宇敷 育男IKUO USHIKI

Last Updated :2017/11/06

所属・職名
大学院工学研究科 化学工学講座 助教
ホームページ
メールアドレス
iushikihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島県東広島市鏡山一丁目4番1号  工学研究科A4棟335
TEL:082-424-2052 FAX:082-424-2052
自己紹介
超臨界流体の有する高拡散性・低界面張力といったユニークな特徴と,多孔質材料の有する特異的なナノ空間を共に有効活用することによる新規の高機能性材料創製プロセスの戦略的開発を,関連する熱力学的諸物性に基づいて展開しています.

基本情報

主な職歴

  • 2017年04月01日, 広島大学, 大学院工学研究科 化学工学専攻, 助教
  • 2015年04月01日, 2017年03月31日, 東北大学, 大学院環境科学研究科, 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2014年04月01日, 2015年03月31日, 東北大学, 大学院工学研究科, 産学官連携研究員

学歴

  • 東北大学, 大学院工学研究科, 化学工学専攻 博士課程後期, 日本, 2011年04月01日, 2014年03月26日
  • 東北大学, 大学院工学研究科, 化学工学専攻 博士課程前期, 日本, 2009年04月01日, 2011年03月25日
  • 東北大学, 工学部, 化学・バイオ工学科, 日本, 2005年04月01日, 2009年03月25日

学位

  • 修士(工学) (東北大学)
  • 博士(工学) (東北大学)

担当主専攻プログラム

  • 化学工学プログラム

研究分野

  • 工学 / プロセス・化学工学 / 化工物性・移動操作・単位操作

研究キーワード

  • 超臨界流体
  • 多孔質材料
  • 化学工学熱力学
  • 分離
  • 反応
  • 平衡・輸送物性

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 基礎化学実験
  2. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 化学工学熱力学演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Adsorption equilibria of rhodium acetylacetonate with MCM-41, MSU-H, and HMS silica substrates in supercritical carbon dioxide for preparing catalytic mesoporous materials, JOURNAL OF SUPERCRITICAL FLUIDS, 120巻, pp.240-pp.248, 2017
  2. ★, Desorption behavior of various volatile organic compounds from activated carbon in supercritical carbon dioxide: Measurement and kinetic modeling, JOURNAL OF SUPERCRITICAL FLUIDS, 121巻, pp.41-pp.51, 2017
  3. Measurement and modeling of adsorption equilibria of imidazolium-based ionic liquids on activated carbon from aqueous solutions, FLUID PHASE EQUILIBRIA, 441巻, pp.17-pp.23, 2017
  4. Measurement and prediction of desorption behavior of five volatile organic compounds (acetone, n-hexane, methanol, toluene, and n-decane) from activated carbon for supercritical carbon dioxide regeneration, JOURNAL OF SUPERCRITICAL FLUIDS, 107巻, pp.226-pp.233, 2016
  5. ★, Multicomponent (Binary and Ternary) Adsorption Equilibria of Volatile Organic Compounds (Acetone, Toluene, and n-Hexane) on Activated Carbon in Supercritical Carbon Dioxide, INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH, 55巻, 7号, pp.2163-pp.2173, 2016
  6. Adsorption equilibria of volatile organic compounds on various adsorbents in supercritical carbon dioxide: Measurement and analysis by the Dubinin-Astakhov equation, FLUID PHASE EQUILIBRIA, 420巻, pp.58-pp.67, 2016
  7. Adsorption behavior of metal precursors on mesoporous silica in supercritical carbon dioxide, The proceedings of 14th International Conference on Properties and Phase Equilibria for Product and Process Design, 2016
  8. Preparation of mesoporous silica supported cobalt catalysts using supercritical fluids for Fischer-Tropsch synthesis, CHEMICAL ENGINEERING RESEARCH & DESIGN, 95巻, pp.64-pp.68, 2015
  9. VOCs (acetone, toluene, and n-hexane) adsorption equilibria on mesoporous silica (MCM-41) over a wide range of supercritical carbon dioxide conditions: Experimental and theoretical approach by the Dubinin-Astakhov equation, FLUID PHASE EQUILIBRIA, 403巻, pp.78-pp.84, 2015
  10. Development of a generalization model of VOCs adsorption equilibria on various adsorbents under supercritical carbon dioxide conditions by using the Dubinin-Astakhov equation, The proceedings of 7th international symposium on Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation, 2015
  11. Prediction of VOCs Adsorption Equilibria on Various Adsorbents in Supercritical Carbon Dioxide by Using Pure Component Adsorption Data, The proceedings of 7th international symposium on Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation, 2015
  12. Desorption behavior of VOCs under supercritical carbon dioxide conditions, DAI-DAN Techinical Reports, 109巻, pp.72-pp.76, 2015
  13. ★, Prediction of VOCs adsorption equilibria on activated carbon in supercritical carbon dioxide over a wide range of temperature and pressure by using pure component adsorption data: Combined approach of the Dubinin-Astakhov equation and the non-ideal adsorbed solution theory (NIAST), FLUID PHASE EQUILIBRIA, 375巻, pp.293-pp.305, 2014
  14. A kinetic study of organic compounds (acetone, toluene, n-hexane and n-decane) adsorption behavior on activated carbon under supercritical carbon dioxide conditions at temperature from 313 to 353 K and at pressure from 4.2 to 15.0 MPa, JOURNAL OF SUPERCRITICAL FLUIDS, 95巻, pp.187-pp.194, 2014
  15. Dry Cleaning Technology by Supercritical Carbon Dioxide, Japan Industrial Conference on Cleaning Industrial Cleaning, 2014
  16. Measurements and Dubinin-Astakhov correlation of adsorption equilibria of toluene, acetone, n-hexane, n-decane and methanol solutes in supercritical carbon dioxide on activated carbon at temperature from 313 to 353 K and at pressure from 4.2 to 15.0 MPa, FLUID PHASE EQUILIBRIA, 344巻, pp.101-pp.107, 2013
  17. Prediction of VOCs adsorption equilibria on activated carbon under supercritical carbon dioxide conditions by using pure components data, The proceedings of 2013 AIChE annual meeting, 2013
  18. Supercritical carbon dioxide regeneration of activated carbon for industrial re-use, The proceedings of 2013 AIChE annual meeting, 2013
  19. Effect of Impregnation Conditions of Cobalt Nano Particles in Mesoporous Silica Using Supercritical Fluid Solvent, JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN, 45巻, 8号, pp.615-pp.621, 2012
  20. ★, Surface Modification of Porous Silica Using Supercritical Carbon Dioxide, KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU, 38巻, 6号, pp.391-pp.396, 2012
  21. Adsorption Behavior of Toluene on Activated Carbon under Supercritical Carbon Dioxide Conditions, JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN, 45巻, 12号, pp.931-pp.938, 2012
  22. Measurement and prediction of VOCs adsorption equilibria on activated carbon in supercritical carbon dioxide, The proceedings of 10th International Symposium on Supercritical Fluids, 2012
  23. Extraction of Template Agents from Porous Silica Using Supercritical Carbon Dioxide-Entrainer Method, KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU, 37巻, 6号, pp.512-pp.517, 2011
  24. Prediction of adsorption behavior on activated carbon in supercritical carbon dioxide, The proceedings of 9th International Conference on Separation Science and Technology, 2011

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 超臨界流体を用いたナノ多孔質材料の設計-熱力学的モデリングに基づくアプローチ, 宇敷 育男, 第11回中四国若手CE合宿, 2017年08月31日, 招待, 日本語, 徳島県徳島市
  2. 超臨界含浸プロセスの効率的設計へ向けたSAFT型状態式による金属前駆体溶解度の熱力学的モデリング, 宇敷 育男,春木 将司,小池 美旺,佐藤 善之,猪股 宏,木原 伸一,滝嶌 繁樹, 化学工学会 第49回秋季大会, 2017年09月20日, 通常, 日本語, 愛知県名古屋市
  3. 超臨界含浸法に向けたメソポーラスシリカへの金属前駆体吸着平衡のモデリング, 小池 美旺,宇敷 育男,大田 昌樹,佐藤 善之,猪股 宏, 化学工学会 第49回秋季大会, 2017年09月20日, 通常, 日本語, 愛知県名古屋市
  4. 使用済み活性炭の再生を目的とした超臨界CO2雰囲気下におけるVOC吸脱着挙動, 菊地 孝一,宇敷育男,佐藤善之,猪股宏,伊藤 康孝, 化学工学会第82年会, 2017年03月, 通常, 日本語, 東京
  5. Adsorption Equilibria of Imidazolium-based Ionic Liquids on Activated Carbon from Aqueous Solutions, Ikuo Ushiki, Moe Tashiro, Richard L. Smith Jr., 11th Asian Thermophysical Properties Conference, 2016年10月, 通常, 英語, Yokohama, Japan
  6. 超臨界法による担持触媒調製へ向けたメソポーラスシリカに対する金属前駆体吸着挙動の測定及び速度論的モデリング, 宇敷育男,髙橋直人,小池美旺,大田昌樹,佐藤善之,Richard L. Smith Jr.,猪股宏, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年09月, 通常, 日本語, 徳島
  7. 水溶液中における活性炭へのイミダゾリウム系イオン液体の吸着挙動に関する検討, 宇敷育男,田代萌,渡邉 賢, Richard L. Smith Jr., 化学工学会第48回秋季大会, 2016年09月, 通常, 日本語, 徳島
  8. 使用済活性炭再生プロセスの最適化に向けた超臨界CO2雰囲気下におけるVOC吸脱着挙動に関する検討, 菊地 孝一,宇敷育男,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏,伊藤 康孝, 化学工学会第48回秋季大会, 2016, 2016年09月, 通常, 日本語, 徳島
  9. Adsorption Behavior of Metal Precursors on Mesoporous Silica in Supercritical Carbon Dioxide, Ikuo Ushiki, Naoto Takahashi, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Richard L. Smith Jr., and Hiroshi Inomata, 13th International Conference on Properties and Phase Equilibria for Products and Process Design, 2016年05月, 通常, 英語, Porto, Portugal
  10. Measurement and modeling of adsorption equilibria of metal complex in supercritical carbon dioxide for metal-supported porous materials, Ikuo Ushiki, Naoto Takahashi, Taichi Shimizu, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata, 11th International symposium on Supercritical Fluids, 2015年10月, 通常, 英語, Seoul, Korea
  11. Measurement and modeling of VOCs desorption behavior for regeneration of activated carbon by using supercritical carbon dioxide, Ikuo Ushiki, Koichi Kikuchi, Naoto Takahashi, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata and Yasuyuki Ito, 11th International symposium on Supercritical Fluids, 2015年10月, 通常, 英語, Seoul, Korea
  12. Measurement and kinetic modeling of desorption behavior of VOCs on activated carbon under supercritical carbon dioxide conditions, 菊地孝一,髙橋直人,宇敷育男,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏,伊藤康孝, 平成27年度化学系学協会東北大会, 2015年09月, 通常, 日本語, 弘前
  13. 超臨界CO2雰囲気下における多孔性シリカへの触媒金属前駆体の吸着平衡測定と解析, 髙橋直人,宇敷育男,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏, 化学工学会第47回秋季大会, 2015年09月, 通常, 日本語, 札幌
  14. 排ガス処理用活性炭の超臨界二酸化炭素を用いた再生, 伊藤康孝,髙橋直人,宇敷育男,佐藤善之,猪股宏,中野一樹,前野孝久,中村真, 化学工学会第47回秋季大会, 2015年09月, 通常, 日本語, 札幌
  15. 担持触媒調製に向けた超臨界 CO2 中におけるメソポーラスシリカへの金属前駆体の吸着平衡, 髙橋直人,宇敷育男, 大田 昌樹, 佐藤 善之, 猪股 宏, 第17回宮城化学工学懇話会先端研究発表会, 2015年09月, 通常, 日本語, 仙台
  16. Development of a generalization model of VOCs adsorption equilibria on various adsorbents under supercritical carbon dioxide conditions by using the Dubinin-Astakhov equation, Ikuo Ushiki, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato and Hiroshi Inomata, 7th International symposium on Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation, 2015年08月, 通常, 英語, Fukuoka, Japan
  17. Prediction of VOCs Adsorption Equilibria on Various Adsorbents in Supercritical Carbon Dioxide by Using Pure Component Adsorption Data, Ikuo Ushiki, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato and Hiroshi Inomata, 7th International symposium on Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation, 2015年08月, 通常, 英語, Fukuoka, Japan
  18. 培養の高効率化に向けたBotryococcus brauniiのミルキング培養法の検討, 菱沼藤丸, 大田昌樹, 宇敷育男, 佐藤善之, 猪股宏, 日本エネルギー学会, 2015年08月, 通常, 日本語
  19. 超臨界CO2を用いた活性炭からのVOC脱着実験および速度論モデルによる相関, 菊地 孝一, 宇敷 育男, 大田 昌樹, 佐藤 善之, 猪股 宏, 第17回化学工学会学生発表会, 2015年03月, 通常, 日本語, 八戸
  20. 超臨界法による担持触媒調製に向けたメソポーラスシリカへの金属前駆体吸着平衡測定, 清水 太一, 高橋 直人, 宇敷 育男, 大田 昌樹, 佐藤 善之, 猪股 宏, 化学工学会第80年会, 2015年03月, 通常, 日本語, 東京
  21. Prediction of VOCs adsorption equilibria under supercritical carbon dioxide conditions, Ikuo Ushiki, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato and Hiroshi Inomata, 10th International Conference on Separation Science and Technology, 2014年10月31日, 通常, 英語, Nara, Japan
  22. 超臨界CO2雰囲気下におけるVOC多成分系吸着平衡の測定及び推算モデルの開発, 宇敷育男,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏, 化学工学会第46回秋季大会, 2014年09月17日, 通常, 日本語, 福岡
  23. 超臨界CO2雰囲気下における活性炭からのVOC脱着速度の相関および推算, 高橋 直人,濱邊 友理,宇敷 育男,大田 昌樹,佐藤 善之,猪股 宏, 第16回化学工学会学生発表会, 2014年03月, 通常, 日本語, 東京
  24. Prediction of VOCs adsorption equilibria on activated carbon under supercritical carbon dioxide conditions by using pure components data, Ikuo Ushiki, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato and Hiroshi Inomata, 2013 AIChE annual meeting, 2013年11月, 通常, 英語, San Francisco, United States
  25. Supercritical carbon dioxide regeneration of activated carbon for industrial re-use, Ikuo Ushiki, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata, Yasuyuki Ito, Kazuki Nakano and Shin Nakamura, AIChE annual meeting, 2013年11月, 通常, 英語, San Francisco, United States
  26. Development of an accurate prediction method for VOC adsorption equilibria under supercritical carbon dioxide conditions, Ikuo Ushiki, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato and Hiroshi Inomata, International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan, 2013年09月, 通常, 英語, Sendai, Japan
  27. 純成分吸着データを用いた活性炭に対する超臨界CO2-VOC混合系吸着平衡の高精度推算モデル開発, 宇敷育男,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏, 化学工学会第45回秋季大会, 2013年09月, 通常, 日本語, 岡山
  28. Supercritical carbon dioxide regeneration of activated carbon used at industrial process, Tomohiro Ara, Ikuo Ushiki, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato, Hiroshi Inomata, Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan, 2013年09月, 通常, 英語, Sendai, Japan
  29. 排ガス浄化プロセスで使用された活性炭の超臨界 CO2再生, 荒智博,宇敷育男,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏, 分離技術会年会 2013, 2013年05月, 通常, 日本語, 千葉
  30. Measurements and prediction of VOCs adsorption behavior in supercritical carbon dioxide, Ikuo Ushiki, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato and Hiroshi Inomata, The second Campus Asia Symposium, 2013年03月, 通常, 日本語, Nanjing, China
  31. 超臨界CO2による使用済み活性炭の再生, 荒 智博,宇敷 育男,大田 昌樹,佐藤 善之,猪股 宏, 第15回化学工学会学生発表会, 2013年03月, 通常, 日本語, 米沢
  32. 超臨界CO2中における活性炭へのVOC吸着の速度論的解析, 宇敷育男, 大田昌樹, 佐藤善之, 猪股宏, 化学工学会第44回秋季大会, 2012年09月, 通常, 日本語, 仙台
  33. Kinetic study of VOCs adsorption behavior onto activated carbon under supercritical carbon dioxide conditions, Ikuo Ushiki, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato and Hiroshi Inomata, Campus Asia Program Summer School 2012, 2012年08月, 通常, 英語, Sendai, Japan
  34. Measurement and prediction of VOCs adsorption equilibria on activated carbon in supercritical carbon dioxide, Ikuo Ushiki, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato and Hiroshi Inomata, 10th International Symposium on Supercritical Fluids, San Francisco, 2012年05月, 通常, 英語, San Francisco, United States
  35. Prediction of adsorption equilibria on activated carbon in supercritical carbon dioxide, Ikuo Ushiki, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato and Hiroshi Inomata, 9th International Conference on Separation Science and Technology, 2011年11月, 通常, 日本語, Jeju, Korea
  36. 活性炭への超臨界CO2-VOC混合系吸着平衡の測定と推算, 宇敷育男,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏, 化学工学会第43回秋季大会, 2011年09月14日, 通常, 日本語, 名古屋
  37. Measurement and prediction of adsorption equilibria on activated carbon under supercritical carbon dioxide condition, Ikuo Ushiki, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato and Hiroshi Inomata, 6th International Symposium on Chemical - Environment - Biomedical Technology for Young Researchers, 2011年09月, 通常, 英語, Taipei, Taiwan
  38. Measurement and prediction of adsorption equilibria onto activated carbon under supercritical carbon dioxide condition, Ikuo Ushiki, Masaki Ota, Yoshiyuki Sato and Hiroshi Inomata, GCOE Program Summer School 2011, 2011年08月, 通常, 英語, Sendai, Japan
  39. 超臨界CO2雰囲気下における活性炭へのVOC吸着平衡の測定と推算, 宇敷育男,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏, 化学工学会第76年会, 2011年03月23日, 通常, 日本語, 東京
  40. 活性炭に対する超臨界CO2-VOC二成分吸着平衡の測定と推算, 宇敷育男,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏, 宮城化学工学懇話会第8回先端研究発表会, 2011年03月14日, 通常, 日本語, 仙台
  41. 超臨界CO2を用いた多孔性シリカ担持複合触媒の作製, 清水太一, 宇敷育男, 大田昌樹, 佐藤善之, 猪股宏, 化学工学会年会, 2011年03月, 通常, 日本語, 東京
  42. Adsorption and desorption behaviors in supercritical carbon dioxide for regeneration of activated carbon filters, Ikuo Ushiki,Yoshiyuki Sato and Hiroshi Inomata,, 5th International Symposium on Chemical –Environment -Biomedical Technology for Young Researchers, 2010年09月06日, 通常, 英語, Sendai
  43. FT合成用Co担持シリカ作製への超臨界CO2の応用, 清水太一, 宇敷育男, 大田昌樹, 佐藤善之, 小泉直人, 潴股宏, 化学系学協会東北大会, 2010年09月, 通常, 日本語
  44. 超臨界CO2を用いたCo担持シリカ作製とFT合成への応用, 清水 太一, 宇敷 育男, 大田 昌樹, 小泉 直人, 佐藤 善之, 猪股 宏, 日本エネルギー学会大会, 2010年09月, 通常, 日本語
  45. 活性炭フィルターの再生を目的とした超臨界CO2雰囲気下における吸脱着挙動の検討, 宇敷育男,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏, 第10回グリーンサステイナブルケミストリーシンポジウム, 2010年03月04日, 通常, 日本語, 東京
  46. 超臨界CO2を用いたFT合成用Co担持シリカの作成, 清水 太一 ,宇敷 育男,大田 昌樹 ,佐藤 善之,猪股 宏, 第12回 化学工学会 学生発表会, 2010年03月, 通常, 日本語, 東京
  47. 超臨界CO2を用いた新規多孔性シリカ製造プロセスの検討, 宇敷 育男,大田昌樹,佐藤 善之, 猪股 宏, 分離技術会年会2009, 2009年05月, 通常, 日本語, 横浜
  48. 超臨界CO2を用いた多孔性シリカの表面修飾, 宇敷育男,寺谷彰悟,大田昌樹,佐藤善之,猪股宏, 第11回化学工学会学生発表会郡山大会, 2009年03月07日, 通常, 日本語, 郡山

受賞

  1. 2017年03月, Editor-in-Chief's Featured Articles, The Journal of Supercritical Fluids,Elsevier
  2. 2014年03月, 東北大学総長賞, 東北大学
  3. 2013年09月, Poster Award, International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan, Sendai, Japan
  4. 2011年08月, Outstanding Poster Award, Global COE Program Summer School 2011, Sendai, Japan.

取得

  1. 特許権, 5692690, 2015年02月13日, 疎水化多孔質酸化物粒子及び多孔質酸化物粒子の疎水化方法

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽) (分担研究者), 超臨界法によるナノ薬剤粒子担持DDSキャリアの新規創製, 2017年06月30日, 2019年03月31日
  2. 科学研究費補助金 若手研究(B) (代表研究者), 超臨界法によるナノDDSキャリア創製プロセス設計へ向けた薬剤吸着挙動の定量的把握, 2016年04月01日, 2018年03月31日
  3. 科学研究費補助金 特別研究員奨励費 (代表研究者), 金属担持多孔質材料作製に向けた超臨界CO2中の前駆体吸着挙動の測定及びモデリング, 2015年04月01日, 2017年03月31日
  4. 科学研究費補助金 研究活動スタート支援 (代表研究者), 超臨界流体担持プロセスの戦略的設計へ向けた金属錯体吸着挙動の定量的把握, 2014年09月01日, 2015年03月31日