河合 秀彦Hidehiko Kawai

Last Updated :2019/12/02

所属・職名
大学院医系科学研究科(薬)(薬学)核酸分析化学准教授
メールアドレス
kawaihhiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2000年04月01日, 2002年12月31日, ハーバード大学, 公衆衛生, 博士研究員
  • 2003年01月01日, 2003年10月31日, ハーバード大学, 公衆衛生, 助手
  • 2003年11月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 原爆放射線医科学研究所, 助手
  • 2007年04月01日, 2017年08月31日, 広島大学, 原爆放射線医科学研究所, 助教
  • 2017年09月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究科(薬学分野), 准教授

学歴

  • 広島大学, 医学系研究科, 日本, 1997年04月, 2000年03月
  • 金沢大学, 薬学系研究科, 日本, 1995年04月, 1997年03月
  • 金沢大学, 薬学部, 日本, 1991年04月, 1995年03月

学位

  • 博士(医学)(広島大学)
  • 修士(薬学)(金沢大学)

教育担当

  • 【学士課程】 薬学部 : 薬学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 薬学専門プログラム

研究分野

  • 環境学 / 環境解析学 / 放射線・化学物質影響科学

研究キーワード

  • 放射線生物
  • 発がん
  • 細胞老化

所属学会

  • 日本分子生物学会
  • 日本放射線影響学会
  • 日本環境変異原学会
  • 日本薬学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 放射線生物学・放射線健康リスク科学
  2. 2019年, 学部専門, 2ターム, 生体分析科学
  3. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 分析科学実習
  4. 2019年, 学部専門, セメスター(前期), 医科歯科分子生物学
  5. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分子生物学と放射線防護
  6. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 核酸分子生物学特論演習
  7. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 核酸分子生物学特論演習
  8. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分子生物学と放射線防護
  9. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 構造生物学特論演習
  10. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 構造生物学特論演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Isolation and characterization of apoptosis-resistant mutants from a radiosensitive mouse lymphoma cell line., Radiat. Res., 149巻, 1号, pp. 41-51, 19980101
  2. 放射線誘発アポトーシスの多様性, 広島医学, 51巻, 3号, pp. 284-286, 19980301
  3. p53-dependent downregulation of NF-κB during X-ray-induced apoptosis in mouse lymphoma cells., Abstracts of 3rd Japan-France Workshop on Radiobiology= Imaging and Environ. Sci., pp. 49-53, 19991101
  4. Down-regulation of nuclear factor kappaB is required for p53-dependent apoptosis in X-ray-irradiated mouse lymphoma cells and thymocytes., Cancer Res., 59巻, 24号, pp. 6038-6041, 19991201
  5. Molecular cloning of mouse thioredoxin reductases., Gene, 242巻, 1-2号, pp. 321-330, 20000101
  6. マウス胸腺由来細胞のX線誘発アポトーシスにおけるp53およびNF-kBの関与, 広島医学, 53巻, 3号, pp. 205-208, 20000301
  7. 低レベル放射線被曝による胸腺細胞のアポトーシス誘導過程における2型サイクリン依存的キナーゼ活性化現象, 長崎医学会雑誌, 75巻, pp. 291-293, 20001201
  8. Mechanism of functional inactivation of a Li-Fraumeni syndrome p53 that has a mutation outside of the DNA-binding domain., Cancer Res., 61巻, 4号, pp. 1741-1746, 20010201
  9. Stimulation of p300-mediated transcription by the kinase MEKK1., J. Biol. Chem., 276巻, 19号, pp. 16310-16317, 20010501
  10. Subcellular distribution of p53 and p73 are differentially regulated by MDM2., Cancer Res., 61巻, 18号, pp. 6703-6707, 20010901
  11. Dual role of p300 in the regulation of p53 stability., J. Biol. Chem., 276巻, 49号, pp. 45928-45932, 20011201
  12. Mutual dependence of MDM2 and MDMX in their functional inactivation of p53., J. Biol. Chem., 277巻, 22号, pp. 19251-19254, 20020501
  13. Inactivation of the NF-kappaB-dependent cell survival, a novel mechanism for the proapoptotic function of c-Abl., Mol. Cell. Biol., 22巻, 17号, pp. 6079-6088, 20020901
  14. Molecular basis of p53 functional inactivation by the leukemic protein MLL-ELL., Mol. Cell. Biol., 23巻, 12号, pp. 4230-4246, 20030601
  15. Critical contribution of the MDM2 acidic domain to p53 ubiquitination., Mol. Cell. Biol., 23巻, 14号, pp. 4939-4947, 20030701
  16. DNA damage-induced MDMX degradation is mediated by MDM2., J. Biol. Chem., 278巻, 46号, pp. 45946-45953, 20031101
  17. RhoGDI-2: A major regulator of cell behavior after irradiation in hematopoietic cells., Cell Dynamics Research, 3巻, 4号, pp. 56-63, 20040401
  18. Involvement of RhoGDI-2 in radiation-induced mammalianG2-checkpoint regulation, Journal of Cell Cycle Research, 35巻, 6号, pp. 112-120, 20040601
  19. 電離放射線によるp53制御機構の最新の話題, 放射線生物研究, 39巻, 2号, pp. 165-179, 20040601
  20. Aurora-B/AIM-1 kinase activity is involved in Ras-mediated cell transformation., Oncogene, 24巻, 55号, pp. 1122-1127, 20050401
  21. Multiple mixed lineage leukemia (MLL) fusion proteins suppress p53-mediated response to DNA damage., J. Biol. Chem., 280巻, 26号, pp. 24315-24321, 20050701
  22. c-Abl regulates Early Growth Response Protein (EGR1) in response to oxidative stress., Oncogene, 24巻, 55号, pp. 8085-8092, 20051208
  23. Periostin promotes invasion and anchorage-independent growth in the metastatic process of head and neck cancer, Cancer Research, 66巻, pp. 6928-6935, 20060401
  24. 放射線によるアポトーシス誘発とacidic ribosomal protein P2の脱リン酸化, 広島医学, 59巻, 4号, pp. 370-372, 20060401
  25. 電離放射線マウス全身照射における各種臓器での分断化LyGDIの発現, 長崎医学会雑誌, 81巻, 特集号号, pp. 318-319, 20060901
  26. 電離放射線誘発細胞死シグナルにおける分断化LyGDIの機能解析, 長崎医学会雑誌, 81巻, 特集号号, pp. 315-317, 20060901
  27. EGFP Aurora-B発現細胞を用いたX線誘発多核形成機構の研究, 長崎医学会雑誌, 81巻, 特集号号, pp. 311-314, 20060901
  28. 電離放射線誘発胸腺アポトーシス過程におけるパッセンジャー蛋白Aurora-B、INCENP、Survivinの細胞内分布変化について, 長崎医学会雑誌, 81巻, 特集号号, pp. 307-310, 20060901
  29. C-ABL interacts with the wave2 signaling complex to induce membrane ruffling and cell spreading., J. Biol. Chem., 281巻, 42号, pp. 31290-31297, 20061020
  30. RING domain mediated interaction is a requirement for MDM2's E3 ligase activity., Cancer Research, 67巻, 13号, pp. 6020-6030, 20070701
  31. Constitutive phosphorylation of aurora-a on ser51 induces its stabilization and consequent overexpression in cancer., PLos ONE, 2巻, 9号, pp. E944, 20070926
  32. The p53 inhibitors MDM2/MDMX complex is required for control of p53 activity in vivo, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 108巻, 29号, pp. 12001-12006, 20110719
  33. a RING-type ubiquitin ligase E3, in the human RAD6A-RAD18 ternary complex., Nucleic Acids Research, 20120201
  34. En bloc transfer of polyubiquitin chains to PCNA in vitro is mediated by two different human E2-E3 pairs, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 40巻, 20号, pp. 10394-10407, 201211
  35. Selective Enhancing Effect of Early Mitotic Inhibitor 1 (Emi1) Depletion on the Sensitivity of Doxorubicin or X-ray Treatment in Human Cancer Cells, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 288巻, 24号, pp. 17238-17252, 20130614
  36. Hepcidin-2 in mouse urine as a candidate radiation-responsive molecule, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 57巻, 2号, pp. 142-149, 201603
  37. A comparison of radiation-induced mitochondrial damage between neural progenitor stem cells and differentiated cells, CELL CYCLE, 16巻, 6号, pp. 565-573, 201703
  38. Overexpression of Rev1 promotes the development of carcinogen-induced intestinal adenomas via accumulation of point mutation and suppression of apoptosis proportionally to the Rev1 expression level, CARCINOGENESIS, 38巻, 5号, pp. 570-578, 20170501
  39. Metabolomic screening using ESI-FT MS identifies potential radiation-responsive molecules in mouse urine, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 58巻, 3号, pp. 273-280, 20170501
  40. A Novel ATM/TP53/p21-Mediated Checkpoint Only Activated by Chronic gamma-Irradiation, PLOS ONE, 9巻, 8号, 20140805
  41. RAD18 Activates the G2/M Checkpoint through DNA Damage Signaling to Maintain Genome Integrity after Ionizing Radiation Exposure, PLOS ONE, 10巻, 2号, 20150212
  42. Aurora Kinase-A Inactivates DNA Damage-Induced Apoptosis and Spindle Assembly Checkpoint Response Functions of p73, CANCER CELL, 21巻, 2号, pp. 196-211, 20120214
  43. Asymmetric nature of two subunits of RAD18, a RING-type ubiquitin ligase E3, in the human RAD6A-RAD18 ternary complex, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 40巻, 3号, pp. 1065-1076, 201202
  44. Aberrant microRNA Expression in Radiation-Induced Rat Mammary Cancer: The Potential Role of miR-194 Overexpression in Cancer Cell Proliferation, RADIATION RESEARCH, 179巻, 2号, pp. 151-159, 201302
  45. Overexpression of Aurora-A potentiates HRAS-mediated oncogenic transformation and is implicated in oral carcinogenesis, ONCOGENE, 24巻, 6号, pp. 1122-1127, 20050203
  46. Mitochondrial reactive oxygen species perturb AKT/cyclin D1 cell cycle signaling via oxidative inactivation of PP2A in low-dose irradiated human fibroblasts, ONCOTARGET, 7巻, 3号, pp. 3559-3570, 20160119
  47. Phosphorylation by aurora kinase A induces Mdm2-mediated destabilization and inhibition of p53, NATURE GENETICS, 36巻, 1号, pp. 55-62, 200401
  48. Molecular cloning of mouse thioredoxin reductases, GENE, 242巻, 1-2号, pp. 321-330, 20000125
  49. Periostin promotes invasion and anchorage-independent growth in the metastatic process of head and neck cancer, CANCER RESEARCH, 66巻, 14号, pp. 6928-6935, 20060715
  50. ATM-mediated mitochondrial damage response triggered by nuclear DNA damage in normal human lung fibroblasts, CELL CYCLE, 16巻, 24号, pp. 2345-2354, 20171129
  51. Replication stress induces accumulation of FANCD2 at central region of large fragile genes., Nucleic Acids Research, 46巻, (6)号, pp. 2932-2944, 20180406
  52. Radiation-Induced Myofibroblasts Promote Tumor Growth via Mitochondrial ROS-Activated TGF beta Signaling, MOLECULAR CANCER RESEARCH, 16巻, 11号, pp. 1676-1686, 201811
  53. Preferential digestion of PCNA-ubiquitin and p53-ubiquitin linkages by USP7 to remove polyubiquitin chains from substrates, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 294巻, 11号, pp. 4177-4187, 20190315
  54. Spironolactone-induced XPB degradation depends on CDK7 kinase and SCFFBXL18 E3 ligase, GENES TO CELLS, 24巻, 4号, pp. 284-296, 201904

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 次世代シーケンサーを用いた放射線誘発変異解析, 金井昭教,長町安希子,河合秀彦,松井啓隆,稲葉俊哉, 第55回原子爆弾後障害研究会, 2014年06月, 通常, 日本語
  2. γ線照射環境下での線量率依存的な細胞運命決定とその分子機構の解析, 曹麗麗,河合秀彦,笹谷めぐみ,飯塚大輔,松井啓隆,金井昭教,稲葉俊哉,神谷研二,鈴木文男, 第55回原子爆弾後障害研究会, 2015年06月07日, 通常, 日本語
  3. 糖鎖修飾の変化を指標とした放射線被ばくのバイオマーカー探索, 飯塚大輔,桐山慧大,岡崎恵美,河合秀彦,泉俊輔,神谷研二, 第55回原子爆弾後障害研究会, 2014年06月, 通常, 日本語
  4. E3ユビキチンライゲーースRAD18が放射線損傷応答におよぼす寄与, 徐衍賓,笹谷めぐみ,河合秀彦,飯塚大輔,神谷研二, 第55回原子爆弾後障害研究会, 2014年06月, 通常, 日本語
  5. 放射線照射環境における線量率に依存した細胞運命決定機構の解析, 河合秀彦,曹麗麗,清水なつみ,笹谷めぐみ,飯塚大輔,金井昭教,松井啓隆,稲葉俊哉,神谷研二,鈴木文男, 第39回中国地区放射線影響研究会, 2014年07月, 通常, 日本語
  6. 次世代シーケンサーを用いた放射線誘発変異解析にむけた方法論の確立, 金井昭教,長町安希子,松井啓隆,河合秀彦,稲葉俊哉, 第39回中国地区放射線影響研究会, 2014年07月, 通常, 日本語
  7. 異なる線量率での放射線被曝環境と細胞運命決定機構, 河合秀彦,曹麗麗,笹谷めぐみ,飯塚大輔,松井啓隆,金井昭教,稲葉俊哉,神谷研二,鈴木文男, 日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月, 通常, 日本語
  8. 大量データ解析を駆使した放射線影響解析手法の確立にむけて, 松井啓隆,河合秀彦,金井昭教,稲葉俊哉, 日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月, 通常, 日本語
  9. 人工多能性幹細胞(iPS細胞)のX線高感受性の分子機構, 嶋本顕,香川晴信,河合秀彦,佐久間哲史,山本卓,塩谷文章,田原栄俊, 日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月, 通常, 日本語
  10. 次世代シーケンサーを用いた放射線誘発変異解析, 金井昭教,長町安希子,河合秀彦,松井啓隆,稲葉俊哉, 日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月, 通常, 日本語
  11. RAD18 mediates DNA damage signaling to activate G2/M checkpoint for maintaining genome integrity after ionizing radiation exposure., 徐衍賓,笹谷めぐみ,河合秀彦,曹麗麗,飯塚大輔,神谷研二, 日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月, 通常, 日本語
  12. γ線照射環境での線量率依存的な老化様細胞増殖停止はATM/TP53/P21経路依存的である, 曹麗麗,河合秀彦,笹谷めぐみ,飯塚大輔,松井啓隆,金井昭教,稲葉俊哉,神谷研二,鈴木文男, 日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月, 通常, 日本語
  13. Comprehensive analyses of cellular responses to chronic -irradiation (II), Kawai, H., Cao, L., Shimizu, N., Sasatani, M., Iizuka, D., Matsui, H., Kanai, A., Inaba, T., Kamiya, K., Suzuki, F, 2015年03月, 通常, 英語
  14. Analysis of radiation induced mutations using next generation sequencer., Kanai, A., Nagamachi, A., Kawai, H., Matsui, H., Kamiya, K., Inaba, T, 2015年03月, 通常, 英語
  15. Effects of low dose gamma irradiation on primary human endothelial cells, Zaharieva, E., Kawai, H., Inaba, T., Matusura, S., Kamiya, K., 2015年03月, 通常, 英語
  16. The effects of low dose radiation exposure in the first hours after fertilization on the development of early mouse embryos., Shimizu, N., Kawai, H., Sasatani, M., Endoh, M., Inaba, T., Kamiya, K., 通常, 英語
  17. DNA Damage Response in Human Induced Pluripotent Stem Cells., Shimamoto, A., Kagawa, H., Kawai, H., Sakuma, T., Yamamoto, T., Shiotani B., Tahara, H., 2015年03月, 通常, 英語
  18. Perturbation of AKT/cyclin D1 signaling pathway by oxidative stresses following low dose long-term fractionated radiation in normal human fibroblasts., Shimura, T., Sasatani, M., Kamiya, K., Kawai, H., Kunugita, N., 2015年03月, 通常, 英語
  19. Dose rate-dependent cellular senescence in response to chronic -irradiation via the ATM/TP53/p21 pathway., Cao, L., Kawai, H., Sasatani, M., Iizuka, D., Inaba, T., Kamiya, K., Suzuki, F, 2015年03月, 通常, 英語
  20. Differential Response to Acute and Chronic Low Dose Gamma Irradiation in Primary Human Endothelial Cells, Elena K Zaharieva, Hidehiko Kawai, Toshiya Inaba, Shinya Matsuura, Kenji Kamiya, 第15回国際放射線研究会議, 2015年05月26日, 通常, 英語
  21. An Integrated Approach Using High-throughput Sequencing and Imaging Technologies to the Study of Cellular Responses to Low Dose Radiation, Hidehiko Kawai, Lili Cao, Natsumi Shimizu, Hirotaka Matsui, Akinori Kanai, Tokuhisa Hirouchi, Toshiya Inaba, Kenji Kamiya, Fumio Suzuki, 第15回国際放射線研究会議, 2015年05月26日, 通常, 英語
  22. γ線照射環境での細胞運命決定とその制御因子の同定, 曹麗麗, 河合秀彦、稲葉俊哉、鈴木文男、神谷研二, 第56回原子爆弾後障害研究会, 2015年06月07日, 通常, 日本語
  23. 放射線照射環境での細胞応答の解析, 河合秀彦, 変異機構研究会・第 28 回夏の学校, 2015年07月25日, 招待, 日本語
  24. 放射線照射環境での細胞運命制御機構の解析, 河合秀彦, 第88回生命科学先端研究支援ユニット学術セミナー, 2015年07月30日, 招待, 日本語
  25. ハイスループット技術と放射線細胞生物学, 河合秀彦, 2015年07月30日, 招待, 日本語
  26. ハイスループット解析技術による放射線照射環境下での細胞応答の研究, 河合秀彦, 曹麗麗,金井昭教,稲葉俊哉,神谷研二,鈴木文男, 日本放射線影響学会ワークショップ, 2015年10月16日, 通常, 日本語
  27. 持続放射線照射環境での細胞の運命選択とその制御機構の解析, 河合秀彦, 第174回原医研セミナー, 2015年11月19日, 通常, 日本語
  28. 網羅的解析技術による放射線生物研究, 河合秀彦, 第8回次世代放射線治療セミナー, 2016年01月29日, 招待, 日本語
  29. Biological effects of low-dose radiation on cells and their implications in cancer risk, Hidehiko Kawai, IAEA含む国際機関の会合「Consultancy Meeting on Science, Technology and Society Perspectives on Nuclear Science, Radiation and Human Health - The International Perspective」, 2017年05月23日, 招待, 英語, IAEA, 広島市
  30. 異なる線量率の持続放射線照射を用いた放射線生物学, 河合 秀彦, 第58回原子爆弾後障害研究会シンポジウム 「ライフサイエンスとしての放射線生物学」, 2017年06月04日, 招待, 日本語, 公益財団法人広島原爆障害対策協議会, 広島市
  31. ガンマ線持続照射環境での細胞運命制御メカニズムの解析, 河合 秀彦 , 曹 麗麗 , 金井 昭教 , 稲葉 俊哉 , 神谷 研二, 第57回原子爆弾後障害研究会, 2016年06月05日, 通常, 日本語
  32. ガンマ線持続照射による細胞老化の分子機構解析, 河合 秀彦、曹 麗麗、金井 昭教、笹谷 めぐみ、飯塚 大輔、ザハリエバ エレナ、稲葉 俊哉、神谷 研二, 第59回日本放射線影響学会, 2016年10月27日, 通常, 日本語
  33. High-Throughput Imaging System と放射線細胞生物学, 河合秀彦, 学術講演会, 2017年02月10日, 招待, 日本語
  34. ユビキチン化による新たな TP53 の機能制御機構の解析, 河合 秀彦、紙谷 浩之, 日本薬学会第138年会, 2018年03月25日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 金沢市
  35. 持続的 DNA 損傷に対する細胞応答の解析, 河合 秀彦, 笹谷 めぐみ, ザハリエバ エレナ, 紙谷 浩之, 神谷 研二, 日本環境変異原学会第47回大会, 2018年11月02日, 通常, 日本語
  36. TP53制御と細胞運命決定, 河合 秀彦、佐藤 健一、紙谷 浩之, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月29日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2011年01月22日, 日本遺伝学会第82回大会Best Papers賞, 日本遺伝学会
  2. 2012年09月07日, 日本放射線影響学会奨励賞, 日本放射線影響学会
  3. 2015年05月, Excellent Poster Award, ICRR 2015, An Integrated Approach Using High-throughput Sequencing and Imaging Technologies to the Study of Cellular Responses to Low Dose Radiation