藤川 愉吉YUKICHI FUJIKAWA

Last Updated :2020/11/02

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 講師
ホームページ
メールアドレス
fujikawahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
植物におけるストレス関連酵素の発現と機能に関する生化学的研究を行っている

基本情報

学位

  • 博士(農学) (広島大学)
  • 修士(学術) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 生物生産学部 : 生物生産学科
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 分子農学生命科学プログラム

研究分野

  • 農学 / 農芸化学 / 応用生物化学

研究キーワード

  • 抗酸化物質

所属学会

  • 日本植物生理学会
  • 日本農芸化学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, 3ターム, 細胞科学[1生]
  2. 2020年, 教養教育, 3ターム, 食の安心・安全と健康科学
  3. 2020年, 学部専門, 集中, 基礎化学実験
  4. 2020年, 学部専門, 2ターム, 外書講読
  5. 2020年, 学部専門, 1ターム, 生理学入門
  6. 2020年, 学部専門, 3ターム, ゲノム科学II
  7. 2020年, 学部専門, 集中, 分子農学生命科学実験II
  8. 2020年, 学部専門, 1ターム, 植物分子生物学
  9. 2020年, 学部専門, 年度, 卒業論文
  10. 2020年, 学部専門, 4ターム, 生命物質分析学
  11. 2020年, 学部専門, 3ターム, 分子農学生命科学外書講読
  12. 2020年, 学部専門, 集中, 海外生物生産学演習I
  13. 2020年, 学部専門, 集中, 特別コース専門実験実習(2)
  14. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 蛋白質機能利用学I
  15. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 蛋白質機能利用学II
  16. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 食品生命科学特別演習A
  17. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 食品生命科学特別演習A
  18. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 食品生命科学特別演習B
  19. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 食品生命科学特別演習B
  20. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 食品生命科学特別研究
  21. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 応用分子細胞生物学Ⅰ
  22. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 応用分子細胞生物学Ⅱ

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Two G-box-like elements essential to high gene expression of SlAKR4B in tomato leaves, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 82巻, 3号, pp. 425-432, 2018
  2. A novel regulatory element responsible for high transcriptional expression of acerola GDP-d-mannose pyrophosphorylase gene, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 81巻, 6号, pp. 1194-1197, 2017
  3. Gene expression and promoter analysis of a novel tomato aldo-keto reductase in response to environmental stresses, Journal of Plant Physiology, 200巻, 1号, pp. 35-44, 20160602
  4. Cloning and gene expression analysis of ascorbic acid biosynthesis enzymes in Moringa oleifera, African Journal of Agricultural Research, 10巻, 22号, pp. 2274-2285, 20150528
  5. ★, Split luciferase complementation assay to detect regulated protein-protein interactions in rice protoplasts in a large-scale format, RICE, 7巻, 20140628
  6. Comparative physiological analysis of salinity tolerance in rice, SOIL SCIENCE AND PLANT NUTRITION, 59巻, 6号, pp. 896-903, 20131201
  7. Analysis of Ascorbic Acid Biosynthesis Using a Simple Transient Gene Expression System in Tomato Fruit Protoplasts, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 77巻, 3号, pp. 673-675, 20130313
  8. Molecular Cloning and Characterization of L-Galactose-1-phosphate Phosphatase from Tobacco (Nicotiana tabacum), BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 76巻, 6号, pp. 1155-1162, 20120612
  9. ★, Characterization of Secretory Phospholipase A(2) with Phospholipase A(1) Activity in Tobacco, Nicotiana tabacum (L.), LIPIDS, 47巻, 3号, pp. 303-312, 20120312
  10. Ontogeny of gene expression of group IB phospholipase A(2) isoforms in the red sea bream, Pagrus (Chrysophrys) major, COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY A-MOLECULAR & INTEGRATIVE PHYSIOLOGY, 161巻, 2号, pp. 185-192, 20120212
  11. Overexpression of the acerola (Malpighia glabra) monodehydroascorbate reductase gene in transgenic tobacco plants results in increased ascorbate levels and enhanced tolerance to salt stress, SOUTH AFRICAN JOURNAL OF BOTANY, 78巻, pp. 295-301, 20120112
  12. Mapping quantitative trait loci for egg production traits in an F-2 intercross of Oh-Shamo and White Leghorn chickens, ANIMAL GENETICS, 42巻, 6号, pp. 634-641, 20111211
  13. Gene expression of monodehydroascorbate reductase and dehydroascorbate reductase during fruit ripening and in response to environmental stresses in acerola (Malpighia glabra), J. Plant Physiol, 168巻, 6号, pp. 619-617, 20110401
  14. Light regulation of ascorbic acid biosynthesis in rice via light responsive cis-elements in genes encoding ascorbic acid biosynthetic enzymes, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 74巻, 4号, pp. 888-891, 20100401
  15. Luminescence detection of SNARE-SNARE interaction in Arabidopsis protoplasts, Plant Molecular Biology, 72巻, 4号, pp. 433-444, 20100301
  16. cDNA cloning and expression of a novel group IB phospholipase A(2) in the intestine of the red sea bream, Pagrus (Chrysophrys) major, FISHERIES SCIENCE, 75巻, 2号, pp. 453-461, 20090409
  17. Increase in ascorbate content of transgenic tobacco plants overexpressing Acerola (Malpighia glabra) phosphomannomutase gene, J. Plant Physiol., 166巻, 6号, pp. 652-660, 20090401
  18. Gene expression of ascorbic acid biosynthesis related enzymes of the Smirnoff-Wheeler pathway in acerola (Malpighia glabra)., Journal of plant physiology, 166巻, pp. 652-660, 20081229
  19. RNAi-mediated knockdown of the XIP-type endoxylanase inhibitor gene, OsXIP, has no effect on grain development and germination in rice., Plant Cell Physiology, 49巻, 7号, pp. 1122-1127, 20080701
  20. Multidimensional fluorescence microscopy of multiple organelles in Arabidopsis seedlings., Plant Methods, 19巻, 4号, pp. 1-14, 20080519
  21. ★, Split luciferase complementation assay to study protein-protein interactions in Arabidopsis protoplasts., Plant J., 52巻, 1号, pp. 185-195, 20071001
  22. Molecular cloning and effect of c-fos mRNA on pharmacological stimuli in the goldfish brain, Comparative Biochemistry and Physiology, D1巻, pp. 253-259, 20060701
  23. ★, Molecular Cloning, Expression and Characterization of Secretory Phospholipase A2 in Tobacco, Lipids, 40巻, 9号, pp. 901-908, 20050901
  24. Partial cloning and expression of mRNA coding choline acetyltransferase in the spinal cord of the goldfish, Carassius auratus., Comp. Biochem. Physiol., 141巻, 3号, pp. 253-260, 20050401
  25. Recombinant expression and characterization of three group IB phospholipase A2 isoforms in the red sea bream Chrysophrys major., Fisheries Science, 69巻, pp. 1263-1270, 20030401
  26. Localization of group IB phospholipase A2 isoform in the gills of the red sea bream, Pagrus (Chrysophrys) major., Comparative Biochemistry and Physiology, 132巻, 3号, pp. 671-683, 20020701
  27. Cloning and expression of group IB phospholipase A2 isoforms in the red sea bream, Pagrus major., Lipids, 36巻, 5号, pp. 499-506, 20010501
  28. Purification, characterization, and molecular cloning of group I phospholipases A2 from the gills of the red sea bream, Pagrus major., Lipids, 35巻, 12号, pp. 1359-1370, 20001201
  29. Distribution of three isoforms of antimicrobial peptide, chrysophsin-1,-2 and-3, in the red sea bream, Pagrus (Chrysophrys) major, ANALYTICAL BIOCHEMISTRY, 566巻, pp. 13-15, 20190201
  30. Effect of mutation of C-terminal and heme binding region of Arabidopsis catalase on the import to peroxisomes, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 83巻, 2号, pp. 322-325, 2019

著書等出版物

  1. 2011年11月25日, 生命・食・環境のサイエンス, 共立出版, 2011年, 11, 教科書, 共著, 日本語, 978-4-320-05717-3, 228, 4
  2. 2018年03月20日, Ascorbic Acid in Plant Growth, Development and Stress Tolerance, Regulation of Ascorbic Acid Biosynthesis in Plants, Acerola (Malpighia glabra), Ascorbic acid biosynthesis, cis-Element, Fruits, Gene expression, Light, Smirnoff-Wheeler pathway, Springer, Cham, 2018年, 03, 単行本(学術書), 共著, E, Marina Suekawa, Takayuki Kondo, Yukichi Fujikawa, Muneharu Esaka, 978-3-319-74056-0, 514, 157-176
  3. 2018年03月20日, Ascorbic Acid in Plant Growth, Development and Stress Tolerance, Physiological Role of Ascorbic Acid Recycling Enzymes in Plants, Ascorbic acid-glutathione cycle, Ascorbic acid recycling, Dehydroascorbate reductase, Environmental stress, Monodehydroascorbate reductase, Oxidative stress tolerance, Springer, Cham, 2018年, 03, 単行本(学術書), 共著, E, Marina Suekawa, Yukichi Fujikawa, Muneharu Esaka, 978-3-319-74056-0, 514, 355-373

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. The analysis of gene expression mechanism and physiological function of aldo-keto reductase in tomato, Suekawa M, Fujikawa Y, Esaka M, Taiwan-Japan Plant Biology 2017, 2017年11月04日, 通常, 英語, 日本植物生理学会・台湾植物学会合同, 台湾
  2. トマトにおけるアルドケト還元酵素の遺伝子発現機構に関する研究, 末川麻里奈, 藤川愉吉, 江坂宗春, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 2017年度合同大阪大会, 2017年09月22日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部, 大阪
  3. トマトにおけるアルドケト還元酵素の遺伝子発現機構と機能解析, 末川麻里奈,藤川愉吉,江坂宗春, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017年03月19日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会, 京都
  4. アセロラのアスコルビン酸生合成酵素GDP-D-mannose pyrophosphorylaseの転写調節因子の探索, 近藤隆之、藤川愉吉、江坂宗春, 日本農芸化学会2016年度大会, 2016年03月, 通常, 日本語, 日本農芸化学会, 札幌(札幌コンベンションセンター)
  5. トマトのアルドケト還元酵素のアスコルビン酸生合成とストレス応答発現に関する機能解析, 末川麻里奈,藤川愉吉,江坂宗春, 日本農芸化学会2016年度大会, 2016年03月, 通常, 日本語, 日本農芸化学会, 札幌(札幌コンベンションセンター)
  6. アセロラのアスコルビン酸大量集積機構の解明, 井上明香里、近藤隆之、藤川愉吉、江坂宗春, 第30回バイオテクノロジー研究成果発表会, 2016年02月, 通常, 日本語, 広島バイオテクノロジー推進協議会, 広島(広島市まちづくり市民交流プラザ)
  7. アセロラにおけるアスコルビン酸生合成酵素GDP-D-mannose pyrophosphorylaseの転写調節機構の解明, 近藤隆之、藤川愉吉、江坂宗春, 日本農芸化学会2015年度大会, 2015年03月, 通常, 日本語, 日本農芸化学会, 岡山(岡山大学)
  8. トマトのアスコルビン酸生合成におけるガラクツロン酸レダクターゼの発現機構と生理機能, 末川麻里奈,藤川愉吉,江坂宗春, 日本農芸化学会2015年度大会, 2015年03月, 通常, 日本語, 日本農芸化学会, 岡山(岡山大学)
  9. トマトのアスコルビン酸生合成および生理機能に関する研究, 國川彩香,末川麻里奈,坂本真吾,藤川愉吉,江坂宗春, 第29回バイオテクノロジー研究成果発表会, 2015年01月, 通常, 日本語, 広島バイオテクノロジー推進協議会, 広島(広島市西区民文化センター)
  10. アセロラのアスコルビン酸生合成酵素GDP-D-マンノースピロホスホリラーゼ遺伝子のプロモーター解析, 近藤隆之、藤川愉吉、江坂宗春, 日本農芸化学会2014年度大会, 2014年03月, 通常, 日本語, 日本農芸化学会, 東京(明治大学)
  11. トマトにおけるアスコルビン酸生合成酵素ガラクツロン酸レダクターゼの生理機能と発現調節, 末川麻里奈,藤川愉吉,江坂宗春, 日本農芸化学会2014年度大会, 2014年03月, 通常, 日本語
  12. トマトにおけるアスコルビン酸生合成酵素ガラクツロン酸レダクターゼの遺伝子発現調節, 末川麻里奈,藤川愉吉,江坂宗春, 第28回バイオテクノロジー研究成果発表会, 2014年01月, 通常, 日本語, 広島バイオテクノロジー推進協議会, 広島(広島市西区民文化センター)
  13. アセロラにおけるアスコルビン酸生合成酵素遺伝子の発現解析, 近藤隆之、藤川愉吉、江坂宗春, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部および日本ビタミン学会近畿・中国四国・九州沖縄地区合同大会2013年度広島合同大会, 2013年09月, 通常, 日本語, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部および日本ビタミン学会近畿・中国四国・九州沖縄地区, 広島(県立広島大学)
  14. トマトのアスコルビン酸生合成におけるガラクツロン酸レダクターゼの遺伝子発現に関する研究, 末川麻里奈,藤川愉吉,江坂宗春, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部合同大会, 2013年09月, 通常, 日本語, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部, 広島(県立広島大学)
  15. Characterization of ascorbic acid biosynthesis in Moringa, Fujikawa, Y., 8th International Congress on Interdisciplinary Investigation, 2012年06月15日, 招待, 英語, SantoDomingo, Domincan Republic
  16. 植物のプロリンによる褐変化の抑制機能, 重森稜太, 藤川愉吉、江坂宗春, 日本農芸化学会中四国支部第50回記念講演会(例会), 2018年01月27日, 通常, 日本語, 広島
  17. タバコ低分子量ホスホリパーゼA2の遺伝子発現応答と生理機能, 宇野貴俊,宮崎友輔,末川麻里奈,冨永るみ,藤川愉吉,江坂宗春, 日本農芸化学会2018年度中四国支部大会, 2018年09月21日, 通常, 日本語
  18. 植物におけるアスコルビン酸生合成経路に関する研究, 末川麻里奈, 北村風花, 末永綾希, 井上明香里, 近藤隆之, 藤川愉吉, 江坂 宗春, 第33回バイオテクノロジー研究成果発表会, 2019年02月07日, 通常, 日本語
  19. アセロラにおけるアスコルビン酸生合成酵素遺伝子群の高発現に関する解析, 末川麻里奈,井上明香里,近藤隆之,藤川愉吉,内田絵理子,小泉雄史,江坂宗春, 内田絵理子,小泉雄史, 第60回日本植物生理学会年会, 2019年03月13日, 通常, 日本語
  20. Elucidation of high accumulation mechanism of ascorbic acid in Acerola (Malpighia glabra), Yukichi Fujikawa, Marina Suekawa, Muneharu Esaka, 日本植物学会第82回大会, 2018年09月24日, 招待, 英語

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 中米・カリブ海諸国をフィールドとした持続可能な発展に関する研究, 2010年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), トロピカル植物アセロラの果実へのアスコルビン酸大量集積機構の解明, 2012年, 2014年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 魚類の神経筋運動系の使い回し仮説の検証, 2010年, 2012年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 代謝工学によるアスコルビン酸強化植物の作出に関する研究, 2018年, 2020年

社会活動

委員会等委員歴

  1. アドバイザー, 2012年02月, 2013年12月, 特定非営利活動法人国際技術移転グループ
  2. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員, 2013年06月, 2014年03月, 広島県立西条農業高等学校
  3. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員, 2014年06月, 2015年03月, 広島県立西条農業高等学校
  4. アドバイザー, 2015年01月, 2016年03月, 特定非営利活動法人国際技術移転グループ
  5. アドバイザー, 2016年04月, 2016年12月, 特定非営利活動法人国際技術移転グループ
  6. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員, 2016年06月, 2017年03月, 広島県立西条農業高等学校
  7. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員, 2017年05月, 2018年03月, 広島県立西条農業高等学校
  8. 広島県立西条農業高等学校, 2018年06月, 2019年03月, スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員
  9. SSH高大連携協議会, 2017年, 県立西条農業高等学校
  10. SSH高大連携協議会, 2018年06月, 2019年03月, 広島県立西条農業高等学校

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 生命を担う分子が拓く未来, 平成25年度広島大学公開講座, 広島大学生物圏科学研究科, 2013年/08月/02日, 2013年/09月/13日, 東広島市コラボスクエア, 講師, その他, 社会人・一般