川井 清司KIYOSHI KAWAI

Last Updated :2019/11/01

所属・職名
大学院統合生命科学研究科生生・食品物理工学(生生支援室)准教授
ホームページ
メールアドレス
kawaihiroshima-u.ac.jp
自己紹介
食品工学

基本情報

主な職歴

  • 2005年04月01日, 2007年03月31日, 独立行政法人食品総合研究所, 食品工学領域, 特別研究員PD
  • 2007年04月01日, 2008年02月29日, 東京工科大学, バイオイクス学部バイオニクス学科, 助教
  • 2008年03月01日, 2013年03月31日, 広島大学, 大学院生物圏科学研究科生物機能開発学専攻, 講師
  • 2013年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院生物圏科学研究科生物機能開発学専攻, 准教授

学歴

  • 東京水産大学, 水産学研究科, 日本, 2002年04月, 2005年03月

学位

  • 博士(水産学)(東京水産大学)
  • 修士(水産学)(東京水産大学)

教育担当

  • 【学士課程】 生物生産学部 : 生物生産学科
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 食品科学プログラム

研究分野

  • 農学 / 農芸化学 / 食品科学

研究キーワード

  • 食品加工
  • 食品保存
  • 凍結
  • 乾燥
  • レオロジー
  • 熱物性
  • 相転移
  • ガラス転移
  • 澱粉

所属学会

  • 低温生物工学会
  • 日本冷凍空調学会
  • 日本応用糖質科学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本食品工学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 3ターム, 食の安心・安全と健康科学
  2. 2019年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  3. 2019年, 学部専門, 集中, 基礎物理学実験
  4. 2019年, 学部専門, 2ターム, 外書講読
  5. 2019年, 学部専門, 集中, 食品工学実験
  6. 2019年, 学部専門, 年度, 卒業論文
  7. 2019年, 学部専門, 3ターム, 食品物性工学
  8. 2019年, 学部専門, 3ターム, Modern Food Science
  9. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  10. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 食資源科学演習(B)
  11. 2019年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 食資源科学演習(B)
  12. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 食資源科学実験
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 食品物性工学
  14. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 食品プロセス工学
  15. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命科学研究法
  16. 2019年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 食品生命科学特別演習A
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 食品生命科学特別演習A
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 食品生命科学特別演習B
  20. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 食品生命科学特別演習B
  21. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 食品生命科学特別研究
  22. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 食品物理工学Ⅱ

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 食品の物性制御における水の役割, 日本食品科学工学会誌
  2. 材料のガラス-ラバー転移に基づく温調圧縮成型技術の確立, 浦上財団研究報告書, 26巻, pp. 9-12, 2019
  3. ★, Effect of glass transition on the hardness of a thermally compressed soup solid, JOURNAL OF FOOD ENGINEERING, 247巻, pp. 38-44, 201904
  4. ★, Effects of maltodextrin and pulp on the water sorption, glass transition, and caking properties of freeze-dried mango powder, JOURNAL OF FOOD ENGINEERING, 247巻, pp. 95-103, 201904
  5. Multiple Glass-Transitions of Globular Protein BSA Aqueous Solutions Depending on the Hydration Degree, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 92巻, 3号, pp. 729-737, 201903
  6. ★, Effect of water content on the glass transition and textural properties of hazelnut, JOURNAL OF THERMAL ANALYSIS AND CALORIMETRY, 135巻, 5号, pp. 2629-2634, 201903
  7. ★, Water sorption, glass transition, and freeze-concentrated glass-like transition properties of calcium maltobionate-maltose mixtures, JOURNAL OF THERMAL ANALYSIS AND CALORIMETRY, 135巻, 5号, pp. 2775-2781, 201903
  8. インピーダンス計測によるレトルトパウチに封入した酵素処理牛肉の硬さの推定, 日本食品科学工学会誌, 65巻, 9号, pp. 442-450, 2018
  9. ★, Effect of water sorption on the glass transition temperature and texture of deep-fried models, JOURNAL OF FOOD ENGINEERING, 237巻, pp. 1-8, 201811
  10. 澱粉の物理的性状変化と食品の品質制御, FFIジャーナル, 223巻, pp. 148-153, 2018
  11. ★, Effects of porous structure and water plasticization on the mechanical glass transition temperature and textural properties of freeze-dried trehalose solid and cookie, JOURNAL OF FOOD ENGINEERING, 217巻, pp. 101-107, 201801
  12. Nondestructive determination of the rheological properties of liquid food in sealed retort pouches, JOURNAL OF FOOD PROCESSING AND PRESERVATION, 42巻, 7号, 201807
  13. ピッツァ, 冷凍, 93巻, pp. 260, 2018
  14. 低温細孔水の熱的挙動から見た,水の水素結合環境と動的性質, 日本食品科学工学会誌, 65巻, 3号, pp. 132-141, 2018
  15. 澱粉の性質, 冷凍, 93巻, 1090号, pp. 537-542, 201808
  16. 食品のガラス転移特性と品質制御, 日本食品工学会誌, 19巻, 1号, pp. 9-14, 2018
  17. ★, Effects of fatty acid and emulsifier on the complex formation and in vitro digestibility of gelatinized potato starch, International Journal of Food Properties, 20巻, 7号, pp. 1500-1510, 2017
  18. ★, Effects of water and maltodextrin on the glass transition temperature of freeze-dried mango pulp and an empirical model to predict plasticizing effect of water on dried fruits, Journal of Food Engineering, 210巻, pp. 91-97, 2017
  19. ★, Stabilization of freeze-dried Lactobacillus paracasei subsp. paracasei JCM 8130T with the addition of disaccharide, polymer, and their mixture, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 81巻, pp. 768-773, 2017
  20. ガラス転移温度に基づく液状食品の粘性予測, 低温生物工学会誌, 63巻, pp. 129-132, 2017
  21. 保護物質が凍結乾燥乳酸菌の生菌数に及ぼす影響, 低温生物工学会誌, 63巻, pp. 143-146, 2017
  22. 加熱過程における澱粉の融解および包摂複合体形成とin vitro消化性への影響, New Food Industry, 56巻, 2号, pp. 53-59, 2017
  23. 熱分析による食品の品質評価と制御, 熱測定, 44巻, 4号, pp. 146-149, 2017
  24. ★, Effect of Water Content on the Glass Transition Temperature of Calcium Maltobionate and its Application to the Characterization of Non-Arrhenius Viscosity Behavior, FOOD BIOPHYSICS, 11巻, 4号, pp. 410-416, 2016
  25. ★, Effect of stepwise baking on the structure, browning, texture, and in vitro starch digestibility of cookie, LWT-FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY, 66巻, pp. 384-389, 201603
  26. Effects of freezing on microstructure and rehydration properties of freeze-dried soybean curd, Journal of Food Engineering, 184巻, pp. 10-20, 201609
  27. Impacts of freezing and molecular size on structure, mechanical properties and recrystallization of freeze-thawed polysaccharide gels, LWT-FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY, 68巻, pp. 190-201, 201605
  28. ガラスおよびラバー食品におけるガラス転移温度の役割, 低温生物工学会誌, 62巻, 1号, pp. 25-29, 201604
  29. バイオミメティクス, 冷凍, 91巻, pp. 876-876, 2016
  30. 乳酸菌の凍結過程における損傷に関する研究, 低温生物工学会誌, 62巻, 2号, pp. 149-153, 201610
  31. 凍結濃縮による食品のガラス転移と浸透圧脱水, 伝熱, 55巻, 232号, pp. 18-23, 201607
  32. 水が食品の物理的性状変化に及ぼす影響 -澱粉含有食品の品質制御, 化学と生物, 54巻, 8号, pp. 540-542, 201607
  33. 米飯の冷蔵保存を目的とした澱粉の老化抑制に関する研究, 東洋食品研究所研究報告書, 31巻, pp. 105-108, 2016
  34. 食品のレオロジー4:緩和特性, 冷凍, 91巻, pp. 55-61, 201601
  35. 食品のレオロジー3:粘弾性, 冷凍, 90巻, pp. 901-908, 201512
  36. 食品のレオロジー2:粘性, 冷凍, 90巻, pp. 844-848, 201511
  37. 食品のレオロジー1:弾性および破断特性, 冷凍, 90巻, pp. 761-767, 201510
  38. Effects of Freezing Temperature and Water Activity on Microstructure, Color, and Protein Conformation of Freeze-Dried Bluefin Tuna (Thunnus orientalis), FOOD AND BIOPROCESS TECHNOLOGY, 8巻, 4号, pp. 916-925, 201504
  39. 澱粉含有食品における物理的性状変化, 日本応用糖質科学, 5巻, pp. 100-104, 201505
  40. 糖質におけるガラス転移特性の制御と食品の品質設計, Foods & Food Ingredients Journal of Japan, 220巻, 3号, pp. 239-246, 201508
  41. 食品開発におけるガラス転移温度の利用意義とその可能性, 太陽化学株式会社メールマガジン, 34巻, 201506
  42. イグノーベル賞, 冷凍, 90巻, pp. 321-321, 201504
  43. 乾燥食品における水の性質と役割, 冷凍, 90巻, pp. 595-599, 201508
  44. ★, Effect of sugar composition on the water sorption and softening properties of cookie, FOOD CHEMISTRY, 145巻, pp. 772-776, 2014
  45. OPTIMIZATION OF THE DRYING TEMPERATURE OF NOODLE SHEETS TO REDUCE ENERGY COSTS AND AVOID FOAMING DAMAGE, JOURNAL OF FOOD PROCESSING AND PRESERVATION, 38巻, 4号, pp. 1743-1748, 2014
  46. ★, Thermal Properties of Freeze-Concentrated Sugar-Phosphate Solutions, FOOD BIOPHYSICS, 9巻, 3号, pp. 213-218, 2014
  47. トレハロースによるクッキーの改質, フードニュース, 48巻, pp. 224-227, 2014
  48. トレハロースによるクッキーの改質‐物性研究からその謎に迫る‐, 第17回トレハロースシンポジウム記録集, pp. 12-16, 2014
  49. 澱粉含有食品のガラス転移特性と物性制御, New Food Industry, 56巻, 6号, pp. 10-19, 2014
  50. 物性制御による澱粉含有焼成食品の高付加価値化, 食品工業, 1288巻, pp. 37-43, 2014
  51. 生物素材におけるガラス転移特性の解明, 低温生物工学会誌, 60巻, pp. 9-12, 2014
  52. 糖質の結晶化とガラス化, 日本結晶成長学会誌, 41巻, pp. 185-193, 2014
  53. 食品におけるガラス転移温度の決定と品質設計への利用, 製パン工業, 43巻, 7号, pp. 11-16, 2014
  54. 食品の高付加価値化を目指した温度操作の設計, 食品と開発, 49巻, 11号, pp. 7-9, 2014
  55. Proposal of of Short Back Extrusion Method for Enabling Consecutive Viscosity Measurements of High-viscosity Newtonian Fluid, JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY-NIPPON SHOKUHIN KAGAKU KOGAKU KAISHI, 60巻, 2号, pp. 100-109, 2013
  56. Temperature-dependent quality characteristics of pre-dehydrated cookies: Structure, browning, texture, in vitro starch digestibility, and the effect on blood glucose levels in mice, FOOD CHEMISTRY, 141巻, 1号, pp. 223-228, 2013
  57. 予備乾燥による澱粉含有食品の高付加価値化, 低温生物工学会誌, 59巻, pp. 71-74, 2013
  58. 水分と温度の最適制御による食品の品質設計, 日本食糧新聞, pp. 12, 2013
  59. 蒸気吹き込み法によるO/Wエマルションの調製, 日本食品科学工学会, 60巻, pp. 323-33, 2013
  60. 高圧処理が澱粉の理化学的性質に及ぼす影響, 冷凍, 88巻, pp. 269-273, 2013
  61. 高粘性ニュートン流体の連続測定を目的としたショートバックエクストルージョン法の提案, 日本食品科学工学会, 60巻, pp. 100-109, 20131201
  62. Complex formation, thermal properties, and in-vitro digestibility of gelatinized potato starch-fatty acid mixtures, FOOD HYDROCOLLOIDS, 27巻, 1号, pp. 228-234, 2012
  63. Discontinuous and heterogeneous glass transition behavior of carbohydrate polymer-plasticizer systems, CARBOHYDRATE POLYMERS, 89巻, 3号, pp. 836-841, 2012
  64. Effect of pre-dehydration treatment on the in vitro digestibility of starch in cookie, FOOD CHEMISTRY, 135巻, 3号, pp. 1527-1532, 2012
  65. Effect of temperature on gelatinization and retrogradation in high hydrostatic pressure treatment of potato starch-water mixtures, CARBOHYDRATE POLYMERS, 87巻, 1号, pp. 314-321, 2012
  66. ヨーグルトに分散した気泡が誘電特性に及ぼす影響, 日本食品工学会誌, 13巻, pp. 13-20, 20121201
  67. 昇温レオロジー測定によるクッキーのガラス転移挙動に関する研究, 日本食品工学会誌, 13巻, pp. 109-115, 20121201
  68. Effects of moisture content, molecular weight, and crystallinity on the glass transition temperature of inulin, CARBOHYDRATE POLYMERS, 83巻, 2号, pp. 934-939, 20110110
  69. Stabilizing effects of sucrose-polymer formulations on the activities of freeze-dried enzyme mixtures of alkaline phosphatase, nucleoside phosphorylase and xanthine oxidase, FOOD CHEMISTRY, 125巻, 4号, pp. 1188-1193, 2011
  70. 親水性高分子におけるガラス転移温度の予測, 低温生物工学会誌, 57巻, pp. 117-120, 2011
  71. Improvement in the remaining activity of freeze-dried xanthine oxidase with the addition of a disaccharide-polymer mixture, FOOD CHEMISTRY, 119巻, 1号, pp. 209-213, 20100301
  72. Improvement of Fish Freshness Determination Method by the Application of Amorphous Freeze-Dried Enzymes, JOURNAL OF AGRICULTURAL AND FOOD CHEMISTRY, 58巻, 23号, pp. 12456-12461, 20101208
  73. ★, Phase transitions in a binary system of coenzyme Q10 and coconut oil: a fundamental study on the improvement of nutritional availability of CoQ10 supplements., Journal of Food Biochemistry, 34巻, pp. 1091-1104, 2010
  74. Physical properties of normal and waxy corn starches treated with high hydrostatic pressure, Journal of Applied Glycoscience, 57巻, pp. 67-72, 2010
  75. Stabilization of nucleoside phosphorylase-xanthine oxidase mixture in dried glassy matrices, Cryobiology and Cryotechnology, 56巻, pp. 31-34, 2010
  76. モデル凍結乾燥食品のガラス転移温度と保存性, 低温生物工学会誌, 56巻, pp. 13-17, 2010
  77. 親水性高分子のガラス転移温度に及ぼす単糖の影響, 低温生物工学会誌, 56巻, pp. 151-154, 2010
  78. Effects of ball-milling on the glass transition of wheat flour constituents, Journal of the Science of Food and Agriculture, 89巻, pp. 430-435, 2009
  79. High hydrostatic pressure tolerance of four different anhydrobiotic animal species, Zoological Science, 26巻, pp. 238-242, 2009
  80. Improvement of the oral bioavailability of coenzyme Q10 by emulsification with fats and emulsifiers used in the food industry, LWT - Food Science and Technology, 42巻, pp. 385-390, 2009
  81. Glass transition properties of frozen and freeze-dried surimi products: effects of sugar and moisture on the glass transition temperature, Food Hydrocolloids, 22巻, pp. 255-262, 2008
  82. What is the actual low-temperature glass transition for fish flesh?, Transactions of the Japan Society of Refrigerating and Air Conditioning Engineers, 25巻, pp. 47-54, 2008
  83. ヨコズナクマムシの凍結耐性, 低温生物工学会誌, 54巻, pp. 173-176, 2008
  84. 製造過程によるガラス状食品の非平衡状態の相違に関する解析手法, 低温生物工学会誌, 54巻, pp. 71-77, 2008
  85. Effects of treatment pressure, holding time, and starch content on gelatinization and retrogradation properties of potato starch?water mixtures treated with high hydrostatic pressure, Carbohydrate Polymers, 69巻, pp. 590-596, 2007
  86. Stabilizing effect of four types of disaccharide on the enzymatic activity of freeze-dried lactate dehydrogenase: step by step evaluation from freezing to storage, Pharmaceutical Research, 24巻, pp. 1883-1890, 2007
  87. State diagram of potato starch-water mixtures treated with high hydrostatic pressure, Carbohydrate Polymers, 67巻, pp. 530-535, 2007
  88. Effect of sodium tripolyphosphate on the freeze-concentrated glass-like transition temperature of sugar aqueous solutions, Cryo-Letters, 27巻, pp. 107-114, 2006
  89. Glass transition and enthalpy relaxation of amorphous lactose glass, Carbohydrate Research, 341巻, pp. 1884-1889, 2006
  90. Low-temperature glass transitions of quenched and annealed bovine serum albumin aqueous solutions, Biophysical Journal, 90巻, pp. 3732-3738, 2006
  91. 凍結乾燥食品におけるアモルファス特性の解析と応用, 日本冷凍空調学会論文集, 23巻, pp. 1-12, 2006
  92. Comparative investigation by two type analytical approaches on enthalpy relaxation for glassy glucose, sucrose, maltose and trehalose, Pharmaceutical Research, 22巻, pp. 490-495, 2005
  93. Finding of an unexpected thermal anomaly at very low temperatures due to water confined within a globular protein, bovine serum albumin, Thermochimica Acta, 431巻, pp. 4-8, 2005
  94. ★, The rate of non-enzymatic browning reaction in model freeze-dried food system under the glassy state, Innovative Food Science and Emerging Technologies, 6巻, pp. 346-350, 2005
  95. アモルファス凍結乾燥食品のメイラード反応, 低温生物工学会誌, 51巻, pp. 51-56, 2005
  96. ガラス状態にある凍結乾燥食品のメイラード反応速度に及ぼす還元糖の影響, 日本食品工学会誌, 6巻, pp. 59-64, 2005
  97. 断熱型熱量計を用いたエンタルピー緩和速度測定によるBSA-水2成分系のガラス転移に関する研究, 低温生物工学会誌, 51巻, pp. 163-166, 2005
  98. 脂質2 成分混合液体からの結晶析出挙動と平衡凝固点, 日本食品工学会誌, 6巻, pp. 253-258, 2005
  99. ★, Maillard reaction rate in various glassy matrices, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 68巻, pp. 2285-2288, 2004
  100. Kinetic process of enthalpy relaxation of glassy starch and effect of physical aging upon its water vapor permeability property, Carbohydrate Polymers, 53巻, pp. 289-296, 2003
  101. 生体関連物質の熱分析によるガラス転移温度の決定と安定性の評価, 熱物性, 17巻, pp. 114-127, 2003
  102. ★, Glass transition and enthalpy relaxation of polyphosphate compounds, Cryo-Letters, 23巻, pp. 79-88, 2002
  103. Cold tolerance and ice nucleation temperature of medaka (oryzias latipes) embryos with different cryoprotectant treatments, Cryobiology and Cryotechnology, 47巻, pp. 1-6, 2001
  104. ポリリン酸塩及びアデノシン系リン酸エステルのガラス転移に関する研究, 低温生物工学会誌, 46巻, pp. 2-6, 2000

著書等出版物

  1. 2018年, Survival Strategies in Extreme Cold and Desiccation: Adaptation Mechanisms and their Applications, Control of Physical Changes in Food Products, 2018年, 単行本(学術書), 共著, E, K. Kawai and T. Hagiwara
  2. 2015年, Water Stress in Biological, Chemical, Pharmaceutical and Food Systems, Effect of emulsifier on complex formation and in vitro digestibility of gelatinized potato starch, 2015年, 単行本(学術書), 共著, E, K. Kawai, S. Takato, and K. Kajiwara., 978-1-4939-2577-3, 645
  3. 2015年, Water Stress in Biological, Chemical, Pharmaceutical and Food Systems, Prediction approach to the glass transition temperature of amorphous carbohydrate polymer, 2015年, 単行本(学術書), 共著, E, 978-1-4939-2577-3, 645
  4. 2013年, 第6版 冷凍空調便覧 Ⅳ巻 食品・生物編, 生体成分の凍結, 公益社団法人日本冷凍空調学会, 2013年, 単行本(学術書), 共著, 川井清司, 4
  5. 2013年, 第6版 冷凍空調便覧 Ⅳ巻 食品・生物編, 凍結乾燥, 公益社団法人日本冷凍空調学会, 2013年, 単行本(学術書), 共著, 川井清司, 2
  6. 2011年, 生命・食・環境のサイエンス, 食品の保存技術, 共立出版株式会社, 2011年, 教科書, 共著, 日本語, 川井清司, 192-195
  7. 2010年, Water properties in food, health, pharmaceutical and biological systems, Non-enzymatic browning reaction of glassy foods: characterization of local reaction with independent of glassy matrix, Wiley-Blackwell, 2010年, 単行本(学術書), 共著, English, Kawai K, Suzuki T, and Kajiwara K., 571-576
  8. 2006年, Water properties of food, pharmaceutical, and biological materials, The role of residual water for the stability of protein freeze-dried with trehalose, CRC Press, 2006年, 2006, 単行本(学術書), 共著, English, Kawai K, Hagiwara T, Takai R, and Suzuki T., 543-550
  9. 2002年, Amorphous Food and Pharmaceutical Systems, Glass-forming ability of polyphosphate compounds and their stability, The Royal Society of Chemistry, 2002年, 単行本(学術書), 共著, English, Kawai K, Suzuki T, Hagiwara T, and Takai R., 244-253

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 糖質が澱粉系素材の老化抑制に及ぼす影響, 住田梨嘉, 羽倉義雄、川井清司, 日本食品工学会第20回(2019年度)年次大会, 2019年08月07日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本食品工学会, かがわ国際会議場
  2. 糖-リン酸緩衝生理食塩水の凍結濃縮ガラス転移温度と凍結乾燥過程のコラプスについて, 山本雪乃, 羽倉義雄、川井清司, 日本食品工学会第20回(2019年度)年次大会, 2019年08月07日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本食品工学会, かがわ国際会議場
  3. 焼き菓子の破断特性とテクスチャー評価に関する研究, 守谷悠月, 羽染芳宗、羽倉義雄、川井清司, 日本食品工学会第20回(2019年度)年次大会, 2019年08月07日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本食品工学会, かがわ国際会議場
  4. 乾燥酵母のガラス転移に関する研究, 佐藤匡矢, 羽倉義雄、小関成樹、川井清司, 日本食品工学会第20回(2019年度)年次大会, 2019年08月07日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本食品工学会, かがわ国際会議場
  5. 粉末食品素材の打錠とガラス転移に関する研究, 望月匠峰, 羽倉義雄,川井清司, 日本食品工学会第20回(2019年度)年次大会, 2019年08月07日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本食品工学会, かがわ国際会議場
  6. 食品における“ガラス化・ガラス転移”のメカニズム・制御方法と製造・開発(加工性・保存性・テクスチャー)への応用, 川井清司, 技術講習会, 2019年07月23日, 通常, 日本語, 株式会社テックデザイン, 乳業会館(東京都)
  7. Glass transition temperature of deep-fried food characterized by thermomechanical analysis, K. Kawai, J. S. Jothi, T. N. D. Le, Y. Hagura., 2nd Journal of Thermal Analysis and Calorimetry Conference and 7th V4, 2019年06月18日, 通常, 英語, Budapest, Hungry.
  8. Freeze-concentrated glass-like transition temperature of carbohydrate-phosphate buffered saline systems, K. Kawai, Y. Yamamoto, S. Mikajiri, and Y. Hagura., 2nd Journal of Thermal Analysis and Calorimetry Conference and 7th V4, 2019年06月18日, 通常, 英語, Budapest, Hungry.
  9. 食品保存のサイエンス, 川井清司, 公開市民セミナー(広島市安佐北区可部), 2019年06月07日, 通常, 日本語, 広島市安佐北区可部公民館(広島県)
  10. 微生物のガラス転移に関する研究, 川井清司, 佐藤匡矢、羽倉義雄、小関成樹, 第64回低温生物工学会セミナー・年会報告, 2019年06月02日, 通常, 日本語, つくばイノベーションプラザ(茨城県) 
  11. Improvement in the survival rate of freeze-dried lactic acid bacteria with the addition of a disaccharide-antioxidant mixture, K. Kawai, K. Sato, S. Mikajiri, and Y. Hagura., Global chemical engineering and chemistry conference and Expo 2019, 2019年03月25日, 通常, 英語, Valencia, Spain.
  12. 食品の研究開発に役立つ熱分析(DSC)の活用術, 技術講習会, 2019年03月07日, 通常, 日本語, 株式会社テックデザイン, オームビルB1ゼミルーム(東京都)
  13. Glass transition and storage stability of freeze-dried lactic acid bacteria, K. Kawai, K. Sato, S. Mikajiri, and Y. Hagura., The 8th International Congress on Natural Sciences and Engineering, 2019年02月25日, 通常, 英語, Fukuoka, Japan.
  14. 凍結乾燥 品質劣化防止のための基礎知識からトラブル対策まで, 川井清司, 技術講習会, 2019年02月21日, 通常, 日本語, 株式会社情報機構, おおきに御堂筋瓦町ビル大会議室(大阪府)
  15. Hardness of a thermally compressed soup solid based on the glass transition temperature, K. Kawai, T. Mochizuki, T. Sogabe, and Y. Hagura., 2019 Asian Conference on Engineering and Natural Sciences, 2019年01月22日, 通常, 英語, Hokkaido, Japan.
  16. 食品中の“水”の挙動と物性への影響, 川井清司, 講習会, 2019年01月11日, 招待, 日本語, 株式会社テックデザイン, 東京
  17. 食品におけるガラス転移温度の制御と品質設計, 川井清司, 平成30年度物理化学インターカレッジセミナーおよび油化学界面科学部会九州地区講演会, 2018年12月07日, 招待, 日本語, 物理化学インターカレッジ(共催:公益社団法人日本油化学会), 福岡大学9号館
  18. Our activities and the role of food engineering, K. Kawai, International Symposium on Quality Analysis and Development of Food, 2018年11月28日, 招待, 英語, Hiroshima, Japan.
  19. Rheological properties of margarine and its application to cookie production, Y. Moriya, Y. Hasome, Y. Hagura, and K. Kawai, 3rd International conference on Agricultural and Food Sciences, 2018年11月26日, 通常, 英語, Cenetri Publishing Group, Hotel Avani Atrium Bangkok, Thailand
  20. Effects of stabilizer and water activity on the storage stability of freeze-dried lactic acid bacteria, K. Sato, S. Mikajiri, Y. Hagura, and K. Kawai, 3rd International conference on Agricultural and Food Sciences, 2018年11月26日, 通常, 英語
  21. マルトビオン酸カルシウムによる卵ゲルの改質, 福壽友哉, 深見健、羽倉義雄、川井清司, 平成30年度日本応用糖質科学会中国四国支部シンポジウム, 2018年11月22日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本応用糖質科学会, 福山大学宮地茂記念館
  22. クッキーの破断特性と食感に関する研究, 守谷悠月, 羽染芳宗、羽倉義雄、川井清司, 平成30年度日本応用糖質科学会中国四国支部シンポジウム, 2018年11月22日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本応用糖質科学会, 福山大学宮地茂記念館
  23. 二糖および抗酸化物質が凍結乾燥乳酸菌の安定性に及ぼす影響, 佐藤匡矢, 三ヶ尻脩人、羽倉義雄、川井清司, 平成30年度日本応用糖質科学会中国四国支部シンポジウム, 2018年11月22日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本応用糖質科学会, 福山大学宮地茂記念館
  24. おいしさ(食感)を設計・維持するための食品工学的アプローチ -冷凍ご飯、フライ食品、クッキーなどを例として-, 川井清司, アグリビジネス創出フェア2018, 2018年11月20日, 通常, 日本語, 農林水産省, 東京ビックサイト
  25. 食品保存のサイエンス, 川井清司, あきたかた市民セミナー, 2018年11月17日, 招待, 日本語, 安芸高田市教育委員会 生涯学習課, 八千代文化施設フォルテ
  26. 食品高分子の構造変化と物性変化, 川井清司, 日本食品科学工学会 第1回フレッシュマンセミナー, 2018年11月08日, 招待, 日本語, 公益社団法人 日本食品科学工学会, 山崎製パン総合クリエイションセンター 会議室
  27. 凍結乾燥の基礎と食品、酵素、乳酸菌への利用 -凍結、乾燥、保存過程において材料内部で起こる物理現象の理解を通じて-, 川井清司, 平成30年度広島県立総合技術研究所食品工業センター成果発表会, 2018年10月16日, 招待, 日本語, 広島県立総合技術研究所食品工業センター, 広島県立総合技術研究所食品工業センター
  28. Thermal and mechanical glass transition properties of Maca (Lepidium meyenii Walpers), Conference of Food Engineering 2018, 2018年09月09日, 通常, 英語
  29. Effects of water, oil, and additives on the glass transition temperature and texture of deep-fried food model, J. S. Jothi, Y. Hagura, and K. Kawai, Conference of Food Engineering 2018, 2018年09月09日, 通常, 英語, Society of Food Engineering, Minneapolis, Minnesota, USA
  30. -食品の加工性およびテクスチャーの制御・評価に役立つ- 食品レオロジー測定のテクニックと製品開発への応用, 川井清司, 講習会, 2018年09月27日, 招待, 日本語, 株式会社テックデザイン, リファレンス 西新宿会議室(新宿区西新宿7-21-3 西新宿大京ビル2階)
  31. 粉末食品におけるガラス転移温度と圧縮成型, 川井 清司,望月 匠峰,曽我部 知史,羽倉 義雄, 化学工学会第50回秋季大会(2018), 2018年09月19日, 通常, 日本語, 公益社団法人 化学工学会, 鹿児島大学 郡元キャンパス
  32. パン類のテクスチャーに関する研究, 川井清司,佐藤 志穂,草場 明日香,羽倉 義雄, 日本応用糖質科学会平成30年度大会(第67回), 2018年09月10日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本応用糖質科学会, 秋田県立大学生物資源科学部秋田キャンパス
  33. マルトビオン酸が卵加工品の変色と脂質酸化に与える影響について, 林佳奈子, 深見健、今井健一、川井清司, 日本食品科学工学会第65回年次大会, 2018年08月24日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本食品科学工学会, 東北大学川内北キャンパス
  34. 食品の物性制御における水の役割, 川井清司, 日本食品科学工学会第65回年次大会, 2018年08月24日, 招待, 日本語, 公益社団法人日本食品科学工学会, 東北大学川内北キャンパス
  35. マルトビオン酸カルシウムが卵ゲルの硬さに及ぼす影響, 福壽友哉, 深見 健, 羽倉義雄, 川井清司, 日本食品工学会第19回(2018年度)年次大会, 2018年08月10日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本食品工学会, つくば国際会議場
  36. 粉末食品モデルのガラス転移と圧縮成型, 望月匠峰, 羽倉義雄,川井清司, 日本食品工学会第19回(2018年度)年次大会, 2018年08月10日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本食品工学会, つくば国際会議場
  37. マーガリンがクッキー生地およびクッキーの物性に及ぼす影響, 守谷悠月, 羽染芳宗,羽倉義雄,川井清司, 日本食品工学会第19回(2018年度)年次大会, 2018年08月10日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本食品工学会, つくば国際会議場
  38. Thermal and mechanical properties of maca (Lepidium meyenii), Alex E. Alvino G., Yoshio Hagura, and Kiyoshi Kawai, 日本食品工学会第19回(2018年度)年次大会, 2018年08月10日, 通常, 英語, 一般社団法人日本食品工学会, つくば国際会議場
  39. スープ粉末のガラス転移と圧縮成型, 川井 清司,望月 匠峰,曽我部 知史,羽倉 義雄, 日本食品工学会第19回(2018年度)年次大会, 2018年08月10日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本食品工学会, つくば国際会議場(茨城県つくば市竹園2-20-3)
  40. 餅の杵搗き工程における動的衝撃力計測による連続的物性測定, 植松周作, 川井清司、羽倉義雄, 日本食品工学会第19回(2018年度)年次大会, 2018年08月10日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本食品工学会, つくば国際会議場
  41. 粒子分散系液状食品の品質評価に関する研究, 高閔薇, 川井清司、羽倉義雄, 日本食品工学会第19回(2018年度)年次大会, 2018年08月10日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本食品工学会, つくば国際会議場
  42. 割裂荷重を受ける凍結魚の縦割り割断加工に及ぼす治具の影響, 廣本好美, 佐藤允郎、村山文仁、川端康之亮、前川貴浩、川井清司、羽倉義雄, 日本食品工学会第19回(2018年度)年次大会, 2018年08月10日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本食品工学会, つくば国際会議場
  43. 電気インピーダンス法によるレトルト米飯の加工程度のモニタリング, 桑原悠史, 川井清司、羽倉義雄, 日本食品工学会第19回(2018年度)年次大会, 2018年08月10日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本食品工学会, つくば国際会議場
  44. 凍結乾燥(フリーズドライ) -品質劣化防止のための基礎知識からトラブル対策まで-, 川井清司, セミナー, 2018年08月03日, 招待, 日本語, 株式会社情報機構, エイムアテイン(福岡市博多区博多駅前3-25-24八百治ビル5・6階)
  45. 食品における“ガラス化・ガラス転移”のメカニズム・制御方法と 製造・開発(加工性・保存性・テクスチャー)への応用, 川井清司, 講習会, 2018年07月10日, 招待, 日本語, 株式会社テックデザイン, 乳業会館(東京都千代田区九段北1-14-19)
  46. 食品のガラス転移特性の解明と品質設計への利用, 望月匠峰, 守谷悠月, 佐藤匡矢, 廣本好美, 羽倉義雄, 川井清司, FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展, 2018年61月, 招待, 日本語, 一般社団法人 日本食品機械工業会, 東京ビックサイト
  47. 非晶質粉末の圧縮固化特性, 川井 清司,望月 匠峰,曽我部 知史,羽倉 義雄, 2018年06月09日, 通常, 日本語, 低温生物工学会, 埼玉大学
  48. Effect of glass transition on the texture properties of dry food products, K. Kawai, T. Sogabe, J. S. Jothi, Y. Hagura, Annual European Rheology Conference 2018, 2018年04月18日, 通常, 英語, Sorrento, Italy
  49. Stabilization of freeze-dried lactic acid bacteria, K. Kawai, S. Mikajiri, Y. Hagura, Asia-Pacific Conference on Engineering & Natural Sciences, 2018年03月14日, 通常, 英語, Taipei, Taiwan
  50. 食品の研究開発に役立つ“熱分析(DSC)”の活用術, 川井清司, 2018年03月07日, 招待, 日本語, テックデザイン株式会社, リファレンス 西新宿 会議室 S204会議室
  51. 凍結乾燥 -品質劣化防止のための基礎知識からトラブル対策まで-, 川井清司, 2018年02月23日, 招待, 日本語, 株式会社情報機構, エル・おおさか南館10階 南101
  52. 食品レオロジー測定のテクニックと製品開発への応用, 川井清司, Tech Design気軽に学べる技術講習会, 2017年11月29日, 招待, 日本語, テックデザイン株式会社
  53. Effect of stepwise baking on the quality of bakery product, K. Kawai., Food and Agriculture Panel U.S.A./Japan Cooperative Program in Natural Resources, 2017年11月11日, 招待, 英語, Hiroshima, Japan
  54. ミイラに学ぶ食品、医薬品、生物の保存と加工, 川井清司, 第53回熱測定討論会, 2017年11月05日, 招待, 日本語, 日本熱測定学会, 福岡大学(福岡)
  55. Glass transition and water sorption properties of calcium maltobionate - maltose mixtures, K. Kawai, K. Fukami, S. Takeuchi, T. Fukujyu, Y. Hagura, 8th International and 10th Japan-China Joint Symposium on Calorimetry and Thermal Analysis, 2017年11月03日, 招待, 英語, The Japan Society of Calorimetry and Thermal Analysis and The Committee of Chemical Thermodynamics and Thermal Analysis of Chinese Chemical Society, Fukuoka University (FUKUOKA)
  56. 保護剤による凍結乾燥乳酸菌の 常温安定化とその作用メカニズム, 川井清司, 第70回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2017年10月14日, 招待, 日本語, 日本細菌学会, 広島大学東広島キャンパス(広島県)
  57. 抗酸化物質が凍結乾燥乳酸菌の生存率に及ぼす影響, 川井清司,三ケ尻脩人,羽倉義雄,鈴木 大,萩原知明,黄川田隆洋,鈴木 徹, 2017年度日本冷凍空調学会年次大会, 2017年09月27日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本冷凍空調学会, 玉川大学(東京都)
  58. 食品におけるガラス転移の役割, 川井清司, 第66回高分子討論会, 2017年09月20日, 招待, 日本語, 公益社団法人高分子学会, 愛媛大学(城北キャンパス)
  59. 天ぷら衣のガラス転移特性と食感制御, Jakia Sultana Jothi, 川井清司, 頴原智美, 羽倉義雄, 日本応用糖質科学会平成29年度大会(第66回), 2017年09月07日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本応用糖質科学会, 日本大学生物資源科学部(湘南キャンパス)
  60. 冷凍食品のマイクロ波解凍時における昇温速度に与える水の凍結状 態の影響, 小林りか, 石黒貴寛、川井清司、尾関亜海、鈴木徹, 日本食品工学会第18回(2017年度)年次大会, 2017年08月08日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本食品工学会, 関西大学
  61. 食品のガラス-ラバー転移に関する研究, 川井清司, 日本食品工学会第18回(2017年度)年次大会, 2017年08月08日, 招待, 日本語, 一般社団法人日本食品工学会, 関西大学(大阪)
  62. マンゴージュースおよびペーストのガラス転移とレオロジー, 川井清司, Suwalee Fongin、羽倉義雄, 日本食品工学会第18回(2017年度)年次大会, 2017年08月08日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本食品工学会, 関西大学(大阪)
  63. 食品中の“水”の挙動と物性への影響 ~水を制した食品開発の考え方と進め方~, 川井清司, Tech Design気軽に学べる技術講習会, 2017年07月04日, 招待, 日本語, テックデザイン株式会社, サガフラット202テックデザイン会議室(東京)
  64. 食品のガラス転移特性と品質設計, 川井清司, 第43回油脂物性研究会, 2017年06月02日, 招待, 日本語, 油脂物性研究会, キャンパスイノベーションセンター東京
  65. 食品成分の相互作用と物性(食感)制御, 川井清司, 第14 回 ユニテックフーズ技術セミナー, 2017年05月25日, 招待, 日本語, ユニテックフーズ株式会社, 東京ベイ有明ワシントンホテル2F 大宴会場 「アイリス」
  66. 保護物質が凍結乾燥乳酸菌の生菌数に及ぼす影響, 川井清司、三ヶ尻脩人、滕達、羽倉義雄、鈴木大、萩原知明、黄川田隆洋、鈴木徹, 第62回低温生物工学会セミナーおよび年会要旨集, 2017年05月21日, 通常, 日本語
  67. ガラス転移温度に基づく液状食品の粘性予測, 川井清司, 深見 健,Suwalee FONGIN,竹内沙耶花,原田吉人,羽倉義雄, 第62回低温生物工学会セミナーおよび年会, 2017年05月21日, 通常, 日本語
  68. 乳酸菌の凍結過程における浸透圧変化が及ぼす損傷に関する研究, 千秋 和典, 小林 りか、川井 清司、鈴木徹, 第62回低温生物工学会セミナー・年会報告, 2017年05月20日, 通常, 日本語, 低温生物工学会, 北海道大学
  69. 凍結乾燥(フリーズドライ)の基礎・応用, 川井清司, 新製品発表会2017&無料セミナー, 2017年05月17日, 招待, 日本語, 日本ビュッヒ株式会社, 東京 TKP赤坂駅カンファレンスセンター ホール14B
  70. 食品の研究開発に役立つ“熱分析(DSC)”の活用術, 川井清司, Tech Design気軽に学べる技術講習会, 2017年03月07日, 招待, 日本語, 株式会社テックデザイン, リファレンス 西新宿会議室(東京)
  71. 低温エージング過程で凍り豆腐の固形部に生ずる密度変化の放射光CTを利用した観察, 小林りか, 石黒貴寛、川井清司、尾関亜海、鈴木徹, 日本食品科学工学会平成29年度関東支部大会, 2017年03月04日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本食品科学工学会, 山梨学院大学
  72. 粉末および乾燥食品におけるガラス転移温度制御と品質設計, 川井清司, 食品科学工学会北海道支部公開シンポジウム, 2017年02月20日, 招待, 日本語, 食品科学工学会北海道支部, 北海道大学
  73. 凍結乾燥 -品質劣化防止のための基礎知識からトラブル対策まで-, 川井清司, 凍結乾燥セミナー, 2017年02月08日, 招待, 日本語, 株式会社情報機構, きゅりあん5階第4講習室(東京)
  74. Effect of a novel baking processing on the quality of dry starchy food, K. Kawai, 5th International Joint Symposium Thai-Japan on Food processing technology and natural resource production, 2017年01月05日, 通常, 英語, Bangkok, Thailand
  75. 電解質が糖溶液の凍結濃縮ガラス転移温度に及ぼす影響 凍結乾燥乳酸菌のコラプス抑制を目的として, 川井 清司、滕達、三ヶ尻脩人、 羽倉義雄, 日本冷凍空調学会, 2016年09月09日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本冷凍空調学会, 神戸大学
  76. 凍結乾燥乳酸菌のコラプスに関する研究 , 川井 清司, 川井清司,滕達,三ヶ尻脩人, 羽倉義雄, 日本食品工学会, 2016年08月04日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本食品工学会, 東京海洋大学
  77. 食品中の“水”の挙動と物性への影響~水を制した食品開発の考え方と進め方~, 川井清司, Tech Design気軽に学べる技術講習会, 2016年08月24日, 招待, 日本語, テックデザイン株式会社, BMT会議室(東京)
  78. Effect of plasticizers on the glass transition temperature and viscosity of carbohydrate polymer, K. Kawai, K. Kawai and Y. Hagura, 13th International Symposium on the Properties of Water, 2016年06月26日, 通常, 英語
  79. Effects of water and disaccharide on the mechanical glass transition of porous amorphous starch solids, T. Sogabe, T. Sogabe, K. Kawai, and Y. Hagura, 13th International Symposium on the Properties of Water, 2016年06月26日, 通常, 英語, Lausanne, Switzerland
  80. 乳酸菌の凍結過程における損傷に関する研究, 関口由起, 小林りか、川井清司、鈴木徹, 第61回低温生物工学会セミナー・年会, 2016年06月25日, 通常, 日本語, 低温生物工学会, 東京電機大学
  81. 食品加工における澱粉・糖質の物理的性状変化, 川井清司, 第18回応用糖質科学ワークショップ, 2016年05月27日, 招待, 日本語, 日本応用糖質科学会, (地独)大阪市立工業研究所 大講堂
  82. 食品の研究開発に役立つ“熱分析(DSC)”の活用術, 川井清司, Tech Design気軽に学べる技術講習会, 2016年03月08日, 招待, 日本語, 株式会社テックデザイン, オームビル ゼミルーム(東京)
  83. Effect of glass transition temperature on the texture of starch-based dry food, T. Sogabe, T. Sogabe, K. Kawai, H. Hagura, 2nd Food Structure and Functionality Forum Symposium, 2016年03月02日, 通常, 英語, Food Structure, Singex, Singapore
  84. 固体食品の物性:測定および解析と品質設計への利用, 川井清司, 食品工学講習会, 2015年10月22日, 招待, 日本語, 一般社団法人日本食品工学会, 東京海洋大学品川キャンパス
  85. 食品の物性(Ⅲ)温度・水分変化に伴う各種物性変化, 川井清司, 食品工学講習会, 2015年10月21日, 招待, 日本語, 一般社団法人日本食品工学会, 東京海洋大学品川キャンパス
  86. 乾燥食品および粘弾性固体食品のガラス転移温度とその利用, 川井清司, 第42回食品の物性に関するシンポジウム, 2015年09月14日, 招待, 日本語, 京都大学宇治キャンパス(化研大セミナー室)
  87. 食品中の“水”の挙動と物性への影響~水を制した食品開発の考え方と進め方~, 川井清司, Tech Design気軽に学べる技術講習会, 2015年07月23日, 招待, 日本語, 株式会社テックデザイン, オームビル ゼミルーム(東京)
  88. Freezing survival of the tardigrade Ramazzottius varieornatus, D. D. Horikawa, K. Kawai, K. Nosu, Y. Matsuo, K. Kajiwara, The XIII International Symposium on Tardigrada, 2015年06月23日, 通常, 英語
  89. ガラス転移温度に基づく食品開発の戦略, 川井清司, 2015国際食品工業展(日本食品工学会フォーラム2015), 2015年06月09日, 招待, 日本語, 東京ビックサイト会議棟
  90. 食品のガラス化と品質設計, 川井清司, 第60回低温生物工学会セミナー及び年会, 2015年05月30日, 招待, 日本語, 東京工科大学
  91. ガラス転移温度に基づく乾燥食品の品質設計, 川井清司, 第60回紛体技術専門講座, 2015年02月05日, 招待, 日本語, 一般社団法人日本粉体工業技術協会, UDX Gallery Next2(東京)
  92. 澱粉系食品の物性評価と品質設計, 川井清司, 第54回澱粉研究懇談会, 2014年06月07日, 招待, 日本語, ホテルラヴィエ川良
  93. 2014年03月30日, 通常, 英語
  94. 澱粉含有食品における物理的性状変化と品質制御, 川井 清司, 第62回日本応用糖質科学会中部支部総会・講演会, 2014年03月07日, 招待, 日本語
  95. 2014年01月09日, 招待, 英語
  96. 焼成食品における澱粉の融解制御, 川井 清司, 平成25年度日本応用糖質科学会近畿/中国・四国合同支部会, 2013年11月, 招待, 日本語
  97. レハロースによるクッキーの改質‐物性研究からその謎に迫る‐, 川井 清司, 第17回トレハロースシンポジウム, 2013年11月, 招待, 日本語
  98. 2013年07月21日, 通常, 英語, Barcelona, Spain
  99. 生物素材におけるガラス転移特性の解明とその利用, 川井清司, 第58回低温生物工学会セミナー・年会, 2013年06月23日, 招待, 日本語, 関西大学
  100. 食品の高付加価値化を目指した焼成操作の設計, 川井 清司, 2013国際食品工業展(日本食品工学会フォーラム2013), 2013年06月, 招待, 日本語
  101. 水分と温度の最適制御による食品の品質設計, 川井 清司, 食品ニューテクノロジー研究会, 2013年05月, 招待, 日本語
  102. 非晶質固体における水素結合形成とガラス転移特性, 川井 清司, 第35回溶液化学シンポジウム・プレシンポジウム, 2012年11月, 招待, 日本語
  103. 生体成分と水との相互作用 -基礎及び食品分野での応用-, 川井清司, 第23回食と健康の科学セミナー, 2010年12月17日, 招待, 日本語, 広島大学大学院生物圏科学研究科
  104. 糖質のガラス転移特性の解明とその利用, 川井 清司, 平成22年度日本応用糖質科学会中国・四国支部シンポジウム, 2010年11月, 招待, 日本語
  105. エンタルピー緩和特性から見たトレハロースのガラス転移の特徴, 川井 清司, 第13回トレハロースシンポジウム, 2009年11月, 招待, 日本語
  106. 食品のアモルファス特性の解明とその利用, 川井 清司, 第56回日本食品科学工学会, 2009年09月, 招待, 日本語
  107. Use of High Hydrostatic Pressure for Physical Modification of Starch, 川井 清司, International Conference on High Pressure Science and Technology, 2009年07月, 招待, 英語
  108. 球状タンパク質の水和構造とガラス転移, 川井 清司, 水科学研究会, 2005年03月, 招待, 日本語
  109. 凍結乾燥アモルファス食品のメイラード反応, 川井 清司, 第50回低温生物工学会セミナ-及び年会, 2004年06月, 招待, 日本語

受賞

  1. 2018年11月22日, 平成30年度日本応用糖質科学会 中国・四国支部シンポジウム優秀発表賞, 日本応用糖質科学会 中国・四国支部, 二糖および抗酸化物質が凍結乾燥乳酸菌の安定性に及ぼす影響
  2. 2018年11月22日, 平成30年度日本応用糖質科学会 中国・四国支部シンポジウム優秀発表賞, 日本応用糖質科学会 中国・四国支部, クッキーの破断特性と食感に関する研究
  3. 2018年08月11日, 日本食品工学会第19回(2018年度)年次大会 優秀口頭発表賞, 日本食品工学会第19回(2018年度)年次大会実行委員長, 餅の杵搗き工程における動的衝撃力計測による連続的物性測定
  4. 2018年08月11日, 日本食品工学会 第19回(2018年度)年次大会 優秀口頭発表賞, 日本食品工学会第19回(2018年度)年次大会実行委員長, マルトビオン酸カルシウムが卵ゲルの硬さに及ぼす影響
  5. 2018年08月11日, 日本食品工学会 第19回(2018年度)年次大会 優秀ポスター発表賞, 日本食品工学会第19回(2018年度)年次大会実行委員長, 割裂荷重を受ける凍結魚の縦割り割断加工に及ぼす冶具の影響
  6. 2018年08月11日, 日本食品工学会 第19回(2018年度)年次大会 優秀ポスター発表賞, 日本食品工学会第19回(2018年度)年次大会実行委員長, マーガリンがクッキー生地およびクッキーの物性に及ぼす影響
  7. 2017年08月08日, 日本食品工学会2016年度奨励賞, 一般社団法人日本食品工学会, 食品のガラス-ラバー転移に関する研究
  8. 2017年08月09日, 日本食品工学会第 18回(2017年度)年次大会優秀口頭発表賞, 日本食品工学会第18回(2017年度)年次大会実行委員長, 抗酸化物質による凍結乾燥乳酸菌の安定化
  9. 2017年08月09日, 日本食品工学会 第18回(2017年度)年次大会優秀口頭発表賞, 一般社団法人日本食品工学会, Glass transition and caking properties of Maca (Lepidium meyenii Walpers)
  10. 2017年08月09日, 日本食品工学会 第18回(2017年度)年次大会ポスター賞, 日本食品工学会第18回(2017年度)年次大会実行委員長, マルトビオン酸カルシウムによる蒸しケーキの改質
  11. 2015年08月24日, 日本食品工学会第16回年次大会 優秀口頭発表賞, 一般社団法人日本食品工学会, マルトビオン酸カルシウムの着色挙動の解明とその応用
  12. 2015年08月24日, 日本食品工学会第16回年次大会優秀ポスター発表賞, 一般社団法人日本食品工学会, 多孔質食品のガラス転移挙動に関する研究
  13. 2015年03月10日, 2014年度 安藤百福賞 発明発見奨励賞, 食創会~新しい食品の創造・開発を奨める会~会長, ノンメルティング製法による澱粉含有食品の糖質徐放化
  14. 2013年06月23日, 平成24年度低温生物工学会奨励賞, 低温生物工学会会長, 生物素材におけるガラス転移特性の解明
  15. 2013年08月09日, 日本食品工学会2012年度論文賞, 一般社団法人日本食品工学会, 昇温レオロジー測定によるクッキーのガラス転移挙動に関する研究
  16. 2011年08月09日, 日本食品工学会第12回年次大会 優秀口頭発表賞, 日本食品工学会, 米粉の難消化性澱粉と加工食品への利用
  17. 2010年08月19日, 日本食品工学会第11回年次大会優秀ポスター発表賞, 日本食品工学会, イヌリンのガラス転移温度の予測に関する研究
  18. 2010年08月19日, 日本食品工学会第11回年次大会優秀口頭発表賞, 日本食品工学会, 澱粉含有焼成食品における難消化性澱粉含量の制御
  19. 2010年08月19日, 日本食品工学会第11回年次大会優秀ポスター発表賞, 日本食品工学会会, 米粉クッキーにおける難消化性澱粉含量の変動要因に関する研究
  20. 2006年08月, 日本食品工学会2005年度論文賞, 日本食品工学会, ガラス状態にある凍結乾燥食品のメイラード反応速度に及ぼす還元糖の影響

取得

  1. 特許権, 鮮度測定用試薬キット
  2. 5733489, 2015年04月24日, 澱粉含有焼成食品の製造方法

社会活動

委員会等委員歴

  1. 学会誌編集委員(Journal of Applied Glycoscience), 2018年04月, 2019年03月, 一般社団法人日本応用糖質科学会
  2. 学会誌編集委員, 2018年04月, 2019年03月, 低温生物工学会
  3. 学会理事, 2018年04月, 2019年03月, 低温生物工学会
  4. 学会誌編集委員(冷凍), 2018年04月, 2019年03月, 公益社団法人日本冷凍空調学会
  5. 学術活動委員, 2018年04月, 2019年03月, 一般社団法人日本食品工学会
  6. 学会誌編集委員(Journal of Applied Glycoscience), 2017年04月, 2018年03月, 一般社団法人日本応用糖質科学会
  7. 学会誌編集委員(冷凍), 2017年04月, 2018年03月, 公益社団法人日本冷凍空調学会
  8. 学会理事, 2017年04月, 2018年03月, 低温生物工学会
  9. 学会誌編集委員, 2017年04月, 2018年03月, 低温生物工学会
  10. 学術活動委員, 2017年04月, 2018年03月, 一般社団法人日本食品工学会
  11. 学術活動委員, 2016年08月, 2017年03月, 一般社団法人日本食品工学会
  12. 学会誌編集委員, 2016年04月, 2017年03月, 低温生物工学会
  13. 学会誌編集委員会(冷凍), 2016年04月, 2017年03月, 公益社団法人日本冷凍空調学会
  14. 学会誌編集委員(Journal of Applied Glycoscience), 2016年04月, 2017年03月, Journal of Applied Glycoscience
  15. 学会理事, 2016年04月, 2017年03月, 低温生物工学会
  16. 大会実行委員, 2016年, 2016年09月, 一般社団法人 日本応用糖質科学会
  17. 学会理事, 2015年05月, 2017年05月, 低温生物工学会
  18. 学会誌編集委員, 2015年05月, 2016年03月, 低温生物工学会
  19. 学会誌編集委員会(食品分科会委員), 2015年04月, 2016年03月, 公益社団法人日本冷凍空調学会
  20. 学会誌編集委員会委員, 2015年04月, 2015年05月, 低温生物工学会
  21. 学術活動委員, 2015年04月, 2015年07月, 一般社団法人日本食品工学会
  22. 学会誌編集委員会委員, 2015年01月, 2016年03月, Journal of Applied Glycoscience
  23. 大会実行委員(総務), 2015年, 2015年08月, 一般社団法人日本食品工学会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島大学模擬授業, 食品のおいしさ評価と設計, 2019年/07月/19日, 安田女子高等学校, 講師, 出前授業, 高校生
  2. 日本生物学オリンピック2017本選(広島大会), 最先端研究室訪問, 国際生物学オリンピック日本委員会, 2017年/08月/21日, 広島大学・生物生産学部
  3. 広島大学模擬授業, ガラス細工のミイラが教えてくれたこと, 広島県立呉三津田高等学校, 2015年/09月/30日, 広島県立呉三津田高等学校, 講師, 出前授業, 高校生
  4. 広島大学模擬授業, ガラス細工のミイラが教えてくれたこと, 広島市立基町高等学校, 2015年/07月/15日, 広島市立基町高等学校, 講師, 出前授業, 高校生
  5. 広島大学模擬授業, ガラス細工のミイラが教えてくれたこと, 広島市立基町高等学校, 2014年/07月/16日, 広島市立基町高等学校, 講師, 出前授業, 高校生
  6. 広島大学模擬授業, ガラス細工のミイラが教えてくれたこと, 広島県立尾道北高等学校, 2013年/06月/28日, 広島県立尾道北高等学校, 講師, 出前授業, 高校生
  7. 食品分野研究シーズ発表会 in 大田, 食品成分の物理的性状変化を理解すればできること, 2012年/03月/09日, 島根県男女共同参画センター・あすてらす, 講師, 講演会, 企業
  8. 第23回食と健康の科学セミナー, 生体成分と水との相互作用 -基礎及び食品分野での応用-, 2010年/12月/17日, 広島大学大学院生物圏科学研究科, 講師, 講演会, 研究者
  9. 広島大学公開講座「食の未来型モデルを考える, 食品の品質制御 クッキーを例として, 2010年/10月/01日, 東広島市コラボスクエア, 講師, セミナー・ワークショップ, 社会人・一般

学術雑誌論文査読歴

  1. 2019年, 冷凍, 編集員, 食品分科会主査
  2. 2019年, Journal of Applied Glycoscience, 編集員
  3. 2019年, 低温生物工学会誌, 副編集委員長
  4. 2018年, Journal of Applied Glycoscience, 編集員
  5. 2018年, 低温生物工学会誌, 編集員
  6. 2018年, 冷凍, 編集員
  7. 2017年, Journal of Applied Glycoscience, 編集員
  8. 2017年, 低温生物工学会誌, 編集員
  9. 2017年, 冷凍, 編集員
  10. 2016年, Journal of Applied Glycoscience, 編集員
  11. 2016年, 低温生物工学会誌, 編集員
  12. 2016年, 冷凍, 編集員
  13. 2015年, Journal of Applied Glycoscience, 編集員
  14. 2015年, 冷凍, 編集員
  15. 2015年, 低温生物工学会誌, 編集員
  16. 2014年, 冷凍, 編集員
  17. 2014年, 低温生物工学会誌, 編集員
  18. 2013年, 冷凍, 編集員
  19. 2013年, 低温生物工学会誌, 編集員
  20. 2012年, 冷凍, 編集員
  21. 2012年, 低温生物工学会誌, 編集員
  22. 2011年, 冷凍, 編集員
  23. 2011年, 低温生物工学会誌, 編集員