深澤 泰司Yasushi Fukazawa

Last Updated :2017/09/01

所属・職名
大学院理学研究科 宇宙・素粒子科学講座 教授
ホームページ
メールアドレス
fukazawahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
739-8526 広島県東広島市鏡山1-3-1 理学部B棟理学部B205
TEL:0824-24-7380 FAX:0824-24-0717
自己紹介
主に人工衛星を用いたX線ガンマ線宇宙観測を行っています

基本情報

主な職歴

  • 1995年05月01日, 2000年03月31日, 東京大学大学院理学系研究科助手, 他大学・短大・高専助手
  • 2000年04月01日, 2008年04月30日, 広島大学大学院理学研究科准教授, 准教授
  • 2008年05月01日, 広島大学大学院理学研究科教授, 教授

学歴

  • 東京大学, 理学系研究科, 物理学専攻, 日本, 1993年04月, 1995年04月
  • 東京大学, 理学系研究科, 物理学, 日本, 1991年04月, 1993年03月
  • 東京大学, 理学部, 日本, 1987年04月, 1991年03月

学位

  • 博士(理学) (東京大学)

研究分野

  • 数物系科学 / 物理学 / 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

研究キーワード

  • 高温ガス
  • 人工衛星検出器開発
  • 銀河団
  • ブラックホール
  • X線
  • 銀河銀河団

所属学会

  • 日本天文学会, 1991年04月
  • 日本物理学会

教育活動

授業担当

  1. 2017年, 教養教育, セメスター(前期), 物理科学英語[2理物]
  2. 2017年, 教養教育, セメスター(前期), 教養ゼミ
  3. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 宇宙天体物理学
  4. 2017年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究A
  5. 2017年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究B
  6. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 先端物理科学概論
  7. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 物理科学特別研究
  8. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 物理科学特別研究
  9. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), X線ガンマ線宇宙観測
  10. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 高エネルギー宇宙学セミナー
  11. 2017年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 高エネルギー宇宙学セミナー
  12. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 物理科学特別研究
  13. 2017年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 物理科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. DISCOVERY OF PULSED gamma-RAYS FROM THE YOUNG RADIO PULSAR PSR J1028-5819 WITH THE FERMI LARGE AREA TELESCOPE, ASTROPHYSICAL JOURNAL LETTERS, 695巻, 1号, pp.L72-pp.L77, APR 10 2009
  2. Fermi Observations of High-Energy Gamma-Ray Emission from GRB 080916C, SCIENCE, 323巻, 5922号, pp.1688-pp.1693, MAR 27 2009
  3. A change in the optical polarization associated with a gamma-ray flare in the blazar 3C 279, NATURE, 463巻, 7283号, pp.919-pp.923, FEB 18 2010
  4. ★, Fermi Gamma-Ray Imaging of a Radio Galaxy, SCIENCE, 328巻, 5979号, pp.725-pp.729, MAY 7 2010
  5. FERMI LARGE AREA TELESCOPE VIEW OF THE CORE OF THE RADIO GALAXY CENTAURUS A, ASTROPHYSICAL JOURNAL, 719巻, 2号, pp.1433-pp.1444, AUG 20 2010
  6. ★, Fe-K LINE PROBING OF MATERIAL AROUND THE ACTIVE GALACTIC NUCLEUS CENTRAL ENGINE WITH SUZAKU, ASTROPHYSICAL JOURNAL, 727巻, 1号, JAN 20 2011
  7. DETECTION OF A SPECTRAL BREAK IN THE EXTRA HARD COMPONENT OF GRB 090926A, ASTROPHYSICAL JOURNAL, 729巻, 2号, MAR 10 2011
  8. SUZAKU VIEW OF X-RAY SPECTRAL VARIABILITY OF THE RADIO GALAXY CENTAURUS A: PARTIAL COVERING ABSORBER, REFLECTOR, AND POSSIBLE JET COMPONENT, ASTROPHYSICAL JOURNAL, 743巻, 2号, DEC 20 2011
  9. ASCA Compilation of X-Ray Properties of Hot Gas in Elliptical Galaxies and Galaxy Clusters: Two Breaks in the Temperature Dependences, Publication of the Astronomical Society of Japan, 56巻, pp.965-pp.1009, 20040401
  10. BGO readout with photodiodes as a soft gamma-ray detector at -30C, Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, A536巻, pp.136-pp.145, 20050401
  11. ★, Metal Concentration and X-ray Cool Spectral Component in the Central Region of the Central Region of the Centaurus Cluster of Galaxies, Publication of the Astronomical Society of Japan, 49巻, 3号, pp.L55-L58, 19940401
  12. ★, ASCA Measurements of Silicon and Iron Abundances in the Intracluster Medium, Publication of the Astronomical Society of Japan, 50巻, 1号, pp.187-pp.193, 19980401
  13. In-Orbit Timing Calibration of the Hard X-Ray Detector on Board Suzaku, Publ. Astron. Soc. Japan, 60巻, pp.S25-34, 20080401
  14. In-Orbit Performance of the Hard X-Ray Detector on Board Suzaku, Publication of the Astronomical Society of Japan, 59巻, SP1号, pp.53-pp.76, 20070101
  15. Development of low-noise double-sided silicon strip detector for cosmic soft gamma-ray Compton Camera, Nuclear Instruments and Methods, 541巻, 1-2号, pp.342-pp.349, 20050401
  16. Modeling and Reproducibility of Suzaku HXD PIN/GSO Background, PUBLICATIONS OF THE ASTRONOMICAL SOCIETY OF JAPAN, 61巻, pp.S17-S33, 20090101
  17. ★, Scaling mass profiles around elliptical galaxies observed with Chandra and XMM-Newton, ASTROPHYSICAL JOURNAL, 636巻, 2号, pp.698-pp.711, JAN 10 2006

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. ガンマ線衛星GLASTによるサイエンス, 深澤 泰司, 高エネルギー宇宙の展望, 2004年03月, 招待, 日本語
  2. GLAST Project, 深澤 泰司, 超高エネルギーガンマ線天文学のフロンティア, 2002年03月, 招待, 日本語
  3. X線観測による銀河団の化学進化と年齢測定, 深澤 泰司, 日本天文学会、秋の年会, 2002年10月, 招待, 日本語
  4. GLASTの観測開始に向けた現状, 深澤 泰司, 第7回高宇連研究会「高エネルギー宇宙物理学の将来計画」, 2007年03月, 招待, 日本語
  5. X線観測の今後, 深澤 泰司, X線望遠鏡将来検討会, 招待, 日本語
  6. 電波銀河NGC1275とM87のX線とガンマ線の同期した変動, 深澤 泰司, 日本天文学会, 通常, 日本語
  7. The ASTRO-H mission, 深澤 泰司, 6th Fermi Symposium, 通常, 英語
  8. ASTRO-H, 深澤 泰司, Workshop on Synergy of HSC and Hiroshima CORE=U prospects for Galacy Clusters and Astronomical Transients, 招待, 英語
  9. Suzaku and Fermi Observations of Gamma-Ray Bright Radio Galaxies: Origin of the X-ray Emission and Broad-Band Modeling, 深澤 泰司, 5th Fermi Symposium, 通常, 英語
  10. Soft gamma-ray detector (SGD) onboard the ASTRO-H mission, 深澤 泰司, SPIE Astronomical Telescope+Instrumentation, 通常, 英語
  11. GeVガンマ線観測(Fermiガンマ線宇宙望遠鏡)とCTA, 深澤 泰司, 日本物理学会, 招待, 日本語
  12. すざく衛星による活動銀河核の硬X線軟ガンマ線スペクトルの時間変動, 深澤 泰司, 日本天文学会, 通常, 日本語
  13. すざく衛星とフェルミ衛星によるガンマ線電波銀河PKS0625-354と3C78の観測, 深澤 泰司, 日本物理学会, 通常, 日本語