安部 主晃KAZUAKI ABE

Last Updated :2020/07/06

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 助教
メールアドレス
kabehiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 修士(心理学) (広島大学)
  • 博士(心理学) (広島大学)

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 心理学研究法演習
  2. 2020年, 学部専門, 1ターム, 臨床心理学概論
  3. 2020年, 学部専門, 集中, 心理演習
  4. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 臨床心理学課題研究I
  5. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 臨床心理学課題研究II
  6. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文
  7. 2020年, 学部専門, 4ターム, 公認心理師の職責
  8. 2020年, 学部専門, 4ターム, 心理学的支援法
  9. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 心理実習I
  10. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 臨床心理学特講I
  11. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 心理的アセスメントに関する理論と実践 I (臨床心理査定演習I)
  12. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 臨床心理基礎実習I
  13. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習I
  14. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習II
  15. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習III
  16. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 心理実践実習IV (臨床心理実習I)
  17. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習V
  18. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習B
  19. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 臨床心理査定演習II
  20. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 臨床心理実習II
  21. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  22. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 臨床心理学特講Ⅰ
  23. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 臨床心理査定演習Ⅰ(心理的アセスメントに関する理論と実践)
  24. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 臨床心理査定演習Ⅱ
  25. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 臨床心理基礎実習Ⅰ
  26. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習Ⅰ
  27. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習Ⅱ
  28. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習A
  29. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 心理実践実習B
  30. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 中年期労働者のアイデンティティ危機, 産業ストレス研究, 21巻, 3号, pp. 251-258, 20140731
  2. ★, 再確認傾向が対人ストレスイベント及び精神的健康に及ぼす影響, パーソナリティ研究, 23巻, 1号, pp. 29-37, 20140730
  3. 再確認傾向者における対人ネットワーク利用と精神的健康の関連, 広島大学大学院教育学研究科紀要, 65号, pp. 93-100, 20161222
  4. Referencing the body for mood state regulation: an examination of stress management using Dohsa-hou as a primary prevention program for nurses., Environmental and Occupational Health Practice, 1巻, pp. 55-60, 2019/12/13

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 再確認傾向と精神的健康の関連 ‐感情制御時の対人ネットワーク利用の視点から‐, 安部主晃, 中島健一郎, 中国四国心理学会第72回大会, 2016年10月29日, 招待, 日本語, プレプリント
  2. 再確認傾向と特性不安が抑うつに及ぼす影響, 安部主晃, 川人潤子、大塚泰正, 第121回アメリカ心理学会, 2013年07月31日, 通常, 英語, 発表資料
  3. 再確認傾向が精神的健康に及ぼす影響, 安部主晃, 川人潤子、大塚泰正, 日本心理学会第76回大会, 2012年09月11日, 通常, 日本語, 発表資料

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 子どもの話を聴くボランティア養成講座, 子どもの話を聴くボランティア養成講座, NPO法人ひろしまチャイルドライン子どもステーション, 2018年/02月/18日, 2018年/02月/18日, 講師, セミナー・ワークショップ, 社会人・一般