金子 史子Fumiko Kaneko

Last Updated :2020/10/28

所属・職名
大学院医系科学研究科(保) 講師
メールアドレス
kfumihiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 修士(保健学) (広島大学)

担当主専攻プログラム

  • 作業療法学プログラム

研究分野

  • 社会科学 / 社会学 / 社会福祉学
  • 複合領域 / 人間医工学 / リハビリテーション科学・福祉工学

研究キーワード

  • 精神科作業療法
  • 心理社会的リハビリテーション

所属学会

  • 広島県作業療法士会
  • 日本作業療法士協会
  • 日本社会精神医学会
  • 日本精神障害者リハビリテーション学会
  • 日本職業リハビリテーション学会
  • 特定非営利活動法人POTA

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 精神障害作業療法評価学
  2. 2020年, 学部専門, 集中, 総合臨床実習I
  3. 2020年, 学部専門, 集中, 総合臨床実習II
  4. 2020年, 学部専門, 3ターム, 卒業研究
  5. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 地域作業療法学
  6. 2020年, 学部専門, 4ターム, 地域作業療法学演習
  7. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 余暇関連活動学演習
  8. 2020年, 学部専門, 4ターム, 精神障害作業療法学
  9. 2020年, 学部専門, 2ターム, 精神障害作業療法学演習I
  10. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 精神障害作業療法学演習II
  11. 2020年, 学部専門, 集中, 基礎臨床実習III
  12. 2020年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Study on the social maturity, self-perception, and associated factors, including motor coordination, of children with attention deficit hyperactivity disorder., Physical and Occupational Therapy in Pediatrics, 25巻, 4号, pp. 45-58, 20050401
  2. Study on factors associated with changes in quality of life of demented elderly persons in group homes, Scandinavian Journal of Occupational. Therapy, 12巻, pp. 4-9, 20050401
  3. Depression and associated factors in residents of a health care institution for the elderly, Phys Occup Ther Geriatr, 26巻, 1号, pp. 29-41, 20070701
  4. Efficacy of group reminiscence therapy for elderly dementia patients residing at home: a preliminary report, Phys Occup Ther Geriatr, 26巻, 1号, pp. 29-41, 20080101
  5. Effect of psychoeducation program 1on self-efficacy of schizophrenic patients utilizing psychiatric day care: apreliminary study., J Health Sci Hiroshima Univ, 5巻, pp. 35-41, 20050401
  6. Mobility rating scale for elderly people with dementia: preparation of the Japanese-language version of the Southampton Mobility Assessment., Physiotherapy, 91巻, pp. 223-228, 20050401
  7. Reliability and validity of the Japanese-language version of the Physical Performance Test (PPT) Battery in chronic pain patients., Disabil Rehabil, 28巻, pp. 397-405, 20060401
  8. Psychological impact of verbal abuse and violence by patients on nurses working in psychiatric departments., Psychiat Clin Neurosci, 60巻, pp. 29-36, 20060401
  9. Factors associated with the self-efficacy of terminally ill cancer patients: focusing on nurses’ response., J Hospice Palliat Nurs, 8巻, pp. 147-154, 20060401
  10. Assessment of degree of satisfaction of cancer patients and their families with rehabilitation and factors associated with it ? results of a Japanese population., Disabil Rehabil, 29巻, pp. 437-444, 20070401
  11. 統合失調症者における「気づき」と「注意機能」との関連, 広島大学保健学ジャーナル, 8巻, 1,2号, pp. 34-38, 20091201
  12. Effect of Exercise on a Speed Feedback Therapy System in Elderly Persons., Phys Occup Ther Geriatr, 28巻, pp. 131-143, 20100601
  13. Construction of a speed feedback therapy system to improve cognitive impairment in elderly people with dementia: A preliminary report, DEMENTIA AND GERIATRIC COGNITIVE DISORDERS, 20巻, 2-3号, pp. 105-111, 2005
  14. 702 痴呆性高齢者を対象とした速度フィードバック療法のシステム構築および認知機能障害改善への有効性に関する予備的検討(生活環境支援系理学療法III), 理学療法学, 32巻, 2号, 20050420
  15. Psychological impact of verbal abuse and violence by patients on nurses working in psychiatric departments, Psychiatry and Clinical Neurosciences, 60巻, 1号, pp. 29-36, 200602
  16. 精神科デイケアを利用する統合失調症患者の自己効力感に対する心理教育プログラムの有効性に関する予備的検討, 広島大学保健学ジャーナル, 5巻, 1号, pp. 35-41, 200510
  17. 看護職者のメンタルヘルス向上を目指した足浴の効果に関する予備的検討, 広島大学保健学ジャーナル, 9巻, 2号, pp. 27-30, 201103
  18. 統合失調症患者のセルフスティグマに関する研究--セルフエフィカシー,QOL,差別体験との関連について, 総合リハビリテ-ション, 39巻, 8号, pp. 777-783, 201108
  19. Study on Factors Associated with Repeated Gambling Among Gamblers Anonymous Participants., Addiction Research & Therapy, 6巻, 4号, 2015
  20. リアルオキュペーションの適用が作業を実現に導いた事例 ―馬術部のコーチ復帰を目指して, 作業療法ジャーナル, 50巻, 8号, pp. 806-810, 2016
  21. Evaluation of the effectiveness of a group intervention approach for nurses exposed to violent speech or violence caused by patients: a randomized controlled trial., International Scholarly Research Network Nursing, Volume 2011巻, 2011
  22. ★, Discrepancies between Self- and Clinical Staff Members' Perception of Cognitive Functioning among Patients with Schizophrenia Undergoing Long-Term Hospitalization, OCCUPATIONAL THERAPY INTERNATIONAL, 2019巻, 20191103

著書等出版物

  1. 2020年33月, 厚生労働省 令和元年度障害者総合福祉推進事業 第1期アルコール健康障害対策推進基本計画における対策の取組状況及び効果検証に関する研究 研究報告書, アルコール依存症に関する「専門教育」の実情調査(文献研究)報告書 「作業療法士」, 2020年, 3, 調査報告書, 共著, 吉本尚(研究代表者) 稗田里香 小砂哲太郎(久里浜医療センター) 金子史子(広島大学) 佐藤嘉孝(岡山県精神科医療センター) 奥原孝幸(神奈川県立保健福祉大学) 遠藤大介(久里浜医療センター) 中道 恵(久里浜医療センター) 他
  2. 2020年,0月3,日, 標準作業療法学 専門分野 精神機能作業療法学 第3版, 第4章 Ⅱ.身体合併症における作業療法, 医学書院, 2020年, 3, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 978-260-03944-4, 302
  3. 2017年, 月12日, 標準作業療法学 専門分野 作業療法評価学 第3版, 第5章 精神機能評価法 Ⅴ 集団における評価, 2017年, 12, 教科書, 共著, 978-4-260-03003-8
  4. 2017年, 月12日, 標準作業療法学 専門分野 作業療法学評価学 第3版, 第5章 精神機能評価法 Ⅶ 疾患別評価事例 H 身体合併症事例, 2017年, 12, 教科書, 共著, 978-4-260-03003-8

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 金子 史子, 3rd Asia Pacific Occupational Therapy Congress, 2003年, 通常, 英語
  2. 金子 史子, The 14th World Federation of Occupational Therapists Congress, 2006年, 通常, 英語
  3. 金子 史子, 6th International congress on Vascular Dementia, 2009年, 通常, 英語
  4. 金子 史子, 3rd World congress Asian Psychiatry 2011, 2011年, 通常, 英語
  5. 金子 史子, 3rd World congress Asian Psychiatry 2011, 2011年, 通常, 英語
  6. 金子 史子, 11th World Association for Psychosocial Rehabilitaiton Congress, 2012年, 通常, 英語
  7. 金子 史子, 11th World Association for Psychosocial Rehabilitaiton Congress, 2012年, 通常, 英語
  8. 金子 史子, 11th World Association for Psychosocial Rehabilitaiton Congress, 2012年, 通常, 英語
  9. 2014年06月, 通常, 日本語
  10. 2014年06月, 通常, 日本語
  11. 2013年09月, 通常, 英語
  12. 2015年09月, 通常, 英語
  13. 個別回想コラージュブック制作を通して退院に至った長期入院統合失調症の一症例, 久保田匠、金子史子、大前沙織、岡村仁, 第49回日本作業療法学会, 2015年06月, 通常, 日本語
  14. 広島市における小規模事業所の障害者雇用に関する意識調査~障害者雇用納付金制度の対象事業所の拡大を前に~, 青木優香里、金子史子、岡村仁, 第49回日本作業療法学会, 2015年06月, 通常, 日本語
  15. 地域活動においてリーダーとして活躍する高齢者の思い, 渡邊春菜、金子史子、岡村仁, 第53回日本リハビリテーション医学学会, 2016年06月, 通常, 日本語
  16. 医療職を目指す大学生における食行動・食態度の特性と対人交流の諸要素との関連について, 宮島芳枝、金子史子、岡村仁, 第53回日本リハビリテーション医学学会, 2016年06月, 通常, 日本語
  17. 2016年09月, 通常, 英語
  18. 2015年09月, 通常, 英語
  19. 長期入院の統合失調症者のリカバリーに関連する要因, 金子史子、岡村仁, 第51回日本作業療法学会, 2017年09月, 通常, 日本語, 東京
  20. 脳卒中後うつに対するリハビリテーションに関する文献検討, 岡本愛奈、金子史子、岡村仁, 第54回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2017年06月, 通常, 日本語, 岡山
  21. 我が国における閉じこもり高齢者に対するリハビリテーションに関する文献レビュー, 長船純也、金子史子、岡村仁, 第54回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2017年06月, 通常, 日本語, 岡山
  22. Fumiko Kaneko, Hitoshi Okamura, 2017年10月, 通常, 英語
  23. 2012年09月, 通常, 英語, cairns, Australia
  24. 長期入院の統合失調症者の認知機能障害に関する自己認識と病院スタッフとの認識の相違とその特性, 金子史子、岡村仁, 第52回日本作業療法学会, 2018年09月, 通常, 日本語, 日本作業療法士協会, 名古屋
  25. 2019年02月, 通常, 英語

受賞

  1. 2008年11月, 広島大学女性研究者奨励賞

社会活動

委員会等委員歴

  1. 監事, 2013年12月, 2015年06月, 広島県作業療法士会
  2. 監事, 2014年, 広島県作業療法士会
  3. 監事, 2015年, 広島県作業療法士会
  4. 地域ケアマネジメント会議専門職委員, 2017年04月, 2018年03月, 広島市健康福祉局
  5. 監事, 2016年, 広島県作業療法士会
  6. 監事, 2017年05月, 2019年05月, 広島県作業療法士会
  7. 地域介護予防拠点支援における専門職, 2017年04月, 2018年03月, 広島市南区役所厚生部
  8. 地域ケアマネジメント会議専門職委員, 2018年05月, 2019年03月, 広島市健康福祉局
  9. 地域介護予防拠点支援における専門職, 2018年04月, 2019年03月, 広島市南区役所厚生部
  10. 地域ケアマネジメント会議専門職, 2019年04月, 2020年03月, 広島市健康福祉局
  11. 地域介護予防拠点支援における専門職, 2019年04月, 2020年03月, 広島市南区役所厚生部
  12. 監事, 2019年, 広島県作業療法士会
  13. 地域ケアマネジメント会議専門職, 2020年04月, 2021年03月, 広島市健康福祉局
  14. 地域介護予防拠点支援における専門職, 2020年04月, 2021年03月, 広島市南区役所厚生部

学術会議等の主催

  1. 第20回広島県作業療法学会, 大会実行委員, 2014年04月
  2. 第19回広島県作業療法学会, 大会運営委員, 2013年05月
  3. NPO法人POTA第41回作業療法研修会 日本精神看護協会&日本作業療法協会 共催 多職種連携促進研修会, 広島研修会統括, 2016年
  4. NPO法人POTA 第43回作業療法研修会, 広島研修会運営委員統括, 2017年04月, 2018年03月
  5. NPO法人POTA 第45回作業療法研修会, 運営委員(統括), 2018年04月, 2019年03月
  6. NPO法人POTA 第47回作業療法研修会, 運営委員(統括), 2019年04月, 2020年03月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 保健・医療・福祉と地域支援, 広島県作業療法士会, 現職者共通研修, 2010年/02月, 2010年/02月
  2. 保健・医療・福祉と地域支援, 広島県作業療法士会, 現職者共通研修, 2010年/06月, 2010年/06月
  3. 日本作業療法士協会生涯教育制度 現職者共通研修, 作業療法における協業・後輩育成, 広島県作業療法士会, 2016年/01月/31日, 広島, 講師
  4. 日本作業療法士協会 生涯教育制度 現職者選択研修, 精神障害領域の作業療法 -精神障害作業療法の基礎知識-, 2017年/02月/12日, 講師
  5. 日本作業療法士協会 現職者選択研修 , 精神障害領域の作業療法「精神障害作業療法の基礎知識」, 2019年/08月/31日, 講師

学術雑誌論文査読歴

  1. 2016年, その他, 査読, 1