山元 隆春Takaharu Yamamoto

Last Updated :2017/08/01

所属・職名
大学院教育学研究科 国語文化教育学講座 教授

基本情報

学位

  • 博士(教育学) (広島大学)
  • 教育学修士 (広島大学)

研究分野

  • 社会科学 / 教育学 / 教科教育学

研究キーワード

  • 学習開発
  • 読者反応理論
  • 発達
  • 読者反応理論
  • 米国
  • 読者反応
  • 読むこと
  • 英国
  • 文学

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 学部専門, 4ターム, 国語文化基礎ゼミII
  2. 2017年, 学部専門, 3ターム, 国語教育学概論II
  3. 2017年, 学部専門, 集中, 国語教育基礎論
  4. 2017年, 学部専門, 1ターム, 国語科教育方法論
  5. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 国語文化研究法III
  6. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文
  7. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 読書と豊かな人間性
  8. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 教職実践演習(中・高)
  9. 2017年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 教科教育学講究(国語文化教育学領域)
  10. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 教科教育学特別研究(国語文化教育学領域)
  11. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 教科教育学特別研究(国語文化教育学領域)
  12. 2017年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 教職授業プラクティカムI
  13. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 教科教育学講究(国語文化教育学領域)
  14. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 教科教育学特別研究(国語文化教育学領域)
  15. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 教科教育学特別研究(国語文化教育学領域)
  16. 2017年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 教職教授学講究
  17. 2017年, 博士課程・博士課程後期, 4ターム, 教職授業プラクティカムII
  18. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 教科教育学研究方法論
  19. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 国語教育学特別研究
  20. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 国語教育学特講II(国語教育課程論領域)
  21. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 国語教育学特論I(国語教育学・国語教育史領域)
  22. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 国語教育学特論II(国語教育課程論領域)
  23. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 国語教育学特別研究
  24. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 国語教育学演習II(国語教育課程論領域)
  25. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 授業開発と評価(基礎)
  26. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 授業開発と評価(発展)
  27. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 授業開発と評価(応用)
  28. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 授業開発と評価(開発)

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 文学反応の交流による<脱中心化>と内省-大学生による「愛のサーカス」(別役実)の読みを中心に-, 学習開発研究, 1巻, 1号, pp.51-pp.61, 20000401
  2. <記憶>を伝え、受けつぎ、共有する営みとしての文学教育, 日本文学, 49巻, 1号, pp.60-pp.68, 20000401
  3. <文学教育>による<物語>の生成と交流, 月刊国語教育研究(日本国語教育学会), 34巻, 332号, pp.4-pp.9, 19990401
  4. 「学び」という出来事の成立に果たす文学の役割, 日本文学, 47巻, 3号, pp.1-pp.9, 19980401
  5. 読むという出来事を誘う力-<誤読>の豊かさについて-, 日本文学, 45巻, 1号, pp.49-pp.57, 19960401
  6. On the Dialogical Structure in Otsuberu and Zoh--A Fundamental Study of the Dialogical Teaching of Literature, 日本文学, 38巻, 7号, pp.50-pp.58,105-104, 1989
  7. <特集>日本文学協会第五二回大会報告(第一日目) : 「学び」という出来事の成立に果たす文学の役割, 日本文学, 47巻, 3号, pp.1-pp.9,81, 1998
  8. 教育心理学と教科教育との対話 : 国語科, 日本教育心理学会総会発表論文集, 39号, 19970924
  9. 文学の授業にとって「読者論」とは何か, 全国大学国語教育学会発表要旨集, 101巻, pp.174-pp.177, 20011020
  10. 「国語科」の教え・学びにおける「読むこと」の役割 : 読むことの教育論の検討を通して(読むことの教育, 国語科教育研究の歴史と展望), 全国大学国語教育学会発表要旨集, 98巻, pp.80-pp.83, 20000803
  11. グループ・ディスカッションによる「読み」の構築, 全国大学国語教育学会発表要旨集, 109巻, pp.68-pp.71, 20051029
  12. 文学の授業のための「基礎論」とは何か : 読者反応理論の検討(<特集>国語科教育における映像の位置), 国語科教育, 35巻, pp.44-pp.51, 19880331
  13. 虚構テクストを読む力の発達 : 「きつねの窓」に対する児童の反応分析をとおして(<特集>国語科教育と国際化), 国語科教育, 37巻, pp.35-pp.42, 19900331
  14. 文芸の授業のための学習者研究 : 読者反応研究の観点から(<特集>国語科における情報活用能力の育成), 国語科教育, 39巻, pp.27-pp.34, 19920331
  15. テクストのフラジリティと文学教育の根拠(<特集>日本文学協会第57回大会報告(第一日目)・総会), 日本文学, 52巻, 3号, pp.26-pp.37, 20030310
  16. <記憶>を伝え、受けつぎ、共有する営みとしての文学教育(<特集>二十一世紀の「日本文学」研究・教育), 日本文学, 49巻, 1号, pp.60-pp.68, 20000110
  17. 「学び」という出来事の成立に果たす文学の役割(第五二回大会・発表要旨), 日本文学, 46巻, 10号, 19971010
  18. 現代詩における〈共同性〉の探求 : 谷川俊太郎のばあい, 国語教育研究, 32号, pp.39-pp.53, 19890807
  19. 文学教育の未来 : 「文学」は国語教育に何をもたらすか <第45回広島大学国語教育学会・研究協議>, 国語教育研究, 47号, pp.110-pp.114, 20060331
  20. 協同的創造力を育成する第5〜9学年の選択教科単元モデルの開発(3), 学部・附属学校共同研究紀要, 37号, pp.127-pp.132, 2008
  21. 「エピソード記述」による保育実践の省察--保育の質を高めるための実践記録と保育カンファレンスの検討, 学部・附属学校共同研究紀要, 37号, pp.229-pp.237, 2008
  22. 文学教育の基礎的研究 : Stanley E. Fishの読者論を中心に, 教育学研究紀要, 30巻, pp.276-pp.278, 19850331
  23. イギリスの文学教育(3) : 詩の創作指導, 教育学研究紀要. 第二部, 33巻, pp.25-pp.30, 19880331
  24. イギリスの文学教育(4) : 教育課程を中心に, 教育学研究紀要. 第二部, 34巻, pp.17-pp.22, 19890321
  25. イギリスの文学教育(5) : 『キングマン報告』(1988)を中心に, 教育学研究紀要. 第二部, 35巻, pp.55-pp.60, 19900321
  26. 小・中国語科における基礎・基本の指導と総合単元づくりとのかかわりに関する研究, 学部・附属学校共同研究紀要, 29号, pp.37-pp.44, 2000
  27. 小・中国語科における基礎・基本の指導と総合単元づくりとのかかわりに関する研究(4)メディアリテラシーの育成を想定した小中一貫の国語科単元づくりの試み, 学部・附属学校共同研究紀要, 32号, pp.143-pp.150, 2003
  28. 読みの「方略」に関する基礎論の検討, 広島大学学校教育学部紀要. 第一部, 16巻, pp.29-pp.40, 19940120
  29. 文学テクストに対する子どもの反応の発達 : 米国を中心とした先行研究の検討, 広島大学学校教育学部紀要. 第一部, 17巻, pp.19-pp.33, 19950120
  30. 学習者の反応を中心とする文学教育論の検討 : ランガー編『文学教育』を手がかりとして, 広島大学学校教育学部紀要. 第一部, 18巻, pp.37-pp.55, 199601
  31. あまんきみこ「おにたのぼうし」論, 広島大学学校教育学部紀要. 第一部, 19巻, pp.31-pp.38, 199701
  32. 「オツベルと象」における対話構造の検討--対話をひらく文学教育のための基礎論 (「対話」をひらく文学教育<特集>), 日本文学, 38巻, 7号, pp.p50-pp.58, 198907
  33. 試論--W・イ-ザ-「行為としての読書」を読む, 日本文学, 41巻, 4号, pp.p82-pp.86, 199204
  34. 千葉省三童話の検討--「拾つた神様」を中心に, 日本文学, 44巻, 4号, pp.p70-pp.74, 199504
  35. 読むという出来事を誘う力--<誤読>の豊かさについて (特集・誤読), 日本文学, 45巻, 1号, pp.49-pp.57, 199601
  36. 読者の一貫性を組織化する条件 : 今江祥智「野の馬」に対する児童の反応を手がかりとして, 鳴門教育大学研究紀要. 教育科学編, 5巻, pp.151-pp.166, 1990
  37. 「理解する」ことの学習のためにどのような授業が必要か : ジョアンナ・M・ジミー著『理解するための方法を絵本で教える』の場合, 国語教育研究, 56巻, pp.206-pp.218, 2015.3.31
  38. 中学校国語科におけるリテラチャー・サークル実践の展開 : 「少年の日の思い出」を扱う単元の場合, 学校教育実践学研究, 21巻, pp.35-pp.45, 2015.3.31
  39. 中学校国語科におけるアクティブ・ラーニングの開拓 : 「冥王星が「準惑星」になったわけ」(渡部潤一)を起点として, 広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要, 14巻, pp.43-pp.54, 2016.3.31
  40. 読むことの「授業」はなぜ必要か, 学校教育, 1153巻, pp.6-pp.11, 20130901
  41. これからの国語科教育で身につけさせたいこと, 学校教育, 1170巻, pp.14-pp.21, 20150201
  42. ★, 関与する力・意味をつくり出す力・コンテクストを見つける力-理解のための共有地としての国語科授業で育まれるもの-, 学校教育, 1186号, pp.14-pp.21, 20160601
  43. 「アクティブ」な学びを生み出す力-要点駆動(point-driven)の重要性-, 学校図書館, 781号, pp.74-pp.75, 20151101
  44. The Power of Performative Reading--Richness of "Misreading", 日本文学, 45巻, 1号, pp.49-pp.57,76, 1996
  45. 文学の教授・学習に関する基礎理論の検討 : ルイーズ・ローゼンブラットの「交流理論」を中心に, 鳴門教育大学研究紀要. 教育科学編, 6巻, pp.59-pp.78, 1991
  46. 小学校道徳の授業資料研究 III : 徳島県の道徳授業資料の分析及び批判, 鳴門教育大学学校教育研究センター紀要, 5巻, pp.23-pp.36, 1991
  47. 小学校道徳の授業資料研究 IV : 徳島県の資料分析から, 鳴門教育大学学校教育研究センター紀要, 6巻, pp.19-pp.26, 1992
  48. 小学校道徳授業の資料研究V : 徳島県の低学年資料分析から, 鳴門教育大学学校教育研究センター紀要, 7巻, pp.77-pp.85, 1993
  49. I-4 児童文学作品に対する読者反応の発達論的研究 : 登場人物に対する児童の態度を中心に, 全国大学国語教育学会発表要旨集, 78巻, 19900802
  50. 課-4 文芸の授業のための学習者研究 : 読者反応研究の観点から, 全国大学国語教育学会発表要旨集, 80巻, 19910801
  51. I-4 テクスト解釈方略の発達(1) : 「あんず林のどろぼう」(立原えりか)に対する反応分析を通して, 全国大学国語教育学会発表要旨集, 82巻, 19920806
  52. 1-4 児童文学作品に対する読者反応の発達論的研究(2) : 「オツベルと像」の反応分析を通して, 全国大学国語教育学会発表要旨集, 79巻, 19901012
  53. 7. 文学テクストに対する子どもの反応の発達 : 英米における研究成果の検討, 全国大学国語教育学会発表要旨集, 86巻, pp.6-pp.7, 19940804
  54. 5 文学作品に対する子どもの反応の発達 : 「おにたのぼうし」の場合, 全国大学国語教育学会発表要旨集, 89巻, 19951103
  55. 協同の読みの成立・「私」の読みの深化 : 「子供のいる駅」 (黒井千次) を教材として, 全国大学国語教育学会発表要旨集, 93巻, 19971114
  56. 文学の授業における「主観」と「協働(コラボレーション)」 : デヴィッド・ブライヒの理論展開を手がかりとして, 広島大学大学院教育学研究科紀要. 第二部, 文化教育開発関連領域, 50巻, pp.105-pp.114, 20020228
  57. 文学作品に対する子どもの反応の発達 : 「おにたのぼうし」の場合(<特集>現代の言語環境と国語教育), 国語科教育, 43巻, pp.60-pp.69, 19960331
  58. 提案3 文学的な関与を核とするリテラシー教育へ(これからの文学教育,春期学会(第104回 東京大会)), 国語科教育, 54巻, pp.9-pp.10, 20030930
  59. 佐藤宗子著, 『<現代児童文学>をふりかえる』, 一九九七年二月五日, 久山社刊, 《日本児童文化史叢書 一四》, 一〇七頁, 一五五三円, 日本文学, 46巻, 9号, pp.68-pp.69, 19970910
  60. 田近洵一著, 『創造の<読み>』, 東洋館出版社刊, 一九九六年八月二〇日, 二三五頁, 二五〇〇円 / 田近洵一著, 『〔自立と共生〕の国語教育』, 光文書院刊, 一九九六年八月一日, 二〇〇頁, 二〇〇〇円, 日本文学, 46巻, 8号, pp.76-pp.77, 19970810
  61. 遊びの質を高めるための保育者の援助に関する研究--幼児の「夢中度」に着目した保育カンファレンスの検討, 学部・附属学校共同研究紀要, 38号, pp.105-pp.110, 2009
  62. 教科教育学・国語科における研究の展開 1983-2000 <特集 教科教育学研究の発展と展望 : 1967~2002>, 教科教育学研究, 17号, pp.41-pp.51, 20020331
  63. WO3とカーボン混合粉からのWCの直接生成に関する研究, 粉体および粉末冶金, 22巻, 1号, pp.12-pp.16, 1975
  64. WC-10% (Ni-Fe)合金の性質, 粉体および粉末冶金, 14巻, 7号, pp.308-pp.313, 1967
  65. 超硬合金における結合相の相変態について, 粉体および粉末冶金, 14巻, 6号, pp.262-pp.266, 1967
  66. WC-5%TaC-10%Co合金の諸性質とTaC添加方法との関係, 粉体および粉末冶金, 13巻, 5号, pp.243-pp.247, 1966
  67. Considerations on Magnetic Saturation of Cemented Carbides, 粉体および粉末冶金, 13巻, 6号, pp.304-pp.309, 1966
  68. WC-10%Ni超硬合金の性質と結合相組成との関係, 粉体および粉末冶金, 13巻, 6号, pp.290-pp.295, 1966
  69. 貯水池に移殖した鮎卵による鮎の蕃殖, 日本水産学会誌, 3巻, 1号, pp.31-pp.36, 1934
  70. 卵黄嚢を有するカムルチー仔魚の發育並に餓死と温度との關係, 日本水産学会誌, 3巻, 3号, pp.127-pp.133, 1934
  71. 飼育用水温の急變化が鯉仔魚に及ぼす影響に就て, 日本水産学会誌, 3巻, 6号, pp.349-pp.354, 1935
  72. 孵化用水の温度の變化の鯉卵孵化に及ぼす影響に就いて, 日本水産学会誌, 2巻, 4号, pp.167-pp.174, 1933
  73. 孵化用水の温度の變化の歐洲フナ卵孵化に及ぼす影響, 日本水産学会誌, 5巻, 6号, pp.375-pp.381, 1937
  74. メダカ及金魚卵の孵化日數と水温との關係, 日本水産学会誌, 6巻, 2号, pp.105-pp.109, 1937
  75. Ras-Induced Transformation and Signaling Pathway., The Journal of Biochemistry, 126巻, 5号, pp.799-pp.803, 1999
  76. 白頭山天池及び三池淵のプランクトン, 陸水学雑誌, 13巻, 4号, pp.167-pp.170, 1944
  77. 重とくな呼吸不全をきたしたnemaline myopathyの1例, 脳と発達, 16巻, 1号, pp.47-pp.53, 1984
  78. 多発性真菌性肝ひ膿ようを克服し同種骨髄移植を行ったAML(M2)の1例 多発性真菌膿ようのカテーテル療法:多発性真菌膿瘍のカテーテル療法, 日本小児血液学会雑誌, 6巻, 6号, pp.604-pp.609, 1992
  79. 髄液中5‐hydroxyindoleacetic acidとhomovanillic acidの発達的変化, 脳と発達, 13巻, 6号, pp.526-pp.531, 1981
  80. 加工用高アルミニウム亜鉛合金の二三の性質, 軽金属, 15巻, 3号, pp.154-pp.160, 1965
  81. 小児細菌性腸炎における起炎菌の動向エルシニア腸炎を中心として, 感染症学雑誌, 59巻, 12号, pp.1184-pp.1190, 1985
  82. 自家骨髄移植を施行したleukemia lymphoma syndromeの4例, 日本小児血液学会雑誌, 6巻, 5号, pp.408-pp.414, 1992
  83. Cefamandoleが有効と思われたAmpicillin耐性E.coliによる新生児化膿性髄膜炎の1治験例, The Japanese Journal of Antibiotics, 34巻, 10号, pp.1410-pp.1415, 1981
  84. 協同的創造力を育成する第5〜9学年の選択教科単元モデルの開発(2), 学部・附属学校共同研究紀要, 36号, pp.287-pp.296, 2007
  85. 「抱きしめる」ことが親の子に対するイメージと子どもの行動に与える影響に関する研究(1), 学部・附属学校共同研究紀要, 36号, pp.415-pp.423, 2007

著書等出版物

  1. 2011年10月, 文学教育基礎論の構築 改訂版《CD-ROM》 ―読者反応を核としたリテラシー実践に向けて―, 渓水社, 2011年, 10, 単著, 9784863271630, 733
  2. 2012年09月, 読書で豊かな人間性を育む 児童サービス論, 学芸図書, 2012年, 09, 教科書, 編著, 9784761604318, 256
  3. 2005年04月, 文学教育基礎論の構築-読者反応を核としたリテラシー実践に向けて- , 溪水社, 2005年, 04, 単行本(学術書), 単著, 山元 隆春 , 732
  4. 2014年10月25日, 教師教育講座 第12巻 中等国語教育, 協同出版, 2014年, 10, 教科書, 日本語, 山元隆春、間瀬茂夫、ほか18名, 978-4-319-10682-0, 422
  5. 2015年04月20日, 読書教育を学ぶ人のために, 世界思想社, 2015年, 04, 単行本(一般書), 編著, 日本語, 山元隆春 余郷裕次 山元悦子 住田勝 寺田守 上田祐二, 978-4-7907-1656-3, 306
  6. 2014年02月25日, 読者反応を核とした「読解力」育成の足場づくり, 溪水社, 2014年, 02, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 山元隆春, 978-4-86327-249-1, 335, 335
  7. 2014年10月01日, 理解するってどういうこと?-「わかる」ための方法と「わかる」ことで得られる宝物-, 新曜社, 2014年, 10, 単行本(一般書), 共訳, エリン・オリヴァー・キーン 山元隆春 吉田新一郎, 978-4-7885-1409-6, 425, 425
  8. 2013年10月25日, 本を読んで語り合うリテラチャー・サークル実践入門, 溪水社, 2013年, 10, 単行本(一般書), 単訳, 日本語, ジェニ・ポラック・デイ ディキシー・リー・シュピーゲル ジャネット・マクレラン ヴァレリー・B・ブラウン 山元隆春, 978-4-86327-236-1, 191, 191
  9. 2015年.3月.3日, 国語教育学研究の創成と展開, 溪水社, 2015年, 03, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 吉田裕久、西本喜久子、出雲俊江、河野智文、原田大樹、冨安慎吾、若木常佳、前田真証、棚田真由美、幾田伸司、竜田徹、高瀬裕人、河野順子、村井万里子、間瀬茂夫、守田庸一、寺田守、大塚浩、山元隆春、住田勝、藪田知子、又吉里美、武久康高、井波真吾、井口あずさ、宮本浩治、森美智代、山下頼子、砂川誠司、羽田潤、渡邊博之、早野賢謙、池田匡史、茅野克利、松坂由美、小川俊輔、平田顕久、福島浩介、鈴木愛理、植田隆、北川昌生、矢羽田真理、
  10. 2016年,6月,1日, 文学教育基礎論の構築(オンデマンド版), 溪水社, 2016年, 6, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 4863273053, 750
  11. 2016年08月08日, 小学校国語科アクティブ・ラーニングの授業展開, 東洋館出版社, 2016年, 8, 単行本(一般書), 共著, 日本語, 山元隆春, 石橋真幸, 石山靖哲, 稲田八穂, 内村健太郎, 緒方洋, 尾濱邦子, 北川尊士, 城戸祥次, 藏内保明, 黒瀬宏道, 副島康平, 東由美, 牧野生次郎, 麦田真理, 矢野万里, 山下恵子, 石川浩士, 柿島譲, 坪根芳彦, 花村惠, 宮崎楯昭, 4491032521, 167, 5-19