岩本 洋子YOKO IWAMOTO

Last Updated :2020/08/03

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 准教授
ホームページ
メールアドレス
y-iwamotohiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
〒739-8521 東広島市鏡山1-7-1 広島大学総合科学部B棟B508 総合科学部B棟B508
TEL:082-424-4568
自己紹介
気水圏中に存在する粒子状物質(懸濁粒子や大気エアロゾル)の物理計測と化学分析、粒子状物質を介した大気海洋間の物質循環の解明、大気エアロゾルと雲・降水の相互作用の解明に取り組んでいます。

基本情報

主な職歴

  • 2009年04月, 2011年09月, 名古屋大学, 高等研究院, 研究員
  • 2011年10月, 2012年03月, 名古屋大学, 大学院環境学研究科, 博士研究員
  • 2012年04月, 2014年03月, 金沢大学, 環日本海域環境研究センター, 博士研究員
  • 2014年04月, 2017年01月, 東京理科大学, 理学部第一部物理学科, 嘱託助教
  • 2017年02月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 助教

学歴

  • 東京理科大学, 理学部, 第一部物理学科, 日本, 2000年04月, 2004年03月
  • 東京大学, 大学院理学系研究科, 地球惑星科学専攻修士課程, 日本, 2004年04月, 2006年03月
  • 東京大学, 大学院理学系研究科, 地球惑星科学専攻博士課程, 日本, 2006年04月, 2009年03月

学位

  • 修士(理学) (東京大学)
  • 博士(理学) (東京大学)

教育担当

  • 【学士課程】 総合科学部 : 国際共創学科
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生命環境総合科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生命環境総合科学プログラム

研究分野

  • 環境学 / 環境解析学 / 環境動態解析

研究キーワード

  • 大気エアロゾル
  • 雲凝結核
  • 大気海洋物質循環

所属学会

  • 日本海洋学会
  • 日本大気化学会
  • 日本地球化学会
  • 日本エアロゾル学会
  • 米国地球物理学連合
  • 日本地球惑星科学連合

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, 4ターム, 自然科学基礎実験法・同実験B
  2. 2020年, 教養教育, 3ターム, 海外文化事情I[1総国]
  3. 2020年, 教養教育, 1ターム, 化学実験法・同実験I[2理物,2理地]
  4. 2020年, 教養教育, 2ターム, 化学実験法・同実験II[2理物,2理地]
  5. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 集中, スペシャリスト型SDGsアイディアマイニング学生セミナー
  6. 2020年, 学部専門, 3ターム, 自然環境実験A
  7. 2020年, 学部専門, 3ターム, 自然環境実験法A
  8. 2020年, 学部専門, 集中, 自然環境航海実習
  9. 2020年, 学部専門, 1ターム, 自然環境実験B
  10. 2020年, 学部専門, 1ターム, 自然環境実験法B
  11. 2020年, 学部専門, 2ターム, 自然環境実験C
  12. 2020年, 学部専門, 2ターム, 自然環境実験法C
  13. 2020年, 学部専門, 3ターム, Earth Environmental Chemistry (地球環境化学)
  14. 2020年, 学部専門, 2ターム, 地球環境化学
  15. 2020年, 学部専門, 2ターム, Experimental Methods and Laboratory Work in Science for IGS I (IGS 自然科学実験法・同実験 I)
  16. 2020年, 学部専門, 2ターム, Experimental Methods and Laboratory Work in Science for IGS II (IGS 自然科学実験法・同実験 II)
  17. 2020年, 学部専門, 4ターム, Biogeochemistry I (生物地球化学 I)
  18. 2020年, 学部専門, 4ターム, Biogeochemistry II (生物地球化学 II)
  19. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 気水圏物質循環論I
  20. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 総合科学系演習II
  21. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 総合科学系演習Ⅰ
  22. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生命環境総合科学特別研究
  23. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生命環境総合科学特別演習A
  24. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生命環境総合科学特別演習A
  25. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命環境総合科学特別演習B
  26. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生命環境総合科学特別演習B
  27. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 総合科学系概論
  28. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 大気水圏化学
  29. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 総合科学系演習基礎
  30. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 4ターム, 統合生命総合科学演習
  31. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Factors controlling the degradation of hydrogen peroxide in river water, and the role of riverbed sand, Science of The Total Environment, 716巻, pp. 136971
  2. Individual particle analysis of marine aerosols collected during the North-South transect cruise in the Pacific Ocean and its marginal seas, Journal of Oceanography, 75巻, pp. 513-524
  3. Tracing the sources and formation pathways of atmospheric particulate nitrate over the Pacific Ocean using stable isotopes, ATMOSPHERIC ENVIRONMENT, 209巻, pp. 152-166, 20190715
  4. Ground-based observation of lightning-induced nitrogen oxides at a mountaintop in free troposphere, JOURNAL OF ATMOSPHERIC CHEMISTRY, 76巻, 2号, pp. 133-150, 201906
  5. テレフタル酸とフェントン反応を利用した河川水中過酸化水素の定量における分析条件の最適化, 分析化学, 68巻, pp. 125-131
  6. エアロゾル質量分析法またはプロトン核磁気共鳴法を用いた大気エアロゾル中のフミン様物質(HULIS)の特性解析, Humic Substances Research, 15巻, 1号, pp. 11-20, 20190329
  7. ★, 粒子状物質を介した大気海洋間の物質循環過程, 大気化学研究, 40巻, pp. 040A04, 2019, 1, 28
  8. ★, 光散乱式粒子計数器を用いたPM2.5吸湿特性の連続計測-2016年12月の高濃度事例を交えて-, エアロゾル研究, 33巻, 4号, pp. 238-247
  9. Biogenic sulfur compounds in spring phytoplankton bloom in the western North Pacific off the coast of northern Japan, PROGRESS IN OCEANOGRAPHY, 165巻, pp. 145-157, 2018
  10. NOx酸化物質(NOz)計測手法の開発と山岳地域における実大気への応用, 分析化学, 67巻, 6号, pp. 333-340, 201806
  11. Characteristics of Droplet Size Distributions in Low-Level Stratiform Clouds Observed from Tokyo Skytree, JOURNAL OF THE METEOROLOGICAL SOCIETY OF JAPAN, 96巻, 4号, pp. 405-413, 2018
  12. 空から海に落ちる粒子を測る 大気中の微粒子を介した大気海洋間の物質循環, 化学と工業, 71巻, 3号, pp. 238-239
  13. Long-term cloud condensation nuclei number concentration, particle number size distribution and chemical composition measurements at regionally representative observatories, ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS, 18巻, 4号, pp. 2853-2881, 20180228
  14. Collocated observations of cloud condensation nuclei, particle size distributions, and chemical composition, SCIENTIFIC DATA, 4巻, pp. 170003, 2017
  15. ★, Simultaneous measurement of CCN activity and chemical composition of fine-mode aerosols at Noto Peninsula, Japan, in autumn 2012, Aerosol and Air Quality Research, 16巻, pp. 2107-2118, 2016
  16. Characterization of chromophoric water-soluble organic matter in urban, forest and marine aerosols by HR-ToF-AMS analysis and excitation emission matrix spectroscopy, Environmental Science & Technology, 50巻, pp. 10351-10360, 2016
  17. レーザー誘起白熱法を用いて観測された春季能登スーパーサイトでのブラックカーボン特性, エアロゾル研究, 31巻, 3号, pp. 194-202, 2016
  18. Fungal spores overwhelm biogenic organic aerosols in a mid-latitudinal forest, Atmospheric Chemistry and Physics, 16巻, pp. 7497-7506, 2016
  19. Light absorption and morphological properties of soot-containing aerosols observed at an East Asian outflow site, Noto Peninsula, Japan, Atmospheric Chemistry and Physics, 16巻, pp. 2525-2541, 2016
  20. 2012年7月下旬の能登半島珠洲市で観測された高濃度の二酸化硫黄および硫酸塩粒子:桜島の噴煙の影響について, 天気, 62巻, pp. 201-208, 2015
  21. ★, Spatial variation of biogenic and crustal elements in suspended particulate matter from surface waters of the North Pacific and its marginal seas, Progress in Oceanography, 126巻, pp. 211-223, 2014
  22. Formation and evolution of biogenic secondary organic aerosol over a forest site in Japan, Journal of Geophysical Research, 119巻, pp. 259-273, 2014
  23. Observation of new particle formation over a mid-latitude forest facing the North Pacific, Atmospheric Environment, 64巻, pp. 77-84, 2013
  24. 夏季の北太平洋亜寒帯域とその縁辺海表面水における懸濁粒子中の生物起源・地殻起源元素の濃度分布, 月刊海洋, 44巻, 7号, pp. 422-427, 2012
  25. ★, Biogeochemical implications of increased mineral particle concentrations in surface waters of the northwestern North Pacific during an Asian dust event, Geophysical Research Letters, 38巻, pp. L01604, 2011
  26. Distributions of short-lived iodocarbons and biogenic trace gases in the open ocean and atmosphere in the western North Pacific, Marine Chemistry, 118巻, pp. 156-170, 2010
  27. ★, Single particle analysis of suspended particles during SEEDS II iron fertilization experiment, Marine Chemistry, 113巻, pp. 212-218, 2009
  28. Evidence for the grazing hypothesis: grazing reduces phytoplankton in the western subarctic Pacific (SEEDS II), Journal of Oceanography, 63巻, pp. 983-994, 2007
  29. 北部北太平洋における海霧の化学組成と粒径分布, 地球化学, 41巻, pp. 165-172, 2007

著書等出版物

  1. 2014年03月12日, Western Pacific Air-Sea Interaction Study, New Particle Formation of Marine Aerosols, TERRAPUB, 2014年, 単行本(学術書), 共著, English, K. Miura, H. Furutani, Y. Iwamoto, K. Nagano, H. Kobayashi, M. Mochida, H. Mukai, S. Hashimoto, M. Takami and M. Uematsu, 284, 37-41
  2. 2010年11月05日, 海のプロフェッショナル 海洋学への招待状, 天気は海が決める?, 東海大学出版会, 2010年, 11, 教科書, 共著, 日本語, 978-4-486-01881-0, 173, 52-60

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Atmospheric Nitrogen Deposition to the Eastern Indian Ocean during Boreal Autumn, Iwamoto, Y., Kawamoto, K, Taketani, F., Kanaya, Y., Sekiya, T., Aita, M. N. and Yamaji, K., Ocean Science Meeting 2020, 2020年02月20日, 通常, 英語, AGU, OSLO, TOS, San Diego, US
  2. 北半球秋季の東部インド洋における無機態窒素の大気沈着フラックス, 岩本洋子, 川本雄大、竹谷文一、金谷有剛、野口真希、関谷高志、山地一代, 2019年度日本地球化学会年会, 2019年09月17日, 通常, 日本語, 日本地球化学会, 東京
  3. 北太平洋とその縁辺海の表面水中に懸濁する鉱物粒子 -海水分析から調べた風送ダストの沈着, 岩本洋子, 植松光夫, 日本地球惑星科学連合2019年大会, 2019年05月30日, 通常, 英語, 日本地球惑星科学連合, 千葉、日本
  4. 粒子状物質を介した大気海洋間の物質循環過程 -日本大気化学会奨励賞受賞記念講演-, 岩本洋子, 日本地球惑星科学連合2019年大会, 2019年05月30日, 招待, 日本語, 日本地球惑星科学連合, 千葉、日本
  5. CCN ACTIVITIES OF MARINE AEROSOLS OVER THE NORTH PACIFIC AND ITS MARGINAL SEAS DURING SUMMER, Yoko Iwamoto, Yusuke Miki, Momoka Yoshizue, Kazuhiko Miura, Hiroshi Furutani, Mitsuo Uematsu, SOLAS Open Science Conference 2019, 2019年04月22日, 通常, 英語, SOLAS International Program Office, Sapporo, JAPAN
  6. Factors determining the longitudinal distribution of biogenic sulfur compounds in aerosols over the subarctic North Pacific, Yoko Iwamoto, Yoko Iwamoto, 2018 Joint 14th iCACGP Quadrennial Symposium and 15th IGAC Science Conference, 2018年09月28日, 通常, 英語, iCACGP, IGAC, Takamatsu, Kagawa, Japan
  7. 秋季の東シナ海および本州南岸沖で採取された金属元素を含むエアロゾル粒子の内部混合状態, 岩本洋子, 三浦和彦、植松光夫, 2018年度日本地球化学会年会, 2018年09月11日, 通常, 日本語, 日本地球化学会, 琉球大学千原キャンパス
  8. 光散乱式粒子計数装置を用いたPM2.5吸湿特性の連続計測, 岩本洋子, 関根広貴、三浦和彦、西川雅高、永野勝裕、齊藤伸治、長田和雄, 第35回エアロゾル科学・技術研究討論会, 2018年07月31日, 通常, 日本語, 日本エアロゾル学会, 名古屋大学東山キャンパス
  9. 北太平洋亜寒帯域における大気エアロゾル中の生物起源硫黄化合物の経度分布, 岩本洋子, 水津明穂、永尾一平、植松光夫, 日本地球惑星科学連合(JpGU)2018年大会, 2018年05月22日, 通常, 日本語, 日本地球惑星科学連合, 幕張
  10. Observation of aerosol and cloud-droplet properties at the summit of Mt. Fuji (altitude 3776 m), Iwamoto, Y., Watanabe, A., Kataoka, R., Miura, K. and Uematsu, M., Frontiers of Atmospheric Aerosol Studies: Toward the Understanding of the Health and Climate Effects, 2018年01月23日, 通常, 英語, 名古屋大学, 名古屋大学東山キャンパス
  11. プロトンNMRによる大気・海水試料中HULISの特性解析:因子解析の例も交えて, 岩本洋子, 韓月梅、持田陸宏、河村公隆、Marco Paglione, Stefano Decesari, Maria Christina Facchini, 日本腐植物質学会第33回講演会, 2017年11月16日, 招待, 日本語, 日本腐植物質学会, 山口大学吉田キャンパス
  12. Properties of cloud condensation nuclei at the summit of Mt. Fuji, and their relationship to fog droplets, Watanabe, A., Iwamoto, Y., Kataoka, R., Miura, K., Uematsu, M., Kobayashi, H., 2017 Symposium on Atmospheric Chemistry and Physics at Mountain Sites, 2017年11月09日, 通常, 英語, NPO Mount Fuji Research Station, Gotemba, Shizuoka, Japan
  13. 秋季の東シナ海および本州南岸沖で採取された微小エアロゾルの形態と混合状態, 岩本洋子, 三浦和彦, 植松光夫, 第23回大気化学討論会, 2017年10月02日, 通常, 日本語, 日本大気化学会, サンポートホール高松
  14. 光散乱式粒子計数装置を用いたPM2.5吸湿特性の計測−初冬季の高濃度事例解析, 岩本洋子, 関根広貴, 三浦和彦, 永野勝裕, 西川雅高, 齊藤伸治, 松見豊, 長田和雄, 第34回エアロゾル科学・技術研究討論会, 2017年08月03日, 通常, 日本語, 日本エアロゾル学会, 芝浦工業大学豊洲キャンパス
  15. 太平洋南北縦断観測で得られた海洋大気エアロゾルの粒径分布と雲凝結核能, 岩本洋子, 三木祐介, 横山慎太郎, 三浦和彦, 植松光夫, 古谷浩志, JpGU-AGU joint Meeting 2017, 2017年05月25日, 通常, 英語, 日本地球惑星科学連合, 幕張メッセ国際会議場
  16. 大気・海洋環境中に存在する微粒子の化学分析, 岩本洋子, 日本分析化学会中国四国支部広島地区分析技術研究会, 2017年03月31日, 招待, 日本語, 日本分析化学会中国四国支部, 広島大学東広島キャンパス

受賞

  1. 2019年09月05日, 日本エアロゾル学会 奨励賞, 日本エアロゾル学会, 大気エアロゾルを介した大気海洋間の生物地球化学的循環に関する研究
  2. 2018年09月27日, 日本大気化学会奨励賞, 日本大気化学会, 粒子状物質を介した大気海洋間の物質循環過程に関する研究
  3. 2014年04月, 笹川科学研究奨励賞, 公益財団法人日本科学協会, 「波の花」に含まれる有機物を測る-海洋性有機物の大気エアロゾルへの寄与
  4. 2010年11月, 学生優秀発表賞, 日本大気化学会, 連続流型熱拡散チェンバを用いた氷晶核計の性能評価
  5. 2010年08月, 井伊谷賞, 日本エアロゾル学会, 飛沫から生成する海洋起源エアロゾルの雲凝結核特性

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 2019年度北極域研究共同推進拠点公募事業, 北極域における海洋大気エアロゾルの雲核特性, 2019年, 2019年
  2. 科学研究費助成事業, 燃焼起源鉄を含むエアロゾルのエイジング過程の解明:海陸風循環を利用したアプローチ, 2019年, 2021年
  3. 平成30年度東京大学大気海洋研究所学際連携研究, 海水飛沫起源エアロゾルの化学組成と雲凝結核能に関する研究, 2018年, 2018年
  4. 平成29年度広島大学女性研究者奨励賞, 東広島における大気モニタリング観測に基づく瀬戸内地方におけるPM2.5高濃度化の原因解明, 2017年, 2017年
  5. 平成29 年度 研究科長裁量経費による研究助成(基盤研究サポート), 東広島で採取された大気エアロゾルおよび雨水中のリンの定量, 2017年, 2017年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 客員研究員, 2017年03月, 2020年03月, 東京理科大学
  2. 運営委員, 2015年07月, 2019年06月, 日本大気化学会
  3. 理事(総務幹事), 2016年09月, 2020年08月, 日本エアロゾル学会
  4. 編集委員, 2016年09月, 2020年08月, 日本エアロゾル学会
  5. 環境学委員会・地球惑星科学委員会合同FE・WCRP合同SOLAS小委員会委員, 2019年11月, 2020年09月, 日本学術会議
  6. 日本生物学オリンピック本選実行委員会委員, 2019年12月, 2020年09月, 国際生物学オリンピック日本委員会

学術雑誌論文査読歴

  1. 2019年, エアロゾル研究, 編集員
  2. 2018年, エアロゾル研究, 編集員
  3. 2017年, エアロゾル研究, 編集員, 1