稲垣 知宏Tomohiro Inagaki

Last Updated :2019/11/01

所属・職名
情報メディア教育研究センター情報メディア教育研究センター教授
ホームページ
メールアドレス
inagakihiroshima-u.ac.jp
自己紹介
宇宙は数多くの謎に満ちています。現在、我々の住んでいる宇宙はどのようにしてできあがったのでしょうか?銀河の運動から、宇宙は未知なる物質、暗黒物質、で満たされていると考えられています。超新星の運動からは、我々の宇宙を満たす謎のエネルギー、暗黒エネルギー、の存在が示唆されます。我々の宇宙の4分の3が暗黒エネルギーで満たされている様に見えるのです。暗黒物質と暗黒エネルギーの正体は何なのか?宇宙の大部分が我々の知らない存在によって満たされているというのは本当なのでしょうか。より根本的な疑問もあります。空間の方向はどうして3つなのでしょう。そもそも本当に3つしかないのでしょうか? 我々の研究室では、解析計算と計算機シミュレーションにより、実験では到達できない高エネルギー領域の物理現象と超高温、高密度状態にある宇宙の初期状態から出発し、上の疑問に対する答えに近づこうとしています。

基本情報

主な職歴

  • 1997年10月01日, 2000年03月31日, 広島大学, 助手
  • 2000年04月01日, 2004年03月31日, 広島大学, 講師
  • 2005年04月01日, 2015年03月31日, 広島大学, 助教授
  • 2015年04月01日, 情報メディア教育研究センター, 教授

学歴

  • 広島大学, 理学研究科, 物理学, 日本, 1992年04月, 1995年03月
  • 広島大学, 理学研究科, 物理学, 日本, 1990年04月, 1992年03月
  • 広島大学, 理学部, 物理学, 日本, 1986年04月, 1990年03月

学位

  • 博士(理学)(広島大学)
  • 修士(理学)(広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 総合科学部 : 総合科学科
  • 【博士課程前期】 総合科学研究科 : 総合科学専攻
  • 【博士課程後期】 総合科学研究科 : 総合科学専攻

研究分野

  • 数物系科学 / 物理学 / 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

研究キーワード

  • 素粒子宇宙物理学
  • 素粒子論
  • 情報教育
  • 熱場の量子論
  • 動的対称性の破れ
  • 電子教材開発

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2019年, 教養教育, 1ターム, 情報活用基礎[1医,1歯,1薬]
  2. 2019年, 教養教育, 2ターム, 情報活用基礎[1総総,1文,1工二,1工三,1工四,1工特,1生]
  3. 2019年, 教養教育, 2ターム, 情報活用基礎[1教,1法]
  4. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 研究指導IB
  5. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 論文講読
  6. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 総合科学演習
  7. 2019年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  8. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 自然科学実験
  9. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 自然科学実験法
  10. 2019年, 学部専門, セメスター(後期), 数理科学演習
  11. 2019年, 学部専門, 4ターム, 計算科学
  12. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 総合科学演習
  13. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究(情報システム環境研究)
  14. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 計算科学情報環境論
  15. 2019年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, ICTリテラシー
  16. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 素粒子物理学
  17. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 素粒子論セミナー
  18. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 素粒子論セミナー
  19. 2019年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 先端物理科学概論

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Four-Fermion Interaction Model on MD-1 circle times S-1, SYMMETRY-BASEL, 11巻, 4号, 201904
  2. An alternative attractor in gauged NJL inflation, EPL, 118巻, 2号, 201704
  3. Inflation from the Finite Scale Gauged Nambu-Jona-Lasinio Model, NUCLEAR PHYSICS B, 919巻, pp. 297-314, 2017
  4. Elliptically Oscillating Classical Solution in Higgs Potential and the Effects on Vacuum Transitions, PHYSICAL REVIEW D, 93巻, 9号, pp. 093014, 20160523
  5. Parameter fitting in three-flavor Nambu--Jona-Lasinio model with various regularizations, NUCLEAR PHYSICS B, 906巻, pp. 524-548, 20160315
  6. Inflationary Expanding Universe by a Composite Scalar Field, GESJ: PHYSICS, 2016巻, 1(15)号, pp. 89-91, 2016
  7. Gauged Nambu-Jona-Lasinio inflation, ASTROPHYSICS AND SPACE SCIENCE, 360巻, 2号, 201512
  8. Regularization dependence on phase diagram in Nambu-Jona-Lasinio model, NUCLEAR PHYSICS B, 896巻, pp. 682-715, 201507
  9. Non-minimal two-loop inflation, PHYSICS LETTERS B, 745巻, pp. 105-111, 20150518
  10. Gauge-covariant solution for the Schwinger-Dyson equation in 3D QED with a Chern-Simons term, PROGRESS OF THEORETICAL AND EXPERIMENTAL PHYSICS, 2号, 2015
  11. Inflationary parameters in renormalization group improved I center dot (4) theory, ASTROPHYSICS AND SPACE SCIENCE, 354巻, 2号, pp. 627-632, 201412
  12. Next to leading order calculation with dimensional regularization in Nambu-Jona-Lasinio model, INTERNATIONAL JOURNAL OF MODERN PHYSICS A, 29巻, 9号, 20140410
  13. ★, 広島大学に見る一般情報教育カリキュラムの改革, 情報処理, 55(4), (2014) 348-351., 55巻, 4号, pp. 348-351, 20140315
  14. REGULARIZATION PARAMETER INDEPENDENT ANALYSIS IN NAMBU-JONA-LASINIO MODEL, INTERNATIONAL JOURNAL OF MODERN PHYSICS A, 28巻, 31号, 20131220
  15. Phase diagram of Nambu-Jona-Lasinio model with dimensional regularization, PHYSICAL REVIEW D, 86巻, 11号, 20121228
  16. Regularization parameter independent approach in a four fermion interaction model, Tomsk State Pedagogical University Bulletin, 13巻, pp. 66-69, 20121201
  17. NONEQUILIBRIUM THERMO FIELD DYNAMICS FOR RELATIVISTIC COMPLEX SCALAR AND DIRAC FIELDS, INTERNATIONAL JOURNAL OF MODERN PHYSICS A, 27巻, 14号, 20120610
  18. 広島大学における情報セキュリティ・コンプライアンス教育の取組み, 情報処理学会研究報告, 2012-IOT-18巻, 2号, pp. 1-6, 20120601
  19. Nonet meson properties in Nambu-Jona-Lasinio model with dimensional regularization at finite temperature and chemical potential, PHYSICAL REVIEW D, 85巻, 7号, 20120404
  20. パグウォッシュ会議を覚えていますか?, 情報処理, 53巻, 1号, pp. 66-67, 20111201
  21. Canonical Quantization for a Relativistic Neutral Scalar Field in Non-Equilibrium Thermo Field Dynamics, PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS, 126巻, 4号, pp. 681-701, 201110
  22. 大学一年生の文献情報リテラシー能力と図書館による情報リテラシー授業の評価, 大学図書館研究, 92巻, pp. 27-35, 20110801
  23. Space-time evolution induced by spinor fields with canonical and non-canonical kinetic terms, EUROPEAN PHYSICAL JOURNAL C, 71巻, 6号, 201106
  24. Boltzmann Equation for Relativistic Neutral Scalar Field in Non-Equilibrium Thermo Field Dynamics, PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS, 125巻, 5号, pp. 933-955, 201105
  25. Nonet meson properties in the Nambu-Jona-Lasinio model with dimensional versus cutoff regularization, PHYSICAL REVIEW D, 83巻, 3号, 20110207
  26. PHASE STRUCTURE OF A FOUR- AND EIGHT-FERMION INTERACTION MODEL AT FINITE TEMPERATURE AND CHEMICAL POTENTIAL IN ARBITRARY DIMENSIONS, INTERNATIONAL JOURNAL OF MODERN PHYSICS A, 25巻, 25号, pp. 4757-4774, 20101010
  27. CURVATURE AND TOPOLOGICAL EFFECTS ON DYNAMICAL SYMMETRY BREAKING IN A FOUR- AND EIGHT-FERMION INTERACTION MODEL, INTERNATIONAL JOURNAL OF MODERN PHYSICS A, 25巻, 17号, pp. 3353-3374, 20100710
  28. PHASE STRUCTURE OF MULTIFERMION INTERACTION MODELS IN WEAKLY CURVED SPACE-TIME, INTERNATIONAL JOURNAL OF MODERN PHYSICS A, 24巻, 28-29号, pp. 5363-5379, 20091120
  29. High density quark matter in the Nambu-Jona-Lasinio model with dimensional versus cutoff regularization, PHYSICAL REVIEW D, 79巻, 9号, 200905
  30. Four- and eight-fermion interactions in a space-time with non-trivial topology, The Problems of Modern Cosmology, pp. 214-221, 20090301
  31. pi and sigma mesons at finite temperature and density in the Nambu-Jona-Lasinio model with dimensional regularization, PHYSICAL REVIEW D, 77巻, 11号, 200806
  32. Phase structure of NJL model with finite quark mass and QED correction, The Origin of Mass and Strong Coupling Gauge Theories, pp. 213-219, 20080101
  33. Reconsideration of the 2-Flavor NJL Model with Dimensional Regularization at Finite Temperature and Density, PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS SUPPLEMENT, 174号, pp. 72-75, 2008
  34. Thermal and Curvature Effects for an Evolution of Curved Space in a Four-Fermion Interaction Model, roceedings of VIII ASIA-PACIFIC INTERNATIONAL CONFERENCE ON GRAVITATION AND ASTROPHYSICS, pp. 23-25, 20071001
  35. Influence of QED corrections on the orientation of chiral symmetry breaking in the NJL model, PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS, 117巻, 1号, pp. 139-160, 200701
  36. Colour superconductivity and the radius of a quark star in the extended NJL model by using the dimensional regularization, JOURNAL OF PHYSICS A-MATHEMATICAL AND GENERAL, 39巻, 21号, pp. 6371-6375, 20060526
  37. Radiative symmetry breaking and dynamical origin of the cosmological constant in phi(4) theory with a non-linear curvature coupling, JOURNAL OF PHYSICS A-MATHEMATICAL AND GENERAL, 39巻, 21号, pp. 6455-6462, 20060526
  38. Thermal and curvature effects on spontaneous symmetry breaking in phi(4) theory, JOURNAL OF PHYSICS A-MATHEMATICAL AND GENERAL, 39巻, 21号, pp. 6441-6444, 20060526
  39. ActionScriptによるシミュレーションとマルチメディア教材開発, 日本科学教育学会研究会研究報告, 20巻, 3号, pp. 55-60, 20051001
  40. Proper-time formalism in a constant magnetic field at finite temperature and chemical potential, INTERNATIONAL JOURNAL OF MODERN PHYSICS A, 20巻, 20-21号, pp. 4995-5007, 20050820
  41. Dynamical origin of low-mass fermions in Randall-Sundrum background, INTERNATIONAL JOURNAL OF MODERN PHYSICS A, 20巻, 17号, pp. 4085-4094, 20050710
  42. The one-loop effective action in phi(4) theory coupled non-linearly with the power of the curvature and the dynamical origin of the cosmological constant, JOURNAL OF COSMOLOGY AND ASTROPARTICLE PHYSICS, 6号, 200506
  43. Effective potential for $\lambda\phi^4$ theory at finite temperature in $R\otimes S^{D-1}$ and $R\otimes H^{D-1}$, QG issue of TSPU Vestnik, 20040401
  44. Four-fermion interaction model in a constant magnetic field at finite temperature and chemical potential, PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS, 111巻, 3号, pp. 371-386, 200403
  45. NJL model at finite chemical potential in a constant magnetic field, PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS SUPPLEMENT, 153号, pp. 321-324, 2004
  46. Dynamical Low Mass Fermion Generation in Randall-Sundrum Background, Proceedings of the 2002 International Workshop on Strong Coupling Gauge Theories and Effective Field Theories= Eds. M.Harada= Y.Kikukawa= K.Yamawaki= World Scientific, pp. 298-304, 20030401
  47. Dynamical Symmetry Breaking in Randall-Sundrum Background, Gravitation & Cosmology, 9巻, 1-2号, pp. 41-44, 20030401
  48. Schwinger-Dyson analysis of dynamical symmetry breaking on a brane with bulk Yang-Mills theory, PHYSICAL REVIEW D, 66巻, 8号, 20021015
  49. 大学の情報リテラシー教育の再検討, 情報処理教育研究集会講演論文集, 2002巻, 20021001
  50. Chiral phase transition of bulk Abelian gauge theories in the Randall-Sundrum background, PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS, 107巻, 5号, pp. 1047-1060, 200205
  51. Chiral Phase Transition of Bulk Abelian Gauge Theories in the Randall-Sundrum Brane World, Progress of Theoretical Physics, 107巻, 5号, pp. 1047-1060, 20020401
  52. Multipurpose Independent-Study Environment for Information Technology Based Education and Training, CD-ROM で配布, pp. 405-410, 20011101
  53. Structure of chiral phase transitions at finite temperature in Abelian gauge theories, PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS, 105巻, 6号, pp. 979-998, 200106
  54. Dynamical Fermion Masses Under the Influence of Kaluza-Klein Fermions in Randall-Sundrum Background, Fluctuating Paths and Fields= Eds. W. Janke= A. Pelster= H.-J. Schmidt= M. Bachmann= World Scientific, pp. 185-195, 20010401
  55. 端末及び利用者管理システムとWWWを用いた情報共有(共著), 情報処理学会分散システム/インターネット運用技術研究会論文集, 20巻, 9号, pp. 49-54, 20000401
  56. パスワード変更警告メールに対する利用者の反応(共著), 学術情報処理研究, 4巻, pp. 99-103, 20000401
  57. NIS+による利用者情報共有とその問題点, 平成12年度情報処理教育研究集会講演論文集, pp. 301-304, 20000401
  58. 大規模複合型キャンパス情報システムと利用者指向のサービス運営プロセス, 学術情報処理, 4巻, 2000号, pp. 55-62, 20000401
  59. 大学情報サービス基盤整備における情報処理センターの役割(共著), 学術情報処理研究, 4巻, pp. 93-97, 20000401
  60. 大学情報サービス基盤としてのアカウント体系, 学術情報処理, 4巻, 2000号, pp. 63-72, 20000401
  61. Structure of Chiral Phase Transitions at Finite Temperature in Abelian Gauge Theories, Dynamics of Gauge Fields; TMU-Yale Symposium= Frontiers Science Series, pp. 333-334, 20000401
  62. Dynamical Symmetry Breaking in the External Gravitational and Constant Magnetic Fields, International Journal of Modern Physics, A14巻, 4号, pp. 481-503, 19990401
  63. 大学構成員全員登録下でのパスワード漏洩対策とその効果, 学術情報処理研究, 3巻, pp. 51-55, 19990401
  64. Non-Perturbative Approach to the Effective Potential of the $\lambda\phi^4$ Theory at Finite Temperature, Progress of Theoretical Physics, 99巻, 6号, pp. 1069-1084, 19980601
  65. Thermal and Curvature Effects to the Dynamical Symmetry Breaking, Proceedings of Second International Conference on Quantum Field Theory and Gravity= Eds. I. L. Buchbinder and K. E. Osetrin= TSPU publishing, pp. 195-199, 19980401
  66. 大学全構成員のセンター利用アカウント登録に伴うセンター業務の変化(共著), 学術情報処理研究, 2巻, pp. 34-38, 19980401
  67. Dynamical Symmetry Breaking in Compact Flat Spaces, Progress of Theoretical Physics, 99巻, 2号, pp. 237-255, 19980201
  68. Supersymmetric Nambu-Jona-Lasinio Model in an External Gravitational Field, Modern Physics Letters, A12巻, 30号, pp. 2271-2277, 19970401
  69. ★, Dynamical symmetry breaking in curved spacetime; Four-fermion interactions, Progress of Theoretical Physics Supplement, 127巻, pp. 93?, 19970401
  70. Thermal and curvature effects to dynamical symmetry breaking, Physical Review D, 56巻, pp. 5097-5107, 19970401
  71. Curvature-Induced Dynamical Symmetry Restoration in Einstein Universe ($R \otimes S^D-1$), Modern Physics Letters, A11巻, 11号, pp. 939-948, 19960401
  72. Phase Structure of a Four-Fermion Theory at Finite Temperature and Chemical Potential, Thermal Field Theories and Their Applications, pp. 121-129, 19960401
  73. Curvature-Induced Phase Transition in a Four-Fermion Theory Using the Weak Curvature Expansion, International Journal of Modern Physics, A11巻, 25号, pp. 4561-4576, 19960401
  74. Exact Solution of the Equation for Spinor Two-Point Functions in Einstein Universe, Progress of Theoretical Physics Supplement, 94巻, 4号, pp. 847-852, 19960401
  75. Soluble Model of Four-Fermion Interactions in de Sitter Space, Physical Review= Rapid Communications, 52巻, 8号, pp. 4267-4271, 19950401
  76. ★, Phase Structure of Four-Fermion Theories at Finite Temperature and Chemical Potential in Arbitrary Dimensions, International Journal of Modern Physics, A10巻, 15号, pp. 2241-2268, 19950401
  77. Dynamical Origin of the CP Violation, Field Theory and Collective Phenomena= Eds. S. D. Lillo= P. Sodano= F. C. Khanna and G. W. Semenoff= World Scientific, pp. 440-455, 19950401
  78. Dynamical CP Violation in Composite Higgs Models, Nuclear Physics B (Proceedings Supplemetns), 37A巻, pp. 197-202, 19940401
  79. ★, Nambu-Jona-Lasinio Model in Curved Space-Time, Modern Physics Letters, A8巻, 22号, pp. 2117-2123, 19930501
  80. Dynamical CP Violation in Composite Higgs Models, Physical Review, 48巻, 3号, pp. 1301-1309, 19930401

著書等出版物

  1. 2017年04月04日, 大学生からの情報リテラシー 第2版, 広島大学情報メディア教育研究センター, 2017年, 04, 教科書, 共編著, 稲垣知宏,村上祐子,宮尾淳一,森本康彦,宮尾淳一,山本幹雄,平川真,上田大輔,匹田篤,海堀正博, 978-4-9905093-1-6, 123, 1,5-14
  2. 2016年04月01日, 大学生からの情報リテラシー, 広島大学情報メディア教育研究センター, 2016年, 04, 教科書, 編著, 稲垣知宏, 宮尾淳一, 森本康彦, 平川真, 上田大輔, 山本幹雄, 匹田篤, 978-4-9905093-1-6, 99, 1, 5-16
  3. 2016年03月25日, これからの大学の情報教育, 日経BPマーケティング, 2016年, 03, 単行本(学術書), 共著, 河村 一樹、稲垣 知宏、稲葉 利江子、岡部 成玄、喜多 一、黄 海湘、古賀 掲維、駒谷 昇一、佐々木 整、高橋 尚子、田島 敬史、立田 ルミ、辰己 丈夫、中西 通雄、布施 泉、柳生 大輔、山川 修、山口 和紀、湯瀬 裕昭、和田 勉, 978-4-8227-5004-6, 205, 79-84, 112-116
  4. 2015年09月30日, 軍縮辞典, 信山社, 2015年, 09, 事典・辞書, 共著, 日本語, 9784797287561, 560, 1
  5. 2006年11月, ActionScriptを利用した教材開発 , 情報教育研究集会講演論文集, 2006年, 11, 調査報告書, 共著, 稲垣 知宏 長登 康 隅谷 孝洋 中村 純 佐々井祐二 深澤謙次 , 4
  6. 2006年11月, シミュレーション物理教材「ePhysics」を用いた実験授業 , 情報教育研究集会講演論文集, 2006年, 11, 調査報告書, 共著, 佐々井祐二 稲垣 知宏 中村 純 林雅子 長登 康 隅谷 孝洋 深澤謙次 , 4
  7. 2006年11月, Flashを用いた教師向けWebCT操作マニュアル , 情報教育研究集会講演論文集, 2006年, 11, 調査報告書, 共著, 國田 祥子 隅谷 孝洋 稲垣 知宏 長登 康 中村 純 , 3
  8. 2006年11月, 広島大学におけるコース管理システムの運用 , 情報教育研究集会講演論文集, 2006年, 11, 調査報告書, 共著, 隅谷 孝洋 長登 康 稲垣 知宏 中村 純 永井 克彦 , 4
  9. 2006年08月, myWebCTニュースのRSS配信 , 第一回日本WebCTユーザカンファレンス講演論文集, 2006年, 08, 調査報告書, 共著, 隅谷 孝洋 長登 康 稲垣 知宏 中村 純 , 4
  10. 2006年08月, WebCT普及へむけて ?ボトムアップ+トップダウン? , 第四回日本WebCTユーザカンファレンス講演論文集, 2006年, 08, 調査報告書, 共著, 隅谷 孝洋 長登 康 稲垣 知宏 中村 純 永井 克彦 , 5
  11. 2005年11月, WebCT利用動態と高等教育のベンチマーク , 第三回WebCT研究会講演予稿集, 2005年, 11, 調査報告書, 共著, 稲垣 知宏 DavidBain DavidGreen 隅谷 孝洋 , 6
  12. 2005年11月, ActionScriptを用いたマルチメディア教材開発 , 情報処理教育研究集会講演論文集, 2005年, 11, 調査報告書, 共著, 稲垣 知宏 佐々井祐二 隅谷 孝洋 長登 康 中村 純 服部雄 林雅子 深澤謙次 福永優 藤原隆浩 , 4
  13. 2005年11月, 端末ログイン記録を集積するシステムとそれを利用した教育支援/端末管理システム , 情報教育研究集会講演論文集, 2005年, 11, 調査報告書, 共著, 隅谷 孝洋 長登 康 稲垣 知宏 中村 純 , 3
  14. 2005年11月, ActionScriptで作る物理教育のためのシミュレーション教材 , 情報教育研究集会講演論文集, 2005年, 11, 調査報告書, 共著, 福永優 稲垣 知宏 佐々井祐二 隅谷 孝洋 中村 純 長登 康 服部雄 林雅子 深澤謙次 藤原隆浩 , 3
  15. 2005年09月, ActionScriptを用いた新しい物理教育 , 第8回PSEワークショップ講演論文集, 2005年, 09, 調査報告書, 共著, 福永優 稲垣 知宏 藤原隆浩 服部雄 林雅子 中村 純 隅谷 孝洋 長登 康 佐々井祐二 深澤謙次 , 4
  16. 2004年05月, シミュレーションを用いた物理教育 , 計算工学会講演会論文集, 2004年, 05, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏 , 4
  17. 2004年03月, ActionScriptを用いたシュミレーション教材開発 , 第一回日本WebCTユーザカンファレンス講演論文集, 2004年, 03, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏 , 5
  18. 2004年09月, WebCTのカスタマイズ (2) , 第一回WebCT研究会予稿集, 2004年, 09, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏 , 2
  19. 2004年09月, シングルページのトラッキング , 第二回WebCT研究会予稿集, 2004年, 09, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏 , 6
  20. 2004年09月, ActionScriptで電子教材を作ろう , 第二回WebCT研究会予稿集, 2004年, 09, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏 , 5
  21. 2004年09月, LAPPによるレポート提出システムの開発と運用 , 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集, 2004年, 09, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏 , 2
  22. 2004年09月, モジュール化コンセプトによるe-Learning高等教育環境教材の開発とオープン・ソース型コラボレーション環境の構築 , 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集, 2004年, 09, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏 , 4
  23. 2004年09月, Wikiによる電子教材開発コラボレーション , 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集, 2004年, 09, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏 , 2
  24. 2004年11月, 大学におけるメディア活用教育の効果と課題 , 情報処理教育研究集会講演論文集, 2004年, 11, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏 , 2
  25. 2004年11月, 多目的自習環境における大学生の動向 , 情報処理教育研究集会講演論文集, 2004年, 11, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏 , 4
  26. 2003年, Mac OS X を用いたマルチメディア教育環境 , 情報処理教育研究集会講演論文集, 2003年, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏 , 4
  27. 2003年, 情報教育におけるWBTシステムの活用 , 情報処理教育研究集会講演論文集, 2003年, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏 , 4
  28. 2003年, 高等教育から始めるメディア学習の課題 , 情報処理教育研究集会講演論文集, 2003年, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏 , 2
  29. 2003年, 教養から専門へ, 情報教育の将来像 , 情報処理教育研究集会講演論文集, 2003年, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏 , 4
  30. 2003年, 広島大学におけるWebCT運用 , 第一回WebCT研究会予稿集, 2003年, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏 , 6
  31. 2003年03月, 広島大学におけるWebCT運用 , 第一回日本WebCTユーザカンファレンス講演論文集, 2003年, 03, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏 , 3
  32. 2002年04月, 「熱場の理論とその応用」報告書(Field Theory in the Brane World) , 素粒子論研究, 2002年, 04, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏
  33. 2002年, 大学の情報リテラシー教育の再検討 , 情報処理教育研究集会講演論文集, 2002年, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏
  34. 2002年, コンピュータ不安 - 広島大学における大規模調査(2)- , 情報処理教育研究集会講演論文集, 2002年, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏
  35. 2002年, ネットワークを利用した授業支援ツールの評価 , 情報処理教育研究集会講演論文集, 2002年, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏
  36. 2001年, 多目的オープンスペースにおける情報システムの利用動態 , 情報処理教育研究集会講演論文集, 2001年, 共編著, 稲垣 知宏
  37. 2001年, WebCT による情報リテラシー教育コンテンツの制作 , 情報処理教育研究集会講演論文集, 2001年, 共編著, 稲垣 知宏
  38. 2001年, PHP を用いたレポート提出システム , 情報処理教育研究集会講演論文集, 2001年, 共編著, 稲垣 知宏
  39. 2001年, 大学教育におけるWBTシステム利用 , VU フォーラム報告書, 2001年, 調査報告書, 共編著, 稲垣 知宏
  40. 2001年02月, 広島大学の基礎情報教育環境の紹介 , 第4回「マルチメディア時代の新しい教育研究会」報告書, 2001年, 02, 共編著, 稲垣 知宏
  41. 2000年, 遠隔二教室での同時コンピュータ実習 , 情報処理教育研究集会講演論文集, 2000年, 共編著, 稲垣 知宏
  42. 2000年, 広島大学の情報処理教育環境 , 情報処理教育研究集会講演論文集, 2000年, 共編著, 稲垣 知宏
  43. 2000年, 視覚障害を持つ学生のための情報教育環境 , 情報処理教育研究集会講演論文集, 2000年, 共編著, 稲垣 知宏
  44. 2000年, 端末及び利用者管理システムとWWWを用いた情報共有 , 情報処理学会研究報告 DMS-20= Vol. 2000= No.113, 2000年, 共編著, 稲垣 知宏
  45. 2000年, 大学情報サービス基盤整備における情報処理センターの役割 , 学術情報処理研究= No.4, 2000年, 共編著, 稲垣 知宏
  46. 2000年, パスワード変更警告メールに対する利用者の反応 , 学術情報処理研究= No.4, 2000年, 共編著, 稲垣 知宏
  47. 1999年, 大学構成員全員登録下でのパスワード漏洩対策とその効果 , 学術情報処理研究= No.3, 1999年, 共編著, 稲垣 知宏
  48. 1999年01月, 「素粒子物理学の新展開」研究会報告(動的対称性の破れに対する有限温度効果) , 素粒子論研究, 1999年, 01, 共編著, 稲垣 知宏
  49. 1998年, 大学全構成員のセンターアカウント登録に伴うセンター業務の変化 , 学術情報処理研究 No.2, 1998年, 共編著, 稲垣 知宏
  50. 1997年01月, 「有限温度・有限密度の場の量子論とその応用」研究会報告(4体フェルミ相互作用模型のストレステンソルにおける有限温度・時空) , 素粒子論研究, 1997年, 01, 共編著, 稲垣 知宏
  51. 1997年08月, 研究会報告(Energy-Momentum Tensor of Four-Fermion Theory in Compact Flat Space) , 素粒子論研究, 1997年, 08, 共編著, 稲垣 知宏
  52. 1995年02月, 山陽サマーインスティチュート報告書(Regularization Method in NJL model) , 素粒子論研究, 1995年, 02, 共編著, 稲垣 知宏
  53. 1995年12月, 「量子場の理論の新しい展開」研究会報告(Dynamical Symmetry Breaking in Einstein Universe) , 素粒子論研究, 1995年, 12, 共編著, 稲垣 知宏
  54. 1995年04月, 「場の理論の共通課題」研究会報告(4体フェルミ相互作用モデルの相構造) , 素粒子論研究, 1995年, 04, 共編著, 稲垣 知宏
  55. 1995年01月, 「BDK94」研究会報告(SU(3) Breaking of vector mesons in NJL model) , 素粒子論研究, 1995年, 01, 共編著, 稲垣 知宏
  56. 1994年11月, 「有限温度・有限密度の場の量子論とその応用」研究会報告(有限温度・有限密度中での4体フェルミ相互作用模型の相構造) , 素粒子論研究, 1994年, 11, 共編著, 稲垣 知宏
  57. 1993年02月, 山陽サマーインスティチュート報告書(Dynamical CP Violation) , 素粒子論研究, 1993年, 02, 共編著, 稲垣 知宏
  58. 1992年02月, 「新しい素粒子模型」 研究会報告(テクニカラー模型におけるCPの破れと中性子電気双極子能率) , 素粒子論研究, 1992年, 02, 共編著, 稲垣 知宏
  59. 1992年01月, 山陽サマーインスティチュート報告書(テクニカラー模型における中性子電気双極子モーメント) , 素粒子論研究, 1992年, 01, 共編著, 稲垣 知宏
  60. 1992年10月, 「BDK92」研究会報告(Low Energy Effects of Dynamical CP Violation) , 素粒子論研究, 1992年, 10, 共編著, 稲垣 知宏

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Finite size effect on the chiral symmetry breaking, Tomohiro Inagaki, Y. Matsuo and H. Shimoji, 2nd International Conference on Symmetry, 2019年09月03日, 招待, 英語, Centro de Ciencias de Benasque Pedro Pascual, Benasque, Spain
  2. 大学での一般情報教育はどう変わるのか, 稲垣知宏, 第4回関西教育ICT展 セミナー「これからの情報教育について考える」, 2019年08月02日, 通常, 日本語, (株) テレビ大阪エクスプロ, インテックス大阪
  3. 4体フェルミ相互作用モデルにおける有限サイズと境界条件の効果, 下地寛武, 稲垣知宏, 松尾大和, 日本物理学会第74回年次大会, 2019年03月14日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 九州大学
  4. Simple computing for CMB fluctuations in Python, Tomohiro Inagaki, Siberian Spring Cosmology, 2019年03月01日, 招待, 英語, Tomsk State Pedagogical University, Tomsk, Russia
  5. セブン・ステップ・ガイドに基づく情報倫理教育, 村上祐子、稲垣知宏, 大学ICT推進協議会2018年度年次大会, 2018年11月21日, 通常, 日本語, 大学ICT推進協議会, 札幌コンベンションセンター
  6. ゲージ化された南部・ヨナラシーニョインフレーションの非ガウス性の研究, 坂本弘樹, 稲垣知宏, Sergei D. Odintsov, 日本物理学会2018年秋季大会, 2018年09月15日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 信州大学
  7. 対数型・指数型 F(R)修正重力理論における暗黒物質問題の解決, 松尾大和, 稲垣知宏, Sergei D. Odintsov, 日本物理学会2018年秋季大会, 2018年09月14日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 信州大学
  8. Inflationary Cosmology in Composite Scalar Model, T.Inagaki, The 24th Summer Institute on "Phenomenology of Elementary Particle Physics and Cosmology, 2018年08月16日, 招待, 英語, 南開大学, 天津、中国
  9. Finite Size and Topological Effect in Gauged Four-fermion Interaction Model, T.Inagaki, Control and Optimization with Industrial Applications, 2018年07月12日, 通常, 英語, Fikret Aliev , Baku State University Tamer Başar, University of Illinois at Urbana-Champaign Tahir Mammadov, Communications and High Technologies of the Republic of Azerbaijan, Baku, Azerbaijan
  10. 南部・ヨナラシーニョインフレーションにおける複数のスカラーモードの曲率揺らぎへの寄与, 坂本弘樹, 稲垣知宏, Sergei D. Odintsov, 日本物理学会第73回年次大会, 2018年03月25日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 東京理科大学
  11. パネル討論「J17 - 情報教育の参照基準とともに」, 稲垣知宏, 情報処理学会 第80回全国大会 イベント企画「カリキュラム標準J17と情報教育」, 2018年03月13日, 招待, 日本語, 情報処理学会, 早稲田大学
  12. 新しくなった一般情報教育の知識体系, 稲垣知宏, 情報処理学会 第80回全国大会 イベント企画「新しい一般情報教育の知識体系」, 2018年03月13日, 招待, 日本語, 情報処理学会, 早稲田大学
  13. シェイク機能を用いた応答アプリによる授業改善の試み, 厨子裕介、庄ゆかり、隅谷考洋、寺元貴幸、東谷誠二、稲垣知宏, JSiSE学生研究発表会, 2018年03月03日, 通常, 日本語, 教育システム情報学会, 広島大学
  14. パネル討論「大学新入生の現状と一般情報教育」, 稲垣知宏, シンポジウム「これからの大学の情報教育」, 2017年12月16日, 招待, 日本語, 情報処理学会一般情報教育委員会, 広島大学
  15. 批判的思考態度とレポートの質的分析による情報倫理観発達段階の検討, 村上祐子、稲垣知宏、庄ゆかり, 大学ICT推進協議会2017年度年次大会, 2017年12月15日, 通常, 日本語, 大学ICT推進協議会, 広島国際会議場
  16. 大学初年次情報倫理教育におけるジレンマ問題グループ討論の分析, 村上祐子、稲垣知宏, 日本教育工学会第33回全国大会, 2017年09月18日, 通常, 日本語, 日本教育工学会, 島根大学
  17. 批判的思考態度が情報の選択に与える影響, 庄ゆかり、稲垣知宏, 日本教育工学会第33回全国大会, 2017年09月17日, 通常, 日本語, 日本教育工学会, 島根大学
  18. パネル討論「大学教育とラーニングアナリティクス基盤」, 稲垣知宏, FIT2017 第16回情報科学技術フォーラム イベント企画「大学教育とラーニングアナリティクス基盤」, 2017年09月13日, 招待, 日本語, 情報処理学会, 東京大学
  19. 加速度センサを用いた授業応答アプリの開発, 厨子裕介、村上祐子、稲垣知宏、庄ゆかり, 電子情報通信学会 教育工学研究会, 2017年09月09日, 通常, 日本語, 電子情報通信学会 教育工学研究会, 広島大学附属福山中・高等学校
  20. 大人数講義における情報倫理ジレンマ教材の活用法について, 村上祐子、稲垣知宏, 情報教育シンポジウム SSS2017, 2017年08月18日, 通常, 日本語, 情報処理学会 コンピュータと教育研究会(CE), 千葉県佐倉市
  21. Inflationary Cosmology in Four-fermion Interaction Model Model, T. Inagaki, Gravitation and Cosmology, 2017年07月02日, 招待, 英語, Rhodes Island, Greece
  22. 情報学分野の参照基準と初年次一般情報教育, 稲垣知宏, 中国・四国地区大学教育研究会, 2017年06月18日, 通常, 日本語, 香川大学, 香川大学
  23. Inflationary Cosmology in the Gauged Nambu-Jona-Lasinio Model, T. Inagaki, Modern Trends in Physics, 2017年04月20日, 招待, 英語, Baku State University, Baku, Azerbaijan
  24. パネル討論「J17をどう策定するか」, 稲垣知宏, 情報処理学会第79回全国大会, 2017年03月17日, 招待, 日本語, 情報処理学会, 名古屋大学
  25. Gauged Nambu-Jona-Lasinio 模型におけるCMB揺らぎのアトラクター構造, 坂本弘樹, 稲垣知宏, Sergei D. Odintsov, 日本物理学会第72回年次大会, 2017年03月17日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 大阪大学
  26. 古くて新しい必携PC, 稲垣知宏, シンポジウム「これからの大学の情報教育」, 2016年12月17日, 招待, 日本語, 大学ICT推進協議会、情報処理学会一般情報教育委員会, 京都大学
  27. パネル討論「これからの大学の情報教育」, 稲垣知宏, シンポジウム「これからの大学の情報教育」, 2016年12月17日, 招待, 日本語, 大学ICT推進協議会、情報処理学会一般情報教育委員会, 京都大学
  28. 情報倫理ジレンマ教材の分析, 村上 祐子, 稲垣 知宏, 大学ICT推進協議会年次大会, 2016年12月15日, 通常, 日本語, 大学ICT推進協議会, 国立京都国際会館
  29. 学生が情報の信頼性を評価するスキルの定量的分析, 庄 ゆかり, 稲垣 知宏, 大学ICT推進協議会年次大会, 2016年12月15日, 通常, 日本語, 大学ICT推進協議会, 国立京都国際会館
  30. 有限な複合スケールを持つGauged Nambu-Jona-Lasinio 模型によるインフレーション, 坂本弘樹, 稲垣知宏, Sergei D. Odintsov, 日本物理学会2016年秋季大会, 2016年09月23日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 宮崎大学
  31. Inflation Induced by Composite Scalar Field, Tomohiro Inagaki, Cosmology and the Quantum Vacuum, 2016年09月05日, 招待, 英語, Benasque, Spain
  32. 広島大学における情報教育・ICT活用の取り組み, 稲垣知宏, 中国・四国地区大学教育研究会, 2016年06月12日, 招待, 日本語, 岡山大学
  33. 複合スカラー場によるインフレーション, 稲垣知宏, 松江素粒子物理学研究会, 2016年03月25日, 通常, 日本語, 松江素粒子物理学研究会世話人, 島根大学
  34. 3フレーバーNJL模型を用いた相構造の正則化依存性, 木村大自、幸山浩章、稲垣知宏, 日本物理学会第71回年次大会, 2016年03月22日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 東北学院大学
  35. ゲージ相互作用する南部・ヨナラシーニョ模型でのインフレーション, 坂本弘樹, 稲垣知宏, Sergei D. Odintsov, 日本物理学会第71回年次大会, 2016年03月21日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 東北学院大学
  36. Inflationary Expanding Universe by a Composite Scalar Field, 稲垣知宏, International Conference "Modern Trends in Physics" devoted to the 10 year celebration of Institute for Physical Problems (IPP) of Baku State University (BSU), 2015年12月25日, 招待, 英語, Baku State University, Baku, Azerbaijan
  37. ウィキペディアを利用した情報源評価の学習教材, 庄 ゆかり, 稲垣 知宏, 大学ICT推進協議会年次大会, 2015年12月03日, 通常, 日本語, 大学ICT推進協議会, 愛知、日本
  38. CMB Fluctuations from Gauged Nambu-Jona-Lasinio Inflation, 稲垣知宏, Particle Cosmology and beyond 2015, 2015年11月18日, 招待, 英語, 金沢大学, 金沢、日本
  39. 3フレーバーNJL模型における相構造の正則化依存性, 木村大自, 幸山浩章、稲垣知宏, 日本物理学会2015年秋季大会, 2015年09月28日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 大阪、日本
  40. 4体フェルミ相互作用模型の正則化と有限温度密度相構造, 稲垣知宏, 基研研究会「熱場の量子論とその応用」, 2015年09月01日, 通常, 日本語, 「熱場の量子論とその応用」世話人, 京都、日本
  41. 広島大学における(一般)情報教育, 稲垣知宏, 情報教育における高大接続を考える会, 2015年08月21日, 招待, 日本語, 広島大学情報メディア教育研究センター, 広島、日本
  42. 大学新入生のコンピュータ不安の長期定点観測, 隅谷 孝洋, 長登 康, 稲垣 知宏, 情報処理学会 コンピュータと教育研究会130回研究発表会, 2015年06月06日, 通常, 日本語, 情報処理学会, 岩手、日本
  43. 異なる正則化によるNJL模型の相構造, 木村大自, 幸山浩章、稲垣知宏, 日本物理学会第70回年次大会, 2015年03月24日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 東京、日本
  44. 2ループの量子補正を加えたφ4sup>理論におけるインフレーション・パラメータ, 中西亮太, 稲垣知宏, 日本物理学会第70回年次大会, 2015年03月23日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 東京、日本
  45. パグウォッシュ会議2015年長崎開催に向けて, 稲垣知宏, 日本物理学会第70回年次大会, 2015年03月22日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 東京、日本
  46. 広島大学における一般情報(処理)教育の取組みと課題, 稲垣知宏, 情報処理学会 第77回全国大会, 2015年03月18日, 招待, 日本語, 情報処理学会, 京都、日本
  47. 鳴動する世界、歩むパグウォッシュ, 稲垣知宏, サロン・ド・科学の探索 第5回、パグウォッシュ会議長崎開催によせて, 2015年02月15日, 招待, 日本語, 日本物理学会京都支部、NPO法人あいんしゅたいん事務所, 京都、日本
  48. 4体フェルミ相互作用模型と正則化, 稲垣知宏, 第2回 松江現象論研究会, 2014年11月28日, 通常, 日本語, 島根大学, 島根、日本
  49. 繰り込み群で改良したφ4理論における初期揺らぎ, 中西亮太, 稲垣知宏, 日本物理学会2014年秋季大会, 2014年09月21日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 佐賀、日本
  50. ピアレビューの経験が学生の自己評価に与える影響, 庄 ゆかり, 長登 康、稲垣 知宏、隅谷 孝洋、中村 純, 第39回 教育システム情報学会全国大会, 2014年09月12日, 通常, 日本語, 教育システム情報学会, 和歌山、日本
  51. Schwinger-Dyson analysis of 1+2 dimensional QED, 稲垣知宏, Quantum Field Theory and Gravity (QFTG 2014), 2014年08月01日, 招待, 英語, トムスク教育大学, Tomsk, Russia
  52. アインシュタイン・フレームにおけるNJLモデルと相構造, 中西亮太, 稲垣知宏, 日本物理学会第69回年次大会, 2014年03月30日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 神奈川、日本
  53. ピアレビュー匿名化の影響とメールによるピアレビュー支援システムの開発, 庄 ゆかり, 長登 康、稲垣 知宏、隅谷 孝洋、中村 純, 教育システム情報学会(JSiSE)2013年度特集研究会, 2014年03月15日, 通常, 日本語, 教育システム情報学会, 名古屋、日本
  54. 大学院生のための情報教育 - シミュレーション教育の試み, 中村 純, 匹田 篤, 稲垣 知宏, 大学ICT推進協議会年次大会, 2013年12月19日, 通常, 日本語, 大学ICT推進協議会, 千葉、日本
  55. The Social Responsibility of Scientists, How the Situation is Monitored and Information is Shared for the Public, 稲垣知宏, 60th Pugwash Conference on Science and World Affairs, 2013年11月05日, 招待, 英語, Pugwash Conference on Science and World Affairs, Istanbul, Turkey
  56. 評価指標を用いた匿名ピアレビューにおける他者評価と自己評価, 庄 ゆかり, 長登 康, 稲垣 知宏, 隅谷 孝洋, 中村 純, 日本教育工学会第29回全国大会, 2013年09月22日, 通常, 日本語, 日本教育工学会, 秋田、日本
  57. NJL模型における紫外発散の新しい取り扱い, 木村大自, 幸山浩章、稲垣知宏、A. Kvinikhidze, 日本物理学会2013年秋季大会, 2013年09月21日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 高知、日本
  58. シミュレーション教育のための授業の試み, 中村純, 稲垣知宏, 匹田篤, 第16回問題解決環境(PSE)ワークショップ2013, 2013年09月18日, 通常, 日本語, 日本計算工学会, 東京、日本
  59. 3次元QEDのSD方程式による解析 - 頂点関数補正とゲージ依存性 -, 稲垣知宏, 瀬戸内サマーインスティチュート, 2013年09月03日, 通常, 日本語, 広島大学素粒子論研究室, 島根、日本
  60. 「熱場の量子論とその応用」研究会の歩み, 稲垣知宏, 基研研究会「熱場の量子論とその応用」, 2013年08月26日, 招待, 日本語, 基研研究会「熱場の量子論とその応用」世話人会, 京都、日本
  61. 3次元Chern-Simons QEDに対する改良されたSchwinger-Dyson方程式の数値的な取扱い, 水谷友一, 稲垣知宏、星野裕一, 日本物理学会第68回年次大会, 2013年03月29日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 広島、日本
  62. 物理科学科専門科目「電磁気学」におけるe-Learning導入の試み, 高橋徹, 秋元志美、稲垣知宏、川端奈々、衣笠克志、隅谷孝洋、長登康、中村純, 日本物理学会第68回年次大会, 2013年03月26日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 広島、日本
  63. 原子力政策とグリーンエネルギー革命, 稲垣 知宏, 日本物理学会第68回年次大会 シンポジウム「物理学者と原子力政策」, 2013年03月, 招待, 日本語
  64. オンラインピアレビューに対する大学1年生の受容態度, 庄 ゆかり, 長登 康, 稲垣 知宏, 隅谷 孝洋, 中村 純, 教育システム情報学会(JSiSE) 2012年度第5回研究会, 2013年01月12日, 通常, 日本語, 教育システム情報学会, 宮城、日本
  65. 大人のためのネットワーク教育アンプラグド ―司書講習における「図書館情報技術論」での実践―, 庄 ゆかり, 長登 康, 稲垣 知宏, 隅谷 孝洋, 中村 純, 大学ICT推進協議会年次大会, 2012年12月18日, 通常, 日本語, 大学ICT推進協議会, 神戸、日本
  66. Steep Road to Reduce Dependence on Nuclear Energy in Japan, 稲垣 知宏, IFES-FNF International Conference on Energy Cooperation and Building Peace on the Korean Peninsula, 2012年10月, 招待, 日本語, Seoul, Korea
  67. ハドロン物理と高密度星の構造, 稲垣知宏, 瀬戸内サマーインスティチュート, 2012年09月04日, 通常, 日本語, 広島大学素粒子論研究室, 愛媛、日本
  68. Regularization Parameter Independent Approach in a Four-Fermion Interaction Model, 稲垣 知宏, Quantum Field Theory and Gravity, 2012年, 招待, 英語, Tomsk, Russia
  69. 初年次情報倫理教育におけるジレンマ問題, 稲垣 知宏, 大学ICT推進協議会年次大会, 2012年, 通常, 日本語
  70. 新しい情報リテラシー, 稲垣 知宏, 中国・四国地区大学教育研究会, 2012年, 通常, 日本語
  71. 3フレーバーNJL模型の正則化パラメータによらない解析, 稲垣 知宏, 日本物理学会第67回年次大会, 2012年, 通常, 日本語
  72. Regularization Parameter Dependence in NJL Model, 稲垣 知宏, II International Conference of the Georgian Mathematical Union, 2011年, 招待, 英語, Batumi, Georgia
  73. Four-fermion Interaction Model with Dimensional Regularization, 稲垣 知宏, International Conference Continuum Mechanics and Related Problems of Analysis, 2011年, 招待, 英語, Tbilisi, Georgia
  74. NJL模型の正則化パラメーターに依存しない解析, 稲垣 知宏, 日本物理学会第66回年次大会, 2011年, 通常, 日本語
  75. 高等教育における新しい情報リテラシー, 稲垣 知宏, 情報教育シンポジウム SSS2011, 2011年, 通常, 日本語
  76. 4体フェルミ相互作用模型の次元正則化による取り扱い, 稲垣 知宏, 瀬戸内サマーインスティチュート, 2011年, 通常, 日本語
  77. Relativistic Quantum Fields in Non-Equilibrium Thermofield Dynamics, 稲垣知宏, Quantum Field Theory and Gravity (QFTG 2010), 2010年07月08日, 招待, 英語, Tomsk, Russia
  78. グローバル化する核の脅威に面して, 稲垣 知宏, 日本物理学会第65回年次大会 シンポジウム「動き出すか,核廃絶への道?核廃絶のために物理学者として何が出来るか」, 2010年03月, 招待, 日本語
  79. Yukawa Type Interaction in Non-Equilibrium Thermofield Dynamics, 稲垣 知宏, Cosmology, the Quantum Vacuum, and Zeta Functions, 2010年, 招待, 英語, Barcelona, Spain
  80. NJL model with dimensional regularization at finite temperature, Daiji Kimura, T.Fujihara, T.Inagaki, H.Kohyama, A.Kvinikhideze, 2009 Nagoya Global COE Workshop "Strong Coupling Gauge Theories in LHC Era", 2009年12月08日, 通常, 英語, Nagoya, Japan
  81. Nuclear Threats Reexamined, 稲垣 知宏, A-MAD mini-workshop, 2009年09月, 招待, 日本語, Stanford, Washington DC, Stockholm and Beijing
  82. A Scientific Reexamination of Nuclear Threats, 稲垣 知宏, Reducing Threats Posed by Nuclear Weaponds: Possible Cooperation between Japan and the United States, 2009年01月, 招待, 英語, Tokyo, Japan
  83. Topological and curvature effects in a multi-fermion interaction model, 稲垣 知宏, 2009 Nagoya Global COE Workshop "Strong Coupling Gauge Theories in LHC Era, 2009年, 招待, 英語, Nagoya, Japan
  84. Dense star mass/radius in the NJL model with dimensional vs. cut-off regularization, 稲垣 知宏, Summer Institute 2009, 2009年, 招待, 英語, Fujiyoshida, Japan
  85. Topological and curvature effects to dynamical symmetry breaking in multi-fermion interaction models, 稲垣 知宏, The Directions of Modern Cosmology, 2009年, 招待, 英語, Barcelona, Spain
  86. Phase Structure of an Eight-Fermion Interaction Model in Curved Space-Time, M.Hayashi, T.Inagaki and H.Takata, Summer Institute 2008, 2008年08月15日, 通常, 英語, Chi-Tou, Taiwan
  87. Dimensional Regularized NJL and Extended NJL Model, 稲垣 知宏, T.Fujihara, T.Inagaki, D.Kimura, A.Kvinikhideze, Summer Institute 2008, 2008年, 招待, 英語, Chi-Tou, Taiwan
  88. Reconsideration of the 2-flavor NJL model with dimensional regularization at finite temperature and density, 稲垣 知宏, T.Fujihara, D.Kimura, A.Kvinikhideze, YITP International Symposium Fundamental Problems in Hot and/or Dense QCD, 2008年, 招待, 英語, Kyoto, Japan
  89. 可視化による高校生向け量子力学教材, 稲垣 知宏, 明日から使える理科教材ワークショップ(IV)~第12回物理教育研究会~, 2008年, 通常, 日本語
  90. 有限温度スカラー場の理論における補助質量の方法, 稲垣 知宏, 瀬戸内サマーインスティチュート, 2008年, 通常, 日本語
  91. Thermal and Curvature Effects for an Evolution of Curved Space in a Four-Fermion Interaction Model, Masako Hayashi and Tomohiro Inagaki, VIII Asia-Pacific International Conference on Gravitation and Astrophysics(ICGA8), 2007年08月29日, 招待, 英語, Nara, Japan
  92. NJL model at finite temperature and chemical potential in dimensional regularization, Daiji Kimura, T.Fujihara, T.Inagaki, A.Kvinikhideze, EXPLORING QCD: DECONFINEMENT, EXTREME ENVIRONMENTS AND HOLOGRAPHY, 2007年08月22日, 通常, 英語, Cambridge, UK
  93. Thermal and Curvature Effects for an Evolution of Curved Space in a Four-Fermion Interaction Model, Masako Hayashi, Tomohiro Inagaki, Summer Institute 2007, 2007年08月09日, 通常, 英語, Fuji-Yoshida, Japan
  94. Static solution of Einstein equations in NJL model at finite T and mu, 稲垣 知宏, The International School/Seminar Quantum Field Theory and Gravity, 2007年, 招待, 英語, Tomsk, Russia,
  95. NJL model at finite temperature and chemical potential in dimensional regularization, T. Fujihara, T.Fujihara, T.Inagaki, D.Kimura, A.Kvinikhideze, Nagoya Mini Workshop Chiral symmetry in hot and/or dense matter, 2007年, 通常, 英語, Nagoya, Japan
  96. 可視化による先端物理学の高校生向教材, 稲垣 知宏, 計算工学会第12回講演会, 2007年, 通常, 日本語
  97. Color superconductivity and the relation for radius and mass of quark stars in a dimensional regularized extended NJL model, T.Fujihara, T.Inagaki, Yukawa International Seminar (YKIS) 2006 New Frontiers in QCD, 2006年11月28日, 通常, 英語, Kyoto, Japan
  98. Phase structure of NJL model with finite quark mass and QED correction, T.Fujihara, T.Inagaki, D.Kimura, Origin of Mass and Strong Coupling Gauge Theories, 2006年11月22日, 通常, 英語, Nagoya, Japan
  99. Thermal and Curvature Effects to Energy-Momentum Tensor in Four-Fermion Interaction Model, M.Hayashi, T.Inagaki, Joint Meeting of Pacific Region Particle Physics Communities, 2006年11月01日, 通常, 英語, Hawaii, USA
  100. Back reaction in Einstein universe at finite temperature, M.Hayashi, Y.Kitadono, T.Inagaki, Summer Institute 2006, 2006年08月30日, 通常, 英語, Pohang, Korea
  101. Color Superconducting Phase and Radius of Dense Star in Dimensional Regularized Extended NJL Model, 稲垣 知宏, Joint Meeting of Pacific Region Particle Physics Communities, 2006年, 招待, 英語, Hawaii, USA
  102. 曲率と非線形結合するphi4理論の相構造と宇宙定数, 稲垣 知宏, 日本物理学会第61回年次大会, 2006年, 通常, 日本語
  103. ActionScriptを利用した教材開発, 稲垣 知宏, 平成18年度情報処理教育研究集会, 2006年, 通常, 日本語
  104. FlashActionScriptで作るアニメーション教材, 稲垣 知宏, 明日から使える理科教材ワークショップ(II)~第10回物理教育研究会~, 2006年, 通常, 日本語
  105. Thermal and Curvature Effects to Spontaneous Symmetry Breaking in φ4 Theory, M.Hayashi, Y.Kitadono, T.Inagaki, Y. Hattori, Seventh Workshop on Quantum Field Theory Under the Influence of External Conditions, 2005年09月, 通常, 英語, Barcelona, Spain
  106. Color Super Conductivity and Radius of Quark Star in Extended NJL Model by Using the Dimensional Regularization, T.Fujihara, T.Inagaki, D.Kimura, Seventh Workshop on Quantum Field Theory Under the Influence of External Conditions, 2005年09月, 通常, 英語, Barcelona, Spain
  107. Radiative Symmetry Breaking and Dynamical Origin of Cosmological Constant in phi4 Theory with Non-linear Curvature Coupling, 稲垣 知宏, Seventh Workshop on Quantum Field Theory Under the Influence of External Conditions, 2005年, 招待, 英語, Barcelona, Spain
  108. WebCT利用動態と高等教育のベンチマーク, 稲垣 知宏, 第3回WebCT研究会, 2005年, 通常, 日本語
  109. ActionScriptを用いたマルチメディア教材開発, 稲垣 知宏, 平成17年度情報処理教育研究集会, 2005年, 通常, 日本語
  110. ActionScriptによるシミュレーションとマルチメディア教材開発, 稲垣 知宏, 日本科学教育学会平成17年度第3回研究会, 2005年, 通常, 日本語
  111. ActionScriptで作る電子教材, 稲垣 知宏, 明日から使える理科教材ワークショップ ~第9 回物理教育研究会~, 2005年, 通常, 日本語
  112. Explicit and dynamical chiral symmetry breaking in a strong magnetic field, 稲垣 知宏, 熱場の量子論とその応用, 2004年, 通常, 日本語
  113. 多目的自習環境における大学生の動向, 稲垣 知宏, 平成16年度情報処理教育研究集会, 2004年, 通常, 日本語
  114. Wikiを用いた情報共有と高等教育, 稲垣 知宏, 次世代CMS研究会, 2004年, 通常, 日本語
  115. Wikiによる電子教材開発コラボレーション, 稲垣 知宏, 日本教育工学会第20回全国大会, 2004年, 通常, 日本語
  116. ActionScriptで電子教材を作ろう, 稲垣 知宏, 第2回WeCT研究会, 2004年, 通常, 日本語
  117. ePhysicsプロジェクトの紹介, 稲垣 知宏, 山陽サマーインスティチュート, 2004年, 通常, 日本語
  118. シミュレーションを用いた物理教育, 稲垣 知宏, 計算工学会第9回講演会, 2004年, 通常, 日本語
  119. ActionScript を用いたシミュレーション教材開発, 稲垣 知宏, WebCTユーザカンファレンス, 2004年, 通常, 日本語
  120. NJL model at finite chemical potential in a constant magnetic field, 稲垣 知宏, D. Kimura and T. Murata, International Workshop on Finite Density QCD, 2003年, 招待, 英語, Nara, Japan
  121. 教養から専門へ、情報教育の将来像, 稲垣 知宏, 平成15年度情報処理教育研究集会, 2003年, 通常, 日本語
  122. Dynamical Low Mass Fermion Generation in Randall-Sundrum Background, 稲垣 知宏, Strong Coupling Gauge Theories and Effective Field Theories, 2002年12月, 招待, 英語, Nagaoya, Japan
  123. Dynamical Symmetry Breaking in Randall-Sundrum Background, 稲垣 知宏, Theoretical and Experimental Problems of General Relativity and Gravitation, 2002年07月, 招待, 英語, Tomsk, Russia
  124. 大学の情報リテラシー教育の再検討, 稲垣 知宏, 平成14年度情報処理教育研究集会, 2002年, 通常, 日本語
  125. Dynamically Generated Mass of Brane Fermion in Randall-Sundrum Background, 稲垣 知宏, 山陽サマーインスチチュート, 2002年, 通常, 日本語
  126. Field Theory in the Brane World, 稲垣 知宏, 熱場の理論とその応用, 2001年08月, 招待, 日本語
  127. Multipurpose Independent-Study Environment for Information Technology Based Education and Training, 稲垣 知宏, International Conference on Information Technology Based Higher Eduction and Training, 2001年, 通常, 英語, Kumamoto, Japan
  128. 多目的オープンスペースにおける情報システムの利用動態, 稲垣 知宏, 平成13年度情報処理教育研究集会, 2001年, 通常, 日本語
  129. 大学教育におけるWBT システム利用, 稲垣 知宏, VUフォーラム, 2001年, 通常, 日本語
  130. Structure of Chiral Phase Transitions at Finite Temperature in Abelian Gauge Theories, 稲垣 知宏, Sapporo Winter School in Niseko, 2000年, 招待, 英語, Hokkaido, Japan
  131. 広島大学の情報処理教育環境-多目的自習環境整備と利用動態, 稲垣 知宏, 平成12年度情報処理教育研究集会, 2000年, 通常, 日本語
  132. 端末及び利用者管理システムとWWWを用いた情報共有, 稲垣 知宏, 情報処理学会DMS研究会, 2000年, 通常, 日本語
  133. Structure of Chiral Phase Transitions at Finite Temperature in Abelian Gauge Theories, 稲垣 知宏, Dynamics of Gauge Fields: TMU-Yale Symposium, 1999年, 招待, 英語, Tokyo Metroporitan University
  134. 磁場と弱い曲率中での超対称NJL modelの相構造, 稲垣 知宏, 日本物理学会第54回年会, 1999年, 通常, 日本語
  135. 強結合QEDにおける;カイラル対称性の破れに対する有限温度効果, 稲垣 知宏, 日本物理学会1998年秋の分科会, 1998年, 通常, 日本語
  136. 動的対称性の破れに対する有限温度効果, 稲垣 知宏, 素粒子物理学の新展開, 1998年, 通常, 日本語
  137. Thermal and Curvature Effects to Dynamical Symmetry Breaking, 稲垣 知宏, Quantum Field Theory and Gravity, 1997年08月, 招待, 英語, Tomsk, Russia
  138. 動的対称性の破れに対する温度と曲率の効果, 稲垣 知宏, 日本物理学会第52回年会, 1997年, 通常, 日本語
  139. 4体フェルミ相互作用模型のストレステンソルにおける有限温度、時空構造の効果, 稲垣 知宏, 有限温度、有限密度の場の量子論とその応用, 1996年08月, 招待, 日本語
  140. 非自明な時空中での4体フェルミ相互作用模型のストレステンソル, 稲垣 知宏, 日本物理学会1996年秋の分科会, 1996年, 通常, 日本語
  141. Phase Structure of a Four-Fermion Theory at Finite Temperature and Chemical Potential, 稲垣 知宏, Thermal Field Theories and Their Applications, 1995年08月, 招待, 英語, Dalian, China
  142. Phase Structure of a Four-Fermion Theory at Finite Temperature and Chemical Potential, 稲垣 知宏, Ontake Summer Institute, 1995年, 招待, 英語, Nagano, Japan
  143. 曲がった時空中での4体フェルミ相互作用模型, 稲垣 知宏, 日本物理学会1995年秋の分科会, 1995年, 通常, 日本語
  144. ド・ジッター時空中での4体フェルミ相互作用模型の有限温度相転移, 稲垣 知宏, 日本物理学会第50回年会, 1995年, 通常, 日本語
  145. K崩壊の物理, 稲垣 知宏, CP非保存とその起源, 1994年03月, 招待, 日本語
  146. Physics on Kaon Decay, 稲垣 知宏, 素粒子物理とその将来像, 1994年01月, 招待, 日本語
  147. 4体フェルミ相互作用モデルの相構造, 稲垣 知宏, 場の理論の共通課題, 1994年, 通常, 日本語
  148. Regularization Method in NJL model, 稲垣 知宏, 山陽サマーインスティチュート, 1994年, 通常, 日本語
  149. 有限温度・有限密度中での4体フェルミ相互作用模型の相構造, 稲垣 知宏, 有限温度・有限密度の場の量子論とその応用, 1994年, 通常, 日本語
  150. SU(3) Breaking of vector mesons in NJL model, 稲垣 知宏, BDK94, 1994年, 通常, 日本語
  151. 有限曲率の下での4体フェルミ相互作用模型の相互作用, 稲垣 知宏, 日本物理学会第49回年会, 1994年, 通常, 日本語
  152. Dynamical CP Violation in Composite Higgs Models, 稲垣 知宏, CP Violation, 1993年11月18日, 招待, 英語, Tsukuba, Japan
  153. Radiative Kaon Decays in Chiral Dynamics, 稲垣 知宏, 日本物理学会1993年秋の分科会, 1993年, 通常, 日本語
  154. K_L→π^0γγ Decay in Chiral Dynamics, 稲垣 知宏, 山陽サマーインスティチュート, 1993年, 通常, 日本語
  155. Dynamical Origin of CP Violation, 稲垣 知宏, 素粒子論における現象論の展開, 1993年, 通常, 日本語
  156. Dynamical CP Violation, 稲垣 知宏, 山陽サマーインスティチュート, 1992年, 通常, 日本語
  157. Low Energy Effects of Dynamical CP Violation, 稲垣 知宏, 日本物理学会1992年秋の分科会, 1992年, 通常, 日本語
  158. Low Energy Effects of Dynamical CP Violation, 稲垣 知宏, BDK92:B、D、K中間子物理とクォーク混合、CPの破れ, 1992年, 通常, 日本語
  159. A Model of Dynamical CP Violation in Thechnicolor Theory, 稲垣 知宏, 日本物理学会第47回年会, 1992年, 通常, 日本語
  160. テクニカラー模型におけるCPの破れと中性子電気双極子能率, 稲垣 知宏, 新しい素粒子模型, 1991年09月, 招待, 日本語
  161. A Model of Dynamical CP Violation in Technicolor Theory, 稲垣 知宏, KEK研究会「Higgs Sectorの物理」, 1991年, 通常, 日本語
  162. 複合ヒッグス模型における中性子電気双極子能率, 稲垣 知宏, 日本物理学会第46回年会, 1991年, 通常, 日本語
  163. テクニカラー模型における中性子電気双極子モーメント, 稲垣 知宏, 山陽サマーインスティチュート, 1991年, 通常, 日本語

受賞

  1. 2018年02月28日, TSPU Medal for Achievements in Education and Science, Tomsk State Pedagogical University Chair of the Academic Council Rector
  2. 2017年03月15日, 最優秀ポスター賞, 大学ICT推進協議会, 情報倫理ジレンマ教材の分析
  3. 2013年12月19日, 最優秀論文賞, 大学ICT推進協議会2012年度年次大会プログラム委員長, 初年次情報倫理教育におけるジレンマ問題
  4. 2005年09月08日, PSE論文賞, 日本計算工学会PSE研究分科会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 非平衡熱場の量子論で探る高エネルギー極限状況における自発的対称性の破れ, 2014年, 2017年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 極限状態QCDの国際共同研究, 2008年, 2011年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 極限状況下にあるゲージ理論における対称性の動的破れと時空構造の謎, 2006年, 2009年
  4. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 計算機シミュレーションを用いた新しい高校生向け科学教育の研究, 2005年, 2006年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 極限状態でのクォーク・グルーオン系-超高温・超高密度QCDの国際共同研究, 2005年, 2008年
  6. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 計算機シミュレーションを用いた理数系教育電子教材の研究, 2003年, 2004年
  7. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 有限温度・密度・曲率中でのゲージ場の理論の相構造, 1999年, 2000年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 超対称複合模型と宇宙初期状態, 1999年, 2001年
  9. 科学研究費助成事業(萌芽的研究), 人間集団の行動特性を考慮した大規模複合型情報システム, 1999年, 2001年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), ミクロおよびマクロなQGP現象の研究, 1999年, 2002年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 有限密度格子QCD-実験と観測への寄与を目指して, 2015年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 運営委員会委員, 2019年04月, 2020年03月, 日本パグウォッシュ会議
  2. 一般情報教育委員会委員, 2019年04月, 2020年03月, 社団法人情報処理学会
  3. 情報教育部会運営委員, 2019年04月, 2020年03月, 一般社団法人大学ICT推進協議会
  4. 情報処理教育委員会委員, 2018年05月, 2019年04月, 情報処理学会
  5. 運営委員会委員, 2018年04月, 2019年03月, 日本パグウォッシュ会議
  6. 大学ICT推進協議会研究員, 2018年04月, 2019年03月, 一般社団法人大学ICT推進協議会
  7. 一般情報教育委員会委員長, 2018年04月, 2019年03月, 社団法人情報処理学会
  8. 情報処理教育委員会委員, 2017年05月, 2018年04月, 情報処理学会
  9. 一般情報教育委員会委員長, 2017年04月, 2018年03月, 社団法人情報処理学会
  10. 大学ICT推進協議会研究員, 2017年04月, 2018年03月, 一般社団法人大学ICT推進協議会
  11. 情報処理教育委員会委員, 2016年11月, 2017年03月, 社団法人情報処理学会
  12. 運営委員会委員, 2016年10月, 2017年03月, 日本パグウォッシュ会議
  13. 大学ICT推進協議会研究員, 2016年04月, 2017年03月, 一般社団法人大学ICT推進協議会
  14. 一般情報教育委員会委員, 2016年04月, 2017年03月, 社団法人情報処理学会
  15. 一般情報教育委員会委員, 2015年04月, 2016年03月, 社団法人情報処理学会
  16. パグウォッシュ2015実行委員会委員長, 2015年04月, 2016年03月, パグウォッシュ2015実行委員会
  17. 大学ICT推進協議会研究員, 2015年04月, 2016年03月, 一般社団法人大学ICT推進協議会
  18. パグウォッシュ2015組織委員会委員, 2015年04月, 2016年03月, パグウォッシュ2015組織委員会
  19. 大学ICT推進協議会研究員, 2015年04月, 2016年03月, 一般社団法人大学ICT推進協議会
  20. 大学ICT推進協議会研究員, 2014年09月, 2015年03月, 一般社団法人大学ICT推進協議会
  21. パグウォッシュ2015組織委員会委員, 2014年07月, 2015年03月, パグウォッシュ2015組織委員会
  22. パグウォッシュ2015実行委員会委員長, 2014年06月, 2015年03月, パグウォッシュ2015実行委員会
  23. 共同利用運営委員会委員, 2010年04月, 2010年12月, 京都大学基礎物理学研究所
  24. 共同利用委員会委員, 2009年01月, 2010年03月, 京都大学基礎物理学研究所
  25. 素粒子論領域世話人, 2007年05月, 2008年04月, (社)日本物理学会
  26. 京都大学基礎物理学研究所 研究部員, 2003年01月, 2004年12月, 京都大学基礎物理学研究所

学術会議等の主催

  1. 熱場の量子論とその応用, 大会実行委員, 2018年10月, 2019年09月
  2. ロボット兵器問題研究会, 世話人会, 2018年09月, 2020年02月
  3. 大学ICT推進協議会2018年度年次大会, プログラム委員会, 2018年02月, 2019年02月
  4. 熱場の量子論とその応用, 大会実行委員, 2017年10月, 2018年09月
  5. The 6th International Conference on Control and Optimization with Industrial Applications, International Program Committee, 2017年07月, 2018年07月
  6. 大学ICT推進協議会2017年度年次大会, プログラム委員会, 2017年02月, 2018年02月
  7. 大学ICT推進協議会2017年度年次大会, 実行委員会, 2017年02月, 2018年02月
  8. シンポジウム「これからの大学の情報教育」, 実行委員会, 2017年02月, 2018年02月
  9. Modern Trends in Physics, ORGANIZING and ADVISORY COMMITTEE, 2016年12月, 2017年04月
  10. 熱場の量子論とその応用, 大会実行委員, 2016年08月
  11. 1st CORE-U International Conference: Intense Fields and Extreme Universe, Local Organizing Committee, 2016年03月
  12. 熱場の量子論とその応用, 大会実行委員, 2015年09月
  13. 熱場の量子論とその応用, 大会実行委員長, 2014年09月
  14. 第61回パグウォッシュ会議世界大会, 2015パグウォッシュ組織委員会, 2014年07月, 2016年03月
  15. 第61回パグウォッシュ会議世界大会, パグウォッシュ2015実行委員会, 2014年06月, 2016年04月
  16. 熱場の量子論とその応用, 大会実行委員長, 2013年08月
  17. 日本物理学会第68回年次大会, 大会実行委員, 2013年03月
  18. 熱場の量子論とその応用, 大会実行委員, 2012年08月
  19. 熱場の量子論とその応用, 大会実行委員, 2011年08月
  20. 熱場の量子論とその応用, 大会実行委員, 2010年08月
  21. 熱場の量子論とその応用, 大会実行委員, 2009年09月
  22. 熱場の量子論とその応用, 大会実行委員, 2008年09月
  23. 日本物理学会第63回年次大会, 素粒子論領域世話人, 2008年03月
  24. 平成19年度情報教育研究集会, プログラム委員, 2007年11月
  25. 電子情報通信学会教育工学研究会, 会場世話人, 2007年10月
  26. 熱場の量子論とその応用, 大会実行委員, 2007年09月
  27. 日本物理学会第62回年次大会, 素粒子論領域世話人, 2007年09月
  28. 平成18年度 情報教育研究集会, プログラム委員, 2006年11月
  29. 熱場の量子論とその応用, 大会実行委員, 2006年08月
  30. WebCT研究会, 大会実行委員, 2005年11月
  31. 熱場の量子論とその応用, 大会実行委員, 2005年08月
  32. 熱場の量子論とその応用, 大会実行委員, 2004年08月
  33. 熱場の量子論とその応用, 大会実行委員, 2003年08月
  34. 熱場の量子論とその応用, 大会実行委員, 2002年08月
  35. 熱場の量子論とその応用, 大会実行委員, 2001年08月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 連続講座『パグウォッシュ会議と「非戦」の思想』, 「ラッセル=アインシュタイン宣言」と非戦の思想, 日本パグウォッシュ会議、明治学院大学国際平和研究所, 2018年/06月/09日, 明治学院大学, コメンテーター, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 社会人・一般
  2. Inflationary cosmology in gauged Nambu-Jona-Lasinio model, Keio Topological Science Project, セミナー, 2017年/12月/25日, 慶應大学, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  3. Gauged Nambu-Jona-Lasinio Inflation, 名古屋大学重力・素粒子的宇宙論研究室, セミナー, 2016年/05月/13日, 名古屋大学, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  4. Regularization dependence and independence in NJL model, 慶北大学核理論研究室、韓国, セミナー, 2012年/09月, 2012年/09月, 研究者
  5. Current Situation in Hiroshima University, Tomsk State Pedagogical University, HU Presentation Office Seminar, 2012年/05月/28日, 2012年/05月/28日, インタビュイー
  6. 見えない粒子が明かす自然の素顔, 広島大学数理分子生命理学専攻, 数理分子生命理学セミナー, 2011年/11月, 2011年/11月
  7. Color superconductivity and Dense star - NJL model with dimensional vs. cut-off regularization -, 南開大学理論物理研究室、中国, セミナー, 2010年/07月, 2010年/07月, 研究者
  8. Color superconductivity and radius of dense star - NJL model with dimensional vs. cut-off regularization -, 国立台湾師範大学素粒子論研究室, セミナー, 2010年/05月, 2010年/05月, 研究者
  9. Color superconductivity and radius of dense star - NJL model with dimensional vs. cut-off regularization -, 国立台湾大学核理論研究室, セミナー, 2010年/05月, 2010年/05月, 研究者
  10. Color superconductivity and radius of dense star - NJL model with dimensional vs. cut-off regularization -, 中央研究院、台湾, セミナー, 2010年/05月, 2010年/05月, 研究者
  11. 対称性が語る素粒子と宇宙, 山口県立萩高等学校, SPP研究授業, 2009年/09月, 2009年/09月, 高校生
  12. 南部、小林・益川の描いた素粒子と宇宙, 広島市こども文化科学館, なるほど!これでわかる2008年ノーベル賞, 2009年/01月, 2009年/01月
  13. 南部、小林・益川の描いた素粒子と宇宙, 広島大学, 高校生フェスタ, 2008年/11月, 2008年/11月
  14. 素粒子から宇宙まで -南部、小林・益川の描いた世界-, 山口県立萩高等学校, SPP研究授業, 2008年/10月, 2008年/10月, 高校生
  15. "π and σ mesons at finite temperature and density in the NJL model with dimensional regularization", 金沢大学素粒子論研究室, セミナー, 2008年/07月, 2008年/07月, 研究者
  16. Spontaneous Symmetry Breaking and a Static Solution of Einstein Equation, IEEC, Spain, IEECセミナー, 2007年/03月, 2007年/03月, 研究者
  17. Color superconductivity and radius of dense star, IEEC, Spain, IEEC コロキウム, 2006年/03月, 2006年/03月, 研究者
  18. "動的対称性の破れに対する;温度、密度、磁場の効果 - 4体フェルミ相互作用模型による解析 -", 九州大学素粒子論研究室, 素粒子論セミナー, 2004年/10月, 2004年/10月, 研究者
  19. 動的対称性の破れに対する;温度、密度、磁場の効果, 千葉大学素粒子論研究室, 教室コロキウム, 2004年/05月, 2004年/05月, 研究者
  20. Field Theory in the Brane World, 京都大学基礎物理学研究所, 熱場の理論とその応用, 2001年/08月, 2001年/08月, 研究者