中尾 敬takashi nakao

Last Updated :2019/03/01

所属・職名
大学院教育学研究科 心理学講座 准教授
ホームページ
メールアドレス
tnakaohiroshima-u.ac.jp
自己紹介
専門は認知心理学、生理心理学。自己認知、正答が決まっていない場面でのヒトの意思決定過程、安静状態で記録される自発的(内因性)脳活動と心的機能との関連についての基礎研究をしています。

基本情報

主な職歴

  • 2006年04月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院教育学研究科, 助手
  • 2007年04月01日, 2008年03月31日, 広島大学, 大学院教育学研究科, 助教
  • 2008年04月01日, 2010年10月31日, 日本学術振興会, 名古屋大学, 特別研究員(PD)
  • 2009年05月01日, 2012年03月31日, University of Ottawa, Mind、 Brain Imaging and Neuroethics Institute of Mental Health Research Royal Ottawa Health Care Group, 博士研究員
  • 2010年01月01日, 2010年10月31日, 優秀研究者海外派遣事業, 特別研究員
  • 2011年04月01日, 2012年03月31日, 日本学術振興会, オタワ大学, 海外特別研究員
  • 2012年04月01日, 2013年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院精神神経医科学, 特任助教
  • 2013年04月01日, 広島大学, 大学院教育学研究科, 准教授

学位

  • 博士(心理学) (広島大学)
  • 修士(心理学) (広島大学)

研究分野

  • 社会科学 / 心理学 / 実験心理学

研究キーワード

  • 自己
  • 意思決定
  • 自発的脳活動
  • 脳波
  • fMRI

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2018年, 学部専門, セメスター(前期), 心理学課題演習
  2. 2018年, 学部専門, セメスター(後期), 認知心理学課題研究I
  3. 2018年, 学部専門, 2ターム, 心理統計法I
  4. 2018年, 学部専門, 3ターム, 心理統計法II
  5. 2018年, 学部専門, 4ターム, 認知心理学
  6. 2018年, 学部専門, セメスター(前期), 認知心理学課題研究II
  7. 2018年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文
  8. 2018年, 学部専門, 3ターム, 心理学総論
  9. 2018年, 博士課程・博士課程後期, 集中, 心理学講究
  10. 2018年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 心理学特別研究
  11. 2018年, 博士課程・博士課程後期, 集中, 心理学講究
  12. 2018年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 心理学特別研究
  13. 2018年, 博士課程・博士課程後期, 集中, プロジェクト研究
  14. 2018年, 博士課程・博士課程後期, 集中, プロジェクト研究
  15. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 認知心理学演習II
  16. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 認知心理学特別研究
  17. 2018年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 認知心理学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Spontaneous Facial Expressions Are Different from Posed Facial Expressions: Morphological Properties and Dynamic Sequences, CURRENT PSYCHOLOGY, 36巻, 3号, pp.593-pp.605, SEP 2017
  2. 心のゆとりを有する者はネガティブ感情状態からの回復が早いか? ― 心のゆとりに関する実験的研究 ―, 対人社会心理学研究, 18巻, pp.21-pp.36, 20180607
  3. Local reservoir model for choice-based learning, arXiv, 2018
  4. The temporal signature of self: Temporal measures of resting-state EEG predict self-consciousness., Human brain mapping, 2018
  5. Affective auditory stimulus database: An expanded version of the International Affective Digitized Sounds (IADS-E)., Behavior research methods, 50巻, 4号, 2018
  6. Dynamic Displays Enhance the Ability to Discriminate Genuine and Posed Facial Expressions of Emotion., Frontiers in psychology, 9巻, 2018
  7. Why is the environment important for decision making? Local reservoir model for choice-based learning., PloS one, 13巻, 10号, 2018
  8. Pseudo-learning effects in reinforcement learning model-based analysis: A problem of misspecification of initial preference., psyarxiv, 20171125
  9. Attentive Observation Is Essential for the Misattribution of Agency to Self-Performance, FRONTIERS IN PSYCHOLOGY, 8巻, 20170602
  10. Subjectivity of the Anomalous Sense of Self Is Represented in Gray Matter Volume in the Brain, FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE, 11巻, 20170509
  11. Spontaneous Facial Actions Map onto Emotional Experiences in a Non-social Context: Toward a Component-Based Approach, FRONTIERS IN PSYCHOLOGY, 8巻, 20170504
  12. 心のゆとりの基礎研究 ―不安,抑うつ,楽観性,悲観性との関連―, 広島大学心理学研究, 16巻, pp.35-pp.40, 20170331
  13. JASPによる心理学者のためのベイズ統計, 広島大学心理学研究, 16巻, pp.97-pp.108, 20170331
  14. 「真の笑顔」と「偽の笑顔」の違い―動きの順序が他者の情動認知に及ぼす影響―, 対人心理学研究, 17巻, pp.45-pp.51, 201703
  15. Spontaneous Facial Expressions Reveal New Action Units for the Sad Experiences, Journal of Nonverbal Behavior, 2017
  16. Facial Action Coding Systemを用いた対人コミュニケーション場面における表情表出部位の検討, 日本顔学会誌, 17巻, 2号, pp.51-pp.57, 2017
  17. Increased amygdala reactivity following early life stress: a potential resilience enhancer role., BMC psychiatry, 17巻, 1号, 2017
  18. BDNF as a possible modulator of EEG oscillatory response at the parietal cortex during visuo-tactile integration processes using a rubber hand., Neuroscience research, 124巻, 2017
  19. Relation between choice-induced preference change and depression., PloS one, 12巻, 6号, 2017
  20. ★, Post-response beta-gamma power predicts the degree of choice-based learning in internally guided decision-making., Scientific reports, 6巻, 2016
  21. 内的基準による意思決定におけるFRN様成分――閾下提示選択パラダイムを用いた検討――, 生理心理学と精神生理学, 2016
  22. Resting state glutamate predicts elevated pre-stimulus alpha during self-relatedness: A combined EEG-MRS study on "rest-self overlap"., Social neuroscience, 11巻, 3号, 2016
  23. 感性と生理心理学, 生理心理学と精神生理学, 34巻, 1号, pp.1-pp.7, 2016
  24. Neural overlap between resting state and self-relevant activity in human subcallosal cingulate cortex--single unit recording in an intracranial study., Cortex; a journal devoted to the study of the nervous system and behavior, 60巻, 2014
  25. ★, Resting-state EEG power predicts conflict-related brain activity in internally guided but not in externally guided decision-making., NeuroImage, 66巻, 2013
  26. Modulation of Emotion by Cognitive Activity., Psychological Topics, 22巻, pp.205-pp.219, 2013
  27. 自己スキーマと出身地についての知識との関連-沖縄県を例にして-, 広島大学心理学研究, 13巻, pp.35-pp.44, 2013
  28. The Degree of Early Life Stress Predicts Decreased Medial Prefrontal Activations and the Shift from Internally to Externally Guided Decision Making: An Exploratory NIRS Study during Resting State and Self-Oriented Task., Frontiers in human neuroscience, 7巻, 2013
  29. Resting state low-frequency fluctuations in prefrontal cortex reflect degrees of harm avoidance and novelty seeking: an exploratory NIRS study., Frontiers in systems neuroscience, 7巻, 2013
  30. The Structure of Mindful Brain, PLOS ONE, 7巻, 9号, 20120928
  31. ★, Distinction between Externally vs. Internally Guided Decision-Making: Operational Differences, Meta-Analytical Comparisons and Their Theoretical Implications., Frontiers in neuroscience, 6巻, 2012
  32. Prior cognitive activity implicitly modulates subsequent emotional responses to subliminally presented emotional stimuli., Cognitive, affective & behavioral neuroscience, 12巻, 2号, 2012
  33. Amygdala dysfunction attenuates frustration-induced aggression in psychopathic individuals in a non-criminal population., Journal of affective disorders, 142巻, 1-3号, 2012
  34. Implicit attenuation of a subsequent emotion by cognitive activity, Cognitive, Affective, and Behavioral Neuroscience, 11巻, pp.476-pp.484, 2011
  35. Implicit attenuation of subsequent emotion by cognitive activity., Cognitive, affective & behavioral neuroscience, 11巻, 4号, 2011
  36. ★, Rest-stimulus interaction in the brain: a review., Trends in neurosciences, 33巻, 6号, 2010
  37. ★, Self-knowledge reduces conflict by biasing one of plural possible answers, Personality and Social Psychology Bulletin, 36巻, pp.455-pp.469, 2010
  38. Medial prefrontal cortex – dorsal anterior cingulate cortex connectivity during behavior selection without an objective correct answer., Neuroscience Letters, 482巻, pp.220-pp.224, 2010
  39. 社会的事態における意思決定と内側前頭前皮質機能, 生理心理学と精神生理学, 28巻, 1号, pp.45-pp.55, 2010
  40. Does medial prefrontal cortex activity during self-knowledge reference reflect the uniqueness of self-knowledge?, Japanese Psychological Research, 51巻, pp.69-pp.84, 2009
  41. Neural bases of behavior selection without an objective correct answer., Neuroscience Letters, 459巻, pp.30-pp.34, 2009
  42. Activation of self-knowledge reduces conflict during occupational choice: an ERP study., The International journal of neuroscience, 119巻, 10号, 2009
  43. MEDIAL PREFRONTAL CORTEX AND COGNITIVE REGULATION, PSYCHOLOGIA, 52巻, 2号, pp.93-pp.109, 2009
  44. 不安による自己関連処理が記憶再生の低下に及ぼす影響(資料), 行動療法研究, 34巻, 1号, pp.33-pp.42, 20080930
  45. Compensatory cortical activation during performance of an attention task by patients with diffuse axonal injury: a functional magnetic resonance imaging study, JOURNAL OF NEUROLOGY NEUROSURGERY AND PSYCHIATRY, 78巻, 2号, pp.168-pp.173, 200702
  46. 職業選択時にみられる競合関連陰性電位様成分についての検討, 広島大学心理学研究,, 7巻, pp.11-pp.18, 2007
  47. 内側前頭前皮質の機能-行動選択基準仮説-, 心理学評論, 49巻, pp.592-pp.612, 20060401
  48. 自己モニタリングによって他者知識は活性化するのか?, 広島大学大学院教育学研究科紀要・第三部(教育人間科学関連領域), 54巻, pp.247-pp.255, 20050401
  49. ERPを指標とした競合と反応抑制の量的関係の検討(第三部(教育人間科学関連領域)), 広島大学大学院教育学研究科紀要. 第三部, 教育人間科学関連領域, 53巻, pp.285-pp.290, 20050328
  50. 他者参照過程に感情価処理は介在しているのか?(第三部(教育人間科学関連領域)), 広島大学大学院教育学研究科紀要. 第三部, 教育人間科学関連領域, 53巻, pp.291-pp.296, 20050328
  51. Self-reference in elaborative processing of desirability of trait adjectives., Psychological reports, 96巻, 3 Pt 2号, 2005
  52. Affective integration speeds trait processing., Psychological reports, 97巻, 3号, 2005
  53. Relation between self-knowledge reference and self-monitoring of emotional state., Japanese Psychological Research, 49巻, pp.203-pp.210, 20040401
  54. 記憶促進に有効な教示の組み合わせに関する検討-自己関連付け教示の教育場面における有用性-, 広島大学心理学研究, 4巻, pp.11-pp.17, 20040401
  55. 自己関連付け効果に感情価処理が介在するか, 広島大学大学院教育学研究科紀要・第三部(教育人間科学関連領域), 52巻, pp.291-pp.296, 20030401
  56. 記憶負荷が語彙判断課題時の事象関連電位に及ぼす影響, 広島大学大学院教育学研究科紀要・第三部(教育人間科学関連領域), 52巻, pp.219-pp.225, 20030401
  57. 事象関連電位による色の記憶探索過程に関する研究, 広島大学心理学研究, 1号, pp.1-pp.9, 2001
  58. 非言語的刺激からの意味の抽出過程, 広島大学心理学研究, 1号, pp.11-pp.23, 2001
  59. 心のゆとりと不安,および楽観・悲観主義の関連, 中国四国心理学会論文集第49巻
  60. Altruistic people show no self-reference effect in memory., The Journal of general psychology, 139巻, 1号

著書等出版物

  1. 2018年07月10日, 基礎心理学実験法ハンドブック, 6.6.2 時間領域分析, 朝倉書店, 2018年, 07, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 4762830194, 608, 436-439
  2. 2018年05月22日, 新生理心理学Ⅲ巻展開, 安静状態脳活動と心的機能, 北大路書房, 2018年, 05, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 中尾敬, 4762830194, 380, 109-120
  3. 2016年05月, Reward- and aversion-related processing in the brain: translational evidence for separate and shared circuits, Resting state low-frequency fluctuations in prefrontal cortex reflect degrees of harm avoidance and novelty seeking: An exploratory NIRS study., Lausanne: Frontiers Media, 2016年, 05, 単行本(学術書), 共著, 英語, Nakao, T., Matsumoto, T., Shimizu, D., Morita, M., Yoshimura, S., Northoff, G., Morinobu, S., Okamoto, Y., and Yamawaki, S., 181, 72-80
  4. 2015年10月21日, Decision-Making Experiments under a Philosophical Analysis: Human Choice as a Challenge for Neuroscience, Distinction between externally vs. internally guided decision-making: Operational differences, meta-analytical comparisons and their theoretical implications., Frontiers Media SA, 2015年, 10, 単行本(学術書), 共著, 英語, Nakao, T., Ohira, H., & Northoff, G., 978-2-88919-668-5, 123, 43-68, 43-68
  5. 2014年, 社会脳シリーズ6 自己を知る脳・他者を理解する脳 神経認知心理学からみた心の理論の新展開 , 新曜社, 単行本(学術書), 共著
  6. 2013年06月01日, エンサイクロペディア心理学研究方法論, 北大路書, 教科書, 共訳, W.J. レイ著 ; 岡田圭二編訳 ; 中尾敬 [ほか] 訳 ; 下野正俊 [ほか] 日本語解説, 9784762828065
  7. 2012年, 心理学研究の新世紀, ネルヴァ書房, 単行本(学術書), 共著
  8. 2010年, 心のなかの言葉-心内辞書への招待, 培風館, 単行本(学術書), 共訳
  9. 2009年, 心理学基礎実習マニュアル, 教科書, 共著
  10. 2008年03月, トピック・自己心理学研究の最前線:脳からみた自己知識の機能 , 2008年, 03, 単行本(学術書), 共著, 中尾 敬
  11. 2003年11月, 視覚の認知神経科学 , 翻訳, 協同出版, 2003年, 11, 利島 保 藤木 大介 近藤 武夫 山本文枝 橋本優花里 岩木信喜 森田愛子 中尾 美月 柴崎 光世 中尾 敬

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Estimating parameters for false action memories in other-oriented observation inflation: Insights from a Bayesian multinomial processing tree approach., Kashihara, S., Namba, S., Russell, K., Miyatani, M., & Nakao, T., The 59th Psychonomic Society Annual Meeting,, 2018年11月15日, 通常, 英語, New Orleans, Louisiana, USA.
  2. 自身の認知的再評価が他者の認知的再評価に及ぼす影響, 小林亮太・中島健一郎・宮谷真人・中尾敬, 日本心理学会第82回大会, 2018年09月25日, 通常, 日本語, 仙台国際センター
  3. なぜ自分で選んだものが好きになるのか -選択による選好の変化の生起とその生起量を規定する要因-, 宮城円, 日本心理学会第82回大会, 2018年09月25日, 通常, 日本語, 中尾敬, 仙台国際センター
  4. Long-range temporal correlation of intrinsic alpha oscillation predicts consistency of internally guided decision-making., Nakao, T., Miyago, M., Hiramoto, R., Wolff, A., Miyatani, M. & Northoff, G., 19th World Congress of Psychophysiology,, 2018年09月04日, 通常, 英語, Lucca, Italy.
  5. 画像覚醒度が虚偽心拍フィードバックによる感情変化に及ぼす影響, 小林亮太・笹岡貴史・水落亮平・難波修史・宮谷真人・中尾敬・山脇成人, 日本認知心理学会第16回大会, 2018年09月01日, 通常, 日本語, 立命館大学大阪いばらきキャンパス
  6. 自伝的記憶の無意図的想起による気分の改善, 橋本淳也・金山範明・宮谷真人・中尾敬, 日本認知心理学会第16回大会, 2018年09月01日, 通常, 日本語, 立命館大学大阪いばらきキャンパス
  7. 動的な脳情報処理, 中尾 敬, 日本認知心理学会第16回大会, 2018年09月01日, 招待, 日本語, 立命館大学大阪いばらきキャンパス
  8. 心のゆとりが精神的健康に及ぼす影響: 主観的幸福感との比較, 小林亮太・宮谷真人・中尾敬, 日本社会心理学会第59回大会, 2018年08月28日, 通常, 日本語, 追手門学院大学
  9. 安静時脳活動の時間的構造と心理的要因, 中尾 敬, 脳解析シンポジウム:日常のこころを読み解く脳信号解析法 ~ウェアラブル脳計測の利用に向けて~, 2018年02月20日, 招待, 日本語
  10. 繰り返し同じものを選びやすい人かどうかは安静時脳波から予測できる?―安静時脳波と選択による選好の変化との関連―, 中尾敬・宮城円・平本亮介, 第4回感性脳工学研究会, 2017年08月10日, 通常, 日本語
  11. 安静時脳活動研究の心理学的意義, 中尾 敬, 第35回 日本生理心理学会大会, 2017年05月27日, 招待, 日本語, 江戸川大学駒木キャンパス (千葉県流山市 )
  12. A mathematical structure underlying the facial feedback hypothesis., Shushi Namba, Makoto Naruse, Hirokazu Hori, and Takashi Nakao., 11th International Workshop on Natural Computing, 2017年05月13日, 通常, 英語, Akita International University, Akita, JAPAN
  13. 自分の好み基づく選択後にβγパワーが上昇する人ほど、 再度同じものを選択する頻度が上昇する, 精神的価値が成長する感性イノベーション拠点(感性COI拠点)公開シンポジウム広島, 2017年01月31日, 招待, 日本語
  14. 顔表情による感情推定技術開発に向けての基礎検討, 中尾 敬, 第3回感性脳工学研究会, 2016年08月31日, 招待, 日本語, 広島大学霞キャンパス応仁会館
  15. Post-response beta-gamma power predicts the degree of choice-based learning in internally guided decision-making., Nakao Takashi, Kanayama Noriaki, Odani Misaki, Ito Yosuke, Hirata Yuki, Nasuno Reika, Hiramoto Ryosuke, Miyatani Makoto, Northoff Georg, The 31st International Congress of Psychology (ICP2016), 2016年07月27日, 通常, 英語
  16. 選択肢の好ましさが拮抗する事態における選択に対する満足感と抑うつ傾向および損害回避傾向の関連, 宮城 円・田中 紗枝子・中尾 敬・宮谷 真人 , 日本心理学会第79回大会, 2015年09月22日, 通常, 日本語, 名古屋国際会議場
  17. 安静時およびラバーハンドイリュージョン中の低周波脳血流と血漿中BDNF濃度の関連:NIRSを用いた検討, 金山 範明・中尾 敬・松本 知也・小西 宏奈・櫻井 悟・岡田 剛・岡本 泰昌・山脇 成人, 日本心理学会第79回大会, 2015年09月22日, 通常, 日本語, 名古屋国際会議場
  18. 選択による選好の変化と抑うつ傾向との関連, 宮城 円・中尾 敬・宮谷真人 , 日本認知心理学会第13回大会, 2015年07月04日, 通常, 日本語
  19. 観察の意図性が行為の虚記憶に及ぼす影響, 柏原志保・宮谷真人・中尾 敬, 日本認知心理学会第13回大会, 2015年07月04日, 通常, 日本語, 東京
  20. 正答のある意思決定と正答のない意思決定の違い:脳画像研究のメタ分析、脳波、及びNIRSによる検討(シンポジウム4「心理生理学による人間の探求」), 中尾 敬, 第44回日本臨床神経生理学会学術大会 , 2014年11月, 招待, 日本語
  21. Resting-state EEG power predicts conflict-related brain activity in internally guided but not in externally guided decision-making., Nakao, T., Bai, Y., Nashiwa, H., and Northoff, G, The 17th World Congress of Psychophysiology (IOP2014), 2014年09月, 通常, 英語, Hiroshima, Japan
  22. 好みや美しさといった自己の内的基準による意思決定と外的基準による意思決定の神経基盤の違い, 中尾 敬・大平英樹・Georg Northoff, 感性脳工学研究会, 2014年09月, 通常, 日本語, 大学共同利用機関法人自然科学研究機構岡崎コンファレンスセンター
  23. 幼若期ストレスと内側前頭の活動及び意思決定スタイルとの関連, 中尾 敬・松本知也・森田真智子・清水大輔・吉村晋平・Georg Northoff・森信 繁・岡本泰昌・山脇成人, 日本認知心理学会第 12 回大会, 2014年06月, 通常, 日本語
  24. 安静時脳波と正答のない意思決定時の競合関連N2との関連, 中尾 敬・白 宇・梨和ひとみ, 日本心理学会第77回大会, 2013年09月, 通常, 日本語
  25. 正答のある意思決定と 正答のない意思決定の違い: ニューロイメージング研究のメタ分析と脳波による検討, 中尾 敬, 日本認知心理学会第11回大会, 2013年06月29日, 招待, 日本語
  26. 正答のある意思決定(externally guided decision making)と正答のない意思決定(internally guided decision making)の違い:ニューロイメージング研究のメタ分析と脳波実験による検討, 中尾 敬, 包括的神経グリア研究会, 2013年01月, 通常, 日本語
  27. 社会脳科学の最前線( 1 )-前頭葉から見る自己と社会-, 中尾 敬(話題提供), 日本心理学会第76回大会, 2012年09月, 通常, 日本語
  28. がんと心理学( 1 )-意思決定研究の現場への応用について考える-, 中尾 敬(話題提供), 日本心理学会第76回大会, 2012年09月, 通常, 日本語
  29. 心の制御機能研究の新展開, 中尾敬(話題提供), 日本心理学会第72回大会, 2008年09月, 通常, 日本語
  30. 答えが決まっていない事態における行動選択と前頭葉機能: 競合関連陰性電位(CRN)を指標とした社会的認知研究, 中尾敬, YERP研究会, 2008年07月, 通常, 日本語
  31. 前頭葉機能に関する行動選択基準仮説―自己・他者・道徳判断に関連する内側前頭前皮質とその機能―, 中尾敬, 日本心理学会第71回大会, 2007年09月, 通常, 日本語

受賞

  1. 2015年07月05日, 日本認知心理学会優秀発表賞 技術性評価部門, 日本認知心理学会
  2. 2018年11月23日, 特に優れた研究を行う若手研究職, 広島大学

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 高校生のための心理学講座, 日本心理学会, 2014年/08月, 2014年/08月, 講師, セミナー・ワークショップ, 高校生
  2. 注目の学部・学科(第29回心理学):認知心理学(広島大学 宮谷真人教授・中尾敬准教授), 河合塾, 進学情報誌Guideline, 2015年/04月, 取材協力, 新聞・雑誌, 教育関係者
  3. Over Seas:カナダでのポスドク経験, 日本心理学会, 心理学ワールド,2015,71,P38, 寄稿, 会誌・広報誌, 学術団体

学術雑誌論文査読歴

  1. 2013年, Frontiers in decision neuroscience, その他, 1
  2. 2013年, Frontiers in Human Neuroscience, その他, 1
  3. 2014年, Frontiers in Psychology, その他, 1
  4. 2014年, Neuroscience & Biobehavioral Reviews, その他, 1
  5. 2014年, Quarterly Journal of Experimental Psychology, その他, 1
  6. 2014年, 生理心理学と精神生理学, その他, 査読者, 1
  7. 2010年, Neuroscience & Biobehavioral Reviews, その他, 1
  8. 2015年, Cognitive, Affective, and Behavioral Neuroscience, その他, 査読者, 2
  9. 2015年, Neuroimage, その他, 査読, 3
  10. 2015年, 生理心理学と精神生理学, その他, 査読者, 4
  11. 2015年, 生理心理学と精神生理学, 編集員, 特集編集者
  12. 2015年, Neuroscience & Biobehavioral Reviews, その他, reviewer, 1
  13. 2016年, 生理心理学と精神生理学, その他, 査読者, 1
  14. 2016年, 生理心理学と精神生理学, 編集員, 特集編集者
  15. 2016年, 生理心理学と精神生理学, その他, 査読者, 1
  16. 2016年, PLOS ONE, その他, 査読者, 1
  17. 2016年, Journal of Neurophysiology, その他, 査読者, 1
  18. 2017年, PlosONE, その他, 査読者, 1