藤原 好恒Yoshihisa Fujiwara

Last Updated :2020/09/01

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 准教授
メールアドレス
fuji0710hiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 学術博士 (金沢大学)
  • 薬学修士 (金沢大学)

研究分野

  • 化学 / 基礎化学 / 物理化学

研究キーワード

  • 磁気科学
  • 磁場
  • 強磁場重力制御
  • 強磁場微小重力
  • 強磁場過重力
  • 光化学

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, 1ターム, 化学概説A
  2. 2020年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  3. 2020年, 学部専門, 3ターム, 基礎物理化学A
  4. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  5. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  6. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 化学実験I
  7. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 化学実験II
  8. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 自己組織化学セミナー
  9. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 自己組織化学セミナー
  10. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生命理学概論
  11. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 数理生命科学特別研究
  12. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生命理学特別演習A
  13. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生命理学特別演習A
  14. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命理学特別演習B
  15. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生命理学特別演習B
  16. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 自己組織化学B
  17. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生命理学特論C
  18. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生命理学特論D

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Effect of horizontal strong static magnetic field on swimming behaviour of Paramecium caudatum, MOLECULAR PHYSICS, 104巻, 10-11号, pp. 1659-1666, MAY 20 2006
  2. Influences of high magnetic field on glycine crystal growth, SCIENCE AND TECHNOLOGY OF ADVANCED MATERIALS, 7巻, 4号, pp. 380-384, MAY 2006
  3. Effect of hypergravity created by strong magnetic force on orientation of porphyrin nanorods, JOURNAL OF MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS, 310巻, 2号, pp. 2859-2861, MAR 2007
  4. Effects of magnetic processing on electrochemical and photoelectrochemical properties of electrodes modified with C-60-phenothiazine nanoclusters, JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 47巻, 2号, pp. 1178-1183, FEB 2008
  5. Application of magnetically simulated microgravity for preparation of liquid and solid thin films, CHEMISTRY LETTERS, 37巻, 5号, pp. 500-501, MAY 5 2008
  6. Magnetic orientation of single-walled carbon nanotubes or their composites using polymer wrapping, SCIENCE AND TECHNOLOGY OF ADVANCED MATERIALS, 9巻, 2号, JUN 2008
  7. Orientation of nanowires consisting of poly(3-hexylthiophene) using strong magnetic field, SYNTHETIC METALS, 159巻, 9-10号, pp. 955-960, MAY 2009
  8. Effect of Vertical Magnetic Field on the Chemical Wave Propagation Speed in Belousov-Zhabotinsky Reaction, CHEMISTRY LETTERS, 39巻, 4号, pp. 394-395, APR 5 2010
  9. Supramolecular Cross-Linking of [60]Fullerene-Tagged Polyphenyl-acetylene by the Host-Guest Interaction of Calix[5]arene and [60]Fullerene, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 49巻, 43号, pp. 7899-7903, 2010
  10. Magnetic Field Effect on Chemical Wave Propagation from the Belousov-Zhabotinsky Reaction, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A, 115巻, 18号, pp. 4592-4597, MAY 12 2011
  11. Magnetic Field Effect on the Cathodic Potential Oscillation of Zinc Electrode in Alkaline Solution, APPLIED MAGNETIC RESONANCE, 41巻, 2-4号, pp. 221-227, DEC 2011
  12. ゾウリムシの行動に対する強磁場の影響, マグネティック研究会資料, pp. MAG-04-121, 20040401
  13. ミドリムシの走磁性art, 10巻, 1号, pp. 124-125, 19970401
  14. ミドリムシに対する強磁場の影響, 環境科学会誌, 13巻, 1号, pp. 61-67, 20000401
  15. Magnetic field and isotope effects on photochemistry of chain-linked compounds containing benzophenone and hydrogen-donor moieties, Journal of Physical Chemistry, A101巻, 4号, pp. 556-560, 19970101
  16. Effects of high magnetic field on the intramolecular exciplex fluorescence of chain-linked phenanthrene and dimethylaniline, Journal of Physical Chemistry, A101巻, 4号, pp. 407-411, 19970101
  17. High magnetic field and magnetic isotope effects on lifetimes of triplet biradicals consisting of two equivalent benzophenone ketyls linked by methylene chains, Journal of Physical Chemistry, A101巻, 37号, pp. 6842-6849, 19970901
  18. High magnetic field effects on the lifetimes of radical pairs generated by the photoreduction of anthraquinone and n-alkyl anthraquinone-2-carboxylates in micellar solutions, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 72巻, 8号, pp. 1705-1715, 19990801
  19. Effect of high magnetic fields on intramolecular exciplex fluorescence of pyrene and dimethylaniline systems, Chemical Physics Letters, 315巻, 5-6号, pp. 383-389, 19991201
  20. エキシプレックス蛍光の磁場効果, 光化学, 25巻, pp. 16-23, 19970401
  21. ラジカル反応における磁気同位体効果, 光化学, 22巻, pp. 46-53, 19960401
  22. Effect of High Magnetic Fields on the Reverse Electron Transfer Process in an a-Cyclodextrin Inclusion Complex of Phenothiazine-Viologen Chain-Linked Compound, Chemical Physics Letters, 259巻, pp. 361-367, 19960401
  23. Magnetic Field Effects on Intramolecular Exciplex Fluorescence of Chain-Linked Phenanthrene and N,N-Dimethylaniline; Influence of Chain Length, Solvent, and Temperature, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 69巻, pp. 2801-2813, 19960401
  24. Effect of a High Magnetic Field on the Decay Rate of Chain-Linked Intramolecular Exciplex Fluorescence, Chemical Physics Letters, 246巻, pp. 171-175, 19950401
  25. A Laser Flash Photolysis Study of the Intramolecular Energy Transfer Reaction from Benzophenone to Norbornadiene Covalently Bonded by a Rigid Steroid Bridge, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 68巻, pp. 3411-3415, 19950401
  26. 1,3-Dipolar Additions of a Nitrile Ylide with Carbonyl Compounds Studied by Laser Flash Photolysis of 3-(Biphenyl-4-yl)-2H-Azirine, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 68巻, pp. 2905-2908, 19950401
  27. Does a Magnetic Field Induce Optical Activity in Photochemical Reaction of 4-Methyl-2-quinolinecarbonitrile with Optically Active (S)-(+)-Phenylpropionic Acid ?, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 67巻, pp. 2577-2579, 19940401
  28. No Excited State Proton Transfer Takes Place in Jet-Cooled Methanol Clusters of 3- Hydroxyflavone, Chemical Physics Letters, 217巻, pp. 478-480, 19940401
  29. A Laser Flash Photolysis Study of Electron Transfer Processes of [Ru(bpy)3]2+ in High Magnetic Field, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 67巻, pp. 3112-3115, 19940401
  30. Product-Yield-Detected ESR Study on the Dynamic Behavior of Radical Pairs Generated in Photoreduction of Acetylenic Ketones in SDS Micellar Solution, Journal of Physical Chemistry, 98巻, pp. 10563-10567, 19940401
  31. A Laser Flash Photolysis Study of the Effect of Intense Magnetic Fields on the Photoreaction of Benzophenone in SDS Micellar Solution, Chemical Physics Letters, 213巻, pp. 89-94, 19930401
  32. A Laser Flash Photolysis Study of Effects of High Magnetic Fields on the Chain-Linked Biradical Lifetime, Journal of Physical Chemistry, 97巻, pp. 12660-12662, 19930401
  33. Mechanism of the Magnetic Field Effects on the Decay Rate of Chain-Linked Biradicals, Journal of Physical Chemistry, 96巻, pp. 9844-9846, 19920401
  34. Intramolecular Excited-State Proton Transfer in Jet-Cooled 2-Substituted 3-Hydroxychromones and Their Water Clusters, Journal of Chemical Physics, 96巻, pp. 7474-7482, 19920401
  35. Twisted Intramolecular Charge-Transfer Fluorescence of Aromatic Amides; Conformation of the Amide Bonds in the Excited States, Journal of the American Chemical Society, 113巻, pp. 2833-2838, 19910401
  36. van der Waals Cluster and Excimer Formations of 1-Cyanonaphthalene and Methyl-Substituted 1-Cyanonaphthalenes in Supersonic Expansion, Journal of Physical Chemistry, 95巻, pp. 9682-9687, 19910401
  37. Photodeoxygenation of Transient p-Methoxybenzyl-peroxy Radical in Solution at Room Temperature, Chemical Physics Letters, 177巻, pp. 559-562, 19910401
  38. Models for Stilbene Photoisomerization; Experimental and Theoretical Studies of the Excited-State Dynamics of 1,2-Diphenylcycloalkenes, Journal of Physical Chemistry, 95巻, pp. 2845-2858, 19910401
  39. Is the Nonradiative Decay of S1 cis-Stilbene Due to the Dihydrophenanthrene Isomerization Channel ? Suggestive Evidence from Photophysical Measurements on 1,2-Diphenylcycloalkenes, Journal of Physical Chemistry, 94巻, pp. 7539-7543, 19900401
  40. Transient Absorption and Two-Step Laser-Induced Fluorescence Studies of the Intramolecular Excited-State Proton Transfer and Relaxation Process in 2-Naphthyl-3-hydroxychromones, Journal of Physical Chemistry, 94巻, pp. 8146-8152, 19900401
  41. Transient Absorption and Two-Step Laser-Induced Fluorescence Studies of Excited States of Substituted Diphenylcarbenes, Journal of Physical Chemistry, 93巻, pp. 702-707, 19890401
  42. Transient Absorption and Fluorescence Spectroscopies of the Excited-State Naphthylphenylcarbenes, Chemical Physics Letters, 146巻, pp. 133-137, 19880401
  43. Observation of a Local Minimum on the S1 Surface of cis-Stilbene Solvated in Inert Gas Clusters, Journal of the American Chemical Society, 110巻, pp. 6269-6270, 19880401
  44. Laser Flash Photolysis Studies of Methoxycarbonyl Phenyl Carbene and Its Derived Carbonyl Oxide at Room Temperature, Journal of the American Chemical Society, 109巻, pp. 1942-1946, 19870401
  45. Two-Step Laser Excitation Fluorescence Study of the Ground- and Excited-State Proton Transfer in Alcohol Solutions of 7-Hydroxyisoflavone, Journal of the American Chemical Society, 108巻, pp. 5853-5857, 19860401
  46. Two-Step Laser Excitation Study on the Proton Transfer and Anion Formation in the Intramolecularly Hydrogen Bonded 7-Hydroxy-1-indanone and the Related Compounds, Journal of the American Chemical Society, 108巻, pp. 3880-3884, 19860401
  47. Transient Absorption and Two-Step Laser Excitation Fluorescence Studies of Photoisomerization in 2-(2-Hydroxyphenyl)benzoxazole and 2-(2-Hydroxyphenyl) benzothiazole, Journal of the American Chemical Society, 107巻, pp. 1561-1565, 19850401
  48. 強磁場中の有機化学, 有機合成化学協会誌, 53巻, pp. 413-422, 19950401
  49. パルス強磁場レ-ザ-フラッシュホトリシス測定装置の開発とその光化学反応への応用, 電学論A, 116巻, pp. 419-423, 19960401
  50. 光化学反応の強磁場効果-強磁場は反応をスイッチングする-, 化学と工業, 48巻, pp. 115-118, 19950401
  51. とぴっくす ゲストによって色が変わるシクロデキストリン, 日本化学会, 45巻, pp. 2229-2230, 19920401
  52. Magnetic field effects and time-resolved EPR studies on photogenerated biradical from intramolecular electron transfer reactions in zinc-tetraphenylporphyrin-C60 linked compounds: contribution of relaxation mechanism due to spin-spin relaxation, molecular physics, 104巻, pp. 1559-1572, 20060401
  53. Polymerization of N-isopropylacrylamide under Magnetic Levitation, journal of physics, 51巻, pp. 458-461, 20060401
  54. Effect of high magnetic field on the lifetime of biradicals generated from benzophenone and diphenylamine bifunctional chain molecules, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 73巻, 7号, pp. 1551-1556, JUL 2000
  55. Magnetic field effect on the intramolecular exciplex fluorescence of chain-linked pyrene/N,N-dimethylaniline systems, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 73巻, 7号, pp. 1573-1580, JUL 2000
  56. Magnetic field effect on the photoinduced electron transfer reaction between benzophenone and starburst dendrimers in water, CHEMICAL PHYSICS LETTERS, 326巻, 5-6号, pp. 383-388, AUG 25 2000
  57. Microviscosity dependence of magnetic isotope effect on radical pair decay rates in SDS micellar solution, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 74巻, 2号, pp. 237-244, FEB 2001
  58. Effects of high magnetic field on Euglena gracilis, INTERNATIONAL JOURNAL OF APPLIED ELECTROMAGNETICS AND MECHANICS, 14巻, 1-4号, pp. 311-316, 2001
  59. Magnetic field effect on the fluorescence of m-phenylenebis-(phenylmethylene) in a rigid glass at 77 K, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 74巻, 12号, pp. 2325-2326, DEC 2001
  60. Chain length dependence of high magnetic field effects on lifetimes of radical ion pairs linked by a methylene chain: interpretation by both spin-lattice and spin-spin relaxations, MOLECULAR PHYSICS, 100巻, 9号, pp. 1405-1411, MAY 2002
  61. Asymmetric photolysis of 2-phenylcycloalkanones with circularly polarized light: A kinetic model for magnetic field effects, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 75巻, 6号, pp. 1223-1233, JUN 2002
  62. Fullerene sensors based on calix[5]arene, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 18号, pp. 2148-2149, 2002
  63. Magnetic field effects on anodic oxidation of potassium iodide, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 75巻, 11号, pp. 2379-2382, NOV 2002
  64. Magnetic separation of metal ions, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 107巻, 51号, pp. 14374-14377, DEC 25 2003
  65. Magnetic field effects on the decay rates of triplet biradical photogenerated from intramolecular electron-transfer in a zinc-tetraphenylporphyrin-fullerene linked compound, CHEMICAL PHYSICS LETTERS, 385巻, 5-6号, pp. 417-422, FEB 16 2004
  66. High magnetic field effects on biradical lifetimes: Evaluation of magnetic field dependence and chain length dependence using calculated g and hyperfine tensors, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 78巻, 5号, pp. 804-813, MAY 15 2005
  67. Evidence for a transition state model compound of in-plane vinylic S(N)2 reaction, ORGANIC LETTERS, 7巻, 13号, pp. 2739-2742, JUN 23 2005
  68. Photochemical Cleavage Reactions of 8-Quinolinyl Sulfonates in Aqueous Solution, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 57巻, 11号, pp. 1257-1266, NOV 2009
  69. Effect of Strong Vertical Magnetic Field on a Salt-Water Oscillator, JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN, 81巻, 9号, SEP 2012
  70. Substituent Effect on Reactivity of Triplet Excited State of 2,3-Diazabicyclo[2.2.1]hept-2-enes, DBH Derivatives: alpha C-N Bond Cleavage versus beta C-C Bond Cleavage, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 78巻, 5号, pp. 1940-1948, MAR 1 2013
  71. Substituent effect on the energy barrier for sigma-bond formation from pi-single-bonded species, singlet 2,2-dialkoxycyclopentane-1,3-diyls, BEILSTEIN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 9巻, pp. 925-933, MAY 14 2013
  72. Kinetic Stabilization and Reactivity of Single-Bonded Species: Effect of the Alkoxy Group on the Lifetime of Singlet 2,2-Dialkoxy-1,3-diphenyloctahydropentalene-1,3-diyls, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 19巻, 31号, pp. 10395-10404, JUL 29 2013
  73. Magnetic Properties of Magnetic Ultrafine Particles Synthesized from a Gaseous Mixture of Iron Pentacarbonyl and Trimethylsilyl Azide, JOURNAL OF PHOTOPOLYMER SCIENCE AND TECHNOLOGY, 26巻, 4号, pp. 459-465, 2013
  74. 1,8-Disubstituted Xanthylidene-Based Remote Carbenes: Photolytic Generation and Isolation of Low-Coordinate Palladium(II) Complex, EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY, 3号, pp. 534-541, JAN 2015
  75. Direct Detection of a Chemical Equilibrium between a Localized Singlet Diradical and Its sigma-Bonded Species by Time-Resolved UV/Vis and IR Spectroscopy, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 56巻, 11号, pp. 2984-2988, MAR 6 2017
  76. 分子認識を駆動力とした[60]フラーレンをもつポリアセチレンの超分子架橋, 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集), 2010巻, 0号, pp. A20-A20, 2011
  77. 局在化一重項ビラジカルの反応性に及ぼす窒素原子効果と置換基効果, 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集), 2011巻, 0号, pp. 350-350, 2011
  78. 一重項2,2-ジメトキシ-1,3-ビラジカルの反応挙動に及ぼす1,3位のアリール基の効果, 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集), 2011巻, 0号, pp. 161-161, 2011
  79. シンクロトロン放射光を用いた円二色性スペクトルの測定, 分光研究 = Journal of the spectroscopical research of Japan, 52巻, 5号, pp. 288-289, 20031015

著書等出版物

  1. 1998年, Dynamic Spin Chemistry , KODANSYA LTD. (TOKYO) and JOHN WILEY \& SONS= INC. (USA), 1998年, 単行本(学術書), y.fujiwara r.nakagaki 谷本 能文
  2. 2006年04月, Magnetic Orientation of Porphyrin Nano-Rods in the Presence and Absence of Strong Magnetic Force , MAP2, 2006年, 04, 単行本(学術書), 共著
  3. 2006年05月, 6. Dynamic Spin Chemistry 6.1 Magnetic Field Effects in Photochemical Reactions , Kodansya-Joh Wiley & Sons, 2006年, 05, 単行本(学術書), 共編著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. High Magnetic Field Effects on Decay Rates of Biradicals Photo-generated from Zinc Porphyrin-Viologen Linked Compounds, 2001年07月, 招待, 英語
  2. 光化学反応の強磁場効果, 藤原 好恒, 日本化学会九州支部同中国四国支部合同大会, 1997年11月, 招待, 日本語
  3. 化学反応対する磁場効果, 藤原 好恒, 日本薬学会第116年年会シンポジウム, 1996年03月, 招待, 日本語
  4. 原生動物の泳動に対する強磁場の影響, 藤原 好恒, 第17回生体機能関連化学若手の会サマースクール, 2005年08月, 招待, 日本語
  5. ポリマーフィルムの微視的パターンに対する強磁場効果, 藤原 好恒,谷本 能文, 第54回高分子討論会, 2005年09月, 招待, 日本語
  6. マグニートサイエンス(Magnetoscience)(磁気科学)分野における最近の研究 - 地上の微小重力(≒無重力)環境における科学の紹介 -, 藤原 好恒, 平成20年度第6回数理分子生命理学専攻セミナー, 2008年05月, 招待, 日本語
  7. 安価でコンパクトな高磁気力マグネットを利用した実験について最近の研究, 藤原 好恒, 強磁場超伝導材料研究センター2008年度研究会及び第4回磁気科学会研究会 「強磁場磁石の開発と磁気科学研究への期待」, 2008年09月, 招待, 日本語
  8. 強磁気力発生マグネットでつくる地上の微小重力・過重力空間を利用した磁気科学研究, 藤原 好恒, 日本磁気学会 第3回強磁場応用専門研究会, 2008年11月, 招待, 日本語
  9. 磁気科学における昨今の私の興味, 藤原 好恒, 化学コロキウム, 2011年11月, 招待, 日本語
  10. WebCTの活用事例:授業1回分をWebCTで実施してみた, 藤原 好恒, 教育情報化推進フォーラム 大学でのeラーニング支援:明日の教育に向けて, 2012年03月, 招待, 日本語
  11. 使ってみた感想など, 藤原 好恒, 第1回ICT活用教育研究会, 2013年07月, 招待, 日本語
  12. 銀ナノ粒子合成に及ぼす強磁場微小重力空間の効果,, 藤原 好恒, 第64回コロイドおよび界面化学討論会シンポジウム『外場と粒子の相互作用は、コロ イド・界面科学でどこまで理解できるのか?』, 2013年09月, 招待, 日本語
  13. 磁気力を使った重力制御場の魅力-材料・生体への応用-, 藤原 好恒, 応用物理学会・磁気科学研究会 第2回講演会 「磁気力場の魅力」, 2013年11月, 招待, 日本語
  14. Polymerization of N-isopropylacrylamide under Magnetic Levitation, Yoshihisa Fujiwara, Yamada Conference LX on Research in High Magnetic Fields (Yamada Conference LX RHMF2006), 2006年08月, 招待, 日本語
  15. 液体培地における麹菌培養に対する光照射の効果, 藤原好恒,高須貫太, ?日本化学 第99春期年会(2019), 2019年03月, 日本語
  16. 強磁場重力制御環境に対する麹菌の化学的ストレス応答, 藤原好恒,春日雅裕,針田光, ?第13回日本磁気科学会年会, 2018年11月, 日本語
  17. 麹菌の酵素活性を左右する新たな環境因子, 針田光,藤原好恒, ?第13回日本磁気科学会年会, 2018年11月, 日本語
  18. 麹菌の代謝に対する光と磁場の効果, 針田光,藤原好恒, 第11回日本磁気科学会年会, 2016年11月, 日本語
  19. 磁気微小重力による麹菌の糖化力向上効果の検証, 藤原好恒,春日雅裕,矢野晃生, 第11回日本磁気科学会年会, 2016年11月, 日本語
  20. 麹菌菌糸の磁気配向, 春日雅裕,藤原昌夫,藤原好恒, 第10回日本磁気科学会年会, 2015年10月, 日本語
  21. 麹菌生長に対する光と磁場の効果, 針田光,藤原昌夫,藤原好恒, 第10回日本磁気科学会年会, 2015年10月, 日本語
  22. 液体培地の麹菌生長に対する磁場効果, 岡本早貴,針田光,藤原昌夫,藤原好恒, 第10回日本磁気科学会年会, 2015年10月, 日本語
  23. 強磁場微小重力環境における麹菌の糖化力向上に関する研究 その3, 山田恵理子,藤原好恒, 第10回日本磁気科学会年会, 2015年10月, 日本語
  24. 強磁場微小重力環境における麹菌の糖化力向上に関する研究 その2, 山田恵理子,藤原好恒, 第9回日本磁気科学会年会, 2014年11月, 日本語
  25. 麹菌生長に対する照射光色と磁場の効果, 針田光, 勝木明夫,藤原昌夫,藤原好恒, 第9回日本磁気科学会年会, 2014年11月, 日本語
  26. 磁気配向を用いた異方性ポリマーの作製, 大西冬馬,勝木明夫,西原禎文,藤原昌夫,藤原好恒, 第8回分子科学討論会2014東広島, 2014年09月, 日本語
  27. 低濃度の界面活性剤存在下における銀ナノ粒子の沈殿現象, 高木康成,藤原昌夫,藤原好恒, 第8回分子科学討論会2014東広島, 2014年09月, 日本語
  28. 磁気配向を用いた異方性ポリマーの作製, 大西冬馬,勝木明夫,藤原昌夫,藤原好恒, 第8回日本磁気科学会年会, 2013年11月, 日本語
  29. 強磁場微小重力環境における麹菌の糖化力向上に関する研究, 山田恵理子, 藤原好恒, 第8回日本磁気科学会年会, 2013年11月, 日本語
  30. 銀ナノ粒子の沈殿現象と浄化作用, 高木康成, 藤原好恒, 第8回日本磁気科学会年会, 2013年11月, 日本語
  31. 菌生長に対する光と磁場の影響, 針田光, 藤原好恒, 第8回日本磁気科学会年会, 2013年11月, 日本語
  32. シクロペンタン-1,3-ジラジカルの三重項から一重項への項間交差に関する研究, 水野武見,藤原好恒,安倍学, 2013年日本化学会中国四国支部大会, 2013年11月, 日本語
  33. 磁気配向を用いた異方性ポリマーの作製, 大西冬馬,勝木明夫,藤原昌夫,藤原好恒, 2013年日本化学会中国四国支部大会, 2013年11月, 日本語
  34. 強磁場微小重力環境における麹菌の糖化力向上に関する研究, 山田恵理子,藤原好恒, 2013年日本化学会中国四国支部大会, 2013年11月, 日本語
  35. 銀ナノ粒子生成に対する強磁場・微小重力環境の効果, 中川真依,勝木明夫,藤原好恒, 2013年日本化学会中国四国支部大会, 2013年11月, 日本語
  36. 菌生長に対する光と磁場の影響, 針田光,藤原好恒, 2013年日本化学会中国四国支部大会, 2013年11月, 日本語
  37. 銀ナノ粒子の沈殿現象と浄化作用, 高木康成,藤原好恒, 2013年日本化学会中国四国支部大会, 2013年11月, 日本語
  38. Xanthylideneを母骨格とした新規カルベンの発生と1,8-位への置換基導入の効果, 菅原峻,藤原好恒,安倍学,山本陽介, 第24回基礎有機化学討論会, 2013年09月, 日本語
  39. 強磁場により創製された重力制御環境が麹菌の糖化力に与える影響, 藤原好恒,岸川明生, 日本化学会第93春季年会(2013), 2013年03月, 日本語
  40. 強磁場・微小重力環境が銀ナノ粒子生成に及ぼす効果, 中川真依,勝木明夫, 藤原好恒, 日本化学会第93春季年会(2013), 2013年03月, 日本語
  41. ミュラー行列ポラリメトリーによるカーボンナノチューブ配向膜の光学異方性測定, 諏訪雅頼,塚原聡,渡會仁,竹内晴留香,藤原昌夫,藤原好恒,勝木明夫, 第7回日本磁気科学会年会, 2012年11月, 日本語
  42. フェナントレン-テトラシアノベンセンCT錯体結晶の低磁場磁気配向, 大西冬馬,勝木明夫,藤原昌夫,藤原好恒, 第7回日本磁気科学会年会, 2012年11月, 日本語
  43. 強磁場重力制御環境が銀ナノ粒子生成に与える影響, 八嶌誠,藤原好恒,藤原昌夫,勝木明夫, 第7回日本磁気科学会年会, 2012年11月, 日本語
  44. 強磁場・微小重力環境が銀ナノ粒子生成に及ぼす効果, 中川真依,勝木明夫, 藤原好恒, 第7回日本磁気科学会年会, 2012年11月, 日本語
  45. 強磁場により創製された重力制御環境が麹菌の糖化力に与える影響, 岸川明生, 藤原好恒, 第7回日本磁気科学会年会, 2012年11月, 日本語
  46. 一重項1,3-ジアリール-2,2-ジメトキシ-1,3-ビラジカルの寿命に及ぼすアリール基の効果:π 単結合性との相関, 尾下隆英,藤原好恒,安倍学, 第23回基礎有機化学討論会, 2012年09月, 日本語
  47. 一重項1,3-ビラジカルの速度論的安定化, 叶建淮,藤原好恒,安倍学, 第23回基礎有機化学討論会, 2012年09月, 日本語
  48. レーザーフラッシュフォトリシス法を用いた長寿命一重項ビラジカルの発生とその反応挙動に関する研究, 三島愛,藤原好恒,石橋孝章,背山信,安倍学, 第23回基礎有機化学討論会, 2012年09月, 日本語
  49. レーザーフラッシュフォトリシス法を用いた長寿命一重項ビラジカルの発生とその反応挙動に関する研究(LFP Study on Generation of Long-lived Singlet Biradicals andTheir Reactivity), 安倍学,三島愛, 藤原好恒,石橋孝章,背山信, 2012年光化学討論会, 2012年09月, 日本語
  50. 強磁場重力制御環境が銀ナノ粒子生成に及ぼす影響, 八嶌誠, 藤原好恒,藤原昌夫, 広島大学大学院理学研究科数理分子生命理学専攻第4回公開シンポジウム, 2012年09月, 日本語
  51. 強磁場重力制御環境が銀ナノ粒子生成に及ぼす影響, 八嶌誠,藤原好恒,藤原昌夫, VBL院生夏の学校, 2012年09月, 日本語
  52. 強磁場により創生された重力制御環境が麹菌の糖化力に与える影響, 岸川明生,藤原好恒, VBL院生夏の学校, 2012年09月, 日本語
  53. 銀ナノ粒子生成に対する温度効果, 中川真依,藤原好恒, VBL院生夏の学校, 2012年09月, 日本語
  54. レーザーフラッシュフォトリシス法を用いた長寿命一重項ビラジカルの発生とその反応挙動に関する研究, 三島愛,藤原好恒,石橋孝章,脊山信,安倍学, 第23回基礎有機化学討論会, 2012年09月, 日本語
  55. 一重項ビラジカルの反応性に及ぼす窒素原子の効果, 三島愛,藤原好恒,安倍学, 日本化学会第92春季年会(2012), 2012年03月, 日本語
  56. 両生類の行動に対する強磁場制御による微小および過重力環境の影響 (Effects of magnetically controlled microgravity and hypergravity environment on amphibian behavior), 藤原好恒,柏木啓子,中川真依,新海正,柳沢誠,古野伸明,花田秀樹,鈴木賢一,勝賢二郎,山下雅道,山本卓,谷本能文,柏木昭彦, 宇宙利用シンポジウム (第28回), 2012年01月, 日本語
  57. 強磁場下において作製したDNA薄膜の複屈折特性の解析の試み, 勝木明夫,藤村恵子,藤原昌夫,藤原好恒, 第30回固体・表面光化学討論会, 2011年11月, 日本語
  58. 磁気微小重力空間において作製したDNA薄膜の複屈折特性の解, 勝木明夫,藤村恵子,藤原昌夫,藤原好恒, 第42回中部化学関係学協会支部連合秋季大会, 2011年11月, 日本語
  59. 磁気微小重力空間において作製したDNA磁気配向薄膜の複屈折特性, 藤村恵子,勝木明夫,藤原昌夫,藤原好恒, 第6回日本磁気科学会年会, 2011年09月, 日本語
  60. Effects of light and magnetic field on the growth of Aspergillus oryzae, Hikaru Harita and Yoshihisa Fujiwara, The 8th International Workshop on Materials Analysis and Processing in Magnetic Fields, 2018年06月, 英語
  61. Effects of light and magnetic field on the metabolites of Aspergillus oryzae, Hikaru Harita and Yoshihisa Fujiwara, The 7th International Conference on Magnetoscience, 2017年10月, 英語
  62. Magnetic orientation of the hyphae of Aspergillus oryzae, Yoshihisa Fujiwara, Masahiro Kasuga, and Hikaru Harita, The 7th International Conference on Magnetoscience, 2017年10月, 英語
  63. Effects of light and magnetic field on the growth of Aspergillus oryzae, Hikaru Harita and Yoshihisa Fujiwara, The 7th International Workshop on Materials Analysis and Processing in Magnetic Fields, 2016年06月, 英語
  64. Magnetic orientation of the hyphae of Aspergillus oryzae, Yoshihisa Fujiwara and Masahiro Kasuga, The 7th International Workshop on Materials Analysis and Processing in Magnetic Fields, 2016年06月, 英語
  65. Study of saccharification enhancement of Aspergillus oryzae in the magnetically simulated microgravity environment, Eriko Yamada , Masao Fujiwara and Yoshihisa Fujiwara, International Conference on Magneto-Science 2015, 2015年10月, 英語
  66. Effect of red light irradiation on the growth of Aspergillus oryzae in a liquid medium, Saki Okamoto, Hikaru Harita, Masao Fujiwara and Yoshihisa Fujiwara, International Conference on Magneto-Science 2015, 2015年10月, 英語
  67. Effects of light and magnetic field on the growth of Aspergillus oryzae, Hikaru Harita, Masao Fujiwara and Yoshihisa Fujiwara, International Conference on Magneto-Science 2015, 2015年10月, 英語
  68. Magnetic orientation of the hyphae of Aspergillus oryzae, Masahiro Kasuga, Masao Fujiwara, Yoshihisa Fujiwara, International Conference on Magneto-Science 2015, 2015年10月, 英語
  69. Study of saccharification enhancement of Aspergillus oryzae in the magnetically simulated microgravity environment, Eriko Yamada, Hiromi Kishikawa, Akio Katsuki, Masao Fujiwara, Yoshihisa Fujiwara, The 6th International Workshop on Materials Analysis and Processing in Magnetic Fields, 2014年07月, 英語
  70. Effects of light and magnetic field on the growth of Aspergillus oryzae, Hikaru Harita, Akio Katsuki, Masao Fujiwara, Yoshihisa Fujiwara, The 6th International Workshop on Materials Analysis and Processing in Magnetic Fields, 2014年07月, 英語
  71. Magnetic Field Effects on Oscillating Phenomena, TanimotoYoshifumi, Chikako Udagawa, Rika Nishikiori, Shotaro Morimoto, Yoshihisa Fujiwara, Akio Katsuki, Ryoichi Nakagaki, The 9th Nano Bio Info Chemistry Symposium, The 6th Japanese-Russian Seminar, 2012年12月, 英語
  72. LFP study on Generation of Long-lived Singlet 1,2-Diaza-4,4-dialkoxycyclopentane-3,5-Diyls, Megumi Mishima, Yoshihisa Fujiwara, Manabu Abe, Taka-aki Ishibashi, and Shin Seyama, The 9th Nano Bio Info Chemistry Symposium, The 6th Japanese-Russian Seminar, 2012年12月, 英語
  73. Preparation of oriented DNA films in magnetic microgravity condition, Akio Katsuki, Keiko Fujimura, Masao Fujiwara, Yoshihisa Fujiwara, IACIS (International Association of Colloid and Interface Scientists)2012, 2012年05月, 英語
  74. Temperature Dependence of Distribution of Ag Nano Particles Prepared in Hydrocarbonaceous Micellar Solution, Yoshihisa Fujiwara, Mai Nakagawa and Akio Katsuki, Nanocarbon 2011 in Nagano, 2011年11月, 英語
  75. Nitrogen Atom Effect on the Reactivity of Localized Singlet Biradicals, Megumi Mishima, Yoshihisa Fujiwara, Manabu Abe, The 8TH Korea-Japan Simposium on Frontier Photoscience, 2011年10月, 英語
  76. Dependence of DNA Orientation on Surface condition in the magnetic field, Akio Katsuki, Keiko Fujimura, Masao Fujiwara, Yoshihisa Fujiwara and Yoshifumi Tanimoto, The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM2010), 2010年12月, 英語
  77. Influence of Horizontal Magnetic Field in Belousov-Zhabotinsky Reaction, Rika Nishikiori, Shotaro Morimoto, Yoshifumi Tanimoto and Yoshihisa Fujiwara, The 4th Asian Workshop and Summer School on Electromagnetic Processing of Materials (ASIAN-EPM 2010), 2010年10月, 英語
  78. In-situ Observation of Belousov-Zhabotinsky Reaction under Magnetic Levitation, Rika Nishikiori, Shotaro Morimoto, Yoshifumi Tanimoto and Yoshihisa Fujiwara, The 4th Asian Workshop and Summer School on Electromagnetic Processing of Materials (ASIAN-EPM 2010), 2010年10月, 英語
  79. Characterization of Magnetically Oriented DNA Film, Yoshihisa Fujiwara, Akio Katsuki, Keiko Fujimura, Masao Fujiwara, Rika Nishikiori and Yoshifumi Tanimoto, The 4th Asian Workshop and Summer School on Electromagnetic Processing of Materials (ASIAN-EPM 2010), 2010年10月, 英語
  80. Three-Dimensional Oientation of Carbon Nanotubes in Magnetic Microgravity Space, Haruka Takeuchi, Akio Katsuki, Yoshihisa Fujiwara and Masao Fujiwara, The 4th Asian Workshop and Summer School on Electromagnetic Processing of Materials (ASIAN-EPM 2010), 2010年10月, 英語
  81. Two-Dimensional Simulation of Laser-Induced Convection of Benzene Solution in High Magnetic Fields, Rika Nishikiori, Shotaro Morimoto, Yoshifumi Tanimoto, and Yoshihisa Fujiwara, International Conference on Magneto-Science, 2009年10月, 英語
  82. Orientation Growth of Pollen Tubes in Vertical Strong Magnetic Fields, Yoshihisa Fujiwara, Rie Shimizu, Mikio Aoyama and Tsuneo Shioji, International Conference on Magneto-Science, 2009年10月, 英語
  83. Control of Three-Dimensional Orientation of Carbon Nanotubes in Magnetic Microgravity, Akio Katsuki, Haruka Takeuchi, Masao Fujiwara, Yoshihisa Fujiwara, and Yoshifumi Tanimoto, International Conference on Magneto-Science, 2009年10月, 英語
  84. Orientation and Organization of Composites of Gold Nanorod and Single-Walled Carbon Nanotube or Gold Nanorod using Strong Magnetic Field, Hiroaki Yonemura, Junichi Suyama, Yuichi Yamamoto, Yasuro Niidome, Sunao Yamada, Yoshihisa Fujiwara, Yoshifumi Tanimoto, G-COE-Kyushu Univ-Pusan National Univ Joint Symposium 2009, 2009年01月, 英語
  85. Magnetic Orientation of Nanowires consisting of Poly(3-hexylthiophene), H. Yonemura, K. Yuno, Y. Yamamoto, S. Yamada, Y. Fujiwara, Y. Tanimoto, and M. Hasuo, The 18th IKETANI CONFERENCE, International Conference on Control of Super-Hierarchical Structures and Innovative Functions of Next-Generation Conjugated Polymers, 2008年10月, 英語
  86. Orientation of Poly(3-hexylthiophene) nanowires using high magnetic field, Koichi Yuno, Hiroaki Yonemura, Yuichi Yamamoto, Sunao Yamada, Yoshihisa Fujiwara, and Yoshifumi Tanimoto, 2008 Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience (KJFP2008) SEST2008, 2008年09月, 英語
  87. Control of orientation of carbon nanotubes using high magnetic fields, Akio Katsuki, Hiromi Yamamoto, Yoshihisa Fujiwara, Masao Fujiwara, Morinobu Endo, Yoshifumi Tanimoto, Carbon 2008, 2008年07月, 英語
  88. Ab Initio Quantum Chemical Calculation as a Tool of Evaluating Diamagnetic Susceptibility of Magnetically Levitating Substances, Yoshihisa Fujiwara and Yoshifumi Tanimoto, 3rd International Workshop on Materials Analysis and Processing in Magnetic Fields, 2008年05月, 英語
  89. pplication of Magnetically Simulated Microgravity for Preparation of Liquid, Solid and Functional Thin Films, Akio Katsuki, Hiromi Yamamoto, Yoshihisa Fujiwara, Masao Fujiwara, Yoshifumi Tanimoto, 3rd International Workshop on Materials Analysis and Processing in Magnetic Fields, 2008年05月, 英語
  90. The Early Stage of UV-Induced Apoptosis in Jurkat Cells, Yukimi Akimoto, Yoshihisa Fujiwara, Masao Fujiwara, Yoshifumi Tanimoto and Fumio Sizuki, Hiroshima University 21st Century COE Program― Radiation Casualty Medical Research Center ―The Fifth International Symposium Radiation and Cancer, 2008年01月, 英語
  91. Magnetic Orientation of Gold Nanorod due to Composites of Single-Walled Carbon Nanotube, Junichi Suyama, Hiroaki Yonemura, Yuichi Yamamoto, Yasuro Niidome, Sunao Yamada, Yoshihisa Fujiwara, Yoshifumi Tanimoto, 2007 Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience, 2007年11月, 英語
  92. Magnetic Field Effects and Time-Resolved EPR Spectra of Biradicals from Photoinduced Intramolecular Electron Transfer Reactions in Donor-C60 Linked Compounds, Hiroaki Yonemura, Shinya Moribe, Sunao Yamada, Seigo Yamauchi, Saiful Islam, Yasunori Ohba, Yasuhiro Kobori, Yoshihisa Fujiwara, and Yoshifumi Tanimoto, 2007 Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience, 2007年11月, 英語
  93. Preparation of Polymer Thin Film Using Magnetically Simulated Microgravity, Hiromi Yamamoto, Yoshihisa Fujiwara, Masao Fujiwara, Akio Katuki, Yoshifumi Tanimoto, International Conference on Magneto-Science (ICMS2007), 2007年11月, 英語
  94. Effects of Hypergravity and Microgravity on Orientation of Porphyrin Nanorods, Yoshihisa Fujiwara and Yoshifumi Tanimoto, International Conference on Magneto-Science (ICMS2007), 2007年11月, 英語
  95. Oscillation in Absorption of Porphyrin Nanorod Suspension, Ayuto Imanishi, Yoshihisa Fujiwara, and Yoshifumi Tanimoto, International Conference on Magneto-Science (ICMS2007), 2007年11月, 英語
  96. Effects of Strong Magnetic Field on Synthesis of Porphyrin Nanorod, Nozomi Takaki, Yoshihisa Fujiwara, and Yoshifumi Tanimoto, International Conference on Magneto-Science (ICMS2007), 2007年11月, 英語
  97. Magnetic Orientation of Composites of Gold Nanorod and Single-Walled Carbon Nanotube due to Layer-by-Layer Assembly, Junichi Suyama, Hiroaki Yonemura, Yuichi Yamamoto, Yasuro Niidome, Sunao Yamada, Yoshihisa Fujiwara, and Yoshifumi Tanimoto, International Conference on Magneto-Science (ICMS2007), 2007年11月, 英語
  98. Effects of Magnetic Processing on Morphological, Electrochemical, and Photoelectrochemical Properties of ITO-Electrodes Modified with Nanoclusters of C60-Phenothiazine System, Hiroaki Yonemura, Yuya Wakita, Norihiro Kuroda, Sunao Yamada, Yoshihisa Fujiwara, and Yoshifumi Tanimoto, International Conference on Magneto-Science (ICMS2007), 2007年11月, 英語
  99. Magnetic Field Effects on Dynamics of Biradicals from Photoinduced Intramolecular Electron Transfer Reactions in Phenothiazine-C60 Linked Compounds under Ultrahigh Field up to 28 T, Hiroaki Yonemura, Shinya Moribe, Sunao Yamada, Yoshihisa Fujiwara, Yoshifumi Tanimoto, Atom Hamasaki, Tadashi Takamasu, and Masanobu Wakasa, A Joint Conference of the International Symposium on Electron Spin Science and the 46th Annual Meeting of the Society of Electron Spin Science and Technology (ISESS-SEST2007), 2007年11月, 英語
  100. Novel Magnetic Field Effects and Time-Resolved EPR Spectra of Biradicals from Photoinduced Intramolecular Electron Transfer Reactions in Donor-C60 Linked Compounds, Hiroaki Yonemura, Shinya Moribe, Sunao Yamada, Seigo Yamauchi, Saiful Islam, Yasunori Ohba, Yasuhiro Kobori, Yoshihisa Fujiwara, and Yoshifumi Tanimoto, Spin Chemistry Meeting 2007 (SCM2007), 2007年06月, 英語
  101. Magnetic Orientation of Porphyrin Nanorods in Strong Magnetic Fields with and without Magnetic Force, Yoshihisa Fujiwara, Yuji Matsumoto, Naho Shibata, and Yoshifumi Tanimoto, 2007 International Symposium on Organic and Inorganic Electronic Materials and Related Nanotechnologies (EM-NANO 2007), 2007年06月, 英語
  102. Effects of Magnetic Processing on Electrochemical and Photoelectrochemical Properties of Electrodes Modified with C60-Phenothiazine Nanoclusters, Hiroaki Yonemura, Yuya Wakita, Norihiro Kuroda, Sunao Yamada, Yoshihisa Fujiwara, Yoshifumi Tanimoto, Fourth International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE4), 2007年03月, 英語
  103. Electrochemical and Photoelectrochemical Properties of Electrodes Modified with C60-Phenothiazine Nanoclusters Prepared with Applying Strong Magnetic Fields, Yuya Wakita , Hiroaki Yonemura, Norihiro Kuroda, Sunao Yamada, Yoshihisa Fujiwara, and Yoshifumi Tanimoto, 2006 Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience, 2006年11月, 英語
  104. Effect of Hypergravity Created by Strong Magnetic Force on Orientation of Porphyrin Nanorods, Yoshihisa Fujiwara, Naho Shibata, and Yoshifumi Tanimoto, The 17th International Conference on Magnetism (ICM2006), 2006年08月, 英語
  105. Polymerization of N-isopropylacrylamide under Magnetic Levitaion, Yoshihisa Fujiwara, Yukiteru Katsumoto, Yuka Oishi, Misao Koyama, Keiichi Ohno and Yoshifumi Tanimoto, Yamada Conference LX on Research in High Magnetic Fields (RHMF2006), 2006年08月, 英語
  106. Novel Magnetic Field Effects on the Decay Rates of Photogenerated Biradical in Donor-C60 Linked Compounds, Hiroaki Yonemura, Shinya Moribe, Satoko Harada, Sunao Yamada, Yutaka Mouri, Jun Hamada, Yoshihisa Fujiwara, and Yoshifumi Tanimoto, XXIst IUPAC Symposium on Photochemistry, 2006年04月, 英語
  107. Magnetic Orientation and Photoelectorochemical Reaction of Single-Walled Carbon Nanotube/Conjugated Polymer Composites, Yuichi Yamamoto, Hiroaki Yonemura, Sunao Yamada, Yoshihisa Fujiwara, and Yoshifumi Tanimoto, XXIst IUPAC Symposium on Photochemistry, 2006年04月, 英語
  108. Application of Calculated Hyperfine and g Tensors to Experimentally Obtained High Magnetic Field Effects on Lifetimes of Radical Intermediates, Yoshihisa Fujiwara, Yutaka Mouri, and Yoshifumi Tanimoto, XXIst IUPAC Symposium on Photochemistry, 2006年04月, 英語
  109. Magnetic Orientation of Porphyrin Nano-rods in the Presence and Absence of Strong Magnetic Force, Yoshihisa Fujiwara, Naho Shibata, and Yoshifumi Tanimoto, 2nd International Workshop on Materials Analysis and Processing in Magnetic Fields, 2006年03月, 英語
  110. Orientation and Organization of Composite Materials Based on Single-walled Carbon Nanotubes by Use of Strong Magnetic Fields as a New Tool, Hiroaki Yonemura, Yuuichi Yomamoto, Sunao Yamada, Yoshihisa Fujiwara, and Yoshifumi Tanimoto, The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2005), 2005年12月, 英語
  111. Effects of the Strong Static Magnetic Field on Microscopic Patterns of Self-Organized Poly(9-vinylcarbazole) Films, Yoshihisa Fujiwara and Yoshifumi Tanimoto, The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2005), 2005年12月, 英語
  112. Effects of the Strong Static Magnetic Field on the Swimming Behavior of Some Protists, Yoshihisa Fujiwara, Masahiko Tomishige, Yasuhiro Itoh, Yoshifumi Tanimoto, Toshikazu Kosaka, and Hiroshi Hosoya, The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2005), 2005年12月, 英語
  113. Magnetic Orientation and Organization of Single-Walled Carbon Nanotubes or Their Composite Materials using Polymer Wrapping, Hiroaki Yonemura, Yuuichi Yomamoto, Sunao Yamada, Yoshihisa Fujiwara, and Yoshifumi Tanimoto, International Symposium on Magneto-Science 2005 (ISMS2005), 2005年11月, 英語
  114. How Is Effect of Strong Static Magnetic Field on Nanorods ?, Yoshihisa Fujiwara, Naho Shibata, and Yoshifumi Tanimoto, International Symposium on Magneto-Science 2005 (ISMS2005), 2005年11月, 英語
  115. Effects of the Strong Static Magnetic Field on the Swimming Behavior of Some Protists, Yoshihisa Fujiwara, Masahiko Tomishige, Yasuhiro Itoh, Naho Shibata, Yoshifumi Tanimoto, International Symposium on Magneto-Science 2005 (ISMS2005), 2005年11月, 英語
  116. Magnetic Orientation and Photoelectrochemical Reactions of Composite Materials Consisting of Conjugated Polymers and Single-Walled Carbon Nanotubes, Yuuichi Yomamoto, Hiroaki Yonemura, Sunao Yamada, Yoshihisa Fujiwara, and Yoshifumi Tanimoto, 2005 Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience (KJFP 2005), 2005年10月, 英語
  117. Magnetic Field Effects on the Decay Rates of Photogenerated Biradical in Donor-C60 Linked Compounds: Contribution of Spin-Spin Relaxation Mechanism, Hiroaki Yonemura, Shinya Moribe, Satoko Harada, Sunao Yamada, Yoshihisa Fujiwara, Yutaka Mouri, Jun Hamada, Yoshifumi Tanimoto, 9th International Symposium on Spin and Magnetic Field Effects in Chemistry and Related Phenomena (Spin Chemistry Meeting 2005), 2005年09月, 英語
  118. Effects of the Strong Static Magnetic Field on the Swimming Behaviour of Some Protists, Yoshihisa Fujiwara, Masahiko Tomishige, Yasuhiro Itoh, Yoshifumi Tanimoto, Toshikazu Kosaka, and Hiroshi Hosoya, 9th International Symposium on Spin and Magnetic Field Effects in Chemistry and Related Phenomena (Spin Chemistry Meeting 2005), 2005年09月, 英語
  119. 微在磁件下聚乙的自我整, 藤原好恒, 谷本能文, 广大学・首都師範大学学術・技術交流会2005北京, 2005年03月, 英語
  120. High Magnetic Field Effects on Lifetimes of Biradicals Generated by Photo-Induced Intramolecular Electron Transfer in Donor-Acceptor (C60) Linked Compounds, Yoshihisa Fujiwara, Jun Hamada, Yoshifumi Tanimoto, Hiroaki Yonemura, Shinya Moribe, Hideki Nobukuni, Masakazu Noda, and Sunao Yamada, The 8th International Symposium on Spin and Magnetic Field Effects in Chemistry and Related Phenomena, 2003年09月, 英語
  121. Magnetic Field Effects on TiO2 Photocatalytic Reaction, Masataka Kamochi, Yoshihisa Fujiwara, and Yoshifumi Tanimoto, XXIst International Conferece on Photochemistr, 2003年07月, 英語
  122. High Magnetic Field Effect on Lifetimes of Biradaicals Generated by Photo-Induced Intramolecular Electron Transfer in Electron Donor-Acceptor (C60) Linked Compounds, Yoshihisa Fujiwara, Jun Hamada, Yoshifumi Tanimoto, Hiroaki Yonemura, Shinya Moribe, Hideki Nobukuni, and Sunao Yamada, XXIst International Conferece on Photochemistr, 2003年07月, 英語
  123. High Magnetic Field Effect on Lifetimes of Biradical Generated by Photo-Induced Intramolecular Electron Transfer Reaction in C60-Phenothiazine Linked Compound, Yoshihisa Fujiwara, Jun Hamada, Yoshifumi Tanimoto, Hiroaki Yonemura, Kazuya Hayashi, Masakazu Noda, and Sunao Yamada, 14th International Conference on Photochemical Conversion and Storage of Solar Energy, 2002年, 英語
  124. Effects of 8 T Strong Static Magnetic Field on Behavior of Some Paramecia, Yoshihisa Fujiwara, Masahiko Tomishige, Yoshifumi Tanimoto, Takashi Kadono, Tomonori Kawano, Toshikazu Kosaka and Hiroshi Hosoya, VI Asian Conference on Ciliate Biology, 2002年, 英語
  125. Effects of High Magnetic Fields on Chemical and Physical Processes, Yoshifumi Tanimoto, Masao Fujiwara, and Yoshihisa Fujiwara, 2000 MRS Fall Meeting, 2000年, 英語
  126. Magnetic Orientation of Diamagnetic Crystals, Yoshifumi Tanimoto, Ryoko Tokunaga, Tosie Chijiwa, Akio Katsuki, Masao Fujiwara, and Yoshihisa Fujiwara, Seventh Asian Chemical Congress, 1997年, 英語
  127. Influence of Magnetic Isotopes and Micelles on Magnetic Field Dependence of Lifetimes of Benzophenone Ketyl-Alkyl Radical Pairs, Yoshihisa Fujiwara, Kohji Yoda, Takeshi Aoki, and Yoshifumi Tanimot, Seventh Asian Chemical Congress, 1997年, 英語
  128. Effects of High Magnetic Fields on the Lifetime of Chain-Linked Biradicals, Yoshifumi Tanimoto, Yoshihisa Fujiwara, Masahiro Mukai, Ryoichi Nakagaki, and Masaharu Okazaki, III International Symposium on Magnetic Field and Spin Effects in Chemistry and Related Phenomena, 1994年, 英語
  129. A Laser Flash Photolysis Study of the Effect of High Magnetic Fields on the Photoreaction of Benzophenone and Its Derivatives in Brij35 Micellar Solution, Yoshihisa Fujiwara, Masahiro Mukai, Kichiju Imachi, Osamu Takahira, Ken-ichi Hiruta, Ryoichi Nakagaki, Masaharu Okazaki, and Yoshifumi Tanimoto, III International Symposium on Magnetic Field and Spin Effects in Chemistry and Related Phenomena, 1994年, 英語
  130. Laser Flash Photolysis of 2H-Azirine - Effect of Solvent on 1, 3-Dipole Addition of Nitrile Ylide -, Ikuo Naito, Yoshihisa Fujiwara, Yoshifumi Tanimoto, A. Ishida, and S. Takamuku, The Third Japan-Sino Binational Symposium on Photochemistry, 1994年, 英語
  131. Effects of High Magnetic Fields on the Lifetime of Biradicals and Radical pairs, Yoshifumi Tanimoto, Yoshihisa Fujiwara, Masahiro Mukai, and Masaharu Okazaki, The Third Japan-Sino Binational Symposium on Photochemistry, 1994年, 英語
  132. Laser Flash Photolysis Studies of the Magnetic Field Effects on the Bifunctional Chain Molecules Containing Benzophenone and N, N-Diethylaniline, Yoshifumi Tanimoto, Yoshihisa Fujiwara, Akinori Saegusa, and Michiro Hayashi, The Oji International Conference on Spin Chemistry, 1991年, 英語
  133. Laser Flash Photolysis Studies of the Magnetic Field Effects on the Hydrogen Abstraction Reaction of Aromatic Carbenes in Micellar Solution, Yoshifumi Tanimoto, Chikako Jinda, Yoshihisa Fujiwara, and Michiya Itoh, International Symposium on Carbene-Type Reactive Intermediates, 1989年, 英語
  134. Spectroscopy of the Excited Triplet State and the Relaxation Process in Photo-Generated Arylcarbenes, Yoshihisa Fujiwara, Yoshifumi Tanimoto, and Michiya Itoh, International Symposium on Carbene-Type Reactive Intermediates, 1989年, 英語
  135. Mechanism of Intramolecular Excited-State Proton Transfer and Relaxation Processes in the Ground- and Excited-States of 3-Hydroxyflavone and the Related Compounds, Michiya Itoh, Yoshihisa Fujiwara, Minoru Sumitani, and Keitaro Yoshihara, XIIth International Conference on Photochemistry, 1985年, 英語
  136. レーザー二段階励起ケイ光法及び過渡吸収法によるカルベンの捕捉とその反応機構の研究, 藤原好恒,高山昌也,谷本能文,伊藤道也,平井克幸,富岡秀雄, 日本化学会第52春期年会, 1985年12月, 日本語
  137. Methyl-p-nitrophenyl-α-diazoacetateの光反応初期過程, 藤原好恒,谷本能文,伊藤道也,平井克幸,富岡秀雄, 日本化学会第52春期年会, 1986年04月, 日本語
  138. 1-ヒドロキシー9-フルオレノンにおける分子内および分子間水素結合系における励起状態緩和過程, 伊藤道也,水上徳博,藤原好恒, 光化学討論会, 1986年11月, 日本語
  139. 2-(2'-ヒドロキシフェニル)ベンズオキサゾールの励起状態緩和過程および基底状態逆プロトン移動, 伊藤道也,藤原好恒, 日本化学会第54春期年会, 1986年04月, 日本語
  140. 3-ヒドロキシフラボン類似体における励起状態緩和過程, 伊藤道也,藤原好恒,東方明美, 日本化学会第54春期年会, 1986年04月, 日本語
  141. 芳香族ジアゾ化合物の光反応初期過程に対する磁場効果, 谷本能文,甚田周子,藤原好恒,伊藤道也,東方明美,平井克幸,富岡秀雄, 日本化学会第54春期年会, 1986年04月, 日本語
  142. 超音速ジェット中における1-シアノナフタレン類とトリエチルアミンとのvdw錯体からエキサイプレックス生成における時間分解蛍光, 伊藤道也,高松美樹,藤原好恒,森田敦,佐々木守, 分子構造総合討論会, 1989年09月, 日本語
  143. 超音速JET中における3-ヒドロキシフラボンのプロトン移動, 藤原好恒,伊藤彰敏,伊藤道也, 分子構造総合討論会, 1989年09月, 日本語
  144. 超音速ジェット中におけるフルオレン類の関与するエキサイプレックス生成の時間分解蛍光, 林晃夫,藤原好恒,伊藤道也, 分子構造総合討論会, 1989年09月, 日本語
  145. 3-ヒドロキフラボンおよびその関連化合物のレーザー2段階励起蛍光, 徳村邦弘,大久保隆,藤原好恒,伊藤道也, 分子構造総合討論会, 1990年10月, 日本語
  146. 超音速ジェット中におけるシアノナフタレンクラスターのエキシマ-蛍光, 伊藤道也,高松美樹,木津紀幸,藤原好恒, 分子構造総合討論会, 1990年10月, 日本語
  147. 3-ヒドロキフラボン類の超音速JET分光, 伊藤彰敏,藤原好恒,伊藤道也, 分子構造総合討論会, 1990年10月, 日本語
  148. 超音速ジェット中で生成するvdw二量体からのエキシマー生成のダイナミクス, 伊藤道也,藤原好恒,伊藤彰敏, 分子構造総合討論会, 1990年10月, 日本語
  149. Experimental and Theoretical Investigation of cis-Stilbene S1 State Isomerization Dynamics, Hrvoje Petek, Keitaro Yosihara,Yoshihisa Fujiwara,Zhe Lin,John H. Penn,and John H. Frederick, 分子構造総合討論会, 1990年10月, 日本語
  150. 芳香族アニリドのTICT蛍光, 東屋功,藤原好恒,影近弘之,伊藤道也,首藤紘一, 分子構造総合討論会, 1990年10月, 日本語
  151. 2-置換ー3-ヒドロキシクロモン及びその水クラスターの超音速ジェット分光, 伊藤彰敏,藤原好恒,伊藤道也, 分子構造総合討論会, 1991年11月, 日本語
  152. メチレン鎖両端ビラジカルのレベルクロッシング磁場の温度依存性, 谷本能文,鮫島奈々,藤原好恒,藤原昌夫,林通郎, 分子構造総合討論会, 1991年11月, 日本語
  153. メチレン鎖両端ビラジカル寿命の温度依存性, 谷本能文,鮫島奈々,田村智行,藤原好恒,藤原昌夫,林通郎, 分子構造総合討論会, 1991年11月, 日本語
  154. スピントラッピング法によるキサントンーキサンテン系メチレン鎖両端間水素引き抜き反応の磁場効果の研究, 藤原好恒,岡崎正治,藤原昌夫,谷本能文,林通郎, 分子構造総合討論会, 1991年11月, 日本語
  155. エキシマーケイ光を示すシアノナフタレンクラスターの多光子イオン化マススペクトル, 木津紀幸,藤原好恒,伊藤道也, 分子構造総合討論会, 1991年11月, 日本語
  156. 2’-メチルおよび2’,3’,4’,5’,6’-ペンタメチルー3-ヒドロキシフラボンのレーザー2段階励起蛍光, 徳村邦弘,大久保隆,伊藤道也,藤原好恒, 光化学討論会, 1991年10月, 日本語
  157. p-ニトロフェニルーαージアゾ酢酸メチルの反応初期過程, 谷本能文,松口守人,藤原好恒,藤原昌夫,林通郎, 光化学討論会, 1991年10月, 日本語
  158. ベンゾフェノンーN,N-ジエチルアニリン系メチレン鎖両端間光反応の磁場効果, 藤原好恒,伊藤智,三枝尚典,藤原昌夫,谷本能文,林通郎, 光化学討論会, 1991年10月, 日本語
  159. レーザー二段階励起ケイ光法による光化学反応の磁場効果, 谷本能文,山内康裕,藤原好恒, 日本化学会第63春期年会, 1992年03月, 日本語
  160. 磁場依存性メチレン鎖両端ビラジカルの反応, 藤原好恒,伊藤智,谷本能文, 日本化学会第63春期年会, 1992年03月, 日本語
  161. ビフェニリルクロロジアジリンのレーザーフラッシュホトリシス, 内藤郁夫,藤原好恒, 谷本能文,大谷直明,奥彬, 光化学討論会, 1992年09月, 日本語
  162. ゼオライト吸着ベンゾフェノンの光反応初期過程, 谷本能文,山内康裕,海上剛,藤原好恒, 光化学討論会, 1992年09月, 日本語
  163. 三重項アントラセン失活過程に対する磁場効果, 藤原好恒,大谷北斗,谷本能文, 光化学討論会, 1992年09月, 日本語
  164. セル溶液中のベンゾフェノンハロゲン置換体の光反応の磁場効果, 海上剛,藤原好恒,谷本能文, 光化学討論会, 1992年09月, 日本語
  165. 芳香族ジスルフォドの光反応初期過程, 藤原好恒,谷本能文, 分子構造総合討論会, 1992年09月, 日本語
  166. メチレン鎖両端ビラジカルに対する磁場効果のメカニズム, 谷本能文, 藤原好恒,岡崎正治, 分子構造総合討論会, 1992年09月, 日本語
  167. 分子内エキシプレックスケイ光の磁場効果, 田村智行,藤原好恒,谷本能文, 分子構造総合討論会, 1992年09月, 日本語
  168. パルス強磁場中のレーザー閃光測定システムの開発の試み, 藤原好恒, 向井政博,田村智行,谷本能文, 日本化学会第65春期年会, 1993年03月, 日本語
  169. パルス強磁場中におけるメチレン鎖両端間ビラジカルの失活過程に対する磁場効果, 向井政博,藤原好恒,谷本能文,岡崎正治, 光化学討論会, 1993年10月, 日本語
  170. パルス強磁場中におけるレーザー閃光分光測定システムの開発とそのラジカル対失活過程研究への応用, 藤原好恒,向井政博,田村智行,橋本顕彦,谷本能文,岡崎正治, 光化学討論会, 1993年10月, 日本語
  171. A-(CH2)n-A (A:Ant-CH2-OCO-)のエキシマーによる発光, 大谷北斗,藤原好恒,谷本能文, 光化学討論会, 1993年10月, 日本語
  172. ニトリルイリドとカルボニル化合物との1,3ー双極子付加反応, 内藤郁夫,藤原好恒,谷本能文,石田昭人,高椋節夫, 光化学討論会, 1993年10月, 日本語
  173. 4-ビフェニリルクロロジアジリンのレーザーフラッシュホトリシス, 内藤郁夫,藤原好恒,谷本能文,奥彬, 光化学討論会, 1993年10月, 日本語
  174. 分子内エキシプレックスケイ光の溶媒効果と磁場効果, 田村智行,藤原好恒,谷本能文, 分子構造総合討論会, 1993年10月, 日本語
  175. パルス強磁場中におけるメチレン鎖架橋両端化合物由来ビラジカルの失活過程, 藤原好恒,向井政博,谷本能文,岡崎正治, 分子構造総合討論会, 1993年10月, 日本語
  176. パルス強磁場下におけるメチレン鎖架橋両間水素引き抜き反応の磁場依存, 向井政博,藤原好恒,谷本能文,岡崎正治, 分子構造総合討論会, 1993年10月, 日本語
  177. 芳香族カルベンの77Kにおけるケイ光の磁場効果, 秋元志美,藤原好恒,向井政博,谷本能文,工位武治,木下隆正,伊藤公一, 光化学討論会, 1994年10月, 日本語
  178. 発光利用による磁場存在下のベンゾフェノンーCOOー(CH2)12ーOージフェニルメタン由来ビラジカル中間体失活過程の研究, 橋本顕彦,藤原好恒,谷本能文, 光化学討論会, 1994年10月, 日本語
  179. 分子内エキシプレックスと強磁場効果, 藤原好恒,田村智行,宮田勝司,岡崎正治,谷本能文, 光化学討論会, 1994年10月, 日本語
  180. パルス強磁場中の[Ru(bpy)3]2+とMV+の光電荷移動反応, 田中宏明,向井政博,藤原好恒,谷本能文, 日本化学会第69春期年会, 1995年03月, 日本語
  181. パルス強磁場中で表れるビラジカル中間体失活過程の磁場効果の逆転現象(Ⅰ)ベンゾフェノンーメチレン鎖ージフェニルアミン系, 橋本顕彦,田中宏明,藤原好恒,岡崎正治,谷本能文, 日本化学会第69春期年会, 1995年03月, 日本語
  182. パルス強磁場中で表れるビラジカル中間体失活過程の磁場効果の逆転現象(Ⅱ)フェノチアジンーメチレン鎖ービオローゲンとシクロデキストリンの錯体系, 藤原好恒,米村弘明,松尾拓,岡崎正治,谷本能文, 日本化学会第69春期年会, 1995年03月, 日本語
  183. 芳香族カルベンケイ光の磁場効果, 秋元志美,藤原好恒,勝木明夫,谷本能文,寺島正秀,廣田襄, 分子構造総合討論会, 1995年09月, 日本語
  184. ベンゾフェノンケチルーメチレン鎖ー ベンゾフェノンケチルビラジカル失活過程の強磁場効果, 藤原好恒,橋本顕彦,田中宏明,谷本能文,高比良統,中垣良一,岡崎正治, 分子構造総合討論会, 1995年09月, 日本語
  185. ミセル中の光反応の強磁場効果, 藤原好恒,井町吉寿,依田耕治,曹紅,岡崎正治,谷本能文, 日本化学会中国四国・同九州支部合同大会, 1995年10月, 日本語
  186. メチレン鎖両端ビラジカル中間体の強磁場効果;キサントンーキサンテン系, 田中宏明,曹紅,橋本顕彦,藤原好恒,谷本能文,岡崎正治, 光化学討論会, 1995年10月, 日本語
  187. SDS ミセル溶液におけるフェノチアジンーキノン系の光誘起電子移動反応, 勝木明夫,藤原好恒,谷本能文,中川公一,手老省三, 光化学討論会, 1995年10月, 日本語
  188. 分子内電子移動反応由来ビラジカルの失活過程に対する強磁場の効果, 藤原好恒,青木健,曹紅,米村弘明,松尾拓,岡崎正治,谷本能文, 光化学討論会, 1995年10月, 日本語
  189. A Laser Flash Photolysis Study of the Photoprocess in a Novel Steroid Covalently Bonded Benzophenone and Norbornadiene, Hong Cao,Yoshihisa Fujiwara,Yoshifumi Tanimoto,Liping Zhang,Chen-Ho Tung, 光化学討論会, 1995年10月, 日本語
  190. カルベンおよびカルベン由来ラジカルの拡散, 寺島正秀,富岡秀雄,平井克幸,谷本能文,藤原好恒,秋元志美, 光化学討論会, 1995年10月, 日本語
  191. メチレン連結系カルバゾールーヴィオローゲンのシクロデキストリン包接錯体由来のビラジカルの失活過程における強磁場効果, 青木健,三木康功,曹紅,藤原好恒,谷本能文,米村弘明,松尾拓,岡崎正治, 分子構造総合討論会, 1996年10月, 日本語
  192. 結晶成長の強磁場効果, 徳永亮子,千々和寿江,勝木明夫,藤原好恒,谷本能文, 分子構造総合討論会, 1996年10月, 日本語
  193. ベンゾフェノンー水素供与対連結系の光酸化還元における外部磁場効果・磁気同位体効果, 中垣良一,山岡正治,高比良統,藤原好恒,谷本能文, 分子構造総合討論会, 1996年10月, 日本語
  194. 結晶成長の強磁場効果, 徳永亮子,千々和寿江,勝木明夫,藤原昌夫,藤原好恒,谷本能文, 日本化学会第72春期年会, 1997年03月, 日本語
  195. 金属樹成長における強磁場効果, 矢野宏志,藤原好恒,藤原昌夫,勝木明夫,谷本能文, 日本化学会第72春期年会, 1997年03月, 日本語
  196. 強磁場の生物への影響----ミドリムシの”走磁性”, 泉俊介,鈴木友恵,藤原好恒,平田敏文,谷本能文, 日本化学会第72春期年会, 1997年03月, 日本語
  197. キサントンーキサンテン連結系の光反応における外部磁場効果・磁気同位体効果, 坂佐井陽,中垣良一,高島正伸,藤原好恒,谷本能文, 光化学討論会, 1997年09月, 日本語
  198. フェノチアジンーヴィオローゲン連結系,カルバゾールーヴィオローゲン連結系の電子移動反応における強磁場の効果, 藤原好恒,青木健,谷本能文,米村弘明,山田淳,松尾拓, 光化学討論会, 1997年09月, 日本語
  199. ミセル中におけるアントラキノン誘導体由来ラジカル対の強磁場効果, 藤原好恒,友成太郎,依田耕治,青木健,谷本能文, 日本化学会第74春期年会, 1998年03月, 日本語
  200. Magnetic Feld Efect on Itramolecular Exciplex Fluorescence of Chain Linked Pyrene / DMA System, Rina De,Yoshihsa Fujiwara,Takeharu Haino,Yoshifumi Tanimoto, 光化学討論会, 1998年09月, 日本語
  201. 発色団を持つカリックス[5]アレンを用いたC60のセンシング, 荒木洋己,灰野岳晴,深澤義正,藤原好恒,谷本能文, 日本化学会第76春期年会, 1999年03月, 日本語
  202. ミドリムシに対する磁場の影響, 古田耕一,谷本能文,藤原好恒,泉俊介,平田敏文,伊藤喜久男, 日本化学会第76春期年会, 1999年03月, 日本語
  203. ベンゾフェノンーデンドリマー系における光化学反応, 秋元志美,藤原好恒,谷本能文, 日本化学会第76春期年会, 1999年03月, 日本語
  204. 有機金属錯体[CpFe(CO)2]2のレーザーパルスによる光反応, 大塚貴之,藤原好恒,谷本能文, 日本化学会第76春期年会, 1999年03月, 日本語
  205. ベンゾフェノン-SDSミセル系の光反応の強磁場に対するMgCl2の影響, 多賀義人,藤原好恒,谷本能文, 光化学討論会, 1999年09月, 日本語
  206. Effects of high magnetic field on the lifetime of biradicals generated from benzophenone and diphenylamine bifunctional chain molecules, Wenyong Duan,Akihiko Hashimoto,Yoshihisa Fujiwara,Yoshifumi Tanimoto, 光化学討論会, 1999年09月, 日本語
  207. ミドリムシ及びミドリゾウリムシに対する磁場の影響, 古田耕一,藤原好恒,泉俊介,平田敏文,谷本能文,西原直久,細谷浩史, 第32回日本原生動物学会大会, 1999年11月, 日本語
  208. 8T強磁場下におけるミドリゾウリムシの挙動, 富重昌彦,藤原好恒,谷本能文,角野貴志,河野智謙,小阪敏和,細谷浩史, 社団法人日本動物学会第73回大会, 2002年09月, 日本語
  209. C60-フェノチアジン連結化合物の光電子移動反応で生じるラジカルイオン対の強磁場効果, 藤原好恒,濱田潤,谷本能文,米村弘明,野田正和,森部真也,林一也,山田淳, 2002年光化学討論会, 2002年09月, 日本語
  210. 逆ミセル溶液中におけるカルバゾール-テトラシアノベンゼン間における光電子移動反応の磁場効果, 清水崇,藤原好恒,濱田潤,谷本能文, 2002年光化学討論会, 2002年09月, 日本語
  211. 磁気泳動による遷移金属イオンの分離, 知恵賢二郎,藤原昌夫,藤原好恒,谷本能文, 分子構造総合討論会2002, 2002年10月, 日本語
  212. カ-ボンナノチュウ-ブの磁気配向の温度依存性, 榊原悠也,藤原昌夫,藤原好恒,谷本能文, 分子構造総合討論会2002, 2002年10月, 日本語
  213. 磁気泳動による金属イオンの分離, 知恵賢二郎,藤原昌夫,藤原好恒,谷本能文, 第6回新磁気科学シンポジウム, 2002年11月, 日本語
  214. ケイ酸亜鉛膜成長に対する強磁場効果, 上地一郎,勝木明夫,藤原好恒,谷本能文, 第6回新磁気科学シンポジウム, 2002年11月, 日本語
  215. 磁場によるケイ酸亜鉛膜成長のキラル構造の制御, 上地一郎,勝木明夫,藤原好恒,藤原昌夫,谷本能文, 岡崎国立共同研究機構分子科学研究所研究会 磁気科学の新展開-化学反応と材料プロセスへの磁場効果-, 2002年12月, 日本語
  216. グリシン結晶に対する磁場効果, 末田学,藤原好恒,谷本能文,藤原昌夫, 岡崎国立共同研究機構分子科学研究所研究会 磁気科学の新展開-化学反応と材料プロセスへの磁場効果-, 2002年12月, 日本語
  217. C60-フェノチアジン連結化合物の光誘起電子移動反応に対する強磁場効果, 濱田潤,藤原好恒,谷本能文,米村弘明,野田正和,森部真也,林一也,山田淳, 岡崎国立共同研究機構分子科学研究所研究会 磁気科学の新展開-化学反応と材料プロセスへの磁場効果-, 2002年12月, 日本語
  218. 光触媒反応の磁場効果, 鹿持政貴,藤原好恒,谷本能文, 岡崎国立共同研究機構分子科学研究所研究会 磁気科学の新展開-化学反応と材料プロセスへの磁場効果-, 2002年12月, 日本語
  219. 磁気科学, 藤原好恒, 数理分子生命理学専攻第1回公開シンポジウム 生命科学の新展開 ― 生命と数理の融合 ―, 2003年08月, 日本語
  220. 磁気泳動による金属イオンの分離, 知恵賢二郎,藤原好恒,藤原昌夫,谷本能文, 数理分子生命理学専攻第1回公開シンポジウム 生命科学の新展開 ― 生命と数理の融合 ― , 2003年08月, 日本語
  221. 磁気泳動による金属イオンの分離, 知恵 賢二郎,藤原 昌夫,藤原 好恒,谷本 能文, 分子構造総合討論会2003, 2003年09月, 日本語
  222. 磁場によるケイ酸亜鉛膜チューブの3次元形状のキラリティ誘導, 上地 一郎,勝木 明夫,Lev Dunin-Barkovskiy,藤原 好恒,谷本 能文, 分子構造総合討論会2003, 2003年09月, 日本語
  223. カーボンナノチューブの磁気配向の温度依存性, 榊原悠也,藤原昌夫,藤原好恒,谷本能文, 2003年日本化学会西日本大会, 2003年10月, 日本語
  224. カーボンファイバーの磁気配向とその温度依存性, 田丸美雪,藤原昌夫,藤原好恒,谷本能文, 2003年日本化学会西日本大会, 2003年10月, 日本語
  225. ケイ光分光法によるデンドリマー水溶液のナフトール包接作用の研究, 小松理恵,杉浦歩美,藤原好恒,谷本能文, 2003年日本化学会西日本大会, 2003年10月, 日本語
  226. 分子軌道計算の手法を用いたビラジカルの失活における強磁場効果の評価, 毛利豊,藤原好恒,谷本能文,吉田弘,仲一成,青木百合子, 2003年日本化学会西日本大会, 2003年10月, 日本語
  227. 磁場中における金属イオンの移動と拡散, 満田和哉,藤原昌夫,藤原好恒,谷本能文, 2003年日本化学会西日本大会, 2003年10月, 日本語
  228. さまざまな金属塩を用いたケミカルガーデン反応の磁場効果, 北村周,上地一郎,藤原好恒,谷本能文, 2003年日本化学会西日本大会, 2003年10月, 日本語
  229. カーボンファイバーの磁気配向のその場観察, 石飛裕司,藤原昌夫,藤原好恒,谷本能文, 2003年日本化学会西日本大会, 2003年10月, 日本語
  230. ゾウリムシの挙動に対する強磁場の影響, 富重昌彦,藤原好恒,谷本能文,細谷浩史,小阪敏和, 2003年日本化学会西日本大会, 2003年10月, 日本語
  231. ベンゾフェノンケチルラジカルを両端に連結した三重項ビ゙ラジカルのスピン緩和過程における強磁場効果の鎖長依存性, 藤原好恒,谷本能文,甲谷繁,中垣良一, SEST2003 第42回電子スピンサイエンス学会年会, 2003年10月, 日本語
  232. ケイ酸銅膜チューブの3次元形態的キラリティーの磁気誘導, 谷本能文,上地一郎,北村周,藤原好恒, 第7回新磁気科学シンポジウム, 2003年11月, 日本語
  233. ケイ光測定によるデンドリマー水溶液中のナフトールの包接効果の研究, 藤原好恒,小松理恵,杉浦歩美,谷本能文, 2003年光化学討論会, 2003年11月, 日本語
  234. TiO2光触媒反応の磁場効果, 鹿持政貴,藤原好恒,谷本能文, 2003年光化学討論会, 2003年11月, 日本語
  235. 1,8位に酸素原子を有するチオキサントンから誘導した新規三座配位子系の構築とビニル位SN2反応における遷移状態安定化への応用, 山口虎彦,山本陽介,藤原好恒,谷本能文, 日本化学会第84春季年会(2004), 2004年03月, 日本語
  236. ゾウリムシの行動に対する強磁場の影響, 富重昌彦,藤原好恒,細谷浩史,小阪敏和,谷本能文, 電気学会研究会マグネティックス研究会, 2004年07月, 日本語
  237. ドナー-C60系の光誘起電子移動反応に対する磁場効果:分子系とクラスター系の比較, 米村弘明,森部真也,黒田憲寛,原田聡子,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 分子構造総合討論会2004, 2004年09月, 日本語
  238. 強磁場に影響されるゾウリムシの泳動とその磁場強度依存性, 藤原好恒,富重昌彦,伊藤泰宏,細谷浩史,小阪敏和,谷本能文, 分子構造総合討論会2004, 2004年09月, 日本語
  239. 光電子移動反応由来ビラジカルの失活における強磁場効果の分子軌道計算による評価, 毛利豊,吉田弘,仲一成,青木百合子,米村弘明,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 2004年光化学討論会, 2004年11月, 日本語
  240. ドナー-C60連結化合物の分子内電子移動反応で生成する光生成ビラジカルの減衰速度に対する磁場効果:温度とスペーサー鎖長の効果, 米村弘明,森部真也,原田聡子,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 2004年光化学討論会, 2004年11月, 日本語
  241. 分子軌道計算によって求めた有機ラジカルの異方的g値および超微細相互作用定数の実測値との比較--ラジカル反応の磁場効果の詳細な定量的評価を目標に--, 藤原好恒,毛利豊,谷本能文,仲一成,青木百合子, 2004年光化学討論会, 2004年11月, 日本語
  242. 時間分解磁場効果スペクトルから見たFAD分子の励起状態ダイナミクス, 村上雅昭,前田公憲,新井達郎,藤原好恒,谷本能文, 2004年光化学討論会, 2004年11月, 日本語
  243. 強磁場の影響を受けるゾウリムシの泳動とその磁場強度依存性, 藤原好恒,富重昌彦,伊藤泰宏,小阪敏和,細谷浩史,谷本能文, 第1回ナノ・バイオ・インフォ化学シンポジウム, 2004年11月, 日本語
  244. メチレン鎖でつないだフェノチアジン-フラーレン系の光生成ビラジカルに対する磁場効果:温度依存性, 森部真也,米村弘明,山田淳,毛利豊,濱田潤,藤原好恒,谷本能文, 第43回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2004), 2004年11月, 日本語
  245. 亜鉛ポルフィリン-C60連結化合物における光生成ビラジカルの減衰速度に対する磁場効果:温度とスペーサー鎖長効果, 米村弘明,原田聡子,森部真也,山田淳,毛利豊,濱田潤,藤原好恒,谷本能文, 第43回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2004), 2004年11月, 日本語
  246. Magnetic Field Effects on the Decay Rates of Photogenerated Biradical from Intramolecular Electron Transfer Reaction in Donor-C60 Linked Compounds: Temperature Dependence, Hiroaki Yonemura,Shinya Moribe,Satoko Harada,Sunao Yamada,Yutaka Mouri,Jun Hamada,Yoshihisa Fujiwara,and Yoshifumi Tanimoto, 「磁気科学合同シンポジウム2004」-新磁気科学研究会第8回シンポジウムおよび特定領域研究「強磁場新機能」第2回公開シンポジウム-, 2004年12月, 日本語
  247. Mesoscopic Patterns of Self-Organized Poly(9-vinylcarbazole) Films in High Magnetic Fields, Yoshihisa Fujiwara and Yoshifumi Tanimoto, 「磁気科学合同シンポジウム2004」-新磁気科学研究会第8回シンポジウムおよび特定領域研究「強磁場新機能」第2回公開シンポジウム-, 2004年12月, 日本語
  248. Magnetic Orientation of Composite Materials Based on the Polymer Wrapping Single-Walled Carbon Nanotubes, Hiroaki Yonemura,Yuuichi Yamamoto,Sunao Yamada,Yoshihisa Fujiwara,and Yoshifumi Tanimoto, 「磁気科学合同シンポジウム2004」-新磁気科学研究会第8回シンポジウムおよび特定領域研究「強磁場新機能」第2回公開シンポジウム-, 2004年12月, 日本語
  249. 1,8位に酸素原子を有するチオキサントンから誘導した新規三座配位子系の構築:超原子価6配位炭素化合物及びビニル位SN2反応の遷移状態モデル化合物合成の試み, 山口虎彦,山本陽介,秋葉欣哉,藤原好恒,谷本能文, 第31回へテロ原子化学化学討論会, 2004年12月, 日本語
  250. 基板上におけるポリマーラッピングした単層カーボンナノチューブの磁場配向, 米村弘明,山本裕一,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 科研費特定領域研究「強磁場新機能の開発」第3回研究会, 2005年03月, 日本語
  251. ポリ9-ビニルカルバゾールフィルムの微視的パターンに対する強磁場の効果, 藤原好恒,谷本能文, INSAMシンポジウム2004「粘菌:実験と理論からのアプローチ」, 2005年03月, 日本語
  252. ポリマーラッピングした単層カーボンナノチューブの磁場配向, 山本裕一,米村弘明,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 日本化学会第85春季年会(2005), 2005年03月, 日本語
  253. 亜鉛ポルフィリン-C60連結化合物の光生成ビラジカルの減衰速度に対する磁場効果:溶媒と塩の効果, 原田聡子,森部真也,米村弘明,山田淳,毛利豊,藤原好恒,谷本能文, 日本化学会第85春季年会(2005), 2005年03月, 日本語
  254. フェノチアジン-C60連結化合物の光生成ビラジカルの減衰速度に対する磁場効果:溶媒とスペーサーの効果, 米村弘明,森部真也,山田淳,毛利豊,藤原好恒,谷本能文, 日本化学会第85春季年会(2005), 2005年03月, 日本語
  255. ビニル位SN2反応の遷移状態モデル化合物合成の試み, 山口虎彦,山本陽介,藤原好恒,谷本能文, 日本化学会第85春季年会(2005), 2005年03月, 日本語
  256. 可溶化した単層カーボンナノチューブの磁場配向, 山本裕一,米村弘明,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 第42回化学関連支部合同九州大会, 2005年07月, 日本語
  257. ポルフィリン‐C60連結化合物の光生成ビラジカルの減衰速度に対する磁場効果, 原田聡子,森部真也,米村弘明,山田 淳,藤原好恒,谷本能文, 2005年光化学討論会, 2005年09月, 日本語
  258. フェノチアジン‐C60連結化合物の分子内電子移動反応で生成する光生成ビラジカルの減衰速度に対する磁場効果:磁場効果の機構の解釈, 米村弘明,森部真也,山田 淳,藤原好恒,谷本能文, 2005年光化学討論会, 2005年09月, 日本語
  259. ポリマーラッピングした単層カーボンナノチューブ複合体の磁場配向とその光電変換特性, 山本裕一,米村弘明,山田 淳,藤原好恒,谷本能文, 2005年光化学討論会, 2005年09月, 日本語
  260. 亜鉛ポルフィリン-C60連結化合物における光誘起電子移動反応と新規磁場効果, 原田聡子,米村弘明,森部真也,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 第44回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2005), 2005年10月, 日本語
  261. フェノチアジン‐C60連結化合物の分子内電子移動反応における光生成ビラジカルの減衰速度に対する磁場効果:スピン-スピン緩和機構の寄与, 米村弘明,森部真也,山田 淳,藤原好恒,谷本能文, 第44回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2005), 2005年10月, 日本語
  262. 強磁場による重力制御環境を利用したナノ・マイクロ物質のマニピュレーション, 藤原好恒,柴田奈穂,谷本能文, 第2回ナノ・バイオ・インフォ化学シンポジウム, 2005年11月, 日本語
  263. ビニルカルバゾールポリマーの高機能化, 藤原好恒, 特定領域研究「強磁場新機能」第2回全体会議, 2006年03月, 日本語
  264. C60から成るナノ構造の形態に及ぼす強磁場の影響, 脇田佑哉,米村弘明,黒田憲寛,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 日本化学会第86春期年会(2006), 2006年03月, 日本語
  265. 磁気浮上環境におけるpoly(N-isopropylacrylamide)の合成, 藤原好恒,勝本之晶,小山美沙緒,大野啓一,谷本能文, 日本化学会第86春期年会(2006), 2006年03月, 日本語
  266. 強磁場印加プロセスによるC60-メチルフェノチアジン混合ナノクラスターの形態及び光電気化学特性の制御, 脇田佑哉,米村弘明,黒田憲寛,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006年07月, 日本語
  267. 磁場印加プロセスによる単層カーボンナノチューブとその導電性ポリマー複合体の構造制御と光電変換機能, 山本裕一,米村弘明,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006年07月, 日本語
  268. 強磁場による微小重力と過重力環境を利用したポルフィリンナノロッドの配向", 藤原好恒,松本裕史,柴田奈穂,谷本能文, 広島大学大学院理学研究科数理分子生命理学専攻第2回公開シンポジウム「生命科学と数理科学の融合」, 2006年08月, 日本語
  269. 強磁気力によってひきおこされる溶液対流パターンの研究, 小山ふみ,藤原好恒,谷本能文, 広島大学大学院理学研究科数理分子生命理学専攻第2回公開シンポジウム「生命科学と数理科学の融合」, 2006年08月, 日本語
  270. 細胞種に依存した細胞の放射線応答反応:アポトーシス誘発と分裂期異常, 秋元志美,安永晋一郎,大坪素秋,藤原好恒,山本卓,瀧原義宏,谷本能文,鈴木文男, 日本放射線影響学会第49回札幌大会, 2006年09月, 日本語
  271. カーボンナノチューブ・電子ドナー複合体の光機能と磁場によるナノ構造制御, 山本裕一,米村弘明,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 2006年光化学討論会, 2006年09月, 日本語
  272. 磁場による重力制御環境のポルフィリンナノロッド, 藤原好恒,松本裕史,柴田奈穂,谷本能文, 分子構造総合討論会2006, 2006年09月, 日本語
  273. 磁場による重力制御環境のポルフィリンナノロッド(2), 藤原好恒,松本裕史,柴田奈穂,谷本能文, 第1回日本磁気科学会年次大会 共催 第10回新磁気科学シンポジウム, 2006年11月, 日本語
  274. 強磁場による単層カーボンナノチューブ及びその複合体のナノ構造制御, 山本裕一,米村弘明,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 第1回日本磁気科学会年次大会 共催 第10回新磁気科学シンポジウム, 2006年11月, 日本語
  275. フェノチアジン-C60連結化合物の光誘起分子内電子移動反応におけるビラジカルの新規時間分解EPRスペクトルおよび磁場効果, 米村弘明, 森部真也,山田淳,山内清語,Saiful Islam,大庭裕範,小堀康博,藤原好恒,谷本能文, 第45回電子スピンサイエンス学会年会, 2006年11月, 日本語
  276. 強磁気力によって引き起こされる溶液流れパターンの観察とそのメカニズムの解明, 小山ふみ,藤原好恒,小松裕之,大野啓一,灰野岳晴,深澤義正,谷本能文, 第3回ナノ・バイオ・インフォ化学シンポジウム, 2006年12月, 日本語
  277. 磁場による重力制御環境のポルフィリンナノロッド(4) 過重力環境で起こる磁気配向, 松本裕史,柴田奈穂,藤原好恒,秋田素子,井上克也,谷本能文, 第3回ナノ・バイオ・インフォ化学シンポジウム, 2006年12月, 日本語
  278. 磁場による重力制御環境のポルフィリンナノロッド(3) 磁気配向に対する微小重力の効果, 藤原好恒,松本裕史,柴田奈穂,秋田素子,井上克也,谷本能文, 第3回ナノ・バイオ・インフォ化学シンポジウム, 2006年12月, 日本語
  279. 磁気浮上環境中における高分子polyNIPAの合成, 大石優香,藤原好恒,小山美沙緒,勝本之晶,大野啓一,秋田素子,井上克也,谷本能文, 第3回ナノ・バイオ・インフォ化学シンポジウム, 2006年12月, 日本語
  280. フェノチアジン-C60連結化合物の光生成ビラジカルの減衰速度に対する新規磁場効果:溶媒効果, 脇田佑哉,米村弘明,森部真也,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 日本化学会第87春季年会(2007), 2007年03月, 日本語
  281. 強磁場印加プロセスによるメチルフェノチアジン-C60連結化合物ナノクラスターの形態及び光電気化学特性の制御, 脇田佑哉,米村弘明,森部真也,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007年07月, 日本語
  282. 金ナノロッド・カーボンナノチューブ複合体の作製と磁場配向, 陶山順一,米村弘明,山本裕一,新留康郎,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007年07月, 日本語
  283. ウニの発生初期における強磁場及び見かけの重力の影響について, 藤原好恒,藤原昌夫,坂本尚昭,山本卓,谷本能文, 第2回日本磁気科学会年次大会, 2007年06月, 日本語
  284. C60-フェノチアジン系のナノクラスターを修飾した電極の形態・電気化学・光電気化学特性に及ぼす磁場印加プロセスの効果, 米村弘明,脇田佑哉,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 第2回日本磁気科学会年次大会, 2007年06月, 日本語
  285. 金ナノロッド・カーボンナノチューブ複合体の磁場配向, 米村弘明,陶山順一,山本裕一,新留康郎,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 第2回日本磁気科学会年次大会, 2007年06月, 日本語
  286. 光化学反応によって可視化された溶液が磁場中で見せる流動パターン, 小山ふみ,藤原好恒,秋田素子,井上克也,灰野岳晴,深澤義正,勝本之晶,大野啓一,谷本能文, 2007年光化学討論会, 2007年09月, 日本語
  287. フェノチアジン-C60系のナノクラスターを修飾した電極の光電気化学反応に及ぼす磁場印加プロセスの効果, 脇田佑哉,米村弘明,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 2007年光化学討論会, 2007年09月, 日本語
  288. フェノチアジン-C60連結化合物の光誘起分子内電子移動反応からのビラジカルにおける新規磁場効果と時間分解EPRスペクトル (Novel Magnetic Field Effects and Time-Resolved EPR Spectra of Biradicals from Photoinduced Intramolecular Electron Transfer Reactions in Phenotiazine-C60 Linked Compounds), 米村弘明,森部真也,脇田佑哉,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 第33回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2007年07月, 日本語
  289. C60-フェノチアジン系の混合ナノクラスターを修飾した電極の形態・電気化学・光電気化学特性に及ぼす磁場印加プロセスの効果 (Effects of Magnetic Processing on Morphological,Electrochemical,and Photoelectrochemical Properties of Electrodes Modified with Mixed Nanoclusters of C60-Phenothiazine System), 脇田佑哉,米村弘明,黒田憲寛,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 第33回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2007年07月, 日本語
  290. Characterization and application of the microgravity by the strong magnetic field for invention of functional materials, 藤原好恒,勝木明夫, 日本学術振興会 アジア研究教育拠点事業 「材料電磁プロセシングの世界拠点の構築」 講演会, 2007年09月, 日本語
  291. 強磁場による重力制御環境におけるポルフィリンナノロッドの合成, 藤原好恒,高木望,谷本能文, 第1回分子科学討論会, 2007年09月, 日本語
  292. 紫外線誘発アポトーシスにおけるK+イオンチャンネルの関与, 秋元志美,藤原好恒,藤原昌夫,谷本能文,鈴木文男, 日本放射線影響学会第50回大会, 2007年11月, 日本語
  293. 強磁場による薄膜中のナノチューブの磁気配向の制御, 勝木明夫,山本弘美,藤原好恒,藤原昌夫,遠藤守信,谷本能文, 日本化学会第88春季年会(2008), 2008年03月, 日本語
  294. 単層カーボンナノチューブとの複合化による金ナノロッドの磁場配向, 陶山順一,米村弘明,山本裕一,新留康郎,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 日本化学会第88春季年会(2008), 2008年03月, 日本語
  295. フラーレンから成るナノ構造を修飾した電極の形態・電気化学・光電気化学特性に及ぼす磁場印加プロセスの効果, 脇田佑哉,米村弘明,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 日本化学会第88春季年会(2008), 2008年03月, 日本語
  296. 芳香族アミンとハロゲン化炭化水素の光着色反応の解析, 小山ふみ,藤原好恒,谷本能文,河合壯, 日本化学会第88春季年会(2008), 2008年03月, 日本語
  297. ポリチオフェンから成るナノワイヤーの作製と磁場配向, 祐野紘一,山本裕一,米村弘明,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 2008年 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008年07月, 日本語
  298. カーボンナノチューブの磁化率異方性を活用した金ナノロッドの磁場配向, 陶山順一,米村弘明,山本裕一,新留康郎,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 2008年 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008年07月, 日本語
  299. フェノチアジン-C60連結化合物のナノクラスターを修飾した電極の光電気化学反応に及ぼす磁場印加プロセスの効果, 米村弘明,脇田佑哉,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 2008年光化学討論会, 2008年09月, 日本語
  300. 植物(カイワレダイコン)の発芽と成長に対する強磁場による重力制御環境の影響, 藤原好恒,三宝雅子,藤原昌夫, 第2回分子科学討論会2008福岡, 2008年09月, 日本語
  301. 強磁場による機能性薄膜の調製の試み, 竹内晴留香,勝木明夫,藤原好恒,藤原昌夫, 第2回分子科学討論会2008福岡, 2008年09月, 日本語
  302. Characterization and application of the microgravity by the strong magnetic field for invention of functional materials, Yoshihisa Fujiwara,Akio Katsuki,Masao Fujiwara, 日本学術振興会 アジア研究教育拠点事業 「材料電磁プロセシングの世界拠点の構築」 及び 社団法人日本鉄鋼協会 高温プロセス部会ノーベルプロセッシングフォーラム 電磁場の新機能探索研究グループ の共催, 2008年09月, 日本語
  303. 強磁場による微小重力下における機能性薄膜の調製の試み, 勝木明夫,竹内晴留香,藤原好恒,藤原昌夫, 第3回日本磁気科学会年次大会, 2008年10月, 日本語
  304. カイワレダイコンの発芽と成長に対する強磁場による重力制御環境の影響, 藤原好恒,三宝雅子,藤原昌夫, 第3回日本磁気科学会年次大会, 2008年10月, 日本語
  305. 基板上での金ナノロッド・単層カーボンナノチューブ複合体の磁場配向, 陶山順一,米村弘明,山本裕一,新留康郎,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 第3回日本磁気科学会年次大会, 2008年10月, 日本語
  306. 一重項ビラジカル種の反応性に及ぼす骨格及び置換基効果, 坂井 智子,藤原 好恒, 安倍 学, 第19回基礎有機化学討論会, 2008年10月, 日本語
  307. カイワレダイコンの発芽と生長に対する強磁場による重力制御環境の効果, 藤原好恒,三宝雅子, 日本化学会第89春季年会(2009), 2009年03月, 日本語
  308. 強磁場を用いた金ナノロッド・単層カーボンナノチューブ複合体の配向, 米村弘明,陶山順一,山本裕一,新留康郎,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 日本化学会第89春季年会(2009), 2009年03月, 日本語
  309. 強磁場を用いた共役ポリマーから成るナノ構造の制御, 祐野紘一,米村弘明,山本裕一,山田淳,藤原好恒,谷本能文, 日本化学会第89春季年会(2009), 2009年03月, 日本語
  310. テトララジカルのスピン整列と反応性(Spin-Control and Reactivity of Tetraradical based on the ground state spin-multiplicity of localized 1,3- Cyclopentanediyl Diradicals Linked by p-Phenylene and m- Phenylene), 中村岳史,田村大志,藤原好恒,安倍学, 第20回基礎有機化学討論会第39回構造有機化学討論会・第59回有機反応化学討論会 , 2009年09月, 日本語
  311. 一重項1,3-ジラジカルの寿命に及ぼす2位の置換基効果(Substituent Effect at C2 position on the reactivity of singlet 1,3-diradicals), 中垣知幸,坂井智子,藤原好恒,安倍学, 第20回基礎有機化学討論会第39回構造有機化学討論会・第59回有機反応化学討論会, 2009年09月, 日本語
  312. Characterization and application of the microgravity by the strong magnetic field for invention of functional materials, H. Takeuchi,M. Sanbou,A. Katsuki,Y. Fujiwara,M. Fujiwara, 日本学術振興会 アジア研究教育拠点事業 「材料電磁プロセシングの世界拠点の構築」 及び 社団法人日本鉄鋼協会 高温プロセス部会ノーベルプロセッシングフォーラム 電磁場の新機能探索研究グループ の共催, 2009年09月, 日本語
  313. 両生類に対する強磁場の影響, 柏木昭彦,古野伸明,柏木啓子,藤原好恒,谷本能文, 日本磁気科学会有機・バイオ 分科会第6回分科会(サテライトシンポジウム)「生物磁気現象の歴史と最近の話題」, 2009年11月, 日本語
  314. Belousov-Zhabotinsky 反応に対する垂直磁場の影響, 錦織理華,森本正太郎,谷本能文,藤原好恒, 第4回日本磁気科学会年会, 2009年11月, 日本語
  315. 磁気微小重力空間におけるカーボンナノチューブ三次元配向薄膜の作成, 竹内晴留香,勝木明夫,藤原好恒,藤原昌夫, 第4回日本磁気科学会年会, 2009年11月, 日本語
  316. 花粉管に対する強磁場の影響, 藤原好恒,清水里恵,青山幹男,塩路恒生, 第4回日本磁気科学会年会, 2009年11月, 日本語
  317. 強磁場による重力制御空間における熱帯魚の挙動, 藤原好恒, 第4回日本磁気科学会年会, 2009年11月, 日本語
  318. 両生類の生活環に対する強磁場の影響 - 初期発生の形態学的および分子生物学的解析 - , 柏木昭彦,柏木啓子,坂尾智美,古野伸明,藤原好恒,谷本能文,山下雅道,渡部稔,新海正,吉留賢,久保英夫,坂井雅夫,藤井博匡,柳澤誠,花田秀樹,内藤富夫, 宇宙利用シンポジウム(第26回), 2010年01月, 日本語
  319. Belousov-Zhabotinsky反応に対する垂直強磁場の影響, 錦織理華,森本正太郎,谷本能文,藤原好恒, 日本化学会第90春季年会(2010), 2010年03月, 日本語
  320. 一重項2,2-ジアルコキシ-1,3-ビラジカルの寿命に及ぼすアルコキシ基の効果 , 中垣知幸,藤原好恒,安倍学 , 日本化学会第90春季年会(2010), 2010年03月, 日本語
  321. 強磁場を用いた重力制御空間における熱帯魚の挙動, 藤原好恒, 日本化学会第90春季年会(2010), 2010年03月, 日本語
  322. 磁気微小重力空間におけるカーボンナノチューブ三次元配向薄膜の作成 , 竹内晴留香,勝木明夫,藤原好恒,藤原昌夫, 日本化学会第90春季年会(2010), 2010年03月, 日本語
  323. 強磁場により創り出した重力制御環境がカイワレダイコンの生長に与える影響 , 藤原好恒,三宝雅子,清水里恵, 日本薬学会第130年会(岡山), 2010年03月, 日本語
  324. Belousov-Zhabotinsky反応に対する垂直強磁場の影響, 錦織理華,森本正太郎,谷本能文,藤原好恒, 日本薬学会第130年会(岡山), 2010年03月, 日本語
  325. Characterization and application of the microgravity by the strong magnetic field for invention of functional materials, M. Uemura,H. Takeuchi,K. Fujimura,R. Shimizu,H. Kishikawa,A. Katsuki,Y. Fujiwara,M. Fujiwara, 第5回日本磁気科学会年会 第5回材料電磁プロセシング世界拠点セミナー, 2010年10月, 日本語
  326. 強磁場で作った重力制御空間におけるメダカの挙動, 藤原好恒,岸川明生, 第5回日本磁気科学会年会 第5回材料電磁プロセシング世界拠点セミナー, 2010年10月, 日本語
  327. 強磁場環境が花粉管の生長に与える影響, 岸川明生,藤原好恒, 第5回日本磁気科学会年会 第5回材料電磁プロセシング世界拠点セミナー, 2010年10月, 日本語
  328. 磁気微小重力空間において作製したカーボンナノチューブ配向薄膜の光学的特性, 竹内晴留香,勝木明夫,藤原好恒,藤原昌夫, 第5回日本磁気科学会年会 第5回材料電磁プロセシング世界拠点セミナー, 2010年10月, 日本語
  329. 磁場による微小重力空間で作成したカーボンナノチューブ薄膜の磁気光学的性質の研究, 勝木明夫,竹内晴留香,藤原昌夫,藤原好恒, 第5回日本磁気科学会年会 第5回材料電磁プロセシング世界拠点セミナー, 2010年10月, 日本語
  330. 光還元によって生成される銀ナノ粒子に対する磁場の影響, 馬場淳史,藤原好恒, 第5回日本磁気科学会年会 第5回材料電磁プロセシング世界拠点セミナー, 2010年10月, 日本語
  331. 磁気微小重力空間におけるDNA薄膜の作製, 藤村恵子,勝木明夫,藤原昌夫,藤原好恒, 第5回日本磁気科学会年会 第5回材料電磁プロセシング世界拠点セミナー, 2010年10月, 日本語
  332. Belousov-Zhabotinsky反応に対する磁場の影響, 錦織理華,森本正太郎,谷本能文,藤原好恒, 第5回日本磁気科学会年会 第5回材料電磁プロセシング世界拠点セミナー, 2010年10月, 日本語
  333. 亜鉛電極の電位振動に対する磁場の影響, 谷本能文,錦織理華,森本正太郎,藤原好恒, 第5回日本磁気科学会年会 第5回材料電磁プロセシング世界拠点セミナー, 2010年10月, 日本語
  334. 局在化一重項ビラジカルの反応性に及ぼす窒素原子効果と置換基効果, 三島愛,藤原好恒,安倍学, 第22回基礎有機化学討論会, 2011年09月, 日本語

受賞

  1. 1995年03月31日, 電気学会論文発表賞, 社団法人 電気学会, 光化学反応の強磁場効果

取得

  1. 特許権, 特許4544530, 2010年07月09日, CNT配列材料の製造方法

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 高磁気力による微小重力の生成と高機能性材料の創製, 2003年, 2005年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 強磁場によるキラリティー誘導の研究, 2003年, 2004年
  3. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 液体―固体界面における光反応の磁場効果, 2002年, 2002年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 溶媒蒸発法によるカーボンファイバー膜の磁気配向の研究, 2002年, 2003年
  5. 科学研究費助成事業(萌芽的研究), 磁気泳動による常磁性イオン分離の研究, 1997年, 1997年
  6. 科学研究費助成事業(萌芽的研究), 強磁場内での真核生物のアポトーシス, 1997年, 1998年
  7. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 有機ラジカルの複屈折の磁気変調を利用した磁場効果の研究, 1997年, 1998年
  8. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), 強磁場による化学反応制御, 1995年, 1995年
  9. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 新反応場、光励起状態の開発及びその強磁場による摂動, 1995年, 1995年
  10. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), レーザー光強照射による原子価欠損型反応性中間体の光励起状態における新反応の開発, 1993年, 1993年
  11. 科学研究費助成事業(一般研究(B)), レーザー・磁場による光化学反応の制御, 1991年, 1992年
  12. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 磁場によるナノチューブの三次元配向制御と表面との相乗効果による磁場効果の増強機構, 2011年, 2013年

社会活動

学術会議等の主催

  1. 第18回光化学若手の会 in 広島, 大会実行委員長, 1996年06月
  2. International Conference of Magneto-Science (ICMS2007) (磁気科学国際会議), 大会実行委員, 2007年11月
  3. 第10回日本磁気科学会年会, 実行委員長, 2015年10月
  4. International conference on magneto-science 2015, Local organizing committee, 2015年10月
  5. 日本磁気科学会 第19回研究会 (有機・バイオ分科会), 世話人・座長, 2016年11月, 2016年11月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 2016年度広大マスターズ市民講座「くらしをサイエンスする」, 第4回 「重力のサイエンス」, 東広島市生涯学習課, 2016年/12月/09日, 2016年/12月/09日, 市民文化センター, 講師, 講演会, 社会人・一般
  2. 2016年度広大マスターズ市民講座「くらしをサイエンスする」, 第4回 「重力のサイエンス」, 東広島市生涯学習課, 東広島ケーブルメディア(KAMONケーブルテレビ), 2017年/02月/26日, 2017年/02月/26日, 出演, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般

学術雑誌論文査読歴

  1. 2002年, Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, その他
  2. 2003年, Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, その他
  3. 2004年, Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, その他
  4. 2005年, The Journal of Physical Chemistry A, その他
  5. 2005年, Chemistry Letters, その他
  6. 2006年, Journal of Physics: Conference Series, その他
  7. 2006年, Journal of Physics: Conference Series, その他
  8. 2006年, Canadian Journal of Chemistry, その他
  9. 2007年, Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, その他
  10. 2007年, Chemistry Letters, その他
  11. 2008年, Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, その他
  12. 2008年, Science and Technology of Advanced Materials, その他
  13. 2008年, Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, その他
  14. 2010年, Japanese Journal of Applied Physics, その他
  15. 2011年, Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, その他
  16. 2013年, Japanese Journal of Applied Physics, その他
  17. 2014年, Journal of Porphyrins and Phthalocyanines, その他