荒井 正純Masazumi Arai

Last Updated :2018/09/03

所属・職名
大学院工学研究科 輸送・環境システム講座 助教
メールアドレス
araiocean.hiroshima-u.ac.jp
自己紹介
地球流体力学・海洋物理学が研究分野である.現在は,黒潮の沿岸海洋への影響(特に,黒潮暖水舌と急潮),潮汐混合と潮汐フロント,地衡乱流のエネルギーの逆カスケード過程における非地衡流擾乱・バランスを喪失した擾乱の影響に関心を持っている.研究手法は主に数値モデルを用いた数値実験で,上記の海洋の諸現象の物理過程や機構を理解することを目的としている.

基本情報

学位

  • 博士(理学) (九州大学)

研究分野

  • 数物系科学 / 地球惑星科学 / 気象・海洋物理・陸水学

研究キーワード

  • 黒潮前線波動,急潮,内部ケルビン波,底入り潮,豊後水道
  • 地衡乱流,エネルギーの逆カスケード,非地衡流不安定,バランスの喪失
  • 潮汐混合,潮汐フロント,豊後水道
  • 潮流渦,瀬戸内海,猫瀬戸
  • 黒潮,分岐流,紀伊水道

教育活動

授業担当

  1. 2018年, 教養教育, 1ターム, 一般力学I[1工一]
  2. 2018年, 教養教育, 3ターム, 一般力学II[1工一]
  3. 2018年, 学部専門, 2ターム, 海洋大気圏環境学
  4. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 輸送・環境システム講究II
  5. 2018年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 輸送・環境システムセミナーII
  6. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 輸送・環境システム講究IA
  7. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 輸送・環境システム講究IB
  8. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 輸送・環境システムセミナーIA
  9. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 輸送・環境システムセミナーIB

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Elastic anomaly of the ferroelectric phase transition of Li2Ge7O15 studied by the Brillouin scattering., Journal of the Physical Society of Japan, 56巻, 9号, pp.3213-pp.3219, 19870901
  2. Elastic instability in the ferroelastic phase transition of TlH2PO4 studied by Brillouin scattering, Journal of the Physical Society of Japan, 59巻, 4号, pp.1285-pp.1292, 19900401
  3. Study of the ferroelastic phase transition of TlH2PO4 acoustic phonon softening, Journal of the Physical Society of Japan, 60巻, 1号, pp.188-pp.195, 19910101
  4. Locally-induced nonlinear modes and multiple equilibria in planetary fluids, PAGEOPH, 133巻, 4号, pp.733-pp.748, 19900401
  5. ★, Asymmetric evolution of eddies in rotating shallow water, Chaos, 4巻, 2号, pp.163-pp.175, 19940601
  6. 商船を利用した西太平洋のADCP観測, 海の研究, 7巻, 6号, pp.357-pp.368, 19981201
  7. Repeat ADCP survey of the Western Pacific surface current by a commercial ship, International WOCE Newsletter, 34巻, pp.31-pp.35, 19990301
  8. 西部北太平洋の表層の流速変動, 月刊海洋, 32巻, 8号, pp.514-pp.520, 20000801
  9. Repeat meridional survey of the western North Pacific subtropical gyre by a VOS ADCP during 1997 to 1998, Geophysical Research Letters, 28巻, 18号, pp.3429-pp.3432, 20010901
  10. Operational data assimilation system for the Kuroshio south of Japan: Reanalysis and validation., Journal of Oceanography, 60巻, 2号, pp.303-pp.312, 20040401
  11. Monitoring surface velocity from repeated ADCP observations and satellite altimetry, Journal of Oceanography, 60巻, 2号, pp.365-pp.374, 20040401
  12. ★, Development of a semi-spectral coastal ocean model and its application to the Neko Seto Sea in the Seto Inland Sea., Journal of Oceanography, 60巻, 3号, pp.597-pp.611, 20040601
  13. 商船ADCPによる西部亜熱帯循環系の観測, 月刊海洋, 号外巻, 37号, pp.144-pp.154, 20040701
  14. 繰返しADCP観測と衛星海面高度計による海面流速のモニタリング, 月刊海洋, 号外巻, 37号, pp.155-pp.165, 20040701
  15. 実用予測データ同化実験-結果とその検証-, 月刊海洋, 号外巻, 37号, pp.181-pp.197, 20040701
  16. ★, Numerical study of a Kyucho and a bottom intrusion in the Bungo Channel, Japan: Disturbances generated by the Kuroshio small meanders., Journal of Oceanography, 61巻, 5号, pp.953-pp.971, 20051001
  17. A numerical study of the Bifurcation Current and the Eastward Current in the Bungo Channel, Japan., Proc. 14th PAMS/JECSS Workshop, pp.238-pp.241, 20070501
  18. Variation of Residual Current in the Seto Inland Sea Driven by Sea Level Difference Between the Bungo and Kii Channels, JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-OCEANS, 123巻, 4号, pp.2921-pp.2933, APR 2018