戸田 求MOTOMU TODA

Last Updated :2020/11/02

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 講師
ホームページ
メールアドレス
todamhiroshima-u.ac.jp

基本情報

学歴

  • 京都大学, 大学院農学研究科, 地域環境科学専攻博士課程, 日本, 1997年04月, 2000年11月

学位

  • 博士(農学) (京都大学)

研究分野

  • 環境学 / 環境解析学 / 環境影響評価

研究キーワード

  • 陸域生態系炭素循環、大気ー陸面相互作用、森林動態、植物季節

所属学会

  • アメリカ地球物理学連合

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, セメスター(前期), 生物学
  2. 2020年, 教養教育, 3ターム, 環境と森林[旧パッケージ]
  3. 2020年, 教養教育, 3ターム, 生物学実験法・同実験I[1教自,1教人,1生]
  4. 2020年, 教養教育, 4ターム, 生物学実験法・同実験II[1教自,1教人,1生]
  5. 2020年, 学部専門, 3ターム, 自然環境実験A
  6. 2020年, 学部専門, 3ターム, 自然環境実験法A
  7. 2020年, 学部専門, 1ターム, 自然環境実験B
  8. 2020年, 学部専門, 1ターム, 自然環境実験法B
  9. 2020年, 学部専門, 1ターム, 環境影響評価論
  10. 2020年, 学部専門, 2ターム, 自然環境実験C
  11. 2020年, 学部専門, 2ターム, 自然環境実験法C
  12. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 気候変動・物質循環論入門
  13. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 気候変動・物質循環論本編
  14. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生態系循環論
  15. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 総合科学系演習基礎
  16. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 総合科学系演習Ⅰ
  17. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生命環境総合科学特別研究
  18. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生命環境総合科学特別演習A
  19. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生命環境総合科学特別演習A
  20. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命環境総合科学特別演習B
  21. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生命環境総合科学特別演習B
  22. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 総合科学系概論
  23. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 総合科学系演習II
  24. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 4ターム, 統合生命総合科学演習
  25. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Green Chromatic Coordinate (GCC) Affects CO2 Budget in Beech Forest, 9th International Conference on Environmental Engineering, Science and Management
  2. ★, Foliage profiles of individual trees determine competition, self-thinning, biomass and NPP of a Cryptomeria japonica forest stand: A simulation study based on a stand-scale process-based forest model, Ecological Modelling, 230巻, pp. 2272-2280, 2009
  3. How universal is the C-function in the bulk ABL similarity approach to estimate surface sensible heat flux?, Water Resources Research, 45巻, 45号, pp. doi:10.1029/2008WR007390-doi:10.1029/2008WR007390, 2009
  4. 北方森林群落における大気―森林動態相互作用に関する研究, 低温科学, 68巻, pp. 27-34, 2010
  5. More asymmetric tree competition brings about more evapotranspiration and less runoff from the forest ecosystems: A simulation study, Ecological Modelling, 221巻, pp. 2887-2898, 2010
  6. ★, Simulating seasonal and inter-annual variations in energy and carbon exchanges and forest dynamics using a process-based atmosphere-vegetation dynamics model, Ecological Research, 26巻, pp. 105-121, 2010
  7. ★, Photosynthetic recovery of foliage after wind disturbance activates ecosystem CO2 uptake in cool-temperate forest of northern Japan, Journal of Geophysical Research, pp. doi:10/1029/2010JG001611-doi:10/1029/2010JG001611, 2011
  8. 台風撹乱が北方森林の生理・生態および生態系炭素動態へ及ぼす影響, 低温科学, 73巻, pp. 21-29, 2015
  9. Estimation of plant area index and phenological transition dates from digital repeat photography and radiometric approaches in a hardwood forest in the Northeastern United States, AGRICULTURAL AND FOREST METEOROLOGY, 249巻, pp. 457-466, FEB 15 2018
  10. ★, Using digital cover photography to track the canopy recovery process following a typhoon disturbance in a cool-temperate deciduous forest, CANADIAN JOURNAL OF FOREST RESEARCH, 48巻, 7号, pp. 740-748, JUL 2018
  11. Photosynthetically distinct responses of an early-successional tree, Betula ermanii, following a defoliating disturbance: observational results of a manipulated typhoon-mimic experiment, TREES-STRUCTURE AND FUNCTION, 32巻, 6号, pp. 1789-1799, 201812
  12. ★, A Bayesin inversiyon framework to evaluate parametre and predictive inference of a simple soil respiration model in a cool-temperate forest in western Japan., Ecological Modelling, 418巻, 2020

著書等出版物

  1. 現代生態学講座 2巻 地球環境変動の生態学, 地域スケールにおける大気と陸域生態系の相互作用, 共立出版, 2014年, 2, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 戸田求
  2. 気象研究ノート, 環境変動と北方林生態系応答, 日本気象学会, 2014年, 12, 戸田 求, 横沢正幸,原登志彦
  3. 2016年.7月.2日, 低温環境の科学事典, 朝倉書店, 2016年, 7, 事典・辞書, 共著, J, 978-4-254-16128-1, 411, 4
  4. 2015年.1月0.日, 低温科学便覧, 丸善出版, 2015年, 10, 単行本(学術書), 共著, J, 小野清美、隅田明洋、本間航介、戸田求、原登志彦, 383, 9
  5. 2018年08月01日, 生態系生態学, 森北出版, 2018年, 8, 単行本(学術書), J, 加藤知道 監訳, 595

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. The overlooked carbon loss: living tree decays in cool-temperate natural forests, Sakabe, T., Ishihara, M., Sakamoto, M., Toda, M., Sakio, H., The 67th annual meeting of the ecological society of Japan., 2020年03月04日, 通常, 英語
  2. パーティクルフィルタを利用した森林生態系の環境応答の解析, ロッシュフェリックス拓磨,横沢正幸(早稲田大),戸田 求(広島大), 日本農業気象学会, 2020年03月16日, 通常, 日本語, 九州大学伊那キャンパス
  3. 広島県中央部ブナ林生態系における炭素動態と葉群動態の季節変化, 土井一希、戸田求, 日本農業気象学会, 2018年03月18日, 通常, 日本語
  4. 2019年03月15日, 通常, 英語
  5. 野外実験・数値解析を用いた撹乱に対する生態系レジリエンスの評価, 戸田求, 日本生態学会, 2019年03月15日, 通常, 日本語, 日本生態学会
  6. 微気象過程を導入したサイズ構造モデル, 戸田求, 日本生態学会, 2020年03月04日, 通常, 日本語, 日本生態学会, 名城大学・天白キャンパス
  7. 北方林における炭素収支の環境応答解析(その2), 河合優作(静岡大)、戸田 求(広島大)、横沢正幸(静岡大), 日本農業気象学会, 2015年03月14日, 通常, 日本語, 日本農業気象学会, 岡山大学
  8. 台風撹乱後の北方林生態系で見られた光合成機能応答, 戸田求、王 新(広島大・院)、中村誠宏、福沢加里部、吉田俊也(北大FSC), 2016年03月24日, 通常, 日本語, 日本生態学会, 東北大学
  9. 西日本ブナ林生態系の葉群動態に関する野外調査, 戸田求, 日本生態学会, 2017年03月16日, 通常, 日本語, 日本生態学会, 早稲田大学
  10. Phenology research in cool-temperate forests with a focus on evaluations of their response to changing climate, Joint seminar, 2017年08月08日, 通常, 英語, SUFONAMA scholarship, Goettingen University
  11. Detection of photosynthetic responses of cool-temperate forests following extreme climate events using Bayesian inversion, Toda, M., Knohl, A., Herbst, M., Keenan, T.F., Yokozawa, M., Toda, M., Knohl, A., Herbst, M., Keenan, T.F., Yokozawa, M., American Geophysical Union, 2016年12月16日, 通常, 英語, AGU, SFC

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 気候変動に伴う森林生態系の炭素収支に関するデータ同化解析と数値モデル実験, 2020年, 2022年

社会活動

学術雑誌論文査読歴

  1. 2019年, 編集員, 4
  2. 2019年, その他, reviewer, 1