志馬 伸朗NOBUAKI SHIME

Last Updated :2019/12/02

所属・職名
大学院医系科学研究科(医)(医学)救急集中治療医学教授
メールアドレス
nshimehiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(医学)(京都府立医科大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 救急医学

研究キーワード

  • 敗血症, 抗菌療法,急性肺損傷,肺炎

所属学会

  • 日本集中治療医学会
  • 日本救急医学会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本感染症学会
  • 日本化学療法学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, 集中, 全身性疾患制御学
  2. 2019年, 学部専門, 集中, 症候診断治療学
  3. 2019年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  4. 2019年, 学部専門, 4ターム, 救急医学
  5. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), システム医療学特別演習
  6. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), システム医療学特別演習
  7. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), システム医療学特別実験
  8. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), システム医療学特別実験
  9. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 救急集中治療医学特別演習
  10. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 救急集中治療医学特別演習
  11. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 救急集中治療医学特別実験
  12. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 救急集中治療医学特別実験
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 多職種連携A
  14. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 多職種連携B
  15. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 救急集中治療医学特別演習
  16. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 救急集中治療医学特別演習
  17. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 救急集中治療医学特別研究
  18. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 救急集中治療医学特別研究
  19. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), システム医療学特別演習
  20. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), システム医療学特別演習
  21. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), システム医療学特別研究
  22. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), システム医療学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Respiratory rate criteria for pediatric systematic inlammatory response syndrome, Pediatr Crit Care Med, 15巻, 2号, pp. 182-182
  2. A novel method for ultrasound-guided radial arterial catheterization in pediatric patients, Anesth Analg, 118巻, 5号, pp. 1019-1026
  3. Invasive pulmonary aspergillosis in a patient presenting with idiopathic systemic capillary leak syndrome, BMJ Case Rep
  4. A pilot study of Bifidobacterium breve in neonates undergoing surgery for congenital heart disease, Journal of Intensive Care, 2巻, 36号
  5. Sepsis Registry Committee of The Japanese Society of intensive Care Medicine, Journal of Intensive Care, 2巻, 55号
  6. 重症敗血症/敗血症性ショック症例に対する免疫調節経腸栄養剤の有用性, 日本集中治療医学会雑誌, 21巻, 2号, pp. 155-163
  7. 日本および東アジア5ヵ国・地域の集中治療領域の臨床研究動向, 日本集中治療医学会雑誌, 21巻, 2号, pp. 191-192
  8. 小児特定集中治療室管理料の算定対象となるPICU(pediatric ICU)のあり方, 日本集中治療医学会雑誌, 21巻, 3号, pp. 297-299
  9. ★, Early mobilization of mechanically ventilated patients in the intensive care unit, JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 4巻, JUL 29 2016
  10. Pediatric cardiorespiratory failure successfully managed with venoarterial-venous extracorporeal membrane oxygenation: a case report, BMC PULMONARY MEDICINE, 16巻, AUG 12 2016
  11. A survey of the competency of ambulance service personnel in the diagnosis and management of sepsis., J Emerg Med, 49巻, 2号, pp. 147-151, 2015
  12. Global epidemiology of pediatric severe sepsis: the sepsis prevalence, outcomes, and therapies study., Am J Respir Crit Care Med., 191巻, 10号, pp. 1147-1157, 2015/5/15
  13. Discordant identification of pediatric severe sepsis by research and clinical definitions in the SPROUT international point prevalence study., Crit Care., 19巻, pp. 325-325
  14. Ultrasound Imaging Reduces Failure Rates of Percutaneous Central Venous Catheterization in Children., Pediatr Crit Care Med., 16巻, 8号, pp. 718-725
  15. Innovation, Cost, and Sustainability of Pediatric Ventricular Assist Device Programs., Pediatr Crit Care Med., 16巻, 6号, pp. 589-590
  16. Polymyxin B haemoperfusion in septic shock patients., Intensive Care Med., 41巻, 11号, pp. 2033-2033
  17. Clinical and investigative critical care medicine in Japan., Intensive Care Med., 42巻, 3号, pp. 453-455
  18. Emphysematous pancreatitis., Intensive Care Med., 42巻, 6号, pp. 1075-1075
  19. Exploring Causative Pathology Is Essential for Validating Harmful Effects of Late Intubation., Crit Care Med, 44巻, pp. e770-e771
  20. Successful treatment of traumatic spinal epidural haematoma with fluoroscopically-guided percutaneous drainage: report of two cases., Anaesth Intensive Care., 44巻, 6号, pp. 777-780
  21. Current rehabilitation practices in intensive care units: a preliminary survey by the Japanese Society of Education for Physicians and Trainees in Intensive Care (JSEPTIC) Clinical Trial Group., J Intensive Care., 28巻, 4号, pp. 66-66
  22. Is transpulmonary pressure-guided PEEP titration really optimal?, Intensive Care Med., 42巻, 11号, pp. 1845-1846
  23. Exploring Potential Cofactors Affecting Coagulation and Inflammation Activity During Extracorporeal Membrane Oxygenation., Crit Care Med., 44巻, 11号, pp. e1149-e1150
  24. Potential covariates that affect post-extubation breathing effort in children., Intensive Care Med., 42巻, 12号, pp. 2127-2128
  25. Is an Earlier and More Intensive Physical Therapy Program Better?, Am J Respir Crit Care Med., 194巻, 8号, pp. 1032-1032
  26. Are probiotics actually useful in decreasing VAP rate?, Intensive Care Med., 42巻, 10号, pp. 1643-1644
  27. Factors affecting biomarkers of endothelial andalveolar epithelial dysfunction., Intensive Care Med., 42巻, 12号, pp. 2111-2112
  28. Pediatric cardiorespiratory failure successfully managed with venoarterial-venous extracorporeal membrane oxygenation: a case report., BMC Pulm Med., 16巻, 1号, pp. 119-119, 2016/8/12
  29. Early mobilization of mechanically ventilated patients in the intensive care unit., J Intensive Care., 29巻, 4号, pp. 50-50
  30. Successful treatment of traumatic spinal epidural haematoma with fluoroscopically-guided percutaneous drainage: a report of two cases, ANAESTHESIA AND INTENSIVE CARE, 44巻, 6号, pp. 777-780, NOV 2016
  31. Prognostic implications of aspiration pneumonia in patients with community acquired pneumonia: A systematic review with meta-analysis, SCIENTIFIC REPORTS, 6巻, 2016
  32. Early mobilization of mechanically ventilated patients in the intensive care unit., J Intensive Care, 29巻, 4号, pp. 50-50
  33. Clinical and investigative critical care medicine in Japan, INTENSIVE CARE MEDICINE, 42巻, 3号, pp. 453-455, 2016
  34. Emphysematous pancreatitis, INTENSIVE CARE MEDICINE, 42巻, 6号, pp. 1075-1075, 2016
  35. Exploring Causative Pathology Is Essential for Validating Harmful Effects of Late Intubation, CRITICAL CARE MEDICINE, 44巻, 8号, pp. E770-E771, 2016
  36. Are probiotics actually useful in decreasing VAP rate?, INTENSIVE CARE MEDICINE, 42巻, 10号, pp. 1643-1644, 2016
  37. Is an Earlier and More Intensive Physical Therapy Program Better?, AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE, 194巻, 8号, pp. 1032-1032, 2016
  38. Is transpulmonary pressure-guided PEEP titration really optimal?, INTENSIVE CARE MEDICINE, 42巻, 11号, pp. 1845-1846, 2016
  39. Factors affecting biomarkers of endothelial and alveolar epithelial dysfunction, INTENSIVE CARE MEDICINE, 42巻, 12号, pp. 2111-2112, 2016
  40. Potential covariates that affect post-extubation breathing effort in children, INTENSIVE CARE MEDICINE, 42巻, 12号, pp. 2127-2128, 2016
  41. Exploring Potential Cofactors Affecting Coagulation and Inflammation Activity During Extracorporeal Membrane Oxygenation, CRITICAL CARE MEDICINE, 44巻, 11号, pp. E1149-E1150, 2016
  42. Current rehabilitation practices in intensive care units: a preliminary survey by the Japanese Society of Education for Physicians and Trainees in Intensive Care (JSEPTIC) Clinical Trial Group., J Intensive Care., 4巻, 66号
  43. Prognostic implications of aspiration pneumonia in patients with community acquired pneumonia: A systematic review with meta-analysis., Sci Rep., 6巻, 38097号, 2016/12/07
  44. 糖尿病性ケトアシドーシスに続発した急性呼吸促迫症候群の一例, 日本集中治療医学会雑誌, 23巻, 2号, pp. 149-153
  45. 臀部、下肢の痛みで来院した肝硬変患者の1例, 日本化学療法学会雑誌, 64巻, 3号, pp. 545-549
  46. 熊本地震急性期におけるICTの利活用, 日本遠隔医療学会雑誌, 12巻, 2号, pp. 120-122
  47. FAM13A polymorphism as a prognostic factor in patients with idiopathic pulmonary fibrosis, RESPIRATORY MEDICINE, 123巻, pp. 105-109, 2017
  48. Pneumonia Severity Assessment Tools for Predicting Mortality in Patients with Healthcare-Associated Pneumonia: A Systematic Review and Meta-Analysis, RESPIRATION, 93巻, 6号, pp. 441-450, 2017
  49. Proposal of a New Pediatric Sequential Organ Failure Assessment Score for Possible Validation, PEDIATRIC CRITICAL CARE MEDICINE, 18巻, 1号, pp. 98-99, 2017
  50. Next Step to Understanding Subphenotypes of Acute Respiratory Distress Syndrome, AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE, 196巻, 6号, pp. 795-796, 2017
  51. Repetitive postoperative extubation failure and cardiac arrest due to laryngomalacia after general anesthesia in an elderly patient: a case report, JOURNAL OF ANESTHESIA, 31巻, 5号, pp. 779-781, OCT 2017
  52. Comparison of the efficacy of three topical antiseptic solutions for the prevention of catheter colonization: a multicenter randomized controlled study, CRITICAL CARE, 21巻, DEC 21 2017
  53. The Japanese Clinical Practice Guidelines for Management of Sepsis and Septic Shock 2016 (J-SSCG 2016), ACUTE MEDICINE & SURGERY, 5巻, 1号, pp. 3-89, JAN 2018
  54. The Japanese Clinical Practice Guidelines for Management of Sepsis and Septic Shock 2016 (J-SSCG 2016), JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 6巻, FEB 2 2018
  55. ★, Association between appropriate empiric antimicrobial therapy and mortality from bloodstream infections in the intensive care unit, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 24巻, 4号, pp. 267-271, APR 2018
  56. Combined short- and long-axis ultrasound-guided central venous catheterization is superior to conventional techniques: A cross-over randomized controlled manikin trial, PLOS ONE, 12巻, 12号, DEC 7 2017
  57. Successful anesthetic management during abdominal wall-lifting laparoscopic cholecystectomy in a patient with hereditary angioedema, JA CLINICAL REPORTS, 4巻, MAY 9 2018
  58. An outbreak of fluoroquinolone-resistant Pseudomonas aeruginosa ST357 harboring the exoU gene, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 24巻, 8号, pp. 615-622, AUG 2018
  59. Oxygen management in mechanically ventilated patients: A multicenter prospective observational study, JOURNAL OF CRITICAL CARE, 46巻, pp. 1-5, AUG 2018
  60. Comparison of extracorporeal membrane oxygenation outcome for influenza-associated acute respiratory failure in Japan between 2009 and 2016, JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 6巻, JUL 11 2018
  61. ★, Sera from Septic Patients Contain the Inhibiting Activity of the Extracellular ATP-Dependent Inflammasome Pathway, TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 245巻, 3号, pp. 193-204, JUL 2018
  62. ★, Clinical outcomes after initial treatment of methicillin-resistant Staphylococcus aureus infections, INFECTION AND DRUG RESISTANCE, 11巻, pp. 1073-1081, 2018
  63. 重症小児患者に対する栄養サポート療法の実施と評価のガイドライン, ASPEN Clinical Guidelines, 2018
  64. A survey on infection control in emergency departments in Japan, ACUTE MEDICINE & SURGERY, 5巻, 4号, pp. 374-379, OCT 2018
  65. Out-of-bed mobilization of patients undergoing mechanical ventilation with orotracheal tubes: A survey study, JOURNAL OF CRITICAL CARE, 47巻, pp. 173-177, OCT 2018
  66. ★, Implementation of an empirical antimicrobial protocol in a critical care setting: A single-center retrospective observational cohort study in bacteremic patients, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 24巻, 12号, pp. 965-968, 201812
  67. Combined rupture of left ventricular free wall and pericardium, Intensive Care Medicine, 43巻, 12号, pp. 1858-1859, 2017 Dec 1
  68. Does enhanced antibiotic de-escalation really have no benefit in the ICU?, Critical Care, 21巻, 1号, 2017 Nov 2
  69. Is Higher Cerebral Oxygen Saturation Really Predictive of Favorable Neurologic Outcome after In-Hospital Cardiac Arrest?, Critical Care Medicine, 45巻, 4号, pp. 468-469, 2017 April 1
  70. Outcome prediction for acute respiratory distress syndrome: Are the current three variables really optimal?, Critical Care Medicine, 45巻, 2号, pp. 237-238, 2017 Feb 1
  71. The role of source control in septic patients, Critical Care Medicine, 45巻, 6号, pp. 618-619
  72. Potential Confounders of the Accuracy and Reliability of Delirium Assessment Tools, Critical Care Medicine, 45巻, 1号, pp. 114-114, 2017 Jan 1
  73. Optimal cutoff value for lung injury prediction score and potential confounders for identifying the risk of developing acute respiratory distress syndrome, Critical Care Medicine, 45巻, 6号, pp. 624-625, 2017
  74. Successful long-term extracorporeal membrane oxygenation for invasive pulmonary aspergillosis: A case report, Journal of Medical Case Reports, 11巻, 1号, 2017
  75. The Japanese Respiratory Society Noninvasive Positive Pressure Ventilation (NPPV) Guidelines (second revised edition), Respiratory Investigation, 55巻, 1号, pp. 83-92, 2017 Jan 1
  76. New or Progressive Multiple Organ Dysfunction Syndrome in Pediatric Severe Sepsis: A Sepsis Phenotype With Higher Morbidity and Mortality, Pediatric Critical Care Medicine, 18巻, 1号, pp. 8-16, 2017 Jan 1
  77. A Therapeutic Strategy for All Pneumonia Patients: A 3-Year Prospective Multicenter Cohort Study Using Risk Factors for Multidrug-resistant Pathogens to Select Initial Empiric Therapy, CLINICAL INFECTIOUS DISEASES, 68巻, 7号, pp. 1080-1088, 20190401
  78. Comparing Combined Short-Axis and Long-Axis Ultrasound-Guided Central Venous Catheterization update, With Conventional Short-Axis Out-of-Plane Approaches, JOURNAL OF CARDIOTHORACIC AND VASCULAR ANESTHESIA, 33巻, 4号, pp. 1029-1034, 201904
  79. Comparison of three video laryngoscopes and direct laryngoscopy for emergency endotracheal intubation: a retrospective cohort study, BMJ OPEN, 9巻, 3号, 201906
  80. Dynamic Needle Tip Positioning for Ultrasound Guided Arterial Catheterization in Infants and Small Children With Deep Arteries: A Randomized Controlled Trial, JOURNAL OF CARDIOTHORACIC AND VASCULAR ANESTHESIA, 33巻, 7号, pp. 1919-1925, 201907
  81. Potential factors affecting lung inhomogeneity in acute respiratory distress syndrome., Intensive Care Med, 44巻, 1号, pp. 125-126, 2018
  82. An emerging frontier in the treatment of acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis., Respir Investigation, pp. 97-99, 2018
  83. Accurate quantification of pleural effusion and cofactors affecting weaning failure., Anesthesiology 3, 128巻, pp. 678-679, 2018
  84. Is Oxygenation Really an Intrinsic Predictive Factor of Mortality in Patients Undergoing Extracorporeal Life Support?, Crit Care Med., 46巻, 2号, pp. 181-182, 2018
  85. Regional negative pressure pulmonary edema with pulmonary thromboembolism., Internal Medicine, 57巻, 12号, pp. 1805-1806, 2018.6.15
  86. Confounders for interpreting the benefit of a biomarker-based strategy in early discontinuation of empirical antifungal therapy., Intensive Care Med., 44巻, 3号, pp. 399-400, 2018.3
  87. Ultrasound-guided central venous catheter placement in children: what is a really good practice?, Intensive Care Med., 44巻, 4号, pp. 546-547, 2018.4
  88. Target blood pressure for septic and vasodilatory shock: what is optimal?, Intensive Care Medicine, 44巻, 4号, pp. 548-549, 2018.4
  89. Memorable Experiencees of US Longterm Internship, Supported by Phoenix Leader Education Program., Anesthesia and Resuscitation., 53巻, 4号, pp. 81-84, 2018.3
  90. Antimicrobials in the PICU: An Unresolved and Serious Matter., Pediatr Crit Care Med., 19巻, 6号, pp. 581-582, 2018.6
  91. Does Dysphagia After Extubation Really Increase Mortality?, Crit Care Med., 46巻, 7号, pp. 726-727, 2018.7
  92. Conducting trials on corticosteroid dosing for respiratory failure in the last paradise., J Intensive Care., 6巻, pp. 76-76, 2018.11.20
  93. Focusing on Risk Factors of Cardiac Arrest During Intubation in ICU Again., Crit Care Med., 46巻, 11号, pp. 1082-1082, 2018.11
  94. Should We Abandon Airway Pressure Release Ventilation in Pediatric Acute Respiratory Distress Syndrome?, Am J Respir Crit Care Med, 198巻, 11号, pp. 1459-1460, 2018.12.1
  95. The western Japan chaotic rainstorm disaster: a brief report from Hiroshima., J Intensive Care., 6巻, pp. 82-82, 2018.12.17
  96. Antimicrobials in the PICU: An Unresolved and Serious Matter., Pediatr Crit Care Med., 19巻, 6号, pp. 581-582, 2018.6
  97. Committee of the Japan ECMO project. Comparison of extracorporeal membrane oxygenation outcome for influenza-associated acute respiratory failure in Japan between 2009 and 2016., J Intensive Care., 11巻, 6号, pp. 38-38, 2018.7
  98. Committee for Infection Control for the Emergency Department, the Japanese Association for Acute Medicine, and the joint working group. A survey on infection control in emergency departments in Japan., Acute Med Surg., 5巻, 4号, pp. 374-379, 2018.7
  99. Ventilator-associated events: prevalence and mortality in Japan., J Thorac Dis., 10巻, 12号, pp. 6942-6949, 2018.12
  100. Potential confounders for the effect of high-flow nasal cannula oxygen therapy., Crit Care., 23巻, 1号, pp. 17-17, 2019.1
  101. High serum potassium level is associated with successful electrical cardioversion for new-onset atrial fibrillation in the intensive care unit: A retrospective observational study., Anaesth Intensive Care., 47巻, 1号, pp. 52-59, 2019.1
  102. Combined Approach Versus 2 Conventional Approaches in Ultrasound-Guided Central Venous Catheterization: A Randomized Controlled Trial., J Cardiothorac Vasc Anesth., 2019.5.28
  103. Comparison of three video laryngoscopes and direct laryngoscopy for emergency endotracheal intubation: a retrospective cohort study., BMJ Open., 9巻, 3号, pp. 024927-024927, 2019.3.30
  104. ICU staffing models and patient outcomes., J Intensive Care., 7巻, pp. 24-24, 2019.4.24
  105. Impact of inappropriate empiric antimicrobial therapy on mortality in pediatric patients with bloodstream infection: a retrospective observational study., J Chemother., 30巻, pp. 1-6, 2019.5
  106. Dynamic Needle Tip Positioning for Ultrasound-Guided Placement of a Peripherally Inserted Central Catheter in Pediatric Patients., J Cardiothorac Vasc Anesth., 2019.5.2
  107. Decreased intracellular histamine concentration and basophil activation in anaphylaxis., Allergol International Available online, 2019.6.24
  108. Superiority of Dynamic Needle Tip Positioning for Ultrasound-Guided Peripheral Venous Catheterization in Patients Younger Than 2 Years Old: A Randomized Controlled Trial., Pediatr Crit Care Med., 2019.6.18
  109. Is lung ultrasonography really useful for diagnosing weaning-induced pulmonary oedema?, Intensive Care Med., 2019.6.6
  110. Dynamic Needle Tip Positioning for Ultrasound-Guided Arterial Catheterization in Infants and Small Children With Deep Arteries: A Randomized Controlled Trial., J Cardiothorac Vasc Anesth., 33巻, 7号, pp. 1919-1925, 2019.7
  111. 【エキスパートに学ぶ栄養管理のすべて】ベーシック編 抗潰瘍薬, 救急・集中治療, 3巻, 1号, pp. 97-102, 2018.1
  112. ベバシズマブの関与が疑われたA群β溶連菌による壊死性筋膜炎の一例., 日本救急医学会雑誌, 29巻, 1号, pp. 36-41, 2018.1
  113. 大腿部に生じたClosed Degloving Injuryの1例., 皮膚科の臨床, 60巻, 2号, pp. 275-278, 2018.2
  114. 潜在的脾機能低下が疑われたCapnocytophaga感染症の1例, 日本救急医学会雑誌, 29巻, 3号, pp. 90-95, 2018.3
  115. 本邦小児集中治療領域における敗血症性ショック管理の現状, 日本集中治療医学会雑誌, 25巻, 2号, pp. 115-120, 2018.3
  116. 透析施行患者におけるゲンタマイシン透析前投与の2症例., 日本外科感染症学会雑誌, 15巻, 3号, pp. 248-252, 2018.6
  117. 日本版敗血症診療ガイドライン2016作成特別委員会.日本版敗血症診療ガイドライン2016の使用に関する実態調査報告., 日本救急医学会雑誌, 29巻, 7号, pp. 175-182, 2018.7
  118. 電子聴診器を用いたリアルタイム遠隔聴診システムの研究開発, 日本遠隔医療学会雑誌, 14巻, 2号, pp. 140-142, 2018.10
  119. 無人航空機を利用した医療過疎地における緊急血液検体搬送の研究開発(フェーズI), 日本遠隔医療学会雑誌, 14巻, 2号, pp. 116-119, 2018.10
  120. 急性呼吸不全動物モデルを用いた人工呼吸誘発横隔膜障害の発生メカニズム解析および非侵襲的モニタリングシステムの開発, 福田記念医療技術振興財団情報, 31号, pp. 141-147, 2018.12
  121. 日本救急医学会救急外来部門における感染対策検討委員会(ERIC)微生物検査ワーキンググループ. 救急部門における微生物検査に関する多施設調査, 日本臨床微生物学会雑誌, 29巻, 1号, pp. 28-31, 2018.12
  122. 医学生の"集中治療医"認知度, 日本集中治療医学会雑誌, 26巻, 1号, pp. 43-44, 2019.1
  123. 本邦の救急外来部門における感染対策に関する調査報告, 日本救急医学会雑誌, 30巻, 2号, pp. 57-64, 2019.2
  124. 嘔吐モデルに対する救急救命士による吸引における軟性・硬性吸引管の比較~無作為化クロスオーバー比較試験~, 日本臨床救急医学会雑誌, 22巻, 2号, pp. 341-341, 2019.4
  125. わが国における小児集中治療室の現状調査, 日本集中治療医学会雑誌, 26巻, 3号, pp. 217-225, 2019.5

著書等出版物

  1. 日本集中治療医学会雑誌, 小児特定集中治療室管理料の算定対象となるPICU(pediatric ICU)のあり方, 共著, 日本語, 志馬伸朗、羽鳥文麿、氏家良人、中川聡、清水直樹、竹井宗之、平井克樹、植田育也、森崎浩, 297-299
  2. 日本腹部救急医学会雑誌, 敗血症診療ガイドライン:日本版ガイドラインとSSCGの比較, 日本語, 志馬伸朗, 807-813
  3. 2014年, 救急医学, 特集:感染症診療のポイント, へるす出版, 2014年, その他, 編著, 日本語, 志馬伸朗
  4. 2014年, わかって動ける!人工呼吸器ポケットブック, 羊土社, 2014年, その他, 日本語, 志馬伸朗
  5. 2014年, 敗血症(セプシス)救命治療の最前線, 8.呼吸管理 2)その後のエビデンスと日本での活用, 医療ジャーナル社, 2014年, その他, 共著, 日本語
  6. 2014年, 深在性真菌症の診断・治療ガイドライン2014, 協和企画, 2014年, その他, 共著, 日本語, 深在性真菌症のガイドライン作成委員会
  7. 2014年, 麻酔科学レビュー2013, 47.集中治療(5)小児集中治療, 総合医学社, 2014年, その他, 共著, 日本語, 天羽啓祐, 286-290
  8. 2014年, 敗血症治療:一刻を争う現場での疑問に答える, De-escalationは真に遂行可能か, 羊土社, 2014年, 日本語, 114-119
  9. 2014年, 麻酔科学レビュー2014, 48.集中治療(5)小児集中治療, 総合医学社, 2014年, その他, 共著, 日本語, 天羽啓祐, 286-290
  10. 2014年, 日本胸部臨床73(増), 院内肺炎と人工呼吸器関連肺炎, 2014年, 123-132
  11. 2014年, 呼吸療法アップデート, 人工呼吸器関連肺炎の定義・予防・治療, 2014年, 日本語
  12. 2014年, 感染症道場, 外科・救急領域における深在性真菌症の診断と治療:侵襲性カンジダ症の危険因子と診断, 2014年, 志馬伸朗, 63-65
  13. 2014年, 日集中医誌, わからないものを受け入れ,解決すること ~カテーテル挿入時消毒薬の選択, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 65-66
  14. 2014年, 日集中医誌, 人工呼吸器関連肺炎(ventilator-associated pneumonia,VAP)はゼロにできるか?, 2014年, 長谷川隆一、志馬伸朗, 9-16
  15. 2014年, 救急医学, プレホスピタルにおける敗血症, へるす出版, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 236-238
  16. 2014年, エキスパートナース, いま,解熱処置を再考する, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 28-32
  17. 2014年, 麻酔, 麻酔科医が行う周術期感染予防, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 269-277
  18. 2014年, 日本外科感染症学会雑誌, 人工呼吸器関連肺炎対策, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 225-231
  19. 2014年, 救急医学, 体温と予後, へるす出版, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 1013-1016
  20. 2014年, Medicana, 人工呼吸器関連肺炎(VAP)の診断と治療, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 1986-1990
  21. 2014年, 小児内科, 血栓と抗凝固薬:重症敗血症に伴うDICを中心に, 2014年, 日本語, 徳平夏子、志馬伸朗, 263-267
  22. 2014年, 日本集中治療医学会雑誌, 日本での小児重症敗血症診療に関する合意意見, 2014年, 共著, 日本語, 志馬伸朗、羽鳥文麿、氏家良人、中川聡、清水直樹、中村友彦、岩崎達雄、竹内宗之、平井克樹、植田育也、齋藤修、新津健裕、笠井正志、金澤伴幸、清水義之、窪田祥吾、大平智子、川崎達也、織田成人, 67-88
  23. 2014年, 化学療法の領域, 敗血症性ショックにおける感染症診断と抗菌治療, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 631-640
  24. 2014年, Intensivist, カフ上部吸引孔付き気管チューブをルーチン使用してよいか? ~適正使用される前提のもと,全例でルーチン使用を, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 199-202
  25. 2014年, Intensivist, 頭高位は人工呼吸器管理患者のルーチン体位か? ~エビデンスの検討と他体位との比較, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 204-207
  26. 2014年, 治療, プライマリ・ケアで遭遇する救急疾患:急性腎不全, 2014年, 共著, 日本語, 瀬田公一、志馬伸朗, 1099-1104
  27. 2014年, Intensivist, 定義・診断 ~さよならSIRS, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 347-350
  28. 2014年, Intensivist, 感染源コントロール ~最適なタイミングで低侵襲かつ最大限の効果を目指す, 2014年, 日本語, 遠藤文司、志馬伸朗, 459-469
  29. 2014年, 呼吸器ケア, VAP予防の基本とVAPバンドル, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 12-19
  30. 2014年, 日集中医誌, 鞴とポンプの密接な関係 ~右心バイパス手術後患者における呼吸管理, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 473-475
  31. 2014年, 小児看護, 小児重症患者の看護 褥瘡ケアと鎮静管理を中心に, 2014年, 共著, 日本語, 辻尾有利子、志馬伸朗, 1443-1447
  32. 2014年, 救急・集中治療, Damage control resuscitation その実際:凝固線溶異常を予防・回避するための蘇生:トラネキサム酸, 2014年, 共著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 1145-1149
  33. 2014年, 日本胸部臨床, 院内肺炎と人工呼吸器関連肺炎, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 123-132
  34. 2014年, 呼吸器ケア, VAP予防の基本とVAPバンドル, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 840-847
  35. 2014年, 感染と抗菌薬, PK-PDパラメーターを活用した感染症治療の実際 ④敗血症, 2014年, 共著, 日本語, 志馬伸朗、小阪直史
  36. 2014年, 救急医学, エディトリアル ~感染症・救急医が対峙すべきぺリル, へるす出版, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 125
  37. 2014年, Intensivist, 巻頭言, 2014年, 日本語, 志馬伸朗
  38. 2014年, Intensivist, 解説 ~severe sepsis&septic shock, 2014年, 日本語, 志馬伸朗
  39. Medicamentnews, レポート ~真菌症フォーラム第15回学術集会, 2014年, 5, 日本語, 志馬伸朗, 20-21
  40. 2014年, Japan Medicine Monthly 11, Current topic;敗血症診療ガイドライン, 2014年, 4, 日本語, 志馬伸朗
  41. 2014年, 日本集中治療医学会雑誌, 小児集中治療室における血液培養採取の現状, 学研メディカル秀潤社, 2014年, 共著, 日本語, 笠井正志,志馬伸朗,川口敦, 55-56
  42. 日本集中治療医学会雑誌, 日本および東アジア5ヵ国・地域の集中治療領域の臨床研究動向, 学研メディカル秀潤社, 2014年, 共著, 日本語, 細川康二, 志馬伸朗, 橋本 悟, 191-192
  43. 呼吸器感染のための情報誌 インフェクションファイル, 薬剤耐性菌分離症例は抗菌薬で予後を改善できるか?, 株式会社協和企画, 2014年, 5, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  44. 2015年, 敗血症性ショックの診療戦略 : エキスパートの実践, 医薬ジャーナル, 志馬伸朗編, 9784753227280
  45. 2015年, 集中治療999の謎, 小児集中治療, メディカルサイエンスインターナショナル, 2015年, その他, 共著, 日本語, 田中龍馬, 451-510
  46. 人工呼吸32, NPPV使用時にドキサプラム投与により気管挿管を回避しえた慢性呼吸不全増悪の一例, 人工呼吸研究会, 2015年, 共著, 日本語, 藤井 雅士, 志馬 伸朗, 山内 千奈, 狩野 謙一, 田中 博之, 212-215
  47. 日本集中治療医学会雑誌, 神経芽細胞腫由来のカテコラミンで低血圧症状がマスクされた乳児重症敗血症の一例, 学研メディカル秀潤社, 2015年, 共著, 日本語, 駒井 翔太, 徳平 夏子, 志馬 伸朗, 井上 美帆, 加藤 祐子, 安 炳文, 柳生 茂希, 橋本 悟, 225-226
  48. 日本集中治療医学会雑誌, 糖尿病性ケトアシドーシスに続発した急性呼吸促迫症候群の一例, 学研メディカル秀潤社, 2015年, 共著, 日本語, 吉田 浩輔, 志馬 伸朗, 山下 大生, 井上 京, 堤 貴彦, 田中 博之, 別府 賢, 笹橋 望., 149-153
  49. Say YES to intensive care, Say NO to SIRS~新たな敗血症の定義~, 株式会社メディコン, 2015年, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  50. 検査と技術, 世界敗血症デーに期待する, 医学書院, 2015年, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  51. 広島市医師会便り, 敗血症の初期認識と診断治療介入, 広島市医師会, 2015年, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  52. 月刊レジデント8, 特集に当たって, 医学出版, 2015年, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  53. 広仁会会報89, 着任の御挨拶に替えて, 広仁会事務局, 2015年, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  54. 2015年, EBM呼吸器疾患の治療2015-2016, 人工呼吸器関連肺炎の原因と予防法は?, 中外医学社, 2015年, 共編著, 日本語, 志馬伸朗、一ノ瀬正和、井上義一、館田一博、弦間昭彦
  55. 2015年, 集中治療専門医テキスト, 体温の評価と管理, 総合医学社, 2015年, 教科書, 共著, 日本語, 志馬伸朗
  56. 2015年, 感染症専門医テキスト, 人工呼吸器関連肺炎, 南江社, 2015年, 教科書, 共著, 日本語, 志馬伸朗
  57. 2015年, 敗血症性ショックの診療戦略~エキスパートの実践, 京都医療センターでは, 医薬ジャーナル社, 2015年, 5, 共著, 日本語, 遠藤文司、志馬伸朗, 978-4753227280
  58. 2015年, 救急医学 39(2), 抗菌薬使用に関するエビデンス, へるす出版, 2015年, 日本語, 志馬伸朗, 178-184
  59. 2015年, 救急・集中治療 26(11,12), ECMOにおける感染制御, 総合医学社, 2015年, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 1478-1483
  60. 2015年, 化学療法の領域 31(増刊号), 救急領域における感染症診断~新しい検査法を求めて~, 医薬ジャーナル社, 2015年, 共著, 日本語, 志馬伸朗、吉田浩輔, 910-916
  61. 2015年, 呼吸 32, プレセプシン:新たな敗血症マーカーとしての可能性, 一般社団法人 呼吸研究, 2015年, 共著, 日本語, 吉田浩輔、藤井雅士、志馬伸朗, 155-158
  62. 2015年, 呼吸と循環 63(2), 人工呼吸器関連肺炎(VAP)予防, 医学書院, 2015年, 共著, 日本語, 志馬伸朗、細川康二
  63. 2015年, 救急・集中治療 27(11-12), 体温管理 発熱時にはクーリングと解熱薬投与を行うべきか?, 総合医学社, 2015年, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 987-994
  64. 2015年, 月刊レジデント 8(12), 周術期の予防的抗菌薬, 医学出版, 2015年, 共著, 日本語, 畑啓昭、志馬伸朗, 100-107
  65. 2015年, 循環制御 36(1), 敗血症性ショックの初期循環管理 どこをどのようにして目指せばよいのか, 日本循環制御医学会, 2015年, 日本語, 志馬伸朗, 11-17
  66. 2015年, ICUとCCU 39(8), 小児敗血症診療~最近の動向, 医学図書出版, 2015年, 日本語, 志馬伸朗, 487-494
  67. 2015年, 日本呼吸器学会誌 4(3), 日本呼吸器学会NPPV(非侵襲的陽圧換気療法)ガイドライン(改訂第2版), 日本呼吸器学会, 2015年, 共編著, 日本語, 赤柴恒人、石川悠加、石原英樹、今中秀光、大井元晴、落合亮一、葛西隆敏、木村謙太郎、近藤康博、櫻井滋、志馬伸朗、鈴川正之、竹上未紗、竹田晋浩、田坂定智、谷口博之、蝶名林直彦、陳和夫、坪井知正、富井啓介、成井浩司、長谷川伸之、長谷川隆一、氏家良人、久保惠嗣、長谷川好規、百村伸一、山田芳嗣、吉田雅博、竹川幸恵、立川良、濱田哲、村瀬公彦, 262-271
  68. 2015年, 救急医学 39(10), 抗菌薬適正使用(antimicrobial stewardship):De-escalation, へるす出版, 2015年, 日本語, 志馬伸朗, 1293-1300
  69. 2015年, 呼吸器ケア 13(10), 人工呼吸患者全般に使用される主な薬剤, メディカ出版, 2015年, 共著, 日本語, 田中博之、志馬伸朗, 43-53
  70. 2015年, 日本外科感染症学会雑誌 12(6), 小児重症患者における血糖管理, 日本外科感染症学会, 2015年, 日本語, 志馬伸朗, 681-684
  71. 2015年, 重症患者ケア 5(2), 術後のAKI(小児)~子どもでも起こるAKI~, 総合医学社, 2015年, 共著, 日本語, 谷昌憲、三浦規雅、志馬伸朗, 222-228
  72. 2016年, 感染症診療 : その常識は正しいか?, 総合医学, 志馬伸朗特集編集, 9784883785438
  73. 日本化学療法学会雑誌, 歯性感染症から頸部腫脹、嚥下痛、開口障害、呼吸苦、全身倦怠感を生じた1例, 公益社団法人日本化学療法学会, 2016年, 共著, 日本語, 楠元 順哉, 古土井 春吾, 青木 洋介, 志馬 伸朗, 松元 一明, 笠原 敬, 550-555
  74. 日本化学療法学会雑誌, 臀部、下肢の痛みで来院した肝硬変患者の1例, 公益社団法人日本化学療法学会, 2016年, 共著, 日本語, 岡田 信長, 志馬 伸朗, 青木 洋介, 松元 一明, 古土井 春吾, 笠原 敬, 545-549
  75. 広島市医師会便り, ご挨拶に替えて, 広島市医師会, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  76. Critical Care UPDATE, Fluid challenge is "challenging".敗血症患者における急速輸液をどうするか, 株式会社メディコン, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  77. 第43回日本集中治療医学会学術集会 イブニングセミナー1 記録集, 人工呼吸器関連肺炎のマネジメント, ファイザー株式会社, 2016年, 7, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  78. 第43回日本集中治療医学会学術集会 記録集, イブニングセミナー4 新たな敗血症バンドルを考察する―多臓器不全に立ち向かう―, 敗血症診療における感染症バンドル, 旭化成ファーマ株式会社, 2016年, 11, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  79. 2016年, 救急・集中治療アドバンス:急性呼吸不全, 人工呼吸器関連肺炎, 中山書店, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗、細川康二
  80. 2016年, JRC蘇生ガイドライン2015, PLS、日本蘇生協議会, 2016年, 共著, 志馬伸朗
  81. 2016年, 日本小児救急医学会雑誌, 心肺蘇生委員会報告「第3章 小児の蘇生」, 日本小児救急医学会, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 514, 433-514
  82. 2016年, 臨床外科(増刊号) 消化器・一般外科医のための救急・集中治療のすべて, 人工呼吸器関連事象・人工呼吸器関連肺炎の予防と治療, 医学書院, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 27-33
  83. 2016年, ARDS診療ガイドライン2016Part1, 総合医学社, 2016年, 共著, 志馬伸朗
  84. 2016年, ARDS診療ガイドライン2016 Part2, 総合医学社, 2016年, 共著, 日本語, 志馬伸朗
  85. 2016年, 徹底ガイド/小児の呼吸管理Q&A 第3版, 小児呼吸管理中の鎮痛・鎮静, 総合医学社, 2016年, 共著, 日本語, 植田育也、志馬伸朗
  86. 2016年, 感染と抗菌薬 19(1), 単剤治療, ヴァンメディカル, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 19-23
  87. 2016年, 日本医師会雑誌 144(10), ICUにおける感染対策, 日本医師会, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 2059-2063
  88. 2016年, 生体の科学 67(5), プロカルシトニンなど新規感染症マーカー:ICUにおける重症感染病態への有用性.病態バイオマーカーの“いま”, 医学書院, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 436-437
  89. 2016年, 麻酔科学レビュー2016, 集中治療 小児集中治療, 総合医学社, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 296-300
  90. 2016年, 日本集中治療医学会雑誌 23(2), 日本版重症患者の栄養療法ガイドライン, 日本集中治療医学会, 2016年, 3, 単著, 日本語, 小谷穣治、江木盛時、海塚安郎、亀井有子、神應知道、木下浩作、佐藤格夫、清水孝宏、清水義之、志馬伸朗、白井邦博、巽博臣、西田修、東別府直紀、松田兼一、真弓俊彦、平澤博之、氏家良人, 185-281
  91. 2016年, 感染と抗菌薬 19(1), 【敗血症の治療変革―新知見から導く迅速治療の答え】敗血症における初期抗菌薬選択の変遷 単剤治療, ヴァンメディカル, 2016年, 3, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 19-23
  92. 2016年, 日本集中治療医学会雑誌 23(3), 小児集中治療医の存在意義 我々の責務とは!, 日本集中治療医学会, 2016年, 5, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 295-297
  93. 2016年, 最新医学 71(4), 【免疫不全患者における感染症の現状と展望】ICUにおける免疫不全, 最新医学社, 2016年, 6, 単著, 日本語, 大下慎一郎、志馬伸朗, 841-846
  94. 2016年, 日本外科感染症学会雑誌 13(3), 【呼吸器関連合併症】術後肺合併症のリスク評価, 日本外科感染症学会, 2016年, 6, 単著, 日本語, 畑啓昭、志馬伸朗, 201-208
  95. 2016年, 日本外科感染症学会雑誌 13(3), 【呼吸器関連感染症】誤嚥と誤嚥性肺炎について考える, 日本外科感染症学会, 2016年, 6, 単著, 日本語, 大下慎一郎、志馬伸朗, 185-191
  96. 2016年, 日本胸部臨床 75(6), 【『NPPV(非侵襲的陽圧換気療法)ガイドライン改訂第2版』をめぐって】NPPV使用時における感染予防策, 克誠堂出版, 2016年, 6, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 636-641
  97. 2016年, 救急・集中治療 28(7-8), 【感染症治療-その常識は正しいか?-】VAPに対してルーチンにMRSAカバーを行う?, 総合医学社, 2016年, 7, 単著, 日本語, 木田佳子、志馬伸朗, 605-608
  98. 2016年, 救急・集中治療 28(7-8), 【感染症治療-その常識は正しいか?-】敗血症性ショック患者にルーチンで中心静脈カテーテルを挿入する?, 総合医学社, 2016年, 7, 共著, 日本語, 太田浩平、志馬伸朗, 537-542
  99. 2016年, 救急・集中治療, 【感染症治療-その常識は正しいか?-】中心静脈カテーテル抜去時のカテーテル培養をルーチンで行う?, 総合医学社, 2016年, 7, 単著, 日本語, 大下慎一郎、志馬伸朗, 497-501
  100. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, ICUにおけるルーチンX線写真, 中外医学社, 2016年, 単著, 日本語, 濱中訓生、志馬伸朗, 56-57
  101. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 術後48時間以内の患者に対するfever workup, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 58-59
  102. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 人工呼吸中患者に対する肺炎予防目的での機械的口腔ケア, 中外医学社, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 62-63
  103. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, ポピドンヨードによる創部、体腔の消毒, 中外医学社, 2016年, 単著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 64-65
  104. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, ゲンタマイシン軟膏による創感染予防, 中外医学社, 2016年, 単著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 66-67
  105. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, ドレーン排液の培養, 中外医学社, 2016年, 単著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 68-69
  106. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 観血的動脈圧測定の加圧バッグ液中のヘパリン添加, 中外医学社, 2016年, 単著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 70-71
  107. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 静脈血液ガス分析での乳酸値評価, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 72
  108. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 動脈ラインを素手で挿入する, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 73-74
  109. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 挿管時の肩枕, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 75-76
  110. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 肺動脈カテーテルの使用, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 濱中訓生、志馬伸朗, 119-120
  111. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, ポピドンヨードによるカテーテル挿入部の消毒, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 148-149
  112. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 血液培養採取時のポピドンヨードによる皮膚消毒, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 150
  113. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, SIRS,という診断, 中外医学社, 2016年, 共著, 志馬伸朗, 151-152
  114. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 感染症診断における総白血球数の使用, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 153-154
  115. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, カテーテル敗血症/カテ熱,という診断, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 155-156
  116. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 抜去記念培養, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 濱中訓生、志馬伸朗, 157
  117. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 血液培養の1セット, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 162-163
  118. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 3日以上入院中患者での便培養検査, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 151-152
  119. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 第3世代ロセフェム抗菌薬の投与, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 174-175
  120. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 小児患者の初期輸液としての1号輸液, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 185-186
  121. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 乏尿に対するフロセミド, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 濱中訓生、志馬伸朗, 199-200
  122. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, IVHという言葉, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 212
  123. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 経胃経管栄養の中止/量変更基準としての胃残渣量の測定, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 濱中訓生、志馬伸朗, 214-215
  124. 2016年, ER・ICU 100のdon'ts 明日からやめる医療ケア, 経腸栄養をGFOから開始する, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 濱中訓生、志馬伸朗, 119-120
  125. 2016年, ER・ICU 100のdon'ts 明日からやめる医療ケア, すべてのICU患者への抗潰瘍薬の投与, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 216-218
  126. 2016年, ER・ICU 100のdon'ts 明日からやめる医療ケア, ICUでの貧血に対する鉄剤投与, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 229-230
  127. 2016年, 小児集中治療, エビデンスで読み解く小児麻酔, 克誠堂出版, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 281-286
  128. 2016年, エンドトキシン血症救命治療研究会誌20(1), 重症感染症における抗菌薬併用療法, 自然科学社, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 44-48
  129. 2016年, 広島県内科会会誌144(10), 敗血症の早期認識と診断治療介入にむけて~初期評価と連携の重要性, 広島県内科会, 2016年, 単著, 日本語, 24-28
  130. 2016年, 週間医学界新聞第3185号, 座談会:国際標準の集中治療提供体制の構築に向けて, 医学書院, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  131. 2016年, 広島県内科会会誌17, 敗血症の早期認識と診断治療介入にむけて~初期評価と連携の重要性~, 広島県内科会, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 24-28
  132. 2017年, 麻酔科学レビュー2017 -最新主要文献集-, 集中治療(5)小児集中治療, 総合医学社, 2017年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 298-302
  133. 2017年, 最新ガイドライン準拠 小児科診断・診療指針 改訂版第2版, ショック, 中山書店, 2017年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 269-272
  134. 2017年, 今日の治療指針2017年版, 敗血症, 医学書院, 2017年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 216-217
  135. 2017年, 感染症専門医テキスト 改訂第2版, 第Ⅰ部解説編, 南江堂, 2017年, 教科書, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  136. 2017年, 日本版敗血症診療ガイドライン2016(J-SSCG2016)ダイジェスト版, 真興交易, 2017年, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  137. 2017年, 成人肺炎診療ガイドライン2017, 日本呼吸器学会, 2017年, 共著, 日本語, 志馬伸朗
  138. 2017年, 第22回3学会呼吸療法認定士認定講習会テキスト, 小児の呼吸管理, 3学会合同呼吸療法認定士認定委員会, 2017年, 共著, 日本語, 志馬伸朗
  139. 2017年, 臨床病理65(3), 重症感染症病態におけるバイオマーカーの使い道, 克誠堂出版, 2017年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 303-307
  140. 2017年, 呼吸器疾患 診断治療アプローチ 呼吸器感染症, 院内肺炎と人工呼吸器関連肺炎, 中山書店, 2017年, 単著, 日本語, 志馬 伸朗, 291-297
  141. 2017年, 臨床外科71(11)増刊号 一般外科医のための救急・集中治療のすべて, 人工呼吸器関連事象・人工呼吸器関連肺炎の予防と治療, 医学書院, 2017年, 単著, 27-33
  142. 2017年, 生体の科学67(5)病態バイオマーカーの”いま”, プロカルシトニンなど新規感染症マーカー, 医学書院, 2017年, 単著, 日本語, 志馬 伸朗, 436-437
  143. 2017年, 呼吸器ケア,15(4), 【春の先ドリ勉強会】わかりにく~いをスッキリ解決!肺炎のケアと予防, メディカ出版, 2017年, 共著, 日本語, 志馬 伸朗, 81
  144. 2017年, 呼吸器ケア15(4), 間質性肺炎と実質性肺炎はどう違うのか, メディカ出版, 2017年, 共著, 日本語, 大下慎一郎、 志馬伸朗, 90-93
  145. 2017年, 呼吸器ケア15(4), 肺炎の診断に必要な理学所見やバイタルサインは?, メディカ出版, 2017年, 共著, 日本語, 小山和宏、志馬伸朗, 94-97
  146. 2017年, 呼吸器ケア15(4), 肺炎の診断の流れ; 重症度, 微生物検査手法, メディカ出版, 2017年, 共著, 日本語, 京道人、志馬伸朗, 98-102
  147. 2017年, 呼吸器ケア15(4), 肺炎を診断する画像所見は?, メディカ出版, 2017年, 共著, 日本語, 大下慎一郎、志馬伸朗, 103-106
  148. 2017年, 呼吸器ケア15(4), 誤嚥の評価と予防策は?, メディカ出版, 2017年, 共著, 日本語, 鈴木慶、平山順子、志馬伸朗, 107-110
  149. 2017年10月10日, ER・ICU100のスタンダード, 中外医学社, 単行本(学術書), 編著
  150. 2017年, 月11日, 救急・ICUのコモンな薬の使い方, 羊土社, 単行本(学術書), 編著
  151. 2017年07月, 抗菌薬〜その常識は正しいか, 総合医学社, 2017年, 7, 単行本(学術書), 編著
  152. 2017年10月, 急性期NPPVハンドブック, 日本ハイコム, 2017年, 10, 単行本(学術書), 共著
  153. 2017年, 周術期の感染症─ICUでの感染症管理─, 日本臨床麻酔学会誌, 単行本(学術書), 単著, 志馬 伸朗
  154. 2017年, ICU感染制御を究める, 南江堂, 単行本(学術書), 編著, 志馬伸朗 編集;志馬, 伸朗, 1963-, 9784524254965
  155. 2017年09月, 医療過疎地域診療における電子聴診器活用の可能性, 日本遠隔医療学会雑誌 = Japanese journal of telemedicine and telecare / 日本遠隔医療学会 編, 儀賀 普嗣;石戸谷 耕一;貞森 拓磨;菊谷 知也;島谷 竜俊;大下 慎一郎;志馬 伸朗
  156. 2018年, 感染対策ICTジャーナル13(1), 救急医療における感染対策の在り方―現状の問題を踏まえ,確立すべき感染管理の体制とは, 2018年, 志馬伸朗、椎野泰和, 7-12
  157. 2018年, 広島共立病院広報誌 ネットワーク2018, 敗血症の診断治療~ガイドラインを取り入れた現場での取り組み~, 広島共立病院, 2018年, 志馬伸朗, 046
  158. 2018年, Q&A 抗潰瘍薬, 救急・集中治療, 単行本(学術書), 単著, 志馬 伸朗
  159. 2018年, Q&A 敗血症のバイオマーカー, 救急・集中治療, 単行本(学術書), 共著, 細川 康二;志馬 伸朗
  160. 2018年10月, 救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!, 羊土社, 2018年, 10, 単行本(学術書), 編著
  161. 2018年, 救急・集中治療30(1), 抗潰瘍薬, 2018年, 志馬伸朗, 97-102
  162. 2018年, 呼吸器内科33(1), ARDS患者の栄養管理, 2018年, 志馬伸朗, 47-51
  163. 日本救急医学会雑誌29(1):36-41, ベバシズマブの関与が疑われたA群β溶連菌による壊死性筋膜炎の一例, 日本救急医学会, 2018年, 1, 共著, 日本語, 三好博実、大下慎一郎、木田佳子、山賀聡之、太田浩平、津村龍、志馬伸朗, 36-41
  164. 2018年.3月, 日本救急医学会雑誌29(3):81-99, 潜在的脾機能低下が疑われたCapnocytophaga感染症の1例, 日本救急医学会, 2018年, 3, 共著, 日本語, 岡﨑裕介、木田佳子、田邉優子、鈴木慶、大下慎一郎、志馬伸朗, 81-99
  165. 2018年, 米国集中治療医学会および米国静脈経腸栄養学会雑誌, ASPEN Clinical Guidelines 重症小児患者に対する栄養サポート療法の実施と評価のガイドライン, 2018年, 単訳, 志馬伸朗
  166. 2018年, 広島共立病院広報誌 ネットワーク2018;046, 敗血症の診断治療~ガイドラインを取り入れた現場での取り組み~, 広島共立病院, 2018年, 日本語, 志馬伸朗, 46
  167. 2018年, 呼吸器内科33(1):47-51, ARDS患者の栄養管理, 2018年, 日本語, 志馬伸朗, 47-51
  168. 2018年, 感染対策ICTジャーナル13(1):7-12, 救急医療における感染対策の在り方―現状の問題を踏まえ,確立すべき感染管理の体制, 2018年, 日本語, 志馬伸朗、椎野泰和, 7-12
  169. 2018年, 感染対策ICTジャーナル13(1):13-19, 救急医療における微生物検査の重要性 薬剤耐性菌動向を含めて, 2018年, 共著, 日本語, 樫山誠也、志馬伸朗、大毛宏喜, 13-19
  170. 2018年, 救急・集中治療30(1):97-102, 抗潰瘍薬, 2018, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 97-102
  171. Intensivist 10(1):119-128, PICSは予防できるのか? 身体リハビリテーションはPICSの予防に有効か?, 2018年, 3, 共著, 對東俊介、志馬伸朗, 119-128
  172. 呼吸器内科33(2):145-149, 肺炎の診療には敗血症の概念をどのように取り入れるか, 2018年, 2, 日本語, 志馬伸朗
  173. LiSA 25(3):326-330, 敗血症における体温管理 「ぞんざい」だった発熱管理 いまこそ熱をアツく語ろう, 2018年, 3, 共著, 志馬伸朗, 326-330
  174. 2018年, Intensivist10(2): 309-317, 酸素の生理学 血流による酸素の輸送:ヘモグロビンから組織内へ,組織からミトコンドリア内へ, 2018年, 4, 共著, 日本語, 細川康二、志馬伸朗, 309-317
  175. 2018年.4月, 医学のあゆみ 265(3):202-206, 重症度設定の意義, 2018年, 4, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 202-206
  176. 2018年.1月, 救急・集中治療30(3):410-418, エキスパートに学ぶショック管理のすべて】アドバンス編 重症患者のショック管理をワンランクアップさせるために ショック・臓器障害治療の実際 ショックに伴うARDSと呼吸管理, 2018年, 10, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 410-418
  177. 2018年.5月, 改訂第2版 薬剤師のための救急・集中治療領域標準テキスト: 88-94, 気道・呼吸管理., 2018年, 5, 共著, 日本語, 志馬伸朗、細川康二, 88-94
  178. 2018年.5月, 改訂第2版 薬剤師のための救急・集中治療領域標準テキスト: 229-235, 敗血症・多臓器機能障害, 2018年, 5, 共著, 日本語, 志馬伸朗、細川康二, 229-235
  179. 2018年.8月, 集中治療看護師のための臨床実践テキスト(疾患・病態編):186-188, デバイス関連感染症, 2018年, 8, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 186-188
  180. 2018年.8月, 集中治療看護師のための臨床実践テキスト(疾患・病態編):195-199, 人工呼吸器関連肺炎と人工呼吸器関連事象, 2018年, 8, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 195-199
  181. 2018年.7月, INTENSIVIST 10(3):691-702, neurally adjusted ventilatory assist(NAVA), メディカルサイエンスインターナショナル, 2018年, 7, 共著, 島谷竜俊、志馬伸朗, 691-702
  182. 2018年.7月, INTENSIVIST 10(3):649-658, high frequency oscillatory ventilation(HFOV), メディカルサイエンスインターナショナル, 2018年, 7, 櫻谷正明、志馬伸朗, 649-658
  183. 2018年.9月, 救急医学42(10):1204-1211, 現場で使い尽くす診療ガイドライン選集2018】救急医ならはずせない必修ガイドライン 呼吸器 成人肺炎診療ガイドライン2017, へるす出版, 2018年, 9, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 1204-1211
  184. 2018年.9月, 新薬と臨牀67(9):57-61, 敗血症の早期診断と治療のポイント, 医薬情報研究所, 2018年, 9, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 57-61
  185. 2018年.1月, 日本遠隔医療学会雑誌14(2):116-119, 無人航空機を利用した医療過疎地における緊急血液検体搬送の研究開発(フェーズI), 日本遠隔医療学会, 2018年, 10, 共著, 日本語, 儀賀普嗣、貞森拓磨、島谷竜俊、住吉泰士、宮内英樹、後藤哲宏、小野俊二、大下慎一郎、志馬伸朗, 116-119
  186. 2018年.1月, 日本遠隔医療学会雑誌14(2):140-142, 電子聴診器を用いたリアルタイム遠隔聴診システムの研究開発, 日本遠隔医療学会, 2018年, 10, 共著, 日本語, 儀賀普嗣、貞森拓磨、石井潤貴、菊谷知也、島谷竜俊、大木伸吾、大下慎一郎、志馬伸朗, 140-142
  187. 2018年.1月, 感染と消毒25(2):107-113, 人工呼吸器関連肺炎と人工呼吸器関連事象, 2018年, 10, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 107-113
  188. 2018年.1月, 救急・集中治療(30)5:815-819, 【エキスパートに学ぶSepsis敗血症バンドル】 Q&A トピックス編 敗血症ホットライン 敗血症のバイオマーカー, 2018年, 10, 共著, 日本語, 細川康二、志馬伸朗, 815-819
  189. 2018年.1月, レジデントノート20(11), レジデントノート増刊:救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!, 2018年, 10, 編著, 日本語, 志馬伸朗
  190. 2018年.1月, レジデントノート20(11):45-53, 救急・ICUの頻用薬を使いこなせ! 抗痙攣薬, 2018年, 10, 共著, 日本語, 山賀聡之、志馬伸朗, 45-53
  191. 2018年.1月, レジデントノート20(11):67-74, 救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!中枢神経系に作用する薬剤, 2018年, 10, 共著, 日本語, 岩﨑祐亮、細川康二、志馬伸朗, 67-74
  192. 2018年.1月, レジデントノート20(11):75-81, 救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!利尿薬, 2018年, 10, 共著, 日本語, 大木伸吾、志馬伸朗, 75-81
  193. 2018年.1月, レジデントノート20(11):82-89, 救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!電解質補正, 2018年, 10, 共著, 日本語, 京道人、志馬伸朗, 82-89
  194. 2018年.1月, レジデントノート20(11):90-99, 救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!輸液製剤, 2018年, 10, 共著, 日本語, 小林靖孟、志馬伸朗, 90-99
  195. 2018年.1月, レジデントノート20(11):116-123, 救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!ステロイド, 2018年, 10, 共著, 日本語, 石井潤貴、志馬伸朗, 116-123
  196. 2018年.1月, レジデントノート20(11):166-172, 救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!経腸栄養剤, 2018年, 10, 共著, 日本語, 鈴木慶、志馬伸朗, 166-172
  197. 2018年.1月, 人工呼吸35(2):162-168, 人工呼吸器関連肺炎と抗菌薬, 2018年, 11, 単著, 日本語, 162-168
  198. 2018年.1月, 日本内科学会雑誌107(11):2252-2260, 敗血症, 2018年, 11, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 2252-2260
  199. 2018年.1月, 日本病院薬剤師会雑誌54(11):1349-1352, 集中治療患者における臓器系統別評価方法の習得 総論 集中治療室において薬剤師に求められる能力, 2018年, 11, 共著, 日本語, 細川康二、志馬伸朗, 1349-1352
  200. 2018年.1月, 消化器外科41(12):1653-1659, 最新の外科感染症対策】 外科感染症におけるバイオマーカー, 2018年, 11, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 1653-1659
  201. 2018年.1月, 福田記念医療技術振興財団情報第31号:141-147, 急性呼吸不全動物モデルを用いた人工呼吸誘発横隔膜障害の発生メカニズム解析および非侵襲的モニタリングシステムの開発, 2018年, 12, 共著, 日本語, 島谷竜俊、大下慎一郎、中村友彦、志馬伸朗, 141-147
  202. 2018年.1月, レジデントノート増刊:救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!, 羊土社, 2018年, 10, 単行本(学術書), 編著, 日本語, 志馬伸朗
  203. 2019年.3月, ER・ICU 100のピットフォール, 中外医学社, 2019年, 3, 単行本(学術書), 編著, 日本語, 志馬伸朗
  204. 2018年.3月, 日本版重症患者の栄養療法ガイドライン 総論2016&病態別2017(J-CCNTG)ダイジェスト版, 日本版重症患者の栄養療法ガイドライン 総論2016&病態別2017(J-CCNTG)ダイジェスト版, 日本集中治療医学会, 2018年, 3, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗
  205. 2019年.1月, 今日の診療指針2019 私はこう治療している, 救急医療 治療 肺水腫, 医学書院, 2019年, 1, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 36-38
  206. 日本集中治療医学会専門医テキスト-第3版-, 感染 基礎, 真興貿易, 2019年, 3, 教科書, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 620-632
  207. 2019年.3月, 今日の処方(改訂第6版), 敗血症, 南江堂, 2019年, 3, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 562-565
  208. 2019年.3月, ER・ICU 100のピットフォール, 穴を埋めること, 中外医学社, 2019年, 3, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗
  209. 2019年.3月, ER・ICU 100のピットフォール, 気管挿管前の準備, 中外医学社, 2019年, 3, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 55-57
  210. 2019年.3月, ER・ICU 100のピットフォール, SpO₂=100%は正常でも目標でもない, 中外医学社, 2019年, 3, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 大木伸吾、志馬伸朗, 89-90
  211. 2019年.3月, ER・ICU 100のピットフォール, 小児の軽症頭部外傷に対する頭部CT検査:見逃しも医療被曝も減らすには, 中外医学社, 2019年, 3, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 大木伸吾、志馬伸朗, 108-109
  212. 2019年.3月, ER・ICU 100のピットフォール, 耐性菌リスクとは何か?, 中外医学社, 2019年, 3, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 153-155
  213. 2019年.3月, ER・ICU 100のピットフォール, de-escalationのお作法, 中外医学社, 2019年, 3, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 176-177
  214. 2019年.3月, ER・ICU 100のピットフォール, 尿量低下あるいは腎機能低下=フロセミドでいいのか?, 中外医学社, 2019年, 3, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 大木伸吾、志馬伸朗, 181-182
  215. 2019年.3月, ER・ICU 100のピットフォール, 外傷患者では内因性疾患を検索しよう, 中外医学社, 2019年, 3, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 大木伸吾、志馬伸朗, 247-248
  216. 2019年.5月, 呼吸器疾患最新の治療2019-2020, 溺水, 南江堂, 2019年, 5, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 京道人、志馬伸朗, 181-183
  217. 2019年.5月, 最新主要文献とガイドラインでみる麻酔科学レビュー2019, 集中治療(5)小児集中治療, 総合医学社, 2019年, 5, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 329-333
  218. 2019年.6月, 救急・集中治療領域における感染症診療, 重症感染症 重症院内肺炎, 克誠堂出版, 2019年, 6, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 大下慎一郎、志馬伸朗, 103-114
  219. 2019年.2月, 小児科診療82(2), 小児集中治療室にかかる日本の現状と課題, 2019年, 2, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 151-155
  220. 2019年.4月, Intensivist 11(2), 栄養療法アップデート 前編】Pro-Con私ならこうする ARDS患者における栄養療法-full feedingを目指す Pros:高齢/痩せの重症ARDS患者を考えれば,これもあり, 2019年, 4, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 京道人、志馬伸朗, 378-380
  221. 2019年.7月, Intensivist 11(3), 医系技官とはどういうもので,何をしているのか, 2019年, 7, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 志馬伸朗、細川康二、飯塚悠祐, 589-591
  222. 2018年.6月, Critical Care UPDATE, 体温が高い!そのときに., 株式会社メディコン, 2018年, 6, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗
  223. 広島医学71(12), 救急医療体制検討特別委員会報告書, 2018年, 12, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 798-799
  224. 2019年.2月, INFECTION CONTROL 28(2), 私を変えたあの一言 ないんです!, 2019年, 2, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 1
  225. 2019年.4月, The Mainichi Medical Journal 15(2), インタビュー取材, 2019年, 4, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 34-35

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. ICUにおける体温評価と発熱管理, 志馬伸朗, クリティカルケアセミナーin神戸, 2014年04月19日, 招待, 日本語, 神戸
  2. 人工呼吸器関連肺炎, 志馬伸朗, 第11回呼吸ケアカンファレンス, 2014年04月25日, 招待, 日本語, 大阪
  3. Ultrasound-guided catheter insertion in PICU, The 7th World Congress on Pediatric Intensive and Critical Care, 2014年05月07日, 招待, 英語
  4. Ventilator-associated events in pediatrics, 2014年05月07日, 招待, 英語
  5. シンポジウム4:初心者のための小児麻酔:エキスパートの教え方, 志馬伸朗, 日本麻酔科学会第61回学術集会, 2014年05月16日, 招待, 日本語, 横浜
  6. 敗血症における抗菌療法 ~抗MRSA薬を中心に, 志馬伸朗, 第3回救急集中治療領域感染症学術講演会, 2014年05月17日, 招待, 日本語, 和歌山
  7. 人工呼吸器関連肺炎予防 ~鎮静鎮痛観点を中心に, 志馬伸朗, 平成26年度首都圏集中治療セミナー, 2014年05月24日, 招待, 日本語
  8. 気道管理の基本, 志馬伸朗, 最新人工呼吸管理セミナー2014, 2014年06月14日, 招待, 日本語, 京都
  9. 敗血症性ショックの抗菌療法+α, 志馬伸朗, 第88回日本感染症学会学術講演会, 2014年06月19日, 招待, 日本語, 福岡
  10. 敗血症(セプシス)治療ガイドライン 日欧米の違い:敗血症の抗菌治療(de-escalationを中心に), 志馬伸朗, 日本化学療法学会総会, 2014年06月19日, 招待, 日本語, 福岡
  11. 侵襲性肺アスペルギルス症を続発したIdiopathic systemic capillary leak syndromeの一例, 葉山学, 志馬伸朗, 第88回日本感染症学会学術講演会/第62回日本化学療法学会総会, 2014年06月19日, 通常, 日本語, 福岡
  12. 敗血症のふたつの治療 ~over the 4 decades, 志馬伸朗, 第2回京都周術期代謝管理セミナー, 2014年06月21日, 招待, 日本語, 京都
  13. 小児敗血症診療アップデート, 多摩小児救急集中治療セミナー, 2014年07月01日, 招待, 日本語, 立川
  14. 小児敗血症診療 ~ゴールは何か?, 志馬伸朗, 成育医療研究センター手術集中治療部モーニングカンファレンス, 2014年07月04日, 招待, 日本語, 東京
  15. シンプル院内感染管理, 志馬伸朗, 奈良医大院内感染防止セミナー, 2014年07月11日, 招待, 日本語, 橿原
  16. 人工呼吸器関連肺炎 ~診断治療における最近のトピックス, 志馬伸朗, 2014年07月26日, 招待, 日本語, 大阪
  17. シンプル院内感染管理, 志馬伸朗, 市立福知山市民病院院内感染対策講習会, 2014年07月28日, 招待, 日本語, 福知山
  18. 外科・救急・集中治療領域(リスク因子と診断), 志馬伸朗, 第5回近畿感染制御ネットワーク研究会, 2014年08月09日, 招待, 日本語, 大阪
  19. ショックとクラッシュ症候群, 志馬伸朗, 救急救命士の処置範囲拡大に関する講習, 2014年08月12日, 招待, 日本語, 京都
  20. 新生児の呼吸管理, 志馬伸朗, 第19回3学会合同呼吸療法認定士認定講習会, 2014年08月31日, 招待, 日本語, 東京
  21. 新生児の呼吸管理, 志馬伸朗, 第19回3学会合同呼吸療法認定士認定講習会, 2014年09月01日, 招待, 日本語, 東京
  22. ショックとクラッシュ症候群, 志馬伸朗, 救急救命士の処置範囲拡大に関する講習, 2014年09月10日, 招待, 日本語, 京都
  23. 小児敗血症診療のコントロバシー2014, 志馬伸朗, 小児救命医療講演会, 2014年09月11日, 招待, 日本語, 三重
  24. ガイドラインを使いこなそう:真菌とMRSA, 志馬伸朗, 救急感染症塾 for ER Training summer camp, 2014年09月13日, 招待, 日本語, 東京
  25. 重症患者の生体反応と全身管理のポイント, 志馬伸朗, 京都府看護協会研修会, 2014年09月17日, 招待, 日本語, 京都
  26. 人工呼吸器関連肺炎:2014アップデート, 志馬伸朗, 第13回大阪人工呼吸器セミナー, 2014年09月20日, 招待, 日本語, 大阪
  27. 救命救急センターにおける抗菌薬の使い方, 志馬伸朗, 第23回適正抗菌化学療法研究会, 2014年09月27日, 招待, 日本語, 名古屋
  28. 人工呼吸器関連肺炎, 志馬伸朗, 第4回呼吸治療関連指定講習会, 2014年09月27日, 招待, 日本語, 東京
  29. 左副腎腫瘍の破裂に対し、動脈塞栓術を施行した一例, 堤貴彦, 濱中訓生、志馬伸朗、桑原遼、広川侑奨、伊藤剛, 日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2014年09月, 通常, 日本語
  30. Limitations of diagnostic imaging for acute abdomen, 濱中訓生, 志馬伸朗、伊藤剛, 日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2014年09月, 通常, 日本語
  31. 小児心臓手術とステロイド, 志馬伸朗, 成育医療研究センター手術集中治療部モーニングカンファレンス, 2014年10月09日, 招待, 日本語
  32. Debate(座長), 志馬伸朗, 第22回小児集中治療ワークショップ, 2014年10月18日, 通常, 日本語
  33. ランチョンセミナー(座長), 志馬伸朗, 第22回小児集中治療ワークショップ, 2014年10月18日, 通常, 日本語
  34. 感染症科医への敗血症ガイドラインの紹介, 志馬伸朗, 第57回日本感染症学会中日本地方会学術集会, 2014年10月23日, 招待, 日本語, 岡山
  35. バンコマイシンの有効トラフ値と腎機能障害の関連, 朴井三矢, 志馬伸朗, 第57回日本感染症学会中日本地方会学術集会, 2014年10月23日, 通常, 日本語, 岡山
  36. 小児敗血症の診療戦略~成人と何が同じで何が違うのか?, 志馬伸朗, 第42回日本救急医学会総会・学術集会, 2014年10月28日, 招待, 日本語, 福岡
  37. 救急ICUでの細菌培養陽性例における耐性菌検出率の検討, 吉田浩輔, 藤野光洋、狩野謙一、堤貴彦、藤井雅士、濱中訓生、田中博之、竹下淳、別府賢、笹橋望、志馬伸朗, 第41回日本救急医学会総会・学術集会, 2014年10月28日, 通常, 日本語, 福岡
  38. 髄膜炎の鑑別疾患としての視神経脊髄炎, 堤貴彦, 別府賢、笹橋望、志馬伸朗, 第41回日本救急医学会総会・学術集会, 2014年10月28日, 通常, 日本語, 福岡
  39. 糖尿病性ケトアシドーシス発症直後に非閉塞性腸管虚血を併発した1例, 濱中訓生, 藤野光洋、狩野謙一、堤貴彦、吉田浩輔、藤井雅士、田中博之、竹下淳、別府賢、笹橋望、志馬伸朗, 第41回日本救急医学会総会・学術集会, 2014年10月28日, 通常, 日本語, 福岡
  40. 急性一酸化炭素中毒(軽症)に対し遅発性神経症状予防目的に高圧酸素治療を施行した一例, 森智治, 齋藤龍史、趙晃済、武信洋平、大鶴繁、佐藤格夫、西山慶、鈴木崇生、小池薫、吉田浩輔、志馬伸朗, 2014年10月29日, 通常, 日本語, 福岡
  41. 糖尿病性ケトアシドーシスから急性呼吸促迫症候群を発症し、静脈-静脈経皮的心肺補助装置を使用した一例, 山下大生, 志馬伸朗、笹橋望、別府賢、竹下淳、田中博之、濱中訓生、吉田浩輔、藤井雅士、堤貴彦、藤野光洋, 第41回日本救急医学会総会・学術集会, 2014年10月29日, 通常, 日本語, 福岡
  42. 血管内治療および腎摘出術で救命し得た外傷性近位腎動脈損傷の1例, 齋藤駿河, 志馬伸朗、笹橋望、別府賢、竹下淳、田中博之、濱中訓生、吉田浩輔、藤井雅士、堤貴彦、藤野光洋, 第41回日本救急医学会総会・学術集会, 2014年10月30日, 通常, 日本語, 福岡
  43. 敗血症診療ガイドライン2014, 志馬伸朗, 北海道サージカル・インフェクション・フォーラム, 2014年11月07日, 招待, 日本語, 札幌市
  44. 体重症性患者での体温評価と管理, 志馬伸朗, Medicon Training Center Program, 2014年11月14日, 招待, 日本語
  45. EGDT再考, 志馬伸朗, 第5回麻酔周術期医学講演会, 2014年11月14日, 招待, 日本語
  46. Community-acquired and Healthcare-acquired pneumonia, 志馬伸朗, Multiprofessional critical care review course, 2014年11月22日, 招待, 日本語, 東京
  47. Antibacterial,Antiviral,and Antifungal Therapy in the ICU, 志馬伸朗, Multiprofessional critical care review course, 2014年11月23日, 招待, 日本語
  48. 小児鎮痛鎮静に関する最近の話題, 志馬伸朗, 理想的な鎮静を考える研究会, 2014年11月28日, 招待, 日本語, 東京
  49. 耐性菌/耐性機序と抗菌薬選択/抗菌薬投与設計の考え方, 志馬伸朗, 第1回京都伏見抗菌薬適正使用教育セミナー, 2014年12月01日, 招待, 日本語, 京都
  50. ICUにおける耐性菌/真菌感染症の治療戦略, 志馬伸朗, 第27回日本外科感染症学会, 2014年12月04日, 招待, 日本語, 東京
  51. ICUのケアでVAPを予防できるか, 志馬伸朗, 第27回日本外科感染症学会, 2014年12月04日, 招待, 日本語, 東京
  52. 血液培養の正しい取り方と解釈, 志馬伸朗, 第27回日本外科感染症学会 外科感染症入門講座, 2014年12月04日, 招待, 日本語, 東京
  53. 第13回急性期NPPV研究会(座長), 志馬伸朗, 2014年12月06日, 通常, 日本語, 大阪
  54. 南京都地区救急診療卒後臨床セミナー(コメンテータ), 志馬伸朗, 2014年12月08日, 通常, 日本語, 京都
  55. ICUにおける発熱マネジメント, 志馬伸朗, 第8回横浜集中治療懇話会, 2014年12月11日, 招待, 日本語, 横浜
  56. 京滋クリティカルケアヤングアカデミー(座長), 志馬伸朗, 2014年12月13日, 通常, 日本語, 京都
  57. 敗血症診療2014 UP TO DATE, 志馬伸朗, 第3回長崎CIDセミナー, 2014年12月20日, 招待, 日本語, 長崎
  58. 小児敗血症の診療戦略, 志馬伸朗, 長野県立こども病院講演会, 2014年12月22日, 招待, 日本語, 安曇野
  59. working group meeting(司会), 志馬伸朗, BAL cath, 2014年12月26日, 通常, 日本語, 東京
  60. 論文を読もう!研究をしよう!, 志馬伸朗, 成育医療研究センター手術集中治療部モーニングカンファレンス, 2015年01月09日, 招待, 日本語, 東京
  61. SessionⅢ(座長), 志馬伸朗, 京都セプシスフォーラム2015 winter, 2015年01月21日, 通常, 日本語, 京都
  62. 重症患者の生体反応と患者管理のポイント, 志馬伸朗, 日総研セミナー, 2015年02月01日, 招待, 日本語, 大阪
  63. 第4回MIICS~ICUにおける感染症患者を救うために(コメンテータ), 志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会, 2015年02月09日, 招待, 日本語, 東京
  64. カテーテルコロニゼーションに対するクロルヘキシジンアルコールの有用性の検討, 安田英人, 讃井將満、志馬伸朗、河野真二、畠山淳司、松窪将平、安藤幸吉、小室哲也、山本泰文、瀬尾隆太郎, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月09日, 通常, 日本語, 東京
  65. 急速に致死的経過をとったB型肝炎ウイルス劇症肝炎の一例, 藤野光洋, 狩野謙一、堤貴彦、藤井雅士、吉田浩輔、濱中訓生、田中博之、竹下淳、別府賢、志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月09日, 通常, 日本語, 東京
  66. 経験的抗菌薬投与プロトコル導入による菌血症治療への影響, 狩野謙一, 藤野光洋、堤貴彦、吉田浩輔、藤井雅士、濱中訓生、田中博之、竹下淳、別府賢、志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月09日, 通常, 日本語, 東京
  67. 小児開胸下ECMO管理における抗菌薬投与と感染合併症, 田畑雄一, 笠井正志、志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月09日, 通常, 日本語, 東京
  68. 当院でのICU胸部ポータブルレントゲン写真の現状調査, 濱中訓生, 狩野謙一、藤井雅士、吉田浩輔、竹下淳、堤貴彦、田中博之、別府賢、笹橋望、志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月09日, 通常, 日本語, 東京
  69. 敗血症性ショック患者における感染症予測スコアの有用性について, 吉田浩輔, 藤野光洋、狩野謙一、藤井雅士、濱中訓生、竹下淳、堤貴彦、田中博之、別府賢、志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月09日, 通常, 日本語, 東京
  70. 教育セミナー8(座長), 志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月09日, 通常, 日本語, 東京
  71. 招聘講演9(座長), 志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月09日, 通常, 日本語, 東京
  72. SPEED!カテーテル関連血流感染症を防ぐための5tips, 志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月10日, 招待, 日本語, 東京
  73. SPEED!カテーテル関連血流感染症を防ぐための5tips., 志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月10日, 通常, 日本語, 東京都
  74. 当院ICUにおける気管挿管に伴う合併症の調査報告, 藤井雅士, 藤野光洋、狩野謙一、吉田浩輔、濱中訓生、田中博之、竹下淳、別府賢、志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月10日, 通常, 日本語, 東京
  75. ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染若年患者における急性呼吸不全の一例, 田中博之, 志馬伸朗、笹橋望、別府賢、竹下淳、藤井雅士、狩野謙一、藤野光洋、吉田浩輔、堤貴彦, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月10日, 通常, 日本語, 東京
  76. 論文を読もう!研究をしよう!, 志馬伸朗, 成育医療研究センター手術集中治療部モーニングカンファレンス, 2015年02月10日, 通常, 日本語, 成育医療研究センター, 東京都
  77. 特定集中治療室管理量1/2算定施設に対する実態調査報告, 志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月11日, 招待, 日本語, 東京
  78. 委員会報告6, 志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月11日, 通常, 日本語, 東京
  79. ICUにおける重症感染症マネジメント~抗菌療法から全身管理まで, 志馬伸朗, 第24回適正抗菌化学療法研究会in北陸, 2015年02月13日, 招待, 日本語, 金沢
  80. 症例検討2:74歳、男性、炎症反応上昇, 志馬伸朗, 第16回真菌症フォーラム, 2015年02月14日, 招待, 日本語, 東京
  81. 敗血症性ショックの抗菌療法+α, 志馬伸朗, シオノギwebカンファレンス, 2015年02月16日, 招待, 日本語
  82. 救急集中治療における適正抗菌療法~エビデンスから実践まで, 志馬伸朗, 群馬急性期医療セミナー2015, 2015年02月18日, 招待, 日本語, 前橋
  83. 敗血症における抗菌治療 シンポジウム5:抗菌薬適正使用を極める(原因別/病態別)~Empritic & difinitive therapyの選択からPK/PD・TDMまで, 志馬伸朗, 第30回日本環境感染学会総会, 2015年02月20日, 招待, 日本語, 神戸
  84. 小児の呼吸管理, 志馬伸朗, メディカ出版小児集中治療セミナー2015, 2015年02月22日, 招待, 日本語, 神戸
  85. ガイドラインを踏まえた敗血症治療の実際~基礎疾患治療の重要性と合併症対策, 志馬伸朗, リコモジュリンWEBカンファレンス, 2015年02月27日, 招待, 日本語
  86. パネルディスカッション3(座長), 志馬伸朗, 第51回日本腹部救急学会総会, 2015年03月05日, 通常, 日本語, 京都
  87. 診断が遅れたRFA後に発症した横隔膜ヘルニアの一例, 濱中訓生, 志馬伸朗、狩野謙一, 第51回日本腹部救急外科学会, 2015年03月06日, 通常, 日本語, 京都
  88. 重症患者の生体反応と患者管理のポイント, 志馬伸朗, 日総研セミナー, 2015年03月08日, 招待, 日本語, 東京
  89. Comparison of three cutaneous antiseptic solutions for the prevention of catheter colonization in the adult intensive care unit : A multicenter prospective randomized controlled trial, 2015年03月18日, 招待, 英語
  90. 小児の呼吸管理, 志馬伸朗, メディカ出版小児集中治療セミナー2015, 2015年03月29日, 招待, 日本語, 横浜
  91. 2016年06月05日, 通常, 英語
  92. 敗血症診療:これまでとこれから, 志馬伸朗, Kyoto Sepsis Forum, 2016年01月16日, 招待, 日本語, 京都
  93. 麻酔科医のための敗血症ガイドライン~抗菌薬を中心に~, 志馬伸朗, 第62回広島麻酔医学会, 2016年01月23日, 招待, 日本語, 広島
  94. 敗血症の抗菌療法~最新のトピックス~, 志馬伸朗, 第20回エンドトキシン血症救命治療研究会, 2016年01月29日, 招待, 日本語, 東京
  95. 救急・集中治療における重症感染症マネジメント, 志馬伸朗, 第10回長崎難治性感染症研究会, 2016年02月10日, 招待, 日本語, 長崎
  96. 血管内カテーテル由来血流感染対策, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 招待, 日本語, 神戸
  97. ICU感染制御:今改めて考える改善への道, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  98. 新たな敗血症バンドルを考察する~多臓器不全へ立ち向かう~, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  99. ICUにおけるantimicrobial stewardshipの実践, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月14日, 招待, 日本語, 神戸
  100. 敗血症診療の最近のTopics, 志馬伸朗, 敗血症集中治療セミナー in 広島, 2016年02月23日, 招待, 日本語, 広島
  101. 救急/集中治療における重症感染症マネジメント~基本から最新知見まで, 志馬伸朗, 山口県外科・救急真菌症カンファレンス 2016, 2016年02月25日, 招待, 日本語, 山口
  102. 発熱と抗菌薬, 志馬伸朗, 第14回脳神経内科ジョイントミーティング, 2016年03月01日, 招待, 日本語, 広島
  103. 救急医療-発熱と抗菌薬を中心に-, 志馬伸朗, 第208回広島県放射線医会, 2016年03月03日, 招待, 日本語, 広島
  104. 救急集中治療における感染症診療, 志馬伸朗, 第16回 三河耐性菌感染症研究会, 2016年03月04日, 招待, 日本語, 愛知
  105. 敗血症の抗菌療法と微生物検査, 志馬伸朗, 第3回東海北陸BDフェニックスセミナー, 2016年03月19日, 招待, 日本語, 名古屋
  106. 小児の呼吸管理, 志馬伸朗, メディカ出版小児集中治療セミナー2016, 2016年01月09日, 招待, 日本語, 東京
  107. 小児の呼吸管理, 志馬伸朗, メディカ出版小児集中治療セミナー2016, 2016年03月12日, 招待, 日本語, 京都
  108. 重症感染症の最近の話題-基礎から臨床まで-, 志馬伸朗, 第90回日本感染症学会総会・学術講演会, 2016年04月16日, 招待, 日本語, 仙台
  109. 救急・集中治療における感染症診療, 志馬伸朗, 第23回東広島サイジェオンの会 学術集会, 2016年04月18日, 招待, 日本語, 広島
  110. 救急集中治療における感染制御のポイント, 志馬伸朗, 第22回尾三地区感染対策研究会, 2016年05月18日, 招待, 日本語, 尾道
  111. 行っていませんか?間違った消毒法, 志馬伸朗, 第32回日本救急医学会中国四国地方会, 2016年05月16日, 通常, 日本語, 山口
  112. 重症肺炎・ARDS治療-最近のトピックス-, 志馬伸朗, 第9回Osaka Respiratory Expert Seminar, 2016年05月28日, 招待, 日本語, 大阪
  113. これからの敗血症診療, 志馬伸朗, 第39回広島感染症研究会, 2016年06月03日, 招待, 日本語, 広島
  114. カルバペネムを再考する 救急集中治療の現場から, 志馬伸朗, 第64回日本化学療法学会総会, 2016年06月24日, 招待, 日本語, 神戸
  115. なぜ、体温を測るのか?〜クリティカルケア領域における体温管理〜, 志馬伸朗, 第5回九州沖縄地区クリティカルケア看護セミナー, 2016年06月24日, 招待, 日本語, 那覇
  116. 救急領域における最重要致死的病態“敗血症(sepsis)”の初期認識と早期介入, 志馬伸朗, 東広島地区医師会学術講演会, 2016年06月30日, 招待, 日本語, 広島
  117. 外科・救急・集中治療領域における真菌感染症の診断・治療~侵襲的カンジダ症を中心に~, 志馬伸朗, アンビゾーム発売10周年記念講演会(中国・四国地域), 2016年07月03日, 招待, 日本語, 福岡
  118. 重症患者の体温管理, 志馬伸朗, 第61回日本集中治療医学会近畿地方会, 2016年07月09日, 招待, 日本語, 大阪
  119. 周術期の感染対策, 志馬伸朗, 第36回広島GISクラブ, 2016年07月22日, 招待, 日本語, 広島
  120. 救急集中治療領域におけるリネゾリドのリスクとベネフィット, 志馬伸朗, MRSAフォーラム2016, 2016年07月23日, 招待, 日本語, 岐阜
  121. 救急蘇生ガイドライン2015改正のポイントと職場での蘇生法普及と教育について, 志馬伸朗, 平成28年度 市郡地区医師会産業保健担当理事連絡協議会, 2016年08月17日, 招待, 日本語, 広島
  122. 敗血症の早期認識と迅速治療が生命を救う, 志馬伸朗, 第16回大竹市救急医療講演会, 2016年08月19日, 招待, 日本語, 広島
  123. 麻酔科医が行う周術期感染予防, 志馬伸朗, 第2回急性期輸液管理研究会, 2016年08月06日, 招待, 日本語, 東京
  124. 新生児の呼吸管理, 志馬伸朗, 第21回3学会合同呼吸療法認定士認定講習会, 2016年08月26日, 招待, 日本語, 東京
  125. 重症感染病態におけるバイオマーカーの使い道, 志馬伸朗, 第63回日本臨床検査医学会学術集会, 2016年09月02日, 招待, 日本語, 神戸
  126. 抗菌薬の適正使用とは?, 志馬伸朗, 平成28年度広島医療情報研究会学術講演会, 2016年09月03日, 招待, 日本語, 広島
  127. 人工呼吸に関連した感染, 志馬伸朗, 第1回 金沢人工呼吸セミナー, 2016年09月10日, 招待, 日本語, 石川
  128. 人工呼吸器関連肺炎, 志馬伸朗, 第6回呼吸治療関連指定講習会, 2016年09月24日, 招待, 日本語, 東京
  129. バイタルサインから見直す救急初期対応, 志馬伸朗, 第54回広島共立病院オープンカンファレンス, 2016年09月27日, 招待, 日本語, 広島
  130. 敗血症診療2016アップデート, 志馬伸朗, 京都敗血症治療セミナー2016, 2016年10月14日, 招待, 日本語, 京都
  131. 専門医のための救急蘇生法(1)(2), 志馬伸朗, 第30回日本耳鼻咽喉科学会専門医講習会, 2016年11月13日, 招待, 日本語, 広島
  132. 敗血症診療アップデート2016~γグロブリンの使用も含めて~, 志馬伸朗, 第39回八王子集中治療セミナー, 2016年11月16日, 招待, 日本語, 東京
  133. 抗MRSA薬をいかに使い分けるか?, 志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  134. 救急集中治療における感染制御大作戦, 志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月18日, 招待, 日本語, 東京
  135. Cimmunity-acquired and Healthcare-acquired pneumonia, 志馬伸朗, 第4回Multiprofessional Critical Care Board Review Course in JAPAN, 2016年11月19日, 招待, 英語, 東京
  136. 手術機感染制御:最新の知見, 志馬伸朗, 第6回山形県周術期体液管理講演会, 2016年11月22日, 招待, 日本語, 山形
  137. 敗血症に対する抗菌療法, 志馬伸朗, (合同開催)第86回日本感染症学会西日本地方会学術集会・第59回日本感染症学会中日本地方会学術集会・第64回日本化学療法学会西日本支部総会, 2016年11月26日, 招待, 日本語, 沖縄
  138. プロカルシトニンの使い道, 志馬伸朗, 第29回日本外科感染症学会総会学術集会, 2016年11月30日, 招待, 日本語, 東京
  139. 敗血症診療~最新ガイドライン情報の提供と実践の見直し, 志馬伸朗, 第59回広島大学第二外科同門会研修会・祝賀会, 2016年12月03日, 招待, 日本語, 広島
  140. 敗血症における抗菌療法, 志馬伸朗, 香川セプシスカンファレンス2016, 2016年12月07日, 招待, 日本語, 香川
  141. ICUにおける抗菌療法, 志馬伸朗, 侵襲制医学セミナー第19回特別講演, 2016年12月09日, 招待, 日本語, 愛知
  142. 敗血症診療2016アップデート, 志馬伸朗, 大分Critical Care Seminar~敗血症診断医療に対する新たな知見を通して今後のICUを考える~, 2016年12月17日, 招待, 日本語, 大分
  143. (座長)Pro-Con5 鎮静中断vs中断しない, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 通常, 日本語, 神戸
  144. (座長)Pro-Con6血液培養小児で2セットvs 1セット, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 通常, 日本語, 神戸
  145. 多施設ランダム化比較試験を計画実行して見えたこと, 安田英人, 讃井將満, 小室哲哉, 畠山淳司, 松窪将平, 河野真二, 山本泰史, 安藤幸吉, 瀬尾龍太郎, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 招待, 日本語, 神戸
  146. 「重症患者の栄養療法ガイドライン作成委員会」の委員会報告:全体像と作成法. ガイドライン1 日本版重症患者の栄養管理ガイドライン, 小谷穣治, 重症患者の栄養管理ガイドライン作成委員会(小谷穣治, 江木盛時, 海塚安郎, 亀井有子, 神應 知道, 木下浩作, 佐藤格夫, 清水孝宏, 清水義之, 志馬伸朗, 白井邦博, 巽博臣, 西田修, 東別府直紀, 松田謙一, 真弓俊彦), 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 招待, 日本語, 神戸
  147. 重症患者の栄養療法ガイドライン作成委員会の委員会報告:栄養投与ルート. ガイドライン1日本版重症患者の栄養管理ガイドライン, 白井邦博, 重症患者の栄養管理ガイドライン作成委員会(小谷穣治, 江木盛時, 海塚安郎, 亀井有子, 神應 知道, 木下浩作, 佐藤格夫, 清水孝宏, 清水義之, 志馬伸朗, 白井邦博, 巽博臣, 西田修, 東別府直紀, 松田謙一, 真弓俊彦), 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 招待, 日本語, 神戸
  148. 重症患者の栄養療法ガイドライン作成委員会の委員会報告:経腸栄養. ガイドライン1日本版重症患者の栄養管理ガイドライン, 東別府直紀, 重症患者の栄養管理ガイドライン作成委員会(小谷穣治, 江木盛時, 海塚安郎, 亀井有子, 神應 知道, 木下浩作, 佐藤格夫, 清水孝宏, 清水義之, 志馬伸朗, 白井邦博, 巽博臣, 西田修, 東別府直紀, 松田謙一, 真弓俊彦), 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 招待, 日本語, 神戸
  149. 「重症患者の栄養療法ガイドライン作成委員会」の委員会報告:静脈栄養(PNの開始時期, PNの至適投与量). ガイドライン1日本版重症患者の栄養管理ガイドライン, 海塚安郎, 重症患者の栄養管理ガイドライン作成委員会(小谷穣治, 江木盛時, 海塚安郎, 亀井有子, 神應 知道, 木下浩作, 佐藤格夫, 清水孝宏, 清水義之, 志馬伸朗, 白井邦博, 巽博臣, 西田修, 東別府直紀, 松田謙一, 真弓俊彦), 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 招待, 日本語, 神戸
  150. 「重症患者の栄養療法ガイドライン作成委員会」の委員会報告:血糖管理. ガイドライン1日本版重症患者の栄養管理ガイドライン, 江木盛時, 重症患者の栄養管理ガイドライン作成委員会(小谷穣治, 江木盛時, 海塚安郎, 亀井有子, 神應 知道, 木下浩作, 佐藤格夫, 清水孝宏, 清水義之, 志馬伸朗, 白井邦博, 巽博臣, 西田修, 東別府直紀, 松田謙一, 真弓俊彦), 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 招待, 日本語, 神戸
  151. 経腸・静脈栄養療法中の患者管理. ガイドライン1日本版重症患者の栄養管理ガイドライン, 清水孝宏, 重症患者の栄養管理ガイドライン作成委員会(小谷穣治, 江木盛時, 海塚安郎, 亀井有子, 神應 知道, 木下浩作, 佐藤格夫, 清水孝宏, 清水義之, 志馬伸朗, 白井邦博, 巽博臣, 西田修, 東別府直紀, 松田謙一, 真弓俊彦), 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 招待, 日本語, 神戸
  152. 「重症患者の栄養療法ガイドライン作成委員会」の委員会報告(小児の栄養管理). ガイドライン1日本版重症患者の栄養管理ガイドライン, 清水義之, 重症患者の栄養管理ガイドライン作成委員会(小谷穣治, 江木盛時, 海塚安郎, 亀井有子, 神應 知道, 木下浩作, 佐藤格夫, 清水孝宏, 清水義之, 志馬伸朗, 白井邦博, 巽博臣, 西田修, 東別府直紀, 松田謙一, 真弓俊彦), 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 招待, 日本語, 神戸
  153. 経験的抗菌薬投与プロトコル導入による菌血症治療への影響, 狩野謙一, 志馬伸朗, 小田祐太, 藤野光洋, 浜崎幹久, 岡田信長, 藤井雅士, 田中博之, 竹下淳, 別府賢, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 通常, 日本語, 神戸
  154. (委員会報告)PICUの現状 全国調査報告, 小泉沢, 竹内宗之, 中川聡, 植田育也, 清水直樹, 多賀直行, 平位克樹, 戸田雄一郎, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  155. (委員会報告)小児集中治療室での長期滞在患者の多施設実態調査, 竹内宗之, 志馬伸朗, 植田育也, 小泉沢, 清水直樹, 多賀直行, 戸田雄一郎, 中川聡, 平位克樹, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  156. (委員会報告)日本版重症敗血症診療ガイドライン2016作成の概要, 西田 修, 小倉 裕司, 井上 茂亮, 射場 敏明, 今泉 均, 江木 盛時, 垣花 泰之, 久志本 成樹, 小谷 穣治, 貞広 智仁, 志馬 伸朗, 中川 聡, 中田 孝明, 布宮 伸, 林 淑朗, 藤島 清太郎, 升田 好樹, 松嶋 麻子, 松田 直之, 織田 成人, 田中 裕, 日本版重症敗血症診療ガイドライン2016作成特別委員会, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  157. (委員会報告)日本版重症敗血症診療ガイドライン2016 作成の流れ, 松嶋麻子, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好樹, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  158. (委員会報告)日本版重症敗血症診療ガイドライン2016における推奨設定方法, 山川一馬, 西田修, 小倉裕司, 江木盛時, 松嶋麻子, 井上茂亮, 角由佳, 林田敬, 福田龍将, 安田英人, 原嘉孝, 松田明久, 矢田部智昭, 山下和人, 坂本壮, 近藤豊, 櫻谷正明, 射場敏明, 今泉均, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好樹, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  159. (座長)ICUにおける院内感染対策, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 通常, 日本語, 神戸
  160. 中心静脈カテーテル関連血流感染症予防のために~クロルヘキシジンv.ポビドンヨード, 安田英人, 讃井將満, 小室哲哉, 畠山淳司, 松窪将平, 河野真二, 山本泰史, 安藤幸吉, 瀬尾龍太郎, 志馬伸朗, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  161. 日本版敗血症ガイドライン(感染源のコントロール), 中田孝明, 小豆畑丈夫, 大嶋清宏, 升田好樹, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  162. ICU-acquired weakness とPost-Intensive Care Syndrome-CQの策定からメタ解析まで-, 井上茂亮, 畠山淳司, 斉藤伸行, 福家良太, 近藤豊, 一二三亨, 武居哲洋, 西田修, 小倉裕司, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡、中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好樹, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  163. 日本版重症敗血症診療ガイドライン2016:初期蘇生領域のCQとガイドラインの方向性, 垣花泰之, 松嶋麻子, 久志本成樹, 松田明久, 神應 知道, 井出健太郎, 安田英人, 櫻谷正明, 松田直之, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好樹, 織田成人, 田中裕, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  164. DIC対策. ガイドライン3 日本集中治療医学会・日本救急医学会合同日本版重症敗血症診療ガイドライン, 射場敏明, 小倉裕司, 松田直之, 松嶋麻子, 澤村淳, 廣瀬智也, 坂本壮, 山田一馬, 西田修, 井上茂亮, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好樹, 織田成人, 田中裕, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  165. ステロイド,免疫グロブリン(PVIG)のガイドラインの作成過程の経過, 今泉均, 藤島清太郎, 升田好樹, 巽博臣, 藤村直幸, 後藤孝治, 早川峰司, 安田英人, 角由佳, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  166. 日本版重症敗血症診療ガイドライン2016:学会合同作成の意義と今後, 小倉裕司, 西田修, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好樹, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  167. 特定集中治療管理料1および2に関する実態調査報告2016, 志馬伸朗, 沿道重厚, 山本剛, 土井松幸, 坂本哲也, 下村陽子, 武居哲洋, 森崎浩, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月14日, 招待, 日本語, 神戸
  168. Paeds.心肺蘇生後の集中治療:PCASおよび敗血症ガイドラインとの関係, 志馬伸朗, 第9回日本蘇生科学シンポジウム, 2016年05月27日, 招待, 日本語, 福岡
  169. わが国のMRSA感染症の治療ガイドライン(抗MRSA薬の使い分けを再考する, 志馬伸朗, 第64回日本化学療法学会総会, 2016年06月10日, 招待, 日本語, 神戸
  170. 救急・集中治療領域の耐性菌対策, 志馬伸朗, 第41回日本外科系連合学術集会, 2016年06月16日, 招待, 日本語, 大阪
  171. 救急集中治療領域の深在性真菌症診断~リスク因子評価と経験的治療~, 志馬伸朗, 第37回関東医真菌懇親会, 2016年06月18日, 招待, 日本語, 東京
  172. 小児人工呼吸管理~基本の再確認と最新エビデンスの紹介~, 志馬伸朗, 第26回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会, 2016年10月11日, 招待, 日本語, 横浜
  173. 小児の蘇生(Pediatric life support:PLS), 志馬伸朗, 日本臨床麻酔学会第36回大会, 2016年11月04日, 招待, 日本語, 高知
  174. 日本版敗血症診療ガイドライン2016 小児班のまとめ:各論, 志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  175. 救急外来における微生物検査, 志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  176. 日本版敗血症診療ガイドライン2016の概要, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  177. 日本版敗血症診療ガイドライン作成におけるアカデミック推進班の役割, 江木盛時, 井上茂亮, 角由佳, 林田敬, 原嘉孝, 福田龍将, 松田明久, 安田英人, 矢田部智昭, 山川一馬, 山下和人, 松嶋麻子, 坂本壮,射場敏明, 今泉均, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松田直之, 小倉裕司, 西田修, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  178. 敗血症の定義と診断 Definition and Diagnosis of Sepsis, 松田直之, 近藤豊, 斉藤伸行, 原嘉孝, 林田敬, 山川一馬, 中田孝明, 藤島清太郎, 小倉裕司, 西田修, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 布宮伸, 林淑朗, 升田好機, 松嶋麻子, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  179. 感染症診断および抗菌薬治療, 林淑朗, 笹野幹雄. 滝本浩平, 松田直之, 志馬伸朗, 大沼哲, 福家良太, 原嘉孝, 矢田部智昭, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 藤島清太郎, 升田好機, 松嶋麻子, 織田成人, 田中裕, 西田修, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  180. 日本版敗血症診療ガイドライン2016:画像診断班からの報告, 升田好機, 貞広智仁, 黒田浩光, 藤村直幸, 山直也, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  181. 敗血症患者に対する感染源のコントロール, 中田孝明, 小豆畑丈夫, 大嶋清宏, 後藤孝治, 升田好機, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  182. 日本版敗血症診療ガイドライン2016:初期蘇生・循環作動薬班からの報告, 垣花泰之, 松嶋麻子, 久志本成樹, 松田明久, 神應知道, 井出健太郎, 安田英人, 櫻谷正明, 松田直之, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  183. 日本版敗血症診療ガイドライン2016:呼吸管理班および鎮痛・鎮静・せん妄管理班からの報告, 布宮伸, 橋本悟, 志馬伸朗, 吉田健史, 長谷川隆一, 土井松幸, 鶴田良介, 谷口巧, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁,中川聡, 中田孝明, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  184. 日本版敗血症診療ガイドライン 血糖管理およびPICS・ICU-AWについて, 井上茂亮, 江木盛時, 角由佳, 林田敬, 原嘉孝, 福田龍将, 松田明久, 安田英人, 矢田部智昭, 山下和人, 松嶋麻子, 坂本壮, 射場敏明, 今泉均, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁,志馬伸朗, 中川聡,中田孝明,布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松田直之, 小倉裕司, 西田修, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  185. 日本版敗血症診療ガイドライン作成における栄養管理の骨子, 小谷穣治, 江木盛時, 海塚安郎, 神應知道, 佐藤格夫, 清水健太郎, 白井邦博, 巽博臣, 東別府直紀, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 垣花泰之, 久志本成樹, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  186. 成人敗血症患者に対する副腎皮質ステロイド投与について, 藤島清太郎, 今泉均, 升田好機, 巽博臣, 藤村直幸, 井上茂亮, 射場敏明, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 松田直之, 松嶋麻子, 江木盛時, 小倉裕司, 西田修, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  187. 日本版敗血症診療ガイドライン DIC班からの報告, 射場敏明, 小倉裕司, 松田直之, 松嶋麻子, 澤村淳, 廣瀬智也, 坂本壮, 山川一馬, 西田修, 井上茂亮, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  188. AKIと急性血液浄化療法, 貞広智仁, 山下千鶴, 土井研人, 中田孝明, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 志馬伸朗, 中川聡, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  189. 敗血症患者に対する体温管理, 久志本成樹, 垣花泰之, 松嶋麻子, 松田明久, 福田龍将, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 小倉裕司, 小谷穣治, 坂本壮, 貞広智仁, 志馬伸朗, 角由佳, 林田敬, 原嘉孝, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松田直之, 安田英人, 矢田部智昭, 山下和人, 西田修, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  190. 日本版敗血症ガイドライン2016 小児班のまとめ, 中川聡, 志馬伸朗, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 通常, 日本語, 東京
  191. 輸血,静脈血栓塞栓症(VTE)の予防と診断, 松嶋麻子, 角由佳, 廣瀬智也, 小倉裕司, 西田修, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 通常, 日本語, 東京
  192. 日本版敗血症診療ガイドライン2016:学会合同作成の意義と今後の展望, 小倉裕司, 西田修, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 通常, 日本語, 東京
  193. 小児蘇生領域におけるknowledge gapと蘇生ガイドライン2020にむけた研究総括, 渡邉伊知郎, 斎藤修, 池山貴也, 黒澤寛史, 志馬伸朗, 新田雅彦, 太田邦雄, 清水直樹, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月18日, 通常, 日本語, 東京
  194. PREDICTORS FOR DETECTION OF DIFFICULT-TO-TREAT BACTERIA IN BILIARY TRACT INFECTION, Esaka N, Endo B, Shime N, 24th United European Gastroenterology Week, 2016年10月, 通常, 英語, Vienna
  195. 診断に時間を要した頸椎化膿性脊椎炎の1例, 津村龍, 大谷 直嗣, 京 道人, 稲川 嵩紘, 田邉 優子, 志馬 伸朗, 栗栖 薫, 第21回日本脳神経外科救急学会, 2016年01月29日, 通常, 日本語, 東京
  196. MRI Susceptibility-weighted imaging(SWI)が診断に有用であった脳脂肪塞栓症の1例, 津村龍, 太田 浩平, 稲川 嵩宏, 小山 和宏, 島谷 竜俊, 志馬 伸朗, 栗栖 薫, 第21回日本脳神経外科救急学会, 2016年01月29日, 通常, 日本語, 東京
  197. 小児の中心静脈穿刺のアウトカム:超音波ガイドとランドマーク法の比較, 細川康二, 志馬伸朗, 橋本悟, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 通常, 日本語, 神戸
  198. ECMO使用患者における予後因子としての赤血球分布幅, 大下慎一郎, 木田佳子, 京道人, 島谷竜俊, 鳥越勇佑, 鈴木慶, 山賀聡之, 岩崎泰昌, 廣橋伸之, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 通常, 日本語, 神戸
  199. 呼吸音自動解析能を有する新たな電子聴診器の開発, 山賀聡之, 大下慎一郎, 貞森拓磨, 儀賀普嗣, 岩崎泰昌, 廣橋伸之, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 通常, 日本語, 神戸
  200. 意識障害で来院し,致死的心室性不整脈と痙攣を呈した三環系抗うつ薬過量服薬の一例, 岡田信長, 小田祐太, 藤野光洋, 狩野謙一, 大木伸吾, 藤井雅士, 田中博之, 竹下淳, 別府賢, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 通常, 日本語, 神戸
  201. 集中治療室における黄色ブドウ球菌菌血症患者の予後因子の検討, 京道人, 木田佳子, 大下慎一郎, 鈴木慶, 山賀聡之, 廣橋伸之, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 通常, 日本語, 神戸
  202. 外傷性脊髄硬膜外血腫に対し、透視下経皮ドレナージを施行した1症例, 藤井雅士, 小田祐太, 藤野光洋, 浜崎幹久, 岡田信長, 大木伸吾, 田中博之, 竹下淳, 別府賢, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 通常, 日本語, 神戸
  203. 交差法と平行法を併用した新しい超音波ガイド下中心静脈穿刺についての検討:シミュレーションを用いて, 竹下淳, 藤野光洋, 狩野謙一, 浜崎幹久, 岡田信長, 大木伸吾, 藤井雅士, 田中博之, 別府賢, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月14日, 通常, 日本語, 神戸
  204. 熱中症と発熱の鑑別におけるプレセプシン測定の有用性, 狩野謙一, 岡田信長, 堤貴彦, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月14日, 通常, 日本語, 神戸
  205. 本邦小児集中治療領域における敗血症性ショック管理の現状, 横川真理, 笠井正志, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 通常, 日本語, 神戸
  206. 徐脈,低血圧を認めた炭酸リチウム中毒の1例, 藤野光洋, 小田祐太, 狩野謙一, 浜崎幹久, 岡田信長, 大木伸吾, 田中博之, 竹下淳, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 通常, 日本語, 神戸
  207. Detection of suppressive activity on innate immune DAMPs response in sepsis, Ho Minh Van, 廣橋伸之, 山賀聡之, 鈴木慶, 板井純治, 太田浩平, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月14日, 通常, 日本語, 神戸
  208. 灯油による化学熱傷の1例, 宗宮伸弥, 小田祐太, 藤野光洋, 狩野謙一, 浜崎幹久, 岡田信長, 大木伸吾, 藤井雅士, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月14日, 通常, 日本語, 神戸
  209. 複数傷病者事故でヘリコプター搬送により救命し得た急性硬膜下血腫の1例, 津村龍, 太田 浩平, 稲川 崇紘, 小山 和宏, 島谷 竜俊, 武田 正明, 碓井 智, 川住 知弘, 志馬 伸朗, 栗栖 薫, 第39回日本脳神経外傷学会, 2016年02月27日, 通常, 日本語, 仙台
  210. 脂肪塞栓症3例のMRI画像の検討, 津村龍, 太田浩平, 稲川嵩紘, 小山和宏, 島谷竜俊, 志馬伸朗, 栗栖薫, STROKE2016, 2016年04月16日, 通常, 日本語, 札幌
  211. Successful use of VAV ECMO in patient with respiratory failure complicated by myocarditis, 京道人, 大下慎一郎, 木田佳子, 島谷竜俊, 鳥越勇佑, 鈴木慶, 山賀聡之, 廣橋伸之, 志馬伸朗, The 35th Annual Conference of KSCCM, 2016年04月23日, 通常, 英語, ソウル(韓国)
  212. Optimal Volume and Substance in Intraesophageal Balloon Catheter for Esophageal Pressure Measurement., 島谷竜俊, 大下慎一郎, 京道人, 木田佳子, 志馬伸朗, The 35th Annual Conference of KSCCM, 2016年04月23日, 通常, 日本語, ソウル(韓国)
  213. Analysis of autopsy findings in patients with acute respiratory failure supported on V-V ECMO, 木田佳子, 大下慎一郎, 京道人, 島谷竜俊, 廣橋伸之, 志馬伸朗, The 35th Annual Conference of KSCCM, 2016年04月23日, 通常, 日本語, ソウル(韓国)
  214. 小児救急医療の課題と展望 JRC蘇生ガイドライン2015 小児蘇生における変更点のポイント, 新田雅彦, 清水 直樹, 太田 邦雄, 志馬 伸朗, 第19回日本臨床救急医学会総会・学術集会, 2016年05月13日, 通常, 日本語, 福島
  215. 放射線災害における無人航空機(ドローン)の活用, 島谷竜俊, 貞森 拓磨, 大谷 直嗣, 稲川 嵩紘, 志馬 伸朗, 第19回日本臨床救急医学会総会・学術集会2016, 2016年05月14日, 通常, 日本語, 福島
  216. IABP装着下に防災ヘリコプターで長距離空路搬送した重症心不全の1例, 大谷直嗣, 松井翔吾, 宮本聡史, 木田佳子, 徳山丈仁, 中野由紀子, 高橋秀暢, 木原康樹, 志馬伸朗, 第32回日本救急医学会 中国四国地方会, 2016年05月20日, 通常, 日本語, 山口
  217. 急性胆管炎・胆嚢炎に対する経験的抗菌薬の適切な選択に寄与する因子の検討, 遠藤文司, 江坂 直樹, 福田 良子, 水本 知宏, 志馬 伸朗, 第64回日本化学療法学会総会, 2016年06月10日, 通常, 日本語, 神戸
  218. 院内脳死判定委員会開催後に脳死下臓器提供に至らなかった2症例の検討, 津村龍, 田邉 優子, 木田 佳子, 鈴木 慶, 三好 博実, 廣橋 伸之, 志馬 伸朗, 栗栖 薫, 第29回日本脳死・脳蘇生学会総会・学術集会, 2016年06月26日, 通常, 日本語, 東京
  219. V-V ECMOを使用した間質性肺炎急性憎悪剖検肺における病理学的検討, 木田佳子, 大下慎一郎, Vishwa Jeet AMATYA, 武島幸雄, 志馬伸朗, 第38回日本呼吸療法医学会学術集会, 2016年07月16日, 通常, 日本語
  220. 肺腫瘍術後に高アンモニア血症による意識障害を合併した一例, 京道人, 大下慎一郎, 木田佳子, 島谷竜俊, 鳥越勇佑, 鈴木慶, 山賀聡之, 廣橋伸之, 志馬伸朗, 第38回日本呼吸療法医学会学術集会, 2016年07月17日, 通常, 日本語, 名古屋
  221. 集中治療室における黄色ブドウ糖球菌菌血症患者の予後因子の検討, 京道人, 大下慎一郎, 木田佳子, 島谷竜俊, 鳥越勇佑, 鈴木慶, 山賀聡之, 廣橋伸之, 志馬伸朗, MRSAフォーラム2016, 2016年07月23日, 通常, 日本語, 岐阜
  222. 視神経障害を来しMRIにて特徴的な所見を示した急性メタノール中毒の一例, 児玉正人, 田邉 優子, 山賀 聡之, 岩崎 泰昌, 志馬 伸朗, 第38回日本中毒学会総会・学術集会, 2016年07月24日, 通常, 日本語, 新潟
  223. 重症呼吸不全に対するECMO治療の最適化を目指したヘリの活用, 鈴木慶, 大谷直嗣, 大下慎一郎, 太田浩平, 島谷竜俊, 京道人, 鳥越勇佑, 木田佳子, 山賀聡之, 田邉優子, 高橋秀暢, 宮本聡史, 津村龍, 廣橋伸之, 志馬伸朗, 第23回日本航空医療学会総会, 2016年10月28日, 通常, 日本語, 埼玉
  224. 熊本地震被災地支援におけるICTの利活用. 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 島谷竜俊, 貞森拓磨, 大下慎一郎, 大谷直嗣, 山岡英寿, 志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月18日, 通常, 日本語, 東京
  225. 巨大甲状腺腫瘍による気管圧迫のため呼吸原性心停止となり,気管支鏡ガイド下に気管挿管し救命できた症例, 竹下淳, 貞松毅大, 藤野光洋, 手島啓幾, 浜崎幹久, 岡田信長, 田中博之, 別府賢, 笹橋望, 西山慶, 志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月18日, 通常, 日本語, 東京
  226. 直腸癌に対してベバシズマブ投与中にA群β溶連菌による壊死性筋膜炎を発症した1例, 三好博実, 岡﨑裕介, 小山和宏, 大木伸吾, 稲川嵩紘, 太田浩平, 大下慎一郎, 廣橋伸之, 志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月18日, 通常, 日本語, 東京
  227. 吐血モデルに対する救急救命士による気管挿管におけるMacintosh型喉頭鏡とAirway Scopeの比較, 鈴木慶, 楠真二, 貞森拓磨, 田邉優子, 板井純治, 志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月19日, 通常, 日本語, 東京
  228. 脳死亡塞栓症4例のMRI画像の検討, 津村龍, 太田浩平, 稲川嵩紘, 小山和宏, 島谷竜俊, 大下慎一郎,廣橋伸之, 志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月19日, 通常, 日本語, 東京
  229. ICUでの抗菌薬:これだけ使えれば上手くいく, 志馬伸朗, 日本集中治療医学会第2回中国四国支部学術集会, 2018年01月27日, 通常, 日本語, 岡山
  230. 敗血症診療ガイドライン2016:小児, 志馬伸朗, 平成29年度良質な医師を育てる研修(小児救急に関する研修), 2018年02月01日, 通常, 日本語, 香川
  231. 敗血症診療と血液培養:ガイドラインから現場での工夫, 志馬伸朗, 第5回九州感染症検査フォーラム, 2018年02月17日, 通常, 日本語, 福岡
  232. 集中治療と診療報酬, 志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月21日, 通常, 日本語, 東京
  233. 症例から紐解く敗血症診療ガイドライン2017, 志馬伸朗, 第6回広島大学病院感染症セミナー~治癒につながる感染症診療ストラテジー~, 2017年01月15日, 通常, 日本語, 広島
  234. (監修)ひろしま呼吸管理セミナー, 志馬伸朗, ひろしま呼吸管理セミナー, 2017年01月28日, 通常, 日本語
  235. アイスブレイク, 志馬伸朗, ひろしま呼吸管理セミナー, 2017年01月28日, 通常, 日本語
  236. 質疑応答・クロージング, 志馬伸朗, ひろしま呼吸管理セミナー, 2017年01月28日, 通常, 日本語
  237. 救急での感染症, 志馬伸朗, 平成28年度良質な医師を育てる研修(小児救急に関する研修会), 2018年02月02日, 通常, 日本語, 岡山
  238. 呼吸管理の常識と日々の実践を見直す, 志馬伸朗, 第29回沖縄呼吸ケアセミナー, 2017年02月11日, 通常, 日本語, 沖縄
  239. 周術期感染制御:最新の知見, 志馬伸朗, 福島県周術期管理セミナー, 2017年02月18日, 通常, 日本語, 福島
  240. 集中治療における深在性真菌症対策, 志馬伸朗, 第18回大分県深在性真菌症研究会, 2017年03月03日, 通常, 日本語, 大分
  241. 敗血症の抗微生物療法, 志馬伸朗, 第28回新都心感染症研究会, 2017年03月07日, 通常, 日本語, 東京
  242. 抗菌薬スチュワードシップとICUにおける医療の質評価, 志馬伸朗, 第44回日本集中治療医学会学術集会 教育セミナー8, 2017年03月09日, 招待, 日本語, 札幌
  243. 重症患者の発熱は解熱しない, 志馬伸朗, 第44回日本集中治療医学会学術集会 Pro-Con2 敗血症患者の発熱を解熱するか?, 2017年03月09日, 招待, 日本語, 札幌
  244. セッション1重症患者の早期回復のために今、知っておくべきこと Enhanced recovery antimicrobial therapy:早期回復につながる抗菌療法を目指して, 志馬伸朗, 第44回日本集中治療医学会学術集会 イブニングセミナー1 ICU早期回復を目指して, 2017年03月09日, 招待, 日本語, 札幌
  245. テーマを見つける + 倫理委員会に出す, 志馬伸朗, 第44回日本集中治療医学会学術集会 企画セミナー27 観察研究を計画しよう, 2017年03月09日, 招待, 日本語, 札幌
  246. 敗血症診療ガイドライン2017 up date, 志馬伸朗, 第30回広島外科フォーラム, 2017年03月16日, 通常, 日本語, 広島
  247. 重症患者の発熱マネジメント, 志馬伸朗, 多職種連携学術講演会~中丹西地区の救急医療を考える~, 2017年03月19日, 通常, 日本語, 京都
  248. Closing remarks, 志馬伸朗, ジェネラリスト・一般内科・専門医の為の消化器エキスパートセミナー, 2017年03月31日, 通常, 日本語, 京都
  249. 人工呼吸関連肺炎, 志馬伸朗, 第14回呼吸ケアカンファレンス「アドバンストレクチャー」, 2017年04月22日, 通常, 日本語, 東京
  250. 救急・集中治療領域での感染症マネジメント, 志馬伸朗, 島根感染症セミナー, 2017年05月25日, 通常, 日本語, 島根
  251. 敗血症ガイドライン2016~少し深く読んでみる~, 志馬伸朗, 第49回IDATENインタラクティブケースカンファレンス, 2017年06月03日, 通常, 日本語, 東京
  252. 敗血症ガイドライン~抗菌療法を中心に~, 志馬伸朗, 第32回高知県感染症研究会, 2017年06月28日, 通常, 日本語, 高知
  253. あらためて考える、バイタルサイン, 志馬伸朗, 国立病院機構福山医療センターオープンカンファレンス, 2017年07月05日, 通常, 日本語, 福山
  254. 敗血症における抗菌療法, 志馬伸朗, 神奈川感染症セミナー, 2017年07月06日, 通常, 日本語, 横浜
  255. Opning. 血液凝固とDICを究める, 志馬伸朗, おりづるサマーセミナー, 2017年07月08日, 通常, 日本語, 広島
  256. 救急災害医療の基礎知識:特に初期対応について, 志馬伸朗, 第142回広島県眼科医講習会, 2017年07月09日, 通常, 日本語, 広島
  257. カテーテル関連感染症の予防と治療, 志馬伸朗, 第51回日本ペインクリニック学会総会 ICD講習会, 2017年07月22日, 通常, 日本語, 岐阜
  258. 重症感染症の抗菌療法, 志馬伸朗, 平成29年 第1回 北部福岡感染症研究会, 2017年07月19日, 通常, 日本語, 福岡
  259. 敗血症治療を考える~診断と治療~, 志馬伸朗, ICUセミナーin名古屋~早期離床を目指して~, 2017年07月29日, 通常, 日本語, 名古屋
  260. 臨床研究とガイドラインを考える~新しい敗血症ガイドラインも含めて, 志馬伸朗, 第294回 長野県周産期カンファランス, 2017年08月02日, 通常, 日本語, 長野
  261. lecture.血流感染症・敗血症, 志馬伸朗, 感染症サマースクール2017 ワークショップ3, 2017年08月05日, 通常, 日本語, 東京
  262. 人工呼吸器における感染・栄養管理, 志馬伸朗, 第57回臨床呼吸機能講習会, 2017年08月25日, 通常, 日本語, 横浜
  263. 人工呼吸器関連肺炎対策2017アップデート, 志馬伸朗, おおさか呼吸管理セミナー 呼吸管理の知識の引き出しを増やし、明日から実践!, 2017年08月26日, 通常, 日本語, 大阪
  264. 小児の呼吸管理, 志馬伸朗, 第22回3学会合同呼吸療法認定士認定講習会, 2017年08月28日, 通常, 日本語, 東京
  265. 敗血症ガイドライン2016, 志馬伸朗, 高知重症感染症セミナー, 2017年09月16日, 通常, 日本語, 高知
  266. 人工呼吸器関連肺炎, 志馬伸朗, 第7回呼吸治療関連指定講習会, 2017年09月23日, 通常, 日本語, 東京
  267. 敗血症のバイオマーカーを再考する, 志馬伸朗, ABBOTT FAIR 2017京都, 2017年09月28日, 通常, 日本語, 京都
  268. 敗血症ガイドライン2016アップデート~ショック管理を中心に~, 志馬伸朗, 第32回日本Shock学会総会ランチョンセミナー2, 2017年09月30日, 通常, 日本語, 岐阜
  269. 敗血症ガイドライン~抗菌療法を中心に~, 志馬伸朗, 第3回北摂感染ネットワーク, 2017年09月30日, 通常, 日本語, 大阪
  270. 救急領域における抗菌薬の選び方, 志馬伸朗, 第45回日本救急医学会総会・学術集会 教育講演I-21, 2017年10月26日, 招待, 日本語, 大阪
  271. 抗菌薬のやめどき, やめかたを考える, 志馬伸朗, 第45回日本救急医学会総会・学術集会 ランチョンセミナー26, 2017年10月26日, 招待, 日本語, 大阪
  272. 救急集中治療におけるantimicrobial/antifungal stewardship, 志馬伸朗, 合同開催 第87回日本感染症学会西日本地方会学術集会 第60回日本感染症学会中日本地方会学術集会 第65回日本化学療法学会西日本支部総会 ランチョンセミナー4, 2017年10月27日, 招待, 日本語, 長崎
  273. 救急・集中治療領域での感染症マネジメント, 志馬伸朗, 第8回長崎麻酔セミナー, 2017年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  274. 侵襲・炎症・感染を理解する, 志馬伸朗, 2017年度ICU・CCU看護教育セミナー(中級コース), 2017年11月10日, 通常, 日本語, 東京
  275. Community-acquired and Healthcare-acquired pneumonia, 志馬伸朗, 第5回MCCRC in Japan, 2017年11月11日, 通常, 日本語, 京都
  276. 敗血症診療ガイドライン2016, 志馬伸朗, 旭化成社員研修会, 2017年11月14日, 招待, 日本語, 広島
  277. 救急集中治療領域の抗真菌治療, 志馬伸朗, 第16回関東深在性真菌症研究会, 2017年11月25日, 通常, 日本語, 東京
  278. 感染症と炎症反応バイオマーカー:プロカルシトニンを中心に, 志馬伸朗, 第30回日本外科感染症学会総会, 2017年11月29日, 通常, 日本語, 東京
  279. 肺炎と敗血症, 志馬伸朗, 第26回大阪シンポジウム, 2017年12月02日, 通常, 日本語, 大阪
  280. 小児急性期NPPV:エビデンスを含めた概論, 志馬伸朗, 第17回急性期NPPV研究会, 2017年12月09日, 通常, 日本語, 東京
  281. 敗血症の診療戦略~敗血症診療ガイドライン2016を参考に~, 志馬伸朗, 第11回豊の国地域医療懇話会, 2018年01月12日, 通常, 日本語, 大分
  282. ICUでの抗菌薬:これだけ使えれば上手くいく, 志馬伸朗, 日本集中治療医学会第2回中国四国支部学術集会 集中治療セミナー(1)リフレッシュセミナー, 2018年01月28日, 通常, 日本語, 岡山
  283. 敗血症診療ガイドライン2016:小児, 志馬伸朗, 平成29年度良質な医師を育てる研修(小児救急に関する研修), 2018年02月01日, 通常, 日本語, 香川
  284. 敗血症診療と血液培養:ガイドラインから現場での工夫, 志馬伸朗, 第5回九州感染症検査フォーラム, 2018年02月17日, 通常, 日本語, 福岡
  285. 第7回MIICS, 志馬伸朗, 三鴨廣繁, 鶴田良介, 第45回日本集中治療医学会学術集会 教育セミナー, 2018年02月21日, 通常, 日本語, 千葉
  286. 集中治療と診療報酬, 志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会 委員会企画15 集中治療の保険診療を考える2018(社会保険対策委員会), 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  287. 特定集中治療室管理料1及び2算定施設における実態調査報告:2017, 志馬伸朗, 土井松幸, 遠藤重厚, 坂本哲也, 武居哲洋, 森崎 浩, 上田恭敬, 八木橋智子, 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月09日, 通常, 日本語, 札幌
  288. PICU全国調査委報告(2016年度版), 小泉沢, 新津健裕, 清水直樹, 多賀直行, 戸田雄一郎, 川崎達也, 黒澤寛史, 西村奈穂, 賀来典之, 志馬伸朗, 第44回日本集中治療医学会学術集会. 委員会報告5 PICU協議会活動報告, 2017年03月09日, 通常, 日本語, 札幌
  289. 日本版重症患者の栄養療法ガイドライン:各論作成経過の報告と未来への提言, 小谷穣治, 江木盛時, 海塚安郎, 亀井有子, 神應知道, 木下浩作, 佐藤格夫, 清水孝宏, 清水義之, 志馬伸朗, 白井邦博, 巽博臣, 西田修, 東別府直紀, 松田謙一, 真弓俊彦, 氏家良人, 平澤博之, 第44回日本集中治療医学会学術集会 委員会報告6(CR6-1), 2017年03月09日, 通常, 日本語, 札幌
  290. 日本版敗血症診療ガイドライン2016(J-SSCG2016)の概要と作成の意義, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 的場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治,貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, シンポジウム12 日本版敗血症診療ガイドライン2016を読み解く. 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  291. 日本版敗血症診療ガイドライン2016の作成方法, 江木盛時, 井上茂亮, 角由佳, 林田敬, 原嘉孝, 福田龍昇, 松田明久, 安田英人, 矢田部智昭, 山川一馬, 山下和人, 松嶋麻子, 坂本壮, 射場敏明, 今泉均, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松田直之, 小倉裕司, 西田修, 織田成人, 田中裕, シンポジウム12 日本版敗血症診療ガイドライン2016を読み解く. 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  292. 敗血症の診断, 中田孝明, 松田直之, 小倉裕司, 藤島清太郎, 西田修, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 布宮伸, 林淑朗, 松嶋麻子, 織田成人, 田中裕, シンポジウム12 日本版敗血症診療ガイドライン2016を読み解く. 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  293. 日本版敗血症診療ガイドライン2016:初期蘇生と循環作動薬, 垣花泰之, 松嶋麻子, 久志本成樹, 松田明久, 神應知道, 井出健太郎, 安田英人, 櫻谷正明, 松田直之, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 織田成人, 田中裕, シンポジウム12 日本版敗血症診療ガイドライン2016を読み解く. 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  294. 輸液用血液製剤, 静脈血栓塞栓症(VTE)の予防と診断, 松嶋麻子, 角由佳, 廣瀬智也, 小倉裕司, 西田修, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松田直之, 織田成人, 田中裕, シンポジウム12 日本版敗血症診療ガイドライン2016を読み解く. 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  295. 日本版敗血症診療ガイドライン2016における推奨紹介, 江木盛時, 安田英人, 海塚安郎, 角由佳, 吉田健史, 橋本悟, 原嘉孝, 後藤孝治, 佐藤格夫, 坂本壮, 笹野幹雄, 山直也, 山下和人, 小豆畑丈夫, 松田明久, 神應知道, 清水健太郎, 早川峰司, 大沼哲, 大嶋清宏, 滝本浩平, 巽博臣, 谷口巧, 長谷川隆一, 鶴田良介, 土井研人, 土井松幸, 東別府直紀, 藤村直幸, 白井邦博, 福家良太, 福田龍将, 矢田部智昭, 林田敬, 西田修, 小倉裕司,井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, シンポジウム12 日本版敗血症診療ガイドライン2016を読み解く. 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  296. 小児における推奨, 志馬伸朗, 中川聡, 青山和由, 井出健太郎, 川崎達也, 竹内宗之, 平井克樹, 松本正太朗, 第44回日本集中治療医学会学術集会 シンポジウム12 日本版敗血症診療ガイドライン2016を読み解く, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  297. 小児集中治療の品質評価の基盤整備―JaRPACとPIM-j―, 六車崇, 松本正太朗, 松井彦郎, 清水直樹, 志馬伸朗, シンポジウム16 小児集中治療(PICU)診療の品質評価と品質改善の方略 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  298. 集中治療医とICD、感染症専門医資格, 志馬伸朗, 藤谷茂樹, 小林敦子, 松田愛, 第44回日本集中治療医学会学術集会 委員会報告8 感染管理委員会の活動報告-耐性菌を減らすための活動, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  299. 国公立大学附属病院集中治療部協議会との連動, 志馬伸朗, 松田直之, 第44回日本集中治療医学会学術集会 委員会報告8 感染管理委員会の活動報告-耐性菌を減らすための活動, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  300. DPCから見た集中治療室, 武井哲洋, 林田賢史, 内藤貴基, 山下和人, 細川康二, 志馬伸朗, 第44回日本集中治療医学会学術集会 シンポジウム11 地域医療計画における集中治療室, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  301. 救急外来部門における微生物検査体制, 渡邉学, 志馬伸朗, 森田正則, 佐々木淳一, 柳原克紀, 第65回日本化学療法学会学術集会 シンポジウム15 救急医療の現場における感染対策―合同ワーキングによって得られた成果―, 2017年04月08日, 通常, 日本語, 東京
  302. VILI概念に基づくARDS患者の呼吸管理, 志馬伸朗, シンポジウム8 ARDS患者のトータルマネジメント. 第57回日本呼吸器学会学術講演会, 2017年04月22日, 通常, 日本語, 東京
  303. 救急外来における微生物検査の現状と問題点, 志馬伸朗, 佐々木淳一, 渡邊学, 森田正則, 柳原克紀, 第20回日本臨床救急医学会総会・学術集会 ワークショップ3 救急外来部門における感染対策検討(ERIC)ワーキンググループ, 2017年05月27日, 通常, 日本語, 東京
  304. ECMO治療成績向上におけるECMOプロジェクト活動の意義, 大下慎一郎, 志馬伸朗, 中川聡, 西田修, 青景聡之, 竹田晋浩, 第39回日本呼吸療法医学会学術集会 シンポジウム2 ECMOの使用は適切か?, 2017年07月16日, 通常, 日本語, 東京
  305. 成人肺炎診療ガイドライン2017:救急集中治療医の立場から, 志馬伸朗, 第39回日本呼吸療法医学会学術集会 シンポジウム3 新しい肺炎治療ガイドラインについて, 2017年07月16日, 通常, 日本語, 東京
  306. 日本におけるHFNCの実態:社会保険委員会調査より, 志馬伸朗, 蝶名林直彦, 第39回日本呼吸療法医学会学術集会 シンポジウム4ハイフローセラピー(HFNC)は、成人・小児呼吸管理のパラダイムシフトになるか-間違った使用をしていませんか?, 2017年07月16日, 通常, 日本語, 東京
  307. 救急外来部門における微生物検査体制:問題点と解決への糸口, 志馬伸朗, 佐々木淳一, 渡邊学, 森田正則, 柳原克紀, 横田裕行, 第45回日本救急医学会総会・学術集会 ワークショップ1., 2017年10月24日, 通常, 日本語, 大阪
  308. 敗血症の定義/概念と病態生理のアップデート, 志馬伸朗, 第27回日本医療薬学会年会 シンポジウム25 敗血症治療のアップデート2017, 2017年11月04日, 通常, 日本語, 千葉
  309. 隣県ドクターヘリとの連携が有効であった一例, 佐々智宏, 津村龍, 志馬伸朗, 廣橋伸之, 第24回日本航空医療学会総会・学術集会 シンポジウム県境を越えたドクターヘリ広域連携, 2017年11月10日, 通常, 日本語, 青森
  310. Sepsis-3定義の小児敗血症患者への適応-Pediatric Sepsis Registryの事後解析, 川崎達也, 志馬伸朗, 戸田雄一郎, 竹内宗之, 齊藤修, 第45回日本集中治療医学会学術集会 シンポジウム8 敗血症診療は新しい定義(Sepsis-3)でどう変わったか?, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  311. 救急外来部門における感染対策検討(ERIC)ワーキンググループ 救急外来における微生物検査の現状と問題点, 志馬伸朗, 佐々木 淳一, 渡邊 学, 森田 正則, 柳原 克紀, 第20回日本臨床救急医学会総会, 2017年05月27日, 通常, 日本語, 東京
  312. 薬剤感受性検査の迅速診断, 福田修, 伊藤 千慧, 中村 美咲, 常松 裕子, 志馬 伸朗, 第29回臨床微生物迅速診断研究会, 2017年07月01日, 通常, 日本語, 福島
  313. 社会保険対策委員会の活動報告, 土井 松幸, 武居 哲洋, 坂本 哲也, 森崎 浩, 上田 恭敬, 讃井 將満, 八木橋 智子, 笹渕 裕介, 林田 賢史, 志馬 伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  314. Sepsis治療の一歩先へ, 志馬伸朗, イブニングセミナーSepsis予備校.第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  315. 救急外来における微生物検査 JAAM-ERICによる救急外来における微生物検査現状調査の報告, 渡邉 学, 日本臨床微生物学会, 2018年02月09日, 通常, 日本語, 岐阜
  316. 救急外来部門における微生物検査体制 問題点と解決への糸口, 志馬伸朗, 渡邊 学, 森田 正則, 佐々木 淳一, 柳原 克紀, 第33回日本環境感染学会総会, 2018年02月23日, 通常, 日本語, 東京
  317. Survey for infection control in emergency departments in Japan., Sasaki J, KudoD, Shiino Y, Ikeda H, Shime N, Ohge H., The 29th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases, 2019年04月13日, 通常, 英語, Amsterdam, Netherlands
  318. Infection control in emergency departments in Japan., Sasaki J, KudoD, Shiino Y, Ikeda H, Shime N, Yokota H, The 18th. International Congress of Emergency Medicine, 2019年04月12日, 通常, 英語, Seoul
  319. 本邦における敗血症診療ガイドライン作成の意義とその恩恵., 小倉裕司, 西田修, 井上茂亮, 射場 敏明,今泉 均,江木 盛時,垣花 泰之,久志本 成樹,小谷 穣治,貞広 智仁,志馬 伸朗,中川 聡,中田 孝明,布宮 伸, 林 淑朗,藤島 清太郎,升田 好樹,松嶋 麻子,松田 直之,織田 成人,田中 裕, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月21日, 通常, 日本語, 千葉
  320. 集中治療室における薬剤師の活動 日本版Position Paperの作成, 安藝 敬生, 前田幹広, 添田博, 野崎歩, 座間味義人, 畝井浩子, 入江利行, 松田直之, 西村匡司, 志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月21日, 通常, 日本語, 千葉
  321. 小児集中治療室における人工呼吸器管理関連事象(VAE)多施設協同研究 ─VOYAGE JAPAN study ─, 伊藤 雄介,川崎 達也,川口 敦,志馬 伸朗,笠井 正志, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月21日, 通常, 日本語, 千葉
  322. ICU患者における末梢静脈カテーテル静脈炎発生頻度と危険因子の抽出 ─多施設前向き観察研究のパイロット研究, 安田 英人,近藤 夏樹,山本 良平,志馬 伸朗,森兼 啓太,谷本 唯,前田 幹広,高瀬 暁,阿部 貴行,林 淑朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月21日, 通常, 日本語, 千葉
  323. 一過性の血液分布異常性ショックを呈した早期ダンピング症候群の1 例, 竹下 淳,上田 忠弘,水津 悠,濱中 訓生,田中 博之,別府 賢,西山 慶,志馬 伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月21日, 通常, 日本語, 千葉
  324. ARDSにおける下気道細菌叢の網羅的解析と予後との関連, 京 道人,大下 慎一郎,島谷 竜俊,儀賀 普嗣,木田 佳子,志馬 伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  325. 高感度電子聴診器を用いた抜管後の呼吸状態増悪の予測:前向き観察研究に向けたパイロット研究, 儀賀 普嗣,大下 慎一郎,大久保 英幸,菊谷 知也,島谷 竜俊,京 道人,大木 伸吾,山賀 聡之,貞森 拓磨,志馬 伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  326. 当院におけるECMOの現状と今後の課題, 木田 佳子,大下 慎一郎,京 道人,志馬 伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  327. 小児集中治療の品質評価の基盤整備 ─ JaRPAC と PIMj ─, 六車 崇,松本 正太朗,松井 彦郎,清水 直樹,志馬 伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  328. 社会保険対策委員会の活動報告, 土井 松幸,武居 哲洋,坂本 哲也,森崎 浩,上田 恭敬,讃井 將満,八木橋 智子,笹渕 裕介,林田 賢史,志馬 伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  329. 頸髄損傷による体温調節障害から高熱症と横紋筋融解症を発症した一例, 石井 潤貴,木田 佳子,大下 慎一郎,内田 由紀,岩崎 祐亮,小山 和宏,山賀 聡之,太田 浩平,志馬 伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月23日, 通常, 日本語, 千葉
  330. ドクターヘリで搬送したくも膜下出血症例の検討, 津村 龍, 鈴木 慶, 田邉 優子, 坂本 繁幸, 廣橋 伸之, 志馬 伸朗, 栗栖 薫, 第23回日本脳神経外科救急学会, 2018年02月02日, 通常, 日本語, 奈良
  331. 広島県ドクターヘリで対応したスキー・スノーボードによる脳脊髄外傷8例の検討, 津村 龍, 志馬 伸朗, 栗栖 薫, 第41回日本脳神経外傷学会, 2018年02月23日, 通常, 日本語, 東京
  332. グラム染色にてコリネ様形態を示したActinomyces neuii subsp.anitratusによる血流感染の1症例, 原 稔典, 樫山 誠也, 木場 由美子, 田寺 加代子, 長岡 里枝, 川下 遙, 鴨川 瑞樹, 笹野 伸介, 太田 浩平, 北野 弘之, 梶原 俊毅, 小野寺 一, 横崎 典哉, 志馬 伸朗, 大毛 宏喜, 第48回日本嫌気性菌感染症学会総会・学術集会, 2018年03月03日, 通常, 日本語, 広島
  333. 特発性肺線維症急性増悪の発症リスクにおけるヘリコバクター・ピロリ感染の重要性, 大下 慎一郎, 京 道人, 志馬 伸朗, 第92回日本感染症学会学術講演会・第66回日本化学療法学会総会合同学会, 2018年05月31日, 通常, 日本語, 岡山
  334. 小児血流感染患者に対する不適切な経験的抗菌薬治療が予後に与える影響, 京 道人, 大下 慎一郎, 小阪 直史, 藤田 直久, 志馬 伸朗, 第92回日本感染症学会学術講演会・第66回日本化学療法学会総会合同学会, 2018年06月01日, 通常, 日本語, 岡山
  335. 広島県ドクターヘリで対応したスキー・スノーボードによる脳脊髄外傷8例の検討, 津村 龍, 鈴木 慶, 山賀 聡之, 廣橋 伸之, 志馬 伸朗, 第21回日本臨床救急医学会・学術集会, 2018年06月02日, 通常, 日本語, 愛知
  336. 好中球分化成熟に与える低体温の影響, 鳥越 勇佑, 志馬 伸朗, 横田 明日美, 神尾 尚馨, 佐藤 淳至, 庄司 月美, 柏木 隆宏, 三浦 康生, 前川 平, 平位 秀世, 第80回日本血液学会学術総会, 2018年10月13日, 通常, 日本語, 大阪
  337. ECMO施術中に短時間で頻回の血漿リークを認めた高ビリルビン血症の一例, 木田佳子, 大下慎一郎, 京道人, 田邉優子, 細川康二, 志馬伸朗, 第26回小児集中治療ワークショップ, 2018年10月13日, 通常, 日本語, 京都
  338. 心肺停止から161分後にVA ECMOを導入し救命し得た劇症型心筋炎の一例, 内田由紀, 京道人, 石井潤貴, 山賀聡之, 木田佳子, 太田浩平, 志馬伸朗, 第26回小児集中治療ワークショップ, 2018年10月13日, 通常, 日本語, 京都
  339. 食物窒息による陰圧性肺水腫の一例, 眞田彩華, 木田佳子, 京道人, 田邉優子, 志馬伸朗, 第26回小児集中治療ワークショップ, 2018年10月13日, 通常, 日本語, 京都
  340. Dynamic Needle Tip Positioningを用いた小児患者の超音波ガイド下末梢動静脈穿刺 針先の正確な描出テクニック, 竹下 淳, 吉田 敬之, 中嶋 康文, 中山 力恒, 竹内 宗之, 志馬 伸朗, 日本小児麻酔学会第24回大会, 2018年10月21日, 通常, 日本語, 香川
  341. 地域医療を支えるドクターヘリ 広島県での様々な連携について, 津村 龍, 鈴木 慶, 山賀 聡之, 板井 純治, 佐々 智宏, 井上 隆治, 山野上 敬夫, 楠 真二, 竹崎 亨, 多田 昌弘, 廣橋 伸之, 志馬 伸朗, 第25回日本航空医療学会総会, 2018年11月03日, 通常, 日本語, 岡山
  342. 平成30年7月豪雨における広島県のヘリコプター医療活動報告, 津村 龍, 山賀 聡之, 板井 純治, 鈴木 慶, 多田 昌弘, 山本 富三, 廣橋 伸之, 志馬 伸朗, 第25回日本航空医療学会総会, 2018年11月03日, 通常, 日本語, 岡山
  343. 無人航空機を利用した医療過疎地における緊急血液検体搬送の研究開発(フェーズI), 儀賀 普嗣, 貞森 拓磨, 島谷 竜俊, 住吉 泰士, 宮内 英樹, 後藤 哲博, 小野 俊二, 大下 慎一郎, 志馬 伸朗, 第22回日本遠隔医療学会学術大会, 2018年11月09日, 通常, 日本語, 福岡
  344. 電子聴診器を用いたリアルタイム遠隔聴診システムの研究開発, 儀賀 普嗣, 貞森 拓磨, 石井 潤貴, 菊谷 知也, 島谷 竜俊, 大木 伸吾, 大下 慎一郎, 志馬 伸朗, 第22回日本遠隔医療学会学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語, 福岡
  345. 高度救命救急センター・ICUにおける、鼻腔スクリーニングによる、MRSA保菌の疫学と、在室中のMRSA感染の予測, 稲川嵩紘, 大下慎一郎, 山賀聡之, 志馬伸朗, 三学会合同開催 第88回日本感染症学会西日本地方会学術集会 第61回日本感染症学会中日本地方会学術集会 第66回日本化学療法学会西日本支部総会, 2018年11月16日, 通常, 日本語, 鹿児島
  346. 内視鏡的乳頭括約筋切開術後出血を血管内治療にて止血しえた一例, 濱田 聖子, 志馬 伸朗, 下釜 翼, 勝島 慎二, 第46回日本救急医学会・学術集会, 2018年11月19日, 通常, 日本語, 横浜市
  347. 西日本豪雨災害緊急報告 広島県における急性期の対応, 楠 真二, 瀬浪 正樹, 石井 龍, 桂藤 和司, 小川 康貴, 大下 慎一郎, 廣橋 伸之, 志馬 伸朗, 第46回日本救急医学会・学術集会, 2018年11月20日, 通常, 日本語, 横浜市
  348. 病院前で蘇生処置中止希望が示される心肺停止事案 広島での対応, 細川 康二, 西田 優衣, 吉野 雅人, 大谷 直嗣, 久保 富嗣, 岸田 正臣, 山賀 聡之, 志馬 伸朗, 第46回日本救急医学会・学術集会, 2018年11月20日, 通常, 日本語, 横浜市
  349. Dynamic Needle Tip Positioning(DNTP)を用いた小児患者の超音波ガイド下末梢動静脈穿刺 針先の正確な描出法, 31. 竹下 淳, 志馬 伸朗, 第46回日本救急医学会・学術集会, 2018年11月21日, 通常, 日本語, 横浜市
  350. 胸部鈍的外傷による単独心室中隔穿孔をきたした一例, 眞田彩華, 木田佳子, 山賀聡之, 高橋伸也, 志馬伸朗, 日本集中治療医学会第3回中国四国支部学術集会, 2019年02月02日, 通常, 日本語, 島根
  351. 肝損傷を合併した鈍的右心耳穿孔に対して人工心肺補助下に修復術を施行した一例, 森尾友香, 三好博実, 菊谷知也, 儀賀普嗣, 村尾正樹, 山賀聡之, 太田浩平, 細川康二, 大下慎一郎, 志馬伸朗, 日本集中治療医学会第3回中国四国支部学術集会, 2019年02月02日, 通常, 日本語, 島根
  352. 透明な尿の培養検査は必要であるか, 播磨尚寛, 福田修, 園屋陽平, 伊藤千慧, 志馬伸朗, 佐田誠, 古田賢二, 宮田茂樹, 第30回日本臨床微生物学会総会・学術集会, 2019年02月02日, 通常, 日本語, 東京
  353. AMR対策アクションプランを踏まえた細菌検査フローの見直しとその効果, 伊藤千慧, 福田修, 播磨尚寛, 園屋陽平, 志馬伸朗, 佐田誠, 古田賢二, 宮田茂樹, 第30回日本臨床微生物学会総会・学術集会, 2019年02月02日, 通常, 日本語, 東京
  354. 喀痰の品質向上へ向けた臨床への介入とその効果, 園屋陽平, 福田修, 播磨尚寛, 伊藤千慧, 志馬伸朗, 佐田誠, 古田賢二, 宮田茂樹, 第30回日本臨床微生物学会総会・学術集会, 2019年02月02日, 通常, 日本語, 東京
  355. Dynamic needle tip positioningを用いた小児患者の超音波ガイド下末梢静脈穿刺 ランダム化比較試験, 竹下 淳, 伊東 幸恵, 稲田 雄, 中嶋 康文, 中山 力恒, 西山 慶, 籏智 武志, 清水 義之, 竹内 宗之, 志馬 伸朗, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月01日, 通常, 日本語, 京都
  356. 先行する病態が不明なARDS"類似"患者の予後は不良である, 京 道人, 大下 慎一郎, 木田 佳子, 太田 浩平, 細川 康二, 志馬 伸朗, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月01日, 通常, 日本語, 京都
  357. 敗血症/重症血流感染患者を対象とした迅速多項目PCR検査の臨床的有用性に関する非介入研究, 板井 純治, 京 道人, 大下 慎一郎, 大毛 宏喜, 梶原 俊毅, 樫山 誠也, 田寺 加代子, 志馬 伸朗, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月01日, 通常, 日本語, 京都
  358. Utility of continuous monitoring and visualizing system for respiratory sounds., Kikutani K, Ohshimo S, Ohki S, Giga H, Yamaga S, Sadamori T, Shime N, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月01日, 通常, 英語, 京都
  359. Association between apporopriate empiric antimicrobial therapy and mortalitu from bloodstream infections in the intensive care unit., Yamaga S, Shime N, Ohshimo S., 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月02日, 通常, 英語, 京都
  360. 交差法と平行法を組み合わせた超音波ガイド下中心静脈穿刺と、交差法・平行法との比較 ランダム化比較試験, 竹下 淳, 西山 慶, 志馬 伸朗, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月03日, 通常, 日本語, 京都
  361. 間質性肺炎急性増悪に対してVV ECMO導入した2症例の血清マーカーの経時的変化, 木田 佳子, 京 道人, 細川 康二, 大下 慎一郎, 志馬 伸朗, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月03日, 通常, 日本語, 京都
  362. 内頸動脈損傷による脳梗塞をきたした頭部外傷の1例, 津村 龍, 太田 浩平, 細川 康二, 山賀 聡之, 菊谷 知也, 志馬 伸朗, 栗栖 薫, 第42回日本脳神経外傷学会, 2019年03月09日, 通常, 日本語, 兵庫
  363. 非挿管深鎮静および抜管後の呼吸音連続可視化モニタリング, 讃岐 美智義, 志馬 伸朗, 大下 慎一郎, 貞森 拓磨, 清水 勇治, 長谷部 剛, 第30回日本臨床モニター学会, 2019年04月11日, 通常, 日本語, 千葉
  364. 呼吸音の可視化・解析システムの臨床応用へ向けた検討―間質性肺炎の診断における有用性―, 掘益靖, 大下慎一郎, 岩本博志, 山口覚博, 坂本信二郎, 益田武, 中島拓, 宮本真太郎, 藤高一慶, 貞森拓磨, 志馬伸朗, 濱田康伸, 服部登, 第59回日本呼吸器学会学術講演会, 2019年04月14日, 通常, 日本語, 東京
  365. 血液培養陽性例に対する迅速診断機器の抗菌薬選択への影響, 田寺加代子, 板井純治, 木場由美子, 長岡里枝, 原稔典, 樫山誠也, 小野寺一, 京道人, 横崎典哉, 志馬伸朗, 大毛宏喜, 第67回日本化学療法学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, 東京
  366. 縦隔型気管支動脈瘤破裂に対して大動脈遮断バルーン挿入後に胸部大動脈セテントグラフト内挿術により止血し得た一例, 菊谷知也, 板井純治, 太田浩平, 志馬伸朗, 第35回日本救急医学会中国四国地方会, 2019年05月17日, 通常, 日本語, 岡山
  367. 嘔吐モデルに対する救急救命士による吸引における軟性・硬性吸引管の比較~無作為化クロスオーバー比較試験~, 鈴木慶, 楠真二, 志馬伸朗, 第22回日本臨床救急医学会総会・学術集会, 2019年06月01日, 通常, 日本語, 和歌山
  368. 座長, 志馬伸朗, 第30回広島救急初療研究会学術講演会, 2018年02月06日, 通常, 日本語, 広島
  369. 座長:日本救急医学会合同シンポジウム, 志馬伸朗, 第29回日本臨床微生物学会総会・学術集会 日本救急医学会合同シンポジウム, 2018年02月11日, 通常, 日本語, 岐阜
  370. 座長:海外招聘講演12, 志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  371. 司会:委員会企画4 集中治療における薬剤師のポジションを考える, 入江利行, 志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  372. 司会:委員会企画7 新興・再興感染症に対する集中治療と感染症学との連携(小児集中治療委員会), 清水直樹,志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月21日, 通常, 日本語, 千葉
  373. 司会:委員会企画12 みんなで臨床研究をやろう!【第1部】(CTG委員会), 志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  374. 司会:教育セミナーLS20 敗血症性DICとトロンボモジュリン, 志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  375. 司会, 志馬伸朗, 広島市医師会救急蘇生委員会教育セミナー, 2018年03月06日, 通常, 日本語, 広島
  376. 座長:共同企画4(日本集中治療医学会)Critical careの今を考える, 志馬伸朗, 第58回日本呼吸器学会学術講演会, 2018年04月28日, 通常, 日本語, 大阪
  377. 司会:PADと早期離床を多職種で考える, 志馬伸朗, 広島集中治療セミナー, 2018年04月14日, 通常, 日本語, 広島
  378. 座長:鎮静管理の新たなステージへ(インターネットシンポジウム), 志馬伸朗, ファイザープレセデックスシリンジ全国講演会2018, 2018年04月28日, 通常, 日本語
  379. 座長:集中治療領域におけるMRSA感染症治療薬up-to-date, 志馬伸朗, 第34回日本救急医学会中国四国地方会, 2018年05月11日, 通常, 日本語, 広島
  380. 座長:セミナー, 志馬伸朗, 救急・外科ジョイントセミナー in 広島2018, 2018年07月19日, 通常, 日本語, 広島
  381. 座長:共催セミナー NPPVアゲイン!! 乗り手を選ぶNPPVの上手な扱い方~NPPV, HFNC, 侵襲的人工呼吸器の使い分けを考える~, 志馬伸朗, 第40回日本呼吸療法医学会学術集会, 2018年08月05日, 通常, 日本語, 東京
  382. 座長, 志馬伸朗, West Japanクリティカルケアヤングアカデミー, 2018年10月03日, 通常, 日本語, 広島
  383. アドバイザー, 志馬伸朗, 小児ICU鎮静管理に関するアドバイザリー会議, 2019年10月06日, 通常, 日本語, 東京
  384. 座長:ランチョンセミナー, 志馬伸朗, 第26回小児集中治療ワークショップ, 2018年10月13日, 通常, 日本語, 京都
  385. 司会:ワークショップ2, 志馬伸朗, 第29回日本急性血液浄化学会学術集会, 2018年10月20日, 通常, 日本語, 愛知
  386. 司会:ランチョンセミナー4, 志馬伸朗, 日本小児麻酔学会第24回大会, 2018年10月21日, 通常, 日本語, 神戸
  387. 司会:教育講演1:敗血症診療ガイドライン2016:臨床での活用と普及, 志馬伸朗, 三学会合同開催 第88回日本感染症学会西日本地方会学術集会 第61回日本感染症学会中日本地方会学術集会 第66回日本化学療法学会西日本支部総会, 2018年11月16日, 通常, 日本語, 鹿児島
  388. 座長:ワークショップ1 外科・救急領域における特殊感染症, 志馬伸朗, 第31回日本外科感染症学会総会学術集会, 2018年11月28日, 通常, 日本語, 大阪
  389. 座長:研究会, 志馬伸朗, 第18回急性期NPPV研究会, 2018年12月15日, 通常, 日本語, 京都
  390. 座長:セミナー, 志馬伸朗, X'mas呼吸セミナー, 2018年12月22日, 通常, 日本語, 広島
  391. 座長:セミナー, 志馬伸朗, 京都敗血症治療セミナー2019, 2019年01月18日, 通常, 日本語, 京都
  392. 座長:ジョイント企画1 救急医学会合同企画(シンポジウム), 志馬伸朗, 第34回日本環境感染学会総会・学術集会, 2019年02月22日, 通常, 日本語, 神戸
  393. 司会:セミナー, 志馬伸朗, 第2回ひろしま集中治療セミナー, 2019年03月21日, 通常, 日本語, 広島
  394. 座長:救急・集中治療領域における抗真菌薬の適正使用~Antifungal Stewardshipの実現にむけて~, 志馬伸朗, プロジフインターネットシンポジウム, 2019年04月11日, 通常, 日本語
  395. 座長:教育講演2, 志馬伸朗, 第35回日本救急医学会中国四国地方会, 2019年05月18日, 通常, 日本語, 岡山
  396. 座長:ポスターディスカッション2, 志馬伸朗, 真菌症フォーラム2019学術集会, 2019年05月18日, 通常, 日本語, 大阪
  397. 座長:招待講演(海外), 志馬伸朗, 日本麻酔科学会 第66回学術集会 第7回東アジア麻酔科学会, 2019年05月30日, 通常, 日本語, 神戸
  398. 座長:優秀演題:救急・ICU, 志馬伸朗, 日本麻酔科学会 第66回学術集会 第7回東アジア麻酔科学会, 2019年05月30日, 通常, 日本語, 神戸
  399. 統括、開会の挨拶, 志馬伸朗, 第10回臨床救急Hands-onセミナー, 2019年06月06日, 通常, 日本語, 広島
  400. 座長:一般口演 多職種連携, 志馬伸朗, 第33回日本小児救急医学会, 2019年06月21日, 通常, 日本語, 埼玉

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費補助金, 敗血症における低体温が好中球造血に及ぼす影響とその機序の解明
  2. 厚生労働科学研究費補助金, 小児救急医療体制の品質評価・最適化・情報発信のための、小児救急医療統合情報システムの開発研究
  3. 「未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業『術中の迅速な判断・決定を支援するための診断支援機器・システム開発』」, 術中の迅速な呼吸異常評価のための連続呼吸音モニタリングシステムの研究開発, 2017年.6月
  4. 平成29年度研究助成事業, 急性呼吸不全動物モデルを用いた人工呼吸誘発横隔膜障害の発生メカニズム解析および非侵襲的モニタリングシステムの開発, 2017年.4月, 2018年.3月
  5. 学研究費補助金, 腎肺クロストークを介した人工呼吸器誘発性腎障害のメカニズム解明, 2012年, 2016年
  6. 科学研究補助金, 間質性肺炎急性増悪の人種差および好中球転写因子を用いた多角的病態解明と治療開発

社会活動

委員会等委員歴

  1. 理事・評議員, 2014年, 日本集中治療医学会
  2. 救急医療コントロール機能運営協議会委員, 2015年, 広島市保健部保健医療課
  3. 救急蘇生委員会委員長, 2015年10月, 広島市医師会
  4. 試験委員会問題作成委員, 2016年01月, 3学会合同呼吸療法認定士認定委員会
  5. 嘱託講師, 2016年10月, 同志社大学
  6. 客員教授, 2016年04月, 京都府立医科大学
  7. メディカルコントロール協議会委員, 2016年05月, 広島県
  8. 救急・災害部会委員, 2016年07月, 広島県医師会
  9. 理事/評議員, 2016年, 日本呼吸療法医学会
  10. 幹事/評議員, 2016年, 日本化学療法学会
  11. 評議員, 2015年, 日本感染症学会
  12. 評議員, 日本外科感染症学会
  13. 評議員, 2010年, 日本小児麻酔学会
  14. 理事, 2012年, 日本小児集中治療研究会
  15. 理事, 2013年, 2017年, 日本集中治療教育研究会
  16. 評議員, 日本中毒学会中四国支部会
  17. 理事, NPO救命救急広島
  18. 委員長, 広島県ドクターヘリ運行協議会
  19. 専門医制度審議委員会, 2018年, 日本感染症学会
  20. 日本小児救急医学会, 2016年.6月
  21. 日本集中治療医学会中国四国支部会, 2016年.9月
  22. 日本集中治療医学会集中治療における薬剤師のあり方検討委員会, 2017年.3月
  23. 日本臨床救急医学会薬剤師のための救急・集中治療テキスト改訂版編集委員会, 2017年.1月
  24. 日本集中治療医学会CTG委員会, 2016年.2月
  25. 日本呼吸療法医学会プログラム作成WG委員, 2015年.7月
  26. 日本集中治療医学会英文機関紙作成委員会, 2015年.2月
  27. 日本化学療法医学会 抗菌化学療法認定医認定制度審議委員会, 2015年.1月
  28. 日本臨床救急医学会小児救急委員会小児病院前ワーキンググループ, 2014年.1月
  29. 日本救急医学会 救急外来部門における感染対策検討委員会, 2015年.1月
  30. 日本集中治療医学会 敗血症診療ガイドライン改訂版作成委員会, 2014年.2月
  31. 日本外科感染症学会 学術集会プログラム委員会, 2014年.1月
  32. 日本集中治療医学会 日本版重症患者の栄養管理ガイドライン委員会, 2014年.2月
  33. 日本集中治療医学会 ECMOプロジェクト委員, 2011年.2月
  34. 日本呼吸器学会 肺炎ガイドライン策定委員, 2013年.4月, 2017年
  35. 日本救急医学会 小児救急特別委員会, 2013年.1月
  36. 日本麻酔科学会 学術集会企画専門部会-救急・ICU, 2016年.1月
  37. 日本集中治療医学会 感染管理委員会, 2016年.2月
  38. 日本集中治療医学会 Sepsis registry合同調査部会委員, 2014年.2月
  39. 日本集中治療医医学会 社会保険対策委員会, 2016年.2月
  40. 日本外科感染症学会 機関紙編集委員会, 2010年.1月
  41. 急性期NPPV研究会, 2008年.1月
  42. 日本救急医学会, 2019年.1月
  43. 薬剤師のための救急・集中治療領域標準テキスト改訂版編集委員, 2017年, 日本臨床救急医学会
  44. 2018年, 日本集中治療医学会
  45. 2018年, 日本集中治療医学会中四国支部
  46. 2010年, 日本外科感染症学会
  47. 小児救急委員会小児病院前救護ワーキンググループ, 2014年, 日本臨床救急医学会
  48. 小児救急レジストリ・多施設共同研究WG, 2018年, 日本臨床救急医学会

学術会議等の主催

  1. 小児救急教育セミナー, 2018年12月, 2018年12月
  2. 日本救急医学会中国四国地方会, 2018年05月, 2018年05月
  3. 小児集中治療ワークショップ, 2018年10月, 2018年10月
  4. ひろしま救急集中治療サマーキャンプ, 2017年06月, 2017年06月
  5. 広島救急集中治療サマーキャンプ, 2016年06月, 2016年06月
  6. 心肺蘇生ガイドライン勉強会, 2017年05月, 2017年05月
  7. 心肺蘇生ガイドライン勉強会, 2016年09月, 2016年09月
  8. ひろしま集中治療サマーキャンプ, 2018年, 2018年
  9. 心肺蘇生ガイドライン2020勉強会, 2018年, 2018年

学術雑誌論文査読歴

  1. 2015年, その他, 2
  2. 2015年, 編集員, 15
  3. 2015年, 編集員, 71
  4. 2015年, 編集員, 4
  5. 2015年, 編集員, 17
  6. 2015年, 日本外科感染症学会雑誌, 編集員, 編集委員, 4
  7. 2015年, 日本集中治療医学会雑誌, その他, 査読者, 2
  8. 2015年, 編集員, 4
  9. 2015年, 4
  10. 2015年, その他, 1
  11. 2015年, その他, 1
  12. 2016年, 編集員, 6
  13. 2016年, 編集員, 12
  14. 2016年, 編集員, 2
  15. 2016年, 編集員, 10
  16. 2016年, その他, 3
  17. 2016年, 日本外科感染症学会雑誌, 編集員, 3
  18. 2016年, Journal of Clinical Pharmacy and Therapeutics, その他, 1
  19. 2016年, その他, 1
  20. 2016年, その他, 1
  21. 2016年, その他, 1
  22. 2016年, その他, 1
  23. 2016年, その他, 1
  24. 2016年, 日本小児科学会雑誌, その他, 1
  25. 2017年, 編集員, 4
  26. 2017年, 編集員, 9
  27. 2017年, 編集員, 16
  28. 2017年, その他, 査読者, 5
  29. 2017年, その他, 査読者, 2
  30. 2017年, その他, 査読者, 1
  31. 2017年, その他, 査読者, 1
  32. 2017年, その他, 査読者, 1
  33. 2017年, その他, 査読者, 1
  34. 2017年, その他, 査読者, 1
  35. 2017年, その他, 査読者, 1
  36. 2017年, その他, 査読者, 1
  37. 2017年, INTENSIVIST, 編集員, 1
  38. 2017年, 日本外科感染症学会雑誌, 編集員, 3
  39. 2018年, その他, 副編集長, 15
  40. 2018年, 編集員, 11
  41. 2018年, その他, 4
  42. 2018年, BMC infect disease, その他, 1
  43. 2018年, その他, 1
  44. 2018年, その他, 1
  45. 2018年, その他, 1
  46. 2018年, その他, 1
  47. 2018年, 1
  48. 2018年, その他, 2
  49. 2018年, INTENSIVIST, 編集員, 1
  50. 2018年, 日本集中治療医学会雑誌, その他, 1
  51. 2018年, 日本外科感染症学会雑誌, 編集員, 1
  52. 2018年, 小児救急・集中治療ピックアップ, その他, 5