準化年間変化指数(SBYCI)の 特定健診保健指導への応用の新提案, 日本予防医学会雑誌, 20101101
  39. Changes in Plasma Oxidative Stress Biomarkers after Single-sprint Anaerobic Exercise, Advances in Exercise and Sports Physiology, 20101001
  40. 加圧空気処置が骨格筋酸素動態および経皮的酸素分圧に及ぼす影響, 臨床スポーツ医学, 20100901
  41. 要支援高齢者における運動行動の習慣化に関わる心理社会的要因, 臨床運動療法研究会誌, 12巻, 1号, pp. 13-17, 20100801
  42. Analysis of secretory immunoglobulin A concentration in saliva and exhaled breath condensate, Journal of Analytical Bio-Science, 33巻, 3号, pp. 237-241, 20100601
  43. 慢性閉塞性肺疾患患者の在宅運動療法実施評価における身体活動記録計利用の試み, 理学療法の臨床と研究, 19巻, pp. 91-95, 20100301
  44. 広島県における理学療法士の特別支援学校での協働的な活動について, 理学療法の臨床と研究, 19巻, pp. 111-115, 20100301
  45. 静的運動終了後における筋代謝受容器反射が圧受容器反射感受性に及ぼす影響, 理学療法科学, 25巻, 1号, pp. 121-125, 20100301
  46. 高齢者における安静時唾液中分泌型免疫グロブリンAの生理的変動の検討, 生物試料分析, 33巻, 2号, pp. 167-172, 20100301
  47. 歩行時の吸気呼気比の調節が運動-呼吸同調に与える影響, 日本生理人類学会誌, 15巻, 1号, pp. 1-8, 20100201
  48. Effects of unilateral voluntary movement on motor imagery of the contralateral limb, CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY, 122巻, 3号, pp. 550-557, 201103
  49. 慢性閉塞性肺疾患における呼吸リハビリテーションの重要性と現状, 広島大学保健学ジャーナル, 10巻, 1号, pp. 1-5, 20111201
  50. クーリングダウンとしての踏み台昇降運動が乳酸除去に与える効果, 広島スポーツ医学研究会誌, 12巻, pp. 40-42, 20111201
  51. 寒冷刺激下での筋代謝受容器反射が循環応答に及ぼす影響, 理学療法科学, 20110601
  52. 健常若年者の肺の酸化ストレスは短時間高強度運動負荷によって増大しない, 理学療法科学, 20110401
  53. 中強度運動負荷中の唾液中免疫グロブリンAの変化, 広島大学保健学ジャーナル, 10巻, 1号, pp. 20-25, 20110301
  54. Attenuation of the Muscle Metaboreflex in Patients with Type 2 Diabetes, JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE, 24巻, 8号, pp. 721-724, 201209
  55. Pulmonary Oxidative Stress Is Induced by Maximal Exercise in Young Cigarette Smokers, NICOTINE & TOBACCO RESEARCH, 14巻, 2号, pp. 243-247, 201202
  56. クーリングダウンと血中乳酸濃度が血液流動性に及ぼす影響, Hemorheology and Related Research, 13巻, pp. 8-14, 20121201
  57. 飲水が中強度運動後の血液流動性に及ぼす影響, Hemorheology and Related Research, 13巻, pp. 2-7, 20121201
  58. 若年喫煙者における局所運動時の活動筋酸素動態に関する研究, 理学療法学, 39巻, 6号, pp. 359-364, 20121201
  59. Plasma oxidative stress is induced by single-sprint anaerobic exercise in young cigarette smokers, CLINICAL PHYSIOLOGY AND FUNCTIONAL IMAGING, 33巻, 3号, pp. 241-244, 201305
  60. Characteristics of Patients with Severe Heart Failure Exhibiting Exercise Oscillatory Ventilation, CLINICAL AND EXPERIMENTAL HYPERTENSION, 35巻, 4号, pp. 267-272, 2013
  61. Differential contribution of ACh-muscarinic and β-adrenergic receptors to vasodilatation in noncontracting muscle during voluntary one-legged exercise, Physiological Reports, 2巻, pp. e12202, 2014
  62. Unilateral imagined movement increases interhemispheric inhibition from the contralateral to ipsilateral motor cortex, EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH, 232巻, 6号, pp. 1823-1832, 201406
  63. Phase-dependent modulation of corticospinal excitability during the observation of the initial phase of gait, SOMATOSENSORY AND MOTOR RESEARCH, 31巻, 4号, pp. 209-213, 201412
  64. Cigarette Smoking does not Induce plasma or pulmonary oxidative stress after moderate-intensity exercise, Journal of Physical Therapy Science, 26巻, 3号, pp. 413-415, 2014
  65. 階段降段と平地歩行における外部膝関節内転モーメントの特徴-変形性膝関節症患者と健常高齢者の比較-, 理学療法科学, 30巻, pp. 353-357, 2015
  66. 寛骨臼移動術後患者の股関節外転筋力と歩行時の体幹および骨盤傾斜角度, 理学療法福岡, 28巻, pp. 51-55, 2015
  67. Cardiac parasympathetic outflow during dynamic exercise in humans estimated from power spectral analysis of P-P interval variability, EXPERIMENTAL PHYSIOLOGY, 101巻, 3号, pp. 397-409, 20160301
  68. The effects of altering attentional demands of gait control on the variability of temporal and kinematic parameters, GAIT & POSTURE, 47巻, pp. 57-61, 201606
  69. Central command generated prior to arbitrary motor execution induces muscle vasodilatation at the beginning of dynamic exercise, JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 120巻, 12号, pp. 1424-1433, 20160615
  70. Estimation of inertial parameters of the lower trunk in pregnant Japanese women: A longitudinal comparative study and application to motion analysis, APPLIED ERGONOMICS, 55巻, pp. 173-182, 201607
  71. Effect of Different Levels of Pressure Relieving Air-Mattress Firmness on Cough Strength, PLOS ONE, 11巻, 1号, 20160107
  72. The effect of exercise on blood fluidity: Use of the capillary model to assess the clogginess of blood, CLINICAL HEMORHEOLOGY AND MICROCIRCULATION, 61巻, 4号, pp. 559-569, 2016
  73. Foot alignments influence the effect of knee adduction moment with lateral wedge insoles during gait, Gait & Posture, 49巻, pp. 451-456, 2016
  74. Influences of trunk flexion on mechanical energy flow in the lower extremities during gait, Journal of Physical Therapy Science, 28巻, 5号, pp. 1459-1464, 2016
  75. Biomechanical effects of lateral and medial wedge insoles on unilateral weight bearing, Journal of Physical Therapy Science, 28巻, 1号, pp. 280-285, 2016
  76. Central command increases muscular oxygenation of the non-exercising arm at the early period of voluntary one-armed cranking, PHYSIOLOGICAL REPORTS, 5巻, 7号, 201704
  77. Rear foot kinematics when wearing lateral wedge insoles and foot alignment influence the effect of knee adduction moment for medial knee osteoarthritis, GAIT & POSTURE, 57巻, pp. 177-181, 201709
  78. Lower limb kinematics during the swing phase in patients with knee osteoarthritis measured using an inertial sensor, GAIT & POSTURE, 57巻, pp. 236-240, 201709
  79. Differences of muscle co-contraction of the ankle joint between young and elderly adults during dynamic postural control at different speeds, JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL ANTHROPOLOGY, 36巻, 20170802
  80. 腰部脊柱管狭窄症患者における着座動作の運動学的分析, 理学療法科学, 31巻, pp. 541-546, 2016
  81. Muscle co-contraction in elderly people change due to postural stability during single-leg standing, JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL ANTHROPOLOGY, 36巻, DEC 16 2017
  82. Biomechanical mechanism of lateral trunk lean gait for knee osteoarthritis patients, JOURNAL OF BIOMECHANICS, 66巻, pp. 10-17, JAN 3 2018
  83. Relationships Between Trunk Movement Patterns During Lifting Tasks Compared With Unloaded Extension From a Flexed Posture, JOURNAL OF MANIPULATIVE AND PHYSIOLOGICAL THERAPEUTICS, 41巻, 3号, pp. 189-198, MAR-APR 2018
  84. Trunk lean gait decreases multi-segmental coordination in the vertical direction, Journal of Physical Therapy Science, 29巻, 11号, pp. 1940-1946
  85. Feedforward- and motor effort-dependent increase in prefrontal oxygenation during voluntary one-armed cranking, JOURNAL OF PHYSIOLOGY-LONDON, 596巻, 21号, pp. 5099-5118, 201811

著書等出版物

  1. 2007年08月, Central mechanisms of cardiovascular regulation , Transworld Research Network, 2007年, 08, 単行本(学術書), 共編著, 松川 寛二 Hidehiko Komine Tomoko Nakamoto 土持 裕胤 , 8178952653, 269
  2. 2007年, 循環II:運動時の調節と適応, 2007年, 単行本(学術書), 共編著
  3. 2008年, 運動器リハビリテーションクルズス, 2008年, 単行本(学術書), 共編著
  4. 2014年, 標準理学療法学 専門分野 病態運動学, 医学書院, 2014年, 共著
  5. 2014年, 理学療法研究の進めかた, 文光堂, 2014年, 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 2014年06月07日, 通常, 英語
  2. 2014年06月07日, 通常, 英語
  3. フラクタル解析による足踏み動作中の床反力データの時間変動解析, 谷本研二,緒方悠太,武田拓也,岩本義隆,石島ゆり野,井原拓哉,高橋真,阿南雅也,新小田幸一, 第49回日本理学療法学術大会, 2014年05月30日, 通常, 日本語
  4. Lifting 動作時の筋活動は動作前の座位姿勢の違いによりいかなる影響を受けるか, 緒方悠太,新小田幸一,武田拓也,石島ゆり野,岩本義隆,谷本研二,阿南雅也,高橋真, 第49回日本理学療法学術大会, 2014年05月30日, 通常, 日本語
  5. 起床時の自主トレーニングは脳卒中患者の身体機能・バランス能力の日内変動にいかなる影響を及ぼすか, 藤井靖晃,田中直次郎,高橋真,阿南雅也,新小田幸一, 第49回日本理学療法学術大会, 2014年05月30日, 通常, 日本語
  6. 指先接触による求心性情報が立位時の前脛骨筋とヒラメ筋の皮質脊髄路興奮性に及ぼす影響, 岩政亮平,高橋真,三輪美幸,阿南雅也,新小田幸一, 第49回日本理学療法学術大会, 2014年05月30日, 通常, 日本語
  7. 脊柱後彎姿勢が歩行中の膝関節の力学的エネルギーの流れに与える影響, 武田拓也,緒方悠太,谷本研二,阿南雅也,高橋真,新小田幸一, 第15回広島保健福祉学会学術大会・第11回広島保健学学会学術集会合同学会, 2014年10月11日, 通常, 日本語
  8. 寛骨臼移動術後患者の股関節外転筋力と歩行時の体幹および骨盤傾斜角度, 木村悠人,新小田幸一,古門功大,星木宏之,林秀俊,阿南雅也,高橋真, 第24回福岡県理学療法士学会, 2015年02月22日, 通常, 日本語
  9. 運動時の循環調節機構, 高橋 真, 第2回日本基礎理学療法学会学術集会・日本基礎理学療法学会第20回学術大会 合同学会, 2015年11月15日, 招待, 日本語
  10. 災害に備えた地域包括ケアの在り方, 高橋 真, 第20回広島県理学療法士学会, 2015年12月13日, 招待, 日本語
  11. Does aging affect the coordination of joint movements during sit-to-stand motion?, 2015年05月01日, 通常, 英語
  12. Influences of aging on utilization of motor redundancy during gait, 2015年05月01日, 通常, 英語
  13. Effects of sitting postures with spine flexion prior to the lowering tasks on low back pain, The 17th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy, 2015年05月01日, 通常, 英語
  14. Body segment inertial parameters estimation of the lower trunk of pregnant Japanese women aimed at practical using in motion analysis, 2015年05月01日, 通常, 英語
  15. Biomechanical effects of lateral and medial wedge insoles on unilateral weight-bearing, 2015年06月28日, 通常, 英語
  16. Muscle co-contraction in the ankle joint at different performance speeds in the elderly adults, 2015年06月28日, 通常, 英語
  17. Effects of varying foot alignments on changes in frontal plane biomechanics in subjects wearing lateral wedge insoles, 2015年07月05日, 通常, 英語
  18. ヒトの運動時の心拍数調節機序の再検証―心電図PP間隔変動周波数解析を用いて―, 高橋真,中本智子,松川寛二,渡邊多恵,関川清一,濱田泰伸, 第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月05日, 通常, 日本語
  19. 変形性膝関節症患者の椅子からの立ち上がり動作はいかなる関節運動の協調性により成り立っているか, 阿南雅也,新小田幸一,高橋真,谷本研二,服部宏香,脇本祥夫,井原拓哉,木藤伸宏, 第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月05日, 通常, 日本語
  20. 妊婦の椅子からの起立と方向転換を伴う運搬動作時のバイオメカニクス解析, 須永康代,国分貴徳,木戸聡史,阿南雅也,高橋真,新小田幸一, 第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月05日, 通常, 日本語
  21. Detrended Fluctuation Analysis を用いた片脚立位保持時の足圧中心データの変動解析, 井原拓哉,中野達也,谷本研二,阿南雅也,高橋真,新小田幸一,川嶌眞人, 第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月05日, 通常, 日本語
  22. 外側ウェッジが歩行時の外部膝関節内転モーメントに及ぼす影響足部アライメント評価を基にした検討, 澤田智紀,新小田幸一,徳田一貫,谷本研二,緒方悠太,武田拓也,阿南雅也,高橋真,木藤伸宏, 第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月05日, 通常, 日本語
  23. 足部外転位の歩行修正が身体の協調性に及ぼす影響, 徳田一貫,新小田幸一,澤田智紀,谷本研二,緒方悠太,武田拓也,高橋真,木藤伸宏,阿南雅也, 第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月05日, 通常, 日本語
  24. 若年者と高齢者における動作スピードの違いが筋の同時収縮に与える影響, 岩本義隆,新小田幸一,緒方悠太,武田拓也,阿南雅也,高橋真, 第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月05日, 通常, 日本語
  25. 腰椎後方靭帯系がLifting動作時の協調性に及ぼす影響, 緒方悠太,新小田幸一,武田拓也,徳田一貫,澤田智紀,谷本研二,阿南雅也,高橋真, 第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月05日, 通常, 日本語
  26. 加齢が歩行時の運動の冗長性の利用に与える影響, 武田拓也,新小田幸一,緒方悠太,谷本研二,徳田一貫,阿南雅也,高橋真, 第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月05日, 通常, 日本語
  27. 動作スピードの違いか?階段降段動作の足関節制御に及ぼす影響, 福井基裕,新小田幸一,武田拓也,緒方悠太,澤田智紀,阿南雅也,高橋真, 第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月05日, 通常, 日本語
  28. ヒトの二重課題歩行における大脳皮質一次運動野の関与―筋内・筋間コヒーレンス解析による検証―, 三輪美幸,高橋真,岩政亮平,阿南雅也,新小田幸一, 第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月05日, 通常, 日本語
  29. 二重課題が歩行中のストライド時間および下肢関節の変動性に及ぼす影響ー時間的変化の構造の観点からー, 谷本研二,阿南雅也,高橋真,新小田幸一, 第37回臨床歩行分析研究会定例会, 2015年10月18日, 通常, 日本語
  30. Light touchが立位姿勢制御に及ぼす影響ーSDA解析を用いてー, 岩本義隆,新小田幸一,阿南雅也,高橋真, 第37回臨床歩行分析研究会定例会, 2015年10月18日, 通常, 日本語
  31. 外側楔状足底挿板の力学的効果を示す健常若年成人の下肢バイオメカニクス特性, 澤田智紀,新小田幸一,徳田一貫,谷本研二,緒方悠太,武田拓也,阿南雅也,高橋真,木藤伸宏, 第31回日本義肢装具学会, 2015年11月07日, 通常, 日本語
  32. Decreased muscle co-contraction during voluntary postural sway at fast speed in the elderly people, Iwamoto Y, Takahashi M, Shinkoda K, The 13th Asian Confederation of Physical Therapy, 2016年10月07日, 通常, 英語
  33. Effects of motion speed on trunk biomechanics in the frontal plane during sit-to-walk, Sumimoto T, Shinkoda K, Fukui M, Takahashi M, The 13th Asian Confederation of Physical Therapy, 2016年10月07日, 通常, 英語
  34. Influence of incresed stair descent speed on biomechanics of lower limb, Fukui M, Shinkoda K, Sawada T, Takahashi M, The 13th Asian Confederation of Physical Therapy, 2016年10月07日, 通常, 英語
  35. 衝撃吸収からみた足部内側縦アーチの適切な評価, 石島ゆり野,新小田幸一,緒方悠太,武田拓也,岩本義隆,澤田智紀,德田一貫,谷本研二,阿南雅也,高橋真, 第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月27日, 通常, 日本語
  36. 動作スピードの違いが起立‐歩行動作時の側方バランス制御に及ぼす影響, 炭本貴大,新小田幸一,福井基裕,武田拓也,谷本研二,阿南雅也,高橋真, 第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月27日, 通常, 日本語
  37. 外側ウェッジが歩行時の足部バイオメカニクスに及ぼす影響, 澤田智紀,德田一貫,谷本研二,緒方悠太,阿南雅也,高橋真,木藤伸宏,新小田幸一, 第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月27日, 通常, 日本語
  38. 中足趾節関節の可動域制限が会談公団動作時の非制限側下肢関節運動に及ぼす影響, 川上航,新小田幸一,澤田智紀,福井基裕,阿南雅也,高橋真, 第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月27日, 通常, 日本語
  39. 体幹前傾運動の制限が椅子からの立ち上がり動作の協調性に及ぼす影響Uncontrolled Manifold 解析を用いて, 崎村奈美,新小田幸一,德田一貫,緒方悠太,高橋真,阿南雅也, 第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月27日, 通常, 日本語
  40. Light-touchが立位姿勢制御のSensory reweightingに及ぼす影響, 岩本義隆,新小田幸一,澤田智紀,阿南雅也,高橋真, 第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月27日, 通常, 日本語
  41. 一側足関節可動域制限が歩行の変動性に及ぼす影響, 山口智洋,新小田幸一,高橋真,谷本研二,阿南雅也, 第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月27日, 通常, 日本語
  42. 付加的課題を課した立ち上がり動作時の関節角度の協調性, 井原拓哉,中野達也,羽田清貴,高橋真,阿南雅也,新小田幸一,川嶌眞之,川嶌眞人, 第51回日本理学療法学術大会, 2016年05月27日, 通常, 日本語
  43. Light touchが外乱刺激に対する立位姿勢制御反応に及ぼす影響, 清水麻美,高橋真,岩本義隆,緒方悠太,武田拓也,阿南雅也,新小田幸一, JPTF日本基礎理学療法学会 第21回学術大会, 2016年05月26日, 通常, 日本語
  44. Light touchが立位時の前脛骨筋とヒラメ筋の皮質脊髄路興奮性に及ぼす影響, 高橋真,岩政亮平,三輪美幸,清水麻美,阿南雅也,新小田幸一, 第10回Motor Control研究会, 2016年09月01日, 通常, 日本語
  45. 極軽度の早朝運動が睡眠と運動機能, QOLに与える影響, 新小田幸一, 岩本義隆, 阿南雅也, 高橋 真, 第52回日本理学療法学術大会(日本支援工学理学療法学会), 2017年05月12日, 通常, 日本語
  46. Light touchと手すり把持が立位時の前脛骨筋とヒラメ筋の皮質脊髄路興奮性に及ぼす影響の相違, 高橋 真, 岩政亮平, 三輪美幸, 清水麻美, 阿南雅也, 新小田幸一, 第52回日本理学療法学術大会(日本基礎理学療法学会), 2017年05月12日, 通常, 日本語
  47. 歩行立脚時の膝関節屈曲運動の減少は変形性膝関節症患者にいかなる影響を及ぼすか, 阿南雅也,徳田一貫,谷本研二,澤田智紀,木藤伸宏,新小田幸一, 第52回日本理学療法学術大会(日本運動器理学療法学会), 2017年05月12日, 通常, 日本語
  48. 高齢者の片脚立位中の姿勢動揺および足関節周囲筋同時収縮にlight-touchが及ぼす影響, 岩本義隆,高橋真,新小田幸一, 第52回日本理学療法学術大会(日本基礎理学療法学会), 通常, 日本語
  49. 外反母趾を有する者の母趾にかかる荷重に関連する運動学的要因, 川上航,新小田幸一,澤田智紀,高橋真, 第52回日本理学療法学術大会(日本基礎理学療法学会), 2017年05月12日, 通常, 日本語
  50. 斜め前向き降段動作の足関節・膝関節バイオメカニクス特性, 林宏昭,新小田幸一,福井基裕,川上航,高橋真, 第52回日本理学療法学術大会(日本基礎理学療法学会), 2017年05月12日, 通常, 日本語
  51. 足部内側縦アーチの衝撃吸収機能の低下と歩行動作における下肢関節運動との関連性, 石島ゆり野,新小田幸一,澤田智紀,谷本研二,阿南雅也,高橋真, 第52回日本理学療法学術大会(日本基礎理学療法学会), 2017年05月12日, 通常, 日本語
  52. フィードバック遅れ時間を用いた片足立位保持時の関節運動の制御戦略の検討, 井原拓哉,羽田清貴,阿南雅也,杉木知武,新小田幸一,川嶌 眞之, 川嶌 眞人, 第52回日本理学療法学術大会(日本基礎理学療法学会), 2017年05月12日, 通常, 日本語
  53. Influence of light touch on corticospinal excitability of ankle flexor and extensor muscles during quiet standing, Takahashi M, Iwamasa R, Miwa M, Shimizu A, Anan M, Shinkoda K, 2017 International Society of Posture & Gait Research (ISPGR) World Congress, 2017年06月25日, 通常, 英語
  54. Effects of visual input and support-base width on muscle coactivation during standing in the elderly, Iwamoto Y, Takahashi M, Sawada T, Shinkoda K, 2017 International Society of Posture & Gait Research (ISPGR) World Congress, 2017年06月25日, 通常, 英語
  55. Foot postures have different influences on hallucal loading, with the arch height in individuals with hallux valgus being a determining factor, Kawakami W, Shinkoda K, Sawada T, Takahashi M, 2017 International Society of Posture & Gait Research (ISPGR) World Congress, 2017年06月25日, 通常, 英語
  56. Biomechanics of the trailing limb during stair descent with the body facing diagonally forward, Hayashi H, Shinkoda K, Fukui M, Kawakami W, Takahashi M, 2017 International Society of Posture & Gait Research (ISPGR) World Congress, 2017年06月25日, 通常, 英語
  57. Biomechanical influences of gait termination with holding of baggage in one hand, Sanada M, Shinkoda K, Tanimoto K, Fukui M, Takahashi M, 2017 International Society of Posture & Gait Research (ISPGR) World Congress, 2017年05月25日, 通常, 英語
  58. 理学療法士の「分科」と「包括」について考える-「教育と研究」の立場から, 高橋真, 第31回中国ブロック理学療法士学会, 2017年09月02日, 招待, 日本語
  59. 高齢者の片脚立位保持姿勢における足関節周囲筋同時収縮に異なる上肢支持が及ぼす影響, 岩本義隆,高橋真,川上航,新小田幸一, 第31回中国ブロック理学療法士学会, 2017年09月02日, 通常, 日本語
  60. 外反母趾を呈する者の歩行中における後足部・中足部・前足部間の運動協調性, 川上航,高橋真,岩本義隆,新小田幸一, 第31回中国ブロック理学療法士学会, 2017年09月02日, 通常, 日本語
  61. 外反母趾変形に関連する静的足部形状および歩行中の足部内運動の検討, 川上航,新小田幸一,岩本義隆,高橋真, 第6回日本支援工学理学療法学会学術集会, 2017年09月30日, 通常, 日本語
  62. 3軸加速度計を用いたトレッドミル上歩行と定置足踏み動作中におけるストライド時間の時間変動解析, 岩本義隆,谷本研二,高橋真,木藤伸宏,新小田幸一, 第5回日本運動器理学療法学会学術集会, 2017年09月23日, 通常, 日本語
  63. 変形性膝関節症患者の歩行時膝スティフネスが隣接関節へ及ぼす影響, 内田茂博,木藤伸宏,山田英司,高橋 真,阿南雅也,新小田幸一, 第5回日本運動器理学療法学会学術集会, 2017年09月23日, 通常, 日本語
  64. 高齢者の立位姿勢保持戦略は視覚条件と支持基底面の広狭によりいかなる変化をみせるか, 岩本義隆,川上航,高橋真,新小田幸一, 第38回バイオメカニズム学術講演会, 2017年11月04日, 通常, 日本語
  65. 外反母趾が歩行中の足部内運動の変動性に及ぼす影響, 川上航,岩本義隆,高橋真,新小田幸一, 第38回バイオメカニズム学術講演会, 2017年11月04日, 通常, 日本語
  66. 障害物へのアプローチの違いが跨ぎ動作へ及ぼす影響, 草野雄祐,岩本義隆,川上航,高橋真,新小田幸一, 第38回バイオメカニズム学術講演会, 2017年11月04日, 通常, 日本語
  67. 足踏み動作と歩行の運動学・運動力学的比較~前額面からの比較~, 岩本義隆,川上航,高橋真,新小田幸一, 第22回広島県理学療法士学会, 2017年12月03日, 通常, 日本語
  68. 物品把持が歩行停止動作の先行肢に及ぼす影響, 真田昌輝,新小田幸一,高橋真,谷本研二,岩本義隆,福井基裕,川上航, 第22回広島県理学療法士学会, 2017年12月03日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2015年10月16日, 第25回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 優秀演題賞, 第25回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会会長

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ヒトの歩行運動における大脳皮質運動野の役割~筋内・筋間コヒーレンス解析を用いて~, 2014年, 2016年
  2. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), ヒトの運動時の心拍数調節機序の再検証-心電図PP間隔変動周波数解析を用いて-, 2011年, 2013年
  3. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 歩行観察を用いたメンタルプラクティスの有効性に関する神経生理学的機序の解明, 2009年, 2010年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 慢性呼吸器疾患患者の免疫機能改善を目的とした運動療法プログラムの確立, 2008年, 2010年
  5. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), ヒト脊髄運動ニューロンに対するHebb則に基づく連合性ペア刺激の効果, 2007年, 2008年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 指先の感覚情報を利用した立位姿勢安定化のメカニズム解明と高齢者の転倒予防への応用, 2017年, 2019年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 理事, 2013年04月, 2017年03月, 日本基礎理学療法学会
  2. 地域ケアマネジメント会議専門職, 2017年04月, 2018年03月, 広島市健康福祉局
  3. 日本基礎理学療法学会, 2017年04月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 歩行と姿勢制御の神経機構,他 , リハビリテーションのための応用運動生理研究会, 2012年/03月/21日, 2012年/03月/21日
  2. 学問としての理学療法と研究方法論, 広島県理学療法士会, 広島県理学療法士会新人教育プログラム, 2010年/09月, 2010年/09月
  3. 学問としての理学療法と研究方法論, 広島県理学療法士会, 広島県理学療法士会新人教育プログラム, 2009年/09月, 2009年/09月
  4. 運動学習, 広島健理学療法士会, 広島健理学療法士会東広島支部研修会, 2013年/09月, 2013年/09月
  5. ヒトの運動制御と循環調節, 札幌医科大学理学療法学第二講座主催特別講演, 2013年/03月, 2013年/03月
  6. 広島県理学療法士会 災害支援スタッフ育成研修会, 災害支援において求める事・求められる事~被災者・支援者双方の立場から~, 広島県理学療法士会, 2016年/11月/23日, 2016年/11月/23日, 講師, 講演会, 学術団体

学術雑誌論文査読歴

  1. 2016年, 日本基礎理学療法学雑誌, 編集員
  2. 2016年, その他, 1
  3. 2016年, その他, 1
  4. 2017年, 理学療法の臨床と研究, 編集長