中田 聡SATOSHI NAKATA

Last Updated :2018/09/21

所属・職名
大学院理学研究科 生命理学講座 教授
メールアドレス
nakatashiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 理学博士 (名古屋大学)
  • 工学修士 (徳島大学)

研究分野

  • 化学 / 基礎化学 / 物理化学
  • 化学 / 複合化学 / 機能物性化学

教育活動

授業担当

  1. 2018年, 学部専門, 1ターム, 化学概説A
  2. 2018年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  3. 2018年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  4. 2018年, 学部専門, 4ターム, 分子光化学
  5. 2018年, 学部専門, セメスター(後期), 化学特別講義(細胞の代謝振動と同期)
  6. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 生命理学概論
  7. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 数理分子生命理学特別研究
  8. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 数理分子生命理学特別研究
  9. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 自己組織化学セミナー
  10. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 自己組織化学セミナー
  11. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), グローバル数理分子生命理学演習
  12. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), グローバル数理分子生命理学演習
  13. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 数理分子生命理学特別講義(細胞の代謝振動と同期)

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Interactions between Sex Hormones and a 1,2-Di-O-myristoyl-sn-glycero-3-phosphocholine Molecular Layer: Characteristics of the Liposome, Surface Area versus Surface Pressure of the Monolayer, and Microscopic Observation, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 84巻, 3号, pp.283-pp.289, 2011
  2. A liquid/liquid interface excited by stimulation with water., A liquid/liquid interface excited by stimulation with water., 332巻, 1号, 2009
  3. Arnold tongue of electrochemical nonlinear oscillators., Arnold tongue of electrochemical nonlinear oscillators., 113巻, 25号, 2009
  4. Self-motion of a camphor disk on an aqueous phase depending on the alkyl chain length of sulfate surfactants., Self-motion of a camphor disk on an aqueous phase depending on the alkyl chain length of sulfate surfactants., 26巻, 4号, 2010
  5. Phase wave between two oscillators in the photosensitive Belousov-Zhabotinsky reaction depending on the difference in the illumination time., Phase wave between two oscillators in the photosensitive Belousov-Zhabotinsky reaction depending on the difference in the illumination time., 114巻, 34号, 2010
  6. Collective behavior of inanimate boats., Collective behavior of inanimate boats., 81巻, 5 Pt 2号, 2010
  7. Photoexcited chemical wave in the ruthenium-catalyzed Belousov-Zhabotinsky reaction., Photoexcited chemical wave in the ruthenium-catalyzed Belousov-Zhabotinsky reaction., 115巻, 26号, 2011
  8. Suppression and regeneration of camphor-driven Marangoni flow with the addition of sodium dodecyl sulfate., Suppression and regeneration of camphor-driven Marangoni flow with the addition of sodium dodecyl sulfate., 116巻, 3号, 2012
  9. Mode change in the self-motion of a benzoquinone disk coupled with a NADPH system., Mode change in the self-motion of a benzoquinone disk coupled with a NADPH system., 13巻, 2号, 2012
  10. Photo-sensitive self-motion of a BQ disk., Photo-sensitive self-motion of a BQ disk., 14巻, 17号, 2012
  11. Reciprocating motion of a self-propelled object on a molecular layer., Reciprocating motion of a self-propelled object on a molecular layer., 13巻, 18号, 2012
  12. Oscillation of a polymer gel entrained with a periodic force., Oscillation of a polymer gel entrained with a periodic force., 117巻, 7号, 2013
  13. Collective motion of symmetric camphor papers in an annular water channel., Collective motion of symmetric camphor papers in an annular water channel., 88巻, 1号, 2013
  14. Chemical wave propagation preserved on an inhibitory field in the ruthenium-catalyzed Belousov-Zhabotinsky reaction., Chemical wave propagation preserved on an inhibitory field in the ruthenium-catalyzed Belousov-Zhabotinsky reaction., 117巻, 41号, 2013
  15. Periodic reciprocating motion of a polymer gel on an aqueous phase synchronized with the Belousov-Zhabotinsky reaction., Periodic reciprocating motion of a polymer gel on an aqueous phase synchronized with the Belousov-Zhabotinsky reaction., 30巻, 2号, 2014
  16. Mathematical modeling of calcium waves induced by mechanical stimulation in keratinocytes., Mathematical modeling of calcium waves induced by mechanical stimulation in keratinocytes., 9巻, 3号, 2014
  17. Mode switching of a self-propelled camphor disk sensitive to the photoisomerization of a molecular layer on water., Mode switching of a self-propelled camphor disk sensitive to the photoisomerization of a molecular layer on water., 30巻, 25号, 2014
  18. Response of a chemical wave to local pulse irradiation in the ruthenium-catalyzed Belousov-Zhabotinsky reaction., Response of a chemical wave to local pulse irradiation in the ruthenium-catalyzed Belousov-Zhabotinsky reaction., 17巻, 14号, 2015
  19. Physicochemical design and analysis of self-propelled objects that are characteristically sensitive to environments., Physicochemical design and analysis of self-propelled objects that are characteristically sensitive to environments., 17巻, 16号, 2015
  20. Spontaneous change in trajectory patterns of a self-propelled oil droplet at the air-surfactant solution interface., Spontaneous change in trajectory patterns of a self-propelled oil droplet at the air-surfactant solution interface., 91巻, 3号, 2015
  21. 水滴で興奮する液液界面, Journal of Colloid and Interface Science, 332巻, pp.254-pp.257, 20081225
  22. Oscillation of a water surface in contact with a fixed camphor disk, CHEMICAL PHYSICS LETTERS, 457巻, 1-3号, pp.254-pp.258, MAY 20 2008
  23. Self-motion of a phenanthroline disk on divalent metal ion aqueous solutions coupled with complex formation, COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS, 324巻, 1-3号, pp.222-pp.227, JUL 1 2008
  24. Bifurcation of self-motion depending on the reaction order, PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS, 11巻, 7号, pp.1085-pp.1090, 2009
  25. Arnold Tongue of Electrochemical Nonlinear Oscillators, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A, 113巻, 25号, pp.6876-pp.6879, JUN 25 2009
  26. Oscillation in Penetration Distance in a Train of Chemical Pulses Propagating in an Optically Constrained Narrowing Channel, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A, 113巻, 39号, pp.10405-pp.10409, OCT 1 2009
  27. Spontaneous Deformation of an Oil Droplet Induced by the Cooperative Transport of Cationic and Anionic Surfactants through the Interface, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 113巻, 48号, pp.15709-pp.15714, DEC 3 2009
  28. Intermittent motion of a camphor float depending on the nature of the float surface on water, COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS, 349巻, 1-3号, pp.74-pp.77, OCT 5 2009
  29. 電気化学振動子の結合における引き込み現象, The Journal of Physical Chemistry A, 113巻, pp.6876-pp.6879, 20090602
  30. 異方性ギャップを通過する光感受性ベローゾブジャボチンスキー反応における化学波の伝播, The Journal of Physical Chemistry A, 113巻, pp.2304-pp.2308, 20090219
  31. Chemical Sensing with Dynamical Nonlinear Information, INTERNATIONAL JOURNAL OF UNCONVENTIONAL COMPUTING, 5巻, 1号, pp.39-pp.52, 20090101
  32. Chemical Sensing with Dynamical Nonlinear Information, INTERNATIONAL JOURNAL OF UNCONVENTIONAL COMPUTING, 5巻, 1号, pp.39-pp.52, 2009
  33. A liquid/liquid interface excited by stimulation with water, JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE, 332巻, 1号, pp.254-pp.257, APR 1 2009
  34. Wave Propagation in the Photosensitive Belousov-Zhabotinsky Reaction Across an Asymmetric Gap, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A, 113巻, 11号, pp.2304-pp.2308, MAR 19 2009
  35. Experimental and theoretical studies on the self-motion of a phenanthroline disk coupled with complex formation, PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS, 12巻, 7号, pp.1557-pp.1563, 2010
  36. Self-Motion of a Camphor Disk on an Aqueous Phase Depending on the Alkyl Chain Length of Sulfate Surfactants, LANGMUIR, 26巻, 4号, pp.2414-pp.2417, FEB 16 2010
  37. Mathematical analysis of intercellular calcium propagation induced by adenosine triphosphate, SKIN RESEARCH AND TECHNOLOGY, 16巻, 2号, pp.146-pp.150, MAY 2010
  38. Apex of a V-shaped cut field acts as a pacemaker on an oscillatory system, CHEMICAL PHYSICS LETTERS, 490巻, 4-6号, pp.238-pp.241, APR 26 2010
  39. Mode-Switching of the Self-Motion of a Camphor Boat Depending on the Diffusion Distance of Camphor Molecules, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 114巻, 21号, pp.9876-pp.9882, JUN 3 2010
  40. Collective behavior of inanimate boats, PHYSICAL REVIEW E, 81巻, 5号, MAY 2010
  41. Self-Motion of a Benzoquinone Disk Coupled with a Redox Reaction, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 114巻, 31号, pp.13340-pp.13343, AUG 12 2010
  42. Distinguishing Among Gases with a Semiconductor Sensor Depending on the Frequency Modulation of a Cyclic Temperature, ELECTROANALYSIS, 22巻, 14号, pp.1573-pp.1580, JUL 2010
  43. Phase Wave between Two Oscillators in the Photosensitive Belousov-Zhabotinsky Reaction Depending on the Difference in the Illumination Time, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A, 114巻, 34号, pp.9124-pp.9129, SEP 2 2010
  44. Synchronized motion of the water surfaces around two fixed camphor disks, JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE, 351巻, 1号, pp.299-pp.303, NOV 1 2010
  45. Interactions between Sex Hormones and a 1,2-Di-O-myristoyl-sn-glycero-3-phosphocholine Molecular Layer: Characteristics of the Liposome, Surface Area versus Surface Pressure of the Monolayer, and Microscopic Observation, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 84巻, 3号, pp.283-pp.289, MAR 15 2011
  46. Localized Bioconvection of Euglena Caused by Phototaxis in the Lateral Direction, JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN, 80巻, 6号, JUN 2011
  47. Photoexcited Chemical Wave in the Ruthenium-Catalyzed Belousov-Zhabotinsky Reaction, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A, 115巻, 26号, pp.7406-pp.7412, JUL 7 2011
  48. Mode-selection and mode-switching of an autonomous motor composed of a camphor rotor and a mobile loop, CHEMICAL PHYSICS LETTERS, 514巻, 1-3号, pp.159-pp.163, SEP 27 2011
  49. Density wave propagation of a wave train in a closed excitable medium, PHYSICAL REVIEW E, 84巻, 4号, OCT 5 2011
  50. Suppression and Regeneration of Camphor-Driven Marangoni Flow with the Addition of Sodium Dodecyl Sulfate, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 116巻, 3号, pp.992-pp.996, JAN 26 2012
  51. Mode Change in the Self-Motion of a Benzoquinone Disk Coupled with a NADPH System, CHEMPHYSCHEM, 13巻, 2号, pp.520-pp.524, FEB 2012
  52. Distinction between alcohols and hydrocarbons with a semiconductor gas sensor depending on the range and frequency of a cyclic temperature, ANALYTICAL METHODS, 4巻, 4号, pp.1126-pp.1131, APR 2012
  53. Photo-sensitive self-motion of a BQ disk, PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS, 14巻, 17号, pp.5988-pp.5991, 2012
  54. Interaction between a monosaccharide and a phospholipid molecular layer, COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS, 405巻, pp.14-pp.18, JUL 5 2012
  55. Reciprocating Motion of a Self-Propelled Object on a Molecular Layer, CHEMPHYSCHEM, 13巻, 18号, pp.4129-pp.4133, DEC 21 2012
  56. Oscillation of a Polymer Gel Entrained with a Periodic Force, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 117巻, 7号, pp.2215-pp.2220, FEB 21 2013
  57. Reciprocating Motion of a Self-Propelled Object on a Molecular Layer with a Local Minimum and a Local Maximum Isotherm, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 117巻, 12号, pp.6346-pp.6352, MAR 28 2013
  58. Adhesive force between paired microdroplets coated with lipid monolayers, SOFT MATTER, 9巻, 25号, pp.5891-pp.5897, 2013
  59. Collective motion of symmetric camphor papers in an annular water channel, PHYSICAL REVIEW E, 88巻, 1号, JUL 30 2013
  60. Chemical Wave Propagation Preserved on an Inhibitory Field in the Ruthenium-Catalyzed Belousov-Zhabotinsky Reaction, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A, 117巻, 41号, pp.10615-pp.10618, OCT 17 2013
  61. Motion with Memory of a Self-Propelled Object, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 117巻, 46号, pp.24490-pp.24495, NOV 21 2013
  62. Periodic Reciprocating Motion of a Polymer Gel on an Aqueous Phase Synchronized with the Belousov-Zhabotinsky Reaction, LANGMUIR, 30巻, 2号, pp.517-pp.521, JAN 21 2014
  63. Frontiers in epidermal barrier homeostasis - an approach to mathematical modelling of epidermal calcium dynamics, EXPERIMENTAL DERMATOLOGY, 23巻, 2号, pp.79-pp.82, FEB 2014
  64. Mathematical Modeling of Calcium Waves Induced by Mechanical Stimulation in Keratinocytes, PLOS ONE, 9巻, 3号, MAR 24 2014
  65. Self-propelled Motor Driven by a Glucose Engine, CHEMISTRY LETTERS, 43巻, 4号, pp.453-pp.455, APR 5 2014
  66. Transient Reciprocating Motion of a Self-Propelled Object Controlled by a Molecular Layer of a N-Stearoyl-p-nitroaniline: Dependence on the Temperature of an Aqueous Phase, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 118巻, 27号, pp.14888-pp.14893, JUL 10 2014
  67. Mode Switching of a Self-Propelled Camphor Disk Sensitive to the Photoisomerization of a Molecular Layer on Water, LANGMUIR, 30巻, 25号, pp.7353-pp.7357, JUL 1 2014
  68. Quantitative Estimation of the Parameters for Self-Motion Driven by Difference in Surface Tension, LANGMUIR, 30巻, 27号, pp.8101-pp.8108, 2014
  69. Periodic Reciprocating Motion of a Polymer Gel on an Aqueous Phase Synchronized with the Belousov-Zhabotinsky Reaction, LANGMUIR, 30巻, 2号, pp.517-pp.521, 2014
  70. Marangoni flow around a camphor disk regenerated by the interaction between camphor and sodium dodecyl sulfate molecules, COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS, 466巻, pp.40-pp.44, FEB 5 2015
  71. Response of a chemical wave to local pulse irradiation in the ruthenium-catalyzed Belousov-Zhabotinsky reaction, PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS, 17巻, 14号, pp.9148-pp.9152, 2015
  72. Spontaneous change in trajectory patterns of a self-propelled oil droplet at the air-surfactant solution interface, PHYSICAL REVIEW E, 91巻, 3号, MAR 11 2015
  73. Synchronized Intermittent Motion Induced by the Interaction between Camphor Disks, JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN, 84巻, 3号, MAR 15 2015
  74. Physicochemical design and analysis of self-propelled objects that are characteristically sensitive to environments, PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS, 17巻, 16号, pp.10326-pp.10338, 2015
  75. Characteristic oscillatory motion of a camphor boat sensitive to physicochemical environment, CHAOS, 25巻, 6号, JUN 2015
  76. Bifurcation phenomena of two self-propelled camphor disks on an annular field depending on system length, PHYSICAL REVIEW E, 92巻, 2号, AUG 18 2015
  77. Characteristic responses of a phospholipid molecular layer to polyols, COLLOIDS AND SURFACES B-BIOINTERFACES, 136巻, pp.594-pp.599, DEC 1 2015
  78. Synchronization of Two Self-Oscillating Gels Based on Chemo-Mechanical Coupling, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 120巻, 11号, pp.2977-pp.2983, MAR 24 2016
  79. Self-oscillating Gel Accelerated while Sensing the Shape of an Aqueous Surface, LANGMUIR, 32巻, 16号, pp.3901-pp.3906, APR 26 2016
  80. Acceleration or deceleration of self-motion by the Marangoni effect, CHEMICAL PHYSICS LETTERS, 654巻, pp.92-pp.96, JUN 16 2016
  81. Ability of sodium dodecyl sulfate to transiently stabilize a phospholipid molecular layer, THIN SOLID FILMS, 615巻, pp.215-pp.220, SEP 30 2016
  82. Oscillation of Speed of a Self-Propelled Belousov-Zhabotinsky Droplet, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY LETTERS, 7巻, 17号, pp.3424-pp.3428, SEP 1 2016
  83. Selection of the Rotation Direction for a Camphor Disk Resulting from Chiral Asymmetry of a Water Chamber, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 120巻, 34号, pp.9166-pp.9172, SEP 1 2016
  84. Periodic Oscillatory Motion of a Self-Propelled Motor Driven by Decomposition of H2O2 by Catalase, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 56巻, 3号, pp.861-pp.864, JAN 16 2017
  85. Self-inverted reciprocation of an oil droplet on a surfactant solution, SOFT MATTER, 13巻, 18号, pp.3422-pp.3430, MAY 14 2017
  86. Relaxation dynamics of the Marangoni convection roll structure induced by camphor concentration gradient, COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS, 520巻, pp.436-pp.441, MAY 5 2017
  87. Achilles' heel of a traveling pulse subject to a local external stimulus, PHYSICAL REVIEW E, 95巻, 6号, JUN 12 2017
  88. Characteristic Isotherms for a Mixed Molecular Layer Composed of Phospholipid and Fatty Acid, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 90巻, 7号, pp.801-pp.806, JUL 2017
  89. Unidirectional motion of a camphor disk on water forced by interactions between surface camphor concentration and dynamically changing boundaries, PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS, 19巻, 28号, pp.18767-pp.18772, JUL 28 2017
  90. Dynamic Ordering in a Swarm of Floating Droplets Driven by Solutal Marangoni Effect, JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN, 86巻, 10号, OCT 15 2017
  91. Collective Behavior of Camphor Floats Migrating on the Water Surface, JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN, 86巻, 10号, OCT 15 2017
  92. Reciprocating Motion of a Self-Propelled Rotor Induced by Forced Halt and Release Operations, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 122巻, 6号, pp.3482-pp.3487, FEB 15 2018
  93. Distinguishing the Dynamic Fingerprints of Two- and Three-Dimensional Chemical Waves in Microbeads, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A, 122巻, 8号, pp.1967-pp.1971, MAR 1 2018
  94. Period of Oscillatory Motion of a Camphor Boat Determined by the Dissolution and Diffusion of Camphor Molecules, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 122巻, 9号, pp.2610-pp.2615, MAR 8 2018
  95. Characteristic responses of a 1,2-di-myristoyl-sn-glycero-3-phosphocholine molecular layer to polymeric surfactants at an air/water interface, COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS, 546巻, pp.163-pp.167, JUN 5 2018
  96. Evolution of Self-Propelled Objects: From the Viewpoint of Nonlinear Science, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 24巻, 24号, pp.6308-pp.+, APR 25 2018
  97. Synchronization of self-propelled soft pendulums, SOFT MATTER, 14巻, 19号, pp.3791-pp.3798, MAY 21 2018
  98. Promotion and inhibition of synchronous glycolytic oscillations in yeast by chitosan, FEBS JOURNAL, 285巻, 14号, pp.2679-pp.2690, JUL 2018

著書等出版物

  1. 2009年05月, よみがえれ!科学者魂 研究はひらめきと寄り道だ, 丸善, 2009年, 05, 単行本(学術書), 単著, 4621081225

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 2012年07月18日, 招待, 英語
  2. 2014年06月13日, 招待, 英語, OIST (Okinawa), 沖縄
  3. 2014年07月16日, 通常, 英語
  4. 2014年07月16日, 通常, 英語
  5. 自励振動ゲルのカップリングによる同調現象の圧縮効果, 江嵜駿人,中田 聡,鈴木翔吾,小林亮,伊藤賢太郎,原雄介, 江嵜駿人,中田 聡,鈴木翔吾,小林亮,伊藤賢太郎,原雄介, 第65回コロイドおよび界面化学討論会, 2014年09月03日, 通常, 日本語, 日本化学会 コロイドおよび界面化学討論会, 東京理科大学神楽坂キャンパス(東京)
  6. リン脂質膜に対するドデシル硫酸ナトリウムの吸着応答, 出口綾乃,中田 聡,福原幸一, 出口綾乃,中田 聡,福原幸一, 第65回コロイドおよび界面化学討論会, 2014年09月03日, 通常, 日本語, 東京理科大学神楽坂キャンパス(東京)
  7. 界面活性剤の臭素化に伴う張力変化と液滴の自励運動, 末松信彦,中田聡, 末松信彦,中田聡, 第65回コロイドおよび界面化学討論会, 2014年09月05日, 通常, 日本語, 日本化学会 コロイドおよび界面化学討論会, 東京理科大学神楽坂キャンパス(東京)
  8. 電圧印加による自律運動モードの制御, 松田唯,中田聡, 松田唯,中田聡, 第65回コロイドおよび界面化学討論会, 2014年09月05日, 通常, 日本語, 日本化学会 コロイドおよび界面化学討論会
  9. 環状水路における樟脳円板の集団運動の分岐現象, 上田知明,中田 聡,長山雅晴,吉井美優,西森拓,井倉弓彦, 上田知明,中田 聡,長山雅晴,吉井美優,西森拓,井倉弓彦, 第65回コロイドおよび界面化学討論会, 2014年09月05日, 通常, 日本語, 日本化学会 コロイドおよび界面化学討論会, 東京理科大学神楽坂キャンパス(東京)
  10. 水面における液滴の自己反転往復運動, 曽我部芳美,中田 聡,田中晋平, 曽我部芳美,中田 聡,田中晋平, 第65回コロイドおよび界面化学討論会, 2014年09月05日, 通常, 日本語, 日本化学会 コロイドおよび界面化学討論会, 東京理科大学神楽坂キャンパス(東京)
  11. 振動運動する樟脳船の同調現象, 吉井美優,末松信彦,中田 聡, 吉井美優,末松信彦,中田 聡, 第65回コロイドおよび界面化学討論会, 2014年09月05日, 通常, 日本語, 日本化学会 コロイドおよび界面化学討論会, 東京理科大学神楽坂キャンパス(東京)
  12. 化学反応を記憶する自律運動系の構築, 水元瀬奈,中田 聡, 水元瀬奈,中田 聡, 日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, 山口大学
  13. 水面を感じる自励振動ゲル, 山本博也,吉井美優,中田 聡, 山本博也,吉井美優,中田 聡, 日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, 山口大学
  14. リン脂質単分子膜に対するポリオールの効果, 関陽太,出口綾乃,中田 聡, 関陽太,出口綾乃,中田 聡, 日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, 山口大学
  15. 時空間パルス刺激に対する化学進行波の速度応答, 鈴木翔吾,江嵜駿人,中田 聡,北畑裕之,西慧,西浦廉政, 鈴木翔吾,江嵜駿人,中田 聡,北畑裕之,西慧,西浦廉政, 日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月09日, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, 山口大学
  16. 2015年03月09日, 招待, 英語
  17. SDS水溶液上を往復運動する油滴の運動モード分岐, 曽我部芳美・中田 聡・田中晋平, 曽我部芳美・中田 聡・田中晋平, 日本化学会第95春季年会, 2015年03月25日, 通常, 日本語, 日本化学会, 日本大学 理工学部船橋キャンパス/薬学部
  18. 樟脳円板の位置に依存した樟脳船の振動運動の分岐現象, 吉井美優,中田 聡,末松信彦, 吉井美優,中田 聡,末松信彦, 日本化学会第95春季年会, 2015年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 日本大学 理工学部船橋キャンパス/薬学部
  19. 複数の樟脳粒子の動的パターン形成, 松田唯,末松信彦,北畑裕之,井倉弓彦,西森拓,中田 聡, 松田唯,末松信彦,北畑裕之,井倉弓彦,西森拓,中田 聡, 日本化学会第95春季年会, 2015年03月26日, 通常, 中国語, 日本化学会, 日本大学 理工学部船橋キャンパス/薬学部
  20. 局所的光刺激に対する化学波のダイナミクス, 鈴木翔吾,中田 聡,江嵜駿人,北畑裕之,西慧,西浦廉政, 鈴木翔吾,中田 聡,江嵜駿人,北畑裕之,西慧,西浦廉政, 日本化学会第95春季年会, 2015年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 日本大学 理工学部船橋キャンパス/薬学部
  21. 化学振動反応と同期した液滴運動, 末松信彦,伊藤桂,雨宮隆,森義仁,中田 聡, 末松信彦,伊藤桂,雨宮隆,森義仁,中田 聡, 日本化学会第95春季年会, 2015年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, 日本大学 理工学部船橋キャンパス/薬学部
  22. 2015年08月21日, 招待, 英語
  23. 界面活性剤水溶液上で2種類の往復運動するサリチル酸ブチル液滴, 曽我部 芳美, 中田 聡, 田中 晋平, 萱原 克彦, 曽我部 芳美, 中田 聡, 田中 晋平, 萱原 克彦, 第66回コロイドおよび界面化学討論会, 2015年09月10日, 通常, 日本語, 日本化学会 コロイドおよび界面化学討論会, 鹿児島大学郡元キャンパス
  24. 不飽和度が異なる脂肪酸に対するリン脂質膜の特異的応答, 関陽太,出口綾乃,福原幸一,中田聡, 関陽太,出口綾乃,福原幸一,中田聡, 第66回コロイドおよび界面化学討論会, 2015年09月11日, 通常, 日本語, 日本化学会 コロイドおよび界面化学討論会, 鹿児島大学郡元キャンパス
  25. 自己駆動系で作るリズムと秩序, 中田 聡、田中晋平、長山雅晴, 中田 聡、田中晋平、長山雅晴, 応用数理学会2015年年会, 2015年09月11日, 招待, 日本語, 応用数理学会, 金沢大学、石川
  26. 間欠的に水面滑走する2成分混合油滴, 萱原克彦、出口綾乃、曽我部芳美、田中晋平、中田聡, 萱原克彦、出口綾乃、曽我部芳美、田中晋平、中田聡, 日本化学会中国四国支部大会, 2015年11月14日, 通常, 日本語, 岡山大学、岡山
  27. 自己駆動する酵素モーターの振動運動, 野村美生、山本博也、中田聡, 野村美生、山本博也、中田聡, 日本化学会中国四国支部大会, 2015年11月14日, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, 岡山大学、岡山
  28. ポリオールの構造に依存したリン脂質液体膜の特異的応答, 出口綾乃、関陽太、福原幸一、中田聡, 出口綾乃、関陽太、福原幸一、中田聡, 日本化学会中国四国支部大会, 2015年11月14日, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, 岡山大学、岡山
  29. 振動運動する樟脳船の周期の温度依存性, 吉井美優、末松信彦、中田聡, 吉井美優、末松信彦、中田聡, 日本化学会中国四国支部大会, 2015年11月14日, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, 岡山大学、岡山
  30. 2015年12月17日, 通常, 英語
  31. 2015年12月17日, 通常, 英語
  32. 場の異方性に依存した特徴的な自己駆動モーター, 山本博也、中田聡、山中治、Gorecki Jerzy、住野豊、北畑裕之、末松信彦、」小谷野由紀, 山本博也、中田聡、山中治、Gorecki Jerzy、住野豊、北畑裕之、末松信彦、」小谷野由紀, 日本化学会 第96回春季年会, 2016年03月24日, 通常, 日本語, 日本化学会, 同志社大学京田辺キャンパス
  33. 樟脳粒子グループによる時空間パターン, 松田唯、末松信彦、北畑裕之、井倉弓彦、中田聡, 松田唯、末松信彦、北畑裕之、井倉弓彦、中田聡, 日本化学会 第96回春季年会, 2016年03月24日, 通常, 日本語, 日本化学会, 同志社大学京田辺キャンパス
  34. 化学反応波列の時空間パターン, 末松信彦、中田聡, 末松信彦、中田聡, 日本化学会 第96回春季年会, 2016年03月24日, 通常, 日本語, 日本化学会, 同志社大学京田辺キャンパス
  35. 2016年03月26日, 招待, 英語
  36. 脂肪酸の炭素鎖構造に依存して異なるリン脂質分子膜の特異的応答, 関陽太,出口綾乃,福原幸一,傳田光洋,後藤真紀子,中田聡, 関陽太,出口綾乃,福原幸一,傳田光洋,後藤真紀子,中田聡, 日本化学会 第96回春季年会, 2016年03月27日, 通常, 日本語, 日本化学会, 同志社大学京田辺キャンパス
  37. 2016年07月19日, 招待, 英語
  38. 2016年03月26日, 招待, 英語
  39. 2016年09月26日, 招待, 英語
  40. 2016年07月17日, 通常, 英語
  41. H2O2分解型自己駆動モーターにおける振動運動と分岐現象, 野村美生、山本博也、泉俊輔、中田聡、末松 J. 信彦、井倉弓彦、雨宮隆, 野村美生、山本博也、泉俊輔、中田聡、末松 J. 信彦、井倉弓彦、雨宮隆, 日本化学会 第97春季年会, 2017年03月18日, 通常, 日本語, 日本化学会, 慶應義塾大学日吉キャンパス、神奈川
  42. 樟脳船の振動運動と樟脳濃度の関係, 郡島 遥, 末松 J. 信彦, 入江 康崇, 中田 聡, 郡島 遥, 末松 J. 信彦, 入江 康崇, 中田 聡, 2016年日本化学会中国四国支部大会 香川大会, 2016年11月06日, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, 香川大学
  43. 樟脳船の振動周期を決定する樟脳分子の閾値濃度の解明, 郡島 遥, 末松 J. 信彦, 北畑 裕之, Jerzy Gorecki, 入江 康崇, 中田 聡, 郡島 遥, 末松 J. 信彦, 北畑 裕之, Jerzy Gorecki, 入江 康崇, 中田 聡, 日本化学会 第97春季年会, 2017年03月18日, 通常, 日本語, 日本化学会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス、神奈川
  44. 二つの自己駆動するひもの同調運動, 萱原克彦、Elliott Ginder、長山雅晴、西森拓、中田聡, 萱原克彦、Elliott Ginder、長山雅晴、西森拓、中田聡, 日本化学会 第97春季年会, 2017年03月18日, 通常, 日本語, 日本化学会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス 神奈川
  45. 2016年08月02日, 通常, 日本語
  46. ポリエーテルポリオールに対するリン脂質分子膜の特異的応答, 関 陽太, 福原幸一, 傳田 光洋, 後藤 真紀子, 中田 聡, 関 陽太, 福原幸一, 傳田 光洋, 後藤 真紀子, 中田 聡, 第67回コロイドおよび界面化学討論会, 2016年09月22日, 通常, 日本語, コロイドおよび界面化学討論会, 北海道教育大学、旭川
  47. 樟脳粒子で駆動されるマランゴニ流除去により発生する逆流現象, 山本博也・中田聡・北畑裕之, 山本博也・中田聡・北畑裕之, 第67回コロイド界面化学討論会, 2016年09月24日, 通常, 日本語, コロイド界面化学討論会, 北海道教育大学 旭川
  48. リン脂質膜の相状態に及ぼすポリオールの影響, 20170906, 野村美生・福原幸一・北畑裕之・菱田真史・傳田光洋・中田聡, 第68回コロイドおよび界面化学討論会, 2017年09月06日, 通常, 日本語, 日本化学会、コロイドおよび界面化学部会, 神戸大学鶴甲キャンパス、兵庫, 【緒言】 細胞膜の主成分であるリン脂質には、 Phosphatidylcholine Phosphatidylcholine (PC) や Phosphatidylethanolamine (PE)などがある。 などがある。 これまで本研究室では、ラメラ相を形成するPC が、 ある種の Polyolに対して特異的応答するメカニズムとして、 PC の親水基と Polyol の OH 基間の相互作用よるものであることを見出した。本研究では、 本研究では、 ラメラ相と修復過程時に重要な役割を果たす逆ヘキサゴナル相を形成する を形成する PE に対して Polyol が与える影響の物理化学的解明を目的とした。 【実験】 リン脂質には 1,2 -dipalmitoleoyl dipalmitoleoyl ethanol amine (DPoPE) を用い、 Polyol には炭素数とOH 基数が異なる12 種類を用いた。 Polyol を溶解した緩衝液( 20 ℃)上に展開したDPoPE単分子膜に対して 、表面圧 (π)-分子占有面積 (A)測定 を行った。 100 mM DPoPE – 50 mM Polyol 水溶液に対して、 X線小角散乱(SAXS)測定を行った。 【結果】 0.1 M Polyol 緩衝液(20 ℃)上に展開したDPoPE 単分子膜の π-A曲線を Fig.1 に示す。 DPoPE単体のπ-A曲線 と比較して 、OH 基を 3つ 以上持つPolyol -緩 衝液において、表面圧 (π)が上昇した。 またSAXSより、特に OH 基を 5つ以上持つPolyol を添加 した場合、 ラ メラ相での面間隔を広げてい ることが分かった 。 【考察】 π-A測定より、 OH 基を 3つ以上持つPolyolのOH はリン脂質のPO 2-と相互作用 し、膜の安定性を上昇させることが示唆された。 またSAXS測定より、OH 基を 5つ以上持つ Polyol を添加 した場合、ラ メラ相の面間隔が広がった ことから、OH の数が多いほどPolyol がリン脂質間に入り込 みやすい傾向 があると示唆される。
  49. 樟脳船の振動周期を決定する樟脳分子の閾値濃度の解明, 郡島 遥・末松 J.信彦・北畑 裕之・Jerzy Gorecki・入江 康崇・中田 聡, 郡島 遥・末松 J.信彦・北畑 裕之・Jerzy Gorecki・入江 康崇・中田 聡, 日本化学会第97春季年会, 2017年03月18日, 通常, 日本語, 日本化学会, 慶應義塾大学日吉キャンパス、神奈川
  50. 振動運動する樟脳船の振動周期と物理化学パラメータの関係, 郡島 遥・末松 J. 信彦・北畑 裕之・Jerzy Gorecki・入江 康崇・中田 聡, 郡島 遥・末松 J. 信彦・北畑 裕之・Jerzy Gorecki・入江 康崇・中田 聡, 第68回コロイドおよび界面化学討論会, 2017年09月06日, 通常, 日本語, 日本化学会 コロイド界面部会, 神戸大学鶴甲キャンパス、兵庫

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本化学会中国四国支部事務局長, 2015年03月, 2016年02月, 日本化学会中国四国支部
  2. 日本化学会中国四国支部会計幹事, 2014年03月, 2015年02月, 日本化学会中国四国支部
  3. 日本化学会中国四国支部地区幹事, 2016年03月, 2017年02月, 日本化学会中国四国支部
  4. 日本化学会学術賞選考委員 物理化学系選考委員, 2015年04月, 2017年03月, 日本化学会
  5. 日本化学会進歩賞選考委員 物理化学系選考委員, 2015年04月, 2017年03月, 日本化学会
  6. 日本化学会中国四国支部広島地区幹事, 2016年04月, 2017年03月, 日本化学会中国四国支部
  7. 日本化学会 代議員, 2017年04月, 2018年03月, 日本化学会

学術会議等の主催

  1. 2015年12月, 2015年12月
  2. ゴードン会議, 2016年07月, 2018年07月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島大学模擬授業, 広島市立安佐北高等学校,広島市立広島中等教育学校
  2. 青少年のための科学の祭典広島大会, 色の変わる不思議なドレッシング, 青少年のための科学の祭典広島大会, 2016年/10月/27日, 2016年/10月/28日, 子ども文化科学館, 講師, 出前授業, 小学生
  3. 夢化学21, 振動反応, 日本化学会中国四国支部, 2016年/08月/19日, 2016年/08月/20日, 広島大学東広島キャンパス, 出演, 施設一般公開, 高校生

学術雑誌論文査読歴

  1. 2014年, その他, 5
  2. 2014年, その他, 査読者, 2
  3. 2014年, その他, 査読者, 1
  4. 2014年, その他, 査読者, 2
  5. 2014年, その他, 査読者, 1
  6. 2014年, 1
  7. 2014年, その他, 査読者, 1
  8. 2014年, その他, 査読者, 1
  9. 2014年, その他, 査読者, 1
  10. 2014年, その他, 査読者, 1
  11. 2015年, その他, 論文査読, 3
  12. 2015年, その他, 査読者, 1
  13. 2015年, その他, 査読者, 5
  14. 2015年, その他, 査読者, 1
  15. 2015年, その他, 査読者, 1
  16. 2015年, その他, 査読者, 1
  17. 2015年, その他, 査読者, 2
  18. 2015年, その他, 査読者, 1
  19. 2015年, その他, 査読者, 1
  20. 2015年, その他, 査読者, 1
  21. 2015年, その他, 査読者, 1
  22. 2016年, その他, 査読者, 1
  23. 2016年, その他, 査読者, 6
  24. 2016年, その他, 査読者, 2
  25. 2016年, その他, 査読者, 1
  26. 2016年, その他, 査読者, 1
  27. 2016年, その他, 査読者, 1