内田 龍彦Tatsuhiko Uchida

Last Updated :2017/09/01

所属・職名
大学院工学研究科 環境工学講座 准教授
ホームページ
メールアドレス
utidahiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 修士(工学) (広島大学)
  • 博士(工学) (広島大学)

研究分野

  • 工学 / 土木工学 / 水工学

研究キーワード

  • 開水路流,洪水流,土砂輸送,河床変動,局所洗掘, 河川構造物,流体力,津波,礫床河川,境界層,植生,乱流,数値流体力学,二相流

所属学会

  • 土木学会, 2003年12月
  • 応用生態工学会, 2004年12月
  • 国際水理学会 (IAHR), 2014年01月
  • アメリカ土木学会 (ASCE), 2016年02月

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 計算アルゴリズム演習
  2. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 流体力学
  3. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 社会基盤環境工学実験
  4. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), Advanced River Engineering
  5. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 社会基盤環境工学講究I
  6. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 社会基盤環境工学講究II
  7. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 社会基盤環境工学セミナーI
  8. 2017年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 社会基盤環境工学セミナーII

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 常願寺川現地実験水路における河岸防護工近傍の流れの三次元構造と河岸に作用する流体力の評価, 河川技術論文集, 23巻, pp.155-pp.160, 2017,6
  2. 境界層水理学が生態系保全に果たす役割, 河川技術論文集, 23巻, pp.549-pp.554, 2017,6
  3. 一般底面流速解析法と非平衡粗面抵抗則に基づく水深積分型二相流解析法の適合性の検討, 土木学会論文集B1(水工学), 73巻, 4号, pp.I_937-pp.I_942, 2017,2
  4. 土砂移動量の多い急流河川の洪水流と河床変動解析区間における上流端の境界条件検討の試み, 土木学会論文集B1(水工学), 73巻, 4号, pp.I_637-pp.I_642, 2017,2
  5. Quasi-3D two-phase modelling of fluid and sediment dynamics based on a non-hydrostatic depth integrated model with a dynamic rough wall law, The 3rd symposium on Two-pHase modElling for Sediment dynamIcS in Geophysical Flows, Tokyo, Japan, 2016,9
  6. ★, Non-hydrostatic quasi-3D model coupled with dynamic rough wall law for simulating flow over rough bed with submerged boulders, Journal of Hydraulic Engineering, 142巻, 11号, pp.04016054, 2016,7,14
  7. A 3D flow calculation around a structure in gravel bed rivers by using non-hydrostatic depth-integrated model with dynamic rough-wall law, River Flow 2016, Proceedings of International Conference on Fluvial Hydraulics, 2016,7
  8. 北上川における津波の河川遡上と津波氾濫流解析から導かれる現地観測データの解釈, 土木学会論文集B1(水工学), 72巻, 4号, pp.I_415-pp.I_420, 2016,2
  9. 外岸に斜面を有する移動床湾曲流れへのBVC法の適用性―船底形河道設計法に向けて, 土木学会論文集B1(水工学), 72巻, 4号, pp.I_763-pp.I_768, 2016,2
  10. 底面境界が大きな勾配を有する河口砂州周辺の三次元流れと河床変動の解析法, 土木学会論文集B1(水工学), 72巻, 4号, pp.I_835-pp.I_840, 2016,2
  11. ★, 非平衡粗面抵抗則を用いた一般底面流速解析法の導出と局所三次元流れへの適用, 土木学会論文集B1(水工学), 71巻, 2号, pp.43-pp.62, 2015,5
  12. 非静水圧準三次元解析法による北上川の津波河川遡上・氾濫流の一体解析, 土木学会論文集B2(海岸工学), 71巻, 2号, pp.I_181-pp.I_186, 2015,11
  13. A numerical calculation method for flow in the presence of isolated boulders atop a rough bed by using an enhanced depth integrated model with a non-equilibrium resistance law, River Flow 2014, International Conference on Fluvial Hydraulics, Lausanne, Switzerland, 2014,9
  14. 河川の局所流解析における非平衡粗面抵抗則の導出とその必要性・適用性, 河川技術論文集, 20巻, pp.217-pp.222, 2014,6
  15. 2D numerical computation for flood flow in upper river basin with tributary inflows by using water level hydrographs observed at the main stream, Journal of Flood Risk Management, 7巻, 1号, pp.81-pp.88, 2014,3
  16. Effects of sizes and shapes of gravel particles on sediment transports and bed variations in a numerical movable-bed channel, Advances in Water Resources, 72巻, pp.84-pp.96, 2014,10
  17. ★, Numerical calculation for bed variation in compound-meandering channel using depth integrated model without assumption of shallow water flow, Advances in Water Resources, 72巻, pp.45-pp.56, 2014,10
  18. Quasi 3D numerical simulation for flow and bed variation with various sand waves, Advances in River Sediment Research, The 12th International Symposium on RIVER SEDIMENTATION, Kyoto, Japan, 2013,9
  19. Three-dimensional gravel motions in numerical movable bed channel with particles of various shapes and sizes, Advances in River Sediment Research, The 12th International Symposium on RIVER SEDIMENTATION, Kyoto, Japan, 2013,9
  20. A new method for measuring and calculating flows and bed forms around river banks, Advances in River Sediment Research, The 12th International Symposium on RIVER SEDIMENTATION, Kyoto, Japan, 2013,9
  21. Quasi-three dimensional analysis on the flushing mechanism of sandbar at a river mouth, Advances in River Sediment Research, The 12th International Symposium on RIVER SEDIMENTATION, Kyoto, Japan, 2013,9
  22. 護岸水衝部における三次元流れの解析法の改良と課題, 河川技術論文集, 19巻, pp.99-pp.104, 2013,6
  23. 洪水流による河口砂州フラッシュの新しい解析法に関する研究, 河川技術論文集, 19巻, pp.183-pp.188, 2013,6
  24. Numerical calculation for bed variation in compound-meandering channel using depth integrated model without assumption of shallow water flow, Two-pHase modElling for Sediment dynamIcS, THESIS-2013,Chatou, France, 2013,6
  25. Toward integrated multi-scale simulations of flow and sediment transport in rivers, Journal of JSCE, Ser.B1 (Hydraulic Engineering), 69巻, 4号, pp.II_1-II_10, 2013,2
  26. 大規模洪水時の河口砂州と周辺河床の変動解析-平成23年阿賀野川洪水を対象として-, 土木学会論文集B1(水工学), 69巻, 4号, pp.I_1009-pp.I_1014, 2013,2
  27. 移動床数値実験水路を流下する石礫粒子群の三次元運動, 土木学会論文集B1(水工学), 69巻, 4号, pp.I_1051-pp.I_1055, 2013,2
  28. ★, 浅水流の仮定を用いない水深積分モデルによる種々な小規模河床形態の統一的解析法の構築, 土木学会論文集B1(水工学), 69巻, 4号, pp.I_1135-pp.I_1140, 2013,2
  29. 護岸水衝部における三次元流れと河床形状の観測法と解析法の開発, 土木学会論文集B1(水工学), 69巻, 4号, pp.I_1171-pp.I_1176, 2013,2
  30. 底面流速解析法を用いた津波による構造物周りの三次元流れと局所洗掘解析, 土木学会論文集B2(海岸工学), 69巻, 2号, pp.I_271-pp.I_275, 2013,11
  31. 低平地河川におけるポンプ排水が洪水流に与える影響評価:水面形時系列観測データを用いた非定常二次元流解析の活用, 水文・水資源学会誌, 25巻, 4号, pp.201-pp.213, 2012,7
  32. 洪水中の樹木破壊・流失と河床変動を考慮した流れの準三次元解析手法の適用性, 河川技術論文集, 18巻, pp.77-pp.82, 2012,6
  33. ADCPを用いた局所流計測法の開発と堤防際の水衝部流れへの適用, 河川技術論文集, 18巻, pp.239-pp.244, 2012,6
  34. 構造物を越流する流れの解析法の開発, 河川技術論文集, 18巻, pp.351-pp.356, 2012,6
  35. Bottom velocity computation method based on depth integrated model without shallow water assumption, 3rd International Symposium on Shallow Flows (ISSF) Iowa city, USA, 2012,6
  36. 水表面流速方程式を付加した底面流速解析法の開発と河川合流部への適用, 土木学会論文集B1(水工学), 68巻, 4号, pp.I_835-pp.I_840, 2012,2
  37. 水流による石礫粒子群の移動機構とそのモデル化, 土木学会論文集B1(水工学), 68巻, 4号, pp.I_937-pp.I_942, 2012,2
  38. ★, 浅水流の仮定を用いない水深積分モデルによる底面流速の解析法, 土木学会論文集B1(水工学), 68巻, 4号, pp.I_1225-pp.I_1230, 2012,2
  39. A New Method for Measuring Local Flows around River Bank Using ADCP, Proceedings of the Tenth International conference on Hydroscience & Engineering, Orland, Florida, 2012,11
  40. Three-Dimensional Numerical Modeling for the Motion of Stones with Different Sizes and Shapes in Streams, Proceedings of the Tenth International conference on Hydroscience & Engineering,Orland, Florida, 2012,11
  41. 混合粒径からなる砂州と河川横断構造物周辺の河床変動解析法に関する研究, 河川技術論文集, 17巻, pp.95-pp.100, 2011,7
  42. Numerical Simulation of Bed Variation in a Channel with a Series of Submerged Groins, Proceedings of the 34th IAHR World Congress, Brisbane, Australia, 2011,7
  43. ★, 底面流速解法による連続する水没水制群を有する流れと河床変動の解析, 土木学会論文集,B1, 67巻, 1号, pp.16-pp.29, 2011,3
  44. 多地点からの横流入がある河道システムにおける本川水位観測データを用いた洪水流解析法とその活用法, 土木学会論文集B1(水工学), 67巻, 4号, pp.I_1081-pp.I_1086, 2011,2
  45. Practical Numerical Simulation Method For Estimating Local Scouring Around A Pier ~ Bottom Velocity Computation Method Based On Depth Integrated Model, 11th International Symposium on River Sedimentation, CD-ROM, Stellenbosch, South Africa, 2010,9
  46. 洪水流による砂州の移動・変形と砂州粒度構成の変化, 河川技術論文集, 16巻, pp.119-pp.124, 2010,6
  47. 高水敷に繁茂するヨシの倒伏判定法とそれを用いた非定常平面二次元解析, 河川技術論文集, 16巻, pp.219-pp.224, 2010,6
  48. 洪水中の砂州の変形と河川構造物周辺の局所洗掘, 水工学論文集, 54巻, pp.829-pp.834, 2010,2
  49. 水平方向渦度方程式を用いた底面流速の半直接解法と橋脚周りの局所洗掘解析, 水工学論文集, 54巻, pp.841-pp.846, 2010,2
  50. A Depth Integrated Model for 3D Turbulence Flows Using Shallow Water Equations and Horizontal Vorticity Equations, 33rd IAHR Congress: Water Engineering for a Sustainable Environment, Vancouver, pp.1428-pp.1435, 2009,8
  51. Numerical simulation of water surface elevation in a steep doubly meandering compound channel using CIP-based scheme, Proc. 2nd Int. Conf. on Water and Flood Management (ICWFM2009), Dakka, Bangladesh, pp.99-pp.108, 2009,8
  52. 河川上流域における本川・支川流量ハイドログラフの合理的推定法, 河川技術論文集, 15巻, pp.309-pp.314, 2009,6
  53. 洪水流による土丹河床高さの経年変化と堰周辺の砂州変化に伴う洗掘深の増大について, 河川技術論文集, 15巻, pp.249-pp.254, 2009,6
  54. Numerical modeling of urban flooding due to storm surge, Proc. 2nd Int. Conf. on Water and Flood Management (ICWFM2009), Dakka, Bangladesh, pp.435-pp.442, 2009,3
  55. 浅水流方程式と渦度方程式を連立した準三次元モデルの提案と開水路合流部への適用, 水工学論文集, 53巻, pp.1081-pp.1086, 2009,2
  56. 非定常流中の建物に作用する流体力の直接測定, 水工学論文集, 53巻, pp.979-pp.984, 2009,2
  57. Optimal Interpolation of Submerged River Bed for Laser Scanning Survey Using a Two-Dimensional Numerical Model, Advances in Hydro-Science and Engineering, Nagoya, 8巻, 2008,9
  58. Accurate Estimation of Discharge Hydrograph in a Compound Meandering Channel Using a Two-Dimensional Numerical Model, Advances in Hydro-Science and Engineering, CD-ROM, Nagoya, Japan, 8巻, 2008,9
  59. 2-D simulation of velocity distribution in a doubly meandering compound channel using CIP-based scheme, Advances in Hydro-Science and Engineering, CD-ROM, Nagoya, Japan, 8巻, 2008,9
  60. Prediction of water surface elevation in a doubly meandering compound channel using CIP-based scheme, Proc. of Int. Conference on Fluvial Hydraulics (River Flow 2008),Cesme-Izmir, Turkey, pp.2043-pp.2050, 2008,9
  61. 多点水位ハイドログラフを用いた新しい流量推定法の水内川への適用, 応用力学論文集, 11巻, pp.689-pp.698, 2008,8
  62. 地上レーザ計測による河川の物理環境データの取得, 河川技術論文集, 14巻, pp.301-pp.306, 2008,6
  63. 急流礫床河川における洗掘深センサーの開発, 河川技術論文集, 14巻, pp.313-pp.318, 2008,6
  64. Integrated modeling for inundation flows in urban areas, US-China Workshop on Advanced Computational Modeling/ EWRI2008, Honolulu, USA., 2008,3
  65. 水位ハイドログラフと二次元不定流解析を用いた高水敷粗度及び流量ハイドログラフの推定, 水工学論文集, 52巻, pp.901-pp.906, 2008,2
  66. 河川レーザ測量のための水面下河床高の力学的内挿補間法, 水工学論文集, 52巻, pp.1057-pp.1062, 2008,2
  67. Experimental and numerical study on inundation flows in urban areas, Proc. APD-IAHR Congress, Nanjing, China, pp.246-pp.251, 2008,10
  68. 沿岸都市域における氾濫統合解析手法の開発, 海岸工学論文集, 54巻, pp.1331-pp.1335, 2007,9
  69. 破堤氾濫流に関する基礎的実験とその二次元数値解析, 応用力学論文集, 10巻, pp.911-pp.919, 2007,9
  70. Numerical simulation of local scour process due to submerged jet downstream of a groundsill, 32nd Congress of IAHR, the International Association of Hydraulic Engineering and Research, Proceedings, CD-ROM, Venice, Italy, 2007,7
  71. Modeling of inundation flow in urbanized area using a high-resolution method with Cartesian mesh, 32nd Congress of IAHR, the International Association of Hydraulic Engineering and Research, Proceedings, CD-ROM, Venice, Italy, 2007,7
  72. ヘリコプタに搭載した高精度3Dレーザスキャナによる河川の物理環境の計測, 河川技術論文集, 13巻, pp.243-pp.248, 2007,6
  73. 2004年10月出石川破堤氾濫における洪水の被害調査と氾濫流解析に基づく検討, 河川技術論文集, 13巻, pp.243-pp.248, 2007,6
  74. デカルト座標系を用いた市街地氾濫流シミュレータの構築と竹原市の高潮氾濫への適用, 水工学論文集, 51巻, pp.517-pp.522, 2007,2
  75. 二次元浅水流の保存型CIP陽解法の開発とその検証, 応用力学論文集, 9巻, pp.917-pp.924, 2006,9
  76. 複断面蛇行河道における洪水流の増水期と減水期の流れ構造, 応用力学論文集, 9巻, 977号, pp.985, 2006,9
  77. A CIP-based method for shallow water flows in complex geometries using Cartesian grids, Proceedings of 7th International Conference on Hydroscience and Engineering ICHE-2006, Philadelphia, U.S.A., 2006,9
  78. Unsteady flow structure in a compound meandering channel, Proceedings of 7th International Conference on Hydroscience and Engineering ICHE-2006, Philadelphia, U.S.A., 2006,9
  79. 任意の境界形状を有する二次元浅水流の高精度解析手法の開発, 水工学論文集, 50巻, pp.799-pp.804, 2006,2
  80. 河床洗掘による根固め工の滑り限界の力学的検討, 水工学論文集, 50巻, pp.829-pp.834, 2006,2
  81. 河岸浸食面に作用するせん断応力と流れ構造の関係, 水工学論文集, 50巻, pp.637-pp.642, 2006,2
  82. Experiments and analyses on the deformation of the bed protective works downstream of a weir, XXXI IAHR Congress Proceedings, Seoul, Korea, pp.3103-pp.3111, 2005,9
  83. 落差工下流の河床洗掘孔を考慮し設置された粗朶沈床の効果検討, 河川技術論文集, 11巻, pp.399-pp.404, 2005,6
  84. 流れによる護床ブロック群の変形・破壊の解析, 水工学論文集, 49巻, 1号, pp.793-pp.798, 2005,2
  85. ★, 床止め工下流部の局所洗掘の数値解析モデルの開発, 土木学会論文集, 768巻, II-68号, pp.45-pp.54, 2004,8
  86. 根固め工の変形・滑り破壊に関する研究, 河川技術論文集, 10巻, pp.131-pp.136, 2004,6
  87. 小河川における漸縮・漸拡部の形成機構, 河川技術論文集, 10巻, pp.267-pp.272, 2004,6
  88. 護床工最下流粗度要素の移動限界と破壊の実験, 水工学論文集, 48巻, 1号, pp.841-pp.846, 2004,2
  89. 二次元水理構造物を越流する流れの数値計算, 水工学論文集, 47巻, pp.817-pp.822, 2003,2
  90. 河岸に作用する流れのせん断応力の直接測定法, 水工学論文集, 47巻, pp.487-pp.492, 2002,6
  91. 河床の洗掘による根固め工の洗掘特性に関する研究, 河川技術論文集, 8巻, pp.237-pp.242, 2002,6
  92. Two Dimensional Analysis of Shallow Water Flow with Submersible Large Roughness Elements, XXIX IAHR Congress Proceedings, Theme D, Beijing, China, 1巻, pp.364-pp.370, 2001,9
  93. 大型粗度群上の浅い流れの平面二次元解析とその応用, 土木学会論文集, 691巻, II-57号, pp.93-pp.103, 2001,11
  94. 水没大型粗度を有する浅い流れの一次元解析と二次元解析, 水工学論文集, 44巻, pp.533-pp.538, 2000,2
  95. 水没・非水没大型粗度が混在する浅い流れに関する基礎的研究, 水工学論文集, 43巻, pp.293-pp.298, 1999,2

著書等出版物

  1. 2015年,2月, 水理実験解説書[平成27年度版], 丸善株式会社, 教科書, 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. データと情報~水理解析の視点から~, 内田龍彦, 第25回広島大学土木会技術シンポジウム, 2017年06月10日, 招待, 日本語, 広島大学土木会
  2. Challenges for large-scale sediment transport simulations, Invited presentation, Tatsuhiko Uchida, Workshop on sediment transport dynamics: conventional and novel approaches and their complementary relations, THESIS-2016, 2016年09月13日, 招待, 英語
  3. 洪水流の水理解析技術の現状, 内田龍彦, 土木学会 研究討論会「河川堤防の安全性を如何に守るか―今後数百年を見据えて―」, 2016年09月07日, 通常, 日本語
  4. 河床の極近傍における流れと土砂運動の力学的評価への挑戦~水深積分モデルによる非平衡粗面抵抗則の適用性と課題~, 内田龍彦, 河川・海岸の土砂水理に関するワークショップ-土砂運動と地形変動解析の問題点の改善と流砂・漂砂水理学の新展開-,土木学会, 2015年10月19日, 招待, 日本語
  5. 摩擦速度は粗度層の流れを表しているか?-粗度層を含む河床近傍の流れの非平衡性を考慮した解析に基づく検討, 内田龍彦, 2014年度基礎水理シンポジウム,移動床水理学が生態系保全に果たす役割, 2014年12月01日, 招待, 日本語
  6. 河川流解析の役割と適用範囲, 内田龍彦, 河道計画・管理のための流れ・地形変化の解析技術力向上に向けて,2014年度河川技術に関するシンポジウム, 2014年06月05日, 通常, 日本語
  7. 2D Numerical Computation for Flood Flow in Upper River Basin with Tributary Entries by Using Water Level Hydrographs Observed at Main Stream, Tatsuhiko Uchida, Shoji Fukuoka, 5th International Conference on Flood Management, Special Session 6, Advances and New Directions in Hydraulics of Flood Modelling, 2011年09月29日, 招待, 英語
  8. 任意の境界形状を評価できるデカルト座標系浅水流モデルと下水道を考慮した氾濫統合解析手法の開発, 内田龍彦, 2007年度基礎水理シンポジウム, 2007年12月18日, 招待, 日本語
  9. 水災害対策支援のための高精度氾濫流シミュレータの開発, 内田龍彦, 平成18年度中国地方建設技術開発交流会,広島市, 2006年10月12日, 招待, 日本語
  10. 高精度市街地氾濫シミュレータの構築と適用, 内田龍彦, 修習技術者のためのセミナー, 2006年08月26日, 招待, 日本語

受賞

  1. 2017年06月09日, 平成28年度土木学会論文賞, 公益社団法人土木学会会長
  2. 2016年, 第60回水工学講演会アウトスタンディング・ディスカッション賞
  3. 2015年, 土木学会平成27年度全国大会第70回年次学術講演会優秀講演者
  4. 2007年, 2007年度河川技術に関するシンポジウムポスターセッション優秀発表者
  5. 2006年, 土木学会平成18年度全国大会第61回年次学術講演会優秀講演者
  6. 2004年, 土木学会平成16年度全国大会第59回年次学術講演会優秀講演者
  7. 2002年, 土木学会平成14年度全国大会第57回年次学術講演会優秀講演者
  8. 1998年, 土木学会平成10年度全国大会第53回年次学術講演会優秀講演者

社会活動

委員会等委員歴

  1. International journal of sediment research, Review Board, 2017年03月
  2. 土木学会論文集編集委員会 編集調整会議 副幹事長, 2017年06月09日, 土木学会
  3. 土木学会論文集編集委員会B1・B2・B3分冊合同編集小委員会 幹事/幹事長, 2015年06月12日, 2017年06月12日, 土木学会
  4. 水理委員会河川部会 幹事, 2011年10月, 2013年03月, 土木学会
  5. 水理委員会基礎水理部会 幹事, 2011年04月, 2013年05月, 土木学会
  6. 土木学会研究調査部門水工学委員会 グローカル気候変動適応研究推進委員会 委員, 2017年06月01日, 土木学会
  7. 土木学会出版委員会 委員, 2017年06月, 土木学会
  8. 水工学論文集編集小委員会 委員, 2015年08月
  9. 土木学会調査研究部門地盤工学委員会堤防研究小委員会 部会員, 2014年08月26日, 土木学会
  10. 土木学会水工学委員会水理実験指導書改訂検討小委員会 委員, 2013年02月, 2015年03月, 土木学会
  11. 土木学会平成22-23年全国大会プログラム編集委員, 2011年04月, 2013年03月
  12. 技術交流・連携会議 委員, 2017年08月, 一般社団法人流域水管理研究所
  13. 広島県環境影響評価技術審査会委員, 広島県環境保全課
  14. 河川研究会 委員, 2017年.8月, 一般財団法人 国土技術研究センター

学術会議等の主催

  1. The 3rd symposium on Two-pHase modElling for Sediment dynamIcS in Geophysical Flows, 幹事長, 2015年, 2016年