栗田 雄一YUICHI KURITA

Last Updated :2018/11/01

所属・職名
大学院工学研究科 サイバネティクス応用講座 教授
メールアドレス
ykuritahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
人の運動と感覚機能の理解,ならびに人間拡張,ヒューマンインタフェース,運動アシストデザインの研究をしています.

基本情報

学位

  • 博士(工学) (奈良先端科学技術大学院大学)
  • 修士(工学) (奈良先端科学技術大学院大学)

研究分野

  • 情報学 / 人間情報学 / 知覚情報処理
  • 複合領域 / 人間医工学 / リハビリテーション科学・福祉工学

研究キーワード

  • 運動アシスト機器
  • 力覚・触覚
  • 筋骨格モデル
  • ヒューマンインタフェース

教育活動

授業担当

  1. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, ILDP Global Internship Advanced (I to J)
  2. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, ILDP Global Internship Advanced (I to J)
  3. 2018年, 学部専門, 2ターム, 回路理論II
  4. 2018年, 学部専門, 2ターム, 電気回路演習
  5. 2018年, 博士課程・博士課程後期, 通年, システムサイバネティクス講究III
  6. 2018年, 博士課程・博士課程後期, 年度, システムサイバネティクス講究III
  7. 2018年, 博士課程・博士課程後期, 通年, システムサイバネティクス講究IV
  8. 2018年, 博士課程・博士課程後期, 年度, システムサイバネティクス講究IV
  9. 2018年, 博士課程・博士課程後期, 通年, システムサイバネティクス講究V
  10. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生体システム特論
  11. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 通年, システムサイバネティクス講究II
  12. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 通年, システムサイバネティクスセミナーII
  13. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), システムサイバネティクス講究IA
  14. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), システムサイバネティクス講究IB
  15. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), システムサイバネティクスセミナーIA
  16. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), システムサイバネティクスセミナーIB

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Piezoelectric Tweezer-Type End Effector With Force- and Displacement-Sensing Capability, IEEE-ASME TRANSACTIONS ON MECHATRONICS, 17巻, 6号, pp.1039-pp.1048, DEC 2012
  2. ★, Wearable Sensorimotor Enhancer for Fingertip Based on Stochastic Resonance Effect, IEEE TRANSACTIONS ON HUMAN-MACHINE SYSTEMS, 43巻, 3号, pp.333-pp.337, MAY 2013
  3. ★, Human-sized Anthropomorphic Robot Hand with Detachable Mechanism at the Wrist, Mechanism and Machine Theory, 46巻, 1号, pp.53-pp.66, 20110101
  4. "Flexible Sensor for McKibben Pneumatic Artificial Muscle, International Journal of Automation Technology, 3巻, 6号, pp.731-pp.740, 20090101
  5. ★, Contact Based Stiffness Sensing of Human Eye, IEEE Transactions on Biomedical Engineering, 55巻, 2号, pp.739-pp.745, 20080201
  6. ★, A Fingerprint Pointing Device Utilizing the Deformation of the Fingertip during the Incipient Slip, IEEE Transactions on Robotics, 21巻, 5号, pp.801-pp.811, 20051001
  7. 積分カフ脈波拡張率に基づく血管内皮機能の非観血評価, 医機学, 82巻, pp.259-pp.266, 20120301
  8. 電磁誘導を利用した触診可能頸動脈波センサの開発, 電気学会論文誌C, 132巻, 12号, pp.1934-42, 20121201
  9. 対数線形化血管粘弾性インデックスの提案と頸動脈超音波検査への応用, 計測自動制御学会論文集, 48巻, 9号, pp.563-pp.570, 20120901
  10. 対数線形化末梢血管粘弾性インデックスの提案と交感神経遮断術への応用, 計測自動制御学会論文集, 48巻, 11号, pp.731-pp.739, 20121101
  11. エアパック型体表脈波センサを利用した脈波変動解析, 日本人間工学会第45回中国・四国支部大会公演論文集, pp.106-pp.107, 20121201
  12. enclosed zone Flow-Mediated Dilation (ezFMD)法を利用した下肢血管内皮機能の計測, 日本人間工学会第45回中国・四国支部大会講演論文集, pp.160-pp.161, 20121201
  13. 血流依存性血管拡張反応検査中の動脈壁粘弾性特性の推定, 計測自動制御学会論文集, 49巻, 11号, pp.1029-pp.1036, 20131101
  14. Influence of Ocular Stiffness on Intraocular Pressure Estimation Using Goldmann Applanation Tonometry, JOURNAL OF MEDICAL AND BIOLOGICAL ENGINEERING, 33巻, 3号, pp.293-pp.299, 2013
  15. A comparison between the human sense of smell and neural activity in the olfactory bulb of rats., A comparison between the human sense of smell and neural activity in the olfactory bulb of rats., 39巻, 2号, pp.91-pp.105, 2014
  16. A Log-Linearized Arterial Viscoelastic Model for Evaluation of the Carotid Artery, 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'13), pp.2591-pp.2594, 2013
  17. A Subjective Force Perception Model of Humans and its Application to a Steering Operation System of a Vehicle, Proceedings of 2013 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2013), pp.3675-pp.3680, 2013
  18. A Training System for the MyoBock hand in a Virtual Reality Environment, 2013 IEEE Biomedical Circuits and Systems Conference (BioCAS2013), pp.61-pp.64, 2013
  19. Big five personality traits can predict improved endoscopic surgical performance and medical student, 21st International Congress of the EAES (European Association for Endoscopic Surgery), 2013
  20. Bioelectric Signal Classification Using a Recurrent Probabilistic Neural Network with Time-series Discriminant Component Analysis, 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'13), pp.5394-pp.5397, 2013
  21. CPGシナジー仮説:非定常リズム信号を生成可能なCPGシナジーモデルの提案と指タップ運動の表現, 計測自動制御学会論文集, 49巻, 7号, 2013
  22. Estimation of Arterial Stiffness During the Flow-Mediated Dilation Test, Proceedings of 2013 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2013), pp.3756-pp.3759, 2013
  23. Haptic rendering of needle penetration by enhancing the real force response of a base object, Haptics Symposium, pp.357-360, Houston, Texas, pp.23-pp.26, 20140224
  24. Improvement of tactile sensitivity by stochastic resonance effect - Applications to surgical grasping forceps -, 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'13), pp.4601-pp.4604, 2013
  25. Investigation of subjective force perception based on estimation of muscle activities during steering operation, 2013 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2013), pp.76-pp.81, 2013
  26. Monitoring of Peripheral Vascular Condition Using a Log-Linearized Arterial Viscoelastic index During Endoscopic Thoracic Sympathectomy, 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'13), pp.2587-pp.2590, 2013
  27. 筋力推定に基づくステアリング操作時の力知覚モデル, 日本機械学会論文集C編, 79巻, 808号, pp.4917-pp.4925, 2013
  28. Unloading muscle activation enhances force perception, Augmented Human 2014, 20140307
  29. A Comparison Between the Human Sense of Smell and Neural Activity in the Olfactory Bulb of Rats, Chemical Senses, 39巻, 2号, pp.91-pp.105, 20140201
  30. 確率共鳴を利用した触知覚感度向上効果を有する低侵襲手術用把持鉗子, 日本ロボット学会誌, 32巻, 6号, pp.76-pp.83, 20140801
  31. 人間の主観的反力知覚モデルに基づく自動車のステアリングホイール操作系評価, 自動車技術会論文集, 45巻, 3号, pp.579-pp.584, 20140501
  32. 動画像解析に基づく乳幼児行動マーカーレスモニタリングシステム, 発育発達研究, 65号, pp.1-pp.7, 20141101
  33. 電気刺激ならびに視覚・振動覚刺激による仮想重量感呈示, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 19巻, 4号, pp.487-pp.494, 20141201
  34. 新生児の自発運動評価を目的としたGeneral Movements 診断支援システム, 計測自動制御学会論文集, 50巻, 9号, pp.684-pp.692, 20140901
  35. 時系列判別成分分析に基づく次元圧縮型リカレント確率ニューラルネット, 計測自動制御学会論文集, 50巻, 4号, pp.356-pp.365, 20140401
  36. Stochastic resonance enhanced tactile feedback in laparoscopic surgery, SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES, 29巻, 12号, pp.3811-pp.3818, DEC 2015
  37. A Recurrent Probabilistic Neural Network with Dimensionality Reduction Based on Time-series Discriminant Component Analysis, IEEE TRANSACTIONS ON NEURAL NETWORKS AND LEARNING SYSTEMS, 26巻, 12号, pp.3021-pp.3033, DEC 2015
  38. ★, Stiffness display by muscle contraction via electric muscle stimulation, IEEE Robotics and Automation Letters, 1巻, 2号, pp.1014-pp.1019, July 2016
  39. Dynamic properties of human eyes., Dynamic properties of human eyes., 3巻, 2005
  40. Eye stiffness measurement by probe contact method., Eye stiffness measurement by probe contact method., 1巻, 2006
  41. A Motor Behavioral Evaluation Method for Children with Developmental Disorders during Music Therapy Sessions: A Pilot Study, Current Pediatrics Research
  42. ★, Surgical Grasping Forceps with Enhanced Sensorimotor Capability via the Stochastic Resonance Effect, IEEE/ASME Transactions on Mechatronics
  43. バーチャルハンドを利用した相互学習型筋電義手トレーニングシステム, 日本ロボット学会誌, 34巻, 6号, pp.404-pp.410
  44. Head-up tilt試験を利用したパーキンソン病患者の自律神経機能診断支援法の提案, 医療機器学, 85巻, 6号, pp.569-pp.576
  45. 対数線形化末梢血管粘弾性モデルに基づく交感神経活動の定量化と皮膚電気刺激に対する客観的疼痛評価への応用, 計測自動制御学会論文集, 51巻, 9号, pp.627-pp.633
  46. 未学習クラス推定ニューラルネットの提案と筋電義手制御への応用, 日本ロボット学会誌, 33巻, 4号, pp.275-pp.284
  47. 主観的力知覚空間におけるステアリングホイール操作特性の感性評価と設計への応用, 日本機械学会論文集, 81巻, 822号, pp.14-00463
  48. ★, Understanding Force Perception Characteristics of a Human and Its Applications, Pervasive Haptics, pp.39-pp.54
  49. ★, 人の運動における確率的挙動の理解とヒューマンロボットインタラクションへの応用, 日本ロボット学会誌, 34巻, 6号, pp.378-pp.381
  50. Change over time of infants' movements based on motion analysis: Comparison with changes in General Movements and the body sway, World Confederation for Physical Therapy Congress
  51. Vibrating forceps enhances laparoscopic urgical skills, European Surgical Research, 55巻, 1号, pp.157
  52. Haptic force augmentation on a 3D printed surgical training phantom, European Surgical Research, 55巻, 1号, pp.79
  53. Effort Cube: a real-time muscle effort visualization system, Advances in Robotics
  54. Development of the Bio-Remote Adaptive Human Interface with Novel Glasses-based Operation, international Convention on Rehabilitation Engineering & Assistive Technology (i-CREATe2015), pp.2.2_110
  55. A Neural Network Based Infant Monitoring System to Facilitate Diagnosis of Epileptic Seizures, Proceedings of 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC 2015), pp.5614-pp.5617
  56. Human interface design method based on the estimation of muscle effort by a musculoskeletal model,, Proc. of IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2015), pp.480-pp.485
  57. A Non-Gaussian Approach for Biosignal Classification Based on the Johnson SU Translation System, IEEE 8th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA2015), pp.115-pp.120
  58. A neural network model of Caenorhabditis Elegans and simulation of Chemotaxis-related Information Processing SAI, Intelligent Systems Conference (InteliSys2015)
  59. Computer Simulation of Chemotaxis in Caenorhabditis Elegans in Consideration of Whole-body Movements, SAI Intelligent Systems Conference (InteliSys2015)
  60. Influence of visual and tactile feedback on haptic sensation by muscle electric stimulation, International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015), pp.19-pp.20
  61. Palpation force display by enhancing the force response of a surgical training phantom, International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015), pp.191-pp.192
  62. Understanding eye deformation in non-contact tonometry., Understanding eye deformation in non-contact tonometry., 1巻, 2006
  63. Objective assessment of endoscopic surgical skills by analyzing direction-dependent dexterity using the Hiroshima University Endoscopic Surgical Assessment Device (HUESAD)., Objective assessment of endoscopic surgical skills by analyzing direction-dependent dexterity using the Hiroshima University Endoscopic Surgical Assessment Device (HUESAD)., 38巻, 8号, 2008
  64. Stochastic resonance enhanced tactile feedback in laparoscopic surgery., Stochastic resonance enhanced tactile feedback in laparoscopic surgery., 2015
  65. The usefulness of 3-dimensional endoscope systems in endoscopic surgery, SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES, 30巻, 10号, pp.4562-pp.4568, 2016.10
  66. A Mathematical Model of the Olfactory Bulb for the Selective Adaptation Mechanism in the Rodent Olfactory System, PLoS One, 11巻, 12号, DEC 19 2016
  67. 人機一体を実現するためのヒューマンロボットインタラクション技術, 技術総合誌オーム, 104巻, 2号, pp.25-pp.27
  68. 人の滑り知覚モデルを利用したヒューマンインタフェース, 機械の研究, 69巻, 2号, pp.102-pp.107
  69. 骨格筋電気刺激による力覚感提示, 電気学会誌, 136巻, 10号, pp.674-pp.677
  70. 人の運動における確率的挙動の理解とヒューマンロボットインタラクションへの応用, 日本ロボット学会誌, 34巻, 6号, pp.378-pp.381
  71. ★, Understanding Force Perception Characteristics of a Human and Its Applications, Pervasive Haptics, pp.39-pp.54
  72. Evaluation of endpoint compliance based on the estimation of the muscle activity, Advances in Physical Ergonomics and Human Factors, pp.89-pp.92
  73. A virtual myoelectric prosthesis training system capable of providing instructions on hand operations, INTERNATIONAL JOURNAL OF ADVANCED ROBOTIC SYSTEMS, 14巻, 5号, SEP 19 2017
  74. A Variance Distribution Model of Surface EMG Signals Based on Inverse Gamma Distribution, IEEE TRANSACTIONS ON BIOMEDICAL ENGINEERING, 64巻, 11号, pp.2672-pp.2681, NOV 2017
  75. ★, Unpowered Sensorimotor-Enhancing Suit Reduces Muscle Activation and Improves Force Perception, IEEE TRANSACTIONS ON HUMAN-MACHINE SYSTEMS, 47巻, 6号, pp.1158-pp.1163, DEC 2017
  76. Development of a pneumatic artificial muscle driven by low pressure and its application to the unplugged powered suit, ADVANCED ROBOTICS, 31巻, 21号, pp.1135-pp.1143, 2017 NOV
  77. ForceHand Glove: A Wearable Force-Feedback Glove With Pneumatic Artificial Muscles (PAMs), IEEE ROBOTICS AND AUTOMATION LETTERS, 3巻, 3号, pp.2416-pp.2423, JUL 2018
  78. 筋骨格モデルによる短下肢装具装着下歩行中の筋活性度推定と筋力推定の検討, バイオメカニズム学会誌, 41巻, 4号, pp.213-pp.219, 2017.4
  79. 低圧駆動型空気圧人工筋を用いたアンプラグド・パワード・スーツ, フルードパワーシステム, 48巻, 5号, pp.274-pp.276, 2017.9
  80. アンプラグド・パワード・スーツ~低圧駆動人工筋を利用した電気エネルギーを用いない運動支援スーツ~, 暦本純一監修,オーグメンテッド・ヒューマン~AIと人体科学の融合による人機一体,究極のIFが創る未来~, 2018.1
  81. 電気的筋肉刺激による人工的重量感ならびに硬さ感の提示, VR/AR技術の開発動向と最新応用事例, 2018.2
  82. Medical devices to enhance haptic capability, Impact, 2018巻, 2号, pp.21-pp.23, 2018 MARCH

著書等出版物

  1. Advances in Physical Ergonomics and Human Factors Part I, Evaluation of endpoint compliance based on the estimation of the muscle activity, AHFE International, 2015, 単行本(学術書), 共著, Yuichi Kurita, Kohei Sakurada, and Tosho Tsuji, 89-92

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 人の感覚・運動特性の理解に基づく作業支援機器の開発, 栗田雄一, 再生医療とリハビリテーション研究会, 2015年03月14日, 招待, 日本語, 広島大学霞キャンパス
  2. Human Interface for Embodied Reality, Yuichi Kurita, India-HU Workshop for Sensing and Robotics 'HiSENS2015', 2015年02月12日, 通常, 英語
  3. Human Assistive System for Improving Sensorimotor Performance, Yuichi Kurita, International Workshop on Human Assistive Systems Based on Human Modeling in Tokyo, 2014年12月14日, 通常, 英語
  4. "使いやすい"を形にする, 栗田雄一, 第1回イノベカフェ~アイデアを形に~, 2014年11月26日, 通常, 日本語
  5. Toward the next-generation of human interface: understanding human perception characteristics and their applications, Yuichi Kurita, Seminar on human sensorimotor control in Applied Physiology Department, 2014年10月01日, 通常, 英語, Department of Applied Physiology, Georgia Institute of Technology, USA
  6. ヒューマンモデリング技術に基づく使いやすさの定量化, 栗田雄一, 精密工学会秋季大会関連事業 元気の出る新技術講演会, 2014年09月16日, 招待, 日本語, 鳥取大学鳥取キャンパス
  7. 主観的な感覚はデザインできるか ~運動・知覚のヒューマンモデリングと工学的応用~, 栗田雄一, デジタルヒューマン技術協議会, 2014年08月29日, 招待, 日本語, 産業技術総合研究所デジタルヒューマン研究センター
  8. 心地よいアシストを実現するための人の感覚運動特性モデリング, 栗田雄一, 信州大学 人を支える知能ロボティクス・メカトロニクス技術講演会, 2014年08月27日, 招待, 日本語, 信州大学上田キャンパス
  9. 人を賢くサポートするためのコンピュテーショナルヒューマンモデリング, 栗田雄一, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門東北地区特別講演会:ロボティクスによる人間支援最新技術, 2014年07月04日, 招待, 日本語, 東北大学青葉山キャンパス
  10. Computational Modeling of Subjective Force Sensation for Assisting Human Activity, Yuichi Kurita, IEEE ICRA 2014 Workshop on Human Modeling and Control for Assistive Technologies, 2014年06月01日, 通常, 英語, Hong Kong Convention and Exhibition Centre, HongKong
  11. Haptic rendering of needle penetration by enhancing the real force response of a base object, Yuichi Kurita, Hiroyuki Ohtsuka, Kazuyuki Nagata, and Tosho Tsuji, Haptics Symposium, 2014年02月, 通常, 英語, Houston, Texas, USA
  12. Unloading muscle activation enhances force perception, Yuichi Kurita, Jumpei Sato, Takayuki Tanaka, Minoru Shinohara, and Tosho Tsuji, Augmented Human, 2014年03月, 通常, 英語, Kobe, Japan
  13. Fingertip force estimation based on the deformation of the fingertip, Akihito Kibita, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita, International Digital Human Modeling Symposium, 2014年05月, 通常, 英語, Tokyo, Japan
  14. Haptic rendering of tissue stiffness by the haptic enhanced reality method, Yoshihide Otsuru, Toshio Tsuji and Yuichi Kurita, EuroHaptics, 2014年06月, 通常, 英語, Versailles, France
  15. Chemotaxis Simulation of Caenorhabditis Elegans Using an Active cord Mechanism in an Actual Environment, C. elegans Development, Shinya Nishikawa, Zu Soh, Yuichi Kurita, Toshio Tsuji, Cell Biology and Gene Expression Meeting in association with The 6th Asia-Pasific C. elegans Meeting, 2014年07月, 通常, 英語, Nara, Japan
  16. Evaluation of endpoint compliance based on the estimation of the muscle activity, Yuichi Kurita, Kohei Sakurada, and Tosho Tsuji, International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics, 2014年07月, 通常, 英語, Krakow, Poland
  17. Wearable pseudo-haptic interaction by using electrical muscle stimulation, Takaaki Ishikawa, Toshio Tsuji and Yuichi Kurita, AsiaHaptics, 2014年11月, 通常, 英語, Tsukuba, Japan
  18. Fingertip force estimation based on the deformation of the fingertip, Akihito Kibita, Toshio Tsuji and Yuichi Kurita, AsiaHaptics, 2014年11月, 通常, 英語, Tsukuba, Japan
  19. Change over time of infants' movements based on motion analysis: Comparison with changes in General Movements and the body sway, Koji Shimatani, Taro Shibanoki, Keisuke Shima, Yuichi Kurita, Akira Otsuka, Maura Casadio, Psiche Giannoni, Paolo Moretti, Pietro Morasso, and Toshio Tsuji, World Confederation for Physical Therapy Congress, 2015年13月, 通常, 英語, Singapor
  20. 筋肉を着るウェア:筋補助力のオーダーメイド設計手法の開発とウェアの試作, 栗田雄一, (公財)ちゅうごく産業創造センター 2016年度ビジネスマッチング交流会, 2016年01月28日, 招待, 日本語
  21. 人の運動と感覚を拡張するアンプラグド・パワード・スーツ, 栗田雄一, 第33回日本ロボット学会学術講演会, 2015年09月05日, 招待, 日本語
  22. 電動装置を使わない運動アシストウェアの開発 -高齢化社会を支える運動アシスト技術-, 栗田雄一, 中国地区品質経営協会 市場創造と技術革新シンポジウム, 2015年09月28日, 招待, 日本語
  23. Wearable assistive devices that enhance sensorimotor capability of surgeons, Yuichi Kurita, 2nd workshop on The role of human sensorimotor control in surgical robotics, 2015年10月02日, 招待, 日本語
  24. トレーニング,リハビリ支援のための筋負担推定と可視化, 栗田雄一, (公財)ちゅうごく産業創造センター 平成27年度第2回医療福祉機器技術事業化交流会, 2015年10月05日, 招待, 日本語
  25. 筋と力覚:人の感覚運動機能の理解と工学応用, 栗田雄一, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門触覚部会触覚講習会, 2015年11月27日, 招待, 日本語
  26. 筋肉を着るウェア:筋補助力のオーダーメイド設計手法の開発とウェアの試作, 栗田雄一, (公財)ちゅうごく産業創造センター 2016年度ビジネスマッチング交流会, 2016年01月28日, 招待, 日本語
  27. 主観は制御できるか?- 物理量と感覚量を繋げる工学技術, 栗田雄一, 日本認知心理学会第14回大会産学連携公開シンポジウム, 2016年06月18日, 招待, 日本語, 東広島市
  28. 高齢化社会を楽しく変える運動アシスト技術, 栗田雄一, 新川電機セミナー展示会2016, 2016年06月23日, 招待, 日本語, 広島市
  29. 筋負担推定に基づくインタフェースレスポンスの設計手法, 栗田雄一, デジタルヒューマン技術協議会, 2016年08月26日, 通常, 日本語, 産業技術総合研究所, 東京都
  30. 使いやすいを形にする力覚と触覚のインタフェース -人の計測/物性値の設計値への変換と取組事例-, 栗田雄一, ひろしま感性イノベーション推進協議会, 2016年09月12日, 招待, 日本語, ひろしま感性イノベーション推進協議会, 東広島市
  31. スーパーヒューマンは作れるか?, 栗田雄一, ちゅうごく産業創造センターオリンピアン講演会, 2016年10月05日, 招待, 日本語, ちゅうごく産業創造センター, 広島市
  32. Design of Weight: How do we feel force, and how can we apply it to product design?, Yuichi Kurita, Yoshiyuki Tanaka, Workshop on AsiaHaptics2016, 2016年11月29日, 招待, 英語, 柏市
  33. 低圧駆動人工筋を利用した運動アシスト, 栗田雄一, 再生医療とリハビリテーション研究会, 2016年12月10日, 招待, 日本語, 東京都
  34. 感覚/運動機能をアシストする工学技術, 栗田雄一, 第7回 広島大学病院スポーツ医科学センター地域交流講演会, 2016年12月12日, 招待, 日本語, 広島市
  35. 超人を実現するための人間機械インタラクションにおけるチャレンジ, 栗田雄一, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会2016 超人スポーツフォーラム, 2016年12月17日, 招待, 日本語, 札幌市
  36. 触るを見せる,触るで魅せる, 栗田雄一, 精神的価値が成長する感性イノベーション拠点公開シンポジウム, 2018年01月31日, 招待, 日本語
  37. Soft exoskeleton to augment sports activity and support healthcare, Yuichi Kurita, Italy-Japan Workshop 2017, 2017年12月08日, 招待, 英語
  38. Design of Human Machine Interface based on Understanding of Human's Motor and Sensory Capacitys, Yuichi Kurita, International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science, 2017年12月04日, 招待, 英語
  39. 筋肉を着るスーツによるスポーツ体験の拡張, 栗田雄一, 繊維機械学会セミナー, 招待, 日本語
  40. 力覚/触覚パワードスーツによる人の感覚運動機能の拡張とスポーツへの展開, 栗田雄一, システム制御情報学会セミナー, 2017年11月09日, 招待, 日本語
  41. 技術をまとって超人になろう!, 栗田雄一, ひろしまIT総合展2017, 2017年10月25日, 招待, 日本語
  42. 持続的な成長を促すための運動アシスト技術, 栗田雄一, 広島キワニスクラブ例会講演, 2017年06月22日, 招待, 日本語
  43. 身体性を考慮したヒューマンインタフェースの評価と設計への応用, 栗田雄一, ImPACTプログラム合同ワークショップ ロボットイノベーションのためのヒューマン・インタフェース, 2017年05月13日, 招待, 日本語
  44. A soft exoskeleton suit to reduce muscle fatigue with pneumatic artificial muscles, Kosuke Tsuneyasu, Ayumu Ohno, Yoshiyuki Fukuda, Kazunori Ogawa, Toshio Tsuji and Yuichi Kurita, Augmented Human 2018, 2018年02月07日, 通常, 英語, Seoul, Korea
  45. Reinforced suit using low pressure driven artificial muscles for baseball bat swing, Wataru Sakoda, Antonio Vega, Kazunori Ogawa, Toshio Tsuji and Yuichi Kurita, Augmented Human 2018, 2018年02月07日, 通常, 英語, Seoul, Korea
  46. A Virtual System of a Hydraulic Excavator Using a Remote Controlled Excavator with Augmented Reality, Ryota Sekizuka, Kazushige Koiwai, Seiji Saiki, Yoichiro Yamazaki, Toshio Tsuji, Yuichi Kurita, IEEE/SICE International Symposium on System Integration, 2017年12月11日, 通常, 英語, Taipei, Taiwan
  47. Virtual Restoration of Down-sampled EMG Signals Using a Stochastic Model, Akira Furui, Hideaki Hayashi, Takaei Kihara, Takahiro Konishi, Yusuke Yoshida, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji, 11th international Convention on Rehabilitation Engineering & Assistive Technology, 2017年08月22日, 通常, 英語, Kobe International Conference Center, Kobe
  48. Variance Distribution Analysis of Surface EMG signals Based on Marginal Maximum Likelihood Estimation, Akira Furui, Hideaki Hayashi, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji, International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 2017, 2017年07月11日, 通常, 英語, Jeju Island, Korea
  49. Design and development of a PAM-enabled wrist assist glove, Swagata Das, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji, IEEE International Conference on Robotics and Automation 2017, 2017年05月29日, 通常, 英語, Singapore
  50. Surface EMG-based evaluation of a PAM-enabled wrist assist glove, Swagata Das and Yuichi Kurita, IEEE International Conference on Robotics and Automation 2017, 2017年05月29日, 通常, 英語, Singapore
  51. 改造ラジコンとAR提示による油圧ショベルのバーチャル操縦スキル評価システム, 関塚良太,小岩井一茂,佐伯誠司,山崎洋一郎,辻敏夫,栗田雄一, 第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2017年12月20日, 通常, 日本語, 仙台
  52. 空気圧ゴム人工筋を利用した作業支援スーツのアシスト力設計, 常安孝輔,大野歩,福田克幸,小川和徳,辻敏夫,栗田雄一, 第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2017年12月20日, 通常, 日本語, 仙台
  53. 把持部の一部を平面にしたペンの操作感に対する把持形態の影響, 岸下優介,川嶋龍彦,松下欣也,吉川将史,栗田雄一, 第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2017年12月20日, 通常, 日本語, 仙台
  54. 手洗い用水栓における形態の違いが力感に及ぼす影響, 三尾俊平,八板遼平,岡本美南,大橋隆弘,栗田雄一, 第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2017年12月20日, 通常, 日本語, 仙台
  55. 尺度混合モデルに基づく筋電位信号の分散分布特性の解析, 古居 彬,早志 英朗,曽 智,栗田 雄一,辻 敏夫, 第18回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2017年12月20日, 通常, 日本語, 仙台
  56. 短下肢装具の制動力変化が麻痺側下肢機能に及ぼす影響 -筋骨格モデルを使用した歩行解析による検討-, 山本征孝,島谷康司,長谷川正哉,村田拓也,椿野稔,阪上義雄,栗田雄一, 日本義肢装具学会学術大会, 2017年10月08日, 通常, 日本語, 東京
  57. 低圧駆動型人工筋を利用した野球バットスウィング強化スーツ, 迫田航,Vega Antonio,小川和徳,辻敏夫,栗田 雄一, 日本バーチャルリアリティ学会大会, 2017年09月27日, 通常, 日本語, 徳島
  58. 低圧駆動McKibben型人工筋を利用した電力を使わずにテニススウィングを強化するスーツ, 栗田雄一,小川和徳,池田智浩, 日本ロボット学会学術講演会, 2017年09月11日, 通常, 日本語, 東京都川越市
  59. 視界の制約がポインティング操作に与える影響の考察, 松村一志,辻敏夫,栗田雄一, The 2nd Workshop of Robotics Ongoing Breakthrough, 2017年09月01日, 通常, 日本語, 千葉県野田市
  60. 接触面変化と振動の同時計測による触感テクスチャの評価, 深田雅裕,静野大樹,辻敏夫,栗田雄一, The 2nd Workshop of Robotics Ongoing Breakthroughs, 2017年09月01日, 通常, 日本語, 千葉県野田市
  61. 空気圧人工筋を用いたサッカーのキック動作を増強するスーツ, 石橋侑也,小川和徳,,辻敏夫,栗田雄一, The 2nd Workshop of Robotics Ongoing Breakthroughs, 2017年09月01日, 通常, 日本語, 千葉県野田市
  62. 把持部の一部を平面にしたペンの操作感に関する考察, 栗田雄一,岸下優介,川嶋龍彦,松下欣也,吉川将史, ロボティクス・メカトロニクス講演会2017, 2017年05月11日, 通常, 日本語, 福島県郡山市
  63. 街歩き体験を可視化するための地面インタラクションセンシング, 飯倉隆寛,北雄介,中小路久美代,辻敏夫,栗田雄一, ロボティクス・メカトロニクス講演会2017, 2017年05月11日, 通常, 日本語, 福島県郡山市
  64. 透明擬似指を利用した接触面変化計測システム, 静野大樹, 荒川剛, 辻敏夫, 栗田雄一, ロボティクス・メカトロニクス講演会2017, 2017年05月11日, 通常, 日本語, 講演論文集, 1P1-M03, 郡山,
  65. 改造ラジコンとAR技術を用いた油圧ショベルのバーチャル操縦体験システム, 関塚良太,笠原拓也,小岩井一茂,辻敏夫,栗田雄一, ロボティクス・メカトロニクス講演会201, 2017年05月11日, 通常, 日本語, 福島県郡山市
  66. 空気圧ゴム人工筋を利用した建設作業支援スーツのアシストゲイン設計に関する考察, 常安孝輔,大野歩,福田克幸,小川和徳,辻敏夫,栗田雄一,, ロボティクス・メカトロニクス講演会2017, 2017年05月11日, 通常, 日本語, 福島県郡山市
  67. 血管粘弾性変化率によりオシロメトリック式血管内皮機能評価法ezFMDの識別能力は向上するか?, 田中 敬士,平野 陽豊,曽 智,栗田 雄一,鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇,河本 昌志,東 幸仁,吉栖 正生,辻 敏夫, 第2回日本血管不全学会学術集会, 2017年04月16日, 通常, 日本語, 東京
  68. Reinforced suit using low-pressure driven artificial muscles for baseball bat swing, Wataru Sakoda, Vega Antonio, Ogawa Kazunori, Toshio Tsuji, Yuichi Kurita,, 超人スポーツ学術研究会, 2017年12月08日, 通常, 英語, 神戸

受賞

  1. 2012年07月03日, The 2012 International Conference on Complex Medical Engineering Best Student Paper Finalist, Conference Chair, Institute of Complex Medical Engineering , Conference Chair, Institute of Complex Medical Engineering
  2. 2013年03月31日, 日本人間工学会中国・四国支部 優秀論文賞, 日本人間工学会中国・四国支部支部長
  3. 2012年10月04日, 日本味と匂学会 論文賞, 日本味と匂学会会長
  4. 2013年06月07日, 日本医療機器学会平成24年度論文賞, 一般社団法人日本医療機器学会理事長
  5. 2014年03月31日, 第46回日本人間工学会中国・四国支部大会優秀論文賞, 日本人間工学会
  6. 2014年09月09日, 計測自動制御学会論文賞, 計測自動制御学会
  7. 2015年12月07日, Honorable Mention International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM) 2015, ICAM2015 General Chair
  8. 2015年12月16日, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 SI2015優秀講演賞, 第16回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会実行委員長 プログラム委員長 表彰委員長
  9. 2015年12月16日, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 SI2015優秀講演賞, 第16回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会実行委員長 プログラム委員長 表彰委員長
  10. 2015年12月07日, Honorable Mention, International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM)2015, Palpation force display by enhancing the force response of a surgical training phantom
  11. 2015年12月16日, 優秀講演賞, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 SI2015, 信号強度依存ノイズに基づく人工筋電位信号生成モデルの提案と動作識別への応用
  12. 2015年12月16日, 優秀講演賞, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 SI2015, 対数線形化末梢血管粘弾性モデルに基づく疼痛評価法の開発:皮膚電気刺激に対する痛み感覚の刺激周波数依存性に関する検討
  13. 2016年03月31日, 優秀論文賞, 第48回日本人間工学会中国・四国支部大会, 乳幼児のハイハイ動作解析に基づく発育評価支援システムの開発

取得

  1. 特許権, 特許第6161157号, 印加力推定方法、印加力推定プログラム、およびコンピュータ入力デバイス
  2. 特許権, 特許第5991532

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. さきがけ「社会と調和した情報基盤技術の構築」研究領域, 個性と調和する人間機械システム設計論の構築, 2016年12月, 2020年04月

社会活動

委員会等委員歴

  1. 領域個人研究者, 2011年10月, 2015年03月, 独立行政法人科学技術振興機構
  2. 広島県研究開発評価会議技術評価委員, 2014年11月, 2015年03月, 広島県立総合技術研究所
  3. 広島県次世代産業創出研究会(人間工学・感性工学)メンバー, 2014年04月, 2015年03月, 広島県
  4. 中国地域質感色感研究会委員, 2015年04月, 2016年03月, 財団法人ちゅうごく産業創造センター
  5. Associate Editor, 2015年04月, 2016年03月, Advanced Robotics
  6. Associate Editor, 2015年04月, 2016年03月, JSME Mechanical Engineering Journal
  7. 欧文誌編集委員会 委員, 2015年04月, 2016年03月, 日本ロボット学会
  8. ロボティクス・メカトロニクス部門欧文誌委員会 委員, 2015年04月, 2016年03月, 日本機械学会
  9. 中四国支部 監査, 2015年04月, 2016年03月, 日本人間工学会
  10. 感性イノベーション推進協議会 メンバー, 2015年04月, 2016年03月, 広島県
  11. 触知覚原理に基づく触覚技術の産業・医療応用研究会 委員, 2015年04月, 2016年03月, 科学技術交流財団研究会事業
  12. 日本人間工学会 中四国支部 理事, 2014年04月, 2015年03月, 日本人間工学会
  13. 第20回ロボティクス・シンポジア プログラム委員, 2014年04月, 2015年03月, ロボティクス・シンポジアプログラム委員会
  14. 電気学会触覚デバイスの高度化協同研究委員会 委員, 2014年04月, 2015年03月, 電気学会
  15. 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会2014 プログラム委員, 2014年04月, 2015年03月, 計測自動制御学会
  16. 計測自動制御学会 触覚部会 委員, 2014年04月, 2015年03月, 計測自動制御学会
  17. 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014 プログラム委員, 2014年04月, 2015年03月, 日本機械学会
  18. 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門欧文誌委員会 委員, 2014年04月, 2015年03月, 日本機械学会
  19. 日本ロボット学会 会誌編集委員会 委員, 2014年04月, 2015年03月, 日本ロボット学会
  20. Technical Program Committee Member, 2014年04月, 2015年03月, 23rd IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication
  21. Associate Editor, 2014年04月, 2015年03月, IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics
  22. Associate Editor, 2014年04月, 2015年03月, IEEE/SICE International Symposium on System Integration
  23. 広島県研究開発評価会議技術評価委員, 2015年11月, 2016年03月, 広島県立総合技術研究所